b's mono-log

2006/02/28 (Tue.)

Sony HDPS-L1

SONY TAKES A HIGH DEFINITION TRIP DOWN MEMORY LANE WITH A NEW DIGITAL PHOTO ALBUM (Sony Electronics)

先日の「パーソナル・アーカイブ」というエントリー絡みで発見した、ソニー(US)の HDD フォトストレージの新製品。

80GB HDD+7 in 1 カードリーダ+USB ポート搭載でテレビに直接繋いでデジタル写真のアルバムとして使える、ということだけど、接続端子がビデオ出力とコンポーネント出力のみ。Ethernet はおろか、HDMI すらついてないんですけど(´д`)。よくある DVR の写真取り込み機能だけ切り出して安くしましたよ、というだけで、広がりが感じられない。
求めてるのはこんなんじゃないんだけどな。

投稿者 B : 01:47 | Camera | コメント (0) | トラックバック

Panasonic DMC-L1

【PMA 2006】松下電器、デジタル一眼レフカメラ「LUMIX DMC-L1」を発表 (デジカメ Watch)

開幕した PMA 2006 会場にて、松下がフォーサーズ対応 DSLR の第一弾製品を発表。
見た目からも分かるように、どうやら基本コンポーネントを OLYMPUS E-330 と共用(共同開発)したようで、ハードウェア構造やボタン配置はかなり似通ったものになっています。
E-330 との主な差分といえば、

  • 液晶ディスプレイが非可動式(スイバルなし)
  • 記録メディアは SD(SDHC 対応)

くらい。あとは Leica 風デザインとソフトウェアの作り込みの部分での差異化がされている程度でしょうか。どちらかというと、E-330 がカメラ中上級者向け、DMC-L1 が使い勝手やデザイン面、マーケティングといった部分でよりエントリーユーザー向けに振られそうな雰囲気。

オリンパスと松下が組んだ時点で松下がデジタル一眼に独自に「家電屋らしさ」を持ち込んでくるかな?と想像していたけど、実際には共通コンポーネントがかなり多く、あまりハードウェア的にフォーサーズの世界観を広げてくれていないのはちょっと残念なところ。ま、製品化第一弾なので無難なのもやむなし、といったところではあるでしょうが。
これで逆にコニミノを吸収する形になったソニーの DSLR がかなりコンサバティブな仕様で登場するんじゃないか、という予感が強まった気も・・・。

個人的には EOS 30D に気持ちが固まったところなのであまり影響はないけど、でも Leica ブランド(実際には日本製らしいけど)のレンズはちょっと羨ましいな、と(´・ω・`)。

投稿者 B : 01:18 | Camera | DSLR | コメント (0) | トラックバック

2006/02/27 (Mon.)

パーソナル・アーカイブ

こないだ、デジタル写真のアーカイブについてのエントリーを投稿したところで、ちょうど同じようなことを書いた小寺氏のコラムがちょっと前に上がっていたのを発見。

パーソナル・アーカイブの勧め (ITmedia)

やっぱり同じようなことで悩んでいる人はいるものですね。氏の場合は愛猫の病没がきっかけ、とのことですが、やっぱりこういうことって自分の写真ではなくて、誰か自分以外の大切な人の写真をどう残すか?を考えたときに突き当たる問題なんでしょうね。

私の場合はとりあえず NAS で冗長性を確保しておけば安心、というところまででしたが、このコラムで言っているのはその先の、アーカイブした写真をどう活かすか、というのが主題。確かに、ただ溜めておくだけで後から見返さないようではその写真は無いのとほぼ等しくなってしまうし、逆に「いつか見るだろう」ではいざ見たくなったときにすぐ見られる準備ができていない、というもの。NAS などに溜めておいて、DLNA 接続されたクライアントからいつでも見られるような環境が整ってこそ、アーカイブも活きるわけだけど、今現在はまだまだ DLNA の黎明期に過ぎず、一通りの DLNA 環境を整えるのには単純な NAS 以上のちょっとした投資が必要になりそうです。
ま、実際には DLNA 対応 NASルームリンクあたりを買えば何とかなりそうだけど、欲を言えば外出先からでも(例えば帰省時とか、久々に会う友人に見せるとか)見られるような、例えばロケーションフリーみたいなものがこのテのもののクライアントとして使えれば、より便利なんだけど・・・。

投稿者 B : 00:27 | Camera | PC | Soliloquy | コメント (0) | トラックバック

2006/02/22 (Wed.)

Canon EOS 30D

ハイアマチュア用デジタル一眼レフカメラとして基本性能の充実とさらなる進化を実現 ユーザーからの要望にきめ細かく対応した“キヤノン EOS 30D” (キヤノン)
キヤノン、ピクチャースタイルを搭載した「EOS 30D」 (デジカメ Watch)

出たーーーーーーーーーー。

昨秋から「30D」とも「20D Mark II」とも「20D N」とも噂されていた、20D の後継がようやく発表。モデルチェンジ待ちだったので(5D にはさすがに手が出なかった)「待ちに待った」という感じです。それこそ、お金は用意できてるけどモノが出てこない状態。
20D からの主な変更点といえば、ピクチャースタイル(いわゆるシーンセレクション)機能が追加されたことと、液晶モニタが 2.5 型 23 万画素になったこと。液晶の大型化は既定路線というか、5D でも採用されていたのでほぼ予想通りでしたね。
その他は細かなブラッシュアップ中心、という感じで、本体サイズや重量もほぼ据え置き(まあ、大きくすれば 5D と、小さくすれば Kiss D N と競合するので今がちょうど良いサイズ感ってことでしょうが)なので、20D ユーザーも許容範囲内、新規ユーザーにとっても納得のスペックアップなのではないかな。

夏のソニー製 DSLR はもう待ってられそうもないし、待ってたところで初代機は避けておきたいので、30D 逝かせていただきます。問題は最初に組み合わせるレンズですが、そうそうレンズを買い増せるわけでもないし、取り回しの良さそうなもので入門用に良さそうなレンズ、ないですかね。

投稿者 B : 23:35 | Camera | DSLR | コメント (1) | トラックバック

2006/02/21 (Tue.)

Sony HDR-HC3

世界最小・最軽量HDV1080i方式デジタルハイビジョン"ハンディカム"発売 (Sony Drive)
ソニー、世界最小・最軽量のHDVカム「HDR-HC3」 (AV Watch)

私の持っている HDR-HC1 の後継モデル。ごく当然の流れとはいえ、発売から 1 年経たずに 26% もの小型化をされてしまうとさすがに悔しいですね。準業務機だった初代 HDV Handycam「HDR-FX1」の発表から数えても 1 年半経ってないんだからなー。

最近の Handycam の主流サイズと比べると若干大きい感じのあった HC1 からみると、HC3 はほぼ一般的な DV 機器と遜色ないコンパクトさ。デザインも HC1 は微妙に古くさい印象があったのに対して、HC3 は現代的な仕上がりになっていて、好ましい感じ。

ただ、コンパクトになった分スペック的には割り切りも見られて、

  • フォーカス/ズームリングがなくなり、レバーのみでのズーム操作に
  • F1.8-2.9 と、テレ端での F 値が大幅にダウン(HC1 は F1.8-2.1)
  • ヘッドホン/マイク端子が省略
といったマイナスポイントもあります。マイク端子はアクティブインターフェースシューに専用マイクを取り付けられるからある程度問題にはならないとしても、ヘッドホン端子がないと周囲がうるさくてガンズームマイクが必須になるような状況(人混みの中とか)だと辛いかな、とか。
逆に、小型化以外の進化点としては
  • CMOS の感度が上がって暗所に強くなった
  • 液晶モニタの解像度が上がった
  • HDMI 出力がついた
  • テープの出し入れが本体上面から(三脚をつけた状態でも)できるようになった
  • L バッテリを装着しても EVF が覗き込みにくくならないデザインになった
のように、HC1 の欠点をしっかり研究して潰してきたかのような、かなりいい製品に仕上がっているように見えます。
これで、ワイド端が HC1 より引けるようになっていたら、かなり前向きに買い換えを検討するところだけど、焦点距離はほぼ HC1 と同等。個人的にはかなり微妙な進化具合であると言えます(ただ、この小型化の勢いにはかなり参ってるけど)。これで、DVR-PC シリーズ系の縦型デザインだったら間違いなく買い換えてただろうなと思うと、ものすごく惜しい。

民生用カムコーダってもはやミドルレンジ以下は DVD メディアのものに主流がシフトしてきている感覚があるけど、HC3 でサイズ感を克服して、しかも価格も下がった以上、HDV も負けずに裾野をさらに広げる予感がします。

投稿者 B : 23:42 | Camcorder | Camera | コメント (0) | トラックバック

2006/02/20 (Mon.)

デジタル写真の「アルバム」はあるか

最近、私の頭を悩ませている問題があります。

子どもが生まれてから、ブツ撮りや風景以外の写真を撮ることが圧倒的に増えたんですが、その写真の管理方法に悩んでいます。
まあ、管理自体はアルバムソフトを使うことは特にせず、今までと同じく Windows のフォルダベースでの管理で問題ないんですが、悩んでいるのは物理的なデータの冗長性確保の問題。

以前の写真の撮り方なら、Web でのネタ用のブツ撮り写真と風景中心の本気写真、それと時々撮る記念写真程度のもので、年に一回くらい外付け HDD や DVD-R にバックアップを取って、あとは HDD がクラッシュして消えても別にいいや、くらいの管理しかしてなかったんですよ。
が、普段から子どもの写真を撮るようになって、この子の成長を記録している媒体がほぼデジカメ写真と HDV のテープのみになってしまうんだな、ということを考えると、急にデータロストの危険性が怖くてしょうがなくなってしまいました。
これが私たちの子ども時代であれば、銀塩フィルムで撮影したものが紙の写真になって残っていて、多少色褪せたりはするものの「ロストしてしまう」のはまず自宅が火事になったときくらいのものだけど、自宅が火事になる可能性よりも HDD がクラッシュする可能性の方が圧倒的に高い。しかも、HDD がクラッシュしたときに失われる情報は、銀塩写真のように「劣化」するものではなくて完全に「ロスト」するもの。親バカですが、何かの拍子にこの子の成長の記録の一切が失われてしまって、大人になったときに振り返れるものがなにもない、ということが本当に怖いんです。

こんな物言いはまるで山田祥平氏の「Re:config.sys」みたいですが、写真のほとんどをデジタルデータとして扱うようになった現代の人々は、そのデータの保管をどのようにしているのでしょうか。撮った写真を逐一プリントアウトして大事にアルバムで保管しているのか、CD-R や DVD-R に焼いてファイリングしているのか、PC の HDD に溜めっぱなしにしているのか。
現在はデジカメのストレージメディアはテンポラリなもので、最終的には PC の HDD や DVD などの光学ディスクに保存されるのでしょう。そして、長い目で見ればメモリースティックや SD といったメディアが銀塩フィルム並みのコストになってフィルム同様に保存されたり、あるいはデジタルレコーダなどの STB が PC に代わって家庭用のストレージデバイスとなっていくのかもしれません。が、果たしてフラッシュメモリメディアがフィルム並みの保存性を保証されているのでしょうか?DVR 内蔵の HDD がクラッシュして、大切な思い出が全て失われてしまったときの保証をどこのメーカーがしてくれているのでしょうか?

DVD-R だって信頼性の高い国産メディアを使ってもせいぜいもって 10 年といったところだし、HDD だって 3 年がいいところ。デジタルデータの保全性を数十年単位で保証してくれるメディアなど、たかだか誕生して 20~30 年というデジタルメディアの世界には求めるべくもないのが実情です。そうなると、5~10 年ごとに DVD-R を新品のメディアにコピーし直して保全性を保っていくか、HDD のデータを定期的に NAS や外付け HDD にバックアップするような仕組みや運用ルールを作る、くらいしか対策はないように思います。長期的には、フラッシュメモリのバイト単価が HDD 並みに実用的なものになって、少なくとも PC や DVR、NAS の HDD(もとい、HDD を駆逐したフラッシュメモリストレージ)はクラッシュとは無縁なものになる可能性が高いですが、今日明日にでも一般的に実用化されるという話でもないでしょうし・・・。

こういったデータ保管はおそらくオンラインサービス周りで徐々に立ち上がってきていて、代表的なところでは「Flickr」のようなサービスが写真のストレージやメタデータの活用(およびテキスト情報との紐付け)、あるいはオンラインプリントサービスとの連携など、単なる「デジタルデータの貸倉庫」としてのオンラインストレージサービスからデジタル写真の保管(もっと言えば「人生の保管」)へと進化しようとしていますが、代表的なサービスでも上限 2GB 程度のものがほとんどで、デジカメ用メディアの主流が GB クラスに移行しつつある流れに必ずしも追従できているとは言い難いのが現状です。
数十 GB 単位での容量を現実的な価格で提供してくれるサービスや、家庭用ストレージサーバとして STB が冗長化ソリューションを内包したもの(定期的に外部の商用サーバにオンラインバックアップを取ってくれる、でもいいけど)になってくれれば安心なんですが、まだまだそういうのは期待できないのかな。

「医者の不養生」とはよく言ったもので、以前の職業ではシステムの定次バックアップ運用設計なども担当分野のひとつとして行っていた私が、こと自分の(私用)PC のデータバックアップをなおざりにしていました。NAS がコンシューマ向けの製品としてメルコ(現在のバッファロー)から登場したあたりから、ずっと自宅に導入したいと思いつつ、自分の PC の HDD がクラッシュするということに運良く巡り会ったことがないこともあり、後回しにしてきたきらいがあります。が、やはり、現時点で現実的な「デジタル写真の保管庫」は、自宅のデスクトップ PC をメインストレージとしつつ、週次や月次で NAS に自動バックアップバッチするようなホームネットワークを自作する、というのが良い落としどころなのでしょうか。
Gigabit Ethernet 対応の 250GB クラスの NAS で¥35,800、自分と家族の人生の思い出の保全性を考えると、対して高い買い物でもないような気がしますが、こんなことを心配している人って、まだまだ少ないんでしょうか。

投稿者 B : 23:56 | Camera | PC | Soliloquy | コメント (4) | トラックバック

2006/01/28 (Sat.)

OLYMPUS E-330

オリンパス、初のライブビュー機能搭載一眼レフ「E-330」 (デジカメ Watch)

液晶モニターでリアルタイムに撮像を確認しながら撮れる「ライブビュー」機能を搭載した初の DSLR が登場。
コンパクトデジカメからステップアップした DSLR ユーザーの中で、撮影時に液晶モニターに何も映らないため「壊れている」と勘違いする人が少なくない、という話も聞いたことがあるけど、「デジタルの利点」をうまく使ったこの方式は今後更に増加するステップアップユーザーのキラーソリューションになるかも。もしかすると、1~2 年後の DSLR はライブビュー機能つきがマジョリティになってたりするんじゃないかな。

このテの「デジタルならでは」のカメラの捉え方って、いわゆる写真文化の歴史を知らないソニーあたりがαマウント第一弾として狙ってくるかな、と思っていたけど、見事にしてやられた感じ。オリンパスはほかにもダストリダクションみたいなエントリーユーザーに響く機能をつけたりしてうまく差異化できている気がするし、この銀塩の常識に囚われないものづくりは注目に値すると思います。

投稿者 B : 10:07 | Camera | DSLR | コメント (1) | トラックバック

2006/01/19 (Thu.)

コニカミノルタがカメラ事業から撤退

カメラ事業、フォト事業の終了と今後の計画について (コニカミノルタ)
コニカミノルタ、カメラ/フォト事業を3月で終了 (デジカメ Watch)

エー(´д`)。
αシリーズはソニーが買い取るにしても、連合ならそれなりに魅力あったのに、一社になると突然将来性に不安を感じてしまうのはなぜだろう(;´Д`)ヾ。
これは、夏のソニー製 DSLR を見てから購入検討しよう、と思っていたけど、キヤノンに絞ったほうが得策・・・なのか???


コニカミノルタは DSLR やデジカメに限らずカメラ/フォト事業の全領域から撤退とのことだけど、もともとカメラ/フォト領域でやってきたメーカーがこうやって撤退していくのは寂しい限り。今後はコアデバイスや業務用プリンタ、医療機器などに注力していくんだろうけど、このまま寡占化が進むとオリンパスあたりも撤退しそうで怖い(デジカメはまだ継続しているけど、すでにシリコンオーディオ事業を凍結している)なあ・・・(そうすると自動的にフォーサーズが松下規格になるわけだし・・・)。

デジカメもメーカーにとってはうまみの少ない市場になって久しいけど、もう少し活気があってもいいんじゃないかなあ。DSLR の二強を除けば、うまく存在感を示せているのってツァイスくらいな気がする・・・。
こうなったらソニー製 DSLR の CONTAX ブランド吸収の可能性に期待するしか、ないのかな(´д`)。

投稿者 B : 23:27 | Camera | DSLR | コメント (3) | トラックバック

2006/01/09 (Mon.)

DSC-T9 インプレッション

DSC-T9 を買ってしばらく経ち、年末年始や連休を挟んでいろいろ撮ってみたので簡単なインプレを。

とりあえず全部フルオートで撮ってます。
けっこう適当に撮ってもほとんど手ブレ・被写体ブレしないのはさすがですね。今までの T シリーズ(に限らず P シリーズとかでもだけど)ではブレを考慮して同じカットを 3~4 枚撮っておかないと不安だったのが、これならほとんどその必要はなさそう。
4 枚目の写真を見れば分かりますが、十分に明るいところでも雪が止まって写っているところを見ると、常にシャッタースピードは速めでチューニングされている可能性があります。

どの写真もややディテールが甘い感じになってしまっていたり、暗部ノイズが気になるのは旧 DSC-T シリーズと同じ傾向。これはレンズが暗く画素ピッチが小さい本シリーズの性格なので致し方ないところか。まあ、スナップ写真としては及第点なので良しとしましょう。
でもこの作例を見る限り、引きの画よりもマクロ~拡大鏡モードのほうが得意な気もします。

描写力とスタミナという意味では DSC-P100 のほうが優れているのでおそらく併用することになると思いますが、普段使いはほぼ T9 がメインになりそうです。これでしばらくコンデジの買い換えは必要ないかなー。

投稿者 B : 20:34 | Camera | Compact | コメント (4) | トラックバック

2005/12/31 (Sat.)

デジタルフォトプリンタを購入

こないだ DSC-T9 を買ったときに、実はついでにフォトプリンタも購入していました。いろいろ貯まっていたソニスタのクーポンを利用して安価にゲット。

ソニー / DPP-FP50

B0007ZJG12

写真専用の昇華型プリンタ。スペックは 300×300dpi しかないけど、最大でもポストカードサイズだし、インクジェットのような粒状感がないので写真的な画質としてはヘタなインクジェットプリンタよりも自然かも。
基本的にカートリッジ(というかインクリボン)と専用紙がセット販売になっているので、紙とインクはセットで運用する仕組みみたい。

帰省のときなんかに両親や祖父母から子どもの写真を撮ったのを写真にしてよ、というリクエストを受けるんですが、これなら帰省の荷物に一緒に持っていって、テレビに映してみんなで見ながらプリントできるのでラクです。プリント自体も 1 分/枚程度で済んでしまうのでスピーディ。

なんかカートリッジの形状がキヤノンの SELPHY に酷似しているので、キヤノンの OEM かなんかみたいだけど、もし使えるならキヤノン製のほうが消耗品の入手性がいいから一度試してみて使えそうなら今後はキヤノンの消耗品を買おうかな。っていうか、どうせ MS/CF/SD 全部使えて PictBridge も使えるなら、最初からキヤノンを買えば良かったかな(´д`)。

投稿者 B : 20:54 | Camera | コメント (0) | トラックバック