b's mono-log

 1 |  2 |  3 | all

2011/11/28 (Mon.)

F1 ブラジル GP 2011

ブラジルGP決勝 ウェーバーが最終戦で今季初勝利! - GPUpdate.net

ヴェッテルのシーズン最多ポールポジション記録樹立で始まった最終戦ブラジル GP。勝ったのは今季初勝利となる「ミスターセカンド」M. ウェバーでした。

PP から逃げを打つかと思われたヴェッテルが、ギヤボックストラブルで思ったようなギャップを築くことができず、途中でウェバーに首位を明け渡し。20 年前にこの母国 GP で初優勝した A. セナのように(彼はギヤボックストラブルでレース終盤を 6 速ギヤのみで戦った)ギヤを失いながらもポジションを守りきってほしかったところではありますが、当時に比べるとレースのうちのドライバーの技量が占める割合は相対的に減っているので、そう簡単な話でもなく。それでもレースの大半、全てのコーナーをショートシフトで済ませながら 2 位を堅守した技量はさすがだと思います。
優勝したウェバーは、棚ぼたでの勝利ながらも、これは今年のレッドブルを陰から支え続けたことに対する報いと言えるのではないでしょうか。レースでヴェッテルを直接支援できたグランプリはさほど多くないですが、去年のようにヴェッテルとケンカすることもなく(笑)マシン開発やセットアップでチームを下支えし、時にはレースでライバルの壁となってヴェッテルを逃がす役割も果たし、マシントラブルのほとんどさえ彼が引き受けるという(笑)見事なセカンドドライバーぶり。ドライバーズランクはなんとかアロンソを交わして 3 位といったところでしたが、地味に良い仕事をした一年だったのではないかと思います。

我らが小林可夢偉は自分が果たすべき働きをきっちり果たし、16 番手スタートから 9 位フィニッシュで 2 ポイントゲット。自身のドライバーズランク 12 位、チームのコンストラクターズランク 6 位に大きく貢献しました。中盤以降マシン開発と戦略ミスで苦しんだ今シーズンでしたが、最終的にはほぼ期待通りの結果を残せたのではないでしょうか。あとは来季いかに上の結果を残して、可夢偉にトップチームの門戸を叩く権利をあげられるか、でしょうか。

今シーズンの F1 を総括すると、一見してレッドブル&ヴェッテル圧勝の一年だったわけですが、印象としてはやはりヴェッテルだけが強かったというよりは、どのレースも見応えがあり、近年稀に見るエキサイティングな一年だったと思います。いやここ数年は最終戦でチャンピオン確定というドラマチックなチャンピオン争いのシーズンばかりですが、レース内容としてここまでエキサイティングだった年は珍しいのではないかと。
これを実現した要素はやはりピレリタイヤ+DRS。ピレリタイヤは開幕当初はライフももたず、マーブルはひどいし性能が切れたときの落ち幅はすごいし・・・という印象だったのですが、このタイヤを使ったレースの見方(BS タイヤ以上にピットインのタイミングが重要)を理解してからは、F1 をショーと捉えるならばこのタイヤもアリだな、と思うようになりました。接触やデブリの影響以外ではパンク等の安全性に関わるトラブルも皆無だったし、ピレリは参戦初年度にしては実に良い仕事をしたと思います。
あとは何と言っても DRS ですね。確かに「作られたオーバーテイク」という印象は見ていても感じますが、(F1 速報 PLUS の最新号にも書かれていましたが)DRS の意義はそれによって起きたオーバーテイクそのものよりも、「オーバーテイクを仕掛けようというモチベーションをドライバー達に与えたこと」ではないかと思います。これによって今まで「抜けない」と当たり前のように言われていたサーキットやコーナーでもオーバーテイクが見られるようになり、レース全体としての面白さに繋がったのではないでしょうか。そういう意味では、DRS も本当に意味のあるレギュレーションだったと思います。

これを踏まえて来季は、エキゾーストブローの使用が原則禁止される(完全になくなるとは言えませんが、大幅に制限される)ことになるくらいしか大きなレギュレーション変更はありません。順当にいけばレッドブルは相変わらず速いだろうし、マクラーレンも今年終盤の勢いを維持できればチャンピオンシップは今年より接戦になるでしょう。フェラーリはコンサバな開発スタイルを棄てて来季はアグレッシブなマシンを開発しているというし、ルノーも前方排気が使えない来年は全くの新規マシンを開発することになります。また、メルセデスも W02 の延長線上にあるマシンでは勝ちに行けないだろうし・・・と考えると、引き続き速そうなレッドブルとマクラーレンに対して、続く 3 チームの新しいマシンコンセプトがどれだけ追いつけるか、が序盤の見どころになるでしょう。ドライバーの入れ替えが少ないシーズンでもあるので、見どころはテクニカルな側面に偏るように思います。

とはいえ今はもう 11 月末。例年だとニューマシンの発表は 1 月末頃からなので、来季のマシンのお披露目まであと 2 ヶ月程度しかありません。短い冬休みですが、今から来シーズンを楽しみに待ちたいと思います。

投稿者 B : 23:59 | F1 | Season 2011 | コメント (0) | トラックバック

2011/11/14 (Mon.)

F1 アブダビ GP 2011

アブダビGP決勝 ハミルトンが優勝、ヴェッテルはリタイア - GPUpdate.net

アブダビ GP。ヴェッテルが優勝して奇跡の逆転チャンピオンを獲得した昨年とは違って、今年はヴェッテルの年間最多 PP 記録/年間最多勝記録がどうなるのか?と、フォースインディア/ザウバー/トロロッソのコンストラクターズランク争いの行方は?というのが注目ポイントとなりました。

フリー走行ではマクラーレンが好タイムを連発し、ヴェッテルの PP は危ういのでは?と思われましたが、最終アタックでヴェッテルが 0.14 秒の差をつけて難なく PP。1992 年のナイジェル・マンセルに並ぶ年間最多タイ記録を樹立しました。マシン性能的にはもう拮抗している(サーキットによっては劣っている)んじゃないかと思われるマクラーレン相手でも予選をまとめ上げられる実力はもう貫禄と言ってもいいレベル。ダブルチャンピオンを早々に確定できたことで、この記録はチームもろとも明らかに狙っていましたね。

で、決勝。ヴェッテルがあっけなくホールショットを決めて得意の逃げ切り展開に持ち込む・・・と思いきや、3 コーナーでまさかのスピン。よく見ると右リヤタイヤがパンクしていて、あとはゆっくりとピットに戻るほかありません。ほぼまるまる 1 周をパンクしたタイヤで走らざるを得なかった結果、タイヤ以外にもダメージが発生しており、そのままリタイア。今季初のノーポイントレースとなりました。

スタートでヴェッテルの直後につけていたのはハミルトン。終始アロンソに 3 秒程度後方からプレッシャーを受け続けていたものの、今回は久々にトラブルもアクシデントもなく、今季 3 勝目を飾りました。接戦になるとどうしても接触が目立つハミルトンですが、特に接触する相手が周囲にいなければ(ぉ)本来の速さが活きてきますね。今回の勝利はヴェッテルのトラブルによって棚ぼた的に得たものにすぎませんが、ポディウムの中央で久しぶりに良い笑顔を見せてくれました。これでもう少し自分を見つめ直して・・・というか、ちゃんとバックミラーを見る癖をつけて(ぉ)より強いドライバーに再度成長していってほしいものです。
2 位以下はアロンソ-バトン-ウェバーというほぼいつものオーダー。バトンは中盤までトラブルで KERS が使用できなかったことを考えると、3 位表彰台は健闘といったところでしょうか。

今回熱かったのはむしろ中団争い。ここに来てマシンも戦略もうまく回っているフォースインディアはコンストラクターズ 6 位死守に向けてトロロッソを抑えにかかっていますが、そのトロロッソにポイントで並ばれてしまったザウバーも必死。今回はブエミのリタイアにも救われた格好ではありますが、小林可夢偉がドイツ GP 以来の 10 位入賞。コンストラクターズポイントで 1 点、トロロッソに勝ち越しました。
このあたりの争いは、もともとストレートが速いマシン特性を生かして DRS で抜かれないようにセットアップするフォースインディア、総合性能で勝負するトロロッソ、マシン性能で見劣りする分タイヤ戦略で奇襲をかけるザウバー、という構図が非常にメリハリがあって見応えがあります。フォースインディアの 6 位はもう盤石と言って良い状況だと思いますが、ザウバーとトロロッソの激しい争いは最終戦でも続きそう。この結果が(チームへの分配金という意味で)来季のマシン開発にも影響してくるので、ザウバーには最後の頑張りに期待したいです。最終戦は狭くて抜きにくいブラジル・インテルラゴス。セーフティカーや雨など不確定要素も多いサーキットですが、基本的にはグリッド位置が物を言うレースになると思います。まずは予選ですね。

投稿者 B : 23:59 | F1 | Season 2011 | コメント (0) | トラックバック

2011/10/30 (Sun.)

F1 インド GP 2011

地上波放送前なので、お約束でネタバレ防止用の改行を入れておきます。











インドGP決勝 ヴェッテルが初代ウィナーに - GPUpdate.net

いやあヴェッテル強い強い。PP、優勝、ファステストラップのハットトリックで、なおかつラップリーダーを一度も奪われない完全なるポールトゥウィン。今季のヴェッテルが強いのは開幕時点から分かっていましたが、チャンピオンが確定してからさらに誰にも止められない速さを発揮し始めたようにさえ見えます。前戦韓国 GP でもこのインド GP でもファイナルラップでファステストを獲りに行ったことからも分かるように、今まではチャンピオン獲得を最優先してガマンしていた「とにかく誰よりも速く走って勝つ」というドライバーの本能を解き放った結果ではないでしょうか。
今年のヴェッテルはチームラジオでの会話や記者会見の受け答えの内容を聞いていても明らかに大人になったというか、むしろ悟りを開いたんじゃないかと思うくらい(笑)謙虚でしたが、そこはまだ 24 歳の青年(というか性根としてはもっと幼い部分があると思う)だと感じさせるここ 2 戦の勝ち方。だからこそ、この先まだまだ成長して勝利を重ねていくんだろうなあ、と感じます。

とはいえ、今回は 2 位だったバトンと 3 位のアロンソの走りも素晴らしく、それぞれのチームメイトが自滅していったのとは対照的でした。二人とも元チャンピオンに相応しいレースで、来年は(ヴェッテルも好きだけど、勝つのが分かっている人を応援しても面白くないので(笑))個人的にはバトンとアロンソをプッシュしたいかなと思います。特にバトンはマクラーレンのマシン、特に今年のピレリタイヤとの相性がとても良い。ブラウン GP 時代は「冷え性」のマシンに苦しんだ部分もありましたが、タイヤへの入力が高いマクラーレンのマシンとタイヤに優しいバトンのドライビングのマッチングが良いんでしょう。
一方で自滅したハミルトンとマッサ。最近接触事故が続く因縁の二人ですが、今回はハミルトンよりもマッサに非があるように見えました(実際にペナルティも喰らっているわけですが)。あの接触はマッサが報復のためにドアを閉めたんじゃないかなあ・・・と穿った見方をしたくなる動きだったと思います。ただ、ハミルトン側にもここまでマッサとの接触が続いたらもう少し警戒心があっても良かったんじゃないかとは思うけど。

で、可夢偉は・・・オープニングラップの第 1 コーナーでクラッシュしてレース終了。事故経緯としてはチームメイト同士でぶつかったウィリアムズのクラッシュに巻き込まれた形ではありましたが、近い位置からスタートしたペレスが 10 位入賞していたことを考えると、あまりにも残念すぎる。結局これでコンストラクターズランクとしてはトロロッソに並ばれてしまいましたし、現時点でのマシンの戦闘力からすると逆転されるのは時間の問題。さらに厳しい状況になってしまいました・・・。

ということで、もうすぐ 10 月も終わってしまいますが、今季の F1 はまだあと 2 レースも残っています。チャンピオンも確定したことだしさすがにちょっと長すぎないか、という気もしますが、誰一人として手を抜いていないレースが続いているので、まだまだ見応えはあるというもの。2 週間後のアブダビにも、引き続き注目です。

投稿者 B : 22:56 | F1 | Season 2011 | コメント (0) | トラックバック

2011/10/16 (Sun.)

F1 韓国 GP 2011

これを書いている時点で地上波は放送前なので、ネタバレ防止入れておきます。












韓国GP決勝 ヴェッテルが今季10勝目を飾る - GPUpdate.net

鈴鹿の興奮からわずか一週間、F1 サーカスは舞台を韓国に移しました。ドライバーズチャンピオンは決まりましたが、他のドライバーもランキングや来季のシートを賭けた戦いはまだまだ続きます。
その韓国 GP は、2011 年チャンピオンを確定させたヴェッテルが、鈴鹿での雪辱を果たすかのような貫禄勝ち。予選 PP こそ今季初めてチームメイト以外のドライバーに譲りましたが、そのハミルトンをオープニングラップで鮮やかに抜き去ってからはいつもの彼のレース。今季ずっと安定感があったヴェッテルにあって、駄目を押すようにチャンピオンの力というものを見せつけられました。

また、2 位以下はラスト数ラップを 5 秒の間で 4 台が争うという接戦。今回はハミルトンが抑えきりましたが、昨年も終盤までチャンピオンを争い、今年もチャンピオンシップ 2 位を賭けて争っているハミルトン・ウェバー・バトン・アロンソの 4 人が団子状態でチェッカーを受けるという、韓国 GP はまさに今シーズンの縮図のようなレースだったと言っていいでしょう。

今回のレースで注目はハミルトンでしょう。ここのところ無謀なアタックやブロックによる接触が続き、「危険なドライバー」のレッテルがすっかり定着してしまった感のあるこのドライバー。見るからに頑なになっていて、ここ数戦は上位を獲得しても喜びを表現せず、FIA などのインタビューを受けていても、どうも表情がおかしい。「誰も味方がいない」状況になっているのではないかと思います。
それでも今回、今シーズン開始からレッドブルのどちらかが獲り続けてきた PP を初めて奪った「一発の速さ」は本物でしょう。私もラフなところさえなければハミルトンのアグレッシブなドライビングには一目置いており、バトンとの性格の違いもあってマクラーレンというチームにいいバランスをもたらしているとは思っているので、そういうところは嫌いじゃない。今回、久しぶりの表彰台で少し和らいだ表情を見せてくれましたが、このレースをきっかけに少し変わってくれると良いのですが。ただ、自分を同じく「危険なドライバー」と言われたセナになぞらえ、決して自分の非を認めようとしない姿勢を続けるようならば、ロン・デニスも元マネージャーである実父アンソニー・ハミルトンも近くにいなくなった今、彼を諫めてくれる人は少なくともチーム内にはいないような気もします。

さて、我らが可夢偉。鈴鹿も落胆のリザルトでしたが、今回はそれ以上に存在感が空気でした。他車と接触してフロントウィングにダメージを負うシーンと、バックマーカーとして先頭集団に追い抜かれるシーンくらいしか画面にさえ映らず。今回はチームメイトのペレスも下位に沈んだので、これはもう戦略云々以前にマシンの戦闘力が決定的に足りなかったということ。直近のライバルであるフォースインディアやトロロッソとはレースにならず、ロータスにさえ追い立てられるような貧弱さで、残り 3 戦が心配になりました。このままだとコンストラクターズポイントでフォースインディアを追いかけるどころか、トロロッソに逆転されるのも時間の問題。今シーズンの開発はほぼ終了しており、どうにも苦しい状況となりました。

ただ、2 週間後のインド GP は初開催。まだ誰も走ったことがなく、そういう意味では全員に平等な条件。可夢偉にはここで久々のポイント獲得を見せてほしいところです。

投稿者 B : 21:59 | F1 | Season 2011 | コメント (0) | トラックバック

2011/10/09 (Sun.)

F1 日本 GP 2011 決勝

バトンが鈴鹿を初制覇! ベッテル3位でタイトル獲得! | 日本GP | F1ニュース | ESPN F1

日本グランプリ決勝。私の予想としては鈴鹿と相性が良いマシン、鈴鹿が大好きなヴェッテルの組み合わせが PP から逃げを打ってチャンピオン獲得に華を添える・・・という展開を予想していました。が、レースはタイヤに優しいバトンが巧みなタイヤ戦略によりヴェッテルをピットの間に交わし、そのまま最後まで走りきりました。
クラシックコースであり、高速サーキットでもある鈴鹿はタイヤに厳しい性格。ブリヂストンタイヤだったら今年もヴェッテルが完勝していた可能性は高かったでしょうが、今年のピレリタイヤとのマッチングという意味ではマクラーレン&バトンに分があった、ということでしょうか。思えば、予選でバトンがヴェッテルの 9/1,000 秒差に迫っていたところ、いやもっと言えば FP1 でバトンがトップタイムを出したところから、その兆候はありました。

スタートで成功したものの、すぐにタイヤを駄目にして最後まで伸びが見られず、また今回もバックミラーを見ていなかったことでマッサと接触したハミルトンとは対照的な、バトンの巧いレース。チャンピオンこそ逃したけれど、今季ここまでヴェッテルを追い詰めるレースをいくつも演出し、天候の読みやタイヤの扱いが難しいレースではしっかり勝つ。半ばマシン性能のおかげでチャンピオンを獲得できた 2009 年と比べても、今年のバトンは脂が乗っていて、今最も面白いドライバーだと思います。
マクラーレンというチームは伝統的に 2 人のドライバーをイコールコンディションで競わせる方針だし、昨年のバトン加入時はどちらかというとハミルトン寄りのチーム体制だったのは事実でしょうが、今季ここまでの実績、ハミルトンの落ち着かなさ、チームと複数年契約を結んだ事実などを考慮すると、バトンが現時点~来季における実質的なチームリーダーとして認められたとみて間違いないでしょうね。

2 位のアロンソは終盤まであまり中継に映ってきませんでしたが、例によってしぶといレース運びで気がつけば表彰台。ヴェッテルはピットの隙に交わしたようですが、最後まで RB7 を抑えきっただけでなく、ラスト数周はバトンを脅かす走りすら見せていたのは、ヴェッテルのひとつ前のダブルチャンピオンの意地とすら感じました。やはり、来季もチャンピオンシップはこの 3 人を中心に回っていくのでしょうか。

3 位のヴェッテルは楽なレースとはなりませんでしたね。まあこれまでも数字だけ見ればヴェッテルの圧勝シーズンでしたが、それぞれのレース内容を見ると接戦の末に勝ったグランプリも少なくなく、結局最後までライバル達とバトルを繰り広げることになりました。今回は序盤からリードを広げていくヴェッテルのスタイルと、タイヤに優しい走りを活かして尻上がりにペースを上げていくバトンとの比較で、後者に軍配が上がったということでしょうが、いっぽうで「クリーンエアで走れていないと本領を発揮できない」という RB7 唯一の弱点にはまってしまった側面もあるように思います。
ともあれ、2 人の先輩チャンピオンとともにポディウムに上がっての連覇達成は、文句のつけようがありません。昨年とは違ってミスらしいミスもほとんどなく、自分と周囲の状況がよく見えている。アロンソもバトンも最初のチャンピオンを獲ってから雰囲気が変わりましたが、やはり「勝ち方が分かる」とレーサーとしてはひとつ上のステージに行けるものなのかもしれませんね。ハミルトンは相変わらず周りが見えていませんが、あの年は最大のライバルがマッサだったしなあ(笑

で、我らが可夢偉。7 番手スタートで得意の鈴鹿、というこれ以上ない状況からのレースでしたが、スタートでストールしかけるという大失態。中団から追い上げる展開となり、一度は昨年を彷彿とさせるヘアピンでのオーバーテイクも見せてくれましたが、最終スティントで履いたプライムタイヤが早々にタレてしまい、そこでレース終了。ポイント圏からズルズルとポジションを落とし、期待外れのノーポイントレースとなってしまいました。
今回はスタート失敗という本人のミスに加えて、タイヤ交換時のピットのミス、そしてピット戦略の読み誤りなど、決勝レースではやることなすこと裏目に出てしまいました。が、一方で 17 番グリッドのペレスがプライムスタートから良い走りを見せ、終盤にオプションタイヤを履いて好タイムを連発して 8 位フィニッシュという、昨年の可夢偉ばりのレースを見せてくれたことを考えると、可夢偉のリザルトが残念でなりません。まあ、ルノーやメルセデスに後ろを脅かされる 7 番手スタートだった時点で、スタート時にオプションを履いて抑え込む戦略しか採りようがなかったのは理解しますが、もう少し臨機応変さがあっても良かったかなと。
可夢偉とザウバーは来季も契約が残っていて、それ以前に他チームに移る選択肢自体もほとんどなかったことを考えると、ザウバーチームには特に戦略のオプションの持ち方についてもっとがんばっていただきたい。また可夢偉にも「マシンが駄目でも走りで何とかする」だけでなく、「戦略が駄目でも走りでカバーする」ようなところをもっと見せてほしいですね。昨年終盤~今年前半の活躍に対して、今年後半は存在感が薄かったので、このままでは再来年のシートが不安になってきます。まあ、その前に今季の残り 4 戦ですが。

今季の残り 4 戦は、来季のテストを兼ねた消化試合という側面もありますが、今季ここまでの各レースが非常に面白かったことを考えると、まだまだひとつひとつのレースとして純粋に楽しめると思います。しかし鈴鹿が終わってまだ 4 戦も残っているとは、かつて鈴鹿が最終戦近辺にあった時代には、ちょっと想像ができなかった事態です。また近年は終盤までチャンピオンが決定しないことが多いので、鈴鹿でチャンピオンが決まるのもこれでほぼ見納めかなあ・・・と考えると、現役チャンピオン 3 人の接戦の末にチャンピオンが決まった今年の鈴鹿は、とても素晴らしいレースだあったなあ、と改めて感慨に耽ったりして。

投稿者 B : 21:07 | F1 | Season 2011 | コメント (0) | トラックバック

2011/10/08 (Sat.)

F1 日本 GP 2011 公式予選

ベッテル、得意の鈴鹿でポール獲得! | 日本GP | F1ニュース | ESPN F1
可夢偉、7番グリッドからスタートへ | 日本GP | F1ニュース | ESPN F1

2011 年の F1 グランプリも、いよいよ日本にやってきました。「バトン優勝、ヴェッテル無得点」という条件を満たさない限りヴェッテルの 2 年連続チャンピオンが確定してしまう、明らかにヴェッテルの戴冠グランプリではありますが、それでも鈴鹿は私も毎年最も楽しみにしているグランプリ。そりゃ興奮するというものです。

予選はヴェッテル/レッドブルが圧倒的・・・かと思いきや、ここでもマクラーレンが良い。ヴェッテルの予選アタックで少しミスがあったとはいえ、Q3 タイムでバトンがヴェッテルに 0.009 秒差に迫るという内容で、ヴェッテル PP、バトン 2 位という布陣に。それに続くハミルトン、マッサ、アロンソ、ウェバーというのはまあ順当なところでしょうか。

チームリーダーとして 1 年ぶりの凱旋となり、昨年日本中を沸かせてくれたような健闘が今年も期待される小林可夢偉。マシン性能としてはルノー、トロロッソ、フォースインディアに完全に逆転され、Q3 進出が厳しい状況ではありました。
Q1 ではオプションタイヤでのアタックでトップタイムを記録し、Q2 ではザウバーを侮ってタイヤ温存戦略に出たトロロッソをうまく喰えたという面もありましたが、ヘアピンで微妙にタイヤロックしながらもラップタイムをうまくまとめて見事 Q3 進出。で、Q3 ではレースシミュレーションのためプライムタイヤで 2 周だけ走って(タイム計測はせず)タイヤ温存策に出ましたが、ミハエルとルノーの 2 台がタイヤ温存で完全に出走しなかったため、結果的に 7 番グリッドを獲得。自己最高グリッドからのスタートとなりました。
そうはいってもザウバー C30 は決勝で 3 強に追いつける戦闘力は持ち合わせていないので、実際には後ろから追い上げてくるミハエルやルノーからポジションを守るレースになることは間違いないでしょう。が、守りに入るのではなく、攻めのレースを見せてほしいところ。どういうタイヤ戦略をとるのかも含め、注目です。

投稿者 B : 23:08 | F1 | Season 2011 | コメント (0) | トラックバック

2011/09/26 (Mon.)

F1 シンガポール GP 2011

シンガポールGP決勝 ヴェッテル優勝、タイトルは日本GPへ持ち越し - GPUpdate.net

シンガポール GP はヴェッテルの圧勝。シンガポールに滅法強いアロンソ(初開催の年はクラッシュゲートという事件があっての優勝でしたが、それでも)が奮起してくれるかと思いましたが、タイヤとのマッチングに苦しみ 4 位。代わりにバトンががんばってくれたおかげでヴェッテルのチャンピオン確定は免れましたが、それでもヴェッテルがチャンピオンにかなり確定的な王手をかけた状態となりました。

ヴェッテルがスタートから逃げを打ち、3 周目にはもう DRS 圏外を走っているという得意の勝ちパターンに入ったおかげで、終盤までヴェッテルが画面に映ることがほとんどないという、観客としてはつまらないレース(笑。中団では差し合いがありましたが、これほど荒れないシンガポールも珍しいというくらいに落ち着いたレースでした。
しかし今回もマッサに絡んだハミルトン。無茶をする必要のないところで仕掛け、アクシデントの原因を作ってペナルティを受ける・・・という展開はもう今年の定番となったようなもので、今回もドライブスルーを受けていました。それでも最終的にポイント圏内に戻ってくるのがマクラーレンとハミルトンの速さなのだとは思いますが、もうちょっと落ち着いたレース運びを見せてくれれば、チャンピオンシップももう少し白熱したかもしれないのに、と思うと、いかにももったいない。バトンの力強いレースと比較すると、イコールコンディションとはいえもうマクラーレンはバトン中心に組み立てた方が良いんじゃないの、とすら思います。逆にバトンは戦略で勝つときは勝ち、実力でもきっちり上位に食い込めるあたり、派手さは少ないものの、マシンの出来次第では来年はヴェッテルのライバル最右翼になる可能性も高いのではないでしょうか。

残念だったのは何と言っても可夢偉。というか、後半戦は残念な話ばかりな気がしますが、予選 Q2 でのクラッシュは可夢偉本人のミスだったとはいえ、レースは相変わらずレースエンジニアの不手際で獲れるポジションをみすみす逃してしまったようなもの。セーフティカー導入時に例によってピットインのタイミングを誤り、ポジションを争っていたはずの相手から一周遅れになってしまうという、あり得ないミス。その後、青旗無視でペナルティを喰らってしまったこともあり、可夢偉のレースは完全に終わってしまいました。
トップチームのシートがほとんど動かない中にあっては、可夢偉にとってはザウバーがベストな選択肢ではあるにせよ、あくまで消去法でのベストにすぎないわけで、マシンのポテンシャルはともかく開発が息切れするチーム体制、それ以上に臨機応変な対応ができないレースエンジニア、とか可夢偉はこのままザウバーにいたら駄目になってしまうと思います。来年はもう契約があるので動けませんが、2013 年こそもっといいチームのシートを獲得してほしい・・・。

チャンピオンシップは確定しなかったとはいえ、一応権利が残されているのはバトンのみ。しかも残り 5 戦で 124pt 差という、もう決定的な差がついてしまいました。だって 5 戦のうちヴェッテルが 1 回でも 10 位以内に入れば、バトンが残り全勝したとしてもヴェッテルのチャンピオンが確定という・・・。もう 99.999% ヴェッテルのチャンピオンは決まったようなものですが、鈴鹿まで持ち越してくれただけでも良しとしましょう。
次は 2 週間後、ヴェッテルが「神が作ったサーキット」と表現した鈴鹿サーキット。ここで、ミハエル・シューマッハー以来の 3 年連続優勝をもって、ヴェッテルがチャンピオンを決定するか。コースとの相性で言えばレッドブルが優勝の最右翼であることは間違いがないので、そこだけに注目が集まります。また、可夢偉は去年のようなオーバーテイクショーを見せてくれるのか。クルマの仕上がり的には厳しいような気はしますが、また胸が熱くなる走りを見せてほしいものです。

さあ、今年もまた日本グランプリの季節がやってきました。

投稿者 B : 00:59 | F1 | Season 2011 | コメント (0) | トラックバック

2011/09/12 (Mon.)

F1 イタリア GP 2011

イタリアGP決勝 ヴェッテルがモンツァを制覇! - GPUpdate.net

数ある F1 サーキットの中でも最も高速なイタリア、モンツァサーキット。最近の流れからいって暑ければフェラーリ、寒ければマクラーレンが有利かと思われましたが、順当に(?)ヴェッテルがポールトゥフィニッシュ。久々の 2 連勝を飾りました。
ライバルに比べてストレートの伸びが悪いのがレッドブルの弱点のひとつでしたが、前戦ベルギーから高速サーキット向けのセッティングが決まってきたようで、十分に競争力あるマシンに仕上がっていました。とはいえ、今回の勝因は好調だったミハエルのメルセデスに救われた、と言っても過言ではないかもしれません。

序盤、好スタートを決めた上にセーフティカーインのタイミングでハミルトンを交わしたミハエルは 3 位を快走。後ろから攻め立ててくるハミルトンと後続のバトンを冷静に抑え込み、10 周以上もポジションを守ります。レース巧者のバトンがミハエルとハミルトンの争いの隙に漁夫の利を得ましたが、ミハエルはその後も 10 周近くハミルトンを抑え続けます。後から考えれば、ここでミハエルがマクラーレンの 2 台を抑え込んでいなければ、バトンはヴェッテルに迫っていた可能性もあったわけで、レッドブルにしてみればミハエルは良い仕事をしてくれた、といったところでしょう。

チームのホームレースとなったフェラーリは、スタートから見事なホールショットを決めてオープニングラップから数周トップを快走していましたが、DRS が使用可能になった直後にヴェッテルに交わされてしまいました。アロンソは自身やチームのホームレースでは必ず何か一発を狙ってくる「演出家」だと思いますが、今回もマシン状況が苦しい中でやってくれましたね。勝てはしなかったものの、マシン性能に差がある中で表彰台をもぎ取ったのはさすがだと思います。

ザウバーは今回 2 台ともリタイア。原因はギヤボックストラブルとのことですが、最近チームに序盤の勢いが全く感じられなくなってしまったのが気になります。さすがのメキシカンマネーも枯渇してきたということかもしれませんが、日本 GP に向けて再浮上していってほしいところですね・・・。
いっぽうで、私の贔屓であるルノーのブルーノ・セナは今回も順当に Q3 に進出し、決勝では 9 位フィニッシュで F1 人生での初ポイントを獲得。今年のルノーはマシンがいいとはいえ、ハイドフェルドが乗りこなせなかったマシンをレース復帰 2 戦目でポイント圏内に持って行ったのは立派でしょう。さすがに叔父さんほどの才能があるようには見えませんが、せっかく掴んだチャンスをモノにしていってほしい。

チャンピオンシップについては、トップのヴェッテルが優勝し、2 位以下で星の取り合いをしているので、さらにヴェッテルが有利になりました。というより、もう事実上の確定といっていい状況(仮に 4 レース休んで、2 位のアロンソがその間全勝してもまだトップ)なので、残りのレースの楽しみ方はもうレース単体で楽しみつつ、各チームが来季に向けた開発をどのように先行投入してくるか・・・が見どころになりそうですね。

投稿者 B : 22:43 | F1 | Season 2011 | コメント (0) | トラックバック

2011/08/29 (Mon.)

F1 ベルギー GP 2011

ベルギーGP決勝 ヴェッテルが4戦ぶりの優勝 - GPUpdate.net

夏休み明けの F1。伝統のスパ・フランコルシャンサーキットで再開されたチャンピオンシップは、ヴェッテルが 2 年連続の戴冠を大きく引き寄せるレースとなりました。

予選はまさに名物「スパ・ウェザー」に翻弄されたような展開で、ウェット→ドライへと移り変わる難しいコンディションを制した者が生き残る、という状況でした。チェッカーフラッグぎりぎりに計測ラップに飛び込んだクルマほどいいタイムが残せるようなコンディションの移り変わり具合で、中でも特に翻弄されたのがジェンソン・バトン。ピット側のミスであと 1 周走れるところをピットに戻ってしまい、Q2 落ちという結果に。逆に、グリッドは順当に(?)ヴェッテルが PP を獲得しました。

決勝はいつ降り出してもおかしくない天気でのスタートながら、最後まで結局降り出すことはなく、フィニッシュラインを越える頃には青空も覗いていました。スタートからヴェッテル、ロズベルグ、アロンソ、ハミルトン、ウェバーあたりの攻防で、またタイヤにブリスターが出るのが早い路面状況でもあったことから、もしかしたら今回もレッドブルが負ける展開はあり得るかも?と思いましたが、「ブリスターが出ても意外ともつ」ことが判ってからはトップ争いは安定。先頭から危なげなく勝つという、レッドブルが得意なレース展開でひさびさの 1-2 フィニッシュを決めました。

最近はマクラーレンとフェラーリの戦闘力が上がってきたので、レッドブルよりもむしろ気温が上がればフェラーリ、上がらなければマクラーレンという下馬評もありましたが、そういうのを覆しての 1-2 は「相対的に優位性はなくなってきたけど、だからといって速い」という RB6 の真価だと思います。ただ、レースペースを考えれば、予選でのチーム側のポカがなければバトンが勝っていた可能性だって十分にあったわけで。スポーツにタラレバは禁物ですが、そういう運もあっての 1-2 だった(逆に言えば、レッドブルにはまだ運がついている)とは言えると思います。

逆に、中団グリッドから見事ポディウムの一角に食い込んだとはいえ、今回もバトンは良い走りをしていたので、勝ちにつなげられなかったのは残念でした。特に中盤以降のレースはバトンのオーバーテイクショーだったと言っても過言ではなく、例によって雨でも降ればバトンのタイヤマネジメントがさらに活きてきていたかもしれません。
いっぽうでチームメイトのハミルトンは、いつもどおりのアグレッシブな走りで、それほど派手ではないものの接触もちらほら。個人的には彼の攻める走りは(たまにそれどうよ、というのはあるものの)どちらかというと評価しているのですが、まあやっぱり強引さは否めませんね。で、可夢偉とのバトルでは後ろが見えておらず、コーナー入り口で可夢偉が仕掛けたところで接触、そのままウォールに強くヒットしてリタイア。チャンピオン獲得の可能性は事実上もうないとはいえ、注意力や慎重さに欠けていると言われても文句は言えませんね・・・。

で、そのハミルトンに絡んでしまった可夢偉。各車ピットストップの狭間もあったとはいえ一時は 5 位を走行する快走を見せていましたが、このハミルトンとの接触を境に転落していきます。ハミルトンのリタイアでセーフティカーが導入された際にマシンにダメージを負った可能性が高いですが、さらに SC 導入時にすかさずピットインすべきところ、1 周遅れてのピットストップになったことでポジションを失い、ポイント圏外まで落ちてしまいました。その後はペースも伸び悩み、残り 4 周でバリチェロに当てられるなど泣きっ面に蜂状態。中盤以降は最後までこれといって良いところなく、ノーポイントでレースを終えました。
ザウバーのまずいピットストラテジー(特にレース中の臨機応変な対応ができないこと)はもう何度目だという感じで、今季はこれで失ったポイントも数え切れません。ザウバーの今年のマシンはそこそこだし、可夢偉もペレスもよく走っていると思いますが、ピット戦略がそれを台無しにしています。レース前に立てた戦略がズバッと当たったときには滅法強いけど、レース中に何かあったときに素早く判断して実行する力がなさすぎ。早く可夢偉をもっと強いチームのマシンに乗せてあげたい・・・。

あ、あと今回からルノーがハイドフェルドを更迭してブルーノ・セナをレギュラーに昇格させることにしたようです。半分は金銭持ち込みに近い状況のようですが、それでもあの黄色いヘルメットが黒金の JPS ロータスカラーのマシンでサーキットを走る様子は、感極まるものがあります(まあ、私が F1 を見始めたのは年齢的に A. セナがマクラーレンに行ってからだけど)。それでいきなり予選 Q3 進出なのだから、いくら今年のルノーのマシンが良いからって、ブルーノも決して遅くはなかったんだねえ、と感心させられました。まあ、1 コーナーのどう見てもまずいブレーキングでドライブスルーペナルティをもらい、最終順位が振るわなかったとしても、とりあえず今回は悪くない走りを見せてくれただけで満足です。次回も果敢にポイントを狙いにいってほしいところ。

投稿者 B : 01:00 | F1 | Season 2011 | コメント (0) | トラックバック

2011/08/01 (Mon.)

F1 ハンガリー GP 2011

ハンガリーGP決勝 バトンが200戦目を勝利で飾る! - GPUpdate.net

雨がらみのエキサイティングなレースとなったハンガリー GP は、F1 通算 200 戦目となった記念すべきレースを、初優勝の地で再び優勝で飾りました。

予選はヴェッテルが順当に PP。その後ろにハミルトン、バトンのマクラーレン勢が続きましたが、決勝スタート時点での路面はウェット。このときに、天候が荒れそうなことと有利な奇数グリッドであることからバトンにも優勝の目があるんじゃないの・・・?と思っていたら、果たしてその通りの結果に。日本でも F1 のブックメーカーがいたなら賭けておきたかった(笑。

レースそのものは最近の傾向をなぞるようにレッドブル、マクラーレン、フェラーリの三強が三つ巴状態。濡れた路面だとタイヤの温まりが悪いフェラーリ 150° Italia がナーバスな挙動を見せ、辛そうな状況を物語っていましたが、レッドブルとマクラーレンはガチンコ。しかしヴェッテルが序盤にミスをしたところをすかさずハミルトンがパスし、中盤まではハミルトンのレースでした。
が、中盤にハミルトンがピットストップでオプション(スーパーソフト)タイヤを履いたところでマクラーレンのバトンチームはバトンにプライムタイヤで残り周回数を走りきらせるという「バトンらしい、かつバトンでなければできない」戦略を選択。これであればこの次にハミルトンがタイヤ交換に入るタイミングでトップを奪えます。
しかし、50 周目を過ぎたところで再びの降雨。これではバトンもタイヤ交換しなくてはならず、もしかするとポジションは最後までこのまま・・・と思ったところで、ハミルトンが真っ先にインターミディエイトタイヤに交換するというギャンブルに出ます。普通、トップを走っていたら確実に抜かれる状況が見えていない限りはコンサバな戦略でいいものだと思いますが、ここでなぜかハミルトンがギャンブル。しかし結局それは裏目に出てしまい、逆にペースが落ちてしまったために再度オプションタイヤに交換、順位を下げます。

結果、天候に惑わされずステイアウトしたバトンがそのまま優勝。以下、ヴェッテル-アロンソというオーダーになりました。

ハミルトンはなぜあそこでギャンブルに出たか理解できませんが、それまでは優勝に値する走りを見せていただけにもったいなかったです。ここ数戦のハミルトンは気をつけているのか(笑)批判されるような危険なオーバーテイクも仕掛けていませんし、途中何度もやり合ったバトンとのバトルもクリーンそのもので、見ていて清々しいものさえありました。やっぱりマクラーレンのこのコンビは理想的かも。
優勝したバトンはやっぱりこういう雨がらみのレースでは光りますね。同じハンガロリンクサーキットで飾った初優勝も同じような荒れたレースでしたが、あのときはライバルの自滅に救われた部分も大きかったのに対して、今回は自力で掴み取った優勝。今季 2 勝目ですが、前回のヴェッテルに打ち勝った勝利に並ぶ素晴らしいレースだったと思います。

今回あまりに残念だったのは小林可夢偉。13 位スタートで、最近はこれくらいのグリッドなら安定してポイントを狙えているし、しかも得意の雨ならかなり期待できるんじゃないの?と思っていました。実際、一時は 7 位を走行し、次元の違う三強の 6 台を除けば中位グループの優勝に値するのでは、と思われましたが、終盤にライフの終わったオプションタイヤで無理にステイアウトしたことでどんどん順位を落とし、気がつけばポイント圏外の 11 位。ピット戦略さえもう少しまともだったら確実にポイントを獲れていたと思うと、悔しくてなりません。
ドイツ GP のときにも書きましたが、ザウバーは事前の戦略がハマりさえすればチームの実力以上の結果を残せるけど、レースの状況に合わせた臨機応変な戦略変更ができないのが弱点すぎる。レースエンジニア、俺に代われ!くらい言いたくもなります(´д`)。

チャンピオン争いに目を移すと、結局ヴェッテルのライバルたちが星を食い合っていることでヴェッテルはさらに有利になり、ランキング 2 位のウェバーになんと 85pt もの差をつけました。ここのところレッドブルの優位性も薄れつつありますが、ここまで広がってくるともうヴェッテルとレッドブルの 2 連覇はほぼ決まったと言って良く、あとはどのグランプリで決まるかの問題と言えそうです。
F1 サーカスはこれにて 4 週間の夏休みに入り、再開は 8 月末のベルギー・スパ。この間の開発(夏休み中は開発禁止期間があるとはいえ、エンジニアもただぼーっと休暇を過ごすわけでもあるまい)でまた勢力図が変わることもあり得ます。レースごとに面白みを増しつつある今年の F1 をしばらく見られなくなるのは寂しいですが、休み明けを楽しみに待ちたいと思います。

投稿者 B : 01:30 | F1 | Season 2011 | コメント (0) | トラックバック

2011/07/24 (Sun.)

F1 ドイツ GP 2011

今日も現時点では地上波放送前なので、例によってネタバレ防止策を入れておきます。











ドイツGP決勝 ハミルトンが今季2勝目、ヴェッテルは4位 - GPUpdate.net

前戦イギリスからフェラーリの相対的な戦闘力が向上して、混戦の様相を呈してきた今シーズン。ここドイツではマクラーレンにも上昇傾向が出てきて、三つ巴の印象がさらに強くなりました。
ヴェッテルが予選でフロントロウを穫れなかったのは昨年のシンガポール GP 以来 15 戦ぶり。そしてポディウムに上がれなかったのも昨年の韓国 GP 以来 12 戦ぶりという出来事ですが、それでも 4 位に入りランキング 2 位のウェバーとはまだ 77pt の差を保っている(実に 3 戦欠場してもまだ首位にいることになる!)という圧倒的な状況には変わりません。

ヴェッテルが苦しんだのはエンジンマップレギュレーションの変更、サーキットとマシンの相性、あとどうやらブレーキマップのマッチングがイマイチだったようですが、やはりエンジンマップの件がサーキットによっては意外と影響が大きいのかもしれません。このあたりはフェラーリやマクラーレンとの位置関係だけでなく、同じマシンに乗っていながら今年のトリッキーなエンジンマップとピレリタイヤに馴染めず最近までペースの上がらなかったウェバーが、ここ数戦で速さを取り戻し始めたことが示しています。
また、勝ったハミルトンだけでなく 2 位に終わったアロンソにも十分に勝つチャンスはあったと思われますが、両者を分けたのは完全にピットストラテジー。今年のタイヤ特性からすると、タイヤの温まりが良いクルマ(レッドブルやマクラーレン)は競っているときには早めにピットイン(アンダーカット)したほうが良く、逆にタイヤの温まりが悪いクルマ(特にフェラーリ)はできるだけタイヤ交換のタイミングを遅らせたほうが良い、というのがセオリー。それなのにライバルのタイヤ交換のタイミングに合わせてしまったことが今回のフェラーリの敗因でしょう。逆に、ピットストップのタイミングをそれぞれあと数周ずつ遅らせていたら、ハミルトンの前で抑え切れていた可能性が高い。このあたりは、臨機応変なストラテジー変更をさせたら F1 界随一のマクラーレンと、ロス・ブラウンが離脱してからどうしてもコンサバで固定的な戦略に走りがちなフェラーリとの差でしょうか。
ともあれ、マシンやサーキットとタイヤとの相性、それに伴うピット戦略で勝敗が決するという意味では、このドイツ GP は今季ここまでのレースで最も 2011 年のピレリ時代らしいレースになったと言えるのではないでしょうか。エキサイティングなレースで、私は非常に楽しめました。

また、チャンピオンシップではヴェッテルを追う 3 人(残念ながら、バトンはここ 2 戦でちょっと離されすぎてしまった)がヴェッテルの前でフィニッシュしたことで、少し差は詰まりました。が、逆に言えばこの 3 人がポイントを食い合っている状況でもあるわけで、よほどのことがない限りヴェッテル圧倒的有利な状況は変わらないでしょう。そろそろ、どのタイミングでヴェッテルの連続チャンピオンが確定するか、を考え始めたほうが良い頃かもしれません。鈴鹿までもつかなあ・・・。

中位グループでは、今回も白眉だったのは小林可夢偉。予選でトラフィックに捕まって好タイムが出せず、Q1 脱落という苦しい立ち上がりでしたが、17 番グリッド(ブエミのレギュレーション違反ペナルティにより一つ繰り上がり)からみるみる順位を上げての 9 位フィニッシュ。3 戦ぶりの入賞ではありますが、可夢偉の走りはそろそろ Q1 脱落からでも入賞を期待していいレベルになってきました。
ただ、ロケットスタートに成功して序盤でポイント圏が見えて以降はどちらかというとチームのピット戦略がイマイチで、もう少し上げられそうなポジションをなかなか上げられず、後半はむしろ「何とか 9 位」と言ったほうが相応しいほどにペースを上げることができませんでした。このピット戦略の柔軟性のなさはフェラーリにも通じるものがあり、獲れるポイントをみすみす逃してしまったようで、悔しいです。可夢偉自身はマシンの実力を超えた走りを見せてくれていると思うので、トップチームからの誘いがあるのならば、本当に来年はもっと良いチームで走らせてあげたい・・・。

投稿者 B : 23:46 | F1 | Season 2011 | コメント (0) | トラックバック

2011/07/10 (Sun.)

F1 イギリス GP 2011

これ書いてる時点ではまだ地上波放送前なので、ネタバレ防止策入れておきます。












イギリスGP決勝 アロンソが今季初優勝!! - GPUpdate.net

今季における最大の技術トレンドであるエキゾーストブロー(昨年のブローディフューザーの発展型で、スロットルオフ時にも排気を活用することでエアロ効率を高めるギミック。極端な話をすると「走っていないクルマでもダウンフォースが生み出せる」という、F1 の空力を根本から変えてしまう考え方)がいよいよ禁止(厳密にはスロットルオフ時のブローが禁止)となったイギリス GP。今季、空力で先行するレッドブルやルノーが相対的に弱まり、フェラーリあたりは相対的に速くなるだろう、と言われていましたが、実際その通りになりました。レッドブルが速いことは変わらないものの、マクラーレンにやや水をあけられていたフェラーリがここ 2~3 戦のアップデートを含め一気に戦力を取り戻してきた印象です。

アロンソは他チームのピット作業のミスと自チームのミスのないピット作業にも助けられましたが、見事に今季初優勝。マシンや戦略もさることながら、ピット作業中にヴェッテルを交わした後で一気にギャップを広げるべくプッシュしたのも効いたのではないかと思います。
逆にヴェッテルはピット作業でのミスが敗因ではありますが、これによってその後のピット戦略にも影響が出て、最終スティントでタイヤが持たず、何とかチームオーダーでウェバーの前をキープできたという印象。それでも 9 戦中 6 勝+2 位 3 回、しかも負けたレースのウィナーはそれぞれ別のドライバー、というのだから、引き続きチャンピオンシップ 2 位との差を広げているわけで。今季はあと 2~3 勝もしたら事実上チャンピオンは確定したとみていいかもしれません。

ウェットスタートからドライに変化するという今回のコンディションでは、相性が良さそうなのはバトンと可夢偉あたりだろうなあ、と予想していました。が、残念ながら今回の予想は大外れ。バトンは健闘していたもののピット作業のミスでホイールが締まっていないままピットアウトしてしまい、ピットロードでそのままリタイア。
可夢偉のほうはというと、自己最高位となる 8 番グリッドからのスタートで、しかも得意とする路面コンディションなら、波乱があれば表彰台を争えるポジションまで行けるかも・・・!と期待しましたが、序盤にミハエルに追突され、ピットアウト時に他者と接触しそうになり、それが理由で 10 秒ストップのペナルティを受け・・・というさんざんなレースになった挙げ句、エンジンブローでリタイア。ミハエルに当てられてから明らかにペースが上がっていなかったので、あの時点でエンジンのどこかがいかれていたのかもしれません。2 戦連続のノーポイントは悔しいですが、今回のエキゾーストブロー禁止はフェラーリエンジン搭載チームに相対的に有利に働いているようですし、改めて次戦に期待。

トップチームの争いが三つ巴の様相を呈してきたのは、特に贔屓チームを持たずにレースを見る立場としては面白くなってきました。また、ザウバーの戦闘力が相対的に向上しているのも良いニュース。ニュルブルクリンクはシルバーストン同様にマシンの総合力が試されると同時に、ここもまた天候的には荒れそうなサーキットです。また面白いレースになることを期待したいですね。

投稿者 B : 23:29 | F1 | Season 2011 | コメント (0) | トラックバック

2011/06/27 (Mon.)

F1 ヨーロッパ GP 2011

ヨーロッパGP決勝 ヴェッテルが今シーズン6勝目を飾る! - GPUpdate.net

2011 年の F1 もそろそろ中盤戦に入ってきました。舞台を再びスペインに戻してヨーロッパ GP はヴェッテルが快勝して今季 6 勝目。8 戦中 6 勝で 2 位 2 回、という非の打ち所のない強さで、チャンピオンシップ上は 2 位のバトンとウェバーに 70pt 以上もの大差をつけました。

バレンシアサーキットのような典型的なストップ&ゴーサーキットではレッドブル不利、と言われてきましたが、そんなことを微塵も感じさせない横綱相撲。予選は余裕で PP、決勝もピットストップのタイミング以外ではトップを明け渡さない強さ。ヨーロッパラウンドに入ってからフェラーリが調子を上げ、ようやくマクラーレンも含めた三強状態というところまで差は縮まってきましたが、ウェバーはともかくヴェッテルはそれでも止まりそうにありません。このまま早々にドライバーズチャンピオンを決めてしまいそうな勢い。

レースの中身は例年眠くなってしまうバレンシアらしく(ぉ)動きの少ないもので、上位争いについてはアロンソとウェバーのピット戦略での差し合いがちょっと興味深かった程度。あとは小林可夢偉を含む中団の争いが激しかったですが、全 24 台完走という全く荒れないレース、そして抜けないサーキットでは、見どころらしい見どころもありませんでした。強いて言えば少ないピットイン回数で上位に食い込んだアルグエルスアリとペレスの走りが光っていたことと、決して仕上がりの良くないマシンで終盤ギリギリまでペトロフを抑え込んだ可夢偉の走りくらいでしょうか。可夢偉は連続入賞記録こそ止まってしまったものの、走りで魅せてくれました。

ここ数戦、フェラーリが速くなってきたのでレースの見応えが高まってきていましたが、次戦以降はシルバーストン、ニュルブルクリンク、ハンガロリンク、スパというダウンフォース命のサーキットが続きます。これはまたしばらくレッドブル対マクラーレンの構図に戻ってしまいそうだなあ・・・と危惧しつつ、2 週間後のレースを待ちたいと思います。

投稿者 B : 01:30 | F1 | Season 2011 | コメント (0) | トラックバック

2011/06/13 (Mon.)

F1 カナダ GP 2011

カナダGP決勝 バトンがファイナルラップで逆転!今季初優勝! - GPUpdate.net

放送時間が通常より遅いので私は録画観戦になりましたが、ウェットスタートとなったカナダ GP。2007 年はクビサの大クラッシュ&ハミルトン初優勝、2008 年は前年大事故に見舞われたクビサが初優勝、などただでさえ波乱の多いサーキットでのウェットレース、そりゃ面白いレースを期待するなというほうが難しいというものです。
レースは予想通り序盤から荒れ、スタート直後にハミルトンとウェバーが交錯してウェバーがポジションを落としたり、その後にまたハミルトンが今度はチームメイトのバトンと接触してリタイア、など荒れ模様になります。そして 25 周目、雨脚がどんどん強くなってきたことを受け赤旗中断。この時点でコース上にステイアウトし続けていた小林可夢偉がなんと 2 位!その後も当分雨が弱まる気配がなかったので、このままレースがコールドゲームになってくれれば日本人初の 2 位獲得か!?と(スッキリした内容ではないにせよ)ちょっと期待したのですが、長い中断の後にレースは再開・・・しようかというところで、まさかの録画予約時間終了(;´Д`)ヾ。レース内容はニュースサイトで文字情報で入手するしかなくなりました・・・。

GPUpdate によると(泣)レース再開後も何度かセーフティカー導入という落ち着かないレースにはなったようでしたが、やはり波乱のリザルトとなった模様。ファイナルラップでバトンがヴェッテルをパスし、今季初優勝。3 位以下も大きく入れ替わったようでしたが、小林可夢偉は残念ながら 7 位フィニッシュ。可夢偉はレース中盤まで 2 位を守っていたようで、がんばればモナコの 5 位を超える結果も期待できただけに、悔しい結末となりました。私はそれ以上にレースの大半が見られなかったので、半ば自棄になっているわけですけどね(´д`)・・・。
それでも、可夢偉は今シーズンずっと入賞フィニッシュ(初戦の失格も含め)を続けてきていて、モナコでの 5 位、そしてカナダでの中盤までの健闘、という活躍ぶりは、もはやいつトップチームからオファーがあってもおかしくない、むしろもうあったかもしれない、という状況になりつつあります。そりゃ、フェラーリがマッサの後釜に、とか、レッドブルがウェバー引退で空くシートに、とかいう噂が立つのも頷けます。可夢偉自身は現在のボスであるペーター・ザウバーに恩義を感じており、契約を全うするという姿勢なので今シーズンの結果がある程度見えるまでは表だった動きはないように思いますが、ぜひ日本人初のトップチームへの抜擢を果たしてほしいところではあります。

ということで、なんか不完全燃焼感は拭えませんが(´д`)、次は 2 週間後のバレンシア・ヨーロッパ GP に続きます・・・。

投稿者 B : 23:55 | F1 | Season 2011 | コメント (0) | トラックバック

2011/06/06 (Mon.)

"Red Bull Energy for Japan" に行ってきました

6/5、F1マシンが史上初めて日本の公道を走行 Red Bull Energy for Japan
レッドブル、横浜・元町を駆ける | Red Bull | F1ニュース | ESPN F1

レッドブル F1 チームが開催した「日本初の F1 公道走行イベント」Red Bull Energy for Japan に行ってきました。鈴鹿に行きたいけどほぼ必ず幼稚園の運動会と重なるお年頃になってしまい(´д`)、2008 年の富士を最後に生の F1 を観戦しに行けていない私としては、ぜひ見ておきたかったイベント。

9 時からのイベントで、朝早いし、昔に比べれば日本チームもいないから人気落ちてるだろうし、8 時くらいから場所取っとけばなんとかなるんじゃね?というつもりで会場の元町ショッピングストリートについてみたら、

Red Bull Energy for Japan

もうこんな状況(;´Д`)ヾ。これじゃ車高の低い F1 マシンはウイングの端すらまともに見えないんじゃないの、という人だかりです。レッドブル公式サイトに掲載されているイメージ画像は以前イタリアかどこかで実施された公道イベントの写真を使っているようですが、道幅が比較にならないくらい狭い。ショッピングストリートっていうけど、中華街に隣接してるのだけが特別な、普通の駅前商店街ですから(´д`)。

Red Bull Energy for Japan

一応、商店街の中央のほうには何かレッドブルのシンボルマークを模したアーチ状の風船が架かっていて、その周辺は盛り上がっているように見えますが、何か雰囲気が分かるくらいしか見えません。

で、開催時刻になり、実走行の前にドライバーのセバスチャン・ブエミ(彼は実際にはレッドブルのドライバーではなく、ジュニアチームであるトロロッソのドライバー)がロードカーでコースを一往復。もうクルマは無理だろうけどドライバーくらいの身長があれば何とか撮れるだろう、と思ってカメラを構えたら、

Red Bull Energy for Japan

もうみんな本気でカメラを掲げて撮り始めるので、ほとんどまともに撮れません(´д`)。

それでも諦めずに撮り続け、何とか収めた意地の 2 枚。

Red Bull Energy for Japan

[ Canon EOS 7D / Canon EF70-200mm F4L USM ]

まるでレッドブルの正ドライバーかのような出で立ち(笑。レッドブルとの契約上、イベントでトロロッソではなくレッドブルに乗るときはこっちのスーツを着ることになっているんでしょうが。

Red Bull Energy for Japan

[ Canon EOS 7D / Canon EF70-200mm F4L USM ]

あまりこちらを向いてくれなかった or こちらを向いていたときは人ごみに遮られて見えなかったのか、背中越しの写真しか撮れませんでした。が、厳しい条件下でもズバッと捉えてくれるのはさすが EF70-200L だよなあ、と感心させられます。私が手持ちの AF レンズの中で最も信頼を寄せているレンズだけある。

残念ながら、予想通りマシンのほうは全く姿が見えず。デモランといってもクルマから観客までの距離が 1m もないような会場だったのでスピードはほとんど出さず、エンジン音はほとんど「ドゥルドゥルドゥル・・・」という半アイドリング状態のような音で、たまにクラッチを抜いた状態で「ゥワァァアァァンッ!!」と噴かしてみせる、という程度のパフォーマンスでした。むしろ走行もクリープ現象だけで走ってたんじゃないかと思うほど(笑。
何度もサーキットで F1 のエキゾーストノートを聴いている私からすると正直音だけだとしても物足りない内容でしたが、あれでもけっこう感激している人は多かったようですね。まあ、テレビだと本当の音は分かりませんからね・・・。

ちなみにデモランに使われたマシンは、ニュースサイトや何とか撮影に成功した人の写真を見る限り、2009 年型の RB5(を今年のカラーリングに塗り直したショーカー)だと思われます。まあ虎の子の現役機をこんなところで使うわけもないですし、RB5 はチャンピオンマシンでこそないけど 2009 年シーズン後半の最速マシンですからね。

で、デモランのほうは、当初は 2 回(1 回あたり 2 分)の予定だったのが、予想以上の混雑を理由に 1 回であっさり終了。本来はチャリティーイベントだったので、私も何かしら買ってチャリティーに協力したいと思っていたのですが、とてもそんな状況ではなかったので、そのまま離脱してしまいました。
あの元町商店街に 11,000 もの人が押し寄せる状況は運営側も想定していなかったようですが、会場には幼児くらいの年齢のお子さんを連れた人も多く、混雑もあってちょっと危険を感じましたし、そもそも人が入る入らない以前に F1 を走らせるには会場が狭すぎることは分かりそうなもの。これならまだモータースポーツジャパンフェスティバルのようにお台場でやった方がよかったんじゃないでしょうか。というくらい、運営側の拙さは感じてしまいましたね・・・。

ということで、個人的には残念という感想の方が強いイベントにはなってしまいましたが、モナコ GP が終わって間もないタイミングでわざわざ日本まで来てくれたブエミとレッドブルチーム(レースチームの全部が来ているわけじゃないでしょうが)には感謝したいです。だって来週の今頃はカナダでレースですよ・・・F1 ドライバーはスポンサー活動等もあって週末以外も分刻みのハードスケジュール、ということは知っていましたが、今回のイベントで改めて実感しました。

あと、個人的には、今回のイベントにはそれほど F1 を知らない人も多く来ていたような印象を受けました。それ自体は悪いことだとは思いませんが、もしこれで興味がわいたなら、できるだけ今後もレースをテレビ観戦したり、サーキットに足を運んでほしいと思います。不況になっただけで F1 から日本チームがことごとく撤退したり、来年からもてぎでインディジャパンが開催できなくなったり、という状況は、日本のモータースポーツファン人口がまだまだ少ないのが主な原因でしょう。だから、これで少しでも興味を持ったなら、ぜひこっちの世界に来てほしい。それによって結果的に、F1 でただ独りがんばっている小林可夢偉の支援につながったり、ホンダやトヨタが F1 に復帰するための地盤作りになってくれればいいな、と思います。

投稿者 B : 00:15 | EF70-200/F4L USM | EOS 7D | F1 | Photograph | Season 2011 | コメント (2) | トラックバック

2011/05/30 (Mon.)

F1 モナコ GP 2011

モナコGP予選 ヴェッテルPP、ペレスが大クラッシュ - GPUpdate.net
モナコGP決勝 ヴェッテルが5勝目、小林が5位 - GPUpdate.net

F1 のシーズンを通して最高のお祭りとなるモナコ GP。今回のレースはモナコに相応しい、今年最もエキサイティングな内容となりました。私にとって最高のモナコ GP は、「ここはモナコ、モンテカルロ。絶対に抜けない!」で有名な 1992 年のセナ vs. マンセルのバトルなんですが、今年のモナコはそれに次ぐ面白ささったと断言していいでしょう。

ドラマの始まりは予選 Q3。初の Q3 進出を果たし、アタックラップに入っていたザウバーの新人ペレスが、トンネルの出口で 200km/h のスピードが出た状態で路面のバンプに乗り、コントロールを失ってガードレールに激突→そのまま右サイドからシケイン出口に激突!右のサイドポンツーンが中身も含めて完全に潰れてしまうほどの大クラッシュで、ペレスはそのまま病院に運ばれて決勝も欠場しましたが、軽い脳しんとうと捻挫以外の怪我はなし。改めて F1 マシンの安全性が証明された格好になりました。
このクラッシュで赤旗中断された時点で Q3 は残り約 2 分 30 秒。ほとんどのマシンが再開後にラストアタックに賭けたものの、待機中にタイヤが冷えたこともあり、タイムの更新はなし。結果、ヴェッテルが今季 5 度目の PP を獲得しました。2 番手はマクラーレンのバトン。彼は予選アタックに出たタイミングが良く、アクシデント前にハミルトンやウェバーよりも良いタイムを出せていたのがポイントです。

で、決勝。スタートで躓きやすいレッドブルが今回は安定したホールショットを決め、「抜けないモナコ」でそのままチェッカーまで持ちこむかと思われたところ、初回のピットストップで想定外の時間を要してしまい、セカンドスティントに入った時点でトップはバトン。この時点でレースは俄然面白くなってきました。ヴェッテル贔屓な私ですが、一方的な選手権もそれはそれでつまらないので、せっかくだからこのままバトンに勝ってほしい(笑。
そのバトンが快調に飛ばし、ヴェッテルとのギャップを広げて 2 回目のピット作業を終えた直後、トンネル内でマッサがクラッシュ。このレースで初めて、かつ今季初めてのセーフティカーが導入されます。

運が悪かったのはバトン。せっかくタイヤを交換してペースを上げ、下位とのギャップを広げていこうと思った矢先に SC で隊列を組まされ、交換したてのタイヤもこれで冷え冷えに。自分はあとプライムタイヤしか残っていないのに対して、前を行くヴェッテルはオプションを残した状態。これではコース上でヴェッテルを交わす以外に、勝つための手段は事実上ありません。
しかしここからのバトンがすごかった。SC 後のオプションタイヤでも、その後 3 回目のピットストップでプライムタイヤに換えてから素晴らしいラップを連発し、まだ 1 ストップしかしておらずタイヤのヘタったヴェッテルを猛追。3 回目のピットストップ直後は 20 秒以上あったヴェッテル、アロンソとのギャップを、残り 15 周でほぼテールトゥノーズの状態まで詰めました。

が、ここで多重クラッシュが発生。トップ 3 が周回遅れをパスしようとしている目前で発生した事故で、危うく 3 台ともが巻き込まれてしまいかねない冷や汗ものの状況でしたが、すんでのところで回避。しかし、ここでレースが赤旗中断になってしまいます。
レース距離の 75% を走り終えているタイミングだったので、このままレース終了か・・・と思われたのですが、現在はその規定がなくなっているらしく、事故処理の後にレースは再開。しかし、中断の間に皆タイヤ交換を済ませていたため(しかも、ヴェッテルとアロンソはオプション、バトンはプライム)バトンの追撃もここまで。結局、ヴェッテル-アロンソ-バトンのオーダーでレースが終了しました。

個人的には今回は久々にバトンに勝たせたかったということもあり、最後の赤旗は非常に残念でしたが、今回のトップ 3 はいずれもチャンピオン経験者。しかもアロンソが乗っていたのは必ずしもレッドブルやマクラーレンと競えるマシンとは言えないので、それを考えると F1 随一のドライバーズサーキットらしいレース、リザルトだったと言えるでしょう。ハミルトンは接触やペナルティで下位に沈みましたが、(ちょっとやんちゃがあったとはいえ)ハミルトンらしいファイトを見せてくれ、とても満足度の高いレースでした。
それにしてもバトンは不運でしたね。あれだけ良い走りをしたにも関わらず、前半に築いたギャップをセーフティカーで台無しにされ、終盤の追い上げであと一歩というところで赤旗に邪魔されて、約一年ぶりの優勝を失いました。逆に勝ったヴェッテルはピット作業のミスや実質的な 1 ストップ(赤旗中断時のタイヤ交換を除けば)という厳しいタイヤの状態というハンディを背負いながらも勝ってしまいました。勢いに乗っているときのドライバーには運さえも味方するという良い例ですが、これが今年のヴェッテルなんですね・・・まあ、プライムタイヤで 61 周の超ロングランをこなした走りは賞賛されるべきだとは思いますが。

さて、我らが可夢偉。彼は今回自己最高となる 5 位でフィニッシュしました!ヴェッテルと同じく実質的な 1 ストップ作戦でしたが、戦闘力に劣るマシンで終盤の大詰めまでウェバーとハミルトンを抑える力走。しかも赤旗中断→SC 先導によるローリングスタートがなければウェバーを最後まで抑えきっていた可能性も高く、それだけに最後の赤旗が悔やまれます。むしろ、4 位走行中に起きた多重クラッシュで、このまま上位 3 台が巻き込まれてくれれば・・・と不謹慎なことを考えた日本人は 130,000,000 人くらいいたのではないでしょうか(笑。
この 5 位は今シーズンのザウバーチームとしてはもちろん最高位で、決勝を欠場したペレスの穴を補って余りある結果だと思います。また、可夢偉自身の最高位であると同時に、モナコ GP における日本人最高位も記録。ウェバーにこそ抜かれましたが、これは可夢偉自身にとっても望外のリザルトではないでしょうか。今回は上位チームの脱落もあったので今後ずっとこういう結果が望めるわけではありませんが、アクシデントがあれば表彰台が狙えるポジションにいるのは事実。これからも果敢に狙っていってほしいですねー。で、上位チームの目にとまってくれることを期待します。

結果だけ見るとモナコはヴェッテルの優勝、6 戦中 5 勝+2 位 1 回、という圧倒的な状況は変わっていないのですが、それでも今年はとてもエキサイティングなレースが続いています。次は北米に舞台を移してカナダ GP。ライブ視聴が辛い時間帯になりますが、がんばります(^^;;

投稿者 B : 23:20 | F1 | Season 2011 | コメント (0) | トラックバック

2011/05/23 (Mon.)

F1 スペイン GP 2011

スペインGP決勝 ヴェッテルがハミルトンを振り切り優勝 - GPUpdate.net

F1 もヨーロッパラウンドが本格的にスタート(前戦トルコはロジスティクス的にはヨーロッパラウンドなんだけど、ヨーロッパと言っていいものかどうか(^^;;)。ほとんどのチームがトルコ GP~スペイン GP に大幅なアップデートを入れてきましたが、レッドブル優位は変わらず、という状況のようです。

今回のポールポジションはウェバー。開幕から続いていたヴェッテルの連続 PP を 4 で止めたのは同じ RB7 を駆るチームメイトでしたが、これはどちらかというとチームのレース戦略によるところが大きそう。予選 Q3 で時間を残していながらヴェッテルがアタックしなかったのは、決勝に新品のオプションタイヤを残して確実に勝ちに行くチームの方針によるものであり、ヴェッテルならば戦略がなければ PP を狙いに行っていたのではないでしょうか。
そのウェバーも決勝レースで先頭に立ったのはスターティンググリッドのみで、スタートであっさりアロンソ、ヴェッテルに先行され、4 位でフィニッシュ。スタートで出遅れたのは他チームに比べると開発が進んでいないレッドブルの KERS の性能によるところが大きいでしょうが、その後トップに立ったヴェッテルとの違いは、やはり今季のマシン、というよりはタイヤをウェバー自身がまだ使いこなせていないことが大きいのではないかと思います。

優勝したヴェッテルは、ここまで今季 5 戦でのベストレースと言って良い内容だったのではないかと思います。PP から圧倒的な逃げ切りという得意な展開ではなく、レースをして逆転での優勝。フロントロウに並んだウェバーはライバルにはなりませんでしたが、KERS の違い(?)で先行されたアロンソをピットストップで交わし、終盤からファイナルラップまで追い立てられたハミルトンを完璧に抑えきっての優勝。こういう勝ち方が見たかった。タイヤの使い方からピット戦略、ピットイン/アウトラップでのスパートまで完璧にこなしたからこその勝ちだったのではないでしょうか。
中国 GP では戦略ミス(他にも KERS など複数の要因はありましたが、最大の敗因は戦略だったと思う)でハミルトンに 1 勝を献上してしまいましたが、トルコでは中国でできなかった「追いかけてくる相手に合わせる戦略」で勝ち、スペインでは逆に「追いかける相手を出し抜く戦略」で逆転する。中国で失った 7 ポイントがその後 2 戦での 50 ポイントをもたらした、と言っても過言ではないように思います。それくらい、ここ数戦でのヴェッテルとレッドブルは成長しているように見える。

マクラーレンの 2 台はもう表彰台の中央以外が定位置になってしまったように見えます。相変わらずアグレッシブなハミルトンは今後も対ヴェッテルの最右翼でしょうが、今回良かったのはバトン。スタートに失敗し、序盤で 10 位まで後退してしまったのを見たときには、あまり攻撃的でないバトンの走りを考えるとこのままズルズル・・・と予想しましたが、ピット作戦をうまく切り替えて最終的には 3 位に。バトンのタイヤに優しいドライビングスタイルの賜物ではありますが、5 位まで上がったところでアロンソ、ウェバーを続けざまにパスしたアグレッシブな走りあってのもの。こういう「攻めるバトン」が見られたのはおそらく 2009 年の終盤戦ブラジル、アブダビ以来じゃないでしょうか。また、バトンのドライビングスタイルを活かせているという点では、担当エンジニアとエンジニアリングチームとの相性も良さそうですね。

スタートから 11 周に渡ってレースを支配したアロンソは、最終的には 5 位。予選では今季最高の 4 位につけ、相対的なマシンパフォーマンスが上がらない中ではよくやっていると思いましたが、最終的には定位置でフィニッシュすることになりました。アロンソはどう考えても厳しいマシンでも、母国 GP では決まって何らかの見せ場を作る傾向にあるので、仮に勝てないまでもスタートは狙っていたんでしょうね。レッドブル、マクラーレンに続く 5 位は現状のマシン性能を考えれば最善を尽くした結果ではないでしょうか。ただ、去年のように中盤から盛り返し、最終的にチャンピオン争いに加われる可能性は・・・今年は低いように思います。

ザウバー。今季初(レギュレーション違反で失格になった開幕戦を除けば)のダブルポイントフィニッシュという、明るい結果を残しました。ペレスは多少の波はあるもののポイント圏を狙える走りを続けていますし、可夢偉は今回も最後尾からの追い上げでポイントフィニッシュ。可夢偉はオープニングラップでの接触でタイヤがパンクして急遽ピットイン、新品のオプションタイヤを一本無駄にしてしまうという不運がありましたが、タイヤを労りながらも攻めた走りは高い評価を得る資格があると思います。そういえば前戦トルコでもオーバーテイク時の接触でタイヤがスローパンクチャーを起こし、予定よりも早いピットインというアクシデントがなければ 7 位は狙えていた、ということですが、今回もパンクがなければもっと良いところまで行けていたと思うと残念。でもここ数戦でザウバー C30 がフェラーリと良い勝負ができるレベルのマシンだということ、そして可夢偉が最後尾からでもポイントフィニッシュを狙えるポテンシャルを備えていることはよく分かりました。次こそは自己最高位フィニッシュを狙っていってほしいですね。

で、次戦は伝統のモナコ GP。F1 グランプリで最も抜けないサーキットではありますが、今年は DRS の導入と異常に多いピットストップによって、いつもとは違うモナコ GP になりそうです。

投稿者 B : 22:00 | F1 | Season 2011 | コメント (0) | トラックバック

2011/05/09 (Mon.)

F1 トルコ GP 2011

トルコGP決勝 ヴェッテル3勝目、レッドブル1ー2 - GPUpdate.net

ヨーロッパラウンドの前哨戦トルコ GP はレッドブルが圧倒的な 1-2。予選では早めのアタックでタイムを出した後はタイヤを温存して走らず(それでもフロントロウ独占)、決勝ではウェバーとアロンソの争いこそあったもののヴェッテルはレースを完璧にコントロールして一度もトップを譲らずに完勝。あまりの圧勝に、今後のレースでレッドブルに勝てるチームが現れるかどうか不安になってしまうほどでした。

レッドブルは前戦の中国 GP でマシントラブルと戦略ミスからハミルトンに勝ち星を与えてしまいましたが、今回はその失敗からきっちり学習し、競争相手をちゃんと見ながら臨機応変なピット戦略を採れるようになりました。昨年までは圧倒的なマシン性能を持っていながらマシンの信頼性とチーム戦略のまずさで「脆いチーム」の印象が強かったですが、今季はマシンの信頼性もかなり高まり、今回のようなチーム力が今後も発揮できるとすれば、もう死角はないと言っても過言ではありません(まあ、中国でも勝てなかったとはいえ最少失点に押さえたわけで、「巧い負け方だった」とは言えるわけですが)。
他にレッドブルに不安があるとすれば、チャンピオン争いの常連に加わったこの 3 年間の勝ちパターンが常にフロントロウからの先行逃げ切り、圧勝ばかりであるということ。ヴェッテルにしてもウェバーにしてもそうで、接近戦を逆転でモノにしたというレースがほとんどありません。最速のマシンを持っているから全戦で先行逃げ切りすれば良い、というのはあるでしょうが、仮にマクラーレンやフェラーリが戦闘力を増してきたときに直接対決で勝てるチーム力があるかどうか。あと、個人的にデッドヒートが観たい、という願望もありますが(笑。

4 位以下では今回も KERS+DRS のおかげで激しいオーバーテイクショーが観られましたが、その中でも白眉はやっぱり小林可夢偉。予選ではマシントラブルのため Q1 でノータイムのまま脱落、最後尾スタートになったにも関わらず、14 台をごぼう抜き。例によってピットストップのたびにシューマッハーが前にいて、オーバーテイクする・・・という場面も見せてくれました。今回のレースは 3 ストップよりも 4 ストップのほうが正解だったらしく、3 ストップだった可夢偉は何とか 10 位 1 ポイントをもぎ取るのがやっと、という状況でしたが(それでも 4 ストップならもっと上に行けていたとは限りませんが)、それにしてもよくやった。
これはレース中の解説(スカパー!)でもありましたが、4 ストップというのは近代 F1 のドライレースではあり得なかった回数で、レース中に 5 セットのタイヤを使っているということ。レギュレーション上は決勝ではドライタイヤは 6 セットまでしか使えないので、何かトラブルがあってタイヤが足りなくなったらそのままリタイア、もしくはリスクを背負った状態で走らなくてはならないことになります。今年の F1 はピレリタイヤの耐久性の低さによって面白くなっているという側面はありますが、レギュレーションとのバランスが良いとは言えない状況なので、(今からタイヤの設計を変えるのは難しいだろうから)レギュレーションを少し見直す必要があるんじゃないかと。

次のレースは 2 週間後のスペイン・バルセロナ。例年通りならば各チームがここで大規模アップデートを入れてくるので、また勢力図が変わるかもしれません。それでもレッドブルの優位は揺るがないでしょうが、どのくらい縮まるのか、あるいはまた開いてしまうのか、見物ですねー。

投稿者 B : 02:00 | F1 | Season 2011 | コメント (0) | トラックバック

2011/04/18 (Mon.)

F1 中国 GP 2011

中国GP決勝 ハミルトンが今シーズン初優勝 - GPUpdate.net

第 3 戦シャンハイ。チャンピオンシップ首位を走るヴェッテルはフリー走行から快調に飛ばし、予選でも 2 位にコンマ 7 秒という大差、しかもまたもやコースレコードという快挙で圧倒的な PP を獲得。予選 Q1 でなんとウェバーが脱落、Q2 のラスト 2 分でルノーのペトロフ車にトラブルが出て赤旗中断となり、その影響で一部のグリッドに波乱は起きましたが、レース自体は今回もヴェッテルの圧勝かと思われました。

が、ヴェッテルはスタートの蹴り出しに失敗し、バトン・ハミルトンが先行。その後、ピット戦略の違いで終盤には首位を取り戻しましたが、残り 5 周でハミルトンに逆転を許してしまいます。KERS がトラブルで使えない、そしてピット戦略の違い(ヴェッテルは 2 ストップに対してハミルトンは 3 ストップ)で終盤はマクラーレン勢が有利ではありましたが、レース後半のハミルトンの走りは見事でしたね。まさにチーム力と実力でもぎ取った 1 勝であり、これによって今後のチャンピオンシップはまた面白くなってきそうです。

また、ウェバーは予選で大失敗し 18 位からのスタートとなり、しかも序盤はペースが伸びずに苦しみましたが、気がつけば 3 位表彰台。昨年のラスト 3 戦あたりから全く良いところのなかったウェバー、昨年チャンピオンを獲り損ねたことで意気消沈してよもやこのまま引退・・・とまで心配しましたが、これを機に再び浮上してくれることを期待します。
今回はバトンも良かったですし、このままヴェッテルに独走だけはさせないでほしいですね。ヴェッテルも終盤にハミルトンに交わされた後は明らかに 2 位を確実に取る走りに切り替えていたように見えましたし、今年はチャンピオン経験者らしく計算された戦い方を見せそうな気はしますが。ただ、今回の結果を見ると、レッドブルには昨年までほどの脆さはなくなったにしろ、未だ安定しない KERS が RB7 のアキレス腱になりそうです。

小林可夢偉は予選 Q2 での赤旗中断の煽りを喰らって最後のアタックに失敗し、中断スタートになってしまいました。が、今回も果敢なオーバーテイクを見せ、何とか 10 位入賞を掴んでくれました。1・2 戦目に比べると苦しい内容ではありましたが、コンスタントに入賞が狙える状態であることはここまでの戦いで証明されたわけで、次は自己ベスト順位の更新、そして表彰台圏の戦いを見せてほしいところですね。マシンもピーキーなメルセデスやウィリアムズあたりに比べれば随分乗りやすそうで、ルーキーのペレスも予想以上の戦いを見せてくれています。

前戦に続いてこの中国 GP もストレートが長く、DRS の本領発揮といったサーキットでしたが、期待通り非常にたくさんのオーバーテイクショーを見せてくれました。今年のオーバーテイクは近年稀に見る多さで、それが「作られたオーバーテイク」であってもワクワクしてしまいますね。もっとも、単にレギュレーションや技術がオーバーテイクをしやすくしているというだけで、実際のコース上ではドライバー同士のギリギリの駆け引きがあるからこそ、ではありますが。
またこの上海ではタイヤ戦略が明暗を分けました。リザルトを見ると今回は明らかに 2 ストップよりも 3 ストップが正解。マレーシアまでの各チームの感触、およびザウバーあたりの作戦の成功度合いを見て「ピレリタイヤも案外もつ」という評価になったため今回は 2 ストップ作戦を採ってきたチームが多かったんでしょうが、やっぱり何だかんだで予想が外れたときのリスク(タイヤがタレたときのタイムの落ち幅)が大きいタイヤではあるようです。今回の結果を見る限り、上位チームはあまりギャンブルしないほうが良く、失うもののない中団~下位チームが一発逆転を狙って採るべき戦略のようですね。特に次戦トルコはタイヤへの負担がシーズン随一のサーキットなので、むしろ何回ピットに入るかが見物かもしれません(笑。

ということで次は 3 週空いてトルコ GP。まだまだシーズンの風向きが変わったという状況ではありませんが、マクラーレンが開幕以降ものすごい勢いでレッドブルとの差を詰めてきているので、またしても面白いレースを見せてくれることに期待です。今年も 3~4 強での戦いにもつれていってくれると面白いんですが。

投稿者 B : 01:30 | F1 | Season 2011 | コメント (0) | トラックバック

2011/04/11 (Mon.)

F1 マレーシア GP 2011

マレーシアGP決勝 ヴェッテルが2戦連続のポールトゥウィン! - GPUpdate.net
アロンソとハミルトンにタイム加算ペナルティ - GPUpdate.net

F1 第 2 戦マレーシア GP。またしてもヴェッテルが危なげない横綱相撲で完勝、2 戦で 50 ポイントを挙げました。

まあ今回はメルボルンと違ってストレートの長いストップアンドゴー系のサーキットなので、ストレートが伸び KERS の完成度も高いマクラーレンがレッドブルに迫るかな、と読んでいたら、ほぼその通りになりました。逆にレッドブルは最高速の伸びないルノーエンジンに加えて決勝では KERS がトラブル使えない状態で、レース展開によっては・・・という雰囲気ではありましたが、そこは良いスタートを切って「マクラーレンに蓋をしてくれた」ルノーのハイドフェルドに助けられた格好。結果、最後までレースをコントロールしたのは今回もヴェッテルでした。

そのルノーは今回はハイドフェルドが表彰台。途中、アロンソとの接触が原因で(?)ペースが上がらないハミルトン車の状況に助けられはしましたが、前戦のペトロフに続いてチームとしては 2 戦連続でのポディウム獲得。マシンポテンシャルとしては十分ポディウムを狙っていけるポジションにいることが確認されたので、これでクビサが乗れていれば・・・というのが残念でなりません。
ここまで 2 つの性格の異なるサーキットでの結果を見る限り、現時点での戦力はレッドブル、マクラーレン、ルノー、ちょっと離れてフェラーリという順位は間違いないでしょう。それでもウェバーはマクラーレンやルノーと良い勝負、というレベルのようですが、今年のヴェッテル+レッドブルの強さは異常。今年のレッドブルは信頼性に関する懸念も今のところ(KERS 以外は)出ていないようなので、本当に強そうですね・・・。

開幕戦で悔しい失格処分となった小林可夢偉はマレーシアでも奮闘。ウェバーやシューマッハーにも引かない粘り強さを見せ、特に対シューマッハーでは 2 回ものオーバーテイクを決めてくれました。最終的にはハミルトンへのペナルティもあって 7 位 6 ポイント獲得、というまずまずの結果。正直なところ、ザウバー C30 には表彰台を狙っていけるパフォーマンスこそなさそうですが、少なくとも(ペレスとロズベルグが良い勝負をしていたことを見ても)メルセデスは食える位置にいるようで、コンスタントにポイントを獲得していけそうです。タイヤ戦略にも比較的柔軟に対応できるマシン/ドライバーが揃っているようなので、上位陣に何かあったり天候が荒れたレースでは上位を狙って行けるようなポジションに常につけていくことが重要になるでしょう。
個人的にはこのマシン、デザインやカラーリングも含めてけっこう好きになってしまったので(笑)、開幕戦の「我々の祈り、日本に届きますように」仕様のモデルカーが出てきたら欲しいところです。

次は連戦で来週末の中国。ここ数年、中国 GP は荒れたレースが続いているので、可夢偉的には何か波乱が起きてくれることを期待したいと思います。

投稿者 B : 22:59 | F1 | Season 2011 | コメント (0) | トラックバック

2011/03/27 (Sun.)

F1 オーストラリア GP 2011

地上波ではまだ結果が出ていないので、とりあえずネタバレ防止策を入れておきます。











オーストラリアGP決勝 ヴェッテルが開幕戦を制す! - GPUpdate.net

ヴェッテルは予選に引き続き圧巻の走りでしたね。オープニングラップで 2 位に 2 秒以上の差をつけて、もう序盤からクルージングに入ってしまったかのような圧勝。圧倒的な速さでポールポジションを獲得し、決勝ではそのまま逃げを打ち、一人旅で勝つという、まるで全盛期のセナのような勝ち方です。現時点でこんなことを言うのも気が早い話ですが、今年のレッドブル RB7 が信頼性を備えているならば、(ミハエル、アロンソ、ハミルトン、バトンといった錚々たるライバルの中にあってすら)今年のヴェッテルは「セナの再来」とも言える成績を残す可能性もあると思います。
同じマシンに乗り、去年は最終戦までチャンピオンを争ったチームメイトのウェバーがこのオーストラリアではヴェッテルに歯が立たなかったのは、今年のマシンやタイヤがよりヴェッテルと相性が良いという側面もあるでしょうが、「勝ち方を知ったかどうか」の違いが大きいように思いますね。走りを見ていても、去年までとは少し雰囲気が違うような。ブリヂストンに比べて「もたない」タイヤと、タイヤへの入力が高いレッドブルのクルマとの組み合わせでも、PP スタートでレースペースをコントロールできる立場であれば、大した問題にはならないようで。


さて、我らが小林可夢偉ですが、決勝レースではあまり見せ場はなかったものの堅実な走りで 1 ポジションアップの 8 位入賞。で、チームメイトの S. ペレスは驚異の 1 ストップ戦略で可夢偉の前に出、デビューレースで 7 位入賞。幸先の良いスタート、おめでとう!

・・・と思いきや、

ザウバーの2台、失格! | オーストラリアGP | F1ニュース | ESPN F1

えーーーーー・・・(´д`)。

そんなのレース後車検じゃなくて事前に分かりそうなものじゃないの・・・。さておき、このウィングの形状違反がなくてもマシンポテンシャルに大きな変化はないと思うので、去年のマシンに比べれば全然伸びしろがありそう、という期待値には変わりはありません。ペレスの結果を見る限りでは、タイヤをうまく使えるマシンのようですし、今後開発が進めば上位を脅かすことができるかも。
また、ペレスはプレシーズンテストから良い走りを見せていましたが、戦略のアヤがあったとはいえ(そして最終的に失格とはいえ)いきなりここまでの結果が出せるとは。可夢偉的には最大のライバルはチームメイトという形になりましたが、むしろ良い刺激になるんじゃないでしょうか。二人で影響し合いながら成績を残していってくれることを期待します。

それにしても、可夢偉の予選 9 位は自己最高タイ、決勝でも失格がなければ初戦でポイント獲得という、去年であればファンも満足していただろう内容でしたが、なんかこれくらいが普通でもっと上を期待するようになってしまいましたね。可夢偉にはプレッシャーかもしれませんが、それでも今年は表彰台を狙える位置でのレースを見せてほしいですね。


しかし今回はオーストラリア GP にしては荒れないレースでしたが(毎年必ずと言っていいほどセーフティカーが出るのに!)、比較的落ち着いたレース内容ながら、オーバーテイクやテールトゥノーズの争いが多くてなかなか見応えがありましたね。KERS の復活や可変リヤウィング(DRS:Drug Reduction System)のたまものでしょう。特に DRS は追う側のみが使え、コース上で使える場所も決まっていて、なおかつ使用状態が見た目で分かりやすいので、観客にも分かりやすいエンタテインメント要素だと思います。
また、タイヤはピレリに替わって去年までよりもパフォーマンスが落ち、耐久性も落ちましたが、想像していたよりはずっと良いし、コンパウンドごとのパフォーマンス差もちょうどいいのではないでしょうか。むしろ速いのにソフトでもよくもった去年までのブリヂストンタイヤの性能がすごすぎたということかもしれません(笑。

今年の F1、チャンピオンシップはもしかしたら退屈になってしまうかもしれませんが(笑)、レースはなかなか面白いシーズンになりそうです。とりあえずザウバーの 2 台には、今度こそ文句なしの入賞を果たしてほしい(´д`)。

投稿者 B : 23:50 | F1 | Season 2011 | コメント (0) | トラックバック

2011/03/26 (Sat.)

F1 2011 シーズン開幕

オーストラリアGP予選 ヴェッテルが圧巻のPP - GPUpdate.net

2011 年シーズンの F1 がいよいよ開幕。バーレーン GP が流れたおかげで当初予定から 2 週間遅れでの開幕となりましたが、今年も F1 の季節がやってきました。

その開幕戦オーストラリア GP の予選は昨年の覇者 S. ヴェッテルが圧倒的な速さを見せつけて PP。ヴェッテルは昨年も速さだけならダントツながら、マシントラブルや自身/チームのミスで落としたポイントがかなり多かったですが、王者となった今年は横綱相撲が取れるようになったというか、速さに精神的な強さが加わったような印象です。まあ、まだ初戦の予選を見ただけですが、タイヤメーカーが変わって去年より遅くなったはずの今年のマシンで、自身が昨年記録したコースレコードを 0.4 秒近くも更新し、2 位のハミルトンに 0.8 秒近い差をつけたポールポジションを見せつけられると、なんか今年はもうこの人に勝てるドライバーは誰もいないんじゃないかとすら思わされてしまいます。

あとオフシーズンテストでは散々だったマクラーレンが開幕までにマシンをきっちり仕上げ、レッドブルの 2 台に割って入るところまでもってきたのはさすが。比較的シンプルなデザインのクルマが多い今年(少なくとも現時点では)において、唯一「マクラーレンらしい」アグレッシブな空力を纏ってきた MP4-26 は、ちょっと面白い存在になりそうです。
それ続くのはフェラーリ、その後ちょっと遅れてルノー・メルセデス・ザウバーといった勢力図でしょうか。ルノーのマシンは下馬評通り、逆にメルセデスはちょっと期待外れっぽい雰囲気。ザウバーのマシンが(去年の現時点に比べて)ずいぶんポテンシャルがありそうなので、可夢偉のこれからの発奮に期待です。

開幕戦といえば、ようやく開幕仕様のマシンが出揃ってきたり、新しいチームウェアのデザインを見たりするのが楽しみの一つですが、今年はやっぱりここに注目でしょう。

【AUS-金曜】F1チームの皆さんの気持ちがうれしい - F1-Life

先日の東日本大震災を受け、多くのチームやドライバーが日本に向けたメッセージを掲げて走ってくれています。これには、直接被災したわけではない私も、ついウルッと来てしまいました。小林可夢偉を擁するザウバーや、日本に馴染みの深い J. トゥルーリだけでなく、ほとんどのチームやドライバーが何らかの形で日本を応援してくれているのがとても嬉しい。ホンダ F1 第 2 期に、FISA のジャン=マリー・バレストル会長にホンダの桜井淑敏総監督が「F1 にイエローモンキーは要らない」と言われたほど、かつての F1 に日本メーカーが受け容れられなかったことを考えると、本当に涙が出てきそうになります。
そういえば、F1 のホイールはほとんどが日本製(しかもその多くは富山県で造られている)ですし、チームにもよるけどブレーキ、スパークプラグ、サスペンション、バッテリ、ヘルメット、無線、カーボン素材など、日本製のパーツがなければ現代の F1 は走れないと言っても過言ではないでしょう。そして現在でも何人かの日本人スタッフは F1 チームで働いていますし、かつてホンダやトヨタ、SAF1 などで日本人と働いた経験のあるスタッフの多くが現在は他の F1 チームに所属しているわけで、そう考えると F1 が発してくれている日本応援のメッセージは単なるポーズやイメージ戦略ではないということが、改めて実感できます。ほら、あなたもザウバーのエンジンカウルに描かれた Claro、フェラーリのフロントウィングにある Santander、マクラーレンのマシン全体に散りばめられた vodafone のマークが日の丸にしか見えなくなってきた(ぉ。

我々も負けてられないな、と思いますね。

投稿者 B : 22:59 | F1 | Season 2011 | コメント (0) | トラックバック

2011/02/22 (Tue.)

F1 バーレーン GP が延期に

バーレーンGPの延期が正式決定 - GPUpdate.net

今シーズンの F1 開幕戦バーレーン GP が、国内の政情不安定により延期となることが決定。先に GP2 バーレーン戦の中止が決まっていたので、おそらく F1 本戦も厳しいだろうなと思っていましたが、案の定。
これで開幕戦は 2 週間先、3/27 のオーストラリア GP にスライドすることになりました。バーレーン GP は後半戦への延期となるようです。

開幕を楽しみにしていた身としては残念ですが、チームやドライバー、ファンに危険が及ぶ状況での開催は望まないところなので、やむを得ないところでしょう。
逆にクルマの熟成やシミュレーターでの走り込みの時間が得られたことで、新人ドライバーやマシンの完成が遅れ気味な某チームは胸を撫で下ろしているんじゃないでしょうか(笑。

なお、大型の移籍もレギュレーションの大改訂もなく、バーレーンの件以外はつつがなく進んでいる印象のプレシーズンですが、怪我で戦線離脱したクビサの代役がハイドフェルドに決定し、全チームのシートがほぼ確定した状況になっています。

  • レッドブル: ヴェッテル、ウェバー
  • マクラーレン: ハミルトン、バトン
  • フェラーリ: アロンソ、マッサ
  • メルセデス GP: シューマッハー、ロズベルグ
  • ロータス・ルノー GP: ハイドフェルド、ペトロフ
  • ウィリアムズ: バリチェロ、マルドナド
  • フォースインディア: スーティル、ディ・レスタ
  • ザウバー: 小林可夢偉、ペレス
  • トロロッソ: ブエミ、アルグエルスアリ
  • チーム・ロータス: トゥルーリ、コヴァライネン
  • ヒスパニア: カーティケヤン、リウッツィ
  • ヴァージン: グロック、タンブロジオ

HRT だけがまだ正式発表ではありませんが、まあほぼ FIX とみていいでしょう。昨年と顔ぶれも大きくは変わらず、驚きのないラインアップではありますが、少なくとも昨年同様に 3 強の接戦は必至。開幕戦は 1 ヶ月後になってしまいましたが、楽しみに待ちたいと思います。

投稿者 B : 23:35 | F1 | Season 2011 | コメント (0) | トラックバック

2011/02/09 (Wed.)

クビサのラリーカー事故でロータス・ルノーに空席発生

ラリーでクラッシュを喫したクビサ、病院に搬送 | Renault | F1ニュース | ESPN F1
クビサの手術、7時間を要して終了 | Renault | F1ニュース | ESPN F1
クビサは数カ月の戦線離脱と見込むブーリエ | Formula 1 | F1ニュース | ESPN F1

週末はほぼテストも新車発表もないから・・・と思って F1 関連ニュースのチェックを怠っていたら、重大ニュースが。ロータス・ルノーのクビサがラリー参戦中にクラッシュ、重傷を負って今シーズンの前半が絶望とのこと。
車にガードレールが貫通した写真(!)も公開されており、事故の激しさが想像されます。あわや右腕切断の大事故だったようですが、何とか切断は免れ、シーズン中の復帰に向けて治療中とのことで、ひとまずは安心しました。これで思い出したのは元ベネトンのアレッサンドロ・ナニーニが、1990 年、鈴木亜久里が 3 位表彰台を獲得した日本 GP の直前にヘリコプターの墜落事故で右腕を切断し、その後縫合手術には成功したものの、結局 F1 には復帰できなかったという話(その後、DTM には参戦していたようですが)。
現時点での具体的な容体が不明なので、いつまでにどの程度快復するものか分かりませんが、あの 2007 年カナダ GP での大クラッシュでも軽傷に過ぎなかった幸運の持ち主でもありますし、ここから見事復帰して「鉄人」の異名を取ってほしいところ。好きなドライバーなので、このまま見られなくなることだけはあってほしくないです。

そういえば 2009 年にもプレシーズン中にマーク・ウェバーが自転車競技で事故に遭い、骨折するということがありましたね。個人的には今までは F1 ドライバーもいち個人なんだから、プライベートは好きにしたら・・・と思っていましたが、こうなってくると BMW(かつてクビサが所属していた頃、ラリーへの出場をチームとして禁止していた)のマリオ・タイセンの「数100人に及ぶ人々の多大な苦労を結果に換えられるのは彼だけなんだよ」というコメントには頷かざるを得ませんね・・・。

開幕までもうあと 1 ヶ月というタイミングなので、開幕戦へのクビサの出場は絶望的。代役としてはブルーノ・セナ、リウッツィ、ハイドフェルドらの名前が挙がっています。同チームのリザーブドライバーはブルーノやグロジャンをはじめ 5 名もが登録されていますが、さすがに 2 年目のペトロフと若手ドライバーのコンビで戦うのは現実として厳しいでしょう。個人的にはハイドフェルドが堅いかな・・・と思いますが、ハイドフェルドはクビサと仲悪いしなあ(´д`)。

新車のほうは、フォースインディアの発表をもって全チームのクルマが出揃いました。

マクラーレン、新車MP4-26を発表! | McLaren | F1ニュース | ESPN F1
あらゆる面で進歩したヴァージンMVR-02 | Formula 1 | F1ニュース | ESPN F1
HRT、新車の画像を公開 | HRT F1 | F1ニュース | ESPN F1
フォース・インディアが新車を発表! | Force India | F1ニュース | ESPN F1

マクラーレンのサイドポッドが「攻めた」デザインになっていて面白いですねー。今季は全般的に没個性的なクルマが多かったので、こういう特徴あるデザインのクルマが出てくると楽しいです。全チームのマシンが合同テストで一堂に会し、どのマシンが速いか比較できる日を楽しみにしています。って、HRT は今年もテストなしぶっつけ本番だったっけ(´д`)。

投稿者 B : 01:33 | F1 | Season 2011 | コメント (0) | トラックバック

2011/02/02 (Wed.)

2011 年の新車発表ラッシュ

フェラーリ、F150を発表 【 F1-Gate.com 】
チーム・ロータス、T128を発表 【 F1-Gate.com 】
ロータス・ルノーGP、R31を発表 【 F1-Gate.com 】
ザウバー、C30を発表 【 F1-Gate.com 】
レッドブル、RB7を発表 【 F1-Gate.com 】
トロ・ロッソ、STR6を発表 【 F1-Gate.com 】
メルセデスGP、MGP W02を発表 【 F1-Gate.com 】
ウィリアムズ、FW33でテストを開始 【 F1-Gate.com 】

先週末のフェラーリ F150 を皮切りに、2011 年の新車が続々と発表されています。特にここ 2 日は合同テストの開始もあり、一気に出てきました。現時点で未発表なのはマクラーレン、ヴァージン、フォースインディア、HRT のみ。

発表されているのはあくまで現時点における「ベース車両」とでも言うべき仕様であり、開幕までに、そして開幕以後もどんどんアップデートされていく前提。それでも、マシンとしての基礎体力はモノコックの形状や主要パーツの配置でだいたい決まってしまうので、ある程度の戦闘力を推測することはできます。
今年のテク二カルレギュレーションはピレリタイヤへの変更が最大の変化で、その他は KERS の復活、可変フロントウィング廃止の代わりに可変リヤウィング合法化、マルチディフューザー・F ダクトといったトリッキーなエアロデバイスの禁止といった細かなものがほとんど。タイヤの変更に伴う重量配分の変化(というか、レギュレーションによる重量配分の規定化)を除けば、マシン開発はおおむね 2010 年型の進化版的なアプローチになると思われました。
実際に出てきたマシンは確かにどのチームも昨年型との共通点が多く、そこにハイノーズ化やサイドポッドの強烈な絞り込みなどの「レッドブル的トレンド」を取り込んでいるように見えます。まあ、空力レギュレーションが大きく変わらないシーズンが何年か続くと、マシンの形状がチーム間で似通ってくるのは F1 の歴史なので(笑。また、メルセデスやルノーがリヤにレッドブル同様のプルロッドサスペンションを採用してきたのも興味深いです。

合同テストもこれからという段階で、デザインだけでマシンの実力をはかるのは馬鹿げていますが(それができれば空力デザイナーは苦労しないわけで)、それでもやっぱりトップチームのクルマは「見るからに速そう」だなと。おそらくレッドブル、フェラーリ、マクラーレンは今年も速いのでしょうが、そこにメルセデスやルノーがどのように絡んでくるか、今から楽しみです。

また、小林可夢偉のザウバー C30 も、マシンデザインは昨年の正常進化版ながら、カラーリングが変わって随分見栄えのする印象になりました。昨年のノーズにあった BMW 時代の「キドニーグリル」の名残のようなラインもなくなり、また昨年は全体的に白かったボディに多くのスポンサーロゴが掲げられて、F1 らしい見た目に。フロントノーズとエンジンカウルの中央に描かれた赤い「Claro」のロゴが日の丸っぽくて、可夢偉によく似合います。このマシンで昨年以上の活躍を見せてほしいですね。

あと、ブルーノ・セナがロータス・ルノーのサードドライバーに就任しています。叔父アイルトン・セナがデビューした旧トールマンの流れをくむチームで、アイルトンが初優勝したときに乗っていた JPS ロータス風カラー(黒×金)のマシンとレーシングスーツに「あの顔」が収まる絵には、感慨深い思いを禁じ得ません。
チームとしても、どちらかというと実力よりはマーケティング狙いの意味合いが強い起用なのかもしれませんが、是非ともここで頭角を現してほしいところ。

やっぱり新車が出そろってくると開幕の気分が高まってきますね。今年も楽しみだ!

投稿者 B : 01:11 | F1 | Season 2011 | コメント (0) | トラックバック

2010/12/10 (Fri.)

ロータス・ルノー GP が誕生

ロータス・ルノーGP誕生!グループ・ロータスとルノーが提携を発表 【 F1-Gate.com 】
グループ・ロータス 「ロータスが2チームあっても問題ない」 【 F1-Gate.com 】

マレーシアの国営企業プロトンの傘下にある「グループ・ロータス」(ロータス エリーゼやヨーロッパなどを製造・販売している自動車メーカー)が、ルノー F1 チームの株式を取得して同チームのタイトルスポンサーとなることを発表しました。この結果、来季からのルノー F1 チームは「ロータス・ルノー GP」として参戦することになります。

・・・これ自体は以前から噂も流れていた、普通のチーム買収のニュース。ですが、問題は、「ロータス・ルノー」となるチームが既に F1 に参戦していることです。もちろんそれは今季の新興チームとしては最上位の成績を収めた「ロータス F1 チーム」のこと。

どうしてこうなった?という話ですが、もともとのチーム・ロータスの設立から現在に至るまでの経緯をまとめてみました(私調べなので間違っている部分があるかもしれません)。

  • 1952 年にコリン・チャップマンが「ロータス・エンジニアリング」(現在のロータス・カーズ)を設立
  • 1958 年、それまで F2 等で活動していたロータス・エンジニアリングが「チーム・ロータス」として F1 に参戦
  • 1960 年代、ジム・クラークを擁してチャンピオン獲得、フェラーリ等と並ぶ強豪チームに成長
  • 1970 年代、エマーソン・フィッティパルディやマリオ・アンドレッティ等とチャンピオンを獲得
  • 1983 年、ルノーエンジン獲得
  • 1985 年、デビュー 2 年目のアイルトン・セナがチームに加入。チャンピオン争いを繰り広げる
  • 1986 年、ロータス・カーズが GM 傘下に
  • 1987 年、ホンダエンジン獲得および中嶋悟が加入。イギリス GP ではウィリアムズと共にホンダエンジンによる 1-2-3-4 フィニッシュを達成
  • 1988 年、セナがマクラーレンに移籍し、入れ代わりにネルソン・ピケが加入
  • 1989 年、エンジンをジャッドに変更。低迷期へ。この後エンジンはランボルギーニ→フォード→無限ホンダと変遷
  • 1994 年、マレーシアの国営企業プロトンがロータス・カーズを買収
  • 1994 年、カストロールのスポンサー離脱により資金難に。債権者の一人であったデヴィッド・ハントがオーナーに。この時点でチームとロータス・カーズとは直接的な関係がなくなり、チームの商標権だけがハントに移る
  • 1995 年、「パシフィック・チーム・ロータス」として参戦するも、一年でチーム消滅
  • 2010 年、F3 チームのライトスピードが F1 への参戦権を獲得。マレーシアのエアアジアを所有するトニー・フェルナンデスがチーム代表となり、チーム名をマレーシアつながりで「ロータス F1 チーム」に決定。チーム名の使用権はデヴィッド・ハントが許諾
  • 2010 年 9~11 月、ロータス F1 チームがコスワースとの契約解除、レッドブルとのギヤボックス供給契約、ルノーとのエンジン供給契約を立て続けに発表。また、2011 年からはチーム名を「チーム・ロータス」に改めると発表(デヴィッド・ハントが許諾)。カラーリングは 1970 年代後半~1980 年代前半に使用された JPS(タバコブランドの John Player Special)カラーを彷彿とさせるブラック×ゴールド
  • 2010 年 12 月、グループ・ロータス(プロトンの子会社でロータス・カーズを所有する企業)がルノー F1 チームの株式取得と 2011 年より同チームのタイトルスポンサーとなることを発表。チーム名は「ロータス・ルノー GP」で、カラーリングはブラック×ゴールド
  • 2011 年は「チーム・ロータス(エンジンはルノー)」と「ロータス・ルノー GP」が F1 に参戦することに。カラーリングはどちらもブラック×ゴールド ←イマココ
要するに 1994 年のチーム・ロータスの消滅時にチームと自動車メーカーのロータスとの関係がなくなり、チームの名称権だけが第三者の手に渡ってしまったことがそもそもの発端のようですが、ややこしいですね・・・。しかも、グループ・ロータスの親会社であるプロトンがロータス F1 チームに「チーム・ロータス」の名称使用権を認めようとしていないのに、当のグループ・ロータスは「ロータスが 2 チーム存在しても問題ない」と容認の姿勢を見せているらしいので、余計に混乱します。

来年はどっちも「ロータス・ルノー」でカラーリングは黒金、だとどう見分けたり呼び分けたりしていいか分からないですね。マイク・ガスコイン(ロータス F1 チームのほう)はやっぱりブリティッシュグリーンのままのほうが良いかな、と言っているらしいですが・・・。もういっそのこと「本家ロータス」と「元祖ロータス」でいいんじゃないの(´д`)。
というか、カラーリングに関しては、今年のブリティッシュグリーンにイエローストライプはチームカラーだから分かるけど、ブラック×ゴールドってたまたま全盛期にスポンサーだった JPS のカラーであって、ロータスとは直接関係ないんじゃないかと・・・。

なんか開幕までまだまだもめそうな話ですね。どう進展するか、しばらくは静観です。

投稿者 B : 00:14 | F1 | Season 2011 | コメント (0) | トラックバック

 1 |  2 |  3 | all