b's mono-log

2010/03/30 (Tue.)

最後の菜五味

昨日は五反田の菜五味に行ってきました。

一合一菜 酒肴 菜五味

菜五味

今まで、仕事の節目がくる度にかれこれ 4 回通ったこのお店。当初は落ち着けて料理もうまい居酒屋だったのが、いつの間にかマニアの巣窟になって(笑)今や自分が飲み会を企画するときには筆頭候補に入れるようになった店ですが、なんと残念なことに今月末で閉店・・・。競争の激しい五反田にあって、ある意味隠れ家的存在だったのが仇となったのか?居酒屋の閉店がこんなに悲しかったことは今までにありません。

菜五味

ということで、いつものメンバーを招集してのお疲れさま会。メニューから消えて久しかった「鴨とイチジクのタジン」を特別に予約させてもらいました。やっぱりこのイチジクの濃厚な甘みが堪らない。タジン鍋が流行の料理となっている今、この名店が閉店しなくてはならないことがつくづく残念でなりません。

菜五味

もう今回は食べ納めということで、とにかく片っ端からタジンをいただきました。写真はこれまた珍しい「マグロと山芋のタジン」。マグロの山かけをそのままタジンにしたような料理で、やわらかいマグロととろとろした山芋のコラボレーションがまた絶品。

菜五味

途中、店長からのサービス(だったと思うけど日本酒飲みすぎで記憶が曖昧ですすみません)の「鴨川牛のジャーキー」。これもまた美味しかった・・・やっぱりこの店はタジンも良いけど日本酒のアテになる系の珍味こそ神髄だと思います。

菜五味

そして、〆はタジン飯。タジンの本場モロッコを旅したあこすたむさんをして「現地で食べるよりうまい」と言わしめた菜五味のタジンがこれで食べ納めかと思うと、自然と涙がこぼれてきます(嘘つきましたすいません)。いや、でも本当に惜しい。

ひとまず、店長とスタッフの方々には御馳走様でしたと言いたいです。もし店長さんが別の場所でお店を開くことになったら、きっと行ってみようと思いました。

投稿者 B : 22:55 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2010/03/27 (Sat.)

西麻布 豚組

話題の 3cm とんかつ祭りに参加してきました!

西麻布 豚組

西麻布 豚組

豚組は先日しゃぶ庵にお邪魔して以来、きめ細やかなサービスとオーナー @hitoshi さんの応対ですっかりファンになってしまいましたが、この姉妹店であるとんかつ屋さん「西麻布 豚組」のオープン 5 周年で 3/28(日)まで 3cm の極厚とんかつをサービス(ロースとんかつを標準で 3cm 厚にアップグレード)中、ということで、私も Twitter で同行者を募って計 3 名で行ってきました。

店舗は六本木駅から徒歩 10 分強の住宅街にある落ち着いた場所。なんでも民家(というか木造アパート)を大改装して作った店舗とのことで、年季の入ったとても味のある建物です。

西麻布 豚組

メニューには普段あまり聞かないけどここ数日やたら Twitter 上で目にする銘柄の豚がずらりと並んでいます。ランチにしてはいい値段だけどここまで来てケチってもしょうがない!ということで、いもぶた、スーパー・ゴールデン・ポーク、マンガリッツァをそれぞれ一つずつオーダーし、3 人で分ける戦法に出てみました。

西麻布 豚組

とんかつを待っている間に届けられたのが、サービスのこのクロケット(コロッケ)。ポテトと豚挽肉のコロッケですが、まるでクリームコロッケのごとくフワフワのアツアツ。あーなんかこれ 4~5 個食べたらそれで満足しそうだなー、と思いながら、とんかつを待ちます。

そして話し込みながら待つこと 20~30 分、ついに届けられた念願のとんかつ。

西麻布 豚組

うわー、まるでとんかつのジェットストリームアタックや~!!(ぉ

すごい重厚感です。とんかつというよりはむしろ何かの塊が運ばれてきたかのよう。

西麻布 豚組

一つあたり 3cm ということは、VAIO X×2 台分以上の厚さ(ぉ。

未だかつてこんなに分厚いとんかつに出会ったことがありません。別に衣を厚くつけているわけでもないのにこの厚さ、という事実に戦慄すらおぼえます(;´Д`)ヾ。

西麻布 豚組

まずは、いもぶたから。今回いただいた中では、もっとも揚げ加減がレアでした。
メニューには「さっぱり系」と書いてありましたが、それでも包丁を入れた断面から肉汁が溢れていて、逆に赤身のジューシーさでは今回いただいた 3 種類の中ではトップだったかもしれません。これはコストパフォーマンス高いわー(といってもそこらのとんかつ屋さんより高いので、あくまで豚組の中で)。

西麻布 豚組

続いて「スーパー・ゴールデン・ポーク」略して SGP(笑。
これまたジューシーで、脂身のとろける感が絶品。それでいて全然しつこくなく(←なんか安っぽいグルメ番組のリポーターみたいだな)、本当に良い肉(と調理)はこんなに上品なのかー、と感心させられました。

西麻布 豚組

そしてとどめの「マンガリッツァ」。初めて聞く名前なので調べてみたら、羊のように全身を毛に覆われた種類の豚がいるんですねー。ハンガリーの国宝だとか。
食べてみると、赤身は意外なほどあっさり。「あれ、こんなもん?」と一瞬思うほど。でも、脂身を口に含むと、舌の上で脂がじわーっととろけて甘みの強い旨味に打ちのめされます(;´Д`)ヾ。こ、これは、癖になりそう・・・思い出しただけで唾液の分泌が止まりません(汗。

西麻布 豚組

付け合わせには、とんかつ屋の定番としてキャベツの千切り、香の物、味噌汁がついてきますが、個人的にはこのお新香がヒット。特に大根の漬け物が燻製になっていて、すごく風味が良い。ついこのお新香でご飯をおかわりしそうになりました(´д`)。

と、ここまででじゅうぶんお腹いっぱいになったのですが、そこは男 3 人、「このカレー気にならね?」ということで、調子に乗ってデザートにカレー(ぉ。ええ、カレーは別腹です。

西麻布 豚組

ネパール風カレー、とのことで、香辛料の効いたスパイシーなカレーでした。ここにも、3cm とはいきませんがガッツリとんかつが載ってます。
わざわざこのお店に来てまで(とんかつを食べずに)カツカレーを食べるのはもったいないですが、カレーも気になるという人向けにちょいがけ用のカレーソースだけでの提供もあるようです。それでも物足りない人はこのようにマジカレーを追加オーダーすると良いでしょう(ぉ。

個人的にはもう少しルウ多めでも良かったかな?でもこれも美味でした。職場の近くにカレー屋としてオープンしてほしい(笑。

ということで、ランチに 3 人で¥10,000 というかなり豪勢な食事になりましたが、通常はこの値段でこの厚さのとんかつは食べられないことを考えると、むしろ得した気分です。これだけ厚いとボリューム感は相当ありますが、夕食抜きでも良いくらいにお腹いっぱいになりながらも、胃がもたれる感覚は皆無。良い素材と良い調理の賜物ですね。接遇も豚組らしく気持ちの良いもので(Twitter で予約したので@hitoshi オーナーがご挨拶に来てくださったりもした)、デフレだ何だと言われる世の中でも、質の高い商品とサービスにはやっぱり気持ちよくお金を払うよね、という顧客心理を改めて身をもって思い知りました。

3cm とんかつ無料アップグレードサービスは明日日曜日までですが、有料アップグレードは今後も引き続き行うそうですし、3cm じゃなくても美味しいものは美味しいので、興味があれば是非!というか一緒に行きましょう!と言いたいくらい、強力にオススメなお店です。ああまた行きたい。

投稿者 B : 23:00 | Gourmet | Lunch | コメント (2) | トラックバック

2010/03/12 (Fri.)

CALIFORNIA BURGER

「Big America」シリーズコンプ。

Big America (McDonald's Japan)

CALIFORNIA BURGER

大トリはカリフォルニアバーガー。忙しかったのでテイクアウトして職場で食べました。

CALIFORNIA BURGER

「カリフォルニア」というからにはアボカド(私は苦手)が入ってるのかと戦々恐々としていたんですが、多くの方が指摘しているとおりニューヨークバーガーのバリエーション的なあっさりした味。マクドナルドでトマトとレタスが入ってるとだいたいどれも同じような味に感じます(´д`)。個人的にはトマトが引き立つチェーン系ハンバーガーならやっぱりモスかバーガーキングのほうが・・・。

まあ可もなく不可もなしといったところですかね。たぶん次回は普通にビッグマック食べます(ぉ。

投稿者 B : 21:00 | Gourmet | Junk Food | コメント (0) | トラックバック

2010/03/09 (Tue.)

レストランあづま

こないだ銀座で仕事だったときのランチに、Twitter で緩募して教えてもらったお店。

レストランあづま

レストランあづま

銀座の松坂屋近くにある洋食屋さん。割と高級なお店が建ち並ぶあたりにひっそりとあるので、教えてもらわないと気づかなかったと思います。「古き良き」と表現するのが相応しい、落ち着いた雰囲気の「洋食屋さん」で、銀座にしてあまり気取らずに入れるのは美点かと。

私がいただいたのはランチのオムライス。付け合わせが一品選べたので、私はエビフライにしてみました。
とろっとした半熟卵にオーソドックスなチキンライスとケチャップ。こんなにストレートなオムライスも久々に食べた気がします。感動するほどではないけど、普通に美味しい。エビフライも尻尾まで軟らかくて全部食べられてしまいました。

個人的にはオムライスの決定版はあまりにも有名な日本橋の「たいめいけん」なのですが、これはこれでアリ。仕事でよく来るわりに銀座のランチスポットって知らないので、また機会があったら来てみようと思いました。ステーキとかハンバーグとかも美味しそう。

投稿者 B : 23:23 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2010/03/03 (Wed.)

欧風カレー ボンディ

昨日の午前中は仕事で神保町方面に外出。で、お昼どきまでかかったので、そのまま神保町でごはん・・・って何にしようかな?と考えていたら、思い出したのが会社の先輩の blog で紹介されていたこのお店。

欧風カレー ボンディ

「神保町方面に来る機会があったら一緒に行こう」と以前から誘われていたんですが、そうそうこの辺に来る用事なんてない(´д`)。これを逃したらまたしばらくチャンスはなさそうだなと思って、一緒でないことに後ろ髪引かれながらも(笑)入ってみました。

神保町といえば古本とカレーの町として有名です。この店もその例に漏れず、雑居ビルの 2F、それも古書店を通り抜けたところにあるという仰天の立地ながら、ランチタイムはほぼ満席という盛況ぶり。正直この店構えは一見さんには入れないですよ・・・やっぱりイマドキなので、食べログ効果みたいなものもあるんでしょうかね。なんかあまりにも独特なので、「アド街ック天国」で紹介されるとしたらこんな感じかな・・・というのをつい想像してしまいました(笑。

頼んだのは、先輩の教えに従い(笑)ビーフカレー辛口のルウのみ大盛り。確かにライスの量は並盛りでも多めで、ルウは大盛りのほうがバランスがいい気がしました。
カレーの前にまずはアツアツに蒸かしたジャガイモ(1 人 2 個)とバターが出てきて、じゃがバターを楽しみながらカレーを待ちます。

欧風カレー ボンディ

ビーフカレーは写真のとおり、牛肉の角切りがごろごろと入っていてなかなかボリュームがあります。ルウは口に含んでみると、辛口なのに瞬間的にはとても深みのある甘さが感じられます。炒めタマネギを相当入れてるのかな、と思ったら、タマネギはもちろんのことフルーツをふんだんに使っているらしいですね。確かに、不自然でなくコクのある甘みが出ています。でも、その後にしっかりした辛さがついてくるので、辛いカレーが好きな人にも満足できるでしょう。
ライスにはデフォルトでチーズがかかっていて、これまた私好み。ビーフはとろけるというほどではなく、食べ応えを残しながら柔らかく煮込んであります。味もボリューム感も申し分なく、これまで私が食べたカレーの中でもかなり上位に来る満足度だと思いました。カレー屋にしてはちょっと高い(ビーフカレー並盛りで¥1,450)のが玉に瑕ですが、カレー好きなら納得できる値段ではあると思います。

聞けば私の自宅からそう遠くないところに支店がある模様。今度機会を見つけてそっちにも行ってみよう・・・。

投稿者 B : 23:00 | Curry | Gourmet | コメント (2) | トラックバック

2010/02/27 (Sat.)

タジンよたび

最近 Twitter で招集される飲み会が妙に多いのですが、お店の公式 Twitter アカウントのつぶやきを契機に集まったのは今回が初めてかも。

一合一菜 酒肴 菜五味

菜五味

前回行ってからちょうど 4 ヶ月ぶり。もうここは完全に仕事が一段落すると来るお店になってしまいました(笑。

菜五味

なんかメニューが少し変わったようで、黄身のしょうゆ漬けやチーズの味噌漬けが見当たらなかったのですが、いっぽうで惹かれたのがこの「鯛わたマスカルポーネ」。読んで字のごとく、鯛わた(鯛のはらわたの塩辛)とマスカルポーネのセット。箸で一緒にとっていただきます。
呑んべえのためのお店に行くと酒盗クリームチーズなんかもよくありますが、それに似たようなものです。でも素材のどちらもが酒盗クリームチーズよりもやや上品で、いくらでもイケそうな気がしてきます。私はこのテの珍味に目がないのですっかりやられてしまいました。

菜五味

こちらは「ほたるいかのたたみ干し」。えっと私はほたるいかの聖地富山出身ですがこれは初めて見ました(;´Д`)ヾ。こういうの苦手な人にとってはグロ画像になりますかね、すみません・・・。
ほたるいかといえば刺身、沖漬け、ボイルあたりが定番の食べ方ですが、これは干物になっているだけあって風味が強くてこれまたいくらでもお酒が進みます。

菜五味

そしてメインはタジン鍋。野菜の甘みが活きていて絶品、しかもあっさりしているので飽きずにいただけます。
そういえば最近タジン流行ってるらしいですね。テレビでも割とよく家庭用のタジン鍋が紹介されていたりするし。冬場の飲み会といえば鍋が定番ですが、コンロが必要になる分ガジェット系飲み会ではテーブルが有効利用できないというデメリットがあるので(ぉ、タジンには是非定着していってほしい。

そういえば初めて来たときに感動した「鴨とイチジクのタジン」が今回もなかったのはちょっと残念。まあその日の仕入れにも因るだろうし、名前からすると美味しいかどうか不安になるレシピなので不人気なのかもしれませんが、復活希望。

菜五味

そんなわけで日本酒もどんどん進みます。

今回はこの日本酒の銘柄に関しても、合縁奇縁を実感することとなりました。Twitter のゆるやかなつながりがもたらした奇妙な縁、とムリヤリ落としても良いですか?(笑

菜五味

化粧室で見かけた貼り紙(暗いところで iPhone で撮ったので、ノイジーでごめんなさい)。このお店がいかに日本酒と酒菜にこだわっているか、よく伝わってくるポエム(ぉ)です。

かと思ったら、

菜五味

これは何だ!!!

前回は前回で、お台場ガンダムの写真(のプリント)を眺めていたらマスターが絡んできたので、そういうノリもアリの店だと思ってたんですが、加速してませんか(;´Д`)ヾ。店内の貼り紙系では今まで自分内最高峰だったシャア専用もんじゃを軽く超えてます・・・。
その他、振ったネタにはちゃんと応えてくれるし、こんなに引き出しの多い店だとは思いませんでした(笑。

いや、でも、そういうの抜きでもかなり良いお店です。珍味好きなら一度行ってみて損はないお店。私はまたちょくちょく通うことになりそうだなー。

お付き合いいただいたお二方、ありがとうございました。

※食べログのモジュールを貼ってみました↓

投稿者 B : 23:59 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2010/02/19 (Fri.)

HAWAIIAN BURGER

このシリーズで始めて販売開始日に食べました。

Big America (McDonald's Japan)

ハワイアンバーガー

包装紙はニューヨークからまた変わって、テキサスと同様のデザインに戻りました。

ハワイアンバーガー

相変わらず広告写真と見栄えが全然違うんですが・・・そろそろ JARO に訴えたいレベル(´д`)。写真の誇大っぷりで言うと Big America シリーズの中では最もギャップが激しいです。

クォーターパウンダーのパティ+朝マック同等の玉子+ベーコン+バーベキューソース(カレー味ではない)といった内容で、「ハワイアン」という名前から多くの人が予想したようなパイナップル入りのイロモノではなく、いたってまっとうなハンバーガーでした。
ニューヨークは普通に美味しいけどマクドっぽくなかったのに対して、ハワイアンはマクドらしいボリュームある味。個人的には今までの Big America シリーズで一番好きかな。

まあ単価高いのでこれなら他のお店でランチしたほうが良いよなあ、という印象は変わらずですが、最後のカリフォルニアもきっと食べる。

投稿者 B : 23:59 | Gourmet | Junk Food | コメント (0) | トラックバック

2010/02/11 (Thu.)

豚組 [しゃぶ庵]

昨夜は六本木の「豚組 [しゃぶ庵]」で食事会。ここ、私の Twiitter TL 上では四谷精肉店と並んで伝説と化しているお店なので、ずっと行ってみたいと思っていました。

豚組 [しゃぶ庵]

外食でしゃぶしゃぶと言えば子どもの頃行った肉のみつづか(富山ローカルでしかも現存しない)、安いので学生時代によく行ったモーパラ、以前住んでいた場所の近所にあったしゃぶしゃぶ温野菜くらいしか行ったことがないことに改めて気づきました。しかもしゃぶしゃぶといえばたいてい牛肉がメインで、豚肉はあくまで変わり種という位置づけなものですが、ここはその豚しゃぶがメイン。

豚組 [しゃぶ庵]

店員さんに案内されてテーブルに着くといきなりル・クルーゼの鍋が出迎えてくれます。おー、この鍋でこれからしゃぶしゃぶするのかー!と今からワクワク。

豚組 [しゃぶ庵]

背後を振り返ると整然と並べられたグラスたち。瓶ビールはもちろんプレミアムモルツ。普段六本木に来ることはまずないので(というか子どもが生まれてからは六本木に限らずこういうお店にあまり来なくなった)、こういう雰囲気の良い場所にいるだけで気分が良くなります。

豚組 [しゃぶ庵]

まずはサラダから。「豚組」というだけあって野菜は完全に脇役ですが、大皿に彩りよく生野菜が盛りつけられ、これがまた美味しい。サラダだけでおかわりしたくなるところをグッとこらえて(笑、次に進みます。

豚組 [しゃぶ庵]

特選チャーシュー。これがまたジューシーでうまい!!しゃぶしゃぶを前にして、これまたおかわりしたくなるところを(ry

豚組 [しゃぶ庵]

そしてこれがメインの豚しゃぶ。ミンメイ・・・じゃない「美明豚」というらしいです。鮮やかなピンク色がとても食欲をそそります。もうこの時点ですでに牛か豚かはどうでもよくなっている自分がいる(笑。

豚組 [しゃぶ庵]

ということで、しゃぶしゃぶ・・・としていただきます。一見脂身の多い肉ですが、もともとあっさりめの脂身でかつ「しゃぶしゃぶ」することで脂肪分が多少落ちるのか、全然しつこくない。男性 5 人で何皿おかわりしたか覚えていません(笑。
つけだれは定番のごまだれ、ポン酢、に加えて珍しい塩だれ、そしてその発想はなかった的な「そばつゆ」。私は普段はごまだれ派なんですが、ここの塩だれはちょっとツボにハマったかも。

豚組 [しゃぶ庵]

そりゃあお酒もどんどん進むわけです。よく冷えているせいか缶よりも数段美味しく感じるプレモルから、ボトルワインに移行。

豚組 [しゃぶ庵]

で、〆はラーメン。豚しゃぶの〆なので、とんこつラーメンに合いそうな細麺です。この麺の盛りっぷりがまた素敵。

豚組 [しゃぶ庵]

これまで散々しゃぶしゃぶしてきた豚肉の旨味が凝縮されているので、このスープがまた絶品。このために肉の 1~2 枚も残しておけば良かったかなと思ったけど、食欲には勝てずその前に肉は完食してしまっています(ぉ。

確かな満足。これだけ質の高い豚しゃぶの食べ・飲み放題で¥6,000 弱って、コストパフォーマンスも恐ろしく高いんじゃないでしょうか?六本木という立地もあってもう少し高いのを覚悟していたので、良い意味で拍子抜けでした。
そして店内の雰囲気や店員さんの対応がことごとく気持ち良い。Twitter のヘビーユーザーでもあるオーナー @hitoshi さんも Twitter 上で一つ一つのやりとりに丁寧に対応されていますが、そのマインドが全てのスタッフに共有されているように感じました。Twitter 系のオフ会会場にもよく使われているので、スタッフの方々がそのあたりの対応に手慣れているのも心地良いです。
飲食業は製造から販売、サービスまでのビジネスの流れを凝縮した業態なので、利用して心地良いお店からは何かしらビジネス上のヒントを得られることも多いですが、ここもそんなお店だと思います。

四谷精肉店、五反田の菜五味に続いて、このお店にも今後通うことになる予感。

投稿者 B : 21:00 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2010/02/09 (Tue.)

NEW YORK BURGER

テキサスに続いて、ニューヨーク。

Big America (McDonald's Japan)

ニューヨークバーガー

今回も売れているみたいですね。「テキサスより美味しい」という感想もちらほら。

買ってみて、包装紙がテキサスと全然違うヘルシー系バーガーみたいなデザインだったので、一瞬「頼んだのこれじゃないんですけど」と突き返しそうになりました(´д`)。

ニューヨークバーガー

うーん、チェーン系のハンバーガーは広告写真と全然違って見えることがほとんどなので、写真を撮るのが難しい・・・。
見た目的にはクラウン(上のバンズ)やスライストマトなど、マクドナルドではあまり使われない材料が使われていて、少し前によくやっていた「ありもののパーツを適当に組み合わせて作った BTO パソコンみたいなハンバーガー」ではない気合いが感じられます(笑。

お味のほうは・・・けっこうどっしり系だったテキサスと違って、想像以上にあっさり。マスタード×マヨネーズとトマト、キャベツあたりが効いているのでしょうが、パティが大きめなわりにサクッと平らげられてしまう感じです。いろんな人が言ってますが、私もテキサスよりこっちのほうが好みかなあ。
ただ、これ別にマクドじゃなくても良いんじゃない?という疑念が脳裏をよぎったのは確か(´д`)。マクドナルドの中では高額メニューだし、同じ金額払うならモスバーガーやバーガーキングで似たような(でももっと美味しい)ハンバーガーが食べられるような。

とか文句言ってるけどたぶん残り 2 種類も食べます(笑。

投稿者 B : 23:07 | Gourmet | Junk Food | コメント (0) | トラックバック

2010/02/04 (Thu.)

とんかつ武信

昨夜行ったお店。

とんかつ武信 分店

とんかつ武信

最近増えつつあるついったー飲み?食べ?の一環で、代々木上原へ。普段あまり足を踏み入れない地域ですが、お誘いした方のおすすめで。
「揚げものが苦手な人でも気に入る」とのことですが、揚げもの好きな私も年齢のせいか最近はあまり続くとちょっと辛い。でも、このお店はキホン揚げものしかないのに、あっさりしていて全然しつこくありません。特に薄味なわけでもないんですが、不思議。

写真は〆にいただいた醤油かつ丼(ロース)。普通、カツ丼といえば卵とじかソースと相場は決まっているものですが、このカツ丼は甘みのある醤油だれに鰹節と大根おろしのハーモニーが絶妙。おかわりをしたくなったのは内緒です(ぉ。
他のメニュー(串揚げとか)もハズレはなく、また行きたいお店。庶民的なとんかつ屋と違い、お洒落な雰囲気の落ち着いたお店なので、少人数でゆっくり話しながら飲むのにも向いていると思います。

何かの機会にまた来てみよう。ご一緒いただいた Y さん、T さん、ありがとうございました。

投稿者 B : 23:59 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック