b's mono-log

2012/12/18 (Tue.)

江東区砂町銀座商店街を経て事務所飯

「砂町銀座。かなり長い商店街みたいだな...庶民的な感じ。ここで総菜をいろいろ買ってって、事務所飯にするか」

砂町銀座商店街

ドラマ『孤独のグルメ Season2』の聖地巡礼も順調に消化してきています(笑)。今回は、第 9 話に登場した、江東区は砂町銀座商店街にやってきました。店ではなく商店街で買い物をして事務所で食べる、という『孤独のグルメ』としては異色の展開ながら、原作の事務所飯回(第 15 話『東京都内某所の深夜のコンビニ・フーズ』)をある種忠実に再現した回。脚本もゴローちゃんの芝居もいつも以上に弾けていた様子からして、製作サイドの勢いが感じられる回だけに、何とか再現してやろうと(笑)行ってきました。

砂町銀座商店街

砂町銀座商店街

都内に限らず、「●●銀座」と名付けられた商店街は至る所にあります。日本で最も地価が高く、ブランドショップが軒を連ねる本場の銀座に対して、「●●銀座」はどこも基本的に人情味あふれる庶民の商店街。この砂町銀座もその例に漏れず、親しみやすく活気ある商店街でした。そして他の「●●銀座」に比べて道幅が狭い。ただでさえ賑わっているのに、この狭さはちょっとした縁日気分が味わえます。

さ~ぁ、何を買う。何を食う。商店街トローリングだ。

砂町銀座商店街

長~い商店街のどちらが正面か分からなかったので、適当に歩いてきたところ、ドラマで最後に登場した鶏肉専門店「鳥光」にいきなり遭遇してしまいました。どうやら逆順で来ちゃったようだぞ。

砂町銀座商店街

見渡す限り、肉、肉、肉。それも表面のテカテカした感じがいいじゃないか。豪快なカブトに心惹かれつつも、ここはやっぱりチキンロール。4 人連れで行ったので小サイズを 4 本、買い占めちゃいました(笑。

砂町銀座商店街

おでんかぁ~、ちょっと欲しくなるなぁ~。

こちらはおでんの大根を買い忘れたゴローちゃんに救いの手を差し伸べた「おでんの吉田屋」。店の前で「あちゃー」と額をペシン、という小芝居を私もやりたかったんですが(ぉ)、逆順で来てしまうとは。あ~、バカやった!

とにかく、おでんと言えば大根だろうが。というわけで、大根と玉子を確保。

砂町銀座商店街

順当に商店街をさかのぼって(笑)「手づくりの店 さかい」。庇には思いっきり「手作り しゅうまい ぎょうざ」と書かれていますが、ここでのお目当てはまぐろメンチ。あの強烈なインパクトのまぐろメンチを買おう。

砂町銀座商店街

...って、まぐろメンチだけ大人気なんですけど!孤独のグルメで紹介されたって書いてあるし!!

というのはちょっとだけ冗談で(笑)私が行った時点で最後の一個になっていました。悠長にしていたら売り切れると思い、写真を撮る前にまず商品確保(笑。

砂町銀座商店街

次は「増英蒲鉾店」。ここにもおでんが売られています。というかこの商店街、もつ煮とおでん種を売ってる店がやたらと多い(笑。

ここのおでんは見るからにホクホクしたじゃがいもがやたらうまそうでした。

砂町銀座商店街

でもここでの本命はこの練り物。しゅうまい巻と、餃子巻、いっときます。

砂町銀座商店街

おっと、レバカツ。こいつも行っとくか。というこのお店は「産直フーズ とんパチ」。レバカツを欲しそうにしていたら「今揚げたてが出ますからちょっと待っててくださいね~」と、揚げたてが出てきました。

そしてなんか店の奥には黒ずくめの吉田類みたいな雰囲気のおじさんが一人で昼間っから飲んでるんですけど!(笑

砂町銀座商店街

かっわいい、かっわいい、あさり屋さん。...だな。

まさにお店の名前から「あさり屋さん」という分かりやすいお店は、このおばあちゃんが一人で切り盛りされていました。あさりご飯を三人前もらおうとすると、「漁師の炊いてるあさりご飯だから、おいしいですよお」と言いながら、あさりご飯を詰めてくれます。しかも一人前の容器に三人前詰めるのかというくらいドカッと詰め込まれたんですが、残りの二つはなぜか最初から詰めてあるものを出してくれるという(笑)。詰めるのは一人前分だけのパフォーマンスだというのか!

砂町銀座商店街

商店街も端のほうまで歩いてくると、出口(ドラマでは入口)付近に焼き鳥の「竹沢商店」がありました。オープンなカウンターで、何人ものスタッフがせわしなく働いているせいか、この付近のお店の中でも特に活気が感じられるお店。見るからにおいしそうです。

砂町銀座商店街

ここでのお目当ては牛豚煮込みのお持ち帰り。300g、500g、1kg(!)というコースがあり、鍋を覗き込むからにうまそう。しかもその隣ではホルモン焼も焼いていて、これも 300g から 1kg の量り売り(笑)。勢いに任せて煮込みとホルモン焼を 300g ずつもらいましたが、ここではナイロン袋に直接料理を詰めるのがお作法(笑)。ちょっとびっくりする売り方ですが、これが砂町流なんだろう。

砂町銀座商店街

そしてこのカウンターに並んでる焼き鳥のうまそうなこと。これだけ積まれていると、もう見ただけでお腹が空いてきます。

砂町銀座商店街

...というわけで、たまらず軟骨と豚トロをオーダー。そしてその場で立ち食い(笑。
すごく歯ごたえのある軟骨に、しっかりした肉質の肉がうまい。豚トロは内面から肉汁があふれ出てきてうまい。シンプルな塩焼きだけど、それがまたいい。これはうまい...!

いや、これで満足してるわけにはいかない。牛、豚、鶏。まぐろにおでんにあさり。陸海空、網羅したぞ。ようし、アツアツのうちに帰ろう。あさり屋のおばあちゃんに怒られちまう。

で、やってきました都内某所。事務所で食べなくては事務所飯にならない、ということで、某氏のオフィスを無理矢理お借りして事務所飯パーティー開催(笑。たくさん買いすぎて、レンジで温める端から冷めていくという状況に陥りつつも、準備完了。

事務所飯

うわあ、なんだかすごいことになっちゃったぞ。

おでん、チキンロール、レバカツ、まぐろメンチ、牛豚煮込み、ホルモン焼、あと勢いに任せて魚屋で買ってきたカンパチとシマアジの照り焼き(笑。四人とはいえ、これはかなりのボリュームだ。しかも、かぼちゃの煮物さえ買うのを忘れてしまったので、野菜が一切ないという(ぉ

あー、腹減った。いただきます。

事務所飯

あさりご飯。おお、後乗せタイプ。

あさりがたっぷり入っていて、それ以上にご飯にしっかりあさりの出汁が染みこんでいて、うまい。しかも容器にぎゅうぎゅうに詰めてあるから、食べても食べても減らない(笑。これは二人前を分けても十分足りたかも。

あんまり食べたことないのに、なんでこんな懐かしい味がするんだろう。おばあちゃん、おいしいです。

事務所飯

チキンロール。チキンで何を巻いたものなんだろう...と思ったら、なんと純粋にチキンを巻いたものだったというオチ(ぉ。いや、でも男のコとしてはこれはこれでこのボリューム感が嬉しい。期待を裏切らない、教科書通りの鶏味だ。

買ったときに人数分の焼き鳥のたれをつけてくれて、「これかけて食べてください」と言われたんですが、チキン自体にしっかり味がついていて、たれは不要でした。というか食べ終わるまで存在を忘れていた(ぉ

事務所飯

おでん。それぞれのお店で買ったものをもうひとまとめにしていただきます。

大根、うまい。おまえさんと出会えて良かった。

しゅうまい巻、肉を皮で包んだしゅうまいを、さらに練り物で巻いてそれを揚げて煮て、味の過剰包装だ。餃子巻のほうも味の過剰包装第二弾という趣でありながら、にんにくの効いた具がいい味出してる。おでんの出汁ににんにくの風味、これは新しい組み合わせだ。

事務所飯

まぐろメンチ、牛豚煮込み、レバカツ。

牛豚煮込みはもう予想通りというか、濃くて、とろけるような部位から歯ごたえのある部位までいろいろ入っていて、どれが何だかよくわからないけどうまい。

レバカツ、よく考えたら、こいつも牛のもつだよなあ。もつがダブってしまった。(もぐもぐ)おお、同じもつでも方向が違う。これはセーフだ。
レバーのくさみをあえて残しつつ揚げてあるタイプで、苦手な人は苦手だろうけど、この癖っ気がビールに合いそう。

まぐろメンチ、名前からしてすごい。昔のプロレスの技みたいだ。

事務所飯

どれくらいのボリューム感があるかというのを分かりやすく表現するために、iPad mini と比べてみました(ぉ。

味のほうは、「まぐろメンチ」という先入観からすると裏切られるくらい、あまりにもメンチ。まぐろじゃなくて合挽肉と言われても信じてしまいそうなくらい、食べ応えのあるメンチです。しかも脂の乗ったまぐろを使っているのか、まぐろの肉汁をこういう形で味わえるとは思っていませんでした。確かに、これはすごい。

事務所飯

ホルモン焼。煮込みとレバカツとホルモン焼で、もつがトリプってしまった(ぉ。
でも同じもつでも煮込みとは味付けが違って、これもこれでセーフ。セーフと言ったらセーフ。

事務所飯

カンパチとシマアジの照り焼きも脂が乗っていておいしかったんですが、基本的にアラなので食べられるところが少なかったのが残念でした。モノは安くて美味しかったので、ここで刺身を買っても美味しかっただろうな...。

事務所飯

いかにも昼間っからビール、といきたくなるようなメニューでしたが、後に予定を入れていたのでノンアルコールビールで気分だけ盛り上げてみました(笑。でも、私はノンアルコールビールだと盛り上がらない人だ、というのを改めて再認識(´・ω・`)。でも、買ってきたものはどれも美味しかったので無問題です。

プハァ~、買い過ぎた。食い過ぎた。砂町銀座商店街、楽しかったし美味しかった。また行きたい、と思いつつも、これは聖地巡礼だけでなく地元の商店街にも目を向けてほしい、という製作サイドからのメッセージなのかもしれないなあ、とも思ったり。ウチは最寄り駅の商店街は寂れてますが、隣駅にはけっこう賑わう商店街があるし、「●●銀座」もけっこう近くにある。今度はそっちを攻めつつ自宅飯もいいなあ。

事務所を貸してくださった S さん、どうもありがとうございました。また別の聖地も攻めに行きましょう(笑。

孤独のグルメ Season2 Blu-ray BOX

B00AH9VRSI

投稿者 B : 00:56 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (2) | トラックバック

2012/12/14 (Fri.)

焼肉ジンギスカン つるや 再訪

「よし。一発焼肉でも入れていくか」

焼肉ジンギスカン つるや

焼肉ジンギスカン つるや

再びやってきました川崎は八丁畷。ドラマ『孤独のグルメ Season1』に登場した「焼肉ジンギスカン つるや」です。このお店には 9 月に一度来たんですが、美味しかったので誰かを連れてまた来たいと思っていたので、忘年会シーズンに利用してみました。

私が前回訪問したのを覚えていてくださったのは嬉しかったですね。もう 3 ヶ月前だけど、確かにゴローばりに飲み食いしたからインパクトあったのかな(;´Д`)。まあ前回も初めて来たのに「以前もいらっしゃいましたよね?」と声かけられたけどな!(ぉ

焼肉ジンギスカン つるや

ドラマに登場して以来、かなりの人気店になってしまったようで、放送から 10 ヶ月が経とうとしている現在でさえ、土日は行列ができるそうです。今回は複数人で来るなら予約は必須だろうな、と思い、事前に電話予約。そしたら奥の座敷席に案内されました。前回来たときにはそれほど広い座敷があるようには見えなかったんですが、いざ入ってみたら最大で 24 人は入れそうな広い座敷(!)。そしてなぜか久住さんのサインだけ、座敷のほうに移動されているという(笑。
しかも座敷もテーブル席ももう満席。少なくとも 30 人は入っているだろうお店を仕切っているのが家族経営の 4 人のみ、という状況なので、かなり待たされました。若旦那さんがあまりにも腰が低くて、逆にこちらが申し訳なく感じてしまうくらい。

焼肉ジンギスカン つるや

まずはお通しのキャベツの千切りから。もう千切りを超えたレベルの細さの千切りに、あっさりしてるんだけど何故だか後引くおいしさのドレッシングがとてもよく合って、絶妙なうまさです。

焼肉ジンギスカン つるや

そして何はともあれビール。最近プリン体を気にしている私ですが、焼肉のときだけはルール除外(ぉ。

ちなみに大ジョッキは驚くほど大きくて、どれくらい大きいかというと、

焼肉ジンギスカン つるや

これくらい(比較対象:iPhone 5)。ちょっとしたピッチャーくらいはありそうな量で、かなり飲み応えがあります。

で、注文してから切ってタレに漬けて...がこのお店のやり方なので、先に他のお客さんのオーダーが溜まっているとなかなか出てこない。「早く肉こないかなあ、焼肉といったら肉だろうが」とか訳の分からないことを言いながら(ぉ、ひたすら待つこと 30 分あまり。今回ばかりは、一人で来ていたら空腹に耐えかねていたかもしれません。

焼肉ジンギスカン つるや

やっと来た、俺の肉!!

