b's mono-log

2006/03/20 (Mon.)

F1 マレーシア GP 2006

マレーシアGP決勝:ルノーが1-2フィニッシュ達成!! (F1Racing.jp)
スーパー アグリ 佐藤 琢磨が大健闘のパフォーマンス (F1Racing.jp)

ルノーが完璧なレース戦略で 1-2 フィニッシュ。バトンも健闘したものの今一歩及ばず、周回遅れのマシンやピットイン前でペースが落ちたモントーヤに引っかかったこともあり、結果的に 3 位でフィニッシュ。一発の速さ、ロングランのペースともにルノーに遜色ないレベルではあるものの、やはりレース全体を見渡す戦術や二転三転する状況への対応力、すなわちチームとしての総合力の差がこの差に結びついているのではないでしょうか。

しかし今回のレースで白眉だったのは、佐藤琢磨のパフォーマンス。好スタートを切って良いポジションを確保した後も、戦闘力で明らかに劣るマシンでミッドランドや V10 のトロロッソを抑え込むシーンが印象的でした。自身を周回遅れにする上位のマシンに道を譲りながら後続を抑えるテクニックや、(去年までならば無謀と批判されただろう)タイヤを半分ロックさせながらの果敢なアタックで一旦は抜かれた V. リウッツィをオーバーテイクしたシーンでは、思わず鳥肌が立ったほどでした。
2 戦連続完走ができれば十分、「レース」は望むべくもない、という予想を見事に裏切り、まさか 2 戦目から他車とのバトルで楽しませてくれるとは・・・これでチームのモチベーションをさらに上げ、マシンパフォーマンスの向上に繋がってくれれば、という、期待を持たせてくれるいい「レース」でした。

投稿者 B : 14:05 | F1 | Season 2006 | コメント (0) | トラックバック

2006/03/13 (Mon.)

F1 バーレーン GP 2006

バーレーンGP決勝:アロンソが開幕戦を勝利!! (F1Racing.jp)

開幕戦は昨年の王者・アロンソが勝利。
・・・というところだけ取り上げると面白くも何ともないんですが、PP シューマッハーがピット戦略を含め最後まで熾烈なトップ争いを演じて見せたこと、ホンダが序盤のバトン-バリチェロのチームメイト対決やバトンがモントーヤに対して見事なオーバーテイクを決めたこと、新人ロズベルグがクルサード、クリエンを次々に抜いて(さらにはファステストラップをも記録して)素晴らしい結果を残したこと、など見所の多いレースでした。ロズベルグは今年中に表彰台取れるんじゃないかなあ。

レース中のタイヤ交換とそれに伴うピット戦略も、昨年の給油のみのピットストップと違ってやっぱり見応えがありますね。1 回目のピットストップでマッサの右リヤが外れなかったのも、ある意味タイヤ交換の醍醐味なわけで。

アロンソ-シューマッハー-ライコネン-バトンというリザルトは、ある意味今年を象徴するトップ 4 になったんじゃないでしょうか。意外にもライコネンが(決勝では)ノントラブルで気付けば 3 位にいるという、昨年のフラッシュバックを見ているような光景は、果たして今年も続くのか。また、スタートに失敗しなければバトンはもう少し上(少なくとも表彰台)に行けたのでは。
SAF1 はピット作業がかなりたどたどしく、琢磨は結局 6 回もピットインすることになってしまったけど、とりあえず 4 ラップ遅れで完走できただけでも御の字でしょう。最後尾でも良いので、新車ができあがるヨーロッパラウンドまでは完走を続けてほしいところ。

投稿者 B : 13:55 | F1 | Season 2006 | コメント (0) | トラックバック

2006/03/12 (Sun.)

2006 F1 開幕

シューマッハ、復活のポール獲得! (F1-Live.com)

待ちに待った 2006 年シーズンが開幕。SAF1 も無事ピットを並べることができて一安心でしょうか。ホンダの新車 RA106 も、雑誌などの写真で見るよりも「アイボリーホワイト」のカラーが B・A・R 時代の印象とは違った旧「オールホンダ」時代のそれを彷彿とさせるものになっていました。

予選は予想外の展開で、ライコネンがいきなりマシン後部を大破させて第 1 セッションから脱落、最後尾スタートに。それを除くワースト 2 が SAF1 になるところまではほぼ予想通りではあったものの、R. シューマッハーが第 1 セッションを突破できなかったり、何よりフェラーリがフロントロウ独占まではほとんど誰も予想できなかったのでは。
個人的には、セナの持つ歴代 PP 獲得数トップに並ばれてしまったのが悔しかったですが・・・。

この新予選方式、アクシデントひとつで流れが大きく変わってしまったり、どんどんトップタイムが更新されていくショー的要素はエキサイティングですが、逆に画面に映っていないところでの動きが把握しづらく、今誰が何位にいるか判らないのはちょっと難しいかも。

ともかく、ルノー・ホンダ・フェラーリ・マクラーレンの四強時代となりそうな 2006 年シーズンのシグナルが、いよいよオールブラックとなりました。

投稿者 B : 12:40 | F1 | Season 2006 | コメント (0) | トラックバック

2006/02/22 (Wed.)

SAF1 がテスト開始

スーパー アグリ バルセロナでのテストを開始 (F1Racing.jp)
佐藤 琢磨 ここにいることが信じられないこと (F1Racing.jp)

SAF1 がいよいよバルセロナでのテストを開始。デビューマシン「SA05」も最終デザインではない、ほとんどスポンサーロゴの入っていない状態とはいえ、初お目見えとなっています。
とはいえ、すでに開幕戦バーレーン GP まであと 2 週間あまり。レースで戦える速さはおろか、信頼性の確保すらままならない状況ではありますが、まずは「開幕戦のグリッドに並ぶ」という第一目標の達成まであと少しというところまでこぎつけました。

少なくともミッドランドとまともに競えるくらいのパフォーマンスは見せてほしいところだけど、どうなるか。

投稿者 B : 12:47 | F1 | Season 2006 | コメント (0) | トラックバック

2006/02/15 (Wed.)

佐藤琢磨の SAF1 入りが正式決定

スーパーアグリF1からの参戦が決定! (takuma Sato.com)
SUPER AGURI、ドライバーラインアップを発表! (F1-Live.com)

先日の参戦決定に引き続き、待ちに待ったドライバーラインアップが正式発表されました。
当初から内定していた佐藤琢磨に加え、セカンドドライバーは噂されていた井出有治。SAF1 オリジナルシャシー「SA06」がデビューするヨーロッパラウンドではホンダのサードドライバー・A. デビッドソンがセカンドドライバーの座につくのでは、という情報もあります。個人的には、チームとマシン開発がある程度軌道に乗るまでは、あまり日本人ドライバーにこだわる必要もないかな、とは思います。

デビューマシンである「SA05」のシェイクダウンも済んだようだし、開幕に向けて SAF1 もいよいよカウントダウン、といったころでしょうか。とりあえず、今年も琢磨の走りが見られることが決定して一安心、ですね。

投稿者 B : 22:38 | F1 | Season 2006 | コメント (0) | トラックバック

2006/02/09 (Thu.)

ベルギー GP がキャンセル

ベルギーGP、F1カレンダーから外れる 今季は全18戦へ (NumberWeb)

こないだのグランプリカレンダーに載っていたから安心していたら、やっぱりなくなった(;´Д`)ヾ。

スパはいつも天候が荒れて面白いレースになるから好きだったのに、残念。

投稿者 B : 21:37 | F1 | Season 2006 | コメント (0) | トラックバック

2006/02/07 (Tue.)

2006 GP カレンダー発表

FIA サーキットインフォメーションを発表 (F1Racing.jp)

2006 年の F1 グランプリカレンダーが発表に。

Rd.決勝日グランプリ
13/12バーレーン
23/19マレーシア
34/2オーストラリア
44/23サンマリノ
55/7ヨーロッパ
65/14スペイン
75/28モナコ
86/11イギリス
96/25カナダ
107/2アメリカ
117/16フランス
127/30ドイツ
138/7ハンガリー
148/27トルコ
159/10イタリア
169/17ベルギー
1710/1中国
1810/8日本
1910/22ブラジル


開催が危ぶまれていたベルギー GP も無事開催の模様。当初日本→中国→ブラジルだった最終 3 戦の日程のうち、中国と日本がスワップされて日本 GP が体育の日の三連休になりました。

この日程なら今年も鈴鹿に行けそう。オールホンダ復活初年度だし、AGURI F1 の参戦初年度でもあるし、是非見に行きたいところ。
ただこの週は CEATEC 週なんだよなあ(´д`)。去年も CEATEC 直後に鈴鹿に行って、帰ってきてしばらくダウンしてしまったので、大丈夫かな(;´Д`)ヾ。

投稿者 B : 00:00 | F1 | Season 2006 | コメント (0) | トラックバック

2006/02/03 (Fri.)

2.11 表参道

SUPER AGURI Formula 1

AGURI F1 の公式サイトが仮オープンしてました。

まだほとんど何の情報もないんですが、

「2 月 11 日、表参道。」

の文字が。

どうやら同日の表参道ヒルズオープンに合わせて AGURI F1 のプロモーションが表参道ジャックをやるみたいなんですが、その場で何らかの発表があるのは確実ではないかと。
現状ではエンジン、タイヤと当面のシャシーが決定している程度で、チーム体制やメインスポンサー、そしてドライバー等がほとんど正式には発表されていないため、正式発表が待たれるところです。

時間があったらちょっと見に行ってみようかな。

投稿者 B : 00:44 | F1 | Season 2006 | コメント (0) | トラックバック

2006/01/27 (Fri.)

AGURI F1 の参戦決定!

FIA、SUPER AGURI Formula 1のエントリーを承認 11番目のチームが誕生 (NumberWeb)

長らく待たされていた SUPER AGURI F1 のグランプリ参戦が、ようやく認可。承認は確実視されていたけれど、大変やきもきさせられました。
これで晴れて 3/12 のバーレーンのグリッドに並ぶ権利を得られたわけだけど、琢磨ファンとしては万感の思いがあります。また、当初は 2007 年以降の参戦を目指して地道な準備を進めていた(?)亜久里氏と関係者にとっては、琢磨の B・A・R 離脱を受けて玉突きで決まった(ホンダに動かされた)エントリーだろうから、この数ヶ月の関係者の苦労には想像を絶するものがあったことでしょう。

未発表のドライバーラインアップについては、佐藤琢磨は確定として、あとは日本人ドライバー井出有治が有力視されていますが、当初のアロウズシャシーから AGURI 独自開発のシャシーに切り替わるサンマリノ GP 前後にホンダからデビッドソンが移籍、という噂もあります。
ストーブリーグはまだまだ続きそうですね。一方で、アロンソ移籍をきっかけとした来年のストーブリーグが既に始まっているし・・・。

投稿者 B : 08:54 | F1 | Season 2006 | コメント (0) | トラックバック

2006/01/26 (Thu.)

HONDA RA106 発表

Honda 2006年 F1 参戦マシンRA106を発表 (HondaRacingF1.com)

Honda Racing F1 Team が待望の 2006 年型マシンを発表。マシン名も 1960 年代のオールホンダ時代のネーミングルールを復活させ、「RA106」がデビューしました。

カラーリングは昨年に引き続きタイトルスポンサーが LUCKY STRIKE ということもあり、LUCKY STRIKE カラー(赤+白+黒+茶)。テスト中のコンセプトカーでもあったような、Honda Racing のチームカラーである赤+白かなとも思っていたんですが(それだとトヨタと見分けがつかなくなってしまう)、個人的にも気に入っていた B・A・R カラーが継続されて良かったです。

マシンデザインは 2005 年型を基本的に踏襲しており、フロントからではほとんど違いが分からないくらいだったりもするのですが、V8 化で小型化したリア周りのおかげでサイドポンツーン後部が大きく絞り込まれているのをはじめとして、サイドウィングの形状変更や昨年トレンドとなったチムニーダクトの新設、ルノー方式のルーバーダクト(エラ状の排気口)など、サイド~リアにかけてのデザインが大きく見直されています。

今年はエンジン V8 化やタイヤ交換ルールの復活など、レギュレーションが大幅に変更されるシーズンですが、この RA106 でどこまでいけるのか。ホンダとトヨタはインディでの経験により V8 エンジンの開発においてアドバンテージを持っていると言われていたり、特にトヨタは真っ先に新車を発表して先行開発する方針をとっており、信頼性で先行しているということもありますが、実際のレースではどうなのか。特に 2005 年のトップコンテンダーであるルノー、マクラーレンが V8 の開発で後れを取っているとの情報もあるため、2006 年シーズンは F1 の勢力図が昨年以上に大きく変わる可能性も秘めています。

で、いっぽうの期待される AGURI F1、こちらは間もなく正式承認とも言われていますが、こちらも楽しみなのです。

投稿者 B : 00:49 | F1 | Season 2006 | コメント (0) | トラックバック