b's mono-log

2010/10/15 (Fri.)

NEX-5 ファームウェア Ver.03

予告されていた NEX-5 のファームウェアアップデートがようやくキタ!ので、私も早速アップデートしました。

デジタル一眼カメラ「NEX-3」、「NEX-5」をご愛用のお客様へ ファームウェアアップグレードのお知らせ

NEX-5 Ver.03

NEX-5 のファームアップは 7 月以来、2 度目。ボディのファームウェアバージョンはこれで「03」になりました(マウントアダプタのファームアップに関しては後日また詳しく)。

今回のボディ側のアップデートのポイントは、操作性の向上。何と言っても私が以前から言い続けてきたソフトウェアボタンのアサインがカスタマイズ可能になったこと!3 つ(上下とコントロールホイール中央)あるうちの 2 つ(中央と下)のボタンアサインが変更可能になっています。

NEX-5 Ver.03

ソフトキー B(下側のボタン)はデフォルトでは撮影アドバイスが割り当てられていますが、中級者以上であれば無用の長物以外の何者でもないので、真っ先に設定変更します。

NEX-5 Ver.03

アサインできる機能は、撮影モード/撮影アドバイス/デジタルズーム/ISO 感度/WB/測光モード/調光補正/DRO/オート HDR/クリエイティブスタイル/MF アシスト のいずれか。
ソフトキー B は MF 専用レンズを装着した場合は自動的に MF アシストボタンとして動作するので、できるだけ AF レンズ使用時にも同じ動作になっていたほうが間違いが少ない。だから MF アシストに割り当てたいところですが、E マウントレンズだとあまり MF したいと思わないので(´д`)、DRO/HDR か ISO、WB あたりが妥当かなあ。そういう意味では、MF レンズ使用時のみ MF アシストが自動オンになるこのボタンアサインはヘビーユーザーの立場でよく考えられてるなー、と改めて感心してしまいました。

NEX-5 Ver.03

いっぽう、従来 PASM モード時には「撮影モード」ボタンとして動作していたソフトキー C(中央ボタン)には、最大で 3 つの機能を割り当てることができます。選択肢は、AF エリア/ISO 感度/WB/測光モード/調光補正/DRO/オート HDR/クリエイティブスタイル。ソフトキー B とは微妙に選択肢が異なるのが気になります。

NEX-5 Ver.03

それぞれアサイン変更したところ。右側のソフトキーガイドの中央が「カスタム」、下が「クリエイティブスタイル」に変更されているのが確認できると思います。「カスタム」のほうは一度押してからコントロールホイールの左右ボタンで 3 つの機能を切り替えながら設定変更する、という使い方になります。

私の設定としては、まだ試行錯誤中ではありますが、ソフトキー B は DRO/HDR(MF レンズ使用時は MF アシスト)、ソフトキー C は ISO 感度/WB/クリエイティブスタイル に割り当てて当面使ってみようと思っています。撮影するシチュエーションによっては AF エリアや測光モードを割り当てたいときもありますが、そういう場合でも設定変更で対応できる柔軟性はある意味ソフトウェアボタンならではと言えるでしょう。

NEX-5 Ver.03

他にもいくつか操作性向上の変更が加えられていて、MF アシスト時の拡大表示時間が切/2 秒/5 秒/無制限 から選択できるようになりました。MF 専用レンズ使用時には自動的に「無制限」になりますが、AF レンズの場合はここでの設定値が適用されます。

NEX-5 Ver.03

また、メニュー呼び出し時の初期カーソル位置も階層ごとに記憶しておいてくれるようになりました。これもある意味最初から実装しておいてほしかった機能ではありますが、これでソフトキーに割り当てていない、多少深い階層にある機能でも、メニューから呼び出すのがラクになりました。
あと、カーソルもメニューの最後まで行ったら最初に戻ってくれるループ式になったので、これもラクに。

私にとって今回のアップデートはソフトウェアボタンのアサイン変更機能が最大のメリット。ただ、AF モード変更はアサインできなかったり、いじっているうちにもう一つくらいハードウェアボタンが欲しくなってしまったり、あと少しだけ痒いところに手が届かないもどかしさを感じてしまったのは事実です。でも、今までよりも確実にやりたいことがダイレクトにできる操作感になったことは間違いなく、これまで操作性がネックで NEX に手を出さなかった人も再検討する余地はあるのでは、と思いました。

自由度とターゲットユーザーと設計思想ってバランスが難しいところだと思いますが、開発チームにはこれで終わらずに今後もアップデートを続けてほしいところ。

投稿者 B : 23:53 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2010/09/29 (Wed.)

NEX-5 のキャリングポーチ(とりあえず)

唐突ですが、NEX のケースって何を使っていますか?

私は休日の撮影や外出であれば去年買った CLUMPLER の 4 ミリオンをかなり重宝しています。でも、平日の通勤バッグに突っ込んでおくためのケース/ポーチに、なかなかいいのがない。

速写ケースや本体ぴったりサイズのケースだと、装着するレンズに制限が出てくるし、そもそもそういう系のケースは 16mm のパンケーキレンズ装着を想定したものばかりで、18-55mm やマウントアダプタ+オールドレンズといった組み合わせに合うものがなかなか見当たりません。
そこでラッピングクロスの出番なのですが、あれは包むものの形状にとらわれないのとしまうときにかさばらないのはとても良いけど、包むのが案外面倒。カメラの出し入れが多そうなときにはちょっと億劫だったりします。
そこでできるだけ汎用性を持たせつつ、出し入れもしやすい、となると、結局このあたりに落ち着くんですよね。

ハクバ / トリコットスエードポーチ

トリコットスエードポーチ

安くて、シンプルで、質感が好みで、上記の私の要件を満たす、となると、このくらいしか解がないように思います。サイズはいろいろ試行錯誤した結果、ボディ+レンズ 1 本をつけて入る最小サイズが S。パンケーキを入れておくための SS をひとつと、パンケーキ以外のレンズを入れておくためにもうひとつ S サイズを。

トリコットスエードポーチ

ただ、SS サイズは本当に小さくて、パンケーキレンズを入れるとこんな感じ。

トリコットスエードポーチ

レンズフィルタなしだとフロント/リヤキャップをつけてもちょうど入るくらいなんですが、フィルタをつけるとかなりギリギリ。グイッと押し込んでやらないと入らないくらいです。このまま使っても良いんですが、何か他のモバイルガジェット用ポーチに転用しようかとも思っています。サイズ的には光ポータブルあたりがちょうど良い感じ。

S サイズはかなり汎用性が高いので、NEX ならば長玉をつけなければだいたいレンズを装着したまま突っ込んでおけそうです。
でも、NEX のレンズ(18-55 や 16mm パンケーキ)単体を入れておくにはちょっと余裕がありすぎ。S と SS のサイズ差が大きいので、できればこの中間くらいのサイズが欲しい気が。

ともあれ、とりあえずのつもりで買ったわりに、これ以上に私の要件を満たすケースやポーチがなかなか見当たらないので、このまま使い続けることになるような気もします。

あと、CONTAX G や Y/C レンズをつけたときのデザインバランスをとる意味で、何か革製のボディスーツをひとつ買ってやりたいと思っていたりするのですが、それはまた追い追い。

投稿者 B : 00:29 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2010/09/22 (Wed.)

α/NEX @photokina 2010

ドイツ・ケルンで photokina が始まっていますね。

やっぱり photokina イヤーは各社ともに気合いが入っていて、カメラファンとしては楽しい限り。特に富士フイルムの X100 あたりはいろんな意味で興味深いモデルですが、そのあたりは先日 Twitter でツイートしたので省略(人はそれを手抜きという

いろいろなニュースがあった photokina ですが、キヤノン・ニコンに目新しいニュースがなかったこともあり、私が最も興味を引かれたのはα/NEX でした。

ソニー、フォトキナ2010でEマウントレンズ7本を参考出品 - デジカメWatch
進化する"α"Eマウントシリーズの世界 | デジタル一眼カメラ"α"(アルファ) [Eマウント] | ソニー

主なトピックはこんな感じ。

■レンズロードマップの公開

2011 年に 4 本、2012 年に 3 本の E マウントレンズが予定されているとのこと。待望の Carl Zeiss、G レンズも含まれているのに激しく期待!
ただ、ちょっと残念なのはどのレンズもあまりコンパクトではなさそうなこと(それでも A マウントレンズよりは小型だけど)。モックを見る限り、マクロらしきレンズ以外はどれも E 18-55mm と同等かそれ以上の長さがありそうで、せっかくの小型ボディとのバランスを考えるともっと小さく作ってほしいところです。まあ、いくらボディがコンパクトでも APS-C センサなので、画質を考慮すると光学的にはある程度のサイズが必要なのだろうとは思いますが。

いずれにしても、今までのα(A マウント)ではレンズのモックアップが公開されても発売時期までは言及されないことがほとんどだったので、年単位でも具体的な時期が明らかにされたのはポジティブに受け止めたいです。

■カラーバリエーションの参考出品

NEX-5・NEX-3 それぞれに 4 色ずつのカラーバリエーションが参考出品されています。このまま全部出てくるということは考えにくいですが、反応の良かった色に関して後から 1~2 種類くらい追加で発売、ということはありそう。
というか NEX-5 に CONTAX G 用ツァイスレンズにピッタリなシャンパンゴールドっぽいカラーがあるよ!!!これは出たら追加で買ってしまいそう。でもレンズロードマップ上のツァイス・G レンズはブラック鏡筒になるようなので、これはブラックボディも買えということか(ぉ

■ファームアップによる操作性の向上

キタ!!!

ソフトキーのカスタムアサインは絶対に欲しいと思っていた機能ですが、これがようやく実現されます。また、カーソルキーの回り込み(メニューの一番下←→一番上の行き来)ができるようになったり、ラストカーソル記憶設定が可能になったり、むしろ発売時点から当然実装しておくべきじゃないの?というものも見受けられますが(笑)、操作性の改善は素直に歓迎したいです。これで操作上のイライラが軽減されることを期待。

■ファームアップによる A マウントレンズの AF 対応

これもキタ!!!!!

長らく待望していた A マウントレンズ(マウントアダプタ LA-EA1 経由)の AF 対応。SSM/SAM レンズに限られますが、これで A マウントレンズも積極的に NEX で使ってやることができるようになります。
私の手元にある SSM/SAM レンズは今のところ 70-300G のみですが、私は E マウントの望遠レンズを持っていないので、これが使えるだけでも非常に助かります(手ブレ補正がない、という弱点はあれど)。

あと、AF 対応したら A マウントのマクロレンズを買おうと思っていたけど、ロードマップで E マウントのマクロレンズが予告されてしまったので、どうしようかと(´д`)。

■α700 後継機の続報

今年の CP+ でモックが出品されていた中級機の情報が少しだけアップデート。噂されていたとおり APS-C 機であることとα55/33 同様の透過ミラー方式であることが確定情報となりました。あとは縦位置グリップのモックが登場したことと、もしかしたら DT の標準レンズがモデルチェンジする可能性もあるようです。少なくとも名称は「α77」で決まりっぽいなー。
α55/33 の EVF は実機に触ってみて十分実用になると感じましたが、同時にまだまだ弱点もあることは間違いないので、この中級機のリリースまでに EVF をどこまでブラッシュアップできるかがカギでしょう。発売時期は来年の PMA で正式発表→春発売となるか、来年末まで引っ張るか。

私はそろそろα700 のリプレースが欲しいと思っていますが、仮にα77 を買うとしても、光学ファインダを覗きたいときにはα700 も引き続き使うと思います。新機種が出たからといって、機能的に陳腐化はしても旧型の画質が悪くなるわけではないですし。

ということで、相変わらず勢いの止まらない NEX はすごいですね。噂されていた NEX-7 やフルサイズ機の話が出てこなかったのはちょっと残念ですが、それでも今回の新情報は十分注目に値すると思います。早く来い来いファームアップ!!

投稿者 B : 22:22 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2010/09/19 (Sun.)

Distagon 24/2 ZA を見てきた

銀座ソニービルに行って、発売になったばかりの Distagon 24mm を少し触ってきました。

ソニー / Carl Zeiss Distagon T* 24mm F2 ZA SSMicon

Distagon T* 24mm F2 ZA SSM

でぃすたごーん!(いみふめ

Planar 85mm と同じ金属製の鏡筒で、高級感がありながらも、開放 F 値が 2.0 とそこまで無理をしていないため、αの高級レンズにしてはコンパクトなほうだと思います(笑。

Distagon T* 24mm F2 ZA SSM

ツァイスの単焦点レンズというと、最近発売されるものは特に前玉が大きくて迫力があるイメージがあるので、前玉とフィルタ径にこれだけ差があるのもちょっと珍しいです。が、手にしてみると金属製鏡筒と相まって、ズッシリくる重さ。私は機材は軽い方が良い派ですが、ツァイスレンズのこの「レンズの塊」とでも言いたくなる重量感だけは何故か許せてしまう(笑。

Distagon T* 24mm F2 ZA SSM

私が使っているα700 を持ち込んで、ボディに装着してみたら、思っていた以上に収まりが良くてびっくり。α700 の標準ズームレンズとして使っている Vario-Sonnar DT 16-80mm に近いサイズ感で、Distagon のほうが少しだけ短めです。

Distagon T* 24mm F2 ZA SSM

俯瞰で見るとこんな感じ。
レンズ自体は Planar 85mm をそのままスケールダウンしたような形をしていますが、径が細いぶんα700 との組み合わせではバランスが良いように思います。MF でもピントリングの太さ、感触ともに良く、特にヘリコイドの感触は Planar よりも気持ち良いほど。Planar は MF だと滑らかには動くけどちょっとスカスカした感触なのに対して、Distagon は程良い抵抗感があり、細かい調整に向いている印象です。積極的に MF で使いたいレンズだと思いました。

Distagon T* 24mm F2 ZA SSM

無茶だと知りつつ(ぉ)NEX-5 にも装着してみました。サイズバランス的には無しではないけど、重量バランス的にはあまりにもフロントヘビーになりすぎで、あまり使いやすいとは言えませんね。
そういえば SSM/SAM レンズの AF に対応するファームアップの噂も出てきていますが、もし実現されればこのレンズも対象になるはずなので、期待大。上で「積極的に MF で使いたい」とか言いながら自己矛盾してますが(ぉ。

α700+Distagon でちょっと撮らせてもらいました。発売日を迎えたのでショールームで撮影したデータは持ち帰り可能になりましたが、展示品はあくまで試作機なので・・・とのことなので、いつもよりも小さめにリサイズした画像を貼っておきます(いずれも絞り開放で撮影)。

Distagon T* 24mm F2 ZA SSM

近くに置いてあったα55 を接写してみました。D24/2 ZA は最短撮影距離が 19cm なので、このクラスのレンズにしてはかなり寄ることができます。目安は「レンズフードをつけたときに、被写体がフードに触れるくらい」まで寄れるとのこと。
レンズ自体のディストーションが少ないこともあり、APS-C フォーマットでの 36mm 相当の画角ならばこれだけ自然な画になるので、簡易マクロ的にも使えてしまいそう。かなり使い勝手は良いレンズだと感じました。

Distagon T* 24mm F2 ZA SSM

でも元は 24mm の広角レンズだけあって、広角っぽく撮るとこんな感じ(α700 で撮ったので画角は 36mm 相当)。開放だと少し周辺光量落ちがありますが、それは広角レンズの宿命というか味なので、それをうまく活かすか少し絞ってやると良いと思います。

この写真と下の写真を見比べると、

Distagon T* 24mm F2 ZA SSM

同じ被写体、同じ焦点距離でもここまで寄れる、というのがよく分かると思います。
Distagon といえば私が持っているのは Y/C の 35mm F2.8 MM なので、「カリッとシャープでよく写り、ハズレは少ないけどびっくりするほどの画が出ることも少ない」という印象だったのですが、この 24mm F2 はふわっとした感じの良い描写をしてますね。

ちなみに、α900 に装着した状態でもファインダを覗かせてもらいましたが、本来の 24mm を広くて明るいファインダで覗けるのは本当に幸せで、このままずっとファインダを覗いていたいとすら感じたほどでした(ぉ。

このレンズ、αツァイスにしてはコンパクトだし、最短撮影距離が短くて使い勝手が良いし、描写は良いし、で非常に良いレンズ。広角系が苦手な私ですが、このレンズは気に入ってしまいました。定評の高い 35mm F1.4 G よりも先に買うべきレンズかもしれません。同じ 24mm ならば Vario-Sonnar 24-70mm F2.8 とは絞り 1 段分しか明るさは違わないし、使い勝手を考えれば先に買うべきは Vario-Sonnar!と思っていましたが、これはちょっと考えを改めなくてはならないかもしれません。

これはちょっと見ない方が良かったレンズかもしれません(;´Д`)ヾ。まあ、当面これを買う資金もないわけですが・・・。

投稿者 B : 00:24 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2010/09/16 (Thu.)

Urban Disguise 60 V2.0

シンクタンクフォト、カメラバッグ「アーバンディスガイズ」をバージョンアップ - デジカメWatch

おおお。

買おうかと思っていた頃から生産キャパ不足による入荷遅延で入手困難になり、夏が終わりかけてようやく流通が正常化し始めた・・・と思ったら「モデルチェンジ間近」との情報を目にして、待ってました。

私は撮影旅行時のカメラバッグ兼出張カバン兼出張にこっそりカメラ持って行く用のバッグ(ぉ)としてちょうど良さそうなアーバンディスガイズ 60 を狙ってましたが、現行のアーバンディスガイズ 60 だといろんな人と被るので、マイナーチェンジとはいえ良かった(笑。

ここしばらく出張のない仕事が続いてますが、また担当が変わって出張が増えそうになったら買おう。

投稿者 B : 22:44 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2010/09/12 (Sun.)

NEX 用アクセサリーキット

ソニスタでソニーカード決済 5% オフのうちに、と思って前々から買うつもりだったものを発注。

ソニー / アクセサリーキット ACC-FWCAicon

ACC-FWCA

NEX はライブビュー専用のカメラなので、通常の一眼レフよりもバッテリの消費がかなり激しいです。これは早めに予備バッテリを購入しないとな、と思いつつ、資金をマウントアダプタやレンズに先回ししてしまっていましたが、ようやく購入。NEX のインフォリチウム W バッテリはけっこう高いですが、このアクセサリーキットはバッテリ単品の値段+αで買えてしまうので、いっそのことということでアクセサリーキットを注文しました。

キットの内容は、インフォリチウム W バッテリ NP-FW50 に、ラッピングクロス LCS-WR1AM(ブラック)とレンズキャップホルダー LCS-LC1AM(ブラック)、ロングストラップ STP-XS2AM(ブラック)のセット。バッテリ単品の値段と¥2,000 程度しか違わないので、NEX 用に予備バッテリを買うつもりの人で、上記の中からどれかもう一つ買おうと思っているなら、間違いなくキットの方がお得。私はラッピングクロスとレンズキャップホルダーはもう一つずつ欲しいと思っていたので、渡りに舟でした。

ACC-FWCA

一応、中身を順にみていきます。

まずはインフォリチウム W バッテリ。デジカメのバッテリってかなり頻繁に変更されるので、なかなか使い回しがききません。しかもけっこう高いので、ついサードパーティ製の安いのに目が行ってしまいますが、信頼性を考えると高くても対価を払わざるを得ない(´д`)。

ACC-FWCA

意外と重宝するレンズキャップホルダー。以前買ったブラウンは 7 ミリオンにぶら下げっぱなしにしているので、他のバッグにつけるのにもう一つ買おうと思っていました。ブラックならどんなバッグとも合わせやすいし、ちょうどいい。

でも意外とこのホルダーがあってもついズボンのポケットに突っ込んでしまいがちなんですがね(´д`)。

ACC-FWCA

何枚あっても困らないラッピングクロス。NEX に合わせて発売された小サイズではなく、以前から A マウントα用に発売されている大サイズのもの。これは NEX とではなくα700 や EOS、望遠レンズと一緒に使うかな。

ACC-FWCA

最後に、ネックストラップ。シナバーカラーのαロゴが入っていることからもわかるとおり、NEX 用ではなく本来は A マウントα用のアクセサリーだったものです。ロングストラップなので斜め掛けもできるし、ライブビュー撮影にも向いているので、NEX 向き。
でも私は基本的にストラップはあえて社外品を使うことにこだわっているので、たぶんこれを使うことはないと思います。

ACC-FWCA

黒一色のストラップですが、織りで表現されたチェッカー柄がいい感じ。個人的にあまりそのセンスが好きではない純正ストラップの中では悪くない方だと思います。でもエナメル(風)パーツの質感がちょっと・・・というより、私はそもそもエナメルがあまり好きじゃないので、そういうのが嫌いじゃない人向けかな。

ということでストラップ以外は「どうせ買うつもりだった」ものが詰め合わせになっていて、価格を考えると非常にお買い得。NEX 向けに発売されたキットではありますが、バッテリが共通で、他のアクセサリーもそのまま使えるので、α55/33 用のスターターキットとしても良いかも。私はとりあえずバッテリの不安がなくなったので、これで思う存分 NEX を振り回せます。

投稿者 B : 23:49 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2010/09/07 (Tue.)

NEX+クローズアップレンズ

最近 NEX ユーザーの間で妙に流行っている、クローズアップレンズを私も買ってみました。

ケンコー / AC クローズアップレンズ No.4 49mm

Kenko Close-up Lens No.4

というか、買おう買おうと思ってなかなか時間が取れずにいる間に、周りがどんどん買っているという(笑。

NEX は私の中ではもうほぼコンデジの代替というくらい日常的に使い込んでいるんですが、このカメラの弱点は望遠レンズがないこと(間もなく 18-200mm が発売になりますが)とマクロに弱いこと。特に後者はコンデジの代替としてはけっこう厳しく、blog 用のブツ撮りなんかにめっぽう弱いのが苦しいところでした。A マウントのマクロレンズを買っても良いんですが、それならクローズアップレンズのほうが携行性も良いし、本気撮りでなければ十分じゃない?ということで。

たくさん種類のあるクローズアップレンズのうち、それなりのクローズアップ効果が望めそう(だけど極端ではなさそう)な No.4 を選びました。
一口にクローズアップレンズといっても、1 枚レンズで薄いけど画質的には不利な MC タイプと複数枚(多くは 1 群 2 枚)のレンズを組み合わせて厚みは出るけど収差の少ない AC タイプがあり、私は AC タイプを選択。

Kenko AC Close-up Lens No.4

付属品は簡易的なポーチのみ。一応、持ち歩き時のホコリ除けくらいにはなりますが、耐衝撃性とかは皆無。もっとちゃんとしたハードケースを用意してやりたくなります。

Kenko AC Close-up Lens No.4

2 枚のレンズを収めているだけあって、フィルタの厚みは 12mm ほど(+スクリューの高さ)。私が NEX 用レンズで使っているケンコーの薄枠プロテクタ PRO1D と比べると、さすがに分厚い。

Kenko AC Close-up Lens No.4

NEX の標準レンズである 18-55mm に装着してみました。クローズアップレンズをつけると遠景にピントが合わなくなるので常用は無理ですが、カメラバッグやキャリングポーチの片隅に入れておいて、いざとなったら出すくらいなら全然アリ。

Kenko AC Close-up Lens No.4

16mm パンケーキレンズにつけてみたところ。特にケラレることはないので使えますが、見た目的にはこれはナシかな(笑。24mm 相当の広角になるので普段のブツ撮りに使うことはないでしょうが、中央に被写体を大きめに入れて広角のパース感を活かした写真を撮りたいときに使うと、面白い画が撮れそうです。

このクローズアップレンズを使ったときにどのくらい寄れるか試してみました。18-55mm のテレ端を使ってフィギュアを最短撮影距離で撮り比べ。

Kenko AC Close-up Lens No.4

まずはクローズアップレンズなし。やっぱりあと 2 歩くらい寄りたい感じです。画素数があるので blog 用のブツ撮り程度であればここからトリミングしても十分な画質ですが、撮影時にピントの合い具合が分かりにくいのがデメリット。

これがクローズアップレンズ No.4 ならば、

Kenko AC Close-up Lens No.4

ここまで寄ることができます。マクロレンズ並みとまではいきませんが、日常的なブツ撮りならばこれでほぼ十分。レンズが 2 枚増えていることによる画質劣化もほとんど気になりません。何もつけないときよりもボケ量が大きくなるので、室内での子ども撮りなんかにも良さそうです。安価なレンズでダカフェ風。
場合によってはもっと寄りたいこともありますが、その場合はレイノックスのスーパーマクロコンバージョンレンズも持っているので、当面はそれでしのぐつもり。

それでもマクロレンズで撮りたいシチュエーションはけっこうあるもので、ソニーには一日も早い純正の E マウント用マクロレンズの発売、もしくは A マウントアダプタ経由での AF 対応を進めてほしいところ。あるいはシグマあたりに得意の簡易マクロ機能付き標準ズームを発売してほしいところですね。でもそれまではこのクローズアップレンズのお世話になろうと思います。

投稿者 B : 00:44 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2010/09/03 (Fri.)

EOS 60D を見てきた

EOS 60D の先行展示が始まっているので、品川のキヤノン S タワーまで触りに行ってきました。

キヤノン / EOS 60D

Canon EOS 60D

第一印象は「あれ?なんか今までの二桁系 EOS とちょっと違う?」というもの。私が 30D→7D と乗り換えて中級機に抱いているイメージが少し高くなったからかもしれませんが、なんか佇まいが 50D までと比べてエントリー機然としているように感じました。全体的に撫で肩になったり、ペンタ部、特に Canon ロゴのあたりが EOS Kiss っぽい形状になったりしているからかもしれません。あと、ボディの面の取り方とか、モードダイヤルのあたりとか、EOS よりもむしろニコンっぽくなった印象も受けます。

持ってみた感覚では想像以上に軽い。まあ、私が最近使っているのは EOS 7D+バッテリグリップと比較的長いレンズ中心で、素の 60D と EF18-55IS の組み合わせではそりゃ軽くて当然ですが(笑、これ案外 7D や 5D2 のサブに 60D ってアリじゃない?と思ってしまいました。

Canon EOS 60D

EF-S18-135IS を装着した展示機も並んでいました。18-55 との組み合わせだとどうにもエントリー機でしたが、18-135 くらい存在感のあるレンズならちゃんと中級機に見えますね(笑。でもどうせ組み合わせるなら 15-85 がいいとは思いますが・・・。

Canon EOS 60D

背面は今までの二桁系 EOS とは大きく印象が変わりました。やっぱりバリアングル液晶の存在感が大きいですね。私はこの横開き式のバリアングル液晶は、上下のアングルでのライブビュー時にはレンズの光軸と画面が横にずれるので、ちょっと気持ちが悪い気がします。まあ縦開き式だと光軸が縦にずれるし、NEX のような屏風式だと縦位置撮影に弱いので、一長一短ではありますが。

Canon EOS 60D

ボタン類のレイアウトも大幅に変わりました。従来であれば液晶の左に縦並びに(機種によっては下に横並びに)配置されていた各種ボタンが、バリアングル液晶の機構に追われてサブ電子ダイヤルの周辺に散りばめられるように配置されています。
それぞれのボタン配置にはまあそんなに不満はないのですが、このボタンたちの異形さはちょっといただけないなあ・・・。
マルチコントローラ(十字キー)も従来のスティック型からサブ電子ダイヤルと同軸のディスク型ボタンに変わりました。こいつのおかげでサブ電子ダイヤルが回しにくくなっている気がするんですが、慣れで解決するものなのでしょうか・・・?

あとファインダ/ライブビュー切り替えボタンも単機能になっていて、静止画/動画の切り替えスイッチがなくなっていますが、これはモードダイヤルに吸収されたようです。動画撮影時にはモードを切り替えて、ということですが、最近のカメラは静止画も動画もシームレスに扱えるのが売りの一つだったりもするので、これは吉と出るか凶と出るか。

Canon EOS 60D

軍艦部、そのモードダイヤルの中央には謎のボタンが。最初何か分からなかったんですが、モードダイヤルのロック解除ボタンのようです(これを押しながらでないとモードダイヤルが回せない)。確かに、不意に何かに触れてモードが切り替わっていて、それに気づかないまま撮影していて設定が変・・・ということはまれにあるので、これは助かるかも。

サブ液晶の前についているボタンも従来とは違い、1 ボタン 1 機能に簡略化されています。今までは例えば測光モード/ホワイトバランス、AF モード/ドライブモードなどのように 2 機能が割り当てられていて、ボタンを押した後にメイン電子ダイヤルを回すかサブ電子ダイヤルを回すかで変更される設定値が違う、という仕様でした。これはこれで慣れれば素早く操作できるのですが、慣れないとメイン電子ダイヤルを回すべきところでサブ電子ダイヤルを回してしまってあああ・・・ということが起きがちなので(私は今でもしょっちゅう)、これはこれでわかりやすくて良いと思います。

