b's mono-log

2008/07/03 (Thu.)

GX200 が欲しくなってきた

GX200 の発売日も明日に迫ってきましたが、Web 上の情報とかが出揃ってきたら、やっぱりだんだん欲しくなってきた(;´Д`)ヾ。

リコー / GX200

B001BKUTOK

金太郎飴状態のコンデジ市場にあって、独特の光を放つ玄人好みのものづくりはもちろんのこと、公式 blog とか Web サービスとか、いわゆる旧世代の写真趣味にとどまらない「模索してる感」が最近のリコーからひしひし感じられて、妙に惹かれます。実際には真正面から消耗戦をやっても勝てないから、あえて戦場をずらしに行っているんだとは思いますが、勇気を持ってこういうアプローチに向かえる(一定規模以上の)日本企業ってなかなかない。そういう意味でも共感を覚えるんだろうなあ。

夏ボの可処分分(要するに税金とか貯金とかを除いたもろもろ)はもう使ってしまったので、先立つものがないんですが、何とかして工面できないかと思案中・・・。とりあえず、発売されたら販売店に見に行ってみようと思います。

投稿者 B : 18:34 | Camera | Compact | コメント (2) | トラックバック

2008/07/01 (Tue.)

Nikon D700

ニコン、フルサイズセンサー搭載のデジタル一眼レフ「D700」 (デジカメ Watch)

B001BWSNJ6

ニコンの 2 つめのフルサイズ機。D300 クラスのボディに D3 に匹敵するハードを詰めこんだ怪物、というイメージです。D3 と比べるとファインダの視野率と連写性能が若干劣るくらいじゃないでしょうか。今年後半は EOS 5D の後継、αのハイエンド機、とフルサイズ市場が激戦区のひとつになるのは間違いないですが、そこに向けて会心の一台を送りこんできたと言えます。
ボディ価格で¥33 万前後は正直手が出ませんが、たぶん 5D 後継もα900(仮)もそのくらいの価格帯になるんだろうなあ。

私は APS-C でレンズシステムを揃えてしまったので、フルサイズにはさほど興味がないんですが、P85/1.4P50/1.4 の画を受け止めきれるボディを一度試してみたいというのも、正直なところ。

投稿者 B : 23:47 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2008/06/29 (Sun.)

Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.4 ZA

自分への誕生日プレゼント。

ソニー / Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.4 ZA
ソニー / VF-72MPAM

念願の Planar 85/1.4!地道にお金を貯めてきたのに加えて、手持ちのソニーポイント・Sony Card のポイント・ソニスタクーポンを全て吐き出して実質定価のほぼ半額で購入。それでもヘタなレンズより全然高いんですが(;´Д`)ヾ。

まだ撮ってみていませんが、ずっと憧れていたレンズで、α700 はもうこのレンズを使うために買ったと言っても過言ではなかったので、手に入れただけで満足(ぉ。鏡筒もフォーカスリングもレンズフードも金属製で、他のαレンズとは全く作りが違います。ズームリングの感触はコシナ製ツァイスには一歩譲りますが(コシナはさすがに MF 専用レンズなので)、DT Vario-Sonnar あたりと比べると雲泥の差。

せっかくフルサイズ対応なので、α-7000 にも装着してみました。

おっ、意外に似合うじゃないですか。
α-7000 は手に入れてフィルムも買ったものの、さすがにレンズが 25 年前の 35-70mm じゃ辛いしということで、実はまだ一度もシャッター切ってませんでしたが(笑、この組み合わせでちょっと試してみようかなあ・・・。ファインダを覗いてみた感じでは、やっぱり APS-C よりもフルサイズで使ったほうが画角的にも使いやすそうだし。
でもそんなことを考えていると年末のフルサイズ機が欲しくなってしまいそうで、やばいやばい^^:。

ここのところなかなか週末が晴れてくれないんですが、機会を見つけて試しに行きたいと思います。

投稿者 B : 00:31 | Camera | My Equipment | コメント (0) | トラックバック

2008/06/25 (Wed.)

RICOH GX200

リコー、1,200万画素になった広角24mm対応デジカメ「GX200」 (デジカメ Watch)
リコー、「GX 200」の発表会を開催 (デジカメ Watch)

評価の高い Caplio GX100 の後継機種が登場。私の身の回りではむしろ GRD よりも R8 よりも GX100 所有率が高いような気がしますが、私も結構気になるカメラでした。やはり最近のリコーは良い。
今回は撮像素子の画素数向上、水準器装備、テレコン対応、スクエアフォーマット(1:1)対応など順当進化。個人的には水準器とスクエアフォーマット対応が気になるポイントですが、本当は R8 同様に Caplio ブランドが外れたのが一番嬉しい(ぉ。GX100 も何度か買おうかと考えたものの、高いのと CAPLIO ロゴがどうも気に入らなくて二の足を踏んでいました。ムック本に付属のステッカーを使って「RICOHFLEX」ロゴに貼り替えるという手もありましたが、それもなんかねえ(^^;

コンデジはやっと買い換えたとはいえ、やっぱり GRD や GX100 は気になっていたので、引き続きちょっと気になるカメラだったりします。性能的には GX100 でも十分なので、型落ちの GX100+RICOHFLEX ステッカーでも良いけど(笑。

投稿者 B : 00:00 | Camera | Compact | コメント (0) | トラックバック

2008/06/11 (Wed.)

Canon EOS Kiss F

キヤノン、実売7万円のデジタル一眼レフ「EOS Kiss F」 (デジカメ Watch)

好調の Kiss X2 に下位モデルが登場。KX2 と併売されていた Kiss Digital X を置き換える、再エントリーモデルという位置づけだそうです。
KX2 級のボディでハードウェアは KDX 相当にダウングレードして低価格化した機種、という印象ですが、それでもライブビューとアンチダストは搭載、レンズキットなら IS つきとなればもうエントリー機として弱点はなし。KX2 が売れなくなるんじゃないかと心配になるくらい「キヤノンらしく」よくまとまったモデルだと思いますが、個人的にはちょっといかにも優等生すぎるんじゃないかと思いますね。価格も発売当初はさほど割安感がありませんが、ローエンドは¥50,000 から、という世界になっていることを考えると、過当競争に巻きこまれつつも定番の安定感でシェアトップ、みたいな絵が思い浮かびます。

KX2 の下位機種が登場することは予測づくでしたが、個人的には残念な感じ。E-420 に匹敵する小型軽量モデルが EOS かαから出てきたら、KDX から買い換えてみたいと思っているので、これじゃちょっとツマラナイというのが正直なところです。でも売れるんだろうなあ・・・。

投稿者 B : 01:40 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2008/05/13 (Tue.)

OLYMPUS E-520

オリンパス、コントラストAFやボディ内手ブレ補正に対応した「E-520」 (デジカメ Watch)

PIE 2008 で参考出品されていた E-510 の後継機種が発表に。
アップデートは E-410→E-420 に準ずる形で、大まかに言えば E-420 に手ブレ補正と大容量バッテリをつけた感じ。あまり大幅な進化ではないですが、着実に完成度を上げてきたというところでしょうか。
というか E-420 もそうでしたが、やけに安くないですかこれ。発売時価格だけでも E-510 の¥4 万引き。E-400/500 シリーズは前から気になっていましたが、最近親友の LOMO ユーザーの一人が値下がりした E-410 で一眼レフデビューしてハマッているので、私もこれでちょっと当時の気持ちを思い出してみたいという気もしています。以前 E-510 と悩んだ挙げ句買った KDX には満足しているし、これ以上マウントを増やす気もないんですが、やっぱり気になる。EOS Kiss かαでこういう超コンパクト機+パンケーキレンズって出してくれないですかね-。

投稿者 B : 23:44 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2008/05/03 (Sat.)

PORTER DRIVE ポーチ M

DSC-W170 の純正ケースがどうも気に入らなかったので、サードパーティ製のケースや汎用ポーチなんかも含めてあれこれ物色してたんですが、結局一番ハズレのないところに落ち着きました。

PORTER / DRIVE ポーチ M 635-06828 (ブラック)

DRIVE の小物ポーチは以前 L サイズのものを DS Lite のケースとして買って気に入っていたので、同じシリーズの M サイズにしました。幅とマチは W170 にほぼピッタリで、奥行きだけ微妙に余裕があるんですが、まあほぼ専用ケースと言って良いくらいにジャストサイズ。
本当はもっとシンプルでコンパクトに収まるケースが良かったので、FREE STYLE のコインマルチケースと迷ったんですが、FREE STYLE は出し入れ時にファスナーが本体を傷つけそうなのが気になって。まあ、DRIVE の使いやすさは DS Lite で分かっているし、カラビナでバッグにつり下げたり、背面のベルクロでバッグのショルダーストラップに固定したり、使い勝手が良いので OK かと。汎用性の高いケースだから中身を買い換えても使えるし。
ちなみにストラップは以前 DSC-L1 を買ったとき(だいぶ前だな)に買った吉田カバン製ケースのおまけ。未使用のまま取っておいたものですが、一通り黒で揃えたらやっぱりこれが一番落ち着きますね。LCS-TWB/H のダークグレーは単品で見たときの雰囲気は良かったんですが、ブラックのカメラには似合わなさすぎました(;´Д`)ヾ。

ついでに液晶保護シートも買ってきました。

ケンコー / 液晶プロテクター ハードコートタイプ 3.0 型 K-850923

B000RZA57G

純正の専用品に限らず、コンデジ用の液晶保護シートは画面サイズに合わせると本当に「画面の部分」にしか合わないらしく、ディスプレイのアクリル部全体をカバーしてくれないので、一回り大きい 3.0 型の汎用品をチョイス。横幅はこれでもまだちょっと足りないですが、縦幅はジャストサイズなのでほぼ許容範囲かと。

これで遠慮なく使い込める体勢が整いました。GW 後半に向けて活用しようと思います。

投稿者 B : 02:22 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2008/04/25 (Fri.)

DSC-W170 のケースとバッテリ

DSC-W170 を単品で買ってしまったので、ケースとバッテリを別途買ってきました。

ソニー / ソフトキャリングケース LCS-TWB/H (ダークグレー)
ソニー / リチャージャブルバッテリーパック NP-FG1

バッテリはインフォリチウム G。本体付属品はただのリチウムイオンですが、インフォリチウムに慣れてしまうと普通のバッテリは使いたくなくなってしまうので、付属品のほうは予備に回すかなあ。バッテリチャージャーの互換性がなくなってしまったので(今まで使っていたのはインフォリチウム T/R/E 用)、職場に置いておく用のチャージャーをどうするか悩み中です。

ケースは LCS-TWB のダークグレー。ダークグレーといってもブラウンがかったグレーで、オレンジのアクセントがキレイだったので。最近なんかオレンジ好き。ただ、ブラックの本体とは微妙に合ってないかも(´д`)。
でも最大の問題は本体にぴったりすぎてしまいにくいところでしょうか。マグネットタイプのボタンがいまいち閉まりにくいのと、本体を入れていると窮屈に見える(メタボっている人が無理してピタ T を着てるような雰囲気)のが、微妙・・・。

もしかしたらケースは純正にこだわらずに別のを探すかもしれません。

投稿者 B : 23:55 | Camera | Compact | コメント (1) | トラックバック

2008/04/24 (Thu.)

DSC-W170 到着

買いましたょ。

ソニー / Cyber-shot DSC-W170 (ブラック)

リコー R8 あたりと散々迷って発注した挙げ句、翌日に DSC-W300 が発表になってその翌日に届く罠(;´Д`)ヾ。
自分の場合は DSLR もあるからそんなに広角は使わないだろうし、むしろ撮像素子サイズが大きいほうが画質面ではメリットがあるし、広角はワイド端での画質が厳しいものが多いし、で個人的には W300 のほうが良かったかなーと思ったりしました。まあ、W170 のフロントパネルのヘアライン加工は好みだし、コンデジで 13.6Mp なんて画素数あっても持て余すだけだし、手持ちのどの一眼レフよりも高解像度なのもシャクなので(ぉ)と自分を納得させる・・・。GW に使いたかったし、28-140mm 相当のズームはツブシが効きそうなので、これ自体に後悔はしてませんが。

カラーは迷いましたがゴールドは好みの範囲外、レッドは良い色が出ているけど私のキャラに合わない、シルバーは一見良いけどけっこう指紋がついてギラついてきそう(店頭展示品はそうなっていた)ので、結局ブラックに。背面の操作ボタン系がシルバーなのがちょっと浮いているような気もするので、できればオールブラックにしてほしかったところ。

今週末にでもちょっと使ってみます。

投稿者 B : 21:36 | Camera | Compact | コメント (0) | トラックバック

2008/04/03 (Thu.)

Sony HDR-TG1

ソニー、世界最小フルHDハンディカムを発表 -手軽なHD撮影「ハイビジョンスナップ」をアピール (AV Watch)
ソニー、フルHD世界最小/最軽量の縦型「ハンディカム」 -チタンボディの“普段使い”AVCHDカメラ。実売13万円 (AV Watch)

全然ノーマークでしたが、なかなか魅力的な Handycam が。

娘の生誕に合わせて買った HDR-HC1 がさすがにデカくて重いので、一眼レフも使うようになってからはかなり使用頻度が下がってました。で、そろそろ AVCHD でコンパクトなカムコーダに買い換えたいと思っていたところ。HDR-SR12 がけっこう魅力的だけど個人的にはメモリー記録のみでもっと小さいほうが良いし、HDR-CX7 にはかなりグラグラきてたんですが今買うなら 1920×1080 記録がいいし、となると残る選択肢は Xacti?とか思っていたところでした。

カムコーダもこのくらいのサイズ感になってくると、縦グリップ式のほうが絶対使いやすいと考えているので(一般的なカムコーダの横グリップ方式は、きっとショルダータイプのカムコーダの形式を踏襲しているだけだと思う)、むしろ HD になってからのカムコーダが軒並み横グリップしかないのには、残念に思っていました。だから、この TG1 は個人的にど真ん中ストライク。しかも撮影時重量なんて HC1 の 40% 以下ですよ!意匠面でまだちょっとこなれていないものを感じるけど(このテの製品は 2 世代目で急にデザインが洗練されてくることが多いのですが)、細かいことを気にしないでも欲しくなるだけの魅力があります。静止画の記録解像度が 149 万画素しかない(画素ずらしで 400 万画素相当の解像度で記録可能)のが物足りませんが、最近はこのクラスのカムコーダとコンデジとの境界が曖昧になりつつあるし、近年のモノとしての面白味に欠けるコンデジを買うくらいなら、いっそ静止画もこの TG1 に一本化しても良いような気すらします。

夏のボーナスはとりあえず BD レコーダを買ってあとは大事に使うつもりでいましたが、これはちょっとキケンなものが出てきたなあ・・・。

投稿者 B : 23:54 | Camcorder | Camera | コメント (4) | トラックバック