b's mono-log

2013/12/30 (Mon.)

小竹向原 まちのパーラー 再訪

「焦るんじゃない、俺は腹が減っているだけなんだ」

まちのパーラー

まちのパーラー

冬休みを利用して『孤独のグルメ Season3』の聖地をどこか攻めよう...というわけで、小竹向原のまちのパーラーに再び来てみました。再訪したいお店が多い Season3 の名店の中でも、ここは特にポイントが高い。前回食べられなかったものもあるし、リベンジも兼ねて。

放送直後に来たときには 100 分待ちという状況でしたが、さすがにもうドラマの影響も落ち着いているようで。とはいえお昼前に来たときには満席で、10~15 分ほどは待ちました。普段から混んでいる人気店なんですね。まあ、どうも聖地巡礼っぽい男性一人客も、一組だけ見かけましたが(笑。

まちのパーラー

店内に入ったところに吊されているサルシッチャ。これこれ、これですよ。これがうまいんだよ。

前回来たときの味を思い出して、自然と唾液腺が活動し始めるこの感じ。

まちのパーラー

まずはキッシュから。前回来たときには売り切れで食べれなかった「ほうれん草とリコッタチーズのキッシュ」があることを期待して来たんですが、なんと今回も売り切れ(;´Д`)。その代わり、季節のキッシュ(この日は里芋と鶏のひき肉)があったので、こちらをオーダー。

おぉ~っ。かなり、パリ。...なのか?(ぉ
鶏肉とじゃがいも、なら何となく想像つくけど、鶏ひき肉と里芋、ってなんだか日本の煮物みたいだな。どこか懐かしい味わいを、卵に閉じ込めた、ほんわか満たされる味。おいしいです...これ。しかも、これだけでけっこうなボリューム感。

まちのパーラー

そして今回も楽しみにして来たサルシッチャ。もう、出てきただけでテンション高まります(笑。

おぁ~~~っ。噛んでも噛んでも、肉汁が湧いてくる。どうやって閉じ込めたんだ。
ニンニクの香りがきつめだけど、そういうのを気にしてしまうのがもったいないくらいにうまい。これはガツガツいってしまう味。

まちのパーラー

続いて、前回来たときに気になっていながらも頼んでいなかった「トリッパ」。牛のトリッパ(ハチノス)とギャラをトマトソースでじっくり煮込んだ料理で、みるからにうまそう。サルシッチャに続いて、ついワイ...ぶどうジュースを頼みたくなる味です。

まちのパーラー

牛もつの臭み消しのためか、いろいろな香草や豆と一緒に煮込まれていて、とても複雑な味わい。手間をかけて作られているのがよく分かります。スプーンやフォークですくって食べて良し、この店自慢のパンを浸して食べればなお良し。ドラマには登場していませんが、これは隠れたヒット商品かも。

まちのパーラー

さあ、ではメインディッシュのローストポークサンド、いただきましょうか。前回はパンの選択肢もほとんどありませんでしたが、今回は全種揃っています。ゴローちゃんが食べていたものとは違いますが、最もオーソドックスな「リュスティック」で作ってもらいました。

まちのパーラー

飲み物は自家製黒糖ジンジャエール。
このジンジャエールというより「生姜を絞った飲み物」と表現したほうがしっくりくるような生姜っぽさが、実にいい。個性の強い肉料理やパンたちにも負けない存在感。この味を覚えると、ウィルキンソンですら物足りなく感じてしまいそう。

まちのパーラー

リュスティック、前回食べた「チャバタ」と似たような外見と食感ではあるけど、パンの味がシンプルで、ローストポークの肉感がより味わえます。ローストポークのほうは、脂も乗っているけど肉らしい肉感が味わえて、食べているだけでパワーをもらえる感じ。ああ、肉を引き立てるパンに主役のローストポーク、この組み合わせは鉄板かも。

まちのパーラー

レーズン酵母の食パンでも作ってもらいました。こちらはリュスティック以上にシンプル(だけど市販の食パンよりはずっと食べ応えがある)で、子どもからお年寄りまで親しめそうな味と食感。ローストポークの存在感がより前面に出てくる感じです。

まちのパーラー

二度目だけど、この店やっぱりいいなあ。店員さんもフレンドリーで活き活きとしていて、寛げます。小竹向原まで来るのはなかなか大変だけど、これはやっぱり夜メニューも攻めに来るべきか。
ちなみに、食べきれなかったパンは包んでもらったほか、お土産にレーズン酵母の食パンと全粒粉のプチパンを買ってきてしまいました(笑。朝食にして良し、チーズやオリーブオイルと合わせてワインのつまみにして良し。しばらくは余韻に浸りたいと思います。

さて、今年はかなり精力的に攻めた聖地巡礼ですが、Season3 の聖地はあと半分残っていますし、原作系でもまだ行っていないお店はいくつか。ドラマのほうは今までのペースを守れば来年 4 月から Season4 があるのでは?と予想していますが、その前に Season3 のお店はコンプリートしたいところ。来年も、飽きずにお付き合いください(笑。

孤独のグルメ Season3 Blu-ray BOX

B00ESXXM28

関連ランキング:パン | 小竹向原駅新桜台駅江古田駅

投稿者 B : 20:58 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2013/12/26 (Thu.)

築地場内の朝食パスタ:築地魚河岸トミーナ

築地市場までぶらりと行ってきました。

築地

京都・錦市場小樽・三角市場と今年は市場づいていますが、この活気が楽しい。そういえば、東京に 18 年ほど住んでいるにも関わらず、築地市場にはまだ足を踏み入れたことがなかったことを思い出し、あと 2 年ほどで豊洲に移転してしまう前にちょっと行ってみるかな、と。

しかし、築地は平日とはいえ新年の支度をする人でごった返しており。立ち止まっていなくても後ろから誰かに押されて進まざるを得ないような混み具合で、写真を撮るのはちょっと諦めました(´д`)。これは、もうちょっと落ち着いた時季に改めて来てみることにしよう...。

築地

ともあれ、市場の雰囲気、楽しい。
写真はやめておくにしても、せっかく市場に来たからには、市場メシを食べようじゃないか。去年の CP+ 以来すっかりハマってしまった市場メシ、いってみよう。外にもたくさんお店はあるけど、場内のこのへんの店たち、どこもソソるよなぁ~っ。

でも、お店はここにしようと決めてました。

築地市場・唯一のイタリアン 築地魚河岸トミーナ

トミーナ

ちょうど、このあたりに来ようと思っていたところ、某氏がこのお店のことをつぶやいていたので、調べてみたらやたらうまそうじゃないか!あまり築地市場っぽい店じゃないけど、そんなことは置いておいても来てみたい、と思いました。

市場のお店らしく朝 8 時からやっているとのことで、朝食がてら来てみました。

トミーナ

かなり年季の入った店内は、カウンターのみ。装飾らしい装飾もほとんどありません。男独りで入るのにこんなに抵抗感のなかったイタリア料理店は、生まれて初めてですよ(笑

トミーナ

メニューはこんな感じ。辺に凝ってない、シンプルなパスタだけで勝負しているところに市場メシらしさを感じると同時に、それだけ自信持ってるってことなんだろうな、というのを感じます。基本 1,000 円以上という値段はちょっと強気だなあ、とは思うけど。

トミーナ

今月のおすすめメニュー。カキやカニなど、冬が旬の海の幸。これこれ、これでこそ築地ですよ。通常メニューよりもさらに高いけど、ここは一年がんばった自分へのご褒美も兼ねて、奮発しますか。

トミーナ

まずはサラダから。シンプルな野菜サラダですが、一人用のサラダにしては大きめのボウルにどどんと盛られてきました。いかにも男のメシのサラダという感じ。イタリアンといっても、やっぱりここは基本的に男の仕事場のめし屋、なんだろうなあ。

トミーナ

そして出てきました。ズワイ蟹のカルボナーラ!これが食べたかった。

特に大盛りで頼んだわけでもないんですが、かなり高い山盛りで出てきました。その辺のパスタ屋なら、大盛りで頼んでもなかなかここまで高くは盛ってくれないと思います。

トミーナ

「カルボナーラ」というけど、実際にはトマトクリームソース系。確かにカニにはこっちのほうが合うかも。カニ身はトッピング的に乗っかっているだけじゃなく、ソースの中にもたっぷり混ぜ込まれています。

トミーナ

これがとてもうまい。細めのスパゲティのツルツルした食感に、カニの風味とマイルドなトマトクリームソースが絡んで、たまらないうまさ。ソースには刻んだ白ネギも混ぜ込まれていて、香りとシャキシャキした食感の両方でアクセントになってくれています。確かにこれ、カニとトマトクリームソースだけだったらちょっと緩かったかもしれないので、ちょうど良いかも。

トミーナ

食後は飲み物つき。

食べる前は「1,500 円はちょっと高いかなあ」と思っていたけど、実際食べてみると味といい、ボリュームといい、遠慮のないカニの使いっぷりといい、これならむしろ 1,500 円でも安いような気さえします。ちょっとした有名店のパスタよりもここのほうが満足度は高いんじゃないでしょうか。

ここは誰かを誘ってまた来たいなあ。

関連ランキング:イタリアン | 築地市場駅築地駅東銀座駅

投稿者 B : 23:48 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2013/11/20 (Wed.)

東京都板橋区大山町のハンバーグ・ランチ

「モノを食べる時はね、誰にも邪魔されず自由で、なんというか救われてなきゃあダメなんだ。独りで静かで豊かで...」

大山

孤独のグルメ史(何)に残る、作品を象徴するとも言える名言を残したのが第 12 話「東京都板橋区大山町のハンバーグ・ランチ」。今回の『孤独のグルメ』聖地巡礼【原作版】は、その記念すべき回に登場した洋食店のモデルとなった店のある、板橋区大山町にやって来ました。
この回は、ドラマでも Season1 の「文京区根津 飲み屋さんの特辛カレー」で原作オマージュが行われた、伝説の「アームロック回」。『孤独のグルメ』原作の中でも、特にインパクトが強い回と言えます。

大山

普段、東武線に乗ることなんてまずない生活をしている私にとって、大山というのは全く縁のなかった街。巡礼するにあたり、大山が何線のどのあたりにある駅なのか、ということを調べることから始めた、といえばどれくらい縁がなかったか分かるでしょうか(笑。
そんな見知らぬ駅を降りてほんの数分歩いたところに、そのお店はありました。

洋庖丁 大山店

洋庖丁

派手すぎず、気取らないけどこぎれいな感じで、なかなかいい佇まいじゃないか。

調べてみたところ、原作で取り上げられた当時は、留学生のバイトにきつく当たっていた店長のモデルになった人物は実在したらしいですが、現在はスタッフも入れ替わって普通のお店になっているようです。特に頑固親父がやっているという雰囲気でもなく、まさに「地元の洋食屋さん」という感じ。

洋庖丁

壁には、まな板で作られたメニュー。そのどれもが、学生さんや独身サラリーマンにはうれしい、どれも腹を満足させてくれそうな内容。値段のところ、何度か貼り替えられた跡が残っているのが、このお店の歴史の長さを物語っています。
原作で台詞の中にだけ登場した「ジャンボ焼ランチ」がどういうものかもちょっと気になるけど、聖地巡礼ならばやはり、ここはハンバーグステーキランチで決めよう。

洋庖丁

ほー、いいじゃないか。
こういうのでいいんだよこういうので。

大ぶりのハンバーグに目玉焼き、つけあわせのスパゲティとポテトフライ。古き良き洋食店といった風情。だからこそ、落ち着きます。

洋庖丁

ハンバーグは緩めに固められていて食べやすい。ソースはケチャップベースなので酸っぱい感じか、と思ったら、胡椒とかスパイスがいろいろ混ぜてあるようで、なかなか複雑なお味。改めて、看板にあった「創作料理」の四文字は伊達じゃなかったんだ、と実感します。
スパゲティはカレー味。ナポリタンじゃなくてカレー味、というのがまた古めかしくて、「男のメシ」って感じがして、いい。

洋庖丁

ついてくるの汁が味噌汁じゃなくて豚汁っていうのも、なんか得した感じでいい。
この豚汁、ちょっと味が濃いめだけど、メインのハンバーグやスパゲティに負けない存在感があって、それでいて、ほっとする。

洋庖丁

完食。満足。ごちそうさまでした。
ボリュームもいいけど、満足感ある味付けのわりに、毎日食べても飽きの来なさそうな気張らなさが、気に入った。我が家の近所、飲食店不毛地帯なんだけど、こういう店が一軒でもあれば、家族がいない日や食べて帰らなきゃならない日の夕食として重宝するんだろうけどなあ。

大山

このお店、実は密かにチェーン展開しているらしく、他には池袋や高田馬場、新板橋などに支店があるもよう。どこも普段あまり利用しない場所だけど、池袋に用があるときにお腹が空いたら、気取らずに満足できる店として覚えておいて損はないかも。今度食べるとしたら、やっぱりジャンボ焼かなあ。でも、こういう店のかにクリームコロッケなんかもうまいんだよなあ。

久住 昌之、谷口 ジロー / 孤独のグルメ 【新装版】

459405644X

関連ランキング:洋食 | 大山駅板橋区役所前駅

投稿者 B : 23:58 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2013/11/13 (Wed.)

東京都中央区銀座のハヤシライス(の消滅)とビーフステーキ

「こういう時は思い切ってステーキだ。銀座でステーキを食おうじゃないか」

銀座

漫画『孤独のグルメ』聖地巡礼、今回は第 14 話「東京都中央区銀座のハヤシライス(の消滅)とビーフステーキ」の舞台、銀座にやって来ました。銀座は仕事・プライベートともによく来る場所なので、個人的には親しみ深い。劇中の場所がどこか、もだいたい分かるわけですが、今回は当初の目的であったハヤシライスの店が消滅していることが劇中で既に分かっている、というのがいつもと違います。が、ここは井之頭五郎の足跡を辿るべきであろう、というわけで、消滅したハヤシライスの店から探訪します。

ちなみに、序盤のシーンで登場した銀座中央通りの伊東屋(文房具店)、本館は現在立て替えのため取り壊し済み。ある意味聖地巡礼の目印となったランドマーク自体がなくなっているという時代の流れに軽くショックを受けつつ、周辺を探索します。

銀座

「へーえ、こんなチェーン店もできているのか」

ゴローが劇中で時代の流れを感じたてんやは健在。それどころか、今や銀座には中央通りや有楽町駅前に吉野家だってあるし、周辺にはユニクロやビックカメラが旗艦店を構えているくらいだし、ずいぶん大衆化が進みましたよね...。

銀座

そして、劇中ではできたばかりだったと思われる、銀座の WINS(場外馬券場)。今やもう銀座に当たり前にあるものになってしまいましたし、それどころか汐留にもっとすごいのができてしまったので、古き良き銀座が失われていく的な感慨ももうないもんです。

銀座

ゴローをして「絶対大盛りで食おう」と言わしめた、銀座のハヤシライスの名店「ブラジリア」(実際の店名は不明)。劇中では既に「新鮮組」と思われるコンビニに変わってしまっていましたが、今ではさらに変わってローソンになっていました。そういえば新鮮組って最近見ないな、と改めて調べてみたら、2008 年にグループそのものがローソンのフランチャイジーになってしまっていたんですね。こういう形で時代の流れを感じるとは。

そうとなったら、銀座といえば「エビスヤ」だろうなやっぱり...ということで、「エビスヤ」のモデルになった「銀座 4 丁目スエヒロ」に向かいます。
...が、この「銀座 4 丁目スエヒロ」も、今はもう銀座 4 丁目の店舗がなくなっているもよう。調べてみたら、ギリギリ銀座エリアと言えないような場所(ぉ)に、支店が現存していました。

微妙に銀座から外れていようと、自分の「心」で信じたならッ!その瞬間からもうそこは「銀座」なのだッ!(誰

銀座 4 丁目スエヒロ

銀座というか、新橋というか...内幸町の航空会館というビルに、その店舗はありました。雰囲気からして私には明らかに縁のなさそうな雰囲気のビルですが、勇気を振り絞ってエレベーターを上ります。

銀座 4 丁目スエヒロ

銀座 4 丁目スエヒロ

古めかしい、けど当時はかなり予算をかけて建てられたであろうビルをエレベーターで上っていくと、古めかしいながらもゆったりとした作りの店舗が現れました。なんだろう、ここだけ 20 年前から時が止まっているかのような、外界の新橋とは全然違う空気感。

開店直後の時間帯に来たので、お店は完全に貸し切り状態(後で、私が食べているところで他のお客さんが入ってきました)。

銀座 4 丁目スエヒロ

ステーキハウスというともっぱら B&M とかアウトバックのようなカジュアルなお店ばかりで、こういう脚つきのグラスで水を出してくれるような高級店にはあまり来ないので、ちょっと緊張。

メニューのほうも、ディナータイムでステーキが 5,000 円から、ランチタイムでも 2,500 円から...みたいな価格設定に若干腰が引けつつも、「25%OFF 感謝価格」と書かれていた 1,890 円のランチセット、炭火焼リブステーキを頼もうとしたら、「11 時半まで早得ランチもありますよ」と言われたので、そちらに。1,500 円くらいでサーロインステーキが食べられるそうなので、そっちのほうがお得感高し。

