b's mono-log

2009/08/29 (Sat.)

EOS 7D カウントダウン?

この秋のコンデジは各社ほぼ出そろったようですが、タイミング的には次いでそろそろ一眼レフの新製品発表が相次いできそうな来週以降。私が最も気になっている二桁系 EOS についても、以前出ていた噂がアップデートされています。

7D & Lens Pictures [CR3] | Canon Rumors
*UPDATED* Upcoming Releases [CR3] | Canon Rumors

もう製品写真(の一部)やポスターらしき画像が大陸方面から出てきているみたいですね。
製品名は「EOS 7D」、スペックに関しては

  • イメージセンサは 18Mpx
  • ISO(実用 ISO?) 6400
  • 連写速度 8 コマ/秒
  • 画像処理エンジンは DIGIC 4 据え置き
  • 視野率 100% のファインダ
  • 19 点全点クロス AF
  • 3.0inch 背面液晶
  • 動画撮影対応
  • 水準器内蔵?
といったところ。のようで、写真のポスターにアイコンが写っていることからみても確定情報と考えて良いでしょう。やはり正式発表までもう秒読み段階に入ったようです。
「7D」という名前はかなり以前から 5D の廉価版、つまりフルサイズセンサ搭載として噂されていたのですが、同時発表と見られる以下のレンズ
  • EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM
  • EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS
の情報も明らかになっており、またポスター写真で装着されているのがこの EF-S レンズであることからも、APS-C タイプとみて間違いありません。最近ではエントリーモデルである Kiss シリーズのラインアップが二つに分かれ、上位機種はスペック的に二桁系に匹敵、あるいは超えてしまうことも少なくなかったことから、従来の二桁系の位置づけを少し上げてフルサイズ機の少し下、ニコンでいうところの 300D クラスとして再定義する、というのが「7D」という名称が意図するところではないかと思います。

同社のコンデジのフラッグシップ G11 で画素数を落とすという「英断」をしたのに対して、仮にこの 7D が本当に APS-C で 1800 万画素だとすると、正直なところ画質的にちょっと不安は拭えませんが、ファインダおよび AF センサのスペック向上、連写スピード向上といった部分には期待大。
もともと 50D の次が出たらいよいよ 30D から買い換えるつもりでいたのですが、α-7、α700 ユーザーでもある私はやっぱり「7」がつくとさらに惹かれてしまうのです(笑。そのαのほうは、海外の先行発表内容を見る限り、今年は 700 クラスのボディがないようだし・・・。
発売日には間に合わなさそうなのですが、既に貯金もぼちぼち始めていたので、国内発表のスペックと価格が気になるところです。

投稿者 B : 20:07 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2009/08/21 (Fri.)

秋の新作コンデジが続々

お盆休みが明けて今週はコンデジの新作が続々発表されてますね。特に今日発表されたキヤノン・リコーの新機種はなかなかの注目株です。

キヤノン、ノイズを1/4に抑えた「PowerShot G11」 (デジカメ Watch)
キヤノン、RAW記録に対応した薄型モデル「PowerShot S90」 (デジカメ Watch)

まずはキヤノン。フラッグシップにあたる G シリーズの最新作「G11」は、なんとイメージセンサを旧型と同じ 1/1.7 型ながら 1,470 万画素→1,000 万画素に「デグレード」してきました。これはどう見ても単純な画素数によるスペック競争から純粋な「画質」にフォーカスを切り替えてきた証拠で、そこいらの企業であれば先に降りるわけにはいかない画素数のチキンレースから降り、カメラ好きに向けたものづくりを(少なくともこのカテゴリの製品においては)意識し始めたことにほかならないと思います。いいよー、こういう姿勢。
G11 は外観を除けば進化点は画素数の減少に伴うノイズ耐性の向上つまりは画質の向上に加えて、G シリーズとしてはかなり久々に復活したバリアングル液晶の採用くらい。ある意味これまでの G シリーズの集大成とも言える内容になっていて、見た目のインパクトは少ないながらも会心作と言えるのではないでしょうか。ただ、私にとっては G シリーズは(かつてに比べれば大幅にコンパクトになったとはいえ)大きすぎてこれを持ち歩くくらいなら一眼持って行くよ、という気になってしまうので、買いませんが・・・。

それで G11 よりももっと気になるのは PowerShot S90 のほう。内容的には G シリーズの弟分的な位置づけになり、昨今の高級コンパクト路線に乗っかってきたような格好になっていて、今までだったら気にも留めなかった PowerShot S シリーズが急激に気になる存在に(笑。
だって今使っている DSC-W170 とそう変わらないサイズの筐体に G11 と同じ 1/1.7 型 1,000 万画素 CCD、28-105mm/F2-4.9 相当のズームレンズ搭載とあっては、気にするなというほうが間違ってます。操作系も MF レンズのようにレンズ周囲のコントロールリングを回すインターフェースが備えられており、カメラ好きの心がよく分かっているなあ、と思います(ただ、そのコントロールリングも E-P1 のレンズのようなアナログ感覚の欠片もない電子制御だったとしたら、興ざめですが)。
とりあえずこのカメラは一度触ってみないと・・・。

あとは IXY DIGITAL もモデルチェンジしていますが、最近の IXY DIGITAL はモデル濫発でラインアップが複雑怪奇になっていることと、デザインが IXY らしからぬクネクネしたものになって私の興味の対象から外れてしまったので、軽くスルー(´д`)。

リコー、28~300mmレンズ搭載の「CX2」 (デジカメ Watch)

ここのところ私がとても注目しているカメラメーカーであるリコーからも新製品が。「CX2」って・・・去年の 2 月から半年単位で R8→R10→CX1→CX2 と矢継ぎ早の新製品投入、ちょっと早すぎやしませんか?というくらい、怒濤のモデルチェンジが続いています。なんとなくリコーって一般的なカメラメーカーとしての知名度ゆえか、他社に比べて値崩れのペースが速い気がするので、どんどんモデルチェンジして価格を立て直していかないといけないのかなー、とか深読みしてみる。

この新製品ですが、CX1 の 28-200mm 相当のズームレンズにも驚きましたが、今回はさらに 28-300mm 相当の 11.1 倍ズーム。一眼向け高倍率ズーム(APS-C 専用の 18-200mm ズーム)がコンデジに入ったようなもので、同社の GR DIGITAL や GX シリーズが画質で DSLR に迫ろうとしているとしたら、CX シリーズは使い勝手で DSLR に迫ろうとしているのかな、と感じます。秒間 5 コマの連写も可能になっており、これでレリーズタイムラグが短かったりしたら、本当にちょっとした DSLR の代わりに使えてしまいそう。
個人的には多少腰を据えて使うための GR DIGITAL や GX シリーズが本命で、普段使いのコンデジは他社製のほうが使い勝手が良い印象を持っているので CX2 を買うことはないと思いますが、またしても度肝を抜かれてしまいました。ええ、カラバリのツートン(グレー×ピンク)の配色にも、度肝を抜かれましたが(;´Д`)ヾ。

いやあ、一時期は完全に興味を失いかけたコンデジですが、最近はメーカーごとに進化の方向性が分かれてきて面白いですね。私は今のところ裏面 CMOS の威力を知りたいので WX1 にほぼ決めてますが、まだ秋モデルが出てきてないメーカーもあるので、そちらも楽しみです。

投稿者 B : 00:51 | Camera | Compact | コメント (0) | トラックバック

2009/08/15 (Sat.)

DSC-WX1 を(軽く)見てきた

銀座に出かける用事があったので、ついでにソニービルで DSC-WX1・TX1 の先行展示を見てきました。

DSC-WX1

置いてあったのは(私が見た限り)ゴールドのみ。レンズ周りから何からキンキンで、かなりゴージャスな雰囲気漂ってます。今までの普及機としての「W」シリーズとも、高級コンパクト路線の W200・W300 とも違った雰囲気で、W シリーズもずいぶんデザインコンシャスになったものです。
イメージ的には W シリーズらしい沈胴レンズに T700 路線の「一枚の金属板から切り出した」的なデザイン手法を持ち込んだ感じでしょうか。こんなにイメージ変わると同じブラックに買い換えてもバレるじゃないか(ぉ。

DSC-WX1

今使っている W170 とほぼ同サイズだろうと思い込んでいたんですが、実物を見てびっくり。W170 よりも一回り小さいです。シャッターボタンや電源ボタン周りも直線的なデザインになって、実用性よりもデザイン方面に振られた感じ。もう少し道具らしさを前面に出したデザインでも良かった気がしますが、W シリーズがこっち方面のデザインになったということは、別途最近流行りの高級コンパクトが出てくる予兆・・・とか淡い期待を抱いてみる。

DSC-TX1

同じく Exmor R を搭載した TX1 も隣に置いてありました。これはかなり鮮やかなブルーで、個人的にこっちもなかなか良いかも、と思いましたが、カメラでタッチ系の操作というのはどうも身体が受け付けないので、パス(´д`)。

肝心の画質のほうは、展示機の液晶画面でしか確認できなかったので、何とも・・・。デジカメ Watch の記事がかなり参考になるので、今のところそれで判断するしかなさそうです。

ソニー「サイバーショットDSC-WX1」ファーストインプレッション (デジカメ Watch)

まあ、それでも今の W170 の不満点をかなり解消してくれそうな感触があるので、かなり期待。イメージセンサが新規なので画質面のチューニングは詰めが甘そうな気もしますが、たぶん 2~3 世代モデルチェンジする頃にはまた買い換えたくなっているだろうから、気にしない(笑。

ということでカメラ本体は事実上筐体デザインを見てきただけ、といったところですが、むしろ感動したのはこれ。

Party-shot

「Party-shot」の動作デモをやっていました。今年の PIE でも参考出展してましたが、当時はまだ技術展示だと思ってたからあまりチェックしてなかったんですよね・・・。でも、こうして製品レベルのものが動いていると、なかなか感動的です。顔認識技術があれば自動追尾するところまではそんなに難しいことじゃなさそうですが、自分で構図を判断してズームする焦点距離を決める、というのは実際に動いているのを見るとかなり面白いです。
ただこういうのはデモじゃなくて自分の生活に入り込んでみないとどの程度使い物になるか判断のしようがないものですが、面白いのでとりあえず一台買ってみたい。

Sony Aquarium

カメラを見た後は、夏の間じゅうやってる Sony Aquarium を見学。銀座に来たのは奥さんの買い物のおつきあいで、買い物してる間は私が娘を連れて時間をつぶす・・・という役回りだったので、このイベントにはかなり助けられました(^^;。毎年この期間、ソニービルは子どもだらけで大変なことになるので、アテンダントの方々は大変だろうなあ・・・と察しつつも利用させていただいてます。「ニモ」からかなり時間が経っているのに、相変わらずカクレクマノミは人気ですねー。

投稿者 B : 22:29 | Camera | Compact | コメント (0) | トラックバック

2009/08/14 (Fri.)

OP/TECH レンズマウントキャップ・ダブル

最近カメラ関係の小物ばかり買ってますが、今度はこれ買ってみました。

オプテック、Oリング採用のレンズリアキャップ (デジカメ Watch)
OP/TECH / レンズマウントキャップ・ダブル

OP/TECH レンズマウントキャップ・ダブル

発表時から気になっていたんですが、なかなかどこにも売ってなくて・・・銀一は営業時間が短いし。たまたま寄った新宿ヨドバシのカメラ館でフト発見して、即保護しました。EF マウント用とαマウント用をそれぞれ 1 つずつ購入。それだけでもけっこういい値段しますね・・・。

OP/TECH レンズマウントキャップ・ダブル

ダブルタイプのレンズリヤキャップって何が良いかって、屋外でもクイックにレンズ交換ができることと、短めのレンズならまとめてカメラバッグに収納できること。
前者は、普通であればレンズ交換時にカメラからレンズを外す→入れ替え先のレンズからリヤキャップを外す→そのレンズキャップをしまうほうのレンズにつける→新しいレンズをボディに装着、とするところが、レンズを外す→そのまま入れ替え先のレンズについているダブルキャップの反対側に装着→新しいレンズを外してボディに装着、と 1 ステップ省略することができて、レンズの後玉にチリや埃がつくリスクを下げるのと同時に、ガチャガチャやっている間にうっかりレンズを落としてしまうリスクを下げることができるというメリットがあります。
後者は広角系の単焦点レンズやマクロレンズなら 2 本連結しても望遠ズーム 1 本とさして変わらないサイズなので、いつもよりレンズを 1 本多く携行できるのがメリット。
ということで、せっかくレンズをたくさん持っていても、カメラバッグの都合で持って行けるレンズの数が限られたり、レンズ交換が億劫になったりして「もったいない」ということが減るので、OP/TECH から製品が発表されたときから欲しいと思っていました。

OP/TECH レンズマウントキャップ・ダブル

またこのリヤキャップは周辺部に O リングを採用しているので、キャップの隙間からチリが入るのを防ぐ効果もあります。シングルタイプのキャップもあるので、お金に余裕があればいくつか購入して純正のキャップの代わりに使いたいくらいです。
キャップ内側に貼ってあるシールに "Sony/Minolta" じゃなくて "Sony/Maxxum" と書いてあるあたりが、いかにもアメリカン(ミノルタ~コニミノ時代のαはアメリカでは "Maxxum" のブランドネームで展開していた)。

でも、ある程度レンズが揃ってきて、防湿庫に入れるようになると、リヤキャップって持て余すんですよね(´д`)。余ってるリヤキャップを自分で加工してダブルタイプにするだけで十分だった気もします(笑。

投稿者 B : 21:20 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2009/08/07 (Fri.)

Cyber-shot DSC-WX1

うわ、なんか変な時期にインパクトのあるコンデジが出てきた・・・!

ソニー、世界初の裏面CMOS搭載デジカメ「サイバーショットDSC-TX1」 (デジカメ Watch)
ソニー / Cyber-shot DSC-TX1icon

iconicon

ソニー、24mm対応の裏面CMOS搭載機「サイバーショットDSC-WX1」 (デジカメ Watch)
ソニー / Cyber-shot DSC-WX1icon

iconicon

DSC-T シリーズと DSC-W シリーズが Handycam に先行搭載されていた裏面照射型 CMOS「Exmor R」を搭載してリニューアル。新しく DSC-TX シリーズ・DSC-WX シリーズとなりました。
こないだの Handycam CX520V といい、お盆前の妙な時期に強力な製品が出てきますね。XR520V のメモリメディア版にしろ、コンデジへの Exmor R の搭載にしろ、早くても来年春の CP+ 前後じゃないかと思っていたので、完全に裏をかかれました。変な時期に出てきたのは、モノが売れない市況だからこそ、出し惜しみせずに積極的に前倒し投入とかいう方針だったりするのかなあ、と邪推してみる。

まあどちらもざっくり言ってしまえば DSC-T・W シリーズに Exmor R を搭載しただけといえばだけですが、それで感度性能が大幅に向上し、暗部ノイズの低減や高速シャッターの実用性に好影響が出るので、コンデジにとってはそれだけで買い換えの価値があるくらいの進化です。
コンデジは長らく画素数向上に頼った進化を続けてきて、近年でこそワイドレンズや手ブレ補正、顔検出機能といった付加価値を模索してきましたが、基本的には「量的な進化」によって市場を引っ張ってきていました。でもそれには限界があって、何らかの「質的な変化」がないとブレイクスルーはないわけで、今回はそれが撮像素子の革新という基幹デバイスの進化によって訪れたということができるでしょう。今のところ裏面照射 CMOS は他社に供給されていないようですが、もし供給が開始された暁には、一年後にはコンデジは画質も使い勝手も今と全く違った水準のものになる可能性が高いと言えます。

私のほうは、ちょうど昨日の長野出張のついでに、深夜の松本城をカメラに収めようとしてみたのですが、

夜の松本城

ライトアップもされていなかったためこんな↑状態で、コンデジで三脚もなしじゃ全然ダメか(´д`)と打ちひしがれていたところだったので、まさにナイスタイミング。もうかなり買い換えるつもりになっているんですが、私はやっぱり WX1 かなあ。撮像素子の性能が段違いになっていて、多少口径の小さいレンズでもデメリットが隠れる形になるので、より薄くて起動も速い屈曲光学系の TX1 も今回はけっこうイケルのでは?という予感があるものの、WX1 なら今の W170 から買い換えてもバレにくいから(ぉ。ここまでデザイン踏襲するなら、もういっそのこと前面のヘアラインアルミ継続してくれれば良かったのに・・・。

さておき、WX1 は光学系もリニューアルされていて、いよいよ 24mm(相当)スタートの 5 倍ズーム。W170 の 28mm(相当)でもワイド端では画面周辺部がそれなりに流れたので、今回はもっときついんじゃないかとも思いますが、ワイド端で使うことはそんなに多くないので「いざというときに対応できる」ことのメリットのほうが大きいかと。ただ、前から言っているとおり電源投入直後にワイド端でなく 35mm(相当)程度の焦点距離からスタートしてくれる設定が欲しいですね。ワイド端がより広角になったのなら、なおのこと。
ちなみにレンズは従来の Vario-Tessar 銘から G レンズ銘に変更されています(TX1 は光学系を全機種から継続しているからか、Vario-Tesar のまま)。最近の Cyber-shot/Handycam は Zeiss へのパテント/ブランド料節約のためか、自社ブランド向上のためか Zeiss から G へのレンズ変更が進んでいますが、この辺のレンズで「G」だったらαの G レンズの価値ってどうなるんでしょうね(まあ、これは従来の Zeiss ブランド使用にも言えたことですが)。これで G ならαレンズは無印のものでも全部 G レンズと言えそうな気がして、微妙な気持ちになってきます(´д`)。もうちょっとブランドを大事にしてほしいなあ・・・。

あと、周辺機器でも面白いのが出ています。

ソニー、顔を追いかけて自動で撮る電子雲台「パーティーショット」 (デジカメ Watch)
ソニー / Party-shot IPT-DS1icon

iconicon

この春の PIE で参考出品されていたやつですね。顔認識機能をベースに雲台が回転して被写体を自動追尾し、アングルやズームをカメラが決めて自動撮影するというもの。まずはこのアイディアが面白いじゃないですか。シチュエーションさえ合えば実用面でも案外使い途があって面白いものになりそうだと思います。ただ、日本人に「Party-shot」という概念がどの程度理解されるかは未知数ですが。
とりあえずこれも買ってみたいガジェットの一つに加えておきました。

投稿者 B : 00:54 | Camera | Compact | コメント (0) | トラックバック

2009/07/28 (Tue.)

RICOH GR DIGITAL III

リコー、F1.9レンズ搭載の「GR DIGITAL III」 (デジカメ Watch)
リコー / GR DIGITAL III

B002J4UIOS

リコーが GRD シリーズの 3 世代目にあたる「GR DIGITAL III」を発表。事前にはいろいろ噂が飛び交っていましたが、蓋を開けてみれば実にリコーらしい、堅実なモデルチェンジとなっていました。

外観変わらず、光学系を刷新。28mm F1.9 というこのクラスにしては明るい単焦点レンズを搭載し、写真表現の幅が広がりました。逆に CMOS 採用は既定路線かと思われた撮像素子は GRDII と同じく 1,000 万画素 CCD のまま。旧型比で高感度性能が上がっており、また画像処理エンジンもバージョンアップすることで、画質の水準が向上しているものと思われます。
また背面液晶も(ようやく、といった感じですが)VGA 対応の 3.0 型になっており、最近のトレンドに追いつきました。

相変わらず手堅いですね、リコーは。無闇にシェアを追うんではなく自社ファンの囲い込みに余念がなく、口コミベースで順調に売れていてその規模に満足しているからこそ採れる戦略なんだろうなあ・・・という見方をついしてしまいますが(笑)、現行機種ユーザーにも悔しすぎず、でも買い換える人にはそれだけの動機を与える良い塩梅のモデルチェンジだと思います。
個人的には 28mm 単焦点は持て余すので GX200 の後継待ちですが、今の GX シリーズは GRD のズーム版という位置づけなので、進化の方向性もたぶん似たようなところではないかと。そうすると CMOS 採用はない可能性もあるし、それなら値下がりしてきた GX200 で十分じゃ?という気もしてきます(;´Д`)ヾ。まあ、最近の私のマインド的にはコンデジやマイクロフォーサーズ機よりも EOS 30D のリプレースに向かっているので、このカテゴリのカメラに対する興味が若干醒めてきているからかもしれませんが。

でもこういうファンが多いシリーズというのは羨ましいもので、一度祭りに乗ってみたいなあ・・・というヨコシマな気持ちもなくはないのですが(汗。

投稿者 B : 00:36 | Camera | Compact | コメント (0) | トラックバック

2009/07/16 (Thu.)

Handycam HDR-CX520V

Handycam の新製品がえらい中途半端な時期に発表になっています。

ソニー、裏面CMOS/GPS搭載の小型ハンディカム (AV Watch)
ソニー / Handycam HDR-CX520Vicon

iconicon

これなんかスゴいことになってるんですけど(;´Д`)ヾ。ざっとスペックを並べてみただけでも、

  • 裏面照射 CMOS「Exmor R」搭載!
  • 強力な光学式手ブレ補正搭載。さらに回転軸方向のブレ補正にも対応
  • G レンズ搭載、絞りは円形絞り
  • 内蔵フラッシュメモリ 64GB
  • GPS 内蔵
ってこれ最強じゃないですか!?あと足りてないのは光学式ファインダ EVF くらい。光学ファインダ EVF は一眼レフと違って覗く機会はそんなの多くないし、もう「全部入り」が出てきた印象です。以前 XR520V の購入を妄想していたときに、「あと 1 年くらい待ったらフラッシュメモリタイプにもほぼ同等の機能が搭載されてきそう」と書いたら、半年で出てきた((((;゜Д゜)))。

これはやばいわー。HDR-XR520V を買おうかどうしようか躊躇している間に、一気に本命に躍り出てきてしまいました。当初、今年の冬は AV アンプが欲しいと思っていたんですが、諸事情によりアンプよりもカムコーダを買い換えたいモードに入ってきてしまったので、年末のお買い物の最有力候補に挙げておこうと思います。

同時発表系ではこれも気になってます。

ソニー / 三脚付きシューティンググリップ GP-AVT1icon

icon
icon

カムコーダは子供撮りがメインな私には、ローアングルで撮影しやすい TG5V のような縦型のほうが向いていると思っていたんですが、このシューティンググリップがあれば CX520V のような横型でも縦型同様に使えるので、よさげ。TG シリーズはコンパクトなのは良いけど構造上光学系や撮像素子に制限が多い(ワイコン/テレコンつけにくい、センササイズ小さいなど)のが欠点だったのですが、CX520V+このシューティンググリップを使えばいいとこ取りできるかも。
今使っている HDR-HC1 でも使えればとりあえずこのグリップだけ先に買ってみるところなんですが、見たところ対応本体一覧には載ってない模様(T_T)。動作保証してないだけで使えてしまう可能性もありますが、HC1 だと本体がデカいので、アンバランスになるかもしれません(´д`)。

とりあえずどちらも近々実物を見に行こうかなと。

投稿者 B : 23:52 | Camcorder | Camera | コメント (1) | トラックバック

2009/07/15 (Wed.)

Sony RM-S1AM

野鳥撮影のために買っていったもの、その 2。

ソニー / リモートコマンダー RM-S1AMicon

Sony RM-S1AM

α用のリモートコマンダー(リモートレリーズ)です。野鳥撮影のような超望遠・高解像度の撮影では、レンズ性能もさることながらカメラブレも同様に抑える必要があって、三脚を使用していてもシャッターボタン押下時の振動は受けるので(かつ、このときの振動はアンチシェイクが苦手とする回転方向のブレ)、リモートレリーズで本体のブレを可能な限りなくしてやる必要があります。まあ、ここまでやってもレンズの収差や大気のゆらぎ等の影響でシャープな画像を得ることはなかなか難しいのですが、とりあえず排除できる要因はできるだけ排除したいというもの。

Sony RM-S1AM

このリモートレリーズは 0.5m のケーブルの先にグリップ(とも呼べないような樹脂製のケース)とシャッターボタンがついただけ、という非常にシンプルなハードウェアです。
シャッターボタンはストロークがけっこう深めで反発力があり、押し込んだところにクリック感があってシャッターが切れるようになっています。バルブ撮影用に、押し込んだところでボタンをスライドさせるとロックできる機構もついています。が、これが仇となってボタンを押し込んだ拍子にロックしてしまって連写が止まらない!みたいなこともまれに(;´Д`)ヾ。

たったこれだけのものに¥4,500 かあ・・・と正直思わなくはないですが(´д`)、三脚使用時には必須のデバイスですね。ちなみにミノルタ時代のものと互換性があるようで、α-7 やα-7000 にも装着できました(動作確認まではしてないけど、たぶん大丈夫)。
ちなみにこれを使っても 400mm クラスの望遠レンズだと、ファインダを覗いているとミラーショックで本体が微妙に振動してしまうのが分かります。こうなると、太くて重いアルミ三脚と、もっと本格的な雲台が欲しくなってくるという、こちらもさらなる沼(;´Д`)ヾ。

あと、先日α用のマグニファイヤーも試させてもらえる機会があったので、ちょっと試用してみました。

ソニー / マグニファイングアイピース FDA-ME1AMicon

Sony FDA-ME1AM

APS-C 系αのファインダ像を約 1.15x に拡大してくれるグッズです。私が EOS で使っているオリンパスの ME-1 が倍率 1.2x なので、それよりは若干低倍率ですが、覗いてみた感じではその分ケラレも少ないような気がします。

ただ、もともとのファインダ性能が APS-C 機にしては良いα700 だと、効果は微妙かも。確かに像は大きくなるのですが、MF でピントが合わせやすくなったかというと、そんなに変わった気はしませんでした。
でも、これを使えば液晶に鼻の脂がつくことが少なくなるし、つけていても違和感はないので、装着しておくことのデメリットはあまり感じません。アイスタート AF も個人的には邪魔なだけだし(ぉ。なんたって、つけているのを忘れて半日撮影して、そのまま返すのを忘れて帰りそうになったくらいですから(笑)、とりあえず買ってつけておいても良いかもと思いました。

投稿者 B : 21:21 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2009/07/14 (Tue.)

Manfrotto 190CXPRO4

野鳥撮影のために買っていったものその 1。

Manfrotto / カーボンファイバー三脚 190CXPRO4+クイックリリースプレートベーシックパンチルト雲台 804RC2

Manfrotto 190CXPRO4+804RC2

三脚です。ヨドバシのポイントで実質お持ち帰りしました。

三脚自体は今までもビデオ用の VCT-D580RM というのを持っていたんですが、あくまでカムコーダのアクセサリー的な位置づけにすぎないもので、安定性や精度の点で一眼レフでシビアな撮影をするのには辛いクオリティなので・・・。Manfrotto ファンなので、このシリーズのカーボン三脚はずいぶん前から目をつけていたのですが、ポイントが貯まっていたのでこの機会に思い切りました。

三脚単品と、3Way 雲台や自由雲台とのセット品がありましたが、自由雲台は一つ持っているので今回は 3Way 雲台の 804RC2 とのセット品にしました。今月いっぱいは「プレミオキャンペーン」というキャッシュバックキャンペーンをやっているようで、運が良かったです。

Manfrotto 190CXPRO4

このカーボン繊維目を見てください。もうこれだけでご飯三杯イケル(ぉ。
さておき、このカーボンのおかげで約 1.34kg という軽量化を果たしており、アルミよりも 500g 近く軽くなっています。これならレンズ一本多く持って行こうかという気になれますね。

それにしても、最近カーボン製品買いすぎですね・・・。

Manfrotto 190CXPRO4

私が買った 190CXPRO4 は 4 段。一般的な 3 段のほうが設置撤収も速いし安定性も高いのは分かってるんですが、嵩張るとそれだけ持ち出さなくなるのが目に見えていたので、縮長の短さ最優先で 4 段にしました。
脚の伸縮はレバー式。展開時にはレバーをまとめてバカッと開いて伸ばせば良いので、回転式よりもこっちのほうが好きです。

Manfrotto 804RC2

セットになっていた 3Way 雲台、804RC2。レバーのグリップは俵型になっていて握りやすいです。Manfrotto の雲台といえば、昔は太い筒状のグリップで、見た目はかわいいけど使いにくそう・・・というイメージがありましたが、今のこのグリップ形状は良いですね。
3Way 雲台なのでパン・前後チルト・左右チルトが個別に調整できます。ちなみに前後チルトにはスプリングが仕込まれていて、何かの拍子にチルトレバーが緩んでもレンズの荷重でバランスが崩れにくいようになっています(それほど本格的なものではないので、重い大口径の長玉には対応しきれないでしょうが)。

Manfrotto 804RC2

シューはクイックシュータイプで、以前一脚と一緒に買った 484RC2 と互換性があります。ここは今回ちょっとこだわったポイント。
雲台側に水準器がついているので、カメラ側に水準器をつけなくても水平が取れるのもメリットですね。

Manfrotto 190CXPRO4+804RC2

先日の光が丘にて、α700 を載せてみたところ。70-400G のレンズは借り物です。

こうしてみると 4 段目の脚が本当に細いですね。今のところあまり不都合は感じていませんが、やっぱり少し不安な気はします。でもコンパクトで軽いことは良いことだ!と自分を納得させています(笑。

雲台のほうは、まだ慣れていないこともあって調整がけっこう面倒です。水平をちゃんと出した上で、パンだけ、前後チルトだけなら自由雲台よりも正確ですが、咄嗟の動作には自由雲台のほうが・・・と感じるシーンもちらほら。やっぱり「あの高精度自由雲台」を買うかなあ、という気がちょっとしています。
あと難点といえば、やっぱり超望遠域での撮影になってくると、カメラの角度調整を行った後の雲台の揺り戻しがかなり気になるということ。角度的にはほんの少しのズレでも構図が全然違ってくることになるので、これはけっこうイライラするかも。ジンバル雲台とか、高精度なビデオ雲台(こちらはパン棒がついてて操作しやすいのがメリット)が欲しくなってきて、底なし沼(´д`)。

投稿者 B : 23:19 | Camera | Camera Accessory | コメント (1) | トラックバック

2009/07/11 (Sat.)

Sony GPS-CS3K

これ買いました。

ソニー / GPS-CS3K
icon

GPS-CS3K

前作 GPS-CS1K のときから気にはなっていたんですが、やっと買いました。もともと地図好きだけど、最近特にジオタグ連携できるハードウェアやネットワークサービスが増えてきて、楽しめそうだなと思ったので。
そういえば EOS 60D には GPS 機能が内蔵されるという噂もありますが、手持ちのαやコンデジには入ってないし、仮に EOS を買い換えても無駄になることはないかと。

単三電池 1 本で動作するし、GPS の測位もそこそこ早いし、MS/SD であれば PC レスでジオタグ付与できるし、液晶ディスプレイつきで動作状態もちゃんと確認できるし、ハードとしてはよくできてますね。

ジオタグをつけた写真

これがジオタグをつけた写真。まあメタデータなので写真だけ見ても何も違いませんが。
でも最近ではジオタグつきの写真を配置できる Web 地図サービスもかなり増えてきているので、活用の場は広いと思います。

Life-X

ということで、最近リニューアルした Life-X に久々にログインして写真を貼ってみました。自分だけじゃなくて、フレンドが貼った写真も地図上で見られるのがポイント。楽しみ方という点ではまだまだ提案できていませんが、位置情報×時間軸×写真をうまく組み合わせればもっと楽しいことができそうな気がします。

でも当面は、とりあえずアーカイブする写真に位置情報をつけて将来的なインデクシングや閲覧をラクにするという程度の使い方になるかなあ、とは思いますが、そのときにしか撮れない写真の付加情報をちゃんと取っておけるという意味では重要な気がしています。

投稿者 B : 21:48 | Camera | Camera Accessory | コメント (2) | トラックバック