b's mono-log

 1 |  2 |  3 |  4 | all

2009/11/19 (Thu.)

バトンはマクラーレン、ライコネンは休業へ

バトンのマクラーレン入りが正式決定! (GPUpdate.net)
ライコネン 2010年は休業 (GPUpdate.net)

バトンがマクラーレンに移籍。

メルセデスによるブラウン GP への資本参加の噂が立ち始めた頃から出てきた話でしたが、結局それが本当に。これにより玉突きでライコネンは行き場がなくなり、2010 年シーズンは休養する方向(ラリーには出るかも)とのこと。

バトンは良いドライバーだと思うけど、チャンピオンになれたのは今年のレギュレーションという特殊事情があったからで、ハミルトン王制を敷くマクラーレンに移籍してハミルトンとガチで比較されるような状況だと潰れるだけなんじゃないかと思うけど。
個人的には来年ライコネンの走りが見られないのがとても残念。休養後は契約の切れるウェバーの代わりにレッドブル入りするという噂が早くも立っていますが、確かライコネン個人のドリンクスポンサーもレッドブルだったはずだし、あり得る話かも。ニューウェイ作の驚速だけど壊れるマシン+こちらも驚速だけど浮き沈みの激しいライコネンの組み合わせがまた見られるなら、こんなに楽しいことはない!(ぉ)ヴェッテルと同条件で走ったらどっちが速いか、というのも興味深いです。うう、早く F1 に戻ってきてほしいです。

来季のシート状況は今のところこんな感じ。

  • マクラーレン: バトン、ハミルトン
  • メルセデス GP: ロズベルグ、ハイドフェルド?
  • レッドブル: ヴェッテル、ウェバー
  • フェラーリ: マッサ、アロンソ
  • ウィリアムズ: バリチェロ、ヒュルケンベルグ
  • ルノー: クビサ、グロジャン?/ディ・グラッシ?/モンタニー?
  • フォースインディア: スーティル?/リウッツィ?/ピケ Jr.?/チャンドック?
  • トロロッソ: ブエミ、アルグエルスアリ?
  • マノー: グロック、キャロル?/小林可夢偉?/デビッドソン?
  • カンポス: セナ、デ・ラ・ロサ?/パンターノ?
  • USF1: アンドレッティ?
  • ロータス: トゥルーリ、ファウジー?
  • Qadbak ザウバー: ?
これでトップチームのシートはほぼ埋まった形になりますが、メルセデスのシートが本当にドイツ人デュオになるのか、とルノーのあと 1 つは誰になるのか(あとそもそもルノーの参戦継続の話は最終的にどうなるのか)。新規参戦系チームと旧 BMW もなかなか決まりませんが、シートだけでなく来年のグリッドに本当に並ぶことができるのか?など、まだまだ不確定要素は多いです。

オフシーズンにこれだけ不確定要素の多い年も滅多にないと思いますが、この先どうなっていくことやら・・・。

投稿者 B : 00:01 | F1 | Season 2010 | コメント (0) | トラックバック

2009/11/17 (Tue.)

メルセデスがブラウン GP を買収

ブラウンGP 「メルセデスGP」に (GPUpdate.net)

かなり以前から噂に上っていたとおり、ダイムラー(メルセデス)がブラウン GP の株式取得を正式発表しました。これにより、チーム名はブラウン GP から「メルセデス GP」となり、マシンカラーもシルバーに変更になるようです。テクニカルディレクターはロス・ブラウンが留任。CEO のニック・フライも残るのでしょうか。

もともとホンダだったチームがメルセデスによって言うなれば「乗っ取られる」ことには少々複雑な気分ですが(とはいえ、チーム自体はホンダ時代からフライに「乗っ取られた」状態だったようなものですが)、チャンピオンを取ってから買収というメルセデスのやり方ってどうなの、と思う部分もあり。正直なところ来年からはあまり応援したくないかなあ・・・とも思ってしまいます。

ちなみにこれによりメルセデスはマクラーレンの株式を段階的に手放し、マクラーレンはメルセデスのワークスからプライベートチームに戻るようです。マクラーレンはこの 2 年ですっかりダーティなイメージがついてしまったので、メルセデスからは体よく尻尾を切られたと見て良いんですかね。
さらにはブラウン GP との今後の関係が注目されていたヴァージン・グループもこれで完全離脱が決定的となりました。来季はマノーのタイトルスポンサーが有力でしょうか。

でもってドライバーについてもロズベルグ+ハイドフェルドのドイツ人デュオ説が急浮上(特にハイドフェルド)、バトンはマクラーレンに移籍が濃厚との話ですが、逆にそれこそメルセデスがつくなら資金的な問題はなくなるわけで、バトンとの契約を渋ってきたのは契約金ではなくメルセデス介入によるドイツチーム化の布石だった可能性もあります。逆にバトン移籍が本当ならばマクラーレンはイギリス色が強くなり、よく見ると他チームもイタリア、ドイツ、インド、スペイン、マレーシア等ナショナルカラーの強いチームが大勢を占めるようになってきました。「国対抗レース」A1GP の凋落とは対照的な状況ですが、こんな中においてほぼ払拭されかかっている日本ってもう・・・。

うーん、来年応援したいチームがどうも見あたらない。この移籍話が本当だったら不憫で仕方ないライコネンが行くチーム(どこにも行けず休養 or ラリー転向の可能性も大)か、やっぱりブルーノでも応援するか。一貴と可夢偉は・・・?

投稿者 B : 00:15 | F1 | Season 2010 | コメント (0) | トラックバック

2009/11/04 (Wed.)

トヨタが F1 から撤退

トヨタ F1撤退を正式発表 (GPUpdate.net)

あ~あ。

アブダビが終わって昨日あたりから噂が飛び交い始めましたが、今日になって緊急記者会見→正式発表。可夢偉のブラジル出走が決まったとき

トゥルーリとグロックの契約解除が確実になってきたタイミングで、しかも来季のドライバーラインアップはおろか参戦継続すら確実になっていない状況でこれだと、トヨタ撤退フラグ?とか思ってしまったりします。最後に日本人乗せとけ的な・・・。
と書いていたのが、やっぱり本当になってしまいました。

まるで 11 ヶ月前のホンダ撤退の再現か、というような流れですが、もっと悪いのはトヨタは富士スピードウェイでの日本 GP 開催からも撤退し、かつ直近で F1 のレギュラーシートを得ていた 2 人の日本人ドライバーのマネジメントも TDP が担っているということ。中嶋一貴もトヨタエンジンと抱き合わせでウィリアムズ入りした経緯があるので、もうパーソナルマネージャーを見つける以外には F1 残留の土俵にすらたてないことになります。可夢偉も資金難で「実家の寿司屋を継ぐしかない」状態らしいですし、来季の日本人ドライバーの出走はかなり困難な状況となりました。まあ個人的には日本人ドライバーがいなくても F1 ファンなことには変わりませんが、ホンダと琢磨と一貴がいない F1 には以前ほどのモチベーションが湧かないのも事実なわけで。

うーん、トヨタにはだいぶ前から撤退の兆候はあったので、せめてやめるにしてももう少しやめ方があったと思うんだけどなあ。最悪の撤退シナリオを選んでしまったと思います。一貴と可夢偉、そしてチームスタッフには同情するけど、トヨタには同情できないなあ・・・・・・。

投稿者 B : 22:01 | F1 | Season 2010 | コメント (0) | トラックバック

 1 |  2 |  3 |  4 | all