でもいっぽうで、ボタンに割り当てられている機能が削られたのに総ボタン数はほとんど変わっていないので、つまりはボタンで直接操作できる機能が減ったということ。あまり深く使い込んでいないので分かりませんが、ホワイトバランス・ISO 感度・ストロボ調光補正は割り当てられているボタンがなくなったので、(ユーザーカスタマイズができないとすれば)それらの調整はメニュー経由になるか、オート任せということになります。
最近はフルオートでも外れることはかなり少なくなってきているので「任せる」という割り切りはアリだとは思いますが、それはイコールこの機種が従来の二桁系 EOS に比べてエントリー寄りに位置づけられていることの発露である、とも言えるので、中級機ユーザーとしてはいろいろと考えさせられるところ。7D 持ってるからいいんですけどねー(棒読み

Canon EOS 60D

バッテリグリップを装着した個体も置いてあったので、これも触ってみました。
ついていたレンズは 70-300IS・・・だけど、残念ながら新型の L レンズではなく、従来型。

Canon EOS 60D

αも使っている身としては、αの縦位置グリップと比べると EOS のバッテリグリップは角材を握っているような使い勝手で正直好きじゃないんですが、この 60D 用のバッテリグリップは悪くないかも。30D や 7D 用のバッテリグリップはかなり直線的な形状でお世辞にも握りやすいとは言えないのですが、60D 用のこれは比較的 1D 系の縦位置グリップのように曲線的で指掛かりが良く、レリーズボタンの下も抉れたような形状になっていて、従来よりもずいぶん握りやすくなっているように感じました。

Canon EOS 60D

背面側もバッテリの形状から制限はありながらも、多少は配慮して曲線的な形状になっています。マルチコントローラがメインダイヤルに一体化されたことは、縦位置を考えると親指がなんとか届くようになったぶん、メリットと言えるかもしれません。
αの縦位置グリップに比べるとまだまだではありますが、EOS のバッテリグリップとしてはよく頑張ったと思います。できれば 7D 用もこの仕様で II 型を出してほしいくらい。

続いて、軽くですが撮影の快適さについて。
ショールームで展示品の鉄道模型を撮ってみた程度ですが、AF は二桁系 EOS らしく高速で、安心して任せられそう。ファインダは視野率 96%・倍率 0.95 倍のペンタプリズムなので可もなく不可もなくといったところですが、7D を使ってしまうとさすがにちょっと物足りないですね。広くてピン山が掴みやすいだけでなく、ファインダを覗きながら両目を開いてフレーミングできる快適さは視野率 100%・倍率 1.0 倍のファインダでなければできないこと。これに慣れてしまうと、もう 100% 等倍でないファインダは使いたくないとすら思ってしまう、魔性のファインダです(ぉ。
画質についてはメディア持ち出し不可だったので語れませんが、サンプルを見る限り 7D や KX4 で十分に枯れたイメージャを使っているおかげで、画質的には 7D すら凌駕する部分があるようです。

総じて従来の二桁系 EOS から 7D や 5D にステップアップしてしまったユーザーにはちょっと物足りないと思いますが、コンデジや Kiss からのステップアップには十分魅力的なカメラだと思いました。ただ、開発思想がどうしても従来の中級機よりはエントリー寄りになっているので、いずれさらなるステップアップを目指したい人にはちょっとがんばって 7D をオススメします。Kiss でもそんなに不満はないけどもう少しシャッターチャンスに強いボディに買い換えたい場合や、あるいは今はコンデジだけど一眼にステップアップしたい人(でこだわりたい人)のエントリー機として、であればけっこう文句なくオススメできると思います。
そういう意味では、結果的に 60D という名前はついていますが、50D までとは明らかに狙いが違うカメラなので、違うネーミングルールで名付けても良かったんじゃないかと思いました。

ということで 7D いいですよー 7D(まて

投稿者 B : 00:06 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2010/09/01 (Wed.)

近代インターナショナルから KIPON G-NEX アダプタ発売

近代インターナショナル、Eマウントとマイクロフォーサーズ用のコンタックスGマウントアダプター - デジカメWatch

私も愛用する KIPON の CONTAX/G-NEX マウントアダプタの国内正規流通が、近代インターナショナルの取り扱いによりようやく始まるようです。

使用可能なレンズは P35・P45・S90 の 3 本とのことですが、Biogon 21mm まではコツが必要ながらも使えるという報告もあるので、それ以上は自己責任の世界でしょうか。

今まではヤフオクか海外オークション(eBay とか)、もしくは並行輸入品を扱っている一部クラシックカメラ店程度しか入手経路がありませんでしたが、これで入手性がかなり良くなることは歓迎したいです。でも販路とひきかえに価格が・・・ヤフオクでけっこう良い値段で購入した立場からすると、税込みで¥21,000 はちょっと二の足を踏んでしまいます。オークションなら同じ値段で C/Y-NEX アダプタまでつけられてしまうので(´д`)。もちろん手間やリスクまで含めてのものなので、価格だけでケチをつけるのはフェアじゃないですが。

でも、安い・写りがいい・コンパクトと三拍子揃った CONTAX G レンズ群は NEX に強力オススメです。MF に抵抗がなければぜひ。

投稿者 B : 21:00 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2010/08/31 (Tue.)

α55/α33 も見てきた

先週金曜日、NEX-VG10 と一緒にα55/33 も見てきました。

α33

さすがに先行展示開始から間もない金曜の夜だけあって、人だかりとまではいかないものの常に 2~3 人が集まっている状況で、あまりじっくり触れませんでしたが、軽く感想を。

まず本体ですが、一瞬モックかと思うほど、ちょっとびっくりするほど軽いです。感覚的にはオリンパスの E-510/410 を初めて触ったときの感覚に近い。でもグリップの形状がいいのか、持った感じは意外と手にしっくり馴染みます。
ただ、さすがに高級感はあまり感じませんね。まあ、両肩の素材の質感がどうしても好きになれなかったα550/330 系よりは好みではあります。

外観的な特徴はそんなところ。できれば透過ミラーがどんな感じになっているか確認したかったんですが、レンズがテープで固定されていて外すことができませんでした。

EVF はどうだろう、パナ G1 の EVF を初めて覗いたときには「こんな酔いそうなファインダ使えたもんじゃない」と思いましたが、かなりマトモに使えそうに感じました。若干の遅延はあるもののコマ落ちは少なく、個人的には苦しいと思った NEX-VG10 より良いかも。これなら、そろそろヘタな光学ファインダより EVF のほうが良い、と感じるユーザーも(用途によるでしょうが)出てくるかもしれません。ただ、展示機の EVF は表示が青白く、正しい色が出ていないように感じたので、そこはちょっと不満。
色の問題を除けば、総じてこの EVF はピクセルの大きさがあまり気にならない程度に精細で好印象。でもこの EVF で MF ができるかというと、そこまで高精細な印象も受けず、まだ少し厳しいような気がします。もしかしたら装着されていたキットレンズ(テープ固定されていて外せず)の性能のせいもあるかもしれないので、明るくピン山の掴みやすいレンズであればまた印象は違うかもしれません。

あ、そういえば EVF で NEX のような「MF アシスト」ができるかどうか、確認してくるの忘れた・・・(´д`)。

いっぽうで AF 時の操作性ですが、操作インターフェースが減ってマルチセレクタがなくなり、Cyber-shot ライクなコントロールボタン(デフォルトでは ISO 感度や WB 変更に割り当てられている)と共用になったので、測距点の切り替えには一度「AF」ボタンを押してからコントロールボタンを操作しなくてはならなくなりました。今まではマルチセレクタ一発で測距点を変更できていたので、これでは撮影のスピードがスポイルされてしまう・・・。ターゲットユーザー的にワイド AF(測距点自動選択)でカメラ任せがキホン、ということなのかもしれませんが、私的にはこれはちょっといただけません。

噂の 10 連写にはちょっとビビりました。α33 の 7 連写程度ならば EOS 7D(8 コマ/秒)のほうが速いのでそれほど驚きもしないのですが、α55 の 10 コマ/秒しかも AF 追従、という今までのαでは考えられなかったスペック(ぉ)は実際のシャッター音を聞くと衝撃を受けます。
とはいえミラーが固定式なので、シャッター音はミラーショックのない NEX のそれによく似た種類の音。私はこの音は嫌いじゃないです。

そんなところですかね。長所/短所ともにありますが、今年のエントリークラスのレンズ交換式カメラとしては出色の仕上がりじゃないでしょうか。私は NEX と中級機があれば良いのでこのカメラを買うことはないと思いますが、これから一眼レフを始めてみたい人で、でもミラーレス機よりもステップアップしたい意欲がある人であれば、現時点ならば私は EOS Kiss よりもこちらを勧めたいと思います。

α55/33 は現時点では透過ミラーや EVF といった技術的側面が注目を浴びていますが、このカメラが今後市場に受け入れられていくかどうかは、「技術的にどうなっているか」よりもむしろ「こういう新しい技術によって得られるメリットを(相反するデメリットまで含めて)ユーザーが受け入れるかどうか」にかかっているので、このカメラの真価が問われるのは、発売して少し時間が経った頃、年末商戦本番あたりではないかと考えています。
そうはいってもキヤノンやニコンといった老舗メーカーは当面コンベンショナルなエントリー機を出してくるでしょうから、しばらくはさまざまなアプローチで各メーカーしのぎを削っていってほしいところ。今後はここにカムコーダやコンデジも渾然となってくるでしょうし、久しぶりにカメラが面白い時代に突入したと言えます。

投稿者 B : 00:33 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック