b's mono-log

2009/07/28 (Tue.)

RICOH GR DIGITAL III

リコー、F1.9レンズ搭載の「GR DIGITAL III」 (デジカメ Watch)
リコー / GR DIGITAL III

B002J4UIOS

リコーが GRD シリーズの 3 世代目にあたる「GR DIGITAL III」を発表。事前にはいろいろ噂が飛び交っていましたが、蓋を開けてみれば実にリコーらしい、堅実なモデルチェンジとなっていました。

外観変わらず、光学系を刷新。28mm F1.9 というこのクラスにしては明るい単焦点レンズを搭載し、写真表現の幅が広がりました。逆に CMOS 採用は既定路線かと思われた撮像素子は GRDII と同じく 1,000 万画素 CCD のまま。旧型比で高感度性能が上がっており、また画像処理エンジンもバージョンアップすることで、画質の水準が向上しているものと思われます。
また背面液晶も(ようやく、といった感じですが)VGA 対応の 3.0 型になっており、最近のトレンドに追いつきました。

相変わらず手堅いですね、リコーは。無闇にシェアを追うんではなく自社ファンの囲い込みに余念がなく、口コミベースで順調に売れていてその規模に満足しているからこそ採れる戦略なんだろうなあ・・・という見方をついしてしまいますが(笑)、現行機種ユーザーにも悔しすぎず、でも買い換える人にはそれだけの動機を与える良い塩梅のモデルチェンジだと思います。
個人的には 28mm 単焦点は持て余すので GX200 の後継待ちですが、今の GX シリーズは GRD のズーム版という位置づけなので、進化の方向性もたぶん似たようなところではないかと。そうすると CMOS 採用はない可能性もあるし、それなら値下がりしてきた GX200 で十分じゃ?という気もしてきます(;´Д`)ヾ。まあ、最近の私のマインド的にはコンデジやマイクロフォーサーズ機よりも EOS 30D のリプレースに向かっているので、このカテゴリのカメラに対する興味が若干醒めてきているからかもしれませんが。

でもこういうファンが多いシリーズというのは羨ましいもので、一度祭りに乗ってみたいなあ・・・というヨコシマな気持ちもなくはないのですが(汗。

投稿者 B : 00:36 | Camera | Compact | コメント (0) | トラックバック

2009/07/16 (Thu.)

Handycam HDR-CX520V

Handycam の新製品がえらい中途半端な時期に発表になっています。

ソニー、裏面CMOS/GPS搭載の小型ハンディカム (AV Watch)
ソニー / Handycam HDR-CX520Vicon

iconicon

これなんかスゴいことになってるんですけど(;´Д`)ヾ。ざっとスペックを並べてみただけでも、

  • 裏面照射 CMOS「Exmor R」搭載!
  • 強力な光学式手ブレ補正搭載。さらに回転軸方向のブレ補正にも対応
  • G レンズ搭載、絞りは円形絞り
  • 内蔵フラッシュメモリ 64GB
  • GPS 内蔵
ってこれ最強じゃないですか!?あと足りてないのは光学式ファインダ EVF くらい。光学ファインダ EVF は一眼レフと違って覗く機会はそんなの多くないし、もう「全部入り」が出てきた印象です。以前 XR520V の購入を妄想していたときに、「あと 1 年くらい待ったらフラッシュメモリタイプにもほぼ同等の機能が搭載されてきそう」と書いたら、半年で出てきた((((;゜Д゜)))。

これはやばいわー。HDR-XR520V を買おうかどうしようか躊躇している間に、一気に本命に躍り出てきてしまいました。当初、今年の冬は AV アンプが欲しいと思っていたんですが、諸事情によりアンプよりもカムコーダを買い換えたいモードに入ってきてしまったので、年末のお買い物の最有力候補に挙げておこうと思います。

同時発表系ではこれも気になってます。

ソニー / 三脚付きシューティンググリップ GP-AVT1icon

icon
icon

カムコーダは子供撮りがメインな私には、ローアングルで撮影しやすい TG5V のような縦型のほうが向いていると思っていたんですが、このシューティンググリップがあれば CX520V のような横型でも縦型同様に使えるので、よさげ。TG シリーズはコンパクトなのは良いけど構造上光学系や撮像素子に制限が多い(ワイコン/テレコンつけにくい、センササイズ小さいなど)のが欠点だったのですが、CX520V+このシューティンググリップを使えばいいとこ取りできるかも。
今使っている HDR-HC1 でも使えればとりあえずこのグリップだけ先に買ってみるところなんですが、見たところ対応本体一覧には載ってない模様(T_T)。動作保証してないだけで使えてしまう可能性もありますが、HC1 だと本体がデカいので、アンバランスになるかもしれません(´д`)。

とりあえずどちらも近々実物を見に行こうかなと。

投稿者 B : 23:52 | Camcorder | Camera | コメント (1) | トラックバック

2009/07/15 (Wed.)

Sony RM-S1AM

野鳥撮影のために買っていったもの、その 2。

ソニー / リモートコマンダー RM-S1AMicon

Sony RM-S1AM

α用のリモートコマンダー(リモートレリーズ)です。野鳥撮影のような超望遠・高解像度の撮影では、レンズ性能もさることながらカメラブレも同様に抑える必要があって、三脚を使用していてもシャッターボタン押下時の振動は受けるので(かつ、このときの振動はアンチシェイクが苦手とする回転方向のブレ)、リモートレリーズで本体のブレを可能な限りなくしてやる必要があります。まあ、ここまでやってもレンズの収差や大気のゆらぎ等の影響でシャープな画像を得ることはなかなか難しいのですが、とりあえず排除できる要因はできるだけ排除したいというもの。

Sony RM-S1AM

このリモートレリーズは 0.5m のケーブルの先にグリップ(とも呼べないような樹脂製のケース)とシャッターボタンがついただけ、という非常にシンプルなハードウェアです。
シャッターボタンはストロークがけっこう深めで反発力があり、押し込んだところにクリック感があってシャッターが切れるようになっています。バルブ撮影用に、押し込んだところでボタンをスライドさせるとロックできる機構もついています。が、これが仇となってボタンを押し込んだ拍子にロックしてしまって連写が止まらない!みたいなこともまれに(;´Д`)ヾ。

たったこれだけのものに¥4,500 かあ・・・と正直思わなくはないですが(´д`)、三脚使用時には必須のデバイスですね。ちなみにミノルタ時代のものと互換性があるようで、α-7 やα-7000 にも装着できました(動作確認まではしてないけど、たぶん大丈夫)。
ちなみにこれを使っても 400mm クラスの望遠レンズだと、ファインダを覗いているとミラーショックで本体が微妙に振動してしまうのが分かります。こうなると、太くて重いアルミ三脚と、もっと本格的な雲台が欲しくなってくるという、こちらもさらなる沼(;´Д`)ヾ。

あと、先日α用のマグニファイヤーも試させてもらえる機会があったので、ちょっと試用してみました。

ソニー / マグニファイングアイピース FDA-ME1AMicon

Sony FDA-ME1AM

APS-C 系αのファインダ像を約 1.15x に拡大してくれるグッズです。私が EOS で使っているオリンパスの ME-1 が倍率 1.2x なので、それよりは若干低倍率ですが、覗いてみた感じではその分ケラレも少ないような気がします。

ただ、もともとのファインダ性能が APS-C 機にしては良いα700 だと、効果は微妙かも。確かに像は大きくなるのですが、MF でピントが合わせやすくなったかというと、そんなに変わった気はしませんでした。
でも、これを使えば液晶に鼻の脂がつくことが少なくなるし、つけていても違和感はないので、装着しておくことのデメリットはあまり感じません。アイスタート AF も個人的には邪魔なだけだし(ぉ。なんたって、つけているのを忘れて半日撮影して、そのまま返すのを忘れて帰りそうになったくらいですから(笑)、とりあえず買ってつけておいても良いかもと思いました。

投稿者 B : 21:21 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2009/07/14 (Tue.)

Manfrotto 190CXPRO4

野鳥撮影のために買っていったものその 1。

Manfrotto / カーボンファイバー三脚 190CXPRO4+クイックリリースプレートベーシックパンチルト雲台 804RC2

Manfrotto 190CXPRO4+804RC2

三脚です。ヨドバシのポイントで実質お持ち帰りしました。

三脚自体は今までもビデオ用の VCT-D580RM というのを持っていたんですが、あくまでカムコーダのアクセサリー的な位置づけにすぎないもので、安定性や精度の点で一眼レフでシビアな撮影をするのには辛いクオリティなので・・・。Manfrotto ファンなので、このシリーズのカーボン三脚はずいぶん前から目をつけていたのですが、ポイントが貯まっていたのでこの機会に思い切りました。

三脚単品と、3Way 雲台や自由雲台とのセット品がありましたが、自由雲台は一つ持っているので今回は 3Way 雲台の 804RC2 とのセット品にしました。今月いっぱいは「プレミオキャンペーン」というキャッシュバックキャンペーンをやっているようで、運が良かったです。

Manfrotto 190CXPRO4

このカーボン繊維目を見てください。もうこれだけでご飯三杯イケル(ぉ。
さておき、このカーボンのおかげで約 1.34kg という軽量化を果たしており、アルミよりも 500g 近く軽くなっています。これならレンズ一本多く持って行こうかという気になれますね。

それにしても、最近カーボン製品買いすぎですね・・・。

Manfrotto 190CXPRO4

私が買った 190CXPRO4 は 4 段。一般的な 3 段のほうが設置撤収も速いし安定性も高いのは分かってるんですが、嵩張るとそれだけ持ち出さなくなるのが目に見えていたので、縮長の短さ最優先で 4 段にしました。
脚の伸縮はレバー式。展開時にはレバーをまとめてバカッと開いて伸ばせば良いので、回転式よりもこっちのほうが好きです。

Manfrotto 804RC2

セットになっていた 3Way 雲台、804RC2。レバーのグリップは俵型になっていて握りやすいです。Manfrotto の雲台といえば、昔は太い筒状のグリップで、見た目はかわいいけど使いにくそう・・・というイメージがありましたが、今のこのグリップ形状は良いですね。
3Way 雲台なのでパン・前後チルト・左右チルトが個別に調整できます。ちなみに前後チルトにはスプリングが仕込まれていて、何かの拍子にチルトレバーが緩んでもレンズの荷重でバランスが崩れにくいようになっています(それほど本格的なものではないので、重い大口径の長玉には対応しきれないでしょうが)。

Manfrotto 804RC2

シューはクイックシュータイプで、以前一脚と一緒に買った 484RC2 と互換性があります。ここは今回ちょっとこだわったポイント。
雲台側に水準器がついているので、カメラ側に水準器をつけなくても水平が取れるのもメリットですね。

Manfrotto 190CXPRO4+804RC2

先日の光が丘にて、α700 を載せてみたところ。70-400G のレンズは借り物です。

こうしてみると 4 段目の脚が本当に細いですね。今のところあまり不都合は感じていませんが、やっぱり少し不安な気はします。でもコンパクトで軽いことは良いことだ!と自分を納得させています(笑。

雲台のほうは、まだ慣れていないこともあって調整がけっこう面倒です。水平をちゃんと出した上で、パンだけ、前後チルトだけなら自由雲台よりも正確ですが、咄嗟の動作には自由雲台のほうが・・・と感じるシーンもちらほら。やっぱり「あの高精度自由雲台」を買うかなあ、という気がちょっとしています。
あと難点といえば、やっぱり超望遠域での撮影になってくると、カメラの角度調整を行った後の雲台の揺り戻しがかなり気になるということ。角度的にはほんの少しのズレでも構図が全然違ってくることになるので、これはけっこうイライラするかも。ジンバル雲台とか、高精度なビデオ雲台(こちらはパン棒がついてて操作しやすいのがメリット)が欲しくなってきて、底なし沼(´д`)。

投稿者 B : 23:19 | Camera | Camera Accessory | コメント (1) | トラックバック

2009/07/11 (Sat.)

Sony GPS-CS3K

これ買いました。

ソニー / GPS-CS3K
icon

GPS-CS3K

前作 GPS-CS1K のときから気にはなっていたんですが、やっと買いました。もともと地図好きだけど、最近特にジオタグ連携できるハードウェアやネットワークサービスが増えてきて、楽しめそうだなと思ったので。
そういえば EOS 60D には GPS 機能が内蔵されるという噂もありますが、手持ちのαやコンデジには入ってないし、仮に EOS を買い換えても無駄になることはないかと。

単三電池 1 本で動作するし、GPS の測位もそこそこ早いし、MS/SD であれば PC レスでジオタグ付与できるし、液晶ディスプレイつきで動作状態もちゃんと確認できるし、ハードとしてはよくできてますね。

ジオタグをつけた写真

これがジオタグをつけた写真。まあメタデータなので写真だけ見ても何も違いませんが。
でも最近ではジオタグつきの写真を配置できる Web 地図サービスもかなり増えてきているので、活用の場は広いと思います。

Life-X

ということで、最近リニューアルした Life-X に久々にログインして写真を貼ってみました。自分だけじゃなくて、フレンドが貼った写真も地図上で見られるのがポイント。楽しみ方という点ではまだまだ提案できていませんが、位置情報×時間軸×写真をうまく組み合わせればもっと楽しいことができそうな気がします。

でも当面は、とりあえずアーカイブする写真に位置情報をつけて将来的なインデクシングや閲覧をラクにするという程度の使い方になるかなあ、とは思いますが、そのときにしか撮れない写真の付加情報をちゃんと取っておけるという意味では重要な気がしています。

投稿者 B : 21:48 | Camera | Camera Accessory | コメント (2) | トラックバック

2009/07/05 (Sun.)

Sony LCS-LC1AM

もう一つ、こっちも買いました。

ソニー / レンズキャップホルダー LCS-LC1AM (ブラウン)icon

Sony LCS-LC1AM

発表時にも書きましたが、私はレンズキャップをよく失くします。正確には、失くすというより「失くした!」と思って慌てて探して見つけるか、諦めた頃に出てくることが多いです。
それもこれも、レンズキャップを外したときに収めておく場所を決めておらず、上着の胸ポケットかズボンの前ポケットかお尻のポケットか、あるいはカメラバッグの隙間か、その時々で適当に入れてしまうので、いざレンズ交換やカメラをしまおうというときになって「ない!!」と(;´Д`)ヾ。キャップを入れる場所を決めておけば良いことなのですが、いざシャッターチャンスが来るとそれどころじゃないこともあるので・・・。

Sony LCS-LC1AM

レンズキャップ自体を紐でカメラに繋いでおくタイプのホルダーもありますが、いわゆるネオ一眼タイプのデジカメで一般的なこの方式は、撮影中にキャップがブラブラして邪魔なことこの上ないので、好きじゃないのです。

でも、レンズキャップ専用のポケットをわざわざ用意しておけば、基本的にそこに入れる癖付けができるかな?と思って。

Sony LCS-LC1AM

このレンズキャップホルダーは、レンズキャップ(と記録メディア程度)が入るだけのシンプルなケースながら、D カンや多目的に使えるストラップがついていて、カメラバッグにぶら下げて良し、腰のベルトから提げて良し、斜め掛けしたカメラバッグのショルダーストラップにつけて良し、のなかなかの優れもの。背面のベルトの縫製もしっかりしていて、多少ラフに扱っても壊れにくそうです。

Sony LCS-LC1AM

私はこんな感じで、Million Dollar Home の側面のベルトループに装着しておくことにしました。このベルトループは同社の iPod/コンデジ用キャリングケース The Winkler などをつけておくためのものらしいですが、ここがちょうど良い感じ。同じブラウンでも微妙にトーンが違いますが、まあこれはこれでアリ。

これだけ用意しても、まだ無造作にポケットにレンズキャップを放り込みそうな気がしなくもないんですが(´д`)、あとは意識づけかと・・・。

投稿者 B : 00:02 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2009/07/04 (Sat.)

Sony LCS-WR1AM

この夏のαのボディとレンズには、結局イマイチ心に響くものを感じなかったのですが、代わりに新アクセサリ類をいくつか買ってみました。

まずはこれ。

ソニー / ラッピングクロス LCS-WR1AM (ブラウン)icon

Sony LCS-WR1AM

使い勝手の良い「おくるみ」です。私は以前からハクバのマジッククロス 6060 を愛用していますが、ちょっと大きすぎるので一回りくらい小さいのが常々欲しいと思っていました。マジッククロス 6060 はその名の通り 60×60cm ですが、このラッピングクロスは 50×50cm。カメラボディをくるんでカバンに詰め込むような用途では、こっちのほうが扱いやすいサイズだと思います。

Sony LCS-WR1AM

このラッピングクロス、表裏で質感が異なります。表は織り目がついてざっくりした質感、裏は機材を守るソフトな質感。クリーニングクロスとしては使えませんが、ソフトカバー代わりの安心感という意味ではハクバのよりもよさげ。

Sony LCS-WR1AM

使用時はこんな感じでクルッとカメラを包んだら、付属のゴムでパチンと留めるだけ。マジッククロスのベルクロ留めよりも外れにくく、安心感があります。ちなみに、上の写真はレンズを外した状態ですが、サイズ的にはそんなに長くないレンズなら装着状態でもくるめます。
この方式、どうやら mont-bell のカメラップを参考に開発されたらしいのですが、人ごとながら特許とか大丈夫なんだろうか?と思ってしまいます(汗。ライセンスとか受けてるんでしょうかね・・・。

さておき、私も初めて一眼レフを買ったときにはレザーのセミハードケース(けっこう高価)を買ったものでしたが、かさばるし重いし、標準ズームより長いレンズをつけると入らなくなるし、で数度で使わなくなってしまいました。以来、普段はカメラバッグに入れるか剥きだしで持ち歩いて、カメラバッグ以外のカバンにしまうときにはマジッククロスにくるんで・・・としているくらいなので、セミハードケースなんかよりもおくるみ系クロスがマジオススメ。特にこのラッピングクロスは素材の良さと扱いやすさで、かなり気に入りました。
でもα以外のカメラをこのクロスでくるむのはちょっと気が引けるので、EOS 用に改めてカメラップも買おうかなあ、とちょっと思ったり・・・。

投稿者 B : 17:14 | Camera | Camera Accessory | コメント (1) | トラックバック

2009/07/03 (Fri.)

夏の新作デジイチを見てきた

なんかここ一週間ほどで、この夏の新作デジタル一眼が相次いで発売になっていたので、ちょっと店頭まで見に行ってきました。というか、E-P1 に至っては、iPhone を買いに行ったときにもうヨドバシにデモ機が置いてあったんですが。

オリンパス / PEN E-P1

B002DGSQ00

この夏はなんと言ってもこれでしょう。デジタル一眼カメラ界に新風を吹き込んだマイクロフォーサーズ期待の星。ステンレス+アルミで構成されたボディの質感の高さはデジタル一眼売り場でも異彩を放っており、そのスタイリングだけで涎が出てきそうなほど(;´Д`)ヾ。でも逆にサイズ感は一眼だと思えば小さいですが、コンデジと比べるほどじゃない(ハイエンド系のコンデジとはけっこういい勝負ですが)ので、何を前提として見るか次第だと思います。

私が万が一これに手を出したとして、最も気になるのは MF の操作性ですが、23 万画素の背面液晶ではさすがに MF は厳しいです。でも、ちゃんと MF アシスト機能はあって、MF 時には画面中央部を拡大表示してくれるので、MF できないわけではないといったところ。MF 主体で撮りまくる、という感じではなくて、普段は AF で使いつつ、ここぞというところで MF を使ってじっくり撮影、というスタイルで撮れるならば、アリかなと思います。
ただキットレンズは正直言って MF のためにあるレンズじゃないので、これで MF 撮影するのは厳しいなー。フォーカスリングが機械式でなく電気式なので、直感的に MF できません。設定でリングの回転方向を任意に設定できるので、慣れた方向で使えるのは電気式のメリットといえばメリットですが、この操作感じゃ MF で撮りたいと思えません。結局このカメラは AF でお手軽に、だけどレンズ交換できて一眼レフ的な写真が撮れるカメラ、という位置づけなんでしょうね・・・。

でも今月号のデジタルカメラマガジンの E-P1 特集にあるような、オールドレンズとのマッチング写真を見せられると、マウントアダプタ遊びしたい気持ちがムクムクと(´д`)。こ のカメラに長い望遠レンズをつけるのはどうかと思いますが(個人的には、キットレンズの 14-42mm ですら、鏡筒を伸ばした姿は美しくないと思う)、ライカレンズとかリコーの GR レンズ、あるいはコシナ製の Zeiss ZM マウントや Voigtländer VM マウントレンズを装着したスタイルは、本気でアリ。短めで前玉が大きい、特に Nokton 50mm F1.1 を装着した写真あたりは、マジで垂涎モノです(;´Д`)ヾ。
逆に、フランジバックの差からマウントアダプタが厚くなり、どんなレンズをつけても大仰に見える一眼レフ系のレンズをつけるのは美しくないかも。CONTAX あたりのコンパクトなレンズであっても。

ということで、やっぱり手は出しませんでしたが、相変わらず気になるカメラであることには間違いないです。後継機種は間違いなく VGA 液晶になるはず(だから何)。

ペンタックス / K-7

B002ANRMV0

K-7 は発表時点ではけっこうよさげなカメラだと思ってましたが、E-P1 が発表されて私の中では完全に霞んでしまいました(ぉ。

ただ、製品写真からゴツゴツした無骨な印象を受けていたので、実物の小ささを見てビックリ。ペンタックスには今や K-m があるので驚くほど小さいというわけではありませんが、イメージしていたものよりも遙かに小さく、記憶にある限り *ist D くらいのサイズにまとまってるんじゃないかな、という印象。
ただ手に持ってみた感触では、角張ったデザインということもあってか、見た目の印象よりは大きく感じるような気がします。これだけの高機能・高性能をこのサイズにまとめたのに、見た目の印象と持ったときの印象が伴ってなくて、ちょっともったいないと思いました。

でも視野率 100% のファインダは覗いていて気持ちが良く、AF スピードも(私が抱いていたペンタックスのイメージからすると)全然許容範囲内で、これは使って心地良いカメラかもしれないと感じましたね。コシナツァイスの ZK レンズもラインアップが揃ってきたし(って結局基準はそこかよ)、一眼を持っていなかったら検討していたカメラかもしれません。

ソニー / α330
icon


icon
icon

最後はこれ。というかこれ・・・私は完全にターゲットユーザーじゃないので、どう評価したものか。
コンデジからのステップアップ組でこれが初 DLSR なユーザーか、α900 のサブにコンパクトなのが欲しい人ならともかく、既存ユーザーの買い換えはα100 ユーザーでもない限り考えにくいタイプの製品なので、私に響くポイントがない(´д`)。
ちなみに、3 機種ありますが、せっかくデジタルっぽいデザインになったのでグリップ部のパターンがデジタルっぽい(見ようによってはカーボンっぽい)α330 のブラックが一番好み。

