b's mono-log

2011/12/08 (Thu.)

中国料理 一味 玲玲

ランチに中華が食べたくなったので、新規開拓。

中国料理 一味 玲玲 - 品川

秋にオフィスが移転になってから、全くと言っていいほどおひるを外で食べない生活になってしまったんですが、たまには気分転換も兼ねて外に出てみました。で、品川フロントビル(中日新聞東京本社跡地)のレストランフロアでよさげな中華料理店を発見。調べてみたら新橋にある人気店の支店のようです。

中国料理 一味 玲玲

オーダーしたのは麻婆豆腐定食。まあ中華ランチの定番です。麻婆豆腐に餃子(2 個)、ミニ野菜炒め、中華スープ、ザーサイ、ライス、杏仁豆腐がセットで¥800。品川駅前エリアにしてはリーズナブルですかね。
麻婆豆腐はしっかりした辛みがありつつも、オーソドックスな、素朴な感じの味。野菜炒めやザーサイもそんな感じで、気取らずに食べられる中国の家庭料理、という感じでしょうか。飽きのこない味付けだと思います。

とか思ってたら・・・油断してました。

中国料理 一味 玲玲

定食についてきたこの餃子がやばい。一見、小ぶりな何の変哲もない餃子で、最初は「おまけだからってもうちょっとボリュームある餃子でもいいのに」と思ったんですが、噛んでみると小籠包かよ!と言いたくなるくらい、中から旨味たっぷりのスープが溢れてきます。これは食べ応えあるわー。むしろ定食のおまけじゃなくてこれだけで餃子定食として食べたいくらいです。

このお店はランチタイムにちょいちょい通いたいかも。それにしても品川フロントビル、きじといい、なにげにいいテナント揃ってますねー。このビル、ランチだけでなく飲み会に使っても良さそうです。

関連ランキング:中華料理 | 品川駅北品川駅天王洲アイル駅

投稿者 B : 00:20 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2011/11/27 (Sun.)

B&M でジャンボステーキを食らう

家族で出掛けたついでに、たまにはランチでプチ贅沢してもいいか、ということで、久々に B&M でステーキを。

ステーキハウス B&M グランデュオ蒲田店

B&M

どーーーん!と一枚肉。B&M の名物ヤングステーキ(200g)の大盛り版「ジャンボステーキ」です。これで実に 400g。10 年くらい前ならペロリと平らげていたところ、今や若くないし 400g なんてもう食べきれないでしょう、と少し前までは思っていました。が、先日 CHACO あめみやで約 500g のステーキを完食して自信がつき(ぉ、およそ 10 年ぶりにオーダーしてみた次第。

鉄板からはみ出さんばかりの肉で、付け合わせのコーンやにんじんのソテーが完全に隠れちゃってます(笑。

B&M

うん うまい肉だ いかにも肉って肉だ

部位はハラミとかそのあたりですかね。うまいステーキを食べたければもっと他にもいいステーキメニューはありますが、この弾力性のある肉を噛みしめたときに出てくる「肉肉しい風味」もまたいいものです。ごくたまに、柔らかい肉よりもこういう食べ応えのある肉をガツッと食べたくなるときがありますが(笑)、そういうのにストレートに応えてくれるステーキです。
テーブルにはステーキソースも並んでいますが、あらかじめ塩胡椒で味付けされているのでそのままいただけます。

B&M

サイドメニューのマッシュポテト。ディナータイムならばステーキを頼むとワゴンサービスで数種類のポテトを好きなだけ取らせてもらえるのですが、ランチは別メニューになります。ポテトの甘みが活きたマッシュポテトで、そのまま食べても良し、ステーキの鉄板に残った肉汁を染みさせてマッシュ&グレービー風にしても良し。

B&M

完食。ごちそうさまでした。
さすがに十分満足できる量で、ランチに食べてから夕食もそれほど食べたいと思わなかったほど。ジャンボステーキじゃなくてリブステーキ 320g とかでも十分だったかな?味はリブステーキのほうが美味しいですが、「肉って肉」感はヤング/ジャンボステーキのほうが上です(笑。

蒲田の B&M には今回初めて入りました。建物自体がログハウス調になっている池上や大井町のお店と違って、駅ビル(グランデュオ)のレストラン街にある分、(店内はそれでもカントリー風になっていますが)小ぎれいで入りやすい雰囲気ですね。
某「肉の会」は品川のアウトバックで開催されることが多いですが、今度はここでもいいかもね。

関連ランキング:ステーキ | 蒲田駅蓮沼駅京急蒲田駅

投稿者 B : 23:29 | Gourmet | Lunch | コメント (2) | トラックバック

2011/11/20 (Sun.)

天草大王鍋アゲイン(天草大王と十割そばの店 秀)

ほんの 10 日ほど前に行ったところではありますが、ふたたび新橋へいそいそと。

天草大王と十割そばの店 秀 新橋店

天草大王と十割そばの店 秀

集合時間よりも早く着きすぎてしまったので、マスターおすすめの日本酒で先に一人でやってます(笑。一杯目ならちょっと華やかに・・・というおすすめは、三重県の地酒「若戎(わかえびす)」。フルーティな香りなので一見頼りないのかと思いきや、一本芯のとおったような強さのある味で、なかなか美味しい。

天草大王と十割そばの店 秀

例によって籠盛りにされたお猪口の中から好きなものを選んで、

天草大王と十割そばの店 秀

お通しの揚げ蕎麦と一緒にいただきます。ひとり蕎麦屋で揚げ蕎麦をアテに日本酒、って幕末の志士にでもなった気分(笑

天草大王と十割そばの店 秀

メンバーが揃ったところでコース料理が出てきました。まずは蒸し鶏のサラダから。こういうのに載ってくる蒸し鶏ってあっさりしているもので、ひどい店だと鶏肉がパサパサしていることも少なくないのですが、ここの蒸し鶏はしっとりしていて美味。やっぱり天草大王という鶏はすごい。

天草大王と十割そばの店 秀

串焼きをいただきつつ、鍋が出てくるのを待ちます。

天草大王と十割そばの店 秀

ボリュームたっぷりの大手羽先揚げ。かぶりつくと中から天草大王の脂分がしたたり落ちてくるくらい、脂が乗っています。とはいっても胃にもたれる感じの脂ではなく、脂分がついた指先はコラーゲンでつるつるになります(笑。意外と女性の美容にもいいんじゃないでしょうか・・・。

天草大王と十割そばの店 秀

ようやく出てきた天草大王の水炊き。テーブルが料理でいっぱいだったので、厨房で作ってから持ってきてもらいました(^^;; 例によって長時間煮込んだ鶏ガラの出汁が絶妙な旨味を出していて、岩塩を振るだけで十分美味しいです。むしろ岩塩だけで鶏肉と出汁の旨味を味わいたいほど。

天草大王と十割そばの店 秀

鶏串もまだまだ行きます。ここのせせり大葉串は個人的にはツボ。

Noktor 50mm F0.95

おもむろにこんなモノが出てきてしまうのも、いつものメンバーらしいところ(笑。

これは SLR Magic の Noktor 50mm F0.95 というレンズ(E マウント)です。F0.95 の超大口径レンズですよ!F0.95 というだけあってピントが難しい(絞ってもそこまでカリッとしない感じ)のと絞り羽根の形状に問題があるのでボケがあまり美しくなさそうなのが残念なのですが、このドデカい前玉を見ているだけで涎が出てきそうになります(笑。

天草大王と十割そばの店 秀

調子に乗って鍋をさらにおかわり・・・というわけではなく、2 セット目。テーブルに乗りきらなかったので 2 回に分けたとのことですが、ここまででもうけっこう食べたなーという感じだったので、一人前が多いということですかね。でもうまいのでまだまだいけます(笑

天草大王と十割そばの店 秀

日本酒もどんどん進むわけです(写真は恥ずかしがり屋のマスター(笑))。こないだもいただいた船中八策のひやおろし、スキッと辛口でバランスが良く、気に入った。

天草大王と十割そばの店 秀

これでとどめ、という感じの天草大王のメンチカツ(水炊きコースとは別オーダー)。いつもは最初のほうにいただくんですが、今回は〆の手前ということでパンチもいつも以上(笑。天草大王のしっかりした歯ごたえと溢れる肉汁、そして玉ねぎの甘みが最高です。メンチカツと言えば通常は合挽肉ですが、鶏肉でこれだけジューシーなメンチカツができるとはこのお店に来て初めて知りました。このお店は夜営業のみですが、これならランチ営業でメンチカツ定食とか出せば新橋のサラリーマンに人気出るんじゃないでしょうか(^^;;

天草大王と十割そばの店 秀

〆は鍋の出汁で煮込んだ蕎麦。ここの蕎麦は北海道幌加内産の十割蕎麦なので、せいろで食べるのが一番美味しいとは思いますが、温かい蕎麦もなかなか。今回は料理をたっぷりいただいたので、蕎麦はちょっとで十分だったかな(^^;;

ごちそうさまでした。

関連ランキング:鳥料理 | 新橋駅汐留駅内幸町駅

投稿者 B : 21:40 | Dinner | Gourmet | Udon & Soba | コメント (0) | トラックバック

2011/11/18 (Fri.)

Beaujolais Nouveau 2011

今年もボジョレーヌーヴォーの時期がやってきました。

Beaujolais Nouveau 2011

いつもなら品川のエノテカか成城石井で買って帰るところ、今年は品川のクイーンズ伊勢丹で買ってみました。ヌーヴォー取扱銘柄の大半を試飲して買えるということで、自分好みの味だったのがこれ。他には店頭で樽から瓶への詰め替え実演販売をしている銘柄もありました。
円高のせいか、例年とは値段が全然違っていて、いつもなら通常のヌーヴォーで¥2,000 前後、ヴィラージュで¥3,000 前後が普通といったところですが、今年はヴィラージュでも¥2,000 を切っていて、普通のヌーヴォーだと¥1,000 とか。まあもともとヌーヴォー自体が高いわけではなく、ほとんどが空輸のコストなので、本来のヌーヴォーの価値(味に対する価値)としてはむしろこのくらいの価格が妥当なんじゃないかと思います。

今年のヌーヴォーも「●年に一度の出来」といううまいうまい詐欺(ぉ)が横行していますが、元々ヌーヴォーはこんな新酒の状態で味を云々するというものではなく、「今年も無事に収穫して、新酒を出荷できる時期を迎えられたこと」をお祝いするお祭りのようなものなので、楽しめればそれでいいんじゃないでしょうか。
味のほうは、試飲したおかげでそこそこ美味しいものを買って帰れたし。私が買ったこれは、新酒の割にフルーティーな香りと芯のある味のバランスがなかなか良く、満足できました。

Beaujolais Nouveau 2011

つまみはチーズの盛り合わせ。私の大好物であるパルミジャーノの塊がなかったのは残念ですが、数百円でゴルゴンゾーラまで含む 5 種類のチーズが楽しめるとはお買い得。円高は多くの日本企業にとっては大きな痛手ですが、せめてこういう恩恵は受けても罰は当たらないでしょう(^^;;

最近、美味しいワインを久しく飲んでいないので、赤ワインが美味しく感じるこれからの時期、久しぶりに飲みに行きたいなあ・・・。

投稿者 B : 23:52 | Drink | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2011/11/17 (Thu.)

カレーうどん 古奈屋

最近妙にうどんづいてる私ですが(笑)、こないだ久々にこんぴら茶屋に行ったら、カレーうどんのおいしさを再発見したので他にも美味しいカレーうどんを発掘したくなりまして。

カレーうどん|古奈屋

古奈屋


テレビでもたまに紹介されるような巣鴨の超有名店で、ここには一度行ってみたいと思っていました。最近知ったんですが首都圏にかなり支店を出してるんですねー。しかし、ことごとく生活圏にないという(´д`)。で、ランドマークプラザにあることが分かったので、ブルク 13 に行ったついでに食べてきました。

ここのうどんは最近流行っている讃岐系手打ちうどんとは違って、比較的細めの麺。でもそれなりにコシがあって、つるつるもちっとした食感がクセになる感じです。カレーうどんで麺が太いと、カレーと絡みにくくなるので、これくらいがバランスいいように思います。
カレーのほうは、いわゆるカレーに出汁を混ぜたもの、という感じではなくて、クリーミーなスープカレーといった印象。一般的なカレーうどんのカレーとは全然違って、口に入れた瞬間はまろやかなんだけど、辛みが後から追いかけてくるような味。コクもあって、今まで食べた中で比較するなら表参道のしまだのカレーうどんがちょっと近いかも、と思います。

味の好みだけで言えば私はこんぴら茶屋のほうが好きですが、ここのカレーうどんもクセになるというか、定期的に食べたくなるような常習性を孕んでいます。
古奈屋にしてもこんぴら茶屋にしてもそうですが、普通のカレーうどんで¥1,050 というのはちょっと高い(´д`)。でもそれだけの価値はあるような気もします。

古奈屋

ごちそうさまでした。

関連ランキング:カレーうどん | みなとみらい駅桜木町駅馬車道駅

投稿者 B : 23:14 | Curry | Gourmet | Udon & Soba | コメント (0) | トラックバック

2011/11/12 (Sat.)

六本木で肉の会(ステーキハウス CHACO 六本木)

半年ぶりに六本木の「CHACO 六本木」で肉の会に参加してきました!

ステーキハウス CHACO 六本木

ステーキハウス CHACO 六本木

千駄ヶ谷のお店も含めるとここは通算 3 回目。塊肉をそのまま竈で炭火焼きにしてくれる豪快なステーキハウスです。
写真の肉は一塊で 1.5kg。それをどどんと丸ごと炭火焼きですよ。気分はもうはじめ人間ギャートルズ(笑

ステーキハウス CHACO 六本木

ビールを飲みながら 20~30 分くらい待ったところで、テーブルの上に固形燃料と鉄板が運び込まれます。で、その上に、

ステーキハウス CHACO 六本木

どーん!と 1.5kg の牛肉。表面はいい感じに焼けていますが、内側はほぼ生の状態です。

ステーキハウス CHACO 六本木

例によって、ここからスタッフの方がこの塊肉をざっくざっくと刻んでいき(笑、

ステーキハウス CHACO 六本木

最終的にこの状態まで刻まれます。

ステーキハウス CHACO 六本木

あとは鉄板の上に溢れんばかりに肉を並べ、各人のお好みの焼き加減まで火を通して、いただきます・・・と言いたいところですが、鉄皿が温められて出てくるまでこの肉を目の前にしてしばしお預け(;´Д`)ヾ。

ステーキハウス CHACO 六本木

数分待ったところでようやく鉄皿が出てきて(笑、やっといただきます。写真の肉片は切ってもらった中では最も小さい部類。9 人で合計 4kg の肉をオーダーしたので、一人あたり 400~500g という分量(^^;;

ステーキハウス CHACO 六本木

ステーキソースなんかもありますが、せっかくのいい肉なので少しバターをつける程度で、肉そのものの風味と下味の塩胡椒だけで十分美味しいです。肉質はそれほど脂っこくなく(脂肪分はあっても霜降り状にはなっていないので、取り分けることも可能)、500g でもさほどもたれることなく完食できてしまいます。

単純計算でも、肉の量だけでこのお店を出たときには 0.5kg 体重が増えていた計算になるはずですが(ぉ、そんなのは気にしない。また「肉を喰らいたい!」と思ったら、このお店に集まることを企画したいですね(^^;;

関連ランキング:ステーキ | 六本木一丁目駅麻布十番駅六本木駅

投稿者 B : 21:00 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2011/11/09 (Wed.)

今年も鍋の季節になりました。(天草大王と十割そばの店 秀)

天草大王と十割そばの店 秀」が鍋をはじめたということで、新橋へいそいそと。

天草大王と十割そばの店 秀 新橋店

天草大王と十割そばの店 秀

まずはビールから。アテは私の好物である鯛わたと、いぶりがっこのマスカルポーネ和え。空腹でもつい珍味系から行ってしまう悪い癖(^^;;

天草大王と十割そばの店 秀

目玉料理な天草大王のメンチカツ。例によって鶏肉とは思えないジューシーさでうまい。白飯が欲しくなります(笑

天草大王と十割そばの店 秀

で、鍋。天草大王を贅沢に使った水炊きです。これで二人前。

天草大王と十割そばの店 秀

鍋には最初から天草大王の骨付き肉が入っていました。あらかじめ鶏ガラを 6 時間煮込んだ出汁に、さらに骨付き肉を入れて 1 時間煮込んだスープとのこと。見るからに旨味が抽出されています(´ρ`)。

天草大王と十割そばの店 秀

この出汁で具材を煮込んでいくわけですが、その間、日本酒をいただきながらできあがりを待ちます。この日のおすすめは「船中八策」のひやおろし。辛口で私好みの味でした。片口(瓶の手前にある褐色の酒器)もしゃれています。

天草大王と十割そばの店 秀

熱々にできあがった鍋。ポン酢、もしくは岩塩でいただくわけですが、私は濃厚な出汁の旨味をそのまま味わいたかったので、岩塩で。出汁そのものは調味されていないので、この塩加減ひとつで好みの味に調整できます。天草大王の引き締まった肉の食感もまた良し。

天草大王と十割そばの店 秀

串物もはさんだりしつつ、

天草大王と十割そばの店 秀

どんどん日本酒が進むわけです。刈穂 気魄の辛口はやっぱりうまい。

天草大王と十割そばの店 秀

こちらは厚い厚揚げねぎ味噌焼き。ねぎ味噌の風味が良くてまたまた日本酒が進みます。

天草大王と十割そばの店 秀

〆は鍋の出汁で煮込まれた十割蕎麦。前回はせいろでいただきましたが、今回は温めて。天草大王の出汁がたっぷり出たスープのおかげでかなり美味しいですが、やっぱり量的にはおかわりしたくなりますね(笑。

気候的には 11 月のわりに暖かめの日が続いていて、それほど「今夜は鍋!」という気分でもない感じですが、うまいものはうまい。このお店には、忘年会までにまた来ることになりそうです。

関連ランキング:鳥料理 | 新橋駅汐留駅内幸町駅

投稿者 B : 22:18 | Dinner | Gourmet | Udon & Soba | コメント (0) | トラックバック

2011/11/07 (Mon.)

こんぴら茶屋(再)

突然カレーうどんが食べたいと思い立って、久々に目黒のこんぴら茶屋を訪問しました。

こんぴら茶屋

こんぴら茶屋

ここのカレーうどんはやっぱり美味しい。しっかりした食感のあるうどんに、コクのあるカレーが絡んで絶妙です。
オーダーしたのは牛かれーうどんにチーズトッピング。知らない間にデフォルトでコーンが載ってくるようになったんですかね?コーンの甘みがカレーうどんのコクを増してくれていると思います。

ここのところ、歳のせいか(?)ラーメンよりもうどんのほうが美味しいと感じるようになってきたように思います。昔はカレーうどんを食べるならカレーライスを食べるわ!という勢いだったんですが(ぉ)最近はカレーうどんはカレーライスとは別の美味しい食べ物という認識に変わってきました。

目黒ってどうしても通過するだけの駅になりがちですが、やっぱりこの店にはちょいちょい通ってみようかなあ・・・。

関連ランキング:うどん | 目黒駅白金台駅五反田駅

投稿者 B : 23:28 | Curry | Gourmet | Udon & Soba | コメント (0) | トラックバック

2011/10/26 (Wed.)

五反田 おにやんま

前から気になっていたうどん屋さんに行ってみました。

おにやんま

おにやんま

ジャーナリスト西田宗千佳氏がお気に入りらしいうどん屋さん(←なんというピンポイント情報)。「安くてうまい」の代名詞のようなうどん屋で、曜日や時間帯によっては行列ができるようすを私も何度か見かけたことがありました。

お店の前で食券を買ってから入る立ち食い式のうどん屋さんで、店内は飾りっ気一つなし。香川のあちこちにあるといううどん屋さんもこんな感じのお店が多いんだろうなあ、と映画『UDON』を見ただけの勝手なイメージで想像しつつ、少しだけ待つとうどんが出てきました。

頼んだのは「冷とり天ぶっかけ大盛り」。このボリュームで¥490 とか、おそるべきコストパフォーマンスです。並盛りなら¥400 でお釣りが来るとか、山手線の駅の目の前の価格とは思えない。

麺はかなりコシがあり、歯ごたえが強くて私好み。出汁は関西風で、田舎の味付けがどちらかというと西寄りだった私にはしっくり来る味付けです。とり天は店内で揚げていて、お客さんの回転が速いので、ほぼ揚げたて状態のものが乗ってきて、これまた美味。

立ち食いなので複数人でゆっくりという感じでは全然ありませんが、会社からの帰りがけに何か食べて帰るか、というときや、飲み会帰りに小腹が空いたな・・・というときにちょっと寄って行きたいお店です。今後ちょくちょく通いそうな予感。

関連ランキング:うどん | 五反田駅大崎広小路駅大崎駅

投稿者 B : 22:20 | Gourmet | Udon & Soba | コメント (0) | トラックバック

2011/10/23 (Sun.)

あるでん亭

用事でソニービルに行ったついでに、ランチは久々にビル内の「あるでん亭」へ。

あるでん亭 ゆで上げスパゲッティ店専門店|ソニービル

あるでん亭

ソニービルに来たときに何度か来たことがあるんですが、今回は 2 年ぶりくらいかも。ここ、銀座のランチにしてはリーズナブルで美味しいんですよね(^^;;

いつもはトマトソース系かミートソース系を頼むところ、今回は同行の人のおすすめでカルボナーラをオーダー。
カルボナーラって、美味しいんだけどどちらかというと子ども向けなイメージがあって(というかウチの娘が好きでよく食べるからなんだけど)自分ではそれほど食べないんですよね。でも、このカルボナーラは生クリームを使わず、卵黄だけで仕上げています。それにカリッと焼いたベーコンと、粗挽きの黒胡椒が絶妙なハーモニー。これは美味しい!

スパゲティも店名の通りアルデンテ。日本だと下手なイタリア料理屋、だけじゃなくてそこそこ人気のイタリア料理屋でも軟らかめのスパゲティが出てくることが珍しくないですが、ここのは本当に細い一本の芯を残してあって、何とも言えない歯ごたえがあります。

ここは美味しいことは知ってたんですが、カルボナーラがこんなに美味しいとは。職場の近くにあったら週イチで通うんだけどなあ。

で、食後のお会計を済ませてお店を出ようとしたところで、こんなものを発見。

あるでん亭

フェラーリのフェルナンド・アロンソじゃないですか!しかもいつ来たのかと思えばついこないだ、10 月 11 日とか。鈴鹿での日本 GP が終わって、韓国に移動するまでの間は東京で過ごしていたんですね・・・。
というか、アロンソがソニービルを訪問していたというのもある意味胸熱ではあるんですが、フェラーリのファクトリーやモーターホームで普段から本場イタリアのパスタを味わっているアロンソが訪れた、というのは、やっぱりヨーロッパ人(アロンソと一緒に写っている人たちも見るからにフェラーリのスタッフかアロンソのフィジオっぽい)からしても本当に美味しいパスタだということなんでしょうね。
店内を見回してみると、他にも有名人の写真がちらほら。アロンソの写真の左下の写真も、名前がすぐに出てこないけど(ぉ)有名人ですよね某氏に指摘されて気づいたんですが、サッカー日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督じゃないですか!テレビで見るのと随分表情が違うから結びつかなかった・・・ここ、意外な穴場なのかもしれません。

関連ランキング:パスタ | 銀座駅有楽町駅日比谷駅

投稿者 B : 23:23 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック