b's mono-log

2017/10/17 (Tue.)

ROAST HORSE #3

某馬主(会員権持ちの方)にお誘いいただいたので、喜び勇んで広尾の会員制馬肉料理専門店「ローストホース」に行ってきました。

ローストホース

ROAST HORSE

時々タイムラインに写真が流れてくることもあって自分自身がもっと頻繁に行っている感覚だったんですが、前回行ってから一年のブランクが空いていたんですね...。それでも前回の写真を見ただけで味を昨日のことのように思い出せる。それくらい強烈な印象に残っているのがこのお店。

ROAST HORSE

最初はスープから。
微妙に写真映えしない絵面ですが(笑)、これは胡麻のスープ。胡麻の良い香りに鰹だしが効いていて、優しくも深みのある味が口の中にじんわ~っと広がります。おおお、これおいしい。

ROAST HORSE

そして馬肉の握り。馬肉のスタートは毎回ここからですが、もう三度目ともなるとこれを口に入れた瞬間から語彙力の低下が始まります(ぉ

すごーい!おーいしーい!!!(←

ROAST HORSE

飲み物は、このお店が持ち込み OK なので今回の馬主さんが持ち込んだ日本酒「冬単衣」。Makuake でのクラウドファンディングを経て販売されたお酒で、ガジェットクラスタ的には付属の保冷バッグの蓄冷材をシャープが開発した(液晶から派生した素材を使用)ことでも話題になりました。
この保冷バッグで -2℃ に保たれた冬単衣を飲んでみると、飲み口はキリッと冷たくて、でもほんのり甘い後味がふわあっと広がって、なかなかに美味。繊細な馬肉料理ともよく合っています。

ROAST HORSE

料理の方は、松茸と春菊、馬肉ロースのおひたしへと続いていきます。
私はなにげに今年の初松茸。春菊との香りの組み合わせが馬ロースの旨味を引き立てます。

ROAST HORSE

そして、ここから怒濤の馬刺し連撃が開始されるわけです。
まずはハラミ(左)とシャトーブリアン(右)。いきなり本命級からキタ!!
馬肉の旨味をガッツリと味わえる部位からのスタートで、テンションアガります。

ROAST HORSE

続いてこの店の定番であるオビ、フタエゴに加えて、季節ごとの一品は今回赤身のアボカド載せ。

見ている間にも脂がどんどん溶けていくオビとフタエゴはいつも通り、間違いない美味しさ。オビは口に入れた瞬間に脂が溶解し、噛まなくても肉の線維が解けていくのを舌で感じます。そしてフタエゴは脂の旨味モンスター(何
赤身のアボカド載せ、私はアボカドってちょっと苦手なんですが、これは上にかかっているジュレっぽいものが馬肉とアボカドの味の接着剤の役割を果たし、見事な一体感を醸し出しています。これもおいしい!

ROAST HORSE

それからカイノミと、再びオビ。肉の上にかかっているのはごま塩です。
ある程度食べ慣れているはずの馬刺しなのに、ごま塩がかかるとまた違った風味が感じられて、これまたいい。なんだか肉の味自体が濃くなったように感じられます。

ROAST HORSE

馬刺しラッシュの最後はハツ刺し&レバ刺し。
くさみが全くないハツとレバーの刺身は、微かな歯ごたえがありつつ、馬肉のうまさを濃厚に凝縮した感じ。牛レバーとは世界観の異なる味が広がっています。

ROAST HORSE

このポタージュスープ的なやつは、例によって馬肉のユッケを生卵のエスプーマに沈めたもの。見た瞬間に幸福中枢が刺激されるやつ。
しかも今回の味付けは、なんと林檎と海苔(!)。説明を受けた瞬間「え、林檎と海苔!?」と思わず声を上げてしまいました。梨入りは食べたことあるから林檎は驚かないけど、それに海苔を合わせるとは。

でも騙されたつもりで食べてみると、これがめちゃくちゃうまい。林檎の甘みと海苔の風味がケンカせずにユッケの旨味を引き出していて、まるで馬肉ユッケって最初からこういう味だったかのような違和感のなさ。なんでこんなにうまいのか、なんでこんな組み合わせを思いついたのか、疑問は湧くけどそんなこと関係なくうまい。エスプーマの一滴さえ残さずに完食しました。

ROAST HORSE

この一見普通の揚げ春巻きは、シャトーブリアンの揚げ春巻き 北海道のホタテ入り。馬のシャトーブリアンを使った揚げ春巻きでさらにホタテ入りとくればうまくないわけがないじゃないですか。こんなんズルいわ(何

ROAST HORSE

さらに定番のコウネ(たてがみ)の握り。このとろける脂身のうまさたるや。それでいて、牛や豚の脂のような重ったるさが全然ない。何度食べてもうまいし、本当なら毎日でも食べたい。

ROAST HORSE

焼き野菜はエリンギ、玉ねぎ、蓮根に銀杏という旬な食材が揃って出てきました。
これらの野菜はこの店専用の農場で作られたもので、味には絶対の自信を持っているとのこと。

ROAST HORSE

野菜は繊維を切断する方向に包丁を入れると旨味ごと水分が逃げて行ってしまうので、食材ごとに切り方にもこだわりつつ、目の前で切ってくれます。
瑞々しさを湛えたエリンギと玉ねぎがおいしいことは以前来て知っていましたが、この蓮根がまた。レンコンのくせにホクホクもちもちした食感なんですよ!?こんな常識を超えたレンコン反則やろ。

ROAST HORSE

馬テールと栗の炊き合わせ 白味噌ソース。中央の白いのは背脂。
ここまで来ると、もう「うまい」以外のことを...だんだん...考えられなくなってきました...。

ROAST HORSE

ここまで散々馬肉料理を堪能してきたところで、いよいよメインのローストホースのご登場。

第一弾は馬ヒモ(スペアリブ)のローストホース。
「ヒモ」というだけあって細長く、見るからに何かが凝縮された感のあるローストホースです。

ROAST HORSE

ああ、これ、表面がカリッと焼かれた中に肉汁がふんだんに閉じ込められているやつや...!

食べてみると、ひと噛みごとにじゅわっと肉汁と旨味が口の中に広がって、いつまでも噛み続けていたくなる。
馬肉って肉の中では淡泊な部類だと思うけど、これはむちゃくちゃ濃厚。

ROAST HORSE

ちょうどいい頃合いで出された長芋の味噌漬けで口の中を少しリセットしながら、ひたすらローストホースをついばんでいきます。

ROAST HORSE

二つ目のローストホースは、チョウチンのローストホース。チョウチンとはバラの外側の部位で、サシの入り方がさしづめ大トロといったところ。
石窯で焼かれたこれを薄切りにして、生ワサビとともにいただきます。

ROAST HORSE

この店に来ると、さすがに料理名を全部は憶えきれないのでスマホにメモを取っているんですが、これを食べているときのメモが「柔らかい脂 肉汁~~~!!」としか書かれていない件(ぉ。いかに言語中枢が破壊される味かがおわかりいただけたでしょうか(何。
本当に、柔らかい赤身の間から肉汁が溢れ出てきて、泣きそうになります。

ROAST HORSE

〆のごはんはもずくの雑炊。
やさしい味の雑炊で、この日の馬のおいしさをしみじみと振り返ることができます。

ROAST HORSE

これまた馬肉に負けないくらい毎回楽しみにしているデザート、今回は「梨のチーズケーキのかき氷」。
梨とチーズケーキってこんなに合うんだ...という見事なハーモニー。季節外れだけど、ここのかき氷はいつ食べてもおいしい。

ああ、今回も紛れもなくおいしかった。
安い店ではないけれど、料理の内容からすると安いとしか言いようがありません。たぶん会員制でコース一種類のみ、かつ常に満席という営業状態がこの値段でこの味を実現しているんだろうなあ。普通にやっている店だとこうはいかないはず。

お誘いいただきありがとうございました。
会員を増やす予定はないようなので、今後もどなたかに誘っていただく機会を待つしかないわけですが、次のチャンスがあれば逃さずにまた来たいと思います。

ごちそうさまでした。

投稿者 B : 23:29 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2017/10/12 (Thu.)

蒲田 とんかつ 檍

昼間、タイムラインに流れてきたうまそうなとんかつの写真を目にしてから、頭の中が完全にとんかつになってしまったので、以前から行ってみたいと思っていたとんかつ屋へと足を運んでしまいました。

とんかつ 檍(あおき)

とんかつ 檍

とんかつに関しては都内でも屈指の名店揃いといえる大田区・蒲田~大森エリア。その中では後発であるにも関わらずトップクラスの人気店となっているのがこの檍(あおき)です。蒲田駅からは徒歩 5 分ほど。
お店の前にはズラリと行列ができていて、最初見たときはちょっと怯みましたが、私の後に並びに来たお客さんたちが「今日はいつもより行列短めだなあ」と話していたので、いつもはもっとすごいことになっているようです。

私の前にはおそらくお客さん一回転分くらいの人数に相当する十人あまりの行列ができていましたが、30 分ほど並んだところで入店できました。

とんかつ 檍

メニューはこんな感じ。エビフライとかメンチとか邪道なことは言わずに、真正面からとんかつだけ、あとは肉の種類だけの選択肢。

店内はシンプルにカウンターのみ。行列ができていても並んでいる間に注文を取ってくれ、着席からあまり待たずにとんかつが出てくるのがありがたい。

とんかつ 檍

というわけで席についてほどなく提供された私のカタロースかつ定食。普通のロースとか上ロースとかはよくあるけど、カタロースでとんかつというのはちょっと珍しい。
こんもりと盛られたキャベツに、とんかつ屋にしては大人しい盛りのライス(おかわりは有料)、味噌汁(豚汁)、お新香というオーソドックスな布陣。

とんかつ 檍

とんかつはかなりの肉厚、そして衣はけっこう薄め。でも見るからに揚げたてサクサクで、色も実にいいきつね色。
肉はあえて少し赤みを残した状態で揚げられています。試しに何もつけずに食べてみたところ。ジュワッと溢れてくる肉汁と、肉そのものの味が感じられていい。これはとんかつというより「肉」を食べてる感覚があります。

とんかつ 檍

豚汁。いろんな肉や野菜をじっくり煮込んだうまみが溶け込んでいる、深い味。味噌汁というよりは豚の和風フォンドボー的な。
これおかわりしたいレベルでおいしい。豚汁のうまいとんかつ屋って信頼できる。

とんかつ 檍

カウンターには様々な種類の塩が並べられていました。最近のこだわりのとんかつ店は岩塩で食べさせるところも珍しくないですが、これだけいろんな種類の塩が揃えられている店はそうそうない。写真には写っていませんが、イタリアの天日塩やウユニ湖の塩まであって、食べ比べてみると確かに一口に「塩」といっても結晶の感じから味まで全然違う。

とんかつ 檍

中でも最推しという感じでどどんと置かれていたのが、ヒマラヤの岩塩「ナマック」。私はこれ多分初めて見ましたが、赤黒い感じの岩塩の塊を黒胡椒のように挽いて味わうタイプの岩塩です。

とんかつ 檍

試しにとんかつの肉に直塩を挽いてみると、塩なのにやや甘い風味があるのか、この塩が肉の甘みを引き立てるのか、確かにこれ、すごくうまい。
とんかつも普通のロースかつのように片側に脂身が寄っているようなことがなく、節度ある量の脂が赤身にサシとして入っている感じで、肉自体はボリューム感あるのに軽い食感。お腹はいっぱいになるけど胃もたれしないカタロースかつ、気に入りました。

ここはおいしかったなあああ。近隣の並み居る名店を抑えて一番人気になるのも解る気がしました。
ちなみに隣には姉妹店のカレー屋があり、ここのとんかつでカツカレーを出してくれるようなので、今度はそっちにも行ってみよう。

関連ランキング:とんかつ | 蒲田駅京急蒲田駅蓮沼駅

投稿者 B : 23:42 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2017/10/10 (Tue.)

食堂 とだか その 2

「こんな時間にもう二軒目、飲兵衛さんたちはいい気なもんだ」

食堂 とだか

新潟から某ウマの人が出張で東京に来ているということで、急遽どこかに飲みに行くことになりました。突然だったため何の準備もしていなかったのですが、品川近辺かつ遅めの時間帯とのことで、それなら運が良ければ「とだか」の席が空いてるかもしれない、と突撃してみました。

ラストオーダーまで 30 分という時間制限つきでしたが、ちょうど二席空いていたので入れてもらいました。

食堂 とだか

食堂 とだか

そんなに何度も来ているわけじゃないけど、妙に落ち着く店内。カウンター越しの距離が近いのも、気取らなくていい。
時間が時間だから終わっちゃってるメニューもいくつかあるようですが、まあ軽く飲むだけのつもりだから大丈夫です。

食堂 とだか

乾杯はとだかトニックととだかハイボール。実は私のほうはこの日二軒目なので(笑)、あまりガンガン飲まずにちびちび飲ります。
ここのトニックやハイボールは酸味が強めなのが爽やかでいいんですよね。

食堂 とだか

選べるお通しは茄子の煮びたしを選択。
出汁のよくしみた優しい味に、たっぷりかかった鰹節の風味がおいしい。こういう味、ホッとします。

食堂 とだか

マスターは相変わらずお忙しそう。注文は例によって伝票に自分で書きます(笑
しかし残念なことに揚げトウモロコシはこの日は既に終了。あれホントにうまかったんだけどなあ。まあ他のつまみも十分にうまいからいいけど。

食堂 とだか

毎度ここから始めないととだかに来た気がしない、ウニ・オン・ザ・煮玉子!
ウニと半熟玉子とタレが渾然一体となって言語中枢を破壊するヤバいやつ。
本当、この瞬間に痛風が発症しても後悔しないとさえ思えるうまさのワンダーランド。

食堂 とだか

続いて牛もつ煮。お通しとしてではなくレギュラーメニューとしての牛もつ煮は、牛ご飯のライスの代わりにモツが入っているような、贅沢な一皿でした。これちょっと反則でしょ(;´Д`)ヾ。
牛ご飯のと同じ一枚肉をペラリとめくると、その下にはトロトロのモツが。これ汁の一滴まで残さず飲めるやつや...。

食堂 とだか

そして初めて食べて以来大ファンになった「子持ち昆布フライ」。昆布なのに子持ち?と思ったら、これ昆布の卵じゃなくて(当たり前)ニシンが昆布に卵、つまり数の子を産み付けたものなんですね。昆布のうまみに数の子のプチプチ、それをタルタルと鰹節が包み込んでうまさのビッグウェーブを織りなしています。タルタリスト的にも大満足の一品。

食堂 とだか

こうなるととだビアーノをグイグイ飲みたくもなるというものです。

食堂 とだか

今回お初の「とり皮餃子」。手羽餃子なら食べたことあるけど、とり皮餃子って何だ?と思ったら、想像を超えるものが出てきました。

食堂 とだか

本当に餃子の皮の代わりに鶏の皮で包まれてる!しかも具がみっちり。
これ、うまいなぁ~。見た目以上にボリュームのある一品だった。

食堂 とだか

そして当然牛ご飯で締めるわけです。
トロトロの柔らか牛肉と、さっきのウニとはまた違う働きをする煮玉子。そこに白飯。こんなに幸せな〆のご飯がこれまであっただろうか、いやない(反語)。

本当に何度来てもおいしい、貴重なお店。
ドラマの影響もあって、最近はトレタの次月予約受付が始まる毎月 1 日に翌月分の予約がほぼ埋まってしまう大人気店になった模様。トレタ入れたのに取れない!というのも皮肉にもなりませんが(;´Д`)ヾ、何とかがんばって予約を取るか、またこうやって遅い時間の空きを狙って来ようと思います。

ごちそうさまでした。

孤独のグルメ Season6 Blu-ray BOX

B071VBJHMR

関連ランキング:郷土料理(その他) | 五反田駅大崎広小路駅大崎駅

投稿者 B : 22:56 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2017/10/05 (Thu.)

神保町 キッチン南海

前々から気になっていたカレー店に行ってきました。

キッチン南海 神保町店

キッチン南海

東京のカレーの聖地、神保町。その代名詞と言えばボンディやガヴィアルといった欧風カレーでしょうが、ボンディは都内に支店もあるし、わざわざ神保町店に来なくても食べられる(古書店を突っ切って入る、神保町店の独特の雰囲気は面白いけど)。以前エチオピアには一度行ったので、今度はここ「キッチン南海」を攻めてみました。

神保町駅からほど近い、飲食店が建ち並ぶ通り。そこにひときわ年季の入ったカウンター中心の洋食店がキッチン南海です。

キッチン南海

ここはカレー専門店ではなく洋食屋さんということで、メニューにはカレー以外の定食も揃っています。
他のお客さんが食べているのを見ると、チキンカツ&しょうが焼ライスとかかなりボリュームがあって 750 円、これは安い。

キッチン南海

ガラスケースに食品サンプル、この昭和感。そこに「ひらめ 売切れました」の貼り紙がジワる(笑。

昼間は近隣のサラリーマンで行列ができるそうですが、夜に行ってみても数人並んでいるお客さんがいました。が、回転は早くて 10 分足らず並んだところで入店できました。
お客さんは九割方男性。私はかなり若いほうという感じで年配のお客さんが多く、昔から通い詰めた常連さん中心の店なんだろうな、という感じ。頼み方もカレーに単品のサイドメニューを組み合わせたり、知り尽くしてる感があります。

キッチン南海

カウンターに着席すると、まず置かれるのがこの水と紙ナプキンに包まれたスプーン。
そうそう、これですよ。正しい昭和の洋食屋さん。

カウンターの向こうでは、職人さんたちが無駄のない所作でどんどんカレーや定食を仕上げていっています。私が生まれるずっと前から、この店で連綿と培われてきた職人芸なんだろうなあ。目黒のとんきにも通じる、老舗だけが持つ様式美のようなものを感じます。

キッチン南海

しばらく待ったところで、カツカレーとご対面。
おおお...すごいボリューム感。そしてこの平皿にヒタヒタになるほど注がれたカレールウが嬉しい。私はカレーライスってごはんよりもルウが多めであってほしい人です。

キッチン南海

写真からして湯気のもうもう感が伝わるくらい、できたてアツアツのカレー。これでも Photoshop の「かすみの除去」フィルタで少し修整したんですよ(笑

しかもこのルウ、見た目から期待されたとおり、濃厚でコクが深い!材料が全て原形をとどめないくらいトロットロに煮込まれていることが分かります。
この独特の深い味は、強いて言えば金沢カレーに近いものがあります。アルバ好きな私としてはど真ん中ストライクなうまさ。いつまでも食べ続けていたい。

キッチン南海

カツは肉が薄めだけど、揚げたてで衣がサックサク。肉厚すぎてもカレーとカツのどっちが主役か分からなくなるので、これくらいがいいバランスなのかもしれません。
このカツの衣がルウをガッチリ受け止めて、ライスとともにうまさを口の中へ運んでいく。初めて食べたのに、ずっと昔から好きだったような、そんな懐かしさのあるカツカレー。

期待以上のカレーでした。これほどとは思っていませんでした。
ボンディは他でも食べられるし、今度から神保町に用事があったらランチはここだなー。他のカレーの名店も巡ってみたくはありますが。
しょうが焼やコロッケも美味しそうだったので、いずれカレー以外のメニューも試してみたいところです。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:洋食 | 神保町駅竹橋駅新御茶ノ水駅

投稿者 B : 22:44 | Curry | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2017/09/14 (Thu.)

新福菜館 秋葉原店

先日秋葉原でごはんを食べる機会があったので、久しぶりにアルバにでも行くかなあ...と思ったんですが、そういえばアキバにはあの店があるんだったな、と思い直しました。
去年初めて京都本店に行っていたく気に入った「新福菜館」。その支店がアキバにあるんです。

新福菜館 秋葉原店

新福菜館 秋葉原店

秋葉原といってもヨドバシの裏手という、普段ならまず足を踏み入れることのないエリア。こんな渋いところに出店してたのか...有名店の支店ならば電気街側に出していてもおかしくないのに。
ちなみに関東圏にある店舗は新福菜館の直営ではなく、フランチャイズ店のようです。注文は食券制だったし、夜はラーメン+一杯飲みメインみたいな店構えで、本店とはちょっと雰囲気が違います。

新福菜館 秋葉原店

というわけで早速頼んだのが中華そば・竹(メンマ)入り。前回京都で食べたときに多くのお客さんが肉多めではなく竹入りを頼んでいて、気になってたんですよね。
真っ黒なスープにたっぷりネギ、見た目は確かに新福菜館の中華そばそのもの。

この黒いスープ、富山ブラックを連想させてしょっぱそうなイメージがあるんですが、食べてみると全然違うんですよね。
「中華そばのスープ」を代表するかのような、さっぱり系でコクのある味。これ好きなんだよなあ。

新福菜館 秋葉原店

そこに中太ストレート麺。コシのあるこの麺がスープの味をしっかり受け止めて、しみじみと美味い。
最近そんなにラーメン食べたいと思わなくなった私でも、これなら日々食べても飽きなさそうだなあ。

具は肉多めでなくてもチャーシューが十分入っていたので、これは竹入りで正解だったかも。

新福菜館 秋葉原店

そして、新福菜館に来るともう一つ外せないのがヤキメシですよ。
こちらは京都本店に比べてかなりしっかり型にはめられて出てきました。

このヤキメシも味は濃いんだけど、決して塩辛くない、深い味。どんな醤油を使ってるんだろう。
優しい味のラーメンスープとの組み合わせが抜群で、とんだ炭水化物祭りでも後悔は微塵もありません。

新福菜館 秋葉原店

ああ、美味しかった。

京都本店には去年一度行ったきりだから、秋葉原店とどれくらい味が違うかは分からないけど、「これこれ、これが食べたかったんだ」という思いは確かに満たされました。
今度から秋淀に買い物に来たら、ごはんはここにしよう。

関連ランキング:ラーメン | 秋葉原駅岩本町駅末広町駅

投稿者 B : 23:00 | Gourmet | Ramen | コメント (2) | トラックバック

2017/08/31 (Thu.)

あるでん亭 銀座ファイブ店

あるでん亭 銀座ソニービル店が閉店して早 5 ヶ月。ついに銀座の地にあるでん亭が復活しました。

先日西新橋店に行ってきたエントリーを書いた二日後に、あるでん亭から「8 月末に銀座で再オープンしますよ」という告知メールが届きました。タイミング良すぎ(;´Д`)ヾ。しかもその後何人かの方から「あるでん亭銀座店の移転決まったらしいですよ」と言われ、私のあるでん亭愛はこんなにもみんなに伝わっていたのか!ということを実感(ぉ

というわけで、先週末に移転オープンしたばかりの銀座あるでん亭に、さっそく行ってきました。

GINZA FIVE

移転後の立地は「銀座ファイブ」。有楽町からだとソニービルのあった数寄屋橋交差点のちょっと手前、高速道路の高架下にある商業施設の地下 1 階になります。創業の地のすぐ近くに移転してくれたことは何とも感慨深い。

GINZA FIVE

階段で地下に降りていくわけですが、銀座ファイブのあちこちにあるでん亭オープンの告知が貼られています。銀座の中でも老舗と言えるお店が移転してきたことを銀座ファイブ全体が喜んでくれているようで、お店の関係者じゃないけど私もなんだか嬉しい(笑

地下 1 階は主にレストランフロアとなっていて、あるでん亭は数寄屋橋側の入口からだと一番奥(新橋側)にありました。

あるでん亭 銀座ファイブ店

あるでん亭 銀座ファイブ店

おお、これが復活した銀座のあるでん亭!
西新橋店もいいんだけど、やっぱりスタッフの顔ぶれも違うし、店舗のつくりのせいか雰囲気もちょっと違うんですよね。こちらのお店では、ソニービル時代にいたスタッフの方々が変わらずスパゲティを茹でているようで、やっぱりこうじゃないと...と思います。

かなり狭かったソニービル店に比べて店舗面積が広がり、席数も増えて少しゆったりと座れるようになりました。それでもオープンを待っていたファンが多いのか、ソニービル時代よりも入りやすい立地になったせいか、お昼時には行列。私も 20 分くらい待ちました。

あるでん亭 銀座ファイブ店

店内にはソニービル時代の写真が貼られていて、ここがソニービル店を正統に継ぐ店舗であることを示しています。
写真の中で最も登場率の高いフェルナンド・アロンソ、今年の日本グランプリの際にはここに来てくれるんでしょうか。移転を知らず、解体が進むソニービルを目の当たりにして呆然としていたりして(笑

あるでん亭 銀座ファイブ店

ソニービル店の閉店時にお客さんたちが寄せていた付箋メッセージも壁を埋め尽くす勢いで貼られていました。たぶんこれ、集まったメッセージの一部にすぎないと思います。自分以外にもこんなにこのお店のファンがいたんだ、ということを改めて実感します。そして、お店とお客さんの間でこういう交流があるのが、このお店の良いところ。

あるでん亭 銀座ファイブ店

ソニービル店と変わらぬメニュー。平日ランチサービスがあるようですが、西新橋店とはやや内容が違うようです。私は以前からソニービル店に行くとしても休日か、平日のランチタイム外の時間であることがほとんどだったので、銀座ファイブ店になってからのサービスなのかどうかは不明。

あるでん亭 銀座ファイブ店

再オープン後の初来店だからこそ、食べるべきは王道のカルボナーラかアリオオリオ(ベーコン添え)でしょう!と思っていたんですが、こう残暑が厳しいと少し酸味のあるやつでサッパリしたいな、と思ってロレンツァ。一見カルボナーラっぽいですが、サワークリームを使って爽やかなクリームパスタに仕上がっています。個人的にこの店のベスト 3 に入るメニュー。

あるでん亭 銀座ファイブ店

サーブされたら、熱々のうちにテーブル上にあるパルメザンチーズをたっぷり振りかけてやると、チーズが溶けてさらにおいしくなります。

これこれ!クリーミーな中に独特の酸味があるソースと、このアルデンテのスパゲティが食べたかったんだ。やっぱり、銀座に来たらこれを食べないと。

あるでん亭 銀座ファイブ店

ごちそうさまでした。

他の支店もいいけど、私にとってあるでん亭は銀座店なんですよ。ようやく帰ってきてくれて、本当に嬉しい。
改めて、またちょくちょく来ようと思います。

関連ランキング:パスタ | 銀座駅日比谷駅有楽町駅

投稿者 B : 22:05 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2017/08/14 (Mon.)

六角堂 Grill&Bar 再訪

近年の帰省時の定番になりつつある、金沢の「六角堂」に今年も行ってきました。

六角堂 Grill&Bar

六角堂 Grill&Bar

この店は本当においしい。人気店のようでハイシーズンは事前予約必須ですが、その価値はあります。
今の時期、金沢の市街地はちょっと行きたくないくらいに混雑していますが(それでも桜や紅葉の季節よりは多少マシか)、ここは金沢の市街地から少し離れた卯辰山にあって、ちょっとした避暑気分を味わえます。

六角堂 Grill&Bar

予約席に着くと、目の前で「焼き」が始まります。これが一種のショー的な要素を含んでいて、見ているだけで楽しい。

六角堂 Grill&Bar

まずは鉄板の上で油を温めている間に、こちらは昼から生ビールをやりながら職人芸を堪能。

六角堂 Grill&Bar

鉄板が温まると、まずはガーリックチップから炒め始めます。
すると徐々にニンニクのいい香りが鼻をついてきて、こちらも食欲に灯がともるわけです。

六角堂 Grill&Bar

そこに登場するグリーンサラダ。
ニンニクの香りを楽しみつつ、ビールを飲みながらサラダをつついていると、

六角堂 Grill&Bar

ほどなくしてガーリックチップがサーブされてきます。
このチップがまた、ビールをあおってくるわけです。

六角堂 Grill&Bar

鉄板では、ニンニクの次にメインの肉を焼き始めるわけですが、それと平行してホースラディッシュが添えられたステーキソースが登場。
途中からニンニクもこのソースを浸けながら食べると、さらに期待が高まってきます。

六角堂 Grill&Bar

どどーんと焼き上がったステーキ。
これをサーブする前にシェフがサイコロ状にカットしてくれます。

六角堂 Grill&Bar

ロースステーキ、250g。和牛もあるけど、そこまで贅沢はできないのでオーストラリア牛で。
それでも十分にうまい。サシの入り具合が過剰ではなく、肉の味そのものが楽しめます。

六角堂 Grill&Bar

その後肉汁の残った鉄板の上で炒められたもやしが追加されてきます。
肉のうまみを十分に吸ったシャキシャキのもやし、この店のもやしが私は他のどこで食べるもやしよりもおいしいと思う。

そのもやしの上には、今回初めて出てきたんですが、肉の端切れをカリカリになるまで焼いたのが二片載ってきて、ステーキ本体とはまた違ったうまさが楽しめます。

六角堂 Grill&Bar

定食で頼んだので、食事の最後にご飯と味噌汁・お新香のセットが出てきたんですが、夢中になって食べていたので写真を撮り忘れました(笑

ごちそうさまでした。
今年もおいしかったなあ。来年もまた来れるといいな。

関連ランキング:ステーキ | 北鉄金沢駅金沢駅七ツ屋駅

投稿者 B : 22:29 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2017/08/12 (Sat.)

東京都東大和市の上タンシオとカイノミ

「俺の焼肉人生、新章突入。新たな登場人物が肉物語を変えていく」

翠苑

『孤独のグルメ Season6』の聖地巡礼もついに最後の目的地になりました。その行き先は東京都東大和市、西武拝島線沿線の街ですが私は足を踏み入れたのはもちろんのこと、そんな市があることすら今回初めて知ったに近いくらい、縁のない場所でした。
ちょっとした旅行気分を味わいつつ、はるばるやってきました東大和。

で、その聖地がこの焼肉店になります。
いい暖簾、垂らしてるじゃないか。

翠苑

翠苑

毎度のことながら、こどグルスタッフの方々はよくもまあこんな場所にある名店を探し出すよなあ...と思っていたんですが、店内に入って納得。壁一面に西武ライオンズの選手をはじめとした有名人のサインが貼られていました。西武球場(メットライフドーム)からクルマなら 15 分ほどの場所にあるわけだから、昔から練習やデーゲームの後に選手たちがよく利用するお店だったのでしょう。

翠苑

さあて、さて、何からいこう。
カルビかロースか、はたまたホルモンか。

それにしてもこの壁メニュー、いい味出してるなあ。
ドラマにも登場した看板娘の「みゆ」ちゃんが描いてるんだろうか。
ちゃんとしたお店なのに、なんだか学祭感あふれてるぞ(笑。

翠苑

ま、まずは生ビール(大)で渇きを癒やそう。
毎日これだけ暑いと、大生ですら胃にスポンジのように吸い取られていくかのようだ。

で、肉は...タンシオ推しか。
よし、乗ってみようじゃないか。

翠苑

へええ、つけダレなし。そうきましたか。
しかも、この肉厚タン。見るからに期待ができる。

タンシオは、タレで焼き網が汚れる前に焼くのが鉄則だ。

翠苑

劇中では「少し焼きすぎかなくらい焼くと美味しいんだ」と言っていたので、それに倣って表裏二回ずつくらいの感じで。

ウェルダンならぬ、ウェルタン。
そういえば沼袋の聖地に、「飢る噛む」って焼肉屋があったな...。

翠苑

十分火が通ったところで、葱を乗っけていただきます。

おおう、このタン、すごい。
焼肉屋のタンシオっていうより、仙台の牛タン店みたいな、肉感あるタン。食べ応えあるなあ~。しかもよく焼きなのに、やわらかい。
これにはちょっと驚いた。とてもおいしい。

翠苑

続いてカルビとハラミ。
ゴローちゃんはスルーしたメニューだけど、やはり定番中の定番で小手調べといきたい。
これまた肉厚で食べ応えありそうなカルビ&ハラミだなあ。

翠苑

そこに合わせるのは、サニーレタス・サンチュセット。

辛味噌に青唐辛子、ニンニク、キムチ、ごま油という薬味一式がついたのが「セット」。
この組み合わせ、薬味がいろいろあるから自由自在だ。

翠苑

こんな感じで巻き食い。
お~ほっほっほっ、これはうまい。

カルビ単体で食べても十分うまいけど、この薬味によってパンチが増す。
特に青唐ニンニク、ずるいくらいにうまみを引き出してくる。

翠苑

さて...豚のアゴだ。これは今まで食べたことない部位かも。

味がしっかりついていて、しょっぱうまい。
ちょっとカリカリってした食感も面白い。

翠苑

からの、レバー&上ミノ。

レバーは焼くというより軽く炙る感じで火を通していただくと、表面カリッ、中身トロッで激ウマ。
ミノもやわらかくプリプリした食感に、このタレのしみた味がいい。
まずいミノはゴムみたいだからなあ。

翠苑

ここまで、どれもうまい。
調子に乗ってビールからハイボールに酒を進めてしまいます。

翠苑

さあ、シフトチェンジだ。さらに飛ばしていくぞ。

焼肉店には珍しい馬肉メニュー、桜ユッケ。私はこれに目がなくて、仕事で長野方面に行くとよく食べます。
牛や豚とは違うスッキリとした赤身肉にタレがよく絡んでいて、いきなりハイボールがなくなりそうな勢い。

翠苑

そして本命、カイノミとザブトン。
どっちも他の店で食べたことがある部位だけど、うまいのはほぼ当選確実、あとはどれくらいうまいかが問題だ。

翠苑

まずはカイノミから。

くぅ~!何、このフワフワ。
今まで焼肉の食感に「フワフワ」って形容したことはないけど、これは「フワフワ」としか言いようがないやわらかさ。
しかもこのタレ、いい。漬け込み方も、絶にして妙。

これはカルビロースとは、また別次元のうまさだ。

翠苑

そしてザブトン(タレ)。
ザブトンとは肩ロースの芯で、霜降り加減が半端ない部位。

カイノミとはまた違ったうまみ、肉汁がじゅわあっと出てくるこの幸福感。
冗談抜きで仕事の一つや二つ、すっぽかして来てもいいほどうまいよ。

翠苑

〆は久住さんが食べていた冷麺。
たっぷり肉を食べた後にこのちょい酸味のあるつるつる冷麺、後味も喉ごしも爽やかで嬉しい。

翠苑

いやあ、カイノミうまかったなあ。
東大和に、よき肉あり。
心に刻むべし。

こどグルの焼肉回はこれまでも名店揃いで、もうちょっとやそっとの店では驚かない自信があったんですが、ここのタンシオとカイノミはたまげたなあ。世の中、まだまだ俺の知らないうまいものがたくさんあるってことか。

というわけで、ドラマ『孤独のグルメ Season6』の聖地巡礼もこれにて完了となりました。Season5 は台湾遠征もあって一年半越しの巡礼になってしまいましたが、対照的に Season6 は放送開始から四ヶ月で巡礼完了、ちょっとがんばりすぎたか(笑
ドラマの最終回では久住さんが「Season7 があるかどうか分かりませんが...」というようなことを仰っていましたが、谷口ジロー先生も亡くなり、今後どうなるんですかね。個人的にはやはり今後は夏冬のスペシャルドラマ中心にシフトしていくんじゃないかと思っていますが、テレ東が許さないかもしれません。
いずれにしても、次なる聖地を与えてもらえるのを楽しみにしています。それまでは過去回の再訪をしつつ、自分なりの「孤独のグルメ」を探してみようかなあ。

Season6 も聖地巡礼にお付き合いいただいた方々、およびここまでお読みいただいた方々、ありがとうございました。
そしてそれぞれのお店の方々、本当にごちそうさまでした。

孤独のグルメ Season6 Blu-ray BOX

B071VBJHMR

関連ランキング:焼肉 | 東大和市駅桜街道駅上北台駅

■ドラマ『孤独のグルメ Season6』聖地巡礼エントリーまとめ
第一話 大阪府美章園のお好み焼き定食と平野の串かつ
第二話 東京都新宿区淀橋市場の豚バラ生姜焼定食
第三話 東京都目黒区三田の薬膳スープカレー
第四話 東京都東大和市の上タンシオとカイノミ
第五話 東京都世田谷区太子堂の回転寿司
第六話 東京都新宿区高田馬場のシャン風豚高菜漬け炒めと牛スープそば
第七話 東京都渋谷区道玄坂の皿うどんと春巻
第八話 東京都台東区御徒町のラム肉長葱炒めとスペアリブ
第九話 東京都品川区旗の台のサルスエラとイカ墨のパエリア / 甘味パート
第十話 千葉県富津市金谷のアジフライ定食
第十一話 東京都文京区茗荷谷の冷やしタンタン麺と回鍋肉
第十二話 東京都品川区五反田の揚げトウモロコシと牛ご飯
→その他の聖地巡礼エントリーはこちら

投稿者 B : 22:56 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2017/08/07 (Mon.)

ココロのコロッケ

「揚げたてのコロッケとビールか...悪くないな、いや、むしろすっごくいいぞ」

中延商店街

Netflix のオリジナルドラマ『野武士のグルメ』を観終わりました。
『孤独のグルメ』に比べるとシチュエーション重視のエピソードが多くて、あえて聖地巡礼したいというほどではありませんでしたが、第 3 話「朝のアジ」の旅館の朝食は食べに行きたいと思いました。調べたらロケ地は千葉の勝浦市鵜原にあるようで、なんだよついこないだちょい手前まで行ってたんじゃんか!とは思ったけど、あれは旅館に泊まって翌日の朝食に食べてこそ。まあ機会があればまた遠征してみたいですが。

というわけであまり巡礼するつもりもなかったんですが、第 9 話「ココロのコロッケ」で見覚えのある光景が出てきたので、これは休日にふらっと行ってみるしかないな、と思いいそいそと。

中延商店街

この回の舞台は、品川区にある中延商店街。主人公・香住武が奥さんにおつかい(おそらく近所と思われる)を頼まれる話です。
ロケ地が中延商店街とは、これまた渋いチョイス。東急大井町線の中延駅と池上線の荏原中延駅を結ぶけっこう大規模な商店街ですが、近隣にはテレビにもよく取り上げられる戸越銀座商店街や武蔵小山商店街があり、その知名度に比べると地味な印象があります。私も近くを通りかかったことは何度もありますが、アーケードの中に入ってみたのは今回が初めて。

中延商店街

武蔵小山商店街よりはこぢんまりとしたアーケードにはお店がギュッと詰め込まれたようなコンパクトさがあり、中には時代を感じさせる店舗もちらほらあったりして、武蔵小山とはまた違った楽しさがあります。それでも普段の買い物はひととおり済んでしまう幅広い種類のお店や飲食店もけっこうあったりして、これくらいの商店街のほうが個人的には住みやすそうに感じます。我が家の周辺、買い物の便があまり良くないので、ちょっと羨ましい。

荏原中延側から商店街を進むと一番奥、中延側からだと入口にあるのが、今回の聖地。

肉の伊吾田

肉の伊吾田

いい店構え。これはまた、いかにも肉屋って肉屋だ。
看板の両脇に「松阪牛」「近江牛」とあるのが頼もしい。

こうやってお店の様子を覗き込んでいる間にもひっきりなしにお客さんが訪れているのが、地元で長年親しまれている証ってところか。

肉の伊吾田

揚げもののショーケースには、様々な種類のコロッケがズラリ。
とんかつは分かるとして、どうして肉屋ってこうしてコロッケとかアジフライとか、肉じゃないもののフライまで売るようになったんだろう?

さておき、久々にやるか!コロッケの買い食い。
これだけ種類があると、迷うなあ。そして劇中に登場した(香住は食べなかったけど)松阪牛メンチが置いてない。

う~ん、これはどれにするかなあ...コロッケひとつなんて言ったら、ケチな男だって思われるかもしれんぞ。

中延駅前通り商店会

そんな感じでコロッケを買い、ふと振り返ると道の突き当たりに昭和大学病院のビルが。
あーここまっすぐ行くと旗の台なのか!この道沿いに荏の花温泉~クリームソーダの聖地を経てスペイン食堂石井、と考えると、この何でもない道が貴重なこどグルロードに思えてくる(笑

ココロのコロッケ

コロッケをどこで食べようか考えた挙げ句、近くの公園でいただくことにしました。
ちょっと、みっともないかな。でも、せっかくのコロッケが冷めちまう。子どもでも遊んでようものなら怪しいオジサンにしか見えなかったに違いないけど、誰もいないのをいいことに、休日の昼間に公園で一人コロッケの写真を撮る俺(ぉ

まあ、きっと野武士は、みっともないなんて考えもしないんだろうな。

ココロのコロッケ

コロッケ、一個 100 円。ショーケースには「昔のコロッケ」ってのもあって惹かれたけど、劇中に倣ってごく普通のコロッケにしてみました。

これこれ!揚げたてかどうかはあやしいが、まだあったかいぞ。
見た目どおり普通のコロッケだけど、それでいい。いや、むしろそれだからこそいい。

香住武は子どもの頃に学校帰りの買い食いコロッケを思い出してましたが、私の場合は田舎すぎて学校帰りにそんな店もほぼなかったので、コロッケを買い食いするようになったのは大人になってからだったりします。だからあんまり懐かしい感じはしないけど、こういうちょっと買い食いって、楽しいよね。

ココロのコロッケ

で、これですよ。お店の近くに酒屋がなかったので(劇中で酒屋設定だった店舗は実際は米屋?だった模様)、コンビニで買ってきました。

そうそう、これだよこれ。最高の組み合わせだ、うまい!
こりゃ、あっという間に食べちゃいそうだ。

このスーパードライの瞬冷辛口、初めて買ってみたけどウマイですね!辛口なのに雑味がなくて、キーンと冷えた感じが夏に最高。屋外バーベキューでハフハフ食べながらこれをクイッといったら昇天モノだろうなー。

ココロのコロッケ

続いて、チーズコロッケも買ってみました。
もっとチーズが前面に出てくる感じかと思ったら、主役はあくまでコロッケで、ほんのりチーズ。やさしい味わい。
これもこれで、ビールのお供にちょうどいい。

うまいものを食べるのに、中も外も関係ない。
好きなときに、好きな場所で、好きなものを食べる。

ここでは青空がおかずだ(それは違う作品

かまたえん

で。

劇中で香住がコロッケを食べていたのはデパートの屋上遊園地でした。私が見覚えがあったのがここで、ロケ地は蒲田東急プラザ屋上の「かまたえん」なんですよね。
荏原中延から蒲田だと電車で 20 分くらいかかるので、劇中にあったような「どこで食べようか」とうろつきながら駅前のデパートで...という流れには残念ながらなりません。でもせっかくだからこの写真を撮るために蒲田まで脚を伸ばしてみました(ぉ

かまたえん

まあこれだけ暑いと、休日といってもわざわざ屋外でお子さんを遊ばせる親御さんもあまりいないでしょう。人もまばらという感じで、これならここで独りコロッケにビールやってても不審者には見られなかったかな(んなわきゃあない

ともあれ、たまにはこういう買い食い散歩も楽しいものですね。
買い食い散歩といえば昔やった砂町銀座巡礼もすごく楽しかったんだった。今度、中延商店街でいろいろ買って、自宅で惣菜パーティーってのも悪くないに違いない。

大人の買い食い、バンザ~イ。
ごちそうさまでした。

関連ランキング:コロッケ・フライ | 中延駅荏原中延駅荏原町駅

投稿者 B : 23:56 | Gourmet | Junk Food | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2017/08/04 (Fri.)

立呑み とだか

ちょっと帰りが遅くなっちゃったんだけどお腹空いたし軽く一杯飲んで帰りたいなあ、と思ったので先日行っていたく気に入った食堂とだかを覗いてみました。前回行ったとき、21 時以降なら運が良ければ予約なしでも一人二人くらい入れそうな感触があったんですよね。で、お店のドアを開けたところ「すいませんいっぱいなんですよ。向かいのほうなら大丈夫なんですけど、いいですか?」とマスターに申し訳なさそうに言われてしまいました。

そう、向かいの店。ここにはその二号店である「立呑み とだか」が存在するわけです。

立呑み とだか

立呑み とだか

本店の真向かいにあって迷いようがないお店。前回来たときに、次はこっちで飲んでみたいと思っていたところだったので、むしろ願ったり叶ったり。
お店に入ると、カウンター一番奥の席に通されました。

立呑み とだか

雰囲気は本店のほうと似ているんだけど、通路沿いがガラス張りでちょっと開放感があります。あとマスターが適度に絡んできてくれる本店と違って、こっちは割と淡々とした接客。まあ混んでて雑談する暇もなさそうでしたが(笑

ちなみにいつもは通勤カバンに最低でも RX100 III は入れてるんですが、この日に限ってカメラを持っておらず、スマホで撮ったから写真がメタメタです(;´Д`)ヾ。

立呑み とだか

とりあえず、とだかハイボールとお通しのザーサイと糸こんのペペロン。
とだかハイボール、この生レモンのキューッとした酸っぱさがすごくイイんだよなあ。この暑い夏に合う、爽やかな一杯。

立呑み とだか

料理はこれからいくしかないでしょう。のウニ・オン・ザ・煮玉子。
身体に悪い食材のコンボだけれど、だからこそうまい。口の中でとろけるこの感じ、幸せすぎて泣く。

立呑み とだか

里芋の唐揚。

何気ないつまみのつもりで頼んでみたら、これが大ヒット!
里芋って煮物に入ってることがほとんどで、柔らかいけどモソッとしたイメージがあったのが、これは表面カリッ、中身フワッフワ。里芋ってこんな風になるのか!という驚きがあります。
しっかりめに振られた塩胡椒が里芋の甘みを引き出して、これは自分内定番おつまみに加えたい一品。

立呑み とだか

里芋のうまさにハイボールがサクッと空いてしまったので、モスコミュールに移行。
このモスコミュール、自家製の生姜漬けで作られていて、めちゃくちゃ濃い!しかも辛口。
なんかアルコールも濃いめな気がするし、ジョッキ全体でかなり効く一杯。でも、こういう強烈なモスコミュール、けっこう好き。

立呑み とだか

軽く一杯のつもりだったのでもう〆。当然、牛ご飯をいただくわけです。
ご飯に巨大な高級すき焼き肉がガッツリ載ったような贅沢〆ライス、やっぱりたまりません。見た目以上にボリュームがあって、お腹も気持ちもいっぱいにしてくれる一杯。

本当、これとウニ・オン・ザ・煮卵はこの店の宝だと言えよう。

立呑み とだか

ああ、おいしかった。小一時間だったけど確かな満足。
たくさん飲み食いするのもいいけど、こうやってふらっと立ち寄るのも「とだか」のいい楽しみ方なのかもしれないなあ。

この店、今後もいろんな人を誘って、あるいは時に一人で、また来ようと思います。

関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 五反田駅大崎広小路駅大崎駅

投稿者 B : 22:56 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック