b's mono-log

2006/02/20 (Mon.)

デジタル写真の「アルバム」はあるか

最近、私の頭を悩ませている問題があります。

子どもが生まれてから、ブツ撮りや風景以外の写真を撮ることが圧倒的に増えたんですが、その写真の管理方法に悩んでいます。
まあ、管理自体はアルバムソフトを使うことは特にせず、今までと同じく Windows のフォルダベースでの管理で問題ないんですが、悩んでいるのは物理的なデータの冗長性確保の問題。

以前の写真の撮り方なら、Web でのネタ用のブツ撮り写真と風景中心の本気写真、それと時々撮る記念写真程度のもので、年に一回くらい外付け HDD や DVD-R にバックアップを取って、あとは HDD がクラッシュして消えても別にいいや、くらいの管理しかしてなかったんですよ。
が、普段から子どもの写真を撮るようになって、この子の成長を記録している媒体がほぼデジカメ写真と HDV のテープのみになってしまうんだな、ということを考えると、急にデータロストの危険性が怖くてしょうがなくなってしまいました。
これが私たちの子ども時代であれば、銀塩フィルムで撮影したものが紙の写真になって残っていて、多少色褪せたりはするものの「ロストしてしまう」のはまず自宅が火事になったときくらいのものだけど、自宅が火事になる可能性よりも HDD がクラッシュする可能性の方が圧倒的に高い。しかも、HDD がクラッシュしたときに失われる情報は、銀塩写真のように「劣化」するものではなくて完全に「ロスト」するもの。親バカですが、何かの拍子にこの子の成長の記録の一切が失われてしまって、大人になったときに振り返れるものがなにもない、ということが本当に怖いんです。

こんな物言いはまるで山田祥平氏の「Re:config.sys」みたいですが、写真のほとんどをデジタルデータとして扱うようになった現代の人々は、そのデータの保管をどのようにしているのでしょうか。撮った写真を逐一プリントアウトして大事にアルバムで保管しているのか、CD-R や DVD-R に焼いてファイリングしているのか、PC の HDD に溜めっぱなしにしているのか。
現在はデジカメのストレージメディアはテンポラリなもので、最終的には PC の HDD や DVD などの光学ディスクに保存されるのでしょう。そして、長い目で見ればメモリースティックや SD といったメディアが銀塩フィルム並みのコストになってフィルム同様に保存されたり、あるいはデジタルレコーダなどの STB が PC に代わって家庭用のストレージデバイスとなっていくのかもしれません。が、果たしてフラッシュメモリメディアがフィルム並みの保存性を保証されているのでしょうか?DVR 内蔵の HDD がクラッシュして、大切な思い出が全て失われてしまったときの保証をどこのメーカーがしてくれているのでしょうか?

DVD-R だって信頼性の高い国産メディアを使ってもせいぜいもって 10 年といったところだし、HDD だって 3 年がいいところ。デジタルデータの保全性を数十年単位で保証してくれるメディアなど、たかだか誕生して 20~30 年というデジタルメディアの世界には求めるべくもないのが実情です。そうなると、5~10 年ごとに DVD-R を新品のメディアにコピーし直して保全性を保っていくか、HDD のデータを定期的に NAS や外付け HDD にバックアップするような仕組みや運用ルールを作る、くらいしか対策はないように思います。長期的には、フラッシュメモリのバイト単価が HDD 並みに実用的なものになって、少なくとも PC や DVR、NAS の HDD(もとい、HDD を駆逐したフラッシュメモリストレージ)はクラッシュとは無縁なものになる可能性が高いですが、今日明日にでも一般的に実用化されるという話でもないでしょうし・・・。

こういったデータ保管はおそらくオンラインサービス周りで徐々に立ち上がってきていて、代表的なところでは「Flickr」のようなサービスが写真のストレージやメタデータの活用(およびテキスト情報との紐付け)、あるいはオンラインプリントサービスとの連携など、単なる「デジタルデータの貸倉庫」としてのオンラインストレージサービスからデジタル写真の保管(もっと言えば「人生の保管」)へと進化しようとしていますが、代表的なサービスでも上限 2GB 程度のものがほとんどで、デジカメ用メディアの主流が GB クラスに移行しつつある流れに必ずしも追従できているとは言い難いのが現状です。
数十 GB 単位での容量を現実的な価格で提供してくれるサービスや、家庭用ストレージサーバとして STB が冗長化ソリューションを内包したもの(定期的に外部の商用サーバにオンラインバックアップを取ってくれる、でもいいけど)になってくれれば安心なんですが、まだまだそういうのは期待できないのかな。

「医者の不養生」とはよく言ったもので、以前の職業ではシステムの定次バックアップ運用設計なども担当分野のひとつとして行っていた私が、こと自分の(私用)PC のデータバックアップをなおざりにしていました。NAS がコンシューマ向けの製品としてメルコ(現在のバッファロー)から登場したあたりから、ずっと自宅に導入したいと思いつつ、自分の PC の HDD がクラッシュするということに運良く巡り会ったことがないこともあり、後回しにしてきたきらいがあります。が、やはり、現時点で現実的な「デジタル写真の保管庫」は、自宅のデスクトップ PC をメインストレージとしつつ、週次や月次で NAS に自動バックアップバッチするようなホームネットワークを自作する、というのが良い落としどころなのでしょうか。
Gigabit Ethernet 対応の 250GB クラスの NAS で¥35,800、自分と家族の人生の思い出の保全性を考えると、対して高い買い物でもないような気がしますが、こんなことを心配している人って、まだまだ少ないんでしょうか。

投稿者 B : 23:56 | Camera | PC | Soliloquy | コメント (4) | トラックバック

2006/01/28 (Sat.)

OLYMPUS E-330

オリンパス、初のライブビュー機能搭載一眼レフ「E-330」 (デジカメ Watch)

液晶モニターでリアルタイムに撮像を確認しながら撮れる「ライブビュー」機能を搭載した初の DSLR が登場。
コンパクトデジカメからステップアップした DSLR ユーザーの中で、撮影時に液晶モニターに何も映らないため「壊れている」と勘違いする人が少なくない、という話も聞いたことがあるけど、「デジタルの利点」をうまく使ったこの方式は今後更に増加するステップアップユーザーのキラーソリューションになるかも。もしかすると、1~2 年後の DSLR はライブビュー機能つきがマジョリティになってたりするんじゃないかな。

このテの「デジタルならでは」のカメラの捉え方って、いわゆる写真文化の歴史を知らないソニーあたりがαマウント第一弾として狙ってくるかな、と思っていたけど、見事にしてやられた感じ。オリンパスはほかにもダストリダクションみたいなエントリーユーザーに響く機能をつけたりしてうまく差異化できている気がするし、この銀塩の常識に囚われないものづくりは注目に値すると思います。

投稿者 B : 10:07 | Camera | DSLR | コメント (1) | トラックバック

2006/01/19 (Thu.)

コニカミノルタがカメラ事業から撤退

カメラ事業、フォト事業の終了と今後の計画について (コニカミノルタ)
コニカミノルタ、カメラ/フォト事業を3月で終了 (デジカメ Watch)

エー(´д`)。
αシリーズはソニーが買い取るにしても、連合ならそれなりに魅力あったのに、一社になると突然将来性に不安を感じてしまうのはなぜだろう(;´Д`)ヾ。
これは、夏のソニー製 DSLR を見てから購入検討しよう、と思っていたけど、キヤノンに絞ったほうが得策・・・なのか???


コニカミノルタは DSLR やデジカメに限らずカメラ/フォト事業の全領域から撤退とのことだけど、もともとカメラ/フォト領域でやってきたメーカーがこうやって撤退していくのは寂しい限り。今後はコアデバイスや業務用プリンタ、医療機器などに注力していくんだろうけど、このまま寡占化が進むとオリンパスあたりも撤退しそうで怖い(デジカメはまだ継続しているけど、すでにシリコンオーディオ事業を凍結している)なあ・・・(そうすると自動的にフォーサーズが松下規格になるわけだし・・・)。

デジカメもメーカーにとってはうまみの少ない市場になって久しいけど、もう少し活気があってもいいんじゃないかなあ。DSLR の二強を除けば、うまく存在感を示せているのってツァイスくらいな気がする・・・。
こうなったらソニー製 DSLR の CONTAX ブランド吸収の可能性に期待するしか、ないのかな(´д`)。

投稿者 B : 23:27 | Camera | DSLR | コメント (3) | トラックバック

2006/01/09 (Mon.)

DSC-T9 インプレッション

DSC-T9 を買ってしばらく経ち、年末年始や連休を挟んでいろいろ撮ってみたので簡単なインプレを。

とりあえず全部フルオートで撮ってます。
けっこう適当に撮ってもほとんど手ブレ・被写体ブレしないのはさすがですね。今までの T シリーズ(に限らず P シリーズとかでもだけど)ではブレを考慮して同じカットを 3~4 枚撮っておかないと不安だったのが、これならほとんどその必要はなさそう。
4 枚目の写真を見れば分かりますが、十分に明るいところでも雪が止まって写っているところを見ると、常にシャッタースピードは速めでチューニングされている可能性があります。

どの写真もややディテールが甘い感じになってしまっていたり、暗部ノイズが気になるのは旧 DSC-T シリーズと同じ傾向。これはレンズが暗く画素ピッチが小さい本シリーズの性格なので致し方ないところか。まあ、スナップ写真としては及第点なので良しとしましょう。
でもこの作例を見る限り、引きの画よりもマクロ~拡大鏡モードのほうが得意な気もします。

描写力とスタミナという意味では DSC-P100 のほうが優れているのでおそらく併用することになると思いますが、普段使いはほぼ T9 がメインになりそうです。これでしばらくコンデジの買い換えは必要ないかなー。

投稿者 B : 20:34 | Camera | Compact | コメント (4) | トラックバック

2005/12/31 (Sat.)

デジタルフォトプリンタを購入

こないだ DSC-T9 を買ったときに、実はついでにフォトプリンタも購入していました。いろいろ貯まっていたソニスタのクーポンを利用して安価にゲット。

ソニー / DPP-FP50

B0007ZJG12

写真専用の昇華型プリンタ。スペックは 300×300dpi しかないけど、最大でもポストカードサイズだし、インクジェットのような粒状感がないので写真的な画質としてはヘタなインクジェットプリンタよりも自然かも。
基本的にカートリッジ(というかインクリボン)と専用紙がセット販売になっているので、紙とインクはセットで運用する仕組みみたい。

帰省のときなんかに両親や祖父母から子どもの写真を撮ったのを写真にしてよ、というリクエストを受けるんですが、これなら帰省の荷物に一緒に持っていって、テレビに映してみんなで見ながらプリントできるのでラクです。プリント自体も 1 分/枚程度で済んでしまうのでスピーディ。

なんかカートリッジの形状がキヤノンの SELPHY に酷似しているので、キヤノンの OEM かなんかみたいだけど、もし使えるならキヤノン製のほうが消耗品の入手性がいいから一度試してみて使えそうなら今後はキヤノンの消耗品を買おうかな。っていうか、どうせ MS/CF/SD 全部使えて PictBridge も使えるなら、最初からキヤノンを買えば良かったかな(´д`)。

投稿者 B : 20:54 | Camera | コメント (0) | トラックバック

2005/12/28 (Wed.)

Sony HVL-HL1

HDR-HC1 用のビデオライトを購入。

ソニー / HVL-HL1

暗がりで撮影することはあまりないけど、室内でも夜は蛍光灯の明かりだけでは記録素子には暗くてノイズっぽくなることが少なくないので、常設しておけば常にきれいな画が撮れるだろうと。
Handycam シリーズ共通のアクティブインターフェースシュー対応なので、セットするだけで給電までやってくれるのも手軽だし、安価なので試しに買ってみました。

で、これがほぼ真っ暗なところでビデオライトのみで撮ってみた映像。オートゲインアップも効いているんでしょうが、1 灯のこの小さな照明だけでそこそこ写ってしまうものです。

ただ、残念なのは白熱球系の色温度の低い照明なんですよね、これ。
屋内だと地明かりが白熱球よりも蛍光灯のことのほうが多いので、これだとビデオライトの当たっているところ(すなわち画の中心)だけが赤っぽく、周囲が白っぽいという妙な映像に・・・全体に色かぶりしているならホワイトバランスの変更で逃げられるけど、部分的に違うのはちょっとどうしようもない(´д`)。

うーん、白色 LED か何かの白いビデオライトも探してみるかな。サードパーティ製しかなさげだけど・・・。

投稿者 B : 16:46 | Camcorder | Camera | コメント (1) | トラックバック

2005/12/18 (Sun.)

DSC-T9 を購入

ずーっと悩んでたんですが、やっぱり手ブレはいやーん、ちゅうことで思い切って購入。年末でいろいろクーポンとかついて安かったし。

ソニー / Cyber-shot DSC-T9 (ブラック)

ソニスタで買ったのでサンワサプライ製のメモステ Duo リーダのおまけつき。
色はたぶんいろんな人とかぶるんだろうなあ・・・と思いつつ、いつものブラック。実物見たらブラックのほうが断然落ち着いてるんだもの。
ストラップは T7 で使っていたのと色違いの、ABITAX のレッド。私にしては珍しい色だけど、たまにはこういうのもいいかなと思って。

まだほとんど試し撮りもできてないんで画質のインプレはまたにしますが、手ブレ補正がホントにちゃんと効いてノイズも少ないようなら、コンデジはほぼ T9 に一本化してもいいかなくらいに思ってます。一応 P100(ブルー)は使い勝手いいんで併用するでしょうが、たぶん T7(ブラック)と L1(ポラリスブラック)は使わなくなるんだろうな。誰か欲しい人いれば定価の半額で(以下略

ケースはどうしよう、という感じなんだけど、今まで T7 は名刺と一緒にカードケースに入れていたのが、T9 だと厚みがあってあまりスマートじゃない。でなんかヘッポの BLACKBEAUTY のケースがあるらしいじゃないですか!T9 のブラックと一緒に使えってばかりのブラック。例のハラコとかクロコのケースよりも断然欲しいんですけど!でもあんまり原宿好きじゃないんだよなあ・・・。

投稿者 B : 23:15 | Camera | Compact | コメント (3) | トラックバック

2005/12/04 (Sun.)

HC1 のワイコンを試す

先日購入したレイノックスのワイコン「HD-5000PRO」のテストに出てみました。

では早速、比較を・・・。


ワイコンなし


VCL-MHG07A


HD-5000PRO

今回はワイコンなし、ソニーのスチル向けワイコン「VCL-MHG07A」、および HD-5000PRO を比較してみました。HDR-HC1 のムービーモードで静止画キャプチャした画像をレタッチ・リサンプル無しでそのまま掲載しています。

画面全域でしっかり解像感のあるワイコンなし状態に比べると、さすがにワイコン使用時にはいずれも周辺部のフォーカスが甘くなりますね。多少の歪みは映像の奥行き感の表現につながるとしてある程度認めるとしても、こうやって静止画として比較してみると、周辺部で解像度がガクッと落ちているのはやはり気になります。HD 対応のテレビを持っていないので、動画だとどうかというのを確認できないのが残念なところ。
ただ、この感じだと VCL-MHG07A を使うなら HD-5000PRO を装着して若干ズーム寄りで使った方が全体的な解像感は高そうな感じ。

HDR-HC1+HD-5000PRO の組み合わせは、最近テレビのバラエティ番組でタレントの手持ちカメラとして使われているシーンもよく見かけるので、それなりに放送にも堪えるクオリティと認められているのでしょうか(逆に純正ワイコンで使われているのはほとんど見ない)。
ホームビデオって趣味の撮影とか、運動会みたいなイベント以外ではやっぱり撮影者が被写体(その多くは家族や友人など、撮影者と親しい間柄)と近い距離で直接会話しながら撮ることがほとんどだと思うので、そうすると 1~2m の距離感でも画面に奥行きを見せられるワイコン使用のほうが、構図的にも良いような気がする、というのがしばらく使ってみての感想です。ズーム全域で使えるという機動性も良いし、どうしても画質にこだわりたいシーン以外では、ほぼこのワイコンを常用することになりそう。

投稿者 B : 12:41 | Camcorder | Camera | コメント (3) | トラックバック

2005/11/11 (Fri.)

Raynox HD-5000PRO

HDR-HC1 用にワイコンを購入しました。

レイノックス / HD-5000PRO

ビデオサロン 9 月号を参考にすると、純正ワイコン(VCL-HG0737Y)は 0.7 倍しかないし、やたら重い(本体が 680g なのにワイコンが 320g もある!)のがネックになって却下。最も評価が高く、そこそこ軽くてほぼ全ズーム域で使えるという機動性の高さもあってこれにしました。

ワイコンだけつけた状態だとちょっと見た目が情けなかったので、ハクバの 62mm ワイドメタルフード(KMF-0262)を追加(HD-5000PRO には 62mm のフィルタネジが切ってある)。ワイコンの鏡筒がシルバーなのも相まって、一見デフォルト状態かのように違和感なく収まっています。

ホントは最初、HOYA のラバー製マルチレンズフードを買ってみたら、最ワイドの設定にしてもワイド端でケラレてしまったので、しょうがなく買い直した(;´Д`)ヾ。

投稿者 B : 23:01 | Camcorder | Camera | コメント (3) | トラックバック

2005/11/01 (Tue.)

Sony DSC-T9

「光学式手ブレ補正」と「高感度」 ダブルでブレない高画質“サイバーショット”『DSC-T9』発売 (Sony Drive)

DSC-T シリーズの新製品発表。米国で先行発表されていたスタンダードコンデジ「DSC-N1」と同時に、未発表だった「DSC-T9」が国内発表されました。
よーーーうやくと言っていいアンチシェイク機能搭載。全てのデジカメの中で最も手ブレの激しいクラスである DSC-T シリーズに「ようやく」搭載されたこの機能は、光学式手ブレ補正+高感度という両張りのアプローチ。まあ、この暗いレンズで高感度モードがどれだけノイズレスで撮れるのかという疑問はあるものの、今まで T シリーズを敬遠してきた最大の弱点が見直されたのは特筆に値するでしょう。

ただ、本体薄さは DSC-T7 の 9.8mm(レンズカバー込みで 14.7mm)から厚くなり、16.8mm(レンズカバー込み 20.6mm)となったのはデザインも含めて初代 DSC-T1 にほぼ逆戻りしてしまった印象。アンチシェイクを積んだ分仕方がないのでしょうが、位置づけ的にも T9 は DSC-T3 の後継であり、T7 は機能よりも薄さ方向に進化した別の派生モデルといったところのようです。

個人的にも仕事用の T7 から買い換えたい気持ちがしてはいるんですが、ちょっと厚くなった分名刺ケースに入るか不安もあり。仕事用としては半ば割り切っている部分もあるんで、T7 でもいいかなとも思いつつ・・・うーん、どうしたものか。

投稿者 B : 13:31 | Camera | Compact | コメント (4) | トラックバック