b's mono-log

2019/07/21 (Sun.)

金沢まいもん寿司 金沢駅店

今週末は弾丸で金沢に帰省していました。

例によって観光とかする暇もなく東京に戻ってきたわけですが、到着時に金沢駅近辺で鮨を食べることが最近の帰省時の数少ない楽しみの一つ。前回は駅ビル上の店に行ったので、今回は駅ビル 1F の店舗を開拓してみました。

金沢まいもん寿司

金沢まいもん寿司

駅ビル「あんと」内の土産物売場の奥、飲食店街にある寿司店です。今回初めて来ましたが、調べてみたところ石川県外でも東京ほか大都市圏にはちょいちょい出店しているみたいですね。

お昼時にきたため店外には十名ほどの行列ができていましたが、けっこう回転は早いようで 15 分ほどの待ちで着席できました。

金沢まいもん寿司

カウンターのみ 14 席というコンパクトな店舗ですが、駅ビルのメイン飲食店街にある寿司店ということでかなり活気があります。立地的に旅行客率が非常に高い印象。昼からビール飲んでるお客さんも多くてちょっと羨ましい。

厨房では三人の職人さんが黙々と鮨を握っています。そういえば廻らない寿司屋に来たのも随分久しぶりな気が。

金沢まいもん寿司

メニューはアラカルトでも頼めるけどセット品中心。まあこういう類いの店舗なら、長居するよりもセット品を短い時間でサッと堪能して客の回転に協力するのが粋、という感じがします。

どのセットも基本的にはのど黒を軸とした地魚推し。せっかく北陸に来たからには東京ではあまり食べられないようなネタを満喫したいところだけど、いろいろあって迷います。

金沢まいもん寿司

迷った結果、ここはやっぱり店名を冠したセットが王道でしょうという判断で「金沢まいもん握り」を注文。

最初に出てきたのは別皿盛りの大名穴子でした。寿司屋なのにいきなりタレの味から出してくるのに驚きましたが、甘ったるい感じのないあっさりしたタレがふっくらした穴子に絡んでなかなかイイ感じ。これは好スタートが切れました。

金沢まいもん寿司

そしてメインの握り 9 貫。一応マグロは含まれているものの、ぶり・甘えび・かに・いか・のど黒というネタのチョイスが北陸らしい。こういう布陣を見ると帰ってきた実感が湧いてきます。

金沢まいもん寿司

中でも圧巻なのが 2 貫ののど黒。他は 1 貫ずつなのにこれだけ 2 貫。片方は岩塩(目の前で塊から削り出してくれる)、もう一方は醤油で食べ比べという贅沢。

富山人としてはのど黒よりもぶり派だけど、この豪華さはちょっと嬉しい。

金沢まいもん寿司

そして海苔の味噌汁。汁がほとんど見えないレベルの海苔の大盤振る舞い。
しかもこれがまた、磯の香りが強く感じられる海苔でおいしい!これだけおかわりしたくなるほど。味噌汁のなに、握りに負けてない存在感。

金沢まいもん寿司

さらに、〆に出てくるネギトロの手巻き寿司。
こういう寿司屋に来て手巻きって邪道では、と思ったけど、意外にもこれがまたおいしい。さっきの味噌汁も良かったけど、この手巻きの海苔もイイ。

小細工をせず素材の良さで直球勝負、これが北陸の鮨の真骨頂だと思います。
北陸はコストパフォーマンスだけなら回転寿司がいいと思うけど、たまには廻らない鮨もいいものです(このチェーンは店舗によって廻る店と廻らない店がある模様)。

ごちそうさまでした。
次回来たときには、どこの店にしようかな。

関連ランキング:寿司 | 金沢駅北鉄金沢駅七ツ屋駅

投稿者 B : 22:48 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2019/07/07 (Sun.)

あるでん亭 2019

先日ウォークマンのイベントに銀座へ行ったついでに、久しぶりにあるでん亭でスパゲティをいただいてきました。

あるでん亭 銀座ファイブ店

あるでん亭

はしごでだんだんめんを食べるのもいいかな...と思ったけどやっぱりこちらに足が向いてしまう私のあるでん亭愛。
二年前の移転オープン当時はけっこう混んでましたが、今回は正午ちょっと前に来たところ並ばずに入店できました。客入りもある程度落ち着いたのかな...と思ったら、私が食べ終わって店を出る頃にはやっぱり行列ができていました。それでもソニービル時代に比べればキャパシティが増えたせいか、回転が良くなっているような印象はあります。

あるでん亭

店内には例によってソニービル時代からの写真がたくさん貼ってあります。でも移転後の写真があまり増えていないような...。少なくともフェルナンド・アロンソは移転後にはこちらのお店には来ていないようですね。残念だけど彼はもう日本にレースしに来ることももうないだろうしなあ。

あるでん亭

久しぶりだし定番のアリオオリオ、カルボナーラ、ロレンツァのどれかにしようかな...とも思ったんですが、こう暑いとちょっと爽やかなトマトソースが恋しくなってきます。そこで今回は初めて銀座店限定のオリーブトマトスパゲティを頼んでみました。

どシンプルなトマトソースにオリーブ、ケッパー、スライスガーリック、それに隠し味的なアンチョビ。これくらいシンプルでもパスタそのもののおいしさで食べさせてしまうところがこの店の強さです。

あるでん亭

キュッと締まった食感のある、アルデンテ状態の麺。いろんな具で誤魔化さなくてもこれだけでおいしい。トッピングでベーコン追加しようかと思ったけど、なくても十分。
あるでん亭でトマトソース系を食べたのも相当久しぶりだけど、やっぱりおいしかった。いつも定番の三種ばかり頼んでしまいがちだけど、今度はもうちょっといろいろ試してみようかと思いました。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:パスタ | 銀座駅日比谷駅有楽町駅

投稿者 B : 22:17 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2019/07/02 (Tue.)

BAR THE GINTONICX #7

横浜の BAR THE GINTONICX が少しの間休業するとのことで、お休み前にと思って顔を出してきました。

BAR THE GINTONICX

BAR THE GINTONICX

このお店がオープンしたのは 2016 年の 7 月 1 日。あれからちょうど三年、そしてその三年の節目を機にいったんの休業。数えてみればここのマスターとはもう十年来の付き合いになるわけで、またしばらく会えなくなってしまうのは寂しいものです。

BAR THE GINTONICX

この日は月に一度くらいの頻度で実施しているイベント「ときめきとナイトウ」の開催日でもありました。1970~90 年代の J-POP をノンストップミックスで流し続けるという独特の催し。DJ ナイトウキミタカ氏を呼んでのイベントですが、1970~80 年代生まれの元少年少女ならばイベント名の由来は判りますね(笑

私はこのイベント当日に来たのは今回が初めてでしたが、流れてくる楽曲がどれも懐かしすぎて浸ってしまいました。あの頃はヒットやラジオから流れてきた曲ならば選り好みせず何でも貪欲に聴いてたなあ。

BAR THE GINTONICX

飲み物はいつもの昆布ジントニックから始めるわけです。
知らなければイロモノにしか思えない昆布とジントニックの組み合わせも、一度飲んでしまうともう馴染む味。これを飲まないとどうもこの店に来た実感が湧かないほど。

BAR THE GINTONICX

今回は二人連れで、ちょっと混んできたためカウンターから奥のソファ席に一時的に移動。なにげにこっち側で飲むのは初めてで、いつもとはちょっと違う視界が面白い。

意外と客層は幅広いのに、多くは横浜在住 or 横浜勤務の人が中心で、常連率が高いこともあって妙に気の置けない空気が流れています。バーに来たというよりは、部室みたいな気安さと自由さ。格好つけて飲むよりもこういうリラックスした感覚がいい。

BAR THE GINTONICX

ドリンクは山椒ジントニックへとリレー。昆布のまったりした感じも良かったけど、刺激よりも爽やかさが前面に出てくる山椒も妙にジントニックに合う薬味です。

でもまあ、よくもこう何でもジントニックに入れようと考えついたものだ、とは思います(笑

BAR THE GINTONICX

続いてブルーベリージントニック。甘いのかと思ったら、ブルーベリーの甘酸っぱい香りがフワッと立ちながらも、味はほんのり甘みが増す程度。これもなかなか面白い組み合わせじゃないですか。

BAR THE GINTONICX

カウンターが空いたのでまた戻ってきました。

こうやって、目の前で美しいグラスに手際よく酒が注がれていく様子をぼんやり眺めながら静かに飲むのが好き。あと氷を削ってるのとかグラスを磨いてるのとかを眺めるのも。

BAR THE GINTONICX

ウイスキーアイスティー。英国を代表する飲み物同士の組み合わせ、今までありそうだけど考えたことがなかった!
これはなかなかおいしいです。紅茶ベースだけあって落ち着く味。でもアルコールっぽさがなくてどんどん飲めてしまうのがちょっと危険なところ。

BAR THE GINTONICX

そしてアンコールの山椒ジントニックと...その左にあるのは、ジンにイタリア産唐辛子と中華山椒を漬け込んだという危険な飲み物(汗。「口から火を噴きそう」とはこのことで、飲むと胃がカッカしてきます。普通のお客さんにはまず出さないらしいので安心してください(ぉ

今回は休業直前ということでフードメニューはなく、乾き物系のおつまみだけだったのがちょっと寂しかったですが、無事再会されたらまたラム系メニューをいただきに来ようと思います。

BAR THE GINTONICX

というわけで休業の理由ですが、別に閉店するわけではなくマスターの健康上の理由で治療のためしばらくお休みするとのことです。休業期間は未定だけど秋口には再開したいということなので、それほど長期間の休業にはならなさそう。まあ私も横浜までは年に二、三回しか来ないので、いつも来てる頻度とさほど変わらないような感覚ではあります。

ともあれ、一日も早く元気になって、またこの店で飲めるのを楽しみにしています。
ひとまずはお疲れさまでした。

関連ランキング:バー | 平沼橋駅横浜駅

投稿者 B : 22:40 | Drink | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2019/06/26 (Wed.)

渋谷 麺飯食堂 なかじま

渋谷駅の東口と新南口の間に、いい店を見つけました。

麺飯食堂 なかじま

麺飯食堂 なかじま

渋谷周辺で何か食べようと考えつつ歩いていたときに、うまい店オーラを発していたのがここ。ビルの外装改修中でもいい店っぽい雰囲気と流行ってる感じの活気が溢れ出しています。
「麺飯食堂」という、飲みメインではなくあくまで食事を出す店と主張しているのもいい。これはちょっと入ってみようじゃないですか。

麺飯食堂 なかじま

なるほど、担々麺がオススメなのか。しかも辛めとまろやかの二種類。
担々麺好きとしては、ここまで前面に出されると試さざるを得ません。

他にも「ホイコーロー」「カニレタス炒飯」...心惹かれる中華ワードが目白押し。

麺飯食堂 なかじま

渋谷の駅近にありながらほとんどのメニューが 800 円前後というのはちょっと信じられない安さ。
そして担々麺以外も見るからに美味しそう。

麺飯食堂 なかじま

店内はカウンター席中心でテーブルが三つほど。それほど広いわけではありません。
お客さんは一人〜二人連れが多く、男女比も年齢構成も幅広い感じ。この近くで働くたくさんの人に愛されているのが伺えます。

カウンター越しの厨房ではさまざまな料理が手際良く仕上げられていきます。
「この店に来たお客さんにうまいものを食べさせたい」という意気込みが伝わってきます。

麺飯食堂 なかじま

今回頼んだのはもちろん担々麺(辛め)。
ゴマとラー油の対比に、盛り付けまで美しい。これは見るからにうまそうです。

麺飯食堂 なかじま

胡麻をたっぷり使った香りのいい、深いコクのあるうまさ。「辛め」の名の通り辛すぎない、けど食べていくうちに身体が内側から燃えてくるような芯のある辛さ。
麺はやや太めの縮れ麺。スープをしっかり受け止めつつ麦の味も感じられる、私好みの麺。

この担々麺、すごく美味しい。気に入りました。

麺飯食堂 なかじま

サイドメニューで餃子も頼んでみました。

見た目どおりオーソドックスな味ながら、皮を破ると中からスープがジュワッ。この旨み。
本当に美味しいものは変にアレンジしなくても、王道のまま熱々で食べるのが一番うまい。そう主張しているかのようです。

麺飯食堂 なかじま

期待していた以上に美味しかったので、何度か通って他のメニューもいろいろ試してみました(笑

こちらは担々麺(まろやか)。
え、これが担々麺...?と訊き返したくなるような見た目。まるでとんこつラーメンのような白濁したスープ。
でもスープ以外は確かに「辛め」の担々麺と同じ構成に見えます。

麺飯食堂 なかじま

なるほど...胡麻の風味を生かした濃厚塩ラーメンスープ、という感じ。コクがあって、辛味抜きでも十分うまい。
これは辛いのが苦手な人でも楽しめる担々麺だし、なんなら辛いもの好きだけど食べると汗かいちゃって困るような日はこっちも良いかも。

他の店ではなかなか出会えないマイルド担々麺、面白い。

麺飯食堂 なかじま

そしてさらに担々麺。続いて季節限定の冷やし担々麺です。
通常の担々麺とは全然違う見た目、むしろサラダっぽい盛り付けで出てきたこれが冷やし担々麺?

しかしこの野菜の下に冷たい担々麺が隠されています。

麺飯食堂 なかじま

よーく混ぜていただきます。

冷たいけれどけっこうしっかり辛め&濃い胡麻風味、確かにこれはあの担々麺の系譜。それにいろんな野菜のシャキシャキ感が体に良さそう。
食欲減衰しがちな夏場はこういう冷やし麺が嬉しいんですよ。

麺飯食堂 なかじま

麺類以外もいってみよう。こちらはおつまみメニュー扱いの鶏の香味揚げ。これが ¥500 ってちょっと反則級じゃないでしょうか。

竜田揚げっぽくカリッと仕上がった衣から、焦がし醤油っぽい香りが漂ってきて食欲をそそります。
これはビールが欲しくなる味だけど、おかずとしても秀逸。

麺飯食堂 なかじま

それをおかずにいただくのはカニレタス炒飯。
カニはあくまで風味付け程度ながら、街中華らしい王道の炒飯にレタスの食感が変化を生んでイイ。
変化球よりもこういうど真ん中の炒飯が食べたい日ってあるよね。

麺飯食堂 なかじま

炒飯には当然のように中華スープつき。

こういうスープがうまい店の中華に外れなし。

麺飯食堂 なかじま

それから好きなご飯もの+麺を組み合わせて注文できる日替わり定食。今回はホイコーロー丼を選んでみました。

これもまた、期待に違わぬ濃い味付け。豚バラに白い飯、最強。
レンゲでワシワシ食べずにはいられないおいしさ。

でも隣のお客さんが食べてたスタミナ丼(豚バラ+ニンニクの芽)もめちゃくちゃ美味しそうだったなあ。今度はあれ食べてみよう...。

麺飯食堂 なかじま

ホイコーロー丼とバディを組ませるミニ麺は醤油ラーメンをチョイス。
担々麺とは打って変わって、中華料理ではなく東京の「中華そば」っぽい素朴さが好き。そう、この店の中華は本場のじゃなくて日本人に最適化されたうまさで、逆にそれが私の琴線に触れるんです。

本当にどの料理も外れなし。もし近くで働いていたら、ランチは週二でここに来ちゃうだろうなあ。
通いつめて全メニュー制覇したい勢いで気に入りました。今後、渋谷で一人飯する際は選択肢の第一位に置いておきたいお店です。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:ラーメン | 渋谷駅神泉駅代官山駅

投稿者 B : 22:30 | Gourmet | Ramen | コメント (0) | トラックバック

2019/06/18 (Tue.)

亀戸 タンドールバル カマル 2 号

インドカレーを食べに亀戸まで行ってきました。

タンドールバル カマル 2 号

カマル 2 号

亀戸駅から徒歩ほんの数分、という好立地にあるこのお店。通りに面したガラス窓に手書きで直接書かれた店名とメニューに見覚えがあった人は鋭い。そう、ここはドラマ『孤独のグルメ』登場店として知られる木場のカマルプールの 2 号店なのです。

この店、今年の 3 月にオープンしたばかり。「カマルプール亀戸店」ではなく「カマル 2 号」という、本機なのか冗談なのかよくわからない店名のセンスが何とも言えない(笑。やっぱり 1 号店に比べて力があるんですかね(そうじゃない

カマル 2 号

半紙に達筆のメニューが壁一面に貼られているのは木場の本店と同じ。でも店内はこちらの 2 号店のほうがゆったりとしています。本店のギュッと凝縮された雰囲気も嫌いじゃなかったけど、夜にアルコールと共にインド料理を楽しむならこっちのほうが落ち着くでしょう。

カマル 2 号

今回はランチタイムに来てみました。
基本は選べるカレー+ナン+ライス+サラダの「カマルランチ」ですが、追加料金を払うことでカレーは三種まで増やせ、ナンも追加したりチーズクルチャに変更したりできるなど、自由度が高い!インドカレー屋に来たら二種類は楽しみたい私としてはとても嬉しい。

カマル 2 号

さらにはランチタイムでも通常のアラカルトオーダーが可能とのこと。メニューも木場本店と共通のため『孤独のグルメ』に登場したチーズクルチャとラムミントカレー+ブナオイスターという組み合わせを昼間から食べることもできてしまいます。木場本店は今や予約しないとなかなか入ることも難しい有名店になってしまいましたが、こちらの亀戸店は(少なくとも私が行った平日昼間なら)それほど混んでおらず、狙い目ではないでしょうか。

カマル 2 号

というわけで、私のカマルランチ。カレー二種+ナンをゴルゴンゾーラクルチャに変更したオリジナルスタイル。
久しぶりのカマルプールのインドカレー、このプレートが出てきただけでテンションが高まってくる。

カマル 2 号

一品目のカレーは辛口 MIX シーフード。
カマルプールのカレーは鶏や羊を使った濃厚な北インド式からシーフード+スパイスの南インド式まで幅広いけど、以前食べたサバカレーがおいしかったからシーフード系は絶対当たりだろうと思っていました。

ピリッと辛いシャバシャバ系カレーの中に小エビ、貝柱、さらに小ぶりなカキまで入っていて、かなり豪華。シーフードの香りと旨味がスパイスで強化されて、これは期待値を軽く超えてくるおいしさ。これはナンよりもイエローライスがバチンと合う。

カマル 2 号

そして二品目は中からチキンカレー。バターチキンとは違うサラッとしたカレーにほぐしたチキン。コクのある、インドカレーの王道的おいしさ。
こちらはイエローライスよりもナンやクルチャ向きな味。

カマル 2 号

そして...ゴルゴンゾーラクルチャ!
初めてカマルプールのチーズクルチャを食べてからすっかりハマってしまい、あちこちのインドカレー屋に入るたびにチーズクルチャやチーズナンを食べてはみたけど、今のところこの店を超えるチーズクルチャにはまだ出合えていません。

カマル 2 号

このゴルゴンゾーラクルチャは通常のチーズクルチャよりも断然濃くて、バターと蜂蜜のアクセントもタマラナイ。自分で撮った写真を改めて見るだけでも、思い出して唾液が止まらなくなるほど。
これをチキンカレーに浸して食べるとこれがまた、最強のハーモニーを奏で始めるんだ。

カマル 2 号

食後はマンゴーラッシー(別料金)でクールダウン。
ああ、今回もうまかったなあ。こちらの店舗も、本店と同じおいしさでした。

カマル 2 号

この美味しさなら、ここもそのうち行列が絶えない有名店になってしまうんじゃないでしょうか。
個人的には木場も亀戸もちょっと通うには大変な立地だけど、駅から近い亀戸のほうがまだちょっとだけ来やすいかな。

今度は誰かを誘ってディナータイムにも改めて来てみたいところです。
ごちそうさまでした。

関連ランキング:インド料理 | 亀戸駅西大島駅亀戸水神駅

投稿者 B : 21:56 | Curry | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2019/06/09 (Sun.)

廻る富山湾 すし玉 金沢駅店

この週末は家庭の事情で金沢へ帰省していました。特に観光とかおいしいものとかを堪能する余裕もなかったんですが、とりあえず一食くらいは鮨でも入れていこうと思って金沢駅ビル内の回転寿司店に初訪問。

廻る富山湾 すし玉

廻る富山湾 すし玉

金沢なのに「廻る富山湾」だけど富山人的にはむしろどんと来い。まあ金沢も富山も漁場は基本的に富山湾なので、名物はだいたい同じです。それでも富山は主にブリ、金沢はノドグロと「顔」になる魚をちゃんと棲み分けているのが面白いところ。

お昼時に行ったらお店の前には行列ができていましたが、独りでカウンターならば五分待ちくらいでスルッと入店できてしまいました。

廻る富山湾 すし玉

北陸の回転寿司はコンベアを回ってくるのを取るよりも注文して握ってもらうほうが主体。でもカウンターで目の前に板前さんがいるのにタブレットから注文するというスタイルにはちょっと面食らいました。でも口頭だと板前さんが忙しそうだと注文しづらかったり他のお客さんと声がかぶったりする「...いかんなタイミングがズレてる」案件や注文したのを忘れられる案件など、思い通りに注文して食べるのが案外難しいものです。タブレットでの注文なら自分が好きなタイミングで頼めるし抜け漏れもないし、これはかなり合理的なのでは。

廻る富山湾 すし玉

そんなわけでまず注文したのは「富山湾盛り」。白えび・ホタルイカ・カニバラミという富山湾を代表するネタの軍艦三種です。
ホタルイカはもう旬を過ぎてはいるけれど、これらを味わうと北陸に帰ってきた実感が湧いてきます。

廻る富山湾 すし玉

続いて私の中での永遠の定番ネタ、ブリとイワシ。

さっきの白えび・ホタルイカとブリ、この三つが富山湾が誇る海の幸三種の神器と言えます。北陸に来たならこれを食べずに帰るのはもったいない。

廻る富山湾 すし玉

ぶりかま。ぶりかまというと北陸ではブリ大根(煮物)にするのが定番だけど、これを軍艦巻きにしたのは初めて見ました。
脂の乗ったぶりかまが二カン ¥150 円で食べられるとか、これは相当お得なのでは...。

廻る富山湾 すし玉

さすとろの炙り。富山ではカジキマグロのことを「サス」と呼びます。サスってマグロに比べると淡泊なイメージがありましたが、そのトロの部分を炙るとこんなにおいしいとは。これはちょっとしたヒットでした。

廻る富山湾 すし玉

ぶりとろ。ブリはやっぱり腹身がおいしい。脂が乗りつつもちょっとコリッとした食感があるのが良いんです。
こっちに来ると鮨はマグロよりもブリだなあ、と改めて思います。

廻る富山湾 すし玉

エンガワ。これもたまりません。
これから用務があるから飲むわけにはいかないけど、これは日本酒が欲しくなる...。

廻る富山湾 すし玉

そして、金沢に来たならこれは外せない、ノドグロで〆。
個人的にはやっぱりブリ派だけど、ノドグロは食感も脂の乗り方もブリとはまた違った感じでおいしい。

本当に短期間の滞在でしたが、とりあえず鮨を一度食べて帰れただけでも北陸を堪能した気分になれました。
今年はちょくちょく金沢に顔を出すことになりそうなので、今度はまた別のお店も開拓してみよう。

関連ランキング:回転寿司 | 金沢駅北鉄金沢駅七ツ屋駅

投稿者 B : 22:15 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2019/05/24 (Fri.)

大森 鯖の塩焼き専門店「鯖なのに。」

大森駅前でのランチタイムに、気になるお店を見かけたので入ってみました。

鯖なのに。

とんかつの有名店・丸一の真隣の店舗。ここ以前は飲み屋かなんかだったような。
丸一がおいしいのは知ってるけど、開店前から既に行列ができているのを見るとちょっと並ぶ気もしない。むしろこっちの佇まいのほうが気になります。

鯖の塩焼き専門店 鯖なのに。

鯖なのに。

塩サバ専門店、その名も「鯖なのに。」。狙ってつけたであろう変わった店名。鯖なのに何だって言うんだ。鯖なのに美味い?鯖なのに高価い?

まあ、ときどき昼食にむしょうに鯖の塩焼きとか味噌煮とかを食べたくなるときってあるよね。
逆に、これといって特に食べたいものが思いつかないときの塩サバとかアジフライの安定感は異常。それくらい、日本人の味覚に根ざしたおかずだと思います。

鯖なのに。

入店したら、入口のカウンターで千円を払って注文するシステム。ランチタイムのメニューは鯖の塩焼き定食のみで、小鉢を二種類から選ぶだけという究極にシンプルなスタイルです。

そして一階には座席はなく二階に座敷があるのみですが、これがまた二階というよりは屋根裏部屋と呼びたくなる狭さ。テーブルは壁沿いに長机が配置されているのみで、完全にお一人様、あるいは最大でも二人連れくらいしか想定していない状態です。夜は居酒屋っぽい営業形態になるようなので、そのときにはテーブルを中央にくっつけるのだろうと思われます。

鯖なのに。

着席して十分ほど待ったところで、私の鯖定が出てきました。
おお...なんか想像していた以上に堂々とした鯖だった。それに白飯と小鉢と味噌汁、これぞ正しい日本人の食事という感じがする。

鯖なのに。

二択だった小鉢は菜の花のナムルか卯の花(おから)。なんとも渋いチョイスです。
主役はあくまで鯖、小鉢はその引き立て役に徹している印象。でも、しみじみとうまい。

鯖なのに。

そしてこの鯖。定食屋で焼き鯖というと 1/4 くらいの切り身で出てくることも少なくない中で、ここの塩サバはどーんと半身。
それに皮につけられた焦げ目の具合が見るからにおいしそう。

鯖なのに。

ひっくり返すと、炭火でじっくり焼かれた海の香りが漂ってきて、もうこれだけで口の中に涎が溜まってきます。
これはもう、匂いからしておいしいやつだ。

鯖なのに。

すごーく脂が乗っているというよりは、ほどよく引き締まった身にしっかり塩味と炭火の香りがついて、醤油なんか掛けなくたって十分にうまい。テーブルには塩や醤油は置いてなくて、素の味付けで勝負する自信のほどが伝わってきます。
一口食べるたびに白飯を呼び寄せるうまさ、これこそ王道の塩サバ。塩加減と炭火がすごくいい。なんか永遠にこの塩サバと白飯を食べ続けていられそうな気がしてくる。

昼食に塩サバをお腹いっぱい食べられるって、幸せだなあ。
でも塩サバがこれだけおいしいなら、この鯖で味噌煮を作ったらどんなことになっちゃうんだろう。味噌煮もやってくれないかなあ...。

鯖なのに。

と思ったら、夜の営業では塩サバ以外のメニューもある模様。味噌煮があるかどうかは不明ですが、「鯖尽くしコース」とか言われたら青魚好きとしては小躍りしてしまう。基本的には鯖しかなさそうだから一緒に来る人を選びそうだけど、一度夜にも来てみたいところ。

ごちそうさまでした。
久しぶりにおいしい塩サバを食べが気がしました。

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 大森駅大森海岸駅

投稿者 B : 23:38 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2019/05/16 (Thu.)

味のレストラン えびすや 再訪

「疲れたら、うまい飯に助けてもらおう」

味のレストラン えびすや

久しぶりにやって来ました、西登戸(というか今回は京葉線千葉みなと経由)。『孤独のグルメ Season7』で巡礼した聖地のうち、是非ともまた来たいと思っていた名店のひとつ「味のレストラン えびすや」にようやく再訪することができました。

前回巡礼した際は放送前かつランチタイムだったけど、今回は放送から約一年後のディナータイム。五郎's セレクション以外にも食べてみたいメニューはたくさんあったし、そういうのを中心に攻めてみました。
なお今回は千葉勢として HAMACHI! さんにご一緒いただきました。

味のレストラン えびすや

味のレストラン えびすや

今回座ったのはドラマどおりのゴロー席!これは嬉しい。店内が見渡せるだけでなく、厨房の様子が見えて若旦那さんと軽くコミュニケーションを取りながら料理を楽しめるのもいい。

前回来たときには分厚いディナーメニューがあったのが、放送後の混雑の影響か現在はある程度限定されたメニューでの営業となっているようです。
ゴローちゃんが食べた生鮭のバター焼きを軸に、洋食屋の王道中の王道メニューの数々。どれもおいしそうです。

味のレストラン えびすや

でも俺的にはやっぱり裏面のオードブルとアラカルトメニューから攻めたい。
こっちはこっちで、この店の感じならどれも絶対おいしいに違いない品々の揃い踏み。どこから手をつけるか悩むやつ。
そしてこのアラカルトも +900 円でコースにできるのがまたいい。

味のレストラン えびすや

ま、とりあえず生ビールで乾杯。
今日も一日お疲れさまでした!最近すっかりビールがおいしい季節になりました。

味のレストラン えびすや

ここでお店からのサービスということで出てきたのが、マグロ刺の小鉢。
既に複数回来店している HAMACHI! さんへのサービスとのことでしたが、そういえば私が前回来たときも初めてなのにサラダのサービスをいただいたような。
全員にしてるわけじゃないだろうけど、こういうちょっとした心遣いが感じられるのがこの店の好きなところ。

味のレストラン えびすや

料理の方は、まずはイカのオリーブオイル揚げから。
なんだろうこの...格好つけすぎてない、気持ちのこもった感じの盛り付け。少し懐かしいよそいき感、こういうのほっこりする。

そしてイカ...何これ、おいしい!軽めにフライされた柔らかイカからオリーブオイルのいい香りが。
イカにこんな食べ方があったとは。これだけ延々と食べ続けていられそうなおいしさ。

味のレストラン えびすや

からの、生ソーセージのグリル。
生なのにグリルってどういうことだ?と思ったら、この手作り感。

香辛料が肉のうまみを引き出していておいしい。
そしてまたしても添えられた赤黄のプチトマトと飾り剥きされたキュウリの存在感。
子どもの頃、両親に連れられていったレストランのランチってこんな感じだったよな。

味のレストラン えびすや

そうすると赤ワインなんかに行ってみたくなるというものです。
ほどほどのワインをおいしい料理と一緒に、気取らずに飲める。こういう食事って幸せだ。

味のレストラン えびすや

ここで特製にんにくスープ!
アラカルトメニューをコースにしてみたわけです。

あたりに漂う、食欲をそそるニンニクの香り。
スープの表面に浮かんでいる卵黄もいい。

味のレストラン えびすや

そうそう...これですよ。
これだけを飲むためにはるばる幕張より奥まで来る価値があると言えます。

いろんな旨味をニンニクが増幅して、身体の芯からポカポカしてくる味。
これは疲れた心身に効果抜群、ニンニクパワーで元気回復だ。

味のレストラン えびすや

そこにガーリックトースト登場。
前回は放送前に来たからさすがに頼めなかった一品。

一般的にはガーリックトーストというと固めのバゲットを使うものだけど、ここのは何故かロールパン。
ふんわりした食感とほんのりした甘みに乗っかるニンニクのパンチ!めちゃくちゃうまいじゃないか。

これは目から鱗、ガーリックトーストの新境地が切り開かれた。

味のレストラン えびすや

よし、やるか。

スープをひたひたに浸して、ガーリック in ガーリック。
ガーリックの相乗効果で、これまたパワフル。だけどロールパンの甘みがこれを野蛮にすることなくまとめている。
これは柔らかいパンが正解、染み込んだ汁がジュワーっと溢れ出てくる。

今までいろんな汁やタレを白飯やパンにかけてきたゴローちゃんだけど、このガリトーはまさに真骨頂という感じ。

味のレストラン えびすや

コースメニューのサラダ。ここにも、例の赤黄プチトマト。もうこれを見ただけで微笑みが漏れてきてしまう。

前回もそうだったけど、この店のサラダはドレッシングがおいしくて、モリモリ食べられる。

味のレストラン えびすや

確実においしいと見込んでいたビーフシチュー。ほうら、見た目からしてこれですよ。

「洋食屋さん」らしい、少し懐かしくて丁寧に作られたのが伝わってくるビーフシチュー。
牛肉がトロトロに柔らかくておいしい。

そして付け合わせのニンジンとサヤインゲンのソテー、それにスパゲティ。
ニンジンのソテー、子どもの頃からの隠れた大好物だったんだよなあ。こういう甘みのあるソテーも久しぶりに食べた気がする。

洋食の付け合わせはとっても大事。
これらの味がいい店は、きっと長続きする。

味のレストラン えびすや

そして今回も食べておきたかったカニピラフ!

カニの風味の効いた、ちょい濃いめの味付けのピラフ。
「ちょい焼き飯寄り」なあたりが、ガツガツ食べることさえ許容しそうな懐の深さを感じる。

これぞまさに、キング オブ 洋食。
揺るぎなきうまさ。

味のレストラン えびすや

さらにもう一品、豚肉の生姜焼き。
洋食屋なのに生姜焼き?ソテーではなくて?と思ったら、こっちはかなりソテー寄りの生姜焼き。

豚肉の甘みとクタクタに炒められたタマネギの甘みが相まって、これもおいしい。
生姜焼きというといかにも定食屋的なバラ肉の生姜焼きもいいけど、こういうスタイルの生姜焼きもまたご飯の消費を煽ります。

味のレストラン えびすや

デザートは自家製プリン。
ちょっと固めでぷりんとした食感に、優しい甘さがいい。

このプリン、また食べたくなりそうだな。

味のレストラン えびすや

お店の奥に、前回はなかったロケ時の写真とサイン入り台本発見。

家族経営のあたたかさがこの写真からも滲み出ているよう。
皆さん腰が低くて、お客さんにおいしい料理を提供しようという真摯な思いがこの店を作っているんだなあ。

味のレストラン えびすや

今回も最初から最後まで、どれもおいしかった。
東京からはるばる遠征してきた甲斐がありました。

他にも牡蠣フライとかスペイン風おじやもおいしそうだし、ここならナポリタンも絶対うまいはず。
そしてあの生鮭のバター焼き...あれもまた食べたいんだよなあ。

機会を見つけてきっとまた来ようと思います。
ごちそうさまでした。

関連ランキング:洋食 | 西登戸駅新千葉駅千葉みなと駅

投稿者 B : 22:56 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2019/05/10 (Fri.)

サントリー山崎蒸留所に行ってきました

サントリー山崎蒸留所

先日京都に行った際に、JR の京都と大阪の間にあるサントリー山崎蒸留所の見学に行ってきました。

蒸留所というからてっきり山奥にあるのかと思ったら、実際は JR の沿線にあって駅からは徒歩約 10 分。こんなに見学しやすい立地にあるなら行かない手はありません。

サントリー山崎蒸溜所

サントリー山崎蒸留所

しかし行くのを決めたのがけっこう直前だったため、製造工程を含む見学ツアーは終日満員。無料の山崎ウイスキー館見学コース(要予約)だけ若干の空きがあったので、そこに申し込んで入館してきました。

なお、写真は全て α7 III+Vario-Tessar T* 24-70mm F4 ZA OSS で撮影しています。

サントリー山崎蒸留所

ここ山崎蒸留所は、サントリーの前身である壽屋が国産ウイスキー生産のために開業した日本初の蒸留所です。日本には白州や余市など有名な蒸留所がいくつもありますが、ここがその祖とも言える場所。

そういう施設だけあって、展示コーナーだけでもけっこうなボリュームがあります。製造工程を見られなかったのは残念ですが、それでもお腹いっぱいになるくらい見どころがありました。

サントリー山崎蒸留所

シングルモルトウイスキーといっても「単一の蒸留所のモルトで作られたウイスキー」なわけで、実際には蒸留所内にある様々な原酒をブレンドして造られます。これがまた種類も量も無限と言えるバリエーションがあって、どんな組み合わせが理想の味と香りを生み出すのか?その試行錯誤を想像しただけで眩暈がしそうになります。

サントリー山崎蒸留所

そうやって生まれた初めての国産ウイスキー「白札」。
ラベルにものすごい時の流れを感じますが、ボトルのデザインは現在の「山崎」でも根本的には変わっていないのがすごい。

サントリー山崎蒸留所

館内にはウイスキー開発史だけでなく広告や機関誌の歴史についても展示されていて、ああやっぱりお酒って大衆文化とは不可分なものなんだなあ...というのを感じます。

サントリー山崎蒸留所

山崎ウイスキー館にはミニチュアによるウイスキー製造工程の解説展示があり、実工程の見学ツアーに申し込めなくても概要は理解できます。
でもそれ以上にこの精巧なミニチュア!ポットスチルや樽の質感までちゃんと表現していて、被写体としてもグッと来るものがあります(笑。

サントリー山崎蒸留所

この展示コーナーでは外国人観光客向けのツアーが組まれていました。公式サイトから申し込めるツアーにはこれに関する記載がなかったので、旅行会社企画の外国人向けツアーですかね?解説まで全て英語で行われていたようです。
館内をよく見ると来場者は半分以上が外国人。京都に近いこともあり、日本観光の定番ルートの一つとして組み込まれているんでしょうね。どうりで有料見学ツアーの予約が取れなかったわけだ。

サントリー山崎蒸留所

こちらは 1F のウイスキーライブラリー。ここのフォトジェニックみ!!!(興奮
旅先だからとレンズ一本で臨みましたが、これはもっと他にもレンズ持ってくるべきだった...と少し後悔しました。

サントリー山崎蒸留所

一本一本色が異なる原酒が数千本単位で並べられています。
それぞれどんな味と香りがするんだろう。そしてこれらをブレンドしたときにどんなウイスキーが出来上がるのか...もはや想像の域を超えています。

サントリー山崎蒸留所

このライブラリーにはひたすら圧倒されるばかり。
こんなものを見せられたら改めてサントリーウイスキーのファンになってしまいます。近年自宅でキリン富士山麓ばっかり愛飲していてすいませんでした(ぉ

サントリー山崎蒸留所

ここまでずっと国産ウイスキーの展示ばかり見てきましたが、世界中のウイスキーがズラリと並べられたこの棚もすごい。
そういえば、五年前のビーム社買収によってサントリーはジムビーム、メーカーズマーク、ボウモア、ラフロイグ、カナディアンクラブなど世界中のウイスキーを傘下に持つ一大グループになっていたんでした。でもペルノ・リカールグループ傘下であるはずのバランタインが何故ここに?と思ったら、日本ではバランタインだけはペルノ・リカール・ジャパンではなくサントリーが販売権を持っているんですね...ややこしい(;´Д`)。

サントリー山崎蒸留所

ともあれ、近年はバーに行くことも随分少なくなり、スピリッツ類も自宅で嗜む程度になってしまった私。昔はホームバーを持つことが夢だったなあ...(学生時代、酒類やグラス類の収集だけはしてた)。
久しぶりにこれだけのウイスキーに囲まれて、ちょっと幸せな気分です。

サントリー山崎蒸留所

山崎ウイスキー館の 1F には有料のテイスティングカウンターも設置されています。
ここがまたお昼前にも関わらず大盛況で、多くの来場者がウイスキーの味と香りを楽しんでいます。

こうしちゃいられない、私も早くあそこに行って山崎を飲まなくては。

サントリー山崎蒸留所

カウンターの奥には山崎や響が大量に並べられています。
普段からそう飲む機会がある銘柄でもないのに、これだけの種類が揃っているのを目にするのもほぼ初めて。期待が高まるというものです。

サントリー山崎蒸留所

まずは山崎ブランド体感セット。山崎のノンエイジ、12 年、18 年を 15mL ずつ飲み比べられるセットで、900 円。
テイスティンググラスに注がれた少量の液体だけでも色合いが全く異なるのが分かります。

ノンエイジは...山崎というには若くて、これなら無理に山崎でなくとも他においしいウイスキーは他にもあるような...という感じ。
しかし年数が大きくなるに従って、香りは深くなり、味はまろやかさを増していきます。18 年は多分初めて飲みましたが、スコッチのシングルモルトがあまり得意でない私でもこんなにおいしいと思えるのか...!という驚きがありました。さすがは日本人が日本人のために造ったシングルモルトです。

サントリー山崎蒸留所

そして、そこらのバーではこの値段ではまず飲めないであろう響 21 年(600 円/15mL)と、サントリーが新しく発売した「碧 Ao」(200 円/15mL)。

まずは碧 Ao からいただきます。国産ウイスキーの原酒枯渇に対応するために、世界の五大ウイスキーの原酒をブレンドして造った新しいウイスキー。前述のとおり世界各国の蒸留所を傘下にもつサントリーにしか造れないブレンデッドウイスキーです。
飲んでみると、確かにブレンデッドらしいまろやかさ、飲みやすさで案外悪くない。国産が足りないからって混ぜれば良いってもんでもないだろうと思ってたけど、これおいしいのでは?

...と思ったのも束の間、その直後に飲んだ響 21 年が全部持って行きました。何この深い味と香り。碧 Ao の印象が一気に遠くに...さすがは国産ウイスキーの王。
自宅でも飲みたいけどちょっと買える値段じゃないんですよねえ。でもこの貴重な一杯を飲めただけでも幸せでした。

サントリー山崎蒸留所

というわけで、展示と試飲の両面で山崎蒸留所を堪能しました。想像していた以上に楽しかったし、おいしかった。
ここは繰り返し来る価値がありますね。次回来るチャンスがあったら早めに予約して、製造工程から見学したいところです。

投稿者 B : 22:25 | Drink | Gourmet | Photograph | Vario-Tessar FE 24-70/F4 ZA OSS | α7 III | コメント (0) | トラックバック

2019/05/09 (Thu.)

京都 本家 第一旭 たかばし本店

GW が明けてもまだまだ GW 中のネタで引っ張っていきます(ぉ。今回は京都で食べてきたラーメンの話。

京都ラーメン│京都 たかばし 本家 第一旭

本家 第一旭

三年前に京都に行ったときには新福菜館の本店に行きましたが、今回は隣で新福菜館以上の行列ができていた第一旭に行ってみようと思っていました。第一旭はつい先日東京にも進出したようだけど、やっぱり本場の味を知っておきたくて。

さすがにお昼時に行ったら前回同様の行列だろうと思い、朝 9 時半頃に京都についてすぐ向かったところ、並ばずに入れました(笑

本家 第一旭

外に行列こそできていなかったものの、中に入ってみると席はけっこう埋まってる。朝の 9 時台からラーメンを食べる人々ってどんな人生を送っているんだろう...と自分のことを棚に上げながら考えます(ぉ
この店、朝 5 時から深夜 2 時まで営業しているんですよね。様々な人間模様が交錯しそうです。

本家 第一旭

新福菜館は黒炒飯だけど第一旭は餃子がいいという話を聞いたので、サイドメニューに餃子を頼んでみました。

カリッと焼き上げられた小ぶりな餃子の中に、ギュッと凝縮感ある具。正しいラーメン屋の餃子という感じでおいしい。

本家 第一旭

そしてラーメン。こういうのはやっぱり全部のせから行ってみるべきでしょう、ということで特製ラーメンを注文。

いかにもなラーメンどんぶりの中に茶色いスープ、たっぷりのネギ、もやし、チャーシュー。九条ネギの緑が美しい。
そうそう、私が最近好きなのはこういう王道の「中華そば」ですよ。

本家 第一旭

醤油ベースのスープはちょっとしょっぱいかな...でも好きな感じ。
富山人としてはどことなく大喜を思い出す、なんか懐かしい味。

チャーシューは気を衒わないオーソドックスなタイプ。脂っこくなく、もやしのシャキシャキと一緒に食べるとうまい。
スープの味も半分くらいはチャーシューの塩味由来じゃないかというくらい、味がよくしみています。

本家 第一旭

そして麺。この店、麺がうまいんだ。
何が特徴というのも難しいくらい「中華そば」のど真ん中を行く感じの中太ストレート麺で、麺そのものの味に加えてスープがよく絡んでおいしい。中華そばらしい中華そばを正面から食べている実感があります。

いやあ、おいしかった。
隣の新福菜館と比べると、あっちのほうがスープの色的にはしょっぱそうに見えるのに、実際の味は逆という対照的なところも面白い。
どちらも甲乙つけがたい、名店と言われる理由が分かる味でした。

ちなみに京都で「第一旭」というと複雑な暖簾分けの結果さまざまな流派の「第一旭」が存在するようですね。
京都たかばしにあるこの本店が起源らしいですが、機会があれば別の流れを汲む第一旭にも行ってみたいところ。

関連ランキング:ラーメン | 京都駅七条駅九条駅

投稿者 B : 21:00 | Gourmet | Ramen | コメント (0) | トラックバック

2019/05/06 (Mon.)