定番のカルビと、ハラミが来ました。ハラミは私の好物だけど、前回は頼まなかったんですよね。

焼肉ジンギスカン つるや

う~ん、いい音を奏でるじゃないか。鉄板の上はステージだ、そして箸はタクトだ(ぉ

こないだ行った平和苑のカルビがあまりにもインパクト強くてこの店の記憶が薄れかけていましたが、あれは値段からして別格。こちらはこちらでオーソドックスながらとてもうまい。値段を考えれば十分すぎる味だと思います。俺にお似合いなのはこういうもんですよ。

焼肉ジンギスカン つるや

前回頼まなかったギャラ(牛の第四胃袋)。軟らかい歯触りの部分と、コリッと歯ごたえのある部分が共存した珍味です。ごま油を付けていただくと、香ばしくてなかなかイケル。
焼肉屋に行くとどうしてもカルビ、ロース、ハラミといったスター選手にばかり脚光が当たりがちですが、ホルモンだって負けてない。いいぞ、いいぞ。

焼肉ジンギスカン つるや

そして出てきた中盛りキャベツ。前回はさすがに一人だったので「中盛りキャベツの小」という訳の分からない頼み方をしましたが(笑、今回は複数人だからこういうのも思い切っていけます。本当は大盛りキャベツのほうを頼みたかったんですが、人気のあまり今は中盛りしかやっていないとのこと。
ここのキャベツが本当においしくて、白いご飯の代わりにこれと肉を食べてもイケます。今度このドレッシングの作り方を聞いてみたいところですが、さすがに企業秘密かなあ。

ちなみにこの中盛りキャベツ、あとでおかわりしてしまいました。結果的に大盛りキャベツ相当を食べてしまってすみませんでした(ぉ

焼肉ジンギスカン つるや

で、またカルビに戻ってくるわけです。

といっても、これは塩カルビ。塩なのにどちらかというと胡椒の風味が効いていて、スパイシーなお味。シンプルな味付けだけど、だがそれがいい。自分の中の野生を呼び覚まして、ひたすらに食らいつきます。

焼肉ジンギスカン つるや

お...きたきたきましたよ。

キャンバスのように真っ白いご飯に肉を乗せると、無限のイマジネーションが広がります(ぉ。日本人ならこれだなあ。これでいつまでも肉を食べ続けていられそうだぞ。

焼肉ジンギスカン つるや

ジン、ジン、ジーンギスカーン!!

ここでジンギスカン投入。牛肉よりも野性味のあるラム肉に、甘辛いたれがこの上なくマッチしておいしい。たれは普通の焼肉のたれに唐辛子とニンニクを追加しただけのはずなんですが、ラム肉の香りと相まって、全然別物に感じられます。うおォン!

焼肉ジンギスカン つるや

そしてこのタイミングでタン塩。ラムの癖っ気を塩とレモンでリセットして、さあ、ラストスパートだ。

焼肉ジンギスカン つるや

ちょっと変わり種を、ということで鳥ささみ。さすがにあっさりしているけど、パサパサしてるわけでもなく、これも美味。ささみの焼肉、そういうのもあるのか!

焼肉ジンギスカン つるや

そして〆は王道のロースで。やっぱりここの肉は良い材料使ってるなあ。しっかり食べ応えあるのに、決して重すぎず。しかもこれだけ飲み食いして(三人で)一人あたり ¥5,000 を切っているとか、牛角あたりに行くのがもったいなく感じてしまいます。

しかし焼肉は複数人で行くに限りますね。一人だと忙しいし、いろいろ食べられないか、食べようとすると前回の私のように食べ過ぎるし(ぉ。今回はタッパーでお持ち帰りもなく、ちょうどいい感じにお腹いっぱいになりました。
やっぱりこの店は気に入っちゃったなー。こどグル登場店の中では自宅から通いやすい場所にあるし、またちょいちょい利用したいです。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:焼肉 | 八丁畷駅川崎駅川崎新町駅

投稿者 B : 00:29 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (1) | トラックバック

2012/12/08 (Sat.)

恵比寿 はいばな(南風花)

【恵比寿 はいばな(南風花)】沖縄アグー豚と古酒泡盛 琉球健美食

恵比寿 はいばな

「コノ先、沖縄」...ぐっとくるじゃないか。

先日、唐突に沖縄料理が食べたくなって、恵比寿まで行ってきました。あの『孤独のグルメ』に登場した中目黒「草花木果」の姉妹店にあたります。駅前のロータリーを越えてすぐのところにある、とてもアクセスしやすい立地。それでいて姉妹店だけに草花木果と同じ味が期待できるということで、訪れてみたいと思っていました。

恵比寿 はいばな

何はともあれもずくとオリオンビールで乾杯。晩秋といっても一杯目のビールは格別です。このロゴと、一般的な国産ビールに比べて薄いオリオンを味わうと、もう頭の中は沖縄です。行ったことないけど(ぉ

恵比寿 はいばな

メニューは中目黒と同じものも多いですが、少しずつ違ってます。中目黒ですっかりファンになってしまったにんじんのシリシリーがない!(;´Д`)ヾ。でも代わりに気になるメニューもいろいろあります。

恵比寿 はいばな

まずは海ぶどうのサラダから。天然の塩気と、プチプチした食感がいいね!口から沖縄が入ってきた。

恵比寿 はいばな

定番のゴーヤチャンプルー。ここの味も中目黒と変わらずうまい。私はゴーヤはあまり得意じゃなかったんですが、中目黒やここで何度か食べているうちにだんだん好きになってきました(^^;;

恵比寿 はいばな

豆腐よう。爪楊枝で少しずつ削りながらいただきます。
これは沖縄の珍味ですが、私はこういう癖のある珍味が大好きです。豆腐の発酵食品ですが、味や食感は豆腐というよりもほぼチーズ。かなり癖が強いので好き嫌いは分かれるでしょうが、飲んべえにはこういうのはたまらないでしょう(笑。私は珍味好き、チーズ好きなので大好きです。

恵比寿 はいばな

こういう濃い味のおつまみが出てくると、もう泡盛に突入したくなるというもの。豆腐ようにはちょっと強めの泡盛がよく合います。

恵比寿 はいばな

懐かしのポーク玉子(だったと思う)。オーソドックスなオムレツに、カリカリに焼いたスパムが良い味出しています。そう、たまーに無性に食べたくなる沖縄の味ってこのスパムの印象なんですよ(笑

恵比寿 はいばな

グルクン(タカサゴ)の唐揚げ。これ、揚げてあるからこそボリューム感がありますが、他の調理法だとちょっとパサパサしてて美味しくなさそうだな、というイメージの魚です。まあ私が北陸出身で南国の魚を食べ慣れてないせいもあるんでしょうが。

ちなみに「どぅる天(田芋のコロッケ)」を頼んだつもりが、滑舌が悪くて「グルクン」でオーダーが通ってしまったらしい、という事実を今ここに明かします(ぉ。

恵比寿 はいばな

いやぁ、ウマイ。泡盛がどんどん進みます。頼むごとに種類の違う、凝ったグラスに入って出てくるのもいい。

さあて、そろそろ本命といきますか。
メニューにアグー豚の天然塩焼きよりも豪華そうな「島豚あぐー盛り合わせ」というのが見えたので、それを頼んでみました。

恵比寿 はいばな

うん、こういうタイプか。

部位ごとに切られた生肉を、自分たちで鉄板で焼いていきます。

恵比寿 はいばな

ジュージュー...この音がまた、食欲をそそります。肉の表面に浮かび上がってくる肉汁もまた、そそります。

天然塩焼きのガツン!としたボリューム感と、歯が弾き返されそうな弾力感もいいですが、こういうのもまた、いい。

恵比寿 はいばな

焼き上がったら、岩塩・ウコン塩・桜塩・たれ、のうち好きなものをつけていただきます。シンプルな塩系が、肉のうまみを引き出す感じで美味。こういう肉そのものを味わえる料理っていいですよね。

恵比寿 はいばな

ごちそうさまでした。

中目黒のほうは交通アクセス的に一緒に来れる人をちょっと選びますが、恵比寿ならば割とどこからでもアクセスしやすいので(まあ、日比谷線で恵比寿と中目黒は隣駅とはいえ)、人を誘いやすいのもポイントが高いです。ここは今後ちょくちょく利用することになりそうな予感。

関連ランキング:沖縄料理 | 恵比寿駅代官山駅中目黒駅

投稿者 B : 00:00 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2012/12/03 (Mon.)

墨田区両国のだんごセット

「両国。昔の男の子は、もれなく相撲と野球に夢中だった。テレビの前で、手に汗握ったっけ。単純で、無邪気な時代だったなあ」

両国 國技堂

両国 國技堂

相変わらず甘党でもないくせになぜか甘味パートから攻めている(笑)こどグル Season2 聖地巡礼の旅ですが、今回も先日放送になったばかりの第 8 話の甘味処、両国の「國技堂」に行ってきました。

23 区の東側にはなかなか縁がない私ですが、人形町といい、小岩といい、そしてこの両国といい、なかなか昔ながらのお江戸の雰囲気が残っていて楽しいですね。軽く散策して、小腹が空いたところでお店に突撃。

両国 國技堂

建物は二階建てで、喫茶コーナーは 1F、2F どちらにもありましたが、私は 2F に通されました。もうこれ以上ないくらいに両国っぽい湯呑みでほうじ茶をいただき、ほっと一息。

そして近くのテーブルでは明らかにこどグルファンと思われる先客が独りでだんごセットをを食べていました(笑。お仲間じゃないですか...。

両国 國技堂

お品書き。
どのメニューもボリューム感があるように見えるのは、やはり力士をはじめとした大食漢が集まりがちな街だからでしょうか(笑。おせんべいアイスのせクリームあんみつ...盛ってくるなぁ~。

そして放送時から気になっていた「カレー・ハッシュドビーフ合い盛り」がやたらうまそうです。
あんこあられといい、おせんべいアイスといい、戦わせるよなあ。これも、両国スタイルか。

両国 國技堂

こちらはあんことコーヒーの取組(笑。でも想像すると意外となしではないんじゃないかな?という気もしますが、私は甘いコーヒーは全然飲めない人なので、ガマン。

注文してしばらく待ったところで、

両国 國技堂

カレーとハッシュドビーフの合い盛り、さあ、時間いっぱいです。

カレー皿の向かって左手がカレー、右手がハッシュドビーフ。ご飯の土手で、まるで中華火鍋のように仕切られています(笑。でも、甘味屋さんのカレーとは思えないような、美味しそうな見た目と香りが食欲をそそります。

両国 國技堂

まずはカレー。オーソドックスに辛さで寄り切ってくるかと思ったら、意外にもマイルドで深みのある味付け。具もポーク、よく煮込まれた玉葱、しめじが細かくたくさん入っていて、味と食感のバリエーションに富んでいます。これは、まさに技のデパートだ。
ハッシュドビーフのほうは、逆に王道の味付けで、コクの深い存在感のある味。カレーとハッシュドビーフというイメージから、全く逆のキャラクターを想像していましたが、こういう取組とは恐れ入りました。これは甲乙つけがたい顔合わせだった。

とてもおいしいカレーとハッシュドビーフでけっこうお腹が満たされたところで、

両国 國技堂

本日の大一番、団子セットの土俵入りです。

あんこ、みたらし、いそべ。
おおぉ、絵になるなあ。三役そろい踏み。

両国 國技堂

焼きたてでまだ暖かいだんごに、それぞれの味がつけられています。あんこだんごは、素朴だけど品良く甘すぎないあんこで、なんだかほっとする味。だんごの緑と、あんこの小豆色の対比がまた美しいじゃないですか。

ああ...あんこに癒やされてる。

両国 國技堂

みたらし、好きなんだ。ん~、「みたらし」って、名前通りの味がする。

というか、私はみたらしだんごといえば飛騨高山のみたらしだんご(一般的なものに比べるとかなりしょっぱい)の印象が強いので、こういう甘めのみたらしにはあまり慣れていません。でも、このとろっとした蜜の甘みに、じんわりと和みます。

両国 國技堂

イソベもいいやつだ。刻みのりタイプは珍しい。

こいつはけっこう塩辛いだんごで、あんことみたらしで少し甘ったるくなった口の中をうまく引き締めてくれます。のりの風味が塩味との相乗効果でまたいい。

おぉ~、うまいぞ、イソベ。

この三種類のだんごを交互に食べていると、それぞれ違った味わいで気分が何度もリセットされて、このまま永遠にだんごを食べ続けられそうな気がする(ぉ

両国 國技堂

このための匙か...ナイス。
ということで、だんごから落ちたあんこはこの匙ですくって残さずいただきます。

全部うまい。勝敗、つけがたし。

カレーも、ハッシュドビーフも、だんごも、どれもとてもおいしかったです。ここも近所にあったらちょいちょい通っちゃうなー。

ちょっと、元気、出たかも。
ごちそうさまでした。

関連ランキング:和菓子 | 両国駅浅草橋駅東日本橋駅

投稿者 B : 00:14 | Curry | Gourmet | KODOGURU | Sweets | コメント (0) | トラックバック

2012/11/29 (Thu.)

中野区沼袋のわさびカルビと卵かけご飯

「あれは...焼肉!こんな住宅街のど真ん中に、まるで砂漠の中のオアシスじゃないか。それに、『飢る噛む!スタミナ一番』。これだ、まさに俺が食いたかったのは」

平和苑

平和苑

ドラマ『孤独のグルメ Season2』第 3 話に登場した、沼袋の焼肉屋「平和苑」にやってきました。実は Season2 でここまで放送された中で一番来たかったのがここかもしれません。やっぱり焼肉回は燃えるじゃないですか、焼肉だけに(ぉ

もうね、「飢る噛む」の看板が肉眼で確認できただけで感無量です(笑。

平和苑

店内。私は一番奥の座敷に通されました。奥から店内を見渡すと、劇中でゴローが座った席が...見えにくい(笑。なんか店内中煙でもくもくしていて、かなり視認性が悪いです(^^;;。換気扇がずっと全力で回り続けているのにずっとこんな感じ。

平和苑

で、荷物と上着は渡された東京都指定ごみ袋 45L 用に詰め込みます(笑。そこら中にごみ袋が転がっていて見栄えはよろしくないですが、これが一番確実に上着や荷物をにおいから護れますね...。

平和苑

壁に貼られたお品書きが、ぐっとくるじゃないか。

ちなみに本当は「いい肉(11/29)の日」に来たかったんですが、さすがにこの佳き日は予約で一杯だったので(ぉ、前日に予約を取りました。ドラマで取り上げられたこともあるのかもしれませんが、常連さんとおぼしきお客さんでいっぱいだったので、元からかなりの人気店なのでしょう。

平和苑

ということでまずはビールでお疲れさま。最近、ビールは控えて焼酎やハイボールを飲むように意識してるんですが、ここに来てそれはないでしょう。焼肉といったら白い泡だろうが(ぉ

平和苑

このキャベツ、実家の台所みたいだ。

辛味噌キャベツは大好きなんですが、さすがにプラスチックのボウルで出てきたのは初めてじゃないでしょうか(笑。
でもこのキャベツ、甘い。味噌もしっかり濃い味で、うまい。肉が来る前に腹がいっぱいになってしまいそうだ。

平和苑

きましたよ、「三角」。これうまいんだよなあ。しかも希少部位だからどんな店でも食べられるというわけでもない。

両面に軽く焼き目がつく程度だけ焼いて、あとはレモンを搾っていただきます。焼肉というよりはたたきを食べている気分。またはお湯の代わりに直火を使うしゃぶしゃぶみたいな。
脂が乗っているのに、ぜんぜんしつこくなくて、脂が舌の上でさっと溶ける。とろけるようなうまさじゃないか。

平和苑

オススメカルビ。こっちはむしろしっかり焼いてくださいとのこと。

味がちゃんとついているので、焼いたらもう何もつけずに食べられます。ビール党の私が白いご飯を欲してしまうくらいのしっかり味付け。

こっれは...うまい。今までに食ってきた数多のカルビとは、別物だ。

平和苑

東京 X ブタ。豚肉ってうまいですよね。この東京 X ブタは、肉そのものの味がしっかりしているところに、塩が効いていて、焼いたらあとはレモンを搾るだけでびっくりするほど美味しい。焼肉屋に来て豚なんて邪道と思っていましたが、これは考えを改めなくてはならないかも。

平和苑

このお店の大将。名物マスターといった雰囲気で、あちこちのテーブルに顔を出してはちょいちょい話しかけていきます。常連さんだけでなく一見さんにも気さくに声をかけてくるところが嬉しい。
そして、この T シャツ。ドラマでは前面の「I Love(はぁと) 2Q」のインパクトにばかり気を取られていましたが(笑、バックもこんなことに!認めたくないものだな...、肉自体の...旨さゆえの過ちというものを...。

ちなみにこの T シャツ、お土産として販売しています(笑。

平和苑

キターーー!今日の本命、わさびカルビ。

肉へのサシの入り具合が見るからにうまそうじゃないですか。そして、生わさびを自分でおろすというのがまたいい。本当に新鮮なわさびじゃないとできませんからね。

平和苑

「両面を 5 秒くらいずつ焼いて表面の脂を落としたら、すぐにわさびを乗せて食べるべし」という指示を店員さんからもらって、そのように。

平和苑

もうね、ほとんど生肉状態ですよ。でも軽く火を通すだけで香りがつき、肉のうまみが中に凝縮されるようで、うまい!そしてわさびが効いてる!
このわさび、モノがいいのか全然辛くありません。それどころか「甘い」と感じるくらい。カルビの脂分を中和する爽やかな風味と、後味に残るぴりっとした刺激が絶妙で、癖になりそう。

平和苑

名前からして妙にうまそうな響きの「だるまいか」も頼んでみました。
お皿に載ってきたときには単なるのしいかだったのが、炭火にかけるとみるみる丸まっていって、海の香りがあたりに立ちこめます。

平和苑

焼き上がったら、あとは裂いてさきいかのできあがり。

子どもの頃、実家の台所で焼きたてのスルメを食べさせてもらったことを思い出しました。焼きたてのいかは、コンビニで買ってくるスルメとは全然別物のうまさですね。下味がしっかりつけてあるので、これまたビールが進む味です。

平和苑

限定超四角カルビ。予約しないと食べられないこともあるというからダメモトで聞いてみたらありました!うおォン!!

平和苑

これはよく焼いてくださいとのことですが、焼き目の間から覗く赤身とか、側面からじわじわとにじみ出てくる肉汁とか、見てるだけで「もう食わせろ」という気分ですよ!!

「超四角」というだけあってカルビにしては驚くほどの分厚さですが、やわらかくて、ボリュームはありながらも見た目ほどこってりしているわけでもなく。食べれば食べるほど、どんどん腹が減ってくるようだ(ぉ

ちなみに...「丸」も頼んだので、まるさんかくしかくを全てコンプリートしたはずなんですが、食べるのに夢中になって丸の写真を撮るのを忘れていました(ぉ。丸も噛み応えがあって、いかにも肉って味がして、美味しかった。

平和苑

で、〆はもちろん「TKG」ですよ。ごはんは中サイズで頼んだのに、男物の茶碗に大盛りで出てきました。これ大サイズだったらどれだけ盛られてたんだろうか(笑

平和苑

箸でごはんの真ん中を空けて、醤油を垂らして、卵と納豆を載せたらあとはひたすら混ぜるだけ。

平和苑

おおお、卵の黄色が濃いい黄色で、これは見るからにうまい。

そしてこの納豆。初めて見ました。見た瞬間に、納豆ではなくレーズンか固く煮込んだ黒豆かと思ったくらい、黒い納豆です。大将の実家の茨城から送ってもらっている(?)塩納豆らしく、筑波山から空っ風が吹いてくる時季にしかできないもので、俺はこの納豆を食べて育った、とかなんとか。香りも味も、今まで食べたことのある納豆とは別次元で、濃いい。塩納豆、いい働きをしてる。

平和苑

最後は卵かけご飯に残りの肉を載っけて掻き込む。それくらい乱暴に食べたほうがうまい。わさびカルビの余ったわさびも載っけちゃいましたが、これもまた合う。焼き肉にわさび、やみつきになりそうです。

スタミナ一番。にんにくの匂いと、肉の煙にまかれて食ってこそ焼き肉。
明日のことなんて気にしてる場合じゃない。

焼き肉の締めに卵かけご飯って、まったく発想がなかった。
鳥につないで逃げ切って勝利、という方程式。

ああ、うまかった。
いい汗かかせてもらいました。

Season1 に登場した「つるや」とはまた違ったタイプの焼肉屋でしたが、肉の質が良くて、本当に美味しかった。お腹いっぱい食べたのに、それほど胃にもたれる感じがしなかったのが、単に脂が乗っているだけではない良い肉の証左でしょう。
自宅からだと正直アクセスしにくい場所にあるのが難点ですが、また機会を作って食べに来たいお店でした。ごちそうさまでした。

関連ランキング:焼肉 | 沼袋駅野方駅

投稿者 B : 23:59 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2012/11/25 (Sun.)

人形町 柳屋の行列のできるたい焼き

人形町に行ったついでに、前回は食べられなかったあのたい焼き屋さんに並んできました。

柳屋

柳屋

おそらく人形町随一の行列店、「柳屋」のたい焼き。ドラマ『新参者』でも毎回阿部寛演じる加賀恭一郎が行列に並ぶにもかかわらず、直前で「はい、今日はここまでー」と売り切れてしまうくだりが入れられていましたが、それくらい人形町を象徴するお店だと思います。前回も、そして今回も、お店の前にはすごい行列ができていました。でも、買って持ち帰るだけならば行列といったってそんなに時間もかからなかろう、ということで、この行列の最後尾に連なります。

柳屋

この行列、店外だけではなくて、実はいったん店内に入って一度折り返しています(笑。店外まで合わせると軽く 30 人は並んでいたでしょうか?しかもその行列が途切れることも、長さが短くなることもほぼない状態ですから、どれくらい人気なのかわかろうというものです。

柳屋

店頭のガラスケースには、今焼き上がったばかりのたい焼きが順次並べられていきます。周りには黒いコゲがついていたりして、なんというかライブ感あふれるたい焼きです。見ているだけで、このたい焼きに手が伸びそうになります。

柳屋

焼き場の裏側。現代的な複数同時に焼ける鉄板じゃなくて、一枚一枚独立した焼き型ですよ!これ実物初めて見た。しかも、流れるような動きで焼き型を開いて→生地を流し込んで→あんこをどかっと乗せて→上から生地をかぶせて→焼き型を閉じて→火にくべて次へ、という焼きっぷり。余計なことはしないでそれを延々と繰り返すだけ、という姿に、つい「たい焼き職人」と呼びたくなりました。

そして脳内にはもう子門真人の声で「むぁいにっち、むぁいにっち...」が無限ループしています(ぉ。いや、まさにあの曲の冒頭の映像そのものが、リアルに目の前で展開されているわけですから、ちょっと感動です。

柳屋

さすがに炭火ではなくガスで焼いているようでしたが、この焼き型を直火にくべて焼いているようで、いかにも昔ながらのたい焼き。職人さんは、この焼き型の柄を持つ左手はさすがに軍手をつけていましたが、右手は素手のまま焼きたてのたい焼きをひとつひとつ型から外していたのを見て、驚きました。長年の作業で、さんざん火傷もして、指の皮が厚くなっていたりするんだろうなあ。

柳屋

そしてこれがそのたい焼き。結局 15~20 分くらい並びましたかね。

最近の駅ビルとかに入ってるチェーン系のたい焼きだと「皮はふっくら、全体的に分厚くて、具はあんこだけじゃなくクリームやチョコはもう定番、変わり種もたくさん」みたいなのが当たり前になっていますが、ここのたい焼きはそういうのとは対極にある超硬派。耳はいっぱいはみ出してるし、ところどころ焦げ目はついているし、ここからだけでも歴史を感じます。

柳屋

皮は薄手だけどぱりっと焼けていて、ちょっと歯ごたえさえある印象。なかなか食べ応えがあります。そしてあんこはたっぷり使われていながらも、甘さ控えめどころか全然甘くない。生地と小豆そのものの味で食べさせる感じで、辛党の私でもこれなら日常的に食べてもいいかな、と思える味でした。焦げ目も香ばしさを増してくれていて悪くない。これなら、若者からお年寄りまでこぞって行列を作る理由が分かる気がします。

ごちそうさまでした。これは人形町に行ったときの定番おやつになりそうですね。

関連ランキング:たい焼き・大判焼き | 人形町駅水天宮前駅浜町駅

投稿者 B : 23:45 | Gourmet | Sweets | コメント (0) | トラックバック

2012/11/21 (Wed.)

MIYABIYA ほうれん草とチーズのスープカレー

先日、人形町の MIYABIYA でまた飲んできました。

下町ワイン酒場 MIYABIYA

MIYABIYA

今回は珍しく一人飲み。孤独のグルメはよくやってますが、最近久しく一人のみはやってませんでした。まあ、店長はじめスタッフと顔見知りになってしまうと、あんまり一人飲みという感じでもありませんが(^^;;

このお店で初めてカウンター席に座り、八子店長とカウンター越しに話しながら赤ワインを。すごーくいいワインがあるお店でもありませんが、カジュアルに、気取らずに、リーズナブルに楽しめるのがこのお店のいいところです。

MIYABIYA

黒板のワインリストに間違い発見...。白ワインの 1 番、「リースリング」と書くべきところが「リース"ニ"ング」になってるんですけど!!ということでワインアドバイザー資格を持つスタッフを小一時間問い詰m(ry

リースリングというのはワイン用のぶどうの品種で、主にドイツワインでポピュラーなんですよね。個人的にはフランスのアルザス地方で作られているリースリング種のワインが、リースリングとしてはスッキリとした辛口なのに、ほんのりとした甘い香りが残る感じで、白ワインの中では一番好きかも。普段は赤ワイン派ですが。

ワインを飲んでいると、「今日はカレーどれにしますか?」といってまたランチメニューが出てきたじゃないですか(汗
※いつでも夜にランチメニューが用意できるとは限らないとのことなのでご注意ください。

MIYABIYA

ここは、前から気になっていた「ほうれん草とチーズのスープカレー」を。スープカレー好きなんですよねー。

MIYABIYA

ふと見ると、カウンターの脇にこんな瓶が。まあワインバーなんだし自家製ペッパーソースくらいあるよね、と思っていたら、なんとこれはカレー用の自家製ホットソースだそうです。お客さんが少ない日に、店長が夜な夜な開発した辛味ソースだとか(笑

MIYABIYA

口に含んでみると、最初の印象では全然辛くないのに、後からじわじわ来る辛さが印象的な辛味ソースでした。スプーンで適当に受けて、スープカレーに混ぜてみます。

MIYABIYA

このスープカレー、ほうれん草がベースというだけあって、とてもマイルド。スープカレーというと薬膳系のものが多くて、食べると口の中も全身もカッカしてくるものですが、これはそんな感じではなく、やさしい風味です。ちょっと物足りないかな、と思ったところに、特製辛味ソースを入れると、後味に強さが出てきてちょうど良い感じ。ごろごろとした野菜の食感もあって、さらにチーズがマイルドさをプラスしてくれて、これはおいしい。

ワイン飲みに来たつもりがすっかりカレー食べに来た感じになっちゃいましたが(ぉ、ランチ営業だけで良いから職場の近くにオープンしてほしいくらいです(笑。

関連ランキング:ワインバー | 小伝馬町駅人形町駅新日本橋駅

投稿者 B : 23:59 | Curry | Gourmet | コメント (2) | トラックバック

2012/11/18 (Sun.)

江戸川区京成小岩の激辛四川料理

「ほーう。四川料理じゃなくて、四川家庭料理なのが、京成小岩っぽいような気もするぞ。四川小岩、行ってみよう」

四川家庭料理 珍々(ゼンゼン)

四川家庭料理 珍々

カエルのケーキ屋さんに続いて、本編の四川料理もいただいてきました。千葉方面での仕事への行きにケーキ、帰りに四川という個人的にとても効率の良いこどグルツアー。「どっか行ったついでにいかに他の自分がやりたいこともやるか」みたいな生き方に命かけてます(ぉ。

今回は放送当週ということで、いくらなんでも飛び込みは厳しいだろう、と思ってあらかじめ電話で予約をして行きました。そして中華料理を独りで食べると辛さにやられ、そしていろいろ食べられないことは池袋の汁なし担々麺で痛感していたので、誘い合わせて 4 人で突入。いつの間にか、こどグルツアーも呼びかけると複数人が応えてくれるまでになりました(笑
電話で予約した際、開店時間の 18 時からでお願いしたところ、既に予約でいっぱいとのこと。でも今は(テレビの影響を考慮してか)特別に 17 時から開店しているということで、17 時から 2 時間限定で予約しました。

当日の関東は午後から激しい雨。そもそも予約しないと入れなかったわけですが、飛び込みで行ってみて空いたら入ろう、とか緩い気持ちで行ってたら完全に試合終了でした...。

四川家庭料理 珍々

まずは生ビールで乾杯。皆様遠いところお集まりいただきありがとうございます。

四川家庭料理 珍々

お酒のつまみに「五香牛肉(牛肉とアスパラの香辛料煮込み)」。「ふらっと QUSUMI」コーナーで久住さんがまず食べていたのがコレです。牛肉にしっかりしみこんだ香味と、後からぴりりとくる辛さのおかげで、確かにビールが進む。

番組中では「メニューにありません」と書かれていたのに、我々が行ったときには普通に書かれていました(笑

そしてメイン第一弾、「蒜泥白肉」をオーダー。

豚肉ににんにくだれ、食べなくてもうまいのが分かる組み合わせだ。思い描くだけで、よだれがじゅわぁ~っ、だ。

四川家庭料理 珍々

おぉ~、ガツン。これがガツン、ガツン系。 ちょいピリで、にんにくガツン。四川のガツン。
いいぞいいぞ。でも、食えば食うほど腹が減ってくる。

これはやばい味。まるで肉体労働者になったかのようにガンガン食べて、白いご飯が欲しくなります。
にんにくがたっぷり使われているので、間違いなく後でにおいが気になるんですが、そんなの今は気にしない。いいぞ、いいぞ。

四川家庭料理 珍々

トマトと玉子炒め。四川っていうか、洋食の家庭料理的な。とてもオーソドックスなやさしい味付けで、ほっとする感じ。

...と思ったら、飲み込んでから 30 秒後くらいに香辛料の刺激がこみ上げてきて、むせるむせる(笑。全員間違いなくむせていました。でもうまい。

四川家庭料理 珍々

そして蒜泥白肉のほうは完食。でもこのにんにくだれ、後ひくうまさだよね~。
アレやっちゃいますか?

四川家庭料理 珍々

...というわけで、裏コード:ザ・ビースト裏メニュー、にんにくだれに豆腐投入を頼んでみました。「あぁドラマ観て来たんですね、はいはい」という空気が伝わってきましたが、そこはスルーしていただきます。
うますぎるじゃないか。にんにくだれも、豚肉から豆腐に乗り換えただけで、別人のように輝いている。

っていうかこの豆腐、豆腐屋ジョニーですよね(笑

四川家庭料理 珍々

そして絶対食べたいと思っていた麻婆豆腐。って、いかんいかん、豆腐のにんにくだれかけと麻婆豆腐で豆腐がかぶってしまった(確信犯

でも、にんにくだれとは全然違う味付けで、これもこれでうまい。辣よりも麻、つまり山椒の刺激のほうが強いタイプの麻婆豆腐で、舌の感覚がおかしくなります。この状態で水とかビールを飲んだら味が変わるやつ(笑。

すっげえ辛いけど、うまいから、いいっ!

四川家庭料理 珍々

ここまできたら、もう紹興酒に突入するしかないじゃないですか。しかも、舌が半分麻痺してお酒の微妙な味の違いが分かりそうもないので、一番安い十年もののボトルで(ぉ

四川家庭料理 珍々

熱燗してざらめを入れて...としたいところですが、ここはあえて常温ストレートで。温い紹興酒の香りと、唐辛子や山椒の辛さで、だんだんハイになってきます。

とかやっていたところで、女将さんに「他のお客さんがじゃがとろ頼んだから今から作るけど、食べる?」との申し出が。完全に次に頼むものを読まれています(ぉ
まあここは乗っかるしかない、というか気づいたら店内のお客さんのほとんどが食べてるし!(笑

四川家庭料理 珍々

...確かに、こいつの名は、じゃがとろだ。

マッシュポテトにそぼろあんをかけた、じゃがで、とろっとした料理。四川料理じゃなくて「日本のおふくろの味」と言われても通じそうな、ほっとする味です。様々なスパイスの刺激に当てられた舌と脳を一息つかせるやさしいお味。じんわりします。

四川家庭料理 珍々

四川料理の辛さ、食欲をそそるそそる。ならば、エンジン全開で、ただただ突っ走るのみだ。

水餃子は、見た目のとおりもちっとした皮の食感がとても良く、それでいて上品すぎず家庭的な味わいなのが何とも。

四川家庭料理 珍々

そして〆は担々麺。汁なしのオーソドックスなタイプで、ナポリタンのような池袋のそれとは全く違います。上に乗っかってる肉味噌が、いかにもって感じで、これは間違いないはず。

四川家庭料理 珍々

ぐるぐるかき混ぜていただきます。

おお、これは期待通り。担々麺好きとしては、一人一杯ずつ頼んでも良かったくらい。ここまでくるとそろそろこれくらいの辛さは平気になってきました(笑。

四川家庭料理 珍々

店内にはもちろん松重豊さんのサイン色紙が。今まで各店で見てきた色紙に比べると、ずいぶんラブリーな色紙ですね(笑。

四川発京成小岩の家庭料理、おそるべし。
おふくろの味は、世界中にある。たまには、家庭を感じてみるのも、アリなのかな。

関連ランキング:四川料理 | 京成小岩駅小岩駅

投稿者 B : 23:48 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2012/11/17 (Sat.)

江戸川区京成小岩のガトーフレーズ

「小岩、新小岩、京成小岩。同じ小岩でも、まったく色が違う」

L' ATELIER DU SUCRE(ラトリエ・ドゥ・シュクル)

ラトリエ・ドゥ・シュクル

「ん?カエルのケーキ?...なぜ、なんでカエル。......カエル好き?」

ドラマ『孤独のグルメ』聖地巡礼ツアー、今回やってきたのは今週放送されたばかりの Season2 第 6 話に登場した京成小岩。滅多に来ることのないこのエリアの近くでたまたま仕事があったので、これは行くしかない!ということで突入しました。さすがに放送当週に現地を訪れたのは今回が初めて(笑。

ラトリエ・ドゥ・シュクル

このお店、おそらくこれまでドラマに登場したお店の中で最も「こどグルらしくない」お店じゃないでしょうか(笑。地元密着系という意味では確かにこどグルの路線ではあるんですが、こぎれいでこじゃれた女性的な店、というのは今までになかった展開。これまでの聖地巡礼で一見さんお断りのお店にも入っていく勇気がついた私でも、軽くひるみました。だって三十代半ばの男が土曜日の朝から一人でスイーツですよ(;´Д`)ヾ。

でもね...あのゴローがケーキを食べ終わった後の、何とも脱力した満足げな顔を見ると、食べに来ずにはいられなかったんです(笑。

ラトリエ・ドゥ・シュクル

店内。おしゃれかつラブリーな雰囲気に飾られていて、やっぱり独りで入るのは抵抗があります(´д`)。
一番奥は子ども連れを想定した作りになっていて、ままごとセットがあったり、全体的にテーブルがほぼ子どもサイズだったり、私のような大男が座るにはちょっと苦しい。

ラトリエ・ドゥ・シュクル

とりあえず注文して着席。
ふたつしかないテーブルにはそれぞれ造花が置いてあって、買ったばかりのカメラでガラにもなくちょっとハイキーめなテーブルフォトを撮ってみたりして、気分はカメラ女子です(ぉ

ラトリエ・ドゥ・シュクル

ほどなくしてケーキが運ばれてきました。ここの店員さん、ドラマに負けず劣らず、「いかにもケーキ屋さんで働いていそうなかわいい女子」という感じで、ちょっとドギマギ(笑

頼んだのはゴローと同じくガトーフレーズ、それにホットコーヒー。ケーキは種類がたくさんあって、しかもどれも見た目からしておいしそうなので、確かに初見だと迷いそうです。

ラトリエ・ドゥ・シュクル

うん...美味しい。フルーツも出し惜しみなしの大盤振る舞いだ。苦いコーヒーに、合う。

甘みと、苦み。大人のお楽しみ。

ラトリエ・ドゥ・シュクル

生クリームも、生地も、全体的に甘さ控えめ。それにベリーの甘みと酸味がちょうどいい。甘すぎないので、大人でもじんわりとした幸せに浸れるケーキです。ゴローのあのちょっと呆けた、思わずにやけ笑いがこぼれてしまう表情の意味が解ったような気がしました。先日行った沼袋のロジェも甘すぎない味付けでしたが、この番組のスタッフの甘味に対する嗜好が私のそれと合っているのかもしれません。まあ、メインのお店も全体的に「呑んべえ」のお店で酒を飲まずに食べる、がコンセプトなので、基本的にはお店の選択基準が酒飲みの味覚をベースとしているということなんでしょうが。

店内で独りで食べるのはちょっと辛いものがありましたが(笑)、近所にあったら休日にちょいちょい買いに来たいな、というとてもおいしいケーキでした。他のも食べてみたい。

関連ランキング:ケーキ | 京成小岩駅新柴又駅

投稿者 B : 23:59 | Gourmet | KODOGURU | Sweets | コメント (0) | トラックバック

2012/11/15 (Thu.)

中央区日本橋人形町の黒天丼

「天ぷら、天ぷら、天ぷら...この街に、ないはずがない。天ぷら、天ぷら、天ぷら...!」

天ぷら 中山

天ぷら 中山

やってきました人形町。抹茶ぜんざいに引き続き、『孤独のグルメ Season2』第 2 話に登場した天ぷら屋さん「中山」です。
ここの天ぷらは映像で見ているだけでも明らかに美味しそうで、絶対に来たいと思っていました。が、土日休業ということで平日に来るしかない(;´Д`)ヾ。このときをずっと待っていました。

天ぷら 中山

仕事を定時ダッシュして人形町に向かい、18:40 頃にお店の前に着いたときには、タッチの差で直前のお客さんで満席に(;´Д`)ヾ。「ごめんなさい満席なんですよ」と言われて引き下がる私ではなく、間髪入れずに「待ちます」と答えて寒空の下、のれんの前で待ちます。そうすると私の後にじわじわと行列ができはじめて、会話の様子を聞く限りではドラマを観て訪れた人が多そう。
並んでいると、お店から若旦那さんが出てきて、順番に「ごはん召し上がりますか?」と尋ねていきます。どうやら白飯の量に限りがあるようで、ごはんがなくなったらそこで天丼終了のもよう。私のすぐ後ろのお客さんで天丼が売り切れになってしまい、あと 10 分出てくるのが遅かったら即死だった...!とヒヤヒヤしました。

天ぷら 中山

30 分ほど待ったかな、というところでカウンター席が空き、店内に通されました。まずはビールでしょう、それもこういう店のカウンターには生ビールよりも瓶ビールが似合います。お通しはしらすおろし。こういうのでいいんだよ(ry

天ぷら 中山

天ぷらを注文してしばらくすると、天つゆと塩が運ばれてきました。

そして、店を出てから発覚したんですが、食べるのに夢中になっていつの間にかカメラの ISO 感度が超高感度領域になっていたことに気づかず(;´Д`)ヾ。というわけで、残念ながら今回は画質が微妙です...orz

天ぷら 中山

まずは天ぷらの単品から。五郎's セレクションより、めごちとはす(蓮根)をチョイスしてみました。

まずはめごち。小ぶりだから初見の印象はちょっと物足りなさそうかな?と思ったら、口に入れた瞬間にその評価を撤回。
小さいのに身がふっくらとしてる。さくっとして、中はふわっ。王道のさくふわだ。最初にめごち、大正解。

天ぷら 中山

つづいて、はす。つゆでいただきます。
さくっとした衣に覆われた、新鮮な蓮根のしゃくっとした食感がつゆのうまみと相まって、絶品です。

んー、良い食感だ。うまい。

天ぷら 中山

そして女将さん特性のお新香。冬が近いからか、中身はきゅうり、白菜、かぶのトリオでした。口に運んでみると、頭蓋骨いっぱいに広がる、じんわり、ほっとする、懐かしく優しい味。

ん、あーーー、この時点で、俺的に名店確定。この店、やっぱり間違いない。

天ぷら 中山

さらに、夜限定メニューのかき揚げ。これは必ず食べてみたいと思っていました。

かき揚げというと、桜えびとか練り物とか、あとは根菜というイメージが強いですが、これは見た目からして豪華。ホタテの貝柱が惜しげもなく使われていて、見るからに美味しそう。

天ぷら 中山

ホタテと海老のぷりっとした食感と潮の香りがとてもいい。ボリューム感があるのに、脂っこくなくて胃がもたれる感じがしないのもいい。これは今まで食べたかき揚げの中で最も美味しかったと断言して良いでしょう。

ぜったい夜も来てみた方がいいっスよ。ここのかき揚げ、マジ美味いっスから。

天ぷら 中山

メニューの中に見つけて頼まずにはいられなかった銀杏の天ぷら。薄い衣の中に、銀杏の香ばしさがぎゅっと凝縮されていて、これがビールに合うなぁ~。

そして、お...きたきたきましたよ。

天ぷら 中山

待っっってました。俺に尻尾があったら、今、千切れんばかりに振っているところだ。

今まで見たこともないような黒い天丼。そして、しじみの味噌汁。味噌汁は、口に含んだ瞬間にはすまし汁じゃないかと思うほどに上品な薄味で、でもふくよかな風味と後味に抜けるミツバの香りが、これまたほっとします。しじみの身も残さずいただいて、じんわり幸せな気分に浸れます。

天丼のほうは、

天ぷら 中山

濃口醤油を使って真っ黒になったような、まるで富山のブラックラーメン的な味を連想させる見た目ですが、実際には全然違う。きりっとした醤油味ながらも、ほんわっとした甘みのあるたれで、とても優しい味。海老、穴子、鱚といった主役たちの風味をうまく引き立ててくれています。おやじさん曰く「作っているうちに、いつの間にかこんなに真っ黒になっちゃった(笑)」とのこと。
今まで、素材の新鮮さと揚げの具合で食べさせる天丼は何度かいただいたことがありますが、こういう味付けの妙で堪能できる天丼は初めてだと思います。初めて食べるんだけど、どこか懐かしくて、きっとまた食べたくなる味。

うまかったぁ~~~。おそるべし、黒天丼。

ここはちょっとリピートしたいお店ですね。店員さん(家族でやっていると思われる)も、みなさんとても腰が低くて人情味あふれる感じで、お店を出るときについ何度でも「ごちそうさまでした、おいしかったです」と言ってしまったほど。生活圏から近くないし、平日しかやってないし、人気店だし、でそうそう来る機会はなさそうなんですが、ぜひまた来たい。そう思える名店でした。

関連ランキング:天ぷら | 人形町駅水天宮前駅茅場町駅

投稿者 B : 23:59 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (2) | トラックバック