b's mono-log

2006/10/23 (Mon.)

F1 ブラジル GP 2006

ブラジルGP決勝;マッサが優勝、アロンソは2連連続でワールドチャンピオンに!! (F1Racing.jp)

2006 年の最終戦は、大波乱の中 F. マッサが母国 GP に勝利。その結果、アロンソとルノーが両チャンピオンシップを制する形に。

予選 Q3 開始直後のフューエルトラブル、決勝でフィジケラに仕掛けた際のパンクチャー、そしてギヤトラブルとおぼしき挙動など、まるで筋書きがあるようにしか思えないほどのトラブルに見舞われたミハエル。それによって彼の 92 回目の勝利はフイになったものの、前戦鈴鹿から 2 戦連続となるコースレコード樹立、そして最後尾からの 4 位入賞(レース中に合計 15 台以上は抜いた)を実現した異次元の速さなど、結果的に見せ場はミハエルのためにあったかのようなレースでした。
スリップに入って BMW をズバッと抜いたストレートやフィジケラの自滅を誘ったプレッシャー、そして圧巻はライコネンとサイドバイサイドで突入した 1 コーナーなど、まさにミハエルの「オーバーテイク・ショー」状態で、むしろ PP でなかったからこそここまで劇的なレースが観られたのだと思います。優勝こそなかったものの、ある意味最後の花道に相応しいレースでした。と同時に、これがこのレース限りで引退するドライバーの走りだとは、とても思えなかったのも事実ですが・・・。

一方で一年目の集大成となった SAF1 は、琢磨が今季最高位となる 10 位フィニッシュ。ポイント圏内にはわずかに届かなかったとはいえ、トップチームに伍するレースペースを見せ、MF1 にとどまらずトロロッソやレッドブルさえも圧倒しての予想を上回るリザルト。一年間応援してきて良かったと思える走りを見せてくれました。
また、14 番グリッドからポディウムフィニッシュを果たし、中盤は(コンサバなセッティングとはいえ)アロンソを脅かす快走を見せたバトンとホンダも、来季に向けては明るい材料と言えるでしょう。

この GP を最後に、ミハエルだけでなくミシュラン、コスワース、JT、BAT といった長年 F1 を支えてきたメーカー/スポンサーともお別れ。来季はドライバーの大規模なシャッフルもあり、勢力図はまた大きく変わりそうですが、個人的な予想としては期待も込めて本命ライコネン/フェラーリ、対抗バトン/ホンダ、大穴コヴァライネン/ルノーでアロンソ/マクラーレンは案外沈んでしまうのでは?と見ているのですが、どうか。また、SAF1 には中団以上で競ってほしいところですが。
まずはまだフィックスしていない来季のレギュレーションと、冬の間の開発競争に注目かな。

...Danke, Michael.

投稿者 B : 23:53 | F1 | Season 2006 | コメント (0) | トラックバック

2006/10/09 (Mon.)

F1 日本 GP 2006 観戦記

2 日間の鈴鹿で 8GB 以上の写真(もちろん RAW+JPEG で撮ってるからですが)を撮ってきたので、せっかくだからその中からいくつかご紹介しつつ、簡単な観戦記としたいと思います。
あ、さすがに容量が大きくなってしまうので、画像はいつもより若干小さめで。

[ Canon EOS 30D / SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO ]

トップチーム(というか私が確認した限りでは、レッドブルファミリーとスパイカー MF1 以外)はちゃんとチーム or スポンサーブースを構えていて、そこにショーカーが飾られていました。ホンダ RA106 やスーパーアグリの SA05(さすがに SA06 はなかった)、フェラーリ 248F1 が見られて感激したのはもちろんのこと、こういうところで見応えがあるのはやっぱりツヤツヤメッキのマクラーレン MP4-21 ですね。ひととおり撮影してきたんですが、ルノーブースだけは満員で行列ができており、撮影できず。

[ Canon EOS 30D / Canon EF70-200mm F4L USM ] ※トリミング有

土曜日の予選後、ゲートに向かう途中のホンダブースで遭遇したバトン&バリチェロのインタビューステージ。ものすごい人でかなり遠くからだったんですが、レンズをねじ込んで撮ってきました。右側の柱が邪魔・・・。
しかしバトンは本当に二枚目ですね。初優勝以後、表情に余裕が出てきたような気がします。

[ Canon EOS 30D / Canon EF70-200mm F4L USM ] ※トリミング有

で、ステージからハケる直前の一コマ。バトンをバッチリフレームに収めたつもりが、瞬間的にバリチェロがモロかぶりorz。この後、バリチェロが観客席にキャップを投げ込んだんですが、打ち合わせてなかったのか、その後バトンも「あれ、俺も投げなきゃダメなの?」みたいな空気になってキャップを投げてました(笑。

[ Canon EOS 30D / SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO ]

同じくホンダブースにあった、シビック Type R プロトタイプ。来春の発売を目標に開発しているようです。3 ナンバー化されてかなり大ぶりなシャシーになったせいか、インテグラ Type R の最終形にイメージがだいぶ近くなったような。この夏でインテグラ自体が生産終了してしまった影響というか、こちらに一本化されたという位置づけなんでしょうかね。
欧州ではちょっと前にハッチバックのシビック Type R コンセプトが発表されてましたが、日本ではセダンしか出さないんでしょうか。個人的には 4 ドアセダンで Type S が出たら、購入検討したいかなあ。

[ Canon EOS 30D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ] ※トリミング有

決勝前のドライバーズパレード。ミハエルの日本最後の凱旋です。一方のアロンソは(少なくとも 1 コーナー~S 字あたりまでは)手も振らずにシートに座っていただけなのが対照的でした。

このパレードの前のエキシビションとして、G. ベルガーのマクラーレン(MP4/6)と I. カペリのレイトンハウス、鈴木亜久里のラルース・ランボルギーニの実車走行(もちろん本人たちのドライブ)があり、F1 に夢中だった少年時代のマシンの走りが実際に見られてまた感激。ベルガーがアレジ(来ていたけど走らず)に「(太りすぎて)もう乗れないんじゃないの?」と言っていたのが面白かったです(笑。しかも、亜久里はなぜかデモランにも関わらずダンロップあたりでリタイア(ぉ。

[ Canon EOS 30D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ] ※トリミング有

オープニングラップの 2 コーナー。一つのフレームにこれだけ多くのマシンが捉えられる、唯一のシーン。

[ Canon EOS 30D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ]

トロロッソをパスするバトン車。スピード感がそこそこ表現できた、数少ないショット。
IS なしレンズで手持ち撮影するには、シャッタースピードを上げざるを得ず、そうするとどうしてもスピード感が失われてしまうんですよね。次の機会があったら、一脚を用意してこようと思いました。
でも、300mm(実質 480mm 相当)ならマシンが自分から最短距離にさえ来ればフレームいっぱいに捉えられますね。ランオフエリアの広い富士じゃこうはいかないだろうなあ。

[ Canon EOS 30D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ] ※トリミング有

レース序盤、図らずも編隊走行になった SAF1 の 2 台。
2 コーナー~S 字の中間くらいの席だったので、2 コーナーを撮ろうと思ったら 300mm じゃさすがに足りず、トリミングが必要になりますが、800 万画素あれば(プリントしなければ)トリミングにも十分堪えますね。

[ Canon EOS 30D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ]

縦位置で流し撮り。案外うまくいきました。
今年は F1 でのタバコ広告最終年なせいか、タバコロゴで走る GP もすっかり少なくなって、こうして LUCKY STRIKE ロゴの入ったホンダを見るのもずいぶん久しぶり。

[ Canon EOS 30D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ] ※トリミング有

ウィニングラン中のアロンソ。私がいたのは琢磨応援席(ということで大半が SAF1 と BS のファン)だったので、アロンソが勝ってもあまり盛り上がってませんでした(´д`)。
でもルノーってカラーリングが鮮やかだから、撮り甲斐ありますね。

[ Canon EOS 30D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ] ※トリミング有

決勝後、ゲートに向かっていたら前日と同じくホンダブースにて T-SQUARE(安藤まさひろ、伊東たけし)のライヴが!しばし聴き入ってしまいました。私がたどり着いたときにはほぼ終盤でしたが、私が特に好きな『Heaven Knows』『TRUTH』『Knight's Song』の 3 曲を初めて生で聴くことができて大感激。
去年は行き帰りの交通手段確保に必死でレースとグッズショッピング以外のイベントはほとんど楽しむ余裕がありませんでしたが、今年はレース以外もかなり満喫できました。今年はななちゃんるう。さんが一緒で、現地入りしてからはほぼクルマ移動だったのが余裕を持って行動できた勝因かなと。

今年でひとまず最後となる鈴鹿、来ることができて本当に良かったです。今度ここに F1 を見に来られるのは、いつの日か・・・。

投稿者 B : 23:10 | EF70-200/F4L USM | EOS 30D | F1 | Photograph | SIGMA 17-70/F2.8-4.5 DC MACRO | SIGMA APO 70-300/F4-5.6 DG MACRO | Season 2006 | コメント (7) | トラックバック

2006/10/08 (Sun.)

F1 日本 GP 2006 決勝

日本GP決勝:アロンソ優勝でチャンピオンシップを逆転! ミハエルはリタイヤ (F1Racing.jp)

[ Canon EOS 30D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ]

決勝はミハエルまさかのリタイアでアロンソが優勝。ミハエルは前日のコースレコード連発の走りでマシンに無理をさせすぎたか、階調に飛ばしながらも 37 周目にエンジンが悲鳴を・・・去年のファイナルラップとは違う種類のどよめきが、鈴鹿を覆いました。
日本勢はバトンが堅実な走りで 4 位入賞。トヨタは 5~6 位で、SAF1 は琢磨がモンテイロを抑えての 15 位を含む、ダブル完走。前回の上海の失格を除けば、公式には SA06B で初めてのダブル完走という結果は、(現時点として)満足してもいいんじゃないでしょうか。

しかし、フェラーリとミハエルにとっては両タイトルともにほぼ赤信号といってもいい結果になりました。ミハエルのチャンピオン獲得には最終戦インテルラゴスで勝ち、アロンソが 9 位以下にならなくてはならないのですが、今年のルノーの信頼性をみるに、アロンソの入賞圏外フィニッシュやリタイアはなさそう。これがレースといえばそれまでなのですが、今日の決勝後の鈴鹿全体の落胆した空気は、割り切れないみんなの想いを代弁していたかのようでした。

投稿者 B : 23:47 | EOS 30D | F1 | Photograph | SIGMA APO 70-300/F4-5.6 DG MACRO | Season 2006 | コメント (0) | トラックバック

F1 日本 GP 2006 決勝直前

[ Canon EOS 30D / SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO ]

[ Canon EOS 30D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ]

[ Canon EOS 30D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ]

投稿者 B : 13:17 | EOS 30D | F1 | Photograph | SIGMA 17-70/F2.8-4.5 DC MACRO | SIGMA APO 70-300/F4-5.6 DG MACRO | Season 2006 | コメント (0) | トラックバック

2006/10/07 (Sat.)

F1 日本 GP 2006 予選

公式予選最終ピリオド:フェラーリ1-2、トヨタが2列目に並ぶ! (F1Racing.jp)

いよいよ予選が始まった日本 GP。午前中のフリー走行の最後でただ一人 1 分 30 秒台を出していたミハエルが、予選も圧倒。第 2 ピリオドではなんと前人未踏の、そしてこの先誰にも破られない可能性すらある 1 分 28 秒台をマークし、無敵とも思える速さを見せつけました。燃料を積んだ第 3 ピリオドではマッサに先行されたものの、フェラーリのフロントロウ独占は最善の展開。セカンドロウ以下はトヨタ、ルノー、ホンダがきれいに並び、フェラーリ圧勝の様相も呈してきましたが、ルノーがどれだけ意地を見せるか。そして日本勢の奮闘にも期待がもたれます。SAF1 は結局第 1 ピリオド突破はなりませんでしたが、決勝ではいい走りを見せてほしいところ。

・・・というわけで、

[ Canon EOS 30D / SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ]

今年も来ちゃいました(^^;

投稿者 B : 20:35 | EOS 30D | F1 | Photograph | SIGMA APO 70-300/F4-5.6 DG MACRO | Season 2006 | コメント (0) | トラックバック

2006/10/06 (Fri.)

日本グランプリ開幕

金曜フリー走行1:ホンダのデビッドソンがトップタイム! (F1Racing.jp)
金曜フリー走行2:ルノーvsフェラーリ 決戦 in 鈴鹿!! (F1Racing.jp)

いよいよ日本 GP が開幕。
初日の今日は雨まじりながら、去年ほどの状態にはなっていないようで、各チーム比較的順調にセットアップを進めている様子。好調そうなのはルノー、フェラーリ、ホンダの 3 チームで、マクラーレンは天候不順のためマシンを温存しているよう。

ハンガリーや上海をみるまでもなく、面白いレースを期待するならウェットコンディションなんですが、去年の予選でひどい目に遭ったので、今年は晴れてほしい気も。

とにかく、明日の予選、楽しみです。ホンダにはフロントロウを狙ってほしいし、琢磨には第 2 ピリオド進出を掴み取ってほしいところ。土日の鈴鹿はドライっぽいけど、どうなるか。

投稿者 B : 22:54 | F1 | Season 2006 | コメント (0) | トラックバック

2006/10/02 (Mon.)

F1 中国 GP 2006

中国GP決勝:ミハエルが逆転優勝!タイトル争いのトップに立つ!! (F1Racing.jp)

ルノーがフロントロウ独占、ミハエルはチームメイトの援護がない状態の 6 番グリッドということで、良くて表彰台だろうなあ・・・という大方の予想を裏切り、エキサイティングなレースに勝利。ルノーは戦略ミスやピットでの失策もあったけど、もう流れはミハエルに傾いているんだな、というのがよく解るレースでした。しかもドライバーズチャンピオンシップは同点、勝利数でミハエルがトップに立つというドラマチックな展開に。もし次の鈴鹿でミハエルが勝ち、アロンソがリタイアなんてことになれば最終戦を待たずにチャンピオンシップが決定してしまうわけで(ルノーの安定度と速さを見ればまずそんなことはなさそうですが)、今年の選手権はほぼミハエルのために動いていると言っても過言ではない感じになりつつあります。

ハンガリー以来のウェットコンディションで、今回も運が良ければ・・・と思われたホンダでしたが、さすがにそこまではうまくいかず。とはいえ、二強はともかくマクラーレンに負けないほどの速さが身に付いてきているのも事実。終盤のゴタゴタで順位の入れ替えがあったとはいえ、フェラーリ・ルノーに続く 4-6 フィニッシュは鈴鹿に向けて期待十分の結果と言えるでしょう。
SAF1 も SA06B での初のダブル完走、しかも琢磨は MF1 を完全に抑えての 14 位フィニッシュと、こちらも今週末に向けて期待が持てる結果に。琢磨が青旗無視で失格になったとはいえ(まあ、あれは客観的に見ても同情の余地はないでしょうが)、マシンのポテンシャルだけはしっかりと示せました。レギュレーションがどう適用されるか分からないんですが、もし失格=リタイア扱いだとすると鈴鹿ではフレッシュエンジン=鈴鹿スペシャル使用可?・・・まあ、そう前向きにばかりはいかないでしょうが、いずれにしても鈴鹿がさらに楽しみになりました。

投稿者 B : 23:15 | F1 | Season 2006 | コメント (0) | トラックバック

2006/09/11 (Mon.)

F1 イタリア GP 2006

イタリアGP決勝:ミハエルが優勝!! 新人のクビサが3位表彰台を獲得! (F1Racing.jp)
ミハエル シューマッハ 今季限りでの引退を発表 (F1Racing.jp)

ミハエルが完璧なレース運びで今季 6 勝目を挙げ、チャンピオンシップでもアロンソに 2 ポイント差まで迫ったフェラーリのホームグランプリ。マシントラブルの可能性以外には安心して見ていられる「ミハエルらしい」展開でしたが、「壊れない」ルノー(特にアロンソの)のエンジンから白煙が上がったときには、さすがにしばらく口をあんぐりさせてしまいました。
世界のグランプリコースの中でも特に全開率の高いモンツァで、10 番グリッドからの追い上げを余儀なくされた限界走行では、さすがのルノーも悲鳴を上げるのかもしれませんが、予選で 5 番手につけたアロンソにグリッド降格のペナルティはいくらなんでも FIA の意図があからさまに垣間見えて、何とも・・・。選手権は確かに面白くなったけど、我々が見たいのはあらゆる意味での「フェアな戦い」なんですが。

レース後の会見では、噂通りミハエルが今季限りでの引退を発表。正式発表前であるレース前からサーキット全体が異様なほどに感傷的な雰囲気に包まれていましたが、やはりミハエルの言葉の端々やジャン・トッドをはじめとするフェラーリスタッフの態度から、皆感ずるモノがあったんでしょうね。私も、会見でのミハエルの言葉には、さすがにグッと来るモノがありました。
個人的には、セナを失った喪失感の後、ミハエルの一人勝ち時代が始まってからすっかり F1 を観なくなってしまった(ヴィルヌーヴやハッキネンが勝っていた頃まではかろうじて観てた)ので、ミハエルがある意味「F1 をつまらなくした」要因のひとつだった気もしますが、逆にセナ亡き後の F1 を支えたのがミハエルであったことも事実。フェラーリが弱い F1 にもまた魅力はありませんから。

今年のチャンピオンシップを争うアロンソ、奇しくもポディウムに並ぶことになった来季フェラーリのサクセサーとなるライコネンの(さらにはともに今季初優勝を飾ったバトン、マッサ)台頭はもちろんですが、デビュー 3 戦目にして表彰台を獲得したクビカ、テストドライバー抜擢後いきなり速さを見せているヴェッテル、来季 F1 にステップアップするとみられるハミルトンやコヴァライネンなど、次代を担うドライバーは確実に育ってきており、モンツァでのレース内容やリザルトもそれを裏付けるものとなりました。が、全盛期に比べるとミスが目立つようになったとはいえ、彼らを抑えてポディウムの中央に経ったミハエルの速さと勝利への執念は、最後の最後まで衰えを見せないようです。

F1 の記録のほぼ全てを塗り替えた超人の走りを観られるのもあと 3 戦となりましたが、それ以上に加熱するチャンピオンシップ争いからも、目が離せそうにありません。

投稿者 B : 12:34 | F1 | Season 2006 | コメント (0) | トラックバック

2006/08/28 (Mon.)

F1 トルコ GP 2006

トルコGP決勝:マッサが初優勝!! アロンソが死闘制す!! (F1Racing.jp)

夏休み明けの激戦を制したのはアロンソ。と書いてしまいそうなくらいチャンピオンシップ争いの 2 人のレースが激しすぎて、マッサ初優勝の印象が薄かったグランプリ。セーフティカーが戦略を生かしも殺しもすることの象徴的なグランプリで、これがなければアロンソとミハエルの差は逆に 2 ポイント縮まっていたはずでした。ミハエルに関して言えば、マッサとの同時ピットインやターン 8 でのミスなど、セーフティカー以外にもどれか一つの要素でもなかったら勝てていただろうけど。

次戦モンツァはホームグランプリとなるフェラーリが、高速サーキットとの相性がいい 248F1 の長所を活かして何としてでも勝ちに来るだろうけど、ここでもしフェラーリ 1-2、アロンソ 3 位でもまだ 8 ポイント差なわけで、アロンソは残り 3 戦全て 2 位キープでもチャンピオンシップを獲れることになり、残レース数が少なくなるほどにミハエルにとっては厳しくなります。
まあ、ここまで選手権が盛り上がって今回のような激しいバトルが観られるなら、もうどっちが勝ってもいいですが。

個人的には、今回 4 位とはいえここ数戦好調が続いているホンダとバトンが、鈴鹿に向けて期待が持てそうなことも嬉しいですね。

投稿者 B : 10:54 | F1 | Season 2006 | コメント (0) | トラックバック

2006/08/07 (Mon.)

F1 ハンガリー GP 2006

ハンガリーGP決勝:バトンが悲願のF1初優勝達成!! (F1Racing.jp)

バトンが悲願の自身初、そしてホンダ第 3 期初となる優勝を達成!
前戦ホッケンハイムから急激に復調の兆しを見せていたものの、いざ勝つときは意外とあっさり勝ててしまったという印象です。確かに、アロンソ・ミハエル・ライコネンの 3 強が揃ってマシンを停めたレースではあったとはいえ、ここできっちり勝てたというのは(雨の助けがあったとはいえ)勝てるマシン、勝てる体制がある程度きちんと整った成果といえるでしょう。バトンを追っていたアロンソがコースアウトしてコクピットを降りた瞬間から、ゾクゾクが止まりませんでした。
個人的に、雨のレースに強かったセナや中島悟が好きだったせいか、昔から雨の荒れたレースにはすごく興奮するんですよね。去年のスパといい、鈴鹿の予選といい、本当に面白いレース展開になってますし・・・。今回も路面状況が刻々と変化する中、戦略がきっちりハマったチーム(アロンソもミハエルも無理をしすぎた)が勝のが常であり、今季のホンダはまだまだ天候や上位チームのリタイアに助けられなければ勝てないだろうな、とは思っていましたが、今回のハンガロリンクは本当に全ての条件が見事にホンダに味方したレースだった、と言えるでしょう。チャンピオンシップ以外にも鈴鹿を楽しみにする理由が一つ増えた気がします。

一方で選手権の行方は、アロンソのノーポイントに加えてミハエルの 8 位 1 ポイント(リタイアしたものの、残り 3 周だったため完走扱いで、7 位フィニッシュしたクビカが失格のため繰り上げ)でその差は 10 点。今回もモナコ同様に予選でアンフェアな行為があったとはいえ、それはアロンソも焦っているということの顕れでしょう。場合によってはイスタンブールかモンツァで逆転もあり得る展開で、こちらもまた面白くなってきました。

投稿者 B : 17:45 | F1 | Season 2006 | コメント (0) | トラックバック