b's mono-log

2018/06/23 (Sat.)

千葉県千葉市の特製ニンニクスープと生鮭のバター焼き

「これはお出かけよそ行きのおいしさだ。忘れた頃に食べたくなる、永遠のごちそうだ」

西登戸

ゴールデンウィークに成田に来て以来、なぜか仕事・プライベート・聖地巡礼でしょっちゅう千葉方面に来ています。そんな中、今回は『孤独のグルメ Season7』第 11 話の聖地巡礼のため、千葉県千葉市西登戸へとやって来ました。
千葉って幕張より奥に行く機会が滅多になくて、西登戸も当然初めて。神奈川寄りの東京都民としては最初「にしのぼりと」と読んでしまったくらい縁がありませんでした。千葉駅からたった二駅でこのローカル感。でも、のんびりしてていいじゃないか。

味のレストラン えびすや

えびすや

西登戸駅から海側に徒歩数分、この辺りだけ昭和がまだ生き残っているかのような飲食店が数軒並んでいる一角にあるのが「えびすや」。この店名で思い出すのは原作ステーキ回で使われたお店の仮名ですが、無関係な同名の店舗がドラマに登場するのも何かの縁かもしれません。

それにしても、何とも味のある店構え。こういう洋食屋、久しぶり。
なにより「味のレストラン」ってサブタイトルが懐かしいじゃないか。

えびすや

いいなぁ、古き良きレストランの景色。

今回は放送前の巡礼だったわけですが、お客さんは家族連れから老夫婦、近くの会社の OL(死語だけど実際にそんな感じ)の集団まで、多彩な顔ぶれ。昔から地元の人々に愛されている洋食屋さんであることがよく分かります。

えびすや

メニューはこんな感じだけど...あくまでランチ向け。
「サーモングリルセット」は例の生鮭のバター焼きに該当するのか、それともちょっと違うのか判らない。それにカニピラフも食べたい。ダメモトで夜メニューも頼めるか訊いてみたところ、快く応じてくださいました。

えびすや

こちらが夜メニュー。
おおお、この独特の手書き文字。年季が入ってるなあ~。

えびすや

お目当ての魚料理。生鮭のバター焼きが本命だけど、洋風よせ鍋とかグラタンもうまそうだなあ。それに海老フライにカキフライ、タルタリストとしてはここも気になる。心を決めてきたつもりだけど、迷わせにくる品揃え。

惑わされるな、胃袋の声を聴け。
う~ん、身悶えするほど悩ましい。

えびすや

注文してほどなく運ばれてきた特製ニンニクスープ。

お~、食欲をそそるこの香り。
疲れた身体にはもってこいだ。

ニンニク効きまくり。メチャウマ。
ニンニクを前面に押し出したスープなんて初めて飲んだけど、これはいい。「特製」の冠に恥じぬ一品。

えびすや

卵を溶くとこんな感じ。ニンニクのパンチが卵黄でまろやかになって、これまたうまい。
卵も入って最強の滋養強壮スープだ。元気がモリモリ湧いてくる。

それにしてもゴローちゃん、ここにさらにガーリックトーストを足すとは恐れ入りました。
このスープの味にガーリックトースト、あれは確実にうまいに違いない。次回行ったら絶対やろう。

えびすや

ニンニクスープを飲んでいたら、「こちらサービスになります」と運ばれてきたのがこのサラダ。
え、こんな立派なサラダいただいちゃっていいんですか?ランチタイムに単価の高いディナーメニューを頼んだからだろうか。

シンプルなグリーンサラダに見えつつも、薄くスライスしたキュウリとか、ちょっと手がかかっているのが嬉しい。
そしてこのドレッシング...ニンニクの風味が効いててうまい!やっぱりこの店はニンニクが決め手なんだろうか。濃いめの味付けで、食べ応えあるサラダ。

えびすや

メインディッシュは生鮭のバター焼き。
出てきた瞬間、テーブルが華やかになったぞ。

何気ないようでいて、盛り付けが美しい。
気取らないけどちょっとよそ行き、さすが、味のレストラン。

えびすや

おお、タルタルソースつきときたもんだ。しかもたっぷり。
タルタリストにはサプライズプレゼント。

えびすや

脂の乗ったホクホクの鮭。これだけ大ぶりな鮭をいただくのも、そうとう久しぶり。
皮がちょっとカリッと焼かれてるのがまたいい。

えびすや

うん、うまい鮭だ。しかもバターにタルタル。肉厚な鮭が自身のうまみに加えてバターとタルタルをしっかり受け止めている。

非の打ちどころのない洋食の喜び。
幸せで自然と顔がほころんできたぞ。

えびすや

付け合わせの人参とインゲンのソテー、それにスパゲティ。
これも隠れた大好物。子どもの頃から、レストランで人参のソテーがついてきたら嬉しかったもんなあ。

懐かしくて涙が出てきそうになる甘味。
昔両親に連れて行ってもらったデパートのレストランを思い出させてくれる。

えびすや

お、カニピラフ登場。
素朴なピラフに見えつつも、しっかりカニの身が入ってる実は豪華なピラフ。

こういういかにも街の洋食屋さんのピラフって久しぶりで、見ただけでちょっと嬉しくなってくる。
香りも良くて、ここが稲毛の海のすぐ近くだということを思い出す。別に鮭もカニもここで獲れたわけじゃないだろうけど。

えびすや

あ~、うまいな。これは大好きな味です。
この色、しっかりした味付け、ちょい焼き飯寄りのピラフ。

気取ってない、でも丁寧さが伝わってくる素朴に品の良いおいしさ。本当にいい。
食べるほどに幸せな気持ちが胸いっぱいに広がる、そんなピラフだ。

えびすや

ふう、お腹いっぱい。
食後はアイスコーヒーだけにしたけど、やっぱりあの自家製プリンも頼んでおくべきだったか...。

それにしても幸せなひとときだった。全部おいしかった。
長い時間がゆっくり磨き上げた、居心地の優しい店だったなあ。

ここはちょっと遠いけど、ぜひまた来たい。
ハンバーグとかステーキ、カツレツ、スペイン風おじやなんかもうまそうなんだよなあ。
近くで働いている某氏とか、千葉方面の仲間を誘って来てみるか。放送後はしばらく混んでるだろうし、千葉駅のほうにも支店があるらしいから、そっちでも良いかも。

ごちそうさまでした。

孤独のグルメ Season7 Blu-ray BOX

B07CXK4NFM

関連ランキング:洋食 | 西登戸駅新千葉駅千葉みなと駅

■関連リンク
【Season7巡礼中】『孤独のグルメ』聖地巡礼 全店レポート Season1~7&原作 - NAVER まとめ

投稿者 B : 20:56 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2018/04/14 (Sat.)

東京都世田谷区経堂の一人バイキング

「ここはまるで、俺の胃袋の実家だ」

経堂

ドラマ『孤独のグルメ Season7』、昨夜放送されたばかりの経堂の聖地に早くも行ってきました。小さいお店で、放送されたらかなり混むことが予想されたので、今回は放送前に訪問。

今回は川崎の一人焼肉両国の一人ちゃんこ西巣鴨の一人すき焼きに続く「一人バイキング」回。私は聖地巡礼には誰かを誘って行くことも少なくありませんが、サブタイトルに「一人○○」と入れられたら、一人で行くしかないじゃないですか(;´Д`)。というわけで、今回はあえての一人巡礼。

それにしてもこのあたり、思いっきり世田谷の住宅街。とてもお店がありそうには思えない閑静な街並みに溶け込むように、お店が存在していました。

マッシーナ メッシーナ

え、これ、店?
普通の一軒家じゃないのか。

ママチャリが何台も駐まっていて、普通の民家でママ友のお茶会でも開かれている、そんな雰囲気。
でも、塀の中を覗き込むと、

マッシーナ メッシーナ

かなり控えめに、看板。
これは知ってる人じゃないと気づかないんじゃないかな~。

一軒家で、バイキング一択の、マッシーナ メッシーナ。
謎すぎる。でも俺の空腹な好奇心が、入っちまえと言っている。

マッシーナ メッシーナ

マッシーナ メッシーナ

おおお、なんだこの人ん家感は。
いきなり友達の実家に呼ばれた気分。

玄関扉を開けると、中から優しそうな黒人のマスターが出てきました。ドラマには登場しませんでしたが、ギニア人の「マッシーナ」さん。
「今ちょうど料理がだいたいなくなっちゃったところで、次できるまでちょっと時間がかかりますけど、いいですか?」とのこと。
大丈夫ですよと告げて、まるで親戚か友達の家にでも上がり込むように、中に通されます。

マッシーナ メッシーナ

うわあ...この家具や調度品の実家感。
座敷席では、まさにママ友会っぽい集まりが催されていました。
きっとここ、昔から世田谷の主婦たちの憩いの場だったんだろうな。

マッシーナ メッシーナ

テーブル席側はこんな感じ。
初めて来たはずなのに、この懐かしさはどこから思い出されるんだろう?
まだじいちゃんばあちゃんが健在だった頃の実家って、こんな茶色の家具で満たされてたよなあ。

マッシーナ メッシーナ

バイキングの料理はこんな感じで並んでいました。

あそこにあるのを選んで取るわけだな。
どれ...と思ったけど、確かに言われたとおり主菜っぽい皿は軒並み空っぽ。
厨房ではおかみさんが忙しそうに、次々に料理を作っています。

ま、バイキングは浮き足立ったら崩壊する。ここは慌てず出来上がりを待とうじゃないか。
まずは落ち着いて控えめに、残っている料理を集めていくとしよう。

マッシーナ メッシーナ

というわけで、バイキング第一弾。

メインどころの料理がなかったからおばんざい盛り合わせみたいになっちゃったけど、チョイスも盛り付けもイイ感じにできた。
我ながらなかなかの好采配なんじゃないの?

マッシーナ メッシーナ

上から時計回りに、枝豆豆腐、ブロッコリーサラダ(カニカマ入りなのが嬉しい)、焼き鯖、きんぴらごぼう、白菜の浅漬け、玉子焼き、豚しゃぶ、そして中央がキュウリとトマトの塩麹和え。
バイキングって欲張ってたくさん取っちゃいがちだけど、あえて少量ずつにしていろいろ楽しむ。これが真のバイキンガーの嗜みですよ。

ほんのり枝豆が香る豆腐にわさび塩、それに素朴な甘い味付けの玉子焼き。ごはんのお供としては焼き鯖や豚しゃぶも王道のおいしさ。
そして個人的にはこのきんぴらに驚いた。このちょいカレー味が新たな食欲を引きずり出す。

決して派手な料理ではないけれど、どのおかずも手間をかけているのが分かる。
一つ一つに心を込めているのが、よく分かる。

マッシーナ メッシーナ

ようし、ギニアいってみよう。
この雑穀米にかかっているのがギニアの家庭料理「マフェ」。
中に入っていた手羽元は、柔らかすぎて早くも鍋の中で骨から外れかかっていたほど。

しっかり辛くてカレーっぽいけど、カレーじゃない。
いろんな野菜をじっくり煮込んだ奥行きのある味わい。

これは特筆すべき家庭料理だ。

マッシーナ メッシーナ

お味噌汁も...おっと、しっかりいりこだし。
何気なく掬ってみたらお椀に煮干しが入っていて驚きました。
まさに昔ながらの家庭の味。こんな味噌汁、久しぶりに飲んだ気がする。

マッシーナ メッシーナ

一巡目を食べている間に、追加の料理のほうが出来上がってきました。
そう、バイキングは運じゃない。諦めずに自ら道を切り開く強い心が大事なんだ。
でも、出来上がってくるたびにお客さんがわっと集まって料理を取っていくから、冷める暇がない感じ。

そして料理を取りに行くたびに厨房のおかみさんと目が合って「お待たせしてごめんなさいね」「もうちょっとでできますから、待っててくださいね」とにこやかに声をかけていただく。
ああ、この店の暖かさや包容感は、このおかみさんの人柄から来ているんだなあ。

マッシーナ メッシーナ

そんなわけで、バイキング第二弾。
今度は冷やし中華サラダ、タラモサラダ、マカロニグラタン、それにゴローちゃんが食べ損ねたドリア。
ドリアはもう見るからに美味しそうで小皿の容量だと食べ足りないだろうと思えたので、別皿にもしっかり盛ってみました。
さらに、マフェライスは実はこれが三杯目(笑)完全に気に入ってしまった。

今回もどれも美味しいけど、中でも特にタラモサラダは大当たりおかずだ。
こんなオーソドックスなおかずなのに、今まで食べたどんなタラモサラダよりもおいしい。中に入ってる海苔の風味が効いてるんだろうけど、それだけじゃない深みがある。

ドリアは雑穀米とカレーベースの上にたっぷりチーズがかかっていて、想像通りのうまさ。
マフェライスといいどちらもおいしくて、炭水化物を採りすぎてしまう。
でも雑穀米ならばその罪悪感も半分でいいはず(ぉ

そういえば、劇中のゴローちゃん同様にアスパラの塩焼きの最後の一本を取ってきたわけですが、あまりの長さにこのお皿に載りきらず、私としたことがつい写真を撮り忘れてそのまま食べてしまいました(汗

マッシーナ メッシーナ

ああ、おいしかった。予想通り、バイキングは 100% 食べ過ぎちまうな。
おかみさんの長年の手料理に加えて旦那さんのギニアの味、珍しくも暖かい和洋幾折衷料理だった。
外食したというより、やっぱり親戚か友達の家に招かれてお腹いっぱい振る舞ってもらった、そんな感覚。

経堂の住宅街の中の一軒家バイキング、いいものを知った。
うまい家庭の味が恋しくなったら、この家に帰ってこよう。

ごちそうさまでした。

孤独のグルメ Season7 [Amazon Video]

関連ランキング:定食・食堂 | 経堂駅宮の坂駅上町駅

■関連リンク
【Season7巡礼開始】『孤独のグルメ』聖地巡礼 全店レポート Season1~7&原作 - NAVER まとめ

投稿者 B : 20:56 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2018/04/12 (Thu.)

山本のハンバーグ 大岡山店

以前渋谷店で食べてたいそう気に入ってしまった「山本のハンバーグ」の大岡山店に行ってきました。

山本のハンバーグ

山本のハンバーグ

大岡山というと、昔は生活感ある学生街というイメージでしたが、東急線の再編以降オシャレな店や有名店が進出してくるようになりました。古き良きローカル商店街に紛れ込むような形で、山本のハンバーグ大岡山店を発見。
渋谷店同様に女性客多めだけど学生っぽい人やファミリーもいたりして、雰囲気はちょっと違います。

山本のハンバーグ

例によって写真だけでソソられてしまうメニュー。店舗によって内容が違うのか、それとも改訂がかかったのかわかりませんが、渋谷店で見たときとはちょっと変わって「ほそびき」「あらびき」といった表記が加えられています。
どれも美味しそうで、迷ってしまうなあ...。

山本のハンバーグ

さらに別紙で季節限定メニュー。
これもこれで、どっちも気になるなあ...特に賄いから生まれた牛すじ煮込みハンバーグ!牛すじ煮込み料理好きとしてはこれは一度食べておかなくては。注文はこれで決まり。

山本のハンバーグ

ランチセットに含まれるサラダと野菜ジュースがまずは運ばれてきました。
サラダはパプリカや根菜がたくさん入った彩り鮮やかなもので、見た目からして嬉しい。
野菜ジュースは自家製。運ばれてきたときに「今日の材料はこれ」という感じで絞る前の素材を持ってきてくれるのもちょっと楽しい。サラダ&野菜ジュースでこれから食べる肉をあらかじめ相殺してくれそうな安心感があります(笑

山本のハンバーグ

そして、これが牛すじ煮込みハンバーグ。
テーブルに到着するなり、デミグラスソースのいい香りが鼻をついてきます。

山本のハンバーグ

ハンバーグの上にはタマネギとブロッコリー、プチトマトが載せられていて盛り付けも美しい。また野菜に隠れて見えないけどトロットロの牛すじが少し載っているのも嬉しい。

山本のハンバーグ

ハンバーグはスプーンで切ると中から肉汁ジュワ~。店名を冠した「山本のハンバーグ」は中からチーズソースが出てきて驚いたけど、この煮込みハンバーグは肉そのものの味をデミグラスで味わうのが正道でしょう。しっかりコクのあるデミグラスソースは私好みの味。野菜自体の自然な甘みがちょうど良く、ハンバーグとの相性抜群です。

山本のハンバーグ

この味噌汁にも驚かされました。白菜と三葉にパプリカが入っていて、春らしい華やかな香りがいい。味噌汁というよりは春野菜のスープという印象で、煮込みハンバーグと組み合わせても違和感ありません。

山本のハンバーグ

カウンターの上には大岡山店限定の薬味として特製のふりかけが用意されていました。じゃこ入りの見るからに美味しそうなふりかけで、おかずが美味しければ白飯で十分派な私としても、これは食べてみるほかない。

山本のハンバーグ

ふりかけご飯なんて何年ぶりだろう?これが意外と、ハンバーグと一緒に食べても「アリ」な味。ついご飯をおかわりしたくなってしまったけど、炭水化物の取り過ぎには気をつけているので、ここはグッと我慢...。

山本のハンバーグ

ああ美味しかった。満足度の高いハンバーグでした。
美味しいハンバーグを食べると幸せな気分になりますね。

チェーン展開していながら店舗ごとのオリジナリティも出しているのは面白いし、あちこちの店舗に行ってみたくなりますね。渋谷店も大岡山店も、店員さんの接客がとても心地良いのも印象的。ランチにしてはちょっと高めだけど、それだけの価値はあると思います。

きっとまた来よう。
ごちそうさまでした。

関連ランキング:ハンバーグ | 大岡山駅緑が丘駅北千束駅

投稿者 B : 22:59 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2018/04/09 (Mon.)

