b's mono-log

2011/03/28 (Mon.)

DDFF ストーリーモードクリア

DISSIDIA 012、ひとまずストーリーモードをひととおりクリアしました。

ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー

B00439HBUG

ストーリーモードは、前作のさらに前の物語である「12 回目の戦い」と、前作の内容に相当する「最後の戦い」、そして「知られざる物語」の三編あります。「12 回目の戦い」は新規追加キャラが中心だけどボリューム的には物足りないし結末が分かっているので微妙、「最後の戦い」は今回追加された 12 回目のシナリオを踏まえた内容に一部リライトされているものの内容的にはほぼそのまま使い回し、「知られざる物語」は自由度が高くやりこみ要素はあるけどストーリー的にはこじつけというか作り手の自己満足じゃ・・・的な話だったりするので、まあ全般的には微妙です。まあ、前作もストーリーモードは本格的にバトルやり込みを始めるまでのチュートリアルくらいにしか思えなかったので(ぉ)、まあこんなもんかなとは思います。
まあ、でも前作の内容をもう一回やるのはちょっとしんどかったですね。ボリューム的には前作の内容がストーリー全体の半分近くを占めるので、DISSIDIA の続編というよりは完全版をやらされているような印象を受けました。

バトルのほうもかなり調整が入っていて、なんか全体的にダメージ量が減っていたり、特に EX バーストが大幅に弱体化されている感じです。前作ではある程度ダメージを与えたら EX ゲージを貯めて EX バーストフィニッシュを狙いにいったものでしたが、今作ではよほど削ってからじゃないと KO できないくらい、EX バーストの与ダメが少ない。アシストとか EX リベンジといった要素が入ってきた結果としての調整でしょうが、爽快感のある勝ち方がなかなかできないので、勝ってもあまり気持ち良くないんですよね(´д`)。
また、ストーリーモードでは「知られざる物語」で Lv120 くらいの敵や HP10000 オーバーの敵が普通に出てくるのでかなり難易度が高い。なんかゲームバランスをアルゴリズムじゃなく物量で調整されているようで、ゲームとしてその姿勢どうなの・・・と思ってしまいました。

新キャラはジャンプ系の攻撃が多彩なカイン(DISSIDIA は空中戦が多いので)、あと喚び出す召喚獣によって射程や威力が異なるユウナあたりは個性的で面白いですね。あとギルガメッシュをまだ使っていないので、これからちょっと使ってみようと思いますが、それ以外のライト、ティファ、ラグナ、ヴァン、プリッシュあたりは他のキャラと被っている部分があったり使いにくかったりして微妙。特にライトは XIII のバトルシステムだったオプティマチェンジをうまく取り込めておらず、単に扱いにくいだけになってしまっていますね。アタッカー、ブラスターはいいけどヒーラーの使いどころが決定的にない(´д`)。

最終的にかなりハマッた前作に比べると、ストーリーモードが終わってもまだそこまで気持ちが乗ってこないので、現時点での評価はまだちょっと微妙です。が、バトルを中心にやり始めると変わってくるかもしれないので、もう少しやり込んでみます。

ちなみにガードはやっぱりまだまともに使えてません(´д`)。

投稿者 B : 23:59 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2011/03/04 (Fri.)

DISSIDIA 012

ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー

B00439HBUG

買いました。NGP が予告されている以上 UMD メディアを買うのは馬鹿げているので(どっちにしろロード時間短縮のためにメモステにインストールするし)、PS Store のダウンロード版を。UMD の初回限定版にはアナザーフォーム(コスチューム)のダウンロード権がついてきますが、もうそういう商売はいいや(´д`)。というか、DL 版にもなんか特典つけてくれても良いような気はします。

前作はほぼコンプリートしたので、このデータを引き継いで「強くてニューゲーム」で始めました。既存キャラのレベルやアビリティをそのまま移行できるので、育成の手間が省けるのはありがたい。でも、ストーリーモードは新キャラ(XIII のライトニングや XII のヴァン、IV のカインなど)から始まるので、既存キャラの出番は当面ありません(´・ω・`)。
プレイしたのはほぼ 2 年ぶりなので、操作方法からすっかり忘れてる(;´Д`)ヾ。とりあえず、発売日直前に prologus(PS Store で配信されていた、「012」の体験版的な位置づけ。これも¥300 する・・・)を使って「おもいだす」したんですが、まだ勘が戻ってきてません。
ストーリーモードは前作のすごろく状の画面に加えてフィールドが追加されましたが、相変わらず微妙。ストーリーもあってなきが如しだし、もうキャラ育成のためのチュートリアルと割り切ってプレイしてます(´д`)。

前作もある程度操作法が身についてくるまでのめりこめなかった代わりに、身についてくると急に中毒的にやり込みたくなるタイプのゲームでしたが、これもゲームシステムが同じなので似たような感じだと思います。つまり、まだのめりこめていません(笑。

ともかく、今度こそガードの使い方を身につけなくては(ぉ。

投稿者 B : 23:12 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2011/03/02 (Wed.)

『タクティクスオウガ 運命の輪』終了

本編クリア後もプレイを続けていた『タクティクスオウガ 運命の輪』、ひととおり終了しました。

タクティクスオウガ 運命の輪

B003ZX7FRU

アイテムコンプに手を出すとキリがないので、エキストラダンジョンとダウンロードコンテンツまでクリアしたのみですが、これだけでも地下 100 階(DLC では 115 階)まである死者の宮殿に 2 回潜らなくてはならないので、一仕事(;´Д`)ヾ。

ダウンロードコンテンツは基本的にクリア後の後日談。ストーリー上の「もしも」が本当だったら・・・的なパラレルワールドのお話で、個人的にはこのへんの話は全くの蛇足だと感じました。が、時間を巻き戻して「あのとき異なる選択肢を選んでいたら」というストーリーの分岐を楽しむこのゲームの「運命の輪」システムの延長線上にあるアプローチなので、見せ方としてはこれはこれでアリなのだろうと思います。
ま、最近は「エンディング後が真の楽しみ」みたいなタイトルが増えているので(この作品もその一つだとは思う)、本編のほうで重厚なストーリーやシステムを堪能させてくれたという意味では、このゲームが非常に良作だった、という私の評価には変わりはありませんが。

と言いつつ、だんだん作業ゲーになってきてプレイ状況がしばらく停滞気味だったところ、DISSIDIA 012 が控えているためここ半月ほどで集中して進めたというのが本音のところだったりしますが(´д`)。次は 012 やるぞー。

投稿者 B : 00:59 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2011/01/19 (Wed.)

『タクティクスオウガ 運命の輪』全ルートクリア

タクティクスオウガ 運命の輪

B003ZX7FRU

PSP『タクティクスオウガ 運命の輪』、その後もちまちまとプレイを続け、ひととおりのルートをクリアしました。発売から 2 ヶ月ほど経ったので、ちょっとネタバレしても良いですかね(ぉ。

タクティクスオウガ 運命の輪

クリアしたのはシナリオ上の全ルート分岐(海賊の墓場、死者の宮殿、サン・ブロンサ遺跡とダウンロードコンテンツを除く)。固有キャラクターもダウンロードコンテンツ分を除き、全員仲間にできました。

タクティクスオウガ 運命の輪

バッカニア(海賊)のアルゼスタンはメインストーリー外で仲間にできるキャラの中では、比較的易しいほうですかね。海賊なのにどう見ても赤魔道士なのには、ツッコんではいけません(´д`)。

タクティクスオウガ 運命の輪

暗黒騎士団のコマンド、オズマ。この顔で仲間になるなんて普通思わないでしょ(´д`)。まあ、顔だけでいったら仲間になりそうもないキャラは他にも何人かいますけどね・・・。

タクティクスオウガ 運命の輪

クリア後(カーテンコール)のイベントで仲間にできる、ユーリア。有翼人カノープスの妹、という設定です。多くのメインキャラが育ちきってしまったクリア後に仲間になるので、イマイチ使いどころが分からない(´д`)。

タクティクスオウガ 運命の輪

死者(ゾンビ)を操る屍術士クレシダ。コイツを仲間にするのが最も大変でした・・・。いくつものフラグを立てつつ長いイベントをこなさなくてはならないので骨が折れるわりに、やっぱり使いどころが(ry

タクティクスオウガ 運命の輪

最後に伝説の(?)魔女デネブ。コイツも攻略本で情報解禁になるまでほぼ誰も仲間にするための手順が分からなかったそうです(私は攻略 Wiki で知りました・・・)。スクエニは最近攻略本商法が得意のようですが、あまり感心しないなあ(´д`)。
まだ育成途中ですが、隠しキャラ的な位置づけだけあって、確かに魔力は強いです。でも基礎ステータスだけでいったらシャーマンのほうが強いような気も。

シナリオはひととおりクリアしましたが、コイツらを含む途中合流のキャラ育成、死者の宮殿や海賊の墓場攻略、そして 3 回分のダウンロードコンテンツと、まだまだやることはたくさんあります。アイテム等まで含めたコンプリートを目指すほどの気合いはありませんが、ひとまずやり残した要素くらいまではやり込むつもりです。たぶん 3 月の DISSIDIA 012 の発売頃までは引っ張れるかな(笑。

投稿者 B : 00:30 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2010/12/11 (Sat.)

『タクティクスオウガ 運命の輪』ひとまずエンディング

タクティクスオウガ 運命の輪

B003ZX7FRU

GT5 を買ってから進行がストップしがちになりながらも(´д`)スキマ時間を見つけてはちまちまプレイしていたんですが、とりあえずいったんエンディングに辿り着きました。

「とりあえず」というのは、このゲームがマルチシナリオ/マルチエンディング方式だから。いくつかあるストーリーのうち一つを終わらせたに過ぎないので、もう他のシナリオに取りかかっています。
とはいっても最初からやり直しではなくて、一度エンディングを迎えると「運命の輪 W.O.R.L.D.」というシステムが使用可能になり、それを使えばレベルやパーティ構成をほぼそのままに、シナリオの任意の地点(アンカーポイント)から再開することができるので、何度も最初からやりなおす必要がないので、そこまで激しくやり込む気合いがなくても、そこそこやり込めます。

タクティクスオウガ 運命の輪

シナリオのほうは、重いというか深いというか。Chapter 1 のサブタイトルからして『僕にその手を汚せというのか』ですからね・・・。民族間の紛争に端を発した戦争に巻き込まれた主人公デニムが、それぞれの局面で何を(義、なのか、人命なのか、立場なのか、肉親や友情なのか)選択するかによってその後の展開が大きく変わります。
大まかな話の流れは『ファイナルファンタジータクティクス』にちょっと似ているというか、FFT をやっていたら最後のほうはオチが読めてしまったほどなので、ある意味 FFT のほうがタクティクスオウガ(SFC 版)の縮小コピーみたいなスケール/方向性のシナリオだと言えるのかもしれません。
戦争と政治を中心に据えたストーリーに関しては、複数の陣営が複雑に絡み合って動いていくので、背景の理解が浅い初回プレイ時にはよく分からない部分もあるかもしれません。でも、単純な勧善懲悪ではない(見方によっては主人公が悪となる場合もある)大人向けのシナリオだと思います。例えて言うなら『Ζ ガンダム』のややこしい相関図を面白いと思えたなら、この作品にもハマるかも(笑。

そしてこのゲームはアタマを使う戦闘が醍醐味。戦闘のバランス調整はなかなか絶妙で、パーティ編成によってはかなりシビアな戦いになり、独特の緊張感があります。ただ不満点もあって、

  • 基本的に弓が強い。遠くから狙える+装備によってはダメージも大きいので、前衛はアタッカーというより単なる盾や囮になりがち
  • 敵の AI が単純すぎ。各個撃破じゃなくて個別最適をベースに処理しているっぽく(?)、攻撃が一人のキャラに集中してこなかったり、序盤から無駄に強化魔法をかける→会敵する頃にはほぼ切れかけ、みたいな動作で、イマイチ緊迫感に欠ける
  • 同様にゲストキャラの AI も貧弱で、「●●(ゲストキャラ)を救え!」というミッションではゲストが無謀に突っ込んでいて死亡、みたいなのばかり
  • ラスボスが固すぎ。で、固いだけ(´д`)。ラストバトルこそここまでに培ってきた戦略を思う存分発揮させるような作りにしてほしかった
とかとか。敵との戦力バランス調整は基本的に良いので、AI の作り込みの問題のような気はしますが、これのおかげでシナリオ以外のレベル上げバトルが単調になってしまい、それが辛かったです。
逆に言えば、今のところそれ以外は大きな不満もなく、FFT で中毒的にハマッたシミュレーションバトルがさらに大きなスケールで楽しめる、というのが最大の喜びでした。話は基本的にドロドロで、今までドロドロだと思っていた FFT のシナリオが勧善懲悪に見えてしまうくらいに重かったり、重要そうに見えたキャラクターが突然死んでしまったり(しかもバトル中とかじゃなくてシナリオ上で死亡し、ウォーレンレポート(ゲーム中の出来事を綴ったレポートモード)だけで死んだことになっている)、理不尽な選択肢を突きつけられたり、とエグい部分もいろいろとありますが、そういうのまで引っくるめてよくできたゲームだと思います。

ということで、違うルートを選択しないと仲間にならないキャラもいたり、違うルートのシナリオも楽しみだったりするので、オールコンプとはいかないまでもまだしばらく遊んでみます。冬休みはこれと GT5 で終わりそうな予感・・・。

投稿者 B : 23:58 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2010/11/12 (Fri.)

タクティクスオウガ 運命の輪

タクティクスオウガ 運命の輪

B003ZX7FRU

買いました。まだ 2 時間ほどしかプレイできておらず、ようやくチュートリアルを抜けた程度ではありますが、軽く感想を。

本作はファイナルファンタジータクティクスシリーズの源流となった SLG『伝説のオウガバトル』シリーズの一作で、松野泰己氏をはじめオリジナルスタッフが集結して再構築されたリメイク作品です。
私は FFT から入ったのでこのシリーズは初プレイなのですが、FFT は初代は面白かったけどシリーズを重ねるごとに内容が幼稚になってきて、むしろオリジナルのオウガバトルシリーズをプレイしてみたい、と思っていたので、この作品のリメイクは楽しみにしていました。

基本的にゲームシステムもグラフィックも FFT そのもの(というか、FFT がタクティクスオウガそのもの、と言った方が正確か)なので、初プレイでも敷居は低いですが、ストーリーや登場人物のキャラクターづけが複雑(単純な勧善懲悪構図じゃない)だったり、世界観が FFT シリーズよりも全体的にソリッドな雰囲気だったり、私がやりたかったのはこんな SLG だよ!という欲求を満たしてくれています。
ただ、装備品や魔法が FF シリーズとは大きく異なるので、そのあたりのシステムについてはまだ少し戸惑ってます。そういう意味では、FF シリーズから装備品や魔法のシステムを継承することで新規参入プレイヤーの敷居を下げてくれた FFT というゲームは非常によくできていたんだなーということを再認識。逆に、最近はオリジナルの FF のほうが世界観を壊しすぎ、システムを複雑にしすぎで敷居を高くしている気がしますが・・・。

さておき、ひさびさに骨のありそうなゲームタイトルなので、気合いを入れてプレイしていきたいと思います。

投稿者 B : 23:59 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2010/11/03 (Wed.)

GTPSP 継続プレイ中

本来ならば今日はグランツーリスモ 5 の発売日のはずでした。が、残念ながら延期されてしまったので、PSP 版を引き続きやっています。

グランツーリスモ

B0002FQ8RC

PSP 版で獲得したクルマはそのまま GT5 に引き継げるらしいので、9 月頃からまたちまちま再開していました。

が、先月 PSP を買い換えたところ、PSP の異なる個体間ではメモリースティックを差し替えてもグランツーリスモのセーブデータが引き継げないことが発覚(´д`)。攻略サイトを見ると、「セーブデータはどうやっても引き継ぎ不可。ただしクルマは『シェア&トレード』を使うことで何とか移行可能」ということが書いてあったので、とりあえずクルマを新 PSP のほうに引き継いで、ミッション等はまた最初からやり直しています・・・。

グランツーリスモPSP攻略班

ここのところ、ソニーストアの BD レコーダと同時購入で PSP-3000 が¥10,000 で買えるキャンペーンiconとか PSP go の¥10,000 値下げとかで PSP を買い換えて、同じことで頭を悩ませている人がけっこういるのではないでしょうか。
私は GTPSP は PlayStation Store のダウンロード版を購入したので、新旧の PSP にゲームデータをコピーして、自分の PSP 同士でシェア&トレードすることでクルマのデータを移行できましたが、UMD 版で買った人は誰か友達の PSP を経由しなくてはならないので、面倒ですね。

ちなみに、1 人で 2 台の PSP+GTPSP のゲームデータを持っていれば、アドホックレースで対戦(AI ドライバーを使えば自分で操作しなくても済む)することで、シングルレースで稼ぐよりも効率よくお金を稼ぐことができます。それってゲームとしてどうよ、と思わなくもないですが、そうでもしないとグランツーリスモの膨大な種類のクルマをコンプリートするなんてほぼ不可能だし、何より今はどちらかというと GT5 で最初からいろんなクルマを堪能するために集めている側面が強いので・・・。

GRAN TURISMO (Portable)

おかげで、クルマのほうはあとちょっとでコンプリートというところまで来ました。ミッションとコースレベルについてはまた最初からちまちまと進めてます(´д`)。

GRAN TURISMO (Portable)

高嶺の花だったフェラーリ F2007 もようやくゲット。市販車や GT カーではかなり良いタイムを出せるようになったつもりの鈴鹿をこのクルマで走ると、難しさが別次元(;´Д`)ヾ。改めて F1 ドライバーのすごさを思い知りました・・・。

あと 1 ヶ月半ほど、またちまちま進めていこうと思います。でも来週タクティクスオウガが発売になるので、そしたらちょっとペースが鈍りそう。

投稿者 B : 21:59 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2010/10/12 (Tue.)

OverLay Brilliant for PSP-3000/2000

PSP-3000 の液晶保護シートは、言うまでもなくこれを買いました。

ミヤビックス / OverLay Brilliant for PSP-3000/2000

OverLay Brilliant for PSP-3000/2000

私はミヤビックスの OverLay シリーズに絶対的な信頼を置いていて、最近購入したモバイル機器のほとんどで OverLay Brilliant または Plus を使用しています。サイズ、透明度、貼りやすさ、どれをとってもこの手の製品の中ではトップクラスじゃないでしょうか。中でも下記の週アス PLUS のインタビューにもあるとおり、水谷社長本人が「ピッチピチ」にこだわって型を起こしているというサイズに関しては、他社の追随を許しません。

保護シートを売り続けて11年 ~ミヤビックス水谷社長インタビュー

OverLay Brilliant for PSP-3000/2000

貼ってみたところ。もう貼ってあるかどうか分からないくらいでしょ?PSP-3000 になって従来機種よりも液晶隅の樹脂の盛り上がりが軽減されたおかげで保護シートが貼りやすくなりました(シートが浮きにくくなった)が、OverLay Brilliant のほうもちょうどいい固さの素材/厚みになっているので、シートの浮きもありません。

また、キャリングポーチは何にするか迷いましたが、試しにこれを買ってみました。

ホリ / フラットポーチ ポータブル (ホワイト)

フラットポーチ ポータブル

私の好みはシンプルでかさばらないポーチ。市販されているケース/ポーチの多くは耐衝撃性のために厚くなっていたり、UMD やワンセグアンテナまで収納可能な大きめだったりするので、とにかくシンプルなものというのがなかなか見つかりません。
そんな中で見つけたホリのフラットポーチ ポータブル。ファスナーやベルクロすらなくて単に本体を差し込むだけ、というこの上なくシンプルなポーチです。コンセプト的には初代 PSP-1000 のときに出ていた純正のポーチに近いですね。

カラーはホワイトで、カバンの中に無造作に突っ込んでおいてもすぐに見つけられるように、最近モバイル機器のポーチ系は明るめ/鮮やかめを選ぶようにしています。でもあまりに真っ白なので、すぐに汚れが目立ってきそうな気も。

フラットポーチ ポータブル

ただ、本体を入れるのはかなりキツキツです。ポーチ中央部に「くびれ」を設けて脱落しにくくした、ということですが、ちょっとジャストに作りすぎかも。伸縮性の高い素材なので入らないことはないですが。使い込むうちに馴染んで出し入れしやすくなることに期待。

Amazon で¥280 という投げ売り状態だったので後悔はありませんが、もう少し色々探してみようと思います。

投稿者 B : 23:45 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2010/10/05 (Tue.)

PSP-3000 VIBRANT BLUE

ものすごーく今さらですが、買いました。

ソニー・コンピュータエンタテインメント / PSP PSP-3000VB (バイブラント・ブルー)

PSP-3000

紫色の PSP-2000 のバッテリが最近ヘタってきて、しかも最近はビビッドカラーのモバイル機器が増えてきたらこの淡い色がちょっと中途半端に感じ始めて、買い換えようかなとはだいぶ前から思っていました。先日のゲームショーで PSP2 または PSP Phone が発表されず、3DS はすぐに欲しい感じでもないので、とりあえず安心して PSP を買い換えようかと。PSP go は・・・皆まで言うまい(ぉ

PSP-3000 自体がリリースされてもう 2 年、この CARNIVAL COLORS シリーズが出て 1 年半が経っているので今さらインプレもないんですが、ちょいちょい気になったところなどを。

PSP-3000

PSP-3000 の外観上の最も大きな変更点は、背面の UMD ドライブカバーのリングデザインでしょう。従来は太めのリングにヘアライン加工が施されたアルミ素材(と思われる)パーツを使っていてカッコは良かったんですが、無造作に扱うとけっこうここが傷つきがち。私が持っている PSP-1000 も 2000 もここに擦り傷がついています。が、PSP-3000 ではリングが細いデザインに改められ、仕上げもヘアラインではなくミラー処理に。かつ、従来は周囲よりも突出していたリング部分が、今回は凹になっていて、傷つきにくく/傷ついても目立ちにくくなっています。

あと、筐体全体も PSP-1000 から 2000 にかけて曲線的で緩いアール部分の処理も今回はエッジがシャープになっていたり、PSP-1000 時代のデザインイメージに回帰しているように見えます。このあたりは PSP-2000 で海外生産になったときに金型加工技術上の問題で難しかったものが、技術の進歩で本来のデザインに再度近づけられたのかなー・・・と想像(笑。

PSP-3000

PSP-2000 で最もイヤだったのが、液晶画面スミの部分が平坦ではなく少し盛り上がっていたところ。これで液晶保護シートをきれいに貼ることが難しく、(保護シートの特性にもよるけど)シートの端が浮いてしまいやすかったのが欠点でした。PSP-3000 では盛り上がりが完全になくなったとは言いませんが、PSP-2000 よりは改善されていて、これなら保護シートの浮きにもあまり悩まされなさそうです。

また、PSP-3000 といえば発売当時は「美・画面 PSP」のキャッチコピーが印象に残っていますが、実際どのくらいきれいになったか?というのは実は初体験だったりするので、PSP-2000 と比較してみました。

PSP-2000

PSP-2000 のほうは液晶保護シートを 3 年間換えていないので(笑)保護シートの劣化の影響もあって比較としてはあまりフェアじゃないかもしれませんが、こんな感じ。今となってはお世辞にも美しいとは言えませんが、色が出ている出ていないよりもそもそも輝度が低くて、何を表示してもくすんだ色になってしまいます。あと、暗いのでポータブル機の割に昼間の屋外で、あるいは電車やバスの中の陽が差し込む席でプレイするのはちょっと厳しいものがありました。

それが、PSP-3000 だとこんな感じ。

PSP-3000

パッと見で判るくらい、明るさも色の濃さも段違い。肉眼での比較だともう少し差は小さいですが、この写真はどちらも輝度最大設定で、デジカメはホワイトバランス「太陽光」で撮影したのを補正なしでトリミングしたものなので、それなりに忠実に表現できていると思います。
PSP-2000 しか知らなければ「携帯機だしこんなもんかー」で済んでいたのが、これを見ると「今までのはなんだったんだ!」と感じます。明るさやコントラストだけでなく、色合いも PSP-2000 はいかにも LED バックライト然とした青白い発色なのに対し、3000 は赤系の発色が特に鮮やかで、従来機を見慣れた目には白が少し黄色みがかって感じるほど。これは例えて言うならば VAIO TX から TZ に買い換えたときくらいのインパクトがあります(←かなり解る人が限定される比較)。

もし来年の今頃に PSP2 または PSP Phone が発売されるとしたらほんの 1 年の命ではありますが、これでタクティクスオウガDISSIDIA 012 の迎撃準備ができました。目下の悩みは、グランツーリスモのセーブデータが本体買い換え時には引き継げないことです(´д`)。

投稿者 B : 03:00 | Game | PSP | コメント (2) | トラックバック

2010/09/14 (Tue.)

DISSIDIA 012[duodecim]

そういえば今週は東京ゲームショーがあるんでした。

スクエニ、PSP「DISSIDIA 012[duodecim] FINAL FANTASY」発売決定 -GAME Watch

スクエニが『DISSIDIA FINAL FANTASY』の続編となる『DISSIDIA 012[duodecim]』を発表。発売は来年とのことです。最近の FF 派生作品の題名って無駄に難しい(;´Д`)ヾ。まあ、本編のほうも難しい造語だらけですが・・・(´д`)。

DISSIDIA はアクションゲームにしては珍しく私もハマったゲームなので、続編の発売は歓迎です。新キャラの登場も予告されていて、現時点で判明しているのは XIII のライトニングと IV のカイン。やっぱりカインは人気高いですからねー、セシルよりも嬉しいかも(笑。あとは順当に XIV からのゲストキャラもあるでしょうが、個人的には VI のエドガー・マッシュ兄弟あたりを出したら面白そうな気がします。回転のこぎりはコマンドが面倒かつ低確率だけど成功すれば一発ブレイク!とか。

発売はまだ先のようですが、私も久々にプレイしてみるかな。とりあえず最後までマスターできなかったガードの練習から(´д`)。

投稿者 B : 00:12 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2010/07/22 (Thu.)

『タクティクスオウガ』のリメイクが決定

スクエニ、PSP「タクティクスオウガ 運命の輪」発売決定。オリジナル版のスタッフが再結集し再構築をテーマに制作 (GAME Watch)
タクティクスオウガ 運命の輪 | SQUARE ENIX

ファイナルファンタジータクティクスはオリジナルの PS 版をかなりやりこんだ、思い入れの強いタイトル。FF 関連作品しては、最近のナンバリングタイトル(VIII 以降あたり)よりも好きなくらいにハマッたゲームです。この FFT の派生作品である FFTA シリーズはちょっとヌルい内容でイマイチだったので、逆に FFT の源流となった『タクティクスオウガ』に遡ってプレイしてみたいと思っていましたが、さすがにプラットフォームが古いので手が出ませんでした(今なら Wii のバーチャルコンソールで配信しているみたいですね)。

まだ発売日も決定していませんが、商戦を考えれば早くて年末?遅くても来春?くらいじゃないですかね。出たら買おう。

投稿者 B : 22:52 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2010/07/09 (Fri.)

FFIX クリア

ゲームアーカイブスでダウンロード購入した FFIX をクリアしました。やっぱり最近はポータブル機のほうがスキマ時間にプレイできるので、いいですね。

後半は完全にストーリーを忘れていて、そういえばこんなエンディングだったっけ・・・というよのようやく思い出しました。DISSIDIA ではジタン遣いだったのに、この有様(´д`)。

XIII をプレイした直後だから、というのもあるでしょうが、DQI・II あたりから RPG に入ったファミコン世代なので、やっぱりこういう中世的な剣と魔法のオーソドックスな世界観のほうが自分の好みに合っている気がします。リアルタイムで IX をプレイした頃は、自分の人生の中で最もゲームから遠ざかっていた時期だったせいか、当時は「ミニゲームの寄せ集め」的なゲームシステムへの不満のほうが強くてあまり印象に残らなかったのですが、今見るとストーリー、世界観、ゲームシステム、ともに王道を行っていて、良い作品だと改めて思いました。
まあでもミニゲームや妙なやりこみ要素のの寄せ集めは、やっぱり微妙かなあ。特になわとびとかかけっことか、あまりゲーム性があるミニゲームだとも思えないので。あと、久々にクリスタル登場!と煽っておきながら、最後にだけ何の脈絡もなく絡んでくるのも、別になくてよかったし・・・と思ってしまいます。

最近はゲームもリアリティを追求した大作とシンプルなライトゲームとの二極化が進んでいて、それなりにしっかりと楽しめつつリアルすぎないタイトルが少ないですが、もっとこういう「デフォルメした世界観の中・大作」みたいなものも増えてほしいところ。そういうのはどうしてもリメイクや移植作品に頼らざるを得ないのが現状なので、iPhone 版の FFT が出たら買ってみるかなーと思案中です。

アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジー IX

B000FO2ABI

投稿者 B : 23:59 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2010/06/01 (Tue.)

LILAC PURPLE

SCEJ、PSP「モンハン日記 ぽかぽかアイルー村」と限定色「ライラック・パープル」のPSP本体セットを発売 (GAME Watch)

モンハンの新タイトルと一緒に PSP-3000 の新カラーが出る模様。鮮やかな紫ですよ!

かれこれ 3 年使ったラベンダー・パープルのバッテリが最近少しヘタッてきているし、最初はちょっとキツいと思っていた CARNIVAL COLORS も見慣れてきたらカッコ良く思えてきて、バイブラント・ブルーあたりに買い換えようかな・・・と思っていたところだったので、これはちょっと気になるかも。紫から紫への買い換えならバレにくいだろうし(バレます)。

残念なのはモンハンとのセット販売しか(今のところ)ないことでしょうか。モンハン興味ないし、単品販売しないかなあ・・・もしくは、モンハンだけ買い取ってくれる人募集(ぉ。

投稿者 B : 23:00 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2010/05/23 (Sun.)

ファイナルファンタジー IX ゲームアーカイブス

スクエニ、PS3/PSP「FINAL FANTASY IX」。ゲームアーカイブスで配信開始!! (GAME Watch)
ファイナルファンタジー IX

PS ゲームアーカイブスでの FFIX のダウンロード販売が始まったので、買ってみました。

2 年前にアルティメット ヒッツで買い直してきて PS3 リモートプレイで少しプレイしていたんですが、リモートプレイなんてまどろっこしすぎてやってられるかー!ヽ(`Д´)ノと途中で放棄してしまってました。アーカイブスならメモステに入れてしまえば PSP のローカルでプレイできるし、またやってみるかなーと。

IX は正直なところ解像度のわりにグラフィックがごちゃごちゃしすぎていて、PSP の小画面だとちょっとプレイしづらいですね。
でもまあ、通勤時間とかにちまちまやっていきます。

え、FFXIII?(´・ω:;.:...

アルティメット ヒッツ ファイナルファンタジー IX

B000FO2ABI

投稿者 B : 00:09 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2009/12/06 (Sun.)

機動戦士ガンダム ガンダム VS. ガンダム NEXT PLUS

機動戦士ガンダム ガンダム VS. ガンダム NEXT PLUS

B002PAQ87C

買ってみました。ガンダムゲーはたいていハズレなのですが(´д`)、中でもカプコンの VS. シリーズは比較的よくできているし、エクシアユニコーンを操ってみたかったので。

やっぱりこのシリーズはシンプルな操作性で爽快感もあって面白いですが、網羅するシリーズが膨大になりすぎていてちょっとまとまりに欠けますね。登場する MS の大半がガンダムだし、最近のシリーズはビーム兵器だらけで戦い方のバリエーションが少なくて単調になりがち。
良い点を挙げればファーストから 00 までの MS 性能に差がありすぎるシリーズ(細かいことを言えば、本当は F91 や V ガンダムは MS のスケールそのものが違う)を何とかバランスよくまとめていますし、声優や主題歌も豪華に揃っているのでさすがガンダムの名を冠するゲーム、というだけのことはありますが。ただ私は X・G・W・SEED はまともに観てないので、このあたりのガンダムのデザインや設定ひどいな・・・と(´д`)。

ゲームバランスや戦術の立て方という点では初代連邦 VS. ジオンからガンダム VS. Ζ ガンダムあたりのほうが良かったかも。PS Store で PSP 向けにダウンロード販売してくれたら買うんですが、権利関係上難しいかなあ。

とはいえとりあえず冬休みゲーのひとつはこれで決定です。あとは FFXIII と GT かな。

投稿者 B : 23:59 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2009/10/05 (Mon.)

GT>Real

鈴鹿でのブエミとアルグエルスアリは F1 カーでやりたい放題でしたが(ぉ)、私はスーパーカーでやりたい放題!(笑

グランツーリスモ

B0002FQ8RC

PSP-2000 しか持っておらず、さらに限定モノ好きの私としては限定カラーの PSP-3000 が同梱されたレーシングパックに最後まで惹かれました。でも UMD からダウンロード版への移行プログラムが不透明なことで、ロード時間短縮のためにメモステから起動したい私にとっては同梱版を買っても MS 起動用に別途 DL 版も買わなくてはならないなんてあり得ない(´д`)。それに正直もう UMD 版のタイトルは買うつもりがないし・・・。「フェラーリの赤をより紅い赤で見たいだろ?」という内なる悪魔の声に耐えるのは、かなりの試練でした(ぉ。

まだそんなにやり込めてませんが、やっぱり携帯ゲーム機でちまちま進められるのは妻子持ちサラリーマンにはありがたいですね。PS3 版のグラフィックに見慣れると PS2 時代レベルに退行したクオリティはちょっと残念ですが、それを補って余りあるお手軽さ。レースやミッションの報酬も多めで好きなクルマをどんどん買い集めていける代わりにディーラーは日替わり制(ゲーム内の日付で)になっているゲームシステムも、続けていくインセンティブとしてはちょうど良いと思います。
逆に最も物足りないのはクルマのカスタマイズが出来ない点でしょうね。お気に入りのクルマをチューンアップして上位グレードのクルマと競う快感や、好きなデザインのホイールに履き替えることができないのは残念です。基本的には買ってきた状態のクルマで走ることになるので、カテゴリの違うクルマに勝ちたければ、ドライビングテクニックで勝てない程度の差なら別のクルマを買うしかない。どんどんクルマを買い足していけるシステムなのでそれでも良いのかもしれませんが、「あこがれのクルマでサーキットを走る」だけでなく「好きな車を好きなようにチューンアップできる」のも GT の魅力の一つだと思うので・・・。

まだ全体的なボリュームも把握できていないのでどこまで楽しめるか分かりませんが、ちょうど日本 GP で自分のクルマ熱が高まっているところ、しばらく楽しませてもらいたいと思います。

投稿者 B : 00:15 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2009/08/25 (Tue.)

ディシディア ファイナルファンタジー ユニバーサルチューニング

スクエニ、PSP「ディシディア ファイナルファンタジー ユニバーサルチューニング」海外版「ディシディア」を日本でも発売 (GAME Watch)

DISSIDIA の海外バージョンが逆輸入決定。FF 本編でいうところの「インターナショナル」版ですね。

DQ9 もそろそろ作業になり始めて若干倦怠期に入ってきたので、次にプレイするゲームとしては興味あるところ(その前に、『光の 4 戦士』は買うけど)。でも音声が英語になるということで、珠玉のキャストだったオリジナル版の声優陣が代わってしまうのは残念です。DISSIDIA はひととおりやり尽くした感もあるので、買うかどうかは追加要素次第かなあ。

投稿者 B : 00:24 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2009/08/20 (Thu.)

GRAN TURISMO for PSP

SCEJ、PSP「グランツーリスモ」。発売日を10月1日に変更、PSP-3000同梱版も同時発売 (GAME Watch)
グランツーリスモ

B0002FQ8RC

PSP 版グランツーリスモの発売日が 1 週間前倒し。加えて、オリジナルデザインの PSP 同梱版のリリースも発表されています。

GT ファン(最近、あまりにもリリースが遅いので萎えてきましたが)としては買うつもりでいるんですが、今さらの UMD 版を買うか、ダウンロード版を買うか。PSP go は当面スルーするつもりでいますが、ゲーム用途だけを考えると画面が大きい現行 PSP-3000 は併売のうちに確保しておこうかなあ、と思っていたりしたので、このシブい配色+控えめ GT ロゴの限定バージョンには惹かれるものがあります。

でもいずれ PSP go も買ったときのことを考慮すると、既に持っている UMD のゲームを PSP go でプレイするための手段(例えば持っている UMD を PSN で認証しておいて、同一の ID であれば PSN からダウンロードできるようにするとか?)が明らかになってからにしたいような気がします。が、そんなのを待ってる間に売り切れるんだろうな(´д`)。

投稿者 B : 00:30 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2009/06/17 (Wed.)

FFVII インターナショナル クリア

PS Store でのダウンロード版、2 ヶ月あまりの間ちょこちょこ進めてきて、クリアしました。

ファイナルファンタジー VII インターナショナル

B000FNY5EE

まあストレートにクリアするだけならもっと早くできたんですが。セフィロスを倒す前にウェポン討伐をやっていたら、思ったより時間がかかりました。でもおかげで全員 Lv99。

10 年以上ぶりにエンディングを見て、そういえば当時はこのラスト(エンディングの一番最後のシーン)に込められた意味をネットの BBS 上で熱く議論したり、セフィロスをはじめとしたいろんな設定の元ネタを探したり、そういうコミュニケーションがとても楽しかったのを思い出しました。ホーリーとライフストリームの発動で結局人類はどうなったのか?という、いかようにも解釈できるラストの正解は、ADVENT CHILDREN のリリースをもって明かされたわけですが。

ゲームの作り的には、開発陣が企画した細かいミニゲームとか映像的な演出とか、そういったものの寄せ集め的になり、ストーリーはなんだかんだ言って無理があるとか辻褄が合っていないという傾向が強くなったのは、やっぱりこの頃からですかねー。スノボや潜水艦のミッションなんて、そのミニゲームを入れたいがために無理矢理組み込んだとしか思えない、と当時から思っていたりしました。VII 以降のシリーズで、主要な登場人物の人格や記憶が分裂症気味なことが多いのは、ストーリー自体がそうだからですよねきっと(´д`)。
でもそんなことを差し置いても「なんか良い」と思わせられる妙な魅力が、VII にはあるのです。

ちなみにウェポン討伐で試行錯誤の末、効果的と思われる攻略法を見つけたのでとりあえずメモ。
まほうカウンター+ナイツオブラウンド、コマンドカウンター+ものまね の両方をつけたキャラ(魔力が高いヴィンセントがおすすめ)を一人入れておけば、召喚パワーが切れても、MP が切れてもカウンターでナイツオブラウンドが 1 回は発動する(ナイツオブラウンド召喚が発動しなくても、その行動を自分自身で「ものまね」するため。「ものまね」は残り召喚回数や残り MP に依存せず発動する)ので、あとは全滅さえしなければ相手の攻撃を受けるだけでいずれは勝てる、というもの。
正直戦術と言えるような戦い方じゃないですし、セフィロスあたりが相手だと自分が何もしなくてもカウンターだけで勝ててしまうので、面白いかと言われれば、微妙ですが(ぉ。

投稿者 B : 23:57 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2009/06/03 (Wed.)

PSP go

SCEA、プレス発表会「SCEA 2009 E3 Press Event」開催 (GAME Watch)
SCEJ、PSPの新機種「PSP go」発売決定!UMDの代わりに16GBメモリを搭載し、小型・軽量化を実現 (GAME Watch)
SCE、UMDを省き小型化した「PSP Go」を発表 (AV Watch)

E3 にて、「PSP2」改め「PSP go」が正式発表に。事前にリークされていたとおり、スライドオープン型で 16GB フラッシュ内蔵、UMD スロットなしという仕様でした。
まあ死に体を通り越して瀕死の状態にあった(ゲーム以外のコンテンツ配布メディアとしての)UMD に見切りをつけ、PlayStation Network(PSN)でのネットワーク配信への移行はほぼ既定路線だったと思われるので、何の違和感もありません。ただこの PSP go の本体デザインは、個人的には忘れたい何か(ぉ)に形状が似ているので、かなり微妙(´д`)。

UMD スロット廃止と外部メディアとしての M2(海外はともかく、日本では死にかかっていた)の採用、液晶ディスプレイのインチサイズ縮小などで全体的に薄く軽くなり、よりポータブルになりました。
PS Store での動画配信に対応することもあり、PSP 開発当初に掲げていた「21 世紀のウォークマン」というコンセプトがまだ生きているとするならば、この PSP go こそがそれを実現するものと言えるかもしれません。
でもスライド筐体のおかげでジョイパッドの操作性は(ボタンのストロークが確保できないため)良くないでしょうし、現行 PSP-3000 が併売されるということからも、ゲームメインのユーザーは従来機種で、より PMP ライクなユーセージを重視するユーザーは go で、という棲み分けを狙っているものと思われます。

ただスライド筐体にしたのにタッチスクリーンはおろか、閉じたときに操作するためのボタンすら外部に露出していないというのはちょっとどうかと。せめて走行系のボタンくらいないと、動画や音楽を再生するにしても本体を開かなくてはならないので、あまりスライド筐体の意味がありません。まあリモコンがあれば解決する話なので、ワイヤードもしくは Bluetooth リモコンが用意されるのかもしれませんが。

あと個人的に気になるのは、リーク画像では液晶ベゼル周りが波打っていて、樹脂がヒケているのか塗膜が均一じゃないのか、とにかく品質が不安なところ(´д`)。PSP-2000 でもバリ残りとか液晶表面のヒケとかに悩まされたので、まさかその程度のクオリティじゃないの?と・・・。確かに、16GB のフラッシュ内蔵でこの値段なら、外装の品位には贅沢言えないかもしれませんが。

キーノートスピーチではゲームソフトもいろいろ紹介されてましたが、最近ゲーム熱が下がる一方の私がフックしたのは GT と FFXIV(←最近ローマ数字だと何作目なのか分からなくなってきた)くらい。FFXIV は XI 以来のオンラインタイトルらしいですが、さすがにもう手を出せないだろうなあ・・・。GT のほうは初代 PSP のローンチ時から名前が挙がっていて、ようやくですかという感じですが(´д`)、GT5 本編もいつ出てくるか分からないし、とりあえず買うと思います。
PSP go 本体のほうはどうしようかなあ・・・。機能的には今の PSP-2000 でできること以上のことはないようだし。

投稿者 B : 22:22 | Game | PSP | コメント (2) | トラックバック

2009/05/09 (Sat.)

DISSIDIA で FFVII AC を再現してみた動画

ニコ動って普段あまり見てないんですが、たまたま見つけて鳥肌が立った動画・・・。

DISSIDIA で FFVII AC のクラウド×セフィロスのシーンを再現してみた動画。全体の半分弱しかありませんが、あまりの再現性の高さに、つい貼らずにはいられなかった。100% の完全版が楽しみです。

元ネタとの比較で見てみると、さらに鳥肌。

↑元ネタ入りのほうは著作権の関係で消されてしまうかもしれません。

ついでに、ジタン使いとしてはこの動画にもかなり感動。

一年前に買ったけど結局 DISC1 の途中でで止まっている FFIX をもう一度プレイしてみたくなりました。でも FFVII インターナショナルの途中なので、やれるのはまだ当分先(笑。

投稿者 B : 21:42 | Game | PSP | コメント (2) | トラックバック

2009/04/28 (Tue.)

勇者 30

また心惹かれる脱力系ゲームが。

勇者 30

B001QXDJA8

タイトルやドット絵ベースの画面デザインからして『勇者のくせになまいきだ。』のメーカーが作っているのかと思ったら全然違って、もとは Windows 向けのフリーウェアらしいですね。

【NEWS】30秒で魔王を倒して世界を救うRPG「三十秒勇者」 (窓の杜)

でもタイミング的には『勇者のくせに~』のヒットを受けて企画されたのかもしれません。
フリーウェア版を試してみても良かったんですが、PSP 版のほうが演出とかが凝っていて面白そうなので、PS Store で体験版をダウンロードして遊んでみました。

「30 秒で魔王を倒す」というのは、思いのほか焦りますね。ただ、一般的な RPG とは違い、オートバトルだし街の中では女神の力で時間が止まる→ゆっくり買い物ができる→街を出る→そして時は動き出す という感じなので、それほど切迫感はないです。
とはいえ、クリアまでに 30 時間とか 50 時間とかかかる RPG とは根本的に違う何かを感じます。やっぱりゲーム性って画質とかマニアックな作り込みじゃないんだなあと。確かに、攻略本の発売が前提になるゲームって何か違うと思います。

このゲーム、発売は 5 月ということで、今遊べるのはさわりの体験版だけ。これだけだとあまりにあっさりしすぎていて、一通り遊んだら飽きてしまいそうなのが不安ですが、本編では 30 秒という制限の中でどれだけ自由度や深みを出せるのか気になります。

あと、原作のほうでは『三十人勇者』というのもあって、こっちのほうがむしろ遊び甲斐がありそうなのですが、ダウンロードしてみるかな。

投稿者 B : 00:30 | Game | PSP | コメント (2) | トラックバック

2009/04/26 (Sun.)

DISSIDIA ほぼコンプリート

購入から 4 ヶ月余り。近年の私には珍しく、一日と欠かさず電源を入れてきましたが、ようやくほぼコンプリートを達成しました。

ディシディア ファイナルファンタジー

B001GXQQTE

とりあえずこれだけの内容をコンプ。

  • 全キャラクター Lv100
  • ストーリーモードオール 100%
  • ミッション達成率 100%
  • バトルライズ達成率 100%
  • PP カタログ 100%
  • ミュージアムコンプリート
  • 武器防具コンプリート
  • アクセサリコンプリート
  • 召喚獣コンプリート
  • 全キャラアクセサリスロット全開放
あと残っているのは全キャラアビリティ全マスター、くらいかと思いますが、それはさすがに途方もない時間がかかりそうなので、主要アビリティをマスターしたところで満足しておくことにしました。アクションがどれだけ上達したか、と言われると相変わらずガードが満足にできないままだったりするので(ぉ)自信がありませんが・・・。

移動中などのスキマ時間にちまちま進め、終わりのほうは半ば作業になってましたが(´д`)、ここまで飽きずに楽しめたのはここ数年では FFXI 以来じゃないでしょうか。FF ファンであることが前提のゲームだと思いますが、期待以上に楽しめる良ゲーだったと思います。

さあ次は FFVII やるぞー。

投稿者 B : 20:09 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2009/04/13 (Mon.)

ファイナルファンタジー VII インターナショナル

先週末から突如始まった祭りに、私も乗ってみました。

スクエニ、「FF VII ADVENT CHILDREN COMPLETE」プレミア試写会を開催。PlayStation StoreにてPS「FF VII」を配信開始 (GAME Watch)
ファイナルファンタジー VII インターナショナル

B000FNY5EE

今週木曜日に ACC が発売されることに向けたプロモーションの一環ですが、ロングテール性とこのような「祭り」の両方の特性をもった Web 上での話題作りには、こういう短期集中的な祭りは向いているんだと思います。特にこのゲームの世代は Web 世代でもあるし。

FFVII AC と言えば、以前 DVD 版を観たあとに「久々に FFVII やりたい」と思いましたが、今回もたぶんそう感じるはず。そんなときに PS Store で PSP でもプレイできるダウンロード版を用意しておいてくれるスクエニは気が利くというか、商魂たくましいというか(笑。でも、さらに欲を言えば PS3 クオリティでリメイクしてほしいんですが、無理な注文ですか>スクエニの中の人

ということで、ACC の発売を前に、PS Store でダウンロード版を買ってみました。有料コンテンツの購入が今回初めてという人は、かなり多いんじゃないかと・・・。
オリジナルの PS 版は持っているので、PS3 でプレイできるんですが、最近の私のプレイスタイルは通勤中に PSP でちまちま、がほとんどなので、PS Store でダウンロードして、PSP にインストールしました。

FINAL FANTASY VII INTERNATIONAL

今にしてみるとグラフィックのクオリティは哀しくなるくらいに低いですが、これが新鮮だった当時の感覚を思い出しながら見ると、なんかグッと来るものがあります。FF はやっぱり VI 以前の「ファンタジー」な世界観が好きで、個人的には野村哲也氏のテイストが強い VII 以降は徐々に気持ちが離れつつあるんですが、それとは別に VII は思い入れが強いタイトルです。だからこそ、昨今の粗製濫造気味な派生コンテンツには、否定的スタンスだったりもするのですが・・・。

今のところはさわりを少しやっただけ。DISSIDIA があと少しでコンプできそうなので、それが完了したら次はこれかな。

投稿者 B : 23:27 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2009/01/27 (Tue.)

CARNIVAL COLORS

DISSIDIA をやりすぎなのか(といってもプレイ時間は Lv100 SSS のゴーストとまともにやり合える人の半分もいってませんが)、最近 PSP-2000 が微妙に不調。プレイ中に「ゲームを終了しますか?」の画面が出てきて強制中断(でもバックグラウンドでは動いているので、バトル中だと最悪)してしまう症状が割と頻繁に出てきました。

最初はバトル中に興奮しすぎて HOME ボタンに触れてしまってるのかなと思ったんですが、注意しながらやっていても「ゲームを終了しますか?」が出てくるので、どうもほかの問題っぽい。で、プレイ中に UMD スロットの蓋を開けると同じ画面が出てくるので、どうもプレイ中に本体に捻りが加わると、UMD スロットカバーの開閉センサが誤動作してしまうのでは、という結論に至りました。
Web で検索してみると、PSP-2000 で似たような症状に悩まされている人はけっこういるようで。でも、もう買って 1 年以上経つので無償修理にはならないだろうし・・・。

そういえば、PSP-1000 も初期ロットは UMD カタパルト機能付きでしたが(´д`)、やっぱり PSP の UMD スロットって鬼門なのかも。もう死に体の UMD なんて諦めて、早くゲームタイトルの PS Network 配信+メモステ保存のビジネスモデルにしてしまえば良いのに・・・。

しょうがないからそろそろ買い換えかなあ、時期的には「PSP2(仮称)」という新型も噂されているし、マイナーチェンジ系の PSP-3000 にはあまり興味ないんだけど、とか思っていたら、その PSP-3000 に新色が出るとか。

SCEJ、PSP-3000のカラーバリエーションにカーニバルの華やかさと楽しさをイメージした4色を追加 (GAME Watch)

いや、確かにモバイル機器はできるだけ有彩色を選ぶようになったとは書きましたが、いくらなんでも原色すぎでは・・・。PSP-2000 の Blume はちょっと淡すぎだったし、どっちか極端な方向しかないんですかねー。大人っぽいニュアンスカラーな PSP もあって良いと思うんですが。

とりあえず、「あまり本体をギュッとにぎらない」ことに気をつけることで症状は多少落ち着いてますが、このまま改善しなさそうなら PSP-3000 を買ってしまうかもしれません。今のカラーバリエーションなら普通にホワイトかブラックだろうなー。

投稿者 B : 02:16 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2009/01/12 (Mon.)

最強の刺客

DISSIDIA ですが、ワーたん以外の人ともすれちがい通信や通信対戦してみています。

DISSIDIA FINAL FANTASY

飲みながら対戦していたこの K さんのフレンドカード、メッセージ見てジンライム吹いたw。

この K さん、買ったけどなかなか時間がなくてプレイできていないらしく、レベル差がありすぎて私のキャラ(シャントット Lv100)に勝てないのがどうしても悔しかったそうで、職場の同僚さんからもらったというフレンドカードを刺客として送り込んできました。

DISSIDIA FINAL FANTASY

なにこのステータス(;´Д`)ヾ。
Lv100 のジタン、シャントットで挑んでるんですが、一度も勝てませんorz。

しかも、召喚獣オメガが凶悪すぎ・゚・(つД`)・゚・。
上の動画はまだ多少ダメージを与えられたほうですが、毎回ほとんど何もできずに倒されています・・・。

これは、やっぱりガードの練習をしないと勝てないってことでしょうか。ガードになかなか慣れないので、むしろアビリティを外してしまったのですが(ぉ。

投稿者 B : 20:57 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2009/01/05 (Mon.)

DFF その後

その後もちまちまやってます。

ディシディア ファイナルファンタジー

B001GXQQTE

帰省中のヒマな時間とかを使ってけっこう育てて、ジタンとシャントットをひとまず Lv100 に。ジタンはあまりコツをつかまないうちに育てたのでちょっとバランスが悪いですが、シャントットはアビリティや装備のバランスがそこそこ良く育ったほうだと思います。ただ、回避はできるようになったものの、ガードはまだほとんどできません(ぉ。
ストーリーモードは最後のシナリオが残っていますが、ハードそうなのでひとまず置いておいて、デュエルコロシアムでアイテムの素材集めに走ってます。性能の良いアイテムを揃えたり、召喚獣をコンプするにはもっと時間がかかりそうなので、焦らず。

キャラクターは当初ジタンが使いやすいと思っていましたが、シャントット様に慣れてしまったので、自分の操作の癖もどちらかというと遠隔攻撃型になりつつあります。特にワーたんのゴーストとオフライン対戦するのに、接近戦キャラ同士だとスコールの連続攻撃になかなか勝てないので、シャントット様の攻撃魔法でちくちく削ってます(笑。

すれちがい通信も、今日からまた通勤なので、試してみました。
朝の出勤中には残念ながら一人もなし。ただ、夜 20 時頃に小用で品川~秋葉原間を山手線で移動し、秋葉原の電気街口で 10 分ほど用を足している間(合計 30 分程度でしょうか)で、なんと 13 人分のフレンドカードをゲットしました(;´Д`)ヾ。混雑する時間帯、かつその手の人が集まりそうなスポットとはいえ、すご・・・。

しかも入手したフレンドカードの 8 割は、Lv100。

DISSIDIA FINAL FANTASY

DISSIDIA FINAL FANTASY

ランクもほとんどが A 以上、SSS も普通にいるとかどういうこと(;´Д`)ヾ。まあ、すれちがい通信するくらいの人はやりこんでる人ってことなんでしょうが、すごすぎ。装備なんかも普通じゃないです。

私はさすがにそこまでいけませんが、またちまちまやっていきます。

投稿者 B : 23:59 | Game | PSP

2008/12/27 (Sat.)

DFF 通信対戦

DISSIDIA の通信対戦を初体験しました。

仕事帰りにワーたんと待ち合わせて、品川の焼鳥屋で飲みつつ対戦(ぉ。既にやり込んでいる時間が倍くらい違う(私のほうが少ない)ので、練習相手くらいにしかなりませんでしたが、なかなか楽しめました。ハンデをつけて対戦相手に Lv を合わせることができるので、操作スキルを除けば対戦しやすい作りにはなっています。

対戦後まれにアーティファクトがドロップするということで、しばらく対戦した結果頭装備がドロップ。AF の名前は自分でつけられるのですが、やはり我々なので「ワーロックシャポー」に。

すれちがい通信の結果、初のフレンドカードもゲット。

Offline Lobby

山手線、京浜東北線界隈ならけっこうすれちがえるという話でしたが、とりあえず帰途すれちがいモードにしてみたところ、ゲットしたのは再びワーロック・リポートのみ(;´Д`)ヾ。

年内はもう通勤しないので、年が明けたらしばらくすれちがい通信を試してみようと思います。その前にレベルも上げないとなあ・・・。

投稿者 B : 22:59 | Game | PSP | コメント (2) | トラックバック

2008/12/21 (Sun.)

練習相手にもならないジタン

引き続きプレイ中。

ディシディア ファイナルファンタジー

B001GXQQTE

ジタン、スコール、バッツのストーリーモードをクリアしました。買う前は正直あまり期待していませんでしたが、これけっこう良ゲーだと思います。
ムービーやバトルシーンはほぼフルボイスなのですが、キャストがめちゃくちゃ豪華ですね。X、VII(ADVENT CHILDREN)、DS 版 IV のキャストはそのままに、ナレーション(声を聴いたときにもしや、と思ったとおり、菅原文太だった)、ガーランド(ラオウというか則巻千兵衛)、フリオニール(流川楓)、こうてい(マシュマー・セロ)、たまねぎけんし(ルルーシュ)、くらやみのくも(メーテル!)などなど錚々たるメンバー。声優に限らず有名どころが集まってますが、決してネームバリューでなく適任の人が選ばれているので、どの声もあまり違和感がありません。唯一、ケフカ役の千葉繁(『ボトムズ』のバニラや『うる星やつら』のメガネ)は声とキャラが個性的すぎるので、もっと甲高くて粘着質な私の中のケフカ像とはちょっと違ってましたが・・・。
個人的に出色なのはジタン役の朴ろ美。そうそうジタンってこんな声!というイメージどおりでとても満足なんですが、でもこれってエドワード(『鋼の錬金術師』)と被ってる?というのは、少し気になるところ。
で、とどめのシャントット様が林原めぐみ(世間一般的には綾波レイなのでしょうが、私の中では『カウボーイビバップ』のフェイ)ときたら、早く隠しキャラを解放したくなります。

このディシディアというゲーム、選ぶキャラクターによって特性がかなり異なっていますが、今まで使ってきた中で個人的に気に入ったのはジタン。声が気に入ったのもありますが、連続攻撃(特に空中)が出しやすく、扱いやすいです。格闘ゲームといえば昔スト II にハマっていた頃には必ずジャンプ攻撃から入るクセがあったせいもあって、空中戦に強いキャラが好きかも。

動画をアップしている人のエントリーを見て初めて気がついたのですが、このゲームには動画書き出し機能があるんですね。動画共有サイトが普通に使われる時代とファン層をよく分かっているなあ、と思います。動画編集機能はちょっと懲りすぎかと思いますが(;´Д`)ヾ。

とりあえずここまでのプレイで美しく戦えたと思うバトルを書き出してみました。ストーリーモード中の、ジタン vs ガーランド戦です。

うーん、相変わらずガードができていませんね。もっと練習しないと・・・。

投稿者 B : 20:18 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2008/12/20 (Sat.)

ディシディア ファイナルファンタジー

当初買うつもりはなかったんですが、祭りに乗った流れで。

ディシディア ファイナルファンタジー

B001GXQQTE

今回はスルーする方向でいたので、直前まであまり情報を仕入れずに(対戦格闘ゲームということくらいしか知らずに)いました。蓋を開けてみたらストーリーモードとかもあったりして、悪い予感・・・。ストーリーモードは案の定、最近の FF 派生作品にありがちな、ステージやキャラの使い回しでルーチンワークをこなしていく系のゲームでした(´д`)。それでもまだ CRISIS CORE よりは遙かにマシかと・・・。
ま、ストーリーモードは真の醍醐味であるフリーバトルを堪能するためのフラグ立て兼練習台と思えば、何とか。

キャラクターは歴代の FF(X まで)から主役級 1 名+ラスボス級 1 名。XI と XII からも隠れキャラが出てくるらしいですが、まだ全然そこまで行ってません。
VII 以降のキャラは元が 3D なのでそれほど違和感ないですね。VI 以前に関しては野村哲也氏がデザインを新規に起こしたとのことでちょっと心配でしたが(笑、作中のイメージや天野イラストのテイストを取り込みながらうまくアレンジされていて、好印象。ガーランド、フリオニール、皇帝あたりは感動ものの出来かと。それでも違和感あるキャラはあって、パラディン版のセシルのデザインはどう見ても変だし、バッツも私が抱いていたイメージとは大幅に違う(妙に華奢だし、コスチュームもおかしな感じで、なんか聖闘士星矢のミュージカルに出ていた頃の草なぎ剛に見える(ぉ))のが、非常に残念。

とりあえずこれまでにストーリーモードをクラウド→セシル→フリオニール→ティーダと進めて、そこそこ戦えるようになりました(慣れるまではけっこう辛かった)。でも、まだどうしてもガードが身につかないので、練習あるのみ。

今作は少年時代に FF ファンだったスクエニスタッフが多く関わっているらしく、さすがに細部に旧作ファンをニヤリとさせる演出がちりばめられていて、嬉しいですね。演出の良さと(ちょっと複雑ではあるけど)バトルの爽快感が良いだけに、ストーリーモードの単調さが残念でならない。

さておき、年末年始は帰省中くらいは多少暇もあると思うので、良いおもちゃになりそうです。

投稿者 B : 23:13 | Game | PSP | コメント (1) | トラックバック

2008/05/23 (Fri.)

PSP-2000 用チャージャースタンド

PSP をより快適に使うために、充電スタンドを購入。

アクラス / チャージクレードル(新型 PSP 用)

B0016AM9VG

初代 PSP 用にスタンドチャージャー P+ を買った翌日に PSP-2000 が発表されてしまい(;´Д`)ヾ、あまり使わない間に PSP-2000 に乗り換えてしまったので、それ以来は普通に USB 給電ケーブルを挿して充電していたんですが、発売から時間が経って充電スタンドもけっこう出揃ってきました。が、純正はちょっと高すぎるので(テレビ出力するなら良いけど、私はする予定がないので)、サードパーティ製の中でも最もシンプルで低価格な部類のものを購入。正直安っぽいですが、まあ十分。

ついでに USB 給電ケーブルも新調。

アクラス / 巻取り式 データ・充電ケーブル

B0016ASRTE

巻き取り式はやっぱり重宝します。PC に USB で繋ぐことは滅多にないと思うけど、普通に巻き取り式 USB miniB ケーブルとしても使えるので、何かと出番はありそう。

投稿者 B : 21:10 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2008/01/15 (Tue.)

勇者のくせになまいきだ。初体験版。

えむくまさんとこにやけに気になるリコメンドバナーが貼ってあったので、クリックしてみたら PSP のゲームなんですね。

勇者のくせになまいきだ。

B000WQEPYO

GAME Watch のレビュー記事とかを読んでみたら、やたら面白そう。PLAYSTATION Store で体験版のダウンロード提供をやっていたので、試してみました。

つか、これ面白いじゃないですか!!!!!

軽くハマりました。ツルハシでダンジョンを掘るだけという単純な操作ながら、食物連鎖とかダンジョンの構造とかをよく考えないと効果的なダンジョンができあがらない。かつ、迫りくる勇者たちがあほみたいな強さ(涙。せっかく育てたモンスターたちが次々に虐殺されるのがこんなに悔しいとは!(;´Д`)ヾ。

PS 系でこのテの感触のゲームってかなり久々な気がします。ある意味、「パラッパラッパー」とか「せがれいじり」みたいな内製のライトなタイトルを量産して新規ユーザー層を広げていた頃の匂いを感じますね。ここのところ大作続きで新規ユーザーの開拓という意味では任天堂にやられっぱなしだった SCE ですが、やっぱりこういう「お金かけなくても良いゲームが作れる」お手本も示さないといけないんだと思います。
一応、体験版のストーリーモード 3 ステージを何とかクリアしましたが、正式版もパッケージ販売じゃなく PS Store で¥2,980 くらいで売ってたら勢いで買ってたと思います。とりあえず DS 版 FFIV をひととおりクリアしたら、買ってみようかなあ・・・。

投稿者 B : 00:30 | Game | PSP | コメント (2) | トラックバック

2007/11/10 (Sat.)

FFT 獅子戦争 ようやくクリア

ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争

B000N5DBHG

FFTA2 をやる前にやり残したゲームを済ませてしまおうと思い、やっとクリアしました。だいぶ前にラストダンジョン前に行っておきながら、中途半端にディープダンジョンに手を出してそのままほったらかしにしてた(;´Д`)ヾ。全員 Lv72 でいくつものジョブをマスターした状態だったので、ラスボスは瞬殺状態。まあ、とりあえず終わらせたってところですかね。

通信対戦系の要素に一切手を出さなかったので、体験できた新要素はいくつかの新エピソードと新キャラ、追加ムービーくらい。オリジナル版ではデフォルメキャラがバトルフィールド上で演技していたのに対してムービーになるとよりリアリティが高まりますが、オリジナル版の雰囲気も良かったのでこれは良し悪しかも。

この作品のどこがいいって、史実をイメージした展開で必ずしもハッピーエンドではないあたりがイイんですよね。無常観というか、誰もが歴史の歯車の一つというか、そういうドライな描き方をしたストーリーがとても好みなのです。
ディープダンジョンもある程度終盤までやりこんでたんですが、途中でネルベスカ神殿のジャベリンとエスカッションを取り忘れていたことに気づき、やる気が失せました(´д`)。最近どんなゲームでも 2 周目をやる気合いが出せません・・・歳かな?

投稿者 B : 22:28 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2007/11/07 (Wed.)

CCFFVII クリア

ひとまずクリアしました。

CRISIS CORE -ファイナルファンタジー VII-

B0009RQKRQ

ザックス Lv50、ミッション達成率 54% というところ。これでもラストバトルは楽勝でした。

ゲーム自体は単調な作業の繰り返しだし、バトルは何の必然性もないパチスロ風システム(このシステムを採用した意味があるなら教えてほしい)で、ゲーム性もへったくれもないというか、ベースになる FFVII のストーリーがなければやる価値がないとすら感じるほどですが(でも DC よりは幾分マシかも・・・)、これもゲームじゃなくて映像作品で良かったんじゃないかと(´д`)。
確実に言えるのは、やり残し(主にミッション)はいろいろあるけど 2 周目はまずやらないだろうということです。

その反面、ストーリーはスター・ウォーズ EPI~III やドラクエ III のように予定調和モノなので、決まっているラストに対してどういうアプローチで盛り上げていくか見物だったんですが、それを良い意味で裏切ってくれる出来だったと思います。途中、矛盾を感じるストーリー展開や演出のための演出もいくつかあったけど、それを差し引いてもクライマックス以降の流れは VII をプレイしたことのある人ならのめり込めるはず。ニブルヘイムでの「あのシーン」が再現されていることに気づいたときなどは、ちょっと感涙モノでしたね。
もともとがもう 10 年前の作品なので、大筋はともかく細かいエピソードのひとつひとつまではさすがに私も忘れていたんですが、この作品を通していろいろ思い出しました。ひたすらやり込んだこととか、PC 版(英語版)までやってみたこととか、このストーリーやキャラクター達のことが好きだったこととか、私が初めて Web で知人以外とコミュニケーションしたのは確か FFVII の攻略サイトの掲示板だったこととか。

それにしても、あのラストを見る限り、これ絶対 PS3 で FFVII のフルボイス版リメイク出るよね?っていうか出るんでしょ?という感じだったんですが、そこんところどうなんでしょうか。どちらにせよ、(ゲーム性としては文句の付けどころしかない作品ではありますが、)エンディングが終わったときに「もう一度 VII をやりたい」と思わされてしまった時点でこのゲームはスクエニの勝ちなんだと思います。

ちなみに、どちらかというとティファ派の私ですが、エアリスの「待ってる。」にはさすがにグッと来るモノを感じずにはいられなかったことを告白しておきます(ぉ。

投稿者 B : 23:24 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2007/10/28 (Sun.)

CYBER・液晶保護フィルム HG(PSP 用)

PSP-2000 用の液晶保護フィルムを購入。

サイバーガジェット / CYBER・液晶保護フィルム HG(PSP 用)

B000UVR890

PSP-2000 発売当初はあちこちで保護シートも品切れになっていたので、たまたま見つけたもの(たぶん PSP-1000 でも使っていた目にラクシート P だったと思う)を買ってみたところ、微妙に合わず(´д`)。目にラクシートが画面より一回り大きいサイズなので、本体フレームと画面に段差がなかった PSP-1000 は良かったんですが、PSP-2000 は画面と本体フレームの間に段差があり、保護シートのフチが浮いてしまう状態に。しょうがないのでそのまま使っていたら、そのうち剥がれてきちゃいました。
最近発売されているものはちゃんと「PSP-2000 対応」と書いてあるものが多いので、その中から適当に選択。私は GAMETECH 製のものを買うことが多いので、サイバーガジェット製は珍しいかな?

今回買った保護フィルムははみ出すことは当然なく、画面にジャストフィット。ただ、本体側の画面フチ部分が平滑ではなく微妙~に凸っているようで、フチ側が定着しない(´д`)。とりあえずまたこれで使ってみますが、剥がれてこないかな・・・。

投稿者 B : 16:07 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2007/10/05 (Fri.)

CRISIS CORE -ファイナルファンタジー VII-

CRISIS CORE -ファイナルファンタジー VII-

B0009RQKRQ

DCFFVII の感触からして地雷っぽいなあ・・・と思っていたんですが、どうせ富士の道中ヒマになるだろうし、と思ってとりあえず買ってみました。まさかあんなにヒマつぶしが必要になるとは思ってませんでしたが(;´Д`)ヾ。
まだたぶん序盤だと思うんですが、このタイトル「ゲームとして」どこが面白いのかさっぱり分かりません(´д`)。これなら FFVII AC のように映像作品でも良かったんじゃないのと思いつつ、とにかくストーリーを追うためのゲームと割り切って進めてます。
それにしてもザックスってこんなキャラだったっけ・・・。

投稿者 B : 21:52 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2007/09/25 (Tue.)

PSP-2000

巷で噂になってるやつ。

ソニー・コンピュータエンタテインメント / PSP PSP-2000LP (ラベンダー・パープル)

私も買いました。
色は・・・買い換えたのがバレないようブラックにするか(ぉ、初代のときに最初(コンセプト発表時)から欲しいと思っていたホワイトにするか迷ったんですが、今年買うならもう紫以外にないでしょ(?)と思い、ラベンダー・パープルを購入。ちなみに、そうとう売れているらしいという話ですが、有楽町ビックではなんとか在庫があったものの、液晶保護シートはきれいに売り切れでした。

以下、あちこちでさんざん既出ですが、簡単にインプレとか。

正面から見たら何が変わったか分からない新型ですが(笑、薄さを比べると明らかに違います。軽さもスペック上は約 280g→約 189g と 2/3 になっていますが、感覚(持ったときに感じるズッシリ感)的には半分くらいになっている感じ。DS Lite(約 218g)よりも軽いんだから、そりゃ軽く感じるはずです。
ただ、新型は塗装の問題なのかもしれませんが、見た目は同じなのにすっかり質感が変わってしまって、ガジェットではなくオモチャになってしまったような印象があります。

問題の(?)UMD スロット。レバー式から手動開閉式に変更になりましたが、UMD カタパルト状態(ぉ)だった旧型から比べるとこちらのほうがあきらかにリーズナブルだと感じます。バネの力で開くときは多少テンションがかかっている/閉じるときは閉じる方向に力を加えてやると半自動的に閉じるので、特に不都合は感じません。
しかしこうやって開いてみると内部の金属パーツが削減されて、いかに軽量化とコストダウンに寄与しているかが分かるというもの。

どうも世間では USB ポート付近のネジ穴の軸ずれ問題とかが起きているらしいのですが、私の個体では特に不具合らしきものは見あたりませんでした(それ以前にワンセグユニットにも GPS にもカメラにも興味がないから、影響のしようがないんですが)。

が・・・液晶の左下隅あたりにパーツのバリが残ってる(´д`)。こういうので一気に萎え。そういえば初代 PSP のときは UMD カタパルト以外に液晶へのホコリ混入(しかもほぼ画面中央)とか、USB ポート付近のパーツの浮きとか、品質的に不満だらけだったのを思い出しました(それを言うなら PS2 の初期ロットを買ったときもひどかった・・・)。
なんていうんでしょうね、PSP は初代は国内生産で製造自体は問題なかったのに、設計上の無理や品質管理上の問題が、今回の新型は設計上は改善されたのに中国生産になったための製造上の問題(まあこれも品質管理上の問題ですかね)が、という感じで、どちらも片落ちな感じは否めませんね。

まあポータブル機器は薄くて軽いことが何よりの美徳なので、新型は新型でいいと思いますが。ただ、やりたいゲームがないのが問題か(´д`)。CCFF7 もまだ買ってないし・・・どうなんだろ、あれ・・・。

投稿者 B : 23:52 | Game | PSP | コメント (3) | トラックバック

2007/07/12 (Thu.)

薄くて軽い PSP

SCE、薄型/軽量化した新「PSP」を9月より発売 -91g軽量化し、ビデオ出力も搭載。北米価格は199ドル (AV Watch)

うーん、

白かな・・・。






【えっ!?】

投稿者 B : 16:50 | Game | PSP | コメント (6) | トラックバック

2007/07/11 (Wed.)

スタンドチャージャー P+

今年に入ってロケフリや FFT 獅子戦争(実に 1 年半ぶりに買った 3 本目の PSP タイトル!)でようやく PSP の稼働率が高まってきたら、いちいち AC アダプタ(というか USB 充電ケーブルですが)に繋ぐのが面倒になったので、充電スタンドを購入。

GAMETECH / スタンドチャージャー P+ (ブラック)

B000KN46MU

PSP って充電スタンドを考慮して本体設計されているのに、純正の充電スタンドが出てないんですね。充電できないスタンドならあるけど・・・。
仕方がないのでサードパーティ製で最もシンプルかつコンパクトそうなものにしました。最近 GAMETECH 製品をよく買ってる気がしますが・・・。

ロケフリ以外の AV 用途にはほとんど使っていないので、スタンドの角度やイヤホンジャックの機能は実際のところ無用の長物っぽいですが、とりあえずサクッと充電できるだけで良しとします。安いし。

投稿者 B : 21:47 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2007/06/11 (Mon.)

PSP アナログパッド紛失

PSP をおもむろにカバンに入れて歩いていたら、いつの間にかアナログパッドがどっかに行ってしまってました(´д`)。これじゃ遊べないので、とりあえずビックカメラに行って代替品を物色。

GAMETECH / PSP 用エクストラパッド P (ブラック)

B000JFXCF6

売ってたのはこれだけ。アナログパッド 5 種(6 個)+十字キーパッド 2 種の抱き合わせセット販売。本体付属品同等のアナログパッドが 2 個と、サイズ違い(および表面処理違い)のがいくつか含まれています。
開封してみたら、本体付属品同等のタイプは純正品のほうが少しだけ作りが良い(表面の突起の成型がしっかりしている感じ)ようで、微妙に純正とは異なる感触。どうせなら、ということで一通り試してみましたが、大きいサイズはハッキリ言って使いものにならないですねこれ(´д`)。デカいだけでそんなに操作性が上がるわけでもないし、PSP のアナログパッドは PS~PS3 のアナログスティックのように「傾けて」入力するのではなく、「スライドさせて」入力するタイプなので、大きい(背が高い)ほどアナログパッドのセンサ部に変な力がかかることになって、壊しそう・・・中では純正品より一回りだけ大きいタイプが最も感触が良かったので、とりあえずこれを使うことに。
で、一回り大きいパッドにしたら十字キーのほうが背が低くて操作しづらくなってしまったので(´д`)、十字キーもセットに含まれていたものに交換。十字キーのほうは本体のキーに両面テープでくっつけるので、感触が微妙・・・。

後の祭りではあるけど、他社のものを調べてみると、サイバーガジェットのやつのほうが小さいサイズにもラバーコーティングがされていて(GAMETECH のは大きいのにしかラバーがかかっていない)、こちらのほうがよさげ。まあ、こっちもセット商品で、どうせ大きいサイズのは使いものにならんでしょうが(´д`)。

サイバーガジェット / CYBER・アナログスティックキット

B000EI1MVO

いっぽう、どうやら純正品は保守部品として取り寄せができそうな雰囲気ですね。

PSP > アナログパッドが外れて紛失してしまった (PlayStation.com サポート)

まずは、お持ちのPSPの色について、インフォメーションセンターまでご連絡ください。

でも、これはこれでけっこうめんどくさそうなので、純正品の店頭売りやってくれないかなあ。5 個セット¥500 くらいでもいいから。

投稿者 B : 23:59 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2007/06/09 (Sat.)

ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争 攻略中

ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争

B000N5DBHG

ぼちぼち攻略中。やっぱりこのゲーム面白いですね。

新要素といってもまだムービー以外はほとんど触れていませんが、いきなりエンカウント時に新キャラが登場してちょっとびっくりしました。なんか噂によるとあのタイトルからもゲスト出演があるとか(オリジナルでも VII のクラウドがいたけど、それに加えてってことですかね)。ムービーはちょっと微妙な感じではあるけど、キャラが増えるとそれだけ楽しみかたの幅も広がるので、歓迎です。

そういえば「共同戦線」とか「コロシアム」という通信必須の新要素もあるけど、これは正直言ってやれないなあ。DS 版 III の手紙みたいな非同期通信ならギリギリ OK だけど、この歳になって PSP で誰かと通信対戦というのもつらいです(´д`)。

投稿者 B : 23:57 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2007/05/12 (Sat.)

ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争

ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争

B000N5DBHG

気づいたら発売になっていたので、買ってきました。レヴァナント・ウィングも PSP 版 FFI もあまり買う気になれなかったんだけど、FFT は昔かなりやりこんだ名作なので、久々に。FFTA はちょっと対象年齢が下がっていてイマイチだったけど、オリジナルはやっぱり良いです。
まださわりの部分しかやってませんが、改めて面白いですよねこの作品。変にリメイクされていない(追加ジョブとかムービーによる演出はあるみたいですが)のも世界観を壊していなくて良いと思います。まあ、PSP なのでちょっとロードが遅かったり、ゲーム性としてはあんまり電車の中でちまちま進める、というプレイスタイルに向いていないのが難点だけど・・・。最近どんどん子どもが手がかかるようになってきて、ゲームを買ってもろくに進められてませんが(´д`)、ぼちぼち進めます。

投稿者 B : 22:33 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2007/03/11 (Sun.)

AQUATALK GAME+ PSP

PSP 用の防水ケースを買ってみました。

石崎資材 / アクアトーク ゲームプラス PSP

年末にロケフリを買ったものの、毎朝のニュース番組チェックくらいにしか使えていないのはもったいないなあ・・・と思い。そんなにいつでも・どこでもテレビが観たいとも思っていないんですが、なかなか消化できないスゴ録のコンテンツをお風呂の中で消化するのが主な目的です。
モノ自体は PSP サイズのジップロックといったところで、そんな特別なものでもありません。底面にマチを設けてあるので、上から PSP を入れれば自立するビューワモードに、下から入れれば L・R ボタンも操作しやすいゲームモードになるという触れこみ。私は PSP で特にお風呂の中でまでやりたいゲームもないので、ほぼビューワ専門になると思うけど・・・。

クライアント機器をただのビデオ/S ビデオ接続端末とみなしてデジタル放送だろうと何だろうと(SD クオリティになるけど)とりあえず飛ばせてしまうのがロケフリのすごいところで、スゴ録で録画したデジタル放送でも観れてしまうのがやっぱり便利ですね。ただ、ウチはテレビがほぼスゴ録のモニタになっているので、お風呂で観ているとテレビにも同じ映像が出ることになるのが使いづらいところ。前々から考えているとおり、私にはどちらかというと DLNA 系のソリューションのほうが合ってるんですよね。ぼちぼち DLNA 環境を整えることを具体的に考えようかな、と思ったり。

投稿者 B : 21:27 | Game | PSP | コメント (3) | トラックバック

2007/01/20 (Sat.)

FF 20th

ファイナルファンタジー20周年 (SQUARE ENIX)

FFI・II の PSP 版がリリースされる模様。
今までの各プラットフォーム向けの追加要素を全収録+グラフィックリニューアルとのことです。ハードの画面解像度が上がっているから当然でしょうが、それでもレトロなドット絵じゃない FFI・II というのもそれはそれで微妙な気が。なんというか、雰囲気が出ないというか・・・。
FFI・II は個人的に今までほぼ全プラットフォーム版をプレイしてきて、しかも GBA/DS 版の I~VI からさほど時間が経っていないので、この PSP 版は見送ろうかなと思ってます。もう、最近のスクエニは昔のタイトルのリメイクばっかりしすぎ(´д`)。どうせリメイクするなら、PS3 版 FFVII を出してほしいところです。
一方で、集大成的な FFVI を GBA 版で改めてプレイして、今の FF に失われてしまった何かを痛感、そろそろ FF は卒業しようかと思ってたりしますが・・・。

投稿者 B : 21:06 | Game | PSP | コメント (3) | トラックバック

2006/12/22 (Fri.)

USB 充電ケーブル

最近、DS Lite をそこそこ頻繁に使っている(ほとんど FF シリーズ用だけど)んですが、AC アダプタでの充電が億劫になってきたので、USB タイプの充電ケーブルを購入。

サイバーガジェット / CYBER・USB 巻き取り充電ケーブル (DS Lite 用)

B000H7QXBQ

USB ならセルフパワー HUB に繋げば机の上でそのまま充電できるし、巻き取りタイプならケーブルが邪魔になることもないし。コンセント周りは最近子どもに荒らされるので、避難の意味も含めて。

最近に限らず昔から電気で動くモノを複数持ち歩く生活をしていますが、平素ならまだしも出張や旅行・帰省になるとカバンが AC アダプタでいっぱいになる経験を常にしているので(持ち物を厳選するという感覚がないらしい)、今後はある程度 USB 充電でまとめていく方向にしようかと。
で、PSP 用の充電ケーブルも購入。こちらは巻き取りタイプが見つからず。

サイバーガジェット / CYBER・USB データ&電源ケーブル (PSP 用)

B000C1TVNE

っていうか、そもそも PSP の稼働率が高くないせいで、PSP 用の AC アダプタをどこにしまったか忘れてしまったからなんですが(ぉ。でも、PSP 自体最近全然使ってないしな(´д`)。

投稿者 B : 23:59 | DS & GBA | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2006/12/18 (Mon.)

FFT のリメイクが決定

スクウェア・エニックス、PS版を大幅リメイクしてPSPへ。「ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争」発売決定 (GAME Watch)

PlayStation で出ていたシミュレーション RPG、FFT が PSP で大幅リメイクへ。ストーリーは FFT そのものでムービーや新ジョブの追加がある模様。
GBA 版の FFTA もやったけど、世界観やストーリーがぬるくて初代 FFT のシブさというか、暗いストーリーのほうが好みだったんですよね。

楽しみではあるけど、最近スクエニ(に限らず、ゲーム業界に限らずだけど)が過去のヒット作の拡大再生産に頼りすぎなのは気になります。

投稿者 B : 22:10 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2006/02/09 (Thu.)

PSP 用 GPS ユニット商品化?

PSPに純正eメールサービス+GPS? (Engadget Japanese)

おっと、PSP 用の GPS の噂(画像付き)が。

これホントに出たら「みんなの地図」と併せて買っちゃいそうだなー。
ソフト側が GPS に対応してるかどうかが問題だけど・・・。

投稿者 B : 00:01 | Game | Mobile | PSP | コメント (0) | トラックバック

2006/02/05 (Sun.)

みんなの地図

ゼンリン、追加情報をダウンロードできる地図ソフト、PSP「みんなの地図」 (GAME Watch)

年々ゲーム以外のプラットフォームとしての機能を強化しつつある(ぉ)PSP に、今度は地図ソフトが登場。

Google Maps が登場した去年あたりから、PC 向けの地図アプリというのが徐々に浸透してきている気がするんですが、今年はこれがいよいよ本格化するんじゃないかと思ってます。昔はちず丸あたりをレスポンスが遅いなー、なんて思いながらつかってたのが、Google Maps ならレスポンス速くグリグリ動くし、一応ケータイでも使えるし。そろそろ以前のような一部ユーザーじゃなくて、たくさんの人が電子マップを使う時代がきたんじゃないかなと。

「みんなの地図」は PSP ということで現在位置を取得する術がない(USB 接続の GPS でも出れば話は別だけど)のが難点だけど、地図が読めて現在位置が把握できる人なら GPS がなくても地図を見ながら歩ける(あるいは運転できる)だろうし、意外と使えるんじゃないでしょうか。
問題があるとすれば PSP は文字入力の手段がソフトウェアキーボードしかないことくらいかな。ソフトウェア的にキーボードがなくてもある程度使いやすい工夫(My スポット設定など)もされているけど、このこと(住所検索がしづらい点)がウィークポイントになるかも。でも PC 連携(PC でメモステ Duo に住所や位置情報を登録して、PSP に送る)とかができるようになるとかなり強いような・・・。

PC 版の Z[zi:] を買うより安いから試してみても良いんだけど、どうしようかなあ。

投稿者 B : 00:41 | Game | Mobile | PSP | トラックバック

2005/11/25 (Fri.)

NewWORDS

オトナのためのニュータイプ・エンタテインメントマガジン NewWORDS

オマケにつられて買ってみた雑誌。「Newtype」の増刊号らしいんですが、オマケがなんと UMD VIDEO。先日の万年筆つき「Lapita」といい、最近の雑誌はハデな付録が多いね。
UMD のコンテンツは、最近土曜夕方にやってるアニメ『BLOOD+』。なんかけっこう話題になってた作品なので、ちょっと気になってたというのもあり。

とりあえず、しばらく電源を入れてなかったため内蔵時計がリセットされていた PSP(ぉ に火を入れ、観賞。

  • あー、やっぱり PSP の視聴距離でこの解像度だと(特にアニメは)エッジやジャギーが気になるね。
  • でも、SD のコンテンツを気軽に楽しむなら、このくらいのクオリティは十分アリかも。
  • 微妙に(ほんとに微妙に)フォーカスが甘い感じはするから、これなら実写系の方が観やすいかも、でも MPEG 系ソースとの相性を考えるとアニメの方がいいのかな?

感想としては↑な感じ。
内容のほうは・・・んー、どこが面白いのかよくわかんない(´д`)。もともとアニメ好きなわけじゃないからなあ・・・。

雑誌のほうは Newtype の別冊ということでちょっと警戒してた(ぉ んですが、AV 系コンテンツ誌として浅すぎず深すぎず、普通に面白かった。UMD つきで¥740 なら、お得感あるかも。
ま、仮に同じタイトルが DVD でも買えるようなコンテンツなら、このくらいの値段でもわざわざ UMD は買わないけど・・・こういう雑誌付録みたいな手段でお試し版として UMD を配布して、続きは配信サービスに誘導する、みたいなやり方なら、アリかもね。やっぱり PSP みたいなデバイスでムービーを楽しみたい場合、UMD みたいなコストパフォーマンスの悪いメディアよりもネットワーク配信のほうがフィットしてるんでしょう。

そういえばこないだ買った VAIO type T(VOM モデル)の購入特典で「VAIO Owner's Pass」というのがついてきて、Moviesquare ベースな動画配信サービスの基本使用料が一部来年 1 月まで無料になってるけど、無料で観られるのは一部のコンテンツのそれも一話のみで、あとは普通に料金がかかるので、あまり嬉しくない(´д`)。レンタルビデオより安くて手軽だから使いようによっては楽しめそうだけど、PSP 向けのコンテンツがまだまだ少なすぎる(というか、数はあるけど観たいのが全然ない)し。

それはさておき、PSP 買ったけどムービー系はちょっと試してみた程度、という人なら、とりあえず UMD VIDEO がどんなものか知るだけでも、この雑誌は買ってみていいんじゃないかな、と。

投稿者 B : 23:43 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2005/10/14 (Fri.)

PSP ロケーションフリー

PSPの「ロケーションフリー」対応ファームウェアが公開 (AV Watch)

先日、ベースステーションと Windows 向けクライアントソフトウェアをリリースして、液晶テレビの枠組みを超えたロケーションフリーの新展開。噂されていた PSP 版のクライアントソフトがファームウェアの形で公開されました。ソニーと Apple が同じ日に、同じ動画系でポータブルデバイスに動きを見せるというのは、先日の iPod nano とウォークマン A 同日発表と同じく、因縁を感じます。

個人的に少し気になっていたロケーションフリー、単に PC 向けアプリだけじゃ引きが足りないな、と思っていましたが、PSP まで対応したことでさらに興味が沸いてきました。当初の予定によると年内にあと 1 製品はロケフリ対応製品の発表があるようなので、ちょっと気にしておこうかなと。

投稿者 B : 01:16 | Game | PSP | コメント (2) | トラックバック

2005/10/04 (Tue.)

Formula One 2005 Portable

鈴鹿も近いので、自分盛り上げのために・・・。

Formula One 2005 Portable

B000A41FIM

本体と同時購入した『リッジレーサーズ』以来の PSP タイトル購入。発売以来 9 ヶ月あまり、他に欲しいゲームタイトルが出なかった(´д`)。
同時に発売された PS2 版タイトルの移植版というところですが、PSP 版ならではの特典もある模様。

ゲームスタートとともに、微妙に微妙な雰囲気・・・さすがにリッジの画面に見慣れていると、至るところにアラが(´д`)。フォントのアンチエイリアシングくらいもう少しきれいにやろうよ、とか・・・。
ゲーム内容自体は、妙にオーバーステアな足回りとか、全チーム同じマシン性能(ぉ)とか、何これ(´д`)っていう部分も少なくないし、CG のリアリティももうちょっと高くてもいいんじゃないの?という部分もありますが、ポータブル機らしく操作性はシンプルにまとめられていて遊びやすい感じ。PS2 版だと比較的細かいマシンセッティングができたり、今宮さん・川井チャンの実況つきだったりでちょっと羨ましいんですが、最近はちょっと腰を据えてやるゲームも億劫なので、このくらいのライトさがちょうどいいのかも。
思えば、FIA 公認実名使用の F1 ゲームってスーファミ初期の頃は全コーナードリフトで曲がってたことを考えると(ぉ、これでもかなり進化したほうでしょう。PS2 版なんかは、本物の F1 ドライバーもプレステで練習してるらしいし・・・。

まあ、SCE もこれ作ってる暇があったら早く GT4 出してよという気がしなくもないですが(´д`)。

投稿者 B : 22:50 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック

2005/09/25 (Sun.)

PSP2TV

PSP の映像と音声をテレビ出力するアダプタ「PSP2TV」の予約が始まったそうです。

Team Xtender

国内ではまだ取り扱いがないみたいなので今のところ中国の Divineo.com あたりで購入するしかないみたいですが、不可能とされていた PSP のテレビ出力が可能な唯一のアダプタなので、興味ある人は多いんじゃないかと。出力が RCA のみだったり、アダプタとの接続のためにフェイスパネルを専用のものに交換しなくてはならなかったり、本体とアダプタの電源/音声接続がケーブルだったりと微妙な点もありますが、16:9 <-> 4:3 の出力切り替えが可能だったり PlayStation の DUALSHOCK が使えたりと「技あり」の機能も(「TURBO」なんてモードもある)。

エミュレータ開発など技術的に面白い話題が多い PSP ですが、中でもこの製品は特に面白そうかも。あとは、わざわざ大画面に映して楽しみたい、と思えるようなタイトルが出てくれればいいんですが・・・。

投稿者 B : 11:00 | Game | PSP | コメント (0) | トラックバック