b's mono-log

2014/03/03 (Mon.)

静岡県賀茂郡河津町の生ワサビ付わさび丼

「ひさしぶりに、目のレンズ、超ワイド。焦点距離、無限大。なんだか楽しい」

スーパービュー踊り子

ドラマ『孤独のグルメ Season3』聖地巡礼、今回は旅情回。第 3 話の舞台となった、静岡県賀茂郡河津町を訪れてみました。ドラマで放送されたときから来る機会をずっと狙っていたのですが、河津といえば、河津桜。2~3 月の河津桜の見ごろに合わせて旅程を組みました。

熱海までは来たことがあったけど、伊豆は初めてなので、交通手段はけっこう悩みました。成田エクスプレスの車両をそのまま使った「マリンエクスプレス踊り子」という列車があるらしいので、N'EX で行って「アルファ・リゾート 21」で帰ってきたらカメラネタ的に面白いかなとも考えましたが(笑)、ちょうどいい時間帯の列車がなかったので、行きも帰りもスーパービュー踊り子を利用。井之頭五郎が乗っていた海岸向きのシートがある列車は「リゾート 21」シリーズのようですね。これ、夏場とかに来る機会があれば一度乗ってみたい。

河津

そんなわけで、河津の駅に到着。そしたら、いきなり駅のホームにわさび丼ののぼりが!しかも、「テレビ東京『孤独のグルメ』で紹介された地元グルメ」とか書いてあるし(笑。ゴロー、今やもうこんなに影響力あるのか...。

河津

駅前のカフェでも「孤独のグルメ わさび丼」。ちょ、これはもろに便乗じゃないの(;´Д`)ヾ。

まあ、この店は登場店ではないけど、この界隈はもうそのへんの食堂や喫茶店に当然のようにわさび丼が置かれていたので、昔から地元の名物料理だったんでしょう。

河津

お店には、駅前からバスで。このバスも、案内所で事前にチケットを買うという、今時珍しいシステム。河津七滝(ななだる)方面へは、往復で 1,040 円。

河津

修善寺行きの路線バスに乗って向かいます。

七滝の先には、天城峠を経て修善寺に行くのか...あなたと~ぉ、越えた~いぃ~(ry

わさび園 かどや

河津七滝のバス停を降りてすぐのところに、目的の「わさび園 かどや」を発見しました。
天城名物、わさび。うん、伊豆に来たからには、わさびものも一発入れておきたい。

わさび園 かどや

わさび園 かどや

って、ええ~っ。

まさか、放送後半年以上経ってこの行列、とは予想外でした。
でも、せっかく遠出して来るなら河津桜も楽しみたい、と考えることはみんな一緒か...。
この行列だけでなく、店内にも十数名のお客さんが並んでいます。

と、10 分くらい並んだところで、

「寒いでしょ。中で並んでくださいよ」

と、劇中では渡辺哲さんが演じていたこの店のご主人の温かいお言葉。

わさび園 かどや

お言葉に甘えて、中で待たせていただきます。
行列が、雨のぱらつく店外から、暖かい店内に移動。

いいかんじ...この店、当たりなんじゃないか?

わさび園 かどや

店先で売られている、生ワサビ。サイズの違いが値段の違い。
1 本 1,500 円って、いい値段するなあ。でも、この後にわさび丼を食べた後だと、わさび丼 1 杯分には 350 円の生ワサビでも量的に十分、ということが理解できます。

わさび園 かどや

店内は、大盛況。踊り子号の中ではけっこう年配のお客さんが多かったので、こんなに聖地巡礼のお客さんが多いとは思いませんでした。でも『孤独のグルメ』の話をしている人が多く、わさび丼をおかわりしている人も多かったので(笑)みんなファンなんだろうなあ。

わさび園 かどや

お店の奥には、久住さん(2 枚)、松重さん、渡辺哲さんのサイン色紙が。おお、「ふらっと QUSUMI」のロケ日も雨だったのか。

わさび園 かどや

さておき、何を食べよう。まあ、自らわさびをダブらせた丼、「生ワサビ付わさび丼」はもう決まっているんだけどな。
なにげにわさび丼の値段が 400 円から 500 円に値上がりしているのは、あまりに頼む人が増えすぎて苦しくなったのでしょうか...。

わさび園 かどや

こういうひととき、なかったなあ、しばらく。
いかにもなお食事処。こういう「いかにも」、好き。

わさび園 かどや

さあて、やってきましたよ、生ワサビ。それと、鮫肌のおろし器。

スマホいじってないで、丼が来るまでに、わさびを摺って事前の段取り。

わさび園 かどや

(モデル:井之頭コジ郎

茎を折ったら、折った方から摺っていきます。

まあるく、まあるく。
どこまで摺ればいいんだろう...。

わさび園 かどや

おお、なんだかすごいことになっちゃったぞ。

頼んだのは、生ワサビ付わさび丼とわさびそばのセット。生ワサビとわさび丼に、さらにそばでもわさびをかぶせる(笑。
それに、あゆの塩焼き。やっぱり、炭水化物だけじゃなくて、タンパク質も欲しいじゃないですか。この店、タンパク質はあゆの塩焼きかイノシシ鍋しか置いていないようで(汗。

わさび園 かどや

かつおぶしの上にわさびをちょこんと載せたら、醤油を 2~3 周まわして、あとはガーッとかき混ぜて、いただきます。

おおお、これ、いい!うまい。
ごはんと、かつおぶしと、わさびだけなのに。

わさびとかつおぶしと醤油が、ごはんの甘みを引き立てて、日本人が本質的に求めている味をダイレクトに味わわせてくれる。
これですよ。シンプル・伊豆・ベスト。

わさび園 かどや

わさびそばにも、わさびを載せて。
このわさびそば、普通のそばと比べると、わさびの刺激が爽やかで、普通のそばにわさび入りのそばつゆで食べるのともまたちょっと違った味わい。確かに、これもうまい。

わさび園 かどや

あゆの塩焼きは、しっかり塩に、しっかり焼き。わさびの葉に載せて出してくるあたりに、こだわりを感じます。

この苦味がいい。わさびづくしの中で、すっごく落ち着ける存在だ。

わさび園 かどや

飲み物は、自家製わさび焼酎。「ふらっと QUSUMI」で久住さんが飲んでいた、この店のご主人手作りの焼酎です。裏メニューとなっていたけど、普通にメニューに書いてありました(笑。
わさびのつーんとくるいい香りが、焼酎の味を引き立てます。これはつまみなしでも飲めそうな感じ。ただ、一口めはいいけど、このわさびづくしの中にあっては、二口め以降はわさびの香りが相殺されて、けっこう普通の焼酎に感じます(笑。これ、わさびづくしで飲むんじゃなくて、刺身とか焼き魚とかと飲んだらいいんじゃないかなあ。

わさび園 かどや

こちらは、わさび丼盛り上げ要員。
左上から時計回りに、わさび味噌、わさびのり、わさび漬、わさびのくきの三杯酢漬。

みんな、すこーしわさび入れてる。なるほど、なるほど。
うんうん、白い飯好きにはたまらんぞぉ。でも、これ単品で酒のつまみにしてもいいくらいだ。

わさび園 かどや

いやー、おいしかった。

すいませーん、わさび丼もう一杯ください(ぉ

わさび園 かどや

と、いうわけで、また摺ってる、俺。
さっきのよりも小さい生ワサビ。どうやら、さっきのはわさび丼とそば用にちょっと大きめだったらしい。

摺っていたら、店員のおばちゃんがさっきの生ワサビの残りを指さして「これ、まだ摺れるから、もったいないから最後まで摺ってくださいね!」とのこと。けっこうがんばったつもりだったけど、まだまだ甘かったか。さっきの残りも摺って、おかわりのわさび丼に投入。

わさび園 かどや

よしよし、よしよし。

丼がさっきのと形も大きさも違う。ごはんの量もさっきより多い。ああ、そばセットの丼はちょっと少なめ、こっちがゴローが食べたわさび丼だったか。でも、どちらにしても、これはゴローじゃなくてもおかわりできてしまう量だよ。

またしても、わさびを入れて、醤油をかけて、ガガッとかき混ぜる。そして、好きな薬味をちょっと載せる。

わさび園 かどや

やっぱりうまいなぁ~っ。醤油がいい働きをしている。
俺は、最終的には、こういうシンプル極まりないごはんが、いちばん好きな気がする。

わさび園 かどや

ああ、おいしかった。
遠出してきた甲斐がありました。

ごちそうさまでした。

孤独のグルメ Season3 Blu-ray BOX

B00ESXXM28

関連ランキング:和食(その他) | 河津町その他

投稿者 B : 00:44 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2014/03/02 (Sun.)

下北沢路地裏のピザ

「下北ってのは道が蜘蛛の巣みたいで、すぐわからなくなる」

下北沢

まだ道路脇に大雪の跡が残る 2 月某日。コミック『孤独のグルメ』単行本未収録の第 23 話「下北沢路地裏のピザ」編の聖地巡礼に、下北沢までやってきました。下北沢なんて普段用事がないので、2 年前に聖地巡礼でお好み焼きを食べに来て以来じゃないでしょうか。

目指すお店は、下北沢のごちゃっとした商店街から一本脇に入った路地裏にある、このお店。

ロクサン

ロクサン

なんだか古そうな店だけど...こんなコバラベリーには案外、ちょうどいいかもしれぬ。
今時のワカモノの店とは全然違う、案外いいんじゃないか逆に。

休日のちょうどお昼に来たにも関わらず、お店は貸し切り状態でした。食べてる間に他のお客さんも入ってきたけど。

ロクサン

すごく歴史を感じさせるメニュー。

プレーンなピザに自分で具を選んでのせる方式です。
トッピングの種類は、最近の宅配ピザに比べるとオーソドックスだけど、なかなか多彩。「ピザにミートボールは出っぱりすぎじゃないか?」「シーフードもいいな、アサリか。そこにナスをぶつける」何を食べるか、想像するだけでオモシロイ。

ピザのサイズは、原作によると L が直径 28cm、M が 23cm。宅配ピザだと L は一人で食べるには多すぎるけど、こういうところのはちょうどいいくらいでしょう。

ロクサン

ランチのサラダ。シンプルな野菜サラダですが、白ワインビネガーとオリーブオイルかな?酸味の強いドレッシング加えられたセロリの風味が、懐かしさを醸し出します。

そして、ピザのご登場。

ロクサン

ほう、これは外連味のないピザだ。ゴローちゃんはサラミ、トマト、ピーマン、アンチョビというトッピングを選んだけど、私はもう少しシンプルにまとめたかったので、ピーマン抜きで。

味付けはトマトソースと胡椒のみ、というシンプルさ。これこれ、これですよ。
変に衒わずに、チーズとトッピングそのものの味のハーモニーを楽しむ。これがこの店の流儀だろう。

ロクサン

最近じゃイタリアンのお店でピザ用の窯を持っているところも多く、もっと本場っぽいピザをいただけるお店がずいぶん増えましたが、逆にこういう昔懐かしいピザを出すお店がすっかりなくなっちゃいました。この店は、クラストの種類こそ違えど大井町の「オリガノ」にならぶ「日本のピザ屋」という形容が相応しい。

うん、アンチョビの塩味も効いているじゃないか。うまい、古くさい味じゃない、若々しいピザだ。

ロクサン

ここのクラストは、縁の部分がふっくら、表面だけカリッと焼いたパンピザ系。でも中央部は薄くて、チーズの重みを支えるのにさえ頼りない感じ。原作で店員さんが「トマトとしめじじゃ水っぽくなっちゃう」とアドバイスしていたのも、これなら頷けます。

ロクサン

テーブルにはかなり大きなサイズのタバスコが。辛味好きとしては、半分ほど食べたら残りはこのタバスコをビシビシかけていただきます。

独りピザ、ってちょっと寂しい気もするけど、お洒落なイタリア料理店じゃなくてこういう昔ながらの喫茶店風なお店なら、アリだな。

ロクサン

食後にはコーヒーで一息。

ううっぷ、ピザ M 追加しなくて正解。L、腹の中で膨れてきた。これでちょうどいい。
ふう、ごちそうさまでした。

久住 昌之、谷口 ジロー / 孤独のグルメ 【新装版】

459405644X

関連ランキング:ピザ | 下北沢駅世田谷代田駅池ノ上駅

投稿者 B : 00:00 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2014/02/27 (Thu.)

文京区江戸川橋の魚屋さんの銀だら西京焼き

「ここ、魚屋さんがやってる店なんじゃないか?それなら間違いない。よし、決めた」

魚谷

ドラマ『孤独のグルメ Season3』聖地巡礼、次なる目的地は江戸川橋。第 4 話に登場した魚屋さん隣接の居酒屋、魚谷さんにやってきました。

ここに来るのは他の聖地以上に楽しみにしていました。だって自らの店の魚を知り尽くした魚屋さんがやっている居酒屋なら、魚がうまくないわけがない。期待をするなというほうが無理ってものです。

魚谷

魚谷

入口には、松重さんと久住さんのサイン色紙が我々を出迎えてくれています。

久住さんの「エンガワおいしすぎ!」というコメントが目立ちます。エンガワはこないだ横浜中央市場でもいただいたところだけれど、私は一度気に入ると、しばらくそればっかり食べてしまう癖があるので(笑)ここのエンガワも期待大。

魚谷

予約していったので、通されたのはゴローちゃんが座ったカウンター席ではなく、奥の座敷席。大井町では座敷よりもカウンターのほうが圧倒的に楽しかったけど(笑)、ここの座敷は程よく落ち着く感じ。

魚谷

魚屋さんらしいデザインのお品書きが壁に貼り出されています。

きんめに、ほうぼうに、生だこ。いいなあ。焼きものも揃ってるし、さすが魚屋さんだ。
よし、まずは正攻法で様子を見よう。

魚谷

ともかく、生ビールとお通しから。今日も一日、お疲れさまでした。

そして、

魚谷

刺身(左:きんめ鯛、右:ほうぼう)、

魚谷

ポテサラ、

魚谷

それにおつまみセット。

このおつまみセット、950 円でこの種類の多さとボリュームですよ。
近所にあったら、毎日このおつまみセットに生ビール二杯くらい引っかけてから帰りたい感じ。

うん、いい風景だ。いただきます。

魚谷

肴のクオリティの高さに、生ビールがあっという間に涸れてしまったので、さっそくハイボールに移行します。

そして、ここで本命・銀だら西京焼きのご入場。

魚谷

おお~、見た目を裏切らないぷりぷり。漬けても焼いてもなお新鮮。

想像以上の肉厚、そして想像通りのうまさ。これは、白い飯が欲しくなるなぁ~!
西京焼き、最強。

魚谷

なんだか勢いがついてきたぞ。このままどんどん行っちゃおう。

というわけで、続くは下足とねぎのかきあげ。

魚谷

そりゃあ、たまらず日本酒に移行するわけです。
「ふらっと QUSUMI」で久住さんも飲んでいた、久保田の千寿を冷酒でいただきます。

魚谷

それから、あじのなめろう。さんまいわしときて、最近なめろうづいている俺としては、外せない。

完璧、完璧。
魚が新鮮、もうそれだけでいい。

魚谷

そして、期待のえんがわポン酢。
ついさっきまで、ヒラヒラしてたえんがわだ。
筋肉がまだ生きているかのようだ。

コリッとした食感と、とろける脂のハーモニー。その脂の甘味を、ポン酢の酸味が引き締める。
これは期待を裏切らないうまさ。これは、たまらん。

魚谷

さらにこの店のもうひとつの目玉商品、ばくだん納豆。
うに・いくら・まぐろをはじめとする多様な魚介に、生卵と納豆。それぞれ単品で食べてもじゅうぶんうまそうな具材だけど、これを全部かき混ぜて食べるという贅沢!

魚谷

醤油をちょっと垂らしたら、あとは一気に混ぜる、混ぜる。
心の中で「うまくなれ、うまくなれ」と念じることも忘れずに(笑

じゅうぶん混ざったら、海苔で巻いて、いただきます。

魚谷

こ、これはやばい。うまさが波状攻撃を仕掛けてくる。
肉じゃないけど「うおォン!」と唸りたくなる。

魚が美味いって、それだけで、幸福に満たされていく。
うん...つくづく俺は、島国の農耕民族だよ。

魚谷

白いごはんも欲しくなるけど、日本酒も進む進む。
そんなわけで、お酒のおかわりは朝日山。

ここまでいろいろ飲み食いし、深い話もしたら、おそらくカウンターの井之頭五郎には温かい目で見守られているに違いない。

酒飲みよ、おおいに愚痴るも、またよし。
ここで全部吐き出して帰ればいい。
何事もなかったように、家でニコニコできるように。

魚谷

杯を空けてふと視線を上げると、そこには入口とは別バージョンの久住さん色紙が!(笑

久住さんの、魚を「ほじる」という言い方、素朴な日本人らしくていいなあ。

魚谷

五郎's セレクションのラスト、きんきの煮付けがなかったので、きんめ鯛の煮付け。

この深い味わいと弾力。
魂をつかんでくるようだ。

子どもの頃、煮魚ってパンチがなくて嫌いだったけど、この旨さが解る歳になったんだなあ。

魚谷

さらには川えびのからあげをアテに、

魚谷

川つながりで緑川の冷酒に切り替えて、とことんまで飲むわけです。
ここまでじっくり飲んだのも、久しぶりな気が。魚にも酒にも、大いに満足。

俺には愚痴も弱音も、吹っ飛ばしてくれる美味いメシがある。
この店に出会えてよかった。

ごちそうさまでした。

孤独のグルメ Season3 Blu-ray BOX

B00ESXXM28

関連ランキング:居酒屋 | 江戸川橋駅神楽坂駅牛込神楽坂駅

投稿者 B : 00:44 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (1) | トラックバック

2014/02/21 (Fri.)

「出張 the Gintonic in はる美」に、栄光あれ

↑タイトルはガルマ・ザビの音声で再生してください(ぉ

横浜・都橋に日・月曜限定で出店するバー「出張 the Gintonic in はる美」が、この 2 月いっぱいで営業をいったん終了するという話を聞きつけ、閉店前に今一度、と思って足を運びました。

出張 the Gintonic in はる美

都橋商店街

相変わらずこの界隈だけ、昭和時代から 40 年は時が止まっているかのような空気感。君は刻の涙を見る...。

一見さんだと気後れして日和っちゃいそうな、古めかしい商業施設の階段を上がり、2 階の裏側の入口へ。私がお店に入ったときには、まだ時間が早かったこともあって貸し切り状態でした。

出張 the Gintonic in はる美

やっぱりこの独特の空気感の店内。落ち着かないようで、妙に落ち着いてしまう空間。飾ってあるようでどこかずれた、古い友人の部屋に遊びに来たような感覚。誉めてるのかけなしてるのか自分でもよくわからないですが(ぉ

テーブルチャージ 500 円、飲み物も基本的に 1 杯 500 円の明朗会計。さて、何を飲もうかな。

出張 the Gintonic in はる美

変わり種ジントニックも気になるけど、まずは、ハイボールで乾杯。今日も一日、お疲れさまでした。

最近、自宅で飲むお酒はハイボールが主流だけれど、人に作ってもらうハイボールは格別です(笑。

出張 the Gintonic in はる美

2 杯目は、ストロベリージントニック。苺の果肉をそのまま潰して、そこにジントニックを注いだ感じ。

甘酸っぱい苺の風味が、爽やかなジントニックにとても合う。見た目からしてちょっと女子っぽいのが気になるけど(笑。

出張 the Gintonic in はる美

そうこうするうちに、席が埋まってきました。お客さんは、ほとんどが基本的にマスターの顔馴染み。同じ人を軸に集まった顔ぶれだからか、年齢も比較的近い人が多いからかわかりませんが、初対面にも関わらず毎度妙に打ち解けてしまうのが不思議です。

出張 the Gintonic in はる美

最後の飲み物は、金柑ジントニック。これも、生の金柑を搾ったジントニック。これはあれですか、以前は梅とか昆布とか生姜とかのジントニックだったけど、結局無難な果物との組み合わせに収斂していったということですか(笑
でも、これも間違いなく正解の組み合わせ。金柑のどこか懐かしい味が、この店の空気によく馴染む。そういえば、金柑の味って最近はのど飴くらいでしか触れる機会がないなあ...。

マスターはこの後、横浜駅近くに新店をオープンする予定だとか。ここまで足かけ 5 年、移転するたびに訪店してきた身としては、開店したらまた顔を出したいと思います。
ちなみに「出張 the Gintonic in はる美」は、今度の日・月曜の 2 日間が最後の営業とのこと。なくなる前に、このディープな世界を堪能してみてはいかがでしょうか。

投稿者 B : 01:00 | Drink | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2014/02/20 (Thu.)

横浜日ノ出町 第一亭 再訪

「なんだか急に疲れた...おまけに、腹が、減った。俺は今、何を入れたい?」

CP+ で桜木町に来たら、夜はやっぱりここですよね、という具合で聖地巡礼にいそいそと。

第一亭

第一亭

ドラマ『孤独のグルメ Season3』の第 2 話に登場した、第一亭。放送直後に来て以来、約半年ぶりの再訪です。当時は混みすぎてすごいことになっていましたが、さすがにもう落ち着いたようで。

お店に入ったら、座敷でマスターがお客さん相手にギター抱えてフォークソング(?)を唄っていました。ちょっと面食らったけど、なかなかの美声。
いいリズムだ...店がスウィングしている。

第一亭

まずは、お疲れさまのビールから。前回は瓶ビールだったけど、今回は生ビールで。ジョッキのサイズの違いは遠近法ではなく(笑)、私のは大ジョッキ。

さあ、何を食おう...からの、流れるような注文。
頼んだら、ジャッと炒めてすぐに出てくるのが、この店のいいところ。

第一亭

まずはチート(豚胃)のしょうが炒めから。やっぱ、これでしょ。

ほわほわした食感の豚胃に、まとまりを与える生姜の引き締まった辛さがいい。
うまみ凝縮、食欲がビンビンにかき立てられる。

第一亭

それから、前回頼めなかった豚舌をいただきます。

牛舌とはまた違った食感と味わいで、これもいい。
シンプルにボイルした豚舌に、ネギと辛味噌のコントラストがたまらない。

第一亭

そして中華料理の定番中の定番、エビチリ。
前回は、豚肉祭りのようなメニューにあってその存在を見落としていたけど、これがまたぷりっぷりのエビでうまい。チリソースにもニンニクがたっぷり使われていて、ソースまで残さず食べてしまうくらいにうまい。

第一亭

そんなハイレベルのエビチリに出会ってしまったら、紹興酒に行かざるを得ないってもんです。

この小瓶がまた、駄菓子屋でジュースでも買ったような感覚で、いくら飲んでも罪悪感が全然ないのがいい(ぉ

さあて、紹興酒のアテは何にしようか...?

第一亭

と思ったら、「ふらっと QUSUMI」で久住さんが食べていたしじみの正油漬け、しばらくお休みとのこと。うーん、残念。
しかもその理由が「海流の変化等諸般の事情」というのが、スケールが大きくていい(笑

第一亭

そういえば、前回来たときに食べたチートのうま煮、あれもおいしかったよなあ。
というわけで、うま煮つながりで豚足のうま煮を注文。

おお、この豚足、骨まで柔らかい。
ぷりぷりした肉に、うまみが詰まったタレが絡んで、それを青梗菜がサポート。完璧な、うまさの勝利の方程式だ。
これは紹興酒が進むなあ。

第一亭

ここで、4 番バッターの登場。ホルモン炒めですよ。
こないだの板橋巡礼以来、すっかりホルモンにハマってしまっています。ここのホルモンは板橋のホルモンとは全然違うけど、この辛味噌で炒められたプリプリのホルモン、これもまたたまらない。

こうなったらライスを頼まずにはいられない。
豚と白い飯、直球勝負だ。

第一亭

ホルモンを噛む。飯をかき込む。そして紹興酒を一口。
ホルモンを噛む。飯をかき込む。そして紹興酒を一口。

...ああ、こんな幸福が他にあるだろうか。
飯とホルモンと俺。この三角ベースを回りつづk(ry

第一亭

ここらでセットアッパーの登板といきましょうか。
というわけで、ゴローが心惹かれていた、炒米粉(焼きビーフン)。
〆への地ならし、必勝の継投が見事に決まった。

第一亭

当然、〆は裏メニューのパタンで。ここのパタンはもはや「公然の秘密」らしく、むしろ頼まない方が失礼というもの。
前回はどうも麺がなくなってしまったらしく、代用の細い縮れ麺で出てきましたが、今回はちゃあんと太麺。これでこそパタン。これぞ野毛のペペロンチーノ。

第一亭

ニンニクたっぷりなはずなのに、それほど強烈なニンニク臭を感じないのは、やっぱりこれまでの料理で自分自身がニンニクの茹で蛙状態だからでしょうか。この店の常連の某氏曰く「あの店何でもニンニク入れりゃいいと思ってるから」とのことなので(笑)、やっぱり自分の感覚が麻痺してしまっているに違いありません。でもこうなればあとはパタンのうまさを堪能するのみ。本来の太麺のパタン、やっぱりこの噛みごたえのある麺でシンプルなニンニク味を堪能するのがいいんだろうなあ、と想像していましたが、やはりそのとおりでした。太麺とニンニク、合う。

第一亭

ああ、うまかった。今回もごちそうさまでした。
パシフィコ横浜からはけっこう遠いけど、来年も CP+ 後にはこの店に来ようかな。

孤独のグルメ Season3 Blu-ray BOX

B00ESXXM28

関連ランキング:台湾料理 | 日ノ出町駅桜木町駅伊勢佐木長者町駅

投稿者 B : 00:44 | Gourmet | KODOGURU | コメント (1) | トラックバック

2014/02/18 (Tue.)

横浜中央卸売市場「もみじや」のおまかせ定食

CP+ に行くと、最近はお昼に横浜中央卸売市場の食堂で市場メシを食べるのが恒例になりつつあります。 というわけで、今年も某市場メシマスターにおすすめを聞いてみたところ...。

がっつりミックスフライ!いいねそれ。
というわけで、市場までいそいそと。

秋葉屋市場食堂

雪の降りきしる中、市場まで歩くのはなかなか大変でした。
お昼前だから、という以上に、この雪のせいか市場は閑散としていて、なんだか寂しい。

秋葉屋市場食堂

って閉まってるんですけど!!!(つДT)。

まあ...確かにその可能性は考えたけど、見事に当たっちゃいました。

仕方がないので、場内で営業しているお店に切り替えることにします。そういえば、市場メシマスターが以前行っていた店が気になっていたんだよなあ...。

もみじや

もみじや

この店、いつも行列ができるほどの人気店らしいですが、この日は雪のせいか、お昼前に私が着いた時点では席には余裕あり。お店のおばちゃんと常連さんとおぼしき人が「今日は雪でみんな出足が悪いねえ」みたいなやりとりをしていたので、逆に私は運が良かったと言えるでしょう。ただ、私が入った後にもお客さんがどんどん入ってきて、あれよという間に満席になってしまったので、人気店の力ってすごいものです。

いろいろあって迷うメニューの中から「おまかせ定食」をオーダー。私以外もほとんどの人がおまかせ定食だったので、この店の定番中の定番なのでしょう。

もみじや

ドン!と出てきたおまかせ定食。大皿に大雑把に盛りつけられた様々な刺身と、正体がよく判らないあら煮っぽい煮物と、見た目からして濃い味噌汁、それから漬け物に大盛りごはん。いかにも海の男の食事、という感じ。こういうのでいいんですよ。見た目はまあ気にしない方向で(^^;;

もみじや

刺身のほうは、マグロ、中トロ、カンパチ、アジ、〆サバ、甘エビ、タコ、ホタテ...など多種多様な魚介類が 1~2 切れずつ盛られています。1 種類の刺身をたくさん、よりもこうやっていろんな種類をちょっとずつ食べられるほうが満足度が高くて好き。市場だけあって、どれも新鮮です。「おまかせ」なので、おそらくその日の仕入れによって刺身の品揃えは変わるのでしょう。

もみじや

それからこのエンガワ。寿司ではたまに食べますが、刺身で、しかもこれだけ長いのを独り占めしたのは初めて。とろける脂の甘みと、その後に続くコリコリした食感のコンビネーションがたまらない。これだけ満足度の高いエンガワは食べたことがないかもしれません。うまーい。

もみじや

そしてウニ。うまいウニって、海の旨みが凝縮されて感じでうまいですよね。俺は今、海そのものを食べている。
1,000 円の定食でこれだけ食べられる、というのは非常にコストパフォーマンスが高い。毎日行列ができるのも頷けます。

「刺身で腹一杯にする」というのは、港町でも一般家庭ではそうそうない贅沢。それが味わえるのは、やっぱり市場の食堂ならではでしょうね。

ごちそうさまでした。
秋葉屋のほうは、来年の CP+ でリベンジしたいと思います。

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 神奈川駅新高島駅反町駅

投稿者 B : 00:00 | Gourmet | Lunch | コメント (3) | トラックバック

2014/02/01 (Sat.)

板橋区板橋の焼肉ホルモン

「ちゃあんと、腹が、減ってきた。よし、何か腹に入れて帰ろう」

山源

ドラマ『孤独のグルメ Season3』聖地巡礼も、残すところあと半分となりました。ここからは遠征中心でなかなか大変なコースですが、今回は「肉の日(29 日)に焼肉を食おう」というテーマで(ぉ)第 6 話に登場した、近くて遠い板橋のホルモン焼「山源」にやってきました。きなこパンを食べに来てからはや 5 ヶ月ですよ。時の経つのは早い。

山源

山源

お店は一応予約しておきました。席は、ゴロー席の左隣、二人連れのギャルが座っていた場所。

暖簾をくぐっていきなり目に入ってきたのは店内の様子ではなく、とにかく白い煙。
煙、すごすぎ。燻製になりそうだ。ドラマの中だけの演出かと思っていたけど、ガチですよこの煙。

ちなみに、写真の奥の方に写っているのが、ドラマのセリフの中にだけ出てきた「18 になる孫娘」さんだと思われます。素朴でかわいらしい感じの方でした。

山源

店内に貼られている松重さん・久住さんのサインも、煙たすぎてなんだかよく分からない(笑

さすがに劇中のゴローちゃんのように、途中で場外にエスケープするほどではありませんでしたが、席に座っている間はともかく、トイレに行こうと席を立ったら上の方に溜まっている煙が確かに目にしみて、思わず涙が(;´Д`)ヾ。

山源

この煙と匂いから上着や荷物を守るために、各テーブルにはゴミ袋が用意されています。これがなかったら、帰りの電車の中とか顰蹙ものだろうなあ...。まあ、帰ったらさらにファブリーズ必須ですが。

山源

「これって...何だろう?」

網が炎上したときに消火するための水と、お通しの枝豆の殻入れ。ですが、たぶんドラマを観ていなかったら、この殻入れに水を注いで飲んでしまっていたに違いありません(笑。
あと山葵と柚子こしょうは塩味の肉につけていただきます。

山源

というわけで、まずは、麦スカッシュ(笑。お通しの枝豆に、追加で頼んだ和風キムチで、肉が出てくるのを待ちます。
キムチは焼肉店の試金石。悪い店ではなさそうだ。

山源

よしよし、炭と網がおいでなすったぞ。

うん、火がいい。まさに焼肉に飛び込む感じだ。
さあ、かかってこい。

山源

肉はまず、今日の主役のホルモンに、脇役でコメカミ(カシラ)とハツ。
運んできてくれたおかみさんに「焼き方、わかりますか?」と聞かれたので、内心(聖地巡礼で来てるんだから当然ですよ。皮 8 割、脂 2 割だよね)と思いながら元気よく「はい!」と答えたところ、

「ああ、前にいらしたことありますもんね」
「えっ」
「えっ」

とか(;´Д`)ヾ。川崎の一人焼肉といい、私はそんなに焼肉屋の常連顔してますかね(汗

山源

気を取り直して(ぉ)ホルモンを焼いていきます。
皮 8 割、脂 2 割。皮の方を下にして、じっくり、じっくり。もう待ちきれない気分ですが、ここはじっとガマン。ここを待てるかどうかで、今日一日の勝負が決まると言っても過言ではない。

山源

こんなもんか...まだか?という自問自答を繰り返した挙げ句、絶妙なタイミングで、上下反転。

ホルモン焼だ、ホルモン焼だ...!

山源

この脂を焼いているところで、どんどん出てくるのが煙。F1 マシンのエンジンブローのように、遠慮なく白煙が上がります。
そして、テーブルの真上にある吸気口が、仕事をしていない(ぉ。吸気 2 割、華麗にスルー 8 割といった塩梅で(笑、店内に白煙が溜まっていきます。ここのホルモンの強烈な脂に、これだけじゃ追っつかないんじゃないの。
といったところで、さあ、そろそろホルモン焼の完成かな。

山源

どれどれ...おぉ~。ぷるぷる震えている。
うわっ、ホルモンだ。この脂。うん、噛むほどにすごいぞ、脂。

ホルモンに歯を立てるごとに、口の中にどわあああっ、と溢れる脂、うまみ。こ・れ・は、たまらん。

山源

続いて、ハラミとラム。ハラミは私の焼肉の定番だし、羊肉好きとしてはラムがあると頼まざるを得ません。

山源

塩系の肉も良いけど、タレ系もいい。焼肉屋に来たぞ、という実感が湧いてきます。

やっぱ、肉って、身体の中が燃える、パワー出る。これだよ、たまには肉、焼かなきゃ。

山源

そろそろ、ビールで腹が膨れてしまうのがもったいなく思えたので、飲み物はハイボールに移行。

山源

肉も追加でどんどん行きます。ナンコツ、ハツ、トントロ。いずれも塩で。

山源

それから「ふらっと QUSUMI」で久住さんが食べていた珍味「ホーデン」。正体のよく分からない部位ですが、レバーのような柔らかさと、マニアックな味が特長(笑。

山源

どんどん焼こう。もっともっと焼こう。
トントロの安定感あるうまさに、ハツのコリッとした食感。さらに輪を掛けてコリコリしたナンコツのインパクト。うん、この布陣で正解。

山源

ここで真打ちに登場願おうか。焼肉といったら白い飯だろうが。
終盤に肉と飯でスパートをかける、この勝利の方程式のためにここまでペースを配分してきたようなもの。遠慮なく行きますよ。

山源

そして、白い飯に合わせるのはやっぱりホルモン。今度はタレで、仕切り直しのタレラウンド。

山源

ホルモンの焼き方も掴んだし、一気焼きだな。お、網がまた沸いたぞ。
...って炎上してますが(笑。冷や水を浴びせるまでもなく自然鎮火しましたが、煙はすごいことになってしまいました。

山源

うんうん、やっぱ飯には、タレだ。タレ自体うまい、ここ。

肉を焼き、飯を喰う。俺の箸は、蒸気機関車のピストンだ。

タレホルモンで白飯をだいたい食べたら、〆はやっぱり塩ホルモンでしょう。
塩からタレに行って、塩に戻る。塩に戻れる俺、大人だな。すいませーん。

「ごめんなさい、ホルモン終わっちゃったんですよ」

えー(;´Д`)ヾ。ホルモン屋でホルモン品切れは想定してなかった(泣。

山源

仕方がないので、〆はカルビで。
タレから塩には戻り損ねたけど、やっぱりこの店はタレもうまい。

ふうう、満足。ごちそうさまでした。

山源

いえいえ、そんな礼には及びません。

やっぱり、焼肉回の聖地巡礼は、毎度特筆すべき楽しさだ。自分たちで焼くというプロセスが介在するからかもしれないけど。
焼肉というと、どうしてもカルビやロース、ハラミが中心で、今まではホルモンが自分にとっての主役になることはなかったけど、このホルモンは記憶に残る。あの噛みごたえと口の中に広がる脂分は、今後も時々脳裏をかすめて思い出したように食べたくなる予感がします。

近所でも、ホルモンの美味しい焼肉屋、探してみようかな。

孤独のグルメ Season3 Blu-ray BOX

B00ESXXM28

関連ランキング:ホルモン | 新板橋駅板橋駅下板橋駅

投稿者 B : 00:29 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (2) | トラックバック

2014/01/28 (Tue.)

GRAND KIRIN

年末くらいから、キリンのサンプリングキャンペーン「BEER to friends」が Facebook や Twitter のタイムラインによく現れていますね。私もこれまでに何本かいただいたり、抽選のものは当たったり外れたりしていますが、また某氏からもいただいたので、セブンイレブンで受け取ってきました。

グランドキリン

GRAND KIRIN

SNS の TL って自分の交友関係や興味の対象に限定されがちなので、流行っているものが局地的なものなのか世間一般なのか分からないところがあります。でもこの「BEER to friends」は、普段やりとりのある方々からだけでなく、もう十数年リアルで会っていない高校時代の友人から Fb で送られてきたりもしたので、Fb ユーザーを中心にけっこう広まっている感じ。「情報感度が高く、SNS でのコミュニケーションが活発で、余暇には嗜好品にお金を使える余裕のある 30~40 代男性」、マーケティング的なプロファイルを当てはめるとしたら、そういうキャンペーンでしょうか。大規模な広告を使わずにターゲットユーザーに確実に認知してもらう、という点ではうまくいっているキャンペーンだと思います。嗜好性のある飲食物だから嵌まるやり方だとも思いますが。

というわけで、さっそく引き替えてきました。もらえるのは黒い「グランドキリン」1 本で、隣の「グランドキリン ジ・アロマ」は自腹。小心者なので、コンビニに行ってもらうものだけもらって帰る、というのができないクチで、ついでにジ・アロマとつまみになりそうなものを何点か買ってきました(笑。セブンイレブン側も、そういう消費を見込んで協力しているんでしょうが、まんまと一杯食わされた、いや飲まされた、というわけです。

GRAND KIRIN

グランドキリンを飲むのはこれで 3 回目くらいですが、なかなか美味しいですこれ。きめ細かな泡で上品な口当たり、それとホップのいい香りが気分を良くしてくれる。休日の夜をゆったり過ごすのに良い相棒になってくれます。ビールそのものの味を楽しめるタイプなので、料理に合わせるよりは、食後に何かちょっとつまみながら飲みたい感じ。
ただ「グランドキリン」というネーミングは、キリンビールの代名詞であるラガーの上位品種という印象を受けるのに、ラガーの苦くて重い味とは方向性が逆なのが気になります。味は悪くないので、もうちょっと違うネーミングのほうが相応しかったんじゃないでしょうか。

GRAND KIRIN THE AROMA

「ジ・アロマ」のほうは、グランドキリンをより香り方向に強化したような味。フルーティな香りで、女性にも好まれそう。これは完全に食前または食後に飲みたいタイプですね。

ちょっといいビールの代名詞というとプレミアムモルツかヱビスですが、グランドキリンはそれらとはちょっと違う方向性の味。値段もプレモルとほぼ同じだし、TPO や気分によって選べる選択肢が増えるのは良いことです。今度は自分で買って飲むかな(^^;;。

投稿者 B : 01:00 | Drink | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2014/01/25 (Sat.)

いわし料理 だるまや 再訪

「いわし職人、おそるべし。ならばこっちも、思い切って懐に飛び込んでいこう」

というわけで、再びの大井町。昨年職場が変わって以来、なかなか会えなくなっていたクマデジタルさんが仕事で近くに来ているとのことで、久しぶりにお誘いしてみました。お店は昨年末に巡礼したばかりの大井町のいわし料理店。

だるまや

だるまや

今回もけっこう混んでいましたが、カウンター席が空いていたので、カウンターに座らせてもらいました。前回の座敷は気兼ねなく料理写真が撮れる環境で良かったけど、ドラマの雰囲気を味わうならやっぱりカウンターですね。

だるまや

まずは瓶ビールでお疲れさま。前回とは違うお通しですが、これもこれでビールに合う。

ちなみにカウンターの席は劇中で激辛激飲みムスメたちが座っていた席でした。狭い店内に椅子がぎゅうぎゅう詰めで並んでいるところに、巨漢二人で座ってすみませんでした(ぉ

だるまや

今回は、前回とは違ったメニューを中心に攻めよう。まずはいわしの天ぷらから。揚げたてです。

いわしを一尾まるごと揚げた天ぷらで、いわしの旨味が衣の中にぎゅっと凝縮されています。いわしの天ぷらって初めて食べたけど、これはうまい。食欲を立ち上げていくのに最適な酒菜。

だるまや

続いて、いわしのつみれ焼。これもまた、この上なくシンプルないわし料理。その分、いわしそのものの味が満喫できます。

つみれだつみれだ。いかにもいわしって味だ。これまたビールが進むなあ。

だるまや

そして、さんまの一味焼。いわし屋に来ていわし以外の魚介を頼むという暴挙に(笑。

このあたりは仕入れ状況に応じて変わるその日のおすすめメニューというところでしょうが、これもピリ辛でうまい。さんまといえば刺身かシンプルに塩焼きと相場は決まっているものと思っていましたが、こういうのもアリ。大アリク(ry

だるまや

珍味系に続きます。鯨ベーコン、こういうのがメニューに並んでいると頼まずにはいられません。イルカ・クジラ漁に対する外国からの批判が取り沙汰されている昨今ですが、食は文化だ。モノを食べる時はね、誰にも邪魔されず自由で、なんというか救われてなきゃあダメなんだ。

さておきこの鯨ベーコン、臭みがぜんぜんなくてうまい。鯨肉の力強さと、とろける脂身のコンビネーションで、これもビールによく合います。

だるまや

よし、エンジンがかかってきたぞ。ここで本命中の本命、いわしの刺身だ。前回も食べたけど、ここの刺身は本当に美味しい。下駄の上にずらりと並べられたたくさんのいわしは、見ているだけで嬉しくなってきます。

だるまや

いわしの刺身って、うまいよな。この小さい身にどうしてこれだけの脂が乗っているんだろう、というくらい、とろける食感と脂の甘味がたまらない。

だるまや

さあ、どんどん食べよう。

これはもはやいわしどころか魚介でさえありませんが(笑)、メニューの中で魅力的な響きを誇っていた「鶏肉だんご揚げ」。シンプルながらも正しいビールのつまみ、という感じで、はふはふ言いながら食べるのが楽しい。こういうのでいいんだよ、こういうので。

だるまや

私の中で刺身に並ぶこの店のヒット商品、いわしの沖なます。細かく刻んだ生いわしに葱や味噌、生姜などを混ぜ込んだもので、醤油をたらさなくても深い味がついていて、うまい。やっぱりこれは酒もいいけど白いごはんが欲しくなるなあ。もう、箸が止まらない。

だるまや

止まらないついでに、激辛一味焼もいっときますよ。だってここは激辛激飲みムスメ席。これを食べて飲んでナンボですよ(ぉ。

前回食べたときは見た目ほど辛くないな、と感じましたが、今回は前回よりも辛かった(笑。日によって唐辛子の量が違うのか、それとも自分の体調によるものなのか。でもこれでもうビールが止まらなくなり、何本目かの瓶ビールが空いてしまいました。

だるまや

ビール瓶が空になったのを契機に、焼酎お湯割りに移行。仕切り直して、いただきます。飾り気のないガラスコップに焼酎のお湯割り、こういうおやじくさい飲み方でいいんですよ(笑

このへんで他のお客さんが何組か帰り、厨房が落ち着いたのか、それまで寡黙に料理を作り続けていたマスターとおかみさんの口数が増え始めました。
劇中でベンガル演じるマスターが「極度の人見知りなんですよ。初めてのお客さんだと、最初の十秒は何にも喋れないんですよ」という冗談を言っていたのはまだかわいいほうで、マスターがカウンターのお客さんとしょうもないやりとりを交わした後、おかみさんが冷静に突っ込む、というスタイル(笑。料理してる姿からは、こんなキャラだとは思えませんでした(^^;;

だるまや

テンションが上がってきたところで、チーズロール。
ほっほ、ホクホク。うまっ!やっぱりこれ、うまい。いわしの旨味とチーズの相性が抜群です。

だるまや

いつ見てもインパクトの強い、つみれステーキ。やっぱりいわしはこういうシンプルな食べ方で、いわしそのものの味を満喫するのがいい。

だるまや

最後はいわしのスタミナ焼で〆。これで明日からまたがんばれます。

だるまや

相変わらずいわし料理はとても美味しかったけど、今回はそれ以上に楽しかった。やっぱりこの店は、座敷よりもカウンターですね。カウンター楽しかった度合いでいうと、根津の特辛カレー中津のたこ焼きに匹敵する楽しさです。

大井町のディープなエリアに位置するお店だけに、一見さんっぽいお客さんはまず見かけず、昔からの常連さんとドラマを観て来たお客さんで占められている感じ。マスターとおかみさんから撮影の裏話もいろいろ覗えました。
Season3 最終話でこのお店が取り上げられたきっかけは、もともと監督(溝口憲司監督と思われる)が数年前からこの店の座敷でよく飲んでいたから、だそうです。テレビ出演にあたっては、近くの店のおやじさん(ブルドックと思われる)がとんねるずの『きたなシュラン』に出たら忙しくなりすぎて入院してしまったと聞いたけど、自分の店は以前『アド街』に出ても全然忙しくならなかったからテレビったって大したことない、どうせ深夜番組だし、と思ってたらとんでもなかった、とか(笑。いわしの水揚げで値段が違うので、高価い日はあまり仕入れたくないけどお客さんが来てくれる限りは赤字でも仕入れなきゃいけない、でも本当に大変だったのはきっとおれよりも河岸のおやじのほうだろう、みたいな話とか。Blu-ray BOX の特典映像にも同じ話が一部収録されていますが、やはりご本人の口からいろんなエピソードを交えて聞けるのが嬉しい。でも、話の内容以上にマスターとおかみさんの人柄に触れられたのが嬉しかったですね。ドラマ放送長後は本当に大変だったようですが、それでもどんなお客さんでも満足してもらいたい、という姿勢がにじみ出ていたように感じられました。本当は、多すぎないお客さん相手に軽口叩きながらマイペースで料理を作りたいんだろうなあ、とは思いますが(笑。

ごちそうさまでした。個人的に、この店はドラマに登場した中で最もアクセスしやすい場所にあるので、また仕事帰りとかにちょくちょく来たいと思います。一緒に行きたい人募集中(ぉ。

孤独のグルメ Season3 Blu-ray BOX

B00ESXXM28

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 大井町駅青物横丁駅鮫洲駅

投稿者 B : 17:00 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2014/01/14 (Tue.)

横浜中華街 熊猫飯店

家族でみなとみらい方面に行く用事があったので、それじゃあお昼はついでに中華街しかないでしょう!というわけで、中華街でごはんを食べてきました。でも、家族で中華街、というのは初めて。独りとか友人とであればこぢんまりした渋めの店を攻めるのが好きですが、子連れだとなかなかそうはいかない。かといって「●●楼」みたいなのもなんか違うよなあ...と思いあれこれ探してみたら、ちょうど良さそうなお店を見つけたので、予約して訪店。

熊猫飯店

熊猫飯店

元町・中華街駅から徒歩 3 分、横浜大世界のすぐ近く。比較的新しくて親しみが持てる感じの店構え。パンダをイメージキャラクターにしているくらいなんだから子連れでも気兼ねなく楽しめるに違いない、という安易な考えでしたが、まさにそのとおりのお店。他にも家族連れ客多し。かといってファミレスほど所帯じみた感じもなく、程よくリラックスした雰囲気の中で中華料理を満喫できるお店でした。

熊猫飯店

店頭には大きなパンダのぬいぐるみが。そういえば君たち、人形町に生き別れの兄弟がいるから迎えに行ってあげないと!(ぉ

熊猫飯店

二階建てのこぎれいな店内。通されたのは一階のテーブル席でしたが、厨房がガラス張りになっていて、一階席なら調理している様子がよく見えます。

定期的に、ガラス越しに立ち上る焔。燃え上がれ~って感じでかっこいい、このライヴ感がいい。子どもたちも最初はちょっと怖がりましたが、慣れてくると面白がっていました。これは一階席で正解だったなあ。

熊猫飯店

厨房の様子に見入っていたら、けっこうあっという間に料理が出てきました。
まずはメニューの中でも心惹かれた、細切揚げ豚肉と辛子炒め。青椒肉絲に似ていますが、細切り肉が揚げてあるので青椒肉絲よりパンチがあるのと、入っている唐辛子と花椒の量が半端ない。インパクトのある辛さですが、それ以上に花椒の刺激がすごい。のっけからいきなり口の中が麻痺しそうな刺激に、食欲がさらにそそられます。

熊猫飯店

そしたらもうビール頼むしかないじゃないですか!(ぉ
なんともビールが進む味。でも、花椒の刺激のせいで味覚がおかしくなってしまい、ビールが妙に甘く、かつ口の中がスーッとする感じに。

これこれ、これですよ。今日の俺は四川の辛さを求めていたんだ...!

熊猫飯店

これに続くのが豆苗の炒め。本当は、好物の空心菜の炒めが食べたかったんですが、時季じゃないということで取り扱いなし。でも豆苗もうまい。少し青臭さを感じるほどに新鮮な豆苗を、たっぷりのニンニクとゴマ油で炒めただけの料理だけど、そのシンプルさが逆にいい。これまたビールが進みます。

熊猫飯店

そして本命、陳麻婆豆腐。見るからに辛そうな赤さに、これもまた花椒がたっぷり入っていて、たまらない刺激。でも、分析しきれないくらい多様な香辛料や醤のうまみが凝縮されたたれに挽肉が絡んで、何とも言えない深い味。これは白い飯が欲しくなるなぁ~、というわけで、後で白飯にかけて食べました(笑

熊猫飯店

焼き餃子。表面をカリッと焼かれた皮の中に、ギュッと凝縮された餡のうまみ。この焼き餃子も間違いなくうまい。子どもたちもぱくぱく食べていました。

熊猫飯店

事ここに至っては、そりゃあ紹興酒を頼まざるを得ないってもんです(笑。熱燗でチビチビ。花椒の刺激には、ビールよりも紹興酒の口当たりのほうが相性は良いですよね。

久しぶりの昼酒、この背徳感がたまらない。この後用事があることとか、もうどうでも良くなってきます(ぉ。

熊猫飯店

〆その 1、天津丼。唐辛子と花椒のコンボに攻められた後に、このほわっと優しい味が落ち着くんだ。

なんだか、100m 全力で泳いできた後に、やっと掴まれる場所を見つけた、そんな安心感(笑

熊猫飯店

そして最後の〆は酸辣麺。担々麺と迷ったけど、ストレートに辛い系はいろいろ食べたので、ちょっと方向性を変えて。この酸っぱ辛い味ってなんだか定期的に食べたくなるんですよね。でも、これだけ唐辛子と花椒を食べた後だと辛味はあまり感じなくて、ちょうど良い具合に酸っぱくて、むしろマイルドささえ感じるとは(笑。激辛四川料理の締めに酸辣麺、これは中華料理の〆に新しいバリエーションが加わったな...。

いやあ、美味しかった。昼間からちょっと食べ過ぎてしまいました。
ただ今回学んだのは、ここのシェフはやたらと仕事が早く、頼んだらどんどん出てきてしまうので、注文はまとめてよりも順々に出した方がいいということ。やっぱり中華は熱いうちに食べてナンボだと思うので、次回来る機会があればもう少しペース配分を考えて順序よく頼んでいきたいところ。

気軽に入れる、本格四川料理。「子連れで入れる」というのが最優先のお店選びでしたが、これは望外の「当たり」を引いたかも。今後も中華街に来るときには選択肢に入れておこうと思います。

関連ランキング:中華料理 | 元町・中華街駅石川町駅日本大通り駅>

投稿者 B : 00:00 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック