b's mono-log

2010/05/17 (Mon.)

F1 モナコ GP 2010

モナコGP決勝:ウェーバー2戦連続優勝!レッドブル1-2フィニッシュ (GPUpdate.net)

伝統のモナコはスペインに続いてウェバーがポールトゥフィニッシュで完全勝利。同僚ヴェッテルすら寄せ付けない独走ぶりで、もしかして今季最速はヴェッテルじゃなくてウェバーでは・・・と思わされたレースでした。

24 台中完走 12 台(完走扱いは 15 台)という一見「荒れたレース」ですが、実際にリタイアしたのは新規参戦チームの 6 台+ウィリアムズ×2+ザウバー×2+ペトロフ+バトンという、バトン以外はほぼマシンかドライバーに不安があるチームということで、さほどサバイバルな印象もなく。また、アロンソがフリー走行でのクラッシュで予選出走できなかったことにより最後尾からのスタートになりましたが、下位チームとのスピード差があまりに大きすぎて「抜けないモナコで最後尾からオーバーテイクショーを見せる醍醐味」はあまりなく、どちらかというとピット戦略(SC 中にタイヤ交換義務を済ませてしまい、前方にマシンがいない状況でタイムを上げていく)で上位を狙っていく戦い方を見るのが面白かったことは事実です。この事実上「異なるクラスのマシンが同じサーキット上を走っている」というスーパー GT のような状況はあまり良くないよなあ・・・。

さておき、戦闘力の明らかに劣るマシンでフロントロウ獲得→表彰台フィニッシュを決めたクビサの奮闘ぶりには確かにドライバーズサーキットたるモナコの醍醐味を見せてもらいましたが、それ以外はスタート直後にレッドブルが 1-2 体勢を築いてからは、非常に単調なレースになってしまいました。レッドブルはヴェッテルが勝つレースよりもウェバーが勝つレースのほうが何故か単調ですよね・・・。

ドライバーズランキングはウェバーとヴェッテルが同ポイントで並び(勝利数でウェバーが首位)、レッドブルが今後チャンピオンシップを支配していこうかという構図が見えてきました。各チームが大きなアップデートを施したヨーロッパラウンドでレッドブルが 2 連勝を果たしたということは、いよいよマシンポテンシャルの差が決定的になってきたということかもしれません。もし 2 週間後のトルコ(ここもまたマシン性能の差が戦力の決定的差になる)でまたレッドブルが完勝するようなことがあれば、もうこれで今シーズンの趨勢は決まってしまうかもしれません。

投稿者 B : 01:00 | F1 | Season 2010 | コメント (0) | トラックバック

2010/05/09 (Sun.)

F1 スペイン GP 2010

今回も執筆時点で地上波放送前なので、ネタバレ防止策入れておきます。












スペインGP決勝:ウェーバー今季初優勝!2位アロンソ、3位ヴェッテル (GPUpdate.net)

カタロニアサーキットは雨になることが少なく、また PP を獲ったドライバーが優勝する確率が最も高いサーキット。ここ 3 戦は波乱が続きましたが、今回は開幕戦同様に「静かなレース」になりそうだなあ、と予想したところ、半分はその通りになりました。今季初めてポールシッターがそのままチェッカーを受けたという意味では、開幕戦バーレーン以上に波乱の少ないレースだったと言えるかもしれません。

が、一方で 2 位走行中だったハミルトンが残り 2 周でタイヤ(ホイール?)トラブルでコースオフ→リタイア、ヴェッテルも終盤にブレーキトラブルでスローダウン(したものの、何とか表彰台をキープ)、他にもバックマーカーの処理に絡んでアクシデントが続出するなど(これは個人的にはあまり歓迎すべきトラブルではないと思いますが)、2 位以下にはいろいろと見どころの多いレースでした。でも、こういう安定したコンディションだとバトンはやっぱり弱いなあ。シューマッハを結局最後まで抜きあぐねましたが、ハミルトンならどこかで一発ズバッ!と決めていただろうと思うと、その決定力の違いがチャンピオンシップに影響を与えそうな気がします。

次はもう来週、伝統のモナコ GP。ここはダウンフォースが強いクルマが速く、またドライバーの力量がハッキリ出てくるサーキットなので、相変わらずレッドブル・デュオが猛威をふるいそうな気配ですが、そこにフェラーリ/マクラーレン/メルセデスがどこまで絡めるか。あとこういうサーキットではクビサあたりがすごく良い仕事をしそうなので、そういった点も楽しみです。

投稿者 B : 23:47 | F1 | Season 2010 | コメント (0) | トラックバック

2010/04/18 (Sun.)

F1 中国 GP 2010

これ書いてる時点で地上波放送前なので、念のためネタバレ防止策入れておきます。












中国GP決勝:バトン今季2勝目!マクラーレン1-2フィニッシュ (GPUpdate.net)

3 戦連続で雨がらみとなったグランプリ。開幕 4 戦でバトンが 2 勝するなんて誰が予想していたでしょうか?少なくとも私は全然思っていませんでした(ぉ。オーストラリアでの勝利の後で私はバトンのことを見直したつもりでいましたが、正直まだ侮ってた(笑。

昨シーズン序盤の圧倒的にマシンパフォーマンスで有利な状況から先行逃げ切りを図る勝ち方と異なり、今年の 2 勝は天候を読み切っての作戦勝ち。オーストラリアでは真っ先にタイヤを換え、中国では雨が降ってもコース上にステイするという状況判断の勝利です。完全ドライで純粋な速さでの勝負となると僚友ハミルトンに後れを取る局面も少なくないですが、ウェットコンディションでの丁寧なドライビング(そういえば、ホンダ時代の初優勝のときもこんな勝ち方だった)なら、雨に強いドライバーが揃った現代の F1 の中でも右に出る者はいないかもしれません。もしかしたら今後はこういった「策士」的な勝ちっぷりが、バトンの持ち味となってくるのかも。

レースのほうも序盤から終盤まで微妙に勢いを変えながら降り続いたせいで、ほとんどタイヤを換えない派・ちょいちょい換える派が入り乱れて順位の変動が激しく、面白いレースになりました。ほとんど換えなかったバトンと頻繁に換えたハミルトンが 1-2 というのも、一概に「どっちが良い」と言えない微妙なコンディションであったことを裏付けています。また、晴れでも雨でも圧倒的な速さを持つと思われていたレッドブルが、タイヤに厳しいマシン特性ゆえにインターミディエイトタイヤのヘタりが早く、いつものスピードを出し切れなかったのも興味深いところ。
しかしほとんどピットストップのない(多くのレースでタイヤ交換義務の 1 回、サーキットとタイヤの相性によっては 2 回程度)今年のレギュレーションで、雨がらみでピット戦略がリザルトに大きな影響を及ぼすレースほど面白い、という状況もちょっと皮肉ですね。まあ、完全ドライなグランプリ自体、まだ開幕戦バーレーンでしか観てないわけで、もしかしたらドライでも面白いレースはあるかもしれませんが。やっぱりもうリバースグr(ry

あとどうしても残念なのはミハエルの現状ではないでしょうか。もちろん、3 年のブランク・40 代という年齢からくる衰え・引退前とは異なるレギュレーション・上位チームの戦力が拮抗した状況・若手の台頭・昨年(BGP001)ほど速くないメルセデス GP のマシンなど、いかにミハエルといえど簡単に勝てる環境ではないのも事実ですが、2005 年の鈴鹿のように若手にどんどんパスされていくミハエルを観るのもちょっと辛いものがあります。いっぽうでチームメイトのロズベルグは毎回それなりの成績を収めてもいますし・・・。やはり、一度引退したチャンピオンが復帰してもダメというジンクスは、いかにミハエルであっても覆せないのか。ま、復帰して簡単にチャンピオン獲られたら、他の現役ドライバーの実力がどうなのという話にもなるわけですが。

次は 3 週間後、ヨーロッパラウンドの幕開けとなるスペイン GP。各チームのマシンアップデートもあることでしょうし、また勢力図が書き換わるか。今のところメルセデスは絶対的な速さに、フェラーリとレッドブルは信頼性に難ありなので、意外とマクラーレンが安定してポイントを稼いできていますが、そのあたりがどう変わってくるか楽しみです。

投稿者 B : 23:50 | F1 | Season 2010 | コメント (2) | トラックバック

2010/04/05 (Mon.)

F1 マレーシア GP 2010

マレーシアGP決勝:ヴェッテルが今季初優勝!ウェーバー2位 (GPUpdate.net)

早くも 3 戦目を迎えた 2010 年の F1 グランプリ、マレーシア GP はレッドブルが今季初の 1-2 で完勝。ここまで他チームから頭一つ抜けた速さを見せておきながら、信頼性の欠如で勝てるレースを落としてきたレッドブルがようやくその本領を発揮しました。

