b's mono-log

2010/05/21 (Fri.)

旭龍門の担々麺

先日はしごに行って久しぶりに担々麺を食べたら、なんかもう少し身近でも美味しい担々麺のお店を開拓したくなったので、職場近くでちょっと探してみました。

そこでけっこう美味しいという情報を見つけた、このお店に行ってみました。そんなに職場から近くもないんですが。

旭龍門 品川店

旭龍門 品川店

店構えは割と普通の(ややキレイめな)中華料理店。ランチメニューの担々麺は見ての通り非常にオーソドックスでした。

ラー油たっぷりでしっかり辛く、また胡麻の風味も効いていて「担々麺を食べてる」感が強い。青梗菜(切らずに入ってるほうが好きですが、こうやって刻んで入っているのも食べやすくて良いですね)や葱がふんだんに使われているので飽きも来ない。麺がけっこう普通の中細麺であまり特長がなかった気はしましたが、この味は及第点以上をあげたいです。

お店の雰囲気的にもう少し本格的な(山椒なんかも使った)担々麺が出てくるかと思っていたのでちょっと意外ではありましたが、そういうニーズには正宗担々麺というメニューもあるようです(他にも冷やし担々麺もありました)。

他にも麻婆豆腐とかエビチリ、炒め物なんかも美味しそうだったので、またちょくちょく来たいと思う・・・けどこのあたりあまり用事がないんですよね(´д`)。

投稿者 B : 00:57 | Gourmet | Ramen | コメント (0) | トラックバック

2010/05/18 (Tue.)

支那麺 はしご

こないだ NEX を見にソニービルに行ったついでに銀座でランチ。以前からいろんな人に勧められていた「はしご」に行ってきました。

支那麺 はしご 本店

支那麺 はしご ぱいこうだんだんめん

ラーメンの中では担々麺が一番好きです。いや、辛味好き的にはラーメンと担々麺は違うジャンルの食べ物だと断言してもいい(ぉ。学生時代、大学の正門正面にけっこう美味い担々麺の店があったので、学食と同じくらいの頻度で通ってました(笑。

このお店では、担々麺のことを「だんだんめん」と呼ぶらしいですね。中国語の発音だとこっちのほうが近いのかな?でも、メニューの名前が全てひらがなで書かれているので、却って分かりにくい(笑。

とりあえず排骨が載った「ぱいこうだんだんめん」をオーダー。

支那麺 はしご ぱいこうだんだんめん

ほんのりカレー風味の排骨が食欲をそそります。担々麺といえば挽肉が載っているものですが、ここのは太肉(叉焼)かオプションで排骨が載ってくるみたい。
麺はストレートの細麺で、博多系のとんこつラーメンに入っているタイプに近いです。
スープは、担々麺というと「辛くて分かりやすい味」というイメージが強いですが、ここのはいろんな香味が控えめに効いていて、ちょっと上品な印象。あまり辛くないのでラー油を足して調整しましたが、これなら大辛を頼んでも良かったかも。というか、メニューに辛味の調節とかご飯のおかわりとかについて記載されていなかった(ように記憶している)ので、システムがよく分からなかったのですが、あらかじめ分かっていたら大辛を頼んだんだけどなあ。

一般的な担々麺とはちょっと印象の違うものでしたが、これはこれで気に入った。今度銀座でご飯を食べる機会があったら、ここでだあろうだんだんめんの大辛を食べてみようっと。

投稿者 B : 00:46 | Gourmet | Ramen | コメント (1) | トラックバック

2010/04/28 (Wed.)

ひつまぶし あつた蓬莱軒

名古屋出張の夕食。味噌カツ、手羽先、エビフライ、きしめん、etc・・・とあった選択肢の中から、ひつまぶしを選択しました。

あつた蓬莱軒 松坂屋店

ひつまぶし あつた蓬莱軒

うなぎってむしろ浜松が本場じゃないの?と思っていたんですが、「ひつまぶし」は名古屋が発祥みたいですね。名店が多数ある中、比較的出張先から行きやすかった・食べログでの点数が高かった(笑)あつた蓬莱軒を訪ねてみました。

ひつまぶし あつた蓬莱軒

頼んだのはもちろんひつまぶし。
このうなぎが、東京で食べるのとはちょっと違って、身はふわふわなのに皮はカリッと焼かれていて香ばしく、美味です。うなぎの皮のべろっとした食感が好きじゃない人もいると思いますが、そういう人でもこれはいけるかも。

ひつまぶし あつた蓬莱軒

ひつまぶしについてくるお吸い物を追加料金で肝吸いにアップグレード。もうなんか流れで白焼き+日本酒に行きたくなりますが、ここはグッとガマン(笑。

ひつまぶし あつた蓬莱軒

ひつまぶしの一般的な食べ方は、おひつに盛られたうなぎ+ごはんをしゃもじで 4 分割して

  1. 茶碗に盛ってそのままいただく
  2. 薬味(ここでは葱、山葵、刻み海苔)をつけていただく
  3. 薬味をつけ、出汁(お店によってはお茶)をかけてうな茶漬けにしていただく
  4. 最後は好きな食べ方でいただく
とします。私もそれに従っていただきました。私はうなぎそのものの味を楽しみたいので、4 杯目はそのまま食べたい派ですが、ここのうなぎはカリッと焼かれた皮がお茶漬けの良いアクセントになり、また出汁とうなぎのたれの相性がとても良かったので、4 杯目もお茶漬けでいただきました。まさに至福の時間。

お酒を頼んでないのに良い値段になりましたが、それでも大満足。今度名古屋出張があったらまたぜひ来たいと思います。大変ごちそうさまでした。

投稿者 B : 20:55 | Dinner | Gourmet | コメント (3) | トラックバック

2010/04/27 (Tue.)

山本屋本店

名古屋に日帰り出張でした。

名古屋って鈴鹿サーキットへの乗り換えで使う以外だと以前行ったのはたぶん 7 年前。友人の結婚式で行って以来なので、本当に久しぶり。
今回は日帰りだからあまりゆっくりできない、けど名古屋には美味しいものがたくさんあるので、堪能しないともったいない!といことで、ランチは訪問先の近くにあった山本屋で味噌煮込みうどん。

山本屋本店

山本屋本店

山本屋といえば名古屋で味噌煮込みうどんの名店、だけどその代名詞を山本屋総本家と争う二大巨頭として有名ですが、私もいまだにどっちがどっちか区別がつきません(´д`)。どっちも美味しいからいいんです・・・。

私がこの山本屋(区別がついていないので総じて山本屋とします。両店の人は怒るかもしれませんが)で食べたのは確か 3 回目くらいですが、やっぱりこの濃い味噌とすごく歯ごたえのあるうどんはやみつきになりますね。うどんは讃岐うどんとはまた違う感じで、コシが強いというよりは粘りがあってもちもちしている感じ。たぶん讃岐うどんをそのまま味噌煮込みにしてもこうはいかないはずです。
私が今回食べたのは名古屋コーチン入りでしたが、正直これだけ味噌が濃いと通常のかしわでもあまり区別がつかなかったかも(´д`)。

せっかくだからお土産に・・・と思って名古屋駅でおみやげ用の味噌煮込みうどんを買ってきたんですが、やっぱり区別がついてないらしく、山本屋総本家のほうの商品でした(ぉ。まあ美味しいからどっちでもいいや・・・。

投稿者 B : 23:59 | Gourmet | Udon & Soba | コメント (0) | トラックバック

2010/04/07 (Wed.)

とん太の白いとんかつ

最近どうも豚肉づいてますが、先日また新たなとんかつ屋さんを開拓してしまいました。

とん太

こないだ豚組の 3cm 祭りに参加して、これ以上のとんかつはなかなかないぞ・・・と思っていたところに新たなとんかつ屋に行くのも無謀かな?と思っていたんですが・・・とんでもない!方向性は違いますが、ここもまたレベルの高いお店でした。

とんかつをいただく前にまずは軽くジャブ、ということで白身魚のフライから。

とん太

これがまた衝撃的な食感で、衣も柔らかいけど白身がとてつもなくふわっふわしていて、こんなに美味い白身魚のフライは食べたことないわー、と感動。だって白身魚のフライっていったら普通はエコノミーおかずですよ?(ぉ そしてこの白身魚はなんだろう。こういうフライに使われるのはたいてい小鰺ですが、歯を立てなくてもほろほろ崩れそうなほど柔らかい身は太刀魚かなという気もします。でも真実は謎です(笑。

ということで、本命のとんかつをオーダー。

とん太

ヒレも美味しいらしいですが、とんかつ屋の味はやっぱりロースで判断すべきでしょう、という信念のもと特ロースをいただきました。
さっきのフライといい、一般的なとんかつやフライとは衣の色合いが違います。こんなに白いとんかつ見たことない。どうやって揚げたらこんな色になるのか?そして厚づけしてあるわけでもないのに、どうやったらこんなにふわふわの衣ができるのか?不思議ですが、うまいので正直そんなことはどうでもいい(ぉ。

とん太

中の肉はけっこうしっかりした厚みがあって、まだほんのり赤みが残っています。赤身と脂身のバランスも良くて、雰囲気的には豚組のいもぶたに近い感じ?肉汁がしっかり閉じ込められていて、とてもジューシーです。衣もふわふわサクサクなのに油っこくなくて、もたれる感じがありません。

そしてこの店の興味深いところは味だけじゃなく、音も。
なぜか座敷に B&W 803 らしきスピーカ(804 だったかも)が鎮座していてびっくり。で、カウンターの奥を見てみると(近くでまじまじ見たわけじゃないので正確には分かりませんが)DENON の PMA-S1S10 シリーズらしきプリメインアンプが置かれているじゃないですか。しかも、ゲームをやりそうな雰囲気でもないのに初代 PS3 が置いてあるあたり、もしかして高音質 SACD プレイヤーとして使ってますね?
という、オーディオマニア御用達の設備が整っているのに、店内には BGM らしい BGM もかかってない。で、B&W はどうみても厨房がベストポジションになるように設置されている・・・ということは、マスターが仕込み中に厨房で聴いていると見て間違いない(笑。後から Web で調べてみたら、どうやらここの大将とおかみ、クラシック愛好家とのこと。やはり・・・とんかつ屋ではまず出会えない設備、そうと分かっていればぜひ音を聞かせてほしかった(笑。

ということで、味だけでなくいろんな意味で豚組に並ぶ(というか、方向性が違うので比較するのは双方に失礼ですが)美味いとんかつ屋に出会ってしまいました。高田馬場というロケーションは個人的にアクセスしづらいのが難点ですが、これは今一度いつもの食い倒れメンバーを連れて来なくてはなるまい、と思わずにはいられませんでした。

ということで、ご紹介ありがとうございました>T さん。

投稿者 B : 23:58 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2010/04/01 (Thu.)

Thanks a lot 四谷精肉店

年度末最終日の昨日は、このお店でお疲れさま会。

四谷精肉店

四谷精肉店

最近飲み会というと菜五味豚組にしか行ってない気がしますが、ここもそのくらいお気に入りのお店でした。「でした」というのは、この年度末をもってお店のスタッフ全員が入れ替わってしまったから。菜五味といい、気に入ったお店がなくなってしまったり顔馴染みになったスタッフがいなくなってしまうのは、寂しいものです。
ということで、最終日にいつものメンバーで集合しました。

四谷精肉店

もうお店のメニュー全制覇しかねない勢いでオーダーします(笑。やっぱりここの豚バラとつくねは絶品。私は山葵の風味爽やかな刺激が好きでした。

四谷精肉店

久しぶりにもつ鍋もオーダー。〆にうどんもいただきました。

そして・・・やっぱり四谷精肉店といえば、カレーつくね!

四谷精肉店

事前にこの日はカレーがないと聞いていたので、嬉しい誤算でした。最後にこのカレーが味わえるとは。

そして、本当の最後の〆に TKG をいただこうとしたところ、残念ながらタレが切れているということで、代わりに・・・

四谷精肉店

YKSB(富士宮「やきそば」)!!!(笑
私はここの焼きそばは初めて食べましたが、これはこれで美味しいですね。

この店はスタッフのノリもサービスも良く、気取らずに楽しめる憩いの場だったので、店舗自体は残るとはいえ事実上「別のお店」になってしまうのは非常に残念です。お店のベースは残るようなので、新しいスタッフでどんなふうに運営されるのか、楽しみではありますが・・・。

四谷精肉店

4 月からは旧スタッフもバラバラになってしまうとはいえ、店長は浅草の銀鯱に移るそうなので、また遊びに行ってみようと思います。これでお別れ、ではなく新しい出会いのための変化だと、前向きに考えて。こういう機会でもなければ、浅草で飲むことなんてまずなかったわけですから!

ひとまず、お疲れさまでした>店長以下、スタッフの皆さん。今までごちそうさまでした。

投稿者 B : 23:55 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2010/03/30 (Tue.)

最後の菜五味

昨日は五反田の菜五味に行ってきました。

一合一菜 酒肴 菜五味

菜五味

今まで、仕事の節目がくる度にかれこれ 4 回通ったこのお店。当初は落ち着けて料理もうまい居酒屋だったのが、いつの間にかマニアの巣窟になって(笑)今や自分が飲み会を企画するときには筆頭候補に入れるようになった店ですが、なんと残念なことに今月末で閉店・・・。競争の激しい五反田にあって、ある意味隠れ家的存在だったのが仇となったのか?居酒屋の閉店がこんなに悲しかったことは今までにありません。

菜五味

ということで、いつものメンバーを招集してのお疲れさま会。メニューから消えて久しかった「鴨とイチジクのタジン」を特別に予約させてもらいました。やっぱりこのイチジクの濃厚な甘みが堪らない。タジン鍋が流行の料理となっている今、この名店が閉店しなくてはならないことがつくづく残念でなりません。

菜五味

もう今回は食べ納めということで、とにかく片っ端からタジンをいただきました。写真はこれまた珍しい「マグロと山芋のタジン」。マグロの山かけをそのままタジンにしたような料理で、やわらかいマグロととろとろした山芋のコラボレーションがまた絶品。

菜五味

途中、店長からのサービス(だったと思うけど日本酒飲みすぎで記憶が曖昧ですすみません)の「鴨川牛のジャーキー」。これもまた美味しかった・・・やっぱりこの店はタジンも良いけど日本酒のアテになる系の珍味こそ神髄だと思います。

菜五味

そして、〆はタジン飯。タジンの本場モロッコを旅したあこすたむさんをして「現地で食べるよりうまい」と言わしめた菜五味のタジンがこれで食べ納めかと思うと、自然と涙がこぼれてきます(嘘つきましたすいません)。いや、でも本当に惜しい。

ひとまず、店長とスタッフの方々には御馳走様でしたと言いたいです。もし店長さんが別の場所でお店を開くことになったら、きっと行ってみようと思いました。

投稿者 B : 22:55 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2010/03/27 (Sat.)

西麻布 豚組

話題の 3cm とんかつ祭りに参加してきました!

西麻布 豚組

西麻布 豚組

豚組は先日しゃぶ庵にお邪魔して以来、きめ細やかなサービスとオーナー @hitoshi さんの応対ですっかりファンになってしまいましたが、この姉妹店であるとんかつ屋さん「西麻布 豚組」のオープン 5 周年で 3/28(日)まで 3cm の極厚とんかつをサービス(ロースとんかつを標準で 3cm 厚にアップグレード)中、ということで、私も Twitter で同行者を募って計 3 名で行ってきました。

店舗は六本木駅から徒歩 10 分強の住宅街にある落ち着いた場所。なんでも民家(というか木造アパート)を大改装して作った店舗とのことで、年季の入ったとても味のある建物です。

西麻布 豚組

メニューには普段あまり聞かないけどここ数日やたら Twitter 上で目にする銘柄の豚がずらりと並んでいます。ランチにしてはいい値段だけどここまで来てケチってもしょうがない!ということで、いもぶた、スーパー・ゴールデン・ポーク、マンガリッツァをそれぞれ一つずつオーダーし、3 人で分ける戦法に出てみました。

西麻布 豚組

とんかつを待っている間に届けられたのが、サービスのこのクロケット(コロッケ)。ポテトと豚挽肉のコロッケですが、まるでクリームコロッケのごとくフワフワのアツアツ。あーなんかこれ 4~5 個食べたらそれで満足しそうだなー、と思いながら、とんかつを待ちます。

そして話し込みながら待つこと 20~30 分、ついに届けられた念願のとんかつ。

西麻布 豚組

うわー、まるでとんかつのジェットストリームアタックや~!!(ぉ

すごい重厚感です。とんかつというよりはむしろ何かの塊が運ばれてきたかのよう。

西麻布 豚組

一つあたり 3cm ということは、VAIO X×2 台分以上の厚さ(ぉ。

未だかつてこんなに分厚いとんかつに出会ったことがありません。別に衣を厚くつけているわけでもないのにこの厚さ、という事実に戦慄すらおぼえます(;´Д`)ヾ。

西麻布 豚組

まずは、いもぶたから。今回いただいた中では、もっとも揚げ加減がレアでした。
メニューには「さっぱり系」と書いてありましたが、それでも包丁を入れた断面から肉汁が溢れていて、逆に赤身のジューシーさでは今回いただいた 3 種類の中ではトップだったかもしれません。これはコストパフォーマンス高いわー(といってもそこらのとんかつ屋さんより高いので、あくまで豚組の中で)。

西麻布 豚組

続いて「スーパー・ゴールデン・ポーク」略して SGP(笑。
これまたジューシーで、脂身のとろける感が絶品。それでいて全然しつこくなく(←なんか安っぽいグルメ番組のリポーターみたいだな)、本当に良い肉(と調理)はこんなに上品なのかー、と感心させられました。

西麻布 豚組

そしてとどめの「マンガリッツァ」。初めて聞く名前なので調べてみたら、羊のように全身を毛に覆われた種類の豚がいるんですねー。ハンガリーの国宝だとか。
食べてみると、赤身は意外なほどあっさり。「あれ、こんなもん?」と一瞬思うほど。でも、脂身を口に含むと、舌の上で脂がじわーっととろけて甘みの強い旨味に打ちのめされます(;´Д`)ヾ。こ、これは、癖になりそう・・・思い出しただけで唾液の分泌が止まりません(汗。

西麻布 豚組

付け合わせには、とんかつ屋の定番としてキャベツの千切り、香の物、味噌汁がついてきますが、個人的にはこのお新香がヒット。特に大根の漬け物が燻製になっていて、すごく風味が良い。ついこのお新香でご飯をおかわりしそうになりました(´д`)。

と、ここまででじゅうぶんお腹いっぱいになったのですが、そこは男 3 人、「このカレー気にならね?」ということで、調子に乗ってデザートにカレー(ぉ。ええ、カレーは別腹です。

西麻布 豚組

ネパール風カレー、とのことで、香辛料の効いたスパイシーなカレーでした。ここにも、3cm とはいきませんがガッツリとんかつが載ってます。
わざわざこのお店に来てまで(とんかつを食べずに)カツカレーを食べるのはもったいないですが、カレーも気になるという人向けにちょいがけ用のカレーソースだけでの提供もあるようです。それでも物足りない人はこのようにマジカレーを追加オーダーすると良いでしょう(ぉ。

個人的にはもう少しルウ多めでも良かったかな?でもこれも美味でした。職場の近くにカレー屋としてオープンしてほしい(笑。

ということで、ランチに 3 人で¥10,000 というかなり豪勢な食事になりましたが、通常はこの値段でこの厚さのとんかつは食べられないことを考えると、むしろ得した気分です。これだけ厚いとボリューム感は相当ありますが、夕食抜きでも良いくらいにお腹いっぱいになりながらも、胃がもたれる感覚は皆無。良い素材と良い調理の賜物ですね。接遇も豚組らしく気持ちの良いもので(Twitter で予約したので@hitoshi オーナーがご挨拶に来てくださったりもした)、デフレだ何だと言われる世の中でも、質の高い商品とサービスにはやっぱり気持ちよくお金を払うよね、という顧客心理を改めて身をもって思い知りました。

3cm とんかつ無料アップグレードサービスは明日日曜日までですが、有料アップグレードは今後も引き続き行うそうですし、3cm じゃなくても美味しいものは美味しいので、興味があれば是非!というか一緒に行きましょう!と言いたいくらい、強力にオススメなお店です。ああまた行きたい。

投稿者 B : 23:00 | Gourmet | Lunch | コメント (2) | トラックバック

2010/03/12 (Fri.)

CALIFORNIA BURGER

「Big America」シリーズコンプ。

Big America (McDonald's Japan)

CALIFORNIA BURGER

大トリはカリフォルニアバーガー。忙しかったのでテイクアウトして職場で食べました。

CALIFORNIA BURGER

「カリフォルニア」というからにはアボカド(私は苦手)が入ってるのかと戦々恐々としていたんですが、多くの方が指摘しているとおりニューヨークバーガーのバリエーション的なあっさりした味。マクドナルドでトマトとレタスが入ってるとだいたいどれも同じような味に感じます(´д`)。個人的にはトマトが引き立つチェーン系ハンバーガーならやっぱりモスかバーガーキングのほうが・・・。

まあ可もなく不可もなしといったところですかね。たぶん次回は普通にビッグマック食べます(ぉ。

投稿者 B : 21:00 | Gourmet | Junk Food | コメント (0) | トラックバック

2010/03/09 (Tue.)

レストランあづま

こないだ銀座で仕事だったときのランチに、Twitter で緩募して教えてもらったお店。

レストランあづま

レストランあづま

銀座の松坂屋近くにある洋食屋さん。割と高級なお店が建ち並ぶあたりにひっそりとあるので、教えてもらわないと気づかなかったと思います。「古き良き」と表現するのが相応しい、落ち着いた雰囲気の「洋食屋さん」で、銀座にしてあまり気取らずに入れるのは美点かと。

私がいただいたのはランチのオムライス。付け合わせが一品選べたので、私はエビフライにしてみました。
とろっとした半熟卵にオーソドックスなチキンライスとケチャップ。こんなにストレートなオムライスも久々に食べた気がします。感動するほどではないけど、普通に美味しい。エビフライも尻尾まで軟らかくて全部食べられてしまいました。

個人的にはオムライスの決定版はあまりにも有名な日本橋の「たいめいけん」なのですが、これはこれでアリ。仕事でよく来るわりに銀座のランチスポットって知らないので、また機会があったら来てみようと思いました。ステーキとかハンバーグとかも美味しそう。

投稿者 B : 23:23 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック