b's mono-log

2014/02/01 (Sat.)

板橋区板橋の焼肉ホルモン

「ちゃあんと、腹が、減ってきた。よし、何か腹に入れて帰ろう」

山源

ドラマ『孤独のグルメ Season3』聖地巡礼も、残すところあと半分となりました。ここからは遠征中心でなかなか大変なコースですが、今回は「肉の日(29 日)に焼肉を食おう」というテーマで(ぉ)第 6 話に登場した、近くて遠い板橋のホルモン焼「山源」にやってきました。きなこパンを食べに来てからはや 5 ヶ月ですよ。時の経つのは早い。

山源

山源

お店は一応予約しておきました。席は、ゴロー席の左隣、二人連れのギャルが座っていた場所。

暖簾をくぐっていきなり目に入ってきたのは店内の様子ではなく、とにかく白い煙。
煙、すごすぎ。燻製になりそうだ。ドラマの中だけの演出かと思っていたけど、ガチですよこの煙。

ちなみに、写真の奥の方に写っているのが、ドラマのセリフの中にだけ出てきた「18 になる孫娘」さんだと思われます。素朴でかわいらしい感じの方でした。

山源

店内に貼られている松重さん・久住さんのサインも、煙たすぎてなんだかよく分からない(笑

さすがに劇中のゴローちゃんのように、途中で場外にエスケープするほどではありませんでしたが、席に座っている間はともかく、トイレに行こうと席を立ったら上の方に溜まっている煙が確かに目にしみて、思わず涙が(;´Д`)ヾ。

山源

この煙と匂いから上着や荷物を守るために、各テーブルにはゴミ袋が用意されています。これがなかったら、帰りの電車の中とか顰蹙ものだろうなあ...。まあ、帰ったらさらにファブリーズ必須ですが。

山源

「これって...何だろう?」

網が炎上したときに消火するための水と、お通しの枝豆の殻入れ。ですが、たぶんドラマを観ていなかったら、この殻入れに水を注いで飲んでしまっていたに違いありません(笑。
あと山葵と柚子こしょうは塩味の肉につけていただきます。

山源

というわけで、まずは、麦スカッシュ(笑。お通しの枝豆に、追加で頼んだ和風キムチで、肉が出てくるのを待ちます。
キムチは焼肉店の試金石。悪い店ではなさそうだ。

山源

よしよし、炭と網がおいでなすったぞ。

うん、火がいい。まさに焼肉に飛び込む感じだ。
さあ、かかってこい。

山源

肉はまず、今日の主役のホルモンに、脇役でコメカミ(カシラ)とハツ。
運んできてくれたおかみさんに「焼き方、わかりますか?」と聞かれたので、内心(聖地巡礼で来てるんだから当然ですよ。皮 8 割、脂 2 割だよね)と思いながら元気よく「はい!」と答えたところ、

「ああ、前にいらしたことありますもんね」
「えっ」
「えっ」

とか(;´Д`)ヾ。川崎の一人焼肉といい、私はそんなに焼肉屋の常連顔してますかね(汗

山源

気を取り直して(ぉ)ホルモンを焼いていきます。
皮 8 割、脂 2 割。皮の方を下にして、じっくり、じっくり。もう待ちきれない気分ですが、ここはじっとガマン。ここを待てるかどうかで、今日一日の勝負が決まると言っても過言ではない。

山源

こんなもんか...まだか?という自問自答を繰り返した挙げ句、絶妙なタイミングで、上下反転。

ホルモン焼だ、ホルモン焼だ...!

山源

この脂を焼いているところで、どんどん出てくるのが煙。F1 マシンのエンジンブローのように、遠慮なく白煙が上がります。
そして、テーブルの真上にある吸気口が、仕事をしていない(ぉ。吸気 2 割、華麗にスルー 8 割といった塩梅で(笑、店内に白煙が溜まっていきます。ここのホルモンの強烈な脂に、これだけじゃ追っつかないんじゃないの。
といったところで、さあ、そろそろホルモン焼の完成かな。

山源

どれどれ...おぉ~。ぷるぷる震えている。
うわっ、ホルモンだ。この脂。うん、噛むほどにすごいぞ、脂。

ホルモンに歯を立てるごとに、口の中にどわあああっ、と溢れる脂、うまみ。こ・れ・は、たまらん。

山源

続いて、ハラミとラム。ハラミは私の焼肉の定番だし、羊肉好きとしてはラムがあると頼まざるを得ません。

山源

塩系の肉も良いけど、タレ系もいい。焼肉屋に来たぞ、という実感が湧いてきます。

やっぱ、肉って、身体の中が燃える、パワー出る。これだよ、たまには肉、焼かなきゃ。

山源

そろそろ、ビールで腹が膨れてしまうのがもったいなく思えたので、飲み物はハイボールに移行。

山源

肉も追加でどんどん行きます。ナンコツ、ハツ、トントロ。いずれも塩で。

山源

それから「ふらっと QUSUMI」で久住さんが食べていた珍味「ホーデン」。正体のよく分からない部位ですが、レバーのような柔らかさと、マニアックな味が特長(笑。

山源

どんどん焼こう。もっともっと焼こう。
トントロの安定感あるうまさに、ハツのコリッとした食感。さらに輪を掛けてコリコリしたナンコツのインパクト。うん、この布陣で正解。

山源

ここで真打ちに登場願おうか。焼肉といったら白い飯だろうが。
終盤に肉と飯でスパートをかける、この勝利の方程式のためにここまでペースを配分してきたようなもの。遠慮なく行きますよ。

山源

そして、白い飯に合わせるのはやっぱりホルモン。今度はタレで、仕切り直しのタレラウンド。

山源

ホルモンの焼き方も掴んだし、一気焼きだな。お、網がまた沸いたぞ。
...って炎上してますが(笑。冷や水を浴びせるまでもなく自然鎮火しましたが、煙はすごいことになってしまいました。

山源

うんうん、やっぱ飯には、タレだ。タレ自体うまい、ここ。

肉を焼き、飯を喰う。俺の箸は、蒸気機関車のピストンだ。

タレホルモンで白飯をだいたい食べたら、〆はやっぱり塩ホルモンでしょう。
塩からタレに行って、塩に戻る。塩に戻れる俺、大人だな。すいませーん。

「ごめんなさい、ホルモン終わっちゃったんですよ」

えー(;´Д`)ヾ。ホルモン屋でホルモン品切れは想定してなかった(泣。

山源

仕方がないので、〆はカルビで。
タレから塩には戻り損ねたけど、やっぱりこの店はタレもうまい。

ふうう、満足。ごちそうさまでした。

山源

いえいえ、そんな礼には及びません。

やっぱり、焼肉回の聖地巡礼は、毎度特筆すべき楽しさだ。自分たちで焼くというプロセスが介在するからかもしれないけど。
焼肉というと、どうしてもカルビやロース、ハラミが中心で、今まではホルモンが自分にとっての主役になることはなかったけど、このホルモンは記憶に残る。あの噛みごたえと口の中に広がる脂分は、今後も時々脳裏をかすめて思い出したように食べたくなる予感がします。

近所でも、ホルモンの美味しい焼肉屋、探してみようかな。

孤独のグルメ Season3 Blu-ray BOX

B00ESXXM28

関連ランキング:ホルモン | 新板橋駅板橋駅下板橋駅

投稿者 B : 00:29 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (2) | トラックバック

2014/01/28 (Tue.)

GRAND KIRIN

年末くらいから、キリンのサンプリングキャンペーン「BEER to friends」が Facebook や Twitter のタイムラインによく現れていますね。私もこれまでに何本かいただいたり、抽選のものは当たったり外れたりしていますが、また某氏からもいただいたので、セブンイレブンで受け取ってきました。

グランドキリン

GRAND KIRIN

SNS の TL って自分の交友関係や興味の対象に限定されがちなので、流行っているものが局地的なものなのか世間一般なのか分からないところがあります。でもこの「BEER to friends」は、普段やりとりのある方々からだけでなく、もう十数年リアルで会っていない高校時代の友人から Fb で送られてきたりもしたので、Fb ユーザーを中心にけっこう広まっている感じ。「情報感度が高く、SNS でのコミュニケーションが活発で、余暇には嗜好品にお金を使える余裕のある 30~40 代男性」、マーケティング的なプロファイルを当てはめるとしたら、そういうキャンペーンでしょうか。大規模な広告を使わずにターゲットユーザーに確実に認知してもらう、という点ではうまくいっているキャンペーンだと思います。嗜好性のある飲食物だから嵌まるやり方だとも思いますが。

というわけで、さっそく引き替えてきました。もらえるのは黒い「グランドキリン」1 本で、隣の「グランドキリン ジ・アロマ」は自腹。小心者なので、コンビニに行ってもらうものだけもらって帰る、というのができないクチで、ついでにジ・アロマとつまみになりそうなものを何点か買ってきました(笑。セブンイレブン側も、そういう消費を見込んで協力しているんでしょうが、まんまと一杯食わされた、いや飲まされた、というわけです。

GRAND KIRIN

グランドキリンを飲むのはこれで 3 回目くらいですが、なかなか美味しいですこれ。きめ細かな泡で上品な口当たり、それとホップのいい香りが気分を良くしてくれる。休日の夜をゆったり過ごすのに良い相棒になってくれます。ビールそのものの味を楽しめるタイプなので、料理に合わせるよりは、食後に何かちょっとつまみながら飲みたい感じ。
ただ「グランドキリン」というネーミングは、キリンビールの代名詞であるラガーの上位品種という印象を受けるのに、ラガーの苦くて重い味とは方向性が逆なのが気になります。味は悪くないので、もうちょっと違うネーミングのほうが相応しかったんじゃないでしょうか。

GRAND KIRIN THE AROMA

「ジ・アロマ」のほうは、グランドキリンをより香り方向に強化したような味。フルーティな香りで、女性にも好まれそう。これは完全に食前または食後に飲みたいタイプですね。

ちょっといいビールの代名詞というとプレミアムモルツかヱビスですが、グランドキリンはそれらとはちょっと違う方向性の味。値段もプレモルとほぼ同じだし、TPO や気分によって選べる選択肢が増えるのは良いことです。今度は自分で買って飲むかな(^^;;。

投稿者 B : 01:00 | Drink | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2014/01/25 (Sat.)

いわし料理 だるまや 再訪

「いわし職人、おそるべし。ならばこっちも、思い切って懐に飛び込んでいこう」

というわけで、再びの大井町。昨年職場が変わって以来、なかなか会えなくなっていたクマデジタルさんが仕事で近くに来ているとのことで、久しぶりにお誘いしてみました。お店は昨年末に巡礼したばかりの大井町のいわし料理店。

だるまや

だるまや

今回もけっこう混んでいましたが、カウンター席が空いていたので、カウンターに座らせてもらいました。前回の座敷は気兼ねなく料理写真が撮れる環境で良かったけど、ドラマの雰囲気を味わうならやっぱりカウンターですね。

だるまや

まずは瓶ビールでお疲れさま。前回とは違うお通しですが、これもこれでビールに合う。

ちなみにカウンターの席は劇中で激辛激飲みムスメたちが座っていた席でした。狭い店内に椅子がぎゅうぎゅう詰めで並んでいるところに、巨漢二人で座ってすみませんでした(ぉ

だるまや

今回は、前回とは違ったメニューを中心に攻めよう。まずはいわしの天ぷらから。揚げたてです。

いわしを一尾まるごと揚げた天ぷらで、いわしの旨味が衣の中にぎゅっと凝縮されています。いわしの天ぷらって初めて食べたけど、これはうまい。食欲を立ち上げていくのに最適な酒菜。

だるまや

続いて、いわしのつみれ焼。これもまた、この上なくシンプルないわし料理。その分、いわしそのものの味が満喫できます。

つみれだつみれだ。いかにもいわしって味だ。これまたビールが進むなあ。

だるまや

そして、さんまの一味焼。いわし屋に来ていわし以外の魚介を頼むという暴挙に(笑。

このあたりは仕入れ状況に応じて変わるその日のおすすめメニューというところでしょうが、これもピリ辛でうまい。さんまといえば刺身かシンプルに塩焼きと相場は決まっているものと思っていましたが、こういうのもアリ。大アリク(ry

だるまや

珍味系に続きます。鯨ベーコン、こういうのがメニューに並んでいると頼まずにはいられません。イルカ・クジラ漁に対する外国からの批判が取り沙汰されている昨今ですが、食は文化だ。モノを食べる時はね、誰にも邪魔されず自由で、なんというか救われてなきゃあダメなんだ。

さておきこの鯨ベーコン、臭みがぜんぜんなくてうまい。鯨肉の力強さと、とろける脂身のコンビネーションで、これもビールによく合います。

だるまや

よし、エンジンがかかってきたぞ。ここで本命中の本命、いわしの刺身だ。前回も食べたけど、ここの刺身は本当に美味しい。下駄の上にずらりと並べられたたくさんのいわしは、見ているだけで嬉しくなってきます。

だるまや

いわしの刺身って、うまいよな。この小さい身にどうしてこれだけの脂が乗っているんだろう、というくらい、とろける食感と脂の甘味がたまらない。

だるまや

さあ、どんどん食べよう。

これはもはやいわしどころか魚介でさえありませんが(笑)、メニューの中で魅力的な響きを誇っていた「鶏肉だんご揚げ」。シンプルながらも正しいビールのつまみ、という感じで、はふはふ言いながら食べるのが楽しい。こういうのでいいんだよ、こういうので。

だるまや

私の中で刺身に並ぶこの店のヒット商品、いわしの沖なます。細かく刻んだ生いわしに葱や味噌、生姜などを混ぜ込んだもので、醤油をたらさなくても深い味がついていて、うまい。やっぱりこれは酒もいいけど白いごはんが欲しくなるなあ。もう、箸が止まらない。

だるまや

止まらないついでに、激辛一味焼もいっときますよ。だってここは激辛激飲みムスメ席。これを食べて飲んでナンボですよ(ぉ。

前回食べたときは見た目ほど辛くないな、と感じましたが、今回は前回よりも辛かった(笑。日によって唐辛子の量が違うのか、それとも自分の体調によるものなのか。でもこれでもうビールが止まらなくなり、何本目かの瓶ビールが空いてしまいました。

だるまや

ビール瓶が空になったのを契機に、焼酎お湯割りに移行。仕切り直して、いただきます。飾り気のないガラスコップに焼酎のお湯割り、こういうおやじくさい飲み方でいいんですよ(笑

このへんで他のお客さんが何組か帰り、厨房が落ち着いたのか、それまで寡黙に料理を作り続けていたマスターとおかみさんの口数が増え始めました。
劇中でベンガル演じるマスターが「極度の人見知りなんですよ。初めてのお客さんだと、最初の十秒は何にも喋れないんですよ」という冗談を言っていたのはまだかわいいほうで、マスターがカウンターのお客さんとしょうもないやりとりを交わした後、おかみさんが冷静に突っ込む、というスタイル(笑。料理してる姿からは、こんなキャラだとは思えませんでした(^^;;

だるまや

テンションが上がってきたところで、チーズロール。
ほっほ、ホクホク。うまっ!やっぱりこれ、うまい。いわしの旨味とチーズの相性が抜群です。

だるまや

いつ見てもインパクトの強い、つみれステーキ。やっぱりいわしはこういうシンプルな食べ方で、いわしそのものの味を満喫するのがいい。

だるまや

最後はいわしのスタミナ焼で〆。これで明日からまたがんばれます。

だるまや

相変わらずいわし料理はとても美味しかったけど、今回はそれ以上に楽しかった。やっぱりこの店は、座敷よりもカウンターですね。カウンター楽しかった度合いでいうと、根津の特辛カレー中津のたこ焼きに匹敵する楽しさです。

大井町のディープなエリアに位置するお店だけに、一見さんっぽいお客さんはまず見かけず、昔からの常連さんとドラマを観て来たお客さんで占められている感じ。マスターとおかみさんから撮影の裏話もいろいろ覗えました。
Season3 最終話でこのお店が取り上げられたきっかけは、もともと監督(溝口憲司監督と思われる)が数年前からこの店の座敷でよく飲んでいたから、だそうです。テレビ出演にあたっては、近くの店のおやじさん(ブルドックと思われる)がとんねるずの『きたなシュラン』に出たら忙しくなりすぎて入院してしまったと聞いたけど、自分の店は以前『アド街』に出ても全然忙しくならなかったからテレビったって大したことない、どうせ深夜番組だし、と思ってたらとんでもなかった、とか(笑。いわしの水揚げで値段が違うので、高価い日はあまり仕入れたくないけどお客さんが来てくれる限りは赤字でも仕入れなきゃいけない、でも本当に大変だったのはきっとおれよりも河岸のおやじのほうだろう、みたいな話とか。Blu-ray BOX の特典映像にも同じ話が一部収録されていますが、やはりご本人の口からいろんなエピソードを交えて聞けるのが嬉しい。でも、話の内容以上にマスターとおかみさんの人柄に触れられたのが嬉しかったですね。ドラマ放送長後は本当に大変だったようですが、それでもどんなお客さんでも満足してもらいたい、という姿勢がにじみ出ていたように感じられました。本当は、多すぎないお客さん相手に軽口叩きながらマイペースで料理を作りたいんだろうなあ、とは思いますが(笑。

ごちそうさまでした。個人的に、この店はドラマに登場した中で最もアクセスしやすい場所にあるので、また仕事帰りとかにちょくちょく来たいと思います。一緒に行きたい人募集中(ぉ。

孤独のグルメ Season3 Blu-ray BOX

B00ESXXM28

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 大井町駅青物横丁駅鮫洲駅

投稿者 B : 17:00 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2014/01/14 (Tue.)

横浜中華街 熊猫飯店

家族でみなとみらい方面に行く用事があったので、それじゃあお昼はついでに中華街しかないでしょう!というわけで、中華街でごはんを食べてきました。でも、家族で中華街、というのは初めて。独りとか友人とであればこぢんまりした渋めの店を攻めるのが好きですが、子連れだとなかなかそうはいかない。かといって「●●楼」みたいなのもなんか違うよなあ...と思いあれこれ探してみたら、ちょうど良さそうなお店を見つけたので、予約して訪店。

熊猫飯店

熊猫飯店

元町・中華街駅から徒歩 3 分、横浜大世界のすぐ近く。比較的新しくて親しみが持てる感じの店構え。パンダをイメージキャラクターにしているくらいなんだから子連れでも気兼ねなく楽しめるに違いない、という安易な考えでしたが、まさにそのとおりのお店。他にも家族連れ客多し。かといってファミレスほど所帯じみた感じもなく、程よくリラックスした雰囲気の中で中華料理を満喫できるお店でした。

熊猫飯店

店頭には大きなパンダのぬいぐるみが。そういえば君たち、人形町に生き別れの兄弟がいるから迎えに行ってあげないと!(ぉ

熊猫飯店

二階建てのこぎれいな店内。通されたのは一階のテーブル席でしたが、厨房がガラス張りになっていて、一階席なら調理している様子がよく見えます。

定期的に、ガラス越しに立ち上る焔。燃え上がれ~って感じでかっこいい、このライヴ感がいい。子どもたちも最初はちょっと怖がりましたが、慣れてくると面白がっていました。これは一階席で正解だったなあ。

熊猫飯店

厨房の様子に見入っていたら、けっこうあっという間に料理が出てきました。
まずはメニューの中でも心惹かれた、細切揚げ豚肉と辛子炒め。青椒肉絲に似ていますが、細切り肉が揚げてあるので青椒肉絲よりパンチがあるのと、入っている唐辛子と花椒の量が半端ない。インパクトのある辛さですが、それ以上に花椒の刺激がすごい。のっけからいきなり口の中が麻痺しそうな刺激に、食欲がさらにそそられます。

熊猫飯店

そしたらもうビール頼むしかないじゃないですか!(ぉ
なんともビールが進む味。でも、花椒の刺激のせいで味覚がおかしくなってしまい、ビールが妙に甘く、かつ口の中がスーッとする感じに。

これこれ、これですよ。今日の俺は四川の辛さを求めていたんだ...!

熊猫飯店

これに続くのが豆苗の炒め。本当は、好物の空心菜の炒めが食べたかったんですが、時季じゃないということで取り扱いなし。でも豆苗もうまい。少し青臭さを感じるほどに新鮮な豆苗を、たっぷりのニンニクとゴマ油で炒めただけの料理だけど、そのシンプルさが逆にいい。これまたビールが進みます。

熊猫飯店

そして本命、陳麻婆豆腐。見るからに辛そうな赤さに、これもまた花椒がたっぷり入っていて、たまらない刺激。でも、分析しきれないくらい多様な香辛料や醤のうまみが凝縮されたたれに挽肉が絡んで、何とも言えない深い味。これは白い飯が欲しくなるなぁ~、というわけで、後で白飯にかけて食べました(笑

熊猫飯店

焼き餃子。表面をカリッと焼かれた皮の中に、ギュッと凝縮された餡のうまみ。この焼き餃子も間違いなくうまい。子どもたちもぱくぱく食べていました。

熊猫飯店

事ここに至っては、そりゃあ紹興酒を頼まざるを得ないってもんです(笑。熱燗でチビチビ。花椒の刺激には、ビールよりも紹興酒の口当たりのほうが相性は良いですよね。

久しぶりの昼酒、この背徳感がたまらない。この後用事があることとか、もうどうでも良くなってきます(ぉ。

熊猫飯店

〆その 1、天津丼。唐辛子と花椒のコンボに攻められた後に、このほわっと優しい味が落ち着くんだ。

なんだか、100m 全力で泳いできた後に、やっと掴まれる場所を見つけた、そんな安心感(笑

熊猫飯店

そして最後の〆は酸辣麺。担々麺と迷ったけど、ストレートに辛い系はいろいろ食べたので、ちょっと方向性を変えて。この酸っぱ辛い味ってなんだか定期的に食べたくなるんですよね。でも、これだけ唐辛子と花椒を食べた後だと辛味はあまり感じなくて、ちょうど良い具合に酸っぱくて、むしろマイルドささえ感じるとは(笑。激辛四川料理の締めに酸辣麺、これは中華料理の〆に新しいバリエーションが加わったな...。

いやあ、美味しかった。昼間からちょっと食べ過ぎてしまいました。
ただ今回学んだのは、ここのシェフはやたらと仕事が早く、頼んだらどんどん出てきてしまうので、注文はまとめてよりも順々に出した方がいいということ。やっぱり中華は熱いうちに食べてナンボだと思うので、次回来る機会があればもう少しペース配分を考えて順序よく頼んでいきたいところ。

気軽に入れる、本格四川料理。「子連れで入れる」というのが最優先のお店選びでしたが、これは望外の「当たり」を引いたかも。今後も中華街に来るときには選択肢に入れておこうと思います。

関連ランキング:中華料理 | 元町・中華街駅石川町駅日本大通り駅>

投稿者 B : 00:00 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2014/01/04 (Sat.)

車坂 魚に合う吟醸酒

年末年始のごちそうは、金沢の近江町市場から取り寄せた魚介類でした。

甘エビ

北陸の冬の旬のひとつは甘エビ。輸入ものものあるので全国的に一年中食べられますが、美味しいかどうかは鮮度がすべて。帰省時に食べる刺身・寿司が至高ですが、北陸産の市場直送ならそれと変わらぬ美味しさでいただけます。

マグロ

マグロ。北陸でそれほど獲れる魚ではないので、太平洋側から金沢を経由して U ターンしてきたのではないでしょうか(笑。
自宅で刺身にしたので見た目が美しくないですが、味は絶品。赤身だけど脂が乗っていて、でもトロほどしつこくなくて、いくらでも食べられます。

イクラ丼

そしてイクラ丼!まあ、これも北海道産だから北陸の海の幸ではないわけですが(笑。でも、近江町市場で選んでもらったものはどれも外れのない美味しさ。

今回は金沢に住む妹夫婦に頼んで近江町市場から直送してもらいました。年末はどこの市場も混むものですが、観光地化の進む近江町は半端なく混んでいるようで。お忙しい中、美味しいのを選んでいただきありがとうございました>市場の方

うまい魚が届くということで、待ち構えるために用意していたお酒がこれ。

車坂 魚に合う吟醸酒

車坂 魚に合う吟醸酒

最近、自宅で日本酒ってあまり飲まないんですが、久しぶりに買ってきてみました。以前、今はなき和酒 Bar 「さら」で飲ませてもらっていたく気に入り、買える店を探していたんですが、近所で扱っている酒屋を発見。こういううまい魚を食べる機会をずっと狙っていました。「さら」で飲んだのは「おふくろの味に合う純米酒」でしたが、今回は「魚に合う吟醸酒」を選択。キリッと冷やして、魚とともにいただきます。

車坂 魚に合う吟醸酒

ラベルの能書きに「魚に加える旨さを持ちながら、ガリのように口をさっぱりとする後口」とあるとおり、魚の旨味や醤油、酢飯と相性がいい、さっぱりとした味。辛口というほどではないけどスッキリした飲みやすさを持っていて、料理の味の邪魔をせず、旨味を増幅してくれます。後味もスッと消える感じで、これと魚介や寿司があればいくらでも飲んで食べられそうな感じ。刺身や寿司以外にも、昆布〆や数の子をはじめとしたおせち料理にもよく合う。和食全般との相性がいい味をもつ日本酒、ということだと思います。
日本酒は基本的にクセが強めの辛口が好きな私ですが、料理に合わせる日本酒としてはこれは気に入った。

今度からうまい魚が手に入るときにはこれだな。帰省するときに実家へのお土産がてら持って帰ってもいいかも。

車坂 魚に合う吟醸酒 720mL

B008OF10YI

投稿者 B : 00:00 | Drink | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2014/01/03 (Fri.)

東京都台東区浅草の豆かん

「はあ...それにしても、腹が減ったな」

浅草

ドラマの方は年末年始にかけ BS ジャパンで Season1~Season2 の一挙放送をやっているところですが、私の『孤独のグルメ』聖地巡礼は 2014 年も続きます。今回は、浅草に写真撮りに来たついで...というか、どちらが主でどちらが従かはさておき(ぉ)原作コミックの第 3 話に登場した、浅草の甘味処を攻めてみることにしました。

浅草寺のすぐ裏手、メイン通りから一本入ったあたり。浅草寺の表と裏で、街の雰囲気は随分違う。落ち着いたいい感じの住宅街の中に、そのお店はありました。

梅むら

梅むら

お、ここか...。
「高級甘味」とうたっている割には小さな店だな...。いや...、かえってこういう店がいいんだろうな。

ただ、お昼過ぎの、ほぼ開店直後の時間に入ったので、完全貸し切り状態。これなら男一人でも周囲から浮かずにすむ、どころか、却って気まずいんですけど(;´Д`)ヾ。

さて...なににするか。

梅むら

ここで、メニューには...原作でゴローちゃんが頼もうとして「あ...ごめんなさい、それ来月からなんですよ」と断られた冬場限定メニュー、「煮込み雑炊」も「煮込み雑煮」も書かれていない(;´Д`)ヾ。調べてみたらだいぶ前にメニューから消えてしまっていたようです。20 年の間に代替わりしたようで、原作に登場していたおやじさんもおらず、その間にこれらのメニューも廃止となったものと思われます。

がーんだな...出鼻をくじかれた。
ともあれ、気を取り直してここは豆かんてんを頼もう。

梅むら

豆かんは至ってシンプルなものである。
20 年前にゴローが食べたものと全く同じ感じで、私の前に出されてきました。ついてくるスプーンまで 20 年前と同じ(!)。

梅むら

豆と、かんてんだけ。このシンプルさがいい。味付けは、黒蜜でほどよく甘味をつけた程度。豆そのものの味が堪能できて、そこにカンテンの喉ごしと黒蜜の甘味が、さらに豆の味を引き出してくれる感じ。

梅むら

うん!これはうまい。
豆とカンテンだけなのに...どこまで食べても飽きないぞ。

甘いものはあまり得意ではない私ですが、これは美味しくいただけました。こういう甘味と緑茶なら、たまに食べたい。

関連ランキング:甘味処 | 浅草駅(つくばEXP)浅草駅(東武・都営・メトロ)田原町駅


しかし...うまかった。できれば腹ごしらえしてから食べたかったな。

お...なんだかいい感じの洋食屋だ。ハヤシライス...ビーフシチュー...うん、こりァいいな。

グリル佐久良

というわけで、聖地巡礼のハシゴ(ぉ。作中では食べるシーンが描かれなかったお店ですが、ゴローが豆かんを食べた後に入った洋食屋(劇中の店名は「佐久間」)も攻めてみることにしました。だって描かれなかったら描かれなかったで、どんなものを食べたのか気になるじゃないですか(笑。
グリル佐久良

グリル佐久良

「梅むら」からは目と鼻の先。本当に、豆かんだけでは腹が満たされなかったゴローが、そのへんの店にふらっと入ったらこのあたりだったんだろうな、というリアリティのある立地(笑。しかし、明らかに個人でやっているちょっと高級な洋食店...というより、夜はスナックやってますと言われても違和感ない雰囲気で(笑)、こういう店に事前情報なしで突入できるのは、さすが井之頭五郎。

グリル佐久良

作中では注文するシーンさえないので何を食べたかも分からないわけですが、セリフから推測するにハヤシライスかビーフシチューか。まあラーメン食べに行って冷やし中華を頼んだ挙げ句、食後にラーメンも食べるゴローのことだから結局何を食べたかは分かりませんが(ぉ)、心惹かれたビーフシチューを注文。

ビーフシチュー、2,200 円。さらにライス(お新香付き)別で 300 円。ランチのビーフシチューにしちゃあ高いよなあ、銀座のスエヒロといい原作版のゴローは案外いいもの食べてるよなあ...と思いましたが(まあ、ドラマ版のゴローも食べ過ぎた結果昼から 4~5,000 円食べてることもざらにあるけど)、出てきたビーフシチューを見て納得。シチューの中にビーフが入っている、というよりビーフの隙間をシチューで埋めている、というくらいにビーフがたっぷり。これは高価いわけだ。

グリル佐久良

この牛肉がまたすごく煮込まれていて、いろんな味がじっくり浸みこんだ肉が、口に入れた瞬間にとろっとほどける感じ。ああ、外食でこれほどうまいビーフシチューは食べたことないかも、というくらい、うまい。しかも、肉の質がいいだけじゃなく、量も多くて大満足。シチューのほうもとても複雑な、でもどこか優しい味で、私好みでした。これは 2,200 円の価値あるわ。

ごちそうさまでした。
今度浅草に来たときも、再びこの二軒のハシゴをしてもいいくらい。ただ、今度は逆順にしたほうが良さそうかな(笑。

関連ランキング:洋食 | 浅草駅(つくばEXP)浅草駅(東武・都営・メトロ)田原町駅

久住 昌之、谷口 ジロー / 孤独のグルメ 【新装版】

459405644X

投稿者 B : 00:00 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | Sweets | コメント (0) | トラックバック

2013/12/30 (Mon.)

小竹向原 まちのパーラー 再訪

「焦るんじゃない、俺は腹が減っているだけなんだ」

まちのパーラー

まちのパーラー

冬休みを利用して『孤独のグルメ Season3』の聖地をどこか攻めよう...というわけで、小竹向原のまちのパーラーに再び来てみました。再訪したいお店が多い Season3 の名店の中でも、ここは特にポイントが高い。前回食べられなかったものもあるし、リベンジも兼ねて。

放送直後に来たときには 100 分待ちという状況でしたが、さすがにもうドラマの影響も落ち着いているようで。とはいえお昼前に来たときには満席で、10~15 分ほどは待ちました。普段から混んでいる人気店なんですね。まあ、どうも聖地巡礼っぽい男性一人客も、一組だけ見かけましたが(笑。

まちのパーラー

店内に入ったところに吊されているサルシッチャ。これこれ、これですよ。これがうまいんだよ。

前回来たときの味を思い出して、自然と唾液腺が活動し始めるこの感じ。

まちのパーラー

まずはキッシュから。前回来たときには売り切れで食べれなかった「ほうれん草とリコッタチーズのキッシュ」があることを期待して来たんですが、なんと今回も売り切れ(;´Д`)。その代わり、季節のキッシュ(この日は里芋と鶏のひき肉)があったので、こちらをオーダー。

おぉ~っ。かなり、パリ。...なのか?(ぉ
鶏肉とじゃがいも、なら何となく想像つくけど、鶏ひき肉と里芋、ってなんだか日本の煮物みたいだな。どこか懐かしい味わいを、卵に閉じ込めた、ほんわか満たされる味。おいしいです...これ。しかも、これだけでけっこうなボリューム感。

まちのパーラー

そして今回も楽しみにして来たサルシッチャ。もう、出てきただけでテンション高まります(笑。

おぁ~~~っ。噛んでも噛んでも、肉汁が湧いてくる。どうやって閉じ込めたんだ。
ニンニクの香りがきつめだけど、そういうのを気にしてしまうのがもったいないくらいにうまい。これはガツガツいってしまう味。

まちのパーラー

続いて、前回来たときに気になっていながらも頼んでいなかった「トリッパ」。牛のトリッパ(ハチノス)とギャラをトマトソースでじっくり煮込んだ料理で、みるからにうまそう。サルシッチャに続いて、ついワイ...ぶどうジュースを頼みたくなる味です。

まちのパーラー

牛もつの臭み消しのためか、いろいろな香草や豆と一緒に煮込まれていて、とても複雑な味わい。手間をかけて作られているのがよく分かります。スプーンやフォークですくって食べて良し、この店自慢のパンを浸して食べればなお良し。ドラマには登場していませんが、これは隠れたヒット商品かも。

まちのパーラー

さあ、ではメインディッシュのローストポークサンド、いただきましょうか。前回はパンの選択肢もほとんどありませんでしたが、今回は全種揃っています。ゴローちゃんが食べていたものとは違いますが、最もオーソドックスな「リュスティック」で作ってもらいました。

まちのパーラー

飲み物は自家製黒糖ジンジャエール。
このジンジャエールというより「生姜を絞った飲み物」と表現したほうがしっくりくるような生姜っぽさが、実にいい。個性の強い肉料理やパンたちにも負けない存在感。この味を覚えると、ウィルキンソンですら物足りなく感じてしまいそう。

まちのパーラー

リュスティック、前回食べた「チャバタ」と似たような外見と食感ではあるけど、パンの味がシンプルで、ローストポークの肉感がより味わえます。ローストポークのほうは、脂も乗っているけど肉らしい肉感が味わえて、食べているだけでパワーをもらえる感じ。ああ、肉を引き立てるパンに主役のローストポーク、この組み合わせは鉄板かも。

まちのパーラー

レーズン酵母の食パンでも作ってもらいました。こちらはリュスティック以上にシンプル(だけど市販の食パンよりはずっと食べ応えがある)で、子どもからお年寄りまで親しめそうな味と食感。ローストポークの存在感がより前面に出てくる感じです。

まちのパーラー

二度目だけど、この店やっぱりいいなあ。店員さんもフレンドリーで活き活きとしていて、寛げます。小竹向原まで来るのはなかなか大変だけど、これはやっぱり夜メニューも攻めに来るべきか。
ちなみに、食べきれなかったパンは包んでもらったほか、お土産にレーズン酵母の食パンと全粒粉のプチパンを買ってきてしまいました(笑。朝食にして良し、チーズやオリーブオイルと合わせてワインのつまみにして良し。しばらくは余韻に浸りたいと思います。

さて、今年はかなり精力的に攻めた聖地巡礼ですが、Season3 の聖地はあと半分残っていますし、原作系でもまだ行っていないお店はいくつか。ドラマのほうは今までのペースを守れば来年 4 月から Season4 があるのでは?と予想していますが、その前に Season3 のお店はコンプリートしたいところ。来年も、飽きずにお付き合いください(笑。

孤独のグルメ Season3 Blu-ray BOX

B00ESXXM28

関連ランキング:パン | 小竹向原駅新桜台駅江古田駅

投稿者 B : 20:58 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2013/12/26 (Thu.)

築地場内の朝食パスタ:築地魚河岸トミーナ

築地市場までぶらりと行ってきました。

築地

京都・錦市場小樽・三角市場と今年は市場づいていますが、この活気が楽しい。そういえば、東京に 18 年ほど住んでいるにも関わらず、築地市場にはまだ足を踏み入れたことがなかったことを思い出し、あと 2 年ほどで豊洲に移転してしまう前にちょっと行ってみるかな、と。

しかし、築地は平日とはいえ新年の支度をする人でごった返しており。立ち止まっていなくても後ろから誰かに押されて進まざるを得ないような混み具合で、写真を撮るのはちょっと諦めました(´д`)。これは、もうちょっと落ち着いた時季に改めて来てみることにしよう...。

築地

ともあれ、市場の雰囲気、楽しい。
写真はやめておくにしても、せっかく市場に来たからには、市場メシを食べようじゃないか。去年の CP+ 以来すっかりハマってしまった市場メシ、いってみよう。外にもたくさんお店はあるけど、場内のこのへんの店たち、どこもソソるよなぁ~っ。

でも、お店はここにしようと決めてました。

築地市場・唯一のイタリアン 築地魚河岸トミーナ

トミーナ

ちょうど、このあたりに来ようと思っていたところ、某氏がこのお店のことをつぶやいていたので、調べてみたらやたらうまそうじゃないか!あまり築地市場っぽい店じゃないけど、そんなことは置いておいても来てみたい、と思いました。

市場のお店らしく朝 8 時からやっているとのことで、朝食がてら来てみました。

トミーナ

かなり年季の入った店内は、カウンターのみ。装飾らしい装飾もほとんどありません。男独りで入るのにこんなに抵抗感のなかったイタリア料理店は、生まれて初めてですよ(笑

トミーナ

メニューはこんな感じ。辺に凝ってない、シンプルなパスタだけで勝負しているところに市場メシらしさを感じると同時に、それだけ自信持ってるってことなんだろうな、というのを感じます。基本 1,000 円以上という値段はちょっと強気だなあ、とは思うけど。

トミーナ

今月のおすすめメニュー。カキやカニなど、冬が旬の海の幸。これこれ、これでこそ築地ですよ。通常メニューよりもさらに高いけど、ここは一年がんばった自分へのご褒美も兼ねて、奮発しますか。

トミーナ

まずはサラダから。シンプルな野菜サラダですが、一人用のサラダにしては大きめのボウルにどどんと盛られてきました。いかにも男のメシのサラダという感じ。イタリアンといっても、やっぱりここは基本的に男の仕事場のめし屋、なんだろうなあ。

トミーナ

そして出てきました。ズワイ蟹のカルボナーラ!これが食べたかった。

特に大盛りで頼んだわけでもないんですが、かなり高い山盛りで出てきました。その辺のパスタ屋なら、大盛りで頼んでもなかなかここまで高くは盛ってくれないと思います。

トミーナ

「カルボナーラ」というけど、実際にはトマトクリームソース系。確かにカニにはこっちのほうが合うかも。カニ身はトッピング的に乗っかっているだけじゃなく、ソースの中にもたっぷり混ぜ込まれています。

トミーナ

これがとてもうまい。細めのスパゲティのツルツルした食感に、カニの風味とマイルドなトマトクリームソースが絡んで、たまらないうまさ。ソースには刻んだ白ネギも混ぜ込まれていて、香りとシャキシャキした食感の両方でアクセントになってくれています。確かにこれ、カニとトマトクリームソースだけだったらちょっと緩かったかもしれないので、ちょうど良いかも。

トミーナ

食後は飲み物つき。

食べる前は「1,500 円はちょっと高いかなあ」と思っていたけど、実際食べてみると味といい、ボリュームといい、遠慮のないカニの使いっぷりといい、これならむしろ 1,500 円でも安いような気さえします。ちょっとした有名店のパスタよりもここのほうが満足度は高いんじゃないでしょうか。

ここは誰かを誘ってまた来たいなあ。

関連ランキング:イタリアン | 築地市場駅築地駅東銀座駅

投稿者 B : 23:48 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2013/12/25 (Wed.)

Veuve Clicquot Yellow Label Brut

今年のクリスマスはいつもとは違うシャンパンを飲んでみました。

Veuve Clicquot / イエローラベル ブリュット

Veuve Clicquot Yellow Label Brut

私が飲むシャンパンはたいてい MOET か MUMM。飲むようになったきっかけは新旧の F1 公式シャンパンだからという理由なのは明らかですが(笑、どちらもしっかりした辛口で私好み。でも、先日某氏とシャンパン選びの話をしていたときに、そういえば MOET と MUMM 以外のシャンパンって久しく飲んでないな...というのを思い出し、たまには違う銘柄に手を出してみました。

ヴーヴ・クリコを飲んだのは数年ぶり。おお、こんな味だったっけ...。MOET や MUMM に比べると上品で繊細な味。泡がきめ細かいのがそう感じさせるんでしょうか。「Brut(辛口)」のわりに、線が細くて優しい味。料理に合わせるなら、MOET や MUMM よりも向いているかも。いつものシャンパンより、ちょっとリッチな気分に浸れますね。
ただ私は辛口でしっかりした飲み味のお酒が好きなので、これを飲んだ後に一口 MOET が欲しくなります(笑。シチュエーションや合わせる料理に応じて選ぶのがいいですかね。

投稿者 B : 22:00 | Drink | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2013/12/22 (Sun.)

番やのすし

実はこの三連休を利用して単身実家に帰ってきています。年末年始は帰省しないつもりなんですが、その前に少しだけ顔を見せに。

この時季に北陸に来たなら魚を食べる以外にないでしょう、というわけで、寿司!

番やのすし

番やのすし

こっちは廻る寿司屋でも十分すぎるくらいにうまいんですが、やっぱり店によって当たり外れはあるもので。たくさんある店の中でも、この店は特にいい。ここ数年、帰省すると寿司を食べに来るのは決まってこの店です。

回転寿司といっても、こっちの店は店舗の広さは東京の 3~4 倍はあるかな。カウンターだけじゃなくボックス席や小上がりもあって、家族連れのお客さんもごく普通に利用しています。

番やのすし

カウンターの中には生け簀。こういう店、こっちではそれほど珍しくありません。ネタによってはこの生け簀から取り出して捌いてくれます。

回転寿司だけど、廻っている寿司よりも食べたいネタを注文するお客さんのほうが多いかな。

番やのすし

寿司屋に来るといろいろ食べたいんだけど、2 貫ずつだとけっこうお腹いっぱいになっちゃうもの。でもここでは、1 貫ずつを複数種類セットにした「3 貫盛り」や「ずくしシリーズ」というものもあります。私は「本マグロづくし」というのがおいしそうだったので頼んでみました。赤身、中トロ、大トロ、トロ炙り、ネギトロの 5 貫盛り。これは贅沢だ...そしてうまい。まあ、マグロは北陸の名物というわけでもないんですが、うまいものはうまい(ぉ

番やのすし

そして富山の冬といったらこれ、ぶり大根ですよ。この店、寿司だけじゃなくてこういう一品料理もうまい。脂の乗った鰤のうまみが、柔らかくなるまでよく煮込まれた大根に移って、これこそ郷土の味。下手なおふくろの味よりうまい(笑。煮込みが足りないと大根の味が物足りないし、煮込みすぎると大根の代わりに鰤がスカスカになっちゃうし、塩梅が難しいんですよね。

番やのすし

もちろん握りも。今が旬、氷見産の鰤。舌の上でとろける脂、でも養殖ものにはない身の締まり。これが富山湾の鰤ですよ。ぶり大根と握りで鰤がかぶってしまったけど、ここはむしろあえてかぶせに行ったと言っていい。

ちなみに、今では氷見が鰤の産地として全国区の知名度を誇っていますが、富山湾の鰤はほぼ同じ漁場で獲れるので、他の漁港で揚がったものでも同じだけおいしいです。新湊漁港の鰤もよろしくお願いします(という地元アピール

番やのすし

鰺もおいしい。これも氷見産ですが、鰺にしては大ぶりで、甘味の感じられる脂の乗りっぷりがいい。やはり北陸の冬は魚に限る。そして魚は冬の北陸に限る。多少無理してでも帰省してきて良かった(笑

番やのすし

づくしシリーズから、軍艦づくし。といっても艦これコラボメニューというわけではありません(ぉ

いくら、白エビ、極上ウニ、ネギトロ、カニみそ。ウニもいくらも良いけど、北陸なら白エビとカニみそ。ほぼ富山でしか獲れない白エビは、よく言われる「富山湾の宝石」というキャッチコピーはさすがに言い過ぎだと思うけど(笑)こうやって殻をむいて軍艦巻きにすると、甘味だけが感じられてとても良い。これ、県外だとなかなか生食にはありつけないんですよね。

番やのすし

さらに一品料理から、カキフライ。このカキフライがまた大ぶりで、身がみっちり詰まっていて、噛むと中から牡蠣の肉汁(っていうのか?)がじゅわっと溢れてきて、これだけ上等なカキフライも今までなかなか食べたことがありません。この内容で、3 個で 357 円というのは安すぎじゃないでしょうか。これとごはんと味噌汁があればそれだけで定食になりそうなくらいのボリュームで、大満足。寿司屋に来てカキフライで満足するとは思いませんでした。

番やのすし

〆はのどぐろ(赤むつ)の握りで。富山の海の幸の王者は鰤だと思っているけど、のどぐろもちょっと違った方向性でおいしい。脂は乗っているんだけど、寒鰤に比べるとやや淡泊で、上品な感じ。

去年は冬に帰省しなかったので、約 2 年ぶりの北陸の冬の幸。堪能しました。
北陸新幹線が開通すれば、もっと気軽に帰ってこれるんだけどなあ。あと 1 年ちょっとかあ。

関連ランキング:回転寿司 | 婦中鵜坂駅西富山駅速星駅

投稿者 B : 23:26 | Dinner | Gourmet | コメント (3) | トラックバック