b's mono-log

2019/05/14 (Tue.)

F1 スペイン GP 2019

F1スペイン決勝:『メルセデス帝国』前人未到の開幕5連続ワンツー! フェルスタッペン、3位表彰台獲得

F1 の「第二の開幕」とも呼ばれるヨーロッパラウンドの幕開け、スペイン GP。フェラーリが圧倒的な速さを誇った冬季テストの現場でもあるため、いよいよフェラーリがその本領を発揮するのか、あるいはここまでの勢いのままメルセデスが席巻するのか、そしてレッドブル・ホンダの大規模マシンアップデートの成果は...?など注目のグランプリでした。

が、蓋を開けてみればやっぱり今回もメルセデスの完勝。冬季テストの間メルセデスが三味線を弾いていた...とまでは私は思いませんが、開幕前からここまでのメルセデスの開発スピードと総合的なチーム力によって現時点ではマシン自体もメルセデスが最速であることが証明されたのがこのレースだったと思います。コンストラクターズポイントではメルセデスがフェラーリにほぼダブルスコアをつけ、今季のドライバーズチャンピオンシップの行方は早くもハミルトンとボッタスに絞られてしまった印象。せめてもの救いは、今季はついにボッタスが覚醒し、今のところハミルトンと星を分け合っていることでしょう。

メルセデス勢同士の対決では決勝はハミルトンが制したものの、予選はボッタスがハミルトンに 0.5 秒以上の大差をつけて完勝していました。ボッタスは決勝スタートでの若干の出遅れがなければ勝っていた可能性は十分にありますが、先頭を走っている間は速いけど誰かの後ろにつくと乱気流の影響を受けやすいのはメルセデスに限らず現代 F1 の特性。「スタート後の 1 コーナーを制したほうがレースの主導権を握る」というかつてのセナ・プロ時代のマクラーレンのような協定があるかどうかは分かりませんが、結果的に 1 コーナーを獲った方がレースでも勝つ構造になっているのが今のメルセデスなのでしょう。

3 位表彰台を獲得したのは開幕戦以来のフェルスタッペン。現在の勢力図のもとではメルセデスに何かアクシデントでも起きない限り 2 位以上に入ることは残念ながら非現実的という状況の中、望み得る最高のリザルトを期待通りに持ち帰ってくれました。しかもこれは序盤にフェルスタッペン自身がフェラーリをオーバーテイクして得たポジションであり、シャシーと PU のアップデートによってついにフェラーリと戦える速さを身につけたことの証明と言えます。このことが表彰台以上に喜ばしい。
とはいえフェルスタッペンと同等のペースを記録できていないガスリーの走りを見る限り、この結果はフェルスタッペンがマシン性能を十分に(あるいは本来の性能以上に)引き出しているからこそのものであり、並みのドライバーとの組み合わせではまだフェラーリに挑めるところまでは来ていないのではないか...という気もします。
いずれにせよ、今回の「フェルスタッペンが予選ではフェラーリの一台を食って 4 番手につけ、決勝で 3 位をかけて戦う」「ガスリーは予選/決勝ともに 6 位安定」というのが今季の典型的なパターンになっていきそうな気配。これでガスリーがフェラーリと戦えるようになってくれば、フェルスタッペンももう一段上を狙っていけるんですが...。

トロロッソは予選 9・11 番手から決勝も 9・11 位フィニッシュ。結果だけ見ると面白みがないレースだったように見えますが、決勝ではハースやマクラーレンと堂々と競いながら、終盤にセーフティカーが導入されるまでは二台揃って入賞圏を走っていました。残念ながらセーフティカー導入時に急遽タイヤ交換を実施した際にダブルピットストップになってしまい、その間に二台ともタイムを失ってしまったことでアルボンが入賞圏脱落。ファイナルラップまでグロジャンを追い回したものの届かず...という惜しい結果でした。あのときにタイヤ交換を行わない or スムーズに作業できていれば二台揃ってもう少し上のリザルトもあり得たでしょうが、こういうところで失策してしまうのが残念ながらトロロッソのチーム力なんだよなあ。
ただ「ホンダ勢が実力で四台入賞」というのが現実的に見えてきたのは良いニュースです。一台入賞させるのにも苦労していたマクラーレン時代のことを思うと目頭が熱くなってきます。

ともかく、ここスペインでの走りを見てようやく今季の真の勢力図が見えてきました。メルセデス独走はもう止まりそうにありませんが、レッドブルがどこまで差を詰められるか。シーズン中のシャシー性能の伸びしろには定評があるチームなので、優勝争いに名乗りを上げられる日が一日も早く来てほしいものです。
そして次戦はモナコ。マシン性能よりもドライバー比重が大きいサーキットだけに、レッドブルにもチャンスはありそう。期待したいと思います。

投稿者 B : 22:58 | F1 | Season 2019 | コメント (0) | トラックバック

2019/04/30 (Tue.)

F1 アゼルバイジャン GP 2019

F1アゼルバイジャンGP決勝:ボッタスがハミルトンを下し今季2勝目! レッドブルのフェルスタッペンは4位フィニッシュ

今シーズンの第 4 戦アゼルバイジャンでも、相変わらずメルセデスが強い強い。フリー走行まででフェラーリが速さを見せていても、予選以降はメルセデスが席巻するというのが今季のパターン化してきたようで、もうフェラーリに逆転の目はないんじゃ...と早くも思わされる展開になってきています。

そのメルセデスでも今回速かったのはバルテリ・ボッタス。前戦中国ではスタートで出遅れてポールポジションを勝利に繋げられませんでしたが、今回はミスを一切犯さずにハミルトンに完全勝利。開幕戦ほどの大差をつけられたわけではありませんが、ボッタスの勝ちパターンともいえる独走劇で今季 2 勝目。メルセデスは開幕から 4 戦連続の 1-2 フィニッシュでハミルトンとボッタスが各 2 勝を分け合っているものの、開幕戦でのファステストラップポイントが効いて現在のポイントリーダーは一点差でボッタス。シーズン終盤ではこういう 1pt の積み重ねが差になってくることもあります。
個人的には今年はハミルトンとヴェッテルではなくボッタスかルクレールのどちらかがチャンピオン獲得に名乗りを上げてほしいと思っていたりもするので、ボッタスには今後もハミルトンを打ち負かす/脅かすレースを重ねていってほしいところ。

いっぽうのフェラーリは今回も完敗でした。ルクレールは今シーズン初めてのミスらしいミスを犯して予選 Q2 中にウォールにクラッシュ。他車のペナルティの関係で 8 番グリッドからのスタートで、決勝序盤ではオーバーテイクを繰り返し 4 番手までポジションアップ。そのまま初回ピットストップを引っ張って暫定首位を走ったものの、タイヤ交換したメルセデスの二台とはレースペース差が大きく自信のピットイン後には 6 位までポジションを落としてしまいます。最終的にはガスリーのリタイヤで 5 位、かつファステストラップポイントも獲得したものの、レースという意味では今回は絶対的な速さがありませんでした。
ヴェッテルも同様にメルセデスを追い回せるペースはなく、ほぼ最後まで誰とも争わないレースで 3 位表彰台。フェラーリはマシン自体は最速と言われながらも勝てませんね...。今シーズンは早くもハミルトン vs ボッタスの構図が出来上がってしまった印象さえあります。

ホンダ勢は今回のレースで 2 チーム 4 台ともに改良されたスペック 2 パワーユニットを投入してきました。信頼性とパワーの両面が向上した新 PU の効果は明らかで、特にトロロッソのダニール・クビアトが予選 6 番手を獲得できるほどのポテンシャルを発揮。決勝でもペナルティのためグリッドスタートだったガスリーが最終的に 5 位までポジションを上げてくるなど、十分に戦えるパワーユニットに進化してきた印象です。
ただ今回はフェルスタッペンが中盤ヴェッテルとのギャップを猛然と詰めたものの VSC 導入後にペースを落として表彰台へのチャレンジは叶わず。ガスリーはドライブシャフトのトラブルで 5 位フィニッシュを目前にリタイヤ、クビアトはリカルドからの「あり得ない」もらい事故でマシンを中破させ戦線離脱。11 番手スタートだったアルボンはピット戦略がイマイチで結局 11 位のままチェッカー...と、PU 更新に伴う期待感からすると残念な結果に。
とはいえガスリーはドライバー・オブ・ザ・デイに選ばれたルクレールよりもレースペースは良かったし、リタイヤの原因となったトラブルも PU とは別要因。クビアトがあの理不尽な事故をもらっていなければ中国に続いて 3 台入賞もあり得たわけで、内容そのものは悪くないレースでした。レッドブルについてはフェラーリとは(レースペースでは)そこそこ戦えるもののメルセデスとの差は依然として大きいのは事実で、こればかりは車体側の大規模アップデートが投入される次戦スペインに期待ですね...。

次のスペイン GP は冬季テストの舞台でもあったサーキット。シーズン前に最速の名をほしいままにしていたフェラーリが改めて覚醒するのか、それとも実際のレースになればやっぱりメルセデスが強いのか。またレッドブルは上位との差をどれほど詰めることができるのか。第二の開幕ともいえるグランプリ、今季はレッドブル・ホンダの上昇機運が強いだけに楽しみです。

投稿者 B : 21:06 | F1 | Season 2019 | コメント (0) | トラックバック

2019/04/14 (Sun.)

F1 中国 GP 2019

F1中国GP決勝:ハミルトン2勝目でメルセデス3戦連続ワンツー! レッドブル・ホンダのフェルスタッペンは4位。トロロッソ・ホンダのアルボンはピットスタートから10位入賞|motorsport.com日本版

F1 通算 1,000 戦めの記念レースとなった中国 GP。バーレーン GP でのルクレールの鮮烈な走りの印象が強かっただけに、この中国で改めてメルセデスとフェラーリどちらが速いのか?が明らかになるのではという期待がありました。
そして蓋を開けてみると速かったのは結局メルセデス。フェラーリに 0.3 秒差をつける形でメルセデスがフロントロウを独占します。しかも PP は開幕戦以来今季二度目のボッタス、今季のボッタスはアグレッシブで本当に面白い。しかしセカンドロウのフェラーリまで含め誰が勝ってもおかしくない状況。

決勝はスタートでボッタスが蹴り出しに失敗し、その間にハミルトンが首位を奪います。この 1-2 体勢は結局レース終盤まで変わることはなく、メルセデスが今季三度目の 1-2 フィニッシュで完勝。ハミルトンは予選まではクルマに乗り切れていない印象があったのが、決勝ではしっかり修正してきました。やっぱりこういうところが五度のチャンピオン経験者とメルセデスというチームなのでしょう。ボッタスはスタートで先行できていれば勝ち目もあったでしょうが、同じマシンかつクリーンエアで走るハミルトンの前には為す術なし。
対するフェラーリは...決して遅くはなかったとはいえ、序盤にヴェッテルとルクレールのポジションを入れ替えるかどうかでモタモタしたことで最終的にメルセデスに挑戦するための機会を失った印象。まあ今回のメルセデスはフェラーリにも手をつけられない速さがありましたが、このモタモタがなければフェルスタッペンを抑えて 3-4 フィニッシュもあり得たところを、結果的にずっとレッドブルとやり合った挙げ句 3-5 位に終わることになってしまいました。メルセデスのように「その時点での最適解をパッと決めてズバッと実行する」決断力がないのがフェラーリの弱さなんだよなあ。

レッドブル・ホンダはフェルスタッペンがバーレーン GP に続き「トップ 3 への挑戦権はないけど後ろを脅かされることもない」というポジションで 4 位入賞。このあたりがレッドブルの現在位置とみて間違いないでしょう。それでも二回目のピットストップ直後にバックストレートでヴェッテルに仕掛け、オーバーテイク寸前まで行ったパフォーマンスには手に汗握りました。今後シャシーのアップデートがうまくいけばフェラーリと対等の勝負ができるのでは、という期待が持てる内容だったと言えます。
開幕からあぱりパッとしなかったガスリーも今回は予選で 6 番手につけ、決勝ではフェルスタッペンのペースにこそついて行けなかったものの、ラスト 3 周でソフトタイヤに履き替えて果敢にアタック、見事にファステストラップを記録して 6 位入賞追加の 1pt を持ち帰りました。まだまだ RB15 を自分のモノにできている感じはありませんが、こういう結果の積み重ねで自信をつけていくことが今のガスリーには必要なのだと思います。

トロロッソはアルボンが FP3 で大クラッシュを喫し、マシンを大破させてモノコック交換。予選には出走できずピットレーンスタートとなりました。一方クビアトは Q3 にこそ進めなかったものの 11 番グリッドを獲得して決勝に望みを繋ぎます。
しかし決勝では明暗が逆転。クビアトはスタート直後にマクラーレンの二台と相次いで接触、不可抗力的な部分はあったとはいえペナルティを受けた上に接触時のダメージ(?)が原因で最終的にはリタイヤ。クビアトは以前の「魚雷」と呼ばれていた頃のような無茶はしなくなりましたが、かつてのアロンソや去年のルクレールあたりと比べるとスタート直後のような混乱する局面での勘の良さのようなものが、トップドライバーとそうでない者との決定的な差だと思います。
対してアルボンはピットスタートながら序盤の混乱に乗じてポジションを上げ、コース上でハースを攻略するなど安定感ある走りで 10 位入賞。派手さはないけどきっちり走って結果を出してくるアルボン、なかなかいいじゃないですか。最後尾から実力で入賞圏までマシンを持ってきた走りはドライバー・オブ・ザ・デイに相応しいと思います。

ホンダ勢として見ればバーレーンから二戦連続で三台が入賞、両チームともに開幕から連続入賞を続けているというのはとても良い傾向だと思います。トロロッソはちょっと気を抜くとガクッとポジションが落ちてしまいそうなのが中団争いの厳しいところだし、レッドブルも本格的に競争力を期待できるのはスペイン GP での大規模アップデートまで待たなくてはならないでしょうが、少なくともそれまではこのくらいのポジションを維持してほしいところ。次のアゼルバイジャンは市街地コースということでレッドブル/トロロッソ勢とは相性が良いとは言えませんが、奮闘を期待します。レース的にはやっぱりまたメルセデスのどちらかが勝ちそうな予感。

投稿者 B : 21:45 | F1 | Season 2019 | コメント (0) | トラックバック

2019/04/01 (Mon.)

F1 バーレーン GP 2019

F1バーレーンGP決勝:残り10周の悲劇......ルクレール、トラブルで初優勝逃す。優勝はハミルトン、レッドブル・ホンダのフェルスタッペンは4位|motorsport.com日本版

今シーズンの第二戦目バーレーン GP。前戦のアルバートパークとは違って現代的なパーマネントサーキットであるサヒールでは、各チームのより正しい戦力差が見えるだろうという期待がありました。
冬季テストの速さを取り戻したかに見えるフェラーリに対して、メルセデスの走りはイマイチパッとせず。しかもフェラーリは移籍 2 レース目のルクレールがエース・ヴェッテルを差し置いての初 PP 獲得!しかもコースレコードを樹立するタイムで、ついに彼のポテンシャルが開花した感があります。誰であれ新しいグランプリウィナーが誕生することは喜ばしいわけで、個人的にもこのままルクレールがぶっちぎりで優勝しないかな...と思いながら観ていました。

スタートは蹴り出しの良かったヴェッテルがルクレールを抑えてターン 1 に突入したものの、ルクレールの方が全体的なマシンの状態が良かったようですぐにポジションを取り戻し、そこからは後続をグングン引き離していく力走で一人旅状態。一方ヴェッテルはハミルトンと接近戦を続け、2 回目のピットアウト後にサイドバイサイドのポジション争いになった挙句スピン!その影響かフロントウィングを脱落させてしまい緊急ピットイン。その後 5 位までポジションを戻すのが精一杯という状況でチェッカー。
独走していたルクレールはそのまま簡単に初優勝を決めるかと思われたのが、残り 10 ラップというところでパワーユニットにトラブルが発生。エンジンブローを避けるためにペースを落とし、その後はゴールまで無事にマシンを持ち帰るのがやっとという状態で 3 位フィニッシュ。ラスト 3 周でのルノー二台のリタイヤに伴うセーフティカー導入がなければ 4 位で終わっていたことでしょう。

ルクレールにとってみればあまりにも惜しいレースでした。オーストラリアでの状況もふまえて考えると、やはり今季のフェラーリは速いけど PU の冷却や信頼性周りに爆弾を抱えているのかもしれません。それに加えてヴェッテルもハミルトンとのバトルの末に自滅という、いつものフェラーリの悪癖がこのシーズン序盤から早速出てきている印象が強い。これは今年もあかんかもしれません。
しかしルクレールの速さは間違いなく本物ですね。オーストラリアでもチームオーダーが出ていなければヴェッテルを抜いて 4 位入賞していた可能性は高い。チームメイトに対してもアグレッシブに仕掛け、抜いた後はどんどん差を広げていく走りは全盛期のアイルトン・セナをも彷彿とさせるものがあります。次のレース以降いつ勝っても不思議はないし、さらに今後の状況次第ではヴェッテルとの間に摩擦が生じてもおかしくはありません。

あまりパッとしなかったメルセデス。今回の 1-2 フィニッシュは完全に棚ボタの結果ですが、それでもハミルトンはヴェッテルとガチンコ勝負できるだけの速さはありました。仮に勝てずともきっちり 3-4 番手につけて失点を最小限に抑えつつ、相手に何かトラブルが起きたときには勝ちに行けるポジションを取れるのがメルセデスの強さ。最終的にシーズンを制するのは「速いマシンを持っているチーム」ではなく「強いチーム」なんだよなあ、というのを 2 レース目にして痛感しています。
これでメルセデスは開幕から二連続 1-2 フィニッシュ。今回はハミルトンが勝ったものの、ポイントランキング的には今回ルクレールがファステストラップポイントを獲得したことでボッタスが 1pt 差で首位をキープしています。

レッドブルはタイヤとのマッチングに苦しみ、苦しい週末でした。フェルスタッペンは 5 番手スタートからの 4 位で、最後の SC 導入がなければルクレールを捉えて表彰台の一角に食い込んでいた可能性が高いですが、今回の実力的には二強の 4 台と争えるだけの速さはなく 5 位が順当なリザルトだったと言えます。ガスリーは前戦以上にマシンセットアップの袋小路に入り、予選は Q2 落ち。決勝ではルノー二台のリタイヤで 8 位を獲得したものの、それがなければ 10 位でギリギリ入賞というところでした。
トロロッソは予選・決勝ともに僅差の争いの中、アルボンが 9 位初入賞を達成。とはいえチームメイトのクビアトが予選 Q2 ではチームのミスにより中古タイヤでのアタックを余儀なくされたり、決勝でも無駄な接触でポジションを落としたり、細かいミスがなかなかなくならないのが B チームの限界でしょうか。しかしレースではガスリーの RB15 と遜色ないペースを刻むなど、新車 STR14 のポテンシャル自体は高そうに見えます。

ホンダ勢について総括すると、ここまで 2 レース戦って完走率 100% かつ 4 人のドライバー全員が既にポイントを獲得済みという、第四期 F1 としては最高の滑り出し。とにかく PU に信頼性と十分な速さがあることは判ったわけで、ポジティブな状況と言えます。とはいえレッドブルがこのバーレーンで「なんで遅いのかよく分からない」みたいな状況だったことが気になります。やっぱり開幕直前にフロントウィングのコンセプトを変更した部分がまだ煮詰め切れていないんですかね...。

レッドブルの後ろを見るとリタイヤしていなければルノーが続いていただろうし、マクラーレンも二台揃って Q3 進出→決勝では新人ランド・ノリスが入賞してて今年は侮れない速さがありそう。他のチームも含め中団はずっと DRS トレインが発生しているような状況で、僅差の争いになっています。その渦中にいるトロロッソはもちろんのこと、レッドブルもうかうかしていられないほど差がない今シーズン。次の中国 GP も今から楽しみです。

投稿者 B : 21:48 | F1 | Season 2019 | コメント (0) | トラックバック

2019/03/17 (Sun.)

F1 オーストラリア GP 2019

本日は待ちに待った F1 2019 年シーズン開幕戦、オーストラリア GP の決勝日。私は例によって青山のホンダ本社ビルで開催されたパブリックビューイングに参加してきました。

Honda ウエルカムプラザ青山|FORMULA 1 2019 ROLEX AUSTRALIAN GRAND PRIX パブリック・ビューイング

F1 オーストラリア GP パブリックビューイング

去年の経験から 10:00 の開館時刻に間に合うように行けばそれなりの席は取れるだろうと高を括っていたら、開館時点で 250 人くらいの行列ができていました(;´Д`)ヾ。去年までとは違い今年はレッドブルとのタッグで結果が期待できる分、応援しようというファンも増えているのかもしれません。これはもしかして一階席は空いてないかも...と思いましたが、なんとか中央付近に一席空いているところを見つけたので、それなりにいい席で観戦できました。

冬季テストでは圧倒的な速さを見せ、今年はフェラーリの年なのでは?とまで言われていましたが、いざ蓋を開けてみれば開幕戦はメルセデスがフリー走行から席巻し、予選もコースレコードを樹立しながらフロントロウ独占。レッドブル・ホンダはガスリーがチームの戦略ミスでまさかの Q1 落ち、いっぽうフェルスタッペンはフェラーリの一台を食って 4 番手スタートと明暗が分かれました。トロロッソのほうはアルボン 13 番手、クビアト 15 番手と期待には及ばなかったものの中団のタイムは拮抗しており、決勝への期待がかかります。

決勝は 2 番手のボッタスが見事なホールショットを決め、ハミルトンを出し抜きます。その後ろはハミルトン-ヴェッテル-フェルスタッペン-ルクレールと続き、レースはそのまま膠着するかと思われました。
が、レースペースに劣るフェラーリはこのままでは状況を打開できないと判断したのか、ヴェッテルのピットインタイミングを予定より早めてハミルトンに対してアンダーカットを仕掛けます。ハミルトンはそれに対抗し、翌周にピットイン。フェラーリのギャンブルは失敗に終わりましたが、レッドブル・ホンダにとってはこれが後半に効いてきます。
フェルスタッペンがスタート時に履いていたソフトタイヤは想定よりもよく保ち、早めにタイヤ交換したハミルトン/ヴェッテルに対して逆にオーバーカットを掛けられるかどうかという位置関係。一方ハミルトンとヴェッテルが交換したミディアムタイヤでは残りの周回を走りきれるか微妙なところ。フェルスタッペンは仮にオーバーカットできなかったとしても中盤以降にコース上でヴェッテルとハミルトンを攻めることができるというまたとない状況を得ました。

去年までのホンダ製 PU ならば ICE のパワーが足りないとか MGU の回生が足りないという理由で追い切れないことも少なくありませんでしたが、今年のホンダ派ひと味違う。もちろんシャシーの良さやフェルスタッペンの技量によるところも大きいでしょうが、フェルスタッペンはまずヴェッテルを追いまくって 31 周目に見事オーバーテイク!今季最速と言われていたフェラーリをレッドブル・ホンダがコース上で抜き去る瞬間には、思わず涙が出ました。
その後フェルスタッペンは引き続きハミルトンに標的を移し、チャンスを虎視眈々と狙うもののハミルトンはなかなか隙を見せません。逆にフェルスタッペンが一瞬ミスをしてコースオフする場面もあったほど。残り 4 周でフェルスタッペンがファステストラップを記録しながらハミルトンを攻め続けたものの、結局決め手がないままチェッカー。ハミルトンはタイヤのグリップに苦労しながらも、なんだかんだで最後まで状況をコントロールしていました。

結局最後まで誰にも脅かされることなく独走したボッタスが今季最初のレースを制しました。去年はチームオーダーもあって未勝利のシーズンを過ごしたボッタスですが、これを機にナンバー 2 に甘んじず攻めていってほしい。最後にリスクを取ってフェルスタッペンからファステストラップを奪ったのも良かったと思います。しかしこのファステストラップ、直前にフェルスタッペンが記録したタイムよりも 1 秒近く速いんですよね...レッドブルが実力でメルセデスを打ち負かすのは簡単なことではなさそうです。

とにもかくにもフェルスタッペンが 3 位表彰台獲得!ホンダにとっては 2008 年以来、第四期 F1 としては初めてのポディウムに上りました。レッドブルと組んだことで今年は何勝かできるチャンスがあるとは思っていたものの、実際に表彰台に上がる姿を見ると嬉しいですね。

F1オーストラリアGP:レッドブル・ホンダ初戦でフェルスタッペン3位表彰台! ボッタスが独走で開幕戦制す|motorsport.com日本版

F1 オーストラリア GP パブリックビューイング

4 位以下はフェラーリの二台にマグヌッセン、ヒュルケンベルグ、ライコネン、ストロール、クビアトの順。三強はともかくとしてその後ろにハース/ルノー/アルファロメオ/レーシングポイント/トロロッソが一台ずつ入っているのが興味深い。マクラーレンも予選で一台 Q3 進出しているし、今季は三強とウィリアムズ以外の 6 チームが本当にダンゴ状態になりそうです。

レッドブル移籍後初レースだったガスリーは残念でした。決勝も無意味(?)にピットストップを引っ張った挙げ句、コースに復帰したのがクビアトの後ろ。その後ほぼずっとテールトゥノーズだったにも関わらず抜きあぐね、そのままポイント圏外でフィニッシュすることになりました。オーバーテイクしづらいサーキットとはいえこの結果はなかなか厳しいモノがあります。ガスリーには今回のレースのことは早く忘れて次のレースへ切り替えていってほしいところ。

冬季テストから最速と言われていたはずのフェラーリが本当に失速したかどうか、は正直まだ判りません。メルセデスのテストでの遅さがブラフだった可能性はなきにしもあらずですが、むしろメルセデスがテスト後の二週間できっちりキャッチアップしてきたことと、おそらく伝統的に公道サーキットで強いメルセデスとそうでもないフェラーリの違いが出ただけという気もします。本来のマシン性能はむしろ次のバーレーンや中国以降で明らかになるのではないでしょうか。

ともあれ、まだ 1 レース観ただけですが今季の F1 は本当に面白そう。三強の実力は昨年以上に伯仲していそうだし、それ以降のチームも含め全体的に差が縮まって結果を予測するのが難しいシーズンです。パワーユニット導入以降で最も面白い一年になりそうな予感。

F1 オーストラリア GP パブリックビューイング

ホンダ ウェルカムプラザ青山では、F1 新シーズンの開幕を記念して歴代のホンダ F1 マシンが並べられていました。展示されていたのはリッチー・ギンサーが駆ったホンダ RA272(1965)、ケケ・ロズベルグの乗ったウィリアムズ・ホンダ FW09(1984)、まだ記憶に新しいジェンソン・バトンのホンダ RA106(2006)、そして昨年のガスリー車トロロッソ・ホンダ STR13(2018)。セナ時代のマクラーレン・ホンダが一台も並んでいないのがちょっと意外でしたが、この並びはそれぞれの参戦期における初優勝車(第四期を除く)で、今シーズンはこの第四期の STR13 に代えて初優勝車としてレッドブル・ホンダ RB15 を置きたいというホンダからの意思表示と受け取りました。今季のレッドブル・ホンダへの注目はもはや「勝てるかどうか」ではなく「いつ勝つか、そして何勝できるか」に移っているような気もします。

F1 オーストラリア GP パブリックビューイング

フェルスタッペンがポディウムに上がったことで、パブリックビューイングはこれまでの中で最も盛り上がりました。次のバーレーンは昨年ガスリーが初入賞、その次の中国は昨年レッドブルが勝っていて、いずれも験の良いサーキットと言えます。サーキットとの相性という意味で言うと遅くともモナコまでには一勝を挙げてほしいところ。応援する身としても今まで以上に力の入るシーズンが始まりました。

投稿者 B : 22:51 | F1 | Season 2019 | コメント (2) | トラックバック

2019/02/28 (Thu.)

レッドブル・ホンダ 2019 チームウェアを購入

F1 の 2019 年シーズンもいよいよあと二週間あまりで開幕ですが、私はそれに先立って今シーズンモデルのチームウェアを購入しました。

PUMA / レッドブルレーシング チームポロシャツ 2019

RedBull Honda

レッドブル・ホンダのチームポロシャツです。お台場のユーロスポーツにて購入。

オフィシャルのチームウェア(インナー系)には T シャツ・ポロシャツ・チームシャツの三種類あって、鈴鹿に着ていくつもりなら迷わずチームシャツを選ぶところですが、今年も鈴鹿には行けなさそう。とはいえエアレースやモトクロスなど F1 以外のモータースポーツイベントにも着ていこうと思っているので、今回は着やすさと動きやすさ重視でポロシャツを選びました。

RedBull Honda

レッドブルのウェアっていつもは濃紺地にスポンサーロゴが並んでいるだけでデザイン的な面白みに欠けるんですが、今年はホンダとのジョイントを意識してかレッド/グレーのラインが入っていてレーシーなイメージになっています。特に襟元のアクセントがイイ感じじゃないですか。去年のトロロッソのチームポロも鮮やかな配色で気に入っていましたが、このレッドブルのはポロシャツそのものの作りが良いこともあって親チームらしい風格を伴っていると思います。

ただ、ホンダ製 PU を搭載しているのにアストンマーチンのロゴのほうが目立っている(二箇所もある!)のは悔しいですね。タイトルスポンサーだから仕方ないとはいえ、来シーズンに向けてはホンダ一本で行けるように結果と影響力を出していってほしいところ。
それにしてもレッドブルは数年前まで日産(インフィニティ)のロゴを掲げて走っていたことを思えば、時代は変わったものです。

RedBull Honda

本当はポロシャツ以外にフーデッドスウェット(スウェットパーカー)も欲しかったんですが、けっこういい値段するのでいったん保留。今は B・A・R ホンダ時代に買ったジップスウェットを十数年着続けているからいい加減買い換えたいんですが、モータースポーツシーズン中は半袖で過ごすことが多いので、結局部屋着として使ってる時間のほうが長いんですよね...。シーズンが始まってレッドブル・ホンダが相応の結果を出し始めたら、お祝いに買おうと思っています(笑。

投稿者 B : 22:22 | F1 | Season 2019 | コメント (0) | トラックバック

2019/02/13 (Wed.)

Red Bull RB15 / Toro Rosso STR14

【F1新車発表】レッドブル・ホンダ1号マシン初披露。これまでとは一線を画すカラーリング|motorsport.com日本版

「レッドブル・ホンダ」としての初めての F1 マシン、RB15 がついに発表されました。第四期ホンダ F1 としては待望の初優勝に期待がかかるマシンだけに、要注目です。

毎年シェイクダウン時にはライバルの解析を妨げるためか(?)ダズル迷彩など手の込んだ特殊塗装を施す傾向のあるレッドブルですが、今回もシェイクダウン限定の衝撃的な黒赤のカラーリングを纏っての登場。まるで隈取りのようなデザインはカッコイイですが、色合い的には 2015-16 年のマクラーレン・ホンダを連想させるのがちょっとアレ(´д`)。それでもこれがあのエイドリアン・ニューウェイが手がけてホンダ製 PU が載った初のマシンと考えると、否が応でも期待が高まってきます。

このカラーリングのせいでディテールが分かりにくいものの、基本的には完成度の高かった RB14 をベースに 2019 年のテクニカルレギュレーションに適合させたマシンであることが判ります。しかし今季は PU 性能重視でリヤ周りの絞り込みは控えめでいくかと思いきや、サイドポッド後端は昨年以上に果敢に絞り込んだ形状になっているのが驚き。ルノー時代と違ってワークス扱いとはいえ、ここまで攻めた設計をしてくるとは。速そうだけど信頼性に一抹の不安が残りますが、「速いけど壊れる」マシンこそニューウェイの真骨頂でもあります(笑

ま、ローンチ仕様はあくまで今後の開発ベースに過ぎず、開幕戦までの間にディテールは大きく変わるはずですが、少なくとも期待は持てそうです。
ただホンダワークスになったにも関わらずタイトルスポンサーがアストンマーチンで、ホンダロゴよりもアストンロゴのほうが大きいのがなんか残念(´д`)。

本家レッドブルに先行してトロロッソ・ホンダ STR14 も発表されていました。

こちらはまた去年とはずいぶん変わって、かなりレッドブル寄りのデザインになりました。パワーユニットが共通化されることでギヤボックスやサスペンション等もレッドブルからの供給を受けることになり、基本的な設計思想が似通ってしまうのは当然ではありますが、リヤエンドの絞り込みからサイドポッドのインテーク形状、周辺のエアロガジェットに至るまでレッドブルの影響を受けていて、これはライバルチームからの批判を間違いなく受けるだろうなあ...と予想されるデザイン。まあ去年のハースが合法だったんだからこれくらいアリ、というところでしょうか。
フロントノーズとエンジンカウルに刻まれたホンダロゴの存在感からいって、レッドブルよりもトロロッソのほうがワークスチームっぽさがあるのが何とも言えない(笑。

これらのマシンが本当に速いかどうかは来週から始まるバルセロナテストで傾向が掴めることでしょう。
レッドブル/トロロッソ以外にもメルセデスやルノーも 2019 年仕様のマシンを発表していて、いよいよ開幕が近づいてきた感があります。

投稿者 B : 22:59 | F1 | Season 2019 | コメント (0) | トラックバック

2019/02/03 (Sun.)

Toro Rosso STR13 Racecar

Toro Rosso STR13 Racecar

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

昨年の日本 GP パブリックビューイング以来、久しぶりにホンダウェルカムプラザ青山に行ってきました。昨年一年の戦いを終えたスクーデリア・トロロッソ STR13 ホンダのピエール・ガスリー車が展示されているということで。

Honda ウエルカムプラザ青山|Red Bull Toro Rosso Honda 「STR13」+パワーユニット「RA618H」展示

トロロッソのマシンは昨年の開幕戦の際に STR13 Prototype という名のショーカーを見たことはありますが、レース仕様の実車は今回が初めて。ずっとテレビ画面を通じて応援してきたマシンがこの目で見られるとあっては行かざるを得ません。

Toro Rosso STR13 Racecar

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

近年はどのチームも単色でスポンサーロゴの数も限られているチームが増えてきた中、この鮮やかなメタリックブルー×メタリックレッドのマシンはサーキットでかなり映えますね。個人的には本家レッドブルのカラーリングよりも良いと思えるくらい気に入ってしまいました。まあ 2019 年にレッドブル・ホンダが本当に速かったらあっさり意見を変えるかもしれませんが(笑

Toro Rosso STR13 Racecar

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

ステアリングが装着されたままのコクピット。周辺に目をやるとハロやバックミラーのステーに至るまで無数の空力付加物がつけられていて、かなり細かな部分までエアロ開発が進められていたことが分かります。ただチーム的にはセットアップをまとめきれないレースが多かったのは残念なところ。

Toro Rosso STR13 Racecar

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

2019 年はテクニカルレギュレーションが変更になりエアロ開発に大きな制限が加えられますが、2018 年で見納めになってしまったものの一つがこのフロントウィング。複雑な形状と多段フラップ化によって実質的なディフューザーと化し、またフロントタイヤにできるだけ空気を当てないような整流が行われているのがこのフロントウィングですが、2019 年には横幅が広げられる一方でエレメントの枚数に規定が入りカスケードウィングや翼端板外側のフラップも禁止されることで、見た目が大きく変わってしまう部分です。

Toro Rosso STR13 Racecar

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

2017~2018 年にかけて熾烈な開発競争が行われたバージボード~サイドポッドエントリー部分。2017 年使用の Prototype に比べるとかなり複雑な形状になっていて、試行錯誤の跡が見られます。

Toro Rosso STR13 Racecar

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

フロアも単なる一枚板ではなくて、地味だけど細かい空力上の工夫が見て取れます。フロアのエッジに S 字型のフェンスのようなものがいくつも立っているのは、このフロア正面から下面端に空気を流すことでフロア下面に空気のカーテンを作り、フロントからマシン下を流れてくる空気がサイドに抜けずにディフューザーに流れていくようにという発想でしょうか。

Toro Rosso STR13 Racecar

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

リヤウィングは 2019 年仕様は幅・高さともに変更されて大型化するので、この形状も今回が見納め。
翼単板上部のスリットも確か禁止されるはずなので、見た目はガラッと変わりそうです。

F1 では以前に比べればリヤウィングの重要性は相対的に下がっていますが、それでも DRS の有無でトップスピードが大きく変わるくらいのダウンフォースとドラッグを発生させているデバイスであることには変わらないので、この部分の開発競争にも注目です。

Toro Rosso STR13 Racecar

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

近年の F1 は一頃に比べてディフューザーが大型化しているので、バックからの眺めが格好いいんですよね。

翼単板の裏側には ORGANICS by Red Bull シリーズのうち日本未発売のトニックウォーターのカラーリングが施されています(表面はシンプリーコーラ)。

Honda RA618H

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

STR13 の隣には、2018 年仕様のパワーユニット「RA618H」も展示されていました。
基本的にはマクラーレン時代の RA617H の発展型だから基本的な構造は似ていますが、18 年型のほうが少しだけ大ぶりに見えます。小型化よりもパフォーマンスと信頼性を重視した結果でしょうか。

Toro Rosso STR13 Racecar

[ Sony α7 III | Carl Zeiss Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS ]

年間を通じて何度かポテンシャルを感じさせるレースはあったものの、なかなか結果に結びつかなかった STR13。2019 年はレッドブルとの 2 チーム体制になり、間違いなく開発は加速するはず。2018 年最終戦まで引きずった信頼性の問題は 2019 年序盤も尾を引きそうな気配は感じつつも、久しぶりにホンダ製 PU がレースで勝てる可能性が感じられる年でもあります。トロロッソのほうは今年は多数のパーツをレッドブルと共有することでレースよりも開発に専念する年になるのかもしれませんが、PU 以外にもレッドブルと共有できるデータが増えることで去年よりはいいレースができる可能性だってあります。レッドブルにはもちろんがんばってほしいけど、トロロッソも変わらず今年も応援しようと思います。

ちなみにこのレースカーの展示はいったん 2/7(木)まで、その後一週間あまりのお休みを挟んで再び 2/16(土)~28(木)まで行われるとのこと。けっこう長期間にわたって展示されるようなので、ファンの方は是非。

投稿者 B : 23:13 | F1 | Photograph | Vario-Tessar FE 24-70/F4 ZA OSS | α7 III | コメント (0) | トラックバック

2019/01/20 (Sun.)

F1 シンガポール市街地コースを歩く

シンガポール市街地コース

先日のシンガポール出張はスケジュールがみっちり詰まっていて観光も食事もシンガポールらしさを味わう余裕がほとんどなかったのですが、最終日にほんの三時間ほど空きができたので一番やりたかったことだけやって帰ろう!と思ってここに行ってきました。

ちなみに今回の写真は全て RX100 III にて撮影。出張なのでさすがにレンズ交換式カメラは持って行きませんでした。

シンガポール市街地コース

F1 シンガポールグランプリのサーキットです。
シンガポールでのレースは常設サーキットではなく市街地コースで行われますが、メインストレートとピット施設だけは専用設備として常設されています。

調べてみたところグランプリ期間外はこのメインストレート含め自由に入って良いらしいのですが、今回は何かのイベントの設営をやっていて中には入れず。一カ所だけ入れそうなところがあったものの、係員の人に NG と言われてしまいました。残念。

シンガポール市街地コース

サーキット内には入れないので海沿いの遊歩道的なところから覗き込むのが精一杯ですが、グランドスタンドの隙間からピットが見えるとちょっと興奮します。
ビルには全くグランプリ期間ではないにも関わらず F1 の新ロゴや「FORMULA 1 NIGHT RACING」の看板が掲げられていて、この施設が事実上 F1 専用であることが窺えます。

シンガポール市街地コース

立入禁止区間の終わり。ターン 3 からターン 2 方向に向かって撮ったカットです。去年も 20 台の F1 マシンが乗り越えていったであろう縁石が見えます。

シンガポール市街地コース

ターン 3 を抜けた後はもう一般道。歩道が沿っていてここは普通に歩くことができます。
中央分離帯代わりに縁石が敷かれていますが、これがグランプリ期間中は取り払われて道幅が広がり、代わりに道沿いにウォールが設置されるということでしょう。

この公道コース付近は立体交差がたくさんあって、レーシングスピードでここを走ると迫力がありそうだな...と感じます。

シンガポール市街地コース

ターン 5。丁字路になっている右側の道を抜けてバックストレートへと突入していきます。

シンガポール市街地コース

ちなみにここ、海沿いなだけあってダックツアー(水陸両用バスで巡るバスツアー)の車両が頻繁に走っています。乗客がみんなすごく楽しそうで羨ましい。私も今度来る機会があったら一度乗ってみようと思いました。

シンガポール市街地コース

リッツ・カールトンやパンパシフィックといった高級リゾートホテルを脇目にバックストレートを抜けていきます。
なおこの通りは F1 の進行方向とは逆向きの一方通行らしく、仮にレンタカーで仮想シンガポール GP を走ってみたくてもそれはできません(笑。

シンガポール市街地コース

いくつもの立体交差をくぐり抜けたこのあたりで高速セクションのセクター 1 が終了し、直角コーナーが連なるセクター 2 へと入っていきます。

シンガポール市街地コース

特徴的なデザインの JW マリオットホテルがある交差点がターン 7、ここを左折していきます。
ちなみにここをこのまま直進していくと、カクテル「シンガポール・スリング」発祥の店として有名になったラッフルズホテルが右手に見えてきます。

シンガポール市街地コース

ターン 7 を曲がってすぐ次の交差点がターン 8。かなり大きな交差点で(これだけの市街地で片側四車線というのは東京ではちょっと考えにくい)、歩行者はこの交差点を歩いて渡ることはできません。

シンガポール市街地コース

というわけで、併設されている地下道を通って交差点の反対側へと出ることになります。

シンガポール市街地コース

交差点の次がすぐにターン 9。ここにある高層ビルはスイソテル・ザ・スタンフォードホテルです。
こうして歩いてみると、この公道コースはシンガポール沿岸の名所をなぞるようなレイアウトになっていて、観光産業への効果をよく考慮されていることが分かります。

シンガポール市街地コース

ターン 9 の後は少し距離のあるストレート。左手が運動公園になっていて見通しが良く、対岸の高層ビル群が見えてきます。この風景はなかなか面白く、F1 ドライバーたちもきっと楽しいに違いない。

シンガポール市街地コース

ナショナル・ギャラリー・シンガポールの豪華な建物の前がターン 10。
ここを過ぎると、ビジュアル的な意味でのシンガポール GP のハイライトと言える領域に入っていきます。

シンガポール市街地コース

シンガポール GP では F1 マシンは二つの橋を渡るのですが、一つめがこのアンダーソン・ブリッジ。百年以上前に作られた歴史ある橋ですが、古いだけあって道幅が狭い!ここを F1 が走り抜けていくというのだから実際に目にするとちょっと驚きます。

シンガポール市街地コース

二つめの橋はより大きなエスプラナード・ブリッジ。ここはあの有名なマリーナベイ・サンズホテルや観覧車などを一望できる、シンガポール随一の景勝です。

そしてこの橋のふもとにあるのが、

シンガポール市街地コース

シンガポールの代名詞でもあるマーライオン。さすが有名な観光地だけあってかなりの混雑でした。
一方で「世界三大がっかり」と言われる観光スポットなのであまり期待しないで見に行ったら、案外悪くないじゃないですか(笑。そういえば『よりもい』のシンガポール回でも「思ったよりがっかりしない」と言われていましたが、その後調べてみたところこのマーライオンは 2002 年に現在の場所に移設され、ポンプも改修されて水が常時出るようになったため、以前に比べればがっかりしなくなったのだとか。

シンガポール市街地コース

というわけでマーライオンの後はエスプラナード・ブリッジを進んでいきます。
この橋の途中でセクター 2 から 3 に切り替わり、ラップは終盤へと突入します。

シンガポール市街地コース

橋を下りきったところで再び大きな交差点。先ほどのターン 8 と同じ交差点に反対側から侵入していくのがこのターン 14 です。

シンガポール市街地コース

高速コーナーであるターン 15 の後は 90° コーナーを細かく繋いだいかにもストリートサーキットらしい区間に入ります。

が、

シンガポール市街地コース

この区間も立入禁止(;´Д`)。
どうもここで設営しているイベントというのは二月の春節(中華圏の旧正月)に向けたもののようですね。

なおこの先の区間が 2008 年にルノーのネルソン・ピケ Jr. がクラッシュを起こした、いわゆる「クラッシュゲート事件」の現場だったりします。見たかったなあ...。

シンガポール市街地コース

気を取り直して来た道を戻り、90° ターン区間をショートカットした先がターン 20。
ここから先は公道区間から再び専用サーキット区間に入っていきます。

シンガポール市街地コース

というわけで、道沿いには縁石と DHL のスポンサーロゴの痕跡が残っています。
公道区間は意識しなければ F1 が走っている道とは気付かないくらいですが、こういうのを見るとサーキットに来た実感が湧いてきますね。

シンガポール市街地コース

そしてターン 22~23 の最終コーナーを立ち上がってゴール。

自分の足でスタート/ゴールラインが踏めないのは残念ですが、シンガポール市街地コースを実質的に一周できたので満足です。
なおシンガポール市街地コースは一周約 5km で、私の足なら普通に歩いて 60~70 分というところが、写真を撮りながらかつスーツケースを引きずりながらだったので(汗)まるまる二時間近く歩きました。30℃ 近い気温の中を二時間歩くと汗だく、ヘトヘトになりますね(;´Д`)。

シンガポール市街地コース

私は今まで鈴鹿や富士ですらサーキットウォークをしたことがないので、初めて F1 用のコースを自分の足で歩けて満足しました。
今度シンガポールに来る機会がいつあるか分かりませんが、年に 1~2 回は出張で来ることがありそうなので、グランプリウィークにかかる時期に出張が入るといいなあ(笑。

投稿者 B : 21:59 | F1 | Photograph | Sony RX | コメント (2) | トラックバック

2018/11/27 (Tue.)

F1 アブダビ GP 2018

F1アブダビGP:波乱続出のレースを完全制圧。ハミルトンが完勝で11勝目|motorsport.com日本版

2018 年の F1 最終戦は今季を象徴するようなレースでした。

前戦ブラジルでは棚ボタで勝ったものの、アメリカ GP 以来いまいちパッとしないレースが続いていたハミルトンでしたが、アブダビではほぼ非の打ち所のないレース運びで完勝。唯一勝利を脅かされたのはタイヤ戦略の異なるリカルドのステイアウト中に雨が来るかどうかというギャンブルでしたが、天気はハミルトンに味方し、結局ポールポジションからレースをコントロールしきってトップチェッカー。フェラーリも悪くはなかったけど対抗できるほどの速さはなく、レッドブルの追い上げも届かず。中団以下の展開も含め、まるで今シーズンの縮図を見ているかのようなレースであり、そういう意味では順当なリザルトだったのではないでしょうか。

個人的にはハミルトンがロシア GP での「借り」をこの最終戦で返すのでは...と予想していましたが、序盤こそ 1-2 体勢だったものの中盤以降あれよという間にヴェッテル/フェルスタッペン/リカルドにオーバーテイクを許して 5 番手。さすがにこの位置ではハミルトンに譲られるべきポジションもなく、表彰台にすら上がれないまま最終戦を終えました。今季のボッタスはハミルトンと同じマシンに乗っているとは思えないほどの差があり、フェラーリやレッドブルを抑えきれないシーンも多かった。結果だけ見れば今季はセカンドドライバーとして必要十分な働きをしたと言えますが、来季はエステバン・オコンがメルセデスのリザーブドライバーに就くというし、うかうかしていられないんじゃないですかね。せめて 1 勝は挙げてほしかったなあ...。

終盤戦に良い流れを作ってきたレッドブルは今回も 3-4 位フィニッシュ。特にリカルドは優勝(ともう少しで優勝だったレース)を含む 5 連続表彰台という非常に良い形でシーズンを締めくくりました。序盤、前戦の意趣返しとばかりにオコンにやり返す場面もあり、チャンピオンを狙うのならああいうのがアキレス腱になるんだよなあ...とは思いますが、レースの組み立てに安定感が出てきました。来シーズン、本当に期待していいんでしょうか。

トロロッソはまさかの二台揃っての予選 Q1 落ち。それでもレースではガスリーがスタートに成功し、終盤まで入賞圏内を走っていたにも関わらず、最後の最後で PU にトラブルが発生してリタイア。ハートレーは彼らしい粘りの走りで入賞まであと一歩というところまで来たものの、届かず。浮き沈みが激しく、しかもあと一歩届かない...というこれまた今季を象徴するかのような内容だったと言えます。それでも一年前にホンダが置かれた状況を考えれば大きく前進した一年だったし、明るい兆しを感じつつシーズンを終えられたのは良かったのではないでしょうか。

全 21 戦という長かった 2018 年シーズンもこれにて終了。今年はアロンソの実質的な F1 引退やライコネンのザウバー移籍を含め、ドライバーマーケットには大きな動きがあります。最終的に 6 人のドライバーがレギュラーシートを失う形になれば、一方で新しくシートを得るドライバーもいるわけです。

ロバート・クビサ、ウイリアムズからF1復帰! 2010年最終戦以来の参戦へ
トロロッソ・ホンダF1、アレクサンダー・アルボンの起用を正式発表。クビアトのチームメイトに|motorsport.com日本版

ウィリアムズの残り 1 席はクビサの 9 年ぶりの復帰、トロロッソは噂されていたアルボンがフォーミュラ E を蹴って F1 のシートを獲得しました。これで事実上来季の全てのシートが埋まったことになります。個人的にはブレンドン・ハートレーがトロロッソに残留できなかったのはとても残念ですが、来年もインディなり WEC なりで活躍してくれることを願っています。ホンダの田辺さんのコメントに「またいつでもHondaに日本食を食べに来てください」とあるのが、ハートレーとホンダの関係を物語っているようで微笑ましい。今後もホンダ関連のシートに座ってくれると嬉しいんですが。

グランプリの終わったアブダビでは、早速オフシーズンテストが開始され、既にライコネンがザウバーのマシンで走っているとのこと。2019 年シーズンはもう始まっています。

投稿者 B : 21:49 | F1 | Season 2018 | コメント (0) | トラックバック