b's mono-log

2005/12/30 (Fri.)

FFIV ADVANCE、とりあえずクリア

FFIV ADVANCE、とりあえずクリアしました。
ラスボスがまともに手強かった最後の FF だけあって(I・II も FC 版では手強かったけど、WSC 版以降のリメイクではゲームバランスが良くなりすぎてヌルくなってしまった)、ラストダンジョンに行けるようになった段階ですぐに挑んだらあっさり敗退してしまい、しばらくレベル上げをしてリベンジというのを例に漏れず繰り返してようやくクリア。そういえば SFC 版でも PS 版でも同じことやった記憶が(´д`)。

このほかに GBA 版オリジナル要素である終盤でのパーティメンバー入れ替えに伴う追加要素(試練の洞窟)もクリア。あとはラスボスクリア後の隠しダンジョンが残っているけど、これはぼちぼちやっていくかなー。

プレイしていて気づいたんですが、GBA 版は SFC 版と微妙に音源のテーブルが違うのか、BGM や効果音の音色がオリジナルにあんまり忠実じゃないのがちょっと残念でした。



あ・・・ほうちょう取るの忘れた(´д`)。

投稿者 B : 00:38 | DS & GBA | Game | コメント (0) | トラックバック

2005/12/17 (Sat.)

ファイナルファンタジー IV ADVANCE 購入

ファイナルファンタジー IV アドバンス

B000BNI71K

とりあえずアントリオンの洞窟まで終了。ああ、ローサローザ・・・。

天野喜孝デザインのゲームボーイミクロ同梱版を買おうかな、と思ったらもう売り切れだったので、ソフトのみ購入。DS があるからいっか、という感じなんだけど、個人的に思い入れの強い FFVI ADVANCE でミクロ同梱版が出たらそっちは予約して買おうかなと。DS、なんだかんだいってでかいし・・・。

ファミコン版から何度かリメイクされては他ハードで発売されている FFI・II は最近発売されてもあまり感動しなくなっていたんですが、SFC 版の FFIV~VI は今回初めてのポータブル機への移植なので、ちょっと感動。IT 系に関わっていると半導体の進化とか機器の小型化には目が慣れていくものですが、スーファミと同等のハードがこのサイズ(特にミクロ)に入る時代になったというのは、ファミコン世代的にはけっこうすごいことです。

IV はだいぶ久々なのと、V・VI ほどやりこんでいないのでストーリーを忘れ気味。けっこう新鮮な気持ちでプレイできています。年末年始の帰省のお供にできそう。

投稿者 B : 23:34 | DS & GBA | Game | コメント (3) | トラックバック

2005/11/28 (Mon.)

ICO 1 周目クリア

ICO、クリアしました。

序盤はまさに文字通り五里霧中というか、不安のほうが大きかったんだけども、中盤以降、次第に城との対峙のしかたが解ってくると、「次はどんな仕掛けで私を試してくれるのか?」と半ば期待すらおぼえながらヨルダの手を引いていました。エンディングは微妙にラピュタっぽいところもありましたが、あの城との別れに寂しさを感じた私は、城から逃げ出しながら城に囚われたままだったのかもしれません。
そういえば、私がファミコンを買ったときに同時購入したカセット(タイトル、などと気どらずにあえて「カセット」)はマリオでも F1 レースでもなく「フラッピー」だったくらいなので(ぉ、アクションものよりも頭を使うゲームのほうが好きだったっけ、ということをクリア後に思い出しました。

霧の城は何のために存在し、女王は、影の魔物は、ヨルダはその城の何なのか?イコの頭にはなぜツノが生えているのか?どうして生贄にされたのか?ラストシーンに込められた意味は?
などなど、必要以上に説明をしない、どころか、説明がないまま流れていったストーリーでしたが、逆に我々に与えてくれる空想の余白の多さが、やけに心地良いものであったような気がします。
ただ、ラストバトルは、ストーリーにオチをつけるためには必要だったんだろうけど、そこだけ妙に描きすぎというか、ゲームのつくり的には、蛇足だったような・・・。


2 周目に隠し要素がありそげなので少しやりこみたい気持ちもあるし、2 周やったら『ワンダ』に手を出してみたい気もするけど、ちょっと一休みかな(´ー`)。久々に心に染み込むゲームでした。

最後に、おまけ。

Oremanga (ebicream.com)

『IQO を作った男たち 完全版』を。制作サイドからみた ICO のバックグラウンドストーリーです。

投稿者 B : 22:33 | Game | PS2 | コメント (2) | トラックバック

2005/11/27 (Sun.)

ICO 攻略中

ICO、休日を利用してまったり攻略中。

滝を越えたあたり、水車小屋のところで詰まり・・・。
多分あそこでジャンプすればいいんだろうけど、どうもうまくいかない。

一般的なゲームには当たり前のようにあるはずのパラメータもレベルという概念もないけど、却ってそれがリアリティを増しているな、ということを、ここまでプレイしてきて感じました。どれくらいの高さから落ちたら死んでしまうのか、どうやったら魔物とうまく戦い、ヨルダを守ることができるのか、そういうことが数値じゃなくて身体の感覚として解ってきた気がしてます。まるで、イコを通じて自分が強くなっているような感覚、といったらいいのかな。画面からこういうことを感じたゲームって、初めてかも。


基本的に BGM がなく、ほとんど環境音と効果音で構成されているサウンドの中で、時折挟まれる印象的な(かといって自己主張が強くなく、うまくゲームの世界観と一体化している)音楽が気になって、誰の作曲か調べてみたら、大島ミチルなのね。極妻や失楽園みたいな映画・ドラマ音楽から、宗教音楽系の組曲(それも隠れキリシタンの御誦)まで、この人も本当に引き出しが多い・・・。

投稿者 B : 21:19 | Game | PS2 | コメント (0) | トラックバック

2005/11/25 (Fri.)

NewWORDS

オトナのためのニュータイプ・エンタテインメントマガジン NewWORDS

オマケにつられて買ってみた雑誌。「Newtype」の増刊号らしいんですが、オマケがなんと UMD VIDEO。先日の万年筆つき「Lapita」といい、最近の雑誌はハデな付録が多いね。
UMD のコンテンツは、最近土曜夕方にやってるアニメ『BLOOD+』。なんかけっこう話題になってた作品なので、ちょっと気になってたというのもあり。

とりあえず、しばらく電源を入れてなかったため内蔵時計がリセットされていた PSP(ぉ に火を入れ、観賞。

  • あー、やっぱり PSP の視聴距離でこの解像度だと(特にアニメは)エッジやジャギーが気になるね。
  • でも、SD のコンテンツを気軽に楽しむなら、このくらいのクオリティは十分アリかも。
  • 微妙に(ほんとに微妙に)フォーカスが甘い感じはするから、これなら実写系の方が観やすいかも、でも MPEG 系ソースとの相性を考えるとアニメの方がいいのかな?

感想としては↑な感じ。
内容のほうは・・・んー、どこが面白いのかよくわかんない(´д`)。もともとアニメ好きなわけじゃないからなあ・・・。

雑誌のほうは Newtype の別冊ということでちょっと警戒してた(ぉ んですが、AV 系コンテンツ誌として浅すぎず深すぎず、普通に面白かった。UMD つきで¥740 なら、お得感あるかも。
ま、仮に同じタイトルが DVD でも買えるようなコンテンツなら、このくらいの値段でもわざわざ UMD は買わないけど・・・こういう雑誌付録みたいな手段でお試し版として UMD を配布して、続きは配信サービスに誘導する、みたいなやり方なら、アリかもね。やっぱり PSP みたいなデバイスでムービーを楽しみたい場合、UMD みたいなコストパフォーマンスの悪いメディアよりもネットワーク配信のほうがフィットしてるんでしょう。

そういえばこないだ買った VAIO type T(VOM モデル)の購入特典で「VAIO Owner's Pass」というのがついてきて、Moviesquare ベースな動画配信サービスの基本使用料が一部来年 1 月まで無料になってるけど、無料で観られるのは一部のコンテンツのそれも一話のみで、あとは普通に料金がかかるので、あまり嬉しくない(´д`)。レンタルビデオより安くて手軽だから使いようによっては楽しめそうだけど、PSP 向けのコンテンツがまだまだ少なすぎる(というか、数はあるけど観たいのが全然ない)し。

それはさておき、PSP 買ったけどムービー系はちょっと試してみた程度、という人なら、とりあえず UMD VIDEO がどんなものか知るだけでも、この雑誌は買ってみていいんじゃないかな、と。

投稿者 B : 23:43 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2005/11/24 (Thu.)

『アトルガンの秘宝』特設サイトオープン

ファイナルファンタジー XI アトルガンの秘宝

第 3 の拡張ディスク『アトルガンの秘宝』の公式サイトがオープンしてます。
開発発表時に明らかにされた新ジョブ「青魔道士」と新エリアの景色以外には、今のところ新モンスターのグラフィックがいくつか公開されている程度ですが、青魔道士以外の追加ジョブがありそうな雰囲気もあり、来春発売といわれるディスクに期待をもつには十分な内容かもしれません。


竜騎士の調整に関して

竜騎士も強化っぽい。


っていうか何ヶ月ログインしてないだろう・・・(´д`)。

投稿者 B : 22:21 | Game | コメント (0) | トラックバック

2005/11/22 (Tue.)

ICO

ICO

B0002HUCNQ

私のホビー関係の師匠(と書いて「マスター」と読む)むっちーさん激推しの PS2 タイトル。最近は続編ともいえる『ワンダと巨像』のほうが話題になってますが、とりあえず雰囲気を知るには「PlayStation 2 The Best」で¥1,800 で出ている(量販店で割引とポイント還元を考慮すれば実質¥1,500 以下で買える)こちらを試してみる価値はあるかな、と。

派手なアクションのない頭脳派のアドベンチャーゲームだけど、昔 SFC 版のゼルダあたりにハマッた私にはこのくらい頭を使う(かといって難しすぎない)ゲームはツボかもしれません。攻略サイトとかに頼らずににじっくり取り組みたい感じですが、不定期に泣き声に呼び出されるのであまり腰を据えてやれない・・・(;´д`)。

「霧の城」という限られたシチュエーションの中で作られたゲームだけど、その中でも城の仕掛けや風景、カメラアングル、主人公ふたりのちょっとしたしぐさなどを通じてしっかりした世界観を作り上げているのがすごい。
あれですね、ゲームを「映画に準ずる著作物」というなら少なくともこういう作品を作らないと、とスクエニに見せてやりたい感じ(ぉ。

投稿者 B : 21:31 | Game | PS2 | コメント (2) | トラックバック

2005/11/10 (Thu.)

Go Beyond

Lycanthrope







状況はどうだい 僕は僕に尋ねる
旅の始まりを 今も 思い出せるかい








・・・そろそろ、戻ってみようか?

投稿者 B : 22:24 | Game | コメント (1) | トラックバック

2005/10/19 (Wed.)

ファイナルファンタジー V/VI ADVANCE

スクウェア・エニックス、「ファイナルファンタジーIV」に続き「V」、「VI」のGBA移植プロジェクトをスタート (GAME Watch)

おお、IV だけでなく V、VI も GBA 移植かー。これでスーファミ世代の FF はひととおり GBA に移植決定ですね。IV~VI は PlayStation 版も購入したけど、音源が PCM なのでループできなかった(曲が途中でフェードアウトしてまた最初から始まるという激しく萎える仕様だった)のが不満だったし、FF シリーズでは V・VI の頃が一番好きなので、基本的に完全移植の今作はちょっと楽しみ。やっぱり SFC→GBA の移植はやりやすいんでしょうね。
IV ADVANCE の発売に合わせて GB ミクロも買っちゃいそうな予感。

それにしても III だけ DS 用で移植というのがやっぱり気になる・・・。

投稿者 B : 12:53 | DS & GBA | Game | コメント (2) | トラックバック

2005/10/14 (Fri.)

PSP ロケーションフリー

PSPの「ロケーションフリー」対応ファームウェアが公開 (AV Watch)

先日、ベースステーションと Windows 向けクライアントソフトウェアをリリースして、液晶テレビの枠組みを超えたロケーションフリーの新展開。噂されていた PSP 版のクライアントソフトがファームウェアの形で公開されました。ソニーと Apple が同じ日に、同じ動画系でポータブルデバイスに動きを見せるというのは、先日の iPod nano とウォークマン A 同日発表と同じく、因縁を感じます。

個人的に少し気になっていたロケーションフリー、単に PC 向けアプリだけじゃ引きが足りないな、と思っていましたが、PSP まで対応したことでさらに興味が沸いてきました。当初の予定によると年内にあと 1 製品はロケフリ対応製品の発表があるようなので、ちょっと気にしておこうかなと。

投稿者 B : 01:16 | Game | PSP | コメント (2) | トラックバック