b's mono-log

2008/09/15 (Mon.)

F1 イタリア GP 2008

イタリアGP決勝:ヴェッテルが史上最年少優勝を果たす!! (GPUpdate.net)

雨に翻弄されたイタリア GP。勝者はなんとなんとの S. ヴェッテル、それもポールトゥウィンでの完勝。ミナルディ時代を通じてチームに初のポールポジションおよび優勝をもたらしたことになりますが、まさかミハエル+フェラーリ以外の組み合わせでドイツ国歌+イタリア国歌を(それもモンツァの)表彰台で聞くことになろうとは。
予選・決勝ともに時間とともに変化するウェットコンディションがあったとはいえ、ここ数戦のトロロッソの STR3 の完璧なセットアップはすごい。予選で 1・4 位グリッドを獲得し、(ブルデーがスタートでエンストしてテールエンダーになってしまったのは残念でしたが)ヴェッテルもピットストップ周の暫定ポジション以外では最後まで首位を明け渡さず、完璧なレースを演じてみせました。昨年の富士といい、もともと荒れたレースに強い印象はありましたが、トロロッソというチームで初優勝を達成してしまうとは、やはりこのドライバーは近い将来ワールドチャンピオンになる器なのでしょうか。

一方でチャンピオンシップを争うトップ 4 のレースはというと、ハミルトン・クビサ・ライコネンの 3 人がなんと Q2 敗退。雨とアタックのタイミングの機微とはいえ、ライコネン 14 番グリッド・ハミルトン 15 番グリッドとは何ともドラマチック。後がないライコネンは、序盤こそ粘っていましたが、こういうコースコンディションになると滅法速い MP4-22 に交わされてからはほとんど良いとこなし。選手権トップから 21 ポイント差と、もはや絶望的としか言いようがない状況に追い込まれました。
ハミルトンのほうは中盤に驚異の追い上げ。あわやヴェッテルを捉えるか・・・というところまでは行きましたが、終盤乾き始めた路面にエクストリームウェザータイヤが音を上げ、残り数周でタイヤ交換して 7 位フィニッシュ。ハミルトンの中盤の速さには目を見張るものがありましたが、やや強引なオーバーテイクや悪質ともとれる幅寄せも目立ち、あまりクリーンでないレースをしたという印象でした。前戦ベルギーでのペナルティといい、最近ハミルトンはヒールっぷりが板についてきたような気もします。

日本勢はここモンツァでも基本的に良いとこなし。それでも、残念ながら入賞には届かなかったとはいえ、グロックあたりはけっこう良い走りをしていたという感想です。一貴も雨のサーキットで果敢なオーバーテイクを仕掛け、(クルサードとの接触なんかもありつつも)予選 18 番手から最終的にはチームメイトをしのぐ 12 位フィニッシュ。一貴は予選の一発が相変わらず課題だと思いますが、富士まで残り一戦、光明は見いだせるのか・・・。
えっと、ホンダはこのレース参戦してたんでしょうか(´д`)。

ドライバーズランクはハミルトンとマッサがいよいよ 1 点差にまで詰まってきました。挑戦権が残っているのは実質クビサまで、ライコネンは計算上は可能性アリだけど、現実的にはもう厳しいだろうなあ・・・それでもマッサのサポートに回りそうにないあたりがライコネンなんだろうけども。

2 週間後は初のナイトレースとなるシンガポール GP ですが、その前に今週のヘレステスト。今最も勢いのあるトロロッソと琢磨の組み合わせがどう出るか、実に興味深いところであります。

投稿者 B : 14:59 | F1 | Season 2008 | コメント (0) | トラックバック

2008/09/08 (Mon.)

ベルギー GP レース後審議の結果

ハミルトンにペナルティ ベルギーGPの勝者はマッサに決定 (GPUpdate.net)

あらま・・・。

ラスト 5 周のバトル、ハミルトンがライコネンに絡みながら最終シケインをショートカットして結果的にライコネンをパス→そのままではペナルティなのでいったんライコネンに抜き返させる→その直後に 1 コーナーで両者が激しく交錯しながらハミルトンがライコネンを再度パス、という展開。客観的に見てもあの抜き方はちょっとフェアじゃないのでは?と感じたので、何らかのペナルティがあるかもとは思っていましたが、こういう結果だとは。

視聴者目線で言うと、実際に自分の目で見た結果がレース後に変わってしまうというのは、何とも気持ちが悪いですね。残り周回数が少なく、レース中の審議が事実上不可能だったとはいえ、後味が悪い結果です。
これがもし逆にハミルトンではなくライコネンに対する審議(仮にライコネンが完走優勝していたとして)だったとしたら、同じ結論だったか・・・?と考えると、昔から(最近特に)フェラーリに優しくマクラーレンに厳しい FIA のこと、あまり公平なジャッジはなかったんじゃないかとも思いますが、結果論ですかね。

これによってハミルトンが+25 秒で最終的に 3 位、マッサとハイドフェルドがそれぞれ 1 つずつ繰り上がりというリザルトになりました。
ドライバーズポイントはハミルトン 76pt-マッサ 74pt-クビサ 58pt-ライコネン 57pt と、ハミルトンとマッサが 2 ポイント差に。ライコネンもトップまで 19 ポイント差と、まだなんとか首の皮一枚残ったかな、という印象に変わりましたね。とはいえ、去年の同じタイミング(残り 5 戦)では 4 位のマッサが首位に 16 ポイント差だったので、それと比べてもかなり厳しい状態、というのに変わりはありませんが・・・。

あと、8 位入賞だったはずのグロックも、黄旗追い越しで+25 秒ペナルティ、ウェバーと順位入れ替えって、あれま(´д`)。

投稿者 B : 08:40 | F1 | Season 2008 | コメント (0) | トラックバック

2008/09/07 (Sun.)

F1 ベルギー GP 2008

ベルギーGP決勝:ハミルトンがスパ初制覇!ライコネンは残り2周でリタイア (GPUpdate.net)

ラスト 2 周でライコネンスピンリタイアってなんだそれ!

今年のスパはマクラーレン有利というのが大方の見解でしたが、スタートからフェラーリが良い走りを見せ、ソフトタイヤを上手く使って 1-3 体制。ここのところ意気消沈してる感じだったライコネン、久々に「らしい」走りを見せてくれて選手権に望みを繋いでくれたら今後のレースが面白くなるなあ、と思っていたのに、スパ・ウェザーも酷なことをする。
これでハミルトン 80pt-マッサ 72pt-クビサ 58pt-ライコネン 57pt と、残り 5 戦で 23 ポイント差となると、ハミルトンが 3 戦リタイアくらいしないともう追いつけないんじゃないかと。ドライバーズチャンピオンシップはほぼハミルトンとマッサに絞られちゃった感がありますね。
レースは序盤と終盤は久々に面白かったですが、ライコネンのスピンで力尽きました・・・(´д`)。

ホンダも中嶋一貴も全く良いとこなしのレースで、日本勢ではグロックがいつのまにか 8 位入賞していたくらい(笑。
逆に良かったのはトロロッソの 2 台で、5-7 のダブル入賞。特にブルデーは開幕戦以来の入賞で、更迭も噂されていた中、見事結果を出しました。ヴェッテルの方はもう入賞圏の常連という感じで、最近のトロロッソは完全にレッドブルを喰ってますね。レース中、今宮さんの解説では琢磨のシーズン中のレースシート獲得もありそうな雰囲気(噂どおりイタリア GP でクルサード引退→ヴェッテル移籍でシートが空くのか、今回の入賞で可能性は薄れたけどやはりブルデーの更迭があるのか)ですが、今宮解説は SAF1 の撤退直前にも意味深なあっただけに、妙に現実味があります。今のトロロッソで、琢磨が富士までに復帰となれば確かに嬉しいですが・・・。

さておき、チャンピオン争いがハミルトン vs ライコネンでなくハミルトン vs マッサだと個人的にはどうも締まらない感じで、既に今シーズンはがっかり気味なんですが、ともあれ次はモンツァ。特にティフォシになったつもりもないですが、昨年は目の前でマクラーレンに 1-2 を決められたフェラーリが、雪辱を果たすことができるのか。また、昨年は最後までファーストドライバーを決めなかったフェラーリが、この状況でライコネンをアシストに回すのか、仮にそうだとしてライコネンがそれを受け入れるのか・・・注目です。

投稿者 B : 23:47 | F1 | Season 2008 | コメント (0) | トラックバック

2008/09/03 (Wed.)

琢磨がトロロッソでテストへ

トロロッソ 琢磨とブエミをテスト (GPUpdate.net)

噂になっていた琢磨のトロロッソ入り。月末のテストに参加することが決まり、いよいよ濃厚になってきました。とはいえ、ライバルは現レースドライバーのブルデー、来季 GP2 からのステップアップを狙う B. セナと S. ブエミといういずれも実力者だけに、一筋縄ではいかなさそう。とはいえ、共同オーナーのベルガーが「来季は若手とベテランのコンビが良い」とコメントしていることや、レッドブルの日本市場への展開(もしそうなら SUPER H2O との関係はどうなる?)とかも考えると、可能性は低くはないでしょう。

トロロッソはここのところ本家を喰う勢いで、ヴェッテルが良いのかと思ったらブルデーもヴァレンシアでは Q3 進出とそこそこの結果を出しており、STR3 の熟成と併せてチームとしての力がついてきたのかなという印象なだけに、トロロッソへの参加は時期的には明るいはず。カスタマーチームからカスタマーチームへの移籍で、しかも再来年以降の体制(本当にコンストラクターになれるのか)が不透明ではありますが、現時点では他に選択肢がないし、仕方ないでしょうか。
個人的にはロータス時代の中嶋悟とセナよろしく、トロロッソで琢磨と B. セナが走ってくれると嬉しいんですけどね。とりあえず朗報を期待。

投稿者 B : 22:05 | F1 | Season 2008 | コメント (0) | トラックバック

2008/08/25 (Mon.)

F1 ヨーロッパ GP 2008

ヨーロッパGP決勝:ヴァレンシア1人目のウィナーはマッサ、2位ハミルトン (GPUpdate.net)

初開催のヴァレンシア。初めてのコース、スリッピーな路面、迫るコンクリートウォール・・・「荒れる」グランプリを予想していましたが、意外とアクシデントの少ない落ち着いた内容で、混乱を期待していた立場としてはちょっとつまらなかったかも、というレースでした。

優勝はポールトゥウィンのマッサ。こういうレースでのマッサは本当に強い。前戦ハンガリーもラスト 3 周でのエンジンブローさえなければ余裕の勝利だったわけで、そういう意味では今最も乗れているのはマッサかもしれません。でもレースが荒れるとイギリス GP のような走りをするのもマッサなわけで、そこを克服できるかが今後ハミルトン追撃の鍵となりそうです。
2 位のハミルトンは全く危なげないレース。彼もタイヤトラブルさえなければ本当に安定していて、マシンもコースコンディションによってフェラーリと一長一短出るものの十分に速い。ポイント上もトップだし、今後のグランプリに持ち込まれるタイヤがどちらかというとマクラーレン有利の組み合わせということもあって、やはり現時点で最もチャンピオンに近いのはハミルトンですかね。

最近どうもおかしいライコネンは、2 回目のピットストップ直後にエンジンブローでリタイア。ハンガリーでのマッサと同じトラブルと思われますが、その前のピットでのアクシデント(給油リグが抜ける前にスタートしてしまった)といい、審議になった(結局注意と罰金のみでリザルトには影響なかったとはいえ)マッサのピットストップといい、最近のフェラーリのレース戦略やピット作業のまずさはほんとにどうかしてる。まあ、ミハエル&ブラウンが抜けた今、もともとのイタリア気質が戻ってきただけなのかもしれませんが。でも、それを置いても最近のライコネンはどこかおかしいように見えるのは、私だけではないはず。チャンピオン獲得のためにクレバーな走りをするライコネンも、走りに対する純粋なモチベーションを失ったライコネンも、どちらも見たくないです。

今回良かったのはトロロッソのヴェッテル。金曜フリー走行 1 でのトップタイムに始まり、Q3 進出から 6 位フィニッシュ。決勝ではそれほど目立った走りはしていなかったようですが、それでもトロロッソのマシンでこのリザルトは立派でしょう。現 F1 ドライバー随一の才能がいよいよ開花し始めたように見え、来年のレッドブルでの走り(と、フェラーリも BMW も目をつけていると言われているその先のキャリア)が本当に楽しみなドライバーです。

日本勢は今回もトヨタが良くダブル入賞を獲得。トゥルーリはここのところずっといいですが、グロックもここ数戦は走れている印象で、互いに良い影響を及ぼしあっているように見えます。コンストラクターズランク 4 位もかなり堅いところに来たのでは。
いっぽうのホンダは相変わらず・・・。

中嶋一貴はあと一歩で Q3 という、久々に良い予選を見せてくれました。決勝ではいきなりアロンソに追突(見た感じ不可抗力っぽかったですが、地元アロンソを撃墜してしまったのは興行的にはまずかった)してしまい、入賞は絶望的に。それでも終盤はバリチェロをズバッと抜く気持ちの良いオーバーテイクを見せてくれ、腐っていないところを示してくれたのが、今後という意味では良かったかも。

2008 シーズンも 2/3 を終え、残すところあと 6 戦。いよいよ終盤戦にさしかかってきました。王者ライコネンが一歩脱落しかけてきたようにも見えますが、去年のような逆転劇はあるのか。ナンバーワンドライバーをちゃんと決めたチームが勝つのか、ジョイントナンバーワンでも勝てるのか。次は F1 グランプリの中でも随一の難コースであるスパ・フランコルシャン、2 週間後が今から楽しみです。

投稿者 B : 00:51 | F1 | Season 2008 | コメント (0) | トラックバック

2008/08/13 (Wed.)

琢磨にトロロッソ入りの噂

琢磨、トロ・ロッソでF1復帰か? (F1キンダーガーテン)

その後の進展にしばらく動きがなかった佐藤琢磨ですが、ここにきてトロロッソ入りの噂が浮上。トロロッソといえばヴェッテルが来季のレッドブル入りが決定、ブルデーは開幕戦以降光るパフォーマンスを見せられておらず、来年の去就については不透明。チーム共同オーナーの G. ベルガーは「来季のドライバーラインアップはベテランと新人の組み合わせが良い」とコメントしており、そういう意味では琢磨も「ベテラン」として選択肢に入る可能性が十分考えられます。

トロロッソの「新人」ドライバー候補としては現在ブルーノ・セナも名前が挙がっており、もし琢磨+ブルーノのコンビネーションが実現するならば、(エンジンはホンダがバックアップする可能性もあるし)往年の日本人ファンにはある意味夢のラインアップ。あくまでまだ噂レベルですが、これが本当なら来年は俄然トロロッソを応援したくなってきそうですね。

投稿者 B : 10:50 | F1 | Season 2008 | コメント (0) | トラックバック

2008/08/09 (Sat.)

2008 日本 GP チケット到着

今年の富士のチケットが届きました。

今年は SAF1 もいないし、ホンダのパフォーマンスもひどいものなので、観戦のモチベーションも微妙に低い(とどめに日曜日しか行けない)のですが、チャンピオンシップは混戦が続いているので、楽しみは楽しみです。
アングル的には去年よりもコースに近そうなので、撮影という点でも楽しみだったり。あとはどういう装備で行くかですが・・・(ぉ。

投稿者 B : 11:11 | F1 | Season 2008 | コメント (3) | トラックバック

2008/08/03 (Sun.)

F1 ハンガリー GP 2008

ハンガリーGP決勝:コヴァライネンが劇的なレースを制して初優勝!! (GPUpdate.net)

マクラーレンにとって完璧な週末が訪れると思われたハンガリーは、番狂わせに続く番狂わせでなんとコヴァライネンが初優勝。
非の打ち所がない予選でフロントロウを独占したマクラーレンに対して、クルマも走りもイマイチ決めきれなかったフェラーリは 3・6 番グリッドからのスタート。しかしマッサが見事なホールショットを決めて 1 コーナーでトップに立ち、それほど大きな差はつけられないもののトップを快走。マッサを追いかけたハミルトンは、2 回目のピットストップでマッサを捉えられるかどうか・・・という力走の途中、左のフロントタイヤをパンクさせて緊急ピットイン。
これでマッサは盤石の体制。コヴァライネンはマレーシア以来久々の表彰台、光る走りのグロックも追いすがるライコネンを抑えきれば初表彰台・・・というラスト 3 周、メインストレートでマッサがまさかのエンジンブロー!唯一のオーバーテイクポイントと言って良いメインストレートでイエローフラッグが出てしまい、グロックに 0.8 秒と迫っていたライコネンはこれで追撃を諦め。そのまま、コヴァライネン-グロック-ライコネンのオーダーでフィニッシュ。

今回のコヴァライネンは特に素晴らしい走りとも見えませんでしたが、上位が潰れていく中きっちり自分の仕事をした、ということでしょう。一昨年のバトンなんかもそうでしたが、上位のマシンがいなくなったときにミスせず淡々と仕事をこなしているようなときにこそ、こういうチャンスというものが巡ってくるのかもしれません。
2 位のグロックは危ないところでしたが、今回は表彰台に足る走りだったと思います。クルマも完璧で、オンボード映像を見ていてもものすごくマシンのスタビリティが高く、フェラーリあたりよりも安定して速いという印象でした。カナダを境に BMW の勢いが萎えてきましたが、今の勢いだけで見ると二強の次はトヨタ?というくらい、波に乗ってますね。

レース前まではこの GP でハミルトンが頭一つ抜け出すかなあ、とすら思っていましたが、結果が出てみるとハミルトン 62pt-ライコネン57pt-マッサ 54pt というランキングに。今季は誰もそう簡単には優位に立てない、妙な流れになっています。最近レースごとに目まぐるしくトップ 3 の順位が入れ替わってますが、まだまだ分からないですね。

F1 サーカスはテストも禁止となる 3 週間の夏休みを挟み、初開催となるヴァレンシアの地へ。野次馬的には速く続きを見せろー、と言いたいところですが、ここでひとやすみとなります。

投稿者 B : 23:59 | F1 | Season 2008 | コメント (0) | トラックバック

2008/07/21 (Mon.)

F1 ドイツ GP 2008

ドイツGP決勝 ハミルトンが優勝、2位は初表彰台のピケ (GPUpdate.net)

なんかイマイチ盛り上がらなかったグランプリ。レースディスタンスの半分を終えたところでのグロックのクラッシュで SC が入り、順位シャッフルされましたが、現在の SC ルールが好きじゃない私にはやっぱりイマイチ。

優勝は連勝となるハミルトン。ポールから独走、SC 後はピットストップのタイミングずれで一時はマッサにポジションを譲りましたが、コース上できっちり決着をつけて勝ち。2 位には自身初、チームにとっても今季初(昨年の富士以来)のポディウム獲得となる N. ピケ Jr.。この 2 位は自身の今季最も安定した走りももちろんありますが、やはり SC 時のピットの判断によるところが大きいでしょう。チーム力での好リザルトと言えます。

フェラーリはパッとしない週末で、3-6 位フィニッシュがやっと。ホッケンハイムにしては冷えた天候だったため、タイヤが温まりやすい代わりにタレやすいマクラーレン有利/タイヤに優しい代わりに温まりにくいフェラーリ不利に働いたと言えますが、前戦イギリスからの勢いの違いが如実に表れています。ここまで三強の均衡を保ってきたシーズンでしたが、ここらを境にハミルトンに傾いていきそうな雰囲気も感じられます。

ホンダはやっぱり良いところが全くないレースでした。イギリスでの表彰台は超ラッキーだったとしても、やっぱりこういう普通のドライレースはてんでダメですね。ウィリアムズも後方に沈んでいたし、個人的にはちょっと面白くないレースでした。

投稿者 B : 00:37 | F1 | Season 2008 | コメント (0) | トラックバック

2008/07/07 (Mon.)

F1 イギリス GP 2008

イギリスGP決勝:ハミルトンが母国GPを制す!バリチェロが3位表彰台! (GPUpdate.net)

クルサードが今季限りでの引退を発表したイギリス GP は、雨で大荒れの展開に。まずは予選からいつもとは違う展開で、フロントロウにコヴァライネン-ウェバーが並ぶというだけでも珍しいですが、決勝も雨が降ったり止んだりでレースを大きくかき回してくれました。中盤はちょっと目まぐるしく状況が変わりすぎ、実際に誰と誰がレースをしているのか分からなくなって、観る方も大変でしたね。

こういうレースで必ずと言って良いほど強いのがハミルトン。彼はこういうレースではほぼ間違いなく「何も天候やアクシデントの影響を受けない」走りで悠々勝ちをさらっていく展開を得意としていますが、今回も序盤で簡単にコヴァライネンからトップを奪ってからは、途中でエクストリームウェザーを履いてペースの上がったバリチェロに一時的に抜かれた以外、全く危なげのない走りで母国初優勝を手にしました。
チームメイトのコヴァライネンはせっかくの初ポールをフイに。Q3 のタイムが一人だけ別世界だったので、軽タンスタートで逃げ切る戦略かと思いきや、スタートで出遅れてあとはズルズル。5 位フィニッシュはしたものの、勝ったハミルトンとは対照的にいかにもしまらないレースでした。

ライコネンは・・・というかフェラーリは今回のタイヤ戦略を完全に失敗。初回ピットでタイヤ交換なしで出したところ、その直後から雨脚が強くなってきて裏目に。細かいミスもあって 4 位が精一杯だったという感じですが、今回は完全にチーム側のミスでしょうね。今季のフェラーリにはミハエル時代には考えられなかったような戦略のまずさが見え隠れし、それがマシン的には優位なはずのシーズンを難しくしている気がします。
で、いっぽうのマッサですが・・・何回回ったか分からないくらいスピンし、最後尾からフォースインディアでさえもオーバーテイクに苦労する有様で、完走中最下位となる 13 位。あまりにも不甲斐ないレースで、仮にもレーススタート時点でのポイントリーダーがするような走りじゃないね(´д`)。自身初のドライバーズランクトップを獲って自信をつけたかと思った矢先、私の中でのマッサ株はまた大暴落しました。

今回の金星と言えるのはやはりホンダ。大幅なアップデートを持ち込んできた結果は(予選を見る限りでは)あまりなかったようですが、バリチェロに執ったタイヤ戦略が天候にピッタリはまって、今季初・チームとしても 1 年半ぶりとなるポディウムを獲得。ほとんどのクルマがスタンダードウェットで走る中、エクストリームウェザーで一人異次元のタイムを出し続けた今回のホンダほど痛快だったレースはいつぶりでしょうか。まあ、その戦略も「失うものがない」中でのギャンブルがたまたま当たったに過ぎませんが、それでもチームにとっては明るい材料と言えるわけで。
ただ、相変わらずバトンはパッとしない状態が続いていますし、アップデートが施されたマシンについても、正直イマイチとしか。RA108 はフロントノーズが象の鼻のように細長く垂れ下がった形に変更されましたが、正直どんどん醜いマシンになっていっているのが残念でならない・・・。これで速くなっていればいいけど、全然効果が出ているように見えない(実際には速くなっているんだろうけど、他チームの向上度合いを上回れていないので、結果的にテールエンダーから脱出できない)のは、状況の深刻さを物語っていますね。今回の表彰台獲得も、昨年のウェットレースで比較的成績が残せたのと同様に、ウェット故に空力性能の差が比較的顕在化せずに済んだ結果でしかないのだと思います。

中嶋一貴についても、今回は「中嶋家らしい」粘りの走りで 8 位 1 ポイントゲット。終盤はアロンソを捉えて 6 位に上がれる可能性も見えていただけに、ファイナルラップでトゥルーリに捕まって 1 ポイントを失ったのは残念でしたが、こういう荒れたレースできっちり結果を残していけば、周囲からも認められていくというものです。特に FW30 と相性が良くないと思われるシルバーストンでのポイント獲得、そして結果的にチームメイトのロズベルグとドライバーズポイントで同点に並ぶリザルトは立派。親父さんの前でちゃんと結果を見せられたことも、個人的には嬉しかったり(^^;

さておき、これでドライバーズチャンピオンシップはハミルトン-マッサ-ライコネンが 48 点で並び、さらに 2 点差でクビサが追うという昨年以上に熾烈な争いとなりました。しかも、前戦終了時点での 1・2 位が今回揃ってノーポイントなのだから、やはりレースというのは分からないものです。

このイギリス GP ですが、2010 年からのグランプリ開催権のドニントンへの移転が決まったとか。シルバーストンサーキットの運営団体である BRDC は長年の資金難にあえいでおり、いつかはこうなるだろうことは想像に難くなかったのですが、シルバーストンはけっこう好きなサーキットでもあり、またクラシックサーキットでの開催がどんどんなくなっていくのは、寂しい限りです。

投稿者 B : 23:54 | F1 | Season 2008 | コメント (0) | トラックバック