b's mono-log

2013/07/26 (Fri.)

神奈川県横浜市日ノ出町のチートのしょうが炒めとパタン

「ん、なんだあれ?豚が、いっぱい。中華ホルモン...そうきたか」

第一亭

ドラマ『孤独のグルメ Season3』聖地巡礼も順調に消化を進めています(といってもいきなり第 3 話の河津で挫折しそうですが)。今回は、先週放送になったばかりの第 2 話の舞台、横浜は日ノ出町にやってきました。

このドラマ、これだけ東京近郊のローカルな飲食店を攻めていれば、そのうち自分や友人知人の行ったことがあるお店も出てくるんだろう、と思っていましたが、今回の日ノ出町は某氏がまさに生まれ育った街、しかも「第一亭」には今もよく行く、ということで、これは連れて行ってもらわねばなりますまい。しかも最初「チートとパタン」と聞いたときはなんのことだかさっぱり分かりませんでしたが、ドラマを観たらやたらうまそうじゃないですか。期待も高まるというものです。

第一亭

第一亭

おおお、大人気。っていうか行列すごいんですけど!まだ放送から 1 週間しか経っていないもんなあ。

ともあれ、予約をしてあるので、並んでいる人たちになんだか悪いなあ...と思いつつ、行列の脇をすり抜けて店内へ。

第一亭

お店の中は、ああ、けっこうどこにでもあるよねこういう地元に愛されて長年やってきた中華料理屋、という雰囲気。だがそれがいい。

メニューは基本的にほぼ豚。でも、種類はやたらたくさんあって、悩みます。
う~ん、これは、チョイスが難しい店だ。

ホルモン、モツ、コブクロ、ハツ、胃にタンに、頭まで。全身、どこでもアリだ。オオアリクi(ry

第一亭

とりあえずビールで乾杯から。
豚で瓶ビール、直球勝負だ。問題は、豚のどこにそれを投げ込むかだ。

豚、豚、豚、豚、豚...。

まあ、当然最初は「チート(豚胃)のしょうが炒め」でしょう。

第一亭

おお、これがチート。しょうがと、ネギと、塩だれでシンプルに炒めただけだけど、こういうのがビールや白い飯に合うんだよなあ(もぐもぐ

おいおい、この豚、とんでもないぞ。
コリコリだと思ってたら、ぽわぽわに柔らかい。

チート、いい。

第一亭

続いて、レバ味噌炒め。ピリ辛の味噌で、レバーの臭みがうまく中和されて、ビールに合うなぁ~っ。
これぞ、正しいビールのつまみ。ゴローちゃんが下戸なのって、人生の半分は損してるよなあ(笑

第一亭

皮蛋は、ちょっとクセが強めだけど、お酒のつまみならこれはこれで正しい。
皮蛋とお酒が美味しいと感じられるのは、大人の特権だよなあ。

第一亭

チートは美味しかったけど、量が少なめだったからもうちょっと食べたいかも...と思って、チートのうま煮を注文。あと、焼きビーフンも。
チートのうま煮、しょうが炒めとは違って野菜がたっぷり、味付けも濃いめでうまい。白い飯とならしょうが炒めだけど、酒のつまみならうま煮のほうが相性がいいかも。これはとても気に入った。

第一亭

次はホルモン炒め。中華(台湾)料理でホルモン、って珍しいような。こういう味付けのホルモンは初めてだけど、これがまたうんまい。

今度はプリプリだ。ビールがまた仕切り直してうまい。
ビールとホルモンと俺。この三角ベースを回り続けていたい。

第一亭

...と言った舌の根も乾かぬうちに、飲み物は紹興酒に移行(ぉ
やっぱり中華料理の味付けには紹興酒ですよ。中国酒は普段あまり飲まないからペースが掴みづらいけど、小瓶で出してくれるからちょびちょび飲めてありがたい。

第一亭

そして一度豚から離れて、蒸し鶏。常連客役の不破万作さんが頼んでいたものですが、中華の蒸し鶏ってうまいんですよね。

しっとりと蒸し上がった鶏肉に、ごま油の風味が効いていて、期待通りの味。
そしてネギがいい...ネギってどこに行ってもいいアシストするよなあ。気がつけば、ここまで頼んだ料理の大半にネギが添えられていることに気づく(笑

第一亭

ここで「五郎's 豚豚セレクション」から最後のひとつ、豚舌をいただこうと思ったら、品切れとか(;´Д`)。まあ、ほろほろ鳥のことを思えば、ここまでのメニューが売り切れていなかっただけ当たり、と考えたほうがいいか。
気を取り直して、豚頭肉に切り替え。これがまた、豚舌とは部位こそ違えどじっくりボイル系で味噌だれをつけて食べる、というスタイルは同じ。豚の頭肉って初めて食べたけど、脂が乗っていて柔らかく、これがまたうまい。頭肉、正解。

豚にも色んな輝きがあり それがこの店の中で星空のようにさざめいている。
いいぞ、いいぞ、オール豚肉総進撃だ。(蒸し鶏をつつきながら

第一亭

さあ、〆は当然「パタン」でしょう。もともとまかない飯で、包丁でニンニクを「パタンッ」と潰す音から、いつの間にか「パタン」と呼ばれるようになった、というもの。ちなみに、調理場のおじさん、本当にまかないでパタンを食べていたようでした(笑

中華スープもセットになって出てくるんですね。
ちょいとネギが乗っかってるが、本当に具はニンニクだけなんだなあ。

第一亭

ドラマに出ていたパタンはストレートの太麺...だったはずなのですが、このときに出てきたのはちょっと縮れた細麺。これはきっと、あまりに注文が多すぎていつもの麺が調達できなくなって、代用品を使っているな(笑。でもこれはこれで、ごま油やニンニクがよく絡んで、いいかも。

おほほほっ、これは、クルなあ。なんか熱くなってきた。

第一亭

「明後日まで残っちゃう」と言われるパタンのニンニク。常連の某氏によると「翌朝、自分のニンニク臭さにびっくりして起きる」というレベルだそうです(笑。
どれほどのものか、と覚悟を決めて食べましたが、みじん切りのニンニクは、麺の上にドカッというよりも、細かく麺に絡む感じ。強烈なニンニクの匂いと辛さ、という意味では中野区鷺ノ宮のロースにんにく焼きのほうが強烈だったかな。むしろニンニクの具合はちょうど良いと感じました。まあ、ここまでニンニクが入った料理を大量に食べてきて、自分の感覚が麻痺していただけかもしれませんが(ぉ。ちなみに、帰りにコンビニで買った牛乳一本とブレスケアを胃に流し込んだおかげで、翌朝家族からは顰蹙を買わずに済みました(笑。

まかないでサッと作って食べるものだし、これくらいの料理なら、自分でも作れそうな気も。茹でた中華麺にごま油と醤油を混ぜたたれとニンニクのみじん切り、ネギを絡めればできちゃいそうだからなあ。

さてと、よし。あとは中華スープでつけ麺風にしてみるか。

第一亭

あっ、こうなるか。なるほど。これいいなぁ~。
そのまま食べるのとは目先が変わって、うまみが凝縮されたスープの味が、パタンの味の深みを増す。一品で二度おいしい、これはいい。

仕事で疲れた体にニンニクパワーが注入されていく。喰えば喰うほど元気が出る。

第一亭

いや~、食べた食べた。野毛、恐るべし。横浜、深い。
豚に感謝。そして、おかあさんたちに感謝。おいしかったです。

代金は 3 人でちょうど 1 万円。これ、絶対どんぶり勘定だよね(笑

第一亭

店内にはもちろん松重さん、久住さんのサイン。あと店のおばちゃん役だった、あめくみちこさんのサインも。あのいかにも「子どもの頃から知ってる近所の飲食店のおばちゃん」らしい演技、よかったなあ(笑

第一亭

お会計が終わって店を出てみると「本日、品切れのため終了いたしました」の貼り紙が。そういえば、我々が食べている間に何組も断られていたなあ。気の毒だけど、放送前にお店を突き止めて予約しておいて良かった。

第一亭

しかも「当分の間火曜日・日曜日は休業」と「禁煙」の貼り紙まで。ゴローが食べ終わった後に店内で一服、というシーンがありましたが、さすがにそれでは行列が捌ききれなくてやむを得ず、といったところでしょうか。昼営業もお休みしているようですし、それだけ夜の営業が大変、ということなのでしょう。我々がいる間ずっと満席で、注文も調理も追いついてないな...というのが明らかで、追加注文するのが申し訳なく感じるくらいでした。赤羽は混雑というよりも品切れでどうにもならなくなっていましたが、Season1・2 の頃と比べても、この状況はちょっと盛り上がりすぎでは、という気もします。聖地巡礼は、放送後ちょっと時間が経ってから、にしようかな...。

関連ランキング:台湾料理 | 日ノ出町駅桜木町駅伊勢佐木長者町駅

投稿者 B : 00:08 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (2) | トラックバック

2013/07/22 (Mon.)

北区赤羽のほろほろ鳥とうな丼

「お、こっちにもうなぎ...よし、新規開拓だ」

OK 横丁

Season2 の聖地巡礼もあと一店だけ残っていますが、Season3 が始まってしまったので、『孤独のグルメ』聖地巡礼もさっそく Season3 と行きたいと思います。まずは、第 1 話に登場した、赤羽の「川栄」にやってきました。
赤羽の駅前すぐのところにある「OK 横丁」。原作コミックにも登場した、あの朝 9 時からうなぎで飲める「まるます家」もこの横丁にあります。呑兵衛を引き寄せる強大な磁力を持っている横丁を入ってすぐのところに、お店はありました。

川栄

川栄

うおぉぉ...うなぎだうなぎだ。土用の丑の日には早いが、今の俺の身体が、うなぎを欲している。
それに、この匂い。久々のうなぎの匂いに、胃袋がもんどり打っている。

実は、初回放送のタイトルが判明した時点でこのお店であることを突き止め、放送前に予約を取っていた私(ぉ。結果的に放送翌日から大行列で品切れ続出、という状態だったらしいので、事前に予約しておかなければ入れなかったに違いありません。案の定、我々の後に飛び込みで来たお客さんのほとんどが断られていたようでした。作品の人気が高まるのはファンとして嬉しいですが、聖地の競争率が上がってしまうのは悩ましいところ。巡礼のペースを緩めてゆっくり巡るようにしたほうが良いかもしれません。
ちなみに予約ができるのは 19 時まで。昼間仕事をして、19 時までに赤羽に来る、というのはなかなかハードルが高いです(;´Д`)ヾ。

川栄

店内には一階席と二階席(座敷)がありましたが、ドラマの絵的にぜったい一階のテーブル席で撮ってるに違いない!と考えて、一階席を予約。ゲスト出演の酔いどれ客役・石倉三郎さんが座っていた席に通されました。

壁面には定番、松重さんと久住さん、石倉さんのサインが飾られています。

川栄

奥のほうにはさらに『酒場放浪記』の吉田類さんのサインまで!どうやら 6 年前の放送で登場していたらしいですが、こどグルに酒場放浪記、ってもうオヤジグルメ番組のグランドスラム達成じゃないですか(笑。

さらには故・藤田まこと氏の「必殺うなぎ人」サインも。石倉三郎さんといい、やっぱりこういう古めかしいうなぎ屋には時代劇俳優がよく似合う。

川栄

まあ、まずは生ビールで乾杯ですよ。お通しは鴨ハム。これから訪れるほろほろ鳥とうなぎの饗宴に、心躍ります。

川栄

ついでに、ビールのつまみに奈良漬け。口に入れた瞬間に、酒粕の香りがつ~んと鼻に抜けていく感じが、酒飲みには堪りません(笑

これはいい奈良漬けだ。でも、ちょっと酔っ払っちまいそうだ。

川栄

あとシンプルに野菜サラダでビールを進めていきます。

じゃあ...ほろちょっと行って、〆にうな丼頼もう。

...と思ったら、放送後の大人気はまだまだ衰えておらず、19 時の時点ですでに主要なほろメニューは売り切れ。ほろ串、楽しみにしてたのに...(´д`)。それでもいくつかのほろメニューは残っているとのことで、片っ端から頼みます(ぉ

川栄

まずは「ほろ皮ぽん酢」。薬味は山葵かもみじおろしから選べましたが、やっぱりぽん酢との相性でいったらもみじおろしでしょう。
けっこうしっかりと存在感のある皮の脂身と、ぽん酢のさっぱりした風味が良い。この酸っぱさが、疲れた夏の五体に染み渡ります。

川栄

せっかくのうな丼の前にビールでお腹いっぱいになってしまうのはもったいない!というわけで、飲み物は角ハイボールに移行。夏はビールも良いけどハイボールもうまい。

川栄

そして本命のひとつ、ほろほろ鳥の合わせ盛りに突入します。鳥刺しとたたきの盛り合わせで、ほろ料理のメインどころが軒並み売り切れる中、予約者は特別に(あらかじめ言わなくても)これだけ取っておいたとのこと。それだけ定番メニューということでしょう。

肉厚、見るからにうまそう。
さあて、ほろほろ初体験。

川栄

おおーっ、おおおーっ。この旨さ、未知との遭遇。
鶏とは違う、かといって鴨なんかとも違う、野性味あふれるうまさ。それでいて生臭さや変な癖はなく、初めてでも食べやすい。フランス料理なんかで重用されるのも、分かる気がする。

ほろほろ、こういうやつだったか。

川栄

そして、ほろほろ鳥のレバーペースト。って、この店、うなぎ屋だったよなあ(笑
クラッカーやドライベジにつけると、滑らかで濃厚なお味。ビールやハイボールというよりも、むしろシャンパンが欲しくなるなあ。

いやあ、ほろ、大正解。この店、当たり。

川栄

続いてせせりの辛みそ焼き。せせりの弾力感のある噛み応えに、ぴりっと辛い味噌がよく浸みていて、お酒がとても進む味。
ああ、この瞬間、フランスから急に赤羽に引き戻された(笑

それじゃあ、ほろほろから、そろそろうなぎ祭りへと突入しようじゃないか。

川栄

初っ端は、ゴローもやたらうまそうに食べていたうなぎのオムレツ。

きれいだなぁ~っ。食べるのが惜しいようだ。

川栄

美しく焼き上げられた卵を割ってみると...おおーっ、とろっとろの中からうなぎクンが。

さっきから、洋食屋とうなぎ屋の間を行ったり来たりしているような感覚だったけど、このオムレツは一つで両方の要素を兼ね備えているなあ。

川栄

うなぎ屋で、洋食屋気分。
甘くって、とろとろしていて、その中からガツン!とうなぎのパワフルな味わい。
卵の中にいても、うなぎはうなぎ。仲良くしながらも、己を全く失わない。
これはおかわりしてもいいくらいだな。

ようし、そろそろメインのうな丼、いこう。

川栄

うな丼が「並」扱いで、その上に「上」「特」「特上」までは分かるけど、「最特」って(笑。しのび重(「ふらっと QUSUMI」で久住さんが食べていた、二段重ねのうな重)の最特の 6,100 円というのは、怖いけど一度食べてみたい(笑

しかし、ここのところの人気で、うなぎはうなぎで品薄。この日はもう並と上までしか残っていないとのことで、4 人でうな丼とうな重を 2 人前ずつ頼みました。

川栄

ちなみに、うな丼・うな重についてくる香の物は、うな丼とうな重できゅうりの枚数が違うという差異化が図られています(笑

川栄

もちろん肝吸いもセットで。

川栄

じゃーん、本日の本命、うな丼。うな重のほうが高いけど、聖地巡礼に来たからにはここはうな「丼」でしょう。
ふっくらと丁寧に焼き上げられたうなぎが、ほろほろ鳥に負けないくらい、口の中でほろほろとほどけるようで、たまらない。

うんうん、見た目を裏切らないうな丼だ。
うまい、うなぎと白い飯、最強。最強線、胃袋行き快速。

川栄

こちらは私が食べたものではありませんが、うな重。
うな丼に比べて、心なしかうなぎが大きいような...。

また来る機会があったら、今度はしのび重を攻めてみたいところ。

川栄

うな丼・うな重は完食しても、これだけ美味しいうなぎをまだまだ味わいたくて。
鰻の骨せんべいをつまみながら、獺祭の純米大吟醸をいただきます。

もう、この時点で完全におやじくさい(笑

川栄

〆はうなぎの白焼き。石倉三郎さんばりに、白焼きと日本酒で「くゥ~ッ!やっぱ人生、このときのために生きてるようなもんよねぇ~!」と唸りたくなります。
たれをつけずに、うなぎそのものの味を楽しむ白焼き。これが美味しい店は、他のものも間違いない。

いいぞいいぞ、食っても食っても、まだうまい。
ほろほろの活躍が霞むような、うなぎの横綱相撲だ。

「うなぎとほろほろ鳥」という、看板食材が二種類あるだけでも強いのに、メニューの種類や味も多才。
ここは想像以上の満足度の高さでした。

この奥深い味は、一朝一夕にできるものじゃない。
俺は、歴史を食ったんだ。

今度はほろ串が食べられるときに、改めて足を運びたいなあ。

関連ランキング:うなぎ | 赤羽駅赤羽岩淵駅

投稿者 B : 00:00 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2013/07/05 (Fri.)

豚組食堂:夜限定プレミアム銘柄豚

六本木に行く用事があったので、豚組食堂でごはんを食べてきました。

とんかつ 豚組食堂

豚組食堂

豚組食堂にはこれまでランチには来たことがありましたが、ディナータイムはこれが初めて。それでもなんだかんだ言ってオープン以来月に一度ペースで来ていますね...それだけ気に入ったということで。西麻布は微妙に遠いし(^^;;

豚組食堂

このお店、西麻布とは違ってランチは豚の銘柄を選ぶことはできず、ロースフィレか、あとは肉の厚みが選べるのみ。対して、ディナータイムはスタンダード銘柄豚とプレミアム銘柄豚が選べます。

なので、今回はちょっと奮発して!プレミアム銘柄豚のロースかつ膳 1.5 倍をいただきます。

豚組食堂

ディナータイムの代金はランチタイムよりも少し高め。その代わり、小鉢がついてくるようです。日替わりかどうかは判りませんが、この日はプチトマトの甘酢漬けでした。これがまたいい漬かり具合で、もうちょっと欲しいくらい。

豚組食堂

カウンターに座って、とんかつが揚がるのを待ちます。もしかしてその手に持っているのは私のロースかつですか(ハァハァ

豚組食堂

この日はちょっと遅めの時間に行ったからか比較的空いていて、あまり待たずに私の分ができあがってきました。

ロースかつ膳 1.5 倍、この日のプレミアム銘柄豚は松坂ポークでした。

豚組食堂

松坂ポークはスタンダード銘柄豚に比べると、肉にサシが多めに入っていてとても柔らかい。かつ、肉自体のうまみもスタンダード銘柄豚よりも多めに感じられて、確かに値段分の差はありますね。

何もつけなくても十分うまいと感じますが、岩塩をちょちょっと振りかけてあげると肉のうまみ、甘みがさらに引き立つようなので、これは岩塩がベストマッチだと思います。

豚組食堂

ついついごはんが止まらなくなってしまって、遅い時間にもかかわらずおかわりをいただいてしまいました(笑。
まあ、この店はとんかつ屋のわりにはごはん一膳あたりの量は少なめなので、問題ない(自分に言い聞かせる

豚組食堂

今回もたいへんごちそうさまでした。

ランチ 1,000 円からのコストパフォーマンスが最強すぎるので夜はさすがに高く見えてしまいますが、価格相応以上の満足度が得られることには変わりありません。ここはもう六本木の定番ごはん屋さんに決定ですが、むしろここばかりになって他のお店に行かなくなりそうなのが問題かもしれません(笑。

関連ランキング:とんかつ | 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅

投稿者 B : 00:29 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2013/06/25 (Tue.)

焼肉 薩摩丹田

代々木近辺で焼肉を食べようという話になって、こんなお店に連れて行ってもらいました。

薩摩丹田 代々木店

薩摩丹田

焼肉といえば韓国系が多くて、薩摩ってなかなか珍しい気がしますが、そういえば鹿児島の黒毛和牛、薩摩牛なんてのもありますからね。

まずは乾杯、生ビールから。ヱビスビールですが、左側は大ジョッキではなく「大噴火ジョッキ」。意味が解りませんが(笑)とにかく大きいです。右側の、中ジョッキなんだぜ...。

薩摩丹田

とりあえずキムチをもらって、注文した肉が出てくるまでの間をつなぎます。

薩摩丹田

そしてどーんと出てきたのが「丹田ビックリブロース」。「ビッグ」と「ビックリ」をかけたネーミングであって某カメラ系家電量販店とは無関係です(ぉ

ハサミやトングとの対比からその大きさが想像できるでしょうか。これはマジで大きいですよ...!

薩摩丹田

で、このロースをハサミで切り分けながら焼いていくわけです。というか、店員さんに焼いてもらうこともできます。

一枚のロースでも、部位によって脂身の分量やサシの入り方がけっこう違うので、いろんな食感が楽しめてとても嬉しい。

薩摩丹田

続いてハラミ。どんどん焼いていきます。

肉質がいいのか、脂が乗っているのに胃にもたれなくて、次々と食べていける感じ。

薩摩丹田

大噴火ジョッキのあとはハイボールに移行するわけです。なんか、せっかく肉が美味しいのにビールと泡でお腹いっぱいになるのがもったいない気がして(笑

最近、健康のために自宅でも外でもビールよりハイボールを飲んでいるんですが、すっかり馴染んでしまって二杯目以降はハイボールのほうが落ち着きます。アルコール度数はビールより高いことが多いので、つい飲み過ぎるけど...。

薩摩丹田

鹿児島和牛コロッケ...がとても美味しそうだったのでいただいてみました。外はさっくさく、中はふわふわ、でもけっこう肉々しくて、これまたいいつまみになるなあ。

薩摩丹田

カルビクッパ。肉のうまみがよく溶け込んだスープに、ごろっとしたカルビが入って、これまたどんどん行けそうなお味。

薩摩丹田

まあこのくらいじゃまだ〆めませんけどね!(ぉ

ビックリブロースがかなり大きかったのであとの肉はあまり食べられないかと思ったら、それほど重くない食感のおかげで、気がつけばけっこう行っちゃってました。

薩摩丹田

デザートはバニラアイスで、今度こそ本当に〆。
いやーここは美味しかった。希少部位とかホルモン系もけっこうあるようなので、また来てみたいですねー。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:焼肉 | 代々木駅北参道駅南新宿駅

投稿者 B : 00:58 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2013/05/15 (Wed.)

福岡のおいしいてんぷら「天ぷらのひらお」

せっかく福岡まで来たし、次にいつ来れるか分からないし、ってことで、がんばってもう少し美味しいものを探してみました(笑

天ぷらのひらお 本店

天ぷらのひらお

福岡空港の近く...といっても、空港から歩いて 20 分くらいかかるところにある天ぷら屋さん。とある人のオススメだったので、ちょっと無理して来てみました。

店内はけっこう広い...けど全てカウンター席、というなかなか面白い構成。揚げたてがカウンター越しに直接提供されるシステムでした。ちなみに食券制で、店内にも券売機があって追加注文も券を買う方式。
一般的に「天ぷら屋」から想像するのとはだいぶ趣の違う、言ってみればちょっとした食品工場のような店内ですが、これはこれで面白い。

天ぷらのひらお

ま、とりあえずビール。出張お疲れさまでした>自分

ビールは瓶しかありませんが、アサヒ(スーパードライ)かキリン(ラガー)が選べるようです。天ぷらにはラガーでしょ。天つゆに沈んだ大根おろしをアテに、ちびちび飲りはじめます(オヤジ

天ぷらのひらお

...と思ったら、カウンターの上になんかたくさん容器が置いてあるじゃないですか。よく見たら、どれもごはんのおかずというか、酒のつまみというか。わさび味噌、辛子高菜、たこわさ、大根の煮物、もやしの和え物。これちょっと天ぷら頼まずにごはんと味噌汁だけ注文して食事できちゃうんじゃね?というレベル(笑

まあ私が酒のつまみとして好むものばかりなので(笑)、これでビールをぐいぐい進めながら、天ぷらを待ちます。

天ぷらのひらお

天ぷらは揚がったものから順に出てくるようです。まずは鱚、海老、南瓜の天ぷら。ちなみに注文したのは「あじわい定食」というセットで、海老・鶏もも・鱚・烏賊・野菜三品の天ぷらセット+ごはん+味噌汁。ビール飲むからごはん少なめにしようと思って小ごはんを頼んだら「ごはん小で大丈夫ですか?」と聞かれました。デフォルト大盛りみたいな体つきですいません(´д`)。まあ、天ぷら以外にもこれだけおかずが無料だったら、白飯を大量に消費したくなる気持ちは分からなくもない。

天ぷらのひらお

揚げたてアツアツ、サクサクの天ぷらをいただいていたら、続きもどんどんやってきます。茄子、ピーマン、鶏もも。

天ぷらのひらお

そして烏賊。

どれも揚げられていても素材の新鮮さがわかる食感と味で、なかなか幸せ。しかも天ぷらなのに食感が軽くて、いくらでも食べられそうな気がしてきます。

天ぷらのひらお

というわけで追加は穴子の天ぷら。こないだ広島で穴子飯を食べそびれた悔しさが残っていたというのもありますが(笑)、この穴子がまた長い。そして外はカリッ、なかはふわっふわ。鱚や鶏ももも良かったけど、今日のチャンピオンはアナゴくん、君に決まりだ。

天ぷらのひらお

ごはんと味噌汁をいただきました。(ビールを頼んでいると、ごはんは先に出すか後に出すか選ばせてもらえます)

ごはん、小でこのサイズ。これ私が自宅で茶碗に大盛り食べるときの量なんですけど(笑
でも、天ぷらもつまみ類もやたらとごはんが進む味なので、却ってありがたいかも。

味噌汁は薄味で、これくらいのほうが確かに天ぷらとのバランスはいい感じ。

天ぷらのひらお

カウンターの上にまだチェックしていなかった何かを見つけてしまいました。

これ、よく見ると、抹茶塩・ごま塩・カレー塩じゃないですか!っていうかカレー塩、そういうのもあるのか!

ちょっとつけて食べてみましたが、ごま塩はもう間違いない安定のうまさ。抹茶塩はこのお店にとってはちょっと上品すぎる印象。カレー塩は...なんだか、天ぷらが駄菓子っぽい味に化けてしまいましたが(笑)、これはこれでアリな気がする。

天ぷらのひらお

いやはや。安くてうまい天ぷら、堪能しました。
天ぷらはメニューがたくさんあるので、機会があれば何度か通っていろいろ試してみたいところ。

帰りはお店の前にちょうどバス停があるのを見つけたので、バスで空港に向かいました。

関連ランキング:天ぷら | 福岡空港駅

投稿者 B : 23:59 | Dinner | Gourmet | コメント (2) | トラックバック

2013/05/14 (Tue.)

博多天神「真」の焼き鯖

先月の広島に続いて、今度は出張で博多に来ています。福岡も中学の修学旅行以来なので、21 年ぶりですよ(といっても当時来たのは小倉なので博多は初めて)。

右も左も分からないわけですが、こういう見知らぬ街を歩いていろいろ探すのはなかなか楽しい。ドラクエで新しい町に着いたときの感覚、と言えばいいでしょうか(笑

ただ、右も左も分からない、ということは、どこで何を食べるのが良いか分からない、ということでもあります。それは困る。

博多天神

ただ、天神のあたりはうろうろしているだけでもなんだか美味しそうなお店はいっぱいあるし、そこらじゅうに出ている屋台を眺めているだけでもお腹が空いてきます。そういえば今日はあまりに忙しくてお昼抜きだったよなあ...なんて考えながら、お店を探します。博多といえばもつ鍋、でも一人もつ鍋はさすがに寂しい。一人ちゃんこを経験済みだとしても、寂しいモノがあります(ぉ

博多天神

歩いていたら、水鏡水天宮という神社の横町に、なんだか雰囲気の良い飲み屋街があるじゃないですか。水天宮の朱色の壁に、飲み屋街の看板の灯りが反射して、まるで赤提灯街のような雰囲気を醸し出しています。これは見るからに期待が持てそうだぞ。

食事と酒処 真

食事と酒処 真

よし、ここに決めた。出張で一人居酒屋、ってのもたまにはいいじゃないの。

食事と酒処 真

今日のおすすめは...と。長崎産のゴマアジとヤリイカの刺身なんてうまそうだな、と思ったら、どれも今日はもうお終いかあ。見る目のあるお客さんが集まっているお店なら、なおのこと期待が持てそうだ。
さて、何を頼もう。

食事と酒処 真

イカの塩辛、カツオ酒盗、辛子メンタイ...私の好物ばっかりで、迷っちゃうなあ。誰ですか、オヤジくさいなんて言ってるのは(ぉ

よし決めた。やっぱり初志貫徹であれにしよう。

食事と酒処 真

でも、まずは生ビールから。

生ビールを頼んだら、おばちゃんが「お疲れさま。」と肩をポン、と叩きつつジョッキを持ってきてくれました。
初めて来たのに、まるで常連さんか自分ちの息子にでも出すようなノリで出してきてくれるのが、なんだか嬉しいじゃないの。

食事と酒処 真

ビールの肴はこれ。生くじらの刺身。和歌山産だから博多と全然関係ありませんが、こういう滅多に食べられない食材が置いてあると頼まずにはいられない。

くじらって、小学校の給食で何回か食べた記憶があるけど、その記憶とはまた違う味。そもそも刺身で食べるのは初めてです。
野性味溢れる「けものの肉」という食感でありながら、くさみはほとんどなくて、ちょっと種類の違う牛刺しのような感じで、なかなか美味。ビールも進みます。

食事と酒処 真

そして本命はこれ。焼き鯖とごはん(この盛りでも小)、味噌汁。夜は定食ではやっていないようですが、単品で頼めます。

鯖といえば山口だけど、福岡はその対岸なんだから、おいしくないわけがない。

食事と酒処 真

どーーーん。このボリュームですよ。長さは割り箸よりも明らかに長く、厚みは最厚部で 2cm はあろうかという特大の鯖。えっと、今まで一人でこの量の鯖を食べたことがないんですけど(笑

食事と酒処 真

身がみっしりと詰まった鯖は、中から脂分が流れ出てくるほど脂が乗っています。旬でない今の時期でさえこれなら、秋の鯖はどれほどになるんだと(^^;;

鯖はほとんど味付けなしでただ焼いただけなので、軽く醤油を落としてからいただくと、しみじみ実家を思い出しそうになる味です。ウチの親父も鯖好きで、朝からだって鯖を食べるような人だったなあ...ってまだ健在だけど(ぉ

こりゃあ、ごはんが小サイズでも盛りが良かったわけだ。私もビールがなければ大盛りごはんじゃないと足りなかったことでしょう。鯖といったら白い飯だろうが!

食事と酒処 真

そして、もしかしたら鯖以上に美味しかったのが、この味噌汁。

ちょっと濃いめ、だけどほんのり甘口で、ほっとする味。味噌汁にここまで癒やされたことはないんじゃないか、というくらい、飲むと身体の内側から幸せがこみ上げてくる味です。油揚げがたくさん入っているのもうれしい。隣に座っていたサラリーマンの二人連れも「この味噌汁、うまいなあ...」とため息をつきながら飲んでいました。

食事と酒処 真

ああ~、うまかった。皮まで残さずきれいにいただいてしまいました。味、量ともにかなり満足度の高いお店。しかも、これだけ飲み食いして 2,500 円ですよ。

今度いつ博多に来ることがあるか分からないけれど、この店は間違いなく覚えておこうと思いました。

関連ランキング:和食(その他) | 天神駅中洲川端駅天神南駅

投稿者 B : 23:59 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2013/05/03 (Fri.)

豚組 [しゃぶ庵] で馬しゃぶを食す

久しぶりに豚組 [しゃぶ庵]に行ってきました。

豚組 [しゃぶ庵]

豚組 [しゃぶ庵]

一時期は毎月のように行っていた豚組ですが、最近は孤独のグルメ聖地巡礼が忙しくて(笑)すっかりご無沙汰していました。一年ちょっとぶりくらいじゃないですかね...。

今回のお目当ては期間限定の「馬しゃぶ」。本当は 4 月限定だったのが、好評につき 5 月まで延長されたと聞いて、すかさず予約しました(笑。長野に出張に行ったらスケジュールが許す限り必ず蕎麦と馬刺しは食べる、というくらいの馬肉好きとしては、これは見逃せない。ましてや馬刺しなら食べられる店がそれなりにあるけど、馬しゃぶなんて初めてですよ。

豚組 [しゃぶ庵]

例によってル・クルーゼの鍋が我々を出迎えてくれます。もはやこの鍋を見るだけで唾液が分泌してくるという、俺は完全にパブロフの犬かもしれない(ぉ

豚組 [しゃぶ庵]

料理が出てくるまでの間にビールで乾杯。サンクトガーレンの湘南ゴールドは、フルーティな香りでやっぱりうまいなあ。

ここで事件発生。同席のクマデジさんが割り箸を落としたところ、1 分以内の早さで店員さんが「もしかして割り箸落とされましたか?」と替えの割り箸を持ってきてくださいました。落とした音だけで対応できるこの接客!しゃぶ庵には今まで何度となく来ていますが、接客でここまで驚いたのは初めてです。逆に、個室とはいえヘタな会話はできないなあ、とも思いましたが(笑

豚組 [しゃぶ庵]

馬しゃぶ懐石コース、ということで、まずは八寸からいただきます。こういう、ちょこちょこいろんな味を楽しめる料理って好きなんですよね。個人的には、旬の終わり際ギリギリのホタルイカが入っているのがうれしい。

豚組 [しゃぶ庵]

しゃぶしゃぶへの前振りに、馬肉のタタキ。鰹とも牛とも違う、身の引き締まった感じがいい。タタキにすることでさらに際立ちますね。

豚組 [しゃぶ庵]

ビールはパイナップルエールに移行。湘南ゴールドとはまた違った甘みのある香りとトロピカルな後味がいい。

豚組 [しゃぶ庵]

そして伏兵。茄子を田楽風に仕立てたものですが、柔らかく煮られた茄子の食感と、鶏挽肉を和えた味噌が濃密に絡んで、真剣にうまい。これはおかわりしたくなる味でした。

豚組 [しゃぶ庵]

「こちら、中村からのサービスになります」ということで、Twitter 予約特典の自家製チャーシューを今回もいただきました。これだけで十分に一品メニューになり得るうまさ。すいませーん、ライスください(ぉ

豚組 [しゃぶ庵]

ここでしゃぶしゃぶのたれが登場。左からフルーツポン酢(オレンジとグレープフルーツ、だったかな)、ノーマルポン酢、そばつゆ。これが出てくると期待は最高潮に達します(笑。個人的にはこのそばつゆでいただくしゃぶしゃぶが好き。馬肉との相性はどうでしょうか。

豚組 [しゃぶ庵]

...というわけで、本日の主役・馬しゃぶ肉の入場です!

これぞ「桜肉」という、見事な桜色。見るからにウマそうじゃないですか。

豚組 [しゃぶ庵]

この見事なサシの入り具合。しかも、馬脂は牛脂に比べて融点が低い(豚脂もほぼ同様)ので、常温で既に少しずつ融け始めています。この脂肪の融けやすさが馬肉の旨さの秘密なんですよね...。

豚組 [しゃぶ庵]

あまり熱を加えすぎると脂が溶け出しちゃって美味しさが損なわれるので、鍋のお湯には本当にくぐらせる程度でいただきます。私は長野では馬刺しと蕎麦の組み合わせでいただくことが多いので、そばつゆとの相性が良いことは保証されているようなものですが、牛豚と比べて軽い食感なので、フルーツポン酢との組み合わせがベストかも、と感じました。

ちなみにこの馬肉は馬刺しで食べられるほど質の良いものなので、生のまま醤油につけていただいても OK です。というか、私は半分くらい馬刺しとしていただきました(笑。舌の上でサッと溶ける馬脂の甘みが、ああ堪らない...!

豚組 [しゃぶ庵]

〆は定番の中華麺。鍋にはしゃぶしゃぶした肉のうまみが溶け出している=つまりはとんこつスープに近い状態になっている、ということで、この細麺がよく合います。

豚組 [しゃぶ庵]

この沸き立つ麺を見ていると、ひとしきり食べた後なのに再び食欲がかき立てられてきます(笑。
というか、豚しゃぶに比べると腹にドスンと来る感覚がないので、本当にもっと食べられるところでした。豚しゃぶ一皿、追加しておけばよかったかなあ。

豚組 [しゃぶ庵]

デザートのマンゴーシャーベットにて終了。

いやあ、ごちそうさまでした。これ期間限定メニューというのがもったいないくらい、馬肉好きにはたまりません。まあ、定常メニューとして持っておくのは仕入れとかなかなか大変だとは思いますが(^^;;
馬肉の美味しい店、改めて探してみようかなあ。そういえば、人形町に見るからに美味しそうな馬肉専門店があったっけ...。

関連ランキング:豚しゃぶ | 乃木坂駅六本木駅青山一丁目駅

投稿者 B : 16:00 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2013/03/04 (Mon.)

神奈川県横浜市白楽の豚肉と玉ねぎのニンニク焼き

「あ...来た。ストンと来たぞ。ここに決まり」

キッチン友

キッチン友

『孤独のグルメ Season2』聖地巡礼も大詰めを迎えてきました。今回は第 5 話に登場した白楽の「キッチン友」にやってきました。私の生活圏からすると他のお店に比べれば川崎~横浜方面のほうがアクセスが良いので、その気になればいつでも行けるし...と思っていたら、つい後回しにしてしまっていたという。実はこれまでに二回来ようと思い立った日があったんですが、一回は思い立った日が定休日だということが分かって諦め、もう一回は店の前まで来てみたらご親類の不幸ごとで臨時休業とか(;´Д`)。三度目の正直で、横浜方面で仕事の用事があった帰りに立ち寄ってみました。

キッチン友

テレビで紹介されなかったら絶対分からなかったであろう路地裏のドアを開けて、2 階の席に通されました。

メニューがなんだか盛りだくさんで、これは迷うなぁ~っ。

キッチン友

うん、洋食屋と言えばハンバーグ。ポークアングレーズってのも...気になるなあ~。

こっちは...肉、にく、ニク。

ハンバーグにコーンとグリンピースが入ったら「テキサス風」になるとか、ポークソテーが「アメリカ風」だったりとか、このセンスが何とも言えないなあ。

キッチン友

チャーハン、カレーに、スパゲッティ。何でも揃ってるのが嬉しい。
肉玉チャーハン、玉子と肉味って!「肉味」って何だ!(笑

やっぱり、初心に帰って、出会い頭のスペシャルか、ジャンボだな。
うん、今日の俺は、スペシャルだ。

キッチン友

オーダーも決まったところで、改めて店内を見渡します。
混んでいる時間帯だったようで、私が通されたのは角にある最も小さなテーブル。劇中でカップルが心理テストをやっていた三角テーブルです。で、写真の真ん中がゴローちゃん席。

...とか、見回しているうちにどんどんお客さんが帰っていって、気がつけば貸し切りになっちゃったぞ。

キッチン友

基本的には水曜定休だけど、連休だったり曜日がずれたりすることがけっこうあるのか。こりゃ、わざわざ食べに来ると私のようにハズレを引く確率が高いわけだ。基本的には、近くの学生さんが普段から行きつけてるようなところなんだろうな。
この休業日の一覧に、さりげなく顔文字だったりアスキーアートだったり、お店のおばちゃん、なかなかお茶目だなあ。まるで母親から送られてくるケータイメールみたいだ(笑。

おっと、おいでなすった...!

キッチン友

こいつがスペシャルか。おいおい、玉ねぎの山で、豚が見えないぞ。
でも、食欲がビンビンにそそられる。
鉄板の上でタレがジュワジュワと沸騰しているのがまたいい。

キッチン友

うんうん、これだよこれ。濃い味、玉ねぎ。
やっぱり玉ねぎは、これくらいの色がごはんにはうまいんだ。
甘みがたっぷり出た玉ねぎと、気取らない若々しさが漂うタレの味がよく絡む。

ほうら、バチーンと合うぞ。

キッチン友

出てきた、出てきた。
なんだか、発掘みたいだなあ。
豚肉、スパゲッティ、にんじん、ピーマン、フライドポテト。玉ねぎの地層からいろんなものが出てくるなあ。

うん、熟している。うまいうまい、王道学生味だ。
このタレの味がついたスパゲッティが、またいいんだ。

そういえば...しまった。友風焼きには、味噌汁はつかないのか。

キッチン友

というわけで、豚汁、いただきました。
ふ~、これで汁問題は解決。

さて、豚汁は。
あ~、なるへそ。味付けは友風焼きとは正反対で薄味だけど、代わりに出汁と野菜の甘みが効いていて、ほっとする。

洋食屋の豚汁、いいじゃないか。
具もたっぷり、これ一つでも十分メシが食える。う~ん、素晴らしい。

ようし、俺も学生食いと行くか。うん、気分は学祭蒸気機関車だ。
くべる、燃やす、くべる、燃やす、くべる、燃やす...!

キッチン友

綺麗に完食。ごちそうさまでした。
う~ん、年甲斐もなく、学生時代を思い出してガツガツ食ってしまった。
今日の俺は、まさにスペシャルだ。

友風焼きもうまかったけど、ジャンボランチ、ポークアングレーズ、チキンカツ、カレーにスパゲッティ...他にも気になるのがいろいろあるんだよなあ~。
横浜方面に用事があるときには、ちょっと寄り道してみようかな。

これで Season2 の聖地巡礼も残すところあと 1 話となりましたが、最後が千葉県旭市、それもサンマのなめろうなので(´д`)、さすがに時季が来るまでは攻めようがありません。それまでは、これまでに行ったお店のリピートだったり、個人的孤独の名店を発掘したり、そういう感じで行こうかと思います。Season3 の噂は今のところありませんが(笑)、三鷹の「樹」に貼ってあったポスターの内容からすると、期待してもいいのかな...?

孤独のグルメ Season2 Blu-ray BOX

B00AH9VRSI

関連ランキング:洋食 | 白楽駅東白楽駅

投稿者 B : 23:59 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (2) | トラックバック

2013/02/22 (Fri.)

割烹ちゃんこ 大内 再訪

「元気が出てくると、人間ってどうにも腹が減るんだな。しかも、時間いっぱい。待ったなしだ」

割烹ちゃんこ 大内

割烹ちゃんこ 大内

ドラマ『孤独のグルメ』の聖地巡も、これだけ続けているとフォロワーが生まれてくるわけで(笑)。最近「この店に連れて行ってほしい/一緒に行かないか」というお誘いを受けることが増えてきました。ということで、今回は中でもリクエストが多かった両国の「大内」を再訪してみることに。この店、確かにうまかったからなあ~。

割烹ちゃんこ 大内

今回は四人での訪店。前回来たときには、いつも混んでいそうな雰囲気だったので、電話予約しました。
通されたのは奥の座敷席。ドラマの中ではあまり広そうなイメージはありませんでしたが(カウンター席だったしね)、奥はけっこうゆったりとした空間になっています。

壁面にはこのお店を開いた元大関・大内山の写真や化粧まわしが飾られていました。こういうのを見ると、両国に来たんだなあと実感します。

割烹ちゃんこ 大内

この日は運悪く総武線で人身事故があったとかで、集合は遅れ気味。とりあえず瓶ビールを頼んでちびちび飲りながら、集合を待ちます。
お通しはバイ貝の煮付け。こういうの、田舎を思い出すんだよなあ。

割烹ちゃんこ 大内

テーブルには蓋をされた鍋がみんなの到着を待っています。んん~、早く食べたい。

割烹ちゃんこ 大内

三々五々、メンバーが集まり始めました。まずは一品料理から入れていこう。

「ふらっと QUSUMI」に出ていたカツオのたたきが食べたかったところですが、今はもう旬じゃないから仕入れていない、ということで、次に心惹かれた〆サバを。これがまた脂が乗っていて、ちょうど良く締まっていて、すすむなぁ~っ。十条の鯖のくんせいも絶品だったけど、これも気に入った。

割烹ちゃんこ 大内

続いて、やっぱりこれは外せない、山芋の千切り。生卵と醤油、山葵を合わせていただきます。中入前のビールとの取組に、これ以上の顔合わせはないなあ。

割烹ちゃんこ 大内

さらに、肉豆腐。これもいいなあ~。肉豆腐というよりほとんどすき焼きに近い味付けとボリュームで、これと白いごはんがあったらそれだけで立派な食事になっちゃいそうだぞ。でも、こういうのを本命の前にちょっとだけ食べる贅沢が、嬉しいんですよ。

割烹ちゃんこ 大内

さああて、全員揃ったことだし、そろそろ幕内の入場、といきましょうか。今回のちゃんこももちろん定番「鳥そっぷ」。四人だけど、四人前だとちゃんこだけでいっぱいになりそうだったので、まずは二人前から。それでもこのボリューム、さすがは力士の日々のメシだなあ。

割烹ちゃんこ 大内

ぐつぐつ、ぐつぐつ。
良い感じで煮立ってきたところで、軽く吹きこぼれ、隣に座っていた k さんが焦って、火を弱めようとコンロのツマミを回して逆に強火にするシマツ(笑

大の大人が、鍋の沸騰ごときで慌てふためいて、立ち合いで転がされたようなものだ。落ち着け...。

割烹ちゃんこ 大内

鳥そっぷ、完成。
いやあ、一人ちゃんこもなかなか良かったけど、やっぱりちゃんこは大人数でこういうボリュームの鍋をつついてこそだなあ、というのを改めて実感するなあ。

割烹ちゃんこ 大内

うん、しみてるしみてる。
このシンプルなスープに、鶏肉やいろんな野菜のエキスが凝縮された、このうまみがたまらないんですよ。くたくたになったキャベツから滲んでくる甘みがまたいい。

割烹ちゃんこ 大内

これは辛抱たまらず、日本酒に行ってしまうというものです。熱燗でも冷酒でもなく常温でいただきます。

日本人の心やね。

割烹ちゃんこ 大内

で、〆はやっぱりうどん。鍋に落として一煮立ちさせたら、茶色いスープが太い麺にしっかり染みこんで、これがまたうまい。

割烹ちゃんこ 大内

ついさっきまで食べてきたちゃんこの味が、このうどんと天かすに全部凝縮されていて、ああ、俺はこのうどんのために今までちゃんこを食べていたのか、と思えるくらい、幸せな瞬間。

...あれれ、なくなっちゃった。まだまだ行けそうなのに、なんだか少し寂しいなぁ。
じゃあ...まだまだ行きますか(ぉ

割烹ちゃんこ 大内

というわけで、いったん鍋を〆つつ、さらなる追加オーダー(笑。
玉子焼きは厚焼きで、塩と砂糖の加減が絶妙で、これまた幸せになれる味。肉豆腐といい、ここは定食屋をやっても繁盛するんじゃないか、と思える家庭的なうまさです。

割烹ちゃんこ 大内

ついでにちゃんこもおかわりをいただきます(ぉ

でも、予約では鳥そっぷ二人前しか入れていなかった上に、スタートの時間もなんだかんだで遅くなってしまったこともあって、この頃には注文できるものの選択肢が限られてしまっていました。本当は豚味噌ちゃんこ鍋を食べてみたかったんですが豚がもう切れていて、「鳥味噌ならできますよ」ということで、メニューにない鳥味噌ちゃんこになりました(笑)おかみさん、無理言ってすみません...。

それでもこれがまたヒット。具は鳥そっぷと同じなのに、スープが味噌というだけで、それぞれの具材がまた違った表情を見せてくれます。あっさりしていた鳥そっぷとは対極の、濃くてほっとする味。これは西の横綱級だ。一度うどんで千秋楽を迎えているはずなのに、まるでまた中日からやり直せるような気分だ(ぉ

割烹ちゃんこ 大内

二度目の〆は、ほかに雑炊かもちができる、ということでしたが、味噌なら雑炊がおすすめということで、ここはおかみさんの見立てに従ってみることに。そしたら、味噌の中にお米と玉子がふんわりと混じり合った、こんなうまそうな雑炊ができあがりました。うん、おかみさんのおすすめで正解。これは間違いない。

割烹ちゃんこ 大内

取り分けたら、薬味の刻みのりを散らしていただきます。この刻みのりが雑炊に風味を加えてくれるだけじゃなく、のり自体が雑炊の味噌スープを吸い込んで、これがまた罪作りな味。この雑炊だけいくらでも食べ続けていられそうだぞ。

鳥そっぷとうどん、鳥味噌と雑炊。甲乙つけがたし。

割烹ちゃんこ 大内

四人で雑炊もあっという間に完食。うまかったぁ~。
やっぱりここはリピートしたくなる味だ。でも今度は、もっと計画的にちゃんこの取組表を作って、最初から予約して来よう。

明日の仕事も、正面から当たって、
まわしを取ったら、豪快に上手出し投げだ。

ごちそうさまでした。

孤独のグルメ Season2 Blu-ray BOX

B00AH9VRSI

関連ランキング:割烹・小料理 | 両国駅森下駅浜町駅

投稿者 B : 23:29 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2013/02/16 (Sat.)

久々久高

先日、久しぶりに六本木の久高で飲んできました。

和風創作野菜料理 久高

久高

このお店、すごく好きなんですが、去年は外食といえばこどグルツアーばかりになってしまったので(笑)、しばらく足が遠のいていました。いつぶりかっていったらなんと一昨年の忘年会以来。もうちょっと来てるつもりだったんだけどなあ...。

久高

ともあれ、まずは「おいしいビール」で乾杯。マスター、久しぶりなのに私の顔を覚えていてくださってありがとうございます。

久高

カウンターにはいつものおばんざい。うんうん、やっぱりこういうのが嬉しいんですよ。

久高

おばんざい全品一皿ずつ、でもお腹いっぱいになりそうですが、気になるものをいくつかチョイス。これはあさりと大根の炒め物と、ちくわと蒟蒻の煮物。
あさりと大根は、あさりが入っているからってわけじゃないだろうけどあっさり。ちくわは、見るからに煮締まってて濃い味。どちらも、ビールが進みます。

久高

それから、厚揚げとかぶの煮物。このかぶが、ほくほくっとやわらかく煮込んであって、あったまる。ほっとする。疲れた身体に染み入ります。

久高

おばんざいに続いては、私の中で久高の超定番メニューになってしまった大根ステーキをいただきます。これおいしい。上に焼いた肉が載っけてあるとはいえ、これはまごうかたなく大根のステーキです。食べ応えがあって、大根でビールが進むというのは新体験ではないでしょうか。

久高

さて、ノッてきたところで焼酎にバトンタッチします。久高といえば仕込み水のチェイサーでいただく日本酒が美味しいんですが、ちょっとしばらくは深酒で体調を崩すわけにもいかないので(笑)、翌日に残らない焼酎を。銘柄は、迷ったときにはまず黒霧島。

久高

どんどんいきましょう。
ワカサギの南蛮漬け、旬の魚をこういう家庭的な味付けで食べられるのが嬉しい。脂の乗ったワカサギと、蓮根や玉葱のシャキシャキした食感。それにこの酸味が焼酎に合うなあ。

久高

久高のもう一つの名物と言えば、日替わりのコロッケ。ドスンと存在感のあるこの日のコロッケの中身は、

久高

なんと角煮!(笑
しかも角煮の細切れが入っているわけじゃなくて、ごろんと丸ごと角煮が入っています。もうコロッケを食べているんだか角煮を食べているんだかよく分からなくなってきましたが(笑、これはうまい。角煮コロッケ、アリだ。

久高

さあ、焼酎おかわりいきましょうか。
これ、気になるなあ。カウンターの上に置かれていた「無濾過 にごり芋」。ロックでお願いします。

久高

...って、「無濾過」「にごり」なのにどう見ても無色透明です本当にありがとうございました(ぉ
見た目だけじゃなくて、味もなんだかスッキリしていて、どこがどう濁ってるのか理解できない(笑)。でもこれ芋焼酎にしては爽やか系の飽きの来ない味で、何杯でも飲めそうな気がします。けっこううまい。

久高

ネギ豚。これもこってりしてるけど、ここの調理はしつこくないのであっさりといただけます。
角煮っぽいものはさっき食べたところじゃないかって?忘れました(ぉ

久高

れんこんもっちり焼。輪切りの蓮根が上に乗ったチヂミみたいな感じ。正しい酒のつまみ、という感じで、こういうの好きだなあ。

久高

まんなかトマトのメンチカツ。肉が入った揚げ物的なものはさっき食べたとか言わないで(ぉ
これもドスンとパンチのあるお味。でも、これに限らずここの料理には基本的に野菜がたっぷり使われていて、バランスが偏らないのが嬉しいじゃないですか。

久高

さて、そろそろ〆。ここの〆はやっぱり手打ちうどんでしょう。以前の忘年会で〆のうどんをおかわりするという暴挙に出たくらいうまいうどん(笑

久高

コシがあって、出汁の味も絶妙で、この〆は幸せだなあ。

今回もお腹いっぱいになりました。ごちそうさまでした。
一時期に比べると最近はちょっと六本木から足が遠ざかっているけど、またちょくちょく来よう。

関連ランキング:創作料理 | 六本木駅麻布十番駅六本木一丁目駅

投稿者 B : 00:00 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック