b's mono-log

2006/10/11 (Wed.)

ELECOM MR-GU2T15BK

レンズ以外で、鈴鹿用に揃えたものその 2。

エレコム / MR-GU2T15BK (ブラック)

カードリーダはおそらく現行で最速の部類に入ると思われるプリンストンの PRD-122XU を愛用しているんですが、USB HUB 内蔵で自作機に繋いで据え置きで使っているので、旅行用にコンパクトなリーダが前々から欲しかったのでした。最近はメモステや SD のスロットがついた PC が一般的ですが、高速に CF が読める PC ってないので・・・。カメラを直接 USB 接続してもいいんですが、リーダを使ったほうが傍らでデータを PC に移しながら撮影続行できますからね。
CF 専用のリーダは最近ではほとんど製品化されていないため、これもマルチリーダではありますが、ほぼ CF 専用として使います。

でもって、FDBENCH 1.01 で比べてみました。

ModelReadWriteReadWriteRndReadRndWrite
MR-GU2T15+Extreme III CF 2GB115711617910270158663971
PRD-122XU+Extreme III CF 2GB135351697614725168445596
UA20-MLT II+Extreme III CF 2GB69948380791482843400

ベンチスコア的にはやはり PRD-122XU に譲る形ですが、MR-GU2T15 も Write が若干遅いだけで Read はほぼ遜色ない結果に。デジカメのデータを PC に吸い上げるのが主用途なので、この結果には十分すぎるほど満足です。

ちなみに、鈴鹿で撮った写真は 8GB オーバーで、結局 2GB の CF 2 枚を 2 回ずつ回して足りなかった計算。RAW+JPEG で撮っているからとはいえ、さすがに撮りすぎたかな(´д`)。でも、帰省のときなんかも 2GB×2 で足りないくらい撮ってしまう(自分の子どもに加えて姪っ子までいるので・・・)から、そろそろもう一枚買い足したほうが良いかなと思ってます。Lexar は時々相性問題も耳にするので、最近評判の ATP かな・・・?SanDisk から Extreme IV も近々国内発売しそうですが。

投稿者 B : 23:08 | Camera | Camera Accessory | PC | PC Peripheral | コメント (0) | トラックバック

2006/10/10 (Tue.)

ハクバ マジッククロス 6060

レンズ以外で、鈴鹿用に揃えたものその 1。

ハクバ / マジッククロス 6060 (ブルー)

純正のセミハードケースじゃ、標準レンズまでしか使えないし、旅行にはかさばりすぎるので、ソフトケース代わりに購入。どんな形状でも風呂敷のように包める上に、四隅にベルクロがついていて留められるので、それだけで重宝します。古典的なやり方だけど、意外とこれが一番使い勝手が良かったという。

ただ、60cm×60cm はちょっとデカすぎたかも(´д`)。ハクバ製は 60×60 しかないけど、他社製で 40×40 のもあったので、それくらいで十分だったかな。
まあ、どちらにしてもセミハードケースよりは使いでがあるので、良しとします。

投稿者 B : 23:42 | Camera | Camera Accessory | コメント (0) | トラックバック

2006/10/09 (Mon.)

SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

はい、というわけで、鈴鹿に用意したレンズがこれでした。

シグマ / APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO

さすがにテレ端 200mm(320mm 相当)じゃマシンをフレームいっぱいに捉えるのは難しいだろうなあ、と思ってずっと 300mm クラスのレンズを物色していたんです。本当は、キヤノンの EF70-300mm F4-5.6 IS USM が欲しかったんですが、先月下旬にヨドバシに発注していたものの「納期 2~3 週間はかかる」とのこと。Web を調べてみても、5 月に出していた不具合の影響と、運動会シーズンということで数ヶ月待ちはザラとのこと。結局間に合わなかったので、第 2 候補にしていたシグマの APO タイプにしました。焦点距離も明るさも同等で、IS と USM なしというだけで価格が大幅に異なるお買い得レンズ。
ちなみに、レンズプロテクタは 17-70mm と同じくケンコーの 58mm HMC UV WP を選びました。

長いレンズの割にはコンパクトで、EF70-200mm F4L よりも短くて軽量。鈴鹿のスタンドからの撮影はほぼこのレンズ 1 本で済ませました。手ブレ補正はないですが、腕がないせいもあって ISO を微妙に上げ、シャッタースピードを 1/1000 秒くらいで「止めて」撮ってたので、今回はあまり問題にならず。もうちょっとブラして撮りたかったら縦方向の手ブレを抑えるのに一脚か IS は必要だったでしょうが。
今回は思った以上にまともに撮れたカットが多かった(というより去年がコンデジでバックストレートだったせいで撮れなさすぎた)という感想ですが、もうちょっと練習していけばもっと良いカットがたくさん撮れたかな、という感触もあり。また、指定席から撮ると同じようなカットばかりになってしまうので、400mm クラスのレンズを使ったりもっと動いて撮ったりしてより幅広いレース写真が撮れるようになりたいですね。

んで、鈴鹿の決勝が終わって正面ゲートから退場した瞬間に、ヨドバシから EF70-300mm が入荷したという電話がε=(~Д~;)。シグマの写りにもけっこう満足してはいるけど、流し撮りを重視して買い換えるべきか否か、ものすごーーーく悩みです。どうやら今回私と同じような悩みを抱えた挙げ句中古の EF300mm F4L を買っていった人もいるので、価格的にはそれもアリかなあ・・・と思ったり。うーん、どうしましょ。

投稿者 B : 23:33 | Camera | My Equipment | コメント (7) | トラックバック

2006/09/30 (Sat.)

コシナから新ツァイスレンズ

【Photokina 2006】コシナがカールツァイスレンズ6本を発表 (デジカメ Watch)

photokina でコシナがツァイスブランドのレンズ新製品を発表。Distagon 35/2、Distagon 25/2.8、Macro-Planar 50/2、Macro-Planar 100/2 の 4 本。こないだ D35/2.8 を買ったところなのに、一段明るいのが出てきちゃいました(´д`)。コシナのレンズ、良いからなあ・・・。
まあ、今の D35/2.8 が気に入っているし、価格次第なので正式発表まで様子見。25mm のほうも、EF28/1.8 を持っているので画角的には微妙だけど、面白そう。あと、Makro-Planar が ZF のみなのがちょっと残念ですね。

単焦点はとりあえず今の手持ち分で満足しているつもりだったんだけどな(;´Д`)ヾ。

投稿者 B : 20:01 | Camera | DSLR | コメント (2) | トラックバック

2006/09/27 (Wed.)

シグマの新製品ラッシュ

シグマ、FOVEONセンサー採用のデジタル一眼レフ「SD14」 ~有効1,406万画素、5点測距AFやJPEG記録にも対応 (デジカメ Watch)
シグマ、FOVEONセンサー搭載コンパクト「DP1」 ~28mmレンズとSD14と同サイズの1,406万画素センサーを搭載 (デジカメ Watch)

今年の photokina のシグマは気合い入ってますね・・・。

FOVEON センサ搭載の SD14 は、買わないにしても面白そうなカメラ。SD10 はデザインが無骨すぎて興味が湧かなかったけど、今回はスタンダードながら悪くないデザイン。従来 RAW でしか撮れなかったのが JPEG にも対応して、一般ユーザーでも敷居はそれなりに低くなりました(まあ、マニアックなことに変わりはないけど)。

でも個人的にはむしろコンデジの DP1 のほうが気になります。いや、最近周囲に GR DIGITAL を買った人が増えていて、その歪みのない・見通しの高い画にかなり惹かれているんですが、ちょっと時期を逸したというかこのタイミングで買うのも悔しいし・・・と思っていたところなのです。この DP1 もある意味 GR DIGITAL のフォロワーでしょうが、広角 28mm の高級コンデジと FOVEON が同時に試せるという魅力が・・・。価格次第(多分高いんだろうな)だけど、楽しみなカメラです。

シグマ、手ブレ補正搭載高倍率ズームレンズ「18-200mm F3.5-6.3 DC OS」 (デジカメ Watch)
シグマ、デジタル専用大口径標準ズーム「18-50mm F2.8 Macro」 ~最短撮影距離を短縮し、値下げ (デジカメ Watch)

こちらはレンズ。18-200mm OS は私は買わないけど、DSLR の定番レンズとなりつつある 18-200 の OS ということで、一般向けにはもう定番という感じ。
また、2004 年に出たばかりの 18-50mm F2.8 EX DC も早くもモデルチェンジして、マクロ対応になりました。私は 30D と同時購入する標準レンズを悩んでいた頃からずっと同社の 17-70mm と 18-50mm で迷っていたので、これまた気になるモデルチェンジ。17-70mm もズーム倍率はそこそこ高く、そこそこ明るく、かつマクロも使える万能選手なんですが、ワイド端で周辺光量落ちが(構図によっては)若干気になることと、F2.8 で使える領域が狭い(ちょっとズームするだけですぐ F3.5 に落ちる)のが不満で、未だに 18-50mm F2.8 も良いなあ・・・と思っていたのでした。これで AF が高速で静粛な HSM 搭載だったりしたら間違いなく手が滑っていたでしょうが、まあ、あくまでマイナーチェンジだし、単焦点レンズがけっこう揃ってきた標準焦点域にあまりコストかけてもしょうがないし・・・ということで踏みとどまっています。

いや、それはともかくとして、シグマ、ここのところやたら元気ですよね。今後の展開も楽しみです。

投稿者 B : 23:57 | Camera | Compact | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2006/09/26 (Tue.)

2006 年のプリンタ選び

キヤノン インクジェットプリンタ 2006年冬モデルの進化ポイント ~「ホイール」でインターフェイスを刷新 (デジカメ Watch)
エプソン インクジェットプリンタ 2006年冬モデルの進化ポイント ~顔検出による色補正を改良、ハードウェアにも多数の進化 (デジカメ Watch)

キヤノン、エプソンからプリンタの新製品が一斉に発表。
今使っているプリンタが 2001 年末に買ったエプソン PM-890C なので、去年あたりからそろそろ買い換えかなとは思っていた(去年は結局フォトプリンタをかってお茶を濁しただけ)ので、今年こそいよいよ買い換えかなあ。当時は十分だと思っていた PM-890C の写真プリントも、今見るとけっこう粒状感が気になっているし。

去年は複合機が流行していたので何となく複合機かな、と思っていたけど、冷静に考えるとスキャナの使用頻度なんて年に 1 度あるかないかだし、必要があれば古いの(PM-890C と一緒に買った GT-8200U)を引っ張り出して使えばいいか、ということで、単機能機で検討中。写真プリント重視で多色 or 顔料インク使用の機種か、思い切って EOS の写真を大判プリントできる A3 ノビ対応か、というところかなー。ダイレクトプリント機能はたぶんほとんど使わないと思うので、あまり気にしない方向で。

メーカーは長らくエプソンを使ってきたけど、エプソンはヘッド詰まりが頻繁に起こるしモノクロは苦手だし(最近のは知らないけど)、カメラとの組み合わせを考えても久々にキヤノンに宗旨替えしてみたい気も。
とりあえず年賀状までにあれば良いので、実際の製品が出てきてから、各所のレビューやクチコミを見て判断しようかと。

投稿者 B : 15:42 | Camera | コメント (0) | トラックバック

2006/09/17 (Sun.)

Distagon のレンズフード

Distagon 用のレンズフードを購入。

UN / メタルレンズフード UN-5255 (ブラック)

レンズ本体にフードがついてなかったので。ツァイスのクラシックな雰囲気を壊さないよう、丸形のメタルフードを選択。が、前ネジがないのでフードをつけたままレンズキャップがつけられないのが難点。

これはこれでいいんですが、やっぱりちょっと不便なので調べてみたものの、これといった解決策は見あたらず。ツァイス使いの方々ってレンズフード使ってないんでしょうかね。

投稿者 B : 13:28 | Camera | Camera Accessory | コメント (4) | トラックバック

2006/09/15 (Fri.)

photokina 2006 に向けて

photokina 2006 を目前に控え、最近各社から新製品発表が相次いでますが、中でも気になったのがこれ。

キヤノン、広角28mmからのズームを搭載した手ブレ補正コンパクト「IXY DIGITAL 900 IS」 (デジカメ Watch)

最近流行ってきた広角 28mm 系コンデジ。GR DIGITAL のヒットに端を発したブームでしょうが、DSLR 市場の発展に伴って「画角」という概念が一般化したことも背景にあるのではないでしょうか。今まではどちらかというとズーム倍率ばかりがプロモーションワードとして使われていたことを考えると、ずいぶんマニアック(カメラを多少知るとキホン中のキホンにすぎませんが)なところが差異化のポイントになってきたんだなあと思います。
個人的に、最近 GR DIGITAL も気になってきていたものの、価格的にちょっとキツいので、普段使いのコンデジを兼ねたズーム機でそこそこ手を出しやすい価格のこの IXY はちょっと気になります。とはいえ、GR DIGITAL の魅力は広角なだけでなく歪みのない画だと思うので、ズームレンズだとそのあたりはあまり期待できそうもないかな、とも。

そのへんはともかく、DIGIC III が搭載されていたり、もしかすると間もなく発表になるかもしれないフルサイズセンサ搭載 EOS の新モデルに向けていろいろ期待が持てる内容だったり。

ライカ、デジタル版M型ライカ「M8」 ~1.3倍の1,030万画素CCD、金属縦走りシャッターを採用 (デジカメ Watch)
ライカ、フォーサーズ準拠のレンズ交換式デジタル一眼レフ「デジルックス 3」 (デジカメ Watch)

ライカからもデジカメが多数。DIGILUX は LUMIX L1 のライカ版でライカ価格になっているだけなので良いとして、デジタル版 M 型ライカとなる「M8」が非常に気になります。
M マウントのライカ/ツァイスレンズを使えるレンジファインダーデジという意味では R-D1s もあるので、50 万円超えのこのライカはいくらなんでも高すぎる(R-D1s とスペック差があるとはいえ、価格だけの正当な差があるとは思えない)ものの、カメラの今後という意味で要注目ではないでしょうか。

コシナもどこかと提携して Zeiss Ikon のデジタル版とか出してくれないかなあ・・・。

投稿者 B : 22:54 | Camera | コメント (0) | トラックバック

2006/09/14 (Thu.)

PENTAX K10D

ペンタックス、ゴミ除去機能搭載の有効1,020万画素デジタル一眼レフ「K10D」 ~防塵・防滴ボディやリチウムイオン充電池を採用 (デジカメ Watch)

最近がんばってるペンタックスから、K100D の上位モデルが発表に。

K100D で評価されているアンチシェイクに加えてアンチダストと防塵・防滴ボディを採用し、さらに 1,000 万画素クラスの CCD を搭載。α100、D80、KissDX という激戦区で対等に渡り合えるだけのスペックを備えてきました。
とはいえ、現状 K100D がライバルに対する価格競争力で戦っているところにガチンコのモデルを投入することで、K100D がさらに下に振られて苦しくなる(投げ売り状態になる)ような気がしなくもないところ。K100D の投入を見合わせて K10D に絞ったほうが良かったんじゃないか、とも思いますが、とにかく他社との差異化に必死になっているペンタックスの意気込みは伝わってきました。

なんだかエントリークラスへのボディ内手ブレ補正の採用が進んでますが、相変わらず二強は高価な手ブレ補正レンズだけで横綱相撲をとっていくつもりなんでしょうか。個人的には、エントリークラスだけでもボディ内手ブレ補正を採用してくれると、望遠ズームが使いやすくなって嬉しいんだけどなあ・・・。

投稿者 B : 23:46 | Camera | DSLR | コメント (1) | トラックバック

2006/09/08 (Fri.)

フォーカシングスクリーンの誘い

Distagon を買いに、マップカメラに行ったときのこと。

購入前にはもちろん一度実物を見せてもらい、ボディにつけて試させてもらうのですが、そのときに覗かせてもらったカメラ(おそらく CONTAX RX か何か)が、実はおそらく私の銀塩一眼レフ初体験。これまでコンデジの液晶モニタか EVF か、という感じだったので、30D が今まで私が覗いてきたファインダの中で最もマトモなファインダだったので、そこまで不便を感じていなかった(Planar を買って MF をやるようになってちょっと気になりだした程度)のですが、CONTAX のファインダを覗いて激しいショックを受けました。ピントの合わせやすさが違いすぎる・・・。

銀塩とデジイチでは根本的なファインダの倍率が違うのももちろんなんですが、フォーカシングスクリーンが全然違うんですね。CONTAX のスクリーンは中心にスプリットが入ったタイプで、まるでパズルのようにピントを合わせることができるのに、かなり感動してしまいました。確か、5 月に少し覗かせてもらった del さんの KissDN 改も同様のスクリーンだったはずですが、そのときはそこまで感動しなかった(ファインダ倍率がやっぱり低いから?)のに、今回はかなり衝撃的でした。EOS のファインダって、(少なくとも 30D クラスまでは)MF は考慮した作りになってないのね・・・。

ME-1 を導入してそれでもだいぶマシになっていたつもりの 30D のファインダですが、やっぱり MF やるなら MF 用のボディなり、銀塩なりを揃えるべきなのかな、とよからぬ方向に考えてみたり。今の新品デジイチの価格から考えると、銀塩の中古って手を出しやすい価格のものも多いし(その分フィルム代や現像代がかさむけど)、さらなる沼にはまる覚悟があるなら魅力的なんだよなあ・・・そのうち CONTAX のボディでもひとつ、試してみたい気もするけど、とりあえずはまだまだ 30D で修行を積まないと。

投稿者 B : 23:52 | Camera | DSLR | コメント (3) | トラックバック