b's mono-log

2013/05/16 (Thu.)

とんこつラーメン 元祖長浜屋

博多に行ったらやっぱりとんこつラーメンは食べてこないといけないでしょう、というわけで、ちょっと無理して食べてきました(ぉ

とんこつラーメン自体はもう東京でも当たり前に食べられるもので、一風堂も一蘭も都内ではそんなに珍しくありません。ラーメン大好きだった二十代の頃なら博多出張と聞けば小躍りしていたかもしれませんが(笑)、歳のせいか?最近ラーメンに燃えないんですよね。でも、でも本場の味はちょっと違うんじゃないか、と思って、元祖と言えそうな店を探してみました。

元祖長浜屋

元祖長浜屋

来てみたのは長浜鮮魚市場すぐそばの「元祖長浜屋」。博多に来たのは初めてな私でも、「博多ラーメンと長浜ラーメンは別物」という話くらいは耳にしたことがあります。東京でも普通に食べられる博多ラーメンじゃなくて長浜ラーメンを食べてみようと思い、ちょっと足を延ばしてみました。

店構えはちょっと変わった感じで、ラーメン屋というよりは小学校の頃に見学に行った給食の工場というか、なんだかそういう無骨さを感じさせる店舗でした。しかも、すぐ裏手には「元祖長浜」と「元祖長浜屋台」という類似店が軒を連ねていて、こういう老舗にありがちな元祖・本家争いの生々しさを感じます(;´Д`)。

元祖長浜屋

ともあれ、食券を買って店内へ。

一応夕食を済ませた後なので(ぉ)ここはオーソドックスにラーメンを。一杯 400 円って安くないですか!さすがは本場。

注文したら速攻で出てきました。

元祖長浜屋

今まで食べてきた「とんこつラーメン」とはずいぶん違う見た目。スープの表面にこれだけ油が浮いているのはむしろ横浜の家系ラーメン(あれもとんこつ醤油系なので、派生型のひとつなんでしょう)に近い印象。そして、店内に漂う強烈なとんこつの匂い。これだけ匂いが強いラーメン店は今まで経験したことがありません。

元祖長浜屋

博多とんこつラーメンの特長である細いストレート麺。「ふつう」で頼んでもちょい固めで出てくるのが長浜流なんでしょうね。ちょっと歯ごたえがあってうまい。
スープのほうは、店内に充満するとんこつの匂いに象徴されるように、ちょっとクセのある風味で、塩味強め。まあ市場の近くで漁師さんをはじめとするガテン系がかっ込んでいく食べ物、なら自ずとこうなるでしょうね。食べる前は強い匂いにやられてちょっと引き気味でしたが、食べ始めると妙にクセになりそうな後引き感があります。チャーシューも、塩味強めの薄い細切れ肉で、これは白いごはんが欲しくなるな...。

元祖長浜屋

半分ほど食べたところで、テーブルに常備されていた紅生姜と胡麻を投入。最初から紅生姜を入れないあたり、完全にじゃんがららぁめんに調教されていてすみません(ぉ
でも、この紅生姜と胡麻がとんこつのクセのある風味をちょうどいい具合に中和してくれて、こっちのほうが美味しくいただけますね。最初から入れておけば良かったかな。

市場の近くという立地柄か、他のお客さんはサラリーマンからタクシーの運ちゃん、ちょっとやんちゃしてそうな若者など、なかなか人間模様が交差する感じ。回転も速くて、さすがは本場だけあって流行ってるんですね。

十年前ならともかく、さすがに今の私が毎日食べたいと思うものではありませんが、それでも疲れたときとか飲んだ後とかに無性に食べたくなりそうな、強い個性をもったラーメンだと思います。思い出したらまた唾液が分泌してきた(笑

関連ランキング:ラーメン | 赤坂駅大濠公園駅

投稿者 B : 22:00 | Gourmet | Ramen | コメント (0) | トラックバック

2013/05/15 (Wed.)

福岡のおいしいてんぷら「天ぷらのひらお」

せっかく福岡まで来たし、次にいつ来れるか分からないし、ってことで、がんばってもう少し美味しいものを探してみました(笑

天ぷらのひらお 本店

天ぷらのひらお

福岡空港の近く...といっても、空港から歩いて 20 分くらいかかるところにある天ぷら屋さん。とある人のオススメだったので、ちょっと無理して来てみました。

店内はけっこう広い...けど全てカウンター席、というなかなか面白い構成。揚げたてがカウンター越しに直接提供されるシステムでした。ちなみに食券制で、店内にも券売機があって追加注文も券を買う方式。
一般的に「天ぷら屋」から想像するのとはだいぶ趣の違う、言ってみればちょっとした食品工場のような店内ですが、これはこれで面白い。

天ぷらのひらお

ま、とりあえずビール。出張お疲れさまでした>自分

ビールは瓶しかありませんが、アサヒ(スーパードライ)かキリン(ラガー)が選べるようです。天ぷらにはラガーでしょ。天つゆに沈んだ大根おろしをアテに、ちびちび飲りはじめます(オヤジ

天ぷらのひらお

...と思ったら、カウンターの上になんかたくさん容器が置いてあるじゃないですか。よく見たら、どれもごはんのおかずというか、酒のつまみというか。わさび味噌、辛子高菜、たこわさ、大根の煮物、もやしの和え物。これちょっと天ぷら頼まずにごはんと味噌汁だけ注文して食事できちゃうんじゃね?というレベル(笑

まあ私が酒のつまみとして好むものばかりなので(笑)、これでビールをぐいぐい進めながら、天ぷらを待ちます。

天ぷらのひらお

天ぷらは揚がったものから順に出てくるようです。まずは鱚、海老、南瓜の天ぷら。ちなみに注文したのは「あじわい定食」というセットで、海老・鶏もも・鱚・烏賊・野菜三品の天ぷらセット+ごはん+味噌汁。ビール飲むからごはん少なめにしようと思って小ごはんを頼んだら「ごはん小で大丈夫ですか?」と聞かれました。デフォルト大盛りみたいな体つきですいません(´д`)。まあ、天ぷら以外にもこれだけおかずが無料だったら、白飯を大量に消費したくなる気持ちは分からなくもない。

天ぷらのひらお

揚げたてアツアツ、サクサクの天ぷらをいただいていたら、続きもどんどんやってきます。茄子、ピーマン、鶏もも。

天ぷらのひらお

そして烏賊。

どれも揚げられていても素材の新鮮さがわかる食感と味で、なかなか幸せ。しかも天ぷらなのに食感が軽くて、いくらでも食べられそうな気がしてきます。

天ぷらのひらお

というわけで追加は穴子の天ぷら。こないだ広島で穴子飯を食べそびれた悔しさが残っていたというのもありますが(笑)、この穴子がまた長い。そして外はカリッ、なかはふわっふわ。鱚や鶏ももも良かったけど、今日のチャンピオンはアナゴくん、君に決まりだ。

天ぷらのひらお

ごはんと味噌汁をいただきました。(ビールを頼んでいると、ごはんは先に出すか後に出すか選ばせてもらえます)

ごはん、小でこのサイズ。これ私が自宅で茶碗に大盛り食べるときの量なんですけど(笑
でも、天ぷらもつまみ類もやたらとごはんが進む味なので、却ってありがたいかも。

味噌汁は薄味で、これくらいのほうが確かに天ぷらとのバランスはいい感じ。

天ぷらのひらお

カウンターの上にまだチェックしていなかった何かを見つけてしまいました。

これ、よく見ると、抹茶塩・ごま塩・カレー塩じゃないですか!っていうかカレー塩、そういうのもあるのか!

ちょっとつけて食べてみましたが、ごま塩はもう間違いない安定のうまさ。抹茶塩はこのお店にとってはちょっと上品すぎる印象。カレー塩は...なんだか、天ぷらが駄菓子っぽい味に化けてしまいましたが(笑)、これはこれでアリな気がする。

天ぷらのひらお

いやはや。安くてうまい天ぷら、堪能しました。
天ぷらはメニューがたくさんあるので、機会があれば何度か通っていろいろ試してみたいところ。

帰りはお店の前にちょうどバス停があるのを見つけたので、バスで空港に向かいました。

関連ランキング:天ぷら | 福岡空港駅

投稿者 B : 23:59 | Dinner | Gourmet | コメント (2) | トラックバック

2013/05/14 (Tue.)

博多天神「真」の焼き鯖

先月の広島に続いて、今度は出張で博多に来ています。福岡も中学の修学旅行以来なので、21 年ぶりですよ(といっても当時来たのは小倉なので博多は初めて)。

右も左も分からないわけですが、こういう見知らぬ街を歩いていろいろ探すのはなかなか楽しい。ドラクエで新しい町に着いたときの感覚、と言えばいいでしょうか(笑

ただ、右も左も分からない、ということは、どこで何を食べるのが良いか分からない、ということでもあります。それは困る。

博多天神

ただ、天神のあたりはうろうろしているだけでもなんだか美味しそうなお店はいっぱいあるし、そこらじゅうに出ている屋台を眺めているだけでもお腹が空いてきます。そういえば今日はあまりに忙しくてお昼抜きだったよなあ...なんて考えながら、お店を探します。博多といえばもつ鍋、でも一人もつ鍋はさすがに寂しい。一人ちゃんこを経験済みだとしても、寂しいモノがあります(ぉ

博多天神

歩いていたら、水鏡水天宮という神社の横町に、なんだか雰囲気の良い飲み屋街があるじゃないですか。水天宮の朱色の壁に、飲み屋街の看板の灯りが反射して、まるで赤提灯街のような雰囲気を醸し出しています。これは見るからに期待が持てそうだぞ。

食事と酒処 真

食事と酒処 真

よし、ここに決めた。出張で一人居酒屋、ってのもたまにはいいじゃないの。

食事と酒処 真

今日のおすすめは...と。長崎産のゴマアジとヤリイカの刺身なんてうまそうだな、と思ったら、どれも今日はもうお終いかあ。見る目のあるお客さんが集まっているお店なら、なおのこと期待が持てそうだ。
さて、何を頼もう。

食事と酒処 真

イカの塩辛、カツオ酒盗、辛子メンタイ...私の好物ばっかりで、迷っちゃうなあ。誰ですか、オヤジくさいなんて言ってるのは(ぉ

よし決めた。やっぱり初志貫徹であれにしよう。

食事と酒処 真

でも、まずは生ビールから。

生ビールを頼んだら、おばちゃんが「お疲れさま。」と肩をポン、と叩きつつジョッキを持ってきてくれました。
初めて来たのに、まるで常連さんか自分ちの息子にでも出すようなノリで出してきてくれるのが、なんだか嬉しいじゃないの。

食事と酒処 真

ビールの肴はこれ。生くじらの刺身。和歌山産だから博多と全然関係ありませんが、こういう滅多に食べられない食材が置いてあると頼まずにはいられない。

くじらって、小学校の給食で何回か食べた記憶があるけど、その記憶とはまた違う味。そもそも刺身で食べるのは初めてです。
野性味溢れる「けものの肉」という食感でありながら、くさみはほとんどなくて、ちょっと種類の違う牛刺しのような感じで、なかなか美味。ビールも進みます。

食事と酒処 真

そして本命はこれ。焼き鯖とごはん(この盛りでも小)、味噌汁。夜は定食ではやっていないようですが、単品で頼めます。

鯖といえば山口だけど、福岡はその対岸なんだから、おいしくないわけがない。

食事と酒処 真

どーーーん。このボリュームですよ。長さは割り箸よりも明らかに長く、厚みは最厚部で 2cm はあろうかという特大の鯖。えっと、今まで一人でこの量の鯖を食べたことがないんですけど(笑

食事と酒処 真

身がみっしりと詰まった鯖は、中から脂分が流れ出てくるほど脂が乗っています。旬でない今の時期でさえこれなら、秋の鯖はどれほどになるんだと(^^;;

鯖はほとんど味付けなしでただ焼いただけなので、軽く醤油を落としてからいただくと、しみじみ実家を思い出しそうになる味です。ウチの親父も鯖好きで、朝からだって鯖を食べるような人だったなあ...ってまだ健在だけど(ぉ

こりゃあ、ごはんが小サイズでも盛りが良かったわけだ。私もビールがなければ大盛りごはんじゃないと足りなかったことでしょう。鯖といったら白い飯だろうが!

食事と酒処 真

そして、もしかしたら鯖以上に美味しかったのが、この味噌汁。

ちょっと濃いめ、だけどほんのり甘口で、ほっとする味。味噌汁にここまで癒やされたことはないんじゃないか、というくらい、飲むと身体の内側から幸せがこみ上げてくる味です。油揚げがたくさん入っているのもうれしい。隣に座っていたサラリーマンの二人連れも「この味噌汁、うまいなあ...」とため息をつきながら飲んでいました。

食事と酒処 真

ああ~、うまかった。皮まで残さずきれいにいただいてしまいました。味、量ともにかなり満足度の高いお店。しかも、これだけ飲み食いして 2,500 円ですよ。

今度いつ博多に来ることがあるか分からないけれど、この店は間違いなく覚えておこうと思いました。

関連ランキング:和食(その他) | 天神駅中洲川端駅天神南駅

投稿者 B : 23:59 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2013/05/06 (Mon.)

東京都豊島区池袋のデパート屋上のさぬきうどん

「なるほど、屋上か」

池袋西武

『孤独のグルメ』聖地巡礼【原作版】、江ノ島丼を食べたら他の店にも行ってみたくなりました。とはいっても、原作のほうは事実上コンプが不可なので、行ける範囲内で。
ちなみに、作中のモデル店が現存していた数年前に聖地巡礼をコンプされている方はいらっしゃるようで。そのレポートを読んでいるだけでも楽しいです。

『孤独のグルメ』巡り
M理論の部屋:孤独のグルメ関東編1

そんな作品舞台の中で、今回は、第 16 話に登場した池袋西武の屋上に来てみました。写真はできる限り原作のコマを再現していますが(笑)、屋上遊園地は既に閉鎖されてしまっているため、雰囲気が随分違っちゃってますね...。

池袋西武

なーんだ、気持ちいいじゃないか。
よしよしいいぞいいぞ、ここでなんか食べればいい。

さあて、なにがいいかな。

かるかや

かるかや

ん?手打ち...。
あてにはならないけど、いい匂いだ。タマラナイ。

遊園地がやっていないせいか、屋上の人はまばら。それでもこの「かるかや」には、行列こそできていないものの、ひっきりなしに人が訪れています。けっこう人気があるお店なんですね。

かるかや

原作では「月見おろしうどん」となっていましたが、メニューに書いてあるのは「おろしうどん」。でも、写真を見る限り卵は標準で入っているようです。価格は執筆時より値上げされていて、400 円。それでも学食並みの安さです。

卵が入っているうえに大根おろしが入っているなんて、食べたことがないぞ。

かるかや

注文してほんの 1 分、出てきたおろしうどんはほぼ原作そのまんま。少なくとも 18 年、このままのスタイルで提供され続けてきたということでしょう。

うーん、おいしそうだ。
いただきます。

かるかや

冷やしうどんに大根おろし、っていうのはあるけど、温かいうどんにおろし、というのは初めてかも。
ふーん...卵とおろしの効果っていうのがイマイチ分からないけれど、うまいよな。

生卵に揚げ玉、関東風の白ネギが散らされているのもいい。

かるかや

つゆは見た目も味もあっさりめの薄味。関東でこういう味のうどんが食べられるのは珍しいんじゃないかな。まあ、関東でも最近は讃岐系の釜玉とかぶっかけうどんが流行っているので、いわゆる関東系のうどんもあまり食べなくなりましたが。
麺は不揃いに切られていて、確かに手打ち風。しっかりした食感で、想像していたよりもお腹にたまります。

あったまる、これはいい。まあ、ちょっと暑いくらいの初夏の気候で、本当は冷たいうどんが食べたかったけどな(ぉ

かるかや

あ――、外でうどんなんか食べるのはいつ以来だろう?

小学校の運動会とか、なんかそういうのに似た非日常感。

池袋西武

この雰囲気、下がすぐ駅だなんて信じられないよ。都会のエアポケットみたいだ。

でも、屋上に遊園地を持っているデパートがどんどん減っていって...少子化が先か、百貨店の経営方針が変わったのが先か、ニワトリとタマゴみたいな話だけれど、昔に比べると「家族でデパートに行く」というシチュエーション自体が大幅に減った気がする。

バスク

その後、屋上のグリーンショップで「すいません...このサボテンをください」を再現しても、帰ってから家族に迷惑がられるだけだと思ったので(笑)ゴローが食べ歩きしていたフランクフルトの店を探してみました。そしたら、同じ屋上のソフトクリーム屋さんにありました。

店名は「バスク」。ガンダムヲタなら間違いなく反応する店名ですが(笑、店員さんは別にゴーグルをかけた武闘派ではなく(ぉ)とても人の良さそうな雰囲気のおじさんでした。

バスク

フランクフルト、250 円。ケチャップとマスタードをたっぷりかけてもらえるのがうれしい。
月見おろしうどんが 400 円なのに対してこれで 250 円かぁ...という気がしなくもないですが(笑

バスク

むぐ。

こういう食べ歩きの感覚っていいなあ。なんだか縁日みたいだ。

池袋西武

そうか...都会のぐしゃぐしゃから逃げたければ、ここに来ればいいんだな。
ここでは青空がおかずだ。

池袋という人口密集地域にあって、ここだけ時間の流れが違うかのような空間。あくせくしてる自分が、なんだかばからしくなりました。
夏場はここでビアガーデンもやっているらしいし、また気晴らしに来てもいいかな、と思いました。

久住 昌之、谷口 ジロー / 孤独のグルメ 【新装版】

459405644X

関連ランキング:うどん | 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅

投稿者 B : 14:00 | Gourmet | KODOGURU | Udon & Soba | コメント (0) | トラックバック

2013/05/03 (Fri.)

豚組 [しゃぶ庵] で馬しゃぶを食す

久しぶりに豚組 [しゃぶ庵]に行ってきました。

豚組 [しゃぶ庵]

豚組 [しゃぶ庵]

一時期は毎月のように行っていた豚組ですが、最近は孤独のグルメ聖地巡礼が忙しくて(笑)すっかりご無沙汰していました。一年ちょっとぶりくらいじゃないですかね...。

今回のお目当ては期間限定の「馬しゃぶ」。本当は 4 月限定だったのが、好評につき 5 月まで延長されたと聞いて、すかさず予約しました(笑。長野に出張に行ったらスケジュールが許す限り必ず蕎麦と馬刺しは食べる、というくらいの馬肉好きとしては、これは見逃せない。ましてや馬刺しなら食べられる店がそれなりにあるけど、馬しゃぶなんて初めてですよ。

豚組 [しゃぶ庵]

例によってル・クルーゼの鍋が我々を出迎えてくれます。もはやこの鍋を見るだけで唾液が分泌してくるという、俺は完全にパブロフの犬かもしれない(ぉ

豚組 [しゃぶ庵]

料理が出てくるまでの間にビールで乾杯。サンクトガーレンの湘南ゴールドは、フルーティな香りでやっぱりうまいなあ。

ここで事件発生。同席のクマデジさんが割り箸を落としたところ、1 分以内の早さで店員さんが「もしかして割り箸落とされましたか?」と替えの割り箸を持ってきてくださいました。落とした音だけで対応できるこの接客!しゃぶ庵には今まで何度となく来ていますが、接客でここまで驚いたのは初めてです。逆に、個室とはいえヘタな会話はできないなあ、とも思いましたが(笑

豚組 [しゃぶ庵]

馬しゃぶ懐石コース、ということで、まずは八寸からいただきます。こういう、ちょこちょこいろんな味を楽しめる料理って好きなんですよね。個人的には、旬の終わり際ギリギリのホタルイカが入っているのがうれしい。

豚組 [しゃぶ庵]

しゃぶしゃぶへの前振りに、馬肉のタタキ。鰹とも牛とも違う、身の引き締まった感じがいい。タタキにすることでさらに際立ちますね。

豚組 [しゃぶ庵]

ビールはパイナップルエールに移行。湘南ゴールドとはまた違った甘みのある香りとトロピカルな後味がいい。

豚組 [しゃぶ庵]

そして伏兵。茄子を田楽風に仕立てたものですが、柔らかく煮られた茄子の食感と、鶏挽肉を和えた味噌が濃密に絡んで、真剣にうまい。これはおかわりしたくなる味でした。

豚組 [しゃぶ庵]

「こちら、中村からのサービスになります」ということで、Twitter 予約特典の自家製チャーシューを今回もいただきました。これだけで十分に一品メニューになり得るうまさ。すいませーん、ライスください(ぉ

豚組 [しゃぶ庵]

ここでしゃぶしゃぶのたれが登場。左からフルーツポン酢(オレンジとグレープフルーツ、だったかな)、ノーマルポン酢、そばつゆ。これが出てくると期待は最高潮に達します(笑。個人的にはこのそばつゆでいただくしゃぶしゃぶが好き。馬肉との相性はどうでしょうか。

豚組 [しゃぶ庵]

...というわけで、本日の主役・馬しゃぶ肉の入場です!

これぞ「桜肉」という、見事な桜色。見るからにウマそうじゃないですか。

豚組 [しゃぶ庵]

この見事なサシの入り具合。しかも、馬脂は牛脂に比べて融点が低い(豚脂もほぼ同様)ので、常温で既に少しずつ融け始めています。この脂肪の融けやすさが馬肉の旨さの秘密なんですよね...。

豚組 [しゃぶ庵]

あまり熱を加えすぎると脂が溶け出しちゃって美味しさが損なわれるので、鍋のお湯には本当にくぐらせる程度でいただきます。私は長野では馬刺しと蕎麦の組み合わせでいただくことが多いので、そばつゆとの相性が良いことは保証されているようなものですが、牛豚と比べて軽い食感なので、フルーツポン酢との組み合わせがベストかも、と感じました。

ちなみにこの馬肉は馬刺しで食べられるほど質の良いものなので、生のまま醤油につけていただいても OK です。というか、私は半分くらい馬刺しとしていただきました(笑。舌の上でサッと溶ける馬脂の甘みが、ああ堪らない...!

豚組 [しゃぶ庵]

〆は定番の中華麺。鍋にはしゃぶしゃぶした肉のうまみが溶け出している=つまりはとんこつスープに近い状態になっている、ということで、この細麺がよく合います。

豚組 [しゃぶ庵]

この沸き立つ麺を見ていると、ひとしきり食べた後なのに再び食欲がかき立てられてきます(笑。
というか、豚しゃぶに比べると腹にドスンと来る感覚がないので、本当にもっと食べられるところでした。豚しゃぶ一皿、追加しておけばよかったかなあ。

豚組 [しゃぶ庵]

デザートのマンゴーシャーベットにて終了。

いやあ、ごちそうさまでした。これ期間限定メニューというのがもったいないくらい、馬肉好きにはたまりません。まあ、定常メニューとして持っておくのは仕入れとかなかなか大変だとは思いますが(^^;;
馬肉の美味しい店、改めて探してみようかなあ。そういえば、人形町に見るからに美味しそうな馬肉専門店があったっけ...。

関連ランキング:豚しゃぶ | 乃木坂駅六本木駅青山一丁目駅

投稿者 B : 16:00 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2013/04/30 (Tue.)

オープンしたばかりの「豚組食堂」に行ってきた

28 日にオープンしたばかりの豚組の新店舗「豚組食堂」にさっそく行ってきました!

とんかつ 豚組食堂

豚組食堂

場所は六本木ヒルズ・ノースタワー B1F。西麻布豚組はうまいんだけど駅からちょっと遠いのがなあ、とは前々から思っていましたが、ヒルズ内という立地にオープンしてくれるとあれば、行かないわけにはいきません。

六本木ヒルズにオープンした有名店の支店、ということで私がお店に着いた時間(11:45 頃)には既に 7~8 人の行列が。それでも回転が速いのか、ほんの 15 分ほど待ったところで店内に通されました。

豚組食堂

うれしいのがメニューと値段。スタンダード銘柄豚ながら、ランチは ¥1,000 で食べられてしまいます。西麻布だとロースかつ膳で ¥1,500、クロケット or かつカリー定食でも ¥1,200 なので、駅から遠いこともあって美味しいのは分かっていてもそうそうしょっちゅう食べに行けるわけではありませんが、これならランチに毎日でも来たくなりそう。ヒルズ周辺で働いている人が羨ましいです。

でも、今日は開店のご祝儀も兼ねてちょっと奮発、¥1,780 の超厚切りロースかつランチを頼んじゃいます。西麻布で食べた 3cm かつがスタンダード銘柄豚ながらこの値段で!と考えると、むしろお得にすら思えてきます。

豚組食堂

手帳サイズのメニューに書かれていた「食べ方 3 原則」。食べるときは切り口を上に、というのは恥ずかしながら初めて知りました...。

ともあれ、超厚切りは揚げるのに 20 分くらいかかるということで、店内を見渡しながらできあがりを待ちます。

豚組食堂

店内はこんな感じで、中央に厨房があり、周囲をカウンターで囲む形になっています。テーブル席もあるけどカウンター中心、そうやってお客さんの回転率を高めているのが、西麻布と比べて低価格にできている理由の一つでしょう(おそらく、他にも西麻布に比べて簡略化している部分はいろいろとあるでしょうが)。

豚組食堂

西麻布の、民家を改造して作られた店舗でゆったりと食べるとんかつも美味しいですが、こうやって自分の食べるとんかつが目の前で調理されていくのを眺めながら気分を盛り上げていく、っていうのもなかなかいいじゃないですか。

豚組食堂

お...きたきたきましたよ。

超厚切りロースかつ、ごはん、味噌汁、キャベツ、漬け物。キャベツは先に出てきて、できあがりを待つ間に特製ドレッシングをかけていただきます(おかわり自由)。

豚組食堂

自分で写真を見ているだけでも唾液腺からとめどなく唾液が溢れてきます(;´Д`)ヾ。

豚組食堂

この分厚さですよ。これだけ厚いのに固いわけでもパサパサしてるわけでもなく、柔らかくて程よい脂乗り。
まずは塩でいただくわけですが、歯を立てると肉からじゅわっとしみ出てくる脂の甘みを、塩のシンプルさがさらに引き立てて、口の中にじんわ~っと幸せが広がっていきます。

豚組食堂

途中まで食べたところでソースに移行します。このソースも、とんかつにかけてしまうわけではなく、小皿にソースを入れて、刺身のようにとんかつをソースにつけて食します。肉そのものの味を堪能できる塩もいいけど、ソースもうまみが広がる感じで良いですね。ごはんが進みます。

豚組食堂

というわけであっという間に完食。ボリュームのある超厚切りとんかつでお腹いっぱいになったのに、それほど胃にもたれる感じがしないのは、やっぱり良い素材を使っているから、なんでしょうね(今回はごはんをおかわりしなかったのもあるけど)。

六本木って、夜はともかく昼時に来たときのランチに困る印象(お店がないわけではなく、たくさんありすぎて決め手に欠けるという意味で)がありましたが、これでもう迷わずにすみそうです。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:とんかつ | 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅

投稿者 B : 21:52 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2013/04/24 (Wed.)

お好み焼 ゆうゆう

広島

出張で広島に行ってきました。

広島を訪れたのは、中学の修学旅行以来じつに 21 年ぶり(!)。もう当時のこともほとんど覚えていないわけですが、平和記念公園と宮島の風景だけはよく覚えています。大阪より西に来たこと自体かなり久しぶりで、仕事ではありながらもちょっとわくわく。残念ながら天候も悪く写真を撮りに行く余裕はありませんでしたが、せっかく来たからには美味しいものを食べてこそだよね、ということで、お好み焼き屋を攻めるわけです。

広島駅ビル

さすが広島、駅ビルのレストラン街にもお好み焼きストリートがあるほど「石を投げればお好み焼き屋に当たる」状態で、街を歩いていてもけっこう頻繁にオタフクソースの香りが鼻をついてきます(笑。でも、私はお好み焼きと言えば普段は大阪派で、広島風はこどグルツアーで行った下北沢の「HIROKI」以来。広島に土地勘もないし、どうしようか、と思っていたら、Twitter で何人かの方から美味しいお店の情報をいただけました(ありがとうございます)。日本の主要都市のほとんどに繋がっている人がいる、というのは、こういうとき本当にありがたい。

その中で、広島駅近くで美味しそうだったこのお店を選んでみました。

お好み焼 ゆうゆう

お好み焼 ゆうゆう

広島は、地方都市によくある、駅周辺よりも少し離れた繁華街のほうがメインで駅前はむしろ閑散としている、という市街地の構造になっています。そんな広島駅のすぐ近く、高架下にこのお店はありました。

さあて、広島に来たからには、分厚いのをど~んと焼いてもらおうじゃないか。

お好み焼 ゆうゆう

オーダーしたのは「デラックス」という名前からして豪華なお好み焼き。¥1,700 もするお好み焼きですが、せっかく広島まで来たからにはカキは食べておきたいじゃないですか。

しばらくすると、鉄板からいい匂いが立ちこめてきて、エビとカキがとてもいい感じに焼けています。もうこれだけで、グッとくるじゃないか。

お好み焼 ゆうゆう

デラックス、どーん!

お好み焼きの上に、これ見よがしに載せられたエビとカキ。青ネギがたっぷりと散らされているのがいいじゃないですか。

おかみさんの「手前のカキにはソースつけてないですから、そのまんま食べてみて」という一言が、自信の表れでしょう。

お好み焼 ゆうゆう

うん、エビがぷりっぷりしている。

そしてカキ。このカキですよ。何もつけていないのにすごく「味が濃い」カキで、今までこんな濃密なカキは食べたことがないかもしれない、というくらい。おおお、これは興奮する。このカキが食べられたなら、明日当たっても悔いはないや(ぉ。

お好み焼 ゆうゆう

中に入っているそばも面白い。生麺を使っているとのことですが、コシの強い細麺で、大阪風のモダン焼きとは対極にある感じ。この弾力性のある麺がソースと絡んで、パリッと焼かれたお好み焼きとの食感のメリハリが楽しい。

お好み焼 ゆうゆう

いやあ、ごちそうさまでした。現地の人が勧めてくれたお店だから美味いに違いない、と期待してはいたけれど、予想を上回る美味さでした。今までお好み焼きといえば大阪派だったけど、広島だって負けてはいない。今度いつ広島に来る機会があるか分かりませんが、出張のチャンスがあったら積極的に狙っていきたいと思います(笑。

関連ランキング:お好み焼き | 広島駅広島駅駅猿猴橋町駅

投稿者 B : 23:00 | Gourmet | Junk Food | コメント (0) | トラックバック

2013/04/21 (Sun.)

横浜中華街 金福樓

横浜に行く用事があったので、ついでに中華街でごはんを食べてきました。

横浜中華街 東門

中華街で食事、ってありそうでなかなかなくて、最後に食べたのは少なくとも 5 年以上前...もしかしたら 10 年前だったかもしれませんというくらいに記憶にない(;´Д`)。何かの用事で近くに来たついでだったり写真を撮りに来たのだったりでこの界隈にはちょいちょい来ているはずなんですが、多くの場合は肉包子を頬張りながら散策して終わり、という感じなんですよね...。

さあどこで食べようか、ということなんですが、聘珍樓みたいな誰でも知ってる有名店はなんか高いばかりなイメージがあります。こういうところで食べるなら、ちょっと地味めな中国家庭料理の店、ってのがおいしいんですよ(完全に井之頭脳)。

横浜中華街の金福楼は安くて美味しい、穴場のお店

金福樓

10 年前に友人と一緒に来た店、ここだったかなあ...。朧気な記憶を辿りながら来てみましたが、実際にお店に入ってみてもここだったような気はするし、微妙に違ったような気もするし、定かではない(ぉ。でも、お店の雰囲気としては、「あたり」だと私の勘が言っています。

さあて、何を頼もう。

金福樓

ドラゴンハイボール!これは気になる。頼んでみるしかないでしょう。きっと 7 杯飲んだら神龍が現れて願いを叶えてくれるに違いない(ぉ

金福樓

出てきました。見た目は完全にコーラですが、飲んでみると...っていうか飲んでみる前に匂いからして完全に紹興酒、飲んでみても完全に紹興酒のソーダ割りでした(;´Д`)。いや、なしではないんですが、これなら普通に熱燗&ザラメでいただいておけば良かったかも。まあ、ランチなのでこのくらい軽いので十分です。

金福樓

今日の俺は麻婆豆腐気分だったんだ、というわけで、麻婆豆腐をオーダー。ここの麻婆豆腐は 3 種類あって、通常の麻婆豆腐、大辛麻婆豆腐(豆板醤がたっぷり入っている)、麻辣麻婆豆腐(「麻辣」なので池袋「楊」の担々麺よろしく花椒がたっぷり入っている)がありましたが、「楊」で花椒の刺激にハマった身としては、麻辣をいっとかざるを得ません。

金福樓

見るからにかなり辛そう、これは水が甘く感じてしまうくらいの刺激があるかな...と思いきや、思いの外バランスの取れたお味。そういえば、ここは四川料理じゃなくて広東系のお店だった。
ピリ辛でごはんが欲しくなる味で、もっとパンチの効いた辛さでも良かったけど、これはこれですごくおいしい。挽肉たっぷりめで食べ応えもあります。麻辣麻婆豆腐、正解。

...まあ、帰宅してみたら晩ごはんも麻婆豆腐だったけどな(ぉ

金福樓

続いて五目おこげ。おこげって中華料理の中でもシアワセなもののひとつじゃないですかね。海鮮がたっぷり入っていて手間もかかるので一般的には高価めのメニューですが、ここではけっこうリーズナブルにいただけました。

お米を揚げた「おこげ」の上にアツアツのあんかけをかけて、ジュワーッとなるのも楽しみのひとつ。おこげのカリカリの食感が残っているうちに食べるか、おこげにあんかけが浸みてから味わうか悩ましいところですが、まずはすぐに食べて食感を楽しみ、あとはじっくり味わう、が王道でしょう。

金福樓

酢豚。酢豚って、個人的には給食に出てきたらがっかりするメニューのひとつでしたが、中華料理屋で食べる酢豚って美味しいですよね...。ここの酢豚は黒酢を使っていて、深みのある味わいが癖になりそうな感じ。というより黒酢以外の酢豚は認めたくないほど、黒酢の酢豚って美味しいんですよ。
豚肉もカリッと揚がっていてポイント高し。ただ、パイナップルが入っているのは賛否が分かれるところかもしれません。

金福樓

小籠包!私が点心の中で最も好きなのがこの小籠包です。もちっとした皮の中から、うまみが凝縮されたスープがジュワッと出てきて...ああ、写真を見ているだけで唾液の分泌が止まらない(;´Д`)。

ここの小籠包もそういう王道の小籠包でした。もっとアツアツで食べたら火傷しそうな温度のスープが飛び出してくるか、と覚悟していたら、ほどほど適温のスープでちょっと安心、半分残念(笑。

金福樓

〆はごはん物で。拝骨炒飯をいただいてみました。オーソドックスな玉子炒飯の上に拝骨が乗っかったもので、食べ応え十分。炒飯自体も米がパラッとしていて、これはノーマル炒飯でも十分に楽しめただろうな、と思いました。

お昼だったからほとんど飲まなかったということもありますが、三人でこれだけ食べて一人あたり二千円台。やっぱり、中華街を堪能しようと思ったらこういうお店でお腹いっぱい食べるのが幸せだよなあ。

ごちそうさまでした。横浜からそう遠いところに住んでいるわけでもないので、今後はもうちょっと頻繁に中華街に足を運んでみたくなりました。

関連ランキング:広東料理 | 石川町駅元町・中華街駅日本大通り駅

投稿者 B : 23:59 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2013/04/16 (Tue.)

きじ すじモダン焼

おひるどきってたまーに無性にソースの味が食べたくなりますよね。というわけで、平日の久々の外食はお好み焼き。

お好み焼 きじ 品川店

お好み焼 きじ 品川店

私が大阪のお好み焼きで最も好きな「きじ」が職場の近くにできたにも関わらず、昼間はなかなか外食の機会がありません。なので、この店もせいぜい年に 1~2 回しか来られないのですが、来てもたいてい行列という。でもどうしてもお好み焼きが食べたくなって、並びました。

オーダーは「すじモダン焼」。いろいろ食べたけど今のところこれがベストです。

お好み焼 きじ 品川店

モダン焼というと、一般的にはしっかりめに焼けたお好み焼きで焼きそばを覆っているイメージがありますが、ここのモダン焼ひと味違う。焼きそばに、お好み焼きの生地がまだとろっとした状態で渾然一体となっている、という独特の焼き方です。そしてこれがとろっとしていてうまい。しっかり焼いた薄焼き卵に包まれたオムライスしか知らなかったところに半熟オムライスを食べたときの衝撃とでも言いましょうか、そういう「モダン焼の常識がこの瞬間から覆った感」のあるモダン焼です。

お好み焼 きじ 品川店

やっぱりここに来ると大阪流にごはんセットは頼むでしょう。小麦粉、焼きそば、ごはん...とんだ炭水化物祭りを開いてしまった(ぉ

でも、この背徳感がよけいにうまく感じさせるんだよなあ(笑。

お好み焼 きじ 品川店

正直言って見た目的には美しくないですが、とろとろっとしていてとてもおいしい。牛すじも柔らかくていい。というか、煮込みとかカレーとかお好み焼きとか、牛すじが入っているとつい頼んでしまう牛すじ好きです(笑

そういえば、しばらく大阪に行っていないな...久しぶりに、本店にも行きたいんだけど。

関連ランキング:お好み焼き | 品川駅北品川駅天王洲アイル駅

投稿者 B : 23:36 | Gourmet | Junk Food | コメント (0) | トラックバック

2013/04/09 (Tue.)

神奈川県横浜市白楽の神大ソフト

「昭和だ...昭和が絶滅せず、生き延びて子孫を産んでいる」

白楽

ふたたびやって来ました白楽。ドラマ『孤独のグルメ Season2』聖地巡礼、先日のキッチン友に続いて甘味パートを攻めに来ました(笑。大口通商店街の「ロデオ」に寄ったのは、本来はこっちの目的で横浜方面に来たからだったりします(ぉ。

東横線の白楽駅から、真っ直ぐに下る六角橋商店街。大通りを越えたら、こんどはひたすら上り坂になって、神奈川大学に続いていきます。大学に近づくほどに学生街らしい、若いエネルギーあふれる街並みになっていくのがなんだか楽しい。

神奈川大学

初めて来るとちょっとしんどいくらいの坂を上ったところにある、神奈川大学。私の母校も大きな丘の上にあったので、そういう意味では馴染みがありますが、私立大学のキャンパスって公立とはちょっと違った雰囲気を持っていますよね。そして、私の母校はほぼ男子校と言って良い女子の少なさだったので、これだけ女子大生がたくさんいる場所はなんだか落ち着かないという(;´Д`)ヾ。

ちょうど新学期が始まったところで、教科書の販売とかでキャンパスはとても賑わっていました。私はゴローとは違って滅多にスーツを着ないので、そこまで浮いてはいないでしょうが、それでも一回り以上歳の違う学生さんたちの中にいると、どうもいたたまれない(笑

シフォン

学食は 10 号館、10 号館...と。大学のキャンパスって、慣れるまで何号館がどこにあるかって分かりにくいよなあ~。

ほー、二階にはスイーツを食べられるカフェまであるのか。
「神大ソフト」...そそる響きだ。小腹に甘いもん、ちょっと入れてくか。

シフォン - 神奈川大学生活協同組合

シフォン

実は、年明けくらいからずっとここに来る機会を探っていたんですが、2 月に入って早々に大学が春休みに入ってしまい、シフォンがずっと休業中だったという(´д`)。神大生協のサイトをこまめにチェックして、営業再開を待っていました(ぉ

さあて、いただきましょうか、神大ソフト。
もう学生でない身で利用するのは微妙に気が引けるけど(学生や教職員以外でも学食を利用して良いことは念のため確認済み)、意を決して突入。

シフォン

神大ソフト、フルーツミックス。カップで ¥180。学食価格ですよ。

ソフトクリームにフルーツミックスの缶詰めをかけただけだけど、学生にはこういうのでいいんですよ。

シフォン

お~、こうきたか。
キウイがいい。パイナップルもいい。うん、いいチームワーク、いいミックス。

ソフトクリームは北海道日高の原乳使用ということで、ミルキーな甘さが大人にはちょっと甘ったるい気もするけど、フルーツの酸味との組み合わせならちょうどいい。

そういえば、自分の学生時代にはスイーツなんてほぼ無縁だったなあ...なんて、たむろする女子大生の中肩身が狭い思いを感じながら、ひとりごちる(ぉ

六角橋仲見世通り

「せっかくだから、商店街でも覗いてみるか」

大学からの帰り道は、六角橋商店街と併走する仲見世通りを歩いてみます。
戦後の闇市が発祥で、そのまま商店街に発展したという、ごちゃっとした独特の雰囲気を持つ通り。
ちなみに「キッチン友」は、この仲見世通りの端っこにあります。

うわぁ~、いいなあ。こんなアーケード街があったのか。
うん、この商店街、古いけどしっかり現役だ。
なんだか、嬉しくなっちゃうな。

で、今回の甘味パートは神大ソフトだけでは終わりません(笑
ゴローが「なんだか、夢を見ていたみたいだ」と言ったあの喫茶店にも足を運んでみました。

珈琲文明

珈琲文明

魚屋から衣料品、バーに至るまでが狭いアーケードに密集していて、いろんな匂いが充満するこの商店街にあって、ひときわいい香りを漂わせている喫茶店。入口のドアを開けると、さらにいい香りが鼻腔へと運ばれてきます。

サイフォンで出してくれる喫茶店なんて、嬉しいじゃないですか。

珈琲文明

このお店、テレビ放送時には本編にしか登場しませんでしたが、Season2 Blu-ray BOX では「ふらっと QUSUMI 大盛り」版にも登場していました。それによると、ここのマスターは久住さんの古い音楽仲間なんだとか。店内を見渡すと、『孤独のグルメ』のコミックもちゃーんと置いてあるし。

珈琲文明

メニューは皮の手帳風。これ以外にも、店内の調度品や小物のひとつひとつまで、こだわって揃えられているのがよく分かります。

それにしても「スペシャルティコーヒー」ってどんなんだろう...。

珈琲文明

そして、「ふらっと QUSUMI 大盛り」で紹介されていたこの店のおすすめが、カレーパン。カレー好きとしてはこれは頼まずにはいられますまい(笑
というか、甘味パートの店を攻めた中でついでにカレーも食べた率がやけに高い気がする(笑

ちなみに「地獄のカレーパン」というのは、映像を確認した限りでは信じられない量の刺激物が投入されているようで、久住さんも一口でギブアップ。私はさすがにやめておきました(;´Д`)ヾ。

珈琲文明

コーヒーは「仲見世ブレンド」をオーダー。

サイフォンで出してもらえる喫茶店なんて、数えるほどしか入ったことがありませんが、「ゆっくりしていっていいよ」ともてなされているようで、なんだか嬉しい。
最近、外で飲むコーヒーといったら、ファストフードかシアトル系のカフェばっかりだったなあ。でも、喫茶店ってそもそもこういうものだったよなあ...と改めて思えるというのは、私も徐々にオジサンに近づいている証拠なのかもしれない。

珈琲文明

ん~、良い香りだ。
「仲見世ブレンド」は、香りが良いのはもちろんのこと、舌に触れるちょっとした酸味が、丘を登って下りてきた身体には心地良い。

最近忙しくて、心に余裕がなかった気がするな。
こういう時間が大事なんですよ、人間には。

珈琲文明

お、カレーパン、おいでなすったか。

カレーパンの常識を覆す、この丸い形。しかも揚げていないというのがまた珍しい。フランスパンのように歯ごたえのある、球形のパンの中身をくり抜いて、パン自体を器にしたカレーパンです。

さあ、どう食べよう。

珈琲文明

まずはパンの蓋を取って裏返したら、スプーンでカレーをすくって蓋の上に載せていただきます。あとはパン自体が器になっているので、手や皿を汚さずに食べるのが難しいというか事実上不可能です(;´Д`)ヾ。もう上品に食べるのをあきらめてそのままガブリ、といくしかありませんが、それを想定してちゃあんと濡れナプキンを出しておいてくれるのが嬉しい(笑

カレーはちょい辛口でしっかりした味付け。歯ごたえのあるパンとの相性が抜群だけど、これならごはんをもらってカレーライスにして食べてみたいと思いました。おやつにしては十分すぎるボリュームで、確かな満足。

珈琲文明

上を見上げると、夕焼け空。天井に投影しているようで、時間の流れに合わせて空の色がゆったりと変わっていきます。このお店の入口には「この天井の空を楽しむために 26 分以上お店にいてください」と書かれていました。そういう回転率重視じゃない姿勢、今時とてもありがたい。あくせくしている自分が、ちょっと恥ずかしくなりました。

孤独のグルメ Season2 Blu-ray BOX

B00AH9VRSI

関連ランキング:学生食堂 | 東白楽駅白楽駅三ツ沢下町駅




関連ランキング:コーヒー専門店 | 白楽駅東白楽駅

投稿者 B : 23:27 | Curry | Gourmet | KODOGURU | Sweets | コメント (2) | トラックバック