サイズ感については、他社の小型エントリー機と比べても劇的に小さいわけじゃないですが、撫で肩でメタリックなデザインのせいか、ぱっと見の印象ではミラーレスなパナの G1 あたりと良い勝負じゃない?というくらいにがんばっています。でも、グリップは手の小さい私にも正直小さすぎて、薬指や小指が余る感じ。両手で構えて光学ファインダを覗く、じゃなくてライブビューで体から離し気味にして持つとある程度しっくりくる形状をしているのだと思いますが、私のスタイルじゃないしなあ。普通に従来の一眼レフ的に使いたい人なら、グリップベルト併用必須じゃないかと思います。

「初心者にやさしい」→「カメラ慣れしたユーザーには必ずしも使いやすくない」と懸念していた UI ですが、設定(DISP ボタンを押すごとに切り替え)で従来の UI にもできると分かって一安心しました。
まあ、だからと言って私にはこれを買う要素がないので、買いませんが(´д`)。噂だけ流れ始めている中級機クラスに期待・・・。

投稿者 B : 23:59 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2009/06/29 (Mon.)

Carl Zeiss Jena MC Sonnar 135mm F3.5

自分への誕生日プレゼント。十六進数で 20 歳になりました(ぉ。

Carl Zeiss Jena DDR / MC Sonnar 135mm F3.5

Carl Zeiss Jena MC Sonnar 135mm F3.5

そういえば 3 から 6 月になるとレンズ買ってる気がする・・・。

最近は欲しい焦点域のレンズをほぼ一通り揃えてしまったこともあり、オールドレンズ本を読み漁っている今日この頃ですが、やっぱりオールドレンズの入り口といえば旭光学の TAKUMAR か、東独 Carl Zeiss Jena かどちらか。ツァイス厨としては Jena のレンズは一度手を出してみたいと思っていました。

最近はもっぱら 70-200mm あたりの焦点距離をよく使うようになったのに加えて、春先にαの STF レンズを試して以来 135mm のレンズが一本欲しいと思っていたので、Jena のレンズの中では不人気な S135 を買ってみました。
Jena といえば Flektogon・Pancolar・Tessar のほうが有名で、このレンズを買ったお店では Sonnar より入手困難な Flektogon 35mm F2.4 もあってかなり迷ったんですが、最近 35mm あたりの画角は持て余し気味だし、価格差もかなりあったので、初志貫徹で Sonnar を。Sonnar 135mm ならばヤシコンのほうが明るくて(F2.8)安いのでそっちのほうが遙かにお買い得ですが、M42 マウントのほうがαでも使えて楽しいんですよ!!!

ちなみにこのレンズは CONTAX/Zeiss 専門店の極楽堂で購入。前々から一度覗きに行きたいと思いつつ、微妙に行きづらい(大江戸線若松河田駅)のでなかなか足が向かないお店でしたが、スタッフの方々が本当にカメラ(特にツァイス)を愛していることが伝わってきて、とても良いお店だと思います。

Carl Zeiss Jena MC Sonnar 135mm F3.5

このレンズ、単焦点なだけあって幅広のピントリングを備えていて、操作性は良好です。鏡筒のデザインは製造時期が全然違いますがヤシコンのレンズによく似ていますね。
レンズフードは内蔵式で、指で引き出してやることで使用可能です。が、長さが短いので、飾りとは言いませんが正直ちょっと心許ない(´д`)。万全を期すなら外付けのフードを買ってきたほうが良いかも。

Carl Zeiss Jena MC Sonnar 135mm F3.5

このレンズ、望遠の割に非常にコンパクト。一般的なサイズの標準ズームレンズと比較しても、細くて短いです。F3.5 と明るさを欲張っていないことも小型化に寄与しているのでしょうが、これだけコンパクトならカメラバッグの隅に放り込んでいても邪魔にならなさそうです。

Carl Zeiss Jena MC Sonnar 135mm F3.5

マウントアダプタ経由でα-7 に装着してみたところ。径が細いので、手持ちのボディの中では小さいほうのα-7 ですら、微妙にアンバランスな気がしてしまいます。むしろ CONTAX 139 Quartz とか Aria あたりのほうがバランスが良いかな?DSLR ならα330 とかマイクロフォーサーズ機のほうが似合いそうです。

このレンズ、お店で最初に見せてもらったときにはヘリコイドの動きに寄りがあってあまり滑らかではなかったのですが、お店で調整してもらったらだいぶ良い感じになりました。ただ、絞りリングの動きが若干固い感じで、絞り開放にしても微妙に絞り羽根が開ききっていないように見えるのが少し気になりますが、手持ちのレンズの中では間違いなく一番古い(たぶん私より年上)ので、多少のことには目を瞑りつつ、調子が悪くなったらまた調整に出す、という感じで使ってやろうかと思います。

まだしばらく梅雨が明けず、週末の天気は良くなさそうですが、早く試しに出たいところです。EOS のほうは EF70-200 F4L があって、このレンズと F 値があまり変わらないので、コイツはたぶんα専用のレンズになりそうな予感。

投稿者 B : 00:32 | Camera | My Equipment | コメント (0) | トラックバック

2009/06/23 (Tue.)

EOS 60D のうわさ

最近周囲では E-P1 の話題で持ちきりですが、自制するために EOS の新製品のうわさを検索してみる(^^;

EOS 二桁系の新製品 60D ですが、どうやら 1D Mark IV と一緒に 8/25(火)発表に向けて開発中、とのうわさ。40D までは二桁系ラインは 1.5 年サイクルを守ってましたが、50D からは 1 年サイクルになったということですかね。まあ、それくらいじゃないと商品力を維持していけないということなのでしょうが。

Canon Rumors » Canon 60D

それなりに信憑性がありそうな話と憶測が入り交じっているようですが、ざっくりまとめるとこんな感じらしい。

  • イメージセンサは 50D から据え置きの 15.1Mpx CMOS
  • ISO 100-25600 対応
  • 連写速度が 7 コマ/秒にアップ
  • 画像処理エンジンが DIGIC 5 にバージョンアップ
  • 1080p/30fps または 24fps の動画撮影に対応
  • ディスプレイには有機 EL を検討しているらしい?
  • WiFi 内蔵?
  • GPS 機能内蔵?ただし 1Dmk4 には入るけど 60D には入らないという話も
  • CF スロット廃止、SD カードスロットに変更
  • バッテリ&バッテリグリップ変更
まあ、順当進化といったところでしょうか。連写速度アップはモータースポーツ撮影にも使う私にはありがたいですし、キヤノンらしさという点でも順当な進化。画素数は 1,500 万もあればもう十分、動画撮影も(実際そんなに使わないにしても)今やもう当然搭載すべき機能というところになってきました。
逆に有機 EL とか、WiFi とか GPS が本当だとすると、出し惜しみのキヤノンさんどうしちゃったの?という感じですが(ぉ、個人的には GPS 搭載にはかなり期待。

逆に残念なのはバッテリとメモリカードスロットの仕様が変更されるという話。ボディを換えても流用がきくことを期待して BG-E2N を買ったので、これが使えないとなるとかなり痛いです(´д`)。メモリカードは SD カードも最近高速大容量なものが増えてきたし、ノート PC で取り込むことを考えると SD のほうが扱いやすいですが・・・当面予備バッテリと CF カードに投資するのは控えようと思います。

今の 30D もそろそろ 3 年あまり経って、何かと見劣りする部分が増えてきた(最近α700 のほうが出番多いし・・・)ので、60D が出たら買い換えたいと思っています。そろそろ 60D 貯金を始めるかなあ・・・。噂になっているα500 のほうも、気にはなるんですが。

投稿者 B : 23:06 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック