b's mono-log

2008/07/28 (Mon.)

SanDisk Ultra II SDHC 4GB

GX100 用に SD カードを購入。

SanDisk / Ultra II SDHC 4.0GB

ケータイ用の microSD 以外にまともに SD カードを買ったのってこれが事実上初めてかも。この前に買ったのはその昔 WorkPad 用に買ったんだか何かの Palm 社ブランドの 16MB 品とかだけだったような気がする(既にうろ覚え)ので、デジカメの記録メディアとしてはこれが初。ずっと Cyber-shot だったからなあ。

コンデジなのでそれほど転送速度を重視してもしょうがないんですが、PC 取り込み時にできるだけ速いほうがいいかなと思って Ultra II を奢ってみました。サイズは価格容量比が良かった 4GB を。すでに一眼でメインに使ってる CF と同じ容量なんですけど(;´Д`)ヾ。

じゃあどのくらい速いか試してみよう、と思ったら、手持ちのカードリーダであるプリンストンの PRD-122XUエレコムの MR-GU2T15BK のどちらも SDHC に対応していないらしく、メディアを認識しない(´д`)。 マルチリーダだけど実質 CF 専用に使っていたので、全然気づきませんでした。
しょうがないので GX100 を USB マスストレージ接続して CrystalDiskMark にて計測。テストサイズは 50MB、比較対照はケータイで使っている SanDisk のノーマル microSD 2GB です。

メディア
/リーダ
Ultra II SDHC 4GB
/GX100
microSD 2GB
/GX100
microSD 2GB
/PRD-122XU
Sequential Read4.077MB/s3.787MB/s10.429MB/s
Sequential Write1.721MB/s1.479MB/s4.288MB/s
Random Read 512KB4.068MB/s3.783MB/s10.326MB/s
Random Write 512KB1.238MB/s1.057MB/s2.030MB/s
Random Read 4KB1.210MB/s1.274MB/s3.016MB/s
Random Write 4KB0.032MB/s0.028MB/s0.029MB/s

うーん、GX100 上で比較すると一応少し差は出てますが、それでもノーマル microSD を高速リーダに繋いだときのほうが全然速いんですけど(;´Д`)ヾ。これじゃメディアの性能が全然分からないなー。

高速カードリーダも最近は DMA 対応のもっと速いやつが出てるし、そろそろ買い換えるか(´д`)。

投稿者 B : 00:02 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2008/07/27 (Sun.)

RICOH Caplio GX100

以前のエントリーで、
性能的には GX100 でも十分なので、型落ちの GX100+RICOHFLEX ステッカーでも良いけど(笑。

とか書いていたら、

リコー / Caplio GX100

現実になってしまいました^^;;;

この blog を読んでいたらしい某 K さんが「それと全く同じ状態の GX100 があるけど、GX200 に買い換えたから譲ろうか?」とのことで。えっと、この blog のこと教えてなかったんですが、なんで知ってるんですか(;´Д`)ヾ。
もともと中古購入したものらしいので、私でおそらくサードオーナー。さすがにかなり使い込んだ感はありますが、写りには関係ないのでそんなに気にしません。むしろ気兼ねなく使い倒せるってもんです。

まだそんなに使い込んでいないのですが、コンデジでは Cyber-shot 以外を使うのは実は初めて(Cyber-shot は歴代 15 台、よく乗り換えたもんだ・・・)。操作性がけっこう違うのでメニュー操作からして戸惑ってはいますが、それはさておき所謂「ネオ一眼」以外でこういう高級コンパクト機を使うのも始めてなので、楽しいです。Cyber-shot とは違って NR は比較的少なめで、素直に出力してくれる印象です。ただ、ワイド端 24mm はさすがに広すぎるので、電源投入時はやっぱり 35mm 前後スタートにできるよう設定できないのかなー。

中古ながらも新鮮な気持ちでいじらせてもらってます。もう少しいろいろ撮ってみてからまたインプレ書きますね。

投稿者 B : 22:42 | Camera | Compact | コメント (0) | トラックバック

2008/07/12 (Sat.)

モニタのカラーマネジメント

FlexScan SX2461W を購入してから、モニタのカラーキャリブレーションツールの購入を検討中。DSLR を始めて以来、自作機とノートのモニタの色再現の違いが気にもなっていたし。とはいえ、このへんの知識は春の PIE で少し勉強してきた程度で全くの素人なので、よく分からないながらも情報収集してます。
こんな私でも Eye-One(i1)と Spyder くらいは聞いたことがあったので、以下のツールのどれかで検討中。

Datacolor / Spyder3 Pro


X-Rite / i1 Display 2


X-Rite / huey

できること軸で言えば、価格相応に i1 Display 2>Spyder3 Pro>huey という順みたいですが、どうも Spyder の評判が良くなさそうなので、i1 か huey かなと思っています。そうは言っても素人がそこそこのカラーマネジメントに使うくらいなので、huey でも必要十分な気はしますが、i1 に対する憧れみたいなものもあり。

まあ、ここに投資するくらいならレンズが欲しいのが本音だし、あまり高いものを買うなら最初からハードウェアキャリブレーションに対応した ColorEdge シリーズを買っておけば良かった、という話になるので、よく考えてみます。

投稿者 B : 22:07 | Camera | PC | コメント (0) | トラックバック

2008/07/08 (Tue.)

GX200 を見てきた

量販店に行って見てきました。

リコー / GX200

B001BKUTOK

正直言って GX100 と GX200 の外観上の違いって、軍艦部の「CAPLIO」と「RICOH」ロゴの違いと、レンズ部のシルバーアクセントの意匠の違いくらいだと思っていたんですよ。でも、よく見てみると仕上がりが全然違う。モードダイヤルやシャッターボタンの表面処理は GX100 より一段上の高級感があるし、本体そのものの質感もより「高級コンパクトらしい」シボ感が少しだけ出ている感じがします(でも、もしかしたら展示機なので旧型は表面のシボが劣化しただけかも)。

EVF も覗き比べてみましたが、同じ EVF を付け替えて試しているだけなのに、なんか GX200 のほうが精細感が微妙に高い感じ?こんなに違うものなんですかね。
EVF というと、以前(EOS を買う前に)使っていた Cyber-shot F828 が EVF でしたが、あの EVF と初めて覗いてみた DSLR(*ist D)のピント感のあまりの違いに DSLR を買う決意を高めた、という経験から、私はあまり EVF を信用していないんですよね。ただ、GX100/200 の EVF は F828 のそれよりも若干解像度は低いながら、見え方的には F828 当時よりも向上しているのでは?と感じました。まあそれでも EVF である以上は「写真を撮ってるぞという高揚感の演出」程度の意味しかないのでしょうが、ちょっと EVF を見直した瞬間でした。

ということで、見てたらやっぱりだんだん欲しくなってきたんですが、VF KIT はどうやら 1 ヶ月待ち(本体単品なら持ち帰り可能)、レンズキャップ LC-1 に至っては納期未定という状態らしいです。リコー側の見込みが甘かっただけかもしれませんが、やっぱりかなり人気なんですかね。希少性が高いと分かると欲しくなる、人間の悲しい性(^^;

投稿者 B : 02:24 | Camera | Compact | コメント (0) | トラックバック

2008/07/03 (Thu.)

GX200 が欲しくなってきた

GX200 の発売日も明日に迫ってきましたが、Web 上の情報とかが出揃ってきたら、やっぱりだんだん欲しくなってきた(;´Д`)ヾ。

リコー / GX200

B001BKUTOK

金太郎飴状態のコンデジ市場にあって、独特の光を放つ玄人好みのものづくりはもちろんのこと、公式 blog とか Web サービスとか、いわゆる旧世代の写真趣味にとどまらない「模索してる感」が最近のリコーからひしひし感じられて、妙に惹かれます。実際には真正面から消耗戦をやっても勝てないから、あえて戦場をずらしに行っているんだとは思いますが、勇気を持ってこういうアプローチに向かえる(一定規模以上の)日本企業ってなかなかない。そういう意味でも共感を覚えるんだろうなあ。

夏ボの可処分分(要するに税金とか貯金とかを除いたもろもろ)はもう使ってしまったので、先立つものがないんですが、何とかして工面できないかと思案中・・・。とりあえず、発売されたら販売店に見に行ってみようと思います。

投稿者 B : 18:34 | Camera | Compact | コメント (2) | トラックバック

2008/07/01 (Tue.)

Nikon D700

ニコン、フルサイズセンサー搭載のデジタル一眼レフ「D700」 (デジカメ Watch)

B001BWSNJ6

ニコンの 2 つめのフルサイズ機。D300 クラスのボディに D3 に匹敵するハードを詰めこんだ怪物、というイメージです。D3 と比べるとファインダの視野率と連写性能が若干劣るくらいじゃないでしょうか。今年後半は EOS 5D の後継、αのハイエンド機、とフルサイズ市場が激戦区のひとつになるのは間違いないですが、そこに向けて会心の一台を送りこんできたと言えます。
ボディ価格で¥33 万前後は正直手が出ませんが、たぶん 5D 後継もα900(仮)もそのくらいの価格帯になるんだろうなあ。

私は APS-C でレンズシステムを揃えてしまったので、フルサイズにはさほど興味がないんですが、P85/1.4P50/1.4 の画を受け止めきれるボディを一度試してみたいというのも、正直なところ。

投稿者 B : 23:47 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2008/06/29 (Sun.)

Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.4 ZA

自分への誕生日プレゼント。

ソニー / Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.4 ZA
ソニー / VF-72MPAM

念願の Planar 85/1.4!地道にお金を貯めてきたのに加えて、手持ちのソニーポイント・Sony Card のポイント・ソニスタクーポンを全て吐き出して実質定価のほぼ半額で購入。それでもヘタなレンズより全然高いんですが(;´Д`)ヾ。

まだ撮ってみていませんが、ずっと憧れていたレンズで、α700 はもうこのレンズを使うために買ったと言っても過言ではなかったので、手に入れただけで満足(ぉ。鏡筒もフォーカスリングもレンズフードも金属製で、他のαレンズとは全く作りが違います。ズームリングの感触はコシナ製ツァイスには一歩譲りますが(コシナはさすがに MF 専用レンズなので)、DT Vario-Sonnar あたりと比べると雲泥の差。

せっかくフルサイズ対応なので、α-7000 にも装着してみました。

おっ、意外に似合うじゃないですか。
α-7000 は手に入れてフィルムも買ったものの、さすがにレンズが 25 年前の 35-70mm じゃ辛いしということで、実はまだ一度もシャッター切ってませんでしたが(笑、この組み合わせでちょっと試してみようかなあ・・・。ファインダを覗いてみた感じでは、やっぱり APS-C よりもフルサイズで使ったほうが画角的にも使いやすそうだし。
でもそんなことを考えていると年末のフルサイズ機が欲しくなってしまいそうで、やばいやばい^^:。

ここのところなかなか週末が晴れてくれないんですが、機会を見つけて試しに行きたいと思います。

投稿者 B : 00:31 | Camera | My Equipment | コメント (0) | トラックバック

2008/06/25 (Wed.)

RICOH GX200

リコー、1,200万画素になった広角24mm対応デジカメ「GX200」 (デジカメ Watch)
リコー、「GX 200」の発表会を開催 (デジカメ Watch)

評価の高い Caplio GX100 の後継機種が登場。私の身の回りではむしろ GRD よりも R8 よりも GX100 所有率が高いような気がしますが、私も結構気になるカメラでした。やはり最近のリコーは良い。
今回は撮像素子の画素数向上、水準器装備、テレコン対応、スクエアフォーマット(1:1)対応など順当進化。個人的には水準器とスクエアフォーマット対応が気になるポイントですが、本当は R8 同様に Caplio ブランドが外れたのが一番嬉しい(ぉ。GX100 も何度か買おうかと考えたものの、高いのと CAPLIO ロゴがどうも気に入らなくて二の足を踏んでいました。ムック本に付属のステッカーを使って「RICOHFLEX」ロゴに貼り替えるという手もありましたが、それもなんかねえ(^^;

コンデジはやっと買い換えたとはいえ、やっぱり GRD や GX100 は気になっていたので、引き続きちょっと気になるカメラだったりします。性能的には GX100 でも十分なので、型落ちの GX100+RICOHFLEX ステッカーでも良いけど(笑。

投稿者 B : 00:00 | Camera | Compact | コメント (0) | トラックバック

2008/06/11 (Wed.)

Canon EOS Kiss F

キヤノン、実売7万円のデジタル一眼レフ「EOS Kiss F」 (デジカメ Watch)

好調の Kiss X2 に下位モデルが登場。KX2 と併売されていた Kiss Digital X を置き換える、再エントリーモデルという位置づけだそうです。
KX2 級のボディでハードウェアは KDX 相当にダウングレードして低価格化した機種、という印象ですが、それでもライブビューとアンチダストは搭載、レンズキットなら IS つきとなればもうエントリー機として弱点はなし。KX2 が売れなくなるんじゃないかと心配になるくらい「キヤノンらしく」よくまとまったモデルだと思いますが、個人的にはちょっといかにも優等生すぎるんじゃないかと思いますね。価格も発売当初はさほど割安感がありませんが、ローエンドは¥50,000 から、という世界になっていることを考えると、過当競争に巻きこまれつつも定番の安定感でシェアトップ、みたいな絵が思い浮かびます。

KX2 の下位機種が登場することは予測づくでしたが、個人的には残念な感じ。E-420 に匹敵する小型軽量モデルが EOS かαから出てきたら、KDX から買い換えてみたいと思っているので、これじゃちょっとツマラナイというのが正直なところです。でも売れるんだろうなあ・・・。

投稿者 B : 01:40 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2008/05/13 (Tue.)

OLYMPUS E-520

オリンパス、コントラストAFやボディ内手ブレ補正に対応した「E-520」 (デジカメ Watch)

PIE 2008 で参考出品されていた E-510 の後継機種が発表に。
アップデートは E-410→E-420 に準ずる形で、大まかに言えば E-420 に手ブレ補正と大容量バッテリをつけた感じ。あまり大幅な進化ではないですが、着実に完成度を上げてきたというところでしょうか。
というか E-420 もそうでしたが、やけに安くないですかこれ。発売時価格だけでも E-510 の¥4 万引き。E-400/500 シリーズは前から気になっていましたが、最近親友の LOMO ユーザーの一人が値下がりした E-410 で一眼レフデビューしてハマッているので、私もこれでちょっと当時の気持ちを思い出してみたいという気もしています。以前 E-510 と悩んだ挙げ句買った KDX には満足しているし、これ以上マウントを増やす気もないんですが、やっぱり気になる。EOS Kiss かαでこういう超コンパクト機+パンケーキレンズって出してくれないですかね-。

投稿者 B : 23:44 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック