b's mono-log

2007/12/15 (Sat.)

紅龍擔擔麺

昨日は忘年会でした。それもハシゴで・・・。ここのところ睡眠不足が続いていたので体力的には辛かったんですが、楽しみました。で、帰りのタクシーに乗る前に〆の一杯。

紅龍擔擔麺

このお店、前から気になっていたんですよね。担々麺のお店ということで四川系かと思ったら、博多系なんですね。店内はラーメン屋というよりは博多系居酒屋といった雰囲気。
ラー油がたっぷり乗ってますが、スープ自体はそんなに辛くなく、胡麻をたっぷり使ったとんこつ系の濃厚なお味。博多系の細麺と甜麺醤を使った挽肉がよく絡んで、期待通りになかなか美味しいです。個人的にはもっと辛いほうが好みなんですが、辛味はオーダーできるようだし、よりスパイシーな黒担々麺もあるようなので、今度試してみようと思います。
スープがかなり濃厚なので、アルコールが入っていないと少しキツいかなあ・・・とも思いましたが、また食べてみたい味でした。

投稿者 B : 17:11 | Gourmet | Ramen | コメント (1) | トラックバック

2007/11/24 (Sat.)

天米

七五三のお参りと写真撮影のあと、天米でおひる。

天婦羅 天米 掛尾店

ここの天丼が絶品なんですよねー。新鮮な海老と地元の米のコンビネーション。安くはないですがそれだけの価値はあります。
このお店は某ジョー○ンの近所なんですが、本当は元祖県庁前店のほうが老舗らしさが漂っていて好きだったり。

投稿者 B : 14:23 | Gourmet | Lunch | コメント (2) | トラックバック

2007/11/23 (Fri.)

東京駅エキナカ GranSta

東京の、というより東京駅のおみやげ。

元町 香炉庵

香炉庵の黒糖どら焼き。ちょっと小ぶりですが、黒糖の良い香りと柔らかい生地、そんなに甘くない餡が良い感じでなかなかおいしかったです。まあ、元町というと横浜なのであまり東京土産じゃないですが。
今回は新幹線で帰るし、せっかくだから先月オープンしたばかりのエキナカ GranSta でなんか買って帰ろうと思い、その中でたまたまこのどら焼きに惹かれました。

GranSta、けっこう話題にはなってますが、確かに今までの比較的無機質な東京駅から考えるとちょっとデパ地下風になって待ち時間もいろいろ楽しめるようにはなったものの、お店によってはブースが狭すぎたりして接客にも苦労しているし、客側もあまりゆったり買い物できない感じなのがイマイチ。まあ、決して安くもそんなにおいしくもない駅弁を買って新幹線に飛び乗ることを考えれば、こういうところでちょっと凝ったものを買って行けるほうが嬉しいですが。売り場的には(店舗数は GranSta より少ないけど)品川駅のエキュートのほうがゆったりしていて好きかもしれません。

投稿者 B : 20:34 | Gourmet | Sweets | コメント (0) | トラックバック

2007/11/21 (Wed.)

ねぎしの和風シチュー

今日は珍しく外で夕食。

牛たん ねぎし

ねぎし好きなんですよねー。米国産牛肉の輸入規制以来姿を消していた牛タン系メニューは復活したものの、まだ量が確保できないのか控えめで他のメニューをいろいろ模索してるみたいですが、個人的には牛タンがなくなる前からこの和風シチュー派なんです(もちろん牛タンも美味しいけど)。

いつもかなり熱くて、気をつけていても火傷しそうになるのが玉にキズ。どちらかというと猫舌なので・・・。

投稿者 B : 23:50 | Dinner | Gourmet | コメント (3) | トラックバック

2007/11/15 (Thu.)

Beaujolais Nouveau 2007

今年もこの季節がやってきました。

今週はなんだか今日に限って妙に忙しくて、危うく買える時間に帰れないかと思ったんですが、何とか仕事をまとめてエノテカでヌーヴォーを買って帰宅。
今年のはここ数年のと比べると若々しさが強い感じかな?私の好みで例によってヴィラージュ(の、今年はさらに古樹ワイン)だったのでより芳醇なほうではあるんですが、それでも新酒ならではの発酵が進んでいる舌に刺激を与えてくれる感じが実に心地良く。

ワインのお供に成城石井でチーズを買いました。グレ・デ・ヴォージュというウォッシュタイプのチーズで、ウォッシュらしく香りが強かったんですが、これがかなり好み。ボジョレーワインで作ったジャムがついていて、これと一緒に食べると臭みと塩気が良い感じに中和されて素晴らしいお味に!(笑)決して安くないチーズですが、これはハマり系かも・・・。

投稿者 B : 23:49 | Drink | Gourmet | コメント (3) | トラックバック

2007/10/19 (Fri.)

博多らーめん 由丸

久々にとんこつらーめん。

博多らーめん 由丸 品川港南店

この夏はつけめんばかり食べてましたが、久々にとんこつらーめん。品川駅港南口にあるこのお店、最近ときどき行くようになりました。東京でとんこつというと、とんこつ醤油だったりちょっと変わり種のが多いような気がしますが、これはかなりオーソドックスなとんこつらーめん。思ったほど重くないので、するする食べられます。変わり種系(?)のとんこつ担々麺も、かなり辛いですがこれもまた癖になる味。

ご飯ものも充実していて、写真は「焼サバ明太ごはん」。正直この焼サバ明太ごはんをおかずにご飯が食べられそう(ぉ。

投稿者 B : 22:37 | Gourmet | Ramen | コメント (0) | トラックバック

2007/09/23 (Sun.)

G.H.MUMM Cordon Rouge

日本 GP より一週間早いですが・・・。

G.H.MUMM / Cordon Rouge

数年前から MOET & CHANDON に代わって F1 のポディウムで使われているのがこの MUMM。個人的には MOET のほうが思い入れとしては強いですが、こちらもかなり有名なシャンパンです。
味は MOET に比べるとやや酸味が強めかな?私の中での定番はやはり MOET なので、このシャンパンはアウェイな感じですが(笑)、やっぱりシャンパンは美味しいのです。酒好きならばライコネンがシャンパンファイト前に必ず一口グイッと飲ってから振り始める気持ちが分かるでしょう^^;

どうもこの MUMM には F1 公式シャンパンバージョンもあるらしく、ファンとしては飲んでみたい(味は変わらないだろうけど)ものですが、さすがに価格が(´д`)。

投稿者 B : 22:25 | Drink | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2007/09/21 (Fri.)

いのちの源

田舎から新米が届きました。

『美味しんぼ』で京極さんが山岡の出した保津川の鮎ではなく、海原雄山が出した故郷四万十川の鮎に涙したように(ぉ、私も魚沼産とか石釜炊きとかいったごはんよりも、富山のコシヒカリがいちばん美味しいと感じるのです。

ただ、これを作っている祖父母ももうかなりいい歳で、両親の進言もあって今年からはついに身内で食べる分くらいの生産に絞ったとのこと。このお米が食べられるのもあと何年だろう、と思うと、しっかりかみしめずにはいられないここ数年です。

投稿者 B : 22:35 | Dinner | Gourmet | Soliloquy | コメント (0) | トラックバック

2007/08/30 (Thu.)

麺屋 蔵六

一雨ごとに秋に近づいている気配を感じる今日この頃ですが、やっぱりまだ暑いので、熱いものは食べる気が起きないのです。ということで、今日のおひる。

麺屋 蔵六

なんか品達を一店ずつ巡っている気がしますが(笑。今日はなぜかどの店もかなり混んでいて、比較的空いていた蔵六に。この店はいつも空いてます(´д`)。
このつけ麺(味玉とろ肉つけ麺)は、とんこつと魚介をダブルで使ったとんこつしょうゆ系のつけ麺でした。スープがちょっと塩辛すぎるくらいに濃くて、ちょっと微妙(;´Д`)ヾ。味玉も濃いめの味つけでしたが、血圧が上がりそう・・・。外したかなあ、と思ったんですが、最後にスープ割りを頼んだら薄味のとんこつ系スープが出てきて、割るとまったり濃厚なとんこつスープになりました。最後のスープ割りで挽回したせいか、後味は悪くなかったんですが、思い返すとつけ麺自体はいまいちだったかなあ・・・という気もします。

投稿者 B : 23:50 | Gourmet | Ramen | コメント (0) | トラックバック

2007/08/26 (Sun.)

~天空の街~ 新宿アジア横丁

昨夜は新宿でひさびさのメンバーと飲み。

~天空の街~ 新宿アジア横丁

コマ劇場向かいのビルの屋上にビアガーデンみたいなのがありました。この週末は暑さが戻ってきたので厳しいかなあ、と思ったんですが、日が落ちたらけっこう良い感じで涼しくなってきて、けっこう気持ちが良かったですね。ジョッキと中身の一部が凍るくらいにビールが冷え冷えだったのがサイコーです(笑。
複数の屋台(アジア各国の料理がテーマ)があって、私たちが入った韓国風のお店はメニューがちょっと微妙だったんですが(ぉ、あちこちのお店から取り寄せるとなかなか。ただ、ごちゃっといろんなものを飲み食いしたせいで、何を食べたかよく覚えてないんですが(ぉ、機会があればあまり暑すぎない日にまた使ってみたいと思いました。

投稿者 B : 21:56 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック