b's mono-log

2015/08/23 (Sun.)

フォーミュラ E デモラン at 六本木けやき坂通り

フォーミュラ E デモラン in 六本木

[ Sony α6000 | Carl Zeiss Vario-Tessar T* 16-70mm F4 ZA OSS ]

六本木のけやき坂通りで開催された、日本国内初のフォーミュラ E 公道デモランを見に行ってきました。

フォーミュラE日本初走行、六本木に大観衆集まる - AUTOSPORT web

初年度のフォーミュラ E はレースがあまりにも稚拙で、私は途中から見るのをやめてしまいましたが、実車が日本に初めて来るとなれば話は別。来季からは各チームでのパワーユニット開発が解禁されるということで、ようやく技術面でも見どころができるし、改めて観戦してみようかとも思っていました。というわけで、現地に足を運んでみました。
イベント開始の一時間ほど前に現地入りしたところ、場所取りの人もまだまばらで余裕。最終的には沿道に三列くらいの観客が集まりましたが、四年前に横浜でレッドブルが F1 デモランをやったときの大混乱の比ではなく、それなりの盛況といったところ。六本木ヒルズで開催中の夏祭りの流れで来ただけっぽいお客さんも多くて、まだまだフォーミュラ E の認知度が低いことを思い知ります(もちろんそのためのイベントでもあるんでしょうが)。

フォーミュラ E デモラン in 六本木

[ Sony α6000 | Carl Zeiss Vario-Tessar T* 16-70mm F4 ZA OSS ]

デモランに使用されたマシンは昨シーズンの SRT_01E。昨シーズンはワンメイクレースだったので全チームがこのマシンを使ったわけですが、アムリン・アグリのマシンを持ち込むのかと思ったら、どのチームの所属でもないフォーミュラ E オフィシャルカラーのマシンが出てきました。
ドライバーは最終戦にアムリン・アグリから出場した日本人ドライバー・山本左近。一時期スーパーアグリから F1 参戦も果たした、日本を代表するドライバーの一人です。曇っていたこともあって、バイザー越しに表情の判る写真が撮れました。

フォーミュラ E デモラン in 六本木

[ Sony α6000 | Carl Zeiss Vario-Tessar T* 16-70mm F4 ZA OSS ]

デモランはけやき坂通りを三往復というコース。道路幅的に回りきれないため、折り返しはスタッフが押して方向転換(笑。

フォーミュラ E はエンジンカーとは違って走行音がとても小さいため、観客のざわつきのほうが大きいほど。一往復目は近くに来ていることに気がつかず、シャッターチャンスを逃してしまいました(;´Д`)。しかも、走行速度は「徐行」ということだったので 5~10km/h くらいかな?と想定していたら、思っていたよりも速い上に距離が近すぎて、これ撮るの下手したらサーキットでレーシングスピードのマシンを撮るのよりも難しくないですかね...。

フォーミュラ E デモラン in 六本木

[ Sony α6000 | Carl Zeiss Vario-Tessar T* 16-70mm F4 ZA OSS ]

それでも果敢に流し撮りに挑戦(笑。

距離が近いから望遠レンズは要らないだろうな、と思ってましたが(一応 70-200mm は持って行った)、ほぼ 16-70mm で事足りました。遠距離も想定して 18-200mm とかでも良かったかもしれませんが。

フォーミュラ E デモラン in 六本木

[ Sony α6000 | Carl Zeiss Vario-Tessar T* 16-70mm F4 ZA OSS ]

本イベントのゲストはドライバーの山本左近選手のほか、チーム・アグリ(来季からアムリン・アグリ改めチーム・アグリとして参戦)代表の鈴木亜久里氏、フォーミュラ E の CEO・アレハンドロ・アガグ氏、そして自民党の古屋圭司衆議院議員(同党のモータースポーツ振興議員連盟会長として本イベントの招致、および今後のフォーミュラ E 日本 ePrix の招致に関わっている)が参加されていました。
アガグ氏はかつて経営難に陥ったスーパーアグリ F1 チームの救済に名乗り出たこともあり、鈴木亜久里氏とは浅からぬ間柄。今回のイベントでも日本 ePrix の実現に向けた意気込みを語っていましたが、もしかすると来年、再来年あたりには実現するのかもしれません。それまでに国内のモータースポーツが今より少しでも盛り上がっていると良いんですけど。

フォーミュラ E デモラン in 六本木

[ Sony α6000 | Carl Zeiss Vario-Tessar T* 16-70mm F4 ZA OSS ]

イベントが一通り終了し、プレス向けフォトセッションが始まった瞬間、私がいた場所がフォトセッションの真裏にあたることが発覚(;´Д`)。

フォーミュラ E デモラン in 六本木

[ Sony α6000 | Carl Zeiss Vario-Tessar T* 16-70mm F4 ZA OSS ]

改めて、フォーミュラ E カー。初年度だし、ワンメイクだから技術競争もなく、正直まだまだこなれていない印象を受けます。最高時速で 200km/h そこそこ、公道コースの狭さを考えると実際のレーシングスピードは 100km/h 台で走っていることのほうが多いでしょうから、空力の効果もたぶん限定的で、ウィングの類も半分は飾りなんだろうな...。
ラッキーなことにマシンの脇に亜久里・左近の両名が立ってくれたので、ちょっとしたフォトセッション風の写真になりました(笑。

フォーミュラ E デモラン in 六本木

[ Sony α6000 | Carl Zeiss Vario-Tessar T* 16-70mm F4 ZA OSS ]

デモラン終了後、マシンはカウルが外されて内部が露わになっていました。
F1 だとヘッドレスト上部のインダクションポッドからはエンジンの燃焼と冷却用の空気が取り込まれ、ダクトを通じてエンジンまで導かれる構造になっているところが、フォーミュラ E ではこれは単なるロールフープ(転倒時などにドライバーの頭部を保護するための強化部材)にすぎないというのが、電気自動車らしいところ。インダクションポッドにあたる部分には、ダクトの代わりに ECU(制御用コンピュータ)が配置され、その下に 300kg の重量をもつバッテリが搭載されています。

フォーミュラ E デモラン in 六本木

[ Sony α6000 | Carl Zeiss Vario-Tessar T* 16-70mm F4 ZA OSS ]

退場する鈴木亜久里氏を激写!子どもの頃、日本人初の F1 表彰台を見せてくれた私にとってのヒーローだけに、ちょっと感激。しかし、想像以上の色黒で、驚きました(笑。
山本左近選手がイベント後も熱心にファンサービスをしていたのが印象的でした。対して亜久里氏はずっと忙しそうな感じで、ファンサービスもちょっと淡泊め(笑。

昨シーズンは亜久里氏もレースに行ったり行かなかったりと関与度がよく分からない感じでしたが、来季はチーム名も刷新し、どういう体制になるんでしょうか。マシン開発がどのように行われ、レースがどう変わるかも含め、とりあえず 10 月からの序盤数戦はじっくり観戦しようと思っています。

投稿者 B : 21:00 | F1 | Photograph | Vario-Tessar E 16-70/F4 ZA OSS | α6000 | コメント (0) | トラックバック

2015/07/27 (Mon.)

F1 ハンガリー GP 2015

ハンガリーGP決勝 ヴェッテル、ビアンキに捧げる優勝

2015 年シーズン前半戦のラスト、ハンガリー GP。前週に、昨年の日本 GP で重傷を負ったジュール・ビアンキが還らぬ人となる、辛い出来事の直後だっただけに、パドックには独特の空気が流れているように(テレビ画面を通しても)見えました。F1 でレース中の事故による影響でドライバーが亡くなったのは 21 年前のセナ以来であり、いち F1 ファンとしてもとても悲しい。

そんな空気が反映されてかどうか、レース内容は大荒れ。まずロケットスタートを決めたフェラーリの二台がメルセデスを抑え込み、1-2 体制を築きます。追うメルセデスの二台はコーナーで同士討ちを演じる格好になってハミルトンがコースオフ。なんとか復帰したものの、大きく順位を落として追い上げるレースを強いられます。

追うレースでも冷静で、着実に一台ずつ仕留めていくのが昨年あたりからのハミルトンのスタイル。それが今回は、数年前のような接触も辞さない強引なオーバーテイクが目立ち、いったんは 4 位までポジションを戻したものの、中盤のセーフティカー明けリスタートでダニエル・リカルドと接触。フロントウィング交換のためのピットインに加えてドライブスルーペナルティも科せられ、最終的には 6 位フィニッシュがやっとというレースでした。それでも何度も後方に下がりながら 6 位まで上がってきたのはハミルトンの実力でしょうが、ロズベルグに対する失点を最小に抑えることを目的に落ち着いたレースができていれば、違う結果があったはずです。

しかしもっと残念だったのはロズベルグ。序盤フェラーリに全くついていけなかったのはマシンセッティングや戦略の違いがあるからだとしても、二回目のピットインの際に本来ソフトタイヤを履く戦略であるにも関わらず、追い上げてきているハミルトンと同じミディアムタイヤを選ぶという、完全に守りの戦略を採ったことが、最終的により悪い結果をもたらしてしまいました。ミディアムタイヤを履くことはフェラーリ追撃を諦めたところでセーフティカーが導入され(ソフトタイヤを履いていたらここでフェラーリに対して一気に仕掛けることができたはず)、逆に追い上げてきたリカルドと接触してタイヤが破損。パンクしたタイヤでほぼ丸々 1 周を走る羽目になり、大きくポジションを落としました。結局、ハミルトンに対してポジションを守る戦略が、ハミルトンよりも後ろの 8 位フィニッシュを呼び込んでしまったことになります。結果論だけれど、守りに入った瞬間に負のスパイラルに陥るのもレース。以前から繰り返し書いていますが、こういうマインドを根本的に変えない限り、ロズベルグに逆転王者の目はないと断言できます。

逆に素晴らしかったのはフェラーリ...と言いたいところですが、レース中に国際映像がヴェッテルを捉えるシーンはほとんどなく、実際にどうだったかはタイミングモニター経由でしか把握できませんでした。が、フリー走行ではなかなかセットアップを煮詰めきれなかったのを当日のコンディションにピッタリ合わせ込んできたチームの仕事と、セーフティカー後のリスタートで後続にチャンスを与えなかったヴェッテルの走りは見事。フェラーリ・ファミリーの一員だったビアンキの見えざる手が後押ししたのでは...と思えるほど、不思議な力強さに満ちていました。
ライコネン車に MGU-K のトラブルが発生しなければ 1-2 フィニッシュはほぼ手中に収めていただけに悔やまれますが、今シーズン残り少ない「勝てそうなサーキット」でしっかり 2 勝目を挙げたことは、現時点でのメルセデスとの戦力差を考えると立派。ウィリアムズとのコンストラクターズ 2 位争いにも、大きな弾みをつけました。前戦イギリスから続けて考えると、勝てるレースを着実にモノにできるフェラーリと、勝てるはずのレースで自滅するウィリアムズとの差が明確に顕れたこの二戦だったと思います。

そして、
マクラーレン・ホンダ今季初ダブル入賞おめでとう!!!

そもそも低速サーキットなのでマシン性能の差が出にくく、この結果をもって即マクラーレン・ホンダの戦闘力が上がったと言えないのは事実です。でも荒れたレースをノートラブルで終え、トロロッソやロータスと渡り合った上でのアロンソの 5 位、バトンの 9 位フィニッシュは現在考えられる最高のリザルトと言って良いでしょう。全開率が低い代わりにアキレス腱の MGU-K に厳しいサーキットを走りきったことは、今後の信頼性確立に向けてポジティブな要素だと思います。
後半戦に向けてコンストラクターズランクでザウバーを逆転できる可能性は十分にあると言えますし、次の課題はパワーユニットの戦闘力向上。夏休みの間もパワーユニットの開発は継続されますし、休み明けのスパで投入される新パワーユニットが、中団争いを十分可能にしてくれるレベルのものであることを期待しています。

投稿者 B : 22:55 | F1 | Season 2015 | コメント (0) | トラックバック

2015/07/06 (Mon.)

F1 イギリス GP 2015

イギリスGP決勝 雨に対する好判断でハミルトンが優勝

多くのチームやドライバーのホームグランプリとなるイギリス GP。現チャンピオンのハミルトンはもちろんのこと、メルセデスもチームの本拠地はイギリス。その地元ファンの前で、ハミルトンが改めて強さを発揮したレースでした。

スタートで先行したのはウィリアムズ。マッサがメルセデスの 2 台を抑えて 1 コーナーに飛び込むと、ハミルトンと競い合いながらボッタスも続きます。シルバーストンの抜きにくいサーキット特性も相まって、序盤のレースはウィリアムズの 2 台が支配します。
ボッタスを抜きあぐねたハミルトンは、20 ラップ目にウィリアムズに先んじてピットインし、アンダーカットに成功。翌周にマッサがピットから復帰したときには、軽々とトップを奪い返していました。
次のターニングポイントは 44 周目。降雨もあってペースダウンし、ロズベルグが 2 秒後ろに迫ってきたところで、インターミディエイトタイヤにチェンジ。このタイヤ交換のタイミングが絶妙で、1 周後にタイヤ交換したロズベルグ、マッサ、ボッタスとの間に大きなギャップを築くことに成功します。

終わってみればポールトゥウィン。いつもと変わらない結果ではありますが、ハミルトンの判断とチームとの連携がガッチリ決まった、現役チャンピオンらしい勝ち方だったと言えます。特に降雨時のタイヤ交換のタイミングはピットよりもドライバー判断によるところが大きいので、あのタイミングでピットに飛び込んだハミルトンの判断勝ちでしょう。いっぽうでロズベルグは後手に回った感が強く、順手で攻めても簡単には勝てず、かといって裏をかこうとすると逆にハミルトンとのポイント差が広がるリスクのほうが高い...というジレンマに苦しんでいるように見えます。こういうレースでは、やはり地力の違いがリザルトとなって出てきますね。

地力の違い、といえば勝負弱さが露呈したのがウィリアムズ。ウェットレースになった終盤のペースはダウンフォースに勝るメルセデスが明らかに速かったので、どうやっても負けていた可能性はありますが、その前にハミルトンがアンダーカットを成功させた時点で勝負がついてしまったというのは、いくらなんでも無策すぎます。例えば序盤はマッサよりもボッタスのほうがマシンの動きが良かったので、ボッタスを先行させてマッサをブロック役にし、メルセデスとのギャップを広げることができれば、もう少し展開も違ったはず。こういう年に一度勝つチャンスがあるかないかというチームでは、チャンスは最大限に活かす、それが私の主義だのが鉄則。マシン性能的には去年よりもメルセデスとのギャップが大きそうなだけに、この保守的なレース戦術を変えない限り、今季も優勝は遠いんじゃないですかね。
マシン特性から考えると、次に勝てるチャンスがあるとすれば夏休み明けのスパかモンツァ。コンストラクターズランクは 3 位でもう安泰な状況だし、もう 2 位や 3 位を何回獲るよりも 1 度の優勝でしょう。ギャンブルに出てもいいんじゃないですかね。

マクラーレン・ホンダは...積極的にアップデートパーツを持ち込んでいるようですが、ここ数戦の高速サーキットではほとんど結果が出せず。このシルバーストンでも、予選結果はマノーの前(17・18 番手)という惨憺たる結果。個人的にはヨーロッパラウンドが佳境に入る頃にはコンスタントにポイント争いに絡み、鈴鹿では表彰台を狙える位置にいてほしい...というのが望みでしたが、まだまだ全然そんな状況ではなさそうです。
決勝ではスタート直後にロータスの同士討ちの煽りを喰らい、アロンソがスピンしてバトン車のサイドにヒット、バトンはそのままリタイアというひどい結果。マクラーレン的には完全にもらい事故ですが、こういうアクシデントも含めてトラブルが多すぎ、走行距離が稼げなくてさらに開発が遅れる悪循環...。完走 13 台の荒れたレースで最後まで走りきったアロンソが 10 位 1 ポイントを手にしましたが、これもマシン性能のおかげというよりアロンソの粘り強い走りの賜物。マシン性能まで含めた総合力で上位入賞を狙うには、まだまだ時間がかかると言わざるを得ません。

次戦はモナコに次ぐ低速サーキットのハンガリー。マシン性能の差が出にくいコースであるが故にマクラーレン・ホンダにもポイント獲得のチャンスはあると言えますが、それってマシン開発とはあまり関係がない、というのが辛いところです。でも、少しずつでもポイントを積み上げていくことが、チームにとってもモチベーションの向上に繋がるのも事実。夏休みに向けて、良い結果を持ち帰ってほしいところです。

投稿者 B : 22:00 | F1 | Season 2015 | コメント (0) | トラックバック

2015/06/22 (Mon.)

F1 オーストリア GP 2015

オーストリアGP決勝 ロズベルグが優勝、マッサが3位

気がつけばもう 2015 年シーズンも中盤戦のオーストリア GP。

マクラーレン・ホンダはマシンアップデートを施してレースに臨みます。とはいっても新パーツは一台分しかなく、今回はアロンソが試す番。見た目の印象が大きく変わったショートノーズほか、空力アップデートが施されています。
とはいえ、今回はアロンソ、バトンともに今季 6 基目となるパワーユニットを投入し、両者ともにペナルティによるグリッドダウンが前提でリザルトは期待できないレース。もともとホンダの現行パワーユニットは出力不足(おそらく MGU-H の回生がまだうまくないものと思われる)で、このオーストリアのような高速サーキットには不向きということもあり、最初から「捨てレース」としてデータ収集に費やすつもりだったはずです。

が...レースはオープニングラップでアロンソとライコネンがクラッシュ。それもライコネン車にアロンソ車が乗り上げるというあわやの大事故でした。アロンソにしてみれば完全にもらい事故で、かつ二人のドライバーに事故がなかったのは幸いでしたが、せっかくの新パーツの効果が実レースで測れなかったのは実に痛い。今週そのままオーストリアで行われている合同テストでこのレースで採れたデータを元に開発を進めるはずだったのが、そのまま遅れる形になったツケは次以降のレースで払わされることになります。
そしてほんの 10 周足らずで今度はバトンがリタイア。こちらは吸気系のトラブルとのことですが、相変わらずホンダの PU は至るところでトラブルが発生しますね...。パワーも信頼性も足りないとなると、まともに戦えるレースは本当に限られてきます。せいぜい低速なテクニカルサーキットであるハンガリー、ブラジル、あとは波乱の起きやすいシンガポールくらい?今季はほぼテストと割り切るにしても、カナダでアロンソが不満を口にしたように、まともに戦ったらどれくらいの競争力があるか試せるレースもないと、ファンとしても進歩の確認のしようがありませんからね。モナコまでは着実に進歩しているように見えたのが、ここ 2 戦で大きな壁にぶち当たっているように見えるのは、なんとももどかしい限りです。

さて、レースのほうはロズベルグが久しぶりに快走。乾坤一擲のスタートを決め、その後導入されたセーフティカー明けのリスタート競争も制した後は、ハミルトンの追撃を凌ぎきってトップチェッカー。モナコでの勝利は完全に棚ぼただったので、実力でハミルトンを抑えたのは 1 月半前のバルセロナ以来。スペイン GP に比べるとハミルトンの調子も決して悪くなかったので、久しぶりにロズベルグの実力での完勝と言えます。まあ、予選では最終アタック時にハミルトンは 1 コーナー、ロズベルグは最終コーナーでそれぞれコースオフを喫し、どちらもベストラップを逸したのは、二人とも限界ギリギリのところで強い精神的プレッシャーを受けながら戦っている証拠であり、人間らしさが垣間見えた部分でしたが。

3 位以下はヴェッテルがピット作業のミスの影響でマッサに先行されたことを除けば、ほぼマシンの実力通りの順序。ピットのミスとか SC 導入というトラブルでもなければレースを見なくても結果がだいたい分かってしまうというのは、ちょっと退屈なものがあります。次はテクニカルな高速サーキットであるシルバーストンなので、マシン性能の差を覆すドライバーの走りが見たいものです。

投稿者 B : 23:56 | F1 | Season 2015 | コメント (0) | トラックバック

2015/06/08 (Mon.)

F1 カナダ GP 2015

カナダGP決勝 ハミルトンがポールトゥウィンで今季4勝目

ハミルトンが大の得意とするカナダ、ジル・ヴィルヌーヴサーキット。マシントラブルやセーフティカーによる混乱がなければハミルトンの圧勝だろうなあ、と予想していましたが、本当にその通り、決勝では誰も寄せ付けない...と言ったら大げさになりますが、2 位ロズベルグとのギャップを完璧にコントロールした完勝を挙げ、今季 4 勝目をマークしました。

いつもならば間違いなく複数回のセーフティカーが導入されるのがカナダ GP。過去それによって数多くのドラマが生まれ、初優勝者を生み出してきたサーキットです。ハミルトンもそのモントリオールの女神の祝福を受けた一人ですが、今回はその女神の悪戯もなく、やや単調なレースでした。さすがに深夜 3 時からのレースなので録画観戦しましたが、リアルタイムで観ていたら寝落ち必至でした(´д`)。
でもそんな波乱のない、単調なレースでリタイアしたのがマクラーレン・ホンダとマノーだけ、というのは、いくらなんでも残念すぎます。

マクラーレンの 2 台は予選から散々な内容で、バトンはトラブルで予選出走すらできず、アロンソについてもマッサとヴェッテルのまさかの Q1 敗退がなければ Q2 進出は危うかったところ。決勝でも、ズルズルと抜かれていくばかりのレース展開で、最後は 2 台とも排気系のトラブルでリタイア。前戦モナコで入賞できたのはマシンよりもドライバーの力のほうが大きいですし、逆にこのモントリオールはマシン、特にパワーユニットの性能が物を言うサーキット。パワーも燃費もまだまだ厳しいホンダには辛い条件だったとはいえ、ここまで苦戦するとは思いもしませんでした。
カナダ GP を前に開発トークンを使用し、パワーユニットの開発を進めてきたホンダ。レース中の無線通信を聞くと、最初からこのレースは結果を求めずにテストと割り切って臨んでいたようなニュアンスもありましたが、実際にパワーユニットの特性に合っていないサーキットとして、勝負を捨てていたのでしょう。マクラーレン・ホンダの現状を考えると全てのレースで勝負できるポテンシャルはないわけで、戦いに行くレースとデータ収集に徹するレースを明確に分けることは間違っているとは言いません。が、カナダでザウバーやフォースインディアにも簡単に抜かれてしまうほどとはさすがにチーム側も予想していなかったのではないでしょうか。私もさすがにこの結果には暗い気持ちになりましたね...。

次のオーストリア GP ではマクラーレンの車体側にも大幅なアップデートが施されるとの噂。なので、次こそは勝負に行くレースであってほしいところですが、レッドブル・リンクも高速サーキットなので、ホンダ製 PU にはまだまだ厳しいような気もします。マクラーレン・ホンダに次回チャンスが訪れるとしたら、例によってドライバーの力量が試されるイギリス・シルバーストンか、その次の低速なハンガリー GP か、のどちらかですかね。

投稿者 B : 23:25 | F1 | Season 2015 | コメント (0) | トラックバック

2015/05/25 (Mon.)

F1 モナコ GP 2015

モナコGP決勝 ロズベルグが思いがけずモナコ3連覇

まずは何はともあれ、ジェンソン・バトン&マクラーレン・ホンダ今季初ポイント獲得おめでとう!

予選は前戦に続いての 2 台とも Q1 突破。しかしながら Q2 で電気系と思われるトラブル(アンチストールの誤作動?)でアタックラップを走る前にストップ。なかなか 2 台ともにベストコンディションで週末を過ごすことができません。が、バトンが 10 番手グリッドを獲得(予選 12 位ながら 2 台のペナルティに伴い繰り上げ)。ポイントの期待が高まります。

決勝はバトンにスタートでうまく順位を上げたアロンソが追いつき、中盤まで 9・10 位あたりを快調に走っていました。このままいけばダブルポイントも見えてくる...と思った矢先、アロンソがストップ。コーナーで止まりきれずにそのままレースをやめてしまったように見えたので、前戦スペインに続くブレーキトラブル、またはパワーユニットのどこかのトラブルと思われます。本当に安定しませんね...。
しかしながら一方のバトンは最後まで安定した走りを見せ、見事 8 位 4pt を手にしました。

まあポイントを取ったところでまだコンストラクターズ 9 位であることに変わりはありませんが、それでも開幕からここまで着実に結果を積み重ねてきていることは確か。ロータス、フォースインディア、ザウバーあたりは資金難で早くも開発が滞り始めていることもあり、今後の伸び代という意味ではこれらのチームは食える可能性が高い。まあ、今季の目標は最終戦までにフェラーリあたりと戦えるポジションを目指すところだと思うので、そこからすればまだまだですが、光明は見えてきました。一方で、どうしても信頼性が確立できないことは気がかりですが。

優勝争いに関しては、スペインでどうにもピリッとしなかったハミルトンが、モナコの土曜日以降は非常に安定した、開幕以来のハミルトンに戻ってきました。予選も軽く PP、決勝もスタートを決めてレースを支配。終盤にさしかかるまでは私も寝落ちしそうなくらいに動きのないレースでしたが、残り 15 周でフェルスタッペンとグロジャンが接触し、SC が導入されてからレースが大きく動きます。トップを独走していたハミルトンが SC の隙にタイヤ交換に入ってみると、ピットアウトしたときにはロズベルグとヴェッテルが先行。前の 2 台はそのままタイヤを換えずにチェッカーを受けたため、完全に勝っていたはずのハミルトンが 3 位、という驚きの結末となりました。
これには勝ったロズベルグもさすがに困惑したようで、表彰台でも少し神妙な表情を浮かべていましたが、負けてしまったハミルトンの心情はいかばかりか。今回はロズベルグに非はなく、完全にチームの戦術ミスですが、チームとの契約を更改した直後にまた新たな禍根を残す結果になりました。

これでドライバーズポイントは 27pt 差になるはずだったところ、逆に 10pt 差に詰まってきました。チャンピオンシップ的にはこれくらいのほうが面白いわけですが、こういうレースで差が縮まることは、ファンとしてもいささか微妙な思いです。どうせシーズンを面白くするなら、ロズベルグ自身にもっと奮起してもらわないと面白くないんですよ。
次のレースはハミルトンが大得意とするカナダ GP。今度こそハミルトンが圧倒しそうですが、波乱が起きるのもまたカナダ GP の特徴だったりします。今季まだ勝っていないチームやドライバーが意外なレースを見せてくれることに期待しましょう。

投稿者 B : 23:50 | F1 | Season 2015 | コメント (0) | トラックバック

2015/05/13 (Wed.)

フォーミュラ E 第 7 戦 モナコ

大混乱のFEモナコ決勝 ブエミがFEで2勝目 - AUTOSPORT web

F1 のシーズンに合わせるかのように、フォーミュラ E もヨーロッパラウンドに突入しました。でもこちらは F1 よりも一足先にモナコでの開催。

スタート直後、いきなりの多重クラッシュから始まります。F1 では近年ほとんど見なくなったレベルの多重クラッシュで、やっぱりこういうことが毎回のように起きるあたりが二流以下のカテゴリなんだよなあ...とテンションだだ下がり。

しかしその後は持ち直し、ブエミ、ディ・グラッシ、ピケ Jr.、サム・バードあたりがトップを争ってデッドヒートを繰り返す展開に。でもそこは抜けないモンテカルロ、なかなか状況は覆りません。
最後まで僅差の争いが続いたものの、結果的にはセバスチャン・ブエミが逃げ切り、初めての 2 勝目を挙げたドライバーとなりました。やはり F1 の中団以上のチームでモナコを走った経験があるドライバーがここでは速いのか、ドライバーズサーキットらしいリザルトと言えます。

でも事前に懸念していたとおり、コースがモンテカルロの半分しか使っていないレイアウトで、景観の美しさや走りの面白さという点ではやっぱり微妙。名物コーナーもなければトンネルもない、海もほとんど見えない、ひたすらにガードレールの隙間だけを走り続けているという印象で、なんでモナコでやっているのか疑問にすら思えるほど。こんなに退屈なモナコの映像は初めてでしたね...。

やはり、どのレースを観てもなかなか気持ちが盛り上がってこないので、残念ながら今季はそろそろ観るのをやめようと思います。来季レギュレーションが変わったらまた考えよう...。

投稿者 B : 23:03 | F1 | コメント (0) | トラックバック

2015/05/11 (Mon.)

F1 スペイン GP 2015

スペインGP決勝 ロズベルグが今季初優勝

ヨーロッパに部隊を移し、いよいよ第二の開幕を迎えた F1。スペイン GP は、定説通りポールシッターのロズベルグが最後まで安定の速さを見せつけ、今季初優勝を飾りました。

バルセロナは PP からの優勝率が異様に高い、「抜けない」サーキット。マシンのセットアップがハミルトン以上に決まったというのもあるでしょうが、シーズンはまだ序盤ながら「ここで負けたらもう後がない」という思いもあったでしょうし、「PP さえ獲れば勝てる」という目論見もあったことでしょう。今季ここまでパリッとしなかったロズベルグがようやく真価を発揮し、終始にわたってレースを支配しました。
対するハミルトンはスタートでの出遅れが響き、ピット戦略でヴェッテルを抜き返すのがやっと。ロズベルグにまともに攻撃もできないまま、レースを 2 位で終えました。まあ、長いシーズンの間にはどうやっても勝てないレースというのはいくつかあるもので、マシンへの負担を抑えつつダメージも最小限に留めたという意味では、ハミルトンは今回もいい仕事をした、と言えるでしょう。

その後はフェラーリ、ウィリアムズと続き、さらに後ろにレッドブル、トロロッソ、ロータスが団子状態になっているのもアジアラウンドから大きくは変わらず。強いてポイントを挙げるとすれば、マシン性能の差が如実に出ると言われるこのサーキットにおいて、メルセデスがフェラーリに決勝レースで 45 秒の差をつけた、ということがチーム力の現状を物語っています。フェラーリがメルセデスに伍せるのはせいぜいタイヤに厳しいサーキット程度という状況は、今シーズンの最後まで続きそう。過去数年を遡ってみても、タイヤに優しいマシンがタイヤへの入力の強いマシンより年間を通して速かったことは少なく、またこの特性は一朝一夕に改善できるものでもありません。

マクラーレン・ホンダは、予選はとても良かったですね。今季初めてとなる 2 台揃っての Q1 突破は、素直に明るいニュースと言えます。まあそれでもスペインではせいぜい Q2 止まりだろうと思っていたので、予想の範囲内ではあります。少なくとも資金枯渇でマシン開発ができていないフォースインディアやロータスよりは今後の性能の伸びしろも大きいので、うまくすれば近いうちにレッドブルやトロロッソとまともに争える位置には来るのではないでしょうか。
ただ決勝では、中団を走っていたアロンソが 28 周目にブレーキトラブルでリタイア。一方のバトンもずっとドライバビリティの問題に悩まされ続け、マノーの前で完走するのがやっとという感じでした。

ホンダはここまで、徐々にパワーユニットのリミッターを緩めることで信頼性とパフォーマンスのバランスを向上させ、それは着実に進歩していると言えます。が、アロンソがおそらく MGU-K に関連するブレーキトラブルを抱えたところを見ると、まだまだエネルギー回生周りが煮詰まっていないのではないでしょうか。予選でのパフォーマンスが悪くない=短時間の回生なら問題が起きにくいことを鑑みると、レースディスタンスを通じて安定したエネルギー回生ができる信頼性が確立できていないのでは、と推定せざるを得ません。
予選の結果を見た時点では「これは決勝はまともに走り切れれば入賞が転がり込んでくるのでは?」と期待しましたが、予選とレースのパフォーマンスは分けて考える必要がありそうです。

例年言えることですが、やっぱりスペイン GP はオーバーテイクシーンが少なく、状況が膠着しがちで眠くなりますね...。しかし次は 2 週間後のモナコ。ここは他に比べればマシン性能の差が出にくいサーキットなので、アロンソ・バトンのベテラン 2 人のウデに期待したいところです。

投稿者 B : 00:01 | F1 | Season 2015 | コメント (0) | トラックバック

2015/04/20 (Mon.)

F1 バーレーン GP 2015

バーレーンGP決勝 優勝はハミルトン、ライコネンが逆転の2位

中国 GP からの連戦となったバーレーン GP。昨年からトワイライトレース化され、日本時間では日曜 24:00 スタートという、社会人には辛いスケジュールになりました(´д`)。

このレースも席巻したのは王者ハミルトン。相変わらず他を寄せ付けない速さで、同じメルセデス同士でもロズベルグとは違うマシンに乗っているかのようなスピードと安定感です。4 戦で 3 勝+2 位 1 回、ロズベルグには早くも 27pt の差をつけ、15 戦を残して「連覇はほぼ確定、あとはいつ決めるか」状態と言っても過言ではありません。
前戦でハミルトンに歯が立たず、「ハミルトンのスロー走行で自分のレースを台無しにされた」と負け惜しみを言うしかなかったロズベルグは、今回はヴェッテルやライコネンに果敢なオーバーテイクを何度も仕掛け、闘争心があるところを見せつけました。が、終始争っていたのはフェラーリの 2 台が相手であり、ハミルトンに直接対決を挑むシーンは皆無。やはり、昨シーズンを経て精神的な強さを身につけたハミルトンにレーサーとしての差をつけられてしまったということでしょうか。

対するフェラーリは、中国とは打って変わっての健闘を見せてくれました。特にライコネンは約 1 年半ぶりとなる表彰台獲得で、昨年が例外的に不振だっただけであることを証明してみせましたね。ミディアムを履いたセカンドスティンと、そしてソフトタイヤでアタックをかけてロズベルグを抜き去ったサードスティントの走りは見事でした。僚友ヴェッテルは中盤までロズベルグと 2 位争いを繰り広げていたものの、途中でノーズ交換にピットインしたためにポジションを落とし、その後はボッタスを抜きあぐねて 5 位に沈みました。
やはりフェラーリは気温の高いサーキットではタイヤを使いこなすことができ、ハミルトンは別次元ながらも戦略次第でロズベルグは食えることがここまでの 4 戦で明らかになったと言えます。これは、フェラーリ・チームにとって大きな自信になったと言って良いでしょう。自力でハミルトンを打ち負かすのは難しくても、メルセデスのマシンにトラブルがあったときに首位が転がり込んでくるポジションまでは何とか持っていける、ということになります。ヨーロッパ以降、ウィリアムズあたりのシャシーアップデートが大当たりでもしない限り、今季はこのまま二強体制(ただしハミルトンは別格)で進んでいきそうな勢力図が見えてきました。

マクラーレン・ホンダはアロンソとバトンで明暗がハッキリ分かれたレースになりました。バトンはフリー走行と予選でマシンに電気系のトラブルが発生し、予選 Q1 のタイムさえ記録できなかったばかりか、結局マシンの修復が間に合わずに決勝を欠場。対するアロンソは新生マクラーレン・ホンダとして初めて予選 Q2 に進出し、14 番グリッドからのスタートで決勝は 11 位フィニッシュ。10 位入賞にあと一歩及ばなかったのは開幕戦と同じですが、内容は全然違う。予選は Q1 を突破し、決勝も上位勢とまともなバトル(途中、周回遅れにされたはずのライコネンを抜き返すシーンさえあった)をした上で 10 位から 3 秒遅れの 11 位。4 戦目にしてポイント争いができるパフォーマンスにまで伸ばしてきたというのは、開幕時点ではちょっと考えられなかった状況です。ここまで 4 戦は、信頼性確認とパフォーマンステストのためのレースを交互に繰り返してきたような感じだったのでしょうかね。
とはいえバトン車に深刻な信頼性の問題が生じてしまったことも確かで、まだまだ楽観はできません。また、単なるポイント獲得がチームの目標であるわけでもないので、これもまた単なる通過点に過ぎないのでしょうが、進歩の階段を着実に一歩一歩上っていることは事実。これは、次も期待せざるを得ませんね...!

次は 3 週間空けて、いよいよヨーロッパラウンドに突入。ホンダも新パワーユニットを投入、噂によるとそれはこれまでのものとは「別次元」になるとも言われています。それで一気に表彰台...は難しいにしても、コンスタントにポイント争いができるマシンに進化してくれることを期待してやみません。

投稿者 B : 21:36 | F1 | Season 2015 | コメント (0) | トラックバック

2015/04/14 (Tue.)

F1 中国 GP 2015

中国GP決勝 ハミルトンが優勝、メルセデス1ー2

特性の異なるサーキットを走って 3 戦目を迎え、そろそろ序盤の勢力図が固まってきたように見える中国 GP。マレーシアではフェラーリがメルセデスへの挑戦権を手に入れたように見えましたが、今回はメルセデスがカウンターと言わんばかりの 1-2 フィニッシュで完勝を決めました。

トップ 6 がメルセデス→フェラーリ→ウィリアムズときれいに色分けされた形となり、それぞれのチーム内で大きなタイム差がなかったことを考えると、このリザルトが今のマシンの性能差をそのまま表していると言えそうです。フェラーリはタイヤに熱が入りやすいサーキットではメルセデスに挑めるけど冷えるサーキットでは太刀打ちできないということが白日の下にさらされました。これはやはり、シーズン全体を見るとメルセデス有利は変わらないでしょうね。7 位以下はやや混戦模様ですが、シャシー性能に足を引っ張られるロータス&フォースインディア勢とルノーエンジンの信頼性がネックなレッドブル&トロロッソ勢、という分類ができると言えます。

1-2 の完勝を果たしたメルセデスも盤石ではなく、3 戦目にして早くも昨年のようなチーム内での分裂の兆候が見え始めています。ハミルトンが意図的にペースを抑えてロズベルグとヴェッテルのバトルを誘発し、自分のポジションを守るという作戦に出たことに対して、ロズベルグが公式インタビュー内で口撃。チーム無線でもハミルトンに対して「ペースを上げないと先にロズベルグをピットインさせるぞ」という指示が出て実際にそういう判断がなされた局面もありました。確かにチームとしては肝を冷やしたシーンでしょうが、個人的にはハミルトンの「ロズベルグは遅いと思うならオーバーテイクを仕掛けてくるべきだったのに、そういう気配さえなかった」というコメントが全てだと思います。結局コース上で決着をつけられなければ、さらに強かになったハミルトンにロズベルグが勝てる道理がない。ロズベルグ側にヒールになる覚悟がなければ、今年もチャンピオンシップは去年以上にハミルトンが圧倒して終わるでしょう。

マクラーレン・ホンダは 12・14 位のノーポイントフィニッシュ。しかしながら今季初めて 2 台が完走を果たしたのは大きなニュースで、しかもロータスやフォースインディアとのバトルを繰り広げながらの完走、というのは朗報です(もっと上位でのバトルを観たいという思いもあるけど)。フリー走行では FP2 でバトンが 10 番手タイムを記録するなど、マレーシア以上の進歩を見せてくれました。
ホンダとしてはこれでようやくスタートラインに立てたに過ぎず、まずは予選 Q1 突破が当面の目標になるでしょう。予選全体を通したトップタイムからは 3.5 秒落ち、Q1 突破までもあと 1 秒は速くしなくてはならないというハードルは簡単ではありませんが、せめてスペイン GP ではそのポジションにつけていてほしいところ。とりあえず信頼性の確保が見えた中国 GP を終え、来週のバーレーンではパフォーマンス重視のセットアップを見せてほしいと思います。排熱に厳しいサーキットだからなおのこと難しい注文だとは解っていますが...。

投稿者 B : 01:14 | F1 | Season 2015 | コメント (0) | トラックバック