埼玉県上尾市本町の肩ロースカツ定食

「俺の腹は、今朝から完全にとんかつってなってる」

キセキ食堂

ドラマ『孤独のグルメ Season7』、いよいよ先週末から放送が始まりました。そこで私も早速第一話の舞台である上尾へと飛んできました。だってあのとんかつを見せつけられたら一刻も早く食べに来るしかないじゃないですか!

私は埼玉県に来ること自体が少ないけれど、上尾は完全に初めての街。けっこう大きい街なんだな、上尾。
さて、目的の店は...上尾駅から徒歩 10 分ほどのちょっと路地に入ったところに発見。

キセキ食堂

キセキ食堂

放送直後ということでどれくらい混んでいるか不安だったんですが、10 時ちょうどにお店に着いたところ、並んでいるお客さんが二人ほど。しかし店先に出されている予約票(並ぶ人もここにまず名前を書く)を見ると、並んでいる人も含めて既に 10 人以上の名前が書かれていました。ランチタイムは合計 35 名ほどで売り切れてしまうらしく、11 時の開店に対して 10:30 には品切れ確定。それでも私が観測していた限り、13 時頃までの間に 40~50 人のお客さんが来ては諦めて帰っていました。
昼夜ともに予約は受け付けているものの、4 月いっぱいは既に予約が取れない状況とのこと(当日並び分は別枠)。

私は残念ながら一巡目には入れず、開店から一時間あまり待つことになりました。夫婦二人でやっているお店らしく席が空いたからといってすぐに入れるわけではなく、一巡目のお客さんがほぼハケた段階でようやく入店できました。
並び始めてからかれこれ二時間ちょっと、もうむちゃくちゃ腹が減ってるんだって。

キセキ食堂

ようやく入店し、カウンターに着席。残念ながらゴロー席の一つ隣でした。
メニューはこんな感じで、都心ではないとはいえとんかつ屋としてはかなり良心的なお値段。

もちろん、「キセキ定食」のカツを注文するわけです。
ゴローと同じように単品でステーキも頼みたかったけど、それには予約票に二件分の名前を書いておく必要があったらしく(人数分でなく品数分らしい)、残念ながら注文できず。後のほうで並んでいたお客さんは予約票に「名前+人数」で書いていた人が何組かいたようで、並んだのに結局食べられなかったお客さんもいました。ちょっと特殊な予約システムなので、これから巡礼しようという人は要注意。

キセキ食堂

カウンターの上には、とんかつソースにステーキソース...おっ、辛味噌まであるぞ。ごまドレッシングとオニオンソース、ふうん。
こういういろんな種類のソースやドレッシングが置いてある店、好き。いろいろ楽しめて嬉しいじゃないの。

「キセキ定食」は回転率のいいメニューなのか、注文して店内をいろいろ見回しているうちに、あまり待たずに出てきました。

キセキ食堂

え~、なに!?この威圧感。
東京にも分厚いとんかつを食べさせる店はけっこうあるけど、この厚さは今まで見たことがないレベルだぞ。

ちょっと待てよ...。

キセキ食堂

横に 16cm、縦 10cm、高さ 4cm 5mm。規格外のでかさだな。
金谷のアジフライのでかさとうまさにものけぞったけど、とんかつでこれというのはまたすごい。

それでは改めて、いただきます。

キセキ食堂

まずはとんかつソースだろう。
ゴローちゃんと同じく左から三切れ目にソースをかけて、賞味開始。

とんかつと言えば、同じく久住昌之先生原作の『食の軍師』のとんかつ回でも「とんかつを食べるダンドリ」にこだわっていたけど、今回のゴローちゃんの食べ方もまさにそうでした。来週はまたダンドリが物を言いそうなバイキング回だし、Season7 はこれまで以上に食べ方に注目すべきかも。

キセキ食堂

それにしても、重っ!しかもすごく柔らかいから、箸で持ち上げている間に肉が崩れてきそうな勢い。

おっほ~!ほー、うまい。なんだよこれ。笑うしかないな。
さすが熟成肉、肉自体からうまみが溢れてくる。今まで食べたどんなとんかつとも違う味。

キセキ食堂

この色!これには...塩でしょう。
本当にうまいとんかつは塩で十分だと思うけど、これもまさにそんな感じ。肉そのものの味だけで食べられる勢い。

肉食ってる感が尋常じゃない肉だ。肉々しい肉だ。

キセキ食堂

肉と肉の間に箸休め的にいただくしめじの味噌汁も、正しくおいしい。
味噌汁なんだけどちょっとおすまし的な軽さというか上品さがあって、とんかつのいいクッションになってくれる。

キセキ食堂

よし、モリモリいこうじゃないか。
次は塩レモンとんかつ、いってみよう。

おお...レモンが豚を引き締める。シンプルな塩とんかつとはまた違った、研ぎ澄まされた味わいだ。
自分は普通のとんかつ屋でレモンをかけることはあまりないけど、この塩レモンかつはアリ。

この肉なら永遠に食べ続けられる、そんな気がします。

キセキ食堂

今度は辛味噌で名古屋に行ってみるか。
いや、味噌かつは味噌かつなんだけど、ちょい辛なのが名古屋とは違う。

辛味噌、味の目先を変えるという意味では面白い存在だけど、私はやっぱりシンプルに肉のうまみを引き出す食べ方が好きかな。

キセキ食堂

ラスト一切れ、締めはとんかつソースだ。最後はやっぱりこの定番の組み合わせに戻ってくるんだ。

筋っぽさを微塵も感じさせない柔らかな熟成肉に、薄めの衣。今まで食べたどんなとんかつとも違う味。
出てきたときは一瞬食べきれるかと思ったが、いらぬ心配だった。本当にうまい肉ってなんというか、「軽い」ような気がする。揚げ物についてもそうで、鳥越の「まめぞ」といい、『孤独のグルメ』に出てくる揚げ物の店って、胃にもたれにくい軽さがある。

キセキ食堂

いやーぶったまげた。こんなとんかつが、上尾の街に潜んでいたとは。

ドラマ登場前から地元では人気店だったようだけど、これから当面は行列が絶えないんだろうなあ。
ご夫婦二人で切り盛りしているお店ということで、身体に気をつけてがんばってほしいと思います。
そして私は、行列が落ち着いたら今度はステーキを食べに来たいなあ。

ありがとう、キセキ食堂。
ごちそうさまでした。

孤独のグルメ Season7 [Amazon Video]

関連ランキング:ステーキ | 上尾駅

■関連リンク
【Season7巡礼開始】『孤独のグルメ』聖地巡礼 全店レポート Season1~7&原作 - NAVER まとめ

投稿者 B : 20:56 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2018/03/12 (Mon.)

五反田 名代 後楽そば

三月に入ったあたりから、五反田の駅を出たところで妙にソソるソースの香りが立ちこめるようになりました。やたらと空腹を刺激してくる香りで、発生源はどこだ!?と探ってみたら、ガード下、ちょうど一年前に惜しまれつつ閉店した立喰いずし 都々井の跡地に新店が入っているじゃないですか。

名代 後楽そば

後楽そば

ん?なんかこの看板見覚えがあるぞ?と思ったら、これまた有楽町のガード下にあったお店じゃないですか。一昨年に閉店し、ここ五反田に移転して再オープンした模様。個人的には有楽町に行くなら他に行きたい店はいろいろとあるから当時はこの店に入ったことはありませんでしたが、この機会に入ってみようじゃないの。

後楽そば

メニューはこんな感じ。単品ならばほとんどのメニューがワンコイン以下で食べられてしまうのがサラリーマンとしては嬉しい。いつものランチの値段で並盛りのカレー+コロッケそばとか食べられてしまう金額ですよ。でもどうやら有楽町時代に比べて微妙に値上げしたらしく、以前を知っているらしき他のお客さんが「この価格帯になると厳しいね~」と話しているのが耳に入ってきましたが、それでも安いと思います。

後楽そば

立ち食いそば屋らしく券売機制になっています。私は初めての店で後ろに列ができている状態でこのメニュー盛りだくさんな券売機を目にすると慌ててしまって選べなくなるタイプです(;´Д`)ヾ。
どれにしようかな...ええい、ままよ。

後楽そば

店内は都々井時代同様にカウンターのみながら、改装されて小ぎれいになっていました。食券を出すと程なくして料理が出てくるスピーディーさが立ち食いそば屋らしくていい。

頼んだのはミニカレーライスと焼きそばのセット。あのソースの匂いを嗅いだなら焼きそばは食べたかったし、それでも立ち食いそば屋なんだからかけそばくらいは食べてみたかったけど、焼きそば&かけそばなんていうセットメニューは見当たらなかったので、無難にカレー。後ろに列ができていなければ落ち着いて単品焼きそば&単品コロッケそばあたりを頼んでいたかもしれません。

後楽そば

焼きそば。店内を見回すと、お客さんの九割が焼きそば食べてるじゃないですか。やっぱり、ここは立ち食いそば屋でありながら焼きそばが看板メニューなんだろうな。
見た目からして、テカテカと油ぎった焼きそば。B 級グルメ感満載だけど、あのソースの匂いにはこれくらいジャンクな焼きそばを期待してしまうもの。油とソースがガツン!と脳髄に響く感じ、サラリーマンのパワーランチとしては悪くない。

後楽そば

カレーのほうは、形ある具としては人参くらいしか見当たらないけど、ルウはスパイスが効いた辛口カレーで、嫌いじゃない味。これは並盛りのカレーにしても良かったかもなあ。そういえば、そばのトッピングとしてコロッケやとんカツがメニューにあったけど、カレーと組み合わせてコロッケカレーやカツカレーにもできるんだろうか。

いやはや、昼間っからとんだ炭水化物祭りを開いてしまいました。こういうジャンクランチ、たまに欲しくなりがちだし、また来ようと思います。
この近くには立ち食いうどんのおにやんまもあるし、この春にはとだかと同じビルに都々井が移転再オープンするらしいし、サラリーマン向けのジャンクランチ~飲み帰りの〆向けの店が熱くなってきましたね。都々井も開店したら早々に行ってみようと思っています。

関連ランキング:立ち食いそば | 五反田駅大崎広小路駅大崎駅

投稿者 B : 23:25 | Curry | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2018/03/02 (Fri.)

新宿「すずや」のとんかつ茶漬け

新宿で昼食を食べる機会があったので、以前からちょっと気になっていたお店を攻略してきました。

名代とんかつ 新宿すずや

すずや

歌舞伎町の入口付近にあるとんかつの老舗「すずや」。とんかつそのものよりも「とんかつ茶漬け」のほうが有名なほどではないでしょうか。
かなりの有名店で、私も昔から存在は知っていたものの、とんかつをお茶漬けにするというキワモノっぽさがどうなのよ、と思って今まで敬遠していました。でも新宿でランチってあまりしないから知っている店も少ないし、たまには攻めてみるかと思い入店。

すずや

すずやってけっこう年季の入ったビルにあるイメージでしたが、いつの間にかガラス張りの綺麗なビルに建て替えられていました。どうやら持ちビルのようで、お店の収益というよりも他店のテナント料から利益を上げているんでしょうね。
とんかつ屋というからには渋めの内装を想像していたら、オープンなカフェレストランのようなオサレ空間が展開されていて、ちょっと驚きました。

すずや

メニューはいろいろあるけれど、ここに来たからには最初は普通のとんかつじゃなくてとんかつ茶漬けを頼むべきでしょう。
一皿で二度おいしいとんかつ茶漬け、おすすめの食べ方も書いてありますが、とんかつというよりもひつまぶしに近い楽しみ方をするもののようです。

すずや

これがそのとんかつ茶漬け。味付けは三種類ある中で、昔ながらのからし醤油味にしてみました。
鉄板に乗ったとんかつという時点で今まで見たことがないとんかつで、どんな味がするのか想像もつきません。

すずや

鉄板の上にとんかつ、さらにその上に堆く積み上げられたキャベツと海苔。
とんかつ屋のキャベツといったら千切りが定番だけど、とんかつ茶漬けのキャベツはタレに軽く浸された感じのしっとりしたキャベツ。これはこれでご飯が進みます。しかもキャベツはおかわり自由、おかわり時に違う味付けのキャベツが選べるというから、ちょっとしたお得感がありますね。

とんかつのほうは、やや淡泊な肉のとんかつを濃いめの味のタレで食べさせるような感じで、これ自体はまあ美味しいけどびっくりするようなものではないなあ、と思ったら、最後にお茶漬けにして印象が変わりました。

すずや

とんかつとキャベツとごはん、それに薬味をちょうど良い具合に残してお茶漬けを作成。
この時点で、ややあっさりめのとんかつの意味が分かりました。ジューシーすぎるとんかつだとお茶漬けにしたときのバランスが悪いということでしょう。お茶漬けにしたときのとんかつが、ちゃんと存在感があるんだけど脂分が出過ぎず、よく馴染む。確かにこれはアリだなあ。

揚げ物、特に天ぷら系ではなくフライやカツ系の揚げ物をダシに浸すってどうなの?と思っていましたが、言われてみればカツ丼やカツ煮といった卵とじ系の煮込みカツはあるし、立ち食い蕎麦屋でコロッケ蕎麦をこよなく愛する人もいたりするほど「出汁に浸されたフライ」って日本人にとってなじみ深いものだったんだなあ。

ちょっと単価が高めだけど、今まで敬遠していたことをちょっと後悔しました。
今度来る機会があったら、次はオーソドックスなとんかつも食べてみたいです。

関連ランキング:とんかつ | 新宿西口駅西武新宿駅新宿駅

投稿者 B : 00:33 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2018/01/29 (Mon.)

五反田 ステーキてっぺい

地味に需要があるらしい五反田ランチ情報シリーズ。久しぶりの今回はこちらのステーキ屋さんに行ってみました。

ステーキてっぺい steak teppei

ステーキてっぺい

五反田駅から TOC(東京卸売センター)に向かう途中で横道に入ったところにあるお店。この界隈では比較的新しいお店だと思います。
もともと六本木・池袋・新橋にもあったお店の支店とのことで、それぞれ激戦区で生き残っているからにはうまくないわけがない。これは入る前から期待が持てます。

ステーキてっぺい

店内はステーキ店らしからぬ雰囲気。喫茶店やワインバルだったとしても違和感がありません。黒板に「トリッパ」とありますが、確かにそういうの出てきそう。
今回はランチに来たけど、夜に来て肉とワインという感じでも楽しめそうです。

ステーキてっぺい

ランチメニューはこんな感じ。ステーキ店だけあってビーフ尽くし。
ビフカツやカレーも捨てがたいけど、やっぱりステーキ店に来たからにはまずは王道から攻めようじゃないですか。

ステーキてっぺい

ランチにはスープとサラダがついてきます。
こう寒いと、ランチにスープがついてくる店ってありがたいですよね。

ステーキてっぺい

そしてドン!ランチステーキ。

サラダのドレッシングはガーリックと胡麻が選べるところ、胡麻ドレッシングは普通だよなあ...と思ってガーリックにしてみました。
このドレッシングがまた、クリーミーなのにニンニクの食欲をそそる香りが効いていて、サラダだけでもおかわりしたくなっちゃう味。これは驚いた。

ステーキてっぺい

で、ステーキですよ。

あらかじめカットされた状態で出てくるので、まあランチだしコストパフォーマンス重視で作っているんだろうなとは想像しましたが、筋っぽさをほとんど感じない柔らかさ。そこにガーリックと胡椒がガツンと効いた味付けがウマイ!!ニンニク風味なんだけど、どこか品のいい味わいなのがまたいい。さらに添えられてきたバターをつけて食べると唾液の分泌が止まらなくなります。
これは追加料金払っても良いから、肉増量メニューも用意してほしいくらいです。

ステーキてっぺい

別の日に、一日五食限定という煮込みハンバーグにもありつけたので、頼んでみました。
ドレッシングは胡麻にしてみたところ、美味しいんだけどまあ普通かな...ここのドレッシングはガーリックにしないともったいないと思います。

ハンバーグはちょっと大きめのが一つ。デミグラスソースに一緒に煮込まれたすじ肉が混ざっているところが嬉しい。

ステーキてっぺい

けっこう粗挽きのはずなのに、食感はとても滑らか。この店のステーキの柔らかさにも通じるものがあります。
デミグラスソースは丁寧に煮込まれた味わいで、ちょっと甘口。個人的にはもう少し酸味寄りのほうが好みだけど、でもおいしい。この滑らかなハンバーグには優しい味が合っているとも思います。

この界隈はステーキ/ハンバーグ店の激戦区だけど、他の店にも引けを取らないどころか、あのガーリック味は時折思い出して食べたくなりそうな魔力を持っています。
ここはまた来よう。そして六本木・池袋・新橋でご飯を食べる機会があったらぜひ思い出して支店にも行ってみたいところです。

関連ランキング:ステーキ | 大崎広小路駅五反田駅不動前駅

投稿者 B : 22:29 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2017/11/05 (Sun.)

裏渋 キッチン ハセガワ 再訪

以前一度行ってとても気に入ったレストランに、もう一度行ってきました。

キッチン ハセガワ

キッチン ハセガワ

「裏渋」ということで前回は渋谷から歩いたんですが、改めて地図を見てみると神泉駅のすぐ近くじゃないですか。一駅だけ乗るのはちょっともったいないけど、渋谷から京王井の頭線でお店まで。
ランチタイムは相変わらずの行列で、お客さんも 9 割方女性だから私はちょっと居場所がない感じだけど(´д`)、そんなことは気にしない。おいしければいいじゃないかそれで。

キッチン ハセガワ

ランチを注文するとまず出てくるのがセットのサラダとスープ。
見た目はちょっとこじゃれた盛り付けのサラダと、何の変哲もないコンソメスープですが、食べてみると普通のサラダとスープとは全然違う。

キッチン ハセガワ

スープは根菜のスライスをアクセントにしたグリーンサラダなんですが、このトロッとしたドレッシングが他の店では食べたことがない味で、ものすごく美味しい。普通のドレッシングとは違う、味噌のようなコクのある味。隠し味に少しニンニクが入っているんじゃないかなあ、違うかなあ。濃厚でおかわりしたくなるくらいのサラダです。

キッチン ハセガワ

スープも見た目からは分からないコクのある深い味。カップの底には少量のチーズが沈んでいます。まるでパンを載せないオニオングラタンスープという趣で、これから出てくるメインへの期待を高めてくれます。

キッチン ハセガワ

メインはハーフ&ハーフで頼んでみました。定番デミグラスハンバーグ(チーズトッピング)とチキンピカタ。前回来たとき、チキンピカタもすごく気になってたんですよね。
メニューがたくさんあるので、こうやってちょっとずつ楽しめると得した気分になります。

キッチン ハセガワ

ハンバーグはきめが細かく、柔らかい触感。最近は粗挽き系のハンバーグが流行りですが、それとは対極にある感じの丁寧に作られたハンバーグ。
そしてこのデミグラスソースが絶品。皿の上のソースをハンバーグで全部拭って食べたいくらいにソースが美味しいんですが、飾りのように少しだけ垂らされているフルーツソースやバジルソースをちょっとつけて食べてみると、また味が変わっていくらでも食べていられそうになります。

キッチン ハセガワ

チキンピカタはトマトソースで。柔らかいチキンがカリッと揚げられていて、そこにトマトソースが絡むのがたまらない。
ああ、ここはハンバーグに負けず劣らずチキンピカタも名品なんだなあ。

キッチン ハセガワ

洋食屋さんの定番、目玉焼きハンバーグもこの店の手にかかればデミグラスの海に目玉焼きの舟が浮かぶ感じに。
半熟の黄身をデミグラスと絡めて食べると、これもまた幸せな一品。今度来たらチーズ&目玉焼きという欲張りトッピングにチャレンジしたくなりました。絶対うまいに違いない。

キッチン ハセガワ

デザートはバジルアイス。爽やかな風味を楽しみながら「今日もおいしかったなあ...」としみじみ反芻します。

ここはテレビでもよく紹介される超人気店らしいので、ランチタイムは行列必至だけど、大のお気に入り店の一つになりました。
機会を見つけてまた食べに来ようと思います。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:ハンバーグ | 神泉駅渋谷駅駒場東大前駅

投稿者 B : 22:54 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2017/08/31 (Thu.)

あるでん亭 銀座ファイブ店

あるでん亭 銀座ソニービル店が閉店して早 5 ヶ月。ついに銀座の地にあるでん亭が復活しました。

先日西新橋店に行ってきたエントリーを書いた二日後に、あるでん亭から「8 月末に銀座で再オープンしますよ」という告知メールが届きました。タイミング良すぎ(;´Д`)ヾ。しかもその後何人かの方から「あるでん亭銀座店の移転決まったらしいですよ」と言われ、私のあるでん亭愛はこんなにもみんなに伝わっていたのか!ということを実感(ぉ

というわけで、先週末に移転オープンしたばかりの銀座あるでん亭に、さっそく行ってきました。

GINZA FIVE

移転後の立地は「銀座ファイブ」。有楽町からだとソニービルのあった数寄屋橋交差点のちょっと手前、高速道路の高架下にある商業施設の地下 1 階になります。創業の地のすぐ近くに移転してくれたことは何とも感慨深い。

GINZA FIVE

階段で地下に降りていくわけですが、銀座ファイブのあちこちにあるでん亭オープンの告知が貼られています。銀座の中でも老舗と言えるお店が移転してきたことを銀座ファイブ全体が喜んでくれているようで、お店の関係者じゃないけど私もなんだか嬉しい(笑

地下 1 階は主にレストランフロアとなっていて、あるでん亭は数寄屋橋側の入口からだと一番奥(新橋側)にありました。

あるでん亭 銀座ファイブ店

あるでん亭 銀座ファイブ店

おお、これが復活した銀座のあるでん亭!
西新橋店もいいんだけど、やっぱりスタッフの顔ぶれも違うし、店舗のつくりのせいか雰囲気もちょっと違うんですよね。こちらのお店では、ソニービル時代にいたスタッフの方々が変わらずスパゲティを茹でているようで、やっぱりこうじゃないと...と思います。

かなり狭かったソニービル店に比べて店舗面積が広がり、席数も増えて少しゆったりと座れるようになりました。それでもオープンを待っていたファンが多いのか、ソニービル時代よりも入りやすい立地になったせいか、お昼時には行列。私も 20 分くらい待ちました。

あるでん亭 銀座ファイブ店

店内にはソニービル時代の写真が貼られていて、ここがソニービル店を正統に継ぐ店舗であることを示しています。
写真の中で最も登場率の高いフェルナンド・アロンソ、今年の日本グランプリの際にはここに来てくれるんでしょうか。移転を知らず、解体が進むソニービルを目の当たりにして呆然としていたりして(笑

あるでん亭 銀座ファイブ店

ソニービル店の閉店時にお客さんたちが寄せていた付箋メッセージも壁を埋め尽くす勢いで貼られていました。たぶんこれ、集まったメッセージの一部にすぎないと思います。自分以外にもこんなにこのお店のファンがいたんだ、ということを改めて実感します。そして、お店とお客さんの間でこういう交流があるのが、このお店の良いところ。

あるでん亭 銀座ファイブ店

ソニービル店と変わらぬメニュー。平日ランチサービスがあるようですが、西新橋店とはやや内容が違うようです。私は以前からソニービル店に行くとしても休日か、平日のランチタイム外の時間であることがほとんどだったので、銀座ファイブ店になってからのサービスなのかどうかは不明。

あるでん亭 銀座ファイブ店

再オープン後の初来店だからこそ、食べるべきは王道のカルボナーラかアリオオリオ(ベーコン添え)でしょう!と思っていたんですが、こう残暑が厳しいと少し酸味のあるやつでサッパリしたいな、と思ってロレンツァ。一見カルボナーラっぽいですが、サワークリームを使って爽やかなクリームパスタに仕上がっています。個人的にこの店のベスト 3 に入るメニュー。

あるでん亭 銀座ファイブ店

サーブされたら、熱々のうちにテーブル上にあるパルメザンチーズをたっぷり振りかけてやると、チーズが溶けてさらにおいしくなります。

これこれ!クリーミーな中に独特の酸味があるソースと、このアルデンテのスパゲティが食べたかったんだ。やっぱり、銀座に来たらこれを食べないと。

あるでん亭 銀座ファイブ店

ごちそうさまでした。

他の支店もいいけど、私にとってあるでん亭は銀座店なんですよ。ようやく帰ってきてくれて、本当に嬉しい。
改めて、またちょくちょく来ようと思います。

関連ランキング:パスタ | 銀座駅日比谷駅有楽町駅

投稿者 B : 22:05 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2017/08/14 (Mon.)

六角堂 Grill&Bar 再訪

近年の帰省時の定番になりつつある、金沢の「六角堂」に今年も行ってきました。

六角堂 Grill&Bar

六角堂 Grill&Bar

この店は本当においしい。人気店のようでハイシーズンは事前予約必須ですが、その価値はあります。
今の時期、金沢の市街地はちょっと行きたくないくらいに混雑していますが(それでも桜や紅葉の季節よりは多少マシか)、ここは金沢の市街地から少し離れた卯辰山にあって、ちょっとした避暑気分を味わえます。

六角堂 Grill&Bar

予約席に着くと、目の前で「焼き」が始まります。これが一種のショー的な要素を含んでいて、見ているだけで楽しい。

六角堂 Grill&Bar

まずは鉄板の上で油を温めている間に、こちらは昼から生ビールをやりながら職人芸を堪能。

六角堂 Grill&Bar

鉄板が温まると、まずはガーリックチップから炒め始めます。
すると徐々にニンニクのいい香りが鼻をついてきて、こちらも食欲に灯がともるわけです。

六角堂 Grill&Bar

そこに登場するグリーンサラダ。
ニンニクの香りを楽しみつつ、ビールを飲みながらサラダをつついていると、

六角堂 Grill&Bar

ほどなくしてガーリックチップがサーブされてきます。
このチップがまた、ビールをあおってくるわけです。

六角堂 Grill&Bar

鉄板では、ニンニクの次にメインの肉を焼き始めるわけですが、それと平行してホースラディッシュが添えられたステーキソースが登場。
途中からニンニクもこのソースを浸けながら食べると、さらに期待が高まってきます。

六角堂 Grill&Bar

どどーんと焼き上がったステーキ。
これをサーブする前にシェフがサイコロ状にカットしてくれます。

六角堂 Grill&Bar

ロースステーキ、250g。和牛もあるけど、そこまで贅沢はできないのでオーストラリア牛で。
それでも十分にうまい。サシの入り具合が過剰ではなく、肉の味そのものが楽しめます。

六角堂 Grill&Bar

その後肉汁の残った鉄板の上で炒められたもやしが追加されてきます。
肉のうまみを十分に吸ったシャキシャキのもやし、この店のもやしが私は他のどこで食べるもやしよりもおいしいと思う。

そのもやしの上には、今回初めて出てきたんですが、肉の端切れをカリカリになるまで焼いたのが二片載ってきて、ステーキ本体とはまた違ったうまさが楽しめます。

六角堂 Grill&Bar

定食で頼んだので、食事の最後にご飯と味噌汁・お新香のセットが出てきたんですが、夢中になって食べていたので写真を撮り忘れました(笑

ごちそうさまでした。
今年もおいしかったなあ。来年もまた来れるといいな。

関連ランキング:ステーキ | 北鉄金沢駅金沢駅七ツ屋駅

投稿者 B : 22:29 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック