b's mono-log

2011/11/18 (Fri.)

Beaujolais Nouveau 2011

今年もボジョレーヌーヴォーの時期がやってきました。

Beaujolais Nouveau 2011

いつもなら品川のエノテカか成城石井で買って帰るところ、今年は品川のクイーンズ伊勢丹で買ってみました。ヌーヴォー取扱銘柄の大半を試飲して買えるということで、自分好みの味だったのがこれ。他には店頭で樽から瓶への詰め替え実演販売をしている銘柄もありました。
円高のせいか、例年とは値段が全然違っていて、いつもなら通常のヌーヴォーで¥2,000 前後、ヴィラージュで¥3,000 前後が普通といったところですが、今年はヴィラージュでも¥2,000 を切っていて、普通のヌーヴォーだと¥1,000 とか。まあもともとヌーヴォー自体が高いわけではなく、ほとんどが空輸のコストなので、本来のヌーヴォーの価値(味に対する価値)としてはむしろこのくらいの価格が妥当なんじゃないかと思います。

今年のヌーヴォーも「●年に一度の出来」といううまいうまい詐欺(ぉ)が横行していますが、元々ヌーヴォーはこんな新酒の状態で味を云々するというものではなく、「今年も無事に収穫して、新酒を出荷できる時期を迎えられたこと」をお祝いするお祭りのようなものなので、楽しめればそれでいいんじゃないでしょうか。
味のほうは、試飲したおかげでそこそこ美味しいものを買って帰れたし。私が買ったこれは、新酒の割にフルーティーな香りと芯のある味のバランスがなかなか良く、満足できました。

Beaujolais Nouveau 2011

つまみはチーズの盛り合わせ。私の大好物であるパルミジャーノの塊がなかったのは残念ですが、数百円でゴルゴンゾーラまで含む 5 種類のチーズが楽しめるとはお買い得。円高は多くの日本企業にとっては大きな痛手ですが、せめてこういう恩恵は受けても罰は当たらないでしょう(^^;;

最近、美味しいワインを久しく飲んでいないので、赤ワインが美味しく感じるこれからの時期、久しぶりに飲みに行きたいなあ・・・。

投稿者 B : 23:52 | Drink | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2011/11/17 (Thu.)

カレーうどん 古奈屋

最近妙にうどんづいてる私ですが(笑)、こないだ久々にこんぴら茶屋に行ったら、カレーうどんのおいしさを再発見したので他にも美味しいカレーうどんを発掘したくなりまして。

カレーうどん|古奈屋

古奈屋


テレビでもたまに紹介されるような巣鴨の超有名店で、ここには一度行ってみたいと思っていました。最近知ったんですが首都圏にかなり支店を出してるんですねー。しかし、ことごとく生活圏にないという(´д`)。で、ランドマークプラザにあることが分かったので、ブルク 13 に行ったついでに食べてきました。

ここのうどんは最近流行っている讃岐系手打ちうどんとは違って、比較的細めの麺。でもそれなりにコシがあって、つるつるもちっとした食感がクセになる感じです。カレーうどんで麺が太いと、カレーと絡みにくくなるので、これくらいがバランスいいように思います。
カレーのほうは、いわゆるカレーに出汁を混ぜたもの、という感じではなくて、クリーミーなスープカレーといった印象。一般的なカレーうどんのカレーとは全然違って、口に入れた瞬間はまろやかなんだけど、辛みが後から追いかけてくるような味。コクもあって、今まで食べた中で比較するなら表参道のしまだのカレーうどんがちょっと近いかも、と思います。

味の好みだけで言えば私はこんぴら茶屋のほうが好きですが、ここのカレーうどんもクセになるというか、定期的に食べたくなるような常習性を孕んでいます。
古奈屋にしてもこんぴら茶屋にしてもそうですが、普通のカレーうどんで¥1,050 というのはちょっと高い(´д`)。でもそれだけの価値はあるような気もします。

古奈屋

ごちそうさまでした。

関連ランキング:カレーうどん | みなとみらい駅桜木町駅馬車道駅

投稿者 B : 23:14 | Curry | Gourmet | Udon & Soba | コメント (0) | トラックバック

2011/11/12 (Sat.)

六本木で肉の会(ステーキハウス CHACO 六本木)

半年ぶりに六本木の「CHACO 六本木」で肉の会に参加してきました!

ステーキハウス CHACO 六本木

ステーキハウス CHACO 六本木

千駄ヶ谷のお店も含めるとここは通算 3 回目。塊肉をそのまま竈で炭火焼きにしてくれる豪快なステーキハウスです。
写真の肉は一塊で 1.5kg。それをどどんと丸ごと炭火焼きですよ。気分はもうはじめ人間ギャートルズ(笑

ステーキハウス CHACO 六本木

ビールを飲みながら 20~30 分くらい待ったところで、テーブルの上に固形燃料と鉄板が運び込まれます。で、その上に、

ステーキハウス CHACO 六本木

どーん!と 1.5kg の牛肉。表面はいい感じに焼けていますが、内側はほぼ生の状態です。

ステーキハウス CHACO 六本木

例によって、ここからスタッフの方がこの塊肉をざっくざっくと刻んでいき(笑、

ステーキハウス CHACO 六本木

最終的にこの状態まで刻まれます。

ステーキハウス CHACO 六本木

あとは鉄板の上に溢れんばかりに肉を並べ、各人のお好みの焼き加減まで火を通して、いただきます・・・と言いたいところですが、鉄皿が温められて出てくるまでこの肉を目の前にしてしばしお預け(;´Д`)ヾ。

ステーキハウス CHACO 六本木

数分待ったところでようやく鉄皿が出てきて(笑、やっといただきます。写真の肉片は切ってもらった中では最も小さい部類。9 人で合計 4kg の肉をオーダーしたので、一人あたり 400~500g という分量(^^;;

ステーキハウス CHACO 六本木

ステーキソースなんかもありますが、せっかくのいい肉なので少しバターをつける程度で、肉そのものの風味と下味の塩胡椒だけで十分美味しいです。肉質はそれほど脂っこくなく(脂肪分はあっても霜降り状にはなっていないので、取り分けることも可能)、500g でもさほどもたれることなく完食できてしまいます。

単純計算でも、肉の量だけでこのお店を出たときには 0.5kg 体重が増えていた計算になるはずですが(ぉ、そんなのは気にしない。また「肉を喰らいたい!」と思ったら、このお店に集まることを企画したいですね(^^;;

関連ランキング:ステーキ | 六本木一丁目駅麻布十番駅六本木駅

投稿者 B : 21:00 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2011/11/09 (Wed.)

今年も鍋の季節になりました。(天草大王と十割そばの店 秀)

天草大王と十割そばの店 秀」が鍋をはじめたということで、新橋へいそいそと。

天草大王と十割そばの店 秀 新橋店

天草大王と十割そばの店 秀

まずはビールから。アテは私の好物である鯛わたと、いぶりがっこのマスカルポーネ和え。空腹でもつい珍味系から行ってしまう悪い癖(^^;;

天草大王と十割そばの店 秀

目玉料理な天草大王のメンチカツ。例によって鶏肉とは思えないジューシーさでうまい。白飯が欲しくなります(笑

天草大王と十割そばの店 秀

で、鍋。天草大王を贅沢に使った水炊きです。これで二人前。

天草大王と十割そばの店 秀

鍋には最初から天草大王の骨付き肉が入っていました。あらかじめ鶏ガラを 6 時間煮込んだ出汁に、さらに骨付き肉を入れて 1 時間煮込んだスープとのこと。見るからに旨味が抽出されています(´ρ`)。

天草大王と十割そばの店 秀

この出汁で具材を煮込んでいくわけですが、その間、日本酒をいただきながらできあがりを待ちます。この日のおすすめは「船中八策」のひやおろし。辛口で私好みの味でした。片口(瓶の手前にある褐色の酒器)もしゃれています。

天草大王と十割そばの店 秀

熱々にできあがった鍋。ポン酢、もしくは岩塩でいただくわけですが、私は濃厚な出汁の旨味をそのまま味わいたかったので、岩塩で。出汁そのものは調味されていないので、この塩加減ひとつで好みの味に調整できます。天草大王の引き締まった肉の食感もまた良し。

天草大王と十割そばの店 秀

串物もはさんだりしつつ、

天草大王と十割そばの店 秀

どんどん日本酒が進むわけです。刈穂 気魄の辛口はやっぱりうまい。

天草大王と十割そばの店 秀

こちらは厚い厚揚げねぎ味噌焼き。ねぎ味噌の風味が良くてまたまた日本酒が進みます。

天草大王と十割そばの店 秀

〆は鍋の出汁で煮込まれた十割蕎麦。前回はせいろでいただきましたが、今回は温めて。天草大王の出汁がたっぷり出たスープのおかげでかなり美味しいですが、やっぱり量的にはおかわりしたくなりますね(笑。

気候的には 11 月のわりに暖かめの日が続いていて、それほど「今夜は鍋!」という気分でもない感じですが、うまいものはうまい。このお店には、忘年会までにまた来ることになりそうです。

関連ランキング:鳥料理 | 新橋駅汐留駅内幸町駅

投稿者 B : 22:18 | Dinner | Gourmet | Udon & Soba | コメント (0) | トラックバック

2011/11/07 (Mon.)

こんぴら茶屋(再)

突然カレーうどんが食べたいと思い立って、久々に目黒のこんぴら茶屋を訪問しました。

こんぴら茶屋

こんぴら茶屋

ここのカレーうどんはやっぱり美味しい。しっかりした食感のあるうどんに、コクのあるカレーが絡んで絶妙です。
オーダーしたのは牛かれーうどんにチーズトッピング。知らない間にデフォルトでコーンが載ってくるようになったんですかね?コーンの甘みがカレーうどんのコクを増してくれていると思います。

ここのところ、歳のせいか(?)ラーメンよりもうどんのほうが美味しいと感じるようになってきたように思います。昔はカレーうどんを食べるならカレーライスを食べるわ!という勢いだったんですが(ぉ)最近はカレーうどんはカレーライスとは別の美味しい食べ物という認識に変わってきました。

目黒ってどうしても通過するだけの駅になりがちですが、やっぱりこの店にはちょいちょい通ってみようかなあ・・・。

関連ランキング:うどん | 目黒駅白金台駅五反田駅

投稿者 B : 23:28 | Curry | Gourmet | Udon & Soba | コメント (0) | トラックバック

2011/10/26 (Wed.)

五反田 おにやんま

前から気になっていたうどん屋さんに行ってみました。

おにやんま

おにやんま

ジャーナリスト西田宗千佳氏がお気に入りらしいうどん屋さん(←なんというピンポイント情報)。「安くてうまい」の代名詞のようなうどん屋で、曜日や時間帯によっては行列ができるようすを私も何度か見かけたことがありました。

お店の前で食券を買ってから入る立ち食い式のうどん屋さんで、店内は飾りっ気一つなし。香川のあちこちにあるといううどん屋さんもこんな感じのお店が多いんだろうなあ、と映画『UDON』を見ただけの勝手なイメージで想像しつつ、少しだけ待つとうどんが出てきました。

頼んだのは「冷とり天ぶっかけ大盛り」。このボリュームで¥490 とか、おそるべきコストパフォーマンスです。並盛りなら¥400 でお釣りが来るとか、山手線の駅の目の前の価格とは思えない。

麺はかなりコシがあり、歯ごたえが強くて私好み。出汁は関西風で、田舎の味付けがどちらかというと西寄りだった私にはしっくり来る味付けです。とり天は店内で揚げていて、お客さんの回転が速いので、ほぼ揚げたて状態のものが乗ってきて、これまた美味。

立ち食いなので複数人でゆっくりという感じでは全然ありませんが、会社からの帰りがけに何か食べて帰るか、というときや、飲み会帰りに小腹が空いたな・・・というときにちょっと寄って行きたいお店です。今後ちょくちょく通いそうな予感。

関連ランキング:うどん | 五反田駅大崎広小路駅大崎駅

投稿者 B : 22:20 | Gourmet | Udon & Soba | コメント (0) | トラックバック

2011/10/23 (Sun.)

あるでん亭

用事でソニービルに行ったついでに、ランチは久々にビル内の「あるでん亭」へ。

あるでん亭 ゆで上げスパゲッティ店専門店|ソニービル

あるでん亭

ソニービルに来たときに何度か来たことがあるんですが、今回は 2 年ぶりくらいかも。ここ、銀座のランチにしてはリーズナブルで美味しいんですよね(^^;;

いつもはトマトソース系かミートソース系を頼むところ、今回は同行の人のおすすめでカルボナーラをオーダー。
カルボナーラって、美味しいんだけどどちらかというと子ども向けなイメージがあって(というかウチの娘が好きでよく食べるからなんだけど)自分ではそれほど食べないんですよね。でも、このカルボナーラは生クリームを使わず、卵黄だけで仕上げています。それにカリッと焼いたベーコンと、粗挽きの黒胡椒が絶妙なハーモニー。これは美味しい!

スパゲティも店名の通りアルデンテ。日本だと下手なイタリア料理屋、だけじゃなくてそこそこ人気のイタリア料理屋でも軟らかめのスパゲティが出てくることが珍しくないですが、ここのは本当に細い一本の芯を残してあって、何とも言えない歯ごたえがあります。

ここは美味しいことは知ってたんですが、カルボナーラがこんなに美味しいとは。職場の近くにあったら週イチで通うんだけどなあ。

で、食後のお会計を済ませてお店を出ようとしたところで、こんなものを発見。

あるでん亭

フェラーリのフェルナンド・アロンソじゃないですか!しかもいつ来たのかと思えばついこないだ、10 月 11 日とか。鈴鹿での日本 GP が終わって、韓国に移動するまでの間は東京で過ごしていたんですね・・・。
というか、アロンソがソニービルを訪問していたというのもある意味胸熱ではあるんですが、フェラーリのファクトリーやモーターホームで普段から本場イタリアのパスタを味わっているアロンソが訪れた、というのは、やっぱりヨーロッパ人(アロンソと一緒に写っている人たちも見るからにフェラーリのスタッフかアロンソのフィジオっぽい)からしても本当に美味しいパスタだということなんでしょうね。
店内を見回してみると、他にも有名人の写真がちらほら。アロンソの写真の左下の写真も、名前がすぐに出てこないけど(ぉ)有名人ですよね某氏に指摘されて気づいたんですが、サッカー日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督じゃないですか!テレビで見るのと随分表情が違うから結びつかなかった・・・ここ、意外な穴場なのかもしれません。

関連ランキング:パスタ | 銀座駅有楽町駅日比谷駅

投稿者 B : 23:23 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2011/10/21 (Fri.)

G.H.MUMM F1 JACKET

シャンパン買いに行って、いきなりこんなのを見つけちゃったらもう買うしかないじゃないですか。

G.H.MUMM / Cordon Rouge F1 ジャケット

G.H.MUMM F1 JACKET

日本グランプリは先日終わってしまいましたが、おそらくこのシャンパンも日本 GP に合わせて発売されたものだと思います。MUMM は 10 年ほど前に MOET に替わって F1 の公式シャンパンになっているので、これもそれにちなんだもの。

G.H.MUMM F1 JACKET

MUMM のシャンパン「Cordon Rouge」に、F1 マシンの素材であるカーボンを模した保冷ジャケットがおまけについた製品です。これで、通常の MUMM Cordon Rouge と同じ値段なので、F1 ファンなら買わない理由はない(笑
前面には金属のプレートに「F1 Official Champagne」のロゴが入っています。

G.H.MUMM F1 JACKET

背面にはレリーフっぽく「G.H.MUMM」のロゴ。素材はあくまでリアルカーボンではなく「カーボンルック」にすぎませんが、カーボンフェチにはそれでもたまらない(笑。
側面のファスナーにつけられた赤いストラップもまた映えています。色合い的には、今シーズン最もシャンパンを呷っているレッドブルよりも、むしろフェラーリやマクラーレンに似合いそう。

G.H.MUMM F1 JACKET

ジャケットを開くと、中から出てくるのは普通の Cordon Rouge のボトルです。ジャケットの裏地が赤なのがまたカッコイイ。シャンパンは飲んだら終わりですが、ボトルだけ入れ替えればジャケットは使い回せるので、いつでも F1 気分が味わえます(笑。

本当は今度のインド GP が終わった後に我が家でもシャンパンファイトといきたいところですが、もったいないので大事に飲みます(笑。
まあ、シャンパンそのものの味としては MUMM よりも MOET のほうが好みではあるんですけどね。

投稿者 B : 23:45 | Drink | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2011/10/14 (Fri.)

Applejack

最近、アップルジャックをちびちびと飲んでいます。

Applejack

「アップルジャック」といっても、別にカリスマ不在の Apple は俺がいただいた!とかそういう話ではなく(ぉ)アップルブランデーの話。
春先に、職場の先輩が海外出張のお土産に買ってきてくれたんですが、忙しさのあまり存在をすっかり忘れていて、今ごろ思い出して飲んでいるという。

私は普通のブランデーならある程度銘柄も分かるんですが、アップルブランデーはさすがに詳しくなく・・・。買ってきてくれた先輩も、どちらかというとこの「土産物っぽい」ボトルに惹かれて選んでくれたんだろうと思いますが。
某小説に出てくる「貴婦人と一角獣」っぽい模様(笑)が施された陶器の瓶は、確かに置物としても良い雰囲気です。

「BAYERN」という文字が書かれていることから、サッカークラブやソーセージで有名なバイエルン州のものだということが分かります。最初、この文字列を見て「なんで CMOS センサのベイヤー(Bayer)配列のことが書いてあるんだ?」と思ったカメラ脳(ぉ。まあ語源は同じだろうと思いますが。

Applejack

背面のラベルには「バイエルン地方の伝統技術によって蒸留された、りんごとなしのブランデー」と書いてありました。ドイツ語じゃなくて良かった(笑。

味のほうは、アルコールの甘みと刺激感はあるものの、それほどお酒自体に味がついているわけでもなく、どちらかというとりんごとなしの香りを楽しむものだと思います。香りのほうもそんなに甘ったるすぎず、ほのかな果実香で、悪くない。料理と一緒にという感じではないので、食後のデザート代わりに・・・というのがいいと思います。

まあ 200mL しかないので、ちびちび飲っててもすぐになくなっちゃうんですけどねー。

投稿者 B : 00:26 | Drink | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2011/09/29 (Thu.)

天草大王と十割そばの店 秀

天草大王と十割そばの店 秀

秀

新橋は SL 広場からそう遠くない場所に、新しいお店がオープンしました。あの「菜五味」「さら」のマスターが、9 ヶ月ぶりに手がけたお店です。人通り的に厳しかった今までのお店と比べ、圧倒的にいい立地(笑。酔っ払いサラリーマンの街として全国的に有名な新橋なので(笑)、飲み会の場所としては集まりやすいロケーションです。

秀

奥の座敷に通されて、まずはビールで乾杯し、祝開店。

料理の方はマスターにおまかせで作ってもらうことに。残念ながらタジンはありませんでした(笑

秀

まずはアテにいぶりがっこのマスカルポーネ和えと、あんきもポン酢。いぶりがっこはかれこれ菜五味時代からのお気に入りなので、久々の再会に感激。そして、あんきももうまい。これはお酒が進みます。

秀

続いてマスターの自信作、天草大王のコロッケメンチカツ。天草大王って何のことかと思ったら、熊本(天草)の地鶏のことですね。これがまたすごく脂が乗っていてうまい。この日一番のヒットだったかもしれません。

秀

ということで、日本酒に進みます。まずいただいたのは「強力」。あれ、以前飲んだのとラベル変わった?と思ったら、以前飲んだのは日置桜の強力。で、これは鷹勇の強力。強力っていろんな蔵元から出てるのね、と調べてみたところ、強力というのは鳥取原産の有名な酒米の銘柄らしいですね。それで、鳥取の複数の蔵元から「強力」銘の日本酒が販売されている、というわけ。勉強になりました。

その強力を、枡っぽい木製の徳利に入れて出してもらいました。猪口は例によってたくさんある種類の中から、自分で好きなものを選んで。

そして、ここから怒濤の天草大王ラッシュが始まります。

秀

脂が乗りすぎで指がべとべとになるくらいの、大手羽先揚げ。バァァーーーン!

秀

肉の弾力と皮のパリパリ感が絶妙なハーモニー、むね焼き。ドォォーーーン!

秀

ということで、日本酒も進まざるを得ないわけです。刈穂の超弩級・気魄の辛口をチョイス。やはり私は超がつくほど辛口の日本酒が好き。

秀

ここでマスターから、Twitter 予約特典の(←違います)筑前煮のサービス。これがまた味が濃いめで、日本酒が進む進む。飲み物をオーダーさせるための撒き餌ですねわかります(ぉ。

秀

ひさびさに働いているマスター(笑。注いでいるお酒は最近流行らしい?ヨーグルトリキュール。

秀

どんどん呑みます。何を呑んだかは、ないしょ(ぉ

秀

〆は蕎麦。店名にも入っているとおり、このお店は天草大王に加えて十割そばがメイン。ここにも天草大王を奢った「刻み大王せいろ」で締めます。

いつものマスターらしく日本酒が充実しているお店ですが、今までの 2 店舗と比べても料理がさらに充実しているようで、かなり満足しました。しばらく行きつけの居酒屋がない状態が続いていましたが、久高に続いて落ち着いて飲める良い店と巡り会えました。忘年会シーズン前にもちょくちょく通う予感。

関連ランキング:鳥料理 | 新橋駅汐留駅内幸町駅

投稿者 B : 23:59 | Dinner | Gourmet | Udon & Soba | コメント (0) | トラックバック