b's mono-log

 1 |  2 | all

2017/06/26 (Mon.)

F1 アゼルバイジャン GP 2017

F1アゼルバイジャンGP:大荒れの決勝を制したリカルドが今季初優勝!アロンソは9位入賞

初開催から二年目にして「ヨーロッパ GP」から改称されたアゼルバイジャン GP は、大荒れのレースになりました。なんたってヴェッテルもハミルトンも表彰台にいないグランプリというのが今季初めて。それもレース中盤まで二人で優勝争いを繰り広げておきながら、しょうもないトラブルとペナルティで揃って優勝争いから脱落するという...でもこれこそがレース。優勝したリカルドは安定した走りと、最後のセーフティカーからのリスタート時に二台をごぼう抜きした見事なオーバーテイクがウィナーに相応しい。あのターン 1 でギリギリまで突っ込むブレーキング、久々にリカルドの真骨頂を見ました。

あまりにもアクシデントやペナルティが多いレースだったので個別のは割愛しますが、ハミルトンとヴェッテルのやり合いは目に余るものがありました。ハミルトンがセーフティカー明け直前に急激な減速をかけてヴェッテルの追突を誘発したのは故意ではなかったかもしれませんが、それに激怒したヴェッテルがハミルトンに並びかけ、タイヤ同士をぶつけるという抗議はいくらなんでも危険。4 回のチャンピオン経験者としてあるまじき行為で、10 秒のストップ&ゴーペナルティとペナルティポイント 3pt は妥当かやや甘い裁定だったのではないかと。まあ、それくらい熱くなるのもレーサーの気質だし、ヴェッテルらしいなとは思いますが。
一方のハミルトンは赤旗中断からのリスタート時にマシンのヘッドレストが固定できておらず、パーツ交換のために予定外のピットストップを強いられました。これもチャンピオンチームとしてはいかにもお粗末。結局両者ともに一時はポイント圏外までポジションを落とし、最終的にヴェッテル 4 位、ハミルトン 5 位まで戻すのがやっとというレースでした。ドライバーズランキングを争う二人が揃ってこんなレースというのは情けなくもありますが、おかげで面白いレースが見られたのも事実(笑。

もう一つ残念だったのはフォースインディア。セーフティカーからのリスタート時に、微かに隙のあったペレスのコーナリングに対して後続のオコンが強引に仕掛け、チームメイト同士で接触。オコンは 6 位でフィニッシュできたものの、ペレスはマシンにダメージが残り完走も果たせませんでした。あのオコンの無理なオーバーテイクは、間違いなく前戦カナダでのペレスのチームオーダー無視が禍根として残っており「抜けるときに強引にでも抜いておかないと」という心理に結びついたものではないでしょうか。フォースインディアは昨年に続いて三強の次につける速さを持っていて、しかも二人のドライバーの速さが拮抗しているだけに、今後も同様のトラブルは続く予感。チームがちゃんとコントロールできればいいんですが...。

気がつけば初表彰台を獲得していた、驚きの新人ランス・ストロール。完全にウィリアムズのペイドライバーだと思っててゴメン(ぉ。チェッカーフラッグ直前でボッタスに捕まり 2 位はなりませんでしたが、それでもデビューイヤーとしては史上最年少の表彰台記録を樹立(二年目以降も含めばレッドブルのフェルスタッペンが最年少表彰台記録保持者)。終盤はボッタスに追い立てられながらもペースを乱さず、ノーミスでマシンをゴールまで運ぶことができたし、母国カナダでの初入賞から続いての表彰台なわけで、案外いいドライバーなのでは?と見直しました。これは素直におめでとうと言いたいです。
また 2 位に食い込んだボッタスも、オープニングラップでライコネンと接触して一時は最後尾付近までポジションを落としておきながら、見事なリカバリーでした。幾度とないセーフティカーや赤旗中断に助けられた面はあるとはいっても、終盤に毎周 1 秒以上ストロールとの間隔を詰めていった走りはさすが。ライコネンとの接触がなければ優勝できていた可能性もありますが、個人的にはこの「最終コーナー明けからのオーバーテイクで 2 位」という走りを見ることができて満足です。

マクラーレン・ホンダは悲願の今季初表彰台。上位の脱落で一時はすわ表彰台か、という場面もありましたが、終盤で順当に抜かれて(泣)9 位フィニッシュ。それでもバンドーンが一年落ちの PU を搭載するザウバーを最後まで抜きあぐねてポイント圏外だったことを思えば、この 9 位はやっぱりアロンソの実力の賜物でしょう。特にパワーユニット性能が物を言うこのバクーで望外の入賞ができたというのはチームにとっては朗報じゃないでしょうか。なかなか本番投入できない「スペック 3」のパワーユニットの一日も早い完成を祈るばかりです。

いやー、燃費レースではなくコース上での競争が見られる F1 って面白いですね。特に今回は今季ここまでの中で最もエキサイティングなレースだったと思います。

投稿者 B : 22:13 | F1 | Season 2017 | コメント (0) | トラックバック

2017/06/14 (Wed.)

F1 カナダ GP 2017

F1カナダGP決勝:ポイント目前のアロンソがエンジンブロー、優勝はポールから独走のハミルトン

カナダ GP。ここはハミルトンがキャリア初優勝を含め過去 9 回中 5 勝しているという大得意のサーキットで、順当に行けばハミルトンが勝つ可能性が最も高いはず。しかしこのサーキットでのメインとなるウルトラソフトタイヤを今季メルセデスは使いこなせておらず、今季ここまで公道・半公道サーキットでフェラーリが勝っていることを考えても、どっちが勝ってもおかしくないレースと思えました。

が、予選からハミルトンが盤石の速さを見せつけ、PP からほぼ誰にも影さえ踏ませない独走で圧勝。やっぱりここはハミルトンのサーキットだったか、という感想。チームメイトのボッタスも 2 位に入り、メルセデスチームとしては意外にも今季初の 1-2 フィニッシュを果たしました。
フェラーリは予選でこそヴェッテルが 2 番手につけたものの、2 台揃ってスタートに失敗。ヴェッテルに至ってはスタート直後の混戦でフェルスタッペンにフロントウィングを踏まれ、緊急ピットインで一時は最後尾までポジションを落とすなど散々な出足でした。最終的には 4 位まで挽回し、チャンピオン争いにおけるダメージを最小限に留めたものの、ヴェッテルが表彰台から落ちたのは今季初。ここまでのシーズンの流れから見れば惨敗と言って良いでしょう。

前戦モナコで大きく開いたヴェッテルとハミルトンのドライバーズポイント差はこれで 12pt へと再び縮まり、また分からなくなってきました。ただ、メルセデスが今季最大の弱点であったウルトラソフトの使い方を今回でモノにした可能性もあり、そうだとすると今後のパワーバランスはまた変わってくるのかもしれません。

今回のレースを面白くした(と同時につまらなくもした)のはフォースインディアの 2 台。チーム内バトルを繰り広げながらダニエル・リカルドを追走し、展開次第では表彰台に食い込める好走を見せました。2 台のピンク色のマシンが並んでサーキットを駆ける様子は異様ですらありました(笑。が、タイヤ戦略の違いによりペースに勝るオコンを先行させようというチームオーダーにペレスが反逆、これによってオコンはリカルドに仕掛けるチャンスを奪われて最終的には 5-6 位でフィニッシュ。オコンはリカルドに仕掛けられさえしていれば 3 位フィニッシュしていた可能性もあったわけで、今回ばかりはペレスの横暴が目立った印象。というかモナコでも終盤に無茶なオーバーテイクがあったし、渋く安定感あるドライバーに成長したと思っていたペレスも、最近は速い若手の台頭にちょっと焦ってきたのか?という挙動が出てきましたね。

さて...マクラーレン・ホンダ。もはや期待するのも辛くなってきましたが(´д`)、今回はインディ 500 参戦を終えて復帰したアロンソが終盤までポイント圏内を走るなど、明るい兆しが見えました。が、ラスト 3 周でアロンソのマシンがエンジンブロー、万事休す...。ただでさえパワーのないマシンに不利なサーキットで苦戦が予想されてはいましたが、善戦した挙げ句に信頼性不足でポイントを失う、というのは本当に辛い。パワーユニットのアップデートも次戦アゼルバイジャンにも間に合うかどうかという状況のようですし、なかなか光明が見いだせませんね。
かといってマクラーレンのザック・ブラウン、エリック・ブーリエ、アロンソの三人がメディアに対して公然とホンダ批判を繰り返すのは、それはそれで見るに堪えない。確かに今季のホンダの不甲斐なさも大概だし、日本人と欧州人の態度の違いなのかもしれませんが、こういう態度はパートナーとして信頼が置けない、と思います。マクラーレンの運営資金の多くをホンダが負担している状況でいきなり契約解消ということもないのでしょうが、個人的にはもう来季はマクラーレンと離れてザウバー一本になっても別に悔いはないや、という気持ちになってきていたりします。

投稿者 B : 21:18 | F1 | Season 2017 | コメント (0) | トラックバック

2017/05/30 (Tue.)

F1 モナコ GP 2017

F1モナコGP決勝:ピット戦略で明暗、ベッテルが逆転し今季3勝目。マクラーレンは全滅

伝統のモナコ GP。同じく世界三大レースのひとつであるインディ 500 での佐藤琢磨優勝のニュースにかき消された感がありますが(笑)、こちらはミハエル・シューマッハー時代以来 16 年ぶりのフェラーリ 1-2 フィニッシュで幕を閉じました。

フリー走行からフェラーリ優勢だったのに加えて、Q2 ではラストアタック一発に賭けたハミルトンの計測ラップがまさかのバンドーンのクラッシュによる黄旗でフイに。Q3 ではボッタスが 2 位ヴェッテルに 2/1,000 秒差まで迫ったものの、フェラーリが久しぶりのライコネン PP を含むフロントロウ独占で決勝に臨みます。

決勝ではグリッド順的にハミルトン優勝の可能性は低く、スタートでボッタスに先行されさえしなければフェラーリ楽勝ムード。ライコネンは難なくホールショットを決め、このままゴールまで行くかと思われました。
しかし状況が変わったのが初回ピットインのタイミング。ライコネンはほぼ予定通りにタイヤ交換を済ませたのに対して、2 位のヴェッテルが 2 周多く引っ張り、その間にファステストラップを連発することでオーバーカット成功。ライコネンとしてはピットアウト後にバックマーカーに引っかかるタイミングでのタイヤ交換でもあったわけで、これは事実上のチームオーダーではないかと勘繰りたくなります。ライコネンは納得しないでしょうが、ヴェッテルとハミルトンのチャンピオン争いが今後熾烈を極めそうな中、フェラーリ的には勝てるときにできるだけポイント差を稼いでおきたかったのでしょうし...。

個人的には、このドライバーズサーキットで久々にライコネンの勝利が見たかったので非常に残念。まあ今年はマシンの仕上がりが良いのでまだ勝てるチャンスもあるでしょうし、大得意なサーキットであるスパでの発奮に期待です。

アロンソの代役としてバトンが出走したマクラーレン・ホンダは、予想通り予選から非常に好調で 9・10 番手を獲得。しかしバンドーンは Q2 でのクラッシュにより Q3 出走できず、さらにスペイン GP で受けたペナルティで 3 グリッド降格。バトンに関しては実力で 9 番手を獲っておきながら PU 換装ペナルティで最後尾という厳しいレースになりました。

バトンは結局 1 周目にタイヤ交換を済ませることでトラフィックを逃れる戦略を採りますが、目の前のウェーレインが全く同じ戦略を採ったために不発。そのうえ 60 周目には業を煮やしてウェーレインへのオーバーテイクを仕掛けたところ接触、そのまま両車リタイア。あの狭いポルティエでインを刺すこと自体がちょっと無茶だったとは思いますが、ウェーレインもミラーを見ている素振りが全くなかったなあ、と。
バンドーンのほうは前車を抜けないまでも堅実に 10 位を走行し、チームに今シーズン初ポイントを持ち帰るかと思ったら...バトンの事故からのセーフティカー明けに後続のペレスにオーバーテイクを仕掛けられ、コーナーでアウトに膨らんだところでマシンコントロールを失ってクラッシュ。ペレスはこの少し後にもクビアトに強引に仕掛けて撃墜しているし、今回の走りはちょっとひどいんじゃないかと。

結果だけ見れば失望しかないレースでしたが、前回のスペイン GP でのアロンソ Q3 進出と今回のダブル Q3 進出、ポイント獲得まであと一歩という内容を見ると、徐々にではあるけど進歩しているのかな、と前向きに考えることはできます。パワーユニットの大規模アップデートは次戦カナダには間に合わなさそうという話ですが、シャシー性能も合わせて今よりも少しでも改善することを期待したいですね...。

投稿者 B : 21:00 | F1 | Season 2017 | コメント (0) | トラックバック

2017/05/15 (Mon.)

F1 スペイン GP 2017

F1スペインGP決勝:ベッテルとの一騎打ちを制しハミルトンが今季2勝目、接触のアロンソはノーポイント

F1 ヨーロッパラウンドの初戦スペイン GP。ドライビングスキルよりもマシン性能の差が如実に出るサーキットで、通常はオーバーテイクも難しい。フロントロウを獲ったドライバーの優勝率も異常に高く、昨年のフェルスタッペンの初優勝がごく例外的な波乱、というのがスペイン GP の特徴でした。が、今年は近年稀に見る好レースが展開されました。

今回も予選から伯仲していて、メルセデスとフェラーリの四人のうち誰が PP を獲得してもおかしくない力関係から、最終的にトップをもぎ取ったのはハミルトン。しかしヴェッテルもしぶとく 2 番手につけ、3 番手のボッタスまで誰にもチャンスがある状況。
スタートではヴェッテルが見事なダッシュを決めて、ターン 1 までの間にトップを奪います。バルセロナの暑さがメルセデスよりもフェラーリに合っていたのか、フェラーリがジワジワ差を広げていきそのまま展開が固まるかと思ったら。両チームのタイヤ戦略の違いにより、ヴェッテルがソフト→ソフト→ミディアム、ハミルトンがソフト→ミディアム→ソフトという順番でタイヤを使っていきます。その上、ドライバーによってピット戦略を分けたメルセデスがボッタスのピットインを引っ張り、しばらくの間ヴェッテルを抑える役割を担わせます。これによってヴェッテルとハミルトンのギャップが必要以上に開かなくなり、第 3 スティントでソフトタイヤを履くハミルトンがヴェッテルをコース上で攻略、今シーズン 2 勝目を挙げました。
ボッタスは中盤にパワーユニットのトラブルでリタイアを余儀なくされますが、最終的にハミルトンの勝因の一つを作ったわけで、チームとしてはよくやってくれたというところでしょう。
決勝は残念ながらスタート直後にマッサと接触してしまい、その後もペースが上がらずに 12 位止まりでしたが、それでもアロンソとしては今季初完走。信頼性もスピードもまだまだながら、ようやくマクラーレン・ホンダの 2017 年シーズンが始まったという感じです。

こういう良いニュースがあった後にも関わらず、アロンソは次のモナコを欠場してインディ 500 に出走してしまうんですよね...。この感じならばモナコでは入賞も夢ではないだけに残念ですが、バトンとバンドーンの好走に期待することにしましょう。

これでヴェッテルとハミルトンのポイント差は 6。コンストラクターズでもメルセデスとフェラーリの差が 8pt となり、ヨーロッパラウンドに入っても理想的なデッドヒートが続いています。メルセデスとフェラーリのどちらが勝つか分からない、今季の F1 は本当に面白い。
リザルトだけでなく、スペイン GP においてコース上でこんなに激しいバトルが繰り広げられたのも久しぶり。チームラジオを聞いていてもハミルトンの息が切れていたり、マシンコントロールがシビアなのか「しばらく話しかけないでくれ」というドライバーが複数いたり、こんなにドライバーの体力的にキツいレースも久々ではないでしょうか。1990 年前後にはレース後にドライバーがへたり込むシーンもしばしば見られましたが、今回のレースはそれに近いものがあり、これでこそスポーツだ!と強く感じました。やっぱりモータースポーツはこうでないと。去年までの F1 は、いかにペースと燃費を守るかの競争だったんだなあと改めて思います。

マクラーレン・ホンダですが、今回も FP1 からアロンソ車がトラブルでほとんど走れないという状況でした。が、予選では見違えるような走りを見せ、なんとアロンソが今季初の Q3 進出だけでなく、なんと 7 番手グリッドを獲得。アロンソは過去にもスペインの予選では信じられないパフォーマンスを発揮する傾向にあり、レースでは全然ダメでも予選だけ PP、みたいな年が何度かありました。きっと地元のアロンソしかしらない「一発だけ速く走れるライン」みたいなのがあるんでしょうが、それにしてもあのマシンで、それもドライバーよりマシン性能の差が出るバルセロナで 7 番手というのはすごい。

投稿者 B : 22:23 | F1 | Season 2017 | コメント (0) | トラックバック

2017/05/01 (Mon.)

F1 ロシア GP 2017

F1ロシアGP決勝:ベッテルとの攻防を制したボッタスがF1初優勝!アロンソはスタートできず

おめでとうボッタス!!!!

ロシア GP はメルセデス移籍 4 戦目のボッタスが危なげない走りで F1 初優勝を遂げました。やっぱり、新しいウィナー誕生の瞬間はワクワクしますね。

今回も予選から面白いグランプリでした。メルセデスとフェラーリが拮抗するタイムを刻み、結果的にはフェラーリがフロントロウ独占!という何年ぶりか思い出せないくらいの快挙を達成。その後ろに僅差でボッタス、ハミルトンと続きます。
セットアップも決まっていそうだし決勝もこのままヴェッテルが逃げるか、と思ったらスタートで大どんでん返し。フェラーリの二台もそんなに悪くはないスタートだったと思うんですが、とにかくボッタスの蹴り出しが良く、ターン 1 で既にボッタスが先行。グリップが悪い偶数列スタートだったハミルトンは出遅れ、ボッタスとハミルトンの間にフェラーリの二台が挟まれる格好になりました。
あとはセーフティカー導入等のハプニングもなく、ボッタスが最後までポジションを守り抜きました。終盤のヴェッテルの追い上げはかなりハラハラしたものの、落ち着いて守り切ったあたりがボッタスらしい。最終ラップで周回遅れとなったマッサがヴェッテルに簡単には抜かせなかったのは、元チームメイトの初優勝を援護したい気持ちがあったからではと勘繰りたくなりましたが(笑)それがなくてもボッタスが逃げ切っていた可能性は高いと思います。

個人的には F1 デビュー当時からのボッタス贔屓だったのでかなり嬉しい。フィンランド人の寡黙さって妙に共感できるところがあるんですよね。マシンは十分に勝てる性能を持っているだけに、早めに一勝を挙げて勝ち方を覚えてほしいと思っていましたが、4 戦目にして勝利を掴み取ったとあっては、今後にも期待が持てそうです。
チームメイトのハミルトンは今回精彩を欠いていましたが、ボッタスとフェラーリの二台のタイムが良かったことを考えると、サーキットとマシン+ドライビングスタイルが合ってなかったということですかね。元々タイヤへの入力の強いメルセデスとタイヤに負荷をかけつつ速く走るハミルトンという組み合わせは、サーキットとの相性とセッティングがハマれば手を着けられない速さを見せつけてきますが、タイヤに厳しいサーキットの場合はボッタスのようなスムーズなドライビングスタイルのほうが適しているということなのかもしれません。

ポイントランキング上は、コンストラクターズがフェラーリとメルセデスが 1 点差、ドライバーズのほうもまだトップの 4 人ともに十分チャンスがある状況。ハミルトンとヴェッテルの一騎打ちかなと予想をしていましたが、このまま四つ巴で終盤戦までもつれてくれると面白いシーズンになります。これほど展開が読めないシーズンもそうとう久しぶり、テレビ観戦してて寝落ちしそうにならないって素晴らしい(ぉ

マクラーレン・ホンダですが...前戦のバンドーンに続いて、今回はアロンソがフォーメーションラップ中に ERS トラブルでストップし、グリッドにもつけずにリタイアする羽目になりました。これでホンダの PU トラブルは二戦つづいたことになります。レースでもバンドーンが最初から最後までザウバーと最後尾争いをするという失意の週末。ポジティブなニュースを見つけることすら難しい状況なのが残念です。
ホンダと言えば来季からザウバーへの PU 供給を発表したところですが、CS 中継の最後に川井チャンが言っていた一言が気がかり。「エディ・ジョーダンが『マクラーレンが来季メルセデスにスイッチすることが決まった』と発言して大問題になった」とのことですが、今のマクラーレン・ホンダの状況を考えると信憑性が高い話に思えてくるから怖い。スペイン GP 前に正式発表があるかもなんて噂も飛び交っていますが、来季ザウバー・ホンダの 1 チーム体制、という状況だけは何としても避けてほしいところです...。

投稿者 B : 23:20 | F1 | Season 2017 | コメント (0) | トラックバック

2017/04/30 (Sun.)

F1 ホンダがザウバーへの PU 供給を正式発表

【正式発表】『ザウバー・ホンダ』誕生。マクラーレンに加え、2018年からのF1パワーユニット供給契約を締結

今日のロシア GP 決勝を前にして、ホンダが 2018 年シーズンからのザウバーへのパワーユニット供給契約を交わしたことを正式に発表しました。

昨シーズンから噂だけあったホンダのカスタマーチーム構想がついに白日の下に晒されたことになります。当初はレッドブルへの供給なんかも噂されてきましたが、最終的にはザウバー。ルノーの性能改善によりレッドブルとルノーの間の関係が修復された結果、消去法でザウバーしかなかったという現実はありそうですが、それでもようやく 2 チーム目への供給が決定したことは前向きに受け止めたいです。
これでパワーユニットの供給関係は

メルセデス: メルセデス、フォースインディア、ウィリアムズ
フェラーリ: フェラーリ、ハース
ルノー: ルノー、レッドブル、トロロッソ
ホンダ: マクラーレン、ザウバー

とそれなりにバランスの取れたものに。
とはいえ今シーズンの状況としてはマクラーレンとザウバーがテールエンダーを争っているわけで、弱小チーム同士の組み合わせでどれほど開発のシナジーが出るかは疑問符がつくところではあります。まあ今は速さも信頼性もない状況なだけに、とりあえずテストもレースも倍走れるようになることで、少なくとも信頼性の向上には繋がることと思いますが...。

そしてカスタマーチーム供給ということになれば、期待されるのはザウバーに日本人ドライバーが乗る可能性でしょう。一番近いところにいるのはホンダが F2(旧 GP2)で走らせている松下信治でしょうし、ザウバー自体も以前は小林可夢偉をエースドライバーとして据えていた、日本人に馴染みが深いチームでもあります。ただ松下信治は名門 ART に在籍 3 年目ながらなかなか結果が出し切れず、ホンダの看板を背負って F1 で走るにはちょっと力不足感が漂うんですよね...。今季大化けするようなら期待したいですが、そうでない場合は日本人を乗せることよりも PU 開発のほうを優先してほしいなあ。

投稿者 B : 20:00 | F1 | Season 2017 | コメント (0) | トラックバック

2017/04/18 (Tue.)

F1 バーレーン GP 2017

F1バーレーンGP決勝:ライバルを寄せつけずベッテルが今季2勝目、アロンソはエンジントラブル

今年の F1 も早くも第 3 戦。バーレーン GP はとても面白いレースになりました。

まずは予選、メルセデスのボッタスがハミルトンを抑えて自身初の PP を獲得!前戦までは期待したような結果が出ずにやきもきしましたが、ようやくチームにもマシンにも慣れ始め、これから本領発揮といってくれるでしょうか。個人的に「多くを語らず走りで証明する」タイプの多いフィンランド人ドライバーは共感するところが多く、今年はハミルトンよりもボッタス贔屓な目で見てしまっているだけにがんばってほしい。

決勝はスタートこそボッタスが難なく決めたものの、レースペースは明らかにフェラーリのほうが上。どうもボッタスのマシンはタイヤの内圧が高めに出ていて本来の性能を出せていなかったようですが、以前からメルセデスのマシンは高温時にタイヤがタレやすく、逆にフェラーリのマシンはタイヤに優しい(逆に言えば寒い条件下ではメルセデスのほうがタイヤを作動温度領域に入れやすく、フェラーリはタイヤが温まりにくい)という性格の違いがあります。今回はボッタスのタイヤ内圧以上にその特性差が出ており、予選はともかく決勝ではヴェッテルのほうが安定して速かったと言えます。
結果だけ見れば初回のセーフティカーが導入されたタイミングの関係でヴェッテルがアンダーカットを成功させた格好になりましたが、それがなくてもコース上でヴェッテルがボッタスを交わしていた可能性は高い。去年までのフェラーリならば、大抵は(失うものもないくせに)保守的なピット戦略で勝ちを捨てに行くか勝負を賭けても裏目に出るかしかありませんでしたが、今年のフェラーリには思い切りの良さと強さを感じます。逆にメルセデスはハミルトンがピットイン時に意図的なスロー走行でペナルティを取られ、その時点で逆転優勝の目がほぼなくなってしまうなど、自滅した感が強い。まだ 3 戦目ではありますが、去年とは明らかに違う状況となっています。

ボッタスはレース終盤にチームオーダーでハミルトンに順位を譲り、3 位フィニッシュ。タイヤ戦略の違いもあって終盤はハミルトンのほうが速かったから仕方ないかとは思いますが、それにしても残念。こういうのは一度勝ち方を覚えると続けざまに勝てるようになるものなので、ボッタスには一日も早く初優勝を決めて、ヴェッテルとハミルトンのチャンピオン争いに絡んでいってほしいところです。

ここまで 3 戦を見てきて、今季はヴェッテルとハミルトンの二人が選手権を主導する構図が見えてきました。そこにボッタスとライコネンがどう絡むかが、ドライバーズ/コンストラクターズ両方の動向を決めることになりそうです。レッドブルはドライバー二人は敢闘していると思うけど、残念ながらまだマシンの熟成がそこまで進んでいないようで、ヨーロッパラウンド以降の進化に期待、という感じ。当面はトラブルやアクシデントがなければ 1~6 位の顔ぶれはほぼ変わらないのではないか、というくらいに中堅以下のチームとの差は大きく見えます。

で、問題のマクラーレン・ホンダ。今回はフリー走行から予選までに合計 3 回も MGU-H のトラブルが発生した挙げ句、バンドーンがパワーユニットのトラブルで決勝をスタートすらできずにリタイア。決勝もアロンソが独りテールエンド付近の争いをずっと繰り広げた結果、残り 2 周というところで PU 起因と思われるトラブルでリタイア(記録上は完走扱い)。前戦までは PU 関連のトラブルが起きていなかっただけに、ここにきて多発しているのが不可解ですが、マクラーレンのシャシー以上にホンダの PU のパワー/信頼性不足は深刻な状況のようです。レース中にもアロンソがチームラジオで「こんなにパワーのないマシンで走ったのは初めてだ!」と悲鳴を上げていましたが、それだけひどい状況だということでしょう。ハッキリ言って二年前の今ごろよりもさらに厳しいように見えます。
PU がこれだけ壊れていると、年間 4 基の PU 使用制限を超えてしまうことは確実で(バンドーンに関しては次で既に 4 基目)、去年までのように「ペナルティ覚悟で捨てるレースを決め、新品の PU に入れ替えていく」という作戦を採らざるを得ません。何事もなければスペインかモナコあたりでアップデート版の PU を投入するスケジュールだったのでしょうが、次のロシアで 2 台のマシンに搭載される新 PU は新スペックのものなのか、旧型なのか。もう当面の間表彰台は期待しないので、毎レース新品 PU に交換して最後尾スタートになってでも、入賞圏内にまで上がってこれる PU を一日も早く用意してほしいところです。

なんというかもう、祈ることしかできません。今年は優勝争いが面白いことが、せめてもの救いだと思います。

投稿者 B : 22:59 | F1 | Season 2017 | コメント (0) | トラックバック

2017/04/12 (Wed.)

マクラーレン・ホンダとアロンソがインディ 500 参戦へ

アロンソがモナコGPを欠場しインディ500電撃参戦! マクラーレン、ホンダ、アンドレッティがトリオ

驚きのニュース。マクラーレン・ホンダがアンドレッティ・オートスポーツとのコラボレーションにより 6 月のインディ 500 に参戦し、そのステアリングはアロンソが握ることが発表されました。マクラーレンはロン・デニス体制から今年はザック・ブラウン体制に変わり、マーケティング的には今までにない手法を採ってくるだろうとは思っていましたが、これは驚いた。
マクラーレンとはいってもチームの母体は名門アンドレッティであり、かつて佐藤琢磨が KV レーシングに所属しながらロータスカラーのマシンで走っていたのと同様の位置づけになると思われます。とはいえマクラーレン・チームとしては 1970 年代にインディ 500 に参戦していた時代があり、約 40 年ぶりに「マクラーレン」の名前がインディ 500 に復活することになります。また、広義のアンドレッティ・チームとしては佐藤琢磨がアロンソと同じチームで走る、というのもなかなかアツい話。

これはこれで面白いニュースではあるのですが...代わりに悲しいのが、アロンソはスケジュール的にバッティングする F1 モナコ GP のほうを欠場するということです。モナコは F1 全戦の中でも特にマシン性能の差が出にくい(ドライバーの実力が出やすい)サーキットだけに、アロンソの力でポイント獲得が期待できたはず。それを捨ててまでインディ 500 に出場するというのは、今年のマクラーレン F1 におけるアロンソのモチベーションがそれだけ低いということに他なりません。こうでもして引き留めないとシーズン中のチーム離脱もあり得る、ということだったんでしょうかね...。

モナコでアロンソの代役を務めるドライバーはまだ決定していないとのことですが、順当に行くとすれば一応リザーブドライバーに名前が載っているジェンソン・バトンかテスト兼開発ドライバーの松下信治か。浪人中のドライバーでイマイチめぼしい名前がないことを考えると、この二人のどちらかなんですかね。個人的にはモナコでバトンの熟練の走りをもう一度見たい気もするけど、ホンダ的には松下信治に経験を積ませたいだろうしなあ。
ともあれ「楽しみ」以上に「がっかり」という印象のほうが強いニュースでした。マクラーレン・ホンダにはせめてアロンソが「やっぱりモナコ出ておけば良かった」と後悔させられるだけのマシンアップデートを用意してほしいところです。

投稿者 B : 21:00 | F1 | Season 2017 | コメント (2) | トラックバック

2017/04/09 (Sun.)

F1 中国 GP 2017

F1中国GP決勝:ハミルトンが今季初優勝!入賞圏内のアロンソは無念のストップ

開幕戦でのヴェッテル優勝で俄然面白くなりそうな今年の F1。第 2 戦中国 GP はウェットコンディションとなり、これまた波乱のレースが期待されました。

予選で圧倒的な速さを見せたのはハミルトン。しかしフェラーリもヴェッテルが 1/1,000 秒差でボッタスを交わしフロントロウの一角をもぎ取ると、今回もメルボルンの再現への期待が高まります。しかし、スタート後は序盤こそハミルトンのペースが上がらなかったものの、中盤以降は完全にペースコントロールをしているようなレース運びで完勝。やはり今季もメルセデスが強いことは変わりません。
しかし 2 位争いは面白かったですね。フェラーリが序盤にアンダーカットを狙った早めのピットインこそ不発に終わりましたが、いつもは決まり切ったピット戦略しか採れないフェラーリが攻撃的に動いたことは評価したい。そしていったんはポジションを落としたヴェッテルが猛攻を見せ、リカルドとホイールが接触するほどのデッドヒートの末に競り勝ち、フェルスタッペンにはブレーキング勝負で勝ち、実力で 2 位をつかみ取りました。レッドブル時代も含め「逃げて勝つ」印象の強いヴェッテルがここまで攻めたのは久しぶり、去年までは攻めが裏目に出ることが多かったことを考えると、今のフェラーリ×ヴェッテルは本当に勢いに乗れているということでしょう。

最終的な順位はハミルトン-ヴェッテル-フェルスタッペン-リカルド-ライコネン-ボッタスのオーダー。トップ 3 チームがきれいにポイントを分け合った形になっていて、やはり今季はこの 3 チームを軸にチャンピオンシップが進むことが示されました。ライコネンとボッタスが決勝でのレース運びにやや苦しみがちに見えますが、この二人も優勝争いに絡んでくるようになるともっと面白いんだけどなあ。

マクラーレン・ホンダは直線スピードが物を言うこの上海で、非力なパワーユニットをして序盤 7 位をキープし続けたアロンソの走りは流石としか言いようがありません。ウェットだったが故にマシン性能の差が埋められた部分はあったでしょうが、今のマクラーレン・ホンダは完全にアロンソが引っ張っていると言っても過言ではないでしょう。しかし結果はダブルリタイア。アロンソはドライブシャフト破損、バンドーンは燃料系のトラブルとのことですが、PU のパワー不足の問題はともかく、今回のトラブルの原因はシャシー側にあります。オーストラリアでもアロンソがサスペンショントラブルでリタイアしているし、昨年の最終戦でバトンがリタイアしたのもサスペンション破損。とかくホンダの信頼性不足ばかりが槍玉に挙げられますが、ここんとこレースで壊れてるのってシャシーばかりじゃないですか。今マクラーレンがすべきことは広報対応でホンダを悪者にすることじゃなくて、シャシーと PU 両方の完成度が低いことを認めた上で、一体となって改善の努力をすることじゃないですかね...。このままでは、いくらなんでもドライバーとホンダ技術陣が不憫すぎます。

次はすぐ来週末のバーレーン GP。どのチームもマシンのベースはそのままにセットアップ変更で臨むと思われるだけに、中国と大きく勢力図は変わらないと思われます。優勝争いは三強の誰が勝ってもおかしくないし、マクラーレン・ホンダは次もポイント獲得が現実的な目標となるでしょう。早くポイントを獲得して、コンストラクターズ最下位を脱出してほしいところです(´д`)。

投稿者 B : 22:19 | F1 | Season 2017 | コメント (0) | トラックバック

2017/03/26 (Sun.)

F1 オーストラリア GP 2017

F1オーストラリアGP決勝:フェラーリのベッテルがハミルトンを下し逆転優勝!

ついに開幕した F1 2017 年シーズン。今季は 2014 年以来のテクニカルレギュレーション大改定があり、マシンの見た目が去年までとは大きく変わりました。タイヤはよりワイドになり、車体も低重心化。前後ウィングも大型化したことで、1990 年代のような迫力のある外観になりました。タイヤのグリップ力向上とダウンフォース向上によりラップタイムも速くなる見込みで、近年の「燃費を守るために一定のペースで走る仕事」から久々にレースらしいレースが見られるようになる可能性があります。

でもそれ以上に期待されたのが、メルセデス一強だったここ三年間の勢力図が変わること。パワーユニットの性能と効率は現在もメルセデスに一日の長があることは間違いありませんが、空力周りに大きく手が入ることで再びレッドブルのようなチームに脚光が当たる可能性もあります。実際に蓋を開けてみたところ、残念ながらレッドブルの相対的な速さは昨年より向上してはいなさそうでしたが、代わりにフェラーリが大きく進歩してきました。
フェラーリは冬季テストの間から好タイムを出しており、今季はけっこういい戦いができるんじゃないの...?と期待していましたが、予選からメルセデスとがっぷり四つの戦いを見せてくれました。ポールポジションはハミルトンが取ったものの、実力で 2・4 番手を確保して二列目までをメルセデスと分け合えたのは十分健闘したと言って良いでしょう。

決勝はハミルトンが好スタートを決めたものの、昨年までとは違いその後もヴェッテルがハミルトンから 1 秒以内のギャップを保ったまま追走。初回のピットインはハミルトンが先行し、ここでヴェッテルがオーバーカットを決められるか...と思ったら、ピットアウト後のハミルトンがフェルスタッペンの後ろで詰まってしまい、難なくオーバーカットに成功。その後はタイヤとの相性の違いか、ヴェッテルがハミルトンに背後を脅かされることなく開幕戦を一年半ぶりの勝利で飾りました。
昨年までならばハミルトンは 3 周目までに後続に数秒のギャップを築いていたでしょうし、ピットアウト後も圧倒的な速さでポジションを取り戻していったものでした。が、今季はフェラーリがしっかりついて行けているし、レッドブルもメルセデスに簡単には抜かれないだけの速さがある。少なくとも、メルセデス・フェラーリ・レッドブルの三強の実力差は去年までに比べると縮まっていると言えそうです。去年までのフェラーリ・レッドブルは「メルセデスに何か失策があった場合は勝てるチャンスがある」という感じだったのが、今季は(サーキットによるでしょうが)フェラーリにも実力でメルセデスを倒せる可能性があることが判りました。こういうレースが続くようなら、今年の F1 は久しぶりに面白いものになりそうです。

三年目の挑戦となるマクラーレン・ホンダは、冬季テスト中から信頼性も速さも全然足りない、という不安なニュースばかりが流れてきましたが、開幕してもその状況は大きくは変わっていないようでした。予選ではバンドーンが Q1 中に燃圧トラブルのため満足な走りができず 18 番手、アロンソも 13 番手が精一杯。決勝は決して速くないマシンをアロンソが何とか入賞圏内まで持って行きましたが、残り数周でマシントラブルによりリタイヤ。客観的に言って去年の開幕時点よりも状況が悪化しており、ファンとしては厳しい現状を認めざるを得ません。パワーユニットもシャシーもどちらも決して良いようには見えませんが、現場責任者たるエリック・ブーリエがホンダの責任ばかりを対外的に明言しているのも本当に残念。今季はトークン制度が撤廃されたためパワーユニットの開発に制限はありませんが、年間 4 基という台数制限のため改良版の PU を投入できるのは早くてもヨーロッパラウンド以降になるはずで、しばらくは我慢のレースが続きそうです。

とりあえず現時点での力関係はフェラーリ・メルセデスにちょっと遅れてレッドブルの三強、その後ろにピンクの(笑)フォースインディア・ウィリアムズ・トロロッソが続き、ハース・ルノー・ザウバー・マクラーレンが団子状態、という感じでしょうか。マクラーレン・ホンダが残念ながらテールエンド争いに近い状況なのが悔しい限りですが、今季は新レギュレーション下での開発合戦。少なくとも例年よりはレースごとの力関係の変化が大きいはずで、PU 以外の部分での進歩に当面は期待するしかないでしょう。でもまあ久しぶりにかっこいいマシンでガチのレースが観られる F1、楽しみたいと思います。

投稿者 B : 21:42 | F1 | Season 2017 | コメント (0) | トラックバック

 1 |  2 | all