銀座 4 丁目スエヒロ

じゃーん。シンプルにステーキ(と付け合わせ)とライスだけ、というメニューですが、高級店でお得に食べられるならばこれでも良し。

そういえば、ステーキってしばらく食べてなかったなあ。久しぶりのステーキ、なんだか嬉しいぞ。

銀座 4 丁目スエヒロ
(「孤独のカメラ」使用)

うん、こいつはなかなかいい肉だ。

見るからに、そのへんの安いステーキ屋とは、肉のふっくら感も脂の乗りも違う。

銀座 4 丁目スエヒロ

うん、うまい肉だ。いかにも肉って肉だ。

ナイフを入れた瞬間に分かる、肉の柔らかさ。それに、シンプルに肉そのものの味で十分味わえる、素材の良さ。これは確かに上等な肉だ。脂が乗っているけど、それほどしつこくない感じ...さすがは老舗、高いだけのことはある。

銀座 4 丁目スエヒロ

ただ...俺の食欲に対して、このステーキはちょっと小さすぎた。この店で満足感を得ようと思ったら、思い切って 5,800 円払って 450g のプレミアムサーロインステーキあたりを頼まなきゃダメってことか。

うまい、確かにうまいんだが、今日の俺にはこの肉のうまささえどこか上滑りしていく。

銀座 4 丁目スエヒロ

さておき、ごちそうさまでした。
会計時に、サービス料 10% が加算されることに気づいてちょっとびっくり。普段、サービス料を課される店に行くことって滅多にないからなあ...。でも、確かにサービスは細かく行き届いていました。

ともあれ、「銀座(内幸町だけど)でステーキを食べた」という実績(何。俺は得体の知れない奇妙な達成感を味わっていた。

久住 昌之、谷口 ジロー / 孤独のグルメ 【新装版】

459405644X

関連ランキング:ステーキ | 内幸町駅新橋駅虎ノ門駅

投稿者 B : 23:58 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (2) | トラックバック

2013/11/06 (Wed.)

鱗友朝市 味さき

三角市場で海鮮丼を食べたものの、せっかく来たのに一杯だけじゃもったいない!というわけで、小樽で海鮮丼をハシゴすることにしました(ぉ

次に来たのは、駅からちょっと離れた「鱗友朝市」。この朝市は残念ながら日曜日が休みなのですが、市場に併設されている食堂だけは営業していました。

味さき 鱗友店

味さき

小樽って、本当にあちこちに市場があるんですね。
隣の「のんのん」という店も名前からして気になるけど(笑)、やっていないのでしょうがない。

味さき

店先の食品サンプルにも、ウニやイクラが踊っています。寿司まで握ってもらえるらしい。サバ味噌煮やほっけ焼定食もうまそうだし、たぶん市場の人は日常的には海鮮丼よりもこっちなんだろうな。あと、北海道の店でやたら見かける「カスベ」って何かと思ったら、エイのことなんですね。酒のつまみとしてのえいひれは大好物だけど、煮付けは食べたことないかも。

ともあれ、暖簾をくぐります。

味さき

うにいくら、どーん!!

やっぱり海鮮丼の次はごくごくシンプルにうにいくら丼でしょう。白いごはんの上に新鮮なウニとイクラがみっちりと敷き詰められています。北海道に来たからには、こういうのが食べたかったんだよ!

味さき

ウニはまだ潮の香りがするような新鮮さで、口に入れるととろっと融ける。イクラも、東京で買えるようなのはさすがにしっかり漬け込んであるものがほとんどですが、こっちのはまだちょっと漬けが浅めで、素材の新鮮さが感じられます。イクラの皮が分厚すぎないのに張りがあるのもいい。市場休業の日曜日なのでさすがに朝獲れってことはないんでしょうが、それでも新鮮さがなせる業なんでしょうね。
ただ、イクラの漬け汁がちょっとつゆだく気味でごはんにかかっていて、ごはんにまでしっかり味がついてしまっていたのが個人的には残念。こういうのは、ウニやイクラの素材の味と、白いごはんのでんぷんの甘味のコントラストが最高なんじゃないですか。途中から少し味が単調に感じて、別途白飯をもらおうかと思ったくらい(ぉ。

味さき

丼についてきたあら汁。丼に負けないくらい大きなお椀に入ってきましたが、これが私には大ヒット。ちょっと濃いめの味噌味に、魚のアラがたっぷり。肝も遠慮なく入っていて、私にはなんだか懐かしい味。実家であら汁なんてあまり食べませんでしたが、田舎を思い出しました。これは、メインのうにいくら丼に負けないくらい美味しかった。

味さき

朝食、昼食と小樽の海鮮に囲まれて、大満足。ごちそうさまでした。

この後、さらに空港でイクラをお土産に買って帰ったけど、やっぱり現地で食べる新鮮なイクラは別物でしたね。今度は仕事のついでではなく、ガチでグルメ&写真旅行に来たいところ。

関連ランキング:海鮮丼 | 小樽駅

投稿者 B : 23:59 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

小樽 三角市場で海鮮丼

三角市場

小樽に行ったのは、港町の写真を撮りたかったのももちろんですが、もう一つの目的は「何かうまいものを食べること」。そういえば北海道に来たのにまだ海鮮丼食べてないし、これは市場で海鮮丼を入れていこう、ということにしました。調べてみたら札幌の場外市場はあまり評判がよろしくなく、それなら小樽あたりまで出たほうが安くてうまいんじゃないか、という目算もあり。
ただ、ほとんど下調べせずにいきなり小樽まで来たら、日曜日は小樽に複数ある市場のほとんどが休みだったという(;´Д`)。でも、小樽駅を出てすぐのところにある「三角市場」は営業していたので、まずはそこを覗いてから、どの店で入れていくか決めよう、と考えました。

三角市場

中に入ると、それほど大きいとは言えない建物の中に小さなお店が所狭しと軒を連ねていました。坂道に沿って作られた市場で、上からだと奥の方まで見通せます。ほとんどが海産物のお店と、海鮮丼などが主力の飲食店。駅徒歩 1 分で日曜も営業、とあっては、観光客向けの商売なんでしょうが、それもまた良し。一見さんに対しても遠慮なく話しかけ、いろいろ教えてくれるおじさん・おばさんが揃っています。

三角市場

飲食店の店先には、どこもこんな感じのメニュー表が出ていて、ウニ、イクラ、蟹、鮭、ホタテのオンパレード。かに丼なんて本ズワイガニ使用で 1,000 円ですよ。ベニズワイガニじゃないんですよ(笑

似たような店ばかりで、どこがうまいのか、なにがうまいのかさっぱりわからない。俺は、海鮮丼の森に迷い込んでしまったのかもしれない(ぉ

三角市場

なんか珍しい魚発見。「八角」って、中華料理の香辛料じゃないんだから。

お店のおじさん曰く「本州じゃ見ないっしょ。北海道だけで獲れる魚で、見た目が八角形だから『八角』。刺身にするとなんまらうまいよ」とのこと。見た感じだけだと、あんまりうまそうには見えないんですけど(笑

ともあれ、そろそろ店を決めよう。とりあえず、店先でいろいろ試食させてくれた店のウニとイクラが美味しかったから、誘われるままにおじさんの店に(ぉ。鮮魚店の中に飲食店が併設されているという、面白いお店でした。

小樽・三角市場 (有)マルキ川嶋鮮魚店

川嶋鮮魚店

うわあ、なんだかすごいことになっちゃったぞ。

海鮮丼は、シンプルにウニイクラ丼にしようか、でもサーモンも捨てがたいしなあ...と迷っていたら、「日替わりでいろんな具をちょっとずつ載っけた『あの丼』がうちはおすすめだよ」とのことで、流されるままにオーダー。あと、初体験の八角の刺身。

川嶋鮮魚店

この、「あの丼」がまたすごいことになっていて、イクラ、ウニ、ホタテから始まって、甘エビ、サーモン、タラの昆布締め、とどめにタラバガニの右親爪まで入っている大ボリューム。その日の仕入れや売れ行きによって載ってくるものは全然違うらしく、「次回来ても同じ丼は食べられない」とのこと。特にこの蟹爪は滅多に載せないとか。タラバガニは左右で親爪の発達度合いが違うので、これは一匹につきひとつしか採れない貴重品なんですよね。私は運がいい...。

川嶋鮮魚店

どの具材も新鮮で文句なしにうまいんですが、やっぱりこの蟹爪が圧巻。利き腕の爪だけあって、とても張りのいい肉感の、食べ応えのある爪でした。こんなにすごい蟹は今まで食べたことがありません。これは感動した。

川嶋鮮魚店

八角の刺身は、活き作りで出てきてちょっとびっくり(笑。

初めて食べた八角は、想像とはちょっと違って、筋肉質でエンガワに似たコリッとした食感がある、あっさりめの魚でした。でも、イクラ・ウニ・ホタテ・サーモンという濃厚な丼の脇で、すっごく爽やかな存在だ。これを挟むことで、ボリュームたっぷりの丼に、飽きることなく取り組んでいける。

川嶋鮮魚店

朝から大ボリュームのごはんだったけど、難なく完食。これは満足度高いです。これだけ食べて 3,000 円、というのは観光客向けの値段かもしれませんが、内容的にはむしろ得したような気さえします。とりあえず食べたかった海鮮はひととおり食べられたし、この店で大正解。これが食べられただけでも、小樽に来た甲斐はあったと思います。

そんなわけで、続きます(ぉ

投稿者 B : 23:13 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2013/10/31 (Thu.)

そうだ 京都、行こう (3)

祇園

[ Sony RX1 ]

錦市場からは、祇園~鴨川~先斗町エリアへ。祇園は去年もちょっとだけ行きましたが、あまりにも仕事の合間すぎて食い足りなかったので、改めてこの界隈の町家をスナップショット的に撮ってみたいと思っていました。

ただ、実際に行ってみると観光客がとても多く(自分もその一人だったので文句を言う筋合いはないのですが)、どうもいい雰囲気に撮るのが難しい。去年来たときは早朝の、あまり人がいない時間帯だったからなあ...。そんなわけで、ついついメインの通りよりも一本入った小路や路地に足が向いてしまいます。

祇園

[ Sony RX1 ]

辿り着いたのはちょうどお昼時。せっかく来たからには、ここで何か入れていこう...と思ったんですが、さすが祇園、どの店も高価い。雰囲気が良くて入りたくなる感じの暖簾を見つけては、掲げられている値段を見て引く、という繰り返しで、なかなか店が決まりません。安い店でもランチ 1,500 円は下らず、昼から 5,000 円以上する店もざら。さすがは京都の観光地の中心。とりあえず目で楽しむだけにして、店は鴨川を渡って探すことにしました。

先斗町

[ Sony NEX-7 / Carl Zeiss Planar T* 35mm F2 G ]

そんなわけで、鴨川を渡って先斗町(ぽんとちょう)へ。去年来たときにも、このあたりで軽く飲みつつ食べられるお店を探してここをうろついてみましたが、雰囲気のいいお店が多くて、歩いているだけで楽しかったのを憶えています。鴨川に沿うように走っている小路なので、鴨川の景色を眺めながら食事が楽しめる店が多いのもポイント。
でも、この町自体の雰囲気がとてもいい。地元の人だろうと、観光客だろうと、あまねく受け入れる懐の深さのようなものを感じます。

先斗町

[ Sony NEX-7 / Carl Zeiss Planar T* 35mm F2 G ]

先斗町は、祇園に比べると年齢層が若く、それほど気取らずに歩ける印象。歴史は感じるけど気安く楽しめる場所だと思います。昼間の雰囲気もいいけど、たくさんの提灯が灯った夜の雰囲気がまたいいんだ。

今の時期はさすがに夜は肌寒いですが、初秋に京都を訪れて先斗町で一杯引っかけて鴨川で夕涼み、とかやってみたい。

先斗町

[ Sony NEX-7 / Carl Zeiss Planar T* 35mm F2 G ]

こういう、ちっちゃな路地がたくさんあって、その路地の向こう側にも気になる店が軒を連ねている光景、私の大好物。いいじゃないか。

ほうら、ちゃあんと腹が、減ってきた。
というわけで(ぉ)ランチに選んだ店は、こちら。

鮨くいじーぬ しゃり

鮨くいじーぬ しゃり

[ Sony RX1 ]

町家を利用した店舗の二階で、寿司と京料理を中心に楽しめる、雰囲気のいいお店。安いわけではないけれど、このへんの相場からすると高くない。ランチはサーロインステーキと握り五貫が楽しめるコースでいただきました。

京都駅からここまで 3 時間ほどたっぷり歩いたところなので、このボリューム感が嬉しい。しかも、ちゃんと美味しい。

鮨くいじーぬ しゃり

[ Sony RX1 ]

ほんの短時間ではあったけど、孤独の京都小旅行、堪能しました。
本当はシーズンオフに泊まりがけで来たいところではあるけれど、これはこれで楽しい。

関連ランキング:寿司 | 祇園四条駅河原町駅三条駅

投稿者 B : 00:12 | Gourmet | Lunch | NEX-7 | Photograph | Planar 35/F2 G | Sony RX | コメント (0) | トラックバック

2013/10/27 (Sun.)

東京都武蔵野市吉祥寺の廻転寿司

「腹は減りすぎている...どうしよう。何でもいいと思いながら、入る店の無さとこみあげる空腹感にいらだちを覚える」

吉祥寺

というわけで、順調に消化してきている『孤独のグルメ』聖地巡礼【原作版】、今回は第 2 話に登場した吉祥寺の回転寿司店にやってきてみました。

海沿いの町で生まれ育った身としては、東京で魚食べたってまず美味しくないに決まっている、という先入観があって、寿司はおろか魚料理さえ普段あまり食べなかったりします。ましてや、東京で回転寿司、なんて初めてかも。北陸だと、回転寿司で十分すぎるくらい美味しいですが...。

さあて、そんな東京の回転寿司。どんなもんでしょうか。

天下寿司

天下寿司

回転寿司屋って、かっぱ寿司、くら寿司、元気寿司、いろいろあるけど、どこも入ったことがないなあ。この「天下寿司」(劇中では「天国寿司」)も、ここの他に下北沢、池袋、高田馬場、渋谷...と、山手線の西側を中心に展開するチェーン店らしい。
「1 皿 120 えんより」というのは、劇中(130 円)よりも逆に値下がりしている珍しい例ですね。これがデフレか...。

さあて、なにからいくかな。
とりあえず順当に定番マグロからいくか。

天下寿司
(「孤独のカメラ」使用)

うぉ...いきなりこれは強烈。スーパーに並んでる安いマグロでさえ、こんな色はしてないような。むしろ食品サンプルかと思ったほどの「いかにもって色」に驚きました。

でも、味はまあ普通(笑

天下寿司

サーモンって、昔は寿司で食べるネタじゃなかったのが、回転寿司の隆盛とともに市民権を得た、って話を聞いたことがあります。昔は衛生面での問題があったのかもしれないし、偏見もあったんだろうけど、今はサーモンの握りってうまいよね。
ここのサーモンもなかなか。まあ、冷凍が当たり前、物流も発達した現代にあっては、「その日朝水揚げされたばかりのネタ」でもなければ、日本のどこで食べても味はそう変わらない、か。

天下寿司

続いて、密かに好物の鰯。鰯の刺身や握りって、小ぶりだけど脂が乗っててうまいんですよね。大井町のいわし料理屋にも行きたいけど、この鰯もなかなか。

ん...なんだなんだ、みんな流れてないもん注文するぞ。
なんだか俺だけが損しているような気になってきた。

よし!

天下寿司

というわけで、流れていないものを個別注文。うにうに。

原作と違って混んでると注文が板さんに聞こえにくいということはなかったですが(笑)、周りがどんどん注文していくので、こういうときについ遠慮してしまう私の注文はなかなか通らず(´д`)。...いかんな、タイミングがズレてる。

天下寿司

この日は休日の真っ昼間だったのでサービスタイムはなく、原作のように大トロ狙いのおばさんでいっぱい、ということはありませんでした。が、ランチタイムは常に満席で、軽く行列ができるほど。かつ年齢層も比較的高くて、自分がいつも行くような店とは雰囲気がちょっと違います。板前さんが握りながら駄洒落や冗談をよく言う感じで、それもまた楽し(笑。

天下寿司

〆はやっぱり大トロ...と思ったら、この日は大トロがないらしく、中トロで。でもこの中トロもまた、とろける感じで間違いなくうまい。

ゴローと同じ 11 皿でお勘定。タイムサービスがないので、ゴローよりもちょっと高くついちゃいましたが、それでも満足。「ラストの 2 枚...あれが効いたな」とハードボイルドに決めようかと思ったけど、もうちょっと食べられたような気も(笑。

東京の回転寿司、食べる前から馬鹿にしていたけど、これなら全然いける。これは嬉しい誤算でした。東京での色の選択肢を広げてくれた井之頭五郎に感謝。天下寿司は私が利用する駅の近くに支店がないけれど、別のチェーンのお店でも、今度開拓してみようかな。

久住 昌之、谷口 ジロー / 孤独のグルメ 【新装版】

459405644X

関連ランキング:回転寿司 | 吉祥寺駅井の頭公園駅

投稿者 B : 00:42 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2013/10/19 (Sat.)

あるでん亭 2013

毎年この時期になるとなぜか銀座の「あるでん亭」でお昼ごはんを食べるのが恒例になっているんですが、今年も行ってきました。

あるでん亭 ゆで上げスパゲッティ店専門店|ソニービル

あるでん亭

パスタは好きでよく食べるし、パスタが美味しいお店というのにもあちこち行ったけど、純粋なスパゲティのおいしさという点では今のところこのお店を超えるところには出会えていません。
毎度、あやまたず髪の毛一本ほどの芯を残して茹で上げた、絶妙な食感のスパゲティ。「アルデンテ」を冠した店名は伊達ではない、というところでしょう。スパゲティのバリエーションや味付けも、変に奇を衒ったものではなく、シンプルでストレートな、たぶんイタリアで日常的に食べられているスパゲティってこういうのなんだろうなあ、という味付けが素敵。スパゲティそのものに自信があるからできる勝負、マジメな料理人のマジメな仕事、という印象です。

あるでん亭

いつもはアリオオリオ(ペペロンチーノ)かカルボナーラを頼むところですが、今回はちょっと毛色を変えて「ロレンツァ」というのにしてみました。ベーコンと卵黄、サワークリームを使ったシンプルなスパゲティで、アリオオリオともクリーム系のパスタともちょっと違う、クリーミーでありながら軽く爽やかな酸味のある、目新しいお味。ベーコンと卵黄が入っているのでボリュームもあります。カロリーは計算したくないですが(笑)、これはうまい。そして、スパゲティが今日も間違いなくアルデンテ。しあわせ。

あるでん亭

カウンター席に座っていたんですが、席の目の前にフェラーリの F1 ドライバー、フェルナンド・アロンソの写真とサインが。2 年前に来たときにも見つけたんですが、その後調べてみたところ、毎年日本 GP の前後に東京滞在し、秋葉原や銀座を観光、必ずソニービルとあるでん亭には立ち寄っている模様。
F1 界ではマクラーレンの J. バトンに次ぐ日本通と言われるアロンソですが(最近では日本のフィギュアを持ち歩いていることでちょっと有名だけど、武士道に傾倒していて『葉隠』も愛読しているとのこと)、ソニービルの常連と聞くとちょっと嬉しくなりますね。

あるでん亭

コルクボードには別の写真もありました。このブルーのフェラーリエンブレム T シャツ(ちょっといくらなんでも分かりやすすぎるだろ(笑))を着ているのが、どうやら今年の写真のようです。って、ほんの 10 日ほど前、10/8 に来ていたってことじゃないですか!ちょっと興奮。しかも、一緒に写っている女性は現恋人のロシア人モデル、ダーシャ・カプスティナ。彼女も日本に来ていたのか...。
他にも、以前にも見たサッカー日本代表のザック監督、それに現ケータハム F1 のリザーブドライバー、ヘイキ・コヴァライネンの写真も。これは豪華だ...。

ううむ、これは F1 ドライバーに会えるチャンスを期待して、ソニービルのアテンダントに転職するというのもアリかも(ナシです

関連ランキング:パスタ | 銀座駅有楽町駅日比谷駅

投稿者 B : 00:04 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2013/10/15 (Tue.)

千葉県旭市飯岡のサンマのなめろうと蛤の酒蒸し

「店を探そう。もちろん魚だ...身体中が、海の幸を求めている。海の幸、海の幸、海の幸...」

飯岡

ドラマ『孤独のグルメ Season2』聖地巡礼の大トリは、第 7 話「千葉県旭市飯岡のサンマのなめろうと蛤の酒蒸し」に登場した、つちや食堂。放送からかれこれ 1 年引っ張ってしまいましたが、その理由は「なめろうはサンマの旬の時期しかやっていないから」。10 月末までの提供で、放送後すぐに 11 月になってしまったので、今まで来れなかったという。だってせっかくの聖地巡礼なのにサンマのなめろうがないなんて、この場合、やはり酷だ、残酷です。

というわけで、1 年越しの念願叶ってサンマのなめろうをいただきに来ました。今年はサンマが不漁ということもあって、時期の見極めにはなかなか苦労しました。

つちや食堂

つちや食堂

劇中の印象から、海の家的な、お店の前がすぐに砂浜くらいのイメージを勝手に抱いていましたが、店先から砂浜が見えるという感じではありませんでした。まあ、海のすぐ近くであることには違いありませんが。
「温水シャワー」と書かれていることから、やはり地元サーファーの休憩所的な存在になっている、ということでしょう。

つちや食堂

問題の「やきはま」。これだけ明確に「やきはま」というのぼりが出ているにもかかわらず、このお店でやっているのは焼き蛤ではなく、蛤の酒蒸し。「ふらっと QUSUMI」で、「焼き蛤ありますよ」と言いながら、出てきたのが酒蒸しだったときの衝撃は今も忘れません(笑

つちや食堂

店先には、メニューの立て看板が。「さんま 刺身、ナメロ 出きます」の文字に、ほっと胸をなで下ろします。

看板を眺めていたら、おばあちゃん(店長の土屋愛子さんその人だと思われる)が「カキだけは今、時期じゃないからできないんですよ」と声をかけてくれました。

つちや食堂

この店舗はさらに貝類の直売所も兼ねていて、蛤がどっさり水に浸かっていました。1kg で 1,800 円というのが高いのか安いのか判らないけど、「1kg」ではなく「1K」と書かれると、仕事柄 1,000 個で 1,800 円なのかと思ってしまう(ぉ

よし、それでは突入だ。

つちや食堂

店内にはテレビやラジオの収録に訪れたと思わしき、芸能人のサインや写真がちらほら。もちろん松重ゴローさんのもあります。
夏場なんかはけっこう取材も入るんだろうなあ。

つちや食堂

壁面にずらりと掛けられたメニュー。こういうの、いかにもこどグルって感じだ。

カレーにカツ丼、うどん...そういうのもあるのか。サーファー定食...なんじゃそりゃ?
あさり丼にも惹かれるなぁ~。

つちや食堂

でも、まずはやっぱり蛤の酒蒸しから。

けっこういっぱいあるなあ。
色白で、プリプリつるん。べっぴんだなあ。

つちや食堂

しょっぱい。でも、まさしく海のしょっぱさだ。
俺は今、海そのものを食べている。

ひとつひとつが大ぶりで、しかもストレートに海の味。このボリュームで 1,000 円なら、むしろ安いとさえ思えます。

つちや食堂

続いて、久住さんが食べていたアジフライ。アジフライって、定食の超定番メニューだけど、心の底から美味しいと思えるアジフライって、意外とないもんだよね。

でも、こういう場所で食べるアジフライには、得てして失敗ってのはないはずだ。

つちや食堂

そして、本命の刺身定食。二品選べる刺身(選択肢は季節や日によって異なる)は、当然サンマのなめろうと、もう一品はホタテをチョイスしてみました。ちなみに、ドラマでは目玉焼きに変更されていた冷や奴は、冷や奴のまま出てきました(笑

いい眺めだ...これが正しい、海の飯だ。

つちや食堂

これがその、サンマのなめろう。アジのなめろうは好きだけど、サンマのなめろうはお初です。しかも、活き作りというのがまたすごい。

アジのなめろうよりも甘味がある身に、ネギ・味噌・生姜が和えてあって、これは一度食べたら忘れられないうまさ。
おいおい、これ、ご飯に最強。たまげたな、サンマのなめろう。

つちや食堂

こちらはぷりっぷりのホタテ。ホタテって鍋に入れて良し、揚げて良しの万能貝類だと思いますが、やっぱり刺身にしたときのとろけ感は熱を入れたものとは別格。新鮮でなければ味わえません。

うんうん、見た目通り、いいホタテだ。

つちや食堂

同行のクマデジタ五郎は、刺身定食の刺身を二品ともサンマのなめろうにするという暴挙に(ぉ

でもこれはなめろう好きとしては「こっちにすれば良かった」というくらいの良い考え。これは白いご飯が捗るに違いない。こに並んだ大量のなめろうがすべておかずとして立ち上がってくる!

つちや食堂

刺身の合間にアジフライを挟んでやる感じで、さらにご飯が進みます。ちなみに私は、アジフライにはソース派。

ここのアジフライは、アジがふっくら柔らかくて、脂の乗りも良くて、とてもうまい。社食で食べるアジフライとは素材も調理も根本から別物だと思えます(ぉ。刺身の脇役じゃなくても、このアジフライ 5 枚とご飯 3 杯で大満足のごはんにできてしまうに違いない。

つちや食堂

そんなわけで、もともとかなりいい盛りで出されたはずのご飯がこのおかずの前では足りるはずもなく、おかわり。もうあとはなめろうをご飯の上に載っけて、豪快に掻き込みます。

アジ、ホタテ、サンマ。今、俺の胃袋には、大漁旗がはためいているぞ。
このなめろうは、今日の大当たりだなあ。

つちや食堂

食った食った。大漁だ、大漁だ。
ごちそうさまでした。

東京からはるばる 3 時間半もかけて(当初 2 時間ほどで来れる予定が、連休のせいか道路が混んでいて時間がかかった)来た甲斐がありました。このなめろう、東京でも食べられるところがあればいいんだけど、漁港の近くだからこれだけ新鮮でうまいものが提供できるんだろうし、都内では難しいかなあ。


さておき、今回の遠征で晴れて『孤独のグルメ Season2』聖地巡礼は甘味パートも含めコンプリート。それを記念して(?)ロケ地で BD/DVD-BOX のジャケット写真を撮影してきました。

孤独のグルメ Season2

(モデル:井之頭コジ郎

思い返せば、Season2 の聖地巡礼は遠征もあってなかなか大変でしたが、それだけに思い出に残るものも多かったですね。Season3 の聖地巡礼はとりあえず放送が終わるまではおとなしめにしていましたが、今の仕事が一段落したら、いよいよ加速させていきたいと思います。

はるばる飯岡までお付き合いいただいたお二方、ありがとうございました。

孤独のグルメ Season2 Blu-ray BOX

B00AH9VRSI

関連ランキング:定食・食堂 | 飯岡駅

■ドラマ『孤独のグルメ Season2』聖地巡礼エントリーまとめ
第一話 神奈川県川崎市新丸子のネギ肉炒め / 甘味パート
第二話 中央区日本橋人形町の黒天丼 / 甘味パート
第三話 中野区沼袋のわさびカルビと卵かけご飯 / 甘味パート
第四話 群馬県邑楽郡大泉町のブラジル料理 / 甘味パート
第五話 神奈川県横浜市白楽の豚肉と玉ねぎのニンニク焼き / 甘味パート
第六話 江戸川区京成小岩の激辛四川料理 / 甘味パート
第七話 千葉県旭市飯岡のサンマのなめろうと蛤の酒蒸し / 甘味パート
第八話 墨田区両国の一人ちゃんこ鍋 / 再訪 / 甘味パート
第九話 江東区砂町銀座商店街を経て事務所飯 / 甘味パート
第十話 北区十条の鯖のくんせいと甘い玉子焼 / 甘味パート
第十一話 足立区北千住のタイカレーと鶏の汁なし麺 / 甘味パート
第十二話 東京都三鷹市 お母さんのコロッケと大皿家庭料理 / 甘味パート / 年越しそば
→Season1 の聖地巡礼エントリーはこちら

投稿者 B : 00:00 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (2) | トラックバック