b's mono-log

2018/02/10 (Sat.)

ドラクエ III、クリア

年末からプレイしていたドラクエ III をクリアしました。

ドラゴンクエスト III

前二作に比べて III はボリュームがあるので、さすがに時間がかかりました。それでも、3DS 版の大元になっているスーパーファミコン版でのリメイクのおかげか、ゲームバランスが整えられてオリジナルよりは随分進めやすくはなっているような気がします。

改めて調べてみたら、奇しくも今日がファミコン版のドラクエ III が発売されてちょうど 30 年の記念日にあたるようですね。そうか、あれからもう 30 年も経ったのか...(遠い目

ドラゴンクエスト III

現実世界を模した「上の世界」から、最初のドラクエの舞台となったアレフガルドに至る流れは今見ても秀逸。ギアガの大穴に飛びこんで、あの『アレフガルドにて』の BGM が流れてくる瞬間は分かっていても泣きそうになります。そして I の勇者と似たような足取りを経て(時系列順では III の勇者の足取りを I の勇者が追っているわけだけど)ゾーマ城に辿り着き、オルテガとの再会からゾーマ戦に至る流れ。三部作の完結編として完璧なストーリーですよね。久しぶりにプレイしてみて、改めてこのゲームの完成度の高さを実感しました。

ドラゴンクエスト III

エンディングのこの画面にも胸が熱くなるわけです。
XI の裏エンディングでロトシリーズ以外も含めたドラクエ世界の繋がりが示され、それ自体にはかなりこじつけを感じるものの、そういう視点で観ると全てのドラクエの物語の始点が III にあるとも言えるわけで、この「そして 伝説が はじまった......!」の一文も違った意味を帯びてきます。

本当に面白い作品は時間が経っても色褪せないものですね。久しぶりにプレイして良かったです。
SFC 版以降の追加要素として、クリア後の追加ダンジョンや裏ボスも用意されているようですが、リアルタイム世代的には蛇足感が強いからどうしようかなあ。本編の完成度が高いだけに、エンディングまで到達して満足してしまいました(笑。

投稿者 B : 23:00 | DS & GBA | Game | コメント (0) | トラックバック

2017/12/23 (Sat.)

ドラゴンクエスト III そして伝説へ... [3DS]

II をクリアしたならロト三部作は最後までプレイするのが礼儀というものです。スクエニの罠にまんまとかかった自覚はあります(ぉ

ドラゴンクエスト III

3DS 版ドラクエ III。ニンテンドー e ショップ、New 3DS からは Suica タッチでのチャージにも対応していて、プリカ買わなくてもクレカ登録しなくてもサクッと決済できてしまうのが危険(;´Д`)。

ドラクエ III はボリュームのあるシナリオ、職業と転職システムの採用、系統が整理されて多彩になった魔法など、その後のドラクエの基礎が完成した作品と言えます。私にとって、当時は買う前も買ってからも最もワクワク、ドキドキしたのが III だったんじゃないでしょうか。ロト三部作の完結編であり、始まりの物語であるという位置づけも熱い。

ドラゴンクエスト III

ドラクエ XI からの流れでプレイしていることもあり、メインキャラの名前は「ローシュ」「ネルセン」「セニカ」「ウラノス」にしてみました。最後に仲間に裏切られそう感の強いネーミングになってしまいましたが(笑)、XI の伝説の勇者ローシュは III の主人公だった...という脳内設定で進めてみることにします。

グラフィックは頭でっかちなデザインで違和感のあった I・II と違い、スーファミ版のグラフィックやシステムをベースに移植されているようで、ドラクエらしさがあってしっくり来ます。ただし III なのに「さくせん」とオート戦闘に対応していたり、ちいさなメダルがあったり、IV 以降に登場した装備品が多数追加されていたり、ファミコン版からは随分変わっています。

ドラゴンクエスト III

ゲームの進度はちょうどシャンパーニの塔をクリアしたところ。はがねのつるぎを購入して、初めてのボス戦も経験して、いよいよ本格的な冒険が始まったところです。
シャンパーニといえば大人になってからもシャンパンを飲むたびに連想する私。世界地図はドラクエ III で憶えた、という当時の小学生は多いはず。

ファミコン版から数えて約三十年の時が経っていますが、思い出補正込みとしても今やっても面白いゲームだと思います。冬休みにかけて攻略していく予定。

投稿者 B : 22:30 | DS & GBA | Game | コメント (0) | トラックバック

2017/12/20 (Wed.)

ドラクエ II、クリア

一ヶ月くらいかかるかなと思っていたドラクエ II ですが、思いのほかあっさりクリアしてしまいました。

ドラゴンクエスト II

リメイク(今回の 3DS 移植ではなくその元になったスマホ版か、さらに前の SFC 版かもしれないけど)にあたってはやはりゲームバランスが見直されていたようですね。ファミコン版に比べて経験値やゴールドの取得効率が良くなっていて、それほどレベリングに時間をかける必要がなかったのがサクサク進められた主な要因だと思います。
また FC 版ではサマルトリア王子の最強装備が「てつのやり」だったのに対して(実ダメージ的には「はやぶさのけん」の方が強いけど)、今回は「ひかりのつるぎ」等も装備可能になっていて、中盤以降もそれなりに火力として期待できる。それに FC 版ではザオリク遣いがサマルトリア一人だったのが、今回は終盤にムーンブルクもザオリクを覚えることで、かなり戦いやすくなりました。ヌルくなったという見方もできるけど、この歳になるとこれくらいのバランスが遊びやすい。

むしろこれだけゲームバランスが見直されていても、ムーンペタから双子の塔を経てルプガナに至る長い旅路とか、大灯台・海底洞窟・ロンダルキアへの洞窟といったドラクエ史上屈指の高難度ダンジョンとか、相変わらず手応えがあって、だからこそ面白い。

とまあいろいろ書きましたが、30 年前にファミコン版を遊んだときよりプレイ時間が大幅に減った理由は「ふっかつのじゅもん」がなくなったからではないでしょうか(笑。あれのメモと入力にかけた時間、それと書き間違いで無駄にしたプレイ時間は相当あったはず...。

ドラゴンクエスト II

また今回の攻略中に関連情報を検索していて、面白い blog に出会って読み漁ってしまいました。

ドラクエⅡ考察~もくじ 考えるを楽しむ/ウェブリブログ

何故王子はわざわざ城下町の宿屋に泊るのか?何故ローレシア王は息子の旅の餞別として銅の剣と 50G しか与えなかったのか?」という些細な謎をきっかけに、ドラクエ II の世界の隅々までを考察してしまった blog です。サマルトリア王子がハーゴン討伐の旅に出たのは実は国内の権力闘争がきっかけとか、各国の経済状況を比較するとローレシアは弱小国に過ぎないとか、ロトの勇者(I の主人公)のローレシア建国に至る歴史とか、果てはこの世界における宗教戦争から、邪神と呼ばれるのはシドーしか登場しないのに何故サブタイトルが悪霊の「神々」なのか?といった点にまで言及していて、むちゃくちゃ面白い。ほぼゲーム内に登場する事実だけを根拠に考察しているのも説得力があります。
私は小学生当時は素直にストーリーに従ってなんとなく進めているだけでしたが、こういう視点を持ってプレイすることでまた違った楽しみがありました。

そしてクリア後、エンディングで久しぶりに『この道わが旅』を聴いたときはジーンときました。やっぱり II は何年経っても色褪せない名作ですね。

投稿者 B : 23:02 | DS & GBA | Game | コメント (0) | トラックバック

2017/12/04 (Mon.)

ドラゴンクエスト II 悪霊の神々 [3DS]

無料ダウンロードしたドラクエ I がサクッと終わってしまったので、II(有料)にも手を出してしまいました。

ドラゴンクエスト II

ドラクエは II~V あたりを死ぬほど遊んだので、改めて 3DS でプレイできるというのは感慨深い。リメイク版のグラフィックは中途半端に現代風でちょっと違和感があるけど(リメイクするにしても SFC 版くらいのテイストが好き)、まあすぐに慣れました。

一人旅だった I と違い、パーティ制になってその後のドラクエのフォーマットの基本ができたのが II だと思います。ゲームバランス的にはシリーズ中最もシビアで、リメイク版でも多少の調整は入っているだろうとはいえ、最近のドラクエをプレイした後だとハードモードに感じてしまいますね。でも雑魚敵相手でも三人のキャラごとの得手不得手をうまく使って戦わなくてはならないバランス調整は久しぶりにプレイすると新鮮でさえあります。

ドラゴンクエスト II

進度としてはローレシア Lv20、船を入手してアレフガルドに降り立ったところ。確か最後にやったのは SFC リメイク版だから二十数年ぶりのプレイですが、やり込んだだけあって今でも次にどこに行って何をすべきか憶えているものですね。

I は土日でサクッと終わってしまいましたが、II はボリュームが数倍になってやり応えがあります。このまま冬休みにかけて III まで遊んでしまおうかと思っています。

投稿者 B : 22:22 | DS & GBA | Game | コメント (0) | トラックバック

2017/11/24 (Fri.)

ドラゴンクエスト [3DS]

ドラクエ XI も裏ボスを倒してほぼひととおり遊び尽くしたので、期間限定特典のドラクエ I に移行してみました。

ドラゴンクエスト

ドラクエ I を遊ぶには、XI の裏エンディング中に表示される特別な「ふっかつのじゅもん」を XI 上で入力する必要があります。
これを入力すると表示されるのが、

ドラゴンクエスト

懐かしの初代ドラクエのオープニング画面!!!泣ける。まあ XI の過去世界でも見た映像ではありますが。
文字表示以外は当時のドット絵のまま、当時のオープニングが始まるのでいろんなものがこみ上げてきます。

XI の裏エンディングで、後付けながら XI から I へ橋渡しする設定が用意されていたので、あれを見た後ではこの物語が今までとは少し違って見えてきます。

でもドラクエ I は無料ダウンロードという話だったはずだけど、それは PS4 の話だったんだっけ?3DS 版ではこのまま遊べるんだっけ?と思いつつ、王様との会話を終了させて、さあ冒険のはじまりだ...!と旅立とうと思ったら、

ドラゴンクエスト

いきなり現実に引き戻されるやつ(;´Д`)ヾ。
初代ドラクエの画面内に「ニンテンドー e ショップ」という単語が表示されるギャップが半端ない。

ドラゴンクエスト

そのまま自動的にニンテンドー e ショップが起ち上がります。XI の、それも裏エンディングを見たクリアデータからでないとこの画面にはアクセスできないようです。
で、ここで「ドラゴンクエスト(無料版)」をダウンロード。

改めて、さっきの続きから...!と思ってソフトを起動すると、

ドラゴンクエスト

画面がさっきと全然違う(;´Д`)ヾ。オリジナルの移植版がプレイできるわけではないんですね...。
この画面デザインは、どうやらスマホ版のドラクエ I からの移植版のようです。

ドラゴンクエスト

グラフィックは中途半端にスーファミ風だけど、スーファミ時代のドラクエとも微妙に違うテイストで、オールドユーザー的にはちょっと違和感が。まあ、コストをかけずにスマホから移植してきたやつだし、スクエニからの無料サービスだし、贅沢は言えません。
まだラダトーム城周辺で最初のレベル上げをしている段階ですが、古典中の古典、全ての JRPG の始祖になったゲームだけに、シンプルながらどんどん先へ進めたくなる力がありますね。

XI ほど長時間拘束されるタイトルでもないので、また空き時間を見つけて遊びたいと思います。II・III も 3DS 版が発売されているけど、これもスマホ版の移植っぽいんですよね。やりたい気もあるけど、どうしようかなあ。

ちなみにこのドラクエ I のダウンロード期限は来年 1/28 までとのことなので(3DS・PS4 とも)、XI を買ってまだクリアしていない方はお早めにどうぞ。

ドラゴンクエスト XI 過ぎ去りし時を求めて

B06Y5V9FK7

投稿者 B : 23:01 | DS & GBA | Game | コメント (0) | トラックバック

2017/11/11 (Sat.)

ドラクエ XI 裏エンディング到達

表ボスを倒してエンディングを見た後も続けていたドラクエ XI ですが、ようやく裏ボスも撃破して真のエンディングにたどり着きました。

ドラゴンクエスト XI

この時点での勇者のレベルは 81。装備品を集めつつメタルキング・強を倒していたらサクサクレベルが上がってしまって、もう少し低めのレベルで裏ボスに挑んだほうが歯ごたえがあったかなあ...とは思いました。

内容的には表エンディングの後もかなりのボリュームがありました。ドラクエ III で例えるなら表ボスがバラモス、裏ボスがゾーマという感じ。それくらい、表エンディングの時点では投げっぱなしの伏線が多かった。ただ、ストーリーは表エンディングの段階で終わっていたほうが綺麗だったようにも思います。表エンディング時点では完全なるハッピーエンドにはならないようなサブストーリーが多く、それが却って物語に深みを出していたのに、クリア後のエピソードを進めていくと蛇足的というか...「FF7 でクリア後にエアリスが生き返っちゃった」みたいな収まりの悪さがあります。

ただ、久しぶりの王道 JRPG は楽しかったですね。正直なところ、プレイする前まではオープンワールドなゼルダ BoW にどっぷり浸かった直後に、この古めかしいゲームシステムに戻れるのか?という不安はありましたが、完全に別腹でした。三十年にわたって日本人に浸透してきたゲームシステムは伊達ではなかった。唯一、これだけ映像のクオリティ(ムービーだけでなく、ゲーム中でも 3D モードではキャラクターの細かい芝居が入る)が高まってくると、キャラクターボイスなし、さらに主人公にはセリフもなし、というシステムには違和感が出てきていますが。

ドラゴンクエスト XI

裏ボスクリア後、旧作の世界で最後に残ったクエストをクリアすると、ラダトームの王様から特別な「ふっかつのじゅもん」が与えられます。二周目を始められる復活の呪文なので、私はやるつもりはありませんが(笑)三十年ぶりにこのドット絵の王様から復活の呪文が聞けるというのは胸が熱くなる。

本編のストーリー内にもオーブや虹の橋といった旧作のキーワードが満載で、古くからのファンを意識した内容になっているとは感じていましたが、裏エンディングでやや強引に旧作との関連性が示唆されました。その設定にはちょっと無理があるだろうとは思ったものの、エンディングでああいう映像を見せられると、ドラクエ I からのリアルタイム世代としてはまんまと乗せられてしまいますね...。

ドラゴンクエスト XI

裏エンディングには到達したものの、さらにその後のお楽しみ要素が残されていました(;´Д`)ヾ。裏ボスよりも強いかもしれない連武討魔行やネルセンの試練に加えて、3DS 版のオリジナル要素である「過ぎ去りし時の祭壇」。Lv90 近い練度を要求されそうなボス戦ばかりのようで、やり込み要素的な側面が強いですが、まだもうちょっとだけ楽しめそうです。あとはマイペースにぼちぼち攻略していこうと思います。

ドラゴンクエスト XI 過ぎ去りし時を求めて

B06Y5V9FK7

投稿者 B : 23:11 | DS & GBA | Game | コメント (0) | トラックバック

2017/10/21 (Sat.)

旧ニンテンドー 3DS LL の応急修理

長女が 4 年弱使ってきた旧型ニンテンドー 3DS LL が、壊れました。

3DS LL

壊れたのはヒンジ。まあ 3DS に限らずノート PC でも経年劣化(というかパーツ疲労)によるヒンジ故障は最も多い故障原因かと思います。
それでも「次に買い換えるまで」といってヒンジを気遣いながらダマシダマシ使っていたんですが、最近一度落下させたらしく、電源ランプは点くものの画面が一切映らなくなりました。

もともと買い換えるつもりだったので良いんですが、画面が写らないと買い換えてもデータの引っ越しができないのがちょっと問題です。ゲームソフトはパッケージで買ってるからいいとして、プリペイドカードを使ってホーム画面のテーマファイル等をいくつか購入していたので、それが移行できないと本人的にはちょっと悲しい。任天堂のサポートに送ればデータ移行くらいはやってもらえそうですが、往復の送料を考えたらダウンロードデータも再購入したほうが安いかもしれないし、どうする?と。

とりあえず、私が修理してみてダメだったらデータを買い直すことにしました。

3DS LL

ユーザーの多い 3DS LL ならばちょっとググればすぐに分解手順くらい出てくるので、参考にしつつサクッとバラします。
それほど複雑な構造ではありませんが、集積度の高まった最近のスマホの構造を見慣れていると、基板の空き地は広いしフレキシブルケーブルも多く、一世代前のデジタル機器という印象。

3DS LL

内部をよく見ると、ヒンジ付近にあるフレキケーブルがズレて抜けかかっていました。なるほど、落下時の衝撃でここが緩んでいたのが画面が映らなくなった原因か。
というわけで、このケーブルを挿し直して電源を入れ直してみたところ...、

やっぱり映りません(;´Д`)ヾ。

3DS LL

もう一度バラして細部までよーく見てみると、さっきのフレキケーブルの裏側にもう一本フレキがあり、それも抜けかかっていることが判明。ここは盲点だった。

3DS LL

基板の裏側はこのままでは作業できないので、いったんシャシーから基板を剥がした上で、裏側のケーブルを再接続。

すると、

3DS LL

映ったー!!

液晶が割れたわけでもないし、落下の弾みにどこかのケーブルが断線したのでもなければどこかの接触が悪くなってるんだろうと思っていましたが、正解でした。
とはいえ片側のヒンジがなくなっている状態では、このまま使っているとまた故障するのは時間の問題なので、取り急ぎデータの引っ越しを行います。

New 3DS

買い換え先は、New ニンテンドー 3DS(LL じゃないほう)。それもハローキティのきせかえプレートパックでした。普段はキティラーじゃないくせに、なぜ DS はキティにこだわるのか(笑

LL じゃないほうの New 3DS は先日生産完了の案内が出たところですが、まだ流通はしているようですね。このきせかえプレートパックも特にプレミアがつくこともなくネット通販で普通に買えました。

New 3DS

最近のスマホを見慣れていると、画面が小さくて額縁も広い通常版 3DS はもう古くさく見えてしまいますね。個人的にはもうスマホより小さい画面の端末でゲームをする気は起きないので、最低でも LL サイズは欲しいところですが、LL は電車内で遊ぶのがちょっと気が引けるんですよね...。

ともあれ何とか応急修理してデータ移行できて良かったです。新しい 3DS も大事に使ってください。

任天堂 / New ニンテンドー 3DS きせかえプレートパック ハローキティ

B016XIA2IC

投稿者 B : 22:30 | DS & GBA | Game | コメント (0) | トラックバック

2017/10/01 (Sun.)

ドラクエ XI、ひとまずクリア

ドラクエ XI ですが、ひとまずエンディングまでたどり着きました。

ドラゴンクエスト XI 過ぎ去りし時を求めて

B06Y5V9FK7

今回の話は微妙にネタバレを含んでいるので、未クリアの方はご注意を。

二週間前まで滞っていたところから一気に進めました。ストーリー的に前半はまあ面白いけどこんなもんか、と感じていたのが、命の大樹~世界崩壊以降の話が意外性もあってかなり盛り上がり、のめり込んでしまいました。ドラクエシリーズでは今までになかった「FFVII のエアリス的展開」があったのには驚いたし、過去作では魔王の脅威に怯え、勇者を待望するばかりだった世界の人々が今作では自分たちの力で抵抗しようとする描写も新鮮でした。それと「あのキャラ」が仲間になったのも予想外。彼は途中で真実に気づいて味方になりそうなんだけど、仲間にならずに勇者をかばって死ぬ展開を想定していたんですよね...。
そんなわけで、ドラクエらしい世界観の中で良い意味で裏切ってくるストーリーが斬新で、後半はどんどん先に進めたくなりました。わざわざレベリングしなくても、メインシナリオ外のクエストをそこそここなしているだけで適正レベルが維持できるバランスの良さもあって、ダレずに進められました。

ドラゴンクエスト XI

クリア時点でのレベルは 53。装備もほぼテンプレという感じ。今作は鍛冶システムとダンジョンの宝箱、それとクエスト報酬だけで十分な装備品が揃ってしまうので、武器や防具を店買いすることがあまりありませんでした。クリア時にゴールド銀行に預けている金額が 20 万というのがそれを象徴していると言えます(笑

主人公の専用装備「勇者のつるぎ」のデザインは DQI~III の「ロトのつるぎ」と IV~VI の「天空のつるぎ」を融合したような形になっていて、なかなか秀逸ですね。ただ旧作とのリンクは 3DS 版の追加要素である「時渡りの祭壇」くらいでしか示されておらず、いろんな設定やイベントが旧作とどう関連しているのかは想像するしかないのでしょうか。

そして IV 以降のおやくそくとなっているクリア後のお楽しみは...、

ドラゴンクエスト XI

マジか!エンディング後にもストーリーが続くとは(;´Д`)。普通こういうのってクリア時点のセーブデータはクリア直前から再開するものなんじゃないのか。しかもこの先にあるのは単なるやり込み要素じゃなくて、ちゃんとストーリーが用意されているようだし、本編に張られた伏線がいくつも未回収なんですよね。そもそもエンディングに到達しているのに「さいごのカギ」すら未入手というね...。極めつけはサブタイトルの「過ぎ去りし時を求めて」ってそういう意味だったのかー!とクリア後のストーリーを見て初めて理解したという。

というわけで、私のドラクエ XI はまだまだ続きそうです。

投稿者 B : 22:11 | DS & GBA | Game | コメント (0) | トラックバック

2017/09/17 (Sun.)

ドラクエ XI の進捗状況

ドラクエ XI 攻略の進捗報告です。

ドラゴンクエスト XI 過ぎ去りし時を求めて

ドラゴンクエスト XI

本編のほうはお盆休み明けから進行がほぼ止まってしまいました。まほうのカギを入手して各地の宝箱回収したところで滞っています(;´Д`)ヾ。レベルは 35 まで上がりましたが、主には本編の攻略ではなく、3DS 版のオリジナル要素である旧作の世界での戦闘で稼いだもの。

というのも最近本当に時間の余裕がなくて、通勤中のすれちがい通信だけでヨッチ族が新規に 15 体くらい貯まる(それも最近は 1/3 くらいが S ランクの個体)→上限 50 体から溢れてしまうため日々「時渡りの迷宮」をちょっとずつやってヨッチ族を消化、本編やる時間ない。このコンボで一ヶ月近くが経過してしまいました。そしてこの度、本編がまだ半分くらいの進度にもかかわらず、時渡りの迷宮だけクリアしてしまったという。

時渡りの迷宮はこれだけ S ランク個体が集まってくると戦略もへったくれもなくて、雑魚敵はとにかく物理で殴って終わり、時々出現するバリア付きのモンスターやボスに倒されてこちらのヨッチ族が減る、の繰り返し。回復手段といえば途中に出てくる中断地点で探検をやめるしかなく、遊び方に工夫の余地もないのにとにかく長いだけ。でも 3DS 版をプレイする目的の一つが旧作の世界に行けることだったりするので、もう義務感だけでやっている感じでした(´д`)。こういうゲーム中のミニゲーム、特にすれちがい通信関連のって「追加要素のための追加要素」という感じで、大して面白くないのが多いですよね...。

で旧作の世界にはほぼひととおり行けるようになったわけですが、まだ本編が中盤ということもあってこちらのレベルが全然足りていません。出てくるボスモンスターも二回攻撃や特殊攻撃が当たり前で、ボコボコやられまくり(;´Д`)ヾ。これはちょっと鍛えてから出直してこないと歯が立たないなあ。

というわけですれちがい通信ももうする必要がなくなったし、いよいよ改めて本編を進めることにしますかね...。

ドラゴンクエスト XI 過ぎ去りし時を求めて

B06Y5V9FK7

投稿者 B : 23:11 | DS & GBA | Game | コメント (2) | トラックバック

2017/08/08 (Tue.)

ドラゴンクエスト XI、攻略中

ドラクエ XI の攻略をちょっとずつ進めています。

ドラゴンクエスト XI 過ぎ去りし時を求めて

B06Y5V9FK7

3DS 版のドラクエ XI だと Miiverse を使ったスクリーンショットが撮れないんですよね(;´Д`)ヾ。Switch だとスクリーンショットが撮りやすいからこういうエントリーを書くのもラクだけど、今どきプレイ画面が共有しづらい仕様のゲームってどうかと思う。

進捗は現在レベル 25、船を手に入れて水門を開け、外海に出始めたところです。船に乗った瞬間、懐かしい IV の海の楽曲が流れてきてジーンときてしまいました。他にも要所要所で旧作の楽曲を使ってきていて、古参的にはなかなかクルものがありますね。もっとも、作曲のすぎやまこういち氏がもう高齢で全新曲が難しいという事情もあるかとは思いますが、そろそろ後継者を選ばないとまずい時期でしょうね...。
パーティはパッケージに描かれている 7 人が揃い、主人公の出生の秘密も明らかになって、冒険がいよいよ面白くなってきたところ。戦闘に関してはターンごとに MP が回復する武器があったり、レベルアップと共に HP・MP がフル回復する仕様(これ旧作にあったっけ?)で昔ほど MP 節約をシビアにしなくても良くなっているんですね。昔なら魔法使い系のキャラはレベリングとボス戦以外は「じゅもんつかうな」で進めるしみったれ勇者だったので、ケチらずに戦闘を楽しみながら進められるのが嬉しい。フィールドでも女神像の地点でキャンプを張って回復できたりするし、旧作に比べて回復にやさしいゲームバランスになっています。2D モード以外はシンボルエンカウント式だからその気になれば敵を避けながら進むこともできたりして、昔のドラクエと違ってゲーム性が変わっていると思います。

3DS 版限定のミニゲーム「時渡りの迷宮」もぼちぼち進めています。迷宮を探検するキャラクター「ヨッチ族」の収集が、都心だとすれちがい通信でかなり効率よく集められてしまうため(既に S ランクのヨッチ族を配布しているユーザーも多数)、サクサク進められますね。でもこれ地方だと辛い仕様なんじゃないでしょうか。しかしそれよりも「時渡りの迷宮」自体の攻略がさっぱり面白くないのが厳しい。この迷宮で「冒険の書の合言葉」を手に入れることで旧作の世界に行くことができるので、それだけをインセンティブに進めていますが、それがなかったらこのミニゲームはやろうとは思えないだろうなあ(´д`)。
毎日すれちがい通信だけでヨッチ族が満杯になってしまうので、消化する意味で平日は本編をプレイせずに「時渡りの迷宮」ばかり進めているのがまた辛い(ぉ。そろそろヨッチ族は放置して本編を進めようかと思います...。

投稿者 B : 22:15 | DS & GBA | Game | コメント (0) | トラックバック