b's mono-log

2010/03/30 (Tue.)

最後の菜五味

昨日は五反田の菜五味に行ってきました。

一合一菜 酒肴 菜五味

菜五味

今まで、仕事の節目がくる度にかれこれ 4 回通ったこのお店。当初は落ち着けて料理もうまい居酒屋だったのが、いつの間にかマニアの巣窟になって(笑)今や自分が飲み会を企画するときには筆頭候補に入れるようになった店ですが、なんと残念なことに今月末で閉店・・・。競争の激しい五反田にあって、ある意味隠れ家的存在だったのが仇となったのか?居酒屋の閉店がこんなに悲しかったことは今までにありません。

菜五味

ということで、いつものメンバーを招集してのお疲れさま会。メニューから消えて久しかった「鴨とイチジクのタジン」を特別に予約させてもらいました。やっぱりこのイチジクの濃厚な甘みが堪らない。タジン鍋が流行の料理となっている今、この名店が閉店しなくてはならないことがつくづく残念でなりません。

菜五味

もう今回は食べ納めということで、とにかく片っ端からタジンをいただきました。写真はこれまた珍しい「マグロと山芋のタジン」。マグロの山かけをそのままタジンにしたような料理で、やわらかいマグロととろとろした山芋のコラボレーションがまた絶品。

菜五味

途中、店長からのサービス(だったと思うけど日本酒飲みすぎで記憶が曖昧ですすみません)の「鴨川牛のジャーキー」。これもまた美味しかった・・・やっぱりこの店はタジンも良いけど日本酒のアテになる系の珍味こそ神髄だと思います。

菜五味

そして、〆はタジン飯。タジンの本場モロッコを旅したあこすたむさんをして「現地で食べるよりうまい」と言わしめた菜五味のタジンがこれで食べ納めかと思うと、自然と涙がこぼれてきます(嘘つきましたすいません)。いや、でも本当に惜しい。

ひとまず、店長とスタッフの方々には御馳走様でしたと言いたいです。もし店長さんが別の場所でお店を開くことになったら、きっと行ってみようと思いました。

投稿者 B : 22:55 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2010/02/27 (Sat.)

タジンよたび

最近 Twitter で招集される飲み会が妙に多いのですが、お店の公式 Twitter アカウントのつぶやきを契機に集まったのは今回が初めてかも。

一合一菜 酒肴 菜五味

菜五味

前回行ってからちょうど 4 ヶ月ぶり。もうここは完全に仕事が一段落すると来るお店になってしまいました(笑。

菜五味

なんかメニューが少し変わったようで、黄身のしょうゆ漬けやチーズの味噌漬けが見当たらなかったのですが、いっぽうで惹かれたのがこの「鯛わたマスカルポーネ」。読んで字のごとく、鯛わた(鯛のはらわたの塩辛)とマスカルポーネのセット。箸で一緒にとっていただきます。
呑んべえのためのお店に行くと酒盗クリームチーズなんかもよくありますが、それに似たようなものです。でも素材のどちらもが酒盗クリームチーズよりもやや上品で、いくらでもイケそうな気がしてきます。私はこのテの珍味に目がないのですっかりやられてしまいました。

菜五味

こちらは「ほたるいかのたたみ干し」。えっと私はほたるいかの聖地富山出身ですがこれは初めて見ました(;´Д`)ヾ。こういうの苦手な人にとってはグロ画像になりますかね、すみません・・・。
ほたるいかといえば刺身、沖漬け、ボイルあたりが定番の食べ方ですが、これは干物になっているだけあって風味が強くてこれまたいくらでもお酒が進みます。

菜五味

そしてメインはタジン鍋。野菜の甘みが活きていて絶品、しかもあっさりしているので飽きずにいただけます。
そういえば最近タジン流行ってるらしいですね。テレビでも割とよく家庭用のタジン鍋が紹介されていたりするし。冬場の飲み会といえば鍋が定番ですが、コンロが必要になる分ガジェット系飲み会ではテーブルが有効利用できないというデメリットがあるので(ぉ、タジンには是非定着していってほしい。

そういえば初めて来たときに感動した「鴨とイチジクのタジン」が今回もなかったのはちょっと残念。まあその日の仕入れにも因るだろうし、名前からすると美味しいかどうか不安になるレシピなので不人気なのかもしれませんが、復活希望。

菜五味

そんなわけで日本酒もどんどん進みます。

今回はこの日本酒の銘柄に関しても、合縁奇縁を実感することとなりました。Twitter のゆるやかなつながりがもたらした奇妙な縁、とムリヤリ落としても良いですか?(笑

菜五味

化粧室で見かけた貼り紙(暗いところで iPhone で撮ったので、ノイジーでごめんなさい)。このお店がいかに日本酒と酒菜にこだわっているか、よく伝わってくるポエム(ぉ)です。

かと思ったら、

菜五味

これは何だ!!!

前回は前回で、お台場ガンダムの写真(のプリント)を眺めていたらマスターが絡んできたので、そういうノリもアリの店だと思ってたんですが、加速してませんか(;´Д`)ヾ。店内の貼り紙系では今まで自分内最高峰だったシャア専用もんじゃを軽く超えてます・・・。
その他、振ったネタにはちゃんと応えてくれるし、こんなに引き出しの多い店だとは思いませんでした(笑。

いや、でも、そういうの抜きでもかなり良いお店です。珍味好きなら一度行ってみて損はないお店。私はまたちょくちょく通うことになりそうだなー。

お付き合いいただいたお二方、ありがとうございました。

※食べログのモジュールを貼ってみました↓

投稿者 B : 23:59 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2010/02/11 (Thu.)

豚組 [しゃぶ庵]

昨夜は六本木の「豚組 [しゃぶ庵]」で食事会。ここ、私の Twiitter TL 上では四谷精肉店と並んで伝説と化しているお店なので、ずっと行ってみたいと思っていました。

豚組 [しゃぶ庵]

外食でしゃぶしゃぶと言えば子どもの頃行った肉のみつづか(富山ローカルでしかも現存しない)、安いので学生時代によく行ったモーパラ、以前住んでいた場所の近所にあったしゃぶしゃぶ温野菜くらいしか行ったことがないことに改めて気づきました。しかもしゃぶしゃぶといえばたいてい牛肉がメインで、豚肉はあくまで変わり種という位置づけなものですが、ここはその豚しゃぶがメイン。

豚組 [しゃぶ庵]

店員さんに案内されてテーブルに着くといきなりル・クルーゼの鍋が出迎えてくれます。おー、この鍋でこれからしゃぶしゃぶするのかー!と今からワクワク。

豚組 [しゃぶ庵]

背後を振り返ると整然と並べられたグラスたち。瓶ビールはもちろんプレミアムモルツ。普段六本木に来ることはまずないので(というか子どもが生まれてからは六本木に限らずこういうお店にあまり来なくなった)、こういう雰囲気の良い場所にいるだけで気分が良くなります。

豚組 [しゃぶ庵]

まずはサラダから。「豚組」というだけあって野菜は完全に脇役ですが、大皿に彩りよく生野菜が盛りつけられ、これがまた美味しい。サラダだけでおかわりしたくなるところをグッとこらえて(笑、次に進みます。

豚組 [しゃぶ庵]

特選チャーシュー。これがまたジューシーでうまい!!しゃぶしゃぶを前にして、これまたおかわりしたくなるところを(ry

豚組 [しゃぶ庵]

そしてこれがメインの豚しゃぶ。ミンメイ・・・じゃない「美明豚」というらしいです。鮮やかなピンク色がとても食欲をそそります。もうこの時点ですでに牛か豚かはどうでもよくなっている自分がいる(笑。

豚組 [しゃぶ庵]

ということで、しゃぶしゃぶ・・・としていただきます。一見脂身の多い肉ですが、もともとあっさりめの脂身でかつ「しゃぶしゃぶ」することで脂肪分が多少落ちるのか、全然しつこくない。男性 5 人で何皿おかわりしたか覚えていません(笑。
つけだれは定番のごまだれ、ポン酢、に加えて珍しい塩だれ、そしてその発想はなかった的な「そばつゆ」。私は普段はごまだれ派なんですが、ここの塩だれはちょっとツボにハマったかも。

豚組 [しゃぶ庵]

そりゃあお酒もどんどん進むわけです。よく冷えているせいか缶よりも数段美味しく感じるプレモルから、ボトルワインに移行。

豚組 [しゃぶ庵]

で、〆はラーメン。豚しゃぶの〆なので、とんこつラーメンに合いそうな細麺です。この麺の盛りっぷりがまた素敵。

豚組 [しゃぶ庵]

これまで散々しゃぶしゃぶしてきた豚肉の旨味が凝縮されているので、このスープがまた絶品。このために肉の 1~2 枚も残しておけば良かったかなと思ったけど、食欲には勝てずその前に肉は完食してしまっています(ぉ。

確かな満足。これだけ質の高い豚しゃぶの食べ・飲み放題で¥6,000 弱って、コストパフォーマンスも恐ろしく高いんじゃないでしょうか?六本木という立地もあってもう少し高いのを覚悟していたので、良い意味で拍子抜けでした。
そして店内の雰囲気や店員さんの対応がことごとく気持ち良い。Twitter のヘビーユーザーでもあるオーナー @hitoshi さんも Twitter 上で一つ一つのやりとりに丁寧に対応されていますが、そのマインドが全てのスタッフに共有されているように感じました。Twitter 系のオフ会会場にもよく使われているので、スタッフの方々がそのあたりの対応に手慣れているのも心地良いです。
飲食業は製造から販売、サービスまでのビジネスの流れを凝縮した業態なので、利用して心地良いお店からは何かしらビジネス上のヒントを得られることも多いですが、ここもそんなお店だと思います。

四谷精肉店、五反田の菜五味に続いて、このお店にも今後通うことになる予感。

投稿者 B : 21:00 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2010/02/04 (Thu.)

とんかつ武信

昨夜行ったお店。

とんかつ武信 分店

とんかつ武信

最近増えつつあるついったー飲み?食べ?の一環で、代々木上原へ。普段あまり足を踏み入れない地域ですが、お誘いした方のおすすめで。
「揚げものが苦手な人でも気に入る」とのことですが、揚げもの好きな私も年齢のせいか最近はあまり続くとちょっと辛い。でも、このお店はキホン揚げものしかないのに、あっさりしていて全然しつこくありません。特に薄味なわけでもないんですが、不思議。

写真は〆にいただいた醤油かつ丼(ロース)。普通、カツ丼といえば卵とじかソースと相場は決まっているものですが、このカツ丼は甘みのある醤油だれに鰹節と大根おろしのハーモニーが絶妙。おかわりをしたくなったのは内緒です(ぉ。
他のメニュー(串揚げとか)もハズレはなく、また行きたいお店。庶民的なとんかつ屋と違い、お洒落な雰囲気の落ち着いたお店なので、少人数でゆっくり話しながら飲むのにも向いていると思います。

何かの機会にまた来てみよう。ご一緒いただいた Y さん、T さん、ありがとうございました。

投稿者 B : 23:59 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2009/12/30 (Wed.)

四谷精肉店で忘年会

昨夜は四谷精肉店で今年最後の忘年会。

四谷精肉店

四谷精肉店

実は今年ここで忘年会やるの 2 度目です(ぉ。

主な串のメニューは以前書いたとおりですが、やっぱりここはつくねと豚串が最高。

四谷精肉店

個人的には梅しそと山葵がお気に入りです。

でも今回は以前からの念願だった「マジカレー」がいただけたこと!

四谷精肉店

このお店でランチメニューで出しているスープカレー、夜のメニューには載っていないのですが、今回のメンバーで今年足繁く通ったおかげで、夜にもかかわらず出していただけました。つくねと一緒にちょっぴり楽しむのも乙なものですが、一度本気喰いしてみたいと思っていたので、願ったり叶ったりです。

いただいたのは牛すじのスープカレー。スープカレーとしてはややとろみが強い濃厚なルウで、最近気に入っている大森の en に勝るとも劣らない味。思った通り美味しかった!会社の近くにあれば間違いなく週二ペースでランチに通うと思います(笑。

でも本当の〆はやっぱり TKG。今年の私的流行語大賞(ぉ。

四谷精肉店

ちょっと炭水化物摂りすぎなんですが(;´Д`)ヾ。

自宅でも醤油に化学調味料を足して旨味を出してみたり試してみましたが、ここの出汁醤油には全然敵いません。お米だけは負けてないと思うんだけどなあ・・・。

このお店には今年本当によく来ましたね。居酒屋系ではたぶん最も来たお店じゃないでしょうか。ここと五反田の菜五味が今年最大級に気に入ったお店です。すっかりお世話になりました。

そして今年も飲み食いにお付き合いいただいた皆様ありがとうございました。来年もよろしくお願いしますm(._.)m。

投稿者 B : 22:22 | Curry | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2009/12/05 (Sat.)

大井町 キッチン ブルドック

昨夜、Twitter で誘われたので大井町のレストラン「ブルドック」へ。

キッチン ブルドック

キッチン ブルドック

最近よくテレビで紹介されているお店で、職場でもときどき話題になっていたので、行ってみたいと思っていたところでした。でも話題になるのは決まって美味い不味いじゃなくて、ボリュームが多いという話(´д`)。

大井町駅の JR 線・りんかい線・東急線の乗換口の近くにあるお店です。このあたりは駅前通りから一本入った路地にごちゃっといろんな飲食店があって、どのお店も古く清潔感には欠けるけど安くて美味いのが特徴です。この「ブルドック」も、そんなお店の代表格。「ブルドッグ」ではなく「ブルドック」というあたりがまたなんとも(笑。

このお店はなんといっても巨大なメンチカツが有名なのですが、

キッチン ブルドック

どーん!!

どのくらい大きいって私の靴くらいのサイズ。大量のキャベツを添えて出てきます。
蘊蓄を語る味というよりは、昔ながらのシンプルな味。気取らずに食べられて嫌いじゃないです。

キッチン ブルドック

続いてチキンソテー。こちらは量的にはそれなり。そしてこれまた大量のキャベツがついてきます。
このチキンソテーはかかっているソース(というよりもタレと呼びたい感じ)がなかなか濃厚で美味。ご飯が欲しくなります。

キッチン ブルドック

で、とどめはこのオムライス。この、ケチャップのセンスがウチの 4 歳の娘と同レベル(汗。
まあ、割とオーソドックスな普通のオムライスですが、このボリュームに圧倒されます。

店員さんはあまり気が利かない感じですが、そういうあたりまで含めて「大衆食堂」的な雰囲気が漂っていて、久々に B 級グルメを堪能した気分になりました。男三人で取り分けて食べたんですが、正直これだけでお腹いっぱい・・・。
安くて満足感は高いし、一人でも気軽に入れそうだし、職場からも近いのでたまに食べにこようかと思います。

投稿者 B : 18:31 | Dinner | Gourmet | コメント (2) | トラックバック

2009/11/12 (Thu.)

目黒のさんま 菜の花

昨夜、急に飲みたくなって(というか飲まないとやってられなくなって)、急遽 Twitter で呼びかけて飲みに。今秋は秋刀魚が美味いようなので、久々にこの店を訪れてみました。

目黒のさんま 菜の花

目黒のさんま 菜の花

3 年ほど前にある仕事の打ち上げで来て、また来たいと思っていました。「目黒のさんま」という有名な落語から、9 月には目黒駅近くでさんま祭りが開催されるくらい(都内ならニュースにも取り上げられるくらい)目黒といえば秋刀魚が有名です。といっても別に目黒付近でそれほど秋刀魚が獲れるわけではないですが。

秋刀魚といえば塩焼きですが、旬のこの時期なら刺身も絶品。私は刺身や鮨なら基本的に青魚系が好きなので、たまりません。

目黒のさんま 菜の花

塩焼きどーん!長いです。
でもさすがに田舎(港町なので)で食べる秋刀魚よりは少し脂の乗りが落ちるかなあ。まあ東京で本当に美味い魚を食べさせるところは少ないので、立地と単価を考えれば十分美味しいですが。
しかし毎度ながら複数人で焼き魚をつつくのって難しいですね(´д`)。

あとは魚系が美味しいお店だけあって、だし巻き卵が絶品。秋刀魚とだし巻きとえいひれ、それに日本酒があれば私は満足です。

お付き合いいただいたお三方、遠くからどうもありがとうございました。次は忘年会ですかね。

投稿者 B : 23:53 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2009/10/31 (Sat.)

タジンみたび

某「怪しげな会(ぉ)」にて、久々に五反田の菜五味で飲みました。

一合一菜 酒肴 菜五味

一合一菜 酒肴 菜五味

前回から約 7 ヶ月ぶり。大きめの仕事が一段落するとここに来るのが習慣になりつつあります。

一合一菜 酒肴 菜五味

まずは白菜と岩中豚のタジン。定番です。

一合一菜 酒肴 菜五味

続いて、鴨葱のタジン。これは初めて食べたと思いますが、鴨肉がジューシーでとってもおいしいです。
ただ、残念なことに私が気に入っていた「鴨とイチジクのタジン」がなかったのがちょっと残念です。時期じゃないからかもしれませんが・・・。

今年 1 月にオープンしたばかりのこのお店、目下進化中のようで、以前来たときに比べていろいろメニューが増えています。でも新メニューに目移りしてしまって、黄身のしょうゆ漬けやチーズの味噌漬けといった私好みの珍味をいただくのを忘れてしまってました(;´Д`)ヾ。
まあ、でもこれからは鍋の季節ということで、近々また来る機会もあることでしょう。そのときの楽しみに取っておきます。

ちなみにここの店長さん、ノリが良いことは分かってましたが、ガンダム好きだということが今回発覚しました(笑。

投稿者 B : 21:50 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2009/10/17 (Sat.)

四谷精肉店

金曜の夜、唐突に串の大人食いをしたくなった某方に誘われて、行ってきました。

四谷精肉店

お肉屋さんのような店名ですが、串焼きがメインの居酒屋さんです。このお店は以前来たことがあるのですが、前回来たときに気に入ってしまったので、再訪したいと思っていました。

四谷精肉店

カウンターに座るやいなや、メニューを指さして「ここからここまで」。マジ大人食いです(笑。

豚バラも、

四谷精肉店

つくね串も絶品。

四谷精肉店

味付けはいろいろありますが、肉に脂が乗っているので個人的にはあっさりいただける山葵が気に入りました。

でも、ここでもっとも食すべきは、これ。

四谷精肉店

豚つくね「カレー味」。カレー味じゃなくてこれ、カレーそのものじゃないですか(汗。

四谷精肉店

ミニライスも出てきて、普通にカレーが楽しめてしまいます。このカレーがまた美味しくて・・・と思ったら、このお店ランチではスープカレーを出しているそうで、美味しいのにも納得。四谷でランチなんて今まで一度しかしたことがありませんが、今度機会があったらここに来てみようと思いました。

このカレーつくねについてくるライスですが、本当に一口分です。小さい頃に読んだ絵本か何かでスプーン一杯分のカレーが出てくる話があって、あのカレーがものすごくおいしそうだった(印象的には、ぐりとぐらのホットケーキと同じくらいおいしそうだった)記憶があるのですが(でも何の絵本だったか思い出せない・・・)、そのくらいちょっぴりです。ついもっと食べたくなったので、〆に「マジカレーいっちゃ駄目ですか?」と頼みそうになりました(ぉ。

でも、本当の〆はこっち。

四谷精肉店

卵かけご飯、略して「TKG」!(ぉ

最近〆に卵かけご飯を出す居酒屋さんが増えているような気がしますが、ここの TKG はご飯にかかっている出汁の味が絶妙で本当に美味しかった。

四谷精肉店

もう、これですよ。
うはー、おなかすいてきた・・・・・・。

このお店はもうなんか定期的に来そうな気がします。「北海道」に替わって某所の飲み会の定番コースになりそうな気配。

投稿者 B : 23:59 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2009/09/19 (Sat.)

ステーキハウス CHACO あめみや

昨日は某所で企画された「肉の会」に参加してきました。このお店がこれまた美味しかったのでご紹介。

ステーキハウス CHACO あめみや

千駄ヶ谷の駅から徒歩 5 分、代々木体育館のすぐ近くにあるステーキ屋さん。うまいから一緒にどうですか、と誘われたので楽しみに行ってみたら、いきなり度肝を抜かれました。

ステーキハウス CHACO あめみや

どーん!!

店内の一角にある竈で炭火焼きにされた「肉の塊」が出てきてびっくりしました。10 人でサーロインステーキ 5kg をオーダー、上の写真はその 1/3 にあたる約 1.7kg の牛肉です(この隣に同じ大きさの肉塊が二つ並んでいる)。気分はまさにはじめ人間、骨こそついてませんが幼い頃から一度でいいからこんな塊肉にかぶりついてみたい、と思っていた夢が、ようやく叶いました(笑。

ステーキハウス CHACO あめみや

この大量の牛肉を、スタッフの方が目の前でざくっ!ざくっ!と切ってくれて、

ステーキハウス CHACO あめみや

どーん!とこの状態でいただきます。中はまだ全然レアですが、鉄板がアツアツの状態で並べられるので、この上で必要に応じてさらに焼きます。

ステーキハウス CHACO あめみや

各個に配られたこの鉄皿も、鉄板以上にアツアツになっていて、自分の好みの状態に焼きます。私はレア気味なほうが好みなので、表面だけ軽く焼き色をつけていただきます。
この鉄皿に並んでいるコーンやいんげん・人参のソテー、ポテトもまた美味。

肝心の肉のほうの味ですが、これだけの大きな塊から切り出したものはやっぱりボリューム感も違いますね。「肉を食べている~!」と強く実感できるので、肉を欲したときには最適かも。それでいて、炭火焼きだからですかね、余分な脂が落ちているのか、単純計算で一人あたり 500g ものステーキを食したにも関わらず、特に胃もたれもナシ。あまつさえ帰り道で自分の衣服についた煙と脂の匂いを感じて、もう少し食べられそうだなとすら思ってしまいました(笑。500g といったら、最近歳のせいか完食する自信のなくなってしまった B&M のジャンボステーキ(400g)よりも多いので、我ながら驚きます。

ちなみに今回は先日購入した DSC-WX1 をほぼ初めてまともに使用しました。店内がやや薄暗かったので、掲載した画像にはホワイトバランス調整とレベル補正をかけてますが、今まで使ってきたコンデジより一段明るく写る上に、レベル補正しても乗ってくるノイズの量が全然少ない。これが裏面照射 CMOS の実力とやらか!これは近々改めて使い込んでみねばなるまい。

さておき、今回の食事会は本当に楽しかったです。やはり趣味趣向が似通っていて、しかも日頃からオンラインでコミュニケーションを取っている人たちとは、前提を常に共有できている分、リアルで会ったときのコミュニケーションの深さが違いますね。さらに以前からお会いしたいと思っていた方々ともご一緒できたし、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。どうもありがとうございました>T 社長、ご参加の皆様

投稿者 B : 22:48 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック