b's mono-log

2018/01/18 (Thu.)

Nintendo Labo

任天堂が唐突に変なものを発表してきました。

Nintendo Switchがなんにでも変身しちゃう?「Nintendo Labo」はじまる! - GAME Watch

段ボール工作キットと Nintendo Switch を組み合わせて体感ゲームが楽しめる、というコンセプトのようです。いいなあこういうの。かつて学習雑誌の組み立てふろくにワクワクしていた子ども時代を思い出します。

ここ二年くらいの間で、VR ゲーム(特に HTC Vive)の世界ではハンドコントローラを汎用トラッカーとして使ったり、アタッチメントをつけてガンコンや剣コンとして使ったり、コントローラに内蔵している様々なセンサを有効活用するのが当たり前になってきました。Switch の Joy-Con もジャイロセンサと加速度センサ、それにハプティックリアクタ(HD 振動)を備え、VR のハンドコントローラによく似た要素が揃っていることから、同じように使えるんだろうとは思っていました(実際、マリオカート用の Joy-Con ハンドルはそういう側面を持っている)。
今回の Nintendo Labo は Joy-Con のそういう特長を最大限に活用するコンセプトのようですが、そこに段ボール工作キットを組み合わせる、という発想に驚きました。安いというのももちろんあるけど、組み立てるプロセスそのもので一度楽しめる。落書きしたって色塗ったっていい。そういう自由さがいいじゃないですか。最近の我々は、こういうことをやろうとしたときにまず 3D プリンタでアタッチメント作って...みたいな発想に囚われすぎなのかもしれません。

ただ、気になるのは作るプロセスも楽しそうだし出来上がったものも面白そうだけど、そこから先の奥行きがあまり見えないこと。Nintendo Labo のコンセプトには「つくる」「あそぶ」「わかる」という知育を思わせるキーワードが並んでいますが、遊んで解ったらそこで終わり、になりそうなんですよね。Joy-Con の各種センサと HD 振動を活用した代表的なゲーム『1-2-Switch』も、すごく面白いんだけどあまり深みがなくて半月も遊べば飽きてしまいましたが、Nintendo Labo からは同じ匂いを感じます。「わかる」のあとに「くふうする」余地がどの程度あるか?段ボール工作を改造して、体感ゲームのほうも少しでもカスタマイズできればそれだけで無限に近い可能性が生まれそうなところ。最初からは無理でも、いつか段ボール工作の設計図と自作のミニゲームを配布できるプラットフォームでもあれば、そこから新たなムーブメントが出てくるのではないか、と思ってしまいます。

期待と不安が半々だけど、間違いなく面白そうではあるので、発売されたらどちらか買ってみようと思います。Switch はいかに子どもと一緒に遊べるか、が私にとっては重要になっているとも思うので。ウチに男児がいれば間違いなく Robot Kit を選ぶんでしょうが、とりあえずは Variety Kit かな...。

投稿者 B : 22:33 | Game | Switch | コメント (0) | トラックバック

2018/01/11 (Thu.)

Nintendo Switch Pro コントローラー スプラトゥーン 2 エディション

Nintendo Switch の初期ロット品には、Joy-Con 左コントローラの Bluetooth が切れやすいという持病があるらしく、私も時折悩まされていました。それでも今までダマシダマシ使ってきたんですが、最近ゼルダのプレイ中に何度か発生してプレイに支障が出たので、ついカッとなって Pro コントローラーを購入しました。

任天堂 / Nintendo Switch Pro コントローラー スプラトゥーン 2 エディション

Nintendo Switch Pro コントローラー スプラトゥーン 2 エディション

ノーマルモデルは真っ黒で面白みがないので、スプラトゥーン 2 エディションを購入。秋ぐらいまでは入手困難な状況が続いていましたが、クリスマス前あたりからけっこう潤沢に流通するようになっていました。
スプラトゥーン 2 のイメージカラーであるネオングリーンとネオンピンクの鮮烈な配色がイイですね。

Nintendo Switch Pro コントローラー スプラトゥーン 2 エディション

内部基板がうっすら透けて見えるスモークブラックの筐体に、スプラトゥーン 2 のイメージアートが黒でプリントされています。同シリーズのキャリングケースと同じコンセプトですね。

ちなみに Pro コンの右スティックを下に倒してリング部をよく覗き込むと見える「THX2 ALLGAMEFANS!」(すべてのゲームファンに感謝!)という隠しメッセージは、スプラトゥーン 2 エディションにもちゃんとありました。

Nintendo Switch Pro コントローラー スプラトゥーン 2 エディション

裏面も手抜きせずちゃんと半透明&プリントあり。ノーマルモデルよりも若干割高なスプラトゥーン 2 エディションですが、これだけこだわって作られていれば納得ではあります。

Nintendo Switch Pro コントローラー スプラトゥーン 2 エディション

Switch に複数台のコントローラを接続したときにそれぞれが何番目かを示すインジケータは手前に。
二つの Joy-Con と合わせると三台目のコントローラになるわけで、これでマリオカートも三人プレイができるようになりました。レースゲー慣れしていれば、Joy-Con ハンドルよりも Pro コンのスティックで操作した方が速く走れます(笑

Nintendo Switch Pro コントローラー スプラトゥーン 2 エディション

付属品は充電用の USB Type-C ケーブルのみ。こういうのにまでちゃんと自社ロゴを入れてくるあたりがさすが任天堂という感じ。
しかしそれ以外は徹底的にコストダウンされていて、取説は入っていないし、保証書は外箱に購入店舗印を押させることでその代わりとしているなど、極端なほどメリハリがついています。

Joy-Con は充電時にはグリップから取り外して Switch 本体に装着するか、別売りの Joy-Con 充電グリップを買う必要がありましたが、やっぱり単体で充電できるコントローラのほうが便利ですね。せめて充電グリップくらい標準添付してほしいのが本音ですが、こういう部分が徹底的なコストダウンの跡なんだろうと思います。

Nintendo Switch Pro コントローラー スプラトゥーン 2 エディション

Joy-Con と並べると、構成要素は同じだけどコントローラとしての作りが根本的に違いますね。ボタンの大きさ、ストロークの深さ、スティックの大きさと高さ、配置も違う。Joy-Con はグリップにつけるだけでなく Switch 本体とドッキングしたり、片方ずつの Joy-Con を横向きに持って使ったり、様々な使い方を想定したものなので仕方ないですが、左右スティックと十字キー/ABXY キーは縦ではなく斜めに並んでいたほうが瞬時に持ち替えやすいし、十字キーも Joy-Con の独立型ではなく伝統的な十字型のほうが直感的。Joy-Con は持った感覚やボタンの押し心地的に据置ゲーム機ではなく 3DS で遊んでいるような感覚があったんですが、Pro コンのほうは手に馴染むし「ゲームしてる感」がある。

Nintendo Switch Pro コントローラー スプラトゥーン 2 エディション

LR ボタンも大きさ、ストロークともに雲泥の差。ゼルダもスプラトゥーン 2 も LR 系ボタンは多用するので、ここもプレイの快適性に大きく影響する部分です。

Pro コンのほうが良いことは買う前から解っているつもりでしたが、実際に使い比べてみると想像以上に操作性が向上しますね。スティックの高さが高くなったことでより繊細な操作ができるようになったし、Joy-Con に比べると手に吸い付くような感覚でプレイできる。これはもっと早いうちに買っておくべきだったなあ。

ゼルダ「英傑たちの詩」はもう半分ほどクリアしてしまいましたが、残り半分とスプラトゥーン 2、それにマリオカートは Pro コンで快適に遊ぼうと思います。

任天堂 / Nintendo Switch Pro コントローラー スプラトゥーン 2 エディション

B072FHHZFJ

投稿者 B : 23:59 | Game | Switch | コメント (0) | トラックバック

2018/01/07 (Sun.)

ゼルダの伝説 BoW DLC#2「英傑たちの詩」

12 月に配信開始されていたゼルダ BoW の DLC 第二弾「英傑たちの詩(バラッド)」を遅ればせながらダウンロードしました。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

前回の DLC「剣の試練」をクリアした直後にスプラトゥーン 2 とドラクエ X が発売されたので、ゼルダを起動したの自体半年ぶりという。しかも自分の指がスプラトゥーン 2 の操作系に最適化されていて、見当違いのボタンを押してしまうという体たらく(;´Д`)。

ともあれ、起動すると早速「回生の祠」に戻れというお告げを受け、ゲームのスタート地点に帰ることになります。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

回生の祠では「その『一撃の剣』を使って試練を攻略せよ」というチャレンジが課せられます。「一撃の剣」を手に取ると、呪いなのかみるみるうちに体力を吸い取られ、ハートが 1/4、つまりカスダメを受けただけで死ぬ状態に。こちらがどんなモンスターでも一撃で倒せる代わりに(ガーディアンでさえ一撃で倒せる!)、自分も雑魚ボコブリンの攻撃が当たっただけで即死。「剣の試練」も最初は武器も防具もない状態でのスタートだったけど、これはそれよりもさらにシビアだ...。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

最初のミッションはこの一撃の剣を使って「始まりの台地」にある四箇所のモンスターの巣を全滅させること。こちらは一発もダメージを受けてはならないので、こっそり近づいて一体ずつヒット&アウェイ戦略で行こうと思ったらあっさりボコブリンに発見されて死亡(;´Д`)。ボコブリンに殺されるなんて本当に初期の頃以来だけど、自分がいかにいままで防具や増えた体力に頼ったゴリ押しをしていたか改めて思い知りました。

でもどうやら全ての敵を一撃の剣で倒す必要はなく、リモコン爆弾や弓矢で倒してもいいらしいので、いつものように遠隔からチクチク削り、HP の高いモンスターだけ剣で瞬殺する戦略に変更することにしよう...。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

チャレンジ本編のほうは時間がかかりそうなので、とりあえず今回の DLC で追加された新装備を集めに行ってきました。今回は主にゼルダ旧作にまつわる装備品が中心ですが、本編をクリアしたプレイヤーにとっては特筆すべき性能の装備も特にないので、完全にコレクターズアイテム扱いですね。
またこれらの新装備は DLC「剣の試練」での追加装備と同じく、ヒントに従って地面や水中に埋まっている宝箱を探すだけでちょっと単調。もう少し変化をつけてほしかった気はしますが、大した性能があるわけでもないのでこれくらいの労力でちょうど釣り合っているのかもしれません。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

装備品のほかには馬具「古代の手綱」「古代のくら」も入手可能。
「古代の手綱」は馬の襲歩(ダッシュ)の回数を +2、「古代のくら」は一部を除くマップ上のどこにいても馬を呼び出せる馬具。これは相当便利なので、DLC をインストールしたらまず入手したいアイテムです。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

この馬具があれば、どこにいても口笛さえ吹けばシューンとワープしてきてくれて旅が捗ります。ただし該当の馬を馬宿に預けた状態では呼び出せないので要注意。

しばらく他のゲームに忙しくて久しぶりにハイラルに降り立ったわけですが、やっぱりこの世界は歩き回っているだけでもワクワクしますね。これだけ踏破してもまだ足を踏み入れていなかった場所を見つけたりして、まだまだ底知れない奥行きを感じます。
DLC のメインチャレンジのほうはかなりのボリュームがありそうなので、ジワジワ進めていきたいと思います。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド エキスパンション・パス (オンラインコード版)

B06XCGRG4L

投稿者 B : 22:22 | Game | Switch | コメント (0) | トラックバック

2017/12/25 (Mon.)

マリオカート 8 デラックス

私にもサンタクロースが来ました(違

マリオカート 8 デラックス

マリオカート 8 デラックス

冬休みに向けて家族で遊べるゲームを一本買っておこうと思い、今さらながらマリオカート 8 DX を購入。なにげにマリオカートシリーズをやるのはスーファミ時代以来だし、さらには自分で買ったのは今回が初めて。
自宅で Switch で遊ぶときは長女と交代でスプラトゥーンをやるか、私がプレイするゼルダの画面を娘たちが見て楽しむかのどちらかだったので、せっかくの冬休みに 1-2-Switch 以来の一緒に遊べるゲームが欲しかったのです。

マリオカート 8 デラックス

オンライン対戦やローカルネットワークでの複数台対戦にも対応してはいますが、我が家ではもっぱら二画面モードでの二人対戦で遊ぶことになりそうです。
レースゲームとしてはリアリティもへったくれもないグランツーリスモとは対極にあるゲームながら、爽快感とアイテムやコースギミックなどの仕掛けが楽しい。

一応純正の Joy-Con ハンドルも買ってあって、これを使うとステアリングコントローラのような操作ができるんですが、正確さだけでいったら普通にスティックを使う方がいいかな(笑。まあ、それでも気分が出るという意味では大事です。

マリオカート 8 デラックス

キャラクターはマリオシリーズだけでなく任天堂の人気タイトルからも参戦していて、個人的にはスプラトゥーンのイカボーイ&ガールが登場するのが子ども受けという点では重要でした。
コースのほうも数々の任天堂ゲームタイトルとのコラボがあって、F-ZERO のコースで走れるとか胸熱。見た目だけでなくギミックもマリオカートのルールに馴染ませながら再現してあって、よくできてるなあと感心します。それはそうと Switch 版の F-ZERO とか出ないんですかね...。

マリオカート 8 デラックス

スプラトゥーン風のコースはないのか...と思ったら、バトルモードにありました。スプラトゥーンだからレースコースではなくてバトルコースというのは確かに、納得。
私は通常のレースであれば初見でも(対 CPU 戦であれば)けっこう勝てる自信があるんですが、バトルモードは甲羅やバナナの皮を敵にぶつけなくてはならず、別のスキルが必要ですねこれ...。

まだひとしきり遊んだ程度でやり込めていないんですが、子どもとワイワイ言いながらゲームするのって楽しいですね。自分が子どもの頃は「親とテレビゲームをする」ってことがなかったからなあ。
スプラトゥーンと合わせて、冬休みのレクリエーションにしようと思います。

マリオカート 8 デラックス

B01N12G06K

任天堂 / Joy-Con ハンドル 2 個セット

B01NCXFWJ2

投稿者 B : 23:08 | Game | Switch | コメント (0) | トラックバック

2017/12/23 (Sat.)

ドラゴンクエスト III そして伝説へ... [3DS]

II をクリアしたならロト三部作は最後までプレイするのが礼儀というものです。スクエニの罠にまんまとかかった自覚はあります(ぉ

ドラゴンクエスト III

3DS 版ドラクエ III。ニンテンドー e ショップ、New 3DS からは Suica タッチでのチャージにも対応していて、プリカ買わなくてもクレカ登録しなくてもサクッと決済できてしまうのが危険(;´Д`)。

ドラクエ III はボリュームのあるシナリオ、職業と転職システムの採用、系統が整理されて多彩になった魔法など、その後のドラクエの基礎が完成した作品と言えます。私にとって、当時は買う前も買ってからも最もワクワク、ドキドキしたのが III だったんじゃないでしょうか。ロト三部作の完結編であり、始まりの物語であるという位置づけも熱い。

ドラゴンクエスト III

ドラクエ XI からの流れでプレイしていることもあり、メインキャラの名前は「ローシュ」「ネルセン」「セニカ」「ウラノス」にしてみました。最後に仲間に裏切られそう感の強いネーミングになってしまいましたが(笑)、XI の伝説の勇者ローシュは III の主人公だった...という脳内設定で進めてみることにします。

グラフィックは頭でっかちなデザインで違和感のあった I・II と違い、スーファミ版のグラフィックやシステムをベースに移植されているようで、ドラクエらしさがあってしっくり来ます。ただし III なのに「さくせん」とオート戦闘に対応していたり、ちいさなメダルがあったり、IV 以降に登場した装備品が多数追加されていたり、ファミコン版からは随分変わっています。

ドラゴンクエスト III

ゲームの進度はちょうどシャンパーニの塔をクリアしたところ。はがねのつるぎを購入して、初めてのボス戦も経験して、いよいよ本格的な冒険が始まったところです。
シャンパーニといえば大人になってからもシャンパンを飲むたびに連想する私。世界地図はドラクエ III で憶えた、という当時の小学生は多いはず。

ファミコン版から数えて約三十年の時が経っていますが、思い出補正込みとしても今やっても面白いゲームだと思います。冬休みにかけて攻略していく予定。

投稿者 B : 22:30 | DS & GBA | Game | コメント (0) | トラックバック

2017/12/20 (Wed.)

ドラクエ II、クリア

一ヶ月くらいかかるかなと思っていたドラクエ II ですが、思いのほかあっさりクリアしてしまいました。

ドラゴンクエスト II

リメイク(今回の 3DS 移植ではなくその元になったスマホ版か、さらに前の SFC 版かもしれないけど)にあたってはやはりゲームバランスが見直されていたようですね。ファミコン版に比べて経験値やゴールドの取得効率が良くなっていて、それほどレベリングに時間をかける必要がなかったのがサクサク進められた主な要因だと思います。
また FC 版ではサマルトリア王子の最強装備が「てつのやり」だったのに対して(実ダメージ的には「はやぶさのけん」の方が強いけど)、今回は「ひかりのつるぎ」等も装備可能になっていて、中盤以降もそれなりに火力として期待できる。それに FC 版ではザオリク遣いがサマルトリア一人だったのが、今回は終盤にムーンブルクもザオリクを覚えることで、かなり戦いやすくなりました。ヌルくなったという見方もできるけど、この歳になるとこれくらいのバランスが遊びやすい。

むしろこれだけゲームバランスが見直されていても、ムーンペタから双子の塔を経てルプガナに至る長い旅路とか、大灯台・海底洞窟・ロンダルキアへの洞窟といったドラクエ史上屈指の高難度ダンジョンとか、相変わらず手応えがあって、だからこそ面白い。

とまあいろいろ書きましたが、30 年前にファミコン版を遊んだときよりプレイ時間が大幅に減った理由は「ふっかつのじゅもん」がなくなったからではないでしょうか(笑。あれのメモと入力にかけた時間、それと書き間違いで無駄にしたプレイ時間は相当あったはず...。

ドラゴンクエスト II

また今回の攻略中に関連情報を検索していて、面白い blog に出会って読み漁ってしまいました。

ドラクエⅡ考察~もくじ 考えるを楽しむ/ウェブリブログ

何故王子はわざわざ城下町の宿屋に泊るのか?何故ローレシア王は息子の旅の餞別として銅の剣と 50G しか与えなかったのか?」という些細な謎をきっかけに、ドラクエ II の世界の隅々までを考察してしまった blog です。サマルトリア王子がハーゴン討伐の旅に出たのは実は国内の権力闘争がきっかけとか、各国の経済状況を比較するとローレシアは弱小国に過ぎないとか、ロトの勇者(I の主人公)のローレシア建国に至る歴史とか、果てはこの世界における宗教戦争から、邪神と呼ばれるのはシドーしか登場しないのに何故サブタイトルが悪霊の「神々」なのか?といった点にまで言及していて、むちゃくちゃ面白い。ほぼゲーム内に登場する事実だけを根拠に考察しているのも説得力があります。
私は小学生当時は素直にストーリーに従ってなんとなく進めているだけでしたが、こういう視点を持ってプレイすることでまた違った楽しみがありました。

そしてクリア後、エンディングで久しぶりに『この道わが旅』を聴いたときはジーンときました。やっぱり II は何年経っても色褪せない名作ですね。

投稿者 B : 23:02 | DS & GBA | Game | コメント (0) | トラックバック

2017/12/06 (Wed.)

クラシックミニスーファミと一緒に、レトロ HDMI セレクタ

買った直後にちょっと遊んで以来電源すら入れられていないクラシックミニスーファミですが、冬休みに向けて稼動率を高めるべく、こんなグッズを買ってみました。

コロンバスサークル / レトロ HDMI セレクタ

レトロ HDMI セレクタ

ミニファミコン用のクラシックボックスミニ等を発売しているコロンバスサークルの製品です。この会社、こういうレトロ系ゲームグッズをいろいろ出していますね。

これを買ったのは、テレビの HDMI 入力端子がもう埋まっていて、ミニファミコンやミニスーファミで遊ぶときには HDMI を差し替えなくてはならず億劫だったので、その手間を減らしてやりたかったんですよね。

レトロ HDMI セレクタ

「スーファミのコントローラのデザインを模倣した HDMI セレクタ」という、クラシックボックスミニ同様に壮大な出オチ感があるデバイスですが、見ての通りです(笑。
電源供給用の microUSB ケーブルはついていますが、AC アダプタや HDMI ケーブルは付属しません。

レトロ HDMI セレクタ

スーファミのコントローラと比べると、サイズ感は合っていますが色合いは微妙に違います。でもまあ許容範囲かな。

レトロ HDMI セレクタ

接続端子には IN/OUT の刻印がなく、パッケージに書かれている説明を読まなければどう接続して良いかイマイチ分かりません。実際は A ボタン側が出力、BXY ボタン側が入力になっています。

レトロ HDMI セレクタ

ABXY ボタンはクリアパーツになっていて、出力側の A ボタンは常時点灯、BXY はアクティブになっている端子に対応したボタンが点灯します。LED の輝度は高めで、ここまで光る HDMI セレクタは他にないくらいなので、AV 用途としては逆に扱いづらそう。

ちなみに HDMI バスパワーでも動作すると書かれていましたが、少なくとも Nintendo Switch やミニファミコンとの組み合わせではバスパワー動作しませんでした。今回は Switch の空いている USB 端子から電源供給して使います。セルフパワー動作させると機器の電源を切っても LED が点きっぱなしになるのが難点。

レトロ HDMI セレクタ

なお、B・X ボタンの点灯は特に問題ないのですが、Y ボタンの緑色 LED の内部遮光がちゃんとしていないのか、Y ボタンを押すと B・X ボタンまで緑色に光るという素敵仕様(´д`)。いかにも安かろう悪かろうの代表例みたいな作りですが(かといって非 AV 用の HDMI セレクタとしては決して安くない)、実用上は問題ないのでまあ良しとします。本当はバラして遮光テープ工作したい。

レトロ HDMI セレクタ

HDMI 入力は 3 系統あるので、これで Switch/ミニファミコン/ミニスーファミを切り換えて使います。奇しくもここ一年あまりの間に発売された任天堂ハード。冬休みは帰省の予定もないので、これでゲーム三昧で過ごそうと思います。

コロンバスサークル / レトロ HDMI セレクタ

B01BEVRAR4

投稿者 B : 23:27 | Game | コメント (0) | トラックバック

2017/12/04 (Mon.)

ドラゴンクエスト II 悪霊の神々 [3DS]

無料ダウンロードしたドラクエ I がサクッと終わってしまったので、II(有料)にも手を出してしまいました。

ドラゴンクエスト II

ドラクエは II~V あたりを死ぬほど遊んだので、改めて 3DS でプレイできるというのは感慨深い。リメイク版のグラフィックは中途半端に現代風でちょっと違和感があるけど(リメイクするにしても SFC 版くらいのテイストが好き)、まあすぐに慣れました。

一人旅だった I と違い、パーティ制になってその後のドラクエのフォーマットの基本ができたのが II だと思います。ゲームバランス的にはシリーズ中最もシビアで、リメイク版でも多少の調整は入っているだろうとはいえ、最近のドラクエをプレイした後だとハードモードに感じてしまいますね。でも雑魚敵相手でも三人のキャラごとの得手不得手をうまく使って戦わなくてはならないバランス調整は久しぶりにプレイすると新鮮でさえあります。

ドラゴンクエスト II

進度としてはローレシア Lv20、船を入手してアレフガルドに降り立ったところ。確か最後にやったのは SFC リメイク版だから二十数年ぶりのプレイですが、やり込んだだけあって今でも次にどこに行って何をすべきか憶えているものですね。

I は土日でサクッと終わってしまいましたが、II はボリュームが数倍になってやり応えがあります。このまま冬休みにかけて III まで遊んでしまおうかと思っています。

投稿者 B : 22:22 | DS & GBA | Game | コメント (0) | トラックバック

2017/11/24 (Fri.)

ドラゴンクエスト [3DS]

ドラクエ XI も裏ボスを倒してほぼひととおり遊び尽くしたので、期間限定特典のドラクエ I に移行してみました。

ドラゴンクエスト

ドラクエ I を遊ぶには、XI の裏エンディング中に表示される特別な「ふっかつのじゅもん」を XI 上で入力する必要があります。
これを入力すると表示されるのが、

ドラゴンクエスト

懐かしの初代ドラクエのオープニング画面!!!泣ける。まあ XI の過去世界でも見た映像ではありますが。
文字表示以外は当時のドット絵のまま、当時のオープニングが始まるのでいろんなものがこみ上げてきます。

XI の裏エンディングで、後付けながら XI から I へ橋渡しする設定が用意されていたので、あれを見た後ではこの物語が今までとは少し違って見えてきます。

でもドラクエ I は無料ダウンロードという話だったはずだけど、それは PS4 の話だったんだっけ?3DS 版ではこのまま遊べるんだっけ?と思いつつ、王様との会話を終了させて、さあ冒険のはじまりだ...!と旅立とうと思ったら、

ドラゴンクエスト

いきなり現実に引き戻されるやつ(;´Д`)ヾ。
初代ドラクエの画面内に「ニンテンドー e ショップ」という単語が表示されるギャップが半端ない。

ドラゴンクエスト

そのまま自動的にニンテンドー e ショップが起ち上がります。XI の、それも裏エンディングを見たクリアデータからでないとこの画面にはアクセスできないようです。
で、ここで「ドラゴンクエスト(無料版)」をダウンロード。

改めて、さっきの続きから...!と思ってソフトを起動すると、

ドラゴンクエスト

画面がさっきと全然違う(;´Д`)ヾ。オリジナルの移植版がプレイできるわけではないんですね...。
この画面デザインは、どうやらスマホ版のドラクエ I からの移植版のようです。

ドラゴンクエスト

グラフィックは中途半端にスーファミ風だけど、スーファミ時代のドラクエとも微妙に違うテイストで、オールドユーザー的にはちょっと違和感が。まあ、コストをかけずにスマホから移植してきたやつだし、スクエニからの無料サービスだし、贅沢は言えません。
まだラダトーム城周辺で最初のレベル上げをしている段階ですが、古典中の古典、全ての JRPG の始祖になったゲームだけに、シンプルながらどんどん先へ進めたくなる力がありますね。

XI ほど長時間拘束されるタイトルでもないので、また空き時間を見つけて遊びたいと思います。II・III も 3DS 版が発売されているけど、これもスマホ版の移植っぽいんですよね。やりたい気もあるけど、どうしようかなあ。

ちなみにこのドラクエ I のダウンロード期限は来年 1/28 までとのことなので(3DS・PS4 とも)、XI を買ってまだクリアしていない方はお早めにどうぞ。

ドラゴンクエスト XI 過ぎ去りし時を求めて

B06Y5V9FK7

投稿者 B : 23:01 | DS & GBA | Game | コメント (0) | トラックバック

2017/11/12 (Sun.)

VR ZONE SHINJUKU 『機動戦士ガンダム 戦場の絆 VR』

7 月のオープン直後に行って以来の VR ZONE SHINJUKU に、再び行ってきました。

VR ZONE SHINJUKU

VR ZONE SHINJUKU

主たる目的は、一昨日稼動開始したばかりの『機動戦士ガンダム 戦場の絆 VR PROTOTYPE Ver.』。これまでにもガンダムの VR 作品は複数出てきていますが、自分自身でモビルスーツを操縦して戦える VR はこれが初めて。戦える VR ゲームとしてはエヴァに先を越された感はありますが、宇宙空間かつ対戦モノという点ではエヴァの先を行っています。ある意味 VR ZONE の中でも大本命のコンテンツが出てきたんじゃないの?ということで、速攻行ってきた次第です。

VR ZONE SHINJUKU

機動戦士ガンダム 戦場の絆』というアーケードゲームと同じタイトルがついていますが、本作は基本的にそれとは異なるゲームシステムを採用しているようです。最大 4 人一組で連邦軍・ジオン軍それぞれにチームを組み(つまり合計 8 人)、あるミッションをどちらの勢力が達成するかを競う内容になっています。

VR ZONE SHINJUKU

登場(搭乗)するモビルスーツは、ジオン側がシャアザク+旧ザク 3 機、連邦側がガンダム+ガンキャノン 3 機という構成。シチュエーションは、ある重要物資を搭載したジオンの戦艦がトラブル修復のため停泊中、連邦の戦艦がこれを発見し、戦艦ごと特攻してこれを撃沈しようとする。ジオン側 MS は特攻を防ぐため連邦戦艦を撃沈するのがミッション、対する連邦側 MS は 4 機のザクを足止めまたは撃破して戦艦到達までの時間を稼ぐのがミッション。MS 同士の対戦が目的でない、というのはいろんなところに配慮した結果という印象ですが、これによって連邦側・ジオン側で遊び方が異なり、また機体もエース機と支援機で役割が異なるという点で、繰り返し遊べる構造になっているのがポイント。

VR ZONE SHINJUKU

MS に乗り込む前にブリーフィングコーナーでタッチモニタを触りながら作戦を練ります。ここで決めた作戦が直接 VR ゲーム内に反映されることはありませんが(入力したプレイヤー名だけは反映される)、指先で MS のアイコンを動かしながら戦闘配置をあれこれ議論できるのはまさに劇中のブリーフィングシーンを彷彿とさせて、なかなかアツい。私は今回一人で行きましたが、ガンダムファン 4 人集めていったらむちゃくちゃ楽しいんじゃないでしょうか。

ちなみに 1 チーム 4 人揃わなかった場合は残りは CPU 制御になるため、人数が足りなくても必ず 4 vs 4 での対戦になります。

VR ZONE SHINJUKU

筐体はいつものコクピット型汎用機かと思ったら、シートこそ流用しているものの、操縦桿は新型だし、装飾もガンダム感あるデザインになっていて、気合い入れて作り込んできた印象。VR 空間にフルダイブして自分が MS に搭乗し、乗艦のカタパルトデッキが映し出されると、先日の THE ORIGIN の VR の比ではないくらいに高揚します。

VR ZONE SHINJUKU

私は最初はジオン側で参戦しました。いきなりシャアザクに乗っても足手まといになる可能性が高かったので、とりあえず旧ザクで様子見。装着しているヘッドセットを介してチーム内の無線通話ができるようになっています。
一緒にプレイした二人連れが稼動三日目なのに何故かもうやり込んでる感があり、プレイ中も旧ザク担当の人が無線で「(シャアザクに絡みに行こうとしているガンダムに対して)ガンダムちゃーん、オマエの相手はこの俺だァ!」とベテランパイロットのようなノリノリの台詞を言っていて面白かったです(笑。私はというと、操作に慣れず右往左往しているうちに終わってしまった感じ(´д`)。

VR ZONE SHINJUKU

一度目のプレイが終わったらそのまま二周目の列に並び、今度は連邦側でも参戦してみました。一緒にプレイしたのはガンダムファンらしきアジア系の二人連れで、私はたまたまながらガンダムに搭乗。
前回ので多少動かし方が解ったおかげで、今度はシャアザクを 1~2 回ダウンさせ、旧ザクを撃墜 2 というところまでは良かったんですが、敵に背後を取られてもうまくターンができず、墜とされはしなかったけどほぼ大破。割といいところまで守ったと思ったんですが、あと少しというところで敗北になってしまいました。

後から思えば、コツは操縦桿はできるだけニュートラルから動かすということじゃないでしょうか。ターンや上昇下降がイマイチうまくいかなかったのは、操縦桿をやや前に倒し気味に握っていたせいで方向が正しく入力されていなかったんじゃないかなあ。次回挑戦すれば、今度はもっとガンダムをうまく使えるんだ...!

そんなわけで、もう少し初心者にやさしい操作モードも選べるようになってくれると嬉しいですが、それはさておき楽しかった!やっぱり VR で MS に乗り込めるのは夢が叶った感があってイイですね。

VR ZONE SHINJUKU

それからガンダム関連でもう一つ『機動戦士ガンダム UC VR 激突・ダイバ上空』。これはお台場時代からあるファーストガンダム版の筐体を流用して、新規に『UC』の映像に対応させたものになります。ファーストガンダム版との選択式で体験することが可能。

VR ZONE SHINJUKU

「ガンダムの掌」型のアクションチェアに座ってガンダムのマニピュレータに乗った状態を体験できる、というのはファーストガンダム版と同じ。またダイバーシティ東京のガンダム立像前からシーンが始まる、という点も同じですが、違うのはそれが RX-78 ではなく RX-0 ユニコーンガンダムである点と、シチュエーションが夜である点。
先日お台場に完成したユニコーン立像がダイバーシティ東京の風景をバックに、実写と見間違うほど精細に再現されたかと思ったら、いきなり上空からフル・フロンタルのシナンジュが強襲。するとユニコーン立像が動き出し、バナージの声で「この手に座って!」と言ってユニコーンのマニピュレータが差し出されます。

VR ZONE SHINJUKU

ガンダムの掌に座ると、ユニコーンガンダムはバーニアを噴かして上昇。上空でシナンジュと戦闘を繰り広げます。高所恐怖症的にはちょっと怖いけど、浮遊感はあるし、お台場の夜景とモビルスーツ戦が一緒に見られるというまたとない体験ができます(笑。いくら対シナンジュ戦とはいえ街中でビームマグナムを撃つのはいかんでしょとは思いましたが(ぉ)、ファースト版とは違った面白さがあります。

そしてシナンジュを撤退させた後のユニコーンはまた立像に戻るわけですが、最後に「変身」するユニコーンモードがリアル立像の「なんちゃってユニコーンモード」ではなく本来のユニコーンモードになってくれるのが嬉しい。VR ならば現実を超えられるわけです。

VR ZONE SHINJUKU

もう一つ、前回は時間切れで体験できなかった『ドラゴンボール VR 秘伝かめはめ波』もようやく体験することができました。
VR でドラゴンボールの世界に入り、孫悟空たちに「かめはめ波」の修行をつけてもらうゲームです。ドラゴンボールど真ん中世代としてはこれは是非やりたかった。

VR ZONE SHINJUKU

VR に入る前にリアル世界でもかめはめ波の出し方を練習します。姿勢や手の使い方によってはちゃんとかめはめ波が出ないことがあるので、このインストラクションが必要ということなんでしょうが、このスタッフの方の説明がノリノリで滅茶苦茶楽しい(笑。大汗をかくくらいのオーバーアクションで、大声を出しながら「かー、めー、はー、めー、波ーーーっ!!!」とやってくれます。自分も一緒にやらなくてはならないんですが、ここまでやられてはこちらが恥ずかしがってるほうが恥ずかしく思えてきて、ついノリを合わせてしまいます(笑。

VR ZONE SHINJUKU

外国人のお客さんにはちゃんと英語でトレーニング。ドラゴンボールの世界的な知名度を改めて知ると同時に、外人さんさえもこれだけ乗せてしまえるバイタリティには感心しました。

VR ZONE SHINJUKU

かめはめ波の修行をするステージはこんな感じ。奥の方にある孔がたくさん空いたパネルは何かのセンサかと思ったら、風(衝撃波)を発生させるマシンなんだとか。修行の最後にもう一人のプレイヤーと対戦する場面があるんですが、相手が撃ってきた気弾やかめはめ波が実際に衝撃波として感じられるようになっています。床も震動するようになっているし、これは思っていた以上に作り込まれています。

VR ZONE SHINJUKU

最初に悟空/ベジータ/ピッコロ/クリリンの誰から修行をつけてもらうかを選んで、最初は気弾の練習→かめはめ波の練習をして、最後にもう一人のプレイヤーと気弾とかめはめ波で対戦します。手足に Vive トラッカーを装着し、VR 空間内でも自分が亀仙流の道着を着た武闘家に見えているのが嬉しい。

気弾は練習してもなかなか狙ったところに撃つのが難しいんですが、かめはめ波は思っていた以上にスムーズに撃つことができました。これマジで小学生の頃にやった「ドラゴンボールごっこ」が現実に(VR だけど)やれて興奮しますね。ガンダムの VR 以上に燃えたかもしれません。
どうせだったら、今度は先日話題になった『転生したらヤムチャだった件』をそのまんま VR で体験させてくれませんかね(笑。おあつらえ向きに VR と相性が良いコンテンツだと思うんですが。

VR ZONE SHINJUKU

ちなみに物販コーナーで販売されている「VR 仙豆」を買うと、このドラゴンボール VR の中で実際に食べることができます。対戦時に相手のかめはめ波を喰らうとダウンするわけですが、そのときに仙豆を食べればすぐに復活できるという仕掛けになっています。これ VR 内でどうやって仙豆を認識させてるんですかね...。
VR 仙豆は 1,080 円と、VR プレイ中の付加価値としてはちょっと高いので、私は試しませんでした。が VR でも使えてネタ的お土産にもなると考えれば、まあアリな値段かもしれません。

VR ZONE SHINJUKU

日曜午後の待ち時間一覧はこんな感じでした。VR ZONE では待ち時間を 15 分単位でしか見積もっていないようで、実際にはこれよりも少しスムーズだった印象です(ただしドラゴンボールだけは待っている間に機材トラブルがあり、表示より待たされた)。あとこの待ち時間には事前インストラクションの時間も含まれるため、体感的にはそれほど待っていないような感じ。
またオープンしたばかりのガンダムが相当混むことを予想していたら、意外にも最も混んでいたのは『ハネチャリ』という(これは前回もそうだった)。全体的に濃いファンがついているタイトルよりも筐体や体験の面白さ(外から見ていて面白そうかどうか)のほうが待ち時間に影響しているように思います。

今回も十分堪能しました。今度はガンダムやエヴァファンの人と一緒に来たいところです。

HTC / Vive

B01NACEWSZ

投稿者 B : 23:20 | Game | コメント (0) | トラックバック