b's mono-log

2017/04/17 (Mon.)

台湾宜蘭県三星郷の葱餡餅

「ここが...羅東。台北とはやっぱり雰囲気が違う」

羅東

時間軸的には羅東の聖地巡礼から遡ること数時間。同エピソードの間食パートの聖地も巡ってきました。

宜蘭県羅東は地方都市という印象で、台北に比べてゆったりした時間が流れている感覚があります。新しい建物や高層ビルもなくて、台北からほんの一時間半も走ってきていないのに随分印象が変わります。でもこっちのほうが旅して来た感があって、なんかいい。

羅東

この羅東駅から間食パートの聖地までは、路線バスかタクシーくらいしか交通手段がありません。今回は時間がもったいなかったし、ゴローちゃんのようにタクシーで「腹が、減った」のシーンを再現したいという思いもあり(ぉ)タクシーで移動。

ちなみに台湾のタクシーはほぼ黄色で統一されていて、流しのタクシーを捕まえる際にも見つけやすい。もっとも日本と同じで、地方に来ると流しのタクシーもほとんど走っておらず、駅前で拾うことになりますが。
日本と違って高級車のタクシーはほとんどなく、大半が大衆車ベース。でも新しめの車両が多くて、アメリカのようにタクシーの質が低いということもありません。しかも運賃が安く、日本のタクシーの 1/3~1/4 くらいの感覚で、電車やバス代わりに気軽に利用できるのがありがたい。今回の訪台でも移動の大半にタクシーを使いました。

羅東

宜蘭からの道中。道沿いはほぼ田畑という感じで、台湾に来たという感覚があまりない(笑。日本の田舎と変わらないなあ。
まるで帰省してきたかのような、のどかな風景が続きます。

羅東

...かと思えば、合間にちょいちょいこういう屋根に派手な装飾が施された赤い建物が出てくるので、「おう、そういえばここ台湾だった」と思い出すことになるわけです(ぉ。
いや~、面白いなあ。

そんなわけで 30 分ほどタクシーを飛ばしたところで、目的地に到着しました。

三星青葱文化館

三星青葱文化館

ここか、青葱文化館。

宜蘭の西の方にある「三星郷」と呼ばれる農村。
中でも葱はブランド化されているようで、その象徴たる建物がこちらです。

三星青葱文化館

青葱の文化、その館。
...ゆるキャラ。

このひょろっとした姿が何とも言えない。
しかも、自転車のカゴには梨。そういえば道中、あちこちに梨畑もあったっけ。

三星青葱文化館

建物の中に入ると、また別のゆるキャラがお出迎え(笑。
しかもこのニワトリ、トウモロコシでできてるし。農作物のオールスター。

青葱文化館っていうから、三星における青葱の歴史や文化・風俗についていろいろ教えてくれる施設かと思ったら、中は半分ほどが地元の農産物関連の物販コーナーでした(笑。

葱明小舖

外に出ると、「葱明小舗」というはなれのような建物が。
そうそう、ここがゴローちゃんの間食ポイントです。

へ~、葱餡餅。
小腹も空いたし、食べてみるか。

葱明小舖

注文すると、目の前の鉄板で焼いてくれました。
一見クレープ屋さんのようだけど、焼いている生地にはしっかり青葱が挟まれてます(笑。
でも、この垢抜けなさが逆にいい。

葱明小舖

できました。
おお~っ、葱たっぷり。

表面はパリパリ、中はトロッとしていて、クレープともお好み焼きとも違う新食感。
醤油だれっぽいのと辛味噌だれの二種類の味が、葱の風味を引き出していて、これはいける、うまい。

いいじゃないか、いいじゃないか。
ばあちゃんのおやきを思い出す味。ばあちゃんにおやき作ってもらったことないけど(ぉ。

三星

ちょっとした間食のつもりが想像以上においしくて、おかわりもしたくなったけど、主目的の聖地巡礼のためにここでお腹を満たしてしまうのは得策ではない。
というわけで、少し三星の街を散策してみるか。

いや、実際にはタクシーかバスに乗ろうと思って周辺を探し回っていただけなんですけどね(笑

三星

三星は羅東よりもさらに田舎の農村で、妙に懐かしい感じ。自分が生まれ育った故郷も昔はこんな感じだったよなあ...。
台北の辺りは街並みは東京都あまり変わらないし、歩いているとあちこちで日本語が聞こえてくるくらい日本人も多いけど、このあたりは全然違う。古き良き台湾がまだ残っている感じ。どんなところか分からず不安だったけど、来てみて良かった。

ここからは路線バスでいったん羅東に戻って、そこからまたタクシーで今度は東へ。

国立伝統芸術中心

国立伝統芸術中心

こちらはゴローちゃんが羅東から台北に戻る前に訪問していた「国立伝統芸術中心」という場所。その名の通り、台湾の文化や伝統を集めたテーマパークとのことです。

しかし...実はこの日、行きのフライトが大幅に遅れた上に空港のイミグレで大混雑に見舞われ、当初の予定よりも 2~3 時間押しという状況でした。で、急いでここまで来てみたはいいけど、到着時点でほぼ施設の営業終了の時間だったことが発覚(;´Д`)ヾ。施設の方のご厚意で「中のお店はほとんど閉まっちゃってるけど、せっかく来たし見るだけなら...(意訳)」ということで、中だけ散策させてもらいました。

国立伝統芸術中心

本来は、ここで第 5 話の甘味パートに登場したトマト飴をいただくつもりだったんです。が、やってないものはしょうがない(´д`)。
しかしドラマを観たときはこの飴にどういう意味があるんだろう?と思っていましたが、この施設の装飾に使われている多連の提灯がモチーフだったんですね。

国立伝統芸術中心

この施設、立地も立地だしあまり派手さはないんですが、とても台湾らしい雰囲気が漂っていて、フォトジェニックな被写体もいろいろあって、けっこう楽しい。
これはやっぱりちゃんと営業してる時間帯に来たかったなあ。今後羅東に来る機会もそうそうないだろうけど、また近くに来るチャンスがあれば、改めて立ち寄りたい。

最後はちょっと残念でしたが、台北にいてはまず感じられない台湾らしさを実感できる小旅行。なかなかに楽しかった。
ゆったりした時間を感じることができて、少しリフレッシュできました。

孤独のグルメ Season5 Blu-ray BOX

B017D5ESCK

投稿者 B : 22:56 | Gourmet | Junk Food | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2017/04/16 (Sun.)

台湾宜蘭県羅東の三星葱の肉炒めと豚肉の紅麹揚げ

「久しぶりだ、このワクワク感」

台湾

ドラマ『孤独のグルメ Season6』の放送も既に始まっていますが、私としては一年半前の Season5 の聖地巡礼がまだ未完。去年たまたま出張で行った際にも甘味パートしか巡る余裕がなかったし、これを終わらせないことに Season6 の聖地巡礼に取り組むわけにはいきません。というわけで、満を持して再び台湾へやって来ました。

羅東

最初の目的地は宜蘭県羅東。現地の発音では「ルードン」と読むらしい、台北から南東に位置する海のすぐ近くの町です。台北からは電車または高速バスで 80 分ほど。電車のほうが早そうに思えますが、電車は海沿いをぐるっと回って行く(距離が長くなる=高い)のに対して、バスはほぼ直線的なルートで行くのでほぼ同じくらいの時間で行けてしかも安いので、バスルートを選択。しかしこのバスが高床型で、しかも高速道路は高架だったり山間だったりを走るので、高所恐怖症の身には怖い怖い(;´Д`)。これは電車にしておけば良かったかも...。

ともあれ、羅東駅から徒歩 10 分あまりのところに、今回の目的地はありました。

船家熱炒 99

このお店。劇中に登場したのは「全台小吃部」というお店でしたが、なんと放送翌日に店主が急逝してしまい(!)閉店していました。が、直後にほぼ同じ業態のお店が居抜きで入り、店名を変えて今でも営業しています。立地的にも、そんな経緯的にもこのお店にまで聖地巡礼に来ている人は、私が調べた限りではほとんどいないようで。でもここまで巡礼するか否かで敬虔さが問われると言えるでしょう(ぉ

それにしても長旅で、腹 が 、 減 っ た 。

いや、焦るんじゃない。俺は腹が減っているだけなんだ。
台湾人も腹が減る。人類、みな同じ。

船家熱炒 99

船家熱炒 99

現在の店名は「船家熱炒 99」。うまそうな字面じゃないか。
どうやらこのお店自身が漁船を持っていて、それで獲れた新鮮な魚介類を提供するというコンセプトの店らしい。
「熱炒」とは「ルーチャオ」と読み、ジャッと炒めてササッと出せるおつまみを中心とした居酒屋、くらいの意味らしい。
それを一品 99 元から提供しているから「船家熱炒 99」、なるほど。

船家熱炒 99

お店の前には大きな水槽と保冷ボックス。
ドラマに出てきたほうのお店では、この水槽に活きた魚介が並べられ、店頭にメニューが掲げられていましたが、今のお店ではメニューはなく、水槽もちょっと寂しい感じ。でも保冷ボックスには獲れたての魚が豪快に入っていて、注文が入るとそこからおもむろに食材を取り出していくのが、ちょっとしたショー感あります。

とにかく、店に入ろう。

船家熱炒 99

さて、メニュー的なものは...なるほど、これがメニューと注文票を兼ねているのか。
しかし、写真もなしに文字だけとは...これは難しすぎる。漢文のテストだ。

でもせっかくだから、別の店とはいえドラマに出てきたのに近い料理をできるだけ頼んでこその聖地巡礼だ。
日本だって漢字文化圏、雰囲気を頼りにそれっぽいのを頼んでみようじゃないか。
これで思ったようなのが出てきたら、台湾万歳だ。

船家熱炒 99

飲み物は...あ、あれか。
そうえばゴローちゃんもこの冷蔵庫から勝手にお茶を取っていたっけ。
よく見ると十六茶とかカルピスウォーターもあるし、けっこう日本の飲み物ってこっちでもメジャーなんだな。

船家熱炒 99

ま、こっちに来たからには台湾ビールでしょ。
薄味で水みたいにグイグイ飲めるのが、まさに暑いところのビールという感じ。この時季の台湾はまだ夏の気候じゃないけどジワリとくる暑さがあるし、こういうビールがありがたい。

船家熱炒 99

さあ、料理がおいでなすった。
三星葱の肉炒め、やっぱこれからでしょ。葱の名産地だけあって、今のお店でもちゃんとありました。

ドラマに出てきたのは臘肉(ベーコン)だったけど、今のお店は普通の肉。牛と羊が選べたので、迷った挙げ句牛にしてみました。

船家熱炒 99

おお、葱だ。葱が、改めてうまい。
さすがに三星葱、台湾のブランド葱なだけあって、しっかり存在感のあるネギ味。
食欲をそそるこのタレがまたいいんだよなあ。でも、これは牛肉よりも羊肉のほうがパンチがあって良かったかもしれない。

船家熱炒 99

そして、チャーハン。
何の変哲もないチャーハンだけど、本場に来たからにはこういう王道のチャーハンこそ食べたい。

おお...ちゃんと、チャーハン。
しかも、うんまい!!

看板の熱炒に偽りないおいしさです。

船家熱炒 99

これもちゃんとあった紅糟排骨(豚肉の紅麹揚げ)!
ドラマとは見た目が少し違ってパクチーが添えられたりもしているけど、これがあると思っていなかったので、本当に嬉しい。もしかして、この紅糟排骨ってけっこう台湾の定番料理だったりするんだろうか。

船家熱炒 99

おお~、肉の脂がガツンと来る。
日本ではちょっと味わえない肉味。

これはビールが進んじゃう味だなあ。
日本でもこれが食べられる店があったら、俺、通っちゃいそう。

最高、パイコー、最高!

船家熱炒 99

船家熱炒に入って海鮮頼まないのは、寿司屋に入って玉子とかんぴょう巻しかしか食わないで出るようなものか?
というわけで、海鮮も頼んでみました。これもドラマと同じメニューがあった、蛤仔湯(蛤スープ)。

船家熱炒 99

日本と同じ、海のものはうまいはず。
見た目も日本の蛤汁みたいだけど、刻み生姜が入っているのが台湾流。

ふんふん、蛤、ハオツー。
いいよいいよ。

船家熱炒 99

茹で烏賊。これはメニューに書いてなかったけど、漁船持ってるような居酒屋ならイカくらいあるだろ!と思ってダメモトで注文してみたら出てきました。スマホで写真を見せながら「魷魚(ヨウユー)」とか通じるか通じないか怪しい中国語を喋ってなんとかオーダー(;´Д`)。

そしたらドラマに登場した茹で烏賊とはだいぶ見た目の違うのが出てきて驚きました。まるで日本の鱧料理かのような、見事な細工包丁。
しかも見た目だけでなく、このイカ...うンまい!弾力性よりも柔らかさが勝っている感じのイカで、この細かな切り込みにワサビ醤油や辛ダレがよく絡んで、とてもうまい。

普段、イカって刺身、煮物、酢の物、フライ、乾き物...いろいろ食べるけど、こういうシンプルに茹でただけのイカ、って滅多に食べない気がする。
素材がいいからできることなんだろうけど、こんなにうまいと思ってなかった。台湾をなめてたか。

このイカ、やっぱりイカしてる。
あ~、止まらない。

船家熱炒 99

葱、米、肉、貝、烏賊、全部マル。
漢文テスト、全問正解じゃないか。
まさかお店が変わったにも関わらず、ゴローちゃんが食べたのとほぼ同じ料理がひととおりいただけるとは思ってませんでした。いずれも台湾の定番料理なのか、それともお店側が以前のお店を意識しているのか。真相は分からないけど、おいしけりゃそれでいいじゃないか。

台湾の熱炒、素晴らしい。
ハオツー、ハオツー。シェシェ、台湾。

あ~、うまかった。
ごちそうさまでした。

孤独のグルメ Season5 Blu-ray BOX

B017D5ESCK

投稿者 B : 21:56 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2017/04/14 (Fri.)

神泉 スペイン料理 ミネバル

渋谷でスペイン料理をいただいてきました。

スペイン料理 ミネバル

ミネバル

京王井の頭線で渋谷から一駅にある神泉。ここも最近ではいわゆる「奥渋」と呼ばれるエリアにあたるのでしょうか。とても渋谷駅から徒歩で 15 分ほどとは思えない閑静な住宅街に、ひっそりと佇むように存在するスペインレストラン「ミネバル」。別にジオンのお姫様がやっているバルでも、マスターに「ここいらじゃ見かけないが、どこから来なすった?」と問いかけられる店でもありません(←分かりづらいネタ)。
地下にあるお店で、通りすがりに入ろうという感じではありません、ミシュランガイドに二年連続で掲載された名店とのこと。だからってわけじゃありませんが、看板からして雰囲気あります。

ミネバル

予約しておいたところ、通されたのは半個室席。こういう店に来たらビールじゃなくてスパークリングワインでしょう、ということで泡で乾杯。節目を迎えがちな時期でもありますし、今までお疲れさま、これからもがんばろう、的な。

ミネバル

料理はおまかせコースで。

まずはタパス、こちらは桜エビをチーズでカリカリに焼き上げたチップ。軽めのおつまみで、桜エビと焦がしたチーズの香りがとてもいい!これはスパークリングワインの最良の相棒です。

ミネバル

続いてスペインオムレツ「トルティージャ」。細長く切られたジャガイモが入っていて、普通のオムレツとはまたちょっと違う食感。これもいい。

ミネバル

それからニンジンのポタージュ(クミン入り)。
えっこれがニンジン?と驚いてしまうほど濃厚なポタージュで、すごくおいしい!これおかわりもらえませんか(ぉ

まだタパス三品しかいただいていないのに、もうすっかり満足度が高まってきています。

ミネバル

スペシャリテに移ります。

自家製パテとソーセージの盛り合わせ。これで一人前です。
スタッフの方がまるで立て板に水を流すかのように全種類をサラサラッと説明してくれたのですが、さすがに憶えきれませんでした(汗
でもどれが何とか気にしないでいいくらい、どれもうまい。付け合わせのヒタヒタになったタマネギでさえおいしい。

ミネバル

こういうのが来ちゃったら、ワインも赤に進めざるを得ないってものでしょう。

ミネバル

「サーモンのプディング ホタテと車エビのタルタル」。上に乗っている四角いカタマリがサーモンをプリン状にしたもので、その下にホタテと車エビのタルタルが敷き詰められています。
工業クラスタ的には重心が皿の中央に来ていないのがちょっと気持ち悪いですが(ぉ)、そんなことお構いなしにこれおいしい!何コレおいしい。

最近、本当においしいものを食べると自分の語彙力が一時的に著しく低下することを実感します(ぉ

ミネバル

この前衛的な一皿。スタッフの方が「アーモンドパウダー 野菜のソース添えです」という一瞬真に受けそうになってしまうボケを披露してくれたところで(ぉ、

ミネバル

その上に主役が乗っかってきます。
「フランス産ホワイトアスパラ 野菜とアーモンドのソース」。

ホワイトアスパラでこんなに立派なの、今まで食べたことがありません。しかも焼きを入れてあるのに、内側は甘く瑞々しくて、香ばしいソースがアスパラの甘みをさらに引き立てて、すごーい!おーいしー!(語彙力低下中

ミネバル

たたみ掛けるように、メイン料理が運ばれてきました。
「マテ貝とホタルイカ シェリービネガーのソース」。

今季はなかなかありつけなかったホタルイカに、こんなところで出会えるとは。ホタルイカといえば辛子酢味噌と相場は決まっているものだと思っていたけど、こういう風に料理してもおいしいんですね...。

ミネバル

そして肉のメインは子羊のロースト。
11 ヶ月の子羊を使い、モモ肉、ヒレ肉、ミンチ状の巻物という複数の部位で味の違いを楽しめます。
すごく柔らかいし、牛とも豚とも違うラムのジューシーさが口いっぱいに広がって、これもたまらん。

ミネバル

〆はスペイン料理らしくパエリア。いったん鉄鍋で作った状態で持ってきた後で、店員さんが取り分けてくれました。
魚介のうまみが凝縮されたパエリア、本当においしい。さっきからおいしいしか言ってない気がするけど本当においしい。

ミネバル

デザートは、「イチゴのコンポートとチョコレートのケーキ バニラとルッコラのアイス」。
甘ったるいデザートではなく、冷たくて甘酸っぱい味が口の中をイイ感じにリフレッシュしてくれます。デザートに至るまで手を抜いていないなあ。

ミネバル

食後のエスプレッソを飲み干したところで、完・食。

ちゃんとしたコース料理を食べたのは久しぶりだなあ。そしてどの料理も本当においしく、お腹も気持ちも満たされました。
ミシュランガイドに載ってる店を巡る趣味はないけど、さすがだなあ、と思わせる味ともてなし。

機会を見つけてまた来たいお店です。
本当にごちそうさまでした。

関連ランキング:スペイン料理 | 神泉駅駒場東大前駅池尻大橋駅

投稿者 B : 23:33 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2017/04/05 (Wed.)

五反田 伊酒家 Azuki

たまに書いている五反田ランチシリーズ、地味に需要があるようなので(笑)これからも時々書いていきます。
今日は気軽に入れるイタリアン(?)ランチ。

伊酒家 Azuki 五反田駅前店

伊酒家 Azuki

五反田駅前、最もランチ激戦区と思われるエリアのビル 2F。親子丼ランチもやっている焼鳥店「たかはし」の真向かいにあるお店です。
店先にはワインボトルがズラッと並んでいて、昼時にも関わらずそそります。

伊酒家 Azuki

ランチメニューは黒板に。ナポリタン、カルボナーラ、ハンバーグ、ローストビーフ、チキンカツ...と、いずれもあまり気取らないけどサラリーマンのお昼の空腹を刺激するワードが並んでいます。
これにはつい引き寄せられてしまうというもの。

店内は、お洒落なイタリアン...というよりは、二昔くらい前だったらこういうのが流行ってたんだろうなあ、という感じの「イタメシ屋」。お客さんも大半が周辺で働くサラリーマンという感じ。でもだからこそ、気取らずに昼休みをリラックスできるというものです。

伊酒家 Azuki

ランチタイムは基本的にミニサラダつき。ライスものの場合はさらにスープまでついてきます。

伊酒家 Azuki

どどん!とナポリタン。「レトロナポリタン」というだけあって、載っかってるのがタコさんウィンナーですよ!(笑

しかしこういうナポリタンといえば緩く茹でられた麺を想像するものですが、ここのはしっかりアルデンテ。完全に典型的な「喫茶店のナポリタン」が出てくると思ってたのに、なかなかどうして、想像以上にウマイ。

伊酒家 Azuki

そしてこちらは「オリジナル明太カルボナーラ」。カルボナーラだと思って油断するとやられる、かなりしっかりした辛さ。つかこれ明太子だけじゃなくて一味たっぷり入ってますよね(汗
でも辛い物好きとしてはこれくらい辛い方が美味しい。カルボナーラじゃなくて明太子パスタですこれ。そしてこれも、ちゃんとアルデンテ。

ちなみにこのお店、パスタはサイズ S/M/L で値段が変わらないので、遠慮なく大盛りをオーダーできます。

伊酒家 Azuki

ガツン!とエビフライ&チキンカツ。
これはパスタに比べると、まあ普通の洋食屋系のフライ定食という味だけど、ボリューミーでかなり食べ応えあります。この店がサラリーマンで溢れてる理由がこれで分かった気がしました(笑。

伊酒家 Azuki

牛すじハンバーグ。柔らかく煮込まれたハンバーグに牛すじの塊がゴロゴロ載ってて嬉しい。
デミグラスソースはちょっと甘めの味つけで、個人的にはもう少し甘さ控えめのほうが好みだけど、これはこれでアリ。

伊酒家 Azuki

食後には 100 円でドリンクがつけられます。生ビールやグラスワインまで 100 円でつけられてしまうので、その誘惑に抗うのが大変難しい(;´Д`)。
なお一度でも訪店するとお会計時にランチパスポートをもらえて、以後何度でもランチが 100 円引きになるので、それでドリンクをつけられるプチ贅沢。

ランチ激戦区の五反田にあって、非常に費用対満足度の高いお店だと思います。古い定食屋で一人飯よりも、こういうところで他のサラリーマンに混じってランチ食べてるほうが、自分がおっさんになりつつあることを自覚できます(ぉ

ここ、夜はどんな感じなんだろうなあ。一回来てみたいなあ。

関連ランキング:イタリアン | 五反田駅大崎広小路駅大崎駅

投稿者 B : 23:20 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2017/03/28 (Tue.)

裏渋 キッチン ハセガワ

渋谷でなんかおいしいハンバーグが食べたくなったので、評判の洋食屋さんに行ってきました。

キッチン ハセガワ

キッチン ハセガワ

渋谷では近年、駅から徒歩 15 分ほど離れた「裏渋」「奥渋」と呼ばれるエリアが人気なんだそうで。まあ普段渋谷に遊びに来ることの少ない私にはあまり縁のない話ですが、確かに渋谷とは思えないちょっと入り組んだ、住宅街っぽいエリアにぽつんと存在する小さな洋食屋さんです。
オシャレなんだけど親しみが持てるレトロな看板がイイ感じ。

キッチン ハセガワ

壁までオレンジで統一した店舗、なかなかかわいいじゃないですか。

しかし、この行列(;´Д`)。ランチタイムのピークを過ぎた時間帯にも関わらず、お店の角を曲がった先にまで行列が連なっているんですけど...。
でも、今日はここのハンバーグが食べてみたくて来たんだから、根性で並びます。

キッチン ハセガワ

店先に出ている看板、並べられている料理写真がどれもすごく美味しそう...眺めているだけで空腹が加速していくかのようです。
どんなハンバーグなのか悶々と想像しながら結局 40 分くらい待って、ようやく着席できました。

キッチン ハセガワ

外観通りこぢんまりとした店内は手作り感にあふれています。カウンターと小さめのテーブルがいくつか、でも長屋状のつくりで見た目よりはキャパがある感じ。
カウンターに座るとスタッフの方々の働きぶりがよく見えます。「あのハンバーグ、こっちのかなあ」なんて唾を飲みながら、料理が出てくるのを待ちます。

キッチン ハセガワ

まずはサラダから出てきました。
ただのグリーンサラダじゃなくて根菜が何種類も載っていて、ちょっと嬉しい。

しかもこのドレッシング、何コレ!?濃厚な味ですっごく美味しい。こんな味のサラダ、食べたことないかも。このサラダだけ食べに来たいくらいに旨い。
単なるメインの前のサラダだろうと高を括っていた自分を叱りつけたいくらいの衝撃。

キッチン ハセガワ

このオニオンスープも、見た目はごくシンプルなスープなんだけど、コトッと煮込まれたうまみがたっぷり溶けていて、これもいい。
「滋味」ってこういう味のことを言うんだろうなあ。

キッチン ハセガワ

そして待望のメインディッシュの登場です。イタリアンハンバーグにエビフライを追加してみました。
まずこの盛り付けがイイじゃないですか。お店自体はアットホームな食堂的なのに、まるでフレンチのように何種類ものソースが美しくかけられていて、見た目からして楽しい。

キッチン ハセガワ

ハンバーグはきめ細かく滑らかな食感だけど、見た目の印象以上にボリュームがあります。
最近、「さわやかインスパイア系」のハンバーグばかり食べていたので(その割に本家さわやかにはまだ行けてないけど)、こういうハンバーグは却って新鮮。
しかも、トロトロのチーズと複数のソースで、少しずつ味を変えながら楽しめる。このハンバーグ、半端なく美味しいじゃないですか!

追加したエビフライも小ぶりながら、プリッとした食感の中にうまみが詰まっていて美味しい。そしてそれ以上にタルタルソースが美味しい。
ああ、この店は全体的にソースが素晴らしいんだなあ。

キッチン ハセガワ

こちらはハーフ&ハーフで、デミグラスハンバーグとポークカツ。
デミグラスハンバーグはイタリアンハンバーグとはまた違ったソースの味が美味しいし、ポークカツもトマトソースが絶品。
ハンバーグを食べに来たのかソースを食べに来たのか分からなくなりそうだけど(笑)、要するに美味しい。自分の語彙力が下がっていくのを実感します(ぉ

キッチン ハセガワ

ランチについてくるデザートはハーブ系のアイス。甘さ控えめで、このお店によく似合う素朴な味がいい。濃厚ソースの後はこういうさっぱり味の大人向けアイスがよく合います。

ここは期待を上回る美味しさでした。サラダからスープに至るまで一切手加減をしていない、本物の味。
絶対また来ようと心に決めました。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:ハンバーグ | 神泉駅渋谷駅駒場東大前駅

投稿者 B : 22:28 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2017/03/18 (Sat.)

巨人のシチューハウス

戸越銀座

五反田から二駅のところにある戸越銀座駅。都心に近い立地でありながら程良い下町感がイイ味を出している街です。ここの商店街は都内でも特に有名で、よくバラエティ番組に取り上げられたりドラマのロケに使われたりしています。『孤独のグルメ』に登場しそうな場所であるにも関わらず、今までかすりもしていないのも逆に興味深い(笑。
そんなこの街に、私が密かに毎週楽しみにしている丁稚さんぽが先日いらっしゃったというじゃないですか。

戸越銀座『巨人のシチューハウス』 〜 アイルランドに想いを馳せながら: 丁稚のテニス雑記帳

丁稚さんのお店チョイス、気取らない感じなんだけどいつも妙にうまそうな店ばかりで、食欲をそそられるんですよね。中でもこの店はアイルランド料理の専門店ということで、何それ今まで食べたことない!
というわけで、私も追随してきました。

巨人のシチューハウス

巨人のシチューハウス

長~い戸越銀座商店街の本当に一番奥、普通はここまで歩いてこないよね...という場所におもむろに現れた白亜の建物。ここだけちょっと戸越銀座らしからぬ雰囲気を醸し出しています(笑。
でも、想像通り面白そうな店。突入してみようじゃないの。

巨人のシチューハウス

中に入ると、うわあすごいここ。壁が一面緑、そこに真っ白な椅子やテーブル、額縁が映えます。壁に飾られているのは、全てアイルランドの文化にまつわる展示のようです。

巨人のシチューハウス

何はともあれ、メニューを選ぼうじゃないか。
「巨人のシチューハウス」という店名だけあって、シチューがメイン。そのシチューもビーフ&ギネス、アイリッシュラム、シーフードチャウダー、季節限定...とこれまた迷わせる。ビール好きとしてはビーフ&ギネスも捨てがたいけど、アイリッシュラム...アイルランドというと縄編みのセーターが有名だけど、そうかそうか羊はウールだけじゃなくてお肉まで残さずいただく文化なのか。確かに「羊は捨てるところがない」っていうもんなあ。

巨人のシチューハウス

オーダーを済ませたところで、店員さんが「イブンカコウリュウ~」と言いながらこのファイルを持ってきてくれました。
この店員さん、本当に「巨人のシチューハウス」を地で行く背の高さ。私も身長 180cm あるので他人を見て大きさに圧倒されることは滅多にありませんが、それでも見上げてちょっとのけぞるくらいの大きさ。

巨人のシチューハウス

ファイルには、壁に貼り出されていたアイルランドの数々の文化についての解説が書かれていました。アイルランドの文化っていうと、恥ずかしながら私はエンヤくらいしか知らなかったなあ。
そしてアイルランドには巨人の伝説があるそうで、この店の店名もそれに因んでいるようです。もしかしたらこの店員さんも本物の巨人の末裔なのかもしれないなあ。

巨人のシチューハウス

さてさて、お待ちかねのやつが来ましたよ。ギネスビールの 1 パイント。濃厚な味もさることながら、このキメの細かい泡!クリーミーさがたまりません。
ファイルをめくりながら、目と頭と舌と喉で同時にアイルランドを味わいます。

巨人のシチューハウス

本命のシチューの前に、ギネスのおつまみとしてベーコン&チーズチャンプを頼んでみました。シチューのサイドにはパンを注文したんですが、メニューに書いてあったマッシュポテトも捨てがたく。
これはたっぷりのマッシュポテトの上にベーコンと二種のチーズ、それにネギをかけただけのシンプルなおつまみですが、ちょっと濃いめの味がギネスのお供にちょうど良い。
うん、我ながらいいチョイスだ。

巨人のシチューハウス

そして大きな店員さんが鼻歌を歌いながら持ってきてくれたメインのシチュー。
ビーフ&ギネスと最後まで迷ったけど、「アイリッシュラム」と国名を入れられちゃ敵わない。器からはみ出んばかりのラム肉が食欲をそそります。

巨人のシチューハウス

臭みはないんだけどラムらしい風味が活きたシチューにゴロゴロ野菜。味はちょっと濃いめだけど、何だろう妙にほっとする味。
アイルランドって行ったことないけど、きっとこれがアイルランドの家庭の味ってやつなんだろうなあ。初めてなのに、何故か懐かしい気分になります。

巨人のシチューハウス

サイドメニューはアイリッシュラムシチューにオススメというソーダパン。
一見パサパサしていそうに見えるけど、外側はカリッとしつつ、中はふんわり。この食感の違いが楽しい。そしてラムシチューに浸して食べると確かにうまい。これ、気に入りました。

巨人のシチューハウス

本当においしいシチューでした。お腹も、心も満たされました。
料理もいいけど、このお店の雰囲気とか、アイルランド出身の店員さんの心遣いが嬉しいじゃないですか。

異文化交流って、自分たちの文化を理解させようとすることよりも、相手に対する敬意と理解しようという気持ちから始まるものなんだなあ。

このお店、同じような店が他にないという点でも、店員さんの暖かさという点でも、もちろん料理の味という点でも、なんだかドラマ『孤独のグルメ』に出てきそうな店だなあ、と思ってしまいました。Season6 の店、まだ全部決まってなかったらいかがでしょうか(笑

駅からちょっと距離があるのが難点だけど、また来たいなあ。
今度はやっぱりビーフ&ギネス、いってみようかな。

関連ランキング:西洋各国料理(その他) | 下神明駅戸越駅大崎駅

投稿者 B : 23:59 | Dinner | Gourmet | コメント (2) | トラックバック

2017/03/14 (Tue.)

Minimal -Bean to Bar Chocolate-

世の中にはホワイトデーなる風習があるということで、この機会に友人が関わっているお店でチョコレートを買ってきました。

Minimal - Bean to Bar Chocolate - |  ビーントゥーバー チョコレート専門店 ミニマル

Minimal

以前は代々木八幡のちょい外れくらいの場所にしか店舗がなく、なかなか足が遠かったのが、去年東銀座の駅近く(キヤノンのショールームのすぐ近く)に進出して買いに行きやすくなりました。とはいえ私は普段甘いものを買うことが少ないのですが、ホワイトデーにかこつけて買いに行ってきました。
普段は女性客が多いのかもしれませんが、この日ばかりは男性客多し。

Minimal

「Bean to Bar Chocolate」の名前どおり、カカオ豆の買い付けからチョコレートの製造までの工程を一貫して自社で手がけているのが特長のチョコレート専門店です。専門店のチョコレートというと GODIVA とか Morozoff とかの有名どころくらいしか知りませんでしたが、こういう新興ブランドが最近増えてきているみたいですね。チョコレート界のクラフトビール、みたいなものでしょうか。
店内にはたくさんの種類のチョコレートが並べられていますが、正直見た目だけではさっぱりわからない(;´Д`)。いくつか試食品も置かれているんですが、いろいろ味見してみるとそれはそれで迷ってしまって選べません(汗。

Minimal

店頭でなかなか決められず店員さんに迷惑をかけた挙げ句(´д`)、最終的に選んだのは「Minimal Flight 2017」と名付けられた限定セット。結局、予算オーバーだったけど(ぉ)一番たくさん種類が入っているセットにしました。ミニサイズのチョコレートが 8 種類、3 枚ずつ入っているセットです。これならいろんな味が楽しめるし、気に入ったのがあれば次からはそれを指名買いすればいいわけで。なお、このセット限定で単品売りしていないものも含まれているそうです。

Minimal

中身はこんな感じ。個包装されたパッケージに国名が書かれているだけで、これだけ見てもどれがどんな味なのかさっぱり分かりません。

Minimal

同梱のパンフレットに解説がありました。大きく分けて「NUTTY(ナッツのような香り)」「FRUITY(果実の香り)」「SAVORY(香辛料の香り)」の 3 種類があって、フレーバーごとにさらに細かく分かれているようです。アーモンドやチョコレートケーキのような、というのは想像がしやすいけれど、チョコレートなのに「カシスのような」とか「焼きミカンのような」とか、ちょっと想像がつきません。オレンジピール入りのチョコレートは好きだけど、そういうのでもないようだし。

Minimal

ひとつ開封してみました。一般的に板チョコって同じサイズのモールドに分割して成型されているものですが、Minimal は大小さまざまな大きさ・形に分けられています。
ちなみにこの「Minimal Flight 2017」はお試しサイズの 5g×24 枚入ったセットですが、通常品は一枚 50g の板チョコになるようです。

Minimal

このデザインにも解説がありました。チョコレート自体は一つなので根本的に味が変わるものではありませんが、形や大きさ、表面加工によって香りや食感が微妙に変わってくるため、一枚のチョコレートを様々な角度から楽しめる、というのがこの変わった形状の狙いのようです。

食べてみると、よく知っている板チョコとは全然違う。あえてカカオ豆の粒状感を残したまま固めているようで、板チョコなのに少しザックリとした食感があります。まるでカカオ豆をそのままかじっているかのような、濃厚な味と香りが口の中に広がります。濃厚なチョコレート、といっても高級ブランド品とは真逆の方向性。バルキーなんだけど、そのぶん原色のチョコレートを味わえる感じ。
ただ「ガーナ」「ニカラグア」といった銘柄の NUTTY 系チョコレートはオーソドックスで分かりやすいけれど、FRUITY や SAVORY の味わいはチョコレートリテラシ(何)が求められますね。個人的には「VIETNAM」はチョコレートにカシスをかけたような香りでとても気に入ったけど、焼きミカンのようなという「BOLIVIA」はマニアックな風味で難しい印象だったり。まあ、そういう自分に合う合わないも含めて楽しめるのがこのセットなんでしょうし、自分に合う Minimal チョコレートを探すという意味ではちょうど良かったです。

カカオを味わうために砂糖は苦味を緩和する程度にしか入っていないようで、これなら甘いものが苦手な人でも楽しめると思います。感覚としてはチョコレートを食べるというよりもコーヒーを嗜むのに近いというか。そういえば初めてフレーバーコーヒーを飲んだとき、同じような気分になったなあ。
友人が関わっているから褒めるというわけでは決してありませんが(笑)、チョコレートにこんな深い世界が広がっていたとは。今まで味わったことのないチョコレートの「沼」を垣間見た気がしました。

ちなみに、最近 DEAN&DELUCA や丸山珈琲でも販売の取り扱いが開始されたとのこと。主要な駅ビルや駅近でも買えるようになるので、気に入ったものは今後そういうお店で買うようにしようと思います。

関連ランキング:チョコレート | 東銀座駅銀座一丁目駅銀座駅

投稿者 B : 21:14 | Gourmet | Sweets | コメント (0) | トラックバック

2017/03/12 (Sun.)

あるでん亭 銀座ソニービル店 ~また会う日まで

最後のソニービル詣でに行ったなら、ここにも最後に行っておかねばならないでしょう。

あるでん亭|ソニービル

あるでん亭

長年通い続けたあるでん亭。純粋なスパゲティの美味しさなら、個人的にはここに勝る店はないと思っています。都内には支店が一応いくつかあるとはいえ、この狭い店内から銀座の街並みを見下ろしながら食べるのもこれがとりあえずは最後になると思うと、ソニービルに来たのにここはスルーという選択肢はあり得ません。

あるでん亭

店先には、悲しいかな閉店のお知らせが貼り出されていました。もうこれが最後と思っている常連客が多いのか、ランチタイムを大幅に過ぎているにも関わらず、お店の前には行列ができていました。

あるでん亭

私も行列にしばらく並んで入店し、カウンターに着席したところ、「まだ探し中なのですが...新店舗が見つかりましたらご連絡させて頂きます!」との告知が!貼り紙や公式サイトにはには「閉店」としか書かれていなかったので半ば諦めていましたが、移転の可能性はまだ残っているようですね。仕事や遊びで銀座や有楽町に来たときにフラッと立ち寄れる立地に見つかると良いなあ。私ももちろん連絡先を預けてきました(笑。

あるでん亭

各席には付箋と筆記用具が置かれていて、お店へのメッセージが残せるようになっていました。長年通ってきて、たぶん店員さんにも何となく顔を覚えられているだろう私としてはこれも書かないわけにはいきません。注文してスパゲティが出てくるまでの間にメッセージをしたためておきました。

あるでん亭

最後のメニューに選んだのはもちろんこれ。カルボナーラです。
生クリームを使わずに卵黄だけで仕上げたカルボナーラで、他の店でこういうカルボナーラに出会うことは滅多にありません。私は他の店に行くとオイル系かトマト系のパスタを頼むことが多く、カルボナーラってそんなに食べないんですが、ここのだけは別。これが当分食べられなくなるとあっては(まあ支店に行けば食べられるんだけど)、最後はこれを食べておかないと。

あるでん亭

いつもどおり芯を一本残したアルデンテの麺に、濃厚な卵黄のソースが絡むシンプルなスパゲティ。見た目に派手さはないけれど、だからこそ日々食べたいスパゲティでもあります。
しばらく会えなくなってしまうこの味を、噛みしめるように食べていきます。

あるでん亭

店内の壁という壁に貼られた、多数の常連客からのメッセージ。私が生まれた年にできたお店だけあって、長年のファンに支えられてきた歴史が垣間見えます。
お店を出るときにいつも丁寧な感じでご挨拶してくれる厨房の店員さんも、今回はなんだかいつもより思いが詰まったような眼で見送ってくれたのが印象的でした。

長い間本当にごちそうさまでした。
復活したら、必ずまた食べに行きます。

関連ランキング:パスタ | 銀座駅有楽町駅日比谷駅

投稿者 B : 20:40 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2017/03/06 (Mon.)

7025 フランクリン・アベニュー

以前から行ってみたいと思っていたハンバーガーショップに突入してきました。

7025 Franklin Ave.

7025 フランクリン・アベニュー

五反田からソニー通りを品川方面にしばらく進み、一本入ったところにあるお店。御殿山周辺って飲食店不毛の地というイメージがありますが、実は裏道に入ると住宅地に紛れるようにユニークな店がいろいろ出てきます。
フランクリン・アベニューはそんな界隈の中でも特に有名な店の一つ。アクセスがよろしくない立地にもかかわらず、休日のランチタイムには行列ができるそうです。

7025 フランクリン・アベニュー

店内はハンバーガーショップというよりはお洒落なカフェの佇まいで、周辺の高級住宅地に住んでいそうな奥様や、会社のお昼休みらしき二十~三十代女性が多い印象。女子大が近いので、大学生もいるのかもしれません。私は完全アウェー(;´Д`)ヾ。

7025 フランクリン・アベニュー

さておき着席してオーダーしました。しばらく待つとまずはサイドオーダーしたオニオンリングフライから出てきました。
けっこうしっかりめの味つけでなかなか美味しい。平日のお昼時でなければランチビールを頼みたいところです(笑

7025 フランクリン・アベニュー

そして本命登場。ハンバーガーは種類がたくさんあって迷いましたが、私はゴールデンブラウンオニオンチーズバーガーのラージ(145g)を注文しました。
野菜が別添えの半完成状態で出てくるのが、ファストフードではなく「レストラン」としてのハンバーガー。

「ゴールデンブラウンオニオン」らしく、パティの上には飴色になるまでじっくり炒められたタマネギがたっぷり。この甘みがいいんですよ。
そのタマネギを覆うように。このとろっとろに溶けたレッドチェダーが見るからに食欲をそそるじゃないですか。

7025 フランクリン・アベニュー

ちなみにパティにはあまり味つけがされていないようで、テーブルにある塩胡椒とケチャップ・マスタードを使って好みの味に仕上げていきます。

7025 フランクリン・アベニュー

本当は野菜まで全部挟むべきなんでしょうが、どう見てもジェンガ的に倒れる姿しか想像できなかったので、トマトだけ挟んであとは別々に食べました(笑
この状態でも手づかみで頬張れる厚みではなくなってしまい、結局フォークとナイフを使ってお上品に完食。
パティのみちっとした肉感がおいしい!それを飴色タマネギとチェダーチーズが盛り上げます。

7025 フランクリン・アベニュー

気に入ってしまったので、日を改めてまた来てみました(笑。
今回のサイドオーダーはフライドポテト。揚げたてでおいしいけど、私はオニオンリングのほうが好きかな。でもケチャップをつけて食べると止まらなくなります。

7025 フランクリン・アベニュー

またしてもメニューに迷ってしまったけど、今回は「オー・ソレ・ミオ」のラージサイズを頼んでみました。
パティの上にとろけたモッツァレラチーズとたっぷりのトマトソース、そして削ったグリュエールチーズ!これはチーズ好きにはたまらないハンバーガーです。

7025 フランクリン・アベニュー

今回は野菜も全部挟んで、上からちょっと潰すようにして高さを抑え、手で持ってガブリ!といただいてみました。
そうそう、この食べ方こそハンバーガーを食べてる感があります。

チーズとトマトソースが濃厚に絡み合ってうまい!アメリカンフードであるハンバーガーをイタリア調にしてどうなるんだろう、と思ったけど、これは全然イケル。
かぶりついて食べるとトマトソースがボタボタ落ちてきてしまうのだけが難点ですが、そんなことどうでも良いくらいにおいしい。

7025 フランクリン・アベニュー

いやあおいしかった。ハンバーガーショップとしては値段がお高めだけど、これは行列ができるのも頷けます。

隣駅目黒には Hungry Heaven もあって甲乙つけがたいですが、方向性はけっこうはっきり違っていて、Hungry Heaven は男らしくガッツリ系、こちらは上品めな味で女性と一緒に楽しく、という感じでしょうか。

ハンバーガーだけでも迷うほど種類があるのに、さらにサンドイッチもたくさんあって、どれもおいしそうなんですよね。今度は別のメニューを食べに来ようと思います。

関連ランキング:ハンバーガー | 五反田駅高輪台駅大崎駅

投稿者 B : 22:57 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2017/02/27 (Mon.)

BAR THE GINTONICX #4

しばらくぶりに、横浜の「BAR THE GINTONICX」へ行ってきました。

BAR THE GINTONICX

BAR THE GINTONICX

忘年会シーズンに一度来ようと思っていたのに、なかなか時間が取れずすっかりご無沙汰してしまいました。
この日は施行後初のプレミアムフライデーということで、私自身はきっちり定時過ぎまで働いた後に(ぉ)せっかくだからお気に入りの店にお金を落としに行こうと思い、横浜へいそいそと。

BAR THE GINTONICX

お店への階段を上がろうとしたところで、ひとつ下のフロアのお店の看板がこれ(笑
この流行りものに乗っかる感、いろいろと見習いたい(ぉ

BAR THE GINTONICX

久しぶりの訪店。以前はまだ開店後の試行錯誤の中、という感じでしたが、今はフードメニューもずいぶん拡充し、飲み物も和酒系まで充実してきました。
Left Bank 時代の「うまいものがいろいろ揃ってる感」が戻ってきたような感じで、なんだか嬉しい。

BAR THE GINTONICX

空きスペースだったカウンター後ろにもいつの間にかテーブル席と、

BAR THE GINTONICX

ソファ席が導入されて、寛げる雰囲気に。
しかしマスター曰く「これ導入してからなんかお客さん減ったんですよね~、どっちかに何か憑いてるんじゃないかと」とのこと。是非皆さんもっと行ったげてください(ぉ

BAR THE GINTONICX

というわけで、徐々に私の指定席になりつつあるスツールに着席。

カウンターに妙にいい感じのボトルが並べられていたので尋ねてみたところ、ゴードンを自家製のミニチュア樽(内側を焦がしたもの)で熟成させたオリジナルのドライジンとのこと。
おおお、それはうまそう。樽熟成されたジンって飲んだことないかも。

BAR THE GINTONICX

飲み方は迷ったけど、一杯目だしシンプルにジンフィズで。
琥珀色に染まったジン、ってなんだか魅力的。杜松に由来するジンの爽やかな香りに、ウィスキーのような深みのある芳香が加わって、これは良い。この店の雰囲気にとてもよく合っていると感じます。

BAR THE GINTONICX

つまみはここからスタートしなくては始まった気がしない、いぶりがっこマスカルポーネ。
和洋どんな酒にも合う(あ、老酒はちょっと自信ない)万能おつまみだと思います。

BAR THE GINTONICX

からの、さんまの燻製。
樽の香りにはやっぱりこういうものがバッチリ合います。

BAR THE GINTONICX

二杯目はマスターのオススメを訊いてみました。
「三ヶ日みかんのジントニック」がとてもオススメということで頼んでみたところ、目の前でみかんを搾るところから始まります。
この仕事ぶりを見るのがまた楽しみの一つでもあります。

BAR THE GINTONICX

搾りたての三ヶ日みかんを使っただけあって、泡までみかん色の濃厚ジントニック。
みかんの甘みとトニックの爽やかさが合わさって、これはお酒とは思えない飲み物だ。グイグイ飲めてしまう。

BAR THE GINTONICX

みかんジントニックがおいしくてすぐに空いてしまったので、すかさず次の飲み物はメニュー上で気になっていた「サンショと柚子のカクテル」。
山椒と柚子を使ったジンベースのショートカクテルで、いずれも香りの強い素材の組み合わせだけに味がケンカするんじゃないかとも思いましたが、山椒とジンの爽やかな香りを柚子が取り持つような感じで、見事に調和が取れている。今までに飲んだことがない味のカクテルだけど、この三種類のどれかが欠けてもバランスが崩れてしまいそうな、絶妙な組み合わせ。これ、おいしいです。

BAR THE GINTONICX

プレミアムフライデーにちなんで「プレミアムフライください!」と無茶振りしてみたところ(ぉ)出てきたのがこのチキンカツ。プレミアムなパン粉を使っているとのこと(ホントか?)。

薄めの衣に柔らかい鶏胸肉のチキンカツは食べ応えあり。付け合わせはフライドポテトだけかと思ったら、チキンカツの下にたっぷりとクリームポテトまでが添えられていて、なかなか豪華。確かにこれはプレミアムフライで間違いない(笑

BAR THE GINTONICX

せっかくだから充実してきた和酒も飲んでみたくなって、「旭萬年 冬季限定酒」を。
ちゃんと芋焼酎らしい器で出してくれるあたり、和酒バーもやっていた経験のあるマスターならではという感じで嬉しい。こういう無国籍な懐の深さが、この店に来ると落ち着ける所以だと思います。

BAR THE GINTONICX

さらに桜の花を漬け込んだサクラジントニックと、いつものラムケバブ(スパイシー串焼き)。
花見の季節にはちょっと早いけど、気分は花見酒。食欲をそそるラムの匂いで、テンションはさらに高まっていきます。

BAR THE GINTONICX

ラムをガッツリ食べた後は、サッパリと柔らかい蒸し鶏ポン酢に、

BAR THE GINTONICX

塩昆布クリームチーズ。
この取り合わせは初めてだけど、塩昆布クリームチーズ...がっこマスカルに続く新しい定番おつまみのポジションを確保しそうな勢い。これ、気に入りました。やっぱり、しょっぱい系和風珍味とチーズの組み合わせって破壊力あるよなあ。

BAR THE GINTONICX

飲み物は改めて最初に戻って、樽熟成ジンを今度はクラッシュアイスでいただいてみました。
ああ、この深みのあるジンの味と香りをじっくり味わえる感じ、良い。いつまでも浸っていたくなる。

BAR THE GINTONICX

そろそろ〆の食事ってことで、じゃこチャーハン。
二人で来たから取り分けて出してもらったところ、なんだか妙に賄い飯感があって、逆にいい(笑

BAR THE GINTONICX

からの、ナポリタン。いつもいつも〆メニューを複数注文して申し訳ない(ぉ
飲んだ後の〆には、アルデンテよりもこういうちょっと緩めのナポリタンがちょうどいい。

BAR THE GINTONICX

今夜も美味しかったし、楽しかった。久しぶりにゆったりとした夜を過ごさせていただきました。
今回はちょっとご無沙汰気味だったけど、行きたいと言ってくれている人も何人かいるし、また近いうちに誰かを連れて行こうと思います。

そういえばこの blog を読んでお店に来てくれるお客さんが稀にいらっしゃるそうですが、良かったら感想を私にも聞かせてください(笑

関連ランキング:バー | 平沼橋駅横浜駅

投稿者 B : 22:34 | Drink | Gourmet | コメント (0) | トラックバック