b's mono-log

2019/01/14 (Mon.)

隠れ家的なつけ麺の名店「たけもと」

イイ感じのつけ麺の店があると聞いて、雪が谷へいそいそと。

つけ麺 たけもと

つけ麺 たけもと

雪が谷大塚の駅からそう遠くない立地にも関わらず、路地を一本入ったところにひっそりとある隠れ家的なお店。大通りに面してどどーんと構えた有名店よりも、個人的にはこういう佇まいが好き。看板や暖簾の雰囲気もいいじゃないですか。

つけ麺 たけもと

メニューはこんな感じで、意外とスープの種類とつけ麺・つゆそばの組み合わせで種類が豊富。あまり予習せずに来たらちょっと迷うことになってしまいました。注文は食券制なので、券売機の前でこの状況になるとつい焦ってしまう私。

まあ、こういうときはメニューの左上か店名を冠した品から行くべき、という定石は今回も外さない。

つけ麺 たけもと

というわけで王道の「鶏と魚介の特製つけ麺」を頼んでみました。お店の看板メニューに特製トッピングが一通り盛られている、きっとこの店を代表する味。
まず麺もつけ汁も、面構えがいいじゃないですか。

つけ麺 たけもと

「鶏と魚介」の名の通り、鶏ガラと煮干しを中心に様々な素材から作られたスープは濃厚ドロドロタイプ。でも近年流行りのつけ麺にありがちな魚介のうまみ成分で脳髄をガツンと刺しに来るような味ではなく、どこか上品なまとまりの良い味。それでいてコクが深く、これはけっこう好きな味。

つけ麺 たけもと

麺の上に載っているのは鶏チャーシュー...というより、鶏ハムっぽいのと蒸し鶏っぽいのをダブルで楽しめるようになっています。これがまた、瑞々しい蒸し鶏と鶏肉の風味を味わえる鶏ハムで、どっちもうまい。ガッツリ力押ししてくるチャーシューじゃなくて小技を効かせたこの感じ、すごく良い。

つけ麺 たけもと

麺はつけ麺にしてはちょっと細めのストレート麺。でもしっかりコシがあって、つけ汁がしっかり絡んでおいしい。この店、個人的には「当たり」です。

つけ麺 たけもと

そしてこのレンゲに添えられているのが鶏皮そぼろ。これをつけ汁に入れることでカリッと炒められた鶏皮の風味と食感が活きてきて、ひと味違ったうまさが味わえます。

また、つけ麺の難点は熱盛りにでもしないかぎり食べているうちにつけ汁が冷めてきてしまうこと。こうなると後半はおいしさ半減で、暑い夏はまだいいけど寒い冬にこうなると惨めな思いをすることになります。
が、この店ではつけ汁が冷めてきたときに焼き石を頼むことができて、

つけ麺 たけもと

この通り!グツグツ煮えたぎるほどの熱々のつけ汁が復活するわけです。
軽く沸騰して少し煮詰まるせいか、それとも汁に溶けた成分が焼けるからか、最初よりもさらに濃厚で香りが立ってくる感じ。これはいい。

つけ麺 たけもと

さらにテーブルの上には様々な調味料が並んでいて、好みに応じて味を変えながら楽しむことができるという。

つけ麺 たけもと

というわけで、私は八味柚子を振って残りの麺をいただくとします。

つけ麺って普通のラーメンよりも麺が多いことが多くて途中でちょっと味に飽きてしまうことも少なくないけど、このシステムはいい。つけ汁の再加熱と味の変化、これだけでつけ麺の欠点が補われて楽しみが倍増します。

つけ麺 たけもと

最後はもちろんスープ割り。最後の一滴までおいしくいただけました。

丁寧な仕事ぶりが感じられるいいつけ麺でした。
他のメニューもおいしそうだし、ここは機会があったらまた来よう。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:つけ麺 | 雪が谷大塚駅御嶽山駅石川台駅

投稿者 B : 22:40 | Gourmet | Ramen | コメント (0) | トラックバック

2019/01/11 (Fri.)

T.Y.HARBOR のハンバーガーランチ

天王洲の T.Y.HARBOR でハンバーガーランチを食べてきました。

T.Y.HARBOR

T.Y.HARBOR

海沿いのオシャレで美味しいお店ということで夜には何度か来たことがあったものの、ランチタイムはこれが初めて。ランチでもけっこういい値段するにも関わらず、ほぼ満席に近い状態でお客さんが入っていました。この寒いのにテラス席もけっこう埋まっていて驚きました(;´Д`)。

「ホスピタリティ」と呼びたくなる丁寧な接客を受けながら席に案内されます。

T.Y.HARBOR

メニュー(の一部)はこんな感じ。裏側には日替わりっぽいランチメニューも並んでいて、目移りしてしまいます。
初めてランチに来たならまず食べるべきはハンバーガーなんでしょうが、グリル類もうまそうだし、日替わりのサンドイッチにも妙に惹かれる。迷っているうちに他のお客さんが頼んだジャンボシュリンプカクテルが眼前を通り過ぎていき、えっこんな平日昼間からパーティーでもやってんの!?と目を疑いました(汗

T.Y.HARBOR

注文を終えると、メイン料理の前にまず届けられるのがこのパンとお茶。
パンは単品で食べても十分おいしいのに加えて、お茶が香りの良いハーブティー。これが水代わりに出てくるのが嬉しい。

これらをいただいている間に、注文したハンバーガーがやって来ました。

T.Y.HARBOR

T.Y. ハーバーバーガー、どーん!

こういうファストフード的じゃないハンバーガー、好きなんですよね。
トマトやピクルスもかなり大ぶりのが載ってきて、これはかぶりつき甲斐がありそう。

T.Y.HARBOR

バンズからはみ出す勢いのパティ、その上にトッピングしたチェダーチーズ(オプション)がとろけているのが食欲をそそる!
野菜と上のバンズはほっといてこのままガブリと行きたい衝動に駆られます。

T.Y.HARBOR

気をしっかり持ち、ケチャップ→野菜→ドレッシング→バンズの順に積み上げたら、完成。
こうしている間にもチーズやケチャップがしたたり落ちそうな勢い。これは悠長に写真撮ってる場合じゃない。

T.Y.HARBOR

あらかじめ用意されていたペーパーバッグでハンバーガーを包み込み、上下方向に少しだけ圧縮したら、豪快にいただきます!

おおお、この粗挽きの、いかにも肉って肉!中から肉汁が噴き出してくる。そこにチェダーチーズ、これですよ。
トマトと紫タマネギ、それに今まであまり食べたことない味のドレッシングがいい味出してる。ピクルスは、あらかじめナイフで切ってから挟んだ方が良かったかな。

単体でもハンバーグとして十分成立しそうな肉でハンバーガーをいただけるこの幸せ。

T.Y.HARBOR

ランチタイムは食後のドリンクまでセット。勢い任せにむしゃぶりついてしまったから、コーヒーでちょっと落ち着こう。

いやー、期待を裏切らないおいしさでした。ランチにしてはちょっと贅沢してしまったけど、その値段に見合う味だったな。
今度来る機会があったらグリルか、サンドイッチ系も試してみたいかも。でも久しぶりに来たらきっとまたこのハンバーガーが食べたくなるんだろうなあ。

関連ランキング:アメリカ料理 | 天王洲アイル駅北品川駅新馬場駅

投稿者 B : 22:30 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2019/01/06 (Sun.)

車坂 山廃純米大吟醸

年末年始に飲んでいた日本酒がこちら。

車坂 山廃純米大吟醸

車坂 山廃純米大吟醸

普段自宅で日本酒ってそんなに飲まないんですが、年末年始は和食中心になるので必ず日本酒を用意するようにしています。近年はこの車坂の「魚に合う吟醸酒」が刺身・寿司・焼魚・煮魚を問わず本当に魚に合う万能選手という感じでよく飲んでいます。でも今年はいつも買っている酒屋でこの山廃純米大吟醸の在庫があったので、いつもより少し奮発して手を出してみました。

車坂 山廃純米大吟醸

私が愛飲する北国の辛口の酒とは対照的な、穏やかでしっかりした旨味のある味わいは確かに車坂のそれ。だけど「魚に合う吟醸酒」が自己主張を控え、あくまで魚介の味を引き出す脇役に徹しているのに比べると、この大吟醸は酒そのものの旨味を味わうタイプ。単体でのうまさではさすがの大吟醸に軍配が上がります(でも魚に合う吟醸酒もすごく好き)。

時間のあるお正月にいい、じっくり味わえる日本酒でした。また飲もう。

投稿者 B : 21:30 | Drink | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2019/01/03 (Thu.)

金沢 ふやき御汁 宝の麩

実は先月、所用で少しだけ金沢に帰省していました。そのときに持ち帰ってきたお土産をお正月に賞味中。

金沢 加賀麩不室屋 ふやき御汁 宝の麩

宝の麩

北陸って魚介と米と酒はおいしいけど、それ以外の名産が少なくてお土産に買って帰るものが難しい。新潟なら笹だんごだったりするんでしょうけど、富山・石川は生もの以外で「これ」ってのが特にないんです。
でも金沢駅舎内で買えるこれは私にとっては珍しくヒット商品で、何年か前に初めて買って以来気に入っています。というわけでこれは自宅用のお土産(笑

一見モナカに見えるこれは、金沢の麩の老舗「不室屋」の即席みそ汁/すまし汁です。

宝の麩

このモナカと添付の出汁・味噌をお椀に入れてお湯を注ぐと、モナカから色鮮やかな麩や具材が出てきてお椀の中を満たしてくれます。これは楽しいし、見た目にも美しい。

これは白みそのみそ汁。

宝の麩

そしてこちらが加賀みそのみそ汁。おぼろ昆布が入っているのが北陸らしい。
どれも味はちょっと濃いめなので、これ単体で白飯が進んでしまう感じですが、クドいようならお湯を多めに注ぐと良いでしょう。

味と見た目のバリエーションが豊富で、店頭では好きな組み合わせで詰め合わせてもくれるので、買う段階から楽しいお土産です。金沢にお越しの際は、おひとつ是非。

投稿者 B : 22:30 | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2019/01/02 (Wed.)

HENRIOT Brut Souverain

静かに過ごしたクリスマスの代わりに元旦はシャンパンをいただきました。

HENRIOT / Brut Souverain

HENRIOT Brut Souverain

いつもは定番 G.H.MUMM かモエ・エ・シャンドンを飲むところですが、F1 ファンとしてはどちらも既にオフィシャルシャンパンから撤退しているし、現オフィシャルの CARBON は個人で飲むには高すぎる。今後はちょっと違うのも試していこうと思い、今まで飲んだことがなかった HENRIOT(アンリオ)のブリュット・スーヴェランを選んでみました。スーヴェラン(Souverain)はフランス語で「王」や「最高」を表す言葉のようですが、価格帯的にはシャンパンの中ではスタンダードクラスにあたります。控えめながら上品なラベルが良い感じ。

HENRIOT Brut Souverain

泡はキメが細かい感じ。味のほうはマムやモエに比べると上品でフルーティ。ブリュットだけど下にピリピリ来る辛口ではなく、スッキリめの辛口で果実の甘みと香りを強く感じます。魚料理と合わせるのもいいけど、アペリティフとして前菜に合わせるか、デザート的に飲むほうが向いている印象。

一般的なシャンパンの価格帯で、かつ同じシャンパーニュ地方の産品(そもそもシャンパンはシャンパーニュ地方で特定の手法で作られたものしか名乗れない名前だけど)でもけっこう個性が感じられるものですね。次に自宅で飲む機会があればまた別の銘柄も試してみようと思います。

投稿者 B : 22:22 | Drink | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2018/12/29 (Sat.)

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA 恵比寿店

今年の忘年会納めは、以前から行ってみたかったお店を選びました。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

六本木にあるイタリアンの名店、の恵比寿店です。

カジュアルな雰囲気の店舗で、かなりイタリアっぽいノリの店員さんにいろいろとそそのかされながら(笑)たくさん食べてきました。ええ、食べ盛りですから。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

スタッフの方が「イタリアに行って買い付けてきた」というスパークリングワインからスタート。同じ泡でもビールじゃなくてスパークリングワインで乾杯すると、いつも以上に盛り上がります。

メニューを見るとどれもおいしそうで迷ってしまったので、料理はお店のおすすめでコース形式でお願いすることにしました。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

最初の一皿は、餃子...かと思ったら(ぉ)こんがり焼いたレーズンパネ・パンナにマスカルポーネとゴルゴンゾーラをホイップ仕立てにしたチーズソースでカナッペ風に。レーズン、マスカル、ゴルゴンゾーラという私の大好物揃い踏みで何とも言えない幸せな味。スパークリングワインに合いすぎる。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

鱈のフリット。これもスパークリングワインに合わせるアペリティフにはちょうど良い。おまかせにしたらこちらの状況に合わせてちょうど良いのを選んでくれているようで、いちいちツボを突いてきます。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

キャベツのサラダとかりかりポテト、甘マヨ&バルサミコドレッシング。
シャキシャキとカリカリの食感に、甘味と酸味という 2×2 の味わいが堪能できる楽しいサラダ。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

そして定番、カプレーゼ。
隠し味的にタマネギが添えてあるのがまたいい。トマトも何種類かのものが混ざっているようです。この店、一つ一つの料理にちょっとした手間がかけられているのが嬉しくなります。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

こういう前菜類を味わったら白ワインが飲みたくなるというもの。
おまかせでお願いしたらリースリングが出てきました。白ワインならばリースリングが好きな私としてはどストライクなチョイス。フランスのリースリングに比べるとスッキリしていて、料理によく合います。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

そこにどどーんと登場するのがイタリア産生ハムやサラミの盛り合わせ!
この盛り付け方がまた食欲をそそる感じでイイ。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

私がリクエストしたいちじくとピスタチオのポークテリーヌも載っけてくれました。
テリーヌにいちじくやピスタチオの風味と食感が加わって、より立体的な味になっている。これはワインが進んじゃいますね。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

さらに続けて肉!長門(山口県)産和牛、ハラミ(確か)の炭火焼。付け合わせは薄くスライスして重ねた「ミルフィーユ・フライドポテト」。
赤身肉のうまみをダイレクトに味わえ、これは満足度高い。今改めて写真を見ただけでも口の中に唾液が分泌し、語彙力が下がっていくのを感じます(ぉ

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

そーなると赤ワイン。
スパークリングから始まって白→赤と、まさかワインまでフルコースを決めてしまうとは思いませんでした。それほどワインを引き寄せるこの店の料理、恐るべし。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

さあ、ここからはパスタ・タイム。
レギュラーメニューの他に日替わりの黒板メニューまであって、しかもこの黒板が。カラスミ、イカスミ、イノシシ、菜の花、海苔クリーミー、というパワーワードのオンパレード。どれも気になって選べないじゃないの(;´Д`)。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

迷った挙げ句、まずはイタリアの菜の花のボンゴレ・ロッソから。
一般的なボンゴレ・ロッソのイメージを覆す、赤地に鮮やかな緑が映えるパスタ。そこにチーズの白がまぶされて、これはまさにイタリアそのものじゃないか。

プリプリした魚介の食感と菜の花の爽やかな香りがすごくいい。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

次にイカスミ・ブラック。これまたイカスミパスタの想像を裏切る、緑と赤が鮮烈な一皿。
トマトベースで作った上にイカスミを和えているとのことで、ただのイカスミパスタよりも奥行きのある味。そこに春菊の苦み走った香りがアクセントになっていて、これもまたおいしい。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

最後はイノシシボロネーゼ。そう、結局パスタだけで三品頼んでしまったのでした(笑

イノシシってどんな感じかと思ったら、確かに野性味というか肉肉しさを感じるミートソースだけど、別に獣くさいわけでもなく、これはうまい肉だ。もしかすると上に載っているネギの香りがよく働いているのかもしれない。
それにしても、この一皿も赤・白・緑。和の食材をうまく使いながらイタリアと日本の融合を果たしている。そりゃ、日本人が食べておいしいわけです。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

どれもおいしかったなー。
つい食後酒的にウィスキーをいただいて、それぞれの料理を振り返りたくなります。

でも、まだ終わりじゃないんです。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

ドルチェは、まずはティラミスから。
これがティラミス!?と言いたくなる、常識を覆す見た目のティラミス。

見た目だけでなく、チョコレートもジャンドゥーヤ(ナッツ入りのチョコ)を使っているようで、味が奥深い!
このティラミスには驚かされました。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

セミフレッド・リモーネ。
ジェラートにレモンソースとピスタチオが載っていて、爽やかな酸味とピスタチオの風味を組み合わせるとこんな感じになっちゃうんだ!?という驚きの味。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

とどめはバニラジェラート。

単なるバニラジェラートでしょ?と思ったら、食べる直前にもこみちよりも高い位置からオリーブオイルが投下!
こういう食べ方は今まで想像したこともなかったけど、バニラとオリーブオイル、合う。今度自宅でもやってみよう(笑

もう、最初から最後まで全部おいしかった。
店員さんに乗せられて食べ過ぎ飲み過ぎた感はあるけれど、値段に見合う満足度。どの料理もクリエイティブで、今まで食べたことがないイタリアンでした。
気の置けない仲間と、おいしく楽しく一年を締める。何とも幸福な時間を過ごしました。

ここは気に入ってしまったのでまた来ようと思います。
恵比寿以外にも六本木に二店、さらに最近は田町にも支店がオープンしたとのことなので、今度は別の店舗にも行ってみたいところ。

ごちそうさまでした。良いお年を。

関連ランキング:イタリアン | 恵比寿駅代官山駅

投稿者 B : 21:00 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2018/12/26 (Wed.)

せんげん台 厨 Sawa 再訪

「この店を思い出した俺、殊勲賞」

厨 Sawa

以前食べたあの味がどうしても忘れられず、久しぶりに埼玉県越谷市千間台へとやってきました。『孤独のグルメ』に出てきた店で繰り返し訪れたい店は数あれど、たぶんこの店は歴代登場店の中でも五本指に入れたくなるほどおいしかった。折に触れては思い出していたものの、ちょっと気合いを入れないと来れない立地だけに機会がありませんでした。今回、カキとシチューがおいしい季節になってきたこともあり、満を持して再訪。

厨 Sawa

厨 Sawa

平日の開店直後に来てみたところ、並ばず入店できました。さすがに一頃の大混雑は落ち着いたようです。
店内、シチュー推し。おすすめ限定ランチメニューもシチューがずらりと並ぶ。どの名前も、食欲を煽ってくるなあ~。

他のお客さんは奥様グループがいくつかという感じ。近隣のマダムっぽいけど、地元にこんな店があって普段からママ会、ランチ会ができるとはうらやましすぎる。日常的にこんなにうまいものを食べてるなんて、家族はこんなオカアサンを全然知らないのかもしれない。

厨 Sawa

こちらはレギュラーメニュー。放送後しばらくはメニューを限定して営業していたようでしたが、現在は通常メニューが復活。
一つは最初から決めてあるけど、他をどうしようか。どれも魅力的すぎて迷ってしまう。

厨 Sawa

まずはブルスケッタから始めよう。

ちょいニンニクの効いた、それでいてトマトが爽やかなブルスケッタ。
おいしいけど、でもこれは一枚だけ食べて残りは後のために取っておきますよ。

厨 Sawa

そして、カキのムニエル。前回来てから、この味を二年半あまりも恋い焦がれていたんだ。
この香り、やばすぎるっしょ。

厨 Sawa

プリプリトロトロのカキの、縁のところだけちょっとカリッと焦がしてある感じがうれしい。
そこに香ばしい焦がしバターと、松の実。
今まで、これ以上に幸福を喚ぶカキがあっただろうか。本当に幸せな味だ。

...誰もいなかったら、泣くかも。

厨 Sawa

そこにこれですよ。オイスターブルスケッタ。
焦がしバターとニンニクの相乗効果で二倍以上にうまい。バターソースを吸ったパンもたまらない。

この食べ方を発明してくれたゴローちゃんに、改めて敬意を表したい。

厨 Sawa

メインは牛ホホ肉のハヤシのオムライス(数量限定)。
牛ホホ肉のシチューとオムライスで迷った挙げ句、両方一気に味わえそうなこれを頼む欲張りさん。
オムライスの上に牛ホホ肉とエリンギが載っていて、たっぷりシチューソースもかかってる。

厨 Sawa

オムライスは一見オーソドックスながら、卵のフワフワ感が素晴らしい。
ビーフシチューベースのソースはうまみと酸味のバランスがちょうど良く、そこにトロトロ牛ホホとエリンギのコリコリという異なる食感。

おいしいです、ほんとに...これ。

厨 Sawa

うーん、昼間っから大贅沢をしてしまった。
でもこの余韻をいつまでも味わっていたくて、食後のコーヒーで一服。


本当に、今回も全部おいしかった。
お会計のとき、おかみさんが「カキブルスケッタおいしかったですか?ゴローさんもやってましたよね」。巡礼者だってことバレてる(そりゃバレるわ)。ええ、本当においしかったですよ。

南東京からだと遠いけど、ここはまた何度となく来たい店。ビーフシチューや海の幸のシチュー、コキールも食べてみたいし、アメリカンソースのオムライスもまた食べたい。食べたいものが本当にたくさんあるんだ。
次の機会があるなら、今度は誰かを誘ってきてみようかなあ。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:洋食 | せんげん台駅

投稿者 B : 22:56 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2018/12/24 (Mon.)

TRIMBACH MUSCAT RESERVE

クリスマスを前に次女がインフルエンザにかかりまして。予防接種の効果か幸いにしてそれほど重い症状にならずに済んだんですが、それでもこの三連休は特に出かけたりせず自宅で静かに過ごしていました。
いつもはクリスマスにはシャンパンを一本開けるのをならわしにしているわけですが、そんな状況もあってシャンパンは年末年始に持ち越し。とりあえず買ってあった白ワインでクリスマスを祝いました。

TRIMBACH / MUSCAT RESERVE 2015

TRIMBACH MUSCAT RESERVE 2015

私は白ワインだと仏アルザス地方のが好きです。基本的にどれも辛口だけど、他の地方の辛口のようなスッキリ一辺倒のとは違って深みのあるリースリングが代表格、さらにアルザスワインを名乗っているのを選べば当たり外れが少ない、というあたりが気に入っています。このシュッとしたボトルも美しいし、ライン川を挟んでドイツと国境を接しているからほぼドイツワインと同じブドウを使っているのにドイツワインほど甘ったるくないのもいい。
白ワインだといつもはアルザスのリースリング種のものを買っているんですが、ミュスカ(マスカット)種のものを見かけたので試しに買ってありました。

TRIMBACH MUSCAT RESERVE 2015

同じアルザスワインでもリースリングと比べると、酸味がちょっと抑えめでマスカットらしい香りが楽しめます。でも全体的な傾向としてはやっぱりアルザスらしい、辛口の中にも深み、甘みも併せて感じられて良い。チキンくらいまでなら肉料理に合わせてもイケルし、気に入りました。今後アルザスワインを買うときにはたまにミュスカを選んでみようかな。

ここ数年自宅ではあまりワインを飲まなくなっちゃったんですが、ハイボール向きの国産ウィスキーが足りないと言われる昨今でもあるし、久しぶりにワイン生活に戻ってみるのもいいかなあ...。

投稿者 B : 23:00 | Drink | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2018/12/21 (Fri.)

荏原中延「多賀野」の中華そば

この店、ずっと前から気になっていたんですよ。

中華そば 多賀野

多賀野

荏原中延の駅からすぐのところにあるラーメン屋。昼間しか営業しておらず、しかも営業時間中は常に大行列。私は有名店だからって並んでまでラーメン食べたいほうではないんですが、この店はこってりガッツリ系ラーメンではなく「中華そば」の看板を掲げた昔ながらの店っぽいところが気になって、一度食べてみたいと思っていました。
たまたま休みを取っていた平日の昼間に近くに来る機会があったので、開店時刻を狙って来てみたところ、既に行列。とはいえ一巡目にギリギリ入れないくらいの順番だったからそのまま並んでみました。

多賀野

注文は食券制。オーソドックスな中華そば店だと甘く見ていたら、「粟国の塩」「酸辛担麺」「ごまの辛いそば」など変わり種もいろいろあって揺さぶられます。こういう、後ろに人が並んでるのに券売機に大量のメニューが並んでいる状況って苦手(;´Д`)。ともあれ、こういう見せに初めて来たら王道中の王道と相場は決まっている。迷うことはない、ど真ん中ストレートでいこうじゃないか。

多賀野

お店に着いてから並ぶこと二十分。店内にはずっと山下達郎の楽曲が流れていて、独特の空気が漂っています。
中華そばは一杯ずつ丁寧に作っているらしく、着席してからもしばらく待ちます。さらに十分ほど待ったところで、私が頼んだ中華そばが出てきました。

お店の看板メニューでもある特製中華そば(A)の大盛りを頼んでみました。(A)というのはトッピングの種類のことで、他にも(B)と(C)があるっぽい。

多賀野

チャーシューは「中華そば」に載ってくるのに相応しいもので、ちょっと噛み応えのある脂身少なめの肩ロース。角煮とか油っこい肉じゃなくて、こういうのでいいんですよ。そこに海苔が二枚ついてくるのも嬉しい。こういうとき、私は一枚はパリパリのまま、もう一枚はスープに浸して楽しむことにしています。

煮玉子は少し茶色みがかっているけど味付けは薄め。単体で食べるよりもスープと合わせつつ、黄身の絶妙な半熟具合を堪能するのが良いでしょう。

多賀野

透き通ったスープは豚骨、鶏ガラ、鰹節、煮干しなどを合わせたもののようですが、最初にほんのり魚介の香りを感じる素朴な、懐かしい味わい。そうそう、最近はこういうあっさりしつつもコクのあるスープの中華そばが好きなんですよ。

多賀野

中太ストレートな麺は自家製。モチモチしてコシがあって、すごくおいしい。チャーシューやスープもおいしいと思ったけど、この中華そばはそれ以上に麺がうまいんだ。麺そのものの味をスープが増幅して、食べても食べても飽きの来ない味。一口めのインパクトではなく後を引く余韻の強い味で、なんかこのまま夜も明日もこれを食べたく思える。

多賀野

ああ、おいしかった。これは毎日大行列ができる理由も分かる気がします。
食べ終わって店を出てみると、当然のように外まで大行列。早い時間に来て正解でした。

行列との戦いだからそうそう食べに来る機会もなさそうだけど、ここはまた食べたい味。また平日に休みが取れたら、食べに来ようと思います。

関連ランキング:ラーメン | 荏原中延駅中延駅戸越公園駅

投稿者 B : 22:00 | Gourmet | Ramen | コメント (0) | トラックバック

2018/12/15 (Sat.)

SMOKEHOUSE

何やらうまい店がある、というお誘いを受けて、久しぶりに原宿まで行ってきました。

SMOKEHOUSE

SMOKEHOUSE

キャットストリートの真ん中あたりにこんな店があったんですね。
「URBAN BBQ」「SMOKEHOUSE」の文字列からも分かるとおり、どうやら燻製系バーベキューが楽しめるお店のようです。しかも天王洲にある T.Y.HARBOR 系列の店舗であればビールがうまいに違いない。入る前から当選確実、という感触をヒシヒシと感じます。

一見コワモテのマスターに出迎えられて若干ビビりつつ(笑)、着席。

SMOKEHOUSE

まずはペールエールから。個人的にはビールの店に来たら小手調べにピルスナーかペールエール、と決めています。
期待通りしっかりめの味でうまい。泡の具合もちょうど良い。

あ、アイスバーグウェッジサラダの写真を撮り忘れた(;´Д`)。ザク切りレタスにベーコンとクルトンを合わせたシーザーっぽいサラダだけど、ブルーチーズソースがかかっていたのがチーズ好きとしてはたまらないポイントでした。

SMOKEHOUSE

スモークチキン。このガッツリ肉感!
燻製らしからぬしっとりした鶏肉に、濃いめのソースがめちゃウマイ。これはビールが進む味。

コールスローもレーズン等の隠し味が入っていてうまいし、何気なく添えられているパンが香りが良くほんのり甘いコーンブレッドだったりして、まるで隙がありません。

SMOKEHOUSE

ビールは定番 IPA に進むわけです。
通常のペールエールよりもしっかりした苦みと個性的な香りがいい。ビールってついなんとなく飲んじゃいがちなお酒だけど、こだわり始めると広くて深い沼が待っている世界です。

SMOKEHOUSE

ポークスペアリブ!このインパクトある見た目。
外側はいかにもスモークっぽいのに、内側は今にも肉汁がしたたってきそうなみずみずしさ。
これは、一刻も早くかぶりつきたい。

SMOKEHOUSE

見た目だけでなく味もしっかりついていて、これはうまい。いかにも燻製という感じではない程良い香りと、低温で長時間熟成したというしっとり柔らかい肉質がいい。今まで食べてきたどんなポークスペアリブとも違う味。

SMOKEHOUSE

こういう肉にはビールよりもスッキリとしたハイボールが合いそうだったので、マスターのおすすめというベイカーズ 7 年のハイボールをいただきました。これは...この樽っぽい香りが確かに、スモークミートによく合う。

そういえば近年のハイボールブームで国産ウィスキーが品薄という話で、自宅で愛飲している富士山麓が近々生産終了してしまうため代わりになりそうなウィスキーをいろいろ物色しているんですが、癖のない国産ウィスキーだけでなくバーボン系のハイボールは確かに、アリかも。これは気に入りました。

SMOKEHOUSE

ちなみにテーブルには四種類のソースが常備されていて、肉につけていろんな味を楽しめるようになっています。私はとりあえずポーターペッパーソースを試してみてこれはこれで美味しいと思いましたが、ソースが勝ちすぎてしまうかも。何もつけなくても十分美味しいと思います。

SMOKEHOUSE

デザートはバナナクリームプディング(ティラミススタイル)。一見ティラミスだけど、バナナ味になるだけでこんなに濃いとは(笑。料理以上にここがアメリカンな店だったことを実感する味。

SMOKEHOUSE

チョコレートピーナッツバターチーズケーキ。これも濃い!チョコレートも濃いけどチーズケーキ部分も濃い。美味しいけど、これは 2~3 人でシェアするくらいでちょうど良いな(笑。

どれも美味しかったです。ただ全体的にボリューミーだったから、もっといろいろ味わいたかったけどお腹いっぱいになってしまったのが惜しい。今度は 5~6 人で来ていろいろちょっとずつ味わってみたいです。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:ビアバー | 明治神宮前駅原宿駅表参道駅

投稿者 B : 21:00 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック