b's mono-log

2014/12/03 (Wed.)

よなよな BEER KITCHEN

先週末、ビール飲みに行こうぜ!と誘われたので、飲みに行ってきました。

よなよな BEER KITCHEN

よなよな BEER KITCHEN

ここのところ自分が行きたい店に誰かを巻き込んでいくパターンばかりだったので、こういうの久しぶり。ついでに言うと赤坂で飲むのも、赤坂に来ること自体かなり久しぶり。なんかこうアウェー感が漂います(笑

初めて入った東急プラザ 2F の飲食店街のひとつが「よなよな BEER KITCHEN」でした。あの「よなよなエール」を出しているヤッホー・ブルーイング製クラフトビールが楽しめるビアレストランです。

よなよな BEER KITCHEN

まずはよなよなエールで乾杯から。背後にさりげなく写っているのはリコー THETA の新型です。

店内はカジュアルだけど騒がしすぎず、大人がリラックスしてビールと会話を楽しめる感じ。こういう雰囲気のお店は好きです。

よなよな BEER KITCHEN

エールと一緒につまむのは、豆あじのカリカリ揚げ。いかにもビールのつまみらしくていい。

よなよな BEER KITCHEN

それからビアレストランに来たら欠かせないのがこの窯焼きソーセージ。ジューシーで、正しいビールのつまみです。こういう肉々しいソーセージ大好き。

よなよな BEER KITCHEN

メニューにあってとても美味しそうだった串系から、鶏ささみと木の子のカツレツ。撮影しているカメラのことは気にしないであげて(ぉ

よなよな BEER KITCHEN

まあ、ガジェット系の飲み会なのでこういうアイテムには事欠かないわけです。これは Fitear のカスタム IEM(インイヤーモニター)。ちょっとだけ試聴させてもらった感想としては、密閉性と解像度が高くていいけど、聴き疲れしそうな音。リスニング用というより完全にモニター用ですね。

よなよな BEER KITCHEN

続いて「森のヤッホーサラダ」ヤッホーって言うのは森じゃなくて山だろうが、という突っ込みはナシで...。

よなよな BEER KITCHEN

スルメイカの魚醤串焼き。焼いたイカというだけでビールのつまみになるのに、さらに魚醤で焼いてあって、味付けはピリ辛。最強のビールのお供ですこれは。

よなよな BEER KITCHEN

パクチーのせ焼き餃子。

この店、基本的にビールに合う定番系のつまみしか置いてないけど、定番でもちょっとひと工夫してあるのが嬉しい。まあパクチーはこないだから食べまくってるけどな!

よなよな BEER KITCHEN

ビール飲んでる暇がないくらいに料理が出てきてしまったので、ようやくおかわり。これは Amazon とのコラボで限定醸造され、ちょうど発売されたばかりという「月面画報」です。独特の香りがいかにもクラフトビールを飲んでいる気分にさせてくれます。

頼むときに一瞬「月光仮面」と言いそうになったのは内緒(ぉ

よなよな BEER KITCHEN

串もの三点目、鏑木豚と野菜の串焼き。これもタレが濃いめの味付けなのがいい。とにかくビールを飲まそう、飲まそうとしてきます(笑

よなよな BEER KITCHEN

たまらずビールのおかわりを。だんだん濃いビールが欲しくなってきたので、次は東京ブラックに進みます。

よなよな BEER KITCHEN

メニューを見ていたら、おっと、馬肉があるじゃないですか馬肉が。ということでつい頼んでしまった馬肉のタルタル。

「いななきまーす!」「ヒヒーン!」

よなよな BEER KITCHEN

チーズの盛り合わせ、大物ばかりじゃなくて合間にちょっとつまめるものも。ゴーダとモツァレラと、あと何だろう。レッドチェダーとかスモークみたいな定番ビールのおつまみチーズじゃなくて、かといってマニアック方面のチーズでもなくて、適切なチョイスだと思います。

よなよな BEER KITCHEN

とどめにどーんと窯焼きチキン(ホール)!このお店の看板メニューらしく、これは食べ応えあります。クォーター(1/4)、ハーフ(1/2)、フルとありますが、ここは 4 人くらいで行ってフルを頼むのが楽しいでしょう。

よなよな BEER KITCHEN

こういうシンプルなグリルチキンにはあっさりめのビールがいいんですよ。ということで、「水曜日のネコ」これはあれですか、成長して金曜日にはライオンになるんですか(TM ネットワーク世代

よなよな BEER KITCHEN

ハレの日仙人。だんだん注文するのが恥ずかしい感じのネーミングになってきました(汗

長期熟成ビールというだけあって深みのある味。グラスも、他はピルスナーグラスなのにこれだけゴブレットという特別扱いです。

よなよな BEER KITCHEN

〆はスパイシー焼きカレー。スパイシーというけど、上に載っかってる卵のおかげでけっこうマイルド。これは一人一杯いけたかもなー。

よなよな BEER KITCHEN

デザートもいただきます。東京ブラックビタープリン。これをおっさん二人ずつでつつき合って食べるという何かの苦行(ぉ

よなよな BEER KITCHEN

適度に寛げるお店で、店員さんの愛想も良く、何よりうまい。もうこれ以上入らないというくらいに食べ過ぎ・飲み過ぎてしまいました。これは某氏もさすがにアフター吉野家に行かなかったに違いない(ぉ

ビールの味だけでいったらベルギービールやドイツビールの専門店ほどのダイナミックレンジはありませんが、洋ビール専門店って平気で一杯 1,000 円とか取ってきますからね。それに比べると、日本人ならどれでもしっくりくる味のクラフトビールがさほど高くない値段でいろいろ楽しめる、というのは、お店を選ぶ上でとても使いやすい。これは、今後私のお店レパートリーに加えさせてもらおうと思います。

ちなみに、カメラが趣味というホール担当のお姉さんとの会話を広げる努力をしなかったのが今回の唯一の反省点です(ぉ。

関連ランキング:ビアホール・ビアレストラン | 赤坂見附駅永田町駅赤坂駅

投稿者 B : 23:00 | Dinner | Drink | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2014/11/27 (Thu.)

大田区蒲田の海老の生春巻きととりおこわ

「蒲田メシどき行進曲。中華に韓国、イタリアン。蒲田、何でもありだな」

THI THI

ドラマ『孤独のグルメ Season4』聖地巡礼、今回は第 11 話の舞台となった蒲田にやっていました。個人的に、蒲田は昔通勤に利用していた駅でもあるので、見慣れた街。Season3 の大井町に並ぶホームグラウンド感があります。

今回のベトナム料理店「THI THI」は、JR・東急蒲田駅と京急蒲田駅の中間くらいにあります。蒲田経由で羽田空港に向かう際に通るルート。隣には、もうブームも一段落しましたが「俺のやきとり」「俺の焼肉屋」があったりします。

蒲田で出会ったベトナム料理、いいかもしれない。

THI THI

THI THI

お店はビルの地下 1 階。外からは入口が見えないので、何も知らずに飛び込むのに勇気が要る店構えです。こどグルで紹介されていなければ、まず私が入ることはなかったでしょう(笑

THI THI

入口には例の春巻き写真が額装で。ホントにあったんだ!(笑

額入り生春巻き、なんだか闘志が湧いてくる。
さて、それじゃ門戸を叩いてみますか。

グッドイブニング,ベトナム。

THI THI

店内は、劇中のイメージより広くて(というか店舗が細長くて)、ドラマから受けた印象の 1.5 倍くらいはありました。しかも、合計 20 席以上はあるテーブルが、ほぼ満席。聖地巡礼っぽいお客さんはほぼ見受けられず、女性率高し。普段から人気の店のようです。

とりあえず、ラルージュースビールで乾杯。
日本のビールとはどこか違う風味、味わい。でも、この店の空気感に合ってる。
ここがベトナム、ここがふるさと。

THI THI

メニューはこんな感じで、じつに多様。ベトナム料理といえば、せいぜい生春巻きくらいしか知らなかったけど、知られざるメニューがこんなにもあるんだなあ。
まるでベトナム料理観光。ベトナム料理って、こんなに多種多彩だったっけ?

ただ、写真がイマイチを通り越して、白飛びしているのも多くて何が何だかよく分からない(笑。
こういう個人経営のアジア系や中華料理店ってメニューの料理写真がイマイチなことが多いけど、ここはちょっとレベルが違う。

THI THI

料理の方は、まずは定番生春巻きと、揚げ春巻きから。

もちっとした質感の生春巻きと、カリッと揚がった揚げ春巻きのコントラストがいいじゃないか。

THI THI

海老の生春巻きは、中の海老が透けて見える。スケルトンタイプ。
大ぶりの海老を筆頭に、中身がぎゅっと詰まっているのが嬉しい。

そして、タレがいい。甘口の味噌に砕いたピーナッツを絡めた濃い味が、生春巻きに合うんだな。
ベトナムふるさと風濃厚味噌ダレ。

これはいい。額に入れたくなるのも解る。

THI THI

チャージョー(揚げ春巻き)。

カリッカリの衣に噛みつくと、中は軽く火傷しそうなほどにアツアツ。こうきたかベトナム。
オリエンタル感満載に香ばしいのがいい。

山盛りに添えられた野菜は、レタスにキュウリ、そして意外にもミント。
これを巻いて食べると、また趣が違ったうまさ。ベトナム春巻き、奥が深い。

THI THI

肉入りおもち。ちょっと小籠包っぽい見た目だけど、包んでいるのは餅、というのが新しい。
そしてどんな料理にでもパクチーとピーナッツを絡めてくるのがベトナム流らしい。でも、パクチーもピーナッツも好きだから、むしろありがとうベトナム。

THI THI

中身はこんな感じ、といってもなんだかよく分からない渾然一体感だけど、とにかくいろいろ入っていて、幸せになる味。
餅とも肉とも長い付き合いなのに...何だこの、こんなはじめまして感は。

口の中がホーチミンだ。
ベトナム料理、あなどれんぞ。

THI THI

「ふらっと QUSUMI」メニューから、ベトナム風水餃子。水餃子なのにスープに浸っていなくて、スープのかかった蒸し餃子みたいな感じで出てきます。もちろん、野菜とパクチーもたっぷり。
上に載っかってるのはベトナムソーセージ。ちょいとスパムっぽいのもアジアだ。

THI THI

これは麺もいっといたほうがいいな。ということで、ブン・ボー・フエ(レモングラスのビーフン)。

おお、新たな食欲が湧き上がる香り。レモングラスが効いてます。
調べてみたら、一口にベトナム料理といっても地方ごとに特色があり、このお店で多く扱っている南部の料理はハーブと砂糖を多用した甘い味付けが多い、とのこと。でもこのブン・ボー・フエは中部発祥の料理なのか。へええ。

ベトナム料理 - Wikipedia

THI THI

別皿で添えられてきた大量の野菜類を載せて、混ぜて、いただきます。
今日は野菜たっぷり採ってるなあ。健康になるに違いない(←

ああ...このすっぱ辛さ。うんうん。
スープを不用意に飲むとむせるレベルの辛さだけど、食欲を刺激するうまみも兼ね備えていて、スルスル入る。ベトナムの定番料理になるのもよく分かる。

THI THI

ここまでラルービールをおかわりしてきたけど、ここらでちょっと違うビールに移行。
この「333」というビールは「バババビール」と読むようで、ベトナムではラルービールよりもこっちのほうがメジャーなんだとか。でも私は「333」という文字列を見るとつい後ろに「ES」とつけたくなってしまうオーディオ脳(ぉ

味は、確かにメジャーだけあって、ラルービールよりも普通のビールっぽい。でも、ラルービールもベトナム料理に合わせるとあまりにも自然で、全然違和感ありません。

THI THI

ここまで来たら、ちょっとカレーも行ってみたい。
「鶏肉のココナッツカレー」というのを頼んでみましたが、合わせたのはライスではなくビーフン。

ココナッツの甘い香りが効いたマイルドな味わいは、ちょっとタイカレーっぽい。深みがあっておいしい。
それに、ライスじゃなくてビーフンというのも、カレーがよく絡んで、これもいい。

THI THI

カレーのほうが量が多かったので、ビーフンをおかわりしちゃいました(笑。
いやあ、これはおいしい。カレーにビーフン、気に入ったかも。レトルトのタイカレーとか買ってきて自宅で再現したいくらい。

じゃあ、そろそろ満を持して締め、いってみましょうか。

THI THI

最後はもちろん、とりおこわ。

見た目がけっこう地味だけど、この回のサブタイトルに取り上げられるくらいだから、うまいに違いない。

THI THI

ベトナムソーセージとおこわの間に挟まった、このさきイカかとろろ昆布みたいなものは何だ?と思って口に入れてみたら...これ鶏肉か!しかも鶏の干し肉!
しっかりと味のついた鶏肉がほぐされているから、うま味の出方が半端ない。もっとあっさりした味を想像していたら、実物は全然ちゃう。

これは、ごちそうおこわだ。
ベトナムおこわ、私の大好物になりました。

THI THI

うまいものを食って怒る人はいない。
腹が立ったらおいしいものを食べろ。

終盤のカレービーフンからとりおこわのコンボがかなりお腹にたまる感じで、珍しくちょっと食べ過ぎたかも。
でも、これで一人 5,000 円いかないんだから、リーズナブルだよなあ。

こんなふるさとなら、誰だって帰りたくなる。
ああ、ごちそうさまでした。

孤独のグルメ Season4 Blu-ray BOX

B00MN0SBFG

関連ランキング:ベトナム料理 | 蒲田駅京急蒲田駅梅屋敷駅

投稿者 B : 23:58 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2014/10/25 (Sat.)

杉並区阿佐ヶ谷のオックステールスープとアサイーボウル

「パールにゴールド、あっちにはスターロード、ダイヤ街...けっこう派手め好きなのか?阿佐ヶ谷の人って」

阿佐ヶ谷ゴールド街

ドラマ『孤独のグルメ Season4』、今回の聖地巡礼は第 8 話の阿佐ヶ谷。
今まで、中央線の新宿より西側って中野くらいしかまともに降りたことがありませんでしたが、聖地巡礼を初めてからジワジワと制覇しつつあります。この阿佐ヶ谷はハワイ料理編で、寒くなる前にぜひ攻めたいと思っていたところ。こないだハワイ風パンケーキを食べたところではありますが、むしろこちらが本命です。

Yo-Ho's Cafe Lanai

Yo-Ho's Cafe Lanai

阿佐ヶ谷の駅から、ちょっといい感じのお店が建ち並ぶ路地を歩いてきたところにあるのが「Yo-Ho's Cafe Lanai」。道中、心惹かれる飲み屋も何軒かありましたが、当然初志貫徹。

周囲のお店とはちょっとだけ雰囲気の違う店構え。
うん、今日は絶好のハワイ日和かも。

Yo-Ho's Cafe Lanai

店内は爽やかなブルー。やっぱり女性、多し。
いや、ここで怯んではいけない。

キッチンに立っているマスターは、確かに劇中の寺島進さんそのまんまの格好(むしろ寺島進さんがマスターと同じ格好をしているわけだけど)。
でも、寺島進さんのイメージよりも、穏やかそうな印象。
劇中のマスターはしょっちゅうホールに出てきてお客さんに話しかけていたけど、実際の店内はずっと満席で、それどころではない雰囲気でした。

Yo-Ho's Cafe Lanai

お店のあちこちに飾られたハワイアングッズに混ざって、こどグルグッズも。

ちなみにちょうどこの日、阿佐谷ジャズストリート 2014 で久住さん率いるスクリーントーンズのライヴがあったんですが、ちょうどお店にいる時間帯だったので、悔しくも行けず(´д`)。あと 1 時間前か後ろにずれていてくれたら、絶対に行ってたんだけどなあ...。

Yo-Ho's Cafe Lanai

メニューは壁の黒板に。

オックステールスープにガーリックシュリンプ、ポキ、ロコモコ。
ハワイだハワイだ、アロハオエ。

Yo-Ho's Cafe Lanai

とりあえず生ビールから。
まだまだ、ビールのうまい季節です。

Yo-Ho's Cafe Lanai

ビールのアテにおつまみプレートをいただいてみました。

久住さんが食べていたもので、炙りテールにアヒポキ、枝豆ガーリックの三点セット。これがまた、ビールに合うんだ。

Yo-Ho's Cafe Lanai

で、おつまみプレートの料理がどれもおいしくて、もっと量が欲しくなったので、改めてそれぞれ通常メニューを頼んでみました(ぉ

まずはこの枝豆ガーリック、これがまた、うまい。ニンニクによって引き出された、枝豆の未知のうまさが引き出された感じ。
なるへそ...ハワイの島人は、ハワイビールをガブガブ飲みながらつまむというより、バクバクいくんじゃないかな。

枝豆には塩、って日本人のバカの一つ覚えかもしれん。ニンニク、合う。

Yo-Ho's Cafe Lanai

続いてアヒポキ。
マグロの醤油漬けですが、日本でいう「ヅケ」とは違ってあっさりしていて、食べやすい。サラダ感覚でぱくぱくいただいてしまいます。

Yo-Ho's Cafe Lanai

そしてこれが極めつけの炙りテール。テールスープに入っている、トロトロに煮込まれたテール肉を炙ったオリジナルメニューだそうですが、これが本当にうまい。炙ることで、煮込まれたテールのうまみが凝縮されて、生姜醤油に合いすぎる。

後で登場するオックステールスープ以上にこの炙りテールがうまくて、これを食べるためにまた来たいと思ったほど。
これはタマラナイ。胃袋がフラダンスを踊っている...!

Yo-Ho's Cafe Lanai

劇中でゴローが気になっていたガーリックシュリンプももちろんいただきます。

殻も尻尾も、丸ごと食べられる軟らかい海老に、これでもかというくらいに載っけられたニンニク。見た目からしてすごいインパクト。
添えられているライスは普通盛りか小盛りか選べますが、この後もまだまだ食べるので、小盛りで。というか、他のお客さんもほとんどがライスは小盛りにしていたようです。

Yo-Ho's Cafe Lanai

プリプリの海老に、このニンニク。
パンチのある味、というよりは口の中に刺激として近くされるレベルのニンニク量で、これはもうパタンに匹敵するかそれ以上のニンニクぶり。

実はこの店、入った瞬間に店内のニンニク臭がすごくて、これでよくこれだけ女子が集まるなあ...と思うレベルでした。
でも、それくらいなりふり構わず味わうニンニク、うまい。

Yo-Ho's Cafe Lanai

これは飲み物も進むわけで、ハワイの方の泡ドリンクをいただいてみます(笑。

日本の生ビールもいいけど、やっぱり現地のビールのほうが、雰囲気的にもちょうどいい。

Yo-Ho's Cafe Lanai

こちらは五郎's セレクションの「モチコチキン」。

モチコチ・キン?モチ・コチキン?(ぉ
いえ、餅粉・チキンです。餅粉で挙げたフライドチキン。

餅粉だからか、ほんのり甘い。ハワイって、飯のおかずらしからぬ甘い味のイメージがある。
うん、でも...悪くない。今日はハワイアン唐揚げ日和だ。

Yo-Ho's Cafe Lanai

ドラマには登場しなかったメニューもいってみよう、というわけで「ポークのハーブソテー with サラダ」。

豚薄切り肉のソテーでサラダを巻いていただきます。バルサミコの爽やかな酸味が口の中をいったんリセットしてくれる感じで、これまたお酒が進みますね。

Yo-Ho's Cafe Lanai

そしてハワイといえばスパム。

シンプルなグリルですが、味付けがトマトケチャップとわさび、という組み合わせ。
どんな味になるのか想像できなかったんですが、ケチャップとわさびを両方つけてみると、ケチャップがスパムのうまみをオーソドックスに引き立てたところをわさびが締める、見事なコンビネーション。

これはいい、アロハうまい。自宅でも簡単にできるしっかりおつまみになりそうだし、やってみようかな。

Yo-Ho's Cafe Lanai

〆はもちろんオックステールスープですよ。
ここまで散々食べたところにオックステールスープを一人一皿ずつ頼んだら、お店の奥さんに「まだ召し上がるんですか!?」と凄い勢いで驚かれる俺ら(;´Д`)ヾ。

でも、このボリューム感あるどんぶり。いい風景だ。
まずはテール肉を取り出して、生姜醤油にしっかりつけて、手づかみでガッといただきます。

Yo-Ho's Cafe Lanai

お~、きたきたきたきた!これはうまい。
超カメハメハだ。

さっきの炙りテールとは違う、柔らかさ優先で、スープのうまみが浸みていて、ガッツリだけど癒やされる味。
ハワイアンに生姜醤油がこれほど合うとは。

Yo-Ho's Cafe Lanai

んで、最後にごはんを入れて食べるのが、ロコ流。
日本人みたいなことするんだな。

これ、ロコでもハワイでもない。完全におじやだ。
でもうまい。生姜の働きも想像を超えている。それに、スープの中に隠れている生ピーナッツが、風味と食感の両面でいいアクセントになっている。やみつきになる味だ。

Yo-Ho's Cafe Lanai

デザートは...お店の奥さんに

「えっと、まだ注文してもいいですか」

と訪ねてみたところ、改めて驚いた顔をした上で

「アサイーボウル、ですよね」

と。
解ってくれて俺は嬉しいです(ぉ

Yo-Ho's Cafe Lanai

ボウルの中身をグルグルかき混ぜて、渾然一体にしていただきます。
アサイーって初めて食べたけど、こんな味なのか。ベリー系っぽい甘酸っぱさが、ニンニクと生姜で満たされた口の中をリフレッシュしてくれるようだ。

阿佐ヶ谷、いい。阿佐、いい。アサイー(ぉ

Yo-Ho's Cafe Lanai

ちなみに、店内の壁には製作陣から贈られたというドラマの台本が額装されていました。実物を見られるとは思っていなかったので、感激。

本当にたくさん食べましたが、どれも外れなくおいしかった。
頼みすぎたのにイヤな顔一つせず対応いただき、ありがとうございました。

ハワイのおじや。誰かに教えたくなるな。
ごちそうさまでした。

孤独のグルメ Season4 Blu-ray BOX

B00MN0SBFG

関連ランキング:ハワイ料理 | 阿佐ケ谷駅南阿佐ケ谷駅高円寺駅

投稿者 B : 22:16 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2014/10/03 (Fri.)

韓国家庭料理 なじみ亭 再訪

「コリアンパワーに寄り切られてる俺。いかんいかん、自分のペースを取り戻さなくちゃ」

なじみ亭

ドラマ『孤独のグルメ Season4』聖地巡礼、第 2 話の放送翌日にお邪魔した「なじみ亭」に今一度やってきました。ここのメニューは日替わりなので、前回食べられなかったものがいくつかあったんですよね。だから日を改めてもう一度来たい、と思っていました。でも経験上、ほとんどのお店は放送から 2 ヶ月は予約も取れないような状況に陥るので、しばらく間を空けて、ようやく再訪することができました。

なじみ亭

なじみ亭

今回も、お店の前のテラス(?)席。涼しくなってきたので、これくらいの気候だと外で飲み食いするのも楽しい。

もちろん、まずは麦スカッシュで乾杯。

なじみ亭

今日のお通しは小魚の佃煮的ななにか。劇中でゴローちゃんも食べてた「ミョルチ・ポクン」というやつです。そうそう、こういうのが飲んべえの正しいお通しだ。

料理は、おかあさんにお任せ。今日は何が食べられるかな...?

なじみ亭

まずはトップバッター、チャプチェ。前回食べたかったのになかったので、これは願ったり叶ったり。

食べてみたら...はいはい、キタキタ!濃い味がっちりタイプの韓国ね。
しっかり味だけど、辛いわけじゃなくて、ごま油の香りと、何とも言えない甘み。うん、これはうまい!

チャプチェがこんなにうまいものだとは、今まで思ったことがありませんでした。おかわりまでしてしまったのは内緒(ぉ

なじみ亭

続いて韓国料理の定番、チヂミ。これも前回食べなかったもののひとつ。

日本の一般的な韓国料理屋で出てくるのとは全然違う、宅配ピザの L サイズくらいある大判のチヂミ。
外からだと厨房でおかあさんがこれを焼いているのが見えるわけですが、フライパンで器用に投げてひっくり返す手さばきが、見事の一言(笑

なじみ亭

タレをつけていただくと、これがまた、うまい。

チヂミって薄くてペラペラした食感のイメージがあったけど、これは厚くてもっちりしていて、何か別の食べ物みたいだ。俺のチヂミ観も、あのフライパンさばきによってひっくり返された。

なじみ亭

こちらは厚揚げのなにか。完全にお任せなので、詳細が分かりません(笑。

でもここまで、韓国的キムチ一辺倒な味じゃなくって、全体的にちょっと濃いめの、やさしい味。韓国の本当の家庭料理って、こんな感じなんだろうなあ。

なじみ亭

それから豚足。豚足というと今はどうしても焼きたくなってしまうところですが(笑、ここはコンロがないのでそのままいただきます。

コラーゲンたっぷり、オーソドックスなおいしい豚足。骨もちゃんと取ってあるし、これなら焼かなくても十分においしい。

なじみ亭

こういう秀逸なつまみの波状攻撃に晒されると、もうマッコリに進まざるを得ないってもんです。

前回飲んだ黒マッコリがとても気に入っていたんですが、あの後手に入らなくなってしまったらしく、同じく黒豆ベースながら、豆の皮を剥いて作られた黒豆マッコリをいただきます。うん、やっぱりマイルドで、これは何杯でもカパカパいけちゃうな~。

なじみ亭

マッコリを飲み始めたとなれば、そろそろ辛さのほうでも韓国の本気を見せてもらおうじゃないか。

というわけで出てきたのは、豆腐キムチ。キムチにはよく見ると豚肉が和えてあって、見た目のシンプルさに反して食べ応えがあるのが嬉しい。キムチと豚肉、やっぱり韓国のゴールデンコンビだ。

なじみ亭

そして前回もいただいた「イカとソーメンの旨辛炒め」。これがねえ、旨いんですよ。旨くて辛い。辛くて旨い。イカがいい働きをしている。

おおぉ~、辛い辛い。やっと韓国らしいパンチがきたな。

なじみ亭

どっさりキムチもいただいて、ますますマッコリのペースが上がるわけです。

なじみ亭

じゃあ普通の白マッコリも飲んでみようか。

黒豆マッコリに比べると、酸味が強くて、荒削りな感じ。炭酸でもないのに舌を刺激する酸味が心地良いけど、味そのものは黒豆マッコリのほうが好みかな。

なじみ亭

マッコリに合わせて、今回もおかあさんからのサービス、韓国のり。
こういうちょっとした心遣いがうれしい。

なじみ亭

もうひとつ、マッコリのつまみに韓国の珍味、チャンジャ。
黒作りの国の生まれとしては、こういう塩辛系の珍味には目がありません。

なじみ亭

そしてオーラス!参鶏湯ラーメンの入場です。やっぱり、これがないと締まらない。

いろんな滋味が溶け合った参鶏湯に、もちもちっとしたジャガイモ入り即席麺の組み合わせがタマラナイ。
俺、今、幸せだ。

なじみ亭

スープの一滴も残すのが惜しい。当然、最後までいただきますよ。

この味に、また出会えて良かった。ごちそうさまでした。

なじみ亭

お話を伺うと、やはりあの後はそうとう忙しかったらしく、身体を壊しかけて整体に通ったりしながらなんとか 3 ヶ月乗り切ってきた、とのこと。でも、お元気そうで安心しました。
最近はピークは過ぎたそうですが、週末はまだまだ予約でいっぱいだそうです。

個人的には、ドラマに登場した中で最も来やすい場所にあるお店の一つだし、ゴローちゃんが食べた鱈餃子をまだ食べられていないので、これはまた来なくてはなりますまい。
これから寒くなって身体的にも厳しい季節になりますが、身体に気をつけて、引き続き元気にお店を切り盛りしていってほしいものです。

孤独のグルメ Season4 Blu-ray BOX

B00MN0SBFG

関連ランキング:韓国料理 | 新橋駅内幸町駅汐留駅

投稿者 B : 00:51 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (2) | トラックバック

2014/09/08 (Mon.)

東京都八王子市小宮町のヒレカルビとロースすき焼き風

「カルビにロースに白い飯...めちゃくちゃ、腹が減ってきた」

小宮

ドラマ『孤独のグルメ Season4』は放送のほうもいよいよ大詰めになってきました。これまで控えめにしてきた聖地巡礼も、そろそろ本格的にアクセルを踏んでいきたいと思います。
そんなわけで今回は、第 4 話に登場した東京都八王子市小宮にやってきました。遠征回はそれだけを目的に行くのもちょっともったいないので必ず他にも何か絡めていますが、今回は横田基地からのハシゴ(笑。

八王子って、たまに松本方面に出張があるときに通過する程度で、今まで一度も下りたことがありませんでした。八高線に乗るのも初めて。拝島から一駅、都内に無人駅があることにちょっと衝撃を受けつつ、降り立った小宮駅。

これが駅前...何もなし。

私の故郷といい勝負、っていうくらいに人気のない町。東京にも、こんな場所があるんですね。

大幸園

お店は、駅から歩いて 5~6 分。住宅街の中に唐突に現れる、駅方面から来るとやや見つけにくい立地ながら、付近に焼肉の匂いが漂っているのですぐに分かります。

全身、焼肉体勢なんだが。
たのもー。

大幸園

大幸園

お店には一ヶ月ほど前から予約を入れてありました。
女将さんに話を伺ったところ、「放送後から夏休みの間、特に土日が大変だった。9 月に入ってようやく少し落ち着いてきたところ。それにしても五郎さんファンのパワーは本当にすごい」とのこと。暑い盛りの大盛況、本当にご苦労様でした。

店内には番組スタッフ謹製と思われる宣伝ポスターも貼られていて、番組側からお店に対する配慮もけっこうされているんだなあと。

大幸園

まあまずは生ビールでお疲れさまでした!

横田基地を一日歩き回って、屋台でビールもたくさん売られていたにも関わらずガマンしたので、なおのこと美味しい。

では早速、肉の注文を。えーっと、メニューは...っと。

大幸園

おおう、「五郎's セレクション」がちゃんと用意されているじゃないですか!

「すいませーん、五郎's セレクションください」

...一瞬固まる店員さん。どうやら「五郎's セレクション」がメニュー化されたわけではなくて、あくまでゴローちゃんが食べたものをリストにしてあっただけのようで、裏で伝票にひとつひとつ書き起こされていました。なんかすいません(汗

大幸園

というわけで、豚足から出てきました。

豚足...ひさしぶり。
牛の前に豚。新しい攻め手。

当然、そのまんま食べてもうまいわけです。
が、

大幸園

ちょっとだけそのまんま食べたら、残りは鉄板で焼いてしまうのがゴロー風。いや、ゴローも常連さんの真似をしただけだけど。

豚足を鉄板で焼くってなんだか変な感じですが、脂の焦げるいい香りが食欲をそそります。
ただ、すぐに鉄板にこびりついちゃうので、軽くあぶるくらいがちょうど良い。

大幸園

おっ、いい!焼き豚足、焼くとこんな感じになっちゃうんだ。
いいぞいいぞ、焼き豚足。

正直、豚足って骨ばかりで食べるところも少ないし、別にそこまで好きなわけじゃなかったけど、この焼き豚足はうまい。脂身のとろける感じがたまらない。
これはもう、豚足を食べるときは必ず焼きたくなってしまいそうなほど。

よし、エンジンがあったまってきたぞ。
今日は焼肉の王道をいこうじゃないか。ローストとカルビ、ローカル攻撃だ。

大幸園

...と思ったら、焼き豚足を食べている間にどんどん出てくる料理。
「五郎's セレクション」で注文したら、とにかく一斉に出てきてしまったようで(;´Д`)ヾ。これは食べながら自分たちのペースで注文すべきだったかもしれない(汗

大幸園

テーブルの上がいっぱいになっちゃったので、どんどん食べていくしかない。

まずは、上ロースから。
このロースがまた、デカくてうまそうすぎる。

大幸園

おお~、ビンビンにそそるなあ。

焼いているだけでも分かる、霜降りだけど脂身ばっかりじゃない、ちょうどいい肉質。

大幸園

これを、溶き卵につけて食べるのが大幸園流。
肉自体にあまり味がついていないので、タレに一度くぐらせてからの、溶き卵。

お~、すき焼きだ!
一気に口の中が高級すき焼き店になった。

ローカル攻撃を遙かに超えた、焼肉とすき焼きの異次元合体殺法。
こんな攻め方があったか...俺はまだまだ甘ちゃんだ。

大幸園

それから、ヒレカルビ。これもデカ厚、霜降りまくり。

これまたいい肉なので、焼きすぎない程度に火を通したら、味ネギを載せて白いごはんと一緒にいただきます。

大幸園

うわあ、ヒレ、ハラホロヒレ。
何これ、ヒレハレ。

ジューシーな肉質に、よく漬け込まれたタレの味とネギが、白いごはんに合いすぎる。

ん~、カルビを超えたカルビが、こんなところで俺を待っていたとは。
俺、今どんな金持ちより幸せだ。

大幸園

なんだかビールでお腹いっぱいになるのがもったいなくなってきたので、飲み物はハイボールに移行。
スッキリして、新たな気持ちで肉に挑めます。

大幸園

ちょっと箸休めに、ナムルの三種盛り。
見た目は地味な奴だけど、しっかり味で、これまた酒のつまみにちょうどいい。

にんにく効かせたぜんまい、初めて。これ、いいじゃない。

大幸園

のっけから変化球が続いたので、ここでど真ん中ストレート。普通のカルビを普通にタレでいただきます。

やっぱり焼肉屋の実力は、こういう普通のカルビでこそ分かるというもの。

大幸園

それと、カルビの相棒にカクテキ。

こういうちょっとしたつまみまで手を抜いていない、いい仕事をする店だなあ。

大幸園

だんだんいい気分になってきたので、飲み物はカルピス黒豆マッコリに移ります。

本当は久住さんが飲んでいた「虎マッコリ」が気になっていたんですが、ボトルのみということで黒豆マッコリに。
「ふらっと QUSUMI」では、「久住さんの名前でボトルキープしておくから巡礼の人は頼んでいいよ」的なノリで紹介されていましたが、さすがにもう残っていないようです(笑

大幸園

それから「タン先」。
そこいらの焼肉店なら薄切りで出てくるところ、ここはかなりの肉厚。食べでのある牛タンで、これもうまい。

うまい焼肉って、身も心も前のめりになってしまう。

大幸園

それと、劇中で他のお客さんが頼んでて妙にうまそうだった「あぶりレバー」を頼...もうと思ったら品切れだったので、代わりに「レバブツ焼」を。

これもまた、ビンビンにそそるレバー。
レバ刺にしても出せる鮮度のレバーらしいので、自己せkレバーおいしいです!(ぉ

いや、本当に、新鮮で肉厚なしっかりレバー、うまい。

大幸園

ではそろそろ〆に向かっていくということで、上ロースの肉汁が絡んだ溶き卵を...こうでしょ。

大高級卵かけごはん。

大幸園

余ってた味ネギも薬味代わりにトッピング。

そんじょそこらの TKG とは一線を画す、うまみたっぷりの卵かけごはん。
ああ、幸せ。

大幸園

あとこれは押さえておきたかった、久住さんお気に入りメニューのローストビーフ。

焼肉屋のローストビーフ、ってちょっと変わってるけど、ちょっと鰹のたたきっぽくて、いい。あっさりしてるのに口に入れると肉のサシが溶けてきて、たまらない。これはマッコリが進むわー(ごくごく

大幸園

じゃ、そろそろ本当に締めますか。
ユッケジャンスープにごはんを入れて...って、ごはんはさっき食べちゃったので、半ライスおかわり(ぉ

...と思ったら、半ライスといいながらほぼ全ライス並みに盛りのいいごはんが出てきたので、普通にユッケジャンクッパ一人前を食べる羽目に(;´Д`)ヾ。

若干お腹がはちきれそうになりながらも、うまいから途中でやめられない(汗。

大幸園

あ~、食った。

豚足に始まり、何もかもがうまかった。
まさかこんな店があったとは。

何もないと思った小宮に、その名の通り小さな宮殿があった。
畑の脇の、肉の宮殿。

確かな仕事ぶりと、人柄が滲み出た接客。
幸せなひとときを過ごさせていただきました。

ごちそうさまでした。

孤独のグルメ Season4 Blu-ray BOX

B00MN0SBFG

関連ランキング:焼肉 | 小宮駅

投稿者 B : 23:58 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2014/09/06 (Sat.)

渋谷区神宮前の毛沢東スペアリブと黒チャーハン

「今はカレー腹じゃない。でもなんか熱いものを入れたい。熱いもの、なんだろうなあ...」

シャンウェイ

ドラマ『孤独のグルメ Season4』聖地巡礼。今回は、今週放送されたばかりの第 9 話、神宮前中華編の舞台にさっそくやって来ました!

神宮前といえば、原作では神宮球場でウィンナー・カレーを食べる回に登場した場所。ドラマでは、回想シーンとしてこの神宮球場回のワンシーンが扱われていましたが、今まで原作のオマージュ的な演出や台詞こそあったものの、原作そのものを再現したシーンはなかったので、胸熱モノ(ロケ自体は神宮ではなく川口市営球場で行われたようですが)。そんな感じで製作サイドにもいつも以上にこだわりが感じられた回。それにこれまで、激辛回と焼肉回にハズレなし。というわけで、期待も高まろうというものです。

鉄板中華 青山シャンウェイ

シャンウェイ

お店は、お洒落なお店やギャラリーが建ち並ぶ外苑西通り沿いの 2F にありました。普通なら、通りがかってもまず入ろうとは思わないだろう立地です。
中華料理というより、イタリアの家庭料理でも食べさせてくれそうな雰囲気の店内なのが、外苑前らしいといったところでしょうか。
中華は大人数で食べた方がいろいろ食べられて楽しいけど、あまり広くない店舗だから、大人数すぎても入りきれません。4~6 人くらいがちょうどいいところかと。

ちなみに放送直後ということもあって、お客さんがひっきりなしに訪れては満席で断られていました。少なくとも 10 組以上断られてたんじゃないですかね...予約しておいて良かった。

シャンウェイ

メニューの冒頭に、店主の佐々木さんからのメッセージが。

食材が踊る、弾ける。まさに、ここに書いてある想いそのものを具現化した料理を、私たちはこの後堪能することになるわけです。

シャンウェイ

煮沸人間?なんじゃそりゃ。

メニューはかなり多彩。それでも、劇中や「ふらっと QUSUMI」に登場した料理の多くが、メニュー外のものだったりするくらい、頼めば何でも作ってくれそうな勢いです(実際、食べられない食材を伝えたらかなり柔軟に対応してくださいました)。
この店は一気に頼むより、様子をうかがいながらジワジワいったほうがよさそうだ。

シャンウェイ

ま、まずはビールから。このところ少し涼しくなってきたと思ったら、今週はまた暑さが戻ってきてしまったので、仕事終わりのビールは外せません。
生ビールはプレモルですが、瓶の台湾ビールもあるので、かなり辛い湖南料理と一緒に飲むなら薄い台湾ビールのほうが合っているかも。

シャンウェイ

いきなり「ふら Q」に登場した裏メニューからになりますが、白はまぐりとニラの炒め物。この堆く積み上げられた蛤とニラのタワーに、のっけから圧倒されます。

シャンウェイ

このぷりっぷりの蛤もうまいんですが、蛤のエキスがしっかり溶け込んだスープが絶品。
あまりのうまさに、レンゲじゃなくて貝殻でスープをすくって飲んでしまう。

シャンウェイ

そして蒸し鶏のネギ醤油。ゴローちゃんはももの部分だけをもらってましたが、我々は一羽まるごと!凄い迫力だ。

それに、ものすごく柔らかい。さすがは 10 時間蒸されただけのことはある。これは蒸しまくってるな...この食感は犯罪だ。

シャンウェイ

自らほぐれてしまいそうなほど柔らかい鶏肉と、ネギと三つ葉のシャキシャキ感の対比が楽しい。
食感もいいけど、味が、味が!

劇中で言われていたとおり、骨まで本当に柔らかい。顎に力を入れなくても、骨まで食べてしまえる。まあ、骨だけ食べておいしいものでもないですが(笑、小骨に悩まされることなく全部食べられるこの幸せ。

シャンウェイ

ドラマ外ながら食べてみたかった「シャンウェイ餃子」。デカい!
皮は厚めのもちもちした食感で、具はうまみがギュッと詰まってて、これはうまい。ランチならこの餃子とごはんだけで満足できるレベル。

シャンウェイ

どんどんいきます。
お次は、天使の海老ロンジン茶炒め。

言わなくてもちゃんと人数分の海老を入れてきてくれる気配りが嬉しい。

シャンウェイ

鶏の骨と同じく、殻まで食べられちゃう、天使の海老。
大根とかインゲンの食感もいい。

うん、このうまじょっぱさ。ロンジンが効いてる。
お茶を調味料にしちゃう、中国四千年。

シャンウェイ

続いて本命、毛沢東スペアリブの登場です!どどーん!!!
売り切れちゃうかなと思って、これだけ事前に予約しておきました。

間近で見るとまたすごいな。さすが毛沢東、すごい威圧感。

怖じ気づくな、スペアリブだ。

シャンウェイ

もう箸とか気取ってないで、手づかみでガブッと齧り付きます。でも、できたてはちょっと持っていられないレベルの熱さ。それでも躊躇していたくないくらいのうまさ。口の中で脂身が溶解していく感触と、そこから滲み出る甘みがたまらない。
そして後から猛烈な勢いで追いかけてくる辛さ!これが中国八大料理最強と言われる湖南の辛さなのか。でも、辛さに慣れたのか、麻痺してきたのか分からんが、うまくなってきた。

シャンウェイ

で、たまらず紹興酒のロックをいただいてしまうわけで。
麻辣の効いた中華料理と一緒に飲む紹興酒って、なんでこんなにうまいんだろう。

シャンウェイ

紹興酒はもちろん甕出し。久住さんも飲んでたやつですね。ただ、この紹興酒が大人気で、あれよという間に売り切れてしまっていました。

シャンウェイ

こちらは麻香辣子鶏(唐辛子と鶏もも肉の炒め物)。劇中には登場しませんでしたが、隣のテーブルのお客さんが食べているのがやたらうまそうで、頼まずにはいられませんでした。まさに、劇中のゴローの行動を地で行ってしまったわけです。
これがまた...辛い!辛い上に熱いから、余計に辛い!でもうまい!
上海の辛さが本気を出してきた。

シャンウェイ

それでもって、ごはんもの。メニュー外の黒チャーハンですが、これが本当に黒い。
黒天丼なら昔食ったよな...人形町だっけ

シャンウェイ

うわ...しっかり味で、うまい。パラッと仕上げられた食感に、この濃いめだけど辛くない、深みのある味が、いろんな辛いもので麻痺した口の中にやさしい。

シャンウェイ

まだまだ行きます。こちらは久住さんメニュー、ホンコン焼きそば。
これがねえ、オイスターソースたっぷりでまたおいしいんですよ。焼きそばを食べているはずなのに、俺は今、焼き牡蠣を食べている。そんな気分に浸れるうまさです。

シャンウェイ

ここまで来たらラーメン系もいってみたいじゃないか。というわけで(ぉ)鶏煮込みそばです。
あの骨まで食べられる蒸し鶏がそのまんま載っかっていて、スープにも鶏ガラのうまみが全部凝縮されていて、これもうまい。この店、近所にあったらお昼に毎日でも通いたいほど。

シャンウェイ

ゴローちゃんが黒チャーハンと一緒に飲んでいた、麻辣湯。
この辛そうな色は、見るからにあかんやつや(;´Д`)ヾ。

シャンウェイ

スープの中には、いろんな辛そうなものに加えて、春雨もたっぷり。
味はなるほど、確かに、マーで、ラー。辛いんだけど、さっきの麻香辣子鶏の後だと、辛さはそんなでもなくて、ウマ辛い。

この店の料理、どれも単純に辛いだけじゃなくて、いろんな隠し味が複雑に使われていて、食べれば食べるほど味わえる奥深さがあります。

シャンウェイ

それからこれも食べてみたかった、この店の名物料理・ウーロンチャーハン。
鉄板の上でダイナミックに作られていく様子は、見ているだけで楽しいです。

シャンウェイ

黒チャーハン以上にしっかり味付けられたチャーハンだけど、食べていると口の中にウーロン茶の風味が広がって、不思議な感覚。
この店、どれだけ味の引き出しを持っているんだ。

中国広し。深し。超うまし。
鍋の音、油の音、炎と鉄。食材が踊る、弾ける。
中国鉄板食欲雑伎団だ。
心が鉄の上で踊っている、弾けている。

シャンウェイ

デザートは愛玉子。

「あいたまご」って何だ?愛・玉子...愛!ふるえーるー愛!(ゼリーだけに)と思ったら全然違って(ぉ、「オーギョウチィ」という台湾方面の定番デザートなんだとか。そういえばこないだ食べた台湾仙草もそうだけど、台湾っていろんなものをゼリーにするんだなあ。
味はレモンゼリーっぽい感じでスッキリ酸っぱく、麻辣でシビレた口の中をリセットしてくれる感じ。

うーん、うまかった。
中国四千年、未知なることが多すぎる。

このお店は本当に気に入りました。私が今まで行った中華料理店の中でも一、二を争うレベルです。
店員さんの対応も、細かな気配りがありがたく、料理をさらに美味しく感じさせてくれる気がします。

たぶんしばらくは予約さえ取れない状況が続くでしょうが、落ち着いたらまた行きたいところ。
店員さんも混みすぎで大変だと思いますが、身体に気をつけて頑張ってほしいと思います。

ごちそうさまでした。

孤独のグルメ Season4 Blu-ray BOX

B00MN0SBFG

関連ランキング:中華料理 | 外苑前駅表参道駅明治神宮前駅

投稿者 B : 21:00 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2014/08/22 (Fri.)

櫃まぶし 一冨士

日間賀島巡礼にあたり、道中に名古屋を経由するならばやっぱり鰻は食べたいでしょう!暑いし!と思って、以前から行きたいと思っていたお店に行ってきました。

一冨士

一冨士

名古屋の鰻の有名店にはこれまで、あつた蓬莱軒いば昇には行ったことがありました。でも以前からサイカ先生のイチ押しはこの一冨士。地元民のオススメならば間違いないはずと思い、機会をうかがっていました。
ちなみに「櫃まぶし 一冨士」でググると 1 ページめにサイカ先生クマデジさんのエントリーが出てくるというのがもうなんかアレ(ぉ

一冨士

うなぎは鰻丼、鰻重、櫃まぶし、長焼に白焼まで当然ひととおり。鰻以外にも、ふぐもメインに扱っているようです(さすがに手が出る値段ではありませんが...)。ふぐといえば下関か大阪・新世界(づぼらや)のイメージでしたが、日間賀島の名産のひとつでもあるし、こっち方面でもポピュラーなんですかね。

ここでのオーダーはもちろん櫃まぶし。せっかく来たんだからちょっと奮発して、上櫃まぶしをいただきます。

一冨士

暑いので、まずは生ビールから。「ちょっとしたおつまみお出ししましょうか」と言われたのでよく確認もせず「お願いします」と答えたら、この穴子の焼き物が出てきました。鰻の前座に穴子、って意外と初だけど、鰻の名店だけあって穴子もおいしい。有料なのか無料なのかも分からずに頼んだんですが、会計時に有料だったことが判明(汗。値段を気にするようなお店じゃないんでしょうが...ま、おいしいからいいか。

一冨士

櫃まぶしの前に、白焼もいただいてみました。「鰻が好きな人はたいていタレの味が好きなだけ」みたいなことはよく言われますが、私はこの鰻そのものの味が堪能できる白焼も好き。白焼こそ、その店の鰻の実力が出ると思います。

一冨士

白焼、うまし!...というわけで、たまらず冷酒を一合いただいてしまうわけです。やっぱり白焼にはビールよりも日本酒でしょう。

至福のひととき。

一冨士

そして本命、櫃まぶしの登場と相成ります。

最近、鰻も値上がる一方で、だんだん食べる機会が減ってきているんだよなあ。だからもう、このたれのよく染みたうなぎのいい色を見るだけで、たまらないわけです。

一冨士

関東だと、鰻は焼いた後に蒸すため、身がふっくらとしていますが、皮がベロッとする食感が苦手、という人もいるでしょう。
名古屋は関西流なので、蒸さずにそのまま地焼き。身も皮も表面はカリッとしていて、たれの香ばしさも増します。私は初めて名古屋で櫃まぶしを食べてから、関西流のほうが好きになりました。今は関東流だとちょっと物足りなく感じます(笑

一冨士

まずはそのまま鰻とごはんだけで、いただきます。鰻の味とたれのうまみがダイレクトに感じられて、間違いなくうまい。鰻は脂っこくなくて、上品なお味。

一冨士

二杯目は、刻みねぎ・海苔・わさびの薬味と一緒に。鰻の薬味といったら山椒だけど、このたれの味にわさび、というのも日本的でいいものです。品のある鰻との相性、抜群。

一冨士

三杯目はお茶漬けで。最初、急須が出てこなかったので女将さんにお願いしたら、「うちは普通のほうじ茶だから、正直あんまりおすすめはしませんが...」と言いながら出してもらえました。でも、メニュー見たらしっかり「鰻茶漬」って書いてあるんですけど!(笑

食べてみたら...う、うん、確かにこれは、お茶漬けより普通に食べたほうが美味しいな。というわけで、あとは薬味と一緒にいただきました(ぉ

美味しい鰻でした。最近じゃなかなか国産の鰻を食べられる機会も減ってきていますが、やっぱりいい鰻は美味しい。ほかの 2 店と比べてどこが一番美味しかったか?と言われても、それぞれ 2 年ずつくらい間を空けているので、比較のしようがありません(笑。最近は名古屋に出張に来ることもすっかりなくなってしまいましたが、チャンスがあればまたほかの鰻の名店も開拓したいところです。

関連ランキング:うなぎ | 伏見駅丸の内駅栄駅(名古屋)

投稿者 B : 22:30 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2014/07/25 (Fri.)

西麻布 一歩

久しぶりに美味しい焼き鳥をいただきに行ってきました。

焼鳥・軍鶏鍋 一歩

一歩

西麻布って、いい店多いですよね。でも、電車だとどこの駅からも微妙に遠いし、六本木以上に「大人の街」というイメージだったので、二十代の頃はほとんど来たことがありませんでした。この界隈に来るようになったのは、豚組に行くようになった頃からかな。
そんな「西麻布らしい」焼き鳥屋が、西麻布の交差点のすぐ近くにあります。階段を下りて入る、通りすがりにはなかなか入りにくい佇まいのお店です。

一歩

まずはビールでひと息。最近本当に暑いので、この一杯目のビールがあたかも砂漠に垂らされた一滴の水のように胃袋に吸い込まれていきます(ぉ

一歩

先ず野菜より始めよ、ということで「彩り温野菜」。アスパラ、ブロッコリー、ヤングコーン、といった野菜類って温野菜にすると妙に美味いんですよね。身体にもいいし...と思ったら、上にたっぷりとガーリックバターがとろけちゃってるよ!(;´Д`)ヾ
これじゃあ身体にいいんだか悪いんだかわかりませんが(笑)、このガーリックバターの風味が野菜のうまみをさらに引き立てて、これがまたたまらない。焼き鳥を食べに来たはずなのに温野菜をおかわりしたくなりました(ぉ。

一歩

焼き鳥の前にもう一品。続いては、もも肉の唐揚げ。
これがまた、肉質・味付け・揚げ具合のどれ一つとして隙のない、非常に完成された唐揚げでした。私は鶏唐にはうるさいほうだと思いますが、外で食べる鶏唐でこれ以上のものにはなかなかお目にかかれません。焼き鳥を食べに来たはずなのに、唐揚げをおかわ(ry

一歩

そんなわけで、満を持して焼き鳥に移行。まずはささみからですが、写真左がさび焼き、右が柚子胡椒です。

ささみって肉質が悪いとパサパサしがちですが、これはそのへんのささみとは一線を画すしっとり感。焼きすぎず、ささみの柔らかさを存分に味わえるところへ、わさびが爽やかに華を添えます。これはいい。

一歩

ねぎま。焼き鳥の代名詞のようなオーソドックスな一品ですが、だからこそ手抜きは一切なし。いい仕事してます。

一歩

うずら玉子。
これがまた...見た目でただのうずら玉子と侮るなかれ。外はちゃんと火が通っているのに、黄身が半熟なんですよ!これは、とろける。
焼き鳥屋で食べるうずら玉子って中までしっかり火が通っているのが当たり前だったので、これは口に入れた瞬間、嬉しい驚きでした。ここに来たら、これは絶対に食べるべき。

一歩

そしてレバー。レバーが苦手な人でも食べられそうな、くさみのないレバーで、ちょうどいいとろけ感で焼き上がっています。
ここの焼き鳥、どれも焼き加減が絶妙。これより焼きが足りなくても焼きすぎてもいけないという一瞬を捉えた焼き鳥。これはいい店に出会えた。

一歩

こういう上質な焼き鳥をいただいたら、ビールから焼酎に進まざるを得ないというものです。
定番の中々をロックでいただきます。和食ならどんな料理にでも合う、スタンダードながら存在感のある焼酎。こういういい仕事をする店には、こういう王道の酒が合うんですよ。

一歩

さらに夏だけど、鍋!鶏の火炎鍋を頼んでみました。

その名の通り、そして見ての通り、真っ赤な熱い鍋。暑い時期に汗をかきながら熱い鍋をいただき、それを冷たい酒で追いかける。これがいいんですよ。

一歩

ぐつぐつぐつぐつ。

辛いんだけど、見た目ほど激辛ではなくて、どちらかというとスープに凝縮された鶏のうまみを辛さが引き立てるタイプの味付け。辛味鍋って、これだけ深い味にできるものなのか...!
鶏も、野菜も、残らずおいしくいただきました。

一歩

そして鍋の〆はうどん。雑炊とラーメンもあったけど、お店のお勧めは火炎鍋にはうどんとのことで。

火炎鍋のうまみをこのうどんに凝縮して、最後まで堪能。最初の一品料理に興奮し、焼き鳥の仕事ぶりに感動して、最後は鍋のうまさが全身に染み渡る。
満足感の高い時間を過ごさせてもらったなあ。

一歩

最後のデザートは「なめらかプリン」。一日六食限定とのこと(!)。
これがまた......!、「なめらか」とはこういうことをいうのだ、という滑らかさと濃厚さを併せ持った、本当においしいプリン。焼き鳥屋じゃなくてこれを看板商品にスイーツ売ってもいいんじゃないかというレベル。最後の一品まで、手を抜いていないなあ。

西麻布という立地もあるのでしょうが、ガヤガヤせず落ち着いた隠れ家的な雰囲気のお店で、接客も細やか。そして何より、仕事が丁寧。ここは気に入りました。
必ずまた来よう。そして、こういうお店の良さが解る人だけ連れてきたい、「とっておきの店」の一つにしたいと思います。

関連ランキング:焼き鳥 | 乃木坂駅六本木駅広尾駅

投稿者 B : 22:11 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2014/07/18 (Fri.)

中央区銀座の韓国風天ぷらと参鶏湯ラーメン

「あちゃ~、深追いして新橋まで来ちゃったか。せっかく銀座で飯をと思ってたのに」

銀座ナイン

ドラマ『孤独のグルメ Season4』、いよいよ先週からスタートしました。Season3 までの聖地巡礼をコンプした私としては、今回も当然巡っていくわけですが、今回は今まで以上に遠征回が多いようで、さすがにそろそろ追いかけ続けられるのかどうか。でも、第 2 話の舞台は私の生活圏と言える、銀座。ここは行くしかあるまい!というわけで、放送翌日にさっそく巡礼してきました。おそらく、これがこの回については世界最速の聖地巡礼エントリーになるのではないでしょうか(笑。

なお今までの経験上、放送直後はどの店もものすごい行列ができるので、放送前から店舗を特定して予約しておきました(笑。

なじみ亭

なじみ亭

「なじみ亭」の場所は、住所的には銀座だけど、ほぼ新橋。新橋の駅から本当に徒歩 1~2 分の場所にあります。今まで、何度となくこの前は通っていたけど、まさかここが聖地になるとは...。
ちなみに、先月の SPA! に掲載されていた漫画版の「ガード下の韓国料理」のお店も、このすぐ近くにあります。

予約してはあったものの店内は満席。店前のテラス席()に通されました。ゴロー席の隣、ですね。
放送直後だからものすごい行列ができているかと思ったら、一見落ち着いた状況に見えました。が、着席した後にも代わる代わるお客さんが訪れては「今日は予約でいっぱいなんですよ」と断られていたので、お店側で早めに予約のみに絞る判断をしていたものと思われます。

なじみ亭

店内には入れませんでしたが、扉が開いたときにちょっと覗き込んでみた感じだと、テレビで見たときよりもはるかに狭く見えました。ドラマでは、広角レンズでの撮影だったので実際よりも広く見えていたにすぎないんでしょうね。

店内のお皿に並べられているはずのお総菜メニューは、店外にも貼り出されていました。なるほど、どれも家庭的そうで、食欲をそそるぞ。
メニューは日替わりのようで、ここに写真が出ている以外のものもいくつかあるようで、店員さんが説明してくれました。

ちなみに、働いていたのは韓国人のおかあさんと日本人のおねえさん。おねえさんのほうは、ドラマ放送後の混雑を見越して 2 週間前に採用されたバイトなんだとか(!)。

なじみ亭

いくつかお総菜を頼んだら、まずはビールでお疲れさま。

こんな銀座の端っこで、屋外でビールが飲めるなんて、なんだか得した気分だな。8 月だったらさすがに外で飲む気はしなかっただろうから、いい時期に来たのかもしれない。

なじみ亭

お通しはちくわの煮物。ピリ辛でビールに合います。
混んでいるけど料理は基本的におかあさん一人でこなしているせいか、出てくるのが遅いですが、そこは放送直後。こちらも焦らずにゆっくり飲みながら料理を待とうじゃないか。

なじみ亭

のっけからメニューに載っていなかったお総菜ですが、タケノコの何か(一度聞いたけど忘れた(ぉ))。
こ・れ・が・ま・た、今まで食べたことのないタケノコ料理。とても柔らかく煮込まれたタケノコをくり抜いて真ん中に何か(鶏肉?)を詰めて、餡をかけた上に黒胡椒をたっぷりと振りかけたもの。こんな韓国、食べたことないぞ。いきなり、今日のヒット料理確定。

なじみ亭

続いて、こちらもメニューになかった煮魚。メニューにあったものでは、ドラマにも出てきた魚の餃子とチャプチェは残念ながら売り切れていましたが、代わりにこの煮魚ですよ。魚は鱈だったら!(←
日本の煮魚というと出汁や醤油で煮込んだものというのが相場で、男の胃袋的には煮魚が出てくると物足りない気分になるものですが、この煮魚は日本のとは全然違う。ピリ辛でがっちり味のついた、男でもしっかり満足感のある煮魚。

こんな鱈の煮魚なんて、日本じゃなかなか食えんぞ。食えんティン・鱈ンティーノ。

なじみ亭

そして、韓国風天ぷら。何種類かの魚のすり身を揚げ焼きっぽくしたもので、チヂミにかけるようなタレをつけていただきます。

...うまっ!こうきましたか。コーリアン驚いた(ぉ。
あったかくて優しい味だ。パリサク天とは違う、ほわ天、いけるいける。

なじみ亭

これは、たまらず久住さんが飲んでいた「黒豆マッコリ」に移らざるを得ないというものです。
黒豆マッコリ、以前一度だけ飲んだことがあるけど、甘ったるくて私は苦手な普通のマッコリに比べると、コクがあって、黒豆の香りが味に深みを与えて、おいしい。見た目はなかなか強烈だけど、外見からはわからないうまさ。料理が出てくるペースがゆっくりなこともあって、ガンガン飲んじゃいます(笑

なじみ亭

黒豆マッコリのつまみ的にすぐ出てくるもの、ということで、キムチ。頼もうとしたら「大と小どちらにしますか?」と言われて、一瞬「は?」と思ったけど(笑)、個人的にはキムチをつまみにいくらでも飲めるクチなので、大を。というか、この後にさらにキムチ大をおかわりしました(ぉ。

このキムチ、かなりガッツリ辛くて、甘いマッコリに合わせるというよりは、ご飯が欲しくなるスムニダ。

なじみ亭

さらなるおつまみ、韓国のり。これはおかみさんからのサービスとのこと。
他のテーブルのお客さんにも韓国のりを出していたり、「マッコリ多めに入れときましたから」とか、けっこうサービスがいい。

なじみ亭

そしてこれが、メインの参鶏湯ラーメンよりも気になっていた(笑)ポッサムキムチ。厚切りの蒸し豚とキムチのセットです。
あちゃあ、よく考えたらキムチがダブってしまったぞ。いや、キムチおかわりしたから、それも数えるとキムチがトリプってしまった(ぉ。

でも、韓国料理屋なんだからキムチのダブりなんてむしろ前提としておくべきものか。
気を取り直して、この豚肉にキムチ乗っけるんだったよな。

なじみ亭

おお、肉だ。豚だ。ポッサム、ポッサム。期待を裏切らないうまさだ。
キムチと豚って、やっぱり合う。

なじみ亭

こちらもゴローちゃんが食べていた、イカとソーメンの旨辛炒め。
見るからに辛そうだけど、キムチのストレートな辛さに比べると、「旨辛」というだけあって、一口目には甘みを感じて、後味にジワジワくるタイプの辛さ。
煮魚といい、ソーメンといい、日本人ならあっさり食べてしまうところを、これだけ味を染みさせるって、隣国なのに文化がずいぶん違うんだな。

は~、それにしても、いろんなおかずがちょっとずつ食べられるって、幸せ。

なじみ亭

ここまででもけっこうお腹いっぱいになりかけていたけど、さらに〆。お待ちかねの参鶏湯ラーメンです。
おお、うまそうだなぁ~。

この参鶏湯ラーメン、作るのに手間がかかるのか、3 テーブル分くらいまとめて作って出していました。ちなみに、これ 1 日 10 食限定だそうです。あらかじめお店に電話して、参鶏湯ラーメンまで予約しておいて良かった。

なじみ亭

麺は、ドラマにもあったとおりインスタントラーメン。この縮れっぷりからしていかにもインスタントですが、インスタントらしく麺自体に塩味がしっかりついてます。
いろんなものが丁寧に煮込まれた参鶏湯のやさしい味に、このチープな塩味の麺の組み合わせが斬新。インスタント上等。いや、インスタントこそ良し、の味だ。これで普通の麺を使っていたら、妙に味のぼやけたラーメンになっていたに違いない。

なじみ亭

は~、うまかった。
疲れが、吹っ飛んだスムニダ。

おかあさんもおねえさんも、忙しいながらも笑顔を絶やさず、親しみのある対応で心地よかったです。
たいへん満足だったけど、チャプチェと魚餃子にありつけなかったのと、店内のようすが見られなかったのが心残り。これは、混雑が落ち着いた頃にもう一度来るしかないですね。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:韓国料理 | 新橋駅内幸町駅銀座駅

投稿者 B : 01:30 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2014/06/16 (Mon.)

横浜 BAR Left Bank その 3

なにかの闇取引を兼ねて、みたび横浜の Left Bank に行ってきました。

BAR Left Bank

BAR Left Bank

最近すっかり日も長くなって。マジックアワーのうちに飲み始められると、なんだか嬉しいですよね。

それほど広くはない店内、飲んでいても外の空気が感じられるので、これからの季節に相応しい店舗だと思います。

BAR Left Bank

いつもなら生ビールから始めるところですが、ビールでお腹いっぱいになっちゃうのももったいないと思ったので、まずは昆布ジントニックから。

そろそろ最高気温は 30℃ に迫る気候なので、トニックウォーターの爽やかな喉ごしが嬉しい。そして舌の奥に残る昆布の風味が、これからの食欲をかき立ててくれます。

BAR Left Bank

暑くてジントニックのグラスがすぐに空いてしまったので、立て続けに奄美・徳之島産のラム「ルリカケス」のソーダ割を。

琥珀色が美しいゴールドラムです。日本製のラムなんて珍しいですが、ラムの原材料はサトウキビなので、奄美産ならば、それも納得。

BAR Left Bank

ここに来るとタンパク質祭りになりがちなので、まずはスモークサーモンのサラダから。

BAR Left Bank

それに合わせる飲み物は、奥飛騨ウォッカをロックで。
ウォッカの原料は一般的に麦が多いですが、この奥飛騨ウォッカは米から作られています。もともとほぼ無味無臭でスピリッツの中では飲みやすいのがウォッカの特徴だけど、日本人にフィットする米が原料ならば、なおのことスルスル飲めてしまうというもの。

BAR Left Bank

つまみは定番、いぶりがっこマスカルポーネ!
延々とこれをつまみに飲み続けられそうなくらい、私の心の定番おつまみです。

BAR Left Bank

続いて、鶏の冷製から、

BAR Left Bank

鱧の湯引き梅肉ソースに流れるわけです。

この鱧は日替わりメニューでしたが、横浜の、こんな日本酒バルで鱧が食べられるなんて思っていなかったので、頼まずにはいられませんでした。また京都に行きたくなりますね...。

BAR Left Bank

そりゃあもう、シャッターボタンを押す手にも力が入ります。

BAR Left Bank

初めて来たときに食べて気に入ったラムケバブを今回も。うん、うまい肉だ、いかにも肉って肉だ。

飲み物はマスターの「これに合わせるなら馨和の赤以外にないでしょう!」という言葉に従ってみました。けもの肉の風味と香草に、香り高いクラフトビールがベストマッチ。

BAR Left Bank

地元食材にこだわるこのお店ならではの、横浜野菜のトマト煮。そして日本酒はマスターおすすめの「開華」。

BAR Left Bank

アスパラ炭火焼もいただきます。タンパク質祭りになるかと思ったけど、野菜も満足度高し。

炭火で焼いたアスパラって、それだけで日本酒や白ワインのつまみになるもんなんだね。

BAR Left Bank

そして、そろそろ「いつもの」で注文が通りそうな(笑)炭火焼ベーコンとポテトサラダ。

これほど食べ甲斐のあるポテトサラダは今までにありませんでした。圧倒的じゃないか...!

BAR Left Bank

飲み物のほうは、先ほどの「ルリカケス」でモヒートを作ってもらいました。

数年前まではマニアックなカクテルだったモヒートも今やすっかり市民権を得て、バカルディから既製品が発売されていたりしますが、やっぱり生ミントで作るもヒートは格別。これからの暑い季節に嬉しい一品です。

BAR Left Bank

〆は、初回来店時に米不足で食べられなかった焼おにぎりの三連星。生姜の効いたしっかり味の焼おにで、ガッツリ締めさせていただきました。

BAR Left Bank

今回も大変ごちそうさまでした。

そろそろオープンして 3 ヶ月。少しずつメニューを変えてきているので、毎回新しい発見があります。お酒の品揃えが豊富かつマニアックなので迷うところですが、好みを伝えれば間違いないチョイスを勧めてもらえるのもありがたいところ。

立地が横浜なので、南東京~神奈川圏の人でないとちょっと誘いづらいですが、私の行きつけのお店として定番化したいと思います。

関連ランキング:日本酒 | 平沼橋駅横浜駅戸部駅

投稿者 B : 22:30 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック