b's mono-log

2014/08/16 (Sat.)

金沢近江町 海鮮丼専門店 こてつ

近江町市場観光のついでに、市場内でごはんを食べてきました。市場でごはん、といったら間違いなく海鮮丼一択!というわけで、市場の中の人のおすすめに従って、こちらに。

近江町の海鮮丼専門店「こてつ」

こてつ

近江町市場の端の方にある海鮮丼の専門店。市場内の海鮮系飲食店はどこもほぼ例外なく混んでいますが、ここも開店直後から行列が出来上がっていました。

聞くところによると、昔は片町のあたりで営んでいたのが、近江町市場のオープンに合わせてこちらに移ってきたとのこと。夫婦お二人でやっている、カウンターのみで 10 席ほどしかない、小さなお店です。

こてつ

メニューはこんな感じ。一口に海鮮丼といっても、いろいろあるんだなあ。

中でも異彩を放っている「近江町彩り丼」は、具材の豪華さに加えて加賀の名産である金箔まで散りばめられてすごいことになっちゃってるけど、値段もすごいことになっていて、ちょっと手が出ません(笑。よし、ここは初志貫徹でいこう。

こてつ

店内は外から見るより断然狭くて、他のお客さんが座っていると出入りするのに席の後ろを横歩きしないといけないレベル。でも、市場の賑わいから地続きな、この距離の近さが今は逆にうれしい。

こてつ

カウンターの前には、この店流・海鮮丼のおいしい食べ方指南が。
なかなか細かいこだわりだけど、郷に入っては郷に従えだ。それに、スプーンを推奨する海鮮丼店もなかなかありません。これはおもしろい。

こてつ

しばらく待って、海鮮丼のご登場と相成りました。おやじさんが一人で調理しているので、狭い店内といえど満席になるとそれなりに待ちます。

今回は初訪店ということで、海鮮丼。ど真ん中に直球を投げ込んでみましたが、見た目からしてこれは当たりっぽいぞ。

こてつ

海鮮、どーーーん!
色とりどり、いろんな魚介が載っかった、目にも楽しい丼。

魚介は石川県近海を中心に、基本的に全てこの市場のお店から仕入れた、質には折り紙付きの素材。それに、石川県産のコシヒカリ。ほぼ同じ海で獲れた魚介と、近い水質で作られた米を食べて育った身としては、これが口に合わないわけがありません。

こてつ

お店のおすすめに従ってわさび醤油を万遍なくかけ、スプーンですくっていただきます。

富山湾の至宝、甘エビ(といっても富山湾にはホタルイカや白エビほか、至宝はいっぱいある)。これがこの甘さと新鮮さで味わえるのは、やっぱり地元ならではでしょう。

こてつ

こちらは私が食べたものではありませんが、いくら丼。

この隙間なく敷き詰められたばかりか、厚焼き卵の上にまで侵食しつつあるいくらの層の厚さといったら!もう、見ているだけで幸せを感じてしまいます。

こてつ

いくら、どーーーん!(しつこい

ここのいくら(さすがにこれは地元産ではないと思いますが)、皮が薄くて中身がとろっと溶け出してくるような感覚で、実にうまい。安いいくらだと皮が厚いばかりで美味しくないものですが、これは本当にうまい。

こてつ

ああ、完食、満足。
素材の良さと丁寧な仕事、それを市場の雰囲気を感じながら味わう幸せといったらありません。

近江町市場、楽しいだけじゃなく、美味しいなあ。来年の夏もぜひまた来たいと思います。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 北鉄金沢駅金沢駅

投稿者 B : 17:00 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2014/08/13 (Wed.)

樹林厨房 金沢六角堂

6 年ぶりに、金沢の卯辰山でステーキをいただいてきました。

樹林厨房 金沢六角堂

六角堂

金沢の中心街からちょっと離れた山の中、車でないとまず行けない場所にある老舗のステーキハウス。金沢界隈ではけっこう有名なお店らしいですね。以前、妹の新居を見に来たときに来て以来でしたが、今回久しぶりに金沢に来るということで、再訪してみました。

六角堂

まあ、まずは生ビールでしょう。昼間からのビールというのは後ろめたさが逆にうまさを増してくれるものですが(笑)、まあ、今回はお盆休みだからね。

六角堂

肉を焼き始める前にサラダ。シンプルなサラダですが、いずれも新鮮な野菜を使っていて、うまい。
そして、ビールのつまみはこれですよ。

六角堂

目の前でシェフがガーリックチップを炒めてくれます。こんがり狐色になったら、そのままヘラでステーキ皿にサーブしてもらえるというわけ。

これを肴にビールを飲み進めながら、メインを待ちます。

六角堂

じゃーん!ガーリックチップを炒めた鉄板の上でそのまま、ステーキ肉をガツッと焼いてくれるわけです。
(さすがにこの量で一人分というわけではありません)

シェフの鮮やかな手さばきも、酒の肴になりますねえ。

六角堂

いい感じに焼けてきました。もう見るからにうまそうだ...。

ステーキの肉はニュージーランド産/国産でそれぞれロース/ヒレからの選択式。国産はけっこう覚悟のいる値段がするので、私はニュージーランド産のロースをオーダー。国産のほうは、日によって仕入れ先が異なるそうです。

六角堂

焼きあがったら、一口大に切って鉄板から直接ステーキ皿に盛り付けてもらえます。
焼き目と赤い部分の割合がちょうどいい。ちなみにミディアムで焼いてもらいました。

六角堂

ホースラディッシュ(西洋わさび)とステーキソースにつけていただきます。

脂が乗っているけどしつこくなく、質のいい肉そのものの味を堪能するタイプのステーキ。「いかにも肉って肉」というのは、こういう肉のことを言うのかもしれません。ああ、うまい。

六角堂

ステーキをいただいている間にもシェフは仕事を続けていて、肉を焼いた直後の鉄板でもやしを炒めてくれます。
このもやしがまた、シャキシャキした歯ごたえに、さっきまで焼いていたニンニクとステーキのうまみが絡まって、このもやしだけでご飯三杯くらいいけてしまいそう。そして、このもやしが間に挟まることで、また新鮮な気持ちで肉をいただける。俺はこのまま肉ともやしの永久機関になってしまうのかもしれない。(大げさ

六角堂

ステーキをだいたい食べたところで、ご飯セット登場(ご飯のタイミングは最初か最後か選べます)。
おそらく石川県産のコシヒカリだろうと思われるおいしいお米に、みそ汁と漬物がまたいい仕事をするんだな、これが。

六角堂

こうなったらもうご飯の上にステーキを載せて食べること不可避ですよ(笑。

金沢って、「加賀百万石」と言われるだけあって派手なイメージが強いですが、豪華さの中にも丁寧な仕事ぶりやもてなしの心がこもっているのが、同じ北陸人としては心を許せるところだと思います。そんな金沢のもてなしを凝縮したようなお店。安くはないから何かのきっかけがないとなかなか来ることが難しいですが、機会を見つけてまた来たいと思えるお店です。

関連ランキング:ステーキ | 北鉄金沢駅金沢駅七ツ屋駅

投稿者 B : 22:47 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2014/08/01 (Fri.)

港区港南のカルビ焼肉ランチ

一昨日の『孤独のグルメ Season4』の焼肉回を観てからというもの、俺の腹はすっかり焼肉腹になってしまいまして(;´Д`)。これは可及的速やかに焼肉を入れに行かないと気持ちが収まるまいと思って、焼肉ランチという暴挙に出てみました。

品川の港南口エリアというのは、食肉市場がすぐ近くにあるせいか、コリアタウンでもないのに川崎に匹敵する焼肉屋のメッカだったりします。けっこうな食通の人でも「芝浦にうまい焼肉屋がある」と言うくらいなので、店舗数だけじゃなくレベルも高いらしい。ま、いい肉が手に入りやすい環境だとそうなりますよね。
焼肉はは本当に何軒もありますが、今回は特大ベーコンステーキ定食の「つがる」の裏手にある、私が「カオスエリア」と呼んでいる路地のところに、こどグルっぽい焼肉屋がいくつかあったよなあ、と思って歩いてみました。

とんとん

オフィスビルと飲食店が建ち並ぶ港南口正面に、なぜかここだけ昭和の面影を残した民家のある、ごちゃっと狭いエリア。以前から、品川でこどグルのロケをやるなら絶対ここは外せないよなあ、と思っているのがこのカオスエリア。狭くてお世辞にも小ぎれいと言えないお店の密集地にある焼肉屋のひとつに入ってみました。

とんとん

とんとん

これまた狭い店内の、二人用のテーブルにお一人様ごあんなーい。

本当に狭いので、身長 180cm の私は椅子に深く腰掛けても、コンロを兼ねたテーブルの土台に膝が当たってしまいます。ここで長時間焼肉を食っていたら、エコノミー症候群になってしまう(そんなに長時間食いません

とんとん

注文すると、肉の前にまずはグリーンサラダとキムチ、もやしのナムルが出てきました。
これをつつきながら、メインが出てくるのを待ちます。

正午を回るとお店にはもう行列ができていました。昼から焼肉、そんなサラリーマンがこんなにいるのか。

ちなみに、注文したのは「ビッグカルビ定食」。
おおお、これはどれだけビッグなんだ...!

とんとん

と思ったら、出てきたのはこれ。
「ビッグカルビ」というのは、カルビの大きな一枚肉じゃなくて、通常の 1.5 倍盛りのカルビ定食、という意味だったらしい。

まあ、確かに大きな一枚肉だと焼きにくいし、それじゃステーキになっちゃうか。

とんとん

気を取り直して、焼いていこうじゃないか。
ガス式の無煙ロースターだから、煙も出にくい。服に匂いも、全くつかないわけじゃないけどつきにくいような気がする。おお、焼肉好きのサラリーマンランチに優しいじゃないの。
この、誰にも気を遣わず、誰とも駆け引きをしなくていい、一人焼肉。どんどん焼いて、どんどん食べないといけないから忙しいけど、気兼ねなく肉との対峙に集中できるのがいい。

とんとん

いただきまーす!

飾りっ気のない、オーソドックスな肉とタレ。肉は脂身が多すぎず少なすぎず、ちょうどいいバランスで肉そのものの味が堪能できます。やっぱり素材が良いとこういう勝負ができるんだなあ。肉の味を感じながら、タレと白い米でシンプルにいただく。焼肉の王道は、これですよ。

ビッグカルビ定食、1,200 円。ランチとしてはプチ贅沢だけど、ボリュームのある焼肉ランチとしてなら決して高くない。
年に一回来るか来ないかの、ランチ焼肉。午後の予定が気になるとなかなか勇気が出ないけど、この満足感を味わうと半日がんばれる気がします。またちょくちょく、来ようかなあ。周りにある他のお店も、攻めてみたいんだよなあ。

関連ランキング:焼肉 | 品川駅北品川駅天王洲アイル駅

投稿者 B : 23:58 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2014/07/29 (Tue.)

moomin Bakery & Cafe

GW に飯能のムーミン谷に行きましたが、我が家のムーミンブームはまだ続いていまして、今回は夏休みということでここに行ってみました。

ムーミンベーカリー&カフェ 東京ドームシティ ラクーア店

moomin Bakery & Cafe

旧・後楽園遊園地、現・東京ドームシティ ラクーア。都心にあってわりといつでも行けるレジャースポットにも関わらず、何故か今までほとんど来ようと思ったことがない場所。その東京ドームシティ内に、ムーミンの世界観を活かしたベーカリーカフェがあります。調べてみたところ、同様のカフェは東京スカイツリーにもある模様。

どれくらい混んでいるかも判らなかったので、お昼よりも少し早く着いたんですが、休日にもかかわらず比較的ガラガラな東京ドームシティにあって、11:30 の時点で既にかなりの行列。炎天下、1 時間ほど並ぶ羽目になりました(一応、屋根の陰にはなっていたけど)。途中、スタッフの方が気を利かせて麦茶のサービスをしてくれたのが、とても助かった。

moomin Bakery & Cafe

お店の前には、ムーミンのぬいぐるみが店番をしています。
営業は毎日 8:00~22:00 とのこと。ベーカリーカフェなので、朝食がてらとか、昼食のパンを買って出勤とか良さそうです。まあ、東京ドームホテルに泊まってる人か、付近に勤めてる人でもないとなかなか利用できない立地ですが。

moomin Bakery & Cafe

店内のあちこちにムーミン一家のぬいぐるみが飾ってあって、とてもかわいらしい。周辺がアトラクションのチケットカウンターだったり銀だこだったりする中、ここだけちょっとファンタジーな雰囲気を醸し出しています。

来ているお客さんは家族連れのほか、カップル、女性同士、それに女性のおひとりさまもちらほら。幅広い客層です。

moomin Bakery & Cafe

1 時間並んで、ようやく入店。中に入ると、外から見る以上にムーミンワールドが広がっていました。

フィンランドで生まれた物語なので、インテリアも北欧系。シンプルで清潔感ある店内に、ムーミン愛の深そうな店員さんたちが活き活きと働いている様子が印象的です。

moomin Bakery & Cafe

そして...噂の「ムーミンぬいぐるみご相席サービス」は本当にやっていました!(笑

いくつかのテーブルで、空いている座席にムーミンファミリーのぬいぐるみがご相席。店内のインテリア以上に、カフェの座席にムーミンたちが座っているシチュエーションが、このお店の雰囲気を決定づけていると言っても過言ではありません。ディズニーランドのようにキャラクターが動いたりはしませんが、これでも十分に「ムーミンの家に遊びにきた感」を味わえます。

moomin Bakery & Cafe

おひとりさまの席には向かい側にミイが(笑。「ぼっち客に神対応」も本当にやっていました。
これ、女性客だからそれでも様になるけど、おっさんの一人飯だったら痛々しいことこの上ないんじゃないだろうか(;´Д`)。

moomin Bakery & Cafe

あそこのテーブルから顔だけ出しているのはスティンキー。スニフとスティンキーは、数店あるチェーンの中でも今のところラクーア店だけにいるそうです。スニフとスティンキーは、ムーミンワールドの中でも最も欲が深いキャラ。それゆえに人間的で、ほかのキャラクターものの作品とは違う深みをムーミン世界に与えているキャラクターだと思います。

ちなみに、ムーミンファミリーのほかにはニョロニョロが相席しているテーブルもありました(笑。

moomin Bakery & Cafe

このベーカリーカフェのシステムは、ランチにはすべて焼きたてパンの食べ放題がついています。

妙に人相の悪いムーミン一家の肖像画の下に並んでいるのがパンのビュッフェ(セルフサービス)。

moomin Bakery & Cafe

パンの種類はかなり豊富で、スタンダードなバゲットやリュスティックから、北欧らしい黒パンまで、いろいろ選べます。
ウチの子どもたちはクレッセント(ハーブ塩でカリッと焼き上げた細長いパン)がかなり気に入ったようす。

moomin Bakery & Cafe

これは子どもたちが食べたキッズプレート。お子様ランチですが、ライスやオムレツがいちいちムーミンになっていて、娘たちは大喜び。

スプーンやフォークにもキャラクターがあしらわれていますが、ここに載っているもののほとんどが、店内の物販で買えるようになっています。

moomin Bakery & Cafe

こちらが大人用のランチメニュー、キッシュ&パスタプレートと、

moomin Bakery & Cafe

フィンランドプレート。

他にも「北欧プレート」にはIKEA のレストランにあったような北欧スタイルのミートボールなんかもあったりしますが、味のほうも全体的に IKEA っぽい。北欧系だから似たような味になるのも当然ですが、冷凍やレトルトを温めただけ、的な味気なさまでよく似ています。決しておいしくないわけじゃないけど、焼きたてパンのおいしさに比べると、ちょっと残念な感じ。

moomin Bakery & Cafe

でも、スープに入っていたパスタまでキャラクターを象っていて、こういうこだわりは嬉しいところ。

ちなみに、このパスタも店内で売っています(笑

moomin Bakery & Cafe

食べていたら、おもむろに店員さんが「こちらにムーミンパパが遊びに来てもよろしいでしょうか?」と言って私の隣にムーミンパパを置いていきました。

これ、嬉しいんだけど、ムーミンパパでかいよ!狭いよ!(笑

moomin Bakery & Cafe

食後のドリンクに、シルエットラテをいただきました。上のラテアートにキャラクターを描いてもらえます(キャラクターは選べます)。バリスタによる職人芸的なラテアートではなく、上にテンプレートを置いて粉を振っただけの簡易的なラテアートですが、これでもけっこう嬉しい。混ぜてしまうのがもったいないんですが、混ぜないと味が最初苦くて、最後甘いというジレンマに陥ります(ぉ

moomin Bakery & Cafe

食後はカフェに隣接しているベーカリー&物販コーナーを物色。

ベーカリーは本当にここで焼いていて、焼きたてをそのまま持ってきてくれるんだから、美味しくないわけがない。カウンターの奥にすぐオーブンが見えるのが、余計にそそります。

moomin Bakery & Cafe

販売されているパンは食べ放題コーナーにあったひととおりの種類のパンに加えて、

moomin Bakery & Cafe

こういうキャラクター系のパンまでバリエーション豊か。ちなみにキャラクターパンは食べ放題コーナーにはないので、食べたければ買って帰るしかありません。

カフェはけっこういい値段がするので、食事だけ見るとちょっと割高に感じますが、お店の雰囲気や心配りのあるサービス、そして美味しい焼きたてのパンまで含めると、それに値する楽しさを味わえるお店だと思います。炎天下に行列するのはちょっと厳しいですが、もうちょっと涼しい季節にまた来てみたいところです。
意外と、ランチよりも朝食っぽい時間に来て、食べたらラクーア内のアトラクションで遊んで帰る、みたいなプランのほうが満喫できるかもしれません。

関連ランキング:カフェ | 後楽園駅春日駅水道橋駅

投稿者 B : 23:59 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2014/07/25 (Fri.)

西麻布 一歩

久しぶりに美味しい焼き鳥をいただきに行ってきました。

焼鳥・軍鶏鍋 一歩

一歩

西麻布って、いい店多いですよね。でも、電車だとどこの駅からも微妙に遠いし、六本木以上に「大人の街」というイメージだったので、二十代の頃はほとんど来たことがありませんでした。この界隈に来るようになったのは、豚組に行くようになった頃からかな。
そんな「西麻布らしい」焼き鳥屋が、西麻布の交差点のすぐ近くにあります。階段を下りて入る、通りすがりにはなかなか入りにくい佇まいのお店です。

一歩

まずはビールでひと息。最近本当に暑いので、この一杯目のビールがあたかも砂漠に垂らされた一滴の水のように胃袋に吸い込まれていきます(ぉ

一歩

先ず野菜より始めよ、ということで「彩り温野菜」。アスパラ、ブロッコリー、ヤングコーン、といった野菜類って温野菜にすると妙に美味いんですよね。身体にもいいし...と思ったら、上にたっぷりとガーリックバターがとろけちゃってるよ!(;´Д`)ヾ
これじゃあ身体にいいんだか悪いんだかわかりませんが(笑)、このガーリックバターの風味が野菜のうまみをさらに引き立てて、これがまたたまらない。焼き鳥を食べに来たはずなのに温野菜をおかわりしたくなりました(ぉ。

一歩

焼き鳥の前にもう一品。続いては、もも肉の唐揚げ。
これがまた、肉質・味付け・揚げ具合のどれ一つとして隙のない、非常に完成された唐揚げでした。私は鶏唐にはうるさいほうだと思いますが、外で食べる鶏唐でこれ以上のものにはなかなかお目にかかれません。焼き鳥を食べに来たはずなのに、唐揚げをおかわ(ry

一歩

そんなわけで、満を持して焼き鳥に移行。まずはささみからですが、写真左がさび焼き、右が柚子胡椒です。

ささみって肉質が悪いとパサパサしがちですが、これはそのへんのささみとは一線を画すしっとり感。焼きすぎず、ささみの柔らかさを存分に味わえるところへ、わさびが爽やかに華を添えます。これはいい。

一歩

ねぎま。焼き鳥の代名詞のようなオーソドックスな一品ですが、だからこそ手抜きは一切なし。いい仕事してます。

一歩

うずら玉子。
これがまた...見た目でただのうずら玉子と侮るなかれ。外はちゃんと火が通っているのに、黄身が半熟なんですよ!これは、とろける。
焼き鳥屋で食べるうずら玉子って中までしっかり火が通っているのが当たり前だったので、これは口に入れた瞬間、嬉しい驚きでした。ここに来たら、これは絶対に食べるべき。

一歩

そしてレバー。レバーが苦手な人でも食べられそうな、くさみのないレバーで、ちょうどいいとろけ感で焼き上がっています。
ここの焼き鳥、どれも焼き加減が絶妙。これより焼きが足りなくても焼きすぎてもいけないという一瞬を捉えた焼き鳥。これはいい店に出会えた。

一歩

こういう上質な焼き鳥をいただいたら、ビールから焼酎に進まざるを得ないというものです。
定番の中々をロックでいただきます。和食ならどんな料理にでも合う、スタンダードながら存在感のある焼酎。こういういい仕事をする店には、こういう王道の酒が合うんですよ。

一歩

さらに夏だけど、鍋!鶏の火炎鍋を頼んでみました。

その名の通り、そして見ての通り、真っ赤な熱い鍋。暑い時期に汗をかきながら熱い鍋をいただき、それを冷たい酒で追いかける。これがいいんですよ。

一歩

ぐつぐつぐつぐつ。

辛いんだけど、見た目ほど激辛ではなくて、どちらかというとスープに凝縮された鶏のうまみを辛さが引き立てるタイプの味付け。辛味鍋って、これだけ深い味にできるものなのか...!
鶏も、野菜も、残らずおいしくいただきました。

一歩

そして鍋の〆はうどん。雑炊とラーメンもあったけど、お店のお勧めは火炎鍋にはうどんとのことで。

火炎鍋のうまみをこのうどんに凝縮して、最後まで堪能。最初の一品料理に興奮し、焼き鳥の仕事ぶりに感動して、最後は鍋のうまさが全身に染み渡る。
満足感の高い時間を過ごさせてもらったなあ。

一歩

最後のデザートは「なめらかプリン」。一日六食限定とのこと(!)。
これがまた......!、「なめらか」とはこういうことをいうのだ、という滑らかさと濃厚さを併せ持った、本当においしいプリン。焼き鳥屋じゃなくてこれを看板商品にスイーツ売ってもいいんじゃないかというレベル。最後の一品まで、手を抜いていないなあ。

西麻布という立地もあるのでしょうが、ガヤガヤせず落ち着いた隠れ家的な雰囲気のお店で、接客も細やか。そして何より、仕事が丁寧。ここは気に入りました。
必ずまた来よう。そして、こういうお店の良さが解る人だけ連れてきたい、「とっておきの店」の一つにしたいと思います。

関連ランキング:焼き鳥 | 乃木坂駅六本木駅広尾駅

投稿者 B : 22:11 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2014/07/19 (Sat.)

中央区銀座の中国茶と台湾スイーツ

「せっかくだ。ちょっと銀ブラするか。...銀ブラって、死語か?」

三徳堂

...というわけで、ドラマ『孤独のグルメ Season4』聖地巡礼は、第 2 話の「なじみ亭」に続いて同話の甘味パートを攻めていきます。第 1 話の清瀬編では Season2~3 のパターンを覆して甘味パートなしで来ましたが、かといって完全になくしてしまうというわけではないらしい。まあ、全話甘味パートの代わりにメニューに悩んで時間稼ぎしてもしょうがないですし(笑)、銀座はカフェや甘味処も多いので、甘味パートがあって然るべきかと。

甘味パートの舞台は、銀座の中央通り、ヤマハや ZARA の向かい側から一本入ったところにありました。

プーアル茶専門店|銀座・三徳堂

三徳堂

1F はお茶屋さん、2F はティールーム。
それほど広くないお店の階段を上って、着席。

お茶とデザートのセットか。
パイナップルケーキ、気になるなあ。
ゴローが飲んでいたお茶ってなんだっけ...と思っていたら、メニューに「孤独のグルメセット」というのがちゃんと用意されていました(笑

三徳堂

これが「孤独のグルメセット」。天才花茶と台湾仙草のセットです。
ドラマでは、お湯に茶葉が浸された状態で出てきていたけど、実際にはあらかじめ濾された状態で出てきました。

三徳堂

天才花茶。その名の通り、脳にいいというふれこみのお茶。

おぉ、いい香りだ。ジャスミン系の。あー、ホッとする。
私は普段コーヒーばかりでお茶ってあまり飲まないから、こういう香り高いお茶って逆に新鮮。なんだかお香のような、渋いんだけど落ち着く香りです。

三徳堂

それから、これが台湾仙草。仙草って初めて食べたどころか名前すら初めて聞いたけど、そういう名前の草の葉や茎から作ったゼリーらしいですね。
一見、コーヒーゼリー。でも、味はさっきの天才花茶とはまた少し違った、独特の薬草っぽい香りがします。

このゼリーをたっぷり黒蜜とよくかき混ぜて、食べる。

三徳堂

おっ、そうきたか。
ぽい。台湾っぽい。

黒蜜の甘みはあるけど、仙草ゼリー自体には味はあまりなくて、むしろ渋めの風味。
それが逆に黒蜜とよく合って、甘党ではない大人の男でも、楽しめます。

うん、これ、ハマったらハマる味。

三徳堂

それと、ここに来たら絶対に食べたいと思っていた、マンゴーかき氷。というか、この店が取り上げられるなら間違いなくマンゴーかき氷が出てくると思ったのに(笑

このかき氷だけで 2,000 円もしてしまうわけですが、アップルマンゴーを贅沢にまるまる 1 個使ったかき氷なんだから、高くても納得です。

三徳堂

この、見るからにジューシーな色をしたマンゴーを大きめに切り、大胆に絡めたかき氷。

さっきの仙草よりも、見た目的には台湾らしさが全開です。
ぽいぽい。台湾スイーツっぽい。

三徳堂

マンゴーの甘みだけで食べさせるタイプかと思ったら、実は氷には黒蜜がかかっていて、マンゴーの甘酸っぱさと黒蜜の香りよい甘さがいい具合に協調して、これはおいしい。

は~、この組み合わせも、台湾ダフル。

蒸し暑くて不快なこの季節に、涼しい店内で落ち着く中国茶と、冷たい台湾スイーツ。
これは生き返るよ。

銀座の真ん中で、ショッピングの合間にいい補給ポイントを見つけて、ちょっと得した気分になりました。
今度は、パイナップルケーキ、食べてみたいなあ。

関連ランキング:中国茶専門店 | 銀座駅東銀座駅新橋駅

投稿者 B : 00:44 | Gourmet | KODOGURU | Sweets | コメント (0) | トラックバック

2014/07/18 (Fri.)

中央区銀座の韓国風天ぷらと参鶏湯ラーメン

「あちゃ~、深追いして新橋まで来ちゃったか。せっかく銀座で飯をと思ってたのに」

銀座ナイン

ドラマ『孤独のグルメ Season4』、いよいよ先週からスタートしました。Season3 までの聖地巡礼をコンプした私としては、今回も当然巡っていくわけですが、今回は今まで以上に遠征回が多いようで、さすがにそろそろ追いかけ続けられるのかどうか。でも、第 2 話の舞台は私の生活圏と言える、銀座。ここは行くしかあるまい!というわけで、放送翌日にさっそく巡礼してきました。おそらく、これがこの回については世界最速の聖地巡礼エントリーになるのではないでしょうか(笑。

なお今までの経験上、放送直後はどの店もものすごい行列ができるので、放送前から店舗を特定して予約しておきました(笑。

なじみ亭

なじみ亭

「なじみ亭」の場所は、住所的には銀座だけど、ほぼ新橋。新橋の駅から本当に徒歩 1~2 分の場所にあります。今まで、何度となくこの前は通っていたけど、まさかここが聖地になるとは...。
ちなみに、先月の SPA! に掲載されていた漫画版の「ガード下の韓国料理」のお店も、このすぐ近くにあります。

予約してはあったものの店内は満席。店前のテラス席()に通されました。ゴロー席の隣、ですね。
放送直後だからものすごい行列ができているかと思ったら、一見落ち着いた状況に見えました。が、着席した後にも代わる代わるお客さんが訪れては「今日は予約でいっぱいなんですよ」と断られていたので、お店側で早めに予約のみに絞る判断をしていたものと思われます。

なじみ亭

店内には入れませんでしたが、扉が開いたときにちょっと覗き込んでみた感じだと、テレビで見たときよりもはるかに狭く見えました。ドラマでは、広角レンズでの撮影だったので実際よりも広く見えていたにすぎないんでしょうね。

店内のお皿に並べられているはずのお総菜メニューは、店外にも貼り出されていました。なるほど、どれも家庭的そうで、食欲をそそるぞ。
メニューは日替わりのようで、ここに写真が出ている以外のものもいくつかあるようで、店員さんが説明してくれました。

ちなみに、働いていたのは韓国人のおかあさんと日本人のおねえさん。おねえさんのほうは、ドラマ放送後の混雑を見越して 2 週間前に採用されたバイトなんだとか(!)。

なじみ亭

いくつかお総菜を頼んだら、まずはビールでお疲れさま。

こんな銀座の端っこで、屋外でビールが飲めるなんて、なんだか得した気分だな。8 月だったらさすがに外で飲む気はしなかっただろうから、いい時期に来たのかもしれない。

なじみ亭

お通しはちくわの煮物。ピリ辛でビールに合います。
混んでいるけど料理は基本的におかあさん一人でこなしているせいか、出てくるのが遅いですが、そこは放送直後。こちらも焦らずにゆっくり飲みながら料理を待とうじゃないか。

なじみ亭

のっけからメニューに載っていなかったお総菜ですが、タケノコの何か(一度聞いたけど忘れた(ぉ))。
こ・れ・が・ま・た、今まで食べたことのないタケノコ料理。とても柔らかく煮込まれたタケノコをくり抜いて真ん中に何か(鶏肉?)を詰めて、餡をかけた上に黒胡椒をたっぷりと振りかけたもの。こんな韓国、食べたことないぞ。いきなり、今日のヒット料理確定。

なじみ亭

続いて、こちらもメニューになかった煮魚。メニューにあったものでは、ドラマにも出てきた魚の餃子とチャプチェは残念ながら売り切れていましたが、代わりにこの煮魚ですよ。魚は鱈だったら!(←
日本の煮魚というと出汁や醤油で煮込んだものというのが相場で、男の胃袋的には煮魚が出てくると物足りない気分になるものですが、この煮魚は日本のとは全然違う。ピリ辛でがっちり味のついた、男でもしっかり満足感のある煮魚。

こんな鱈の煮魚なんて、日本じゃなかなか食えんぞ。食えんティン・鱈ンティーノ。

なじみ亭

そして、韓国風天ぷら。何種類かの魚のすり身を揚げ焼きっぽくしたもので、チヂミにかけるようなタレをつけていただきます。

...うまっ!こうきましたか。コーリアン驚いた(ぉ。
あったかくて優しい味だ。パリサク天とは違う、ほわ天、いけるいける。

なじみ亭

これは、たまらず久住さんが飲んでいた「黒豆マッコリ」に移らざるを得ないというものです。
黒豆マッコリ、以前一度だけ飲んだことがあるけど、甘ったるくて私は苦手な普通のマッコリに比べると、コクがあって、黒豆の香りが味に深みを与えて、おいしい。見た目はなかなか強烈だけど、外見からはわからないうまさ。料理が出てくるペースがゆっくりなこともあって、ガンガン飲んじゃいます(笑

なじみ亭

黒豆マッコリのつまみ的にすぐ出てくるもの、ということで、キムチ。頼もうとしたら「大と小どちらにしますか?」と言われて、一瞬「は?」と思ったけど(笑)、個人的にはキムチをつまみにいくらでも飲めるクチなので、大を。というか、この後にさらにキムチ大をおかわりしました(ぉ。

このキムチ、かなりガッツリ辛くて、甘いマッコリに合わせるというよりは、ご飯が欲しくなるスムニダ。

なじみ亭

さらなるおつまみ、韓国のり。これはおかみさんからのサービスとのこと。
他のテーブルのお客さんにも韓国のりを出していたり、「マッコリ多めに入れときましたから」とか、けっこうサービスがいい。

なじみ亭

そしてこれが、メインの参鶏湯ラーメンよりも気になっていた(笑)ポッサムキムチ。厚切りの蒸し豚とキムチのセットです。
あちゃあ、よく考えたらキムチがダブってしまったぞ。いや、キムチおかわりしたから、それも数えるとキムチがトリプってしまった(ぉ。

でも、韓国料理屋なんだからキムチのダブりなんてむしろ前提としておくべきものか。
気を取り直して、この豚肉にキムチ乗っけるんだったよな。

なじみ亭

おお、肉だ。豚だ。ポッサム、ポッサム。期待を裏切らないうまさだ。
キムチと豚って、やっぱり合う。

なじみ亭

こちらもゴローちゃんが食べていた、イカとソーメンの旨辛炒め。
見るからに辛そうだけど、キムチのストレートな辛さに比べると、「旨辛」というだけあって、一口目には甘みを感じて、後味にジワジワくるタイプの辛さ。
煮魚といい、ソーメンといい、日本人ならあっさり食べてしまうところを、これだけ味を染みさせるって、隣国なのに文化がずいぶん違うんだな。

は~、それにしても、いろんなおかずがちょっとずつ食べられるって、幸せ。

なじみ亭

ここまででもけっこうお腹いっぱいになりかけていたけど、さらに〆。お待ちかねの参鶏湯ラーメンです。
おお、うまそうだなぁ~。

この参鶏湯ラーメン、作るのに手間がかかるのか、3 テーブル分くらいまとめて作って出していました。ちなみに、これ 1 日 10 食限定だそうです。あらかじめお店に電話して、参鶏湯ラーメンまで予約しておいて良かった。

なじみ亭

麺は、ドラマにもあったとおりインスタントラーメン。この縮れっぷりからしていかにもインスタントですが、インスタントらしく麺自体に塩味がしっかりついてます。
いろんなものが丁寧に煮込まれた参鶏湯のやさしい味に、このチープな塩味の麺の組み合わせが斬新。インスタント上等。いや、インスタントこそ良し、の味だ。これで普通の麺を使っていたら、妙に味のぼやけたラーメンになっていたに違いない。

なじみ亭

は~、うまかった。
疲れが、吹っ飛んだスムニダ。

おかあさんもおねえさんも、忙しいながらも笑顔を絶やさず、親しみのある対応で心地よかったです。
たいへん満足だったけど、チャプチェと魚餃子にありつけなかったのと、店内のようすが見られなかったのが心残り。これは、混雑が落ち着いた頃にもう一度来るしかないですね。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:韓国料理 | 新橋駅内幸町駅銀座駅

投稿者 B : 01:30 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2014/07/15 (Tue.)

これは担々麺ではない!元祖ニュータンタンメン本舗

きっかけはこのエントリーでした。

元祖ニュータンタンメン本舗 〜 ニンニクがお好きなアナタに: 丁稚のテニス雑記帳

丁稚さんの blog にときどき取り上げられるグルメネタは、まさに「男のガッツリ飯」というものが多く、空腹中枢に毎度直球を投げ込んできます。今回も、担々麺好きとしては見逃せない。調べてみたら、都内にも唯一蒲田に支店があるじゃないですか。というわけで、行ってみました。

元祖ニュータンタンメン本舗

元祖ニュータンタンメン本舗

JR/東急蒲田駅と京急蒲田駅のちょうど中間くらい。羽田空港への行き帰りに何度となく前を通っている場所ですが、今まで完全にノーマークでした。このあたりは、いろんな飲食店がごちゃっと立ち並んでいるエリア。最近の流行りでいうと、「俺のやきとり」「俺の焼肉」はこの斜向かいにあります。

先客を見ると、学生さんからおじさんまで、基本的には「男の店」という感じ。店内に入ると、中には食欲をそそるニンニクの匂いが充満していました。

元祖ニュータンタンメン本舗

メニューには炒飯や餃子をはじめとした中華系の品もありますが、店内を見回す限りニュータンタンメン以外を食べている人は見当たりません。
で、ニュータンタンメンはシンプルに辛さを選ぶだけ。辛さのレベルはひかえめ/普通/中辛/大辛/めちゃ辛とあるけど、辛い物好きの私の経験上、こういう店では普通~中辛くらいが辛さとうまみのバランスがちょうどいいことが多い。めちゃ辛がどれくらい辛いか挑戦してみたい気もしつつ(笑)、まずはお店の味が分からないと、というわけで順当に中辛をオーダー。

元祖ニュータンタンメン本舗

はいドン!出てきましたよこれがニュータンタンメンの中辛。

担々麺というと、通常は胡麻ベースの辛いスープに麺、挽肉、青梗菜といった組み合わせがスタンダードですが、このニュータンタンメンは見るからにそれとは異なる佇まい。真っ赤なスープに溶き卵が浮いていて、私の脳が「これは担々麺ではない」と言っています(ぉ

元祖ニュータンタンメン本舗

この赤いの、もろに唐辛子。もう見ているだけで全身の穴という穴から汗が噴き出してきます。

でも、これはこれで妙にうまそうだぞ...。

元祖ニュータンタンメン本舗

麺はコシのある中太麺。通常の担々麺ならば私は少し固めのストレート細麺が好きなんですが、それとは違う方向性です。

でも、食べてみるとこのスープにはこの麺しかないだろう、という相性の良さ。これは細麺だとスープに負けちゃうわ。見ての通り、麺には唐辛子とニンニクの破片がびっしり絡みついてきます。
スープは確かに辛いけど見た目ほど辛くなく、ニンニクを軸としたうまみがしっかり感じられる辛さで、確かに中辛にして正解。このニンニクのパンチの強さを超えるラーメンは、二郎およびそのインスパイア系くらいしか存在しないんじゃないか、というほどのニンニクスープです。明日ゼッタイにおうんだろうけど、今はそんなことどうでもいいや!と思えてしまう、後ひくニンニク味。具は溶き卵が目立っていましたが、その中に挽肉も隠れていました。

元祖ニュータンタンメン本舗

麺の量がそれほどでもなかったので、スープがずいぶん余ってしまいました。そこで小ライスを追加するわけです。
小ライスといっても普通にごはん一膳分くらいあるので、このライスとともに再びこのニンニクスープと対峙します。食べ方はもちろん、

元祖ニュータンタンメン本舗

ライスをそのままスープに投入!そうすると、あっという間に辛子ニンニク卵粥が出来上がります。これがまた...麺ではこのスープ本来のうまみを受け止め切れていなかったんじゃないか、というくらいにライスがスープをよく吸って、うまーい!麺はむしろこのための前座だったのではないか、とすら思えてきてしまいます。これはいい。ライスをさらにおかわりしたくなるレベル(笑。

ハッキリ言って、これは担々麺とは違う「ニュータンタンメン」というジャンルの料理なのだと思います。例えば、中華料理を知らない人が初めて中国に行って担々麺に感動して、日本に帰ってから手に入る素材だけで何とか同じようなものを作ってみたらこうなった、という感じでしょうか(笑。担々麺とは全くの別物だけど、これはこれで一つのカテゴリとしてアリ。これ、時々むしょうに食べたくなる類のやつや。

私がお店を出た直後にブレスケアを 10 個ほど口に放り込んだのは言うまでもありません(ぉ。翌日人に会う予定があるときには絶対に食べられないけど、それでも食べたくなる魔力を秘めていると思います。

関連ランキング:担々麺 | 京急蒲田駅蒲田駅梅屋敷駅

投稿者 B : 23:59 | Gourmet | Ramen | コメント (0) | トラックバック

2014/07/09 (Wed.)

東京都内某所の深夜のコンビニ・フーズ

「ふう、こりゃあ確実に朝までかかるな」

東京都内某所にて

ドラマ『孤独のグルメ Season4』、いよいよ今夜から放送開始ですね!
放送開始記念にどこか聖地巡礼でも...と思ったのですが、これまで巡礼を重ねてきた結果、訪れていないお店がもうほとんど残っていない(笑

そこで今回は、未踏の 15 話「東京都内某所の深夜のコンビニ・フーズ」の聖地を訪れてみることにしました。
...え?コンビニメシなんて聖地でも何でもないじゃないかって?いやいや、一応これでも聖地に相当する場所はあるんですよ。

うーん、腹もペコちゃんだし、夜食でも食ってひと息つくか。

すき家 三鷹駅南口店

というわけで、やってきたのは三鷹。こどグル関係で三鷹を訪れたのはこれで実に 4 度目です。調べてみたところ、この回に登場したコンビニ「キングス」は、三鷹にあった「サンクス」がモデルになっていたようです。
漫画版『孤独のグルメ』は中央線~西武線沿線が舞台になることがとても多く、おそらく原作の久住さんはかつて吉祥寺~三鷹エリアにお住まいだったんじゃないかと。なんたって、主人公の名前からして「井之頭」ですしね。

ただし、モデルになったサンクスは既になく、現在は建物の外観こそ大きくは変わらないものの、すき家に入れ替わっていました。最近巷を騒がしている「パワーアップ工事中」でなかったのがせめてもの救いでしょうか。ちなみに、三鷹駅からは先日の聖地・三鷹のお茶漬け屋さんに向かう途中にありました。なんだ、こないだ目の前を通っていたのか...。

サンクス 三鷹中央通り店

カップヌードルってんじゃないしな。オニギリだけってのも...。
うん、これちょっといいな。

すき家では目的のコンビニ・フーズが買えないので、食べ物は改めてサンクスで購入。写真は三鷹にある別のサンクスですが、食べ物だし、夏場だし、買ったのは自宅近くの店舗です(笑

東京都内某所の深夜のコンビニ・フーズ

そうだ、コンビーフなんてどうだろう。
やっぱり馬肉入りが俺の知っているコンビーフだ。

そんなわけで、コンビーフです。
コンビーフって、ジャンキーなくせにごく稀に無性に食べたくなるんだよなあ。

こういうちいさなおかずをいくつか買っていって...。
ふふ、ちょっとした夜中の定食コースだぞ。

東京都内某所の深夜のコンビニ・フーズ

こうなったら汁モンも欲しいな。
豚汁もいいけど...ここはナメコ汁で決めよう。

ゴローちゃんが意味不明なダンディさを決めているこのシーン、ようやく再現できました(感涙(←

東京都内某所の深夜のコンビニ・フーズ

うわあ、なんだか凄いことになっちゃったぞ。

買ってきたのは、和風総菜セット、冷奴セット、ごぼうサラダ、コンビーフ(馬肉入り)、魚肉ソーセージ、ナメコ汁、おでん(卵、大根、白滝)缶ビール、焼プリン。時代の違いか店舗の違いか、お店にはゴローちゃんのように細かい総菜よりもお弁当が中心で、全メニュー再現とはいきませんでしたが、できるだけ再現してみたつもり(和風総菜セットにゴローが食べたような野菜の煮物と玉子焼きが入っている)。そして品揃えがつまみっぽくなってしまったので、あきたこまち新米の代わりにスーパードライ(笑。

ちなみに、夏場は近所のサンクスではどこもおでんを売っていなかったので(←探し回ったのかよ)、おでんだけわざわざセブンイレブンで買いました(ぉ

東京都内某所の深夜のコンビニ・フーズ

このおでんの汁があれば味噌汁はいらなかったかもしれないな。失敗した...(もぐもぐ

東京都内某所の深夜のコンビニ・フーズ

あー、コンビーフの味がたまらなく懐かしい(むしゃむしゃ

コンビニ飯なのであえて語るようなものも特にありませんが(笑、無事完食。さすがに、深夜にこれだけの量を食べると胃腸にクルなあ。

俺...いったいなにやってんだろ。

久住 昌之、谷口 ジロー / 孤独のグルメ 【新装版】

459405644X

投稿者 B : 23:58 | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2014/06/20 (Fri.)

看板に偽りあり!?隠れたカレーの名店「川崎餃子樓」

同僚から、「川崎にうまい店がある」という情報を得たので、食べに行ってみました。

川崎餃子樓

川崎餃子樓

その名も「川崎餃子樓」。中華といえばすぐ近くの横浜中華街だし、餃子に絞っても隣駅・蒲田の名物。むしろ川崎といえば焼肉、という町なのに、そこで「川崎餃子樓」とはなかなか大きく出たじゃないか。

立地はビックカメラの入っている川崎ラゾーナの裏手。川崎はヨドバシ側なら商業ビルやアーケード街も多いしよく歩くけど、ビック側はほとんどラゾーナで完結してしまうので、ラゾーナよりも先をまともに歩いたのはこれが初めてだったり。

川崎餃子樓

メニューはこんな感じ。サラリーマン的に嬉しい「とりあえずセット」、「おつまみの部」、「一品料理の部」(部っていうか一種類名)、「締めメニュー」。餃子を筆頭に、いかにもビールに合いそうな肴が並んでいます。そして、どれも安い!上から順番に頼んでいきたい安さと充実度です。

改めて店内を見渡してみると、2~3 人で連れ立ったサラリーマン風のおじさんばっかり。確かに、特に何のきっかけがなくても同僚を誘って軽く一杯引っかけて帰るには、ちょうど良さそうな店ではあります。

川崎餃子樓

ごはんものはこの通り。そう、ここは「餃子とカレーのお店」なんです。「餃子樓」なんていうから、いかにも本格的な餃子を中心とした中華料理店かと思ったら、なんという俺得店!(ぉ
カレーも辛さ別にいろいろ揃っているのか。川崎カレー、ブレンドカレー、スパイシーカレー...まではいい。「ざけんなよ!カレー」って何だ(笑

まあ、ここはやっぱり、餃子とカレーとビールでしょ。

川崎餃子樓

というわけで、「とりあえずセット」の生ビール。ふー、今日も暑い中お疲れさまでした>自分

セットの餃子が出てくるまでちょっと時間がかかるようで、この間にすぐできそうなゴマ塩きゅうりか枝豆でももらえば良かったかな...。

川崎餃子樓

少し待って、餃子が出てきました。セットの餃子は焼き・水・温から選べますが、ここはやっぱり焼き餃子でしょ。複数人で来たらいろいろ頼んで分ける、というのも良さそうです。

焼き餃子は 6 個。小ぶりですが、皮がパリッと焼けていて、見るからに美味しそう。

川崎餃子樓

見た目どおり、カラッパリッと焼かれた皮の中に、肉汁とうまみがギュッと凝縮された感じの餡が収められていました。とてもオーソドックスだけど、それだけに期待を裏切らないうまさ。これはビールに合いすぎる。

川崎餃子樓

続いて、カレー。数種類あったカレーメニューの中から、辛口の「スパイシーカレー」を選んでみました。
ライスにルウがかからずに出てくるあたり、こだわりなんですかね。調べてみたところ、カレーの種類によって提供の仕方が違うようですが。

川崎餃子樓

スパイシーカレーはかなりとろみが強いタイプで、主な具は繊維状にほぐれるまで煮込まれた鶏肉でしょうか。これは見るからに手が込んでいるカレー。そして、間違いなく私好みのタイプだ。

川崎餃子樓

食べてみると...んん?これ、辛口っていってたよね。と言いたくなるくらい、マイルドな口当たり。おそらくフルーツをふんだんに使っているんでしょう、その甘みが口の中に広がります。
その後、いろんな肉や野菜の旨味が舌にじわあっと深みを感じさせ、最後にスパイスの辛さが追いかけてくる感じ。私の尺度ではこれは「中辛」の部類ですが、ストレートな辛さは強くないものの、後から汗がどんどん出てきて、かなりの香辛料が使われているのがフルーツのマイルドさで中和されていただけだったんだな、ということを思い知りました。

川崎餃子樓

ああ、うまかった。ここのカレーは確実に私のツボを突いてきました。ハッキリ言って、このカレーは好きな味。
餃子も美味しかったし、これは川崎方面に来る機会があったら必ず候補に挙げる店になる予感。他のカレーも食べてみたいし、水餃子も気になる。あと、他のお客さんが頼んでいた角煮も妙にうまそうだったんだよなあ...。

さて、次回は何を食べようか。

関連ランキング:餃子 | 川崎駅尻手駅京急川崎駅

投稿者 B : 22:55 | Curry | Gourmet | コメント (0) | トラックバック