b's mono-log

2007/07/09 (Mon.)

F1 イギリス GP 2007

イギリスGP決勝:ライコネンが逆転優勝、ハミルトンは3位に終わる (GPUpdate.net)

マクラーレンとハミルトンの母国 GP となるシルバーストンは、見事にライコネンが逆転優勝。僚友マッサがピットスタートになるというトラブルはあったものの、自身は危なげない走りで銀色の 2 台を抑えきりました。ヨーロッパに戻ってきてから(故障していた風洞が再稼働してから?)再びマクラーレンを上回る速さを取り戻したフェラーリですが、戦闘力で頭 0.5 個分くらい抜け出したために戦略に幅が出てきたというんでしょうかね。
ハミルトンはポールを獲った予選までは良かったものの、決勝ではマシンバランスが決まらず初回のピットストップでライコネンに先行されてからは比較的守りのレースになりました。それでもデビュー以来の連続表彰台記録を「9」に伸ばし、若干詰められたとはいえチャンピオンシップも首位堅持は立派。アロンソも優勝こそ逃したものの目先の敵でもあるハミルトンとの差を少し詰められて御の字というリザルトではないでしょうか。

まだドライバーズポイントでもコンストラクターズポイントでも 20 点近く差がついているとはいえ、このままの勢いに乗っていければフェラーリ追い上げの可能性も高くなってきます。が、今回のマッサのように信頼性で問題が出るとなかなか差が詰まらないんですがね・・・(まあ、前戦はマクラーレンのほうにトラブルが出ていましたが)。ただ、フェラーリの二人とアロンソがどんなにがんばっても、ハミルトンがこのまま連続表彰台記録を伸ばし続ける限りはなかなか追いつけないので、この抜群の安定感はもはやルーキーじゃないですね・・・。

日本勢はトヨタがトラブルで全滅。ホンダは苦しんではいるものの 9-10 位の結果を出しており、安定してポイント圏内が狙えそうなところまで戦闘力が回復してきましたが、予選での一発の速さがまだまだない状態が続いています。SAF1 はカナダで 6 位を獲ってから低迷していますね・・・高速サーキットが続いているため、根本的なマシンパワーの差と開発力の差が露呈している感じです。
日本のファンとしてはフラストレーションが溜まる展開ではありますが、チャンピオンシップが面白いので、まあいいか・・・。

投稿者 B : 08:39 | F1 | Season 2007 | コメント (0)

2007/07/02 (Mon.)

F1 フランス GP 2007

フランスGP決勝:ライコネンが逆転優勝!フェラーリが1ー2! (GPUpdate.net)

ヨーロッパに戻った F1 は久々にフェラーリが勝利。ライコネンは開幕戦メルボルン以来の 1st ポディウムになりました。今回のレースは予選とスタートが全てといった感じで、予選 Q3 のトラブルでタイムの出せなかったアロンソは決勝でも BMW やルノーを抜きあぐね、スタートでライコネンに先行されたハミルトンも最後まで比較的守りのレース。今回はほぼ完璧にフェラーリのレースという流れでしたが、チーム内バトルは最後のピットインラップ数周でプッシュしたライコネンに軍配が上がりました。これで「四強」がここまでそれぞれ 2 勝ずつを分け合い、唯一全戦表彰台を続けているハミルトンの首位こそ変わりませんが、1~4 位の間が少し詰まってまた面白くなってきました(その一方で 1~2 位間は 14 ポイント差に広がりましたが・・・)。

SAF1 はデビッドソンが早々にアクシデントでリタイア。琢磨はレースペースこそ悪くなかったものの、前戦アメリカから引きずっている 10 グリッドダウンとピットストップ時のトラブル(?)で完走がやっと。ただ、本家 HRF1 がようやく常勝の兆しを見せ始め、バトンが予選 12 位から今季初となる 1 ポイントをもぎ取りました。上位陣から見ればまだまだではあるものの、これでようやくホンダファンとしても楽しめる F1 になってきましたね。SAF1 が本家を上回る展開というのも面白いんですが、それだって本家が速くなければ面白くないわけで。

とりあえずまた少し勢力図が変わってきそうなヨーロッパラウンド。ハミルトン、バトン、デビッドソンの母国 GP であり、HRF1・SAF1 にとっても第二の母国 GP となる、来週のシルバーストンも楽しみです。

投稿者 B : 01:24 | F1 | Season 2007 | コメント (0) | トラックバック

2007/06/18 (Mon.)

F1 アメリカ GP 2007

アメリカGP決勝:ハミルトンが2戦連続で優勝を飾る! (GPUpdate.net)

先週のカナダに引き続き、インディアナポリスでもハミルトンがポールトゥウィン。途中、アロンソの追い上げを食らうシーンがありましたが、難なくかわして危なげなく優勝。全開のような荒れたレースではなく、比較的落ち着いたレースでも完璧な走りを見せました。
それ以外には中団グループの争いや、終盤のフェラーリ同士のバトルこそあったものの、波乱も少ないそれなりのレースでした。ここは毎年オーバル重視とインフィールド重視でマシンの特性が顕著に異なり、それがコースのいたるところでのバトルに結びつくのが面白いのですが、個人的にオーバルコースはあまり好きじゃないこともあり、毎年アメリカはイマイチなんですよね・・・。

琢磨は今回黄旗無視でドライブスルーペナルティのはずが、ペナルティをこなす前にリタイアしてしまったので次戦で 10 グリッドダウン(´д`)。対照的にデビッドソンは終盤でバトンをオーバーテイクするなど良い走りを見せてくれましたが、ヨーロッパラウンド後半戦に向けてはちょっと厳しい状況であるのは事実。マクラーレンにあからさまな差をつけられてしまったフェラーリとともに、2 週間後のマニクールに向けてどこまでアップデートを施せるでしょうか。
しかしフェラーリは半ばチャンピオンシップ争いから脱落しかかっていますね。首位ハミルトンからマッサは 19 点差、ライコネンは 25 点差。コンストラクターズポイントもマクラーレンに 35 点差をつけられてしまって、あと 10 戦残っているとはいえ巻き返しはかなり厳しい状況です。マクラーレン内でも既にハミルトン-アロンソ間が 10 点差。F1 史上初のルーキーチャンピオンの可能性も、いよいよ現実味を帯びてきました。

投稿者 B : 23:59 | F1 | Season 2007 | コメント (0) | トラックバック

2007/06/12 (Tue.)

F1 カナダ GP 2007

カナダGP決勝:ハミルトンが初優勝! 荒れたレースでブルツ3位、琢磨6位 (GPUpdate.net)
スーパーアグリ 佐藤がアロンソを抜いて6位フィニッシュ (GPUpdate.net)

大荒れに荒れたモントリオールを制したのは、F1 史上最強の新人ハミルトン。初 PP となる予選からライバルをしのぐ速さをみせ、決勝では度重なるアクシデントをものともせず、むしろ自らの利としてしまうほどの巧みなレース戦略で、ただ一人終始安定したレースを走り続けました。この安定感はこれが初優勝とは思えないほど。
レースは序盤からかなり荒れた展開。公道サーキットらしく、高速コーナーで曲がりきれずにウォールにヒットするマシンが多かったのは、去年に比べてタイヤのグリップが大幅に下がっているからでしょうか。中でも悲惨だったのがトゥルーリと絡んだクビサ(クビカ)で、数年前のクルマなら即死だったかもしれないほどの大クラッシュ。結果的には軽い脳しんとうと捻挫で済んだようですが、いちレースファンとして本当に気が気ではありませんでした。

レース終了までに 4 回のセーフティカーが導入されるという大混乱のレース、ハミルトンに続いたのは BMW のハイドフェルドとウィリアムズのブルツ。ここまでの 5 戦は四強だけが入れ替わり立ち替わりポディウムを独占していたのに対して、今回ライコネンとアロンソはマシンバランスに苦しんで下位に沈み、マッサに至ってはピットレーンでの信号無視でブラックフラッグ。最終的に 10 台が戦線離脱するという波乱のなか、何をさしおいても感動的だったのは琢磨の走りでしょう。中盤以降ずっとポイント圏をキープする走りを見せ、最終的には自力でラルフをパスし、のこり 2 週でディフェンディングチャンピオンのアロンソをぶち抜いての 6 位入賞。スペインでの初ポイントにも感動しましたが、今回は国際映像が注目するなか(後半の猛追でアロンソのタイヤがヘタっていたとはいえ)実力でアロンソをオーバーテイクするという大金星は、SAF1 というチームにとっては優勝に匹敵する価値があるのではないでしょうか。6 戦を戦って 4 ポイントという状況は、シーズン前に誰が予想したでしょうか。

来週(もう今週開幕ですが)のインディアナポリス、一週空けてヨーロッパ帰還ラウンドのマニクール~シルバーストンと F1 は連戦が続きます。チャンピオンシップ争いから徐々に脱落しつつあるように見えるフェラーリは巻き返せるのか、あるいはハミルトンがこのまま勢いづいてポンポンと勝ってみせるのか、チャンピオンが意地を見せるのか、SAF1 はこの勢いをキープしていけるのか。フェラーリ vs マクラーレンという戦いはちょっと面白くなくなってきましたが、今年の F1 はまだまだ面白そうです。

投稿者 B : 23:59 | F1 | Season 2007 | コメント (0) | トラックバック

2007/05/28 (Mon.)

F1 モナコ GP 2007

モナコGP決勝:マクラーレンが伝統の一戦を1ー2で制する! (GPUpdate.net)

伝統のモナコ GP はマクラーレンが圧倒的なまでの強さを見せて 1-2。ハミルトンが初優勝を賭けてアロンソに追いすがるシーンはなかなか見物でしたが、それ以外にはマクラーレンがあまりにも強すぎて 3 位のマッサにすら 1 分以上の大差という結果(4 位以下は全て周回遅れ!)に。ガードレールに囲まれて必ずと言っていいほど「荒れた」レースになるモナコらしくもなく、大きなアクシデントもなければ(当然)オーバーテイクらしいオーバーテイクもなく、2 台のシルバーアローのトップ争い以外には全くと言っていいほど見どころのないレースでした。
トップ争いと言っても、テールトゥノーズほどの接近戦もなかったので(最も接近したのでアロンソがバックマーカーの処理にかかっていたときの 0.8 秒差くらい?)、モナコと言えば今でも鮮明に思い出す 1992 年のセナ・マンセル対決のあの観ているほうもアドレナリンがぶわーと分泌してくるようなレースを観てきた立場からすると、やっぱり物足りません。セナ・プロの再来を思わせるマクラーレンのチーム内バトルは面白くはあるものの、ロン・デニスが秘蔵っ子ハミルトンにいきなりワールドチャンピオンを与えるとも思えないし、当時の純粋なレーサー同士の闘いみたいなものとは違う「優等生のレース」に見えてしまうんですよね。

とりあえず、今回の GP は昨年の悪夢を思い出させるような予選でのラスカスでの 2 台のフェラーリ停止の映像が全てだったような。このままマクラーレン独走でチャンピオンシップが決まってしまわないことを祈るばかりですが、何となく、客観的にチーム間の「求心力」の差が出始めたのかな、と感じています。

投稿者 B : 23:38 | F1 | Season 2007 | コメント (0) | トラックバック

2007/05/24 (Thu.)

日本 GP チケットゲット!

当たりましたっ!!

F1 2007 JAPANESE GP in FUJI SPEEDWAY (富士スピードウェイ)

2 次抽選で何とかゲット。シートは希望どおりヘアピンの F 席。チケット&ライドシステムに関しては、1 次抽選のときはは三島限定で応募して外れたんですが、今回は三島・大雄山・駿河小山で応募してみたところ、なんとか大雄山ルートに引っかかりました。やっぱり東京から新幹線一本で行ける三島は競争率高かったんですかね、大雄山だと一回乗り換えになっちゃいますが、とりあえずチケット確保できただけでも良しとします。でも当初は土日とも日帰りで、と考えていたんですが、なんかだんだん面倒になってきました(´д`)。宿探そうかな・・・。

あと携行するレンズがちょっと悩みどころ。当然 70-300 は持って行くつもりなんですが、もう一声で 400mm クラスが欲しくなってきた自分がいます(;´Д`)ヾ。

投稿者 B : 23:07 | F1 | Season 2007 | コメント (2) | トラックバック

2007/05/14 (Mon.)

F1 スペイン GP 2007

スペインGP決勝:優勝はマッサ、琢磨がポイント獲得!! (GPUpdate.net)

一ヶ月とちょっとぶりの開催となった F1、ヨーロッパラウンド開幕戦となるスペイン GP は、ポールトゥウィンでマッサが快勝。ハミルトン、アロンソが続くという結果になりました。今季は結局まだフェラーリとマクラーレンの 4 人しか表彰台に上がっていませんね・・・。
ライコネンは痛恨のマシントラブルで早々にリタイア、他にも多数のアクシデントが発生して 8 台がリタイアするという「荒れたレース」となりましたが、序盤にいくつか接触があった以外はほとんどが単独トラブルでセーフティカー導入もなく、オーバーテイクどころかサイドバイサイドすらあまり見られないという、「レース」という観点では比較的落ち着いた内容だったと言えます。
アロンソは母国 GP ながらスタート直後のジャンプアップの際にマッサに弾き出され、3 位でコースに戻ってからはポジションを守った堅調なレース。ハミルトンも例によっての安定したレース運びで、マッサがポールポジションから一人旅を続けるという、まさにマッサの勝ちパターンでした。フェラーリにとってはライコネンのリタイアのみが誤算だったでしょうが、これでコンストラクターズランキングは 9 点差と、昨年までのダメっぷりはどこへ行ったというくらいにマクラーレンが安定していますねー。しかもルーキーのハミルトンがドライバーズランキングをリードするという、近年の F1 ではあり得なかった展開となっています。もうちょっと赤と銀が入り乱れてほしい気もしますが、フェラーリ独走とならずまさにがっぷり四つの展開(純粋な速さではフェラーリ、安定感ではマクラーレン)はやっぱり面白いです。

琢磨 チームに感動的な初ポイントをもたらす (GPUpdate.net)

でも、やっぱり今回のレースの最大のハイライトはこれでしょう。中盤、トップ 10 圏内を走っていて前方が決して速くないバリチェロとそれに引っかかっているフィジケラだったときには「もしや」と思いましたが、終盤のピット争い(急遽 3 ストップに変更したフィジケラとの 1 コーナー突入)は、久しぶりに興奮した場面でした。結果、サイドバイサイドからギリギリで琢磨が抑えきったときには、思わず私も拳を握りしめてしまったほど。
SAF1 がポイントを獲得できるなら序盤戦しかないと思っていましたが、さほど荒れなかったフライアウェイ 3 戦ではなく、多くのチームがアップデートを施したヨーロッパラウンドの開幕戦で(上位陣の脱落があったにしても)これだけの競争力を発揮できたというのは、今シーズンの残りもしばらく期待していいんじゃないかと。ホンダの支援があったとはいえ、設立 1 年半(参戦からわずか 14 ヶ月)のチームが前年のチャンピオンチームを抑えて初ポイントを獲得したということには、本当に感慨深いものがあります。やっぱり、今年は(今年も?) HRF1 よりも SAF1 のほうが面白い。

次は伝統のモンテカルロ。「速いマシン」よりも「強いドライバー」が勝つ、真のドライバーズサーキットだけに、4 人のドライバーの誰がポディウムの頂点に立つのか、SAF1 はそこでどのくらいのポジションにつけられるのか、楽しみなレースです。

投稿者 B : 23:54 | F1 | Season 2007 | コメント (2) | トラックバック

2007/05/01 (Tue.)

Heaven Knows

今日から 5 月。いつもなら今頃はサンマリノ GP の時期ですが、今年は開催されず。第 3 戦バーレーンからヨーロッパラウンドの初戦スペインまでは一ヶ月もの間があり、各チームのテクニカルアップデートと次のレースが待ち遠しい日々を送っています。
サンマリノの季節・・・5 月 1 日、という日は、世界中の F1 ファンにとって忘れられない日。アイルトン・セナの命日です。

当時、まだ高校生だった私は、F1 のテレビ放送はたいていビデオに録って翌日観ることがほとんどでした。早めの時間帯なら夜更かしして観ていたのですが、それ以外は翌朝早起きして観ていました。
でも、その日だけは何となくリアルタイムで見ないといけない気がしていたんですよ。ちょっと後ろ髪を引かれる気がしつつも、いつもどおりにビデオデッキの録画予約をセットして、その日は眠りにつきました。

が、翌朝のニュース。いつもなら滅多に F1 の話題を取り上げない朝のニュースが、セナの訃報を伝えていました。

私は「その瞬間」を見てしまうのが怖くて、結局そのままその年のイモラの VTR は観ることができませんでした。セナがヘリで運ばれていくシーンは何度かニュースでも見たのですが、そのレースは未だに目にしていません。

最終的には IT 系に興味をもって(前職を経て)今の仕事に就いていますが、大学に入って本格的に IT と出会うまでは、かなり本気で航空力学を学んでレーシングカーのデザイナーやメカニックになりたいと思っていました。それくらい、セナという人物(と、ホンダと中嶋悟)は少年期の私に大きな影響を与えていたと言えます。ミハエルではないですが、私にとっても「セナはアイドルだった」と言って良いでしょうね。

ミハエルがセナに追いすがった 1994 年のイモラ・タンブレロ。そのミハエルがセナを超えた 2006 年のサンマリノ。そして今年は、そのサンマリノが一年の休養に入っています。

ミハエルの常勝時代が始まって、個人的にも興味の対象がメカニカルエンジニアから IT エンジニアに移ってから、しばらく忘れていたのですが、ここ数年 F1 に再び興味を持つようになってから思い出したことがあります。かつて、こんなものを持っていたのでした。

アイルトン・セナの直筆サイン入りトレーナー。ホンダのグッズで、ホンダ系のとあるイベントで運良く当たったものです。確か当時はまだ中学生だったと思うんですが、そのときは本当に嬉しかった記憶があります。大事にしまっていたのですが、F1 への興味が薄れると同時にそのまま忘れてしまっていたのを、正月に帰省したときに思い出して引っ張り出してきました。
通常「Ayrton Senna」と入れるサインがこれは「Ayrton」だけなのは珍しいかも。もちろん腕は通していないどころか、もったいなすぎてビニールすら開けていません。果たしてどれくらいの価値があるのか想像もつきませんが、自分の少年時代の大切な思い出として、エンジニアを夢に描いていた頃の気持ちを思い出すための証として、また大事にしたいと思います。

投稿者 B : 23:34 | F1 | Season 2007 | コメント (2) | トラックバック

2007/04/26 (Thu.)

日本 GP チケット 1 次抽選ハズレorz

先日申し込んだ富士のチケット 1 次抽選ですが、見事にハズレorz

とりあえず来月早々に 2 次抽選があるのでリトライしてみるけど、今年はホンダも活躍していないし、現地までのアシ(なんだかんだいって混みそう)は心配だし、ダメならダメで潔く諦めるかな、と思案中・・・。

投稿者 B : 23:24 | F1 | Season 2007 | コメント (2) | トラックバック

2007/04/16 (Mon.)

F1 バーレーン GP 2007

バーレーンGP決勝 マッサがポールトゥーウィンで今シーズン初優勝! (GPUpdate.net)

バーレーン GP は、開幕 2 戦で悔しいレースが続いていたマッサがポールトゥウィン。ライコネンは堅実にポジションを守って 3 位、ハミルトンは F1 史上初となる「デビューから 3 戦連続表彰台」の偉業を達成という結果に。上位陣はピットストップのタイミングがそれぞれ読めずに戦略勝負になっていた面はありますが、それ以外に大きな動きはなく(BMW のハイドフェルドが自力でアロンソをオーバーテイクしたあたりは面白かったですが)、比較的堅調なレースでした。強いて言えば、マクラーレンはやはりそれなりにフェラーリと争える競争力をもっていながらも、パフォーマンスにフェラーリほどの安定性が(現時点では)ないのが明らかになったというところでしょうか。
SAF1 は 2 台ともエンジンから白煙を上げてリタイア、バトンもスタート早々に接触でリタイア、というホンダファンには寂しいレースではありました。ただ、今回のレースはダンゴ状態になっている中団の争いにかなり見応えがあって、ルノー・トヨタ・ウィリアムズ・レッドブルあたりの抜きつ抜かれつの展開は楽しませてもらいましたね。特に、最終的にはダブルリタイアになってしまったものの、レッドブルがコンペティティブな走りを見せてくれ、クルサードに至っては予選 21 位から一気にポイント圏内にまで入る中盤のオーバーテイク・ショーには見入ってしまいました。信頼性の問題はあるにせよ、徐々にニューウェイのマシンのポテンシャルを引き出せているのか、あるいは開幕 2 戦がスパイカーのカスタマーシャシー訴訟をかわすためのブラフだったのか。

ともあれ、ポイントランキングは 22 点で 3 人(ライコネン、アロンソ、ハミルトン)が並び、直後にマッサとハイドフェルドがつけるという構図。チーム別に見ても明らかに抜け出している 3 強(ルノーはもう 3 強に入らない)以外はスパイカーを除きほぼダンゴ状態にある、という勢力図を保ったまま、舞台はヨーロッパラウンドへ。次はまるまる 1 ヶ月も空いてしまいますが、それまでにどのチームがどんなアップデートをかけてくるのか、注目したいと思います。

投稿者 B : 23:56 | F1 | Season 2007 | コメント (0) | トラックバック