b's mono-log

2011/11/20 (Sun.)

天草大王鍋アゲイン(天草大王と十割そばの店 秀)

ほんの 10 日ほど前に行ったところではありますが、ふたたび新橋へいそいそと。

天草大王と十割そばの店 秀 新橋店

天草大王と十割そばの店 秀

集合時間よりも早く着きすぎてしまったので、マスターおすすめの日本酒で先に一人でやってます(笑。一杯目ならちょっと華やかに・・・というおすすめは、三重県の地酒「若戎(わかえびす)」。フルーティな香りなので一見頼りないのかと思いきや、一本芯のとおったような強さのある味で、なかなか美味しい。

天草大王と十割そばの店 秀

例によって籠盛りにされたお猪口の中から好きなものを選んで、

天草大王と十割そばの店 秀

お通しの揚げ蕎麦と一緒にいただきます。ひとり蕎麦屋で揚げ蕎麦をアテに日本酒、って幕末の志士にでもなった気分(笑

天草大王と十割そばの店 秀

メンバーが揃ったところでコース料理が出てきました。まずは蒸し鶏のサラダから。こういうのに載ってくる蒸し鶏ってあっさりしているもので、ひどい店だと鶏肉がパサパサしていることも少なくないのですが、ここの蒸し鶏はしっとりしていて美味。やっぱり天草大王という鶏はすごい。

天草大王と十割そばの店 秀

串焼きをいただきつつ、鍋が出てくるのを待ちます。

天草大王と十割そばの店 秀

ボリュームたっぷりの大手羽先揚げ。かぶりつくと中から天草大王の脂分がしたたり落ちてくるくらい、脂が乗っています。とはいっても胃にもたれる感じの脂ではなく、脂分がついた指先はコラーゲンでつるつるになります(笑。意外と女性の美容にもいいんじゃないでしょうか・・・。

天草大王と十割そばの店 秀

ようやく出てきた天草大王の水炊き。テーブルが料理でいっぱいだったので、厨房で作ってから持ってきてもらいました(^^;; 例によって長時間煮込んだ鶏ガラの出汁が絶妙な旨味を出していて、岩塩を振るだけで十分美味しいです。むしろ岩塩だけで鶏肉と出汁の旨味を味わいたいほど。

天草大王と十割そばの店 秀

鶏串もまだまだ行きます。ここのせせり大葉串は個人的にはツボ。

Noktor 50mm F0.95

おもむろにこんなモノが出てきてしまうのも、いつものメンバーらしいところ(笑。

これは SLR Magic の Noktor 50mm F0.95 というレンズ(E マウント)です。F0.95 の超大口径レンズですよ!F0.95 というだけあってピントが難しい(絞ってもそこまでカリッとしない感じ)のと絞り羽根の形状に問題があるのでボケがあまり美しくなさそうなのが残念なのですが、このドデカい前玉を見ているだけで涎が出てきそうになります(笑。

天草大王と十割そばの店 秀

調子に乗って鍋をさらにおかわり・・・というわけではなく、2 セット目。テーブルに乗りきらなかったので 2 回に分けたとのことですが、ここまででもうけっこう食べたなーという感じだったので、一人前が多いということですかね。でもうまいのでまだまだいけます(笑

天草大王と十割そばの店 秀

日本酒もどんどん進むわけです(写真は恥ずかしがり屋のマスター(笑))。こないだもいただいた船中八策のひやおろし、スキッと辛口でバランスが良く、気に入った。

天草大王と十割そばの店 秀

これでとどめ、という感じの天草大王のメンチカツ(水炊きコースとは別オーダー)。いつもは最初のほうにいただくんですが、今回は〆の手前ということでパンチもいつも以上(笑。天草大王のしっかりした歯ごたえと溢れる肉汁、そして玉ねぎの甘みが最高です。メンチカツと言えば通常は合挽肉ですが、鶏肉でこれだけジューシーなメンチカツができるとはこのお店に来て初めて知りました。このお店は夜営業のみですが、これならランチ営業でメンチカツ定食とか出せば新橋のサラリーマンに人気出るんじゃないでしょうか(^^;;

天草大王と十割そばの店 秀

〆は鍋の出汁で煮込んだ蕎麦。ここの蕎麦は北海道幌加内産の十割蕎麦なので、せいろで食べるのが一番美味しいとは思いますが、温かい蕎麦もなかなか。今回は料理をたっぷりいただいたので、蕎麦はちょっとで十分だったかな(^^;;

ごちそうさまでした。

関連ランキング:鳥料理 | 新橋駅汐留駅内幸町駅

投稿者 B : 21:40 | Dinner | Gourmet | Udon & Soba | コメント (0) | トラックバック

2011/11/12 (Sat.)

六本木で肉の会(ステーキハウス CHACO 六本木)

半年ぶりに六本木の「CHACO 六本木」で肉の会に参加してきました!

ステーキハウス CHACO 六本木

ステーキハウス CHACO 六本木

千駄ヶ谷のお店も含めるとここは通算 3 回目。塊肉をそのまま竈で炭火焼きにしてくれる豪快なステーキハウスです。
写真の肉は一塊で 1.5kg。それをどどんと丸ごと炭火焼きですよ。気分はもうはじめ人間ギャートルズ(笑

ステーキハウス CHACO 六本木

ビールを飲みながら 20~30 分くらい待ったところで、テーブルの上に固形燃料と鉄板が運び込まれます。で、その上に、

ステーキハウス CHACO 六本木

どーん!と 1.5kg の牛肉。表面はいい感じに焼けていますが、内側はほぼ生の状態です。

ステーキハウス CHACO 六本木

例によって、ここからスタッフの方がこの塊肉をざっくざっくと刻んでいき(笑、

ステーキハウス CHACO 六本木

最終的にこの状態まで刻まれます。

ステーキハウス CHACO 六本木

あとは鉄板の上に溢れんばかりに肉を並べ、各人のお好みの焼き加減まで火を通して、いただきます・・・と言いたいところですが、鉄皿が温められて出てくるまでこの肉を目の前にしてしばしお預け(;´Д`)ヾ。

ステーキハウス CHACO 六本木

数分待ったところでようやく鉄皿が出てきて(笑、やっといただきます。写真の肉片は切ってもらった中では最も小さい部類。9 人で合計 4kg の肉をオーダーしたので、一人あたり 400~500g という分量(^^;;

ステーキハウス CHACO 六本木

ステーキソースなんかもありますが、せっかくのいい肉なので少しバターをつける程度で、肉そのものの風味と下味の塩胡椒だけで十分美味しいです。肉質はそれほど脂っこくなく(脂肪分はあっても霜降り状にはなっていないので、取り分けることも可能)、500g でもさほどもたれることなく完食できてしまいます。

単純計算でも、肉の量だけでこのお店を出たときには 0.5kg 体重が増えていた計算になるはずですが(ぉ、そんなのは気にしない。また「肉を喰らいたい!」と思ったら、このお店に集まることを企画したいですね(^^;;

関連ランキング:ステーキ | 六本木一丁目駅麻布十番駅六本木駅

投稿者 B : 21:00 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2011/11/09 (Wed.)

今年も鍋の季節になりました。(天草大王と十割そばの店 秀)

天草大王と十割そばの店 秀」が鍋をはじめたということで、新橋へいそいそと。

天草大王と十割そばの店 秀 新橋店

天草大王と十割そばの店 秀

まずはビールから。アテは私の好物である鯛わたと、いぶりがっこのマスカルポーネ和え。空腹でもつい珍味系から行ってしまう悪い癖(^^;;

天草大王と十割そばの店 秀

目玉料理な天草大王のメンチカツ。例によって鶏肉とは思えないジューシーさでうまい。白飯が欲しくなります(笑

天草大王と十割そばの店 秀

で、鍋。天草大王を贅沢に使った水炊きです。これで二人前。

天草大王と十割そばの店 秀

鍋には最初から天草大王の骨付き肉が入っていました。あらかじめ鶏ガラを 6 時間煮込んだ出汁に、さらに骨付き肉を入れて 1 時間煮込んだスープとのこと。見るからに旨味が抽出されています(´ρ`)。

天草大王と十割そばの店 秀

この出汁で具材を煮込んでいくわけですが、その間、日本酒をいただきながらできあがりを待ちます。この日のおすすめは「船中八策」のひやおろし。辛口で私好みの味でした。片口(瓶の手前にある褐色の酒器)もしゃれています。

天草大王と十割そばの店 秀

熱々にできあがった鍋。ポン酢、もしくは岩塩でいただくわけですが、私は濃厚な出汁の旨味をそのまま味わいたかったので、岩塩で。出汁そのものは調味されていないので、この塩加減ひとつで好みの味に調整できます。天草大王の引き締まった肉の食感もまた良し。

天草大王と十割そばの店 秀

串物もはさんだりしつつ、

天草大王と十割そばの店 秀

どんどん日本酒が進むわけです。刈穂 気魄の辛口はやっぱりうまい。

天草大王と十割そばの店 秀

こちらは厚い厚揚げねぎ味噌焼き。ねぎ味噌の風味が良くてまたまた日本酒が進みます。

天草大王と十割そばの店 秀

〆は鍋の出汁で煮込まれた十割蕎麦。前回はせいろでいただきましたが、今回は温めて。天草大王の出汁がたっぷり出たスープのおかげでかなり美味しいですが、やっぱり量的にはおかわりしたくなりますね(笑。

気候的には 11 月のわりに暖かめの日が続いていて、それほど「今夜は鍋!」という気分でもない感じですが、うまいものはうまい。このお店には、忘年会までにまた来ることになりそうです。

関連ランキング:鳥料理 | 新橋駅汐留駅内幸町駅

投稿者 B : 22:18 | Dinner | Gourmet | Udon & Soba | コメント (0) | トラックバック

2011/09/29 (Thu.)

天草大王と十割そばの店 秀

天草大王と十割そばの店 秀

秀

新橋は SL 広場からそう遠くない場所に、新しいお店がオープンしました。あの「菜五味」「さら」のマスターが、9 ヶ月ぶりに手がけたお店です。人通り的に厳しかった今までのお店と比べ、圧倒的にいい立地(笑。酔っ払いサラリーマンの街として全国的に有名な新橋なので(笑)、飲み会の場所としては集まりやすいロケーションです。

秀

奥の座敷に通されて、まずはビールで乾杯し、祝開店。

料理の方はマスターにおまかせで作ってもらうことに。残念ながらタジンはありませんでした(笑

秀

まずはアテにいぶりがっこのマスカルポーネ和えと、あんきもポン酢。いぶりがっこはかれこれ菜五味時代からのお気に入りなので、久々の再会に感激。そして、あんきももうまい。これはお酒が進みます。

秀

続いてマスターの自信作、天草大王のコロッケメンチカツ。天草大王って何のことかと思ったら、熊本(天草)の地鶏のことですね。これがまたすごく脂が乗っていてうまい。この日一番のヒットだったかもしれません。

秀

ということで、日本酒に進みます。まずいただいたのは「強力」。あれ、以前飲んだのとラベル変わった?と思ったら、以前飲んだのは日置桜の強力。で、これは鷹勇の強力。強力っていろんな蔵元から出てるのね、と調べてみたところ、強力というのは鳥取原産の有名な酒米の銘柄らしいですね。それで、鳥取の複数の蔵元から「強力」銘の日本酒が販売されている、というわけ。勉強になりました。

その強力を、枡っぽい木製の徳利に入れて出してもらいました。猪口は例によってたくさんある種類の中から、自分で好きなものを選んで。

そして、ここから怒濤の天草大王ラッシュが始まります。

秀

脂が乗りすぎで指がべとべとになるくらいの、大手羽先揚げ。バァァーーーン!

秀

肉の弾力と皮のパリパリ感が絶妙なハーモニー、むね焼き。ドォォーーーン!

秀

ということで、日本酒も進まざるを得ないわけです。刈穂の超弩級・気魄の辛口をチョイス。やはり私は超がつくほど辛口の日本酒が好き。

秀

ここでマスターから、Twitter 予約特典の(←違います)筑前煮のサービス。これがまた味が濃いめで、日本酒が進む進む。飲み物をオーダーさせるための撒き餌ですねわかります(ぉ。

秀

ひさびさに働いているマスター(笑。注いでいるお酒は最近流行らしい?ヨーグルトリキュール。

秀

どんどん呑みます。何を呑んだかは、ないしょ(ぉ

秀

〆は蕎麦。店名にも入っているとおり、このお店は天草大王に加えて十割そばがメイン。ここにも天草大王を奢った「刻み大王せいろ」で締めます。

いつものマスターらしく日本酒が充実しているお店ですが、今までの 2 店舗と比べても料理がさらに充実しているようで、かなり満足しました。しばらく行きつけの居酒屋がない状態が続いていましたが、久高に続いて落ち着いて飲める良い店と巡り会えました。忘年会シーズン前にもちょくちょく通う予感。

関連ランキング:鳥料理 | 新橋駅汐留駅内幸町駅

投稿者 B : 23:59 | Dinner | Gourmet | Udon & Soba | コメント (0) | トラックバック

2011/09/19 (Mon.)

大阪京橋 とよ

もう 10 日ほど前になりますが、出張で大阪に行ってきました。最近出張に行ってもあまり美味しいものにありつく余裕もないんですが、今回は久々にゆっくり飲み食いする時間が取れたので、某氏のお誘いで京橋へ。

とよ

とよ

路地裏にある屋台の立ち飲み屋です。大阪もだんだん東京化が進みつつありますが、ここだけはコテコテの大阪(笑。しかも、屋外の立ち飲み屋なのに、なんか行列ができてるんですけど・・・。

10~15 分ほど待って、空いたテーブルに通されました。

この日はお昼抜きでお腹がすいていたこともあり、写真を撮るのも忘れてがっついてしまったんですが(笑)ここの食べものはマジでうまい。店主が市場と関係があるのか?すごく新鮮な魚介類が揃っていて、しかもものすごいボリューム感(笑

とよ

うにいくら丼とまぐろ(トロ)、どーーーん!

ボリュームがあるだけじゃなくて、トロもいくらも脂が乗っているし、うにもとろっとしていて極上。港町生まれで魚介類にはうるさいはずの私も舌鼓を打つ美味しさでした。トロなんてこれステーキかと思うくらいの厚切りです。それでいてけっこう安い。

他にも魚介づくし。ガツガツいただいてしまいました(笑。

とよ

ビールはセルフサービスだったり、大将(写真には写ってませんが)はセクハラ発言連発のコテコテ大阪人だったり、本当にパワフルなお店です。大阪にはもう何度となく出張で来ていますが、ここまで「大阪に来た」という実感が湧いたのはこれが初めてかも(^^;;

私は基本的に屋外での飲み食いは清潔感がないのであまり好きではないんですが、そのことを忘れてしまうくらいここは美味しかった。機会があればまた来たいお店です。

関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 京橋駅大阪ビジネスパーク駅大阪城北詰駅

投稿者 B : 23:20 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2011/08/06 (Sat.)

矢場とんのみそかつ

今週はとてもハードな一週間でした。月曜の夜から大阪~金沢~名古屋と 3 泊 4 日の強行出張。私は体力には自信のあるほうですが、そろそろ三十代も半ばだし、ここのところ仕事がハードで体力が落ちていることもあって辛かったー。
そんなわけで、各地の美味を堪能するという出張の数少ない楽しみすらまともに味わえなかったわけですが、せめて何か名古屋らしいものが食べたい、ということで帰り際に味噌かつを食べてきました。

名古屋みそかつ 矢場とん

矢場とん わらじとんかつ

まあ、矢場とんなんて味噌かつの定番すぎて、こちらの人からすれば珍しくもないのかもしれませんが、私からすれば矢場とんで食べるのはたぶん 10 年以上ぶり。これでも十分ありがたいです(笑。

食べたのは「わらじとんかつ」のみそ味。わらじというだけあって平たくて大きなとんかつで、それほど厚みがあるわけではありませんが、脂が乗っていて美味。さらっとした味噌がよく合います。東京で味噌かつを食べるとたいていとろっとした味噌であることが多いですが、このさらっとした味噌もいいですね。これで近所にお店があったら、ランチに通っていると思います(笑。
ただ、あまりにも残念なのが定食のごはんの量。普通、とんかつ屋さんで出てくるごはんって何も言わなくてもけっこう多めで、しかもおかわり自由のところが多かったりするじゃないですか。それが、このお店では比較的ちょっぴりめのごはんで、しかもおかわりは¥105。しかもおかわりしてもややちょっぴり(泣)。味噌かつはただでさえ味が濃くてごはんが進むのに、これじゃ困るよ(´д`)。おかわり自由にしろとは言わないから、せめてごはん一杯あたりの量をもう少し多くしてほしい・・・。

どちらかというとビールを飲りながら味噌かつをつまむ、という楽しみ方のほうが良いのかもしれません。名古屋に来る機会があればまた来たいお店ではあるけど、ひつまぶしのほうが優先度高いな(笑。

投稿者 B : 11:30 | Dinner | Gourmet | コメント (3) | トラックバック

2011/07/31 (Sun.)

z、山を越えて 〜君は豚の肉汁を見る〜

またしても豚組 [しゃぶ庵]に行ってきました。

豚組 [しゃぶ庵]

もう何度目だか覚えてもいないくらいに来ているしゃぶ庵ですが、今回は新潟からはるばる @taka_z さんが出てくるということで、集合。会のタイトルは「タカゼータ」にちなんで、クマデジタルさんと私との合作です(ぉ

豚組 [しゃぶ庵]

例によって運ばれてきた @hitoshi さんからのサービス、自家製チャーシュー。仁さんが我々を気に入ったから・・・ではなく(ぉ、Twitter 経由で予約するとサービスしていただけます。
このチャーシューにも銘柄豚が使われていて、この日の銘柄は北海道の「夢の大地」というもの。誰ですか「肉の大地」とか間違って記憶してる人は(笑。

豚組 [しゃぶ庵]

毎度のことながら、このチャーシューが絶品。脂身さえもしつこくなくて、サービスでもらえる二きれじゃ足りないよ!金払うからもっと持ってこい!と言いたくなる美味なんですが(笑、これからしゃぶしゃぶを思う存分いただくために、ここはがまん。

と、ここで

HERE COMES A NEW CHALLENGER!

豚組 [しゃぶ庵]

クマデジさんが乱入。自ら幹事を買って出たのに都合が悪くなって参加できなくなったということで(笑)iPhone の FaceTime を使っての参加でしたが、黒い iPhone 4 だとどう見ても遺影です本当にありが(ry

というところで、メインのしゃぶしゃぶが届きます。

豚組 [しゃぶ庵]

今回はとにかく肉を食べまくろう!が主旨で(?)、いつものコース料理ではなくしゃぶしゃぶ食べ放題を選択。3 種類あった豚肉のグレードのうち真ん中を選んだところ、高級牛肉で有名な松坂のポークが出てきました。最上位を選んでいたらなんとマンガリッツァ食べ放題(!)だったらしく、心の中で臍を噛んだのは秘密です。

豚組 [しゃぶ庵]

まあ、松坂ポークでも十分すぎるほど美味しいわけですが。ただ、食べまくろうと思っていた割に、話が弾みすぎで食べ放題負けしたかもしれません(´д`)。

最近しゃぶしゃぶといえば豚組にしか来ていないので、そろそろ牛しゃぶの味を思い出せなくなりつつあります(´д`)・・・。

豚組 [しゃぶ庵]

というわけで、今回もごちそうさまでした。

@taka_z さんとはリアルでお会いするのは初めてでしたが、普段から Twitter で絡んでいることもあってあまり初めてという感覚もなく、例によってすんなり打ち解けられましたね。新潟と東京は近いようで遠い、けど新幹線を使えば意外とすぐだったりもするので、機会があればまたぜひお会いしたいです。

投稿者 B : 21:00 | Dinner | Gourmet | コメント (2) | トラックバック

2011/06/28 (Tue.)

六本木 久高 再訪

4 月に行って気に入った久高に、また行ってきました。

創作野菜料理 久高

六本木 久高

まずはお通しの 4 点盛りから。カウンターの上に並べられた大皿から、気に入ったものをチョイスしていただきます。ずいぶん暑くなってきたので、ラタトゥイユとか夏らしいおばんざいが揃っているのが嬉しいところ。

六本木 久高

お品書きに「絶対美味しい冷奴」と自信たっぷりに書いてあったら頼まざるを得ないでしょう、という冷奴。「醤油ではなく塩とわさびで食べてみてください」と言われたとおりにしたのですが、確かにこれは醤油必要ないわ。しっかりと大豆の味が出ていて、豆腐ではなく豆そのものを食べているような錯覚に陥ります。これはすごい、絶対美味しい。

六本木 久高

この日の仕込み水は福井の「白岳仙」。ということで、日本酒も仕込み水も白岳仙でいただきます。
飲み口はしっかりしているのに嫌みがなく、スッキリした後味で、料理との相性が良いお酒でした。これはなかなか気に入った。

六本木 久高

で、前回来たときに気に入った大根ステーキをいただくわけです。

六本木 久高

カウンターには日本酒や焼酎がズラリ。こういう、メニューに書かれていないお酒も日替わりで置いてあって、ラベルを眺めながら選べるお店って好きなんですよねー。
焼酎の銘柄が「勇者」「黒騎士」「導師」って、ここは何かの RPG ですか?と突っ込みたくなる気持ちを抑えながら、まったりと呑みます。

六本木 久高

「めろめろメロン梅酒」という駄洒落のような銘柄に目が留まってしまいましたが(笑、焼酎のコレクションの中には果実酒もけっこう紛れています。落ち着いたお店でもあるので、お酒が嫌いでなければ女性を連れてきてもよさげ。

六本木 久高

で、これもまたこの店の鉄板、大山鶏ももの塩焼きに舌鼓を打つわけです。

六本木 久高

焼酎も進むわけです。どうしても気になって仕方のなかった「勇者」を飲んでみましたが、これがすごい味。何がすごいって、麦の香りがものすごく出ています。それもそのはず、単なる麦焼酎ではなくて、煎った麦を仕込んだ「焙煎麦焼酎」なので、まるでモノの良い麦茶を飲んでいるような爽やかな風味でありながら、しっかり焼酎(笑)という、恐るべき焼酎です。意外とツボにはまったかもしれません・・・。

六本木 久高

今回の〆は炒飯。前回のうどんも絶妙でしたが、炒飯もパラッと仕上がっていて、かつ飲みの〆に最適な塩加減で、文句なし。いやあここは美味しいわ。

最近お気に入りだったお店がいくつかなくなってしまったこともあり、日本酒や焼酎を楽しむためのお店としては、現時点では久高が私の中でのベスト。またちょくちょく通いたいと思います。

関連ランキング:創作料理 | 六本木駅麻布十番駅六本木一丁目駅

投稿者 B : 22:00 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2011/06/26 (Sun.)

イチ肉の会とパワーフォーカスレンズ

過日、「みんなで肉を食らいながらカメラを語ろう」という主旨で開催された「イチ肉の会」に参加してきました。名前の由来は co1 さん、しょういちさんという二人の「イチ」さんと肉を食べることから。

ここに書けることから書けないことまで(笑)非常に濃ゆい、かつ笑いの絶えない会でしたが、例によってマニアックな機材も多数登場。持ち込んだ一眼レフ/ミラーレスに純正レンズをつけてきたのはサイカ先生だけ、という異様さでしたが、中でもインパクトが強かったのは南雲暁彦さんがつけてきたこのレンズ。

OLYMPUS OM-SYSTEM ZUIKO AUTO-ZOOM 35-70mm F4

レンズの下になんかついてるんですけど!

レンズの銘板には「OLYMPUS OM-SYSTEM ZUIKO AUTO-ZOOM 35-70mm 1:4」と刻印されているので、スペック的には AF 対応の 35-70mm F4、OM システム用のレンズのようです。また、フォーカスは AF か、ピントリングを回す MF ではなくモーター駆動のパワーフォーカスという、ビックリドッキリメカ(笑。
けっこう中古カメラ屋を覗いているつもりの私でも、このレンズには今まで出会ったことがありませんでした。ちなみに EOS 5D Mark II には当然マウントアダプタ経由でついています。

OLYMPUS OM-SYSTEM ZUIKO AUTO-ZOOM 35-70mm F4

レンズの下部にある四角いボックスは、オート/パワーフォーカス用の機構と電池ボックス。なんと、AF/PF はカメラ本体からの給電ではなく、自己給電になっています(笑。そのため、ボディにつけなくてもレンズ単体で AF 動作ができるようになっていて(フォーカス操作はボックス上部の二つのボタンで行う)、その姿はさながら千切れたトカゲの尻尾。

今となってはかなりレアなレンズらしく、ググってみてもあまり情報がなかったのですが、一件だけ見つけました。

2011年02月10日のブログ|帝都写真日記

あとはカメラ用ではありませんが、co1 さんが持っていたこれとか。

Carl Zeiss Triotar Lupe 5X T*

CONTAX の Carl Zeiss Triotar Lupe 5X T* ですよ。ツァイスブランドのルーペ、というだけで、フィルムメインでない私も以前からちょっと欲しいと思っていた一品です。電子機器の分解・修理をするときにさりげなく Triotar を取り出したりしたら、いちいちカッコよくないですか(ぉ。

今回の会場はアウトバック・ステーキハウス 品川店。ボリュームのあるお肉をそこそこのお値段でいただける良いお店です。

OUTBACK

アンガス・リブアイステーキ 280g、3,560 円。ごちそうさまでした。

ということで、またぜひ集まりましょう>参加者の皆様。

関連ランキング:ステーキ | 品川駅高輪台駅北品川駅

投稿者 B : 12:09 | Camera | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2011/05/12 (Thu.)

GUMBO & OYSTER BAR

汚職事件お食事券がけっこうあるんだけど行きません?」というお誘いにホイホイ乗っかって(ぉ)牡蠣を食べに行ってきました。

GUMBO & OYSTER BAR 東京駅八重洲地下街店

オイスターバーといっても、品川駅のアトレに入ってるのとは違うのね。

GUMBO & OYSTER BAR

まずはビールから。「オイスタースタウト」という謎のオリジナルビールです(笑。牡蠣殻のエキスを混ぜ込んだ、潮の香りがする黒ビールとのことですが、潮の香りがするようなしないような(ぉ。生牡蠣を扱ってる分、店内からして潮の香りが漂ってるので、ビールの香りが潮っぽいかどうかよく分かりません(´д`)。

GUMBO & OYSTER BAR

ということで生牡蠣の盛り合わせ。生肉騒ぎのさなか、しかも梅雨も近づいてるこの時期に生牡蠣をいただくというのは(それも GW 中に胃腸炎にやられていたというのに)けっこう勇気が要る行為ですが、美味しければ良し。

盛り合わせなので数種類の牡蠣が混ざっているんですが、大ぶりな種の牡蠣は本当にすごくて、

GUMBO & OYSTER BAR

なんとこれくらいの大きさ(お約束)。手に持つとずっしりとした重みが感じられ、非常に食べ応えがあります。

そーなると、白ワインに行くわけです。

GUMBO & OYSTER BAR

リースリング好き。

でもって、牡蠣もおかわりするわけです。

GUMBO & OYSTER BAR

今度は違う種類の牡蠣が出てきましたが、違いはよく分かりません(ぉ。とりあえずどれもミルキーでうまい。

生牡蠣以外にも牡蠣づくしで行きます。

GUMBO & OYSTER BAR

春牡蠣のつけ焼き。つけだれが旨味たっぷりでとてもウマイ。牡蠣も焼きすぎじゃないのがいい。

私は生牡蠣も好きだけどやっぱり牡蠣はある程度火が通っているほうが好きかもしれません。

GUMBO & OYSTER BAR

続いて、春牡蠣のカツレツ。牡蠣のカツレツってカキフライと何が違うんだよ!と思って頼んでみたら、確かにカキフライじゃなくてカツレツでした(笑。不思議な味のソースにつけて食べるんですが、このソースがまた美味。分析しきれなかったんですがケッパー系のソースですかね?とにかく美味しかった。

GUMBO & OYSTER BAR

んで、やっぱり定番カキフライも食べるでしょう。こちらはオーソドックスなカキフライにマヨネーズで。豚組のクロケットに勝るとも劣らないほどのアツアツっぷりで、全員で片岡鶴太郎の熱々おでんギャグばり(古)のハフハフ状態に(笑。でもうまい。

GUMBO & OYSTER BAR

〆は店名にもなっている「ガンボ」を。ガンボって初めて食べたんですが、少しワイルドな感じのパエリアといった風情の魚介・米料理でした。スペインのパエリアがアメリカ南部に伝わってアレンジされてできた料理(?)のようですね。
魚介類の旨味がしっかりと染み込んだコクのあるスープにライスが絡んでなかなかの美味。おかわりしたくなりました。

とりあえず 24 時間あまり経過した現時点で体調を崩していないので、おそらく当たってはいないと思います(笑。多少のリスクを感じながらであればこそ、さらに美味しく感じられる料理もあるものです(ぉ。また行きたいなー。

関連ランキング:シーフード | 東京駅京橋駅宝町駅

投稿者 B : 00:09 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック