b's mono-log

2005/10/03 (Mon.)

HC1 で手持ちのレンズを試してみる

HDR-HC1 のバッテリは私が持っている DSC-F707/F828 のバッテリと共通の NP-FM50 なのですが、今まで持っていた NP-FM50×3 と HC1 についてきた NP-FM50×1、オプションキットに入っていた大容量バッテリ NP-QM71D があるので、バッテリはもう買う必要ないかな、と。

で、バッテリとかを探してドライボックス(がわりのクリアケース)をひっくり返していたら、F707 の頃にいろいろ買い集めたコンバージョンレンズがあったことを思い出しました(F828 を買ったときには思いつきもしなかった)。
いろいろ出てきた中から使えそうだったのは F707 用ワイコンの VCL-MHG07A と、レイノックスのマクロレンズ DCR-250。というわけで、試してみました。

まずは、ワイコン VCL-MHG07A。F707 のときは 52→58mm のステップアップリングを使ったんですが、HC1 では逆に付属の 52→37mm のステップダウンリングを使用。

見た目はかなり迫力が増す感じになります。
あまりちゃんとテープを通して実撮していないのですが、ワイド端であれば十分使えそうな雰囲気(もともと F707 でもワイド端専用だったし)。0.7 倍だからけっこう視野が広がる感じがしますが、せっかくの 16:9 サイズなのでもっと低倍率のワイコンを使って広さを活かしてやりたい気もします。0.5 倍くらいのレンズも試してみたくなりました。

一方、スーパーマクロレンズ DCR-250。

こちらはフリーサイズとはいえそのままでは装着できなかったのですが、MHG07A 付属のステップダウンリングを使うとちょうどいい具合に取り付けられました。

試しに静止画でチェック。F707 のとき同様、ここまで寄ることができました。さすがに被写界深度狭すぎ(;´Д`)ヾ。
が、HC1 の主用途はもちろん動画なので、ここまで被写界深度が狭いとうまくフォーカスを合わせて動画を撮るのがかなり大変そうで、用途は限られそうですね。植物とか昆虫とか撮るにはいいかもしれませんが。

テレコンとかは追い追い考えてみようと思っていますが、とりあえずもう一つくらいワイコンを試してみようかと。ビデオサロン 9 月号にかなり良い比較記事が載っていたので、参考にしてみようかな。

投稿者 B : 22:25 | Camcorder | Camera | コメント (0) | トラックバック

2005/10/01 (Sat.)

Sony HDR-HC1

そろそろカムコーダを・・・と思いつつなかなか手を出せずにいましたが、このタイミングで思い切って HD 対応の Handycam を購入。

ソニー / Handycam HDR-HC1 (シルバー)

新宿ビックにて購入。ヨドバシと比べたらほぼ同価格で、ビックの方がアクセサリセット(純正ソフトケース、L バッテリ、チャージャ、高品質テープ×5)の同時購入割引があったのでビックにしました。最初価格表示が出てなくて、聞いてみたところ¥145,000 と言われたので¥140,000 以下にしてと交渉したら¥138,000 まで下げてくれたのでご成約。価格.com あたりだと¥120,000 切ってるところもあるけど、ビックは 15% 還元だったので実質¥117,300。こんなところでしょう。

カラーはシルバー。ブラックはどちらかというとガンメタ風で微妙だったのでシルバーに。
当初、HC1 の業務機 HVR-A1J と迷っていた(こちらの方が高機能で DVCAM フォーマット対応、キャノン端子対応、外部マイク付属、業務機っぽいつや消しブラック)のですが、A1J が最安値で¥210,000 付近なのに対し HC1 が実質¥120,000 以下なので価格に負けてしまいました。

同時購入はビックのアクセサリセット(同時購入価格¥17,000)とショルダーストラップ、外部ステレオマイク。オプションはほかにもビデオライトとかガンズームマイクとかワイコン/テレコンいろいろ欲しいのがあるけど、これは追い追い揃えていこうかと思ってます。まあ、ワイド端の画角はけっこう狭そうなので、ワイコンは早めに調達しようかなとは思っていますが。

まだまともに撮っていないのでインプレできませんが、自分用としては初めてのカムコーダなので楽しみです。以前バイトでビデオ系の仕事をずっとやっていたけど、当時は撮影のアシと編集ばかりでほとんどファインダを覗かなかったので、撮影に関しては頭でっかちな部分もあるし(逆にカット割りとかはそれなりに組めるかも)、一から勉強してみようと思ってます。
カムコーダデビューがいきなり HD なのは、果たして幸せなのか不幸なのか・・・。

そういえばこの blog も始めて一ヶ月経ったけど、買ったものといえば相変わらずソニー製品ばっかりだな(;´Д`)ヾ。

投稿者 B : 22:01 | Camcorder | Camera | コメント (1) | トラックバック

2005/09/30 (Fri.)

Sony DSC-T7

仕事用に新調したものシリーズその 7。

ソニー / Cyber-shot DSC-T7 (ブラック)

DSC-T シリーズは個人的に「買ってはいけないデジカメ」だと思っていたんですが、仕事用のコンデジを物色していたところ、たまたま安く手に入ったもので。初代 DSC-T1 で一度懲りているのでプライベート用だったら絶対に手を出していなかったところですが、仕事用(メモ用、スナップ用、マクロ撮影用)と割り切れば本当に使い勝手の良いカメラでした。
仕事柄静物やブツ撮りが多いのでシャッタースピードの遅さはあまり気にならないし、むしろマクロ撮影用の拡大鏡モードがあるのが他のカメラに対するアドバンテージでしょうか(本当は他の Cyber-shot にもつけてほしいくらい)。レンズは暗いけど、特に残すための撮影をするわけでもないので許容範囲かと。
意外と急にカメラが必要になるケースが多いので、カードケースに名刺と一緒に入れておけば常に持ち歩いてすぐに使えます。って本当はもったいなくてケースを買っていないだけだけど(ぉ。

↑T7 のために買ったストラップ。ABITAX 製で、ときどきソニエリのキャンペーンで Sony Ericsson ロゴ入りバージョンがプレゼントされているやつです。応募してもなかなか当たらないので自分で買いました(´д`)。カラバリがいろいろあるので他のもののストラップにも使ってみたい感じ。

ちなみに、T7 に付属のバッテリチャージャ(本体側に充電用端子がないので、チャージャで充電)ってインフォリチウム E だけじゃなくて R(P100 系のバッテリ)や T(T1 や L1 のバッテリ)にも対応しているんですね。なんと私が持っているコンデジ全てのバッテリに対応しているので自宅用にもう一つ欲しいんですが、同等品が市販されてないじゃない(;´Д`)ヾ。保守部品扱いで取り寄せるかなー。

投稿者 B : 22:01 | Camera | Compact | コメント (1) | トラックバック