とだけ書くとワンサイドゲームで面白くないレースだったような印象ですが、実際のレースは面白かった!なんたって予選 Q1 の戦略ミス(予選開始から降っていた雨が上がると読んでいた上位チームの予想とは裏腹に、Q1 は逆に雨がひどくなっていった)でフェラーリの 2 台とマクラーレンのハミルトンが脱落。バトンはタイム的には突破こそしたものの、Q1 終盤でグラベルにはまって Q2 出走できず。結果、フェラーリとマクラーレンが後方からのスタートとなりました。前戦オーストラリアのときに「今年のレギュレーションならリバースグリッドにしたほうが面白い」と書きましたが、果たしてほぼその通りになったような状態に(笑。スタートからゴールまでマクラーレン・フェラーリの怒濤の追い上げと丁々発止のやりあいが見られて、レースとしては本当に面白くなりました。

いっぽうで 1-3 番グリッドからスタートしたレッドブルは何の苦もなく 1-2 フィニッシュで勝利。今回は目立ったトラブルもなく完勝したと言えそうですが、これは同チームにプレッシャーを与えるマクラーレン・フェラーリがともに後方に沈んだため、楽をさせてもらった結果かもしれません。残念ながら今のメルセデス GP は「4 強」にありながら、上位 3 チームを脅かす存在ではなさそうですし・・・逆にフォースインディアとルノーが彼らの背後を狙っている現実。

今季ここまで 3 戦で 3 人の異なるウィナー、異なる勝利チームという、面白い展開になってきました。ここまで混戦模様なのも久しぶりじゃないですかね?まあドライレースだと見る側にとっては面白くないので、次の上海も雨希望で(笑。

投稿者 B : 01:30 | F1 | Season 2010 | コメント (0) | トラックバック

2010/03/29 (Mon.)

F1 オーストラリア GP 2010

オーストラリアGP決勝:バトンが2年連続でアルバートパークを制す! (GPUpdate.net)

珍しくウェットレースとなったオーストラリア GP。オーストラリアで雨というとアルバートパークではなくアデレードを思い出す私です(笑。

アクシデント続出の「荒れたレース」を制したのは、マクラーレン移籍 2 戦目のバトン。開幕まで私はバトンについてマクラーレンに行ってハミルトンと直接比較される状況を作ったら負け、そのままメルセデス GP に残るべきだったと考えていましたが、正直スマンカッタ(ぉ。今回はハミルトンが予選 Q2 でトラフィックに捕まってまともなアタックができず 11 番グリッドに沈んだことの影響もありましたが、それでもレース中盤以降の走りは昨シーズン序盤の圧勝を彷彿とさせる貫禄で、正直去年の夏以来改めてバトンのことを見直してしまいました。もちろん、バーレーンではフェラーリ・レッドブルに一歩及ばなかったマシンパフォーマンスをしっかり向上させてきたチーム力も考慮しなくてはなりませんが。

開幕から圧倒的速さで連続 PP を獲得したヴェッテルはまたしても首位走行中にマシントラブルに見舞われ、グラベルに突っ込んでリタイア。ドライバー+マシンの速さだけなら 24 台中最速とみられるヴェッテルですが、一時期のライコネンっぽいキャラになりつつあります(まあ本人のせいではないですが・・・)。これは、早急に信頼性を確保しなければ、今年もレッドブルにチャンピオンへの挑戦権は与えられないかもしれません。

それにしても開幕戦を観て「今年のレースはつまらなさそうだな・・・」と思った矢先、雨がこれだけレースを面白くしてくれるとは。まあ去年までもドライよりウェットのほうが面白いレースが多かったので、それがウェットレースの醍醐味なのでしょうが、これで分かったのは「マシン性能が拮抗もしくは順位と逆の状況で、ドライバーの技量やチームの戦術が試されるレース」こそ面白いということ。スタート直後のクラッシュで順位を大幅に落としたアロンソとミハエルの鬼神のごときオーバーテイクや、中盤以降のポイント争い(マッサ、アロンソ、ハミルトン、ウェバー、ロズベルグの駆け引き)は本当に見応えがありました。今から給油禁止レギュレーションを覆すのは現実的ではないと思うので、例えば PP ポイント+リバースグリッド方式とかにしたほうがエキサイティングなレースが観られるんじゃないですかね?まあ、競技としてのレースを重視するか、興行としてのレースを重視するか、という F1 の運営スタンスの問題になりますが・・・。

今回のポディウムにはダークホースのルノーが立ちましたが、これはウェットという状況とクビサの技量があってのもので、マシンポテンシャルとしてはまだまだ 4 強との差は大きそう。4 強のほうもまだメルセデス GP の今年のマシンの真価が見えていないのですが、他 3 チームについてはレッドブルが速さでは一歩抜きん出ているけど信頼性が低い、そしてマクラーレンとフェラーリが拮抗しているように見えます。総合的にフェラーリが有利っぽい状況は変わりませんが、次もまだ(4 強のうち)誰が勝ってもおかしくないのは事実なので、次も面白いレースになることを期待しつつ、来週のマレーシアを待ちたいと思います。

投稿者 B : 01:30 | F1 | Season 2010 | コメント (0) | トラックバック

2010/03/15 (Mon.)

F1 バーレーン GP 2010

バーレーンGP決勝:アロンソが優勝、2位マッサ、3位ハミルトン - Formula 1 関連ニュース (GPUpdate.net)

2010 年の F1 がいよいよ開幕。初戦は「4 強」と言われていた中から、ある意味順当にフェラーリのアロンソが優勝。
当面の勢力図としてはほぼ予想されたとおりで「フェラーリ/レッドブル/マクラーレン/メルセデス」の 4 強、「フォースインディア/ウィリアムズ/ルノー/ザウバー」の中団、「トロロッソ/ロータス/ヴァージン/ヒスパニア」の最下位争い、といった分布のようです。

今年はチームもドライバーもガラッと変わって、個人的にどこを応援したいというのがあまりないのですが、これからの F1 を引っ張る期待の星ということと、ライコネンのように「速いけど脆い」(脆いのはドライバーがじゃなくてマシンが)ドライバーに燃えるので、今年はヴェッテル贔屓で行こうかなと。
昨年の王者バトンは・・・まだコースとの相性や季節(路面温度)的なものを見極めないと分かりませんが、やっぱりハミルトンと直接比較される状況を選んだのは失敗だったんじゃないかなー。逆に、今回のレースを観てアロンソ、ハミルトンの二人は「速いし強い」ドライバーだということが改めてよく分かりました。

その他、レースを観ていての雑感など。

  • 国際映像、周回数表示がカウントダウンからカウントアップになったのがとても紛らわしい(;´Д`)ヾ
  • 給油禁止になってピット作業中のタイムロスが短縮されたため、レースが動くタイミングが読みづらくなった
  • フェラーリのピットが映ると、そこにミハエルが座っているような錯覚にとらわれることがある
  • ルノーがかつてのジョーダンに見える
  • HRT(ヒスパニア)がかつてのミナルディに見える
  • ロータスがかつてのジャガーに見える
  • ヴァージンがなんか終了間際の SAF1 に見える
  • メルセデス GP の「シルバー×ブラック×エメラルドグリーン」って配色、激しくカコワルイ
  • そしてそこにミハエルの赤ヘルが合ってなくてさらにカコワルイ(´д`)
  • フェラーリのクルマの配色がミハエル現役時のにそっくり
こんなところかなあ。

ここ数年、開幕戦を制したドライバーがそのままチャンピオンを獲得しているので、マシンの速さとドライバーの強さを考えても今年もそのジンクスが当てはまりそうな気がするのですが、とりあえず現時点でチャンピオン候補と呼べそうなのは 8 人(実質的にはアロンソ、マッサ、ヴェッテル、ハミルトンくらいまでか)。楽しみなシーズンが始まりました。

投稿者 B : 23:59 | F1 | Season 2010 | コメント (0) | トラックバック

2010/03/06 (Sat.)

F1 2010 年のエントリーリストがようやく FIX

2010年 F1ドライバー・ラインナップ (F1-Gate.com)

なかなか決まらなかった今年の F1 のドライバーラインアップがようやく確定。

USF1 は結局今年の参戦を見送り、カンポスはチーム株式を売却して「ヒスパニア・レーシング」として参戦、そしてこの 2 チームのどちらかが参戦できなかった場合の後釜を狙っていたステファン GP(元トヨタ)の参戦は認められず。最終的に 2010 シーズンは 12 チーム 24 台で選手権を争うこととなりました。結局スーパーアグリが参戦していた時代に 1 チーム増えただけなのでそんなに増えた感じはしませんが、コース上のマシンが増えるとそれだけアクシデント発生率も高まるわけで、面白いレースも増えそうかなと。

まだ開幕前で公平な条件下でのテストが行われていない(チームによってはテストすら実施できていない)状況で確度の高い予想を出すことは難しいですが、これまでのテスト内容やチームのポテンシャルから推測するに、今年は「フェラーリ/マクラーレン/メルセデス/レッドブル」の 4 強、「ザウバー/ルノー/ウィリアムズ」の中団、「フォースインディア/トロロッソ/ロータス/ヴァージン/ヒスパニア」の最下位争い、くらいの 3 集団に分かれそうな予感。

投稿者 B : 01:41 | F1 | Season 2010 | コメント (1) | トラックバック

2010/02/18 (Thu.)

佐藤琢磨のインディ参戦が決定

佐藤琢磨、インディカー参戦を発表 (F1-Gate.com)
佐藤琢磨 Q&A:インディカー参戦について (F1-Gate.com)

佐藤琢磨のインディカー参戦が決定。KV レーシングというチームからのフル参戦となります。

SAF1 の撤退以来拾う神に恵まれず、トロロッソ、ロータス(+ルノー)と 2 年連続で最終選考まで残りながらの交渉失敗。トロロッソでは破れたブルデーがシーズン途中で更迭、ルノーに至っては選考で敗れたペトロフが持参金滞納で開幕前にしてその地位が危ういという、琢磨サイドとしては何とも納得しがたい結果ではあるものの、与えられた状況下で最善の選択を(現時点では)したと言えるでしょう。
いちファンとしてはカテゴリこそ違えど久々に琢磨のレースシートが見つかって安堵した反面、北米のレースに行ったドライバーはなかなか F1 には帰ってこれない/帰ってきたとしても F1 で成功したドライバーは稀有(近年だと J. ヴィルヌーヴと J-P. モントーヤくらいか)なので、年齢的なものもあり今後を考えるとちょっと残念ではあります。

応援したいけど中継局は CS の GAORA か。毎月 2 レース、インディだけのために¥1,000 近い出費はちょっと厳しいなあ・・・。

投稿者 B : 23:59 | F1 | Season 2010 | コメント (0) | トラックバック

2010/02/01 (Mon.)

2010 年の新車続々発表

フェラーリ、F10を発表 (F1-Gate.com)
マクラーレン、MP4-25を発表 (F1-Gate.com)
ザウバー、C29を発表 (F1-Gate.com)
ルノー、R30を発表 (F1-Gate.com)

先週末あたりから各チームの 2010 年仕様車が続々発表されています。今年のテクニカルレギュレーションは昨年からの大きな変更点が給油禁止、フロントタイヤのナロー化程度なので、どのチームもパッと見昨年の終盤戦仕様の正常進化。フロントタイヤの変更によるフロントウィング形状の複雑化とハイノーズ化、あとはエンジンカバーの大型ドーサルフィン(シャークフィン)の標準仕様化くらいで、燃料タンクの大型化は見た目にはそれほど大きな影響を与えていないように見えます。
まあ、現時点でのマシンはあくまで発表会仕様で開幕までにはまた大幅なアップデートが施されるでしょうし、シーズンが始まったらグランプリごとに空力付加物も異なるでしょうが、ベースの方向性はだいたい見えました。まあ今年は開幕時点から横一線でダブルディフューザー搭載なので、去年とはまた違った勢力図が見られそうです。

そういえばルノーとザウバーは大口のスポンサーがまだついてなくてカラーリングが寂しいですね。ルノーは去年のタイトルスポンサー ING の離脱で伝統のタイガースカラー(笑)を久々に纏いましたが、今年はこのままタイトルスポンサーなしで行くんでしょうか。

ルノー、ヴィタリー・ペトロフの起用を正式発表 (F1-Gate.com)

マシンの発表とともにルノーのセカンドドライバーも発表に。あぁ、琢磨(´д`)。

投稿者 B : 01:48 | F1 | Season 2010 | コメント (0) | トラックバック

2009/12/23 (Wed.)

ミハエルの F1 復帰が正式決定

メルセデスGP、ミハエル・シューマッハーと正式契約! (AUTOSPORT web)
「サポートしてくれたメルセデスに恩返し」シューマッハー、メルセデスGP入りコメント (AUTOSPORT web)

ミハエル・シューマッハーのメルセデス GP からの F1 復帰が正式発表に。ミハエル本人にしてみれば今年のマッサ代役(未遂)のタイミングからすっかり「ソノ気」だったのだろうと思われますが(もしかすると 2006 年の引退すら本意ではなかった可能性も否定できない)、7 度のワールドチャンピオンが F1 復帰となると、来シーズンは俄然注目も高まろうというものです。
もちろんかつてのチャンピオンが復帰して成功した例はさして多くないので(ウィリアムズ・ルノー時代のマンセルやプロストはともかく)これが必ずしも成功につながる保証はないものの、ロス・ブラウンとミハエルのコンビならまた何かやってくれるのでは・・・と期待しないわけにはいきません。メルセデス GP とは 3 年契約と言われていることからも、双方の本気度が伺えます。

うーん、やっぱり来年は鈴鹿に行くべきか?今のカレンダー上は、幼稚園の運動会とかぶる可能性 99% なんですが(´д`)。

投稿者 B : 22:14 | F1 | Season 2010 | コメント (0) | トラックバック