愛知県名古屋市の台湾ラーメン

「名古屋生まれの台湾ラーメン。この腹のざわめきは...何だ?」

台湾ラーメン光陽

昨年の『孤独のグルメ 大晦日スペシャル』の聖地巡礼は京都の聖地名古屋のホテルと鰻屋から最後の台湾ラーメンの聖地へとやって来ました。

「台湾ラーメン」とはいうものの、実際には台湾にそんなラーメンがあるわけではなく、ここ名古屋発祥のご当地グルメだというのが真相。台湾料理(といっても私は台北しか知りませんが)はむしろ魯肉飯や乾麺(ガンミェン)、小籠包といった辛味よりも旨味系の料理がメインなはずです。名古屋流の台湾ラーメンは近年では関東にも進出している「味仙」が起源で、ここの店主が台南の担仔麺をもとに賄い飯として作ったのが最初だと言われています(出典:Wikipedia)。

しかしここで有名な味仙とは違う台湾ラーメンの店をわざわざ取り上げるのが『孤独のグルメ』らしいところ。名古屋市の北の外れにある比良というところに、その店はありました。

台湾ラーメン光陽

台湾ラーメン光陽

大晦日の放送以来混雑しているのか、店先には最長 100 分制限の貼り紙が。
この店は予約を取っていないようで、17 時開店のところ 16:50 頃に到着してみたら既に 5 人の行列が。その後、あれよという間に行列が長くなってしまったので、早めに来て正解でした。

台湾ラーメン光陽

店内、ドラマそのまんま。
中日ドラゴンズと力士らしきサイン色紙が大量に貼られていて、そもそもドラマ以前からこの界隈では有名だったことが分かります。

今回は混んでいたのでゴロー席には座れず、カウンターに着席しました。

台湾ラーメン光陽

さあて、何を入れていこうか。
劇中でちらっとメニューを見たときから、いかにも町中華な料理名がいろいろ並んでいたのが気になっていたんだよなあ。
こういう店で食べるなら、定番メニューこそうまいに違いない。

台湾ラーメン光陽

ともあれ、何はなくとも生ビール。
ここのところ少しずつ暑くなってきたこともあって、一杯目の生ビールがうまい。

台湾ラーメン光陽

ワンタンスープっぽい柔らかめの水餃子(スープがうまい)と、

台湾ラーメン光陽

イイ感じの焦げ目が香ばしい焼き餃子から始めようじゃないか。

そうそう、こういう気取らない町中華然とした雰囲気が嬉しいんですよ。
とにかく何でも多めの油と強火、中華鍋でジャジャッとやってすぐ出てくる感じ、今はなき中華シブヤにも通ずるものがあります。

しかし大量の油が霧状になって店内に舞っていて、こりゃあ帰ったらファブリーズ必須だなという感じ(笑

台湾ラーメン光陽

厨房の中華鍋さばきを眺めていたら、目についたのがカウンター上のこの腸詰め。
見るからにうまそうじゃないですか。これください。

台湾ラーメン光陽

凝縮感ある腸詰めに濃口のタレ、そこに白髪ネギとニンニクスライス。
期待を裏切らない、ややジャンクな感じのうまさ。こういうのでいいんだよこういうので。

俺、これとビールさえあればどこまでもいけそうな気がする。

台湾ラーメン光陽

でも、ここでビールで腹いっぱいにするわけにはいかないから、紹興酒にチェンジ。
こういう濃いめ、辛めの中華にはやっぱり紹興酒がよく合う。

台湾ラーメン光陽

からの、牛すじ。

プリプリした食感の牛すじにピリ辛タレがよくしみて、これまたうんまい!
日本の居酒屋のすじ煮とはまたベクトルの違ううまさ。この味と食感はクセになりそうだ。

台湾ラーメン光陽

さらにクキ炒め。

これはニンニクの茎だと思うけど、無愛想に「クキ炒め」と名付けてしまうセンスが町中華らしくてイイ(笑
ピリ辛でちょっととろみのあるタレが茎とそぼろにかかって、これも止まらないうまさ。

それにしてもこの店の料理、どれも辛くて旨味もあって、やっぱり台湾でも中国でもない独自の名古屋中華圏を形成している。
でも名古屋人がこいつにハマる気持ち、よく分かる。

では、ここらでそろそろ本命にお出ましいただこうじゃないか。

台湾ラーメン光陽

...と思ったら、メニューから探すまでもなく壁に「五郎さんセット」の貼り紙が(笑。
その上には当然、松重さんと女将役の坂井真紀さんのサインも添えられていました。

これは選ぶ手間が省けた。よし、その名古屋式ラーチャンセットにしよう。

台湾ラーメン光陽

台湾ラーメンは辛さが選択可能。
最も辛くないのが「アメリカン」って、台湾なのにアメリカン。ていうかそもそも本来は台湾ですらないし。この意味不明なアバウト感がジワジワくる。

今回選んだのはもちろんゴローちゃんと同じく中辛。
どうしても辛さの奥地に踏み込みたくなってしまう、辛いもの好きの好奇心、冒険心。

台湾ラーメン光陽

まずは酢鶏。
ゴローちゃんセットで頼んだら劇中どおりハーフサイズで出てきたけど、こっちは二人組なんだしレギュラーサイズで頼んでも良かったかも。

酢豚みたいなトロミ、なし。でもしっかり酸っぱうまい、いいじゃないか。
ここまでピリ辛の連打連打で来ていたから、このタイミングでの酸味が心地良い。
酸っぱい鶏唐、ものすごくいい。

台湾ラーメン光陽

そして真打ち、台湾ラーメン。
十年くらい前に名古屋出張のついでに味仙で食べて以来、そうとう久しぶり。

この真っ赤なスープ、中辛でこれなら激辛はどんなことになっちゃうんだ?
とにかく混ぜたほうが良さそうだな。調子に乗ってズルズルいくとむせるやつだ。

台湾ラーメン光陽

この麺、うまい。好きなタイプ。
スープのほうも、最初の口当たりは辛さよりも旨味が勝っている感じ。これ、やっぱりおいしい。

あっ、でもジワジワと辛さがきた。辛さの時間差攻撃だ。

けっこう来る辛さにも関わらず、箸とレンゲが止まらない。うまい、辛い、うまい、辛い、まるで永久機関のようだ。
唯一無二の旨辛、台湾ラーメン。

台湾ラーメン光陽

この辛さは紹興酒じゃちょっと追っつかない。さらには汗まで噴き出してきた。
真夏のごとく水が進む。水は当然、ジョッキで。

額や首筋から汗が流れてくる感じってあまり気持ち良いものじゃないはずなのに、この汗は何故か心地良い。

台湾ラーメン光陽

とどめにピリ辛ニンニクチャーハン。

一見なんの変哲もないチャーハンだけど、この強烈なニンニクの香り!
鼻と口からニンニクが容赦なく流れ込んでくる。

これは今までのチャーハンでは経験したことのないニンニク量だ。
でも、めちゃくちゃうまい。

名古屋にはこういう図抜けたメニューがあったのか。
一度食ったらやめれない、これは禁断のチャーハンだ。

台湾ラーメン光陽

〆は五目スープ。
町中華らしいやさしい旨味に溢れた中華スープに野菜がゴロゴロ。
辛さにやられかけた舌に、これは嬉しい。落ち着きます。

台湾ラーメン光陽

ああ、食った食った。帰りの比良駅までの歩きがちょっと苦しかったくらい、腹一杯。
おいしかった~。

台湾ラーメンはもちろんおいしかったけど、あのパワフルなニンニクチャーハンに、それぞれ個性のある一品料理たち。
名古屋独自の進化を遂げた強烈な中華料理が、しっかりと土地に根付いている。
俺はまだまだ名古屋を知らない。

あんトーストにありつけなかったのだけが心残りだけど、大満足の京都~名古屋巡礼ツアーだった。
尾張名古屋、終わりよければ全て良し、か。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:ラーメン | 比良駅

■関連リンク
【Season7巡礼完了】『孤独のグルメ』聖地巡礼 全店レポート Season1~7&原作 - NAVER まとめ

投稿者 B : 20:56 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | Ramen | コメント (0) | トラックバック

2019/05/04 (Sat.)

東京都文京区千石の四川麻婆豆腐

『孤独のグルメ』に出てきそうな中華料理店があるから行こうぜ!というお誘いをいただいて、巣鴨までいそいそと。

四川家庭料理 中洞

四川家庭料理 中洞

とげぬき地蔵とは反対側の、閑静な住宅街の中にある雰囲気よさげなお店。店名は「なかほら」と読むようです。

四川家庭料理というと激辛だった京成小岩の聖地を思い出してちょっと身構えるところですが、外観からは辛さよりも優しげなものを感じます。

四川家庭料理 中洞

オープンして一年足らずという新しめの店内には壁に描かれたパンダが我々を出迎えてくれます。

こういうお店にしては若めのマスターとおかみさんとアルバイトの三人くらいで営業しているようですが、おかみさんはなんと小さなお子さんをおんぶしながらの接客(!)で、客におしぼりを渡すのは背中のお子さんの役目(笑。こちらも自然と笑みがこぼれます。

四川家庭料理 中洞

メニューはいろいろあるようだけど、黒板に書かれた季節のおすすめが特にそそる。ラム肉の山椒煮やクミン強火炒め、カニミソ...魅惑ワードのオンパレードでどれにしようか迷ってしまう。

四川家庭料理 中洞

ま、とりあえず生ビールから。銘柄は最近泡推しのプレモルですが、この店のも泡の分量バランスときめ細かさがとても良い。

四川家庭料理 中洞

一品目は「やわらか蒸し鶏 濃厚旨辛ダレ」。中華はやっぱり蒸し鶏から始めないと。
その名の通りやわらかーい蒸し鶏に、四川らしいピリ辛のタレ。一般的な胡麻ダレとは違う濃い味が蒸し鶏によくしみて、これはビールが捗るやつや。

四川家庭料理 中洞

青菜の強火ガーリック炒め。
シャキシャキ感を失わずにニンニクのいい香りと旨味を移し取った青梗菜がうまい。これまたビールが進みます。

四川家庭料理 中洞

でもって気になっていた黒板メニューから「ラム肉と春雨の香り高い山椒煮」。
ラムと山椒というと強火でジャッと炒めて食べたくなりますが、煮込むとこんな感じになっちゃうのか。とろみのあるスープの中で、ラムと山椒のいい香りがお互いを引き立てあって、ラムの新たな境地を見出してくれる味。これだけでご飯三杯くらい行けてしまいそうです。

四川家庭料理 中洞

こんな料理が続いたらビールがあっという間になくなってしまうわけで、次は紹興酒ハイボールに移行します。
飲みやすさにキンと冷えたステンレスグラスの完食も相まってグイグイいける味だけど、中にリンゴの紹興酒漬けが一切れ入っていて、これを囓ってみると濃厚な甘みに浸されたリンゴがやけにうまい。思いがけないプレゼントをいただいた気分です。

四川家庭料理 中洞

中洞特製麻婆豆腐。四川料理といえば麻婆豆腐は外せません。
四川麻婆というと唐辛子でめっちゃ辛いか山椒でめっちゃ痺れるかその両方かのいずれかというイメージがあるけど、ここのは辛さは程々で旨味とのバランス良い感じ。四川といっても本場そのままではなく、日本人向けにアレンジされた家庭料理という印象を受けます。

四川家庭料理 中洞

そこにすかさず「ごはん、要りますか?」と出していただいた白飯。
そう、この辛味と旨味の前には日本人なら白飯が欲しくなる!当然のごとくミニ麻婆丼にしてかっ込める幸せ。

四川家庭料理 中洞

続いては「潰し里芋のねっとり熱々焼き 肉そぼろあんかけ」。
ホクホク、ねっとりとした里芋の熱々と、それを閉じ込めるあんかけの組み合わせ。麻婆豆腐の刺激を受けた直後の口腔にこの熱さは刺激が強いけど(汗)、四川らしからぬ旨味中心の優しい味にハートを鷲掴みにされます。

そういえば京成小岩の店でも似たような料理で「じゃがとろ」というのがあったけど、改めてこれは四川の一般的な家庭料理なんだろうなあ。

四川家庭料理 中洞

再び黒板メニューから、鶏ももとモリーユ茸の香り炒め。
この店の料理、旨味と辛味もいいけどどれも香りが良いんです。まず運ばれてきた瞬間に視覚と嗅覚で楽しんで、その後に味覚で楽しめる。まさに全身でおいしさを堪能している実感があります。

四川家庭料理 中洞

これは絶対食べておきたかった、豚スペアリブの煮込。
筋張った感じも脂っこさもなく、ひたすら柔らかい旨味の塊を食べている感覚で期待以上のうまさ。味と香りもよくしみてます。

やっぱりこの店、期待していた以上にレベルが高い。

四川家庭料理 中洞

こうなると紹興酒が欲しくなるというもので、甕出しを常温でいただきます。
本当にうまい四川料理には、やはり紹興酒が一番合う。

四川家庭料理 中洞

季節ものから春キャベツのカニミソ煮。これまた出てきた瞬間にカニの香りがふわあっと漂ってくる垂涎もの。
半分溶けてしまいそうなほど煮込まれたトロトロの春キャベツがカニミソと渾然一体となって、これはたまらん。あまりにもおいしくて一瞬でなくなってしまいました(笑

四川家庭料理 中洞

もっちり水餃子。見るからにモチモチの皮の中にギュッと凝縮された餡のコントラスト。
小皿に黒酢を垂らすとパンダの絵柄が浮かび上がってきて、目にも楽しい。

四川家庭料理 中洞

ここで紹興酒がなくなってしまったので、中国酒 三種飲み比べセットをおかみさんのお勧めで見繕ってもらいました。

左の女児紅(ニュアルホン)はスタンダードな紹興酒で安定の美味しさ。この店の料理ならどれにでも合いそうです。
真ん中は黒もち米と黒豆、生姜で作られたという客家黒姜(クージャーヘイジャン)。黒糖っぽい甘みとジンジャーの香りを感じる濃厚な飲み口はとても私好み。
右端のライチ酒は見た目の通り爽やかな甘みとほんのり酸味が食後酒としてもいけそうな感じで、どれもおいしい。

四川家庭料理 中洞

〆のご飯ものはホラホラチャーハン。王道のレシピを丁寧に作った感じが、ここまでに食べてきた他の料理と同じくこの店らしくてとても良い。変にアレンジされた創作料理よりも、こういう飽きずに食べられるスタンダードを安定して提供し続けられることが、町中華に求められているものなんじゃないだろうか。

四川家庭料理 中洞

最後は豆乳プリン。四川ってデザートにはスイーツよりも果物を食べる文化らしくて杏仁豆腐もあまり一般的ではないらしいんですが、この豆乳プリンはマスターが現地で食べたことがある味を再現してみようとして作った一品とのこと。濃いめなんだけどサラッとした味が食事の終わりにちょうど良い。

四川家庭料理 中洞

はー、最初から最後まで一つとしてハズレなくおいしかった。
丁寧に作った料理を地元の人たちに毎日でも飽きずに楽しんでほしい、そういう想いを感じる店でした。

本当に『孤独のグルメ』に取り上げられてもおかしくないクオリティだと思うけど、あまり有名になりすぎてほしくない気もします(笑。
ウチからだと巣鴨ってあまり近くないんですが、他にも気になるメニューはたくさんあったし、何度となく訪れたい店。

機会を見つけてまた食べに来よう。
ごちそうさまでした。

関連ランキング:四川料理 | 巣鴨駅千石駅駒込駅

投稿者 B : 18:43 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2019/05/02 (Thu.)

愛知県名古屋市のうな重

「そうだ、鰻が食いたかったんだ。よし、鰻屋を探そう」

ホテルシルク・トゥリー名古屋

『孤独のグルメ 大晦日スペシャル』の聖地巡礼、京都の土鍋ご飯の次は当然名古屋の聖地をハシゴするわけで、京都から当日中に新幹線で名古屋へと移動してきました。
名古屋での宿はゴローちゃんも宿泊していたホテルシルク・トゥリー名古屋。ここまで再現してこその聖地巡礼です(笑

でもって、翌朝は劇中にも登場した「珈琲処 カラス」であんトーストを...と計画していたのですが、

喫茶処 カラス

なんと休業日・゚・(つД`)・゚・。
事前調査の時点で不定休的な情報があったからそのリスクは想定していたけど、遠征してきて実際に休みだと凹みますね...。

でも休みなものはしょうがない。ここへはまた日を改めて来るとして、次の目的地へと向かいます。

炭焼きの店 うな豊

うな豊

名古屋市の南のほうにあるこちらの鰻屋が、ドラマ大晦日スペシャル冒頭で「ゴローちゃんが蓋を開けたうな重が空っぽだった」夢オチのシーンに使われたお店。
正規の聖地(なんだそれ)ではありませんが、ロケ地としては巡っておきたかった場所です。

お昼前に到着したところ、満席ではなかったもののゴローちゃんが座っていたテーブル席は埋まっていて、ドラマとは関係なく人気店のようです。
店舗はドラマで見ていたよりも広い感じで、私は奥の座敷席に通されました。

うな豊

メニュー、表紙からしてインパクトある。こういうノリ、けっこう好き。
いろんなことが鰻パワーで乗り切れそうな気になってくる。

うな豊

一口に鰻といってもこの店のメニューはかなりバリエーション多め。どれにしようか迷ってしまう。
ここはオーソドックスにうな重でいくべきか、それとも櫃まぶしで変化を楽しむか。でも白焼きだって捨てがたい。

うな豊

メニューには親切にも別紙で種類別の鰻使用量が図解されていました。
店によって名前のつけ方がまちまちで分かりにくいから、これはありがたい。

ちなみにこの店では櫃まぶしではなく「まぶし丼」として丼で出てくるようです。

うな豊

というわけで、私は結局王道中の王道であるうな重にしました。
劇中(の夢の中)でもゴローちゃんはうな重を食べようとしてたしな。

ともあれ、待ちかねたぞ~。
空腹は我慢の限界だぞ。

パカッ。

うな豊

良かった、空っぽじゃなかった(笑

それにしてもこれは見事な鰻だ。
肝吸いに入ってる肝までちゃんと炭焼きにされていて、ちょっと嬉しい。

うな豊

この炭火とタレのいい香り、素晴らしい。
関東のと違ってこっちの鰻は蒸さずに直焼きだから、ふっくら感よりも表面が少しカリッとした感じで、個人的には名古屋流のほうが好み。タレの味が濃いめなのもいい。

このうな重、最高じゃないですか。

うな豊

テーブル備え付けの山椒、なんとミル挽き。鰻に山椒は必需品だけど、こういうタイプは珍しい。
喜び勇んで鰻にかけようとしたところ、近くのテーブルで「東京の人は最初から山椒かけちゃうけど、俺は初めはかけずに食うね」と語っているのが耳に入ってきて、つい手が止まる(汗

結局最初の一切れは何もかけずにいただきました。確かに何もかけないほうが炭火とタレの香ばしさがストレートに堪能できてイイ。

うな豊

残った半身に山椒を挽いてみました。

一般的な粉末状の山椒とは違って、ピリッとした刺激よりも挽きたての香りが鰻のうまみを引き立ててくれる感覚。これはおいしい!
またタレが「つゆだく」な感じでご飯にしみてるのも嬉しい。これは一心不乱に食べてしまううまさだ。

うな豊

完食。は~、うまかった。
生ドラマパートに登場した柴又の鰻屋も良かったけど、この店もドラマ本編に登場してもおかしくないハイレベルな店でした。名古屋には鰻の有名店がたくさんあるけど、そこまで知名度がなくてもこれだけうまいとは、名古屋の鰻おそるべし。

思い起こせば前回名古屋で鰻を食べたのは五年前の一冨士でした。あのときも聖地巡礼のついでに立ち寄ったんだったけど、今回もせっかく名古屋に来たからにはうまい鰻が食べられて良かった。

ごちそうさまでした。
あんトースト巡礼の予定は別途立てますかね。

関連ランキング:うなぎ | 瑞穂運動場西駅新瑞橋駅瑞穂運動場東駅

■関連リンク
【Season7巡礼完了】『孤独のグルメ』聖地巡礼 全店レポート Season1~7&原作 - NAVER まとめ

投稿者 B : 16:56 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2019/04/29 (Mon.)

京都府京都市のぐじの土鍋ご飯

「よーし、決まった。京都大文字炭火焼き大会、いこうじゃないか」

京都

世の中は史上最長のゴールデンウィーク...ということで、この期間を利用して私は昨年の『孤独のグルメ 大晦日スペシャル』の聖地探訪のため京都へとやって来ました。

最近関西方面への出張がめっきり減ってしまって、京都も思い起こせば懐かしいな。三年前に来て以来か。あのときは桜が満開だった。
聖地巡礼としても同じ大晦日スペシャルの聖地である柴又のうな重以来だから、けっこう間が空いたことになります。でも遠征系の聖地巡礼は過去いずれも料理・道中ともに楽しかった思い出しかなく、今回も期待を胸に新幹線に乗ってきました。

梨門邸

今回の目的地たる京都の聖地は、劇中では何もない住宅街にぽつんとある店...という体でしたが、実際には銀閣寺の参道や「哲学の道」のすぐ傍にあり、立地的には悪くないんじゃないの?という場所。そこにきてこの雰囲気のある店構えに縄のれん、これは見るからにうまそうだとドラマを観た瞬間に確信していました。

開店時間に合わせて予約を取っていたところ、他にも開店待ちのお客さんあり。この日は予約だけで満席、しかも一日一巡しかお客を取っていないようで、基本的に予約必須と考えたほうが良いでしょう。

梨門邸(なしもて)

梨門邸

中央の焼き台を囲むコの字型のカウンター。座席は十席のみ。そしてこの何とも言えない落ち着いた、それでいてカウンターの内外の距離が近い雰囲気。俺の直感が、この店は「当たり」だと言っている。
マスターは先代からこの店を受け継いで以来、女将さんと二人でこぢんまりと営業しているそうです。

梨門邸

ま、何はなくともビールから。
生ビールはサッポロと琥珀エビスから選べるのがうれしい。琥珀エビスの深みのある味わいが、この店に雰囲気に似つかわしい。

梨門邸

そこに出てくる、お通し三種。
左から、冷奴を山椒で味付けたもの、蕪と水菜とツナ(?)を少し酸っぱめに煮たもの、それに油揚げと大根の煮物。
一つ一つが丁寧に作られていて、どれもが一品料理としてちゃんとうまい。特にこの大根...それほど煮染めたようにも見えないのに、じわあっと味がしみていて心にしみる美味しさ。これだけ大皿でおかわりしたくなる。

東京では出合わない、この小さな一手間。まさに京のおばんざいって感じ。

梨門邸

じゃあ、お品書きをじっくりと選ぼうじゃないの。
土鍋ご飯、素材は日替わりだろうけどお目当てだった甘鯛(ぐじ)がちゃんとあった!遠征してきてこういう巡り合わせものにちゃんと遭遇できると、日々を誠実に生きてきて良かったと思える。

梨門邸

さておき、まずはマスターのお勧めだった初鰹の刺身から。
切る前から見るからにうまそうだった鰹を目の前の炭火で表面を軽く炙ってからお造りにしてくれます。

炭火の香りが、鰹本来のうまみを何杯にも高めてくれるかのようなうまさ。これは素晴らしい、「舌鼓を打つ」とはこういう状態のことを言うのだろう。

梨門邸

続いておつまみ的にそら豆の炭火焼き。
ホクホクした食感と甘みがいい。

初鰹とそら豆、初夏の旬を京都のこの店で堪能できる幸福。満ち足りていることを実感します。

梨門邸

そこにちょっと変わり種、とまとの炭火焼き。

火傷しそうなほどのアツアツとまとを頬張ると、洋食とは全く種類の異なるとまとの味わい。
とまとにはこんな表情もあったのか。酸味のある香ばしさ、面白いな。

梨門邸

箸が止まらん、胃袋がもっと寄越せと叫んでいる。
というわけで、れんこんの炭火焼き。

これは期待通り、あっさりとしつつホクホク感もある絶妙なうまさがビールを引きつけます。
繊細さと大胆さの融合。家で焼いてもこの味には絶対にならないだろう。

梨門邸

さらにアスパラ。

どれもこれもシンプルな炭火焼きなのに、焼き加減がそれぞれ絶妙に素材のうまさを引き出している。
炭火焼き、奥が深い。あの、焼き台のマジックか?いや、大将の炭火遣いだろう。

梨門邸

焼き台の上に整然と並べられた食材が、それぞれに然るべきタイミングで場所を移されたり、火から上げられたり、蓋をして蒸し焼きにされたり。

カウンターの中央に陣取るこの焼き台は、まさに大将というマジシャンのテクニックを見せるステージのようだ。
見ているだけで楽しめる。眺めているだけで、酒が進む。

梨門邸

そしてついに焼き上がってきた、もち豚ロースの炭火焼き。
おおお...豚、分厚い。

ネギをまとった豚ロース。もち豚そのものの肉の甘みとうまみを炭火とネギ、それにタレが三位一体となって引き立てている。
このネギとタレ、最高。鋭いパンチがボディに食い込んでくる。

これは文句なしにうまい。

梨門邸

新玉ねぎの炭火焼き。
普段なら脇役や引き立て役に徹するような玉ねぎも、ここの炭火にかかるとそれだけで甘さを引き出されて、一気に主役級に躍り出る。

この玉ねぎもめちゃくちゃうまい。
京料理、おそるべし。

梨門邸

こんなん出されたら日本酒しかあり得ません。
メニューに立山の文字を見つけたらば、富山人としては頼まざるを得ない。そしたら竹筒に入って出てきました。

まさかこの京都でふるさとの味に、しかもこんな乙な飲み方で巡り合えるとは。

梨門邸

そうすると富山繋がりで白えびのかきあげが食べたくなるというもの。

でも一般的に富山界隈で食べられる白えびのかきあげって殻ごと揚げるから、おいしいんだけど殻が口の中に刺さって痛いのと表裏一体なんですよね。
それに対してこの店のかきあげは殻や髭を取ってから揚げてあるようで、ふっかふか。こんな幸福な白えびのかきあげ、富山でもそうそう食べられんぞ。

梨門邸

このかきあげに合わせるのは万願寺とうがらしの炭火焼き。
みずみずしさを保ったまま焼かれた万願寺の甘みがじゅわっ、と噴き出してきて、これもうまい。

梨門邸

そこからいきなり洋食方面に転換して、デミグラスソースのハンバーグ。これも炭火焼き。

炭火焼きなのにほわほわ食感のハンバーグに、ちゃんと炭火の香ばしさ。そこに絶妙なうまさのデミグラスソース。なんじゃこりゃ、そのへんのハンバーグ専門店が裸足で逃げ出しそうなほどうまい。近所でランチをやってたら毎日でも通うレベル。

くうう、たまらん。

梨門邸

いかんいかん、あまりのうまさに我を失ってしまった。
ここは竹の子の木の芽焼きをいただいて自分を取り戻そう。

そうそう、これですよ。
炭火でじっくりほっこり、たまらないな。

梨門邸

日本酒を続けているとどんどん我を失っていきそうだったので、ここらで焼酎にスイッチ。麦焼酎「つくし」の黒をロックで。

京都の夜を堪能してる俺。うまい料理と向き合える時間は、何事にも代えがたき幸せ。
食べ終わるのが名残惜しい。

梨門邸

さあ、ラストスパートで土鍋ご飯、いこうじゃないか。

まずは鶏ごぼうの土鍋ご飯。期待に違わず、鶏肉とごぼうのうまみがご飯にじっくりと染みわたっている。
ああ、優しい。うまさが心にしみてくる。

梨門邸

そして最後においでなすった、御大登場。
甘鯛(ぐじ)の土鍋ご飯。

蓋付きで出てくるこのもったいつけた感がなんともニクい。
いかなるや、ぐじごはん。

梨門邸

おおおおお、美しい。
雅な風情漂う、この紅色。

土鍋から立ち上ってくる香りの時点でもう既にうまい。

梨門邸

おお、おおおおお、これはまた。うまいなあ...。

土鍋炊きの銀シャリと炊かれると、もはや無敵のうまさ。
ぐじの優しいうまみがご飯に移って、しみじみとうまい。日本人で良かったという感情が自然と湧いてくる。

梨門邸

最初から最後まで、例外なくどれもうまかった。
これだけうまい料理と落ち着いた雰囲気、そりゃあ話と酒が弾むわけだ。

京都の味の長い歴史が、ここには温かく引き継がれている。
感謝の気持ちしかない。

ああ、いい晩飯だった。
次に京都に来る機会がいつかは分からないけれど、そのときはまたこの店に来たい。

本当にごちそうさまでした。

関連ランキング:炭火焼き | 元田中駅茶山駅出町柳駅

■関連リンク
【Season7巡礼完了】『孤独のグルメ』聖地巡礼 全店レポート Season1~7&原作 - NAVER まとめ

投稿者 B : 23:56 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2019/04/25 (Thu.)

とんかつ檍 大門店

お昼前に浜松町周辺にいるタイミングがあったので、大門にある「とんかつ檍」の支店に行ってきました。

とんかつ檍 大門店

とんかつ檍 大門店

これまでに蒲田本店いっぺこっぺ(カツカレー)銀座店と巡ってきてやっぱり都内でもトップクラスに美味しいと感じたこの系列。残りの支店である大門店にも行ってみようと思っていたところ、ちょうどいい具合に機会が訪れました。

お店に着いたのは 11:15 頃、という時点で店外には既に 15 人程度の行列ができていました。開店は 11:00 のはずだから、オープン直後にも関わらずもう満席+一回転分の待ちができていることになります。すごい人気(;´Д`)。

とんかつ檍 大門店

しかしランチタイムだからか(?)並び始めてから 30 分と待たずに入店できました。行列の長さの割に回転は悪くない。

店内はカウンター 10 席+小上がりのテーブル二つ(8 席)。他店舗よりもキャパシティは若干多めで、テーブルが相席になるのもランチタイムの回転が早い理由でしょうか。
奥の壁にはアンジャッシュ渡部氏推薦のステッカーが貼られていて、そりゃあ混むわけだ...。

とんかつ檍 大門店

今まで他店舗で食べたのはいずれもロース系だったので、今回はヒレかつ定食を選んでみました。

ヒレのほうがロースよりも揚げ時間が短いのか、私よりも先に入店したお客さんのロースかつよりも早くできあがってきました。座ってからけっこう待つつもりでいたので、いい意味で拍子抜け。

とんかつ檍 大門店

ヒレかつ。薄めの衣に、うっすらピンク色の肉。

ヒレかつってロースよりも脂身が少ない分、ともするとパサついた感覚になりがちですが、ここのヒレかつはしっとりしていてかつ柔らかい。肉そのものからほんのりした甘味を感じます。
肉汁からうまみを感じるロースかつも捨てがたいけど、質のいい肉を食べてる感が強いこのヒレかつもまたいい。

とんかつ檍 大門店

例によって種類が選べる岩塩。食べ比べてみると種類によって肉のうまみ・甘味の引き出され方がこうも違うか、というくらいにキャラクターの違いを感じます。
個人的にはヒレかつにはボリビアの紅塩か削りたてを味わえるパキスタンの岩塩の組み合わせが好み。

とんかつ檍 大門店

定番のソースで食べるのももちろん美味しいんだけど、林 SPF 豚のとんかつはやっぱり岩塩が一番うまみを引き出してくれる印象があります。多彩な岩塩の味を堪能しつつ、ときどき目先を変えてソース、という具合で一切れずつ味わっていくのがイイ感じ。

いやー、大門店も期待にたがわずうまかったなあ。しかも並んでから食べ終わって退店するまで結局一時間かからなかったので、早めの時間に並べるならランチタイムはアリだと思いました。
蒲田・大門・銀座いずれも私としてはアクセスしやすい立地だから、また美味しいとんかつが食べたくなったらいずれかのお店に足を運ぼうと思います。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:とんかつ | 大門駅浜松町駅御成門駅

投稿者 B : 22:29 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2019/04/12 (Fri.)

渋谷百軒店 とりかつ CHICKEN

夕食どきに渋谷界隈におりまして。

学生時代にはしょっちゅう遊びに来ていた渋谷も、近年はもう具体的な用事がない限り来ない街になってしまいました。だからこんなときに入りたい店もパッとは思いつかないという。渋谷、俺がちょっと飯を入れていくような店ってもうないのか?...と考えつつ、足が向かっていたのがこちら。

とりかつ CHICKEN

道玄坂を登っていったところにある百軒店(ひゃっけんだな)です。センター街とかヒカリエとかの店に一人で入るのはちょっと気が引けるけど、この辺は若者の街渋谷とはちょっと雰囲気が違う。この辺ならありかrな...。
ただしこの辺りは一本入ると完全にラブホテル街で、この歳になってもこういうところをうろつくのは躊躇します。

百軒店の代名詞といえば『孤独のグルメ』原作にもちらっと登場している喜楽だけど、この日はあいにくの定休日。ならば、ということで見つけたのがこちらのお店。

とりかつ CHICKEN

とりかつ CHICKEN

喜楽の横の狭い路地を上っていったところにある定食屋。ここ、実は 22 年前の『孤独のグルメ』初版本の表紙にも看板が描かれているんです。

4594021379

少なくとも 22 年以上、いやこの雰囲気から察するに間違いなく 30 年以上、昭和の時代からこの地に存在し続けているであろうこのお店。しかも、どうやら当時から値段は変わっていないらしい。渋谷の街中で小綺麗なチェーン店に入るよりこんなところのほうが絶対面白い、ここにしよう。

でもここ、一体どこから入るんだ...?

とりかつ CHICKEN

最下層が飲食店になっている古マンションの一角が店舗になっていました。向かいのスナックらしき店からはカラオケの歌声が聞こえてくる。この雰囲気、完全に昭和。
ここまで来たからには入ってみようじゃないか。すいませ〜ん。

とりかつ CHICKEN

店内はほぼカウンター、それに申し訳程度にテーブル席がひとつ。そして扉を開いた瞬間にむわあっと包み込まれる油の匂い。

カウンターの中では「おばちゃん」と呼びたくなる店員さんが二人、世間話をしながら定食をこしらえている。チェーン店でアルバイトがくっちゃべっていたら店を出たくなるところだけど、この世間話はなぜかそれ自体がお店を形作る要素の一つに思えて、逆に心地良い。初めて来たはずなのに、昔から知っている田舎の近所の店に来たかのような気分。

とりかつ CHICKEN

メニュー、達筆。
なるほど、好きな揚げ物を組み合わせて定食を作れるのか。オトコノコとしては心踊る文字列が並んでいる。

さあ、どれにしようか?

とりかつ CHICKEN

迷いに迷った挙句「人気定食」にあったとりかつ、ハムかつ、コロッケの三品にさらにアジフライを加えた四品定食に決定。
こういうところに初めて来たからには、まず定番から試してみるに限る。

とりかつ CHICKEN

まずはアジフライから。なんだか今日は無性にアジフライが食べたい気分だったんだ。
近年ハイレベルなアジフライを探し求めてきた身からすると小ぶりで「普通」な感じのアジフライだけど、ここのは薄めのサクサクした衣がいい。アジも柔らかくしっとりとしていて、日常的にこんなアジフライが食べられれば十分でしょう、というクオリティ。うん、おいしい。

とりかつ CHICKEN

そしてコロッケ。このフワフワした揚がり具合、これはレベル高い。
目の前で揚げたてのフライ定食が食べられる幸せ。

そんな折、ラストオーダー時間ギリギリにも関わらず電話がかかってきて、持ち帰り弁当十個の注文が入った模様。
この時間から...?と思ったけど、他のお客さんとおばちゃんとの会話によると「これくらい大したことないわよ」とのこと。さすがこの地で(たぶん)何十年もフライを揚げ続けてきたベテラン、頼りになるなあ。

とりかつ CHICKEN

ハムかつ。厚すぎず薄すぎず、これぞハムカツというオーソドックスな一品。

とんかつとは違う濃いめのハムの味とプリッとした食感が、なんだか学生時代に戻ったかのような気分にさせる。
これはご飯が進む味。

とりかつ CHICKEN

最後は店名にもなっている、とりかつ。
やや小ぶりながら柔らかくてジューシー、これはおいしい!
さすが、店名を冠するだけのことはある。ついおかわりしたくなるレベル。

おいしい揚げ物って食感が軽いものですが、ここのフライも胃にもたれる感覚がなくて、いくらでも食べられそう。学生向けっぽい価格設定の店だけど、むしろ胃的に揚げ物が厳しくなってきた年代にこそ嬉しい店かもしれません。
これはいい店を知ったな。今度はメンチとか、カニクリームコロッケなんかも試してみよう。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:定食・食堂 | 神泉駅渋谷駅

投稿者 B : 22:45 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2019/04/04 (Thu.)

とんかつ 鉄(kurogane) 長原店

先日お花見で洗足池まで行った際にお昼はとんかつを食べたくなって、こちらのお店に足を運んでみました。

とんかつ 鉄 長原店

とんかつ 鉄 長原店

洗足池から長原駅方面に歩いて行く途中にあるお店。昔行ったことがある大森にある同名店の暖簾分けがこんなところにオープンしていたんですね。大森のあの店もけっこう美味しかったし、こちらも期待が持てます。

店舗は二階建てで 1F は厨房とカウンター。2F がテーブル席という構造になっています。今回はカウンターが満席だったため 2F に通されました。

とんかつ 鉄 長原店

メニューはシンプルにロースとヒレ、それにかつカレーのみ。夜限定のかつ丼というのもちょっと気になります。
ロースかつの「並」「上」「特上」は種類ではなく肉の量の違いのようです。

これに書かれていた自己紹介によると、マスターは日本そばの店で長年働いた後、とんかつ屋に転身して大森店で調理を担当したうえで独立し、この長原店を構えたとのこと。一風変わった経歴に興味をそそられます。

注文してから揚げるためけっこう待たされます。そして登場したとんかつがこちら。

とんかつ 鉄 長原店

上ロースカツ定食にカレールー単品を追加してみました。
とんかつ屋のカレーだからちょっとした小皿にでも入れて出てくるのかと思ったら、ガチのカレーポットにほぼ一人前のカレールーが出てきて驚きました(;´Д`)。なんだかすごいことになっちゃったぞ...。

とんかつ 鉄 長原店

上ロースかつ。肉の厚み、衣の色合いともに申し分なし。
これだけ分厚いロース肉をじっくり揚げているわけだから、時間がかかるのも仕方ないと言えます。

とんかつ 鉄 長原店

ここの豚肉は、近年流行っているとんかつ屋の多くで採用されている千葉の林 SPF 豚。しつこくない程度に入ったサシから甘味のある肉汁がじゅわっと出てきて、肉そのものの旨味だけで食べられる感じ。筋っぽさを感じない肉の柔らかさといい薄めの衣のサクサク感といい、これは大森店同様にレベルが高い。というか私が以前大森店に行ったときに食べた味はきっと今のこの店のマスターの手腕だったんでしょうね。
ソースで食べてもいいけど、ここのとんかつは数種類用意されている岩塩でいただくのが肉の旨味を最も引き出してくれる気がします。

とんかつ 鉄 長原店

そしてカレー。コクの深さとスパイシーさのバランスがとても良い、とんかつ屋とは思えない完成度の高いカレー。煮込んでいるうちに粉々に溶けてしまったと思われる豚肉の旨味が利いているんだろうなー。これは完全にライスが足りません。
この味ならその辺のカレー専門店も白旗を揚げるレベル、もし近所にこのカレー屋があったらランチは週一で通うに違いない。

とんかつ 鉄 長原店

さらにこの味噌汁(豚汁)ですよ。一見、どのとんかつ屋でも出てきそうなオーソドックスな豚汁だけど、一口飲んでみるとアゴ(トビウオ)の出汁が利いていてめちゃくちゃ美味い!おかわりが欲しくなります。

ちなみに着席したときに出してくれるお茶は蕎麦茶だったし、マスターのこれまでの経験を集大成したのがこの店なんだろうなあ。実に多彩で、そこらのとんかつ屋にはない楽しみがあります。とんかつ激戦区の大田区にあって、この店は立地こそ地味ながら有名店にもまったく引けを取っていません。

とんかつ 鉄 長原店

ホワイトボードにはさまざまなおつまみメニューが並んでいます。これまた飲んべえの心をくすぐる単語のオンパレード。クリームチーズの酒盗和え、ポテトサラダ、いぶりがっこ、ホタルイカ沖漬け、ぬた...こことんかつ屋だったよね(笑。日本そば店で修行を積んだマスターが作るならこれらのつまみも美味くないわけがない。

これは花見のついでのランチじゃなくて、夜桜を愛でた後にちょい飲みに来るべきだったか。日本酒と珍味をつまんでかつ丼で締め、とか幸せに違いない。今度は夜に来てみたくなりました。

関連ランキング:とんかつ | 長原駅洗足池駅北千束駅

投稿者 B : 22:36 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2019/03/23 (Sat.)

代官山 小川軒のレイズンウィッチ

ちょっと前に放送された松重豊さんのラジオ番組『深夜の音楽食堂』にて気になる食べ物が紹介されていたので、私も試してみました。

代官山 小川軒

代官山 小川軒

代官山にある「小川軒」というレストランはパティスリーを併設していて、そこでは「レイズンウィッチ」が名物だそうです。

レーズンサンドといえば北海道土産の定番、六花亭のマルセイバターサンドはあまりにも有名で私も大好きなんですが、関東にもそれを超えるレーズンサンドが昔からあったとは知りませんでした。
この小川軒というのは他にも都内に目黒、お茶の水にもあり、三兄弟がそれぞれに開業した店舗とのこと。さらには鎌倉にも親戚にあたる小川軒があるそうです。同じ店名ながらレイズンウィッチはお店ごとに作り方が少しずつ違うそうで、番組では実際に食べ比べもやっていました(笑。

今回はその中で代官山の店舗に来てみました。意識していなければ見過ごしてしまいそうな地味目の店舗。レイズンウィッチは日によっては午前中で売り切れてしまうそうですが、この日は午後に来てもまだ買うことができました。

代官山 小川軒のレイズンウィッチ

買ってきたのはレイズンウィッチ 10 個入り、1,296 円(税込)。一個 120 円というのは手土産としてはなかなかリーズナブルではないでしょうか?それでいて芸能人の差し入れにもよく使われてかつ喜ばれるというのだから、おいしいに違いない。

代官山 小川軒のレイズンウィッチ

これがその小川軒のレイズンウィッチ。もう見た目からして六花亭のレーズンサンドとは別物です。個包装のプリントにも歴史を感じます。

代官山 小川軒のレイズンウィッチ

クッキー部は表面に張りと光沢があって、クッキーというよりもパイ生地っぽい感じにも見えます。

代官山 小川軒のレイズンウィッチ

側面からははみ出さんばかりの大ぶりレーズンがたっぷり!
レーズン好きとしてはこれはうれしい。

代官山 小川軒のレイズンウィッチ

試しにサンドを剥がしてみました。この大ぶりなレーズンがこんなにたくさん!これだけで 120 円以上の価値がありそうに見えます。

食べてみると、見た目通りサクサク食感のクッキーの中に...ハッキリとしたレーズンの存在感。洋酒の味と香りをしっかり感じるレーズンがたっぷり入って、これは幸せな味。クリームはあくまでレーズンの引き立て役に徹しています。

六花亭のレーズンサンドのもそっとした食感とバタークリームのおいしさも捨てがたいけど、レーズン好きにとってはこのレイズンウィッチ、素晴らしい。なぜ六花亭が「バターサンド」で小川軒が「レイズンウィッチ」なのか、まさに名は体を表す違いがあります。

マルセイバターサンドも大好きだからお土産にもらったら嬉しいんですが、都内にこれだけおいしいレイズンウィッチがあるなら今後はもっと頻繁にレーズンサンド欲を満たせそうです。これは目黒やお茶の水の味も試したくなってきたなあ。

関連ランキング:ケーキ | 代官山駅恵比寿駅渋谷駅

投稿者 B : 22:00 | Gourmet | Sweets | コメント (0) | トラックバック

2019/03/20 (Wed.)

牛かつ あおな

先日の F1 開幕戦パブリックビューイングに行った際のお昼は、レッドブル・ホンダに勝ってほしいという願掛けで牛かつにしました(笑。都内で牛かつといえばもと村があまりにも有名ですが、あえて違うお店に入ってみました。

牛かつあおな

牛かつあおな

渋谷駅の新南口近くにあるお店です。すぐ近くにはもと村の支店もあり、競争の激しさが窺われます。一頃のブームは落ち着いたとはいえ、今でも新宿のもと村には大行列ができていますからね。

この「あおな」の牛かつはニュージーランド産牛、黒毛和牛、霜降り黒毛和牛の三種類から肉を選び、量も 100g・150g から選択するスタイル。私は初めてでどれがどんな味か分からなかったので、三種類の食べ比べができるミックスセットの 150g を注文してみました。
一般的に揚げ物の店は肉にキャベツの千切りが添えられているものですが、この店の付け合わせはレタスに根菜の薄切りが添えられ、ちょっと凝った味のドレッシングがついてきて、その時点でひと味違った印象を受けます。

牛かつあおな

肉は写真左から順にニュージーランド産牛、黒毛和牛、霜降り黒毛。この時点で明らかに肉質が違うのが判ります。ニュージーランド産は見るからに切断面の瑞々しさがなくてちょっと残念な感じ。

牛かつあおな

そんなわけで、まずはニュージーランド産から。黒毛和牛と見比べるとちょっと残念感はあるものの、食べてみるとそんなに悪くない。でも塩とか醤油だれよりもこの店特製のタレ(ニンニクやごま油が使われている模様)の風味とともにいただくのがこの肉には一番合うかな。

牛かつあおな

続いて黒毛和牛。おおお、そうそう、これこれ!という感じ。牛かつというより衣のついたローストビーフを食べているような感覚です。筋張っているわけではないけれど肉肉しさがあって、いかにもいい赤身肉を食べている実感があっておいしい。

牛かつあおな

最後は霜降り。立派なサシがはいっていて、舌の上でとろけます。赤身との差異化のためかけっこうしっかりした脂分があるので、醤油だれと山葵をつけていただくとサッパリしてちょうど良い。でも私は最近霜降りより赤身肉のほうが好きになってきたせいか、通常の黒毛和牛のほうがバランス的にはいいかな?と感じました。

なかなかおいしかったです。牛脂を注入した成型肉を客に焼かせて食べさせるもと村よりも、出所の明確な牛肉で赤身のまま食べられるこちらの店の方が肉を食べてる実感があって個人的には好きかな。ただしけっこういい値段がするので、これならちょっといいとんかつ屋に行った方が満足度は高いような気もします。でもとんかつよりもヘルシーで女性でも入りやすい雰囲気の店舗なので、男だけでガッツリ...という感じでないときには良さそうです。新宿や御徒町、蒲田にも支店があるようなので、近くに行く機会があったら入ってみようかな。

関連ランキング:和食(その他) | 渋谷駅代官山駅神泉駅

投稿者 B : 22:29 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2019/03/14 (Thu.)

JAMESON STANDARD IRISH WHISKEY

先日 BAR THE GINTONICX のマスターに紹介していただいたウィスキーを買ってきました。

ジェムソン スタンダード

JAMESON STANDARD

自宅ハイボール用に愛飲していたキリン富士山麓が今月をもって販売休止とのことで今後買うウィスキーを探していたんですが、BAR THE GINTONICX で飲ませてもらって気に入ったので。私が普段飲むウィスキーってほぼスコッチ(ブレンデッド)か国産ばかりでアイリッシュウィスキーは買ったことがなかったのですが、とりあえずカクヤスと成城石井ではごく普通に販売されていることを確認しました。
値段は税込で 1,800 円くらい。富士山麓に比べるとちょっと高くなっちゃいますが、まあ許容範囲。富士山麓のほうも終売を前にして販路によってはプレミアがつき始めていますからね...。

JAMESON STANDARD

とりあえずロックで飲んでみました。

一般的なウィスキーよりも一回多い三回の蒸留を経て作られるというだけあって、飲み口はとてもスムーズ。ロックでもスルスル飲める感覚でちょっと危険です(笑。後口にほんのり甘い香りを感じます。
そんなに特徴ある味ではないけど、とにかくまろやかで飲みやすい。とっておきの一本じゃなくて日々飲む一杯としてはこれくらいのバランスのほうが飽きが来なくて良い。

JAMESON STANDARD

ハイボールにもしてみました。ちょうどソーダストリームのガスが切れたので市販の炭酸水で(´д`)。

そうそう、この感じ。ロックと同じく、残り香に少し甘味があって後引くおいしさ。
富士山麓は 50°、ジェムソンは 40° ということで比較すると富士山麓のほうが芯の太いしっかりした味わい。ジェムソンは滑らかで何杯でも飲める。そういう対照的なキャラクターです。

ちなみにせっかくだからと思って生レモンを買ってきてみたけど、スライスして皮ごといれるとレモンの苦味がジェムソンの甘い香りを打ち消してしまってちょっともったいない。レモンは軽く搾る程度か、むしろ入れずに炭酸水だけで割る感じでも十分かもしれません。

確かにジェムソンのハイボールはクセになりそう。お店に置いといたら自分自身で消費してしまうというマスターの気持ちが分かる気がしました(笑。
入手性もそんなに悪くないし、当面自宅ハイボールの定番はこれにしようと思います。

投稿者 B : 23:23 | Drink | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2019/03/06 (Wed.)

BAR THE GINTONICX #6

CP+ で横浜に行ったついでに、久しぶりにこの店で飲んできました。

BAR THE GINTONICX

BAR THE GINTONICX

前回来たのは去年の 4 月だから、またしても随分ご無沙汰してしまいました。もう少し横浜に出やすいところで働いていれば、もっと頻繁に来るんだけどなあ...。

バーだけに早めの時間はお客さんが少ないようで、この日も最初は私一人の貸し切り状態。久々に再会したマスターとの会話が弾みます。

BAR THE GINTONICX

まあ、最初の一杯は定番昆布ジントニックから。
普通の店ならまず確実に変わり種メニュー扱いになるこのドリンクも、ここでは超王道メニュー。日本人ならばしっくり来る味です。ジントニックのくせに、しみじみ美味い。

BAR THE GINTONICX

週ごとの仕入れによって変わるメニュー、このときはこんな感じ。

ストリベリー、ぽんかん、みかんと冬の旬が踊っています。逆に生ビールは寒くて頼むお客さんがおらず、美味しさが維持できないという理由で今の時期は出していないとか。
あー、まだまだ寒いからホットカクテルも悪くないなあ。

BAR THE GINTONICX

最近の私の悩み、ジャパニーズウィスキーの原酒不足で自宅ハイボール用にオススメの銘柄について相談してみたところ、ジェムソン スタンダードが超オススメとのことでハイボールを一杯作ってもらいました。
確かにこれは、変なクセがなくていくらでも飲めそうなバランスの良い味。そうそう、自宅で日々飲むお酒ならこういうのがいいんですよ。これは今度買ってこよう。

BAR THE GINTONICX

お次はちょっと変わり種、ハクサイのジントニック。本当に白菜が入ってる(笑
想像だにしなかった組み合わせだけど、いざ飲んでみると白菜の甘味がほんのり立ってきて、これはアリ。

昆布といい白菜といい、日本の鍋の材料...それも特に旨味を司る食材って案外ジントニックとの相性がいいんじゃないでしょうか。あるいは鍋料理と一緒にジントニック、というのも合うのかもしれません。

BAR THE GINTONICX

つまみはママカリとスモークチーズ。例によって和の珍味とチーズを合わせるのがマスターらしい。
ママカリってコノシロの親戚みたいなニシン科の小魚ですが、そう考えるとアンチョビスモークチーズがあるんだからママカリとスモークチーズも合わないはずがない。和洋の組み合わせ同士、ハクサイジントニックが進んでしまう味。

BAR THE GINTONICX

ピンクペッパージントニック。水面にピンクペッパーの実がプカプカ浮いているのがかわいい。
味は爽やかな中に刺激的な香りを秘めたピンクペッパーの風味が効いていて、昆布や白菜とはまた違った方向性。口の中がいったんリセットされる感覚があります。

BAR THE GINTONICX

山椒ジントニック。これもこの店では定番の一つですが、山椒のツンとくる香りがクセになります。
四川料理の山椒は舌にビリビリくる痺れの印象が強いけど、こうやって程々に使うといいアクセントになるんですよね。でも、なんかちょっと鰻が食べたくなる味(笑

BAR THE GINTONICX

フードメニューは黒板に。最近のマスターはインド風料理に凝っているとのことですが、何故インド風サッポロ一番(笑。でもこれなにげに最近の人気メニューらしい。
じゃあちょっと〆代わりに一品お願いしますということで、

BAR THE GINTONICX

ラムとひよこ豆のカレーライス!
一見、日本の家庭のカレーっぽいけど、スパイスの効き具合が確かにインドカレー。ラム肉の香りとひよこ豆の食感がさらにインド気分を高めます。添えられている茄子のサブジ(インド風煮込み)も確かにインドレストランで食べたことある味。和洋折衷からいきなりインドに飛んできてしまったけど、これ美味い。

BAR THE GINTONICX

最後はポンカンのマティーニで。濃厚なポンカンの甘味がまったりとした気分に浸らせてくれます。

今回も美味しかったし、それ以上に楽しかった。バーだからといって格好つけていなくてもいい気楽さがこの店にはあります。
また、今回はこの blog に移る以前の私のサイトから読んでいただいていて、この店にもときどきいらしているという方にお会いできたのも嬉しかったです。こうやって自分の好きな店やモノ・コトを気に入ってもらえる、というのは本当に嬉しいことですね。それに自分はそんなに頻繁に来れるわけでもないので、私が来れないときにこの店に通って経営を維持してくれる仲間が増えてくれるのも嬉しい(笑

一期一会の人、意気投合してその後も仲良くなる人、自分が連れて来た人、自分の記事を読んで来てくれる人。いろんな出会いがこの店にはあって、それもまたこの店に来る楽しみ。
今度は単身赴任中の某氏が横浜に帰ってきているときにでも、この店で会えるといいなあ。

関連ランキング:バー | 平沼橋駅横浜駅

投稿者 B : 22:58 | Drink | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2019/03/03 (Sun.)

東京都葛飾区柴又のうな重

「夢にまで見たうな重、発見」

柴又

Season7 をコンプリートして以来久しぶりとなる未開拓の聖地巡礼のため、はるばる葛飾柴又までやってきました。ええ、昨年のドラマ『孤独のグルメ』大晦日スペシャルで生ドラマパートの舞台となった地です。

東京に住んで二十年以上になるけど、柴又に来たのはこれが初めて。世代的に寅さんもまともに観たことがないし、こういう機会でもなければ来ることはなかったことでしょう。

柴又

柴又って駅からほんの徒歩数分で帝釈天があるのね。
駅前からしてもう参道だし、道沿いは完全に昭和が動態保存されているかのような佇まい。歩いているのは年配の人が多いけど、浅草なんかと違って外国人観光客はほとんどいないし、古き良き日本が感じられる。

そんな参道の入り口近くに構えているのが、こちらのお店。

料亭 ゑびす家

ゑびす家

ドラマでは大晦日の深夜でも営業している風の扱いだったけど、普段はそんなことはなく、不定休かつ 18 時ラストオーダーということで平日に来るのはハードルが高い。というわけで、まず間違いなく営業しているであろう休日の昼間を狙って来ました。

鰻を焼く匂いの破壊力、たまらんな~。
今年はまだ鰻、入れてない。

ゑびす家

店先に並んだメニューには川魚系が目立つ。ああ、江戸川で獲れるからか...いかにも江戸の庶民料理らしい。こどグル的には、原作の赤羽まるます家回を思い出させる字面でもある。

見てたらもう我慢ならなくなってきた、店に入ろう。
空腹も寒さも限界だぞ。

ゑびす家

店内、外観に負けず劣らず歴史を感じる。
古い木造建築の匂いがどことなく幼少期を過ごした実家を思い起こさせるような...。よくわからないけど、なんだか懐かしく、落ち着く感じ。

ゑびす家

ランチタイムをとうに過ぎた時間帯だったから混んではいなかったけど、残念ながらゴロー席の隣に先客がいて、空いてるのにわざわざ隣に座るのも変な感じがしたので、ゴロー席を斜めに臨む位置に着席。
別の席にはいかにもな一人客。ああ、お仲間ですね(笑

ゑびす家

振り返ると、そこは生放送で久住先生が座っていた座敷席。
座敷の向こうにはちょっとした日本庭園っぽいのも見えます。

ゑびす家

ま、鰻が出てくるまでの間、熱燗でも飲りながら待とうじゃないの。
こうなると自分はゴローちゃんというよりも劇中の前田さん(伊東四朗)的な位置づけになっちゃった...飲んべえはいつだっていい気なもんだ。

銘柄でも熱燗でもなく「お酒」と頼むとこれが出てくるのが、こういう昔ながらの店らしいところ。昼間っから飲む熱燗が、喉の奥をチリチリと刺激しながら胃に落ちていく感覚がたまらない。
よ~し、よし。

ゑびす家

特にアテもなく日本酒だけチビチビ飲んでいたところ、本命のうな重がおいでなすった。
待ちかねたぞ~。慌てて頼んじゃったけど、奮発して上にすれば良かったかな?

さておき、いただきます。

ゑびす家

おぁ~~~っ。ふっくらと柔らかい鰻。ほわほわ。

これ(並)で 3,500 円というのはちょっと高い気はするけど、この鰻不足の折、本来は料亭をやっている店でこの値段なら納得するほかない。

ゑびす家

そういえば鰻不足がニュースになるようになってからなんとなく食べづらくなって、去年は一度も鰻を食べなかったような。久しぶりなこともあって特に感動。
脂の乗り具合も、タレも完璧。今年最初にして、最高においしい。

ゑびす家

うな重には当然肝吸いもセット。
肝吸いの滋味、これもまた落ち着く。

そして隣の席では川魚定食で瓶ビールを飲っているお客さんが。
鯉こく、常連...俺は、夢でも見ているようだ。
まさかとは思うけど、夢なら醒めないでくれ。

ゑびす家

ああ、久しぶりのうなぎ、おいしかった。
熱燗込みでランチに四千円、つい大贅沢をしてしまった。

ところで劇中では放送終了間際にゴローちゃんが草だんごを頼もうとするシーンがあったけど、私は次の予定をもう決めてあるんだ。

柴又

そんなわけでゑびす家を出た後は、参道を奥の方に進んでみました。
とはいえさほど長いわけでもない参道、ほんの数分歩いたところで帝釈天の直前にあるこの店にたどり着きます。

柴又帝釈天 亀家本舗

亀家本舗

ゴローちゃんと前田さん(というかまんま伊東四朗)がミニドラマパートを演じていた甘味屋「亀家本舗」。店先は持ち帰り用のだんご屋になっているけど中が飲食店になっていて、ドラマはこの中と屋上を使って収録されていた模様。

亀家本舗

店内の入口にはガラスケース越しにさまざまな食品サンプルが。帝釈天参詣の帰りの甘味としてこういうの見せられたら確かにソソるかも。
柴又の名物の一つが草だんごということで参道沿いには無数のだんご屋が並んでいるけど、帝釈天の真ん前にあるこの店が最も存在感を発しています。

亀家本舗

店内、そうとう寅さん推し。さっきのゑびす家も含め、この界隈の店は映画の撮影に使われるなど寅さんにゆかりのある店が多いようで、どこもかしこも寅さん一色。私は世代じゃないからイマイチありがたみが分からないけど、これはきっと自分にとってのルーク・スカイウォーカーやマーティ・マクフライの衣装みたいなもんなんだろうな(笑。

亀家本舗

着席。あれ?壁の短冊メニューには確かに見覚えがあるけど、店内のレイアウトが劇中とは違うような。ああ、ドラマでは二階の店舗が使われていたということですかね。でもまあ雰囲気はそのものだし、まあいいや。

亀家本舗

そんなわけでうな重の後のデザートは、アイス草だんごにしてみました。
シンプルに草だんごでも良かったけど、熱燗であったまった身体にはアイスのひんやりが欲しかった。他のお客さんも軒並みアイス草だんごを食べているようで、人気メニューじゃないですか。

亀家本舗

あえて草だんごとあんこ、アイスをまとめて食べてみる。
それぞれ種類の違った甘さが渾然一体となって、単体で食べるよりも複雑なおいしさを形成している。これは確かに、普通の草だんごよりもアイスつきのほうがおいしいかも。

食べている間に、さっき近くの席で鰻を食べていたおじさんがこちらのお店にもやってきました(笑。やっぱり同業者(ぉ)でしたか...。

亀家本舗

巡礼後には軽く帝釈天参りもして、初めての柴又を堪能。
近年の東京からは失われつつある昔ながらの東京らしさを満喫できて、楽しかった。

ドラマのほうは今のところ Season8 のニュースも出てきていませんが、まずは近いうちに大晦日スペシャルの京都・名古屋へ巡礼に行ってこようと考えています。

ごちそうさまでした。
今年も健康で、もりもり食べられますように。

関連ランキング:うなぎ | 柴又駅新柴又駅

関連ランキング:和菓子 | 柴又駅新柴又駅

■関連リンク
【Season7巡礼完了】『孤独のグルメ』聖地巡礼 全店レポート Season1~7&原作 - NAVER まとめ

投稿者 B : 20:56 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | Sweets | コメント (0) | トラックバック

2019/02/22 (Fri.)

青山シャンウェイ 銀座店 その 2

年明けは出張続きでできなかったので、先日ちょっと(だいぶ)遅めの新年会でこちらに行ってきました。

青山シャンウェイ 銀座店

青山シャンウェイ 銀座店

昨年 11 月に続いて二回目の訪店。外苑前の本店は本当に予約が取れないし、この銀座店もオープン半年でもう空席のない店になりつつありますが、こっちのほうがまだ予約はしやすい。銀座の喧噪からちょっと外れた立地というのもイイ。今後利用する機会が増えそうです。

青山シャンウェイ 銀座店

まあ、まずは乾杯から。今年もよろしくお願いします!(遅

最近は飲みに来てもビール飲むのは一杯程度に控えてるんですが、やっぱり乾杯のビールはうまい。

青山シャンウェイ 銀座店

今回は飲み放題つきのコースでした。
まずは冷菜六種盛り、前回よりも人数が多いのでポテサラの盛りがすごいことになっています(笑。

この冷菜だけでひとしきり飲めそうなくらいどれもおいしい。個人的には豚とカシューナッツの黒酢仕立てがすごくツボ。これだけで何杯でも飲めそうです。

青山シャンウェイ 銀座店

生ビールがサックリ蒸発してしまったので(ぉ)上海ハイボールに移行。紹興酒ベースのハイボール、中華屋に来た実感が湧きます。

青山シャンウェイ 銀座店

そこに登場するのが蛤と韮の炒め物。蛤も韮もうまいけど、それらのうまみを吸ったスープが一番うまいんじゃないのこれ。
蒸し鶏やスペアリブのインパクトに押されがちだけど、実はこういう魚介のうまみを活かした料理がこの店の真骨頂じゃないかという気がします。

青山シャンウェイ 銀座店

さらに定番蒸し鶏。長時間蒸して骨まで丸ごと食べられる鶏に、この葱醤油ソース!
鶏肉にしっとりとしたうまみが浸透していくらでも食べていられそう。何度食べても飽きずにうまい。

青山シャンウェイ 銀座店

飲み放題だとつい調子に乗っていろいろ飲んじゃいます。いつもは割と紹興酒ばかり飲み過ぎてしまうので、今回はあまり濃くないお酒中心で(笑

こちらは無農薬レモン丸ごと 1 個生レモンサワー。長い名前の通り、レモンの酸味がガツンと来る濃いサワー。しかもこれだけレモンがあれば「中身」をおかわりすることで何杯でも楽しめる。濃い味の料理もこの濃厚レモンサワーで味覚をリセットしながらいくらでもいただけます。

青山シャンウェイ 銀座店

そして大本命、毛沢東スペアリブがここで登場!
いつも以上にインパクトのあるこの高さ。この店はやっぱり大人数できた方が楽しいのかもしれません(笑

例によってビニール手袋を使って手づかみでいただきます。
相変わらず辛い!そして熱い!でもウマイ!!やみつきになる味。

これ、時々むしょうに食べたくなるんだよなあ。

青山シャンウェイ 銀座店

こういう辛いものを食べた後の紹興酒って、なんでこんなにうまいんだろ。
麻とか辣の刺激と紹興酒の渋みのある甘さってすごく相性がいい。

青山シャンウェイ 銀座店

このタイミングで提供されたのが蓮根と江戸菜としめじの炒め。
超オーソドックスながら、やさしくてほっとする味。毛沢東スペアリブの刺激の後に一息つかせてくれる、お店側の心配りを感じます。

青山シャンウェイ 銀座店

〆は黒チャーハン。コースでも〆の麺飯だけは選ばせてもらえるようでしたが、ここまで来たら五郎's セレクションの定番を踏破しないとかあり得ない。
おいしかった時間を最後にもう一度凝縮してくれるかのような、この濃ゆい味。このチャーハンも、何度食べてもうまい。

いやあ、シャンウェイはやっぱり何度来てもおいしい。銀座店も人気が出るわけです。
たぶんまた来ることになると思うけど、神楽坂の店舗も利用してみたいなあ。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:中華料理 | 東銀座駅銀座駅築地市場駅

投稿者 B : 22:22 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2019/02/15 (Fri.)

旗の台「ぶらいとん」のあぶらめん

ふと麺類が食べたくなって、新規開拓がてら旗の台へいそいそと。

麺家 ぶらいとん

ぶらいとん

駅前商店街から一本入ったところにある麺家「ぶらいとん」です。
以前聖地巡礼でこのあたりにくる以前から、この商店街の周辺には個店系の良さげな店がいろいろあると思って目をつけていたのでした。

この辺ではけっこうな人気店らしいという割に、20 時ちょっと前に着いたときにはお店の前に行列なし。これはラッキー...と思って入ってみたら、店内に十人以上の待ち行列ができていました(;´Д`)。
カウンターは十席のみ、かつ注文から出来上がりまでけっこう時間がかかるようで、入店から着席して食べ始められるまで 30 分以上待つことに。これ、店外に行列ができていたらどれくらい待つことになるんでしょうか。

ぶらいとん

店の正面には製麺機が鎮座していました。毎日稼動してる雰囲気を強く漂わせる製麺機、いい面構えしてます。
ということは自家製麺、これは期待が持てそうだ。

ぶらいとん

メニューはらーめん、つけ麺に「あぶらめん」、これは一般的には油そばと呼ばれているやつでしょう。
ラーメンとつけ麺、つけ麺と油そば、みたいな組み合わせで出す店はよく見るけど、三種類出しているところってあまり見かけないような。

店内に入ると醤油の濃い香りがつ~んと匂ってきて、これは好きな方向性の味であることが予想できる。

ぶらいとん

なお麺は小盛から大盛までお値段変わらず。特盛のみ +100 円という太っ腹価格。
ちなみに麺だけでなくスープから具材に至るまで全部お店で仕込んでいるとのこと。

というわけで行列に並んだ結果、ようやく食べることができました。お腹空いたよ...。

ぶらいとん

頼んだのはマル得あぶらめん。トッピング全部盛りですが、他のお客さんのを見ると普通のあぶらめんでも角切りチャーシュー・刻みネギ・刻みタマネギ・ニンニク・メンマ・ほうれん草・卵黄は載ってくるようで、わざわざ全部盛りにしなくても十分だったかも。

麺は中盛り、その他は麺固め・ニンニク少なめ・それ以外普通でオーダーしました。

ぶらいとん

トッピングは一品一品丁寧に仕込まれていて、どれもおいしい。
個人的には角切りチャーシュー、味玉、メンマの味付けが気に入りました。

食べるときには美しく盛り付けられたこの丼を底から混ぜっ返すようにして混ぜ合わせます。

ぶらいとん

麺はかなりコシの強い極太ストレート。つけ麺やらーめんにも同じ麺を使っているようで、ラーメンがなんだかうどんのように見えました(笑。

このコシの強さは、わざわざ固めにしなくても十分だったかな。でも麺自体に味があるし、食べ応えがあってよろしい。
味はコッテリ濃いめだけど、「あぶらめん」から想像されるほどギトギトしていなくてちょうど良い濃さ。ニンニクの香りが食欲を引き立てます。

あー、これはおいしい。最近こういうガッツリ濃い麺を食べてなかったからちょっと不安だったけど、全然イケル。

ぶらいとん

...あぶら丼、そういうのもあるのか!
ちょっと気になったけどこれ以上炭水化物祭りを開くわけにもいかず、グッと我慢。

期待していた以上においしかった。やっぱり麺にこだわりのある店はいいですね。
ちょっと待ち時間が長いのが難点だけど、空いてそうなときを見計らってまた来てみよう。この麺ならつけ麺もうまいに違いない。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:ラーメン | 旗の台駅荏原町駅長原駅

投稿者 B : 22:18 | Gourmet | Ramen | コメント (0) | トラックバック

2019/02/06 (Wed.)

鳥越 居酒屋まめぞ その 8

「今日は居酒屋系に引っ張られず、あの生ハムをカンテラにして、イタリアンの道を進んでみよう」

居酒屋まめぞ

またしても来てしまいました鳥越。いつもの「まめぞ」さんですが、なんと今回で(ランチ含め)八回目の訪店。別に近所に住んでいるわけでもないのに、我ながら通いすぎです(笑。
『孤独のグルメ』登場店で私がリピートした店はたくさんありますが、さすがに八回も来ているのはここだけ。もちろんおいしいのもあるんですが、何度来ても飽きない味やメニューの豊富さ、気取らず落ち着ける雰囲気も含めてこの店が大好きです。

居酒屋まめぞ

居酒屋まめぞ

今回は夜としては初めてのカウンター席。ちょっと狭いけど、劇中ではゴローちゃんも久住さんもカウンターだったし、これはこれで嬉しい。

一杯目はいつものまめぞハイボールに、お通しは生ハムでした。
ちなみに近年のハイボールブームで国産ウィスキーの原酒不足がニュースになっていますが、このまめぞハイボールに使われている「富士山麓」も今年の三月で終売とのこと。このハイボールが飲めなくなってしまうのかあまりに心配だったのでおかみさんに聞いてみたところ、「まさに最近次のウィスキーを何にするか選定してる。と同時に富士山麓の在庫を必死になって確保してる」とのこと。どうやら仕入先の酒屋さんでは既に入荷終了してしまい、コンビニやスーパーで見かけるたびに買っているそうです(笑。我が家も自宅ではこの店に倣って富士山麓でハイボールを作っているので、次の銘柄が決まった頃にまた飲みに来よう(ぉ

居酒屋まめぞ

これに合わせるつまみはまめぞサラダから、

居酒屋まめぞ

干しホタルイカ。結局こうやって注文がとっちらかっちまうのがこの店だけど、それもそれで楽しい。
ホタルイカといえばそろそろ旬ですね。干しもいいけど、刺身、酢味噌、沖漬け...食べたいなあ。

居酒屋まめぞ

さらに鳥の唐揚げを投入。
もはや完全にのんべえの手先になってしまった。

でもやっぱりこの店の揚げ物、全然しつこくなくておいしい。

居酒屋まめぞ

この店の揚げ物といえば、絶対に外せないのがアジフライ。
「今日のは特に大きいから一人一枚だとお腹いっぱいになっちゃうかも。大丈夫?」と訊かれたのをスルーして一人一枚注文(笑

これがまた過去最大級に大ぶりのアジフライ!
...しかしあまりに興奮した結果、写真を撮らずに食べてしまうという痛恨のミス(ぉ

いや、でも、マジでおいしかった。
このために乾杯をビールではなくハイボールにして、このアジフライ専用飲み物を最高のタイミングに持ってきた甲斐はありました(ぉ

居酒屋まめぞ

そしてこれも外すわけにはいかないサーモンの粕漬け。
見た目は単なる焼き鮭にしか見えないけど、普通の塩鮭とはひと味もふた味も違う奥行きのある味。ビールやハイボールを飲んで良し、だけどつい白飯が欲しくなってしまう味でもある。

居酒屋まめぞ

こう来たら日本酒で迎え撃つしかないわけです。
この店の定番、岐阜の銘酒「若葉」。

居酒屋まめぞ

そこに自家製ピクルスで味覚を軽くリセットしたら、

居酒屋まめぞ

季節限定牡蠣のクリームパスタですよ。
定番の明太クリームもいいけど、牡蠣の旨味を味わえるこのクリームパスタもまた絶品なり。麺が居酒屋パスタによくある茹ですぎのじゃなくてちょい固めに茹でてあるのも嬉しい。

居酒屋まめぞ

ふとカウンターに目をやると、銘品ウィスキーたちがズラリ。しかもちゃんとしたバーで飲んだら絶対にこんな値段じゃ飲めないって金額が、無造作にマスキングテープで貼ってある(笑。

居酒屋まめぞ

そーなるとこのウィスキーでソーダ割りを作ってもらっちゃったりするわけです。

もう何回も来ているはずなのに、毎回違う楽しみがあるのがこの店の奥深いところ。

居酒屋まめぞ

再び粕漬けのうまみを感じたくなって、今度は明太子の粕漬け。
明太子なのに辛味がグッと抑えられ、うまみ成分がグッと立ち上がってきているのが面白い。そしておいしい。

居酒屋まめぞ

で、〆は当然この最強カツサンド!
これだけ飲み食いした後でもスルッと入ってしまう不思議なうまさと軽さ。「カツサンドは別腹」というパワーワード。

中の豚肉がまた柔らかくて、軽く歯を立てただけで繊維質がプツプツ切れていくのを感じながら、独特の甘味あるソースとサクサクの衣を味わえるのがいい。
実はさらにお土産用も買って帰ったんですが(笑)、やっぱりお店でできたてを食べるのが最高です。

居酒屋まめぞ

はー、今回も最初から最後までおいしかった。マスターやおかみさんとちょいちょい会話できるカウンター席、いいですね。
ちなみに隣で一人酒を決めていたおじさんは、何年か前の年末年始一挙放送でドラマのファンになってから巡礼しているそうで、そういうファン同士のコミュニケーションが取れたのも嬉しかった。

なお、居酒屋まめぞは今度の土曜深夜にテレビ東京系『二軒目どうする?~ツマミのハナシ~』という番組で紹介されるようです。またしてもテレ東深夜枠(笑)。テレビに出たらまた予約が取りづらくなりそうだから、放送前にもう一度くらい行っておきたい気もします。

またしてもごちそうさまでした。
今後も懲りずにまた来ます。

関連ランキング:居酒屋 | 新御徒町駅浅草橋駅蔵前駅

投稿者 B : 22:56 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2019/01/31 (Thu.)

麻布十番 炭火串焼 ヒヨク之トリ

以前から行ってみたいと思っていたお店にお邪魔してきました。

ヒヨク之トリ

ヒヨク之トリ

麻布十番の焼鳥屋「ヒヨク之トリ」であります。

最近は六本木や銀座よりも麻布エリアの落ち着けるお店が好き。その中でもここはずっと気になっていたのでした。
大勢よりも二、三人でこぢんまり楽しむのにちょうど良さそうなお店。

ヒヨク之トリ

メニュー。土地柄を考えれば、焼鳥はかなりリーズナブルなお値段と言えます。
定番の焼き物もいいけど、一品料理やつまみ類にもいろいろと心惹かれる単語が並んでいて、迷います。

ヒヨク之トリ

ビールはプレモルのマスターズドリーム。通常のプレモルより深みのある味が和食に合います。
お通しは大根おろしとポテトサラダ。どちらも上品ながらオリジナリティある味付けで、いい具合にビールが進みます。

ヒヨク之トリ

つまみは、まずはささ身の昆布〆から。富山人としては昆布〆はつまみのド定番だけど、魚じゃなくて鶏のささ身の昆布〆はこれが初体験。
しっとりとしたささ身に昆布のうまみが凝縮されながら乗り移って、これはおいしい!ささ身って昆布で締めるとこんな感じになっちゃうのか。

ヒヨク之トリ

そして焼鳥を注文していくわけですが、この黙々と仕事する職人さんの様子を見ていると、この時点でもう美味いことが確定したような気がしてきて、期待が高まります。

ヒヨク之トリ

最初は王道中の王道、ねぎまから。ちなみに焼鳥は六本セットで頼んでみました。

程良く弾力のある鶏肉に、焼き加減・塩加減ともに絶妙なねぎま。おお、これは期待していた以上においしい。

ヒヨク之トリ

続いてささ身。
ささ身の焼鳥ってともするとパサパサしがちなものですが、ここのはしっとりとしていておいしい。さっきの昆布〆とはまた違った味わいがあります。

ヒヨク之トリ

こんなんビールすぐなくなってまうやろ!というわけで、焼酎(富乃宝山)をロックで。
こういう店でうまい焼き鳥を食べると焼酎が飲みたくなります。

ヒヨク之トリ

これまた定番、砂肝。
固すぎず柔らかすぎない、程良いコリコリ感が美味しい。こういう砂肝のうまさが分かるのは大人の特権、という気がします。

ヒヨク之トリ

そしてレバー。
トロトロしている...のかと思ったら、意外にも表面はプリッとしていて鮮度の良さを感じさせるレバーです。タレの具合もちょうど良く、今までの鶏レバーのイメージが覆った。

ヒヨク之トリ

アスパラ巻。あまり太いアスパラだと固かったり筋張ってたりで美味しくないものですが、ここのは程々に細くて柔らかい。いい感じに肉汁をアスパラで受け止めながら食べられる絶妙なバランスがいい。

ヒヨク之トリ

そーなると赤ワインが欲しくなってくるわけです。
ちゃんぽんは身体に悪いとか、そういう自制が効かなくなるうまさ。これはやばい。

ヒヨク之トリ

ここからはアラカルトで頼んだ串ものも混ぜていきます。こちらはペコロス(小たまねぎ)に茗荷の焼き味噌。
ペコロスはそれ単体でも甘味があって美味しいし、茗荷はそのものは苦いのに焼き味噌の甘辛さがいい味を引き出してくれる。ああ美味い。

ヒヨク之トリ

そして焼鳥コースの大トリであるつくねを経由して、

ヒヨク之トリ

じゃがバターへと突入していきます。
このじゃがバター、一般的なホクホクのやつとは違って、じゃがいもを一度焼いてしっかりめの食感を残したままじゃがバター化してある。あんまりこういうタイプのじゃがバターって食べたことないけど、なかなかイケル。

ヒヨク之トリ

さらに厚切り炙りベーコンと薬研軟骨。

いやあ...どの品も期待を裏切りません。

ヒヨク之トリ

チーズぴー肉巻。「ぴー」って何のことかと思ったらピーマンか。そのピーマンの中には想像を超える量のチーズが仕込まれていて、チーズ好きとしてはたまらん。
これだけ今まで食べてきたメニューとはちょっと方向性が違うけど、これもいい。

ヒヨク之トリ

さすがに調子に乗って食べ過ぎて、最後はご飯ものが入らなかったので〆は鶏スープ。この優しく染みわたる滋味、先日の米国出張であっちの濃い味一辺倒にウンザリしていた舌や胃に嬉しい。

いやー、おいしかった。堪能しました。
どの品をとっても外れがない。ここは、間違いなく私の心の中の名店の一つに数えるべきお店だと実感しました。

今回食べられなかったメニューもたくさんあるし、少なくともリピートは間違いない。美味しいモノの味が分かる友人を連れてまた来ようと思います。
ごちそうさまでした。

関連ランキング:焼き鳥 | 麻布十番駅赤羽橋駅神谷町駅

投稿者 B : 21:49 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2019/01/29 (Tue.)

UMAMI BURGER

アメリカから日本に帰ってくる際に、LAX で搭乗まで少し時間があったから何かつまんでおこうとお店を探していた際に入ったお店。

UMAMI BURGER

UMAMI BURGER

近年は日本にも店舗展開している UMAMI BURGER です。国際線ターミナルの出国ゲート先フードコート内にあるお店。
こういう舶来系のハンバーガー店って日本にいるときにはあえて行こうという気にはあまりならないので、この機会に食べてみることにしました。

UMAMI BURGER

この手のハンバーガーショップは日本では若くてオシャレな店員さんを雇っている印象がありますが、LAX 内の店舗はめっちゃ気さくな印象のおばちゃんでした(笑。
カウンターで注文をして出来上がりまで 5~10 分待つスタイルのようですが、夜遅めの時間だったからか(?)注文には特に行列ができておらず、出来上がり待ちが 2~3 組いた程度でした。

UMAMI BURGER

メニュー。太字が商品名、細字が入っている具材という書き方はシンプルながら分かりやすい。どれを食べるか迷うけど、せっかく空港の店舗で食べるからにはこの店限定と思われる「LAX」を食べてみようか。サイドディッシュは普通のポテトフライでもいいけど滞在中毎日食べてさすがに飽きたし(´д`)、味付きのやつにしてみようと思って「Manly Fries」を注文。

UMAMI BURGER

注文した品が出てきました。
実店舗だと皿に載って提供されるようですが、ここは空港内フードコートだけあってボックスで出てきます。この二品+コーラゼロ M サイズで $30 弱。けっこう良い値段しますが、日本の実店舗での価格を考えれば空港内だからといって特別に高い印象はありません。箱がドギーバッグっぽく見えてしまうのを除けば(´д`)。

では、いただきます。

UMAMI BURGER

まずは Manly Fries から...って箱を開けてびっくり。フライドポテトにフライドオニオン、ベーコンにネギとマスタードスプレッドがかかったものでした。いやメニューには書いてあったけどこういうタイプか...。もうちょっとファーストキッチンのフレーバーポテト的なのを想像してました。

これは確かに Manly(男らしい)フライ。油ギッシュ、味付けもガッツリ濃くて胸焼けること山のごとし。コーラじゃなくてビールが欲しくなるし、ビールとこのフライがあればハンバーガーは要らないってくらいガツンと来ます。ボックスじゃなくて皿盛りだったら気分的にはもう少し違ったかも。

UMAMI BURGER

そして LAX Burger。見た目的には分厚いパティと「U」の焼き印が圧されたバンズ以外はけっこう普通のハンバーガーに見えるけど、

UMAMI BURGER

パティの上にはキャラメリゼオニオン(飴色になるまで炒められた玉葱)が、そしてパティの下にはとろけたブルーチーズが。パティは肉っぽさを感じられる粗挽きでけっこうおいしい、それをオニオンとブルーチーズが香りと UMAMI を付け加えてくる感じでこれはけっこうイケル。ただ先ほどの Manly Fries と一緒だと全体的に油っこく濃い味一辺倒で、サラダか何かに逃げ出したくなります。これはフライじゃなくてサラダを頼むべきだったか...。

悪くはないんだけど、注文したものの組み合わせが悪かったのか、さすがにお腹...というより胸が一杯になってしまいました。同じ金額を出すなら、日本にはもっと美味しい非チェーン系ハンバーガー店がいくつもあります。個人的には一度行けば十分、かなあ。

関連ランキング:ハンバーガー | ロサンゼルス空港(LAX)周辺/エル・セグンド

投稿者 B : 22:19 | Gourmet | Junk Food | コメント (0) | トラックバック

2019/01/24 (Thu.)

とんかつ檍 銀座店

蒲田にあるとんかつの名店の支店が銀座にあるらしいという話を聞いて、食べに行ってみました。

とんかつ檍 銀座店

とんかつ檍 銀座店

都内で美味しいと言われるとんかつ店にはけっこう行ったことがあるつもりだけど、蒲田の檍(あおき)はその中でもトップクラスだと思っています。立地が蒲田というのがマニアックだけど逆にそれがいいと感じていましたが、まさか銀座に出店していたとは。それも新橋寄りとはいえ中央通り沿いの超好立地で驚きました。

場所は通り沿いにアシックス・ランウォークの店舗が入っているビルの B1F。平日の 18:30 頃に来たところ、既にお店の前には 7〜8 人の行列ができていました。私の後ろに並んだお客さんの話し声によると、ちょっと前まではこんなに並んでいなかったのに、知らない間にかなりの行列店になったようです。蒲田本店も今やかなりの有名店だし、こっちの評判も広まりつつあるようですね。

とんかつ檍 銀座店

行列に並んで 30 分ほどで入店。その後 10 分ほど待ってとんかつが出てきました。

頼んだのは特上ロースかつ定食。今までカタロースかつと上ロースかつは食べたことがあったので、未体験のものにしてみました。

とんかつ檍 銀座店

見よ、このどどーんと大迫力の特上ロースかつを!

フットプリントもさることながら、厚みも 3cm はあろうかというボリュームに圧倒されます。しょぼいロースかつランチで ¥1,500 くらい取る店もザラにある中、このボリュームとクオリティで ¥2,000 というのはむしろ安いとさえ感じます。

とんかつ檍 銀座店

この肉の存在感。それを包む衣は薄めだけどサクサクで、肉の旨味を邪魔せず引き立てる感じ。
まずは何もつけずに食べてみたところ、肉そのものに甘味と旨味がしっかりついていて、これだけで食べられそうな感覚さえあります。

とんかつ檍 銀座店

しかしテーブルに備え付けられた何種類もの天然塩と組み合わせることで、肉の旨味を改めていろんなベクトルに引き出してやることが可能。
一口に塩といってもそれぞれ旨味の出方が全然違うものですね。ただでさえおいしい特上ロースがさらにおいしく(語彙力

とんかつ檍 銀座店

もちろん王道のソースも間違いないわけです。
少しずつ味を変えながら味わえるのが楽しいわけですが、あえてその中から一つ選べと言われたら私はピンクソルトかなあ。この肉の味と香りにおけるポテンシャルを最も引き出している気がします。

ああ美味しかった。蒲田本店に負けずとも劣らぬうまさでした。
食べ終わってお店を出てみると、行列が階段の上まで続いて 1F に達しようかという勢いで伸びていました。早い時間帯に来て良かった...。

ごちそうさまでした。
大門(浜松町)のほうにも支店があるらしいので、今度はそっちに行ってみようかな。

関連ランキング:とんかつ | 新橋駅銀座駅内幸町駅

投稿者 B : 22:29 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2019/01/14 (Mon.)

隠れ家的なつけ麺の名店「たけもと」

イイ感じのつけ麺の店があると聞いて、雪が谷へいそいそと。

つけ麺 たけもと

つけ麺 たけもと

雪が谷大塚の駅からそう遠くない立地にも関わらず、路地を一本入ったところにひっそりとある隠れ家的なお店。大通りに面してどどーんと構えた有名店よりも、個人的にはこういう佇まいが好き。看板や暖簾の雰囲気もいいじゃないですか。

つけ麺 たけもと

メニューはこんな感じで、意外とスープの種類とつけ麺・つゆそばの組み合わせで種類が豊富。あまり予習せずに来たらちょっと迷うことになってしまいました。注文は食券制なので、券売機の前でこの状況になるとつい焦ってしまう私。

まあ、こういうときはメニューの左上か店名を冠した品から行くべき、という定石は今回も外さない。

つけ麺 たけもと

というわけで王道の「鶏と魚介の特製つけ麺」を頼んでみました。お店の看板メニューに特製トッピングが一通り盛られている、きっとこの店を代表する味。
まず麺もつけ汁も、面構えがいいじゃないですか。

つけ麺 たけもと

「鶏と魚介」の名の通り、鶏ガラと煮干しを中心に様々な素材から作られたスープは濃厚ドロドロタイプ。でも近年流行りのつけ麺にありがちな魚介のうまみ成分で脳髄をガツンと刺しに来るような味ではなく、どこか上品なまとまりの良い味。それでいてコクが深く、これはけっこう好きな味。

つけ麺 たけもと

麺の上に載っているのは鶏チャーシュー...というより、鶏ハムっぽいのと蒸し鶏っぽいのをダブルで楽しめるようになっています。これがまた、瑞々しい蒸し鶏と鶏肉の風味を味わえる鶏ハムで、どっちもうまい。ガッツリ力押ししてくるチャーシューじゃなくて小技を効かせたこの感じ、すごく良い。

つけ麺 たけもと

麺はつけ麺にしてはちょっと細めのストレート麺。でもしっかりコシがあって、つけ汁がしっかり絡んでおいしい。この店、個人的には「当たり」です。

つけ麺 たけもと

そしてこのレンゲに添えられているのが鶏皮そぼろ。これをつけ汁に入れることでカリッと炒められた鶏皮の風味と食感が活きてきて、ひと味違ったうまさが味わえます。

また、つけ麺の難点は熱盛りにでもしないかぎり食べているうちにつけ汁が冷めてきてしまうこと。こうなると後半はおいしさ半減で、暑い夏はまだいいけど寒い冬にこうなると惨めな思いをすることになります。
が、この店ではつけ汁が冷めてきたときに焼き石を頼むことができて、

つけ麺 たけもと

この通り!グツグツ煮えたぎるほどの熱々のつけ汁が復活するわけです。
軽く沸騰して少し煮詰まるせいか、それとも汁に溶けた成分が焼けるからか、最初よりもさらに濃厚で香りが立ってくる感じ。これはいい。

つけ麺 たけもと

さらにテーブルの上には様々な調味料が並んでいて、好みに応じて味を変えながら楽しむことができるという。

つけ麺 たけもと

というわけで、私は八味柚子を振って残りの麺をいただくとします。

つけ麺って普通のラーメンよりも麺が多いことが多くて途中でちょっと味に飽きてしまうことも少なくないけど、このシステムはいい。つけ汁の再加熱と味の変化、これだけでつけ麺の欠点が補われて楽しみが倍増します。

つけ麺 たけもと

最後はもちろんスープ割り。最後の一滴までおいしくいただけました。

丁寧な仕事ぶりが感じられるいいつけ麺でした。
他のメニューもおいしそうだし、ここは機会があったらまた来よう。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:つけ麺 | 雪が谷大塚駅御嶽山駅石川台駅

投稿者 B : 22:40 | Gourmet | Ramen | コメント (0) | トラックバック

2019/01/11 (Fri.)

T.Y.HARBOR のハンバーガーランチ

天王洲の T.Y.HARBOR でハンバーガーランチを食べてきました。

T.Y.HARBOR

T.Y.HARBOR

海沿いのオシャレで美味しいお店ということで夜には何度か来たことがあったものの、ランチタイムはこれが初めて。ランチでもけっこういい値段するにも関わらず、ほぼ満席に近い状態でお客さんが入っていました。この寒いのにテラス席もけっこう埋まっていて驚きました(;´Д`)。

「ホスピタリティ」と呼びたくなる丁寧な接客を受けながら席に案内されます。

T.Y.HARBOR

メニュー(の一部)はこんな感じ。裏側には日替わりっぽいランチメニューも並んでいて、目移りしてしまいます。
初めてランチに来たならまず食べるべきはハンバーガーなんでしょうが、グリル類もうまそうだし、日替わりのサンドイッチにも妙に惹かれる。迷っているうちに他のお客さんが頼んだジャンボシュリンプカクテルが眼前を通り過ぎていき、えっこんな平日昼間からパーティーでもやってんの!?と目を疑いました(汗

T.Y.HARBOR

注文を終えると、メイン料理の前にまず届けられるのがこのパンとお茶。
パンは単品で食べても十分おいしいのに加えて、お茶が香りの良いハーブティー。これが水代わりに出てくるのが嬉しい。

これらをいただいている間に、注文したハンバーガーがやって来ました。

T.Y.HARBOR

T.Y. ハーバーバーガー、どーん!

こういうファストフード的じゃないハンバーガー、好きなんですよね。
トマトやピクルスもかなり大ぶりのが載ってきて、これはかぶりつき甲斐がありそう。

T.Y.HARBOR

バンズからはみ出す勢いのパティ、その上にトッピングしたチェダーチーズ(オプション)がとろけているのが食欲をそそる!
野菜と上のバンズはほっといてこのままガブリと行きたい衝動に駆られます。

T.Y.HARBOR

気をしっかり持ち、ケチャップ→野菜→ドレッシング→バンズの順に積み上げたら、完成。
こうしている間にもチーズやケチャップがしたたり落ちそうな勢い。これは悠長に写真撮ってる場合じゃない。

T.Y.HARBOR

あらかじめ用意されていたペーパーバッグでハンバーガーを包み込み、上下方向に少しだけ圧縮したら、豪快にいただきます!

おおお、この粗挽きの、いかにも肉って肉!中から肉汁が噴き出してくる。そこにチェダーチーズ、これですよ。
トマトと紫タマネギ、それに今まであまり食べたことない味のドレッシングがいい味出してる。ピクルスは、あらかじめナイフで切ってから挟んだ方が良かったかな。

単体でもハンバーグとして十分成立しそうな肉でハンバーガーをいただけるこの幸せ。

T.Y.HARBOR

ランチタイムは食後のドリンクまでセット。勢い任せにむしゃぶりついてしまったから、コーヒーでちょっと落ち着こう。

いやー、期待を裏切らないおいしさでした。ランチにしてはちょっと贅沢してしまったけど、その値段に見合う味だったな。
今度来る機会があったらグリルか、サンドイッチ系も試してみたいかも。でも久しぶりに来たらきっとまたこのハンバーガーが食べたくなるんだろうなあ。

関連ランキング:アメリカ料理 | 天王洲アイル駅北品川駅新馬場駅

投稿者 B : 22:30 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2019/01/06 (Sun.)

車坂 山廃純米大吟醸

年末年始に飲んでいた日本酒がこちら。

車坂 山廃純米大吟醸

車坂 山廃純米大吟醸

普段自宅で日本酒ってそんなに飲まないんですが、年末年始は和食中心になるので必ず日本酒を用意するようにしています。近年はこの車坂の「魚に合う吟醸酒」が刺身・寿司・焼魚・煮魚を問わず本当に魚に合う万能選手という感じでよく飲んでいます。でも今年はいつも買っている酒屋でこの山廃純米大吟醸の在庫があったので、いつもより少し奮発して手を出してみました。

車坂 山廃純米大吟醸

私が愛飲する北国の辛口の酒とは対照的な、穏やかでしっかりした旨味のある味わいは確かに車坂のそれ。だけど「魚に合う吟醸酒」が自己主張を控え、あくまで魚介の味を引き出す脇役に徹しているのに比べると、この大吟醸は酒そのものの旨味を味わうタイプ。単体でのうまさではさすがの大吟醸に軍配が上がります(でも魚に合う吟醸酒もすごく好き)。

時間のあるお正月にいい、じっくり味わえる日本酒でした。また飲もう。

投稿者 B : 21:30 | Drink | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2019/01/03 (Thu.)

金沢 ふやき御汁 宝の麩

実は先月、所用で少しだけ金沢に帰省していました。そのときに持ち帰ってきたお土産をお正月に賞味中。

金沢 加賀麩不室屋 ふやき御汁 宝の麩

宝の麩

北陸って魚介と米と酒はおいしいけど、それ以外の名産が少なくてお土産に買って帰るものが難しい。新潟なら笹だんごだったりするんでしょうけど、富山・石川は生もの以外で「これ」ってのが特にないんです。
でも金沢駅舎内で買えるこれは私にとっては珍しくヒット商品で、何年か前に初めて買って以来気に入っています。というわけでこれは自宅用のお土産(笑

一見モナカに見えるこれは、金沢の麩の老舗「不室屋」の即席みそ汁/すまし汁です。

宝の麩

このモナカと添付の出汁・味噌をお椀に入れてお湯を注ぐと、モナカから色鮮やかな麩や具材が出てきてお椀の中を満たしてくれます。これは楽しいし、見た目にも美しい。

これは白みそのみそ汁。

宝の麩

そしてこちらが加賀みそのみそ汁。おぼろ昆布が入っているのが北陸らしい。
どれも味はちょっと濃いめなので、これ単体で白飯が進んでしまう感じですが、クドいようならお湯を多めに注ぐと良いでしょう。

味と見た目のバリエーションが豊富で、店頭では好きな組み合わせで詰め合わせてもくれるので、買う段階から楽しいお土産です。金沢にお越しの際は、おひとつ是非。

投稿者 B : 22:30 | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2019/01/02 (Wed.)

HENRIOT Brut Souverain

静かに過ごしたクリスマスの代わりに元旦はシャンパンをいただきました。

HENRIOT / Brut Souverain

HENRIOT Brut Souverain

いつもは定番 G.H.MUMM かモエ・エ・シャンドンを飲むところですが、F1 ファンとしてはどちらも既にオフィシャルシャンパンから撤退しているし、現オフィシャルの CARBON は個人で飲むには高すぎる。今後はちょっと違うのも試していこうと思い、今まで飲んだことがなかった HENRIOT(アンリオ)のブリュット・スーヴェランを選んでみました。スーヴェラン(Souverain)はフランス語で「王」や「最高」を表す言葉のようですが、価格帯的にはシャンパンの中ではスタンダードクラスにあたります。控えめながら上品なラベルが良い感じ。

HENRIOT Brut Souverain

泡はキメが細かい感じ。味のほうはマムやモエに比べると上品でフルーティ。ブリュットだけど下にピリピリ来る辛口ではなく、スッキリめの辛口で果実の甘みと香りを強く感じます。魚料理と合わせるのもいいけど、アペリティフとして前菜に合わせるか、デザート的に飲むほうが向いている印象。

一般的なシャンパンの価格帯で、かつ同じシャンパーニュ地方の産品(そもそもシャンパンはシャンパーニュ地方で特定の手法で作られたものしか名乗れない名前だけど)でもけっこう個性が感じられるものですね。次に自宅で飲む機会があればまた別の銘柄も試してみようと思います。

投稿者 B : 22:22 | Drink | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2018/12/29 (Sat.)

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA 恵比寿店

今年の忘年会納めは、以前から行ってみたかったお店を選びました。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

六本木にあるイタリアンの名店、の恵比寿店です。

カジュアルな雰囲気の店舗で、かなりイタリアっぽいノリの店員さんにいろいろとそそのかされながら(笑)たくさん食べてきました。ええ、食べ盛りですから。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

スタッフの方が「イタリアに行って買い付けてきた」というスパークリングワインからスタート。同じ泡でもビールじゃなくてスパークリングワインで乾杯すると、いつも以上に盛り上がります。

メニューを見るとどれもおいしそうで迷ってしまったので、料理はお店のおすすめでコース形式でお願いすることにしました。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

最初の一皿は、餃子...かと思ったら(ぉ)こんがり焼いたレーズンパネ・パンナにマスカルポーネとゴルゴンゾーラをホイップ仕立てにしたチーズソースでカナッペ風に。レーズン、マスカル、ゴルゴンゾーラという私の大好物揃い踏みで何とも言えない幸せな味。スパークリングワインに合いすぎる。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

鱈のフリット。これもスパークリングワインに合わせるアペリティフにはちょうど良い。おまかせにしたらこちらの状況に合わせてちょうど良いのを選んでくれているようで、いちいちツボを突いてきます。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

キャベツのサラダとかりかりポテト、甘マヨ&バルサミコドレッシング。
シャキシャキとカリカリの食感に、甘味と酸味という 2×2 の味わいが堪能できる楽しいサラダ。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

そして定番、カプレーゼ。
隠し味的にタマネギが添えてあるのがまたいい。トマトも何種類かのものが混ざっているようです。この店、一つ一つの料理にちょっとした手間がかけられているのが嬉しくなります。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

こういう前菜類を味わったら白ワインが飲みたくなるというもの。
おまかせでお願いしたらリースリングが出てきました。白ワインならばリースリングが好きな私としてはどストライクなチョイス。フランスのリースリングに比べるとスッキリしていて、料理によく合います。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

そこにどどーんと登場するのがイタリア産生ハムやサラミの盛り合わせ!
この盛り付け方がまた食欲をそそる感じでイイ。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

私がリクエストしたいちじくとピスタチオのポークテリーヌも載っけてくれました。
テリーヌにいちじくやピスタチオの風味と食感が加わって、より立体的な味になっている。これはワインが進んじゃいますね。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

さらに続けて肉!長門(山口県)産和牛、ハラミ(確か)の炭火焼。付け合わせは薄くスライスして重ねた「ミルフィーユ・フライドポテト」。
赤身肉のうまみをダイレクトに味わえ、これは満足度高い。今改めて写真を見ただけでも口の中に唾液が分泌し、語彙力が下がっていくのを感じます(ぉ

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

そーなると赤ワイン。
スパークリングから始まって白→赤と、まさかワインまでフルコースを決めてしまうとは思いませんでした。それほどワインを引き寄せるこの店の料理、恐るべし。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

さあ、ここからはパスタ・タイム。
レギュラーメニューの他に日替わりの黒板メニューまであって、しかもこの黒板が。カラスミ、イカスミ、イノシシ、菜の花、海苔クリーミー、というパワーワードのオンパレード。どれも気になって選べないじゃないの(;´Д`)。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

迷った挙げ句、まずはイタリアの菜の花のボンゴレ・ロッソから。
一般的なボンゴレ・ロッソのイメージを覆す、赤地に鮮やかな緑が映えるパスタ。そこにチーズの白がまぶされて、これはまさにイタリアそのものじゃないか。

プリプリした魚介の食感と菜の花の爽やかな香りがすごくいい。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

次にイカスミ・ブラック。これまたイカスミパスタの想像を裏切る、緑と赤が鮮烈な一皿。
トマトベースで作った上にイカスミを和えているとのことで、ただのイカスミパスタよりも奥行きのある味。そこに春菊の苦み走った香りがアクセントになっていて、これもまたおいしい。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

最後はイノシシボロネーゼ。そう、結局パスタだけで三品頼んでしまったのでした(笑

イノシシってどんな感じかと思ったら、確かに野性味というか肉肉しさを感じるミートソースだけど、別に獣くさいわけでもなく、これはうまい肉だ。もしかすると上に載っているネギの香りがよく働いているのかもしれない。
それにしても、この一皿も赤・白・緑。和の食材をうまく使いながらイタリアと日本の融合を果たしている。そりゃ、日本人が食べておいしいわけです。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

どれもおいしかったなー。
つい食後酒的にウィスキーをいただいて、それぞれの料理を振り返りたくなります。

でも、まだ終わりじゃないんです。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

ドルチェは、まずはティラミスから。
これがティラミス!?と言いたくなる、常識を覆す見た目のティラミス。

見た目だけでなく、チョコレートもジャンドゥーヤ(ナッツ入りのチョコ)を使っているようで、味が奥深い!
このティラミスには驚かされました。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

セミフレッド・リモーネ。
ジェラートにレモンソースとピスタチオが載っていて、爽やかな酸味とピスタチオの風味を組み合わせるとこんな感じになっちゃうんだ!?という驚きの味。

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA

とどめはバニラジェラート。

単なるバニラジェラートでしょ?と思ったら、食べる直前にもこみちよりも高い位置からオリーブオイルが投下!
こういう食べ方は今まで想像したこともなかったけど、バニラとオリーブオイル、合う。今度自宅でもやってみよう(笑

もう、最初から最後まで全部おいしかった。
店員さんに乗せられて食べ過ぎ飲み過ぎた感はあるけれど、値段に見合う満足度。どの料理もクリエイティブで、今まで食べたことがないイタリアンでした。
気の置けない仲間と、おいしく楽しく一年を締める。何とも幸福な時間を過ごしました。

ここは気に入ってしまったのでまた来ようと思います。
恵比寿以外にも六本木に二店、さらに最近は田町にも支店がオープンしたとのことなので、今度は別の店舗にも行ってみたいところ。

ごちそうさまでした。良いお年を。

関連ランキング:イタリアン | 恵比寿駅代官山駅

投稿者 B : 21:00 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2018/12/26 (Wed.)

せんげん台 厨 Sawa 再訪

「この店を思い出した俺、殊勲賞」

厨 Sawa

以前食べたあの味がどうしても忘れられず、久しぶりに埼玉県越谷市千間台へとやってきました。『孤独のグルメ』に出てきた店で繰り返し訪れたい店は数あれど、たぶんこの店は歴代登場店の中でも五本指に入れたくなるほどおいしかった。折に触れては思い出していたものの、ちょっと気合いを入れないと来れない立地だけに機会がありませんでした。今回、カキとシチューがおいしい季節になってきたこともあり、満を持して再訪。

厨 Sawa

厨 Sawa

平日の開店直後に来てみたところ、並ばず入店できました。さすがに一頃の大混雑は落ち着いたようです。
店内、シチュー推し。おすすめ限定ランチメニューもシチューがずらりと並ぶ。どの名前も、食欲を煽ってくるなあ~。

他のお客さんは奥様グループがいくつかという感じ。近隣のマダムっぽいけど、地元にこんな店があって普段からママ会、ランチ会ができるとはうらやましすぎる。日常的にこんなにうまいものを食べてるなんて、家族はこんなオカアサンを全然知らないのかもしれない。

厨 Sawa

こちらはレギュラーメニュー。放送後しばらくはメニューを限定して営業していたようでしたが、現在は通常メニューが復活。
一つは最初から決めてあるけど、他をどうしようか。どれも魅力的すぎて迷ってしまう。

厨 Sawa

まずはブルスケッタから始めよう。

ちょいニンニクの効いた、それでいてトマトが爽やかなブルスケッタ。
おいしいけど、でもこれは一枚だけ食べて残りは後のために取っておきますよ。

厨 Sawa

そして、カキのムニエル。前回来てから、この味を二年半あまりも恋い焦がれていたんだ。
この香り、やばすぎるっしょ。

厨 Sawa

プリプリトロトロのカキの、縁のところだけちょっとカリッと焦がしてある感じがうれしい。
そこに香ばしい焦がしバターと、松の実。
今まで、これ以上に幸福を喚ぶカキがあっただろうか。本当に幸せな味だ。

...誰もいなかったら、泣くかも。

厨 Sawa

そこにこれですよ。オイスターブルスケッタ。
焦がしバターとニンニクの相乗効果で二倍以上にうまい。バターソースを吸ったパンもたまらない。

この食べ方を発明してくれたゴローちゃんに、改めて敬意を表したい。

厨 Sawa

メインは牛ホホ肉のハヤシのオムライス(数量限定)。
牛ホホ肉のシチューとオムライスで迷った挙げ句、両方一気に味わえそうなこれを頼む欲張りさん。
オムライスの上に牛ホホ肉とエリンギが載っていて、たっぷりシチューソースもかかってる。

厨 Sawa

オムライスは一見オーソドックスながら、卵のフワフワ感が素晴らしい。
ビーフシチューベースのソースはうまみと酸味のバランスがちょうど良く、そこにトロトロ牛ホホとエリンギのコリコリという異なる食感。

おいしいです、ほんとに...これ。

厨 Sawa

うーん、昼間っから大贅沢をしてしまった。
でもこの余韻をいつまでも味わっていたくて、食後のコーヒーで一服。


本当に、今回も全部おいしかった。
お会計のとき、おかみさんが「カキブルスケッタおいしかったですか?ゴローさんもやってましたよね」。巡礼者だってことバレてる(そりゃバレるわ)。ええ、本当においしかったですよ。

南東京からだと遠いけど、ここはまた何度となく来たい店。ビーフシチューや海の幸のシチュー、コキールも食べてみたいし、アメリカンソースのオムライスもまた食べたい。食べたいものが本当にたくさんあるんだ。
次の機会があるなら、今度は誰かを誘ってきてみようかなあ。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:洋食 | せんげん台駅

投稿者 B : 22:56 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2018/12/24 (Mon.)

TRIMBACH MUSCAT RESERVE

クリスマスを前に次女がインフルエンザにかかりまして。予防接種の効果か幸いにしてそれほど重い症状にならずに済んだんですが、それでもこの三連休は特に出かけたりせず自宅で静かに過ごしていました。
いつもはクリスマスにはシャンパンを一本開けるのをならわしにしているわけですが、そんな状況もあってシャンパンは年末年始に持ち越し。とりあえず買ってあった白ワインでクリスマスを祝いました。

TRIMBACH / MUSCAT RESERVE 2015

TRIMBACH MUSCAT RESERVE 2015

私は白ワインだと仏アルザス地方のが好きです。基本的にどれも辛口だけど、他の地方の辛口のようなスッキリ一辺倒のとは違って深みのあるリースリングが代表格、さらにアルザスワインを名乗っているのを選べば当たり外れが少ない、というあたりが気に入っています。このシュッとしたボトルも美しいし、ライン川を挟んでドイツと国境を接しているからほぼドイツワインと同じブドウを使っているのにドイツワインほど甘ったるくないのもいい。
白ワインだといつもはアルザスのリースリング種のものを買っているんですが、ミュスカ(マスカット)種のものを見かけたので試しに買ってありました。

TRIMBACH MUSCAT RESERVE 2015

同じアルザスワインでもリースリングと比べると、酸味がちょっと抑えめでマスカットらしい香りが楽しめます。でも全体的な傾向としてはやっぱりアルザスらしい、辛口の中にも深み、甘みも併せて感じられて良い。チキンくらいまでなら肉料理に合わせてもイケルし、気に入りました。今後アルザスワインを買うときにはたまにミュスカを選んでみようかな。

ここ数年自宅ではあまりワインを飲まなくなっちゃったんですが、ハイボール向きの国産ウィスキーが足りないと言われる昨今でもあるし、久しぶりにワイン生活に戻ってみるのもいいかなあ...。

投稿者 B : 23:00 | Drink | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2018/12/21 (Fri.)

荏原中延「多賀野」の中華そば

この店、ずっと前から気になっていたんですよ。

中華そば 多賀野

多賀野

荏原中延の駅からすぐのところにあるラーメン屋。昼間しか営業しておらず、しかも営業時間中は常に大行列。私は有名店だからって並んでまでラーメン食べたいほうではないんですが、この店はこってりガッツリ系ラーメンではなく「中華そば」の看板を掲げた昔ながらの店っぽいところが気になって、一度食べてみたいと思っていました。
たまたま休みを取っていた平日の昼間に近くに来る機会があったので、開店時刻を狙って来てみたところ、既に行列。とはいえ一巡目にギリギリ入れないくらいの順番だったからそのまま並んでみました。

多賀野

注文は食券制。オーソドックスな中華そば店だと甘く見ていたら、「粟国の塩」「酸辛担麺」「ごまの辛いそば」など変わり種もいろいろあって揺さぶられます。こういう、後ろに人が並んでるのに券売機に大量のメニューが並んでいる状況って苦手(;´Д`)。ともあれ、こういう見せに初めて来たら王道中の王道と相場は決まっている。迷うことはない、ど真ん中ストレートでいこうじゃないか。

多賀野

お店に着いてから並ぶこと二十分。店内にはずっと山下達郎の楽曲が流れていて、独特の空気が漂っています。
中華そばは一杯ずつ丁寧に作っているらしく、着席してからもしばらく待ちます。さらに十分ほど待ったところで、私が頼んだ中華そばが出てきました。

お店の看板メニューでもある特製中華そば(A)の大盛りを頼んでみました。(A)というのはトッピングの種類のことで、他にも(B)と(C)があるっぽい。

多賀野

チャーシューは「中華そば」に載ってくるのに相応しいもので、ちょっと噛み応えのある脂身少なめの肩ロース。角煮とか油っこい肉じゃなくて、こういうのでいいんですよ。そこに海苔が二枚ついてくるのも嬉しい。こういうとき、私は一枚はパリパリのまま、もう一枚はスープに浸して楽しむことにしています。

煮玉子は少し茶色みがかっているけど味付けは薄め。単体で食べるよりもスープと合わせつつ、黄身の絶妙な半熟具合を堪能するのが良いでしょう。

多賀野

透き通ったスープは豚骨、鶏ガラ、鰹節、煮干しなどを合わせたもののようですが、最初にほんのり魚介の香りを感じる素朴な、懐かしい味わい。そうそう、最近はこういうあっさりしつつもコクのあるスープの中華そばが好きなんですよ。

多賀野

中太ストレートな麺は自家製。モチモチしてコシがあって、すごくおいしい。チャーシューやスープもおいしいと思ったけど、この中華そばはそれ以上に麺がうまいんだ。麺そのものの味をスープが増幅して、食べても食べても飽きの来ない味。一口めのインパクトではなく後を引く余韻の強い味で、なんかこのまま夜も明日もこれを食べたく思える。

多賀野

ああ、おいしかった。これは毎日大行列ができる理由も分かる気がします。
食べ終わって店を出てみると、当然のように外まで大行列。早い時間に来て正解でした。

行列との戦いだからそうそう食べに来る機会もなさそうだけど、ここはまた食べたい味。また平日に休みが取れたら、食べに来ようと思います。

関連ランキング:ラーメン | 荏原中延駅中延駅戸越公園駅

投稿者 B : 22:00 | Gourmet | Ramen | コメント (0) | トラックバック

2018/12/15 (Sat.)

SMOKEHOUSE

何やらうまい店がある、というお誘いを受けて、久しぶりに原宿まで行ってきました。

SMOKEHOUSE

SMOKEHOUSE

キャットストリートの真ん中あたりにこんな店があったんですね。
「URBAN BBQ」「SMOKEHOUSE」の文字列からも分かるとおり、どうやら燻製系バーベキューが楽しめるお店のようです。しかも天王洲にある T.Y.HARBOR 系列の店舗であればビールがうまいに違いない。入る前から当選確実、という感触をヒシヒシと感じます。

一見コワモテのマスターに出迎えられて若干ビビりつつ(笑)、着席。

SMOKEHOUSE

まずはペールエールから。個人的にはビールの店に来たら小手調べにピルスナーかペールエール、と決めています。
期待通りしっかりめの味でうまい。泡の具合もちょうど良い。

あ、アイスバーグウェッジサラダの写真を撮り忘れた(;´Д`)。ザク切りレタスにベーコンとクルトンを合わせたシーザーっぽいサラダだけど、ブルーチーズソースがかかっていたのがチーズ好きとしてはたまらないポイントでした。

SMOKEHOUSE

スモークチキン。このガッツリ肉感!
燻製らしからぬしっとりした鶏肉に、濃いめのソースがめちゃウマイ。これはビールが進む味。

コールスローもレーズン等の隠し味が入っていてうまいし、何気なく添えられているパンが香りが良くほんのり甘いコーンブレッドだったりして、まるで隙がありません。

SMOKEHOUSE

ビールは定番 IPA に進むわけです。
通常のペールエールよりもしっかりした苦みと個性的な香りがいい。ビールってついなんとなく飲んじゃいがちなお酒だけど、こだわり始めると広くて深い沼が待っている世界です。

SMOKEHOUSE

ポークスペアリブ!このインパクトある見た目。
外側はいかにもスモークっぽいのに、内側は今にも肉汁がしたたってきそうなみずみずしさ。
これは、一刻も早くかぶりつきたい。

SMOKEHOUSE

見た目だけでなく味もしっかりついていて、これはうまい。いかにも燻製という感じではない程良い香りと、低温で長時間熟成したというしっとり柔らかい肉質がいい。今まで食べてきたどんなポークスペアリブとも違う味。

SMOKEHOUSE

こういう肉にはビールよりもスッキリとしたハイボールが合いそうだったので、マスターのおすすめというベイカーズ 7 年のハイボールをいただきました。これは...この樽っぽい香りが確かに、スモークミートによく合う。

そういえば近年のハイボールブームで国産ウィスキーが品薄という話で、自宅で愛飲している富士山麓が近々生産終了してしまうため代わりになりそうなウィスキーをいろいろ物色しているんですが、癖のない国産ウィスキーだけでなくバーボン系のハイボールは確かに、アリかも。これは気に入りました。

SMOKEHOUSE

ちなみにテーブルには四種類のソースが常備されていて、肉につけていろんな味を楽しめるようになっています。私はとりあえずポーターペッパーソースを試してみてこれはこれで美味しいと思いましたが、ソースが勝ちすぎてしまうかも。何もつけなくても十分美味しいと思います。

SMOKEHOUSE

デザートはバナナクリームプディング(ティラミススタイル)。一見ティラミスだけど、バナナ味になるだけでこんなに濃いとは(笑。料理以上にここがアメリカンな店だったことを実感する味。

SMOKEHOUSE

チョコレートピーナッツバターチーズケーキ。これも濃い!チョコレートも濃いけどチーズケーキ部分も濃い。美味しいけど、これは 2~3 人でシェアするくらいでちょうど良いな(笑。

どれも美味しかったです。ただ全体的にボリューミーだったから、もっといろいろ味わいたかったけどお腹いっぱいになってしまったのが惜しい。今度は 5~6 人で来ていろいろちょっとずつ味わってみたいです。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:ビアバー | 明治神宮前駅原宿駅表参道駅

投稿者 B : 21:00 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2018/12/10 (Mon.)

Dancing Crab

カニ食べに行こうぜ!というお誘いをいただいて、先日こちらのお店に行ってきました。

Dancing Crab(ダンシング・クラブ)

Dancing Crab

新宿駅東口を出てすぐのところにあるこの店。「ダンシング・クラブ」という名前からして、カニの躍り食いをするのか踊りながらカニを食べるのか分かりませんが、少なくとも「カニを食べる」から一般的に想像されるのとは店構えからして異なります。店内からは大音量の音楽が聞こえ、店員さんやお客さんの年齢層も自分より明らかに若い。入る前からなんだか敗色濃厚な気配が漂っていますが、ままよ!とばかりに飛び込んでみました。

注文は、カニやエビ、貝などの魚介類とソースを選ぶだけ。でもアラカルトで選ぶのは大変なので、基本的には「バッグ」と呼ばれる基本セットか「コンボ」というスペシャルセットから選ぶのが良さそう。

Dancing Crab

ま、とりあえず乾杯。クラブ(カニではない方)のような音楽がずっと流れているので、気後れしながらもちょっとずつテンションが高まっていきます。
なおお客さんの大半はお店から提供されるカニのカチューシャを装着して食べています。ここで恥ずかしがるよりは、思い切って乗っかってしまうのが楽しむコツと言えます。

Dancing Crab

まずはシーザーサラダから。お皿ではなくペーパーバッグに包まれた状態で運ばれ、テーブルの上で広げてチーズを削るスタイル。
そもそもテーブル自体に防水コーティングされた使い捨ての紙クロスが敷かれていて、料理はとにかくこの上にサーブされていきます。しかもナイフやフォークもなく、サラダから手づかみで食べるのがこの店のお作法。サラダを手で食べたことなんてないから最初は躊躇しますが、すぐに慣れます(笑

Dancing Crab

そして魚介が運ばれてきました。こちらは日替わりオマール海老入りのコンボバッグ、辛口シグニチャーソース。
ボイルしたカニやエビ、貝類が豪快にソースで和えられたもので、見た目はむしろケジャンっぽい感じ。
これまたプレートも何もなく、テーブルの上にそのままサーブされます。

Dancing Crab

中にはどーんとオマール海老(ロブスター)が一尾。
日本だとロブスターを食べる機会なんて限られているので、こうして殻つき・爪つき・頭つきで出てくると盛り上がります。

Dancing Crab

それからベーシックバッグのレモンガーリックソース。
インパクトのある具は入っていませんが、トウモロコシやベーコンが入っているのがちょっと嬉しい。辛口シグニチャーソースとは全然違う旨味系ソースが味覚をリセットしてくれます。

Dancing Crab

お店から与えられる武器はこれだけ。カニフォークとハサミのハイブリッド食器。
殻を割ったりほじったりするのに使う以外は全部手づかみで行け!というメッセージです。

Dancing Crab

そうなるとテーブルの上は当然こんな感じになるわけです。
「会食なのに手づかみ」なんて経験は今までしたことがありません(笑。これはいろんな意味でカルチャーショックを受ける体験。
でも、なんだか楽しくなってきちゃったぞ。

Dancing Crab

とはいえカニやエビの解体ってけっこう大変で、つい無言で集中してしまいます。「面倒な相手を接待しないといけないときは、カニでも食わせておけ」と言われる所以ですが、そんな静かになりがちなカニ食を BGM で強制的に騒がしく、楽しくしてしまうスタイルは斬新すぎる(笑。
でも辛口シグネチャーソースはニンニクと唐辛子が食欲をそそるし、レモンガーリックソースもニンニクのパンチが効きつつ後引くうまさで、これは確かにおいしい。止まらなくなっちゃいます。

Dancing Crab

食事中、定期的にスタッフによるパフォーマンスタイムが挟まれます。なんか新宿東口なのに歌舞伎町か六本木に来たような気分(笑。
パフォーマンスは単なるダンスタイムだったり、スパークリングワインやテキーラのサービスタイムだったり、お客さんのバースデーサプライズだったり様々。スタッフが各テーブルにハイタッチして回る時間もあったりして、こちらも「ウェーイ」というテンションになることを強いられます。

Dancing Crab

そんなわけでハイボールでも飲んでテンション高めていかないと追いつかない(笑。
でもカニもエビも確かにうまい。これだけ豪快に魚介類を食べる機会もそうそうなく、手づかみで食べるという行為もふまえると気持ちがワイルドになってきます。

Dancing Crab

「このソースとカニ味噌、パンにつけて食べたら絶対おいしい」という意見に従って追加注文したバターチーズトースト。
これが大正解。テーブルの上に残っているソースまで、余すところなく堪能できます。

Dancing Crab

というわけで完食。いやあおいしかったし、楽しかった。
「テーブルの上にわさっと広げられた魚介類を、みんなで手づかみで食べる」というのはある程度親しい間柄でないと抵抗があったりするものですが、気の置けない仲間との親密さがさらに深まったような気がしました。

正直言って、お店に入る前は普段行くような店とあまりに雰囲気が違って「まじか」と思いましたが(笑)、いざ飛び込んでみるとなかなか楽しかったです。何より魚介類がおいしいというのがポイント高い。誘われなければ行くことがないお店だったかもしれませんが、行ってみて良かった。

ちなみに、手づかみという話を聞いて私はあらかじめカメラのグリップ~シャッターボタンあたりをラップで巻いて汚れ防止してから臨みました(笑)。結果的にカメラの汚れは最小限に抑えられましたが、帰宅後にミューズでよく拭いてもソースの匂いが微妙に残っているという(;´Д`)。写真を撮りたければ完全防水のカメラかスマホを持ち込んで、帰宅後によく洗うのが良いのかもしれません。

何かのパーティーがてらもう一度行ってみても良いかな。
ごちそうさまでした。

関連ランキング:シーフード | 新宿駅新宿三丁目駅新宿西口駅

投稿者 B : 22:33 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2018/12/06 (Thu.)

鳥越 居酒屋まめぞ その 7

「この穏やかな喧噪。生き生きした商店街は、歩いているだけで元気がもらえる」

佐竹商店街

浅草で写真を撮った後、お昼ごはんを食べに浅草橋のほうまで脚を伸ばしてきました。同じ「浅草」とついていても、ついでというにはちょっと距離のある位置関係だけど、どうしても「あの店」で食べたい気分になって。

あの店にはいつも浅草橋方面から行くので、新御徒町方面にある佐竹商店街をじっくり歩いたのはこれが初めて。なかなか味のある商店街で楽しかったんですが、その話はまた改めて。

おかず横丁

いつも来るときは夜ばかりでほとんどのお店が閉まっている「おかず横丁」も初めて営業時間中に訪れることができました。こういう味噌や漬物、グッと来るじゃないか。

そして今回わざわざやって来たのはもちろんこのお店。

居酒屋まめぞ

居酒屋まめぞ

ついこないだ来たばかりではあるけど、前々から一度ランチタイムに来たいと思っていたんですよね。

私が入ったのはお昼前でしたが、正午過ぎには外に待ちが出るくらい、昼間から人気店のようです。

居酒屋まめぞ

今回は初めてカウンターに着席。マスターの仕事ぶりを目の前にできるのが嬉しい。
効率的に積み上げられた小皿の山と、その前に並べられた猫グッズの対比もまた楽し。

居酒屋まめぞ

初のランチメニュー。揚げ物を中心に豊富な品々が並んでいて、目移りしてしまう。
夜にだいたい食べて味を知っているだけに、どれも名前だけで強烈に食欲を煽ってくる。

居酒屋まめぞ

手書きの日替わりらしきメニューにもソソられるなぁ~。
王道ロースカツ、季節ものカキフライ、それにうまいのは経験済みのメンチカツ。いずれも甲乙つけがたし。

しかしここは初志貫徹、アレを頼むのが今の自分に課せられた使命だ。すいませ~ん。

居酒屋まめぞ

...ということで出てきたのが、定番中の定番・アジフライライス。なんせここのアジフライはドラマ『孤独のグルメ』本編に出てきたパスタとカツサンドを超える勢いのおいしさで、今までの自分のアジフライ人生最高のアジフライと断言してもいいレベル。これをビールアジフライ専用飲み物と一緒にいただくのももちろんいいんだけど、定食で白飯と一緒に食べたら絶対うまいという確信がありました。

居酒屋まめぞ

刺身用のアジを使った大ぶりアジフライに、特製ソースをたっぷりかけていただきます。

サクッと軽い食感の衣の中に、フワッフワのアジ。そのうまみをフルーツの甘味あるソースが増幅して、えもいわれぬうまさ。
さらにそれを白飯で追いかける悦び。人生において、こんな幸福な時間があろうか。やっぱりここのアジフライは、シラフで食べても最高にうまい。

居酒屋まめぞ

味噌汁は具だくさんの豚汁的なやつ。
ちょっと濃いめの味付けで、午後からもがんばろうという元気を与えてくれる味。

居酒屋まめぞ

さらに定食のサイドオーダー、「ひとくちカレー」100 円。
実は最後までアジフライにするかカツカレーにするか迷ってたんですが、このひとくちカレーがあったことで全て解決しました(笑

居酒屋まめぞ

「ひとくち」と言いながら、ご飯一膳分くらいはしっかり食べられそうな量のカレー(上の写真でもまだ全部は使っていません)。
味のほうは、この店の特製ソースにも通じる、フルーツっぽい甘味を感じるマイルドでコクのあるカレー。それでいて、後からスパイス感が追いかけてくるタイプ。

そうそう、こういうカレー、好きな味。こういう味付けならばこの店の軽いフライ類のうまさを引き立てるに違いない。
カレーライス部分だけおかわりしたくなりました。

居酒屋まめぞ

まめぞのランチタイム、期待に違わぬうまさだった。
メニューの種類も豊富だし、会社の近くにこの店があったら毎週五日は通うに違いないんだけどなあ。
今度お昼に来る機会があったら、今度はガッツリカレー、メンチでいってみたい。

この店にはまた行きたいというリクエストをいくつかいただいているので、次は新年会がてらにでも来ようかな。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:居酒屋 | 新御徒町駅浅草橋駅蔵前駅

投稿者 B : 22:56 | Drink | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2018/12/04 (Tue.)

café vivement dimanche

鎌倉に行ったときに、ついでに立ち寄りたい店がもう一カ所ありました。

café vivement dimanche

鎌倉駅から鶴岡八幡宮に向かっていく途中、少し脇に逸れたところにある洒落たカフェ。ここ、夏に松重さんのラジオ「深夜の音楽食堂」にゲスト出演されていた堀内マスターのお店なんです。松重さんもお忍びで来たことがあるとか。

【第99回】松重豊×堀内隆志(カフェ「ヴィヴモン・ディモンシュ」マスター) | 深夜の音楽食堂 - Fm yokohama 84.7
【第100回】松重豊×堀内隆志(カフェ「ヴィヴモン・ディモンシュ」マスター) | 深夜の音楽食堂 - Fm yokohama 84.7

私はコーヒーはよく飲むけど、代表的な豆の味の傾向が分かる程度で詳しくはないし、カフェ巡りの趣味があるわけでもありません。でもラジオでこの堀内マスターのコーヒーにかける熱意や音楽の趣味に共感するところがあり、鎌倉に行く機会があれば訪れてみようと思っていました。

お昼過ぎに到着したところ、店内は満席。でも 10 分ほど待ったところで入店できました。

café vivement dimanche

café vivement dimanche

店名は「カフェ ヴィヴモンディモンシュ」。フランス語で「日曜日が待ち遠しい」という意味だそうです。

店内は明るくも落ち着いた雰囲気で、なかなか居心地良い感じ。お客さんは女性比率高めですが、年代は様々で幅広い客層に愛されているのが分かります。奥のカウンターでは堀内マスターが忙しそうにコーヒーを淹れています。

café vivement dimanche

レジ付近には挽き売りのコーヒー豆やお菓子、グッズ、それに店内でかかっている楽曲(マスター自ら選曲)の CD などが販売されていました。コーヒー趣味がなくても、自宅でこの店の味や雰囲気が再現できるのならば買って帰ろうかな、という気になってきます。

café vivement dimanche

ドリンクメニュー。この店では基本的にオリジナルブレンドを注文ごとに豆から挽いて抽出しているようで、定番銘柄がそのまま出てくるわけではありません。私はそんなに詳しくないので説明文を読みながら想像するしかないわけですが、苦め・濃いめの味が好きだから「カフェ デノイール」を注文してみました。

café vivement dimanche

フードメニュー。他のお客さんが食べてるオムライスやサンドイッチもおいしそうだけど、さっきカレーを食べたところだしデザートにしておくか。
デザートも迷うけど、こういうときはまず店名を冠した品を頼むのが自分的にはセオリー。「パフェ・ディモンシュ」いってみようじゃないの。

café vivement dimanche

しばらく待って、コーヒーがやって来ました。
カフェ デノイール、確かに苦味のある重厚な味。だけど舌を刺激するような苦味ではなくて、なんというか深いコクのある苦味に、爽やかささえ感じる独特の香り。苦いのに苦くない、香りの良いコーヒーです。今まで飲んできたコーヒーとはひと味違う、これ好きな味。

café vivement dimanche

そしてパフェ・ディモンシュ。喫茶店のパフェらしくコーヒーゼリーにコーヒー味のスポンジケーキ、コーヒーアイス、さらにコーヒーかき氷というまさにコーヒー尽くしのパフェ。どれもコーヒーなのに、食材ごとにコーヒーの味が微妙に違うのが楽しい。甘ったるくなくて、大人の男でもおいしくいただけました。

ふと思ったけど、パフェって別名「サンデー」。そして「ディモンシュ」はフランス語で日曜日。ある意味、コーヒー尽くしで日曜日尽くしのパフェ。

café vivement dimanche

コーヒーもパフェも本当においしかった。
外に待っているお客さんがいたから一息ついたところで出てしまいましたが、もっとボンヤリ落ち着いていたくなる癒やしの空間でした。きっとマスターをはじめスタッフの皆さんの人のよさとコーヒー愛が詰まった場がそう感じさせるんだろうなあ。

自分でもちょっとコーヒーにこだわってみたくなりました。でもこれもこれで、深い沼の世界なんだよなあ...。

関連ランキング:カフェ | 鎌倉駅和田塚駅

投稿者 B : 23:00 | Gourmet | Sweets | コメント (0) | トラックバック

2018/12/02 (Sun.)

鎌倉シャツの会長カレー

ビジネスシャツが必要になったので、先日鎌倉へ紅葉を撮りに行った際ついでにメーカーズシャツ鎌倉の本店で買い物してきました。

Maker's Shirt 鎌倉

本店って鶴岡八幡宮のすぐ隣にあるんですね。すごくいい場所のようで、でも普通は観光のついでに買うものでもないしもっと駅近にあったほうが便利なような、何とも言えない立地(笑。店内は広い割にお客さんが少なく、都内の店舗に比べてゆったりと買い物ができる雰囲気。女性もの売場が広いのがビジネス街の店舗とは違う点でしょうか。

で、このメーカーズシャツ鎌倉本店には「CAFE 鎌倉」というカフェが併設されています。

CAFE 鎌倉

CAFE 鎌倉

併設...というより鎌倉本店の店舗の一部がカフェになっている、というほうが正確ですかね。
お昼ご飯をどうしようか、せっかく来たからには鎌倉っぽいものが食べたい気もするけど、あのいかにも観光地な参道沿いで食べる気分でもない。ならばあえてここで食べていったほうが、むしろ面白い。

というのも、この CAFE 鎌倉で出しているカレーは創業者でもあるメーカーズシャツ鎌倉の会長自らが作っているらしいんです。

良雄会長のビーフカレー作り【前編】 | 鎌倉本店 | メーカーズシャツ鎌倉 公式ショップブログ/Maker's Shirt KAMAKURA
良雄会長のビーフカレー作り【後編】 | 鎌倉本店 | メーカーズシャツ鎌倉 公式ショップブログ/Maker's Shirt KAMAKURA

もともとは社員向けのまかない料理として作っていたカレーを一般客向けにも出すようになった...といういきさつを聞けば、いちサラリーマンとしてもカレー好きとしても食べてみたいじゃないですか。それに、ある意味最も「鎌倉っぽい」食事でもある。

ビジネスシャツのお会計の際に、店員さんに「カフェ利用したいんですけど」と訊いてみたところ、快く通してくださいました。

CAFE 鎌倉

カフェは店舗の中とテラスそれぞれに席が設けられています。さすがに他に買い物をしているお客さんのそばでカレーの匂いを漂わせることは気が引けたので(汗)、テラス席を選択。寒くなってきたとはいえ、まだ何とかテラス席でも気持ちよくいられる気候です。
お昼時にも関わらず、カフェを利用しているお客さんが他におらず、お店の前を人が通りかかるとちょっと気恥ずかしい。

CAFE 鎌倉

窓越しには、本当に普通に店内。ともするとシャツを選んでいるお客さんと目が合ってしまいそう。

こんなアパレルショップの店先でこれからカレーを食べようという、なんだか奇妙な状況が我ながら可笑しい。

CAFE 鎌倉

頼んだのはカレーとドリンクのセット。カレー単品で 700 円、ドリンクセットでも 900 円というリーズナブルさ。

少し待っていると、まずはサラダが運ばれてきました。
運んでくるのがカフェ専任の店員さんではなく、さっきシャツのお会計をしてくれた店員さんというのに驚きました。カフェとして独立しているわけではなく、あくまで「メーカーズシャツ鎌倉本店のサービスの一環」なんですね。

CAFE 鎌倉

続いて登場したカレーは超・オーソドックスなビーフカレー。

見るからにとろみが強くて、長時間かけてじっくり煮込まれたカレーであることが分かります。

CAFE 鎌倉

見た目に違わず深いコクのあるカレー。家庭のカレーの延長線上にあるようでありながら、専門店のようなスパイスの風味も感じるバランス。こういう味、かなり私好みです。
牛肉はとろけるように柔らかいけど、プリッとした食感を少し残した絶妙な煮込み具合。

味付けは全然違うんだけど、子どもの頃に父が作ってくれたカレーをなぜか思い出しました。

CAFE 鎌倉

カレーのおいしさを振り返りながら味わうコーヒーも格別です。
普段料理をしない私が、珍しく自分でも何か作ってみようかな...と思ってしまうカレーでした。

いやあ、おいしかった。そこらの店で観光客向けのランチを食べるよりも満足度高いのではないでしょうか。
ごちそうさまでした。

関連ランキング:カフェ | 鎌倉駅

投稿者 B : 22:44 | Curry | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2018/11/30 (Fri.)

青山シャンウェイ 銀座店

あの「青山シャンウェイ」の支店が銀座にオープンしたと聞いて、これは行かねばなるまい!と銀座までいそいそと行ってきました。

青山シャンウェイ 銀座店

シャンウェイ

外苑前のシャンウェイ本店は『孤独のグルメ』に登場してから本当に予約が取りづらくなってしまって。ドラマの聖地の中でも何度もリピートしたい名店のひとつですが、私もまだ二回しか行けていません。シャンウェイで修行したシェフが独立開業した四谷三丁目の「遊猿」でも同じメニューが味わえて、そちらを利用するのもひとつの手ですが、シャンウェイそのものの支店ができるならばより気軽に味わえるわけで、喜ばしいことです。

銀座店と言いつつ、立地は銀座のちょっと外れ。GINZA SIX の裏手というか、東銀座と新橋の間というか。でも銀座のど真ん中の喧噪からちょっと離れられるという意味ではなかなか渋い場所といえます。

シャンウェイ

中国の屋台のようにややカオスな空気漂う外苑前本店とは違って、銀座店はきれいな店構え。それもそのはず、この銀座店と以前からある神楽坂店は本店の直営ではなくフランチャイズのようです。そのせいか店員さんも本店より若くてノリがいい感じの人が多く、お店の雰囲気はちょっと違うかな。いい意味で銀座っぽくなく、豪快な中華をフランクに楽しめる感じ。

シャンウェイ

支店とはいえシャンウェイはシャンウェイ。ここでもメニューには筆文字でメッセージが添えられていました。
品揃えは本店とは少し変えてあるようで、本店にあるけど銀座にはないメニューもあれば、逆に銀座店オリジナルの魚介やホルモンもあるようです。

シャンウェイ

まー、それはそれとしてビールでお疲れさまでした!
寒くなってきてもやっぱりビールはうまい。

シャンウェイ

料理は冷菜の五種盛りから。糸くらげと大根の和え物、紋甲イカの葱ソース和え、極豚ガツとレッドキャベツ和え、極豚とカシューナッツの黒酢仕立て、甘海老の紹興酒漬け。いきなりメニューに載っている冷菜の全種盛りとは豪勢な。私は中でもカシューナッツと黒酢の濃い味が好き。それと甘海老の紹興酒漬け、甘海老を食べながら紹興酒を飲んでいるような、あるいは紹興酒に酔いどれた浮かれ海老を食べているような、そんな感覚。海老の代わりに自分が酔っ払いそうになってくる。

シャンウェイ

こんな贅沢な冷菜盛りを賞味していたらお酒がいくらあっても足りないわけで。飲み物は「シャンウェイサワー」にシフトするわけです。これ何かというと山椒入りのレモンサワーで、一口めは普通のレモンサワーっぽく感じたけど底の方に山椒が溜まっていて飲んでいくうちにシビレる!飲む前に混ぜれば良かった(;´Д`)。
しかもこれ、ホッピーのように「中身」をおかわりすることができます。それくらいレモンがたっぷり入っています。レモンの酸味と山椒の刺激がガツンと来るサワー、これは気に入った。

シャンウェイ

そして蒸し鶏の葱醤油。まるまる一羽分ですよ。
本店のほうでも絶対に外せない定番メニューだったけど、銀座店にもちゃんとあって良かった。

このままだとさすがに食べづらいので、いったん解体してからいただきます。

シャンウェイ

骨まで食べられてしまうしっとり柔らかい蒸し鶏に、濃いめの醤油ソースがよく浸みてうまい!葱と薬味も香ばしく、いい働きをしている。
こんな蒸し鶏ならいつまででも食べていられそうだ。

シャンウェイ

こういう濃い味につられて欲しくなるのが紹興酒。とーぜんボトルで入れるわけです。

紹興酒って若い頃に飲んだときにはおいしさが解らなかったけど、うまい中華料理と一緒なら本当にうまいんだよなあ。

シャンウェイ

そこに本命、毛沢東スペアリブのご登場!
真っ赤なスペアリブが絶妙なバランスで積み上げられている。まるで大陸の岩場か渓谷のようだ。これは肉のグランドキャニオンやー!(誰

シャンウェイ

こんなの、箸だなんだでチマチマ食べていられない。...と思ったら、お店側から自動的にビニール手袋が提供されました(笑。
これで思う存分、豪快にかぶりつけるぞ。

これがまた相変わらず、熱くて辛くてうまいんだ。
肉肉しいスペアリブに噛みつくと、うまみと同時に辣の辛さが責め立ててくる。そして後を追うかのように麻のシビレ!
熱いし辛いのに、自分の口はこのスペアリブを欲してやまない。この中毒性あるうまさは他では味わえません。

シャンウェイ

スペアリブを食べた後に残るこの大量のスパイス。四谷の遊猿ではこれを持ち帰らせてくれましたが、ここシャンウェイ銀座店でもビニール袋に詰めてお土産にしてもらえました。

これけっこう何にかけてもおいしいんですよね。前回持ち帰ったときは主にごはんに振りかけるか冷や奴に載っけていただきましたが、店員さんのおすすめは他にもパスタに混ぜてペペロンチーノ風にするとか、あと裏技でファミマのファミチキに和えると即席毛沢東スペアリブ(風)にするのも良いとのこと。ファミチキ!その発想はなかったけど今度やってみよう(笑

シャンウェイ

こう辛いと紹興酒が一気になくなっていくわけで、二本目のボトルに手を出してしまいます。
古越龍山、これは本店のほうでも定番になっていたやつですね。

シャンウェイ

四川風麻婆豆腐。

期待を裏切らないおいしさ...なんだけど、毛沢東スペアリブの後だと味覚が麻痺してどれくらい辛いのかイマイチよく分からない(笑
これはもっと早めに頼んでおくべきだったか。

シャンウェイ

〆はピリ辛黒チャーハン。
ピリ辛っていうけど、これもスペアリブの後だと全然辛さを感じません(笑。
むしろしっかりめで深味のある味が満足感を加速させ、〆に相応しい味わい。

シャンウェイ

デザートは杏仁豆腐とライチシャーベット。
トロッとした杏仁豆腐を器いっぱいに食べられるのはかなり嬉しい。

いやー、今回も本当においしかったです。
オープンして間もないのにカウンター席以外は全部埋まっていて、既に認知度がかなり高まってきているのを感じます。それでも本店より予約取りやすいといいなあ...。

今度来たら海鮮もいろいろ攻めてみたいし、銀座オリジナルのホルモン系もいってみたい。
というわけでリピートは確定です。次はいつ誰と来ようかな...。

関連ランキング:中華料理 | 東銀座駅銀座駅築地市場駅

投稿者 B : 23:00 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2018/11/27 (Tue.)

山本のハンバーグ 大岡山店 再訪

最近すっかりお気に入りの山ハンですが、大岡山店に半年ぶりに行ってきました。

山本のハンバーグ

山本のハンバーグ

ここのチェーンは恵比寿・渋谷・自由が丘・大岡山と自分の生活圏にいくつも店舗があるのが嬉しい。食事どきに近くで用事があると、途中下車や寄り道をしてでも食べに行こうかと思えるお店です。

休日のランチタイムに行くとさすがに満席で、入店できるまでしばらく待つ必要がありました。それでも店員さんが細かく気を遣ってくれて、しかも待っている間にお店の前で温かいスープを振る舞ってくれた(ポットと紙コップが設置されている)のがとてもありがたい。

山本のハンバーグ

行くたびに少しずつ変わっているメニュー。どれもおいしそうで、毎回迷います。
店舗によっても微妙にメニューの中身を変えてあるのがポイント。あちこちのお店に行ってみたくなります。

山本のハンバーグ

今回はテーブル席に着きました。本棚には洋書が並んでいて、オシャレな雰囲気作りかな...と思っていたら、ハリー・ポッターの原語版などに紛れて泉昌之(久住昌之+泉晴紀)の『かっこいいスキヤキ』があるじゃないですか!『孤独のグルメ』や『食の軍師』の原典とも言えるような作品にこんなところで出合うとは。その二冊隣にあるのは「アルテイシア」のいい女になれそうな本だし、いろんなツボを突いてきます(ガンダム関係ない

山本のハンバーグ

注文するとまず出てくるのはいつもの通りサラダと野菜ジュース。この緑色の飲み物は青汁?かと思ったら、ベースは林檎ジュースとのこと(!)。飲んでみると確かに爽やかな林檎ジュースの味で飲みやすい。ちょっとだけ健康になれた気がしました。

山本のハンバーグ

そして今回オーダーしたのは「キムチーズハンバーグ」。これ以前から気になっていたんですよね。この店のハンバーグにキムチ&チーズ、おいしくないわけがない。
ハンバーグの隣に添えてあるのはトッピングの「まかないメンチ」。大岡山店限定のサイドメニューで、本当に賄いで今まではメニューに載せていなかったのが、最近正式にメニュー化したとのこと。あらびきかほそびきかは日によって変わるそうです。

山本のハンバーグ

ふっくらしたほそびきの煮込みハンバーグにピリ辛キムチ、そこにチーズがマイルドさを添える。想像したとおりのおいしさで、どんどん食べられる。チーズはとろけるタイプの上にさらにパルメザンが振ってあって香ばしいのもいい。

ここに来ると毎回、間違いなくおいしい「山本のハンバーグ」にするか変わり種にするか迷うんですが、これは新しいおいしさに挑戦して正解だった。

山本のハンバーグ

まかないメンチは外はカリッと香ばしく揚げられ、中には肉のうまみがギュッと凝縮されていて、ハンバーグとはまた違ったおいしさを形成している。
そのまんま食べてもおいしいけど、キムチーズのスープに浸してもこれまたうまい。

山本のハンバーグ

こちらは「鬼おろしポン酢ハンバーグ」。その名の通りハンバーグよりも分量が多いと思われる大根おろしとポン酢でさっぱりいただくハンバーグ。
煮込み系とは違うあらびきハンバーグの肉々しさがいい。それでいておろしポン酢が口の中を爽やかにしてくれるから、いくらでも食べていられそう。

山本のハンバーグ

さらに季節限定の「トマトスープのグラタンハンバーグ」。
見た目はハンバーグに見えないけど、パイシチュー的な感じの蓋の中にはトマト系の煮込みハンバーグ。トマトスープの中にはラタトゥイユよろしく野菜がごろごろ入っていて、スープ自体もすごくおいしい。これはもっと寒い日だったらさらにおいしく感じるに違いない。

山本のハンバーグ

今回も本当においしかった。やっぱりこの店は頻繁に新しいメニューが出てくるし、定期的に通うしかないな。毎回、どんなものが食べられるか、楽しみです。

ごちそうさまでした。
この味が恋しくなったらまた来ます。

関連ランキング:ハンバーグ | 大岡山駅緑が丘駅北千束駅

投稿者 B : 22:29 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2018/11/22 (Thu.)

大井町「ハピネス」の山盛りスパゲティ

JR 大井町の駅から歩いて 5~6 分のところに「三つ叉」と通称される三叉路があります。その近くには歴史を感じるこぢんまりとした商店街があり、大井町のディープさを感じられる名店も少なくないわけですが、今回はそこから少し外れたところにあるレストラン「ハピネス」に入ってみました。

ハピネス (Happiness)

ハピネス

この界隈には昔よく来ていたけど、この店には初めて入りました。

意識していなければ素通りしてしまいそうなさりげない店構え。店内もさほど広いわけではありません。
カウンターに通してもらったところ、席に着く前に女将さんが「時間大丈夫ですか?」と。どうやら調理にけっこう時間がかかるお店のようです。

ハピネス

基本的にはスパゲティで有名な店らしいけど、メニューには生姜焼き定食、カレー、ピラフなど大衆レストランのオーソドックスな品々が並んでいます。
でも見回してみた感じ、お客さんが食べてるのはほとんどスパゲティ。やっぱりスパゲティが売りらしい。

ハピネス

カウンターの中では女将さんよりも明らかに若いマスターが一人で調理しています。親子でやってる店なのかな。
複数人分をまとめて作っているんじゃなく、どうやら一人分ずつ丁寧に調理している感じ。スパゲティは茹で置きの麺を具材と一緒にフライパンで火を通しているようです。

ハピネス

スパゲティの前に出てきたサラダ。上にかかってるのはクルトン...かと思ったら油揚げかこれ!(笑
ワカメ入りのシンプルなグリーンサラダに油揚げ、醤油ベースのドレッシング。こういう実家メシみたいなサラダも悪くない。

ハピネス

サラダを食べつつ待つこと、約 30 分。覚悟していた以上に待たされましたが、目の前でこの調理状況を見せられたらまあ納得。
出てきたのは鉄板に山盛りのスパゲティでした。カレースパゲティを頼んだんですが、並盛りでこの山はちょっとすごい。普通の店ならこれで大盛り、あるいはメガ盛りと言われても違和感ないボリューム。

ハピネス

カレーはスパイスよりもコクと塩味を感じる、やや家庭寄りの素朴な味。どろっとしたルウはスパゲティによく絡むけど、きっと普通にカレーライスにしてもおいしいはず。私はけっこう好きな味で、カレーライスも食べてみたくなりました。

ハピネス

スパゲティは茹で置きなだけあってアルデンテとは無縁の緩い麺。でもこの店で、こんなカレーやナポリタンで食べるんならこういう麺をワシワシ食べるのがいい。昭和的な、正しいサラリーマンの味方と言えよう。

並盛りなのにもうこれ以上食べられない、というくらいお腹いっぱいになりました。
大井町っぽいディープな B 級グルメ感と、おもてなしとはちょっと違う「近所のおばちゃんの店」的な気の置けなさがいい。たまに思い出して食べたくなりそうな味。

ごちそうさまでした。
今度来たらカツカレーかな。でも、ナポリタンも捨てがたいなあ。

関連ランキング:洋食 | 大井町駅下神明駅立会川駅

投稿者 B : 22:22 | Curry | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2018/11/20 (Tue.)

日本橋 レストラン 桂 再訪

先日初めて行ってとても気に入ってしまった日本橋の「レストラン 桂」にさっそくまた行ってきてしまいした。

レストラン 桂 (カツラ)

レストラン 桂

ボヘミアン・ラプソディ』を観るのをわざわざ日本橋にしたのも、半分はここでランチが食べたかったから(笑。
今回は正午過ぎに到着したところ既に満席だったものの、五分ほど待って入店できました。お客の回転は比較的早いようです。

レストラン 桂

今回のお目当ては気になっていたビーフシチュー...でしたが、壁のメニューにある「特別料理」の文字に目が釘付けになってしまいました。「特別料理」なんて言葉、今までの飲食店で見たことがないぞ(笑。しかもこの日のメニューはカキフライと牛舌シチュー。フライ系とシチュー系という前回も迷った二種類が一気に食べられるなんて。これはもうビーフシチューは引っ込めて、この特別料理を頼むしかない。

ちなみに前回テーブルに着いたときに訊かれたスポーツ新聞は、今回は訊かれませんでした(笑。

レストラン 桂

まずはポタージュスープ。特に衒ったところのないオーソドックスなコーンポタージュで、老舗の洋食屋らしい素朴かつホッとする味。
そうそう、こういう店で飲みたいポタージュスープって、こんな感じなんですよ。

レストラン 桂

カキフライ。なにげに今シーズン、初カキフライかも。

前回食べた鮭バターにもついていたタルタルソースがたっぷりついてくるのが、タルタリスト(←最近気に入ってる言葉)としては嬉しい。
付け合わせのホワイトアスパラにも専用ドレッシングがかかっていて、ちょっとした気遣いが感じられます。

レストラン 桂

大きすぎず小さすぎず、ちょうどいい案配のカキフライを頬張ると、サクサクの衣の中からトロトロのカキが。
ちょい酸味あるタルタルソースとの相性も良く、幸せを感じます。

レストラン 桂

グリーンサラダ。フライの合間に食べることで口の中をリセットしてくれる。

よく考えたら、スープに魚介(カキ)に肉料理、そしてサラダとコーヒー...「特別料理」ってランチコースってことじゃないか。
日本橋の老舗レストランでランチコース、そう思ったらなんか特別感が湧いてきた。

レストラン 桂

牛舌シチュー。予想を良い意味で裏切り、どーんと一枚大ぶりな牛タンが出てきて驚きました。
カキフライの後にこの牛タン。すごく嬉しいけど、これは昼からかなりのボリュームがあります。

レストラン 桂

牛タンは噛まなくても、舌の上でとろける...と形容できるほどトロットロ。老舗らしく深みのあるシチューもいい。これ、めちゃくちゃおいしいじゃないですか。
この牛舌シチューなら、カキフライがなくてこれ単品のランチで 1,900 円でも納得できるレベル。

レストラン 桂

食後のコーヒーとともに、大満足のランチコースを振り返ります。
おいしかったなあ~。

ごちそうさまでした。
変に気取った店よりも、こういうところで素朴な洋食を楽しむことの方が幸せに違いない。

日本橋まで来て、映画の前か後にこの店でランチ。あるいは三越での買い物のついでだっていい。
ここは今後自分の定番のひとつにしていこうと思います。

関連ランキング:洋食 | 三越前駅新日本橋駅日本橋駅

投稿者 B : 22:54 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2018/11/16 (Fri.)

旗の台 スペイン食堂 石井 その 3

「どこの国の、どんな食べ物であろうと、俺はこういう店が好きだ」

スペイン食堂 石井

この夏に久しぶりに再訪した旗の台の「スペイン食堂 石井」に行きたい!というリクエストをいただいて、数ヶ月ぶりに予約して行ってきました。自分が巡礼し、気に入っている聖地に行きたいと言ってもらえるのは本当に嬉しいですね。

例によって席は予約でいっぱい。私はこの店の前をときどき通りかかるんですが、一時期の混雑は収まったとはいえ相変わらず人気店であることには間違いないようです。

スペイン食堂 石井

スペイン食堂 石井

日によって少しずつ変わる黒板メニュー。
食欲を刺激してくる単語が並んでいて、悩ましい。さあ、どこから攻めるべきか。

スペイン食堂 石井

さておきカヴァ(スペインのスパークリングワイン)で乾杯から。
一杯目にビールじゃなくてスパークリングワインだと、ちょっと特別感があって嬉しくなります。

スペイン食堂 石井

結局、とりあえず「孤独のグルメメニュー」を一通り+α で気になった料理を個別に頼んでいくスタイルにしました。

まずはにんじんサラダから。歯ごたえある人参を酸味強めのドレッシングでいただく。
お通しとか箸休め的な、横にあるとうれしい味。

スペイン食堂 石井

からの、ヒコイワシの酢漬け。おっと人参に続いて酢漬けがダブってしまった。
まあ酢漬けと言いながらも脂の乗ったイワシをニンニク&オリーブオイルでマリネ風に仕上げた感じで、人参とは全く違ううまみがある。
イワシって、おいしいよね。

スペイン食堂 石井

さらにスペイン風カラスミ。珍味中の珍味であるカラスミを大根(蕪?)とマリネにするだけで、地中海の風が吹いてきたぞ。
イワシも含め、ちょっとしたピンチョス感があってワインが進む。こういう前菜、楽しくて好き。

スペイン食堂 石井

調子に乗って二杯目はシェリーなんて頼んでしまうわけです。

普段はあまり飲まない種類のお酒だけに、スペイン料理屋に来たことを実感する味。
シェリー、俺は食べ続けてこんなとこにたどり着いた...。

スペイン食堂 石井

で、ここに来たらこれは絶対食べずには帰れない「長谷川さんこだわりのマッシュルームの鉄板焼き」。
生ハムとニンニク、オリーブオイルのうまみを大ぶりのマッシュルームがまるごと受け止めて、えも言われぬ味わい。キノコ類が苦手な私だけど、ここのマッシュルームだけはもう大好物。

マッシュルーム農家の長谷川さん、会ったことはないけどこんなにおいしいマッシュルームを作ってくれてありがとうございます。

スペイン食堂 石井

サルチチョンのレヴェルト。
ふわとろ卵にサラミとエリンギの歯ごたえが加わり、そこに黒胡椒が味を引き締める。バスコ・ダ・ガマに感謝したくなるおいしさだ。

スペイン食堂 石井

黒板メニューに赤文字で「おすすめ!!」と書かれていたマッシュルームのポタージュもいただいてみました。あのオーブン焼きのマッシュルームでスープを作ったのなら、うまくないわけがない。
マッシュルームのやさしいのに濃厚な味わいが凝縮されていて、本当に幸せになる味。冬場は毎日でも飲みたくなりそうな、忘れられないポタージュ。

スペイン食堂 石井

いやあ、これはお酒が進んじゃいますね。
この店はスペイン系らしく魚介系のメニューが豊富だから、迷わず白ワインのボトルを投入していきます。

スペイン食堂 石井

五郎メニューの中でもこれは今まで頼んだことなかった「タラのアリオリオーブン焼き」、

タラにはトマトやオリーブオイルのうまみが、トマトにもタラのうまみが移ってどこを食べてもうまい。
まさにスパニッシュギターとダンサー。トマトの舞台で、タラがフラメンコを踊っている。

スペイン食堂 石井

さらに「これ絶対うまいやつだ」という確信があったカキとベーコンのアヒージョ。
このグツグツ感に黄金色に輝くカキ、見た目からして大当たり。

おいしいです、ほんとに...これ。

スペイン食堂 石井

そして本命サルスエラ。
殻つきのエビがどーんと乗っかっている、このスペイン料理の王様感。

具もスープも、どこをとってもうまい。
まるで地中海そのものを食べているかのようだ。

スペイン食堂 石井

〆はもちろんイカスミのパエリア。
ここのイカスミ、濃厚でいろんな海のうまみが凝縮されているけど、ほんのり甘い。そこにアリオリソースのパンチが組み合わされて、いくらでも食べられそうなうまさ。

そういえば今気づいたけど、スペイン語のアリオリ(alioli)ってイタリア語の「アリオ・オリオ(aglio olio)」と同語源だから、ニンニク&オリーブオイルってことなんだよな。どの料理にもほぼアリオリが使われていて、明日の体臭はちょっと気になるけど、だからこそうまい。

旗の台に、アリオリはべりいまそかり。

スペイン食堂 石井

最後はエスプレッソ。

ここの店、食後はすぐに帰るんじゃなくてコーヒーでもいただきながら余韻を楽しんでいたくなる。うまみの強い料理と温かい空気感がそうさせるんだろうなあ。
店名のとおり、恰好をつけず、これ見よがしでなく、正直で、謙虚で、等身大のおいしさが追求されている。『孤独のグルメ』を象徴するようなお店の一つだと思います。

幸せな時間を過ごさせていただきました。機を見てまた来ます。
ごちそうさまでした。

関連ランキング:スペイン料理 | 旗の台駅荏原町駅荏原中延駅

投稿者 B : 22:56 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2018/11/09 (Fri.)

日本橋 レストラン 桂

久しぶりに日本橋方面に出る予定があったので、ランチは以前から気になっていたこちらのお店へ。

レストラン 桂 (カツラ)

レストラン 桂

コレド室町の真裏という好立地にひっそりと営んでいる老舗の洋食レストランです。再開発ですっかり近代的になってしまった日本橋において、昔ながらの佇まいを残している貴重なお店。

レストラン 桂

店先にはガラスケースの中に食品サンプルが。洋食店の定番メニューが並んでいて、どれもそそられる。ただ、後述するとおり実際の料理はこの食品サンプルとは比較にならないくらいおいしそう。

レストラン 桂

ランチメニューには鮭のバター焼、ポークカツレツ、ポタージュスープ、有頭エビフライなど魅力的な単語が並んでいて心躍ります。これは早速入ってみるしかありません。

レストラン 桂

店内も外観に負けず劣らず昔ながらの洋食レストラン感。ほんのりと上品さが漂っているあたりはさすが日本橋の老舗といったところ。演出されたレトロ感なんかとは全然違う、長年培われてきた歴史を感じます。
時間はまだ 11 時半にもなっていないというのにテーブルがほぼ埋まろうとしていて、日本橋界隈の人々に愛されていることが分かります。

注文を済ませると、自分の母親よりも明らかに年上の店員さんが「スポーツ新聞、お読みになりますか?」。予想しない単語を向けられて一瞬理解ができなかったけど、他の一人客のおじさんが軒並みスポーツ新聞を読んでいるのはそういうことか(笑。

レストラン 桂

料理に先立ってナイフとフォークが出てくるわけですが、その下には三角に折られた紙ナプキンが敷かれていました。
そうそう、こういう店に来たら、こうでなくちゃ。

レストラン 桂

ランチメニュー以外のレギュラーメニューもたくさんあって迷いに迷った挙げ句、頼んだのはランチの最上段にあった「鮭のバター焼とポークカツレツ」の盛合せ。洋食の定番メニュー、かつ焼き物と揚げ物を 900 円で両方味わえるお得感を選びました。

レストラン 桂

鮭のバター焼、ナイフを使わなくてもフォークだけでほろほろ崩れるほどの柔らかさ。それにタルタルソースの優しい酸味がうれしい。
初めて来たはずなのに昔からずっと知っているような、ほっとする味。

レストラン 桂

ポークカツレツにも自家製と思われるデミグラスソースがたっぷり。その後ろに控えているのがこれまた洋食レストランらしいナポリタン。新橋あたりでガッツリ食べるナポリタンもいいけど、こういう店でちょっとついてくるナポリタンもまた、ありがたい。

レストラン 桂

カツレツなのに「ふわっふわ」と表現したくなるほど、肉まで柔らかい。デミグラスソースは丁寧な中にも素朴さが感じられる味で、カツレツを優しく包んでいます。ああ確かにこれはトンカツではなく「ポークカツレツ」なんだなあ。

レストラン 桂

店構えや店員さんたちの雰囲気からも滲み出ている優しく、ゆったりとした空気が料理の中に閉じ込められているかのようなランチでした。お腹が満たされた以上に心が癒やされた気がします。
他のランチメニューも気になるし、ビーフシチューなんかもすごくおいしそう。夜はコースもやっているというし、もう一度と言わず二度三度繰り返して来たいお店でした。

店員のみなさん、身体に気をつけてこれからもお店を続けていってくれると嬉しいです。
ごちそうさまでした。

関連ランキング:洋食 | 三越前駅新日本橋駅日本橋駅

投稿者 B : 22:45 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2018/11/01 (Thu.)

西荻窪 モロッコレストラン tam tamu その 3

「モロッコの、おふくろの味」

タムタム

久しぶりの西荻窪。『孤独のグルメ』のモロッコ回に登場したタムタムに二年半ぶりにやって来ました。
日本ではかなり珍しいモロッコ料理、でもこの店は忘れがたい味で、機会があればまた来たいと常々思っていたのでした。

ドラマ放送からけっこう時間が経ちましたが、相変わらず人気店のようでこの日は予約で満席だったもよう。

tamtamu › モロッコ料理レストラン

タムタム

黒板メニュー、相変わらず魅力的な料理名が並んでる。
以前来たときにはなかったのもあり、ここはちょっと挑戦しながらいろいろ頼んでみるか。

タムタム

ビールはモロッコのカサブランカで乾杯。
飲みやすい系統のビールで、一杯目にちょうど良い。

タムタム

そしてお通し的なつまみにオリーブのマリネをいただきました。オリーブ好きだからこれはちょっと嬉しい。
オリーブというとアフリカっていうよりヨーロッパっぽいけど、よく考えたらモロッコって地中海を挟んでスペインの向かいだからなあ。スペインやフランスに統治されていた時代もあるし、食文化の影響も受けているのでしょう。

タムタム

もうひとつビールのつまみとして「ガーリックパルメザンのフライドキャロット」。もう名前からしてビールに合わないわけがない。
ニンジンなのにホクホクした食感、濃いめの味付けにさらにヨーグルトソースをつけるとメチャうまい。フライドポテトよりもこっちがいい、と言いたくなる新しいおいしさ。

タムタム

こんなつまみを出されたらビールが瞬間的に空いてしまうわけで、二本目はアルマザ。
スッキリしていたカサブランカとは対照的な、味と香りがしっかりしたタイプのモロッコビール。これもおいしい。

タムタム

黒板メニューで強い存在感を放っていたムール貝の白ワイン蒸しを頼んでみました。
見た目はオーソドックスなムール貝のワイン蒸しだけど、上にかかってるソースは初めて。それに白ワインベースのスープがちゃんと貝殻の一つ一つに入っているのも嬉しい。

タムタム

貝殻に入ったスープと一緒に身をいただくと...うまー!このスープ、相当いいぞ。
いろんなうまみが渾然一体となりつつ、ムール貝の身に添えられた「チャルモラソース」(パセリやパクチー、スパイス等を使ったモロッコ流ソース)がいいアクセントになっています。これはうまい。

タムタム

このムール貝は白ワインが欲しくなる味。たまらずモロッコの白ワイン「タルヴァン クロ・デュ・パシャ」をボトルで投入します。
うん、やっぱりこの味にはビールよりも白ワインだ。

タムタム

さらにパンとフムス(ひよこ豆のペースト)を追加。
このパンで、ムール貝の皿に残ったスープとソースを拭って食べると...ほらおいしい。これだけ延々と腹いっぱいになるまで食べたくなるほど。

タムタム

この春巻きみたいなのは「ファティマの指」。なんだか物々しい名前の料理ですが、調べてみたら「ファティマ」とはムハンマドの娘で、イスラム教ではその手のモチーフがお守りや装飾品として浸透しているようですね。
それはともかく(笑)、この料理。ほぐしたジャガイモにスパイスとチーズを混ぜ、春巻きの皮を巻いて揚げたようなもので、コロッケの衣を揚げ春巻きに替えたような感じ。これはおいしくないわけがない。チーズとスパイスがいい仕事をしている。

タムタム

ベルベルオムレツ。ここまでがっついていた気分を少し落ち着けてくれる優しい味。

「ベルベル」というのは北アフリカの先住民族のことらしく、このオムレツはまさに北アフリカに昔から伝わる味なのか。まさにモロッコのおふくろの味なんだろう。
この店の料理、モロッコ人を旦那さんにもつお母さんが一人で作っているようで、どの料理も自分を優しく受け止めてくれるような懐の深さを感じます。

タムタム

ワインはモロッコを代表する赤「タンデム」に変更。
地中海の国だけあって、ヨーロッパのワインにも負けないしっかりとした、それでいて上品さも併せ持つ味。そんなに高くないようだし、今度自分でも買って飲んでみようかなあ。

タムタム

これも気になった「モロッコ風イカめし」。一見日本のイカめし風スタイルだけど、トマトベースのソースとスパイスが効いてて味は全然違う。むしろパエリアに近い雰囲気。素材の味が生きていて、日本のイカめしとは別物ながらこれも気に入った。

タムタム

そしてお待ちかねハリラスープ。この店に来たらこれを飲まずには終われません。
ハーフサイズもできるということで、ハーフを人数分いただいてみました。

何度飲んでもどう作ってるのか分からない、複雑だけどふくよかで優しい味。
毎日でも飲みたくなる、モロッカンママの味。

タムタム

これまた何度食べてもおいしいラム肉のハンバーグ。
もはや見た目からしてジューシーだけど、肉を割るとさらにジュワ~ッときたぞ。

ラムの肉肉しさあふれるハンバーグとトマトソースの組み合わせが絶品。
このインパクトはそこらのハンバーグ専門店を凌駕していると言って良い。

タムタム

〆はさらに羊をダブらせていくスタイルで、ラム肉のモロッコカレー。
カレーと言いつつトマトの酸味が効いたまろやかなカレー。ハンバーグも良かったけど、ラムの塊肉もうまし。

タムタム

ごちそうさまでした。
これだけ食べたらさすがにお腹いっぱい。今回も最高でしたよ。

西荻のモロッコにたくさんのご馳走で大歓迎を受けた気分だ。
来るたびに、モロッコという国に親近感が湧いてくる。

未体験のメニューもまだいくつかあるし、きっとまた食べに来よう。
次回はタジンとクスクス中心に攻めてみたい。でも地中海だから海鮮もいいかも。

関連ランキング:アフリカ料理 | 西荻窪駅

投稿者 B : 22:56 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2018/10/25 (Thu.)

浦安の魚や「羅甸」再訪

「この店、リピートは確実だ。これを食べるためだけに浦安に来る価値がある」

羅甸

『孤独のグルメ Season7』でリピートしたい店は数あれど、中でもここの銀だらは忘れがたかった。というわけで、改めて浦安の「羅甸」に来てみました。本当にここの銀だらはたまに思い出すと無性に食べたくなる。他所では絶対に食べられないと言って良いレベルの銀だらです。

放送から随分経つにもかかわらず、お昼時はまだまだ行列が絶えていないようで。平日の 11:30 頃に到着したところ、30 分ほど並んで入店できました。そういう意味では、一頃に比べれば多少は行列も落ち着いたほうなのかな。

お食事処 魚や 羅甸

羅甸

今回は運良くゴロー席に通してもらえました。前回は入口すぐの席でしたが、劇中のゴロー目線では店内はこう見えていたのか。

他のお客さんはほとんどが銀だらの煮付定食を食べています。銀だら大人気。

羅甸

さて、今回のお目当ては...って銀だらの煮付と鯖の塩焼きのセット定食、もう売り切れ!これ食べたかったんだけどなあ。サラリーマンの和定食の定番がこの店ではどう出てくるかがすごく気になっていたのに。セットじゃない鯖の塩焼き定食ならまだあるけど、この店に来て銀だらを食べないという選択もあり得ない。ああ悩ましい。

ちなみにゴローちゃんは銀だらと鯖の味噌煮で迷っていたけど、店内に張り出されていたメニューには鯖味噌は見当たらず。煮付け系は銀だらに集中しないと提供が追いつかないということかもしれませんが、鯖は塩焼き以上に味噌煮派としてはこれも一度食べてみたかった。

羅甸

迷った挙げ句、やっぱり銀だらの煮付を選択。今まで幾度となく恋い焦がれたこの味に、どうしてももう一度出会いたかった。
鯖塩もおいしいと知りながら、あえて銀ダラを選んだ己を誉めたい。

羅甸

「お刺身を付けて」で定食に 150 円でついてくる刺身。
厚切りのマグロ赤身といか刺がついて 150 円ってすごく得した気分になる。
マグロはもちろんのこと、短冊のいか刺、好きなんだよなあ。

羅甸

銀ダラ。この巨大な塊と黒いツヤ。銀ダラってこんなに脂が乗ってたっけ?っていう脂乗り、まさに魚の肉汁という表現が相応しい。

さあ、いただきます。

羅甸

こんなに大きいのにふわふわした煮付け。そこに真っ黒ダレの濃い味が絡んで本当にたまらない。

この店でしか味わえない味だ。この店の大将が毎朝市場に足を運び、長い歳月をかけて完成したこの煮付。この銀ダラは大将が見つけ当てた黒い宝石だ。

羅甸

煮付けと刺身で案の定、半分も食べないうちにご飯が底をついた。この定食、とんでもないな。
当然、二杯目をもらうわけです。三杯目まで食べてしまうとさすがに動けなくなりそうだから、何とかこの二杯目でうまく食べきれるようにペースコントロールしないと。

羅甸

銀ダラをだいたい食べたら、例によって残ったタレにご飯を絡めてタレご飯といきたいところだけど、銀ダラにかかっているタレの量が前回来たときよりもさらに少ない。人気すぎてタレ不足に陥っているのかもしれません。しょうがないので、皿に残っているタレと銀ダラの残りかすを集めてご飯にかけていただくことにしよう。

ほーらごらんなさい。ご飯が黒いマントを羽織っていく。
ああ、タレに和えた真っ黒ご飯もうまかったけど、この煮こごりみたいなタレかけご飯も濃厚でうまい。

羅甸

今回も間違いなくうまかった。この銀ダラは、日本人を幸せにしてくれる味だ。
たぶんしばらくしたらまた唐突に食べたくなっちゃうんだろうなあ。

こっち方面ってあまり来る機会がないけど、また機会を見つけて食べに来よう。
今度は開店時刻に合わせて来て、銀ダラと鯖のセット定食を狙いたいな。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:割烹・小料理 | 浦安駅

投稿者 B : 22:56 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2018/10/15 (Mon.)

鳥越 居酒屋まめぞ その 6

「生ハムにいぶりがっこに、ブルーマウンテンが共存している。でたらめに近いほど、カオスな店」

居酒屋まめぞ

新潟から某ウマの人が仕事で東京に出てきているというので、久しぶりにご一緒してきました。
場所はご本人のリクエストに沿って『孤独のグルメ Season4』に登場した鳥越の聖地。こうやってリクエストをいただけるのも聖地巡礼者冥利に尽きるというものです(何。

久しぶりに来てみたら、商店街のトレードマークでもある「おかず横丁」の提灯がリニューアルされていました。これはこれで風情があって良いけど、こうも赤提灯だとおかず横丁ではなく「飲み屋横丁」と言いたくなるな(笑。

居酒屋まめぞ

居酒屋まめぞ

「まめぞ」は私がこれまでに巡礼した聖地の中でも五本指に入る名店だと思っています。私が最もリピートした店でもありますが、しばらく忙しかったこともあり実に二年半ぶりの訪店。マスターも女将さんもお元気そうで何より。そして相変わらず予約でいっぱいの人気店のようです。

居酒屋まめぞ

まあまずはヱビスで乾杯。
お通しが自家製と思われるローストビーフというのが嬉しい。けっこう肉厚で、これはお通しを超えたお通しだ。

居酒屋まめぞ

つまみはハモンセラーノ(生ハム)からでしょう。
原木から削り出してくれる生ハム、塩味がしっかり効いていてビールのつまみに最高。

居酒屋まめぞ

それから、この店に来たら外せないつまみの一つ「みそクリームチーズ」と、

居酒屋まめぞ

定番いぶりがっこも当然頼むわけです。
ここでメンバーの一人から「このチーズといぶりがっこは別々なの?」という質問が。いぶりがっこはチーズと一緒につまみとして食べるものという認識を持っているのはこの blog を読んでる人くらいですから!(笑

居酒屋まめぞ

まあ、そうは言っても当然のようにチーズといぶりがっこを重ねて食べるわけですが(ぉ
いぶりがっことチーズ、本当につまみとしては最高の組み合わせだと思います。

居酒屋まめぞ

そんなことをしていたらビールがあっという間になくなるのは必然というわけで、飲み物はまめぞハイボールに移ります。
ここのハイボールは本当に絶品で、それほど特別なものが入っているわけではないのに自宅で再現するのが難しい。他所の店でもなかなか飲めない、ハイレベルなハイボールです。

居酒屋まめぞ

料理はそろそろエンジンをかけていきます。まずはキングサーモンの粕漬け。
柔らかく脂の乗ったキングサーモンに粕漬けの旨味が乗っかって、いきなりノックダウンされそうなうまさ。
これだけでハイボール三杯くらい行けてしまいそう。

居酒屋まめぞ

ガーリックポテト。
シンプルなフライドポテトにニンニクの風味が食欲をそそります。
これとハイボールだけで延々飲んでいられそうだ。

居酒屋まめぞ

かにクリームコロッケ。
大ぶりなのに濃厚、そして油断すると火傷するやつ。
揚げたてがもちろん最高なのは分かるけど、明晩のおかずにお持ち帰りしたくなるうまさ。

居酒屋まめぞ

そこに粕漬けアゲイン、明太子。
明太子ってそれだけで食べてもうまいのに、粕漬けにすることでさらに存在意義が高まる気がする。
今写真を見ていても、唾液の分泌が止まらない。

居酒屋まめぞ

待ってました、アジフライ。
大きさ、サクサク、フワフワどれをとっても一級品。今までいろんなアジフライを食べてきたけど、ここのアジフライを上回るのにはまだ出合えていません。
毎日でも食べたくなるアジフライ、久しぶりに味わえて良かった。

居酒屋まめぞ

なにげに今まで食べたことがなかった「ま・めんち」(牛肉メンチカツ)。
店名を冠した一品がうまくないわけがない。大きさは普通だけど、ギュッと濃縮された何かを感じます。

居酒屋まめぞ

サクサク衣に閉じ込められた粗挽き牛肉と肉汁のうまさ!!
甘口特製ソースとの相性も抜群。これは期待を裏切らなかった。今度から必ず頼む一品に加えること決定です。

居酒屋まめぞ

フィッシュ&チップス。さっきの止まらないポテトフライがまた出てきました。
ここまで揚げ物の連打連打にも関わらず、全然胃にもたれる感じがなく、まだまだ食べられそう。本当にこの店のフライものは素晴らしい。

居酒屋まめぞ

そして明太クリームパスタですよ。
クリームたっぷりの中にアルデンテスパゲッティ。明太子のピリ辛でいくらでも入りそう。何ならおかわりしてもいいくらい。

居酒屋まめぞ

〆はもちろんカツサンド。この分厚い肉から滴っている肉汁のシズル感たるや。
これだけ揚げ物をたらふく食べた後にカツサンドって常軌を逸してると思うでしょ?でも、全然普通に入ってしまうのがこの店の恐ろしさ。

居酒屋まめぞ

たっぷりとカラシをつけていただきます。
ああ旨い。なんで二年もご無沙汰してしまったのかと後悔するくらい、やっぱりこの店はおいしかった。
しかもけっこう満腹なのに、まだ 1~2 品いけそうな気がしてしまうこの店の料理の軽さとやさしさは何なんだろう?

今回もごちそうさまでした。
改めてハマってしまったので、近いうちにぜひまた来ようと思います。

関連ランキング:居酒屋 | 新御徒町駅浅草橋駅蔵前駅

投稿者 B : 22:56 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2018/10/13 (Sat.)

ORGANICS by Red Bull シンプリーコーラ

先日「レッドブル・コーラ、国内でも発売されてはいるらしいんですがどこにも売ってない」と書いたら何人かの方から売っているお店の情報を教えていただいたので(ありがとうございます)、すかさず買ってきました。

ORGANICS by Red Bull

ORGANICS by Red Bull

通勤ルートにある成城石井にて購入。エナジードリンクや舶来系ジュースのコーナーに並んでいました。他にはドラッグストアでも扱っているところがあるとのことでしたが、近所にあるココカラファイン系列の店舗では売られておらず。
ちなみに当初はコンビニやスーパーばかり探していました。レッドブルが最初に日本上陸した際にコンビニ中心の展開だったので、てっきりコンビニ販路が強いものだと思っていました。

成城石井には本来の目的だったシンプリーコーラに加えて、同じく ORGANICS by Red Bull シリーズに属するビターレモン(レモネード)、スパイシージンジャー(ジンジャエール)もあったのでまとめて購入。海外では同シリーズのトニックウォーターも存在しているようですが、日本向けには発売されていません。日本ではジントニック等の割り材で使うことはあってもトニックウォーター単体で飲む人は少ないから、ということですかね。

ちなみにこのシンプリーコーラカラーを纏ったトロロッソ・ホンダ STR13 のカラーリングがこれ。

ORGANICS by Red Bull

青×赤×シルバーという配色はレッドブル・エナジードリンクのイメージカラーでもありますが、青赤の割合が多いこととレッドブルロゴがシルバーなことから、エナジードリンクではなくシンプリーコーラを訴求するためのものであることが分かります。ちなみに写真のショーカーではリヤウィングにはシンプリーコーラのロゴしかありませんが、実際のレースカーには翼端版の裏に ORGANICS by Red Bull トニックウォーターの塗装が施されているようです。

なおここ 2~3 年のレッドブルはエナジードリンクに加えてシンプリーコーラのブランディングに注力していて、

ORGANICS by Red Bull

エアレースではマット・ホールが 2016~2017 年にシンプリーコーラカラーの機体に乗っていました。

ORGANICS by Red Bull

そして今季のマット・ホール機は ORGANICS by Red Bull のイメージカラーにリペイント。どうやらシンプリーコーラ自体が元々は単独のブランドだったのが、今年から(?)立ち上がった ORGANICS by Red Bull ブランドの一商品という位置づけに変更されたようです。

ORGANICS by Red Bull

というわけで飲んでいきます。まずはメインのシンプリーコーラから。

ORGANICS by Red Bull

液体の色は赤茶っぽい感じで、コカ・コーラやペプシのような黒々としたコーラとはちょっと違います。このあたりはオーガニック素材に由来するものでしょうか。

飲む瞬間にまず感じたのが、コーラにしては香りが強めなこと。ジンジャエールやガラナ系飲料のような刺激ある香りがします。一方で味の方は大人しめで、比較的シンプルな甘さ。砂糖とカラメル由来の甘味は感じるけどそれ以外の風味はそんなになく、香りからくる印象に対しては物足りなささえ感じます。

ORGANICS by Red Bull

成分のリストから推察するに、この香りはジンジャーやガランガといった生姜系のスパイスからきているんじゃないですかね。

私はコーラはけっこう飲む方ですが、普段シュガーフリー系のコーラばかり飲んでいるせいか砂糖入りのコーラを飲むと甘ったるく感じてしまうんですよね。それでも香りの強さに見合う味だったらアリだったんですが、味の印象が薄くてバランスがよろしくないと感じました。

ORGANICS by Red Bull

続いてビターレモネード。

こちらは甘味も酸味も控えめ、そして「ビターレモネード」の名前のとおりしっかりめの苦味を感じます。レモンの皮っぽいというか、グレープフルーツにも似た苦味。皮入りなのかと思ったら、「カッシア」という植物由来の苦味料が使われているようです。

ORGANICS by Red Bull

甘くないのは私好みでしたが、レモネードならもうちょっと酸味は欲しかったかな。でもこの味ならウォッカや甲類焼酎を割って飲むのに使っても良さそうです。

ORGANICS by Red Bull

最後はジンジャエール。

飲み口は本格ジンジャエールっぽい、生姜の辛さを感じる風味。一瞬「お、ウィルキンソン系のジンジャエールか?」と思うものの、一旦口に入れてしまうとカナダドライっぽい甘味が勝ってしまう、ややチグハグなバランス。一般的にコンビニやファストフード店で扱っているのはカナダドライ系の甘口ジンジャエールだからこういう味のほうがマジョリティなのかもしれませんが、ウィルキンソン系や自家製の、生姜を活かしたガチ辛口ジンジャエール好きな私にとっては物足りない。香りの良さで期待してしまっただけにちょっと残念。

ORGANICS by Red Bull

三種類いずれもオーガニック素材による香りが印象的でしたが、味はもう一声、というのが個人的な感想。でもシンプリーコーラとビターレモネードはアリっちゃアリかなあ。

入手性があまり良くないのが難点ですが(販路が限られるのに加えて関東のみでの試験販売らしい)、F1 がある週末はこれを買ってきてトロロッソを応援しようかと思います。

投稿者 B : 22:10 | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2018/10/06 (Sat.)

東京都中野区百軒横丁の地鶏モモ串

「ジョーよ、泪橋を逆に渡れ。明日のために、食うべし、食うべし」

泪橋

前回に引き続き、中野百軒横丁の聖地・泪橋のレポート後編です。

...そうこうするうちに隣の席が空き、マスターから「良かったら移りますか」との提案をいただきました。確かにこのカウンター端の席、トイレに出入りするお客さんの通り道だし、ずれてあげたほうが良さげ。
移動した先はまさにドラマのゴロー席。そうそう、この席からの景色が見たかったんですよ。ここからのほうが厨房の様子もよく分かるし、より楽しい気がする。

泪橋(なみだばし)

泪橋

ふと振り返ってみるとスパイダーマンがぶら下がっていることを発見。
ああ、こんないかにもな飲み屋街だけど、なんだかんだ言って文化的には中野ブロードウェイと地続きなんだなあ。

泪橋

さて、第二ラウンドだ。
飲み物はホッピー(黒)に移行。この店の雰囲気には気取った飲み物よりもこういうのがよく似合う。しかもハイボールとは対照的に焼酎を濃いめに注いでくれるから、外(割り材)一本でジョッキ四杯飲めて最後の方にはけっこうへべれけになれます(汗。

ところでマスター、ずっと忙しそうに料理してるにも関わらず、こちらのグラスが空くとすかさず「ハイボールおかわりで?」とか聞いてくる超人的な気配り。この隙のない仕事ぶりが、この店のうまさに繋がっているんだろう。

泪橋

さあ、そろそろ本命焼き鳥だ。まずは鶏わさ串から。
刺身でも食べたプリプリッとした食感を残したまま表面だけ軽く焼いてあってすごく良い。ワサビと海苔もいいアクセントだ。

泪橋

続いて地鶏モモ串がおいでなすった。

この色、この香り。そしてこの弾力。噛むほどに、ジュワァ~ッとうまみが口の中に広がっていく。打てば響く地鶏だ。
こんな鶏モモ串、今まで食べたことがない。

泪橋

さらにぼんじりも追加。
ぼんじりってコリコリした食感と脂身のコンビネーションという印象だけど、ここのはコリコリ感少なめ。その代わり、鶏モモで味わったのと同じ類の肉汁がドバーッと!

ここの肉、どれも濃厚で本当にうまい。

泪橋

あまりのうまさに夢中になってしまった。ちょっと落ち着こう。

そういえばさっきから目の前にズラリと並んだ焼酎が気になっていたんだった。
店主の出身地である宮崎のものを中心に揃えられた焼酎、この中からどれかいただこう。

泪橋

鮮やかな青いラベルに引かれて、木挽ブルー(芋焼酎)をチョイス。
チロリ(金属の器)になみなみと注いでくれるのが嬉しい。なんかつい、孤独のグルメっていうより酒場放浪記の聖地巡礼に来ているのかと錯覚しそうになるけど(ぉ)、それもいい。

泪橋

串物は少し目先を変えて、鶏メンチ。焼き物だけでなくこんなバリエーションもあるとは。

この狭い厨房から、どうやってこんなに様々な料理が出てくるのか。
Season6 に登場した五反田の「とだか」も狭い厨房から出てくる料理の多彩さに驚いたけど、この店もそれに負けてない。まるで四次元ポケットのような厨房だ。

泪橋

カマンベールチーズ焼。火を通してトロトロになったカマンベールってうまいんだよなあ。
メンチにカマンベールを組み合わせた我々、なかなかいいセンスしてる。

泪橋

そのうえ調子に乗って鶏レバーパテ追加!
こういうパテ物に目がない私にとって、鳥刺しであれだけうまかったレバーがパテになってくるとあれば食べざるを得ないというもの。しかもイチジクのソースまでついてきて、ここが焼鳥屋であることを忘れそうになる立派なレバーパテ。これは幸せなうまさ。

こうやってちょっと洋食に寄り道したところで、短冊メニューから新たに目に飛びこんできたのはこれでした。

泪橋

イカわたのホイル焼き!レバーパテからの振り幅が半端ないけど、こんな呑兵衛の究極のつまみの一つがあるとなっては頼むしかない。
アルミホイルの包みを開いた瞬間に漂ってくる何とも言えない香り!こりゃあもう、匂いだけで焼酎が進んでしまう。

さらには半分くらい食べたところでマスターが「これにご飯入れるとおいしいんですけどどうします?」という悪魔の誘いが。メニューに載ってないけどそんなん言われたら断れないでしょう(;´Д`)ヾ。

泪橋

イカわたのうまみを全て吸収したイカわたライスができてしまいました。もはや語彙力(ry
ゴローちゃんも白飯派とか焼き鳥ライスとか言ってないでこれを食べるべきだったのではないか...。

本当に恐るべき〆の一品でした。これまでに食べた〆ライスの中でも最高クラスだったと言っても過言ではないでしょう。

泪橋

は~、うまかった。
甘タルタルのチキン南蛮から、炭火焼の真っ黒地鶏モモ串まで、変幻自在の鶏フルコース。Season7 聖地巡礼のラストに、まさにふさわしい宴だった。
なかなか来れないと思ってちょっとがんばりすぎたか、もうこれ以上食べられないくらい腹パンパン。

今夜このリングに立てたことを、俺は誇りに思う。大歓声が耳に聞こえるようだ。

...というわけで、これにて私の『孤独のグルメ Season7』聖地巡礼は完了となりました。放送終了から三ヶ月あまりで上尾から群馬、果ては韓国に至るまで巡れるとは思っていませんでした。特に韓国に至っては半ば勢いで行ってきた部分もあり(笑。またこの短期間の間に最終回の登場店が閉店してしまうという寂しい事件もありました。
でも終わってみればどの店も本当においしかったし、楽しかった。それぞれの聖地巡礼に同行してくださった方々、一部はムチャ振りしたにもかかわらずお付き合いいただきありがとうございました。

次はまた年末年始の特番ですかね。それまでは今まで行った店にぼちぼち再訪してみたりしつつ、改めて自分なりの「孤独のグルメ」も開拓していこうと思います。

ごちそうさまでした。

孤独のグルメ Season7 Blu-ray BOX

B07CXK4NFM

関連ランキング:焼き鳥 | 中野駅新井薬師前駅

■ドラマ『孤独のグルメ Season7』聖地巡礼エントリーまとめ
第一話 埼玉県上尾市本町の肩ロースカツ定食 / 再訪
第二話 東京都世田谷区経堂の一人バイキング
第三話 東京都港区南麻布のチョリソのケソ フンディードと鶏肉のピピアンベルデ
第四話 群馬県甘楽郡下仁田町のタンメンと豚すき焼き
第五話 東京都荒川区三河島の緑と赤の麻婆豆腐
第六話 千葉県浦安市の真っ黒な銀だらの煮付定食
第七話 東京都墨田区東向島の納豆のピザと辛いパスタ / 甘味パート
第八話 東京都中野区百軒横丁のチキン南蛮と地鶏モモ串
第九話 韓国チョンジュ市の納豆チゲとセルフビビンパ
第十話 韓国ソウル特別市の骨付き豚カルビとおかずの群れ / 間食パート
第十一話 千葉県千葉市の特製ニンニクスープと生鮭のバター焼き
第十二話 東京都中央区八丁堀のニラ玉ライスとエビチリ / 再訪
→その他の聖地巡礼エントリーはこちら

投稿者 B : 20:56 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2018/10/05 (Fri.)

東京都中野区百軒横丁のチキン南蛮

「中野。ちょいちょい来ているわりに、ブロードウェイはよく知らない」

中野ブロードウェイ

ドラマ『孤独のグルメ Season7』聖地巡礼もついにここが最後のお店となりました。中野は以前お正月スペシャルでも取り上げられたエリアですが、今回は駅の反対側に舞台を移して再登場。

中野のこちら側ってカメラ店があったりブロードウェイがあったりするマニアックな界隈で、私もフジヤカメラは時々覗きに来るものの、逆にフジヤカメラよりも奥に足を踏み入れたのは今回がほぼ初めて。「百軒横丁」の名の通り飲み屋ばかりが百軒は並んでいようかという呑兵衛の聖地でした。夜にもなるとここはお祭り会場かという人混みに溢れ、ものすごい活気があります。

泪橋(なみだばし)

泪橋

実はここ、ドラマ放送前に何度か訪れたり予約の電話を試みたりしたんですが、ことごとく撃沈(;´Д`)。ドラマに登場する前から主に常連さんで賑わう人気店だったようで、私のような一見さんが入店するにはうまくタイミングが合わないと難しそう。

というわけで、今回は平日 17 時の開店と同時に突撃してみました(笑。

泪橋

平日の、まだ働いてる人も多い時間帯にも関わらず、開店直後から既にカウンターが埋まり始めている。どうなってるの中野(;´Д`)。
結局手前側のカウンターは全部埋まっていて、カウンター奥の席につくことができました。

この大量に吊り下げられたメニューの短冊、いいじゃないか。こどグルに出てくる飲み屋の王道中の王道という感じ。

泪橋

まずは生ビールから。まだ外も明るいうちから飲むビールのうまさといったらありません。
この瞬間に、自分もこの中野ののんちゃん、べえちゃんの仲間入りをしてしまった。

泪橋

お通しは枝豆とポテサラ。飲み屋のド定番だけど、むしろそれがいい。
ポテサラはちょっと塩気が強めで、まさに正しいつまみだ。定食屋では味わえない味だ。

泪橋

マスターの「今日は地鶏の刺身四点盛りがオススメですよ」との一言に乗って、まずは鳥刺し。
鶏わさ、タタキ、レバー、砂肝という盛り合わせ。「ふらっと QUSUMI」で久住さんが食べていたタタキは食べようと思っていたからちょうど良かった。

特に気に入ったのはレバー。この濃厚でトロッとしたレバー、相当イケル。
さらには砂肝!焼き鳥では定番と言って良いくらいよく食べる砂肝だけど、刺身はたぶん初めて。この状態でもコリコリしていて、焼いたのよりもシャッキリしてて、うまーい。
これはいきなり強烈な先制パンチを食らった気分だ。

泪橋

そして焼きとん五本盛り。実はさっきの生ビールと合わせて「おつかれ様セット」、980 円。
このパンチの連打、真っ向から受け止めよう。

それぞれオーソドックスながら、焼き手の確かな仕事ぶりが伝わってくるうまさ。どれにも手抜きが一切ない。
ああ、本当に心ときめくうまさだ。このスゴイの五発もらって、飲み始めたばかりだけどもうリングに沈んでもいい。

泪橋

もはや瞬間的に生ビールが消滅してしまったので、飲み物はハイボールに移行。
ちょっとウィスキーが薄いような気もするけど、まあこの辺は雰囲気が大事。

泪橋

続いて五郎's セレクションの中から、豚ばら味噌串と鯖串。

味噌ブー、ガッツリ脂が乗った豚バラにしっかり味噌、濃い味だ。
豚バラっていつ食べても期待を裏切らないよなあ。これはこんな居酒屋で食べてても白飯が欲しくなる、ゴローちゃんの気持ちが分かる。

泪橋

さあ、サバ串。
残念ながら一本しかないとのことで、串から外してシェア。

ほ~、これは串に刺した焼き魚だ。いいじゃないか。
飲み屋で焼き魚ってそれだけで満腹コースだけど、こうやってつまみとしてちょっと食べられる鯖串、これはアリ。

泪橋

「サバは今日もう一本しか残ってないけど、代わりにサンマがありますよ」とオススメされたのですかさず頼んでしまったサンマ塩焼。そういえば今年はサンマが豊漁という話だったのが、地震の影響で値上がってしまって、結局まだ一回しか食べてなかったから嬉しい。

いやぁおいしい。サンマって白飯もいいけど酒のつまみにもイイよなあ。一尾くらいペロッといけてしまう。
さっき「飲み屋で焼き魚ってそれだけで満腹コース」と言ったところだけど早速撤回します(ぉ

泪橋

焼きとんがおいしかったからホルモン系を一本追加。「キク」という小腸の周りの部分らしいけど、通常のホルモンよりもさらに脂乗りのいい、まさにホルモンの王様みたいなやつ。
こんなホルモンを食べてしまったら、普通の焼きとんには戻れんぞ。

泪橋

そこに今回のメインたるチキン南蛮がどどーんと登場!
この大ぶりな唐揚げもすごいけど、その上に遠慮なくかかったタルタルソースがタルタリスト的にはたまらない。

さあ、どこから手をつけよう。

泪橋

ずっしり、これはいい鶏だ。タルタルがまたすごくいい。甘酢も効いてる。この濃い味、これが本場宮﨑のチキン南蛮なのか。
今までの俺のチキン南蛮史を塗り替えるうまさ。これはハイボールが何杯あっても追いつかないし、今後そんじょそこらの店でおいそれとチキン南蛮を頼めなくなりそうだ。

チキン南蛮、大正解の大満足。
でも、この時点でまた食べたもの全体の半分くらいだったりします(ぉ。
一回ではまとめきれそうもないので、後編に続く(笑

孤独のグルメ Season7 Blu-ray BOX

B07CXK4NFM

関連ランキング:焼き鳥 | 中野駅新井薬師前駅

■関連リンク
【Season7巡礼中】『孤独のグルメ』聖地巡礼 全店レポート Season1~7&原作 - NAVER まとめ

投稿者 B : 21:56 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2018/09/29 (Sat.)

炭火焼肉 本牧亭 その 6

大好きな焼肉店に行ってきました。

本牧亭

本牧亭

以前は半年おきくらいに来ていたこのお店。ちょっと間隔が空いてしまって約一年半ぶりの来店になりました。毎度、予約してから来店までが待ち遠しくなるお店です。
和牛一頭買いのため牛の銘柄が毎度違うわけですが、今回は茨城産でした。

本牧亭

季節によって、日によって変わるおすすめメニュー、毎度何があるか見るのが楽しみ。
いろいろありすぎて迷います。

本牧亭

まあとりあえずはビールを飲んで落ち着こう。
調子に乗って大ジョッキを頼んじゃいました。

本牧亭

肉が来るまでのつなぎとして、キムチ三種盛り。お店で丁寧に作られている感じの、しっかり辛いけどおいしいキムチ。ビールが進みます。

本牧亭

キムチ系でもう一品、甘海老のケジャン。先日韓国に行ってからというもの、いろんなキムチを試すのが楽しくて。
このケジャンは新鮮な甘海老のトロトロ感を残しつつ、甘さとキムチの辛味が良い具合に混ざり合って面白い味。初体験の味だけど、これは気に入りました。

本牧亭

珍味続きでミンク鯨の赤身刺。焼肉屋に来て珍味ばかり食べるのもどうかと思うけど、クジラの刺身を出すお店ってそう多くないので、メニューにあるとつい頼んでしまいます。
赤身らしく引き締まった野性味あるうまさ。かといって固いわけでなく、しなやかにおいしい。

本牧亭

そうこうするうちに肉が届いたので早速焼いていきます。
ここに来るととりあえず頼むのが「ファミリー盛り」。焼肉屋に来たら漏れなく食べるでしょ?というカルビ・ロース・ハラミ・赤身薄切りがセットになっていて手っ取り早い。

本牧亭

赤身薄切りはタレをつけた上で卵黄に浸して食べると本当にうまい。生きてて良かった、最近がんばってて良かった、と思える味。生きるモチベーションが湧いてきます。

本牧亭

三浦半島の契約農家から仕入れているという野菜は見るからにみずみずしい。焼肉屋の野菜焼きって「自分の健康への言い訳のために一応食べておく」という位置づけだと思っているのですが(ぉ)、ここの野菜は肉がなくても成立するくらいのうまさだと思います。毎度品揃えが違って、何が出てくるかも一つの楽しみ。

本牧亭

そりゃあ焼酎も進むというものです。

本牧亭

おっと、肉を食べたい気持ちが逸るあまり、タン塩を食べるのを忘れていたよ。というわけで、カルビやロースと順番が前後しちゃったけど、タン塩を追加。脂乗りの良さに炭が炎上してしまう勢い。そこにマスターがやって来て、水をかけて火の勢いを抑えてくれます。

本牧亭

本場韓国の焼肉も良かったけど、やっぱり日本人には和牛の焼肉が最高なんだなあ...と改めて感じる肉のうまさ。
本当は肩サンカクとかホルモンとかも頼んだんですが、食欲が勝ってしまって写真を撮り忘れました(ぉ。

本牧亭

〆は玉子スープ&ライス。シンプルな玉子スープが出てくるかと思ったら、かなり具だくさんで驚きました。これ、玉子スープっていうかライス抜きクッパですよね。
というわけで、ライスは半分くらい焼肉と一緒に食べた後、玉子スープに入れてクッパ化(笑。焼肉ライスとクッパが一度で楽しめる、これはいい食べ方を発見した。

本牧亭

店内の壁じゅうに貼られている有名人のサインを眺めるのが毎回の楽しみの一つなんですが、今回は再ブレイクする前の DA PUMP の ISSA のサインを発見。これはこれで貴重かも(笑。
他にも、大和田獏&岡江久美子夫妻や松山ケンイチ&小雪夫妻のサインなど、芸能人がガチにプライベートで訪れているのが分かってなかなか面白い。その価値がある店だと思います。

今回も本当においしかった。次回またこの店に来れるように、今後もがんばって生きていこうと思えます。
ごちそうさまでした。

関連ランキング:焼肉 | 長原駅旗の台駅北千束駅

投稿者 B : 22:29 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2018/09/19 (Wed.)

恵比寿 九十九ラーメン

普段あまり外でラーメンを食べようと思うことも多くないのですが、珍しくガッツリとしたラーメンが食べたくなったので、以前から気になっていたこちらのお店に行ってみました。

九十九ラーメン

九十九ラーメン

恵比寿にある九十九ラーメンです。

人気店とのことで行列ができているかな、と心配しましたが、私が行ったときには行列はなくほどほどの着席率。待たずに座れたのはありがたい。

九十九ラーメン

メニューはとんこつ、醤油とんこつ、味噌とんこつ...というところまでなら、まあよくあるとんこつラーメン店という感じではあります。が、この店の特異なところはその上にある「元祖マル究チーズラーメン」。丼の上にガスン!と粉チーズが載ったとんこつラーメンで、こんなの他では見たことがありません。これ、チーズ好きとしては以前から一度食べてみたかった。

九十九ラーメン

サイドメニューも豊富。定番の餃子やチャーシュー丼なんかもありますが、ここでも焼きチーズおにぎりとか、攻めてます(笑

九十九ラーメン

そんなわけでとりあえず餃子から。小ぶりだけど名前の通り皮がパリパリに焼かれていて、具がちょっと濃いめの味付けなこともあってビールに合いそう。ラーメン屋の餃子ならこういうのが嬉しい。
写真左上は無料トッピングのピリ辛もやしですが、トッピングというからラーメンに載ってくるのかと思ったら別皿なんですね。これならやっぱりビール頼めば良かった...。

九十九ラーメン

こちらはチャーシューと味玉の組み合わせによる「マル特セット」。すごく特徴があるわけではないけど普通においしい。
これも別皿提供なので、諸々サイドメニューを合わせて生ビールが 1~2 杯いけてしまいそうな感じ。最初から飲んじゃうつもりで来るべきだった(笑。

九十九ラーメン

そして出てきた本命チーズラーメン。
このチーズの山!写真で見たことがあっても実物を目前にすると本当にすごい。これはまるで、チーズのエアーズロックやー(違

九十九ラーメン

もやしの基礎(笑)の上に、北海道産ゴーダチーズの粉末がうずたかく積み上げられています。
これを好みでスープに溶かしたり、麺に絡めていただきます。

九十九ラーメン

スープ自体はオーソドックスなとんこつ味噌系。だけど、ここにチーズを溶かし込んでいくことで、ラーメンのスープとは思えない濃厚な何かに変容していきます。チーズを大量に溶かすとかなりパンチのあるチーズスープが出来上がっていきます。

九十九ラーメン

麺は歯ごたえの良い中太麺。スープに入れたチーズがとろけて麺に絡まり、独特の風味が味わえます。これが細麺だったらチーズに負けていたに違いない。
チーズの存在によってスープも麺も様変わりし、これはもはや「ラーメンではない何か」ではないかと思います。味噌風味のチーズスープスパゲティ的な何か。ラーメン道からいったら邪道なのかもしれませんが、それでもこれはクセになりそう。

当初の目的とは違い、ラーメン欲とは違う部分が満たされたような気がします。でもチーズ好き的にはこれはアリ。また時々食べたくなりそうです。

関連ランキング:ラーメン | 恵比寿駅代官山駅広尾駅

投稿者 B : 23:19 | Gourmet | Ramen | コメント (0) | トラックバック

2018/09/17 (Mon.)

八丁堀「中華シブヤ」よ永遠に

「これを食べずして、ニラ玉を語るべからず」

中華シブヤ

ドラマ『孤独のグルメ Season7』の八丁堀の聖地にまたやって来てしまいました。他にも再訪したいお店はいくつかあるものの、ここ「中華シブヤ」が今月末で閉店してしまうという噂を耳にしては、他の店を後回しにしてでももう一度食べにこなくてはならないというもの。ドラマ登場店でその後閉店してしまったお店はいくつかありますが、放送からこれだけ短期間のうちに移転ではなく完全閉店というのは例がなく、巡礼者としては本当に淋しい。

中華シブヤ

中華シブヤ

店先には閉店を告げる貼り紙が。しかもこの達筆。
築地市場の 10 月の豊洲への移転を控え、店主の高齢化もあって食材の仕入れが困難になるというのが大きな理由のようです。基本的に老夫婦とパートのおばちゃんで回していた店だし、後継者のあてもないんだろうし、仕方のないことなんでしょうがそれにしても残念。まあドラマきっかけで数回来ただけの私なんかより、昔から日々通っていた近隣のサラリーマンたちの方がよほど残念がっているに違いない。

今回はお昼前の開店に合わせて来たところ、既に十人以上の行列。しかも一巡目の客は着席するや否や、パートのおばちゃんが「はい、ニラ玉の人~!」と言いながら挙手で注文を取っている(笑。ドラマ放送前からこうだったのか、放送後の混雑でこういうシステムになったのか分かりませんが、こういうノリ嫌いじゃない。しかも八割方のお客さんがニラ玉!本当に大人気だな。

中華シブヤ

一方で私はチャーシューメンを注文しました。以前来たときは放送前だったから勘で普通のラーメンを食べたところ、実際の放送ではゴローちゃんがニラ玉・エビチリの後にまさかの追いチャーシューメン(;´Д`)ヾ。改めて、あのたっぷりチャーシューを食べておきたかったのです。

それにしても、肉食欲を刺激する見た目。チャーシューメンはこうでなくっちゃ。
本当に何のてらいもないチャーシューメンだけど、だがそれがいい。

中華シブヤ

ラーメンは音を立てて啜ってこそうまい。麺とスープが歌い踊り、口の中にうまさを弾けさせる。

チャーシュー、しっかり味が染みている。この店の誠実さが染みこんでいる。
こういうチャーシュー、最近食べてなかったなぁ。これを五枚も食べられる幸せたるや。

コク深いスープに緩めの麺。それをしっかりチャーシューで締める。これこそど真ん中、庶民中華のチャーシューメンですよ。

中華シブヤ

そして...これが最後ならば絶対に外せない、ニラ玉も頼んじゃいました。
チャーシューメンとニラ玉どっちも食いたい、しょうがないやつです。

この大量のニラを油でジャジャッと炒めてトロトロ玉子を載っけたニラ玉。
一度味わってしまうと、この映像が目の前に現れただけで涎が分泌してくる。

中華シブヤ

ニラ、味が濃い!強い!そして太い!

ん~、ワイルド。野生の裸のニラのうまみだ。
そしてそのニラを引き立てる抜群のタレ。チャーシューメンを頼んでおいてなんだけど、やっぱりこれは白飯が欲しくなる。

中華シブヤ

完食。ああ、うまかった~。
これだけ食べても 1,300 円というのも嬉しい。ニラ玉ライスだけなら 800 円でお腹いっぱいになっちゃうんだもんなあ。

中華シブヤ

店内には放送前に来たときにはなかった松重さんのサインが。しかもガチャコレクションのメモスタンドフィギュアが添えてあるのがお茶目(笑。

閉店まで、あと十日あまり。一見どこにでもありそうだけど、他に類を見ない町中華。こういう店にスポットを当てたのは『孤独のグルメ』らしいけど、それ故にこんなに早く閉業してしまうのはあまりにも惜しい。でもそれも含めて時の流れなんだろう。

最後にこれが食べられて良かった。
本当にごちそうさまでした。

そして、お疲れさまでした。

孤独のグルメ Season7 Blu-ray BOX

B07CXK4NFM

関連ランキング:中華料理 | 宝町駅京橋駅八丁堀駅

■関連リンク
【Season7巡礼中】『孤独のグルメ』聖地巡礼 全店レポート Season1~7&原作 - NAVER まとめ

投稿者 B : 21:56 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2018/09/14 (Fri.)

埼玉県上尾市本町の肩ロースステーキ定食

「この肉なら永遠に食べ続けられる、そんな気がします」

キセキ食堂

この店にはもう一度来たいと思いつつ、初回の巡礼から早五ヶ月。久しぶりに埼玉県上尾市にやってきました。都内からだと近いようで、微妙に遠いこの位置関係。

こちらのお店の人気はまだまだ衰えていないようで、食事時に来たのではまず入れないらしい。ということで、前回同様朝から予約を取りにやってきました。
ただ前回と違うのは、開店時間が 10:30 に(併せて予約開始時間も 9:30 に)早まったことと、予約時に入店時間が確定してその時間に再度お店まで来れば良いということ。近隣への配慮も含め行列ができないようにしたということでしょう。すっかり店前で二時間くらい並ぶつもりでいたので、これは助かります。

キセキ食堂

キセキ食堂

店内は相変わらずずっと満員。この日も開店から 13:30 まではずっと満席で、それ以降は並べば 13:30 以降材料がある限りはありつけるかもしれない、という状況でした。
私はちょうど 10 時にお店に着いたところで 12:30 の回に予約成功。

キセキ食堂

在庫表示の札は、12:30 の時点で既に牛タンが売り切れ。
まあ私の今回の目的のものは残っていて良かった。

キセキ食堂

メニューは...あれ?前回と少し内容が変わっているような。
肉の量が選べなくなったのと、少し値段も上がっています。まあ以前の値段が味に対して異様に安かったとは感じていたので、適正価格に近づいたということでしょう。選択肢が減ったのも、たくさんのお客さんに効率よく対応するためには致し方ないのかもしれません。
またゴローちゃんのように「キセキのカツ定食+キセキのステーキ単品 100g」という注文はできなくなっており、ランチタイムは原則一人一品になっているようです。

キセキ食堂

そうこうするうちに、今回のお目当て「キセキのステーキ定食」のお出ましだ。
おお...数ヶ月恋い焦がれたこのロース肉に、こうして再会できるとは。

キセキ食堂

この分厚さ!ゴローちゃんが食べていた 100g とは桁が違う貫禄。
さあ、どう攻めようか。

キセキ食堂

カウンター上に並んでいる無数のソースの中から、まずはステーキソース。
オーソドックスな甘みのあるソース。これはご飯いらない、肉で肉が食える。

続いてオニオンソース、確かにイケル。
ステーキソースとはまたちょっと違うタマネギの風味がいい。
生姜焼きが定番になるように、豚肉とタマネギは相性いいんだ。

キセキ食堂

そして塩レモン。とんかつを食べたときも塩レモン、うまかったよなあ。

ああ...この肉。肉自体からうまみを感じられるから、ソースじゃなくてこういうシンプルな味付けのほうがおいしいんだ。
筋張った感覚がほとんどない柔らかい肉から染み出る肉汁を、ストレートに味わえる。

キセキ食堂

最後はわさび醤油。
これがまた...う ま い ! !

熟成豚肉のふくよかなうまみをわさびがキリッと引き締めて、そこに日本人の心の味・醤油の乗数効果。
このステーキは、わさび醤油がベストアンサー。

これはまさに奇跡のうまさだ。今俺が噛み締めているものは、肉の形をした幸せだ。
俺の舌は今、感動にむせび泣いている。

キセキ食堂

ああ、おいしかった。
とんかつもすっごく良かったけど、ステーキも甲乙つけがたい。
ここの肉は、なかなか他じゃ食べられないぞ。

そのうちまた思い出したように食べたくなるんだろうなあ。
ちょっと遠いけど、がんばってまた来るしかないか。

ごちそうさまでした。

孤独のグルメ Season7 Blu-ray BOX

B07CXK4NFM

関連ランキング:ステーキ | 上尾駅

■関連リンク
【Season7巡礼中】『孤独のグルメ』聖地巡礼 全店レポート Season1~7&原作 - NAVER まとめ

投稿者 B : 22:56 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2018/09/11 (Tue.)

都立大学 ベジタブルイタリアン yakumo111

都立大学方面に行く用事があったので、ランチはこちらのレストランでいただいてきました。

ベジタブルイタリアン yakumo111

yakumo111

めぐろパーシモンホール内にあるイタリアンレストランです。
店名はこのあたりの地名(目黒区八雲)に由来している模様。

テラス席もある明るく開放的な雰囲気のお店です。「ベジタブルイタリアン」を名乗っているだけあって、女性客が多め。この付近に住んでいると思われる奥様方のランチ会や子連れランチによく使われているようで、賑やかだけどそのぶん気兼ねなく利用できそうな感じ。

yakumo111

ランチメニューにはサラダビュッフェがついてきます。ファミレスのサラダバーのちょっと豪華版くらいかな、と思っていたら、野菜は 30 種類くらいあり、しかも全て国産有機野菜というから驚きました。サラダで空心菜とか初めて見たし、生野菜だけでなく温野菜も豊富。サラダビュッフェコーナーには新鮮な野菜の香りが漂っていて、まるで畑にいるかのような感覚さえあります。
パンも 2 種類が食べ放題ですが、こっちはまあ普通かな。

yakumo111

ハーブティーもフリードリンク。私はお茶方面はあまり詳しくないのですが、オリジナルブレンドのハーブティーが 4 種類から味わえます。

yakumo111

ついつい野菜を大皿に山盛り取ってきてしまいました。一つ一つの野菜が新鮮でおいしい上に、手作りのドレッシングがまたいい。香味みそとか生姜はちみつといった市販ではまずない濃厚なドレッシングで、これがおいしい。
サラダビュッフェだけおかわりするくらいおいしかった。なんとメイン料理なしでサラダビュッフェ+ハーブティバーだけのランチメニューもあるようですが、確かにこれだけ野菜でお腹いっぱいにできるならアリかも。

yakumo111

メイン料理、チキンのチーズオーブン焼き。表面がカリッと焼かれたチキンにチーズがとろけて期待を裏切らない味。
添えられている温野菜類も種類豊富で嬉しいじゃないですか。

yakumo111

豚バラ肉のバルサミコソテー。食べでのある豚バラ肉をバルサミコソースでさっぱりといただけます。
豚肉単体で食べてもおいしいけど、副菜のラタトゥイユと一緒に食べると味に奥行きが出てなおおいしい。

yakumo111

真鯛のポワレ。表面はサクサク、身はホクホク。
鯛そのものはちょっと淡泊だけど、これもラタトゥイユや温野菜に絡めることでおいしさが高まります。

ああ、この店ではやっぱり野菜が主役で、主菜すらこの温野菜にうまみを足すために用意されているんじゃないかと思えます。それくらい、野菜がおいしい。

yakumo111

私自身は有機野菜とかそっち方面にはあまりこだわりがないのですが、この店の野菜は確かにおいしかった。メイン料理よりもサラダと温野菜で満足するというのも珍しいけど、たまにはこういうのもいいですね。

近くに来る機会があればまた利用しようと思います。
ごちそうさまでした。

関連ランキング:イタリアン | 都立大学駅

投稿者 B : 23:11 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2018/08/29 (Wed.)

韓国の本格焼肉店「ポドゥナムチッ」

一ヶ月引っ張ってきた韓国レポートもこれが最後です。

せっかく韓国に来たからには聖地巡礼以外にも焼肉を味わっておきたい。というわけで、ソウルを代表する焼肉の名店に足を運んでみました。

버드나무집 (ポドゥナムチッ)

ポドゥナムチッ

日本でいうところの叙々苑のような、焼肉店の代名詞的なお店らしいです。ソウル市内にいくつかの支店を持っているだけでなく、ハワイにも出店しているとか。
良才(ヤンジェ)駅の近くにあるこちらの店舗は本店ということで、4 階建て・400 席(!)という規模の大きさに驚きます。

ポドゥナムチッ

何はなくともビール。hite エクストラコールドをいただきます。
苦みの少ない爽やかなビールで、この暑さにはありがたい。水代わりにグイグイ飲めてしまいます。

ポドゥナムチッ

一口めを飲んだか飲まないかの内に、どんどん運ばれてくるおかずの群れ。この韓国スタイルにももう慣れましたが、こんな高級焼肉店でも同じなんですね。でもキムチ類に加えて生野菜っぽいものの種類が多めなのが大衆店とはちょっと違う感じ。

ポドゥナムチッ

こちらはニラとタマネギの酢漬け...かと思ったら、これが焼肉のタレとのこと。日本の焼肉ではあまり見ないスタイルだけど、このタレがおいしいんです。

ポドゥナムチッ

肉を焼く前に、まずはユッケから。日本ではなかなか食べられなくなってしまっただけに嬉しい。
しかも高級店らしく凝った盛り付け、ユッケの下に敷かれているのは梨。ユッケと一緒に食べると生ハムメロン的にお互いのうまみを引き出し合って、むちゃくちゃうまい。久々のユッケをこんな形で味わえるとは、何という僥倖。

ポドゥナムチッ

焼肉はロースから...だけど、焼肉というよりステーキ然としたこのカタマリ肉!
これは食べる前からテンション高まります。

ポドゥナムチッ

この店の焼肉は基本的に店員さんが焼いてくれるスタイル。
自分では特に何もしなくても、目の前で手際よく焼かれていきます。

ポドゥナムチッ

表面に焼き目がついたところで例によってハサミでジョキジョキ刻まれていきます。
このロース、日本の焼肉に負けず劣らずサシが入っていて、見るからにうまそうだ。

ポドゥナムチッ

肉が焼けたら、タレの野菜と一緒にいただきます。
お~、この肉の上質感。漢南で食べた肉々しい焼肉とは対極にあって、でもこっちの焼肉も間違いなくうまい。

ちなみにタレの野菜はなくなったら補充してくれます。とにかく何でも自動的におかわりが来る韓国のシステムはここでも健在。

ポドゥナムチッ

ここでビールを kloud に変えてみました。これも韓国のビールですが、こちらのほうが日本のビールに近いしっかりした苦みがあって、この店の焼肉には合ってると思います。

ポドゥナムチッ

そして肉はハラミに移っていくわけです。
こちらの焼肉には生ニンニク(しかもスライスされていない)がついてくることが多いようですが、火が通ってホクホクになったニンニクと焼肉のコンビネーションがまた高い破壊力を誇っています。明日の自分の匂い?そんなの気にしてたら真の韓国は味わえない(ぉ

ポドゥナムチッ

さらにヤンニョムカルビ(味付き骨付きカルビ)。骨のついた肉をそのまま網で焼いていき、ハサミで大胆に切り分けていただくのが韓国焼肉の醍醐味と思い知りました。肉々しいカルビに濃いめの味付け、看板メニューらしい存在感。うまい!
韓国焼肉、日本の焼肉と似ているようで随分違う。高級店だろうと気取らずにガツガツ食べる、これでこそ焼肉。

ポドゥナムチッ

デンジャンチゲ(味噌チゲ)。納豆チゲでもちょっと感じたけど、こっちのチゲはダシというかコクが浅めで、日本の味噌汁的な味わいを期待するとちょっと肩透かし。焼肉とかキムチとか入れてうまみを足してやりたくなりますね。

ポドゥナムチッ

〆は冷麺。オーソドックスな冷麺ですが、金属製の器からしてキンキンに冷えていて、それと同じくらいよく冷えた麺の喉ごしがいい!熱いものや辛いものをハフハフ言いながら食べた後にすごく嬉しい締め。私は焼肉の〆というとクッパかビビンパ派でしたが、この冷麺はクセになりそう。

ポドゥナムチッ

食後に自動的に出て来るっぽいのがこのパイナップルと梅茶。パイナップルをこういう形で食べることもあまりないから嬉しい。そしてこの梅茶!ややシャーベット状になっている梅茶、ほんのりした甘さが爽やかで口と胃をリフレッシュしてくれます。焼肉の最後にこんな梅茶を飲んだのは初めてだけど、これ最高の口直しなんじゃないでしょうか。焼肉と同じくらい感動してしまいました。

おいしかった~。かなりいい値段のする焼肉でしたが、その価値はありました。
日本の焼肉とは似て非なるものだけど、どちらも甲乙つけがたい良さがあります。こういう韓国スタイルの焼肉店、日本にもあるならちょっと探してみたくなりました。

カムサハムニダ、ごちそうさまでした。
ソウルからは以上です。

버드나무집 (ポドゥナムチッ) 本店

投稿者 B : 22:29 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2018/08/24 (Fri.)

金沢 回転寿司「すし食いねぇ!」

帰省中に食べてきたものの話です。

金沢ではほぼ毎年必ず寿司を食べているわけですが、今年は新規開拓してきました。

金沢・富山の回転寿司「すし食いねぇ!」

すし食いねぇ!

この店名を見た瞬間に「あの楽曲」が脳内に流れ始めたあなたは間違いなく四十代以上です(ぉ。石川・富山に数店舗を構える回転寿司チェーンのようですが、こちらの店舗は二年ほど前にオープンしたばかりということで随分新しい。お盆期間ということで、ディナータイムより早めの時間にも関わらず待ち行列が発生していました。

すし食いねぇ!

かなり広い店内。北陸の回転寿司店は東京に比べて広々としているところが多いですが、この店はその中でもかなり広い。手前のカウンター席に加えて、奥にはテーブル席と小上がり席が合計 18 ブース(全部で 100 席超!)備えられていて、家族連れ等でテーブルに着席することを前提とした店作りになっているようです。ちょっとしたファミレスより広いくらい。今回はテーブル席を利用しました。

すし食いねぇ!

これだけ広いとテーブル席からは板場が完全に見えないため、注文はタッチパネルで行います。これなら『孤独のグルメ』の廻転寿司回のように注文が通らないということはまずないし(笑)、オーダーが正確にカウントされるから精算時に皿を数える必要もない。合理的にできています。
タッチパネルの左右にある「上段」「下段」のボタンについては後述。

すし食いねぇ!

ま、とりあえずはビールから。
これだけ暑いとキンキンに冷えたビールが本当にうまい。

すし食いねぇ!

注文した寿司を運んでくるのは例によって新幹線。
しかしこの店はテーブル席が主体なため、通常の回転寿司のベルトコンベアがあるのはカウンター席のみで、テーブル席にはコンベアは回ってこず、全て注文制で新幹線が運んでくる方式になっています。先ほどの「上段」「下段」ボタンはこの新幹線のレーンが上下二車線になっているためで、運んできた新幹線を厨房に返送するためのボタンだったわけです。

すし食いねぇ!

「氷見づくし」の三貫盛り。地元富山湾の懐かしい味がセットで楽しめるのが嬉しい。
こうやって故郷の新鮮な味覚に触れると、帰ってきたなって実感が湧きます。

すし食いねぇ!

甘えび。これだけプリップリでトロトロの甘えびは地元でなければ味わえません。
しかもこの甘えび、かなりうまい。これまで食べた回転寿司の甘えびの中でもトップを争うクラスでいいネタ使ってます。

すし食いねぇ!

そして富山湾の至宝、白えび。これも帰ってきたら味わいたいものの代表格ですが、今年は不漁で白えびが高騰しているらしく、たった一貫で 400 円以上(!)。白えびなんて、子どもの頃には味噌汁に殻のまま無造作に入っていたくらいだったのに(しかも殻が口に刺さりまくるから、昔はあまり好きじゃなかった)。
そんなわけですっかり高級食材になってしまった白えび、久しぶりに食べるとやっぱりおいしい。でもちょっとしかないから味わって食べました。

すし食いねぇ!

富山を代表するネタが続いたので、続いて石川っぽいものをと思いトラフグの握り。隣県でも意外と富山では食べないネタです。
さっぱり、コリコリしておいしい。

金沢を代表するネタといえば何と言ってもノドグロなんでしょうが、そういうのは帰省シーズンだと大人気ネタになるせいか、この日は既に売り切れ(´д`)。ノドグロ食べたかったなあ...。

すし食いねぇ!

ともあれ、やっぱり寿司をいただくと日本酒が進んでいくわけです。
あぁ旨い。

すし食いねぇ!

まあ、富山人としてはノドグロがなくてもブリがあれば生きていけます。日本海側の住人としては、やっぱりマグロよりもブリが魚の王様なんだよなあ。
ドドンと四貫でも軽くいけてしまいます。

この店、回転寿司店としてはかなりレベルが高いんじゃないでしょうか。少なくともここ数年の帰省時に行った富山・石川の回転寿司店の中では一番おいしかったような。ネタの質がいいんでしょうね。
とはいえ北陸の回転寿司はかなり競争が激しくて、いいと思った店でもいつの間にか味やネタの大きさが落ちていたりして、ガッカリしてしまうことも少なくない。この店には今のクオリティを維持してくれることを期待しつつ、来年もぜひ来ようと思います。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:回転寿司 | 野々市工大前駅野々市駅(北陸)押野駅

投稿者 B : 22:44 | Dinner | Gourmet | コメント (0) | トラックバック

2018/08/18 (Sat.)

六角堂 Grill&Bar その 3

帰省を終えて東京に戻ってきています。
金沢ではそろそろ毎年恒例となっている六角堂でステーキをいただいてきました。

六角堂 Grill&Bar

六角堂 Grill&Bar

毎年行っていても何か目新しいことがあるというわけでもないんですが、いつ行ってもこの店はいい。
金沢の中心街ではなく、少しだけ離れた卯辰山にあって、観光客があまりおらず落ち着けるのもポイント。北陸新幹線フィーバーはもうひと段落したものの、それでもハイシーズンの兼六園やひがし茶屋街付近はちょっと近づきたくないほどに混んでいます。

六角堂 Grill&Bar

六角堂の中でも別館にあたるこの「Grill&Bar」は基本的に個室・半個室ベースで、多人数で落ち着いてテーブルを囲むのに向いています。この時期だと私同様に帰省ついでに来た家族連れの利用が多いようで、ほぼ予約必須と言えます。

六角堂 Grill&Bar

山の上(といっても山頂で標高 140m 程度ですが)なので眺めは良く、金沢の街を一望できます。部屋にもよるけど方角的には金沢駅~兼六園方面のはずで、市内でも最も良い景観のもとで食事ができるわけです。

六角堂 Grill&Bar

ランチコースはまずサラダから。
そしてここに来たらまずビールを頼まざるを得ません。昼間っから堂々と飲めるのもお盆休みならでは。

六角堂 Grill&Bar

鉄板の上ではニンニクスライスが炒められ、いい香りが食欲をそそります。
これはサラダ食べてる場合じゃない(笑

六角堂 Grill&Bar

カリカリに仕上がったニンニクスライスがサーブされると、ステーキソースをちょっとつけてつまみながらビールが進みます。

六角堂 Grill&Bar

目の前では、今炒められたニンニクの香りが移った鉄板の上に肉が載せられ、焼かれていきます。
肉の端っこの脂身の部分をあえて先に切り分けて、これだけカリカリに焼いてくれるのもまた嬉しい。

このシェフの美しい仕事ぶりがいい酒の肴にもなるわけです。

六角堂 Grill&Bar

そうこうするうちにステーキが完成。ミディアムレアでこれくらいの赤さが残っています。
私は和牛は高くて手が出ないためいつもオージービーフを注文するんですが、オージーでも十分おいしい。最近はサシがたっぷり入ったのよりもこれくらいの赤身肉のほうが飽きずに食べられるようになりました。

六角堂 Grill&Bar

そしてニンニクと肉汁が溜まった鉄板の上では、今度はもやしが炒められていきます。
普通ならば肉が最後に登場するところが、ここではあえてもやしが後。肉汁を吸ったもやしのうまさを楽しんでほしいというお店側のこだわりが伝わってきます。

六角堂 Grill&Bar

うまみをちゃんと吸っているのにシャキシャキしている、この絶妙なもやし。素晴らしい。
ニンニクやステーキを先に食べきらずに、もやしの完成を待って一緒に味わうのがポイントです。

六角堂 Grill&Bar

白米、味噌汁、お新香も当然ぬかりなし。
今回も最後までおいしかった。

肉質だけでいったら他に良い店はいくらでもあるんだろうけど、接客の丁寧さ、仕事ぶりの美しさ、そして個室貸し切りでゆったり過ごせることまで含め、これだけ満足度が高いステーキハウスはそう多くないでしょう。

ごちそうさまでした。
今から一年後の帰省をまた楽しみにしています。

関連ランキング:ステーキ | 北鉄金沢駅金沢駅七ツ屋駅

投稿者 B : 22:29 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2018/08/15 (Wed.)

富山駅前 ぼてやん多奈加 その 2

お盆休みで帰省中です。

数年前に帰省時の拠点が金沢に移ってからは、故郷である富山には墓参りがてら立ち寄る程度になってしまいましたが、久しぶりに懐かしい味を思い出したくなって富山駅前まで足を伸ばしてきました。

CiC

高校時代によく通っていたお好み焼き屋に、六年ぶりに行ってみました。当時は駅前の古いビジネスホテルの地下にある狭くて古い店だったのが、三年ほど前に再開発に伴い駅向かいの CiC ビル地下に移転していたんですね。CiC は昔は最新のファッションビルだったのに、近年は半分近くが自治体関連のテナントになってしまい、駅前の空洞化を象徴するような状況なのが寂しいところ。

そんなことを思いながら地下を彷徨っていると、驚きの光景が。

ぼてやん多奈加

ぼてやん多奈加

ほとんどお客さんのいないこのビルの中で、ここだけ行列ができてるんですけど!!
最大で 20 人待ちの状況、しかも行列の 1/3 は今新幹線で富山に帰ってきました的な旅行者。昔から学生が並ぶ人気店ではあったけど、こんな行列は過去にも見たことがありません。

この店、焼くのに時間がかかるから待つと長いんだよなあ...と思いつつ、完全にここに食べに来るつもりだったから他に行くあてもないし。結局 1 時間ほど並んで入店。

ぼてやん多奈加

メニューはこんな感じで、お好み焼き店としてはいたってオーソドックス。でも、それでいいんです。

店内は、以前の店舗ならカウンターの後ろを通り抜けるのすら困難な狭さだったけど、今の店舗は新しく広々としています。マスターは代替わりして以前のマスターの息子さん(のはず)がメインとなり、女将さん(先代の奥さん)と若女将、あとバイト(?)二名という感じでスタッフも増えました。
それにしても女将さん、私が通い始めた 25 年前と外見がほとんど変わっていないことに驚きます(笑。

ぼてやん多奈加

ここのお好み焼きが他店と全く違うのが、お好み焼きが「四角い」こと。いったん鉄板に円く延ばしたお好み焼きの角を折りたたんでわざわざ四角くしているんです。でもそのお陰で分厚く、ふっくらと仕上がる模様。私は大阪でも広島でも名店と言われるお好み焼き屋にはそれなりに行ったつもりですが、未だかつてこんなお好み焼きを他に見たことがありません。

その代わりお好み焼きはじっくり 30 分かけて焼き上げるため、座ってからはけっこう待たされます。目の前にあるのになかなか食べられないのが辛い(笑。

ぼてやん多奈加

焼きそばは太麺を甘口ソースで作るタイプ。

基本的にお好み焼きはマスター、焼きそばは女将さんと役割分担が決まっている様子。お好み焼きは代替わりしても手さばきがまさに先代マスターのそれで、昔からの客としては懐かしくもあり、同時に技が受け継がれているのが嬉しくもあり。

ぼてやん多奈加

今回頼んだのはぶた玉(大)とオムそば(並)。昔から、ここでお好み焼きを食べるときはシンプルにぶた玉と決めていて、合わせる焼きそばで挑戦していくスタイル。一人だと両方食べるのは難しいけど、偶数人で来てお好み焼きと焼きそばを半々にしてもらうのがポイントです。

ぼてやん多奈加

オムそばは過去にもあまり食べたことがないんですが、味付けがケチャップとマヨネーズ半々で中間地点にカラシの線が引かれています。酸味のあるケチャップと甘いマヨネーズで二種類の味が楽しめるのが嬉しい。もちろん肝心の焼きそばそのものも期待を裏切らないおいしさ。

ぼてやん多奈加

お好み焼きはこれだけ分厚いのに、中は驚くほどフワトロ。記事自体も甘みがあるのに加えてソースもマヨネーズも甘口で、食感も相まって口の中にやさしい甘さが広がります。お好み焼きにソースを塗って焼いた上に大量のマヨネーズが載せてあり、味付けのメインはソースではなくマヨネーズと言えるほど。このマヨネーズがまた、自宅でマネしようとしても絶対にできないんですよね...。
この味付けも、他のどのお好み焼き店でも食べたことがない味。でも初めてこれを食べたときには驚いて、店名のイメージもあって「これが本場大阪の味に違いない」と思い込んでしまい、大人になってから大阪でお好み焼きを食べてイメージとの違いに驚いたという(笑

やはりここは唯一無二の味だと思います。帰省したら真っ先にここに来るのなんて自分くらいかと思っていたら、同じような人が多かったことにも驚きました(笑。個人的には、富山に旅行するならブラックラーメンよりもこれを食べに行くべきだと思っています。

この店が末永く続いてくれることを願っています。
ごちそうさまでした。

関連ランキング:お好み焼き | 電鉄富山駅・エスタ前駅新富町駅富山駅

投稿者 B : 22:15 | Gourmet | Junk Food | コメント (0) | トラックバック

2018/08/12 (Sun.)

明洞でチーズタッカルビ初体験

韓国に行ったら食べておきたいものがあったので、明洞(ミョンドン)まで食べに行ってきました。

유가네 (ユガネ)

ユガネ

去年くらいから日本でも流行っているチーズタッカルビ。私は今まで食べる機会がなかったのですが、チーズ好きとしてはせっかくなら本場で食べておきたいと思って。

明洞はソウルの原宿のような街で、ファッションやら飲食やらといったお店がカオスな感じで立ち並ぶ繁華街。流行のチーズタッカルビの店も複数あるわけですが、その中の一軒に突入してみました。

ユガネ

メニューにはチーズ以外にも様々な種類のタッカルビが載っています。タッカルビ自体は焼肉の一種のようですが、網ではなくすき焼き鍋のような鍋の上で鶏肉と野菜などの具を焼いた料理。タッカルビの「タッ(닭)」はタッカンマリの「タッ」と同じく「鶏」を指すようですね。

ユガネ

何はなくともビールから。韓国に来てから飲んで食べてばかりいる気がしますが気にしない(笑。

ユガネ

注文すると巨大なタッカルビ鍋がどーんと出てきて、その上で店員さんが肉と野菜を焼いてくれます。鶏肉に白菜、ネギ、タマネギ、トッポギを入れた上に辛そうなタレをかけて焼いていきます。これ、かなり辛そうだけど、いかにもうまそう。

ユガネ

店員さんは鍋をほんの 10~20 秒混ぜたら席を離れて、また数分したら混ぜに来て...というのの繰り返し。タレが均等に行き渡り、野菜が少ししなってイイ感じになってきました。まだ食べちゃダメですかね...?

ユガネ

鶏肉に火が通ったところで、チーズを鍋の周囲にドバーッと入れていきます。チーズは通常のとろけるチーズにチェダーチーズが混ざっていて、見るからに濃厚。

ユガネ

サラダやキムチはサラダバー形式になっているので、焼き上がりを待っている間に取ってきつつ、ビールのつまみにいただいておきます。

ユガネ

チーズがイイ感じに溶けてきました!これ、もう食べてもいいですよね。

ユガネ

ピリ辛の鶏肉をチーズに思う存分絡めていただきます。そうそうこんな味だろうなって思ってた!うまいうまい。

チーズフォンデュって大好きなんだけど、野菜とかパンとかソーセージみたいにセコいこと言ってないでガッツリ肉をつけて食べたいんじゃ!とは前々から思っていました。ある意味その望みを叶えてくれるのがチーズタッカルビだと思います。肉をメインにチーズに浸して食べられる悦楽、これは嬉しい。鍋にたっぷりあったように見えた鶏肉もチーズも残らず食べてしまいました。

ただ...おいしいんだけど、鶏に火が通った段階で焦げないようにコンロの火が落とされてしまうため、鍋周囲のチーズ部分が保温されず、食べているうちにチーズがどんどん固まっていってしまうのが残念この上ない。最初の一口めが一番おいしくて、最後は固まったチーズを剥がして食べるようなのも体験としては寂しい。これ、チーズ部分は別鍋でもいいから加熱し続けておけるようにしたほうが絶対いいと思うんですが。チーズが多少焦げ付いてしまっても、パリパリになったチーズもそれはそれでおいしいはず。これさえ改善できれば最強のチーズ料理の一つになれるんだけどなあ。

それでも初チーズタッカルビ、おいしかったし楽しかったです。
ごちそうさまでした。

유가네 (ユガネ) 明洞 2 号店

投稿者 B : 22:37 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2018/08/11 (Sat.)

東大門でタッカンマリを食す

先日韓国に行った際に、同行の某氏から「タッカンマリは一度食べたほうがいい」と勧められたので、東大門(トンデムン)へいそいそと。

陳元祖補身タッカンマリ

東大門は一帯が大きな市場になっていて、日本でいうアメ横のようであり、京都錦市場のようでもあり、また一昔前の秋葉原のようでもある、独特の空気が漂うエリアです。その一角にタッカンマリ横丁と呼ばれるタッカンマリ専門店が立ち並ぶ通りがあって、その中の一店に入ってみました。

この店は横丁の中でも有名店の一つのようで、店先には元サッカー日本代表の前園選手の写真が貼ってあったり、店内にも国外メディアで紹介された事例が貼ってあったりします。お客さんは観光客と地元(?)の人が半々という感じ。

진원조보신닭한마리 (チンウォンジョポシンタッカンマリ)

陳元祖補身タッカンマリ

席に着いたら問答無用でセットされる鍋(笑。専門店だけあってメイン料理はこれしかなく、注文しなくても人数分出すのが決まっているようです。メニューに載っているのは他に鍋の追加具材や締めの麺・飯、あと飲み物くらい。

陳元祖補身タッカンマリ

鍋には最初から丸鶏が一羽入っていて、店員さんが例によってハサミでジョキジョキ切っていきます。
一羽まるまるの姿をした鶏が目の前で解体されていくのってなかなかインパクトがありますね...。

陳元祖補身タッカンマリ

どんな店でもまず出てくるのがキムチ。
この店のキムチはちょっと浅漬け系だけど、さっぱりしていておいしい。

陳元祖補身タッカンマリ

そんなわけで、まだ昼前だけどビールが進むわけです。
こっちのビールって日本に比べると軽めでグイグイ飲める感じ。こう暑いとこれくらい飲みやすいほうがありがたい。

陳元祖補身タッカンマリ

メニューの裏にはタッカンマリの食べ方が日本語で解説されていました。日本人観光客がそうとう多いってことなんだろうなあ。
でも初めてのタッカンマリだから助かります。

陳元祖補身タッカンマリ

鶏が煮えるまでの間に、作り方に従ってタレを作っていきます。
醤油、酢、カラシ、ニンニクに豆板醤っぽい唐辛子を好きに混ぜて作るタレ。これ、ほぼ餃子のタレってことですよね。

辛い物好きだからと思って唐辛子を多めに入れたら、ちょっと調子に乗りすぎた(;´Д`)。
でも舐めてみた感じ、そんなに悪くない。

陳元祖補身タッカンマリ

そうこうするうちにイイ感じに煮立ってきました。
鶏はもう少し待ったほうが良さそうだけど、先に出来上がっているトッポギからいってみようじゃないの。

陳元祖補身タッカンマリ

お~、ウマイ!

屋台で食べたトッポギはめちゃくちゃ辛かったけど、こっちのトッポギは鶏のうまみを受け止めた深みのある味で、ピリ辛のタレにつけて食べるとすごくおいしい。
タレも辛いかと思ったら、案外これくらいでちょうど良い。

陳元祖補身タッカンマリ

こりゃマッコリにいくしかないでしょう。
日本ではなかなか飲めない生マッコリ。日本で飲めるのは加熱処理されてまったりした感じのが多いけど、生マッコリは微炭酸で乳酸菌飲料のような爽やかなおいしさ。タッカンマリにはビールよりもこっちだな。

陳元祖補身タッカンマリ

そしてついに鶏が出来上がりました。

鶏にネギ、エノキ、トッポギくらいしか入っていないシンプルな鍋で、日本でいう水炊きに近い鍋料理なんだろうけど、しみじみとうまい。きっとスープにいろんなうまみが入っているんでしょう。鍋料理って突き詰めるとこういうシンプルなのが一番うまいと思っているけど、これも相当うまい。ポン酢じゃなくて濃い味のタレで食べるというのがまたいい。

陳元祖補身タッカンマリ

〆は麺にしてみました。きしめんのような平たい麺にこのうまいスープがしみてすごくイイ。この鍋、鶏も良いけどやっぱりこのスープがキモなんだな。

陳元祖補身タッカンマリ

おいしかったのでさらにご飯も頼んで第二〆(笑。
ああ、これはご飯のほうがスープを吸ってうまくなるのかも。タッカンマリの〆雑炊、大正解。

丸鶏一羽を二人で平らげたのに、まだ食べられそうなくらい軽々食べられてしまう鍋でした。さっぱりした味わいで、この暑い時季でも全然イケルうまさだった。
シンプルなだけに自宅でも真似事くらいはできそうだし、今度やってみようかと。

진원조보신닭한마리 (チンウォンジョポシンタッカンマリ) 本店

投稿者 B : 22:36 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2018/08/06 (Mon.)

冷しハンバーグはじめました

Splatoon 展 at TOWER RECORDS に行ったときのこと。整理券をもらってから入場できるまで三時間くらいあったので、これはちょっとゆっくりランチでも食べてくるかと思い、渋谷の反対方面へと足を伸ばしてこちらのハンバーグを食べてきました。

山本のハンバーグ 渋谷食堂

山本のハンバーグ

山本のハンバーグであります。ここは以前来て気に入ってしまったので、もう渋谷周辺でご飯を食べる機会があればまず候補に入れるようになっています。
平日ランチタイムだから混んでるかと思ったら、暑くて並ぶのも大変だからか、混んではいたけど並ぶほどではないという混雑状況でした。

山本のハンバーグ

カウンターに着席するなり目にするこの貼り紙...!
ここのハンバーグはおいしいんだけどこの時季に石鍋は暑いしどうしようか、と思っていた矢先に冷しハンバーグとは。冷し中華とか冷製スパゲティならともかく冷しハンバーグって食べたことがないからちょっと不安もあるけど、担々味ならきっとおいしいに違いない。というわけでこれを頼んでみました。

山本のハンバーグ

例によって最初に登場するサラダと自家製野菜ジュース。特に野菜ジュースは毎回どんなのが出てくるか楽しみだったりします。

山本のハンバーグ

こちらが野菜ジュースの素材。毎度わざわざ見せに来てくれるのがちょっと嬉しい。

このとき(月替わりとのことですが、ギリギリ 7 月でした)の材料はオレンジをベースにシークヮーサー、マンゴー、ルバーブ、シシリアンルージュ(トマト)を使ったものということで、柑橘系の香りを軸とした夏らしく爽やかなおいしさ。有料でノーマルサイズのも頼めるんですが、これはお金かかってでもおかわりしたくなりますね。

山本のハンバーグ

こちらがその豆乳担々ハンバーグ。もはや見た目はハンバーグではなく完全に担々麺です(笑
しかし担々麺に白米と味噌汁がついてくるわけもなく、中身は歴としたハンバーグ。

山本のハンバーグ

冷たい担々スープの上に積み上げられたネギとパクチー。これが担々麺だったとしてもうまそうだし、食べてみたい気もします。
スープは紛れもなく豆乳担々麺のそれ。ピリ辛だけど辛すぎることはなく、豆乳がいい具合にやさしい味わいにしてくれている印象。

山本のハンバーグ

メインであるハンバーグもちゃんと冷たい。ふっくらした温かいハンバーグとはちょっと違う、みっしり感がありつつも柔らかいハンバーグです。マイルドな辛さの担々スープとの相性も良い。
ハンバーグ冷たくしておいしいのか?と思っていたけど、弁当などで冷めてもおいしいおかずの代表格はハンバーグだったことを思い出しました。そりゃあおいしくないわけがない。

山本のハンバーグ

スープにはトロトロ食感の胡麻豆腐も浮かんでいて、これもいい。私は胡麻の風味がしっかり効いた担々麺が好きで、豆乳担々麺もいいけど胡麻に比べると深みに欠けるよなあと思っているんですが、こうやって胡麻成分を足してくれると満足感が高まりますね。

アツアツのハンバーグを食べて汗だくになるのを覚悟して行ってみたら、意外にも涼しく爽やかなハンバーグに出会えて満足。夏の間にもう一度食べに来たい味でした。
ごちそうさまでした。

関連ランキング:ハンバーグ | 渋谷駅

投稿者 B : 23:00 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2018/08/03 (Fri.)

韓国チョンジュ市の納豆チゲとセルフビビンパ

「ビビンパに納豆汁というミスマッチ。しかしそこには俺の知らない世界があった」

Express Bus

『孤独のグルメ』聖地巡礼韓国編、続いては全州(チョンジュ)市に向かっていきます。ソウルは地下鉄も網羅されているし英語や日本語もそこそこ通じるし何とかなるだろうと思っていたんですが、チョンジュでもそれが通じるかどうかは全く分からない。台湾でも宜蘭編ではちょっと苦労したからなあ。
と思っていたら、宿泊していたホテルのスタッフに日本語が話せる人がいて、その人がまさかのチョンジュ出身とのこと!現地への行き方アドバイスだけでなく、お店に電話して予約ができるかどうか韓国語で確認までしてくださいいました。残念ながら昼の予約はやっていないが、そういう事情なら優先的に入れるようにしてくれる、とのこと。これは本当に助かりました。ホリデイ・イン エクスプレス ソウル乙支路のスタッフの方、ありがとうございました。

ホテルで聞いたアドバイスによると、チョンジュへは特急電車でも行けるけど高速バスのほうがオススメとのこと。比べると電車は 2 時間 15 分くらいで 30,000 ウォン以上かかるけど、高速バスだと 2 時間 45 分かかる代わりに 12,800 ウォンで行けてしまいます。日本円にして片道 2,000 円くらいの差だけどこれならバスのほうが良いよね、ということでバスを選択。
バスターミナルでチケットを買う際、「チョンジュ」の発音がうまく通じなかったんですが(似たような地名が他にもあるらしい)、スタッフの方が「ビビンパ?」と確認してくれたおかげですんなり購入できました。まさかバスターミナルでも有名になるくらい日本からの巡礼者が多いのかと思ったら(笑)、チョンジュはそもそもビビンパ発祥の地らしいですね。

Express Bus

高速バスは通常グレードだと日本のものと同じような車両ですが、1.5 倍くらいの料金で「ファーストクラス」という車両もあります。帰路はこのファーストクラスに乗ってみたところ、↑のような革張りのゆったりしたシートで肘掛けも各席両側についているし、とにかく快適。かかる時間は通常と変わりませんが、片道 2,000 円くらいでこれに乗れるなら乗らない理由はありません。

なお道中は真ん中あたりの SA で 15 分ほどの休憩時間があります。

全州

チョンジュの高速バスターミナルからお店まではタクシーで移動します。さすがにバスターミナル付近の乗り場にはひっきりなしにタクシーが来ていてサクッと拾えます。運転手さんには英語も日本語も微妙に通じなくて困りましたが、運転手さんの「주소(チウソ)?」という言葉に「あー!住所か」と理解してスマホでハングルの住所を見せたところ、カーナビに入力して連れて行ってくれました。ハングルは全く読めなくても、日本語と韓国語で読みの近い単語がけっこうあって多少の意思疎通ができるのはありがたいし、こういうときにスマホというツールの素晴らしさを再確認します。スマホのない時代にここに来ていたら、もっと苦労していたに違いない。

バスターミナルから車で 10 分ほどのちょっとした商店街の一角に、目指すお店はありました。

토방 (トバン)

土房

海外だと日本語の店舗情報がほとんど入手できず、当日営業しているかしていないかも分からないので、実際に現地に行ってお店が開いているとホッとしますね。今回はホテルから電話で確認できていたとはいえ、この目で見ると改めて感慨深いものがあります。

時刻はお昼過ぎということで店内もほぼ地元のお客さんでいっぱいという感じでした。でもちょうど他のお客さんが帰るところで、タイミング良く席に着くことができました。

土房

ま、例によってメニューは読めないんですけどね。ゴローちゃんが食べていたのは右端の 6,000 ウォンの定食。
あとで調べてみたところ、この 6,000 ウォンの 가정식백반(カジョンシッ ベッパン)は「家庭式定食」とでもいうような意味で、本当に韓国の家庭で食べるようなおかず+白飯の定食を指すようです。

ちなみにどうやらランチタイムはこの家庭式定食のみを提供している模様。メニューを指さしながら注文しようとしたら「ゴローサンビビンパ?」と確認されました(笑。日本でもドラマ登場店で「五郎さんセット」が定番メニュー化することが少なくないですが、まさか韓国でも五郎さんビビンパ化するとは。

土房

注文すると早々にドカドカと運ばれてくるおかずの群れ。(ちなみにこれは二人前ずつ盛り付けられています)

600 円でこの宮廷料理のような品数。なんだかすごいことになっちゃったぞ。
韓国の一般家庭でも、本当にこんなに大量のおかずたちが食卓に並ぶんだろうか。
日本人的には、普段の家庭式というよりはたまの帰省時の実家の食卓並みの豪華さに見える。

土房

とにかくどこの店に行っても出てくるこのハサミ。この店のハサミは特に大型だ。
日本だと、料理のときにハサミを使うことはあっても、食卓でナイフじゃなくてハサミが出てくることって滅多にないからなあ。

土房

ナムルやキムチの盛り合わせ。とにかくいろんな種類があるのが嬉しいし、店によってちょっとずつ味付けが違うのもいい。
ウチも婆ちゃんが元気だった頃には、食卓によく茄子や白菜の漬け物が並んでたっけ。

土房

豚バラ肉の辛味噌炒め的な何か。韓国の家庭料理って案外野菜中心なのか、ガッツリした動物性蛋白はこれくらい。
必然的にビビンパもこのおかずが軸の一つになりそう。

土房

さらに、チョングッチャン(納豆チゲ)。
アツアツどころか、グツグツ煮立っててちょっとビビる(;´Д`)。

単品で飲んでみると、へええ、日本の納豆汁とは別物だ。
味噌汁に比べるとちょっとダシ成分が少なくて、確かにこれは韓国味。

土房

白菜キムチは...でかい!入れる前の段階で切ったほうがよさそうだ。

本場のキムチ、やっぱり日本のよりちょっと酸っぱいのか。
そしてしっかり辛い。これは間違いなくご飯が進むし、ビビンパのいいアクセントになるに違いない。

土房

いろんなおかずとご飯を好きなように丼に突っ込んだら、とにかく細かく切っていきます。
ビビンパを食べるのにこんな作業があるとは。

セルフビビンパ、これは楽しい。だがやったことないだけに直感が問われる。
そしてここからとにかく混ぜる、混ぜる。

土房

できた!俺だけのオレジナルビビンパ。

丼にいろいろと突っ込んだ時点ではあまり美しくなかったけど、全てを混ぜ合わせて海苔をトッピングすると、ほら美しい。
自分で作っておいてなんだけど、見るからにうまそうだ。

そして...おぉ~、これは劇的にウマイ!
これは今までに食ったことのないビビンパだ。納豆がきいてる。

土房

サンチュに巻いて食べてもイイ。おいしい韓国ご飯。

それにしても、これだけいろんなものを適当に混ぜてこんなにおいしくまとまるって、どうなってるんだ?
これはきっと、様々な辛いおかずや酸っぱいおかずを納豆が優しく受け止めつつ、うま味を足してくれているんだろう。テレビで観ていたときには想像できなかった、調和のとれたうまさだ。

土房

いや~、うまかった。よし、未知の対戦相手の手の内が少し分かったところで第二セットだ。

自分の好み的には、けっこうガッツリ辛くてもイケそう。ならば、青唐とコチュジャンを遠慮なく投入していこう。
青唐は細かく切った方がより辛いはず。

土房

ゴマ油、これも使える。これで風味アップだ。
全てを放り込んで、切るべし、切るべし、切るべし。そして混ぜるべし、混ぜるべし。ビビンパは混ぜだ。

こんなにも心躍るビビンパは初めてだ。

土房

セルフビビンパ、第 2 形態。
さっきよりも色鮮やかになってさらにうまそうだ。

おぉ...、いい!一杯目より格段に進化している、うまい。
誰がなんと言おうと絶対にうまいぞ、俺のビビンパ。

やっぱりしっかり辛味を効かせたほうがうまいんだ。ちょっとくらい入れすぎたところで納豆がカバーしてくれる。

土房

おっと、忘れるところだったよこのオデン。
この大量の皿の中で、これは唯一の純粋なおかず。

さつま揚げの甘辛あんかけ的なオデンで、確かにビビンパの目先を変えてくれる。
箸休めとしてちょうどいい存在だ。

二杯目のビビンパも平らげ、あとはテーブルの上に残ったおかずの残りを片付けていこうと思った矢先、

土房

ご飯のおかわりが登場(;´Д`)ヾ。
マジか、おかずはなくなったら補充が出てくるものだとは思っていたけど、ご飯もなのか。これはたった 600 円で永遠にここでビビンパを食べ続けて生きていけるのか(ぉ

よし、こんなの出されちゃったら応えなければ男がすたる。

土房

さあ、セルフビビンパ第 3 形態。
さっきよりもさらに辛味を足して、納豆汁も容赦なく入れて、最強のビビンパが完成した。

いやぁうまい。作れば作るほどうまくなる。
なんとも奥が深い。このビビンパ道はいったいどこまで続いているんだ。

土房

〆はヌルンジ(おこげスープ)。

ああ...やさしい味わい。
味付けらしい味付けはほとんどなくて、おこげの香ばしさをおかゆ風にした感じ。

こういう〆、面白いな。ひたすらビビンパと対峙していた自分の闘争本能が鎮められていくかのようだ。

土房

さすがに腹いっぱい、うまかった~。
納豆汁を隠し味にしたセルフビビンパ、想像を超えたうまさだった。

店員さんや他のお客さんも人情味ある感じでほっこりした。
ちなみに会計時、二人で 12,000 ウォンだから 1,200 円相当だよな...と計算していたらうっかり 1,200 ウォン(120 円相当)を出そうとしてしまって店員さんや他のお客さんにも笑われたのは内緒です(ぉ

初めてきたチョンジュの街で最高の飯に出会えたことに、心からカムサハムニダ。
この味はすっかりクセになってしまったけど、日本でこんなセルフビビンパが食べられる店ってあるんだろうか。仮にあったとしても、600 円じゃ無理だろうなあ。韓国惣菜と納豆を買ってきて、自作してみるか?それとも、またはるばるチョンジュまで来るしかないか。

それくらいおいしかったです。
マシッソッソヨ。

孤独のグルメ Season7 Blu-ray BOX

B07CXK4NFM

토방 (トバン)

■関連リンク
【Season7巡礼中】『孤独のグルメ』聖地巡礼 全店レポート Season1~7&原作 - NAVER まとめ

投稿者 B : 21:56 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2018/07/31 (Tue.)

韓国ソウル特別市 屋台のトッポギ

「屋台...何屋さんだろう?よし、ちょっと偵察してこよう」

トッポッキ トゥレク

ソウルには焼肉ともうひとつ、ゴローちゃんが間食パートで立ち寄った聖地があります。それが、世界遺産でもある宣陵(ソンルン;李氏朝鮮時代のいわゆる古墳)のすぐ脇にあるこちらの屋台。

事前に調べたところでは、14 時に開店するということで少し前から待ち構えていたんですが、トラックはあるけど時間になっても全く営業開始する気配どころか、誰もいない(;´Д`)ヾ。まあこのクソ暑い中で昼間からトッポギやオデンを食べようという人もいないだろうし...というわけで、いったん撤収。でもトラックがあるということは営業するつもりはあるに違いないと思い、漢南で焼肉を食べた後に再度戻ってきたところ、開いていました。

本当は韓国に着いたらまずここで昼食代わりに食べようと思っていたら当てが外れてしまって、タイミング的に食いっぱぐれてしまいかなりの飢餓状態で焼肉屋に向かうことになったという(;´Д`)ヾ。日本語の情報が少ない聖地の難しいところです。

떡볶이트럭 (トッポッキ トゥレク)

トッポッキ トゥレク

トッポッキ トゥレク、その見た目のとおり「トッポギ・トラック」を意味する店名。この独特な雰囲気、Season6 に登場した大阪の串かつ屋台を思い出すな~。

女将さんは英語も日本語もダメなようでしたが、たまたま居合わせたお客さんに訊ねてみてもらったところ、実際には 15 時から営業しているとのこと。年中その時間なのか、夏場だけ暑い時間帯を外しているのかは分かりませんが、少なくとも劇中のように朝食代わりにできるということはないので、巡礼しようと思っている方はご注意を。
ちなみにここに限らずソウルでは、サラリーマン風の人に話しかけると英語が通じる率が高くて、けっこう助けられました。

トッポッキ トゥレク

あ~、トッポギか。日本の立ち食い蕎麦みたいな感覚かな。

そういえばトッポギって韓国料理屋で頼んだ料理の中に入ってた記憶はあるけど、単品で注文したことってないかも。

トッポッキ トゥレク

そしてティギム(天ぷら)。あらかじめ揚げてはあるけど、注文すると揚げ直した上でハサミで切って提供してもらえます。

ちなみにこの日たまたまなのか夏場はやってないのか分かりませんが、オデンは提供していないとのこと。
オデンって韓国でも「オデン」なのね。日本から伝わって定着したってところだろうか。

トッポッキ トゥレク

まずは天ぷらからいただきます。

おっとアツアツ、この暑い中で食べるアツアツ天ぷらも悪くない。
イカやサツマイモ、かき揚げっぽいのまであって日本の天ぷらによく似てるけど、この独特のタレを塗って食べるだけで一気に韓国風。

トッポッキ トゥレク

トッポギは...うわ、真っ赤。

いかにも辛そうで、見てるだけで汗が止まらない。
でも、だからこそ、うまそうだ。

トッポッキ トゥレク

本場のトッポギ...おっ、辛い!かなり辛いぞこれ。
想像以上の辛さで、口が火を噴きそうだ。

このガレット的なやつは...これは魚のすり身か、うん、さつま揚げだ。あっ、これも辛!

ちょっとこれ、明らかに 30℃ を超える気温の中で激辛トッポギとアツアツ天ぷら、何かの修行かと思うくらいハード。
でも...うまい。ちょっとクセになりそうな辛さだ。

トッポッキ トゥレク

で、女将さんがおもむろに取り出してきたこれは何!?
一瞬ウナギに見えたけど、よく見るとウナギじゃない。ソーセージ...的な何か?

ちょっと、こっちもいっとくか。

トッポッキ トゥレク

おおお...これはかなりインパクトのある見た目。
食べてみると、これまたパンチのある味と香り。これは独特だなあ...。

後で調べてみたところ、「スンデ」という韓国流のソーセージ的なものらしい。
豚の腸に、豚の血・餅米・唐麺などを詰めて蒸したものということで、確かに韓国流ソーセージ。

単品だとクセが強くてちょっとキツいけど、添えてあるスパイスをつけて食べると良い具合に緩和されて、けっこうイケル。
添えてあるチャーシューもいい箸休めだ。でも、ちょっとスゴイものを食べちゃった感ある。

トッポッキ トゥレク

暑くて辛くて熱くてヒーヒー言いながら食べてたら、マスターが気を利かせてお冷やを出してくれました。
なんだ、ドラマでは水代わりにオデン汁を飲んでたのに、ちゃんと水あるんじゃん(笑

ちなみに食べ始める前にマスターが大きめのカップに氷水を入れていたから出してくれるのかと思ったら、暑いトラックの中で料理し続けている女将さんのために用意したものでした(笑)。こっちにも氷水プリーズ!と言いたくなる暑さだったけど、確かにこの暑い中で熱いものを調理し続けている女将さん、ご苦労様です。

トッポッキ トゥレク

いや~、おいしかったけどとにかく暑かった。これは昼間の炎天下で待ってなくて正解だった。
一つ後悔するとすれば、ここに来る前にコンビニで冷え冷えのミネラルウォーターでも買ってくるべきだった、というところか。

我々が食べている間、他のお客さんは食べていくよりも持ち帰りのほうが圧倒的に多かったという。持ち帰り、そういうのもあるのか!
まあこの暑い中で立って食べるよりは、涼しい自宅に帰ってビールやマッコリのつまみにするのが正しい使い方なんでしょう。

とにかく暑かったけど、楽しかった。聖地巡礼の中でも屋台回ってなんか、独特の楽しさがある。
女将さん、カムサハムニダ。ごちそうさまでした。

孤独のグルメ Season7 Blu-ray BOX

B07CXK4NFM

떡볶이트럭 (トッポッキ トゥレク)

■関連リンク
【Season7巡礼中】『孤独のグルメ』聖地巡礼 全店レポート Season1~7&原作 - NAVER まとめ

投稿者 B : 22:56 | Gourmet | Junk Food | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2018/07/30 (Mon.)

韓国ソウル特別市の骨付き豚カルビとおかずの群れ

「来ちゃいました、初韓国」

終点炭火カルビ

『孤独のグルメ Season7』聖地巡礼は今回ついに韓国へとやって来てしまいました。昨年春の台湾巡礼編以来、一年と三ヶ月ぶりの海外。私にとっても今回が初韓国ということで少し緊張しましたが、思い切って飛んできました。羽田からほんの二時間ちょっとのフライト、感覚的には博多旭川とそう変わらずに来れてしまうものですね。

聖地巡礼はいきなり本命と言えるソウルの焼肉店から攻めていきます。お店は電車の漢南(ハンナム)駅から徒歩 10 分あまり、ソウル中心部とはちょっと違う下町感溢れる通りにありました。

종점숯불갈비 (チョンチョムスップルカルビ)

終点炭火カルビ

実はちょっとした手違いがあって(別途書きます)、ソウルに降り立ってから 7 時間ほど何も食べていない。おまけに日本とそう変わらないムシムシした猛暑の中を歩き回って、腹は減りすぎているんだ。とにかく腹に入れたくて仕方ない。ガッツリ系、ガツンと響くソウル飯。

終点炭火カルビ

店先にはドラマののぼりが掲げられていました。韓国でも日本番組チャンネルで放送されていたようで、その関係ですかね。コカコーラの商品写真がガッツリ入っているので、もしかしたら番組の現地スポンサーの関係があるのかもしれません。

ともかく、たのもー。

終点炭火カルビ

まあ、メニューを見ても読めないわけです。さらに店員さんは日本語はおろか英語も通じるか微妙。でも「テジカルビ」「チャドルバギ」「サムギョプサル」「ビア」「マッコリ」これだけ韓国語が言えれば十分でしょう(ぉ

ちなみに日本円の感覚で料金表を見るとびっくりするような値段ですが、1 円≒10 ウォンくらいのレートで換算すれば良い計算。だから脳内で桁一つ落として読めば全然高くない。どれが何か分からないことを除けば(笑

終点炭火カルビ

どの程度混むか分からなかったし、かといって韓国語で電話予約するスキルもなかったので、夕食としてはかなり早い時間に入店したところ、夜のお客としては第一号になりました。
そして通されたのはゴロー席。偶然なのか、日本人と判ってあえて案内してくれたのか分からないけど、これは嬉しい。

まずは韓国ビールでここまでに発汗した水分を補います。乾いた砂漠に水滴を落としたかの如く、しみわたる悦び。

終点炭火カルビ

来た来た。怒濤の小皿ラッシュ。
ビールを飲み始めた途端に次々とおかずたちが並べられていく。

なんだかすごいことになっちゃってるが...。
ドラマで見て知ってはいても、実際にこれがどんどん出てくる様子を見ると、なんだか笑えてくる。

終点炭火カルビ

おかずの種類は日によって変わるようで、例えばゴローちゃんはケジャン(カニキムチ)を食べていたけど、この日出てきたのはエビキムチでした。
他にも、もうとにかくいろんなキムチやナムルのオンパレード。でも本場でキムチを食べるのは初めてだから、辛い物好きとしては大歓迎。

食べてみると、こっちのキムチは辛いだけじゃなくちょっと酸味があって、日本で食べるものに比べて複雑な味。キムチって本来こういう味だったのか。
これはおいしい。さすが本場、キムチのレベルが高い。

終点炭火カルビ

ニラキムチとネギキムチもいい。
日本の焼肉店や韓国料理店で食べられるキムチってせいぜい白菜キムチとオイキムチ(キュウリ)、カクテキ(大根)くらいなものだけど、韓国では本当に様々な種類のキムチがあるんだなあ。そしてどれもちゃんとキムチでありながら、それぞれの素材の味がちゃんと活きている。キムチにこんな世界が広がっていたとは。

キムチって、漬物ではなく一つの道、教えのような気がする。

終点炭火カルビ

そうこうしているうちにテーブルに炭火と鉄板がセットされ始めました。

さあ、いよいよ本命の登場だ。

終点炭火カルビ

来た~、肉!待ってました。

ゴローちゃんはいきなりテジカルビから行ってたけど、ここはあえてのチャドルバギとサムギョプサル。
テジカルビは焼けるまで待たされるから、これだけ腹が減ってるからにはサッと焼いて食べられる肉から始めるべきだと思ったのと、味的にもタレつき肉よりプレーン肉からいっとくべきでしょう、と。

終点炭火カルビ

牛バラ肉「チャドルバギ」のお出ましだ。

薄切り肉だけあって軽く火を通しただけでうまそうに仕上がっていく。逆にちょっと気を抜くと焦がしてしまいそうだ。
ここはまさに、お湯を使わないしゃぶしゃぶという感覚で、ササッと火を通してどんどんいこう。

終点炭火カルビ

お~、これはいい。バラ肉の肉々しさに、表面から漲る脂のうまみ。

コイツを頼んで大正解だ。うまい。
この肉いい。スイスイ入る。

終点炭火カルビ

さらにサムギョプサル。久住さんが食べていて、チャドルバギに負けず劣らずうまそうだったので、これも外せない。
チャドルバギとはまた違った厚切り肉が目の前で焼けていく様子もまた食欲をそそるじゃないか。

終点炭火カルビ

焼けたら今度はキムチやニンニクと一緒にサンチュに巻いていってみよう。
お~、これもいい。そうそう、俺は韓国に来てこういう焼肉が食べたかったんだよ。

終点炭火カルビ

こんな肉を出されたら、瓶ビールなんかじゃとても追っつかんぞ。
ここはコリアンミルクマッコリで迎え撃とう。

日本で飲むマッコリは器に柄杓みたいなので掬う、ちょっともったいぶった感じで出てくることが多いけど、このペットボトルに無造作に出てくる感じが却って本場らしくていい(笑。

終点炭火カルビ

マッコリも来たことだし、どんどん焼いていこう。
青唐辛子とかキムチもハサミでジョキジョキ切って、とにかくいろんな組み合わせで一緒に食べたり、巻いて食べたり、つけて食べたり。

終点炭火カルビ

エゴマの葉で巻いて食べる、ってのも日本だとあまりないような。
一種類の肉でもとにかくいろんな味で楽しめる。今まで味わったことのない、肉の引き出しが次々と開かれていくようだ。

ああ、うまい。やっぱり焼肉は楽しいなあ。

終点炭火カルビ

そしてここでテジカルビ投入。

うわっ、でか!この一枚肉の大迫力。
まるでここまで食べてきた肉が前座だったかのような存在感。食べなくてもうまいだろうことが分かるタレの感じ。出てきた瞬間から、焼き上がるのが待ちきれない。

終点炭火カルビ

チャドルバギとサムギョプサルはセルフだったけど、テジカルビは焼いて切ってまで店員さんがやってくれます。
セルフじゃないからこそ、確かにお預け感はちょっとある。完全空腹状態じゃないはずなのに、早く食べたい。火が通るにつれてタレの香りが立ってくるのがたまんないんだよなあ。

終点炭火カルビ

うんまいなー!つけダレの味がしっかりでうまい。

力強い肉だ。うん、待ちに待った俺をどーんと受け止める、ガッツリ系の最高峰だ。
さっきまでの肉とはまた趣が変わって、新たに食べていける。いくらでも食べられそうな気さえする。

終点炭火カルビ

そして最後に残ったこの骨つき肉。
食べにくいけど、骨の周りの肉がいちばんうまいんだよなあ。

もう体裁なんか気にせず、手づかみでかぶりついていく。こうやって野性的に食べるからなおうまい。
俺は今、ソウルの黒豹だ。ガルルルル。

終点炭火カルビ

ああ...うまかった。
幸せだ、幸せ者とはまさに今の俺のことなんだろう。

店内を見回すと、松重さんと久住さんの記念写真が。でもそれ以上に韓国語のサインがたくさん貼ってあって、もともと有名店だったことがうかがえます。

終点炭火カルビ

久住さんのサインに松重さんの写真が貼られていたり、松重さんのサインは飾られていなかったり。もしかして区別ついてないのか(笑。

それにしてもおいしかった。本場の焼肉、一度食べてみたいと思ってたんだよなあ。
ソウル焼肉、思いっきり堪能。大満足。お腹を空かせてきた甲斐がありました。

ごちそうさまでした。

孤独のグルメ Season7 Blu-ray BOX

B07CXK4NFM

종점숯불갈비 (チョンチョムスップルカルビ)

■関連リンク
【Season7巡礼中】『孤独のグルメ』聖地巡礼 全店レポート Season1~7&原作 - NAVER まとめ

投稿者 B : 22:56 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2018/07/27 (Fri.)

牛かつ もと村

ランチタイムを少し外した時間に新宿を歩いていたら、いつも大行列ができている店が並ばずに入れそうだったので、挑戦してみました。

牛かつ もと村

牛かつ もと村

牛かつの有名店です。あまり行列ができすぎると逆に興味をなくすもので、私は今まで入ったことがありませんでした。
店内に入ってみると、お客さんの過半数が外国人観光客のようでした。新宿という土地柄もあるんでしょうが、何かのガイドブックにでも載っているんですかね。ここは南口のお店ですが、目と鼻の先の新宿三丁目にも店舗があるようで、繁盛していることが伺えます。

牛かつ もと村

メニューは何にしようか迷った挙げ句「牛かつ麦飯セット(260g)」を選択。ちょっと高いけど、130g で満足するか微妙だったので 260g にしたら牛かつが二枚出てきて驚きました(;´Д`)ヾ。
揚げ物だし注文してからしばらく待つつもりでいたら、注文後すぐに出てきました。ランチタイムだからかもしれませんが、準備済みなんですね。

牛かつ もと村

牛かつは衣薄めで肉はほぼ生。牛肉だからレアでもいけるのかと思ったら、テーブルにある焼き石で焼いてから食べるんですね。
調べてみたところこの牛かつに使われている肉は一枚肉ではなく成型肉のようです。ちゃんと火を通してから食べた方が良さそう。

牛かつ もと村

肉には下味がついているようで、焼いただけでも風味が出ていてけっこうおいしいですが、付属の二種のタレで味を変えながら楽しむこともできます。

とんかつの場合、ちゃんとした店だと着席してから 10~15 分は揚げ時間がかかる=つまり「客がただ待っているだけの時間」が長いわけですが、この方式なら着席してすぐ食べ始めることができる=回転率がいいということですね。とんかつのビジネスモデルを分析して単価を高くしつつ回転率も上げる、うまいやり方を考えたものだな...と食べながら余計なことをつい考えてしまいました。

牛かつ もと村

小鉢として明太子が付いてくるのがニクい。これでご飯をおかわりするなというのは酷な話ですが...牛かつ二枚食べた上にご飯二杯というのは食べ過ぎなので、涙を呑んで我慢(泣

想像していたよりもずっとおいしかったです。でもあの行列に並ぶ気はしないので、次はまた空いてるときに巡り合ったら、で十分かな。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:天ぷら・揚げ物(その他) | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

投稿者 B : 23:29 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2018/07/21 (Sat.)

旗の台 スペイン食堂 石井 再訪

「真っ赤な看板が、腹を空かせた俺という牛をガンガン煽り立ててくる」

スペイン食堂 石井

『孤独のグルメ Season7』の聖地巡礼も佳境に入ってきましたが、今回はあえて Season6 の聖地に再訪してきました。旗の台のスペイン料理店「スペイン食堂 石井」に一年ぶりの巡礼。ここの海の幸を中心としたあの滋味溢れる味が忘れられず、ずっと再訪したいと思っていたのでした。
前回はディナーでしたが、今回は休日ランチタイムの訪問です。放送直後はマスターが体調を崩すほどの混雑に見舞われたらしいですが、現在も引き続き混んでいるとはいえちょっと落ち着いた模様。

スペイン食堂 石井

スペイン食堂 石井

そうそう、この黒板メニュー。相変わらず全部うまそうだ。
思わず「ここに書いてあるメニュー、全部ください」と頼みそうになります。

スペイン食堂 石井

テーブルの上にはなんと「孤独のグルメメニュー」!
前回来たときは放送直前だったからこんなのなかったのに、やっぱり放送後に同じものを頼むお客さんが相当多かったのでしょう。しかも五郎さんセレクションを全部注文するとちょっと割引き、というのも嬉しい。つい五郎さんセットで頼みそうになるも前回と同じになっちゃうので自粛して、ちょっと差分を作りながら注文していきます。

スペイン食堂 石井

まあ、まずはグラスカヴァで乾杯から始めようじゃないか。
普段は休日でも昼酒はしない派だけど、今日ばかりは飲んじゃおう。昼から飲むスパークリングワインはビールとはまた違った背徳感があります。

スペイン食堂 石井

で、カヴァが来たらこれでしょ。ヒコイワシの酢漬け。
酢で程良く締まったイワシにたっぷりのオリーブオイルやニンニクの香味が爽やかでうまい。ワインのお供に最高じゃないですか。

スペイン食堂 石井

スペイン風オムレツ。具入りの超厚焼き玉子!!
これオムレツ自体もすごくおいしいんだけど、たっぷり添えられているアリオリソース(ニンニクマヨネーズ)がタマラナイ。とんでもなく食欲を煽ってくる一品。

スペイン食堂 石井

で、絶対に外せないのがこちら「長谷川さんこだわりのマッシュルームの鉄板焼き」。
これは本当においしい。プリッとしたマッシュルームに生ハム、ニンニク、オリーブオイルが渾然一体となってこちらの言語中枢を破壊しにくる。「おいしい」以外の語彙がどんどん喪われていくのを感じます。

スペイン食堂 石井

こんなん食べたら、真っ昼間から赤ワインのデキャンタを入れざるを得ないってものでしょう。
この時点でもう午後が使い物にならなくなることが確定しました(ぉ

スペイン食堂 石井

スペイン風肉だんご、アルボンディガス。
トマトたっぷり、ニンニクも効いた濃い味肉だんご。トマトソースの一滴まで残らずうまい。赤ワインを頼んでおいて良かったと思えるうまさ。

スペイン食堂 石井

からの、サルスエラ(ブイヤベース)!
見た目からして幸せになれる海の幸オールスターズ。「滋味」と呼びたくなる、さまざまな魚介のうまみが染み出た深い味わい。うまいな~。
魚介類の種類的にはほぼ石狩鍋と同じはずなのに、味付けによってこうも方向性が変わるとは。

スペイン食堂 石井

当然これ、やるでしょ。
ちなみにヒコイワシの酢漬け、マッシュルーム、アルボンディガスそれぞれでソースをパンにつけて食べているので、これでパンのおかわり三回目です(ぉ

スペイン食堂 石井

そしてイカスミのパエリア。
これもまた、いろんな海の幸の味が混ざり合った幸福な味。そしてアリオリソースが効いてる。

そういえばここの料理、何にでもニンニクがよく効いてる。食後に人と会うのが憚られそうだけど、そんなこと気にするのが馬鹿らしくなるうまさ。

スペイン食堂 石井

魚介三昧からちょっと目先を変えて、牛ホホ肉の赤ワイン煮。
これもおいしい...牛肉の赤ワイン煮的な料理に目がない私。やわらかくておいしいよね(語彙崩壊

もちろんこのソースにもパンをつけておいしくいただきました(ぉ

スペイン食堂 石井

〆にもう一品、オーソドックスな魚介のパエリア。
...ってこれ、よく見たらサルスエラをそのままパエリア化したような一品じゃないですか!あのうまかったサルスエラを煮詰めて米に閉じ込めるなんて、そんなのうまくないわけがない。さっきのサルスエラのうまさを凝縮リフレインしている感覚で、再び幸せに包まれます。

最初から最後まで本当においしかった。気取らない家庭的なおいしさでありながら、それぞれが丁寧に作られていてレベルが高い。
どこの国のどんな食べ物であろうと、俺はこういう店が好きだ。

ああ、もう何も食えない。昼からこんなうまいもの腹いっぱい食べて、飲んで。スペイン人がシエスタを愛する理由が解った気がするよ。(誤解

ごちそうさまでした。きっとまた来ます。

孤独のグルメ Season6 Blu-ray BOX

B071VBJHMR

関連ランキング:スペイン料理 | 旗の台駅荏原町駅荏原中延駅

投稿者 B : 21:56 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2018/07/17 (Tue.)

群馬県甘楽郡下仁田町の豚すき焼き

「この際、賑やかにいこうじゃないか。足し算のすき焼きだ」

コロムビア

下仁田のタンメンの聖地のすぐ隣にあるのが豚すき焼きの聖地「コロムビア」。我々はタンメン&餃子を食べた直後、こちらの店の暖簾をくぐっていました。

というのも、事前にお店に電話をしてみたところ、食材の残り状況によっては夜の営業をしないこともあることが判明。隣の一番も日によっては昼の営業だけで終わりっぽい。こうなると、一度の巡礼で両方を味わうにはこの辺の温泉にでも一泊するか、昼食にハシゴ飯で両方食べるかのどちらかしかありません。ここで迷わず後者を選択してしまう私(ぉ

それにしてもすきやきコロムビア、すさまじいローカル感だ。

コロムビア

コロムビア

え? 何この店。
まさか、あそこですき焼き食うの?

ということはなく(笑)そのままお座敷に通されます。
こちらのスナックのような喫茶店のようなスペースは、同じ「コロムビア」の屋号でありながら別業態でやっているお店の模様。と言いつつ、すき焼きの仕込みをするための厨房というのが実体でもある模様。

コロムビア

なになになに...広っ!
こっちは旅館の宴会場。カラオケステージまである。

写真はたまたま他のお客さんがいなくなった瞬間に撮影したものですが、我々が入店したときには他に三名のお客さんがすき焼きを食べていました。それぞれ男性客が一人ですき焼き、ということは...かなりの確率で巡礼者なのでしょう。もれなく最後に半ライスと生卵を追加注文している様子を見て確信しました(ぉ

コロムビア

座敷に通されるときに、女将さんが「豚すきでよろしいですか?」と一言。劇中にもあったとおり、この店のメニューはすき焼きのみ(豚と牛から選べるっぽい)。
豚のすき焼きときたか...しかもそれが下仁田のスタンダード。

テーブルには予めカセットコンロとすき焼き鍋がセットされていて、本当に旅館の宴会場っぽい。なんだか、楽しくなってきたぞ。

コロムビア

とりあえず運ばれてきた取り皿、お新香、冷奴。
冷たい水をピッチャーで出しておいてくれるのが、この熱い中には嬉しい。

コロムビア

豚すき登場。(写真は三人前です)
おお、バラ肉じゃなくてロースなんだ。

一見大量の豚肉に見えるけど、この豚肉の下には大量の下仁田ネギが敷き詰められていて、主役はむしろネギといった風情。
本場で食べる下仁田ネギ、これは期待が高まります。

コロムビア

まずはネギから焼いていこうじゃないか。
表面に軽く焼き目が付くくらいまで焼いていくと、ネギの香りが立ってきて、これはうまそうだ。

コロムビア

生卵に浸していただきます。

...ほんとだ、むちゃくちゃ甘い。ネギってこんなに甘いものだったっけ。
このネギ、みずみずしく、香りも良くておいしい。

コロムビア

ネギそのものをじっくり味わったところで、改めて本番開始。豚肉と野菜に白滝、割り下を投入。
この音...俺の鍋が歌い出した。

グツグツ言いながら、鍋の中の具材に割り下が染みこんでいく感じ。
この「すき焼きが出来上がるのを待つ時間」って、何とも言えない高揚感がある。

コロムビア

ん~、もういいかな。
豚肉を生卵に付けて食うの初めてかも。

おおお...そうか、こうなるか。
ロースだからかやや厚みのある肉、すごく柔らかい。そして牛すきとはまた違ったうまみがある。
豚すき、いける。これは飯が進んじゃうよ。

コロムビア

さあ、どんどんいっちゃえ。
冷奴として出てきた豆腐も、せっかくすき焼き屋に来たのにやっこのまま食べるっていうのはなんだか据わりが悪い。というわけで、やっぱりゴローちゃんと同じく鍋に投入。

見た目からして賑やかになってきたぞ。鍋の中は今まさに、宴たけなわだ。
そういえば高速からここに来るまでの間、ネギはもちろんのこと「下仁田こんにゃく」とか「下仁田しいたけ」の看板もよく見かけたな。それらが全部入ったこのすき焼きは、まさに下仁田オールスターズだ。

コロムビア

残った白飯に肉を乗っけて...他のも乗せちゃえ。

ミニすき焼き丼。すき焼きの最後はこうなってしまう俺。
すき焼きの味って、焼肉とか生姜焼きとはまた違った、白飯を強烈に引き寄せてくる味だよな。

コロムビア

あ~、食った食った。
すき焼き独特の幸福感が素晴らしい。

本当はタンメン&餃子からのハシゴ飯で食べきれるか不安だったけど、食べてみたらペロリと平らげられてしまった。大量の下仁田野菜と食感のやさしい豚肉のおかげだろうか。なんなら豚肉おかわりできてしまいそうな気さえする。

それにしてもこの残り汁...これを見ちまったら、終われんだろう。

コロムビア

最後の最後に、半ライスと生卵追加。
ここまでやってこその聖地巡礼ですよ。

前のお客さんもみんなやってたから、もう恥ずかしさはない(笑

コロムビア

卵&すき焼きの汁かけご飯だ。ついでに鍋にちょっとだけ残ってたネギ&白滝も投入。

うわっ、マジでうまい。やった!
牛ではない、豚の旨みがギュッと詰まったあったかいすき焼き汁に、冷たい生卵。
すき焼きの最後の煮詰まった汁だけが持つこのうまさ。これ以上の〆ごはんがあろうか。

うまかった豚すき焼きを振り返りながら、最後の一粒までかき込む。

コロムビア

は~、うまかった。
タンメンもすき焼きも、どっちも良かった。これはドラマのスタッフが迷った挙げ句両方採用してしまった経緯が目に浮かぶようだ(笑。

はるばる下仁田にまで来た甲斐がありました。
群馬の聖地といえばブラジルといい焼きまんじゅうといい印象的な店ばかりだったけど、この下仁田の二店も間違いない名店だった。

ごちそうさまでした。
また遠方まで同行いただいたお二方、ありがとうございました。

孤独のグルメ Season7 Blu-ray BOX

B07CXK4NFM

関連ランキング:すき焼き | 下仁田駅

■関連リンク
【Season7巡礼中】『孤独のグルメ』聖地巡礼 全店レポート Season1~7&原作 - NAVER まとめ

投稿者 B : 21:56 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2018/07/16 (Mon.)

群馬県甘楽郡下仁田町のタンメン

「具を削ぎ落とした引き算のタンメン。こんなタンメンもいいもんだな」

下仁田

世の中は三連休ということで、この休みを利用して後回しにしていた遠方の聖地巡礼に行ってきました。目的地は群馬県甘楽郡下仁田町。ネギが有名なことは以前から知っていたけれど、どんなところかまでは知らず、『孤独のグルメ』に登場することがなければ来る機会もなかったことでしょう。一時間に二本しかない電車ではるばる来ても良かったけど、今回はクルマを出してくれる方がいたので東京から高速使って二時間、遠征してきました(ちなみに帰りは渋滞にはまって四時間かかった)。
最寄りのインターチェンジから下仁田駅近くまで来る間、まさに一面のネギ畑で、有名なのは伊達ではないのだなという感じ。

駅前からほんの数分歩いた路地裏にあるのが今回の第一目的地「一番」。

一番

一番

一目惚れしちゃう面構えじゃないか。
看板には「餃子・タンメン」。こんな店にタンメンなんて言われると...。

11:20 頃にお店に到着したら行列こそできていなかったものの、店内のカウンター席はかなり埋まっていて、少し詰めてもらって待たずに入店できました。
我々が入った直後にどんどん行列が増えていって、食べ終わる頃には店外に十人弱くらいの列。ドラマを観て来たっぽくないお客さんも多かったので、地元ではドラマ関係なく有名店ということなのでしょう。

一番

こういう昔ながらの中華飯屋に、どうして俺はこんなにも惹かれるんだろう。

カウンターでは、目の前で手際よくタンメンと餃子が仕上げられていきます。
大将は餃子を注文の都度皮から作る係。女将さんはタンメン係。そして「ふらっと QUSUMI」にも出演していた若手・沼田さんは、修行中の身でありながら注文の状況を的確に把握していてむしろマネジャーっぽいしっかり感。こういう働きぶりの良い店にハズレなし。

一番

作るとこ見ながら料理待ってるの、大好き。

餃子をこんな目の前でジュワーと焼かれたら、見ているうちにどんどん腹が減ってくる。
カウンター越しにでも油が跳ねてくる勢いだけど、だからこそいい。

他のお客さんもほとんどがタンメン・餃子の注文だけど、たまに違う注文が入ってくると手練れの常連さんっぽくて、ついそちらをガン見してしまう(笑。

一番

まずはタンメンから。

おぉ...一目でうまいのがわかる。
肉は少し、野菜はもやしとキャベツと人参、それだけ。
下仁田だからって無理矢理ネギを入れようとさえしない潔さ。

いただきます。

一番

太麺、いい!麺が抜群にいい。
コシが強くモチモチした太麺が、野菜とスープのうまみをしっかり受け止めながらも強い存在感を放っている。

これはいい。

一番

このスープ...ちょっとしょっぱめだけど見た目通りシンプルであっさりとしたスープ。野菜の自然な甘みと相まって、しみじみとうまい。
豚骨だ背脂だってんじゃなく、こういう素朴なスープに入ったラーメンなんですよ。俺が食べたかったのは。

36℃ を超える気温の中、大汗をかきながらもこのスープを掬う手を止められない自分がいる。

一番

そして餃子。目の前で手作りしてるだけあって、形が微妙に不揃いなのが逆にいい。
表面がカリッカリに焼かれてるのが一目見ただけでわかる。これはうまいに違いない。

餃子のタレ、酢多めで作ったら、いただきます。

一番

おっほ、熱い!軽く口の中を火傷しそうだ。

でも、皮、モチモチ。それに焦げがジャスト、ちょうどいい。
すっごくうまい。

世の中に餃子の名店数あれど、これはどこにも似ていない、この下仁田に根付いた餃子。そんな気がする。

この餃子、ほんとにおいしいです。
大将の人柄が滲み出た餃子だ。
おばあちゃんのタンメンも最高。

一番

店内には松重さんや久住さんのサインはもちろんあったけど、それ以外にも有名人のサインが多数飾られていて、やはり昔からの名店であることを思わせます。
どこの田舎にもありそうな昔ながらのラーメン屋なのに、想像を超えたうまさだった。でも、もしかしたらどこの田舎にあるラーメン屋も、本当はこうなのかもしれないと思わせるだけの自然さがある。そういう「特別じゃないうまさ」って、毎日の生活にこそ必要なものなのだろう。

一番

ああ、おいしかった。
これを毎日食べられる下仁田の人がうらやましい。

タンメンのスープ、本当においしくて全飲みしたくなったけど、この後に第二弾が控えているのでグッと我慢しました(笑。

ごちそうさまでした。
というわけで、次回はすき焼き編に続きます。

孤独のグルメ Season7 Blu-ray BOX

B07CXK4NFM

関連ランキング:定食・食堂 | 下仁田駅

■関連リンク
【Season7巡礼中】『孤独のグルメ』聖地巡礼 全店レポート Season1~7&原作 - NAVER まとめ

投稿者 B : 22:56 | Gourmet | KODOGURU | Ramen | コメント (0) | トラックバック

2018/07/04 (Wed.)

東京都中央区八丁堀のエビチリ

「中華料理と言いながら、これはもう日本に帰化している味だ」

中華シブヤ

『孤独のグルメ Season7』最終話に登場した八丁堀の中華シブヤですが、劇中では全てランチタイム設定だったものの、実際には夜の部にしか提供されていないメニューがいくつかありました。私も最初はランチタイムに巡礼していたのですが、エビチリをいただくのであれば改めて夜に来ねばなるまい。と思い、放送前にもう一度夜に攻めてみました。

しかしこの店、ドラマに登場する前から大人気店だったようで、実は何度か夜に足を運んでみたもののことごとく予約でいっぱい。これは改めて予約を取ってくるしかないかなと思いましたが、どうも開店直後は予約なしでも入れるようで、開店待ちしてみました(笑)。そうすると「お食事だけなら大丈夫ですよ」ということで入店成功。18:30 くらいからは予約のお客さんで満席になることが多いですが、17:30~18:30 の間(できるだけ開店直後が望ましい)にお酒を飲んで長居する前提でなければ一巡目として入ることができそうです。もしかすると放送後しばらくはまた状況が違うかもしれませんが。

中華シブヤ

中華シブヤ

さあ、今日のお目当てはこの「夜の部のメニュー」。エビチリ、豚角煮、餃子、ピータン、唐揚げ...中華料理好きとしては心躍る単語のオンパレード。しかも一品一品の値段が安いのも嬉しい。どれにしようか迷うなあ...。

ちなみに昼の部はパートのおばちゃんが仕切ってましたが、夜の部は劇中と同じく大将が仕切り。近くの席に座っていたお客さんが青菜炒めを頼もうとしたら「青菜炒めよりもキノコ炒めのほうがいいよ。青菜炒めは本当に青菜しか入ってないから」という、何故か青菜炒め下げ(笑。でもこんな町中華で、そういう他愛ないやりとりがあるのもなんだか楽しい。

中華シブヤ

飲み物はとりあえずビー...といきたいところだけど、この日はあいにく人間ドックの前日(泣。やむを得ず、ゴローちゃんよろしくウーロン茶で我慢します。
あんなに酒のつまみになりそうな夜の部メニューが揃っているというのにビールも飲めないなんて、この場合やはり酷だ、残酷です。

中華シブヤ

ウーロン茶のつまみ...というのも妙だけど、はまずエビトーストから。
これ、本来は中華っていうよりもうちょっと東南アジア寄りのものだよなあ。ま、「中国料理」じゃなくて「中華料理」なら許されるのか。

クラッカーサイズの薄切りパンの上に、エビのすり身を載せて揚げてるのか。へええ。
アツアツでうまい。エビ味がすごくいい具合。

中華屋さんのエビトー、これは今日の収穫だ。

中華シブヤ

そしてこれは押さえておかねばなるまいと思っていた焼き餃子。
町中華らしいど真ん中王道の焼き餃子。大量の油と強火で皮が揚がり気味にカリッとしているのが強烈にうまい。

エビトーといいこの餃子といい、今日飲めないのがこんなに辛いなんて思わなかった(;´Д`)ヾ。

中華シブヤ

エビトーからの、エビチリ。
トーストとチリでエビがダブってしまったが、このダブりはむしろ大歓迎だ。

町中華でエビチリというと、エビが小ぶりでちょっと淋しい...ということも珍しくないけど、ここのは大きくてプリップリのエビ。
ソースの色つやもいい。町中華らしからぬ、本格派のエビチリだ。

中華シブヤ

うん、これはいいエビチリだ。生姜が効いてる。

プリップリのエビに、濃いめのタレ。見た目に違わぬハイレベルなエビチリ。
これまた飯に合うこと、合うこと。
昼のニラ玉も良かったけど、このエビチリもそれに負けぬ名品だ。

エビのチリソースを発明した人、本当に天才だと思う。
ありがとうございます、俺はいま、あなたの才能の恩恵を受けています。

具体的には故・陳建民さん、ありがとうございます(ぉ

中華シブヤ

昼夜問わず料理に付いてくる中華スープ。町中華といえばこのスープだ。
基本的にはこのスープとラーメンのスープは同じものだと思われるけど、なんか昼に飲んだスープよりも濃厚に感じる。ちょっと変えてるのか、あるいは日によってバラツキが大きいのか(笑。
いずれにしても、うまい。今日も一日がんばって良かった、そう思える味わい。

お腹いっぱいになったし、一時間もいたら予約のお客さんが来始めて迷惑になるだろうから、そろそろ退散しますか。
夜の中華シブヤ、昼間の慌ただしさとはちょっと違ってゆったりした空気感があるし、料理メニューも増えるし、昼よりも気に入ったかも。
今回はビールさえ飲めなくて残念だったけど、改めて飲める日に複数人で来たいところ。

毎日八丁堀界隈に働く人々に、普通のおいしさを淡々と提供し続ける。
こういう店こそが、本当の名店だと思う。

改めて、ごちそうさまでした。

孤独のグルメ Season7 Blu-ray BOX

B07CXK4NFM

関連ランキング:中華料理 | 宝町駅京橋駅八丁堀駅

■関連リンク
【Season7巡礼中】『孤独のグルメ』聖地巡礼 全店レポート Season1~7&原作 - NAVER まとめ

投稿者 B : 22:56 | Dinner | Gourmet | KODOGURU | コメント (0) | トラックバック

2018/06/30 (Sat.)

東京都中央区八丁堀のニラ玉ライス

「さて、何を食う?このへんで働いている人たちが行く食堂はどのへんなんだろう」

中華シブヤ

昨夜の第 12 話の放送をもって『孤独のグルメ Season7』もついに完結。松重さん、久住さん、スタッフの皆さん今期もお疲れさまでした。
しかしこちらはまだまだ聖地巡礼が残っているため、ペースを緩めずに残りの店も攻めていきます。今回はその最終飯の聖地、八丁堀にやってきました。まあ八丁堀というか、都営浅草線の宝町駅が最寄り駅。京橋やなんなら銀座方面からも歩いて来れる立地です。オフィス街と下町っぽさが混在する独特の街並みの中に、昭和がまだ息をしているようなその店がありました。

中華シブヤ

中華シブヤ

ここだ、中華シブヤ。タイトルからしていい。こういう店だよ俺が求めていたのは。
八丁堀なのにシブヤ、というのは単純に店主の苗字が「渋谷」さんだから、ということらしい。

それにしてもお昼時、店の外にまで行列ができているじゃないか。
放送前どころか予告編すら出る前に巡礼しているにも関わらずこの人気。テレビ関係なく、地元に根付いた名店ということなのだろう。まるで八丁堀サラリーマンの社員食堂だな。

中華シブヤ

店内、かなり狭め。そして相席上等に詰め込まれる感覚がまさに食堂。
この赤地に白のオーソドックスなメニュー、これは信頼できそうだ。

いつも黒いポロシャツを着ている店主、劇中では角野卓造さんが演じていましたが、このドラマにしては珍しくご本人とそんなに似てるわけでもなし。
やっぱり日本の中華屋のオヤジといえば角野卓造、そのイメージでの配役なんだろうか(笑。

その店主はランチタイムはあまりホール側には出てこないようで、注文取りと配膳は主にチャキチャキした雰囲気のパートっぽいおばちゃん。
あまりの忙しさに注文が漏れたり代金の計算間違いは日常茶飯事のようで、店内はさながら戦場です。

中華シブヤ

出てきましたよ、ニラ玉&ライス。
そして料理を頼むとサービスで中華スープがが付くもよう。

注文してから待っている間にも、他のお客さんの半分近くがニラ玉を頼んでいて、さながらニラ玉専門店のようだ。
しかも常連っぽいお客さんが頼むのは「ニラ玉」だったり「ニラ玉」だったり、メニューに載ってない。
裏メニューが定番化するあたり、さすが町中華。

中華シブヤ

なんだなんだこのニラ玉。シンプルな豚肉ニラ炒めの上に、トロトロ玉子焼きがでーんと載っかっている。
こんなの見たことない。

ようし、まずはこいつと一対一のぶつかり稽古だ。

中華シブヤ

どれどれ...おお、このニラの量!
そこに油多め、味濃いめのガツンとくるタレ。とにかくこのシャキシャキしたニラの食感とパンチのある味付けが強い。
豚肉もここではニラのサポートに徹している感じだ。

これはニラ玉の余韻だけで飯がグイグイ進む。注文が殺到するわけだ。
普段中華屋に行ってもニラ玉を頼むことなんて滅多にないけど、この味...この店は本当にニラ玉が目玉なんだな。

中華シブヤ

せっかくだから他のものも試してみよう。

まずはチャーハン。錦糸卵の載った、それ以外は超オーソドックスなチャーハン。
ニラ玉のインパクトの前には普通のチャーハンだけど、日常の昼メシとして飽きずに食べられそうな居心地の良さがある。

中華シブヤ

チンジャオロース。ニラ玉のニラにも負けぬこのピーマン!
豚肉と竹の子はあくまでアクセントという感じで、とにかくピーマンを食べ続けている感覚。でもこれも濃いタレでご飯が進む。

一度でこんなに大量のピーマンを摂取したの、生まれて初めてかも。

中華シブヤ

ヤキソバ。ここまでの料理の中で、最も具の種類が多いのはこのヤキソバかも(笑。
これまた油多めで味濃いめ。注文してからけっこうすぐに出てくるのは、大量の油と火でジャジャッと仕上げてくるからなんだろうけど、あまりベトベトした感じがないのはその油と火の使い方が巧みなんだろうな。

このヤキソバ、ニラ玉に負けず劣らず気に入った。

中華シブヤ

そしてラーメン。ゴローちゃんが食べてたのはチャーシューメンでした。惜しい!
いかにも中華料理屋らしいラーメンどんぶりに入った、「中華そば」と呼ぶべきラーメン。そうそう、最近の俺が食べたいのはこういうシンプルなラーメンなんですよ。

まずはスープから...おお、シンプルながら染みわたる味。これこれ、庶民中華のラーメンだ。これはいい。
さらにはメンマもチャーシューも、しっかり味が染みてる。

中華シブヤ

スープ、メンマ、チャーシューの三位一体のうまさに比べると、麺はちょっと緩いような気もするけど、よくある有名店のように押しつけがましくなく、毎日食べられそうな気取らなさがいい。こういう普通のラーメンがいいんだよ。
ああ、この味。このおいしさの故郷は俺の中にあるような気さえする。

いい昼飯だった。今日この店にして、大正解。
ごちそうさまでした。

なお、劇中ではランチタイムにエビチリを食べていましたが、原則エビチリは夜の部メニューとのことでお昼には注文できません。
というわけで実はもう一度巡礼してきているので、次回・夜の部エビチリ編に続きます。

孤独のグルメ Season7 Blu-ray BOX

B07CXK4NFM

関連ランキング:中華料理 | 宝町駅京橋駅八丁堀駅

■関連リンク
【Season7巡礼中】『孤独のグルメ』聖地巡礼 全店レポート Season1~7&原作 - NAVER まとめ

投稿者 B : 20:56 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2018/06/27 (Wed.)

五反田 レストラン スワチカ(再)

以前一度紹介した店ではありますが、先日私の職場が引っ越してあまり通えなくなってしまったので、想いを込めて再び紹介します。

スワチカ

スワチカ

五反田→大崎広小路方面の飲食店が乱立するエリアにひっそりとある、昔ながらのレストランです。レストランと言いつつ完全にカウンターのみで、お昼時はサラリーマンの聖地と化しています。
私は初めて行ってから二年近く、たぶん月に 3~4 回は通ったかな?五反田でお昼時に最も行った店。完全に顔を覚えられてしまい、入店するや着席する前におかみさんに「今日は、メンチ?」と訊かれるレベルになってしまいました(笑。

スワチカ

メンチかつ定食。たくさんあるメニューの中でも、個人的にはこれがベスト。たぶん 3 回に 2 回は食べてると思います。

平皿に大ぶりの丸いメンチかつが一個、というシンプルさ。付け合わせはキャベツの千切りとポテサラ、あとお新香と味噌汁(豚汁)がついています。

スワチカ

メンチはシンプルにソースで。みちっと詰まった挽肉から溢れる肉汁のうまみ。私史上最高のメンチかつ。これを気取らずに、しかも日常として食べられる喜び。

スワチカ

こちらはメンチの次によく食べたアジフライ。ふっくらと揚がった大きめのアジが嬉しい、プレミアムアジフライです。これも、私が今までに食べたアジフライの中で三傑に入るうまさ。

スワチカ

サケフライ。こういう定食屋だと普通は焼き鮭が出てくるものですが、ここはこんなものまでフライにしてしまいます。焼いて食べても十分うまいであろう大ぶりの鮭を、この店の絶妙な加減で揚げてあって、これもうまい。

私の経験上、本当にうまい店の揚げ物って、食べてもほとんどもたれないんですよね。ここのも間違いなくその部類。マスターのウデの差ですかね。

スワチカ

揚げ物以外もおいしい。これはしょうが焼ですが、こういう店でしょうが焼と言えば一般的には豚バラを使うところ、ここのはとんかつやポークソテーと同じロースを使っていて、かなりボリューム感あり。生姜風味のポークステーキという感覚で、しっかりお腹を満たしてくれます。

スワチカ

最も予想を超える形で出てくるのがハンバーグ。卵焼きに半分埋もれたハンバーグに、赤いケチャップが鮮烈です。メンチかつのタネを揚げずに焼いたらハンバーグになるんでしょうが、ほんのり甘い卵焼きが絡むことで全く違う味わいになります。古き良き食堂的な味がなんだかホッとします。

スワチカ

この店においてメンチかつと双璧をなすカレー。カレーライス、かつカレー、メンチカレーの三種類がありますが、個人的にはメンチカレー推し。定食よりも一回り小さいメンチかつが載りつつ、本来はカレー屋として開店したらしいこの店の本格的なカレーが味わえる一挙両得感。
カレーは酸味の中に深いコクを感じる、私が大好きな方向性の味。最近はあまり見かけなくなった、昔ながらの洋食屋さんの、しかもちゃんと手がかかっているカレーという味です。毎日食べても飽きないし、時折思い出したように猛烈に食べたくなるカレー。

スワチカ

実は今年のゴールデンウィーク頃からいつものおかみさん(兄妹でやっているお店で、マスターの妹さんとのこと)を見かけなくなり、何かの病気か年齢的なもので引退されたのか...と心配していました。が、たまたま店内に他のお客さんがいなくなったときに尋ねてみたら(ランチタイムはいつも混んでいるので話しかけづらい)怪我をしてしばらく休んでいるとのこと。お怪我というのは心配だし早く良くなってほしいですが、あの「お冷や、ありますよ?」の声が聞けないのは寂しいと思っていたので、単なるお休みということで少し安心しました。

仕事で辛いことや落ち込むことがあっても、お昼にここでごはんを食べている間だけはホッとすることができる。私にとってこの店は、まるで自分の家のような癒やしの空間でした。マスターにあまり来られなくなってしまうことを伝えると、「寂しくなるね」と言ってもらえたのが嬉しかった。
今度の職場付近はチェーン系のお店ばかりで、地域に根付いた個店がほとんどないのが寂しい。

お二人には身体に気をつけて、できるだけ長くお店を続けてほしいと願っています。今までほどには通えなくなってしまったけど、近くに用事ができたときには、また寄らせてもらいます。そのときには、おかみさんの元気な顔がまた見られるといいな。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:定食・食堂 | 大崎広小路駅五反田駅大崎駅

投稿者 B : 22:41 | Gourmet | Lunch | コメント (0) |