b's mono-log

2017/05/20 (Sat.)

東京都渋谷区道玄坂の皿うどんと春巻

「俺がザザッと飯を入れてくような店って、もはやこの街にはないのか?」

渋谷

ドラマ『孤独のグルメ Season6』聖地巡礼、今回も先ほど放送されたばかりの第 7 話の舞台、渋谷の聖地に事前に巡礼してきました。

渋谷といえば言わずと知れた若者の街。そこでゴローはどんなものを腹に入れるのか...と思ったら、なんとも渋谷らしくない、けどゴローらしいものを食べましたね。そういえば原作ではゴローちゃんは渋谷に二度現れており、焼きそば(今はもうお店がないけど)とブリ照りというチョイスだったのでした。今回の焼きうどんは、ある意味原作の焼きそば回へのオマージュということができるのかもしれません。

長崎飯店

「ん?こんな路地、あったっけ。ちょっと匂う」

目的のお店は、渋谷駅から道玄坂を上がる途中の路地というか、マークシティの裏手というか。
ゴローちゃんのようにマークシティ側から来るとちょっと分かりにくい、入り組んだ路地に唐突に現れるこの赤いのぼりが目印です。

長崎飯店 渋谷店

長崎飯店

ほ~、シブい。
生き残ったのか、取り残されたのか...。

店名が「中国料理 長崎飯店」。中国なのか長崎なのかよく分からない店。でも、店構えはいかにも昔ながらの中華料理屋だ。

長崎飯店

「本場の味 長崎ちゃんぽん 皿うどん」と「中国料理」の文字が並ぶ看板。
もしや、長崎って中国の一部だったのか?(暴言

でも、冷静に考えれば日本は鎖国中も中国とオランダとだけは長崎を窓口に貿易してたんだっけ。
それなら、長崎と中華料理の結びつきが強いのも理解できる。

長崎飯店

ガラスのショーケースに、食品サンプル。
うんうん、正しい中華料理屋のありようだ。

いいな~、長崎ちゃんぽんとか。
餃子に春巻もある。

長崎飯店

店内は、入口付近にテーブル席、そして奥に回転テーブルがいくつか。
独りだとまず間違いなく相席の回転テーブルに通されます。

で、席に着くなり店員のおばちゃんが

「今日は、皿?」

えっと俺この店には今日初めて来たんですけど(;´Д`)ヾ。
聖地巡礼に行くと、初めてなのに常連と間違えられる法則発動(ぉ

長崎飯店

メニューはこんな感じ。これは夜メニューで、昼はちょっと値段が違います。
ちゃんぽんと皿うどんの自己主張がすごいことになってるけど、中華料理店だけあって中華メニューも充実。

それにしても、ちゃんぽん、皿うどん、ちゃんぽん、皿うどん...気絶するほど悩ましいなあ。
どっちも長いこと食ってない。
というか、個人的には長崎皿うどんって、パリパリの細麺が主食というより酒のつまみという感覚で、九州系の居酒屋でつまみに食べることのほうが多くて、こういうランチで食べたことないかも。意外な初体験。

長崎飯店

まずは春巻から。来た来た、俺のパリパリ。
すごく感動するというよりはごく普通の中華屋の春巻だけど、うまいよな。

この音、このリズム。口の中にスプリングトルネードが巻き起こっている。

長崎飯店

そして、皿うどん(軟麺)のお出ましだ。
このとろみ。とろみから立ち上る湯気。たまらん。

長崎だからってなんで中華料理屋で皿うどん、と思ってたけど、改めて実物を見て納得。
言われてみれば、皿うどんって麺に八宝菜をかけたようなものだしな。
さしずめ、汁なし五目あんかけそば、ってところか。

長崎飯店

こ れ は ... すごくパワーを感じる麺だ。
重くてしっかりした太麺。初めて食ったけど、これめちゃくちゃうまいぞ。餡がしっかり絡んでくる。

しかも、餡の中は見た目以上に具だくさん。
皿の中の有明海は豊漁だ。肉に野菜、イカ、アサリ、プチサイズのカキまで入って...これはうまさのマルチチャンネル・サラウドンだ。

長崎飯店

さて、ここで目に入ってくるのが回転テーブルに鎮座するこの調味料類。
ちょっと前に松重さんのラジオ『深夜の音楽食堂』で「長崎では皿うどんにソースをかけて食べる」という話をしていたので、これはこのドラマの話をしているに違いない!と思い、放送前巡礼にも関わらずちゃんとソースをかけることに成功しました(笑

長崎飯店

なるほど、こういう感じか。
ソースによって餡のやさしい味が引き締まって、皿うどんがまた違った表情を見せてくれる。酢、辛子、ソースの投入で、いつまでも楽しめる。

これ、いい。
長崎、うまか~。

長崎飯店

さらに、他のお客さんが頼んでいた餃子が妙にうまそうに見えたので、頼んでみました。
Season1 に登場した池袋の「」を思い出させる、羽根の繋がった焼き餃子。

長崎飯店

中華料理らしく油をケチらずに使って焼いた餃子でちょっとギトギトしてるけど、それ故にジューシー。
この餃子、いける。やさしい味の麺とのコンビネーションにちょうど良い。個人的には春巻よりも気に入ったかも。

この店、すごくいい。俺はこんな店が好きなんだ。
こんな店の真っ赤な回転テーブルに、今でもときめく男なんだ。

長崎飯店

で...まさか、劇中でゴローちゃんが皿うどんからのちゃんぽんハシゴをするとは予想してませんでしたが(;´Д`)ヾ、あの皿うどんを食べたらちゃんぽんも味わってみたくなるのが人情というやつじゃないですか。というわけで、日を改めてちゃんぽんを食べに来ました。

ランチセットを頼んだところ、なんと白飯と漬物がついてきました。ちょっとした炭水化物祭り。
漬物、キュウリ漬けは分かるけど福神漬けがカレー以外についてくるの、初めて見た(笑

長崎飯店

ちゃんぽん、まさに皿うどん(軟)の汁あり版という感じで、甘くてやさしい味。汁があるぶん麺が皿うどんよりも軟らかくて、スープの深みも相まって、やさしさ 30% アップという感じ。

しかしこれ、どこまでいってもやさしい味すぎて、これをおかずにご飯を食べる隙がないぞ(汗。
仕方がないので白飯は漬物と一緒にいただきました。

このスープ、いい。すごくいい滋味。
ゴローちゃんの食べてた特上ちゃんぽんはもっとうまそうだったけど、並ちゃんぽんも十分おいしいです。

皿うどんとは違う、もう一つの長崎に出会えた。

長崎飯店

長崎飯、しっかりといただきました。

この店、派手さはないけど気に入ったなあ。
今後渋谷に来たときのためのメシ屋リストに加えさせていただこう。

ごちそうさまでした。
今度は硬麺、食わなきゃな。久住さんが食べてたイカの唐揚も、うまそうだったなあ...。

孤独のグルメ Season6 Blu-ray BOX

B071VBJHMR

関連ランキング:中華料理 | 渋谷駅神泉駅

投稿者 B : 01:56 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2017/05/12 (Fri.)

台北「My 灶」の絶品魯肉飯

先日台湾に行った際に、魯肉飯のうまい店があるということで試しに行ってみました。

My 灶

My 灶

松江南京の駅近く、大通りから一本入ったところにある、たぶん観光客はあまり知らないだろうお店。
あまり目立つ店構えでもないですが、小洒落た感じで周辺の雰囲気とはちょっと違う。

どんなところか分からないけど、入ってみよう。たのもー。

My 灶

店内はこんな感じで、屋内なのに屋外の屋台っぽい雰囲気を演出したインテリア。
台湾では本物の屋台とか半分屋台に近いような店か、鼎泰豐のようにちょっと高級なお店かのどちらかしか行ったことがなかったので、こういう感じのお店は初めて。でも、悪くない。

My 灶

テーブルには、ランチタイムにも関わらずお通し的な感じでキクラゲの何かが置かれていました。
中華でいうザーサイとか、焼鳥屋でいうキャベツみたいなものかな(笑

My 灶

こちらが日本人だと分かると、すかさず日本語メニューを持ってきてくれました。
台北、こういう日本人にやさしいところがとても嬉しい。
案外観光客も来るのかなと思ったら、メニューには「日本直送 漬物」とかもあって、これは観光客というよりも現地駐在の日本人がよく来るお店という感じなのかな。

それにしても、メニューがいろいろあって迷うなあ。

My 灶

魯肉飯の「アタマ」の持ち帰り!そういうのもあるのか。
これ、ホントにおいしかったら買って帰ろうかな。

My 灶

まずは切り干し大根の玉子焼き。何それ、日本じゃ食べたことない。
見た目はチヂミっぽいけど、味は甘くない玉子焼き。それにたっぷりの青ネギと切り干し大根が入って、すごく香ばしくてうまい!
これ、毎日でも食べたいおかずだ。

My 灶

これは樹子高麗菜(キャベツと何かの木の実を炒めたもの)。
キャベツの炒め物って大抵どこの国でもおいしいけど、この木の実が独特の風味を出していてうまい。なんか、オリーブの実が入っているような感じ。
台湾のおふくろの味のひとつらしくて、確かに初めて食べたのに、なんだか懐かしい感じ。

My 灶

イカボール。単なるイカボールだと思ってなめてかかったら、これがうまいのなんの!
さすが島国だけあってプリップリのイカが揚げたてアツアツですごくおいしい。

すいませーん、台湾啤酒ください(←まだ昼

My 灶

まあビールはさすがに我慢して、最後は本命・魯肉飯。
これが出てきたときにはちょっと驚きました。なんか肉がツヤツヤしてる!
私はまだそれほど魯肉飯をいろいろ食べたというわけではありませんが、どちらかというとジャンクフード的印象のあった今までの魯肉飯とは全然違う。味もしっかり濃くて、茶碗一杯なのにしっかり食べた感があります。これはうまいわー。感動した。

My 灶

いやあおいしかった。台湾の味、満喫いたしました。
ついたまらずに持ち帰り用を買ってきてしまいました(笑

魯肉飯、すっかりハマってしまったので、お土産に買ってきたのは大事に食べようと思います。

関連ランキング:台湾料理 | 忠孝新生駅周辺

投稿者 B : 23:00 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2017/05/07 (Sun.)

東京都世田谷区太子堂の回転寿司

「海に行ってぼけ~っとしたいなあ。でっかいの釣って捌いてもらって...」

三軒茶屋

今日は GW の最終日。最後に休みらしいことをしようと思い立ち、一昨日放送されたばかりの『孤独のグルメ Season6』の舞台、三軒茶屋までやって来ました。
ブタ肉炒めや大阪出張など、原点回帰ともいえる原作オマージュ回の多い Season6 の中でも、先週の放送は異色でしたね。原作第 2 話の吉祥寺の廻転寿司回をかなりストレートになぞった内容で、放送後に改めて原作コミックを読み返したほど。

普段はこっち方面には来ないから、三軒茶屋、久しぶりに降りたなあ。
田園都市線沿いということで、このあたりは活気がありながらもどこか品のある雰囲気。ドラマに登場したブルジョワマダムや親切なおばあさんがいてもおかしくありません(笑

すずらん通り

駅前の交番の脇に、「喰うてかへんか?」というコテコテのアーチが出現。ここが目的の店のある「すずらん通り」です。ここだけ唐突に三軒茶屋感がない(笑
さして長くないこの通りの奥に、その店はあります。

廻るすし 台所家 三軒茶屋店

台所家

台所家(だいどこや)。このドラマにしては珍しいチェーン店で、渋谷にも店舗があるようですし、入ったことはないけど焼肉屋の業態をとっているお店も見たことがあります。

私が来店したタイミングがたまたま良かったのか?放送二日後のお昼過ぎにも関わらず、行列は 4 組ほど。しかも回転寿司だけにお客の回転もいいらしく、ほんの 10 分ほどの待ち時間で着席できました。しかし退店する頃には行列が倍くらいに延びていたので、やはりタイミングが重要なようです。

台所家

店内はこんな感じ。コンパクトなカウンターだけの店構え、確かに吉祥寺の天下寿司に通じるものを感じます。こういうスタイルが東京の昔ながらの回転寿司屋なんだろう。回転寿司激戦区の北陸だと、回転寿司と言いながらボックス席や座敷まであったりして、随分雰囲気が違うんだよなあ。

台所家

コンベアに乗っていろんな寿司が流れてくるけど、ここでは基本的に食べたいものを注文するスタイルらしい。
でも、ドラマほど殺伐とはしていないまでも、多くのお客さんがかなりの勢いで注文を入れていくので、押しの弱い自分としてはどうしても「間」を掴むのが難しい。いかんな...タイミングがズレてる。

それでも何とか間合いを読んで大声で注文するわけですが、体感的に五回に一回は注文したのを忘れられるし、接客もやや雑な感じ。それでもこれはこれで回転寿司屋らしくて良し。負けずに大声で注文してやったらええねん。

台所家

おすすめメニューはホワイトボードに。
ドラマにも登場したネタと...おっ、ホタルイカもあるのか。

ようし、今日は何で口火を切るかな。
何を狙う?今俺が釣り上げるべきネタは、何だ?

台所家

逸る気持ちを抑えて、まずは生ビールから。
この連休は思ったほど飲まなかったけど、最後に昼酒を頼んでようやく GW を満喫できた気分(笑
飲兵衛どもの、昼飲み天国だ。

台所家

とりあえず順当にマグロで行くか。赤身で小手調べだ。

回転寿司屋だと「いかにもって色」のマグロが出てくることもあるけど、ここのは無理に繕ってない自然なマグロ色。
味の方は...うん、うまい、ダイジョブ。

これで 120 円は安い。この店、当たりかも。

台所家

続いてイカ。ドラマのこの「マグロからのイカ」という順序、ちゃんと原作の廻転寿司回の順序を踏襲しているんですよね。こういう細かいコダワリがファンとしては嬉しいところ。

このイカ、うっすらとワサビの緑が透けていて、見ただけでイカにもって感じの新鮮さが伝わってます。
柔らかくて美味しい。そうそう、こういうイカに出合えると、自分の回転寿司のリズムが乗ってくるんだよなあ。

台所家

そして「ひかり三種」。
光り物好きに、このセットはありがたい。

サバ、良し。締まりすぎてなくてとろける食感が残ってるのがいい。
アジもうまい。それに、時季によっては意外と食べられないことが多いイワシの握り、好物なんですよね~。これが食べられただけで、今日来て良かった。

台所家

イクラ。小粒だけど軍艦からこぼれるほどのイクラがどっさり載っていて、お得感の高いイクラ。
高そうな色の皿も相まって、プチ贅沢してる感があるなあ(笑

台所家

でもって、北陸民としては外せない、ホタルイカ。GW の終わりと共に旬も終わっていくから、今年の最後のホタルイカのつもりで。
小さい身の中にパンパンに旨味が詰まっていて、こりゃたまらん。

台所家

寿司じゃないけど、北陸つながりでブリ大根もいっとこう。これこそ北陸民のソウルフード。
少量だけど田舎に帰ってきた感のあるブリ大根、嬉しいなあ。

台所家

さあ、ちょっと気分をリセットさせるためのカニサラダ。回る寿司ならではのネタ。
いいねいいね、マヨ風味もよし。こういう子ども味、けっこう好き。

台所家

エンガワも見逃せず。
コリコリした食感と脂のとろける感じがイイ。久住さんが食べてた炙りエンガワも気になったけど、今度来ることがあったら炙りで頼んでみようかな。

台所家

炙り穴子。

おおっと、こいつはうまい。炙って正解。
実は穴子って鰻に比べるとうま味が落ちる気がしてそんなに好きじゃなかったんだけど、この炙り穴子はうまい。穴子の寿司で珍しく美味しいと思ったかも。

台所家

んー、汁ものもいっとくか。
久住さんが飲んでた海苔汁も美味しそうだったけど、ここは初志貫徹で真鯛のうしお汁。

あ~、しみる。胃が癒される。
これだけ汁にうま味が出ていたら鯛の身はパサパサしてそうなもんだけど、身もちゃんとうまい。
そして、ゴローちゃんのように回ってきた一味をゲットしてパパッと振れば、また味わいが変わってうまい。

この汁、本当においしいです。

台所家

まぐろ三種。

まずは中トロ。普通にうまい。
赤身、こいつは何貫食っても飽きない。
トリは、大トロ。

中トロもうまいと思ったけど、その後に大トロを食べるとやっぱり違う。大トロは寿司の王様だ。

ま、正直な話ここよりも強烈にうまいトロを出す寿司屋はいくらもあるけど、マグロ三貫で 580 円。そう考えたら十分すぎるんじゃないの。

台所家

そろそろラストスパート、大物もいっときますか的な大赤えび。
尾頭付きのえび寿司、これはかなりインパクトあるなあ。

味のほうも見た目に負けず劣らず、とろっとした身がうまい、甘い!海老反りそうだ。
北陸の甘えびでも、なかなかこのレベルのものには出合えんぞ。

台所家

本当は劇中のように限定トロハマチが出てくるのを今か今かと待っていたんですが、今日は入荷しなかったようで。
悔しいので、中トロを単品で追加注文。

うまい、確かにうまいんだが、今日の俺にはこの中トロのうまささえどこか上滑りしていく。
トロハマチ、食べたかったなあ...。

台所家

〆は大好物の特上ウニ。
安いウニってザラザラしてて全然ダメだけど、この特上ウニはとろける身から海そのものが染み出してくるかのようで、本当にうまい。トロハマチにありつけなかった悔しさも、一緒に融けていくようだ。

うーん、ウニの大人食い、最強。

台所家

店内には松重さんや久住さんのサインはありませんでしたが、ドラマ放送の告知が貼り出されていました。

回転寿司もいいもんだ。思いもよらないいろんなネタが飛び出してくるし、楽しいメシが食えた。
東京の回転寿司ってあまり期待してなかったけど、これくらいの店があるなら、たまに来てもいいかな。渋谷店なら行く機会もあるだろうし。

しかし、久しぶりの回転寿司に浮かれて、ちょっと食い過ぎたか。
ラストの二枚が効いたな...。

孤独のグルメ Season6 [Amazon Video]

B06ZZ5NHK5

関連ランキング:回転寿司 | 三軒茶屋駅西太子堂駅若林駅

投稿者 B : 22:56 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2017/04/29 (Sat.)

東京都新宿区淀橋市場の豚バラ生姜焼定食

「ひと仕事終わらせて...腹が、すっからかんだ!店を探そう」

伊勢屋食堂

Season6 の聖地巡礼、二軒目の訪問は第 2 話の舞台となった大久保の淀橋市場までやってきました。淀橋市場といってもカメラや家電をたくさん扱っている市場ではなく(ぉ)、主に青果を扱っている市場です。新宿からすぐ近くのところに市場があるというのもちょっとすごい話。都内の卸売市場というと豊洲移転で揺れる築地や羽田近くにある大田市場、品川(港南)にある食肉市場あたりのイメージが強くて、淀橋市場は都心にある割にあまり知られていないように思います。
私も淀橋市場には初めて来ましたが(そもそも大久保で降りたのも初めてじゃないかと思う)、こんなところに唐突に市場が出てくるというのはちょっと驚きます。

伊勢屋食堂

それでも、これまで数々の市場メシを巡ってきた身としては、こどグル聖地巡礼でなくとも期待が高まってしまうわけで。
お昼時で少し静かになった市場の構内を歩いているだけでも、ちょっと楽しくなってきました。

お...この建物、怪しいな。

伊勢屋食堂 淀橋青果市場内

伊勢屋食堂

うん、この看板とのれんの感じ、ぐっとくるじゃないか。
隣の自販機コーナーの雰囲気もまた良し(笑。

放送からさほど時間が経っていないにも関わらず、特に行列もできてない。
営業時間が長いこともあるけど、やっぱり場内食堂というのは普通の人にはハードルが高いし、メニューも特別なものじゃないから、他の聖地に比べると落ち着いているのかも。
それでも公式 Facebook ページ(あるんだ!!)によると「66 年の創業以来、こんなに混んだ事がない」という状況らしく、巡礼者のパワーはやっぱりすごいな、と。ちなみに公式 Fb ページ、放送後の営業の様子が詳しく書いてあって BD-BOX の特典映像を見ている気分になれるのでオススメです(笑

伊勢屋食堂

劇中での印象通り、けっこう狭い店内。
いかにも、市場の食堂。

いろんなお客さんがいるけど、市場という場所柄か、常連さんとドラマ見て来たお客さんは雰囲気でだいたい分かる(笑)。私もそう見えてるんだろうなあ。

着席して、さっそく注文。
五郎's セレクションを漏れなく頼みたいけど、(どうせバレてるとはいえ)ドラマ見て来た感がモロに出るのもそれはそれで恥ずい(汗。
というわけで、「え~っと豚バラ生姜焼定食と、納豆と、筍の土佐煮...あと明太子とトマトの酢漬けください!」と最後は勢い任せに言い切ったところ、

「あ、五郎さんセットですね」

伊勢屋食堂

と壁にあったこれ↑を指さされてしまい、逆に恥ずかしかったという(ぉ。
最初からこれに気づいてれば、「これください!」と言ったのに...そういえばドラマ観ながら自分がリアルタイムにこう↓言ってたんでした(汗

伊勢屋食堂

店内には、明らかに放送後に貼られたとみえるこんな貼り紙もありました。

でも、混んでるときはまず相席でも、料理が出来上がる前に空席ができたらそちらに移らせてくれるなど、忙しそうにしていながらも個別のお客さんに気を配るのを忘れないのに感心してしまいます。
ここ、ほんとに誠実な店だ。

伊勢屋食堂

壁際の本棚には、放送時には隠されていたスラムダンク全巻とか、けっこう気になるマンガが充実(笑
ここ、本当に市場で働いている人たちの憩いの場、という感じなんだろうなあ。

店内を観察していると、常連さんは名前で呼ばれていたり、小さなやりとりの一つ一つに人情がある。
こういう店こそ、うまいものが期待できる。

伊勢屋食堂

さあ、注文したのが一気にやって来ましたよ。
あららららら...いや~、なんだかすごいことになっちゃったな。

小鉢系は基本的には日替わりとのことでしたが、この日はちゃんと放送時にあったメニューが揃ってました(時間帯によっては売り切れもある模様)。
放送を見たお客さんが来ることを想定して用意してるんだろうなあ。

伊勢屋食堂

さ、まずは豚バラ生姜焼。
おお~、質実剛健。空腹にズバッと答えるこの生姜のパンチ。ちょっと濃いめのガツンとくる味が、肉体労働向けって感じがする。

特にこのタレ!ご飯が進みすぎる。
やっぱり豚バラ生姜焼定食は、定食界でも別格だな。

伊勢屋食堂

さらに小鉢の連打。

定食屋に出てくるこういう小鉢って、ついつい頼んじゃうよなあ。私も社食がある会社で働いてた頃は小鉢取りすぎたほうですが(ぉ)、ゴローの取りっぷりは半端じゃない。
でもなかなかいいセレクト。筍は季節モノとしては外せないし、納豆に明太子というご飯の友を重ねてくるところが白米派のゴローちゃんらしい。

これだけの小鉢の精鋭陣、ご飯の劣勢は必至。

伊勢屋食堂

そしてトマト酢漬、これは初めて。

ほほ~、こうなるか。めちゃくちゃうまいじゃないか。
酸味のスッキリが生姜焼のタレ味をリセットして、いくらでも生姜焼定食を食べ続けていられそうだ。

さすが青果市場、野菜がもれなくうまい。

伊勢屋食堂

豚バラは、飯の巻き食いができるのがいいんですよ。
生姜の効いたタレが白いご飯に染み込むと、別々に食べるのとはまた違った世界が広がっていく。

豚バラって生姜焼になるためにこの世に存在するんじゃないだろうか(違。

伊勢屋食堂

そんな感じでガツガツ食べていると、

「お水、飲む?」

とお母さん(お店をメインで仕切っている女将さんではなく、年配のお母さんのほう)が優しい口調でお冷やを持ってきてくれました。
そうそう、最初にもらったの温かいお茶だったんだよなあ。でも今はちょうどお冷やで白飯を流し込みたいところだったんでした。

こういうちょいちょいの気配りが嬉しい。毎日でも来たくなる店って、こういうのなんですよ。

伊勢屋食堂

使うタイミングが難しいのがこの納豆。
納豆って、おかずがなくてもこれだけでご飯が食べられてしまうから、こういうおかずがたっぷりある場合はいつ投入するか、本当に悩ましい。
でも、今日は生姜焼もご飯も半分くらい食べた今こそが、お出ましいただく頃合いに違いない。

伊勢屋食堂

納豆は、混ぜれば混ぜるだけ応えてくれる。
しかも今日は、生姜焼のタレが少し混ざったご飯。いつもの納豆ご飯とはちょっと違う味わいがここにある。

生姜焼と納豆、それに明太子という三大ご飯の友を従えて白飯を食べる贅沢。
俺は今、生きている。これ以上、何を望む。

伊勢屋食堂

市場メシ、完食。ああ...おいしかった。

昼間からこんなに食べたのは久しぶり。これ以上はちょっともう食べられそうにない。
さすがにご飯のおかわりは控えたけど、これにさらにご飯茶碗に八分目を食べたゴロー、やっぱりすごい。

淀橋市場

というところで、

「お客さん、初めてですよね」

と女将さんがお店の名刺を渡しに来てくれました。
バタバタしててお会計のときに渡すの忘れちゃいそうだから、今のうちにとのこと。劇中で名刺を渡してたのは本当に再現だったというわけです。

淀橋市場

ああ...ごちそうさまでした。
料理も良かったけど、店員さんの人情に心まで満たされた気分だ。

この界隈って普段滅多に来ない場所ではあるけど、機会があったらまた食べに来たいなあ。
今度は久住さんが食べてたチャーシューメン、食べてみようかな。

孤独のグルメ Season6 [Amazon Video]

B06ZZ5NHK5

関連ランキング:定食・食堂 | 大久保駅新大久保駅落合駅

投稿者 B : 21:29 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2017/04/21 (Fri.)

台湾台北市永楽市場の乾麺

「ようし、ハシゴ飯だ。ひとり台湾爆食いツアーだ」

原味魯肉飯

永楽市場の鶏肉飯から続けて、今回がいよいよ Season5 聖地巡礼のオーラス。ようやく最後の聖地にたどり着きました。長かった...!

ハシゴ飯というだけあって、永樂担仔麺からはすぐ近く。永楽市場の片隅に、ひっそりと佇んでいたのがそのお店。

原味魯肉飯

原味魯肉飯

店先では持ち帰りの軽食っぽいのも売っていたりして、ちょっとした縁日感。ここイイ感じじゃないですか。

お店に入ったら、劇中でも良い味を出していたお母さんが「日本人ですか?」と尋ねてきました。おお、けっこう日本語できるんですね。

原味魯肉飯

壁際には、メニューが...ってこのメニュー、ドラマに出てきたのより随分こぎれいになってますね。
よく見るとお母さんのメガネも新調されているし、巡礼のお客さんが増えて張り切っちゃった感じ?(笑

さておき、漢字で何となく意味は分かるし、羅東のときと同じように何となく頼んでみるか。

原味魯肉飯

と思っていたら、日本語のメニュー表が出てきました(笑。やっぱりドラマの影響で、そうとう日本人客が増えたんだろうな。かく言う俺もその一人だけど。

どれどれ、ていしょく、つまみ、スープ...、
あっ、麺だ!
麺を忘れてたよ。危ない危ない。

原味魯肉飯

注文し終わったところで、まずビール市場ソーダからいただきます。
うん、この暑さの中で薄い感じのビール、悪くない。

原味魯肉飯

料理はとりあえず青菜(空心菜)の炒め物から。
ここはいちばんシンプルなので攻めてみよう。

これは「ふらっと QUSUMI」で久住さんが食べていたものですが、空心菜をニンニクと一緒に炒めただけなのに、やたらうまい。
私が空心菜好きというのを置いといても、うまい。これ本編に登場するだけの実力はあったんじゃないですかね。一部ではふらっと QUSUMI のほうが本編という説もあるけど。

原味魯肉飯

乾麺、来た。
な~るほど、汁なし麺か。

混ぜ混ぜしてからいただきます。
うん、このタイミングでこの甘辛あん、悪くない。

ああこれは、魯肉飯のご飯の代わりに麺を入れた、みたいな感じか。
これおいしい。俺はこういう麺類、好き。重くないやつ。

原味魯肉飯

そして「下水湯」。出ました!これか~。
持ってくるときにお母さんがいちいち「げすいゆ、ね」と言ってくるのがネタだろうけど、笑ってしまう(笑

ああ、やさしい味だ。全然下水じゃない。セーフ。

原味魯肉飯

もしかして、これが「ゲ」か?...砂肝だ!
この砂肝から出たダシが、このスープのうまみを司っているのだろう。

汁なし麺の汁を、これでカバーしたぞ。
でも、もうちょっと辛くてもいいかな。

原味魯肉飯

と、スープについてきた辛そうなタレを入れてみようとしましたが、

原味魯肉飯

このような注意書きが(笑
基本的に、スープの味を調整するためのタレではないようです。

それにしてもこの注意書き、きれいな日本語で書かれてるけど、お母さんじゃなくて日本人のお客さんが気を利かせて書いたものなんだろうな。
こういうちょっとしたものから、この店が持つあたたかみを感じます。

原味魯肉飯

ビールのつまみにもう一品欲しくなったので、排骨を頼んでみました。発音的には「パイコー」ではなく「パイクー」が正しいらしい。
日本語訳としては「とんかつ」と書かれていたけど、日本のとんかつとは随分違う。羅東で食べた紅糟排骨ともまたちょっと違う、ピリッとパンチの効いた味。これは食べた感あるなあ。

原味魯肉飯

壁には『孤独のグルメ』コーナーとして、撮影時の松重さんと久住さんの写真が大々的に貼られていました。
お二人とも、心なしか他の店で見た写真以上に楽しそう。台湾編の撮影、本当に楽しかったんでしょうね。

原味魯肉飯

その隣には、2015 年 10~11 月に台北で行われたスクリーントーンズのライヴポスターも。
メンバー全員のサインと、久住さんに至ってはポスターの横にも一つサインが書かれていました。
きっとライヴのついでにこの店にも来たんだろうな。

原味魯肉飯

...と思ったら、案の定メンバー来訪時の写真もありました(笑
この店、愛されてるなあ。確かに気さくなお母さんのもてなしが心地良いもんな。

私も、二日にわたって食べ歩きすぎてさすがにお腹がいっぱいになりました。
でもこれは苦しいというのとは違うな、幸せなんだろうな。

この遠征をもって、開始から一年半の期間を経て『孤独のグルメ Season5』の聖地巡礼が全て完了しました。今回はいつも以上に大変だった...。
でもこれでようやく気持ちを切り替えて Season6 の聖地巡礼をスタートできます(ぉ。

ひとまず、ごちそうさまでした。
そして Season6 の聖地巡礼もぜひお付き合いください。

孤独のグルメ Season5 Blu-ray BOX

B017D5ESCK

関連ランキング:台湾料理 | 迪化街

■ドラマ『孤独のグルメ Season5』聖地巡礼エントリーまとめ
第一話 神奈川県川崎市稲田堤のガーリックハラミとサムギョプサル
第二話 東京都江東区清澄白河のポパイベーコンとサンマクンセイ刺
第三話 東京都杉並区西荻窪のラム肉のハンバーグと野菜のクスクス
第四話 台湾宜蘭県羅東の三星葱の肉炒めと豚肉の紅麹揚げ / 葱餡餅
第五話 台湾台北市永楽市場の鶏肉飯と乾麺 / 甘味パート / ふらっと夜市
第六話 東京都目黒区大岡山の九絵定食となめろう冷茶漬
第七話 東京都世田谷区千歳船橋の羊の肩ロースとラムチョップ
第八話 東京都渋谷区代々木上原のエマダツィとパクシャパ
第九話 千葉県いすみ市大原のブタ肉塩焼ライスとミックスフライ
第十話 東京都江東区亀戸の純レバ丼
第十一話 埼玉県越谷市せんげん台のカキのムニエルとアメリカンソースのオムライス
第十二話 東京都豊島区西巣鴨の一人すき焼き
特別編 北海道旭川市の新子やきとかにくり~むコロッケ
特別編 宮城県仙台市の牛たん定食と三陸女川町の海鮮五色丼 / サバだしらーめん
特別編 東京都中野のレバにら炒めと千葉県津田沼のリブステーキ
→その他の聖地巡礼エントリーはこちら

投稿者 B : 00:12 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2017/04/20 (Thu.)

台湾台北市永楽市場の鶏肉飯

「胃袋問屋の在庫、ゼロ。倉庫、カラ。まずは何か食おう」

迪化街

というわけで羅東に続いて台北の聖地にやってきました。前回の訪台ではすぐ近くまで来ていながら甘味パートしか巡ることができなかったので、ここへの聖地巡礼は悲願でした。今回は台北の中心街からタクシーで来ましたが、地下鉄だと北門駅から徒歩でのアクセスになります。

迪化街

ともあれ、お店に入る前にちょっと周辺の散策を。ここ永楽市場は昔からの繊維市場とのことで、輸入雑貨商のゴローちゃんが仕事で訪れるという設定にも納得感があります。さらに隣接する迪化街は台湾最大の乾物市場で、活気があり歩いているだけでも楽しい。

迪化街

さまざまな乾物や香辛料が歩道にせり出すほどに並べられていて、商店街全体に不思議な香りが立ちこめています。
料理の香りとは違うとはいえ、この香辛料の香りはなかなか胃への刺激が強い。なんというか... 腹 が 、 減 っ た 。

永樂担仔麺

店を、探そう。

というわけで Google マップを片手に目的地を探すわけですが、ここと思われる場所にテレビで見覚えのある建物がなかなか見当たらない。
...が、注意深く見てみると、張り出されたビニール製の日除けによって看板が隠れていただけでした(笑。

永樂担仔麺

永樂担仔麺

あったあった、ここだ。永樂担仔麺。
この店、勢いがある。

お昼どきなだけあって、かなり活気あるなあ。

永樂担仔麺

店先ではせっせと仕込みが行われていて、これを見ているのも楽しい。
この雰囲気、どっかで感じたことがあるなあ...と思っていたら、赤羽のまるます家によく似ているんですよね。案外、番組スタッフがこの店を選んだきっかけも、それだったりして。

永樂担仔麺

ん、大陸妹?何ですかそれは。

という劇中のモノローグも、やらせではなく本当にこうやって無造作に段ボールが置かれていたことが分かる一コマ。

永樂担仔麺

店外の席がいっぱいだったので、店内に入って座らせてもらいました。

メニューは日本人フレンドリーな感じになっていて、ドラマ放送後に多くの日本人が訪れたことが窺えます。
そして日本のお店ならば「五郎さんセット」と書かれるところが「五郎特餐」!漢語で書かれると特別感がすごい(笑

永樂担仔麺

そんなわけで、五郎特餐。鶏肉飯(チーローファン)とおかずセットの組み合わせです。

おお...これが台湾式屋台スタイルか。
無造作な感じでありながら、強力に食欲を刺激してくる見た目。

永樂担仔麺

まずはおかずセットの、肉・油揚げ・煮玉子。

ほう!これはタレがいい。
メシが進んじゃうでしょ、こういう味で来られたら。

こういうのを気取らずにワシワシいけるのが、屋台メシの楽しいところ。
いいぞいいぞ。

永樂担仔麺

そして白菜。
白菜って、同じものでも和風だしと中華だしで全然味わいが違う。
ここの白菜は中華の味をしっかり受け止めていて、これだけで白米がイケそうだ。

青菜もグー。これが「大陸妹」かな?レタスの一種ってことらしいけど。
昨日の葱もうまかったし、台湾って野菜がうまいのか。
いい国じゃないか。

永樂担仔麺

でもって、鶏肉飯。
魯肉飯は食べたことあったけど、鶏肉飯はこれが初めて。

これもまたタレがいい。いいよ、この味。
タレの味でご飯を食べさせながらも、魯肉飯よりも軽い感じなんだな。
台湾のぶっかけご飯、ナイス。おかわりしたくなってきちゃったぞ...。

永樂担仔麺

おいしかったです。ハオツー。
このセットで 85 元(日本円にして 300 円ほど)って、ちょっとすごい。
安いし、うまいし、いい飯だった。

本当はもうちょっと食べたい気分もあったけど、聖地巡礼はもう一箇所残っているので、ここらで切り上げ。
また来る機会があったら、今度は麺、いってみようかなあ。

孤独のグルメ Season5 Blu-ray BOX

B017D5ESCK

関連ランキング:台湾料理 | 迪化街

投稿者 B : 00:12 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2017/04/05 (Wed.)

五反田 伊酒家 Azuki

たまに書いている五反田ランチシリーズ、地味に需要があるようなので(笑)これからも時々書いていきます。
今日は気軽に入れるイタリアン(?)ランチ。

伊酒家 Azuki 五反田駅前店

伊酒家 Azuki

五反田駅前、最もランチ激戦区と思われるエリアのビル 2F。親子丼ランチもやっている焼鳥店「たかはし」の真向かいにあるお店です。
店先にはワインボトルがズラッと並んでいて、昼時にも関わらずそそります。

伊酒家 Azuki

ランチメニューは黒板に。ナポリタン、カルボナーラ、ハンバーグ、ローストビーフ、チキンカツ...と、いずれもあまり気取らないけどサラリーマンのお昼の空腹を刺激するワードが並んでいます。
これにはつい引き寄せられてしまうというもの。

店内は、お洒落なイタリアン...というよりは、二昔くらい前だったらこういうのが流行ってたんだろうなあ、という感じの「イタメシ屋」。お客さんも大半が周辺で働くサラリーマンという感じ。でもだからこそ、気取らずに昼休みをリラックスできるというものです。

伊酒家 Azuki

ランチタイムは基本的にミニサラダつき。ライスものの場合はさらにスープまでついてきます。

伊酒家 Azuki

どどん!とナポリタン。「レトロナポリタン」というだけあって、載っかってるのがタコさんウィンナーですよ!(笑

しかしこういうナポリタンといえば緩く茹でられた麺を想像するものですが、ここのはしっかりアルデンテ。完全に典型的な「喫茶店のナポリタン」が出てくると思ってたのに、なかなかどうして、想像以上にウマイ。

伊酒家 Azuki

そしてこちらは「オリジナル明太カルボナーラ」。カルボナーラだと思って油断するとやられる、かなりしっかりした辛さ。つかこれ明太子だけじゃなくて一味たっぷり入ってますよね(汗
でも辛い物好きとしてはこれくらい辛い方が美味しい。カルボナーラじゃなくて明太子パスタですこれ。そしてこれも、ちゃんとアルデンテ。

ちなみにこのお店、パスタはサイズ S/M/L で値段が変わらないので、遠慮なく大盛りをオーダーできます。

伊酒家 Azuki

ガツン!とエビフライ&チキンカツ。
これはパスタに比べると、まあ普通の洋食屋系のフライ定食という味だけど、ボリューミーでかなり食べ応えあります。この店がサラリーマンで溢れてる理由がこれで分かった気がしました(笑。

伊酒家 Azuki

牛すじハンバーグ。柔らかく煮込まれたハンバーグに牛すじの塊がゴロゴロ載ってて嬉しい。
デミグラスソースはちょっと甘めの味つけで、個人的にはもう少し甘さ控えめのほうが好みだけど、これはこれでアリ。

伊酒家 Azuki

食後には 100 円でドリンクがつけられます。生ビールやグラスワインまで 100 円でつけられてしまうので、その誘惑に抗うのが大変難しい(;´Д`)。
なお一度でも訪店するとお会計時にランチパスポートをもらえて、以後何度でもランチが 100 円引きになるので、それでドリンクをつけられるプチ贅沢。

ランチ激戦区の五反田にあって、非常に費用対満足度の高いお店だと思います。古い定食屋で一人飯よりも、こういうところで他のサラリーマンに混じってランチ食べてるほうが、自分がおっさんになりつつあることを自覚できます(ぉ

ここ、夜はどんな感じなんだろうなあ。一回来てみたいなあ。

関連ランキング:イタリアン | 五反田駅大崎広小路駅大崎駅

投稿者 B : 23:20 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2017/03/28 (Tue.)

裏渋 キッチン ハセガワ

渋谷でなんかおいしいハンバーグが食べたくなったので、評判の洋食屋さんに行ってきました。

キッチン ハセガワ

キッチン ハセガワ

渋谷では近年、駅から徒歩 15 分ほど離れた「裏渋」「奥渋」と呼ばれるエリアが人気なんだそうで。まあ普段渋谷に遊びに来ることの少ない私にはあまり縁のない話ですが、確かに渋谷とは思えないちょっと入り組んだ、住宅街っぽいエリアにぽつんと存在する小さな洋食屋さんです。
オシャレなんだけど親しみが持てるレトロな看板がイイ感じ。

キッチン ハセガワ

壁までオレンジで統一した店舗、なかなかかわいいじゃないですか。

しかし、この行列(;´Д`)。ランチタイムのピークを過ぎた時間帯にも関わらず、お店の角を曲がった先にまで行列が連なっているんですけど...。
でも、今日はここのハンバーグが食べてみたくて来たんだから、根性で並びます。

キッチン ハセガワ

店先に出ている看板、並べられている料理写真がどれもすごく美味しそう...眺めているだけで空腹が加速していくかのようです。
どんなハンバーグなのか悶々と想像しながら結局 40 分くらい待って、ようやく着席できました。

キッチン ハセガワ

外観通りこぢんまりとした店内は手作り感にあふれています。カウンターと小さめのテーブルがいくつか、でも長屋状のつくりで見た目よりはキャパがある感じ。
カウンターに座るとスタッフの方々の働きぶりがよく見えます。「あのハンバーグ、こっちのかなあ」なんて唾を飲みながら、料理が出てくるのを待ちます。

キッチン ハセガワ

まずはサラダから出てきました。
ただのグリーンサラダじゃなくて根菜が何種類も載っていて、ちょっと嬉しい。

しかもこのドレッシング、何コレ!?濃厚な味ですっごく美味しい。こんな味のサラダ、食べたことないかも。このサラダだけ食べに来たいくらいに旨い。
単なるメインの前のサラダだろうと高を括っていた自分を叱りつけたいくらいの衝撃。

キッチン ハセガワ

このオニオンスープも、見た目はごくシンプルなスープなんだけど、コトッと煮込まれたうまみがたっぷり溶けていて、これもいい。
「滋味」ってこういう味のことを言うんだろうなあ。

キッチン ハセガワ

そして待望のメインディッシュの登場です。イタリアンハンバーグにエビフライを追加してみました。
まずこの盛り付けがイイじゃないですか。お店自体はアットホームな食堂的なのに、まるでフレンチのように何種類ものソースが美しくかけられていて、見た目からして楽しい。

キッチン ハセガワ

ハンバーグはきめ細かく滑らかな食感だけど、見た目の印象以上にボリュームがあります。
最近、「さわやかインスパイア系」のハンバーグばかり食べていたので(その割に本家さわやかにはまだ行けてないけど)、こういうハンバーグは却って新鮮。
しかも、トロトロのチーズと複数のソースで、少しずつ味を変えながら楽しめる。このハンバーグ、半端なく美味しいじゃないですか!

追加したエビフライも小ぶりながら、プリッとした食感の中にうまみが詰まっていて美味しい。そしてそれ以上にタルタルソースが美味しい。
ああ、この店は全体的にソースが素晴らしいんだなあ。

キッチン ハセガワ

こちらはハーフ&ハーフで、デミグラスハンバーグとポークカツ。
デミグラスハンバーグはイタリアンハンバーグとはまた違ったソースの味が美味しいし、ポークカツもトマトソースが絶品。
ハンバーグを食べに来たのかソースを食べに来たのか分からなくなりそうだけど(笑)、要するに美味しい。自分の語彙力が下がっていくのを実感します(ぉ

キッチン ハセガワ

ランチについてくるデザートはハーブ系のアイス。甘さ控えめで、このお店によく似合う素朴な味がいい。濃厚ソースの後はこういうさっぱり味の大人向けアイスがよく合います。

ここは期待を上回る美味しさでした。サラダからスープに至るまで一切手加減をしていない、本物の味。
絶対また来ようと心に決めました。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:ハンバーグ | 神泉駅渋谷駅駒場東大前駅

投稿者 B : 22:28 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2017/03/12 (Sun.)

あるでん亭 銀座ソニービル店 ~また会う日まで

最後のソニービル詣でに行ったなら、ここにも最後に行っておかねばならないでしょう。

あるでん亭|ソニービル

あるでん亭

長年通い続けたあるでん亭。純粋なスパゲティの美味しさなら、個人的にはここに勝る店はないと思っています。都内には支店が一応いくつかあるとはいえ、この狭い店内から銀座の街並みを見下ろしながら食べるのもこれがとりあえずは最後になると思うと、ソニービルに来たのにここはスルーという選択肢はあり得ません。

あるでん亭

店先には、悲しいかな閉店のお知らせが貼り出されていました。もうこれが最後と思っている常連客が多いのか、ランチタイムを大幅に過ぎているにも関わらず、お店の前には行列ができていました。

あるでん亭

私も行列にしばらく並んで入店し、カウンターに着席したところ、「まだ探し中なのですが...新店舗が見つかりましたらご連絡させて頂きます!」との告知が!貼り紙や公式サイトにはには「閉店」としか書かれていなかったので半ば諦めていましたが、移転の可能性はまだ残っているようですね。仕事や遊びで銀座や有楽町に来たときにフラッと立ち寄れる立地に見つかると良いなあ。私ももちろん連絡先を預けてきました(笑。

あるでん亭

各席には付箋と筆記用具が置かれていて、お店へのメッセージが残せるようになっていました。長年通ってきて、たぶん店員さんにも何となく顔を覚えられているだろう私としてはこれも書かないわけにはいきません。注文してスパゲティが出てくるまでの間にメッセージをしたためておきました。

あるでん亭

最後のメニューに選んだのはもちろんこれ。カルボナーラです。
生クリームを使わずに卵黄だけで仕上げたカルボナーラで、他の店でこういうカルボナーラに出会うことは滅多にありません。私は他の店に行くとオイル系かトマト系のパスタを頼むことが多く、カルボナーラってそんなに食べないんですが、ここのだけは別。これが当分食べられなくなるとあっては(まあ支店に行けば食べられるんだけど)、最後はこれを食べておかないと。

あるでん亭

いつもどおり芯を一本残したアルデンテの麺に、濃厚な卵黄のソースが絡むシンプルなスパゲティ。見た目に派手さはないけれど、だからこそ日々食べたいスパゲティでもあります。
しばらく会えなくなってしまうこの味を、噛みしめるように食べていきます。

あるでん亭

店内の壁という壁に貼られた、多数の常連客からのメッセージ。私が生まれた年にできたお店だけあって、長年のファンに支えられてきた歴史が垣間見えます。
お店を出るときにいつも丁寧な感じでご挨拶してくれる厨房の店員さんも、今回はなんだかいつもより思いが詰まったような眼で見送ってくれたのが印象的でした。

長い間本当にごちそうさまでした。
復活したら、必ずまた食べに行きます。

関連ランキング:パスタ | 銀座駅有楽町駅日比谷駅

投稿者 B : 20:40 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2017/03/06 (Mon.)

7025 フランクリン・アベニュー

以前から行ってみたいと思っていたハンバーガーショップに突入してきました。

7025 Franklin Ave.

7025 フランクリン・アベニュー

五反田からソニー通りを品川方面にしばらく進み、一本入ったところにあるお店。御殿山周辺って飲食店不毛の地というイメージがありますが、実は裏道に入ると住宅地に紛れるようにユニークな店がいろいろ出てきます。
フランクリン・アベニューはそんな界隈の中でも特に有名な店の一つ。アクセスがよろしくない立地にもかかわらず、休日のランチタイムには行列ができるそうです。

7025 フランクリン・アベニュー

店内はハンバーガーショップというよりはお洒落なカフェの佇まいで、周辺の高級住宅地に住んでいそうな奥様や、会社のお昼休みらしき二十~三十代女性が多い印象。女子大が近いので、大学生もいるのかもしれません。私は完全アウェー(;´Д`)ヾ。

7025 フランクリン・アベニュー

さておき着席してオーダーしました。しばらく待つとまずはサイドオーダーしたオニオンリングフライから出てきました。
けっこうしっかりめの味つけでなかなか美味しい。平日のお昼時でなければランチビールを頼みたいところです(笑

7025 フランクリン・アベニュー

そして本命登場。ハンバーガーは種類がたくさんあって迷いましたが、私はゴールデンブラウンオニオンチーズバーガーのラージ(145g)を注文しました。
野菜が別添えの半完成状態で出てくるのが、ファストフードではなく「レストラン」としてのハンバーガー。

「ゴールデンブラウンオニオン」らしく、パティの上には飴色になるまでじっくり炒められたタマネギがたっぷり。この甘みがいいんですよ。
そのタマネギを覆うように。このとろっとろに溶けたレッドチェダーが見るからに食欲をそそるじゃないですか。

7025 フランクリン・アベニュー

ちなみにパティにはあまり味つけがされていないようで、テーブルにある塩胡椒とケチャップ・マスタードを使って好みの味に仕上げていきます。

7025 フランクリン・アベニュー

本当は野菜まで全部挟むべきなんでしょうが、どう見てもジェンガ的に倒れる姿しか想像できなかったので、トマトだけ挟んであとは別々に食べました(笑
この状態でも手づかみで頬張れる厚みではなくなってしまい、結局フォークとナイフを使ってお上品に完食。
パティのみちっとした肉感がおいしい!それを飴色タマネギとチェダーチーズが盛り上げます。

7025 フランクリン・アベニュー

気に入ってしまったので、日を改めてまた来てみました(笑。
今回のサイドオーダーはフライドポテト。揚げたてでおいしいけど、私はオニオンリングのほうが好きかな。でもケチャップをつけて食べると止まらなくなります。

7025 フランクリン・アベニュー

またしてもメニューに迷ってしまったけど、今回は「オー・ソレ・ミオ」のラージサイズを頼んでみました。
パティの上にとろけたモッツァレラチーズとたっぷりのトマトソース、そして削ったグリュエールチーズ!これはチーズ好きにはたまらないハンバーガーです。

7025 フランクリン・アベニュー

今回は野菜も全部挟んで、上からちょっと潰すようにして高さを抑え、手で持ってガブリ!といただいてみました。
そうそう、この食べ方こそハンバーガーを食べてる感があります。

チーズとトマトソースが濃厚に絡み合ってうまい!アメリカンフードであるハンバーガーをイタリア調にしてどうなるんだろう、と思ったけど、これは全然イケル。
かぶりついて食べるとトマトソースがボタボタ落ちてきてしまうのだけが難点ですが、そんなことどうでも良いくらいにおいしい。

7025 フランクリン・アベニュー

いやあおいしかった。ハンバーガーショップとしては値段がお高めだけど、これは行列ができるのも頷けます。

隣駅目黒には Hungry Heaven もあって甲乙つけがたいですが、方向性はけっこうはっきり違っていて、Hungry Heaven は男らしくガッツリ系、こちらは上品めな味で女性と一緒に楽しく、という感じでしょうか。

ハンバーガーだけでも迷うほど種類があるのに、さらにサンドイッチもたくさんあって、どれもおいしそうなんですよね。今度は別のメニューを食べに来ようと思います。

関連ランキング:ハンバーガー | 五反田駅高輪台駅大崎駅

投稿者 B : 22:57 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2017/01/18 (Wed.)

あるでん亭 2017

先週末、銀座に行く用事があったので、久しぶりにソニービルのあるでん亭で食べてきました。

あるでん亭|ソニービル

あるでん亭

ソニービルでは現在、最後の特別展示である「It's a Sony 展」をやっているところ。これが終了するのに伴ってソニービル自体が一時閉館してしまうため、このあるでん亭でスパゲティが食べられるのもあとわずかの期間になります。このお店の昔からのファンとしては、春までの間に銀座に来る用事があったら欠かさず食べて帰りたいくらいなんですが、最近なかなかこっち方面に用がない(´д`)。

銀座なら他にも有名店はたくさんありますが、あるでん亭には根強いファンが多いようで、休日のお昼時にはお店の外に少し行列ができてしまうほど。なので、今回はお昼のピークを迎える前にお店に入りました。

あるでん亭

この細長い厨房で手際よくパスタを作っていく様子も、もうすぐ見られなくなっちゃうんだなあ...と思うと、この一瞬すらとても大切に思えてきます。熟練した料理人の仕事って、つい見とれてしまいますよね。

あるでん亭

この店の思い出の数々。いろんな写真がありますが、この中に複数枚、しかもいずれも違う日に撮られているアロンソの写真が並んでいるというのが驚異的(笑。アロンソは本当にこの店が好きだったんだなあ、ということがよく分かります。右下にはジェンソン・バトンの写真も貼られていますが、これはお店に来たわけじゃなくてマクラーレン・ホンダの体制発表会の写真が貼られてるだけですよね(笑

あるでん亭

お店の入口近くには、アロンソの他にサッカー日本代表のザッケローニ元監督や現在は国内スーパー GT に参戦中のヘイキ・コヴァライネン、タレントの峰竜太さんやお笑い芸人で芥川賞作家でもあるピース又吉さんなど有名人の写真がギッシリ。ザック監督は日本代表退任後も訪日時にはたびたび訪れているようですし、コヴァライネンなんて昨年 11 月にも来てるし新宿店にまで行ってるしアロンソ以上にあるでん亭好きすぎやろ!という感じ(笑。本場のパスタを食べてきた人々に愛されるほどの店である、というのがよく分かります。

あるでん亭

今回食べてみたのはほうれんそうベーコン、通称「ポパイ」。先日新宿店に行ったときに何人かのお客さんが立て続けに注文していて気になっていたんですよね。
見た目は何の変哲もないほうれん草とベーコンの入った塩系スパゲティ。でも私は変に変わり種の具が入ったものよりも、こういう超シンプルかつオーソドックスなパスタが大好きです。

あるでん亭

塩系のパスタだとついペペロンチーノのようにストレートにパンチのある味を想像してしまいますが、このポパイはそれとは対照的な、優しい味。ペペロンチーノほど鷹の爪・ニンニクがガッツリ入っていないのと、代わりにコーンが入っているのがこのほんのり甘くて優しい口当たりを醸し出しているのでしょう。まるでイタリアの家庭料理のような、年齢や好き嫌いを問わずに食べられる懐かしさを感じます。イタリア行ったことないけど。

あるでん亭

そしてエスターテ。ペペロンチーノに茄子としめじを加えたような感じで、こちらはイメージ通りのしっかりした味。同じ塩系でも、ポパイとは全くキャラが違います。でもこれもおいしい。

あるでん亭

こちらはペペロンチーノ、カルボナーラと並んでこの店の私の三大好きなメニューに含まれるロレンツァ。サワークリームが普通のクリームパスタとは違った爽やかさを感じさせてくれるのに加えて、上に乗ったこの黄身が何とも言えず幸せ。黄身を崩してサワークリームとよく混ぜて食べるのがポイントです。

あるでん亭

定番中の定番カルボナーラ。生クリームを使わずに卵黄だけで作られた濃厚さがいいんだよなあ。生クリームと卵黄のどちらが身体に悪いか、という議論はこの際置いておくとして(ぉ

この店のパスタは定番系の完成度が高すぎて、たまに来る程度だとなかなか新メニューに冒険しようと思えないのが悩ましいところ。会社の近所にあったら毎週でも通うのに。

あるでん亭

食後はエスプレッソで〆。
今日もおいしかったなぁ~。

あるでん亭

ソニービルの閉館まで、あと二ヶ月あまりとなってしまいました。閉館までにあと一回来れるかなあ...。
なお、閉館後の移転先に関する案内はまだ出ていませんでした。移転するのか、それともなくなってしまうのか。いずれにしても 3 月くらいには今後についての案内が出ると思うので、ちょっと注視していたいと思います。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:パスタ | 銀座駅有楽町駅日比谷駅

投稿者 B : 22:55 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2016/12/26 (Mon.)

羽根付き餃子と本格中華 蒲田 金春本館

この秋から機会を見つけて食べに行っている蒲田の羽根付き餃子三大名店巡り、你好歓迎と来て最後にこのお店に行ってきました。

金春本館 2 号店

金春本館

他の二店と同様、この「金春」も蒲田界隈に何店舗か展開しているようですが、京急側の本店は微妙に遠いので今回は JR 寄りの本館 2 号店に来てみました。東急側にはさらに「金春新館」という店舗もあるようですが、本館 2 号店と新館ってどう違うんでしょうか。純粋な支店とのれん分け、みたいな関係なんですかね。
JR 蒲田駅西口のごちゃっと飲食店が集まっているエリアの地下に 2 号店はありました。

金春本館

店内はけっこうオーソドックスな中華料理店の雰囲気。餃子が有名ですが、それに限らず中華料理の店なんですね。
菜譜を開くといきなり「金春の五心」という標語がどどーんと。偏見かもしれませんが、中華のお店でこういうのってあまり見かけないので、なんだか新鮮。

金春本館

私はそんなに昼から飲まない派なんですが、餃子が来ると分かっていれば話は違う。
遠慮なく昼麦酒、いただいちゃいます。

金春本館

そして羽根付き餃子のお出ましです。
パリッとしたしっかりめの羽根がついた六連の餃子がなかなかのインパクト。お皿からは当然はみ出しています。

金春本館

箸で羽根を割ってみると、ひとつひとつの餃子はやや小ぶりであることが分かります。
そしてここも蒲田の羽根付き餃子の例に漏れず、肉汁がジュワッとジューシー。見た目のコンパクトさを裏切るボリューム感だけど、ついパクパク食べられてしまいます。

金春本館

続いて「三鮮蒸し餃子」。こちらは羽根付きとは趣の違う、中華の本流ともいえるタイプ。
「三鮮」は肉、魚介(エビ)、野菜(ニラ)の三種類という意味かな?普通の餃子よりもうまみが凝縮されていて、皮のモチモチ食感との組み合わせも絶妙。これ、羽根付き餃子よりも気に入った。

金春本館

それから小籠包。ここの小籠包は皮が厚めで、小籠包というよりもマイクロ豚まんと言った方が相応しいかもしれません。
こちらも肉汁成分多めで美味。でもどちらかといえば餃子の完成度の方が上かな、という気がします。

金春本館

点心以外の料理もいただいてみました。こちらは軟骨の四川風炒め。
軟骨の唐揚げをタマネギと一緒に大量の唐辛子、花椒、ニンニクと炒めたもの。見た目はむちゃくちゃ辛そうですが、味はそこまでではなく、スパイスの香りと旨味が軟骨にガツン!と移っていてうまい。これ、好きな味。

金春本館

中華のお店で見かけたら頼まずにはいられない、海鮮おこげ。
目の前でジュワーとやってくれるお店も少なくないですが、ここのは最初から出来上がった状態で持ってきてくれました。
本来はパリパリのおこげが、海鮮のうまみをたっぷりと溶かし込んだ餡を吸ってしなしなになっていて...これもうまい。アツアツのうちにいただくのがポイントです。

金春本館

〆はチャーシュー麺(醤油)。麺は太めの緩縮れ麺でした。
万人受けする優しい味なんだけど、何とも言えないうまみが後を引く中華系醤油スープって、どうしてこんなにうまいんだ。歳を取るほど、こういうシンプルだけど奥深い味の良さが解っていきます。
これ、日常のお昼はこのラーメンと羽根付き餃子があれば、それで満足と言えそうな気がする。

金春本館

お腹いっぱい、調子に乗って食べ過ぎたくらい食べてしまいました。

餃子も良かったけど、それ以外の中華が侮れない本格派で、餃子目当てでなくても食べに来たい感じ。
羽根付き餃子だけなら個人的には歓迎がベストだけど、全体的な満足感は金春のほうが上かも。特に蒸し餃子、あれは良かった。

また食べに来たいと思います。今度は新館のほうにも行ってみたいかな。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:中華料理 | 蒲田駅蓮沼駅京急蒲田駅

投稿者 B : 22:58 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2016/12/12 (Mon.)

五反田 トラットリア ロマーノ

たまーにランチにパスタが食べたくなる日があるんですが、五反田はガッツリ肉の店は多いのにイタリアンのお店はあまり多くない。まあ五反田にそういう店が建ち並んでいてもちょっと不釣り合いですが(笑)、数少ない中でも個人的にイチ押しなのがこちら。

トラットリア ロマーノ

トラットリア ロマーノ

駅前の路地をちょっと入ったところにある、地下のお店。外からだと店内の様子が分かりにくく、入りづらい立地ですが、お昼時にもなると行列ができています。この辺でスパゲティ食べようと思ったら他には五右衛門か喫茶店くらいしかないし、まあそうなりますよね。

店内は五反田とは思えないオシャレさで(失礼)、地下にもかかわらず明るい空間が作られています。基本的に女性客中心だけど、思った以上に男性客が多い。

トラットリア ロマーノ

テーブル席もありますが、おひとりさま用のカウンター席からオープンキッチンが眺められます。若くて溌剌としたスタッフが手際よく料理を仕上げていく様子は、見ているだけで楽しい。

トラットリア ロマーノ

ランチメニューはこんな感じで、パスタ三種、ピザ二種、肉 or 魚のプレートからの選択式。基本メニューは決まっているけど、使われる具は日替わりなので、飽きずに楽しめます。

トラットリア ロマーノ

ランチを頼むと、おかわり自由のパン(バゲット&フォカッチャ)が出てきます。各席にオリーブオイルが置いてあって、自由にパンにつけて食べられます。
こうなってくるとパルミジャーノチーズとワインが欲しくなってきますが、お昼時なので自重(笑

ちなみにパンは肉魚プレートだけでなく、パスタやピザにもついてくるので、炭水化物の採りすぎ注意。

トラットリア ロマーノ

トマトソースのパスタ「ロッソ」。この日はラグーと野菜のトマトソースでした。
パスタは細麺のスパゲティーニ。茹で時間短縮のためでしょうが、程良くアルデンテでスルスル食べられます。味つけもちょうど良い。しかも並盛りでもその辺のイタメシ屋の大盛りくらいの分量があり、ゴロゴロ入った野菜もボリュームがあって、かなりの満足度。大盛り無料だけど、これは並盛りでも十分かもなあ。

カルボナーラもけっこう気になってたんですが、他のお客さんが頼んだのを見る限りではトマトソース同様に野菜多め。私はカルボナーラの具はパンチェッタのみのシンプルなのが好みなので、トマトソースで正解だったかな。

トラットリア ロマーノ

日替わりピッツァ「モンテ」。この日はサラミとほうれん草、ミニトマト、玉ねぎ、モッツァレラチーズがトッピング。こちらもなかなか具だくさんで美味しい。
どのメニューを選んでも旬の野菜がふんだんに使われているので、野菜不足になりがちな平日のランチタイムとしてはありがたい。

トラットリア ロマーノ

こちらはお肉のプレート、豚肩ロースのソテーと季節野菜のロースト。
野菜も日替わりですが、この日は根菜がゴロゴロ入っていて野菜だけでお腹いっぱいになりそうなボリューム感。

トラットリア ロマーノ

豚肩ロースのソテーは、分厚いのが二枚。この圧巻のボリュームでランチ 1,000 円というのは驚くべきコストパフォーマンス。これ一枚分で 1,000 円取る店もザラにあるというのに。
ジューシーな豚ロースをバルサミコソースでサッパリいただけます。ただ、これ二枚は大の大人でもけっこうな量で、一枚半もあれば十分かも...とさえ思います。

お店の雰囲気とは裏腹に、リーズナブルでボリュームたっぷりのイタリアンランチ。雰囲気も味も良くてオススメ。
ただランチは全体的にボリュームが多くて途中で飽きがちなので、複数人で行ってシェアするのが正しいあり方のような気がします。

今度はディナータイムにも行ってみたいんだよなあ。

関連ランキング:ビストロ | 五反田駅大崎広小路駅大崎駅

投稿者 B : 23:59 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2016/12/07 (Wed.)

「3 月のライオン Cafe」に行ってきました

東京駅方面に出る機会があったので、気になっていたカフェに足を運んでみました。

3 月のライオン Cafe

3 月のライオン Cafe

『3 月のライオン』、私は原作コミックは読んでいなかったのですが、読んでいる友人の評価がとても高くて気にはなっていました。そしたらこの 10 月からアニメ化されるというじゃないですか。しかも制作はシャフトということで、これは観るしかない。で、観てみたら期待以上に面白いじゃないですか。シャフト的な記号化された表現が少なく、原作(読んだことないけど)の世界観を尊重して丁寧に映像化された感じ。ストーリーは重めなんですが、決して居心地の悪くない世界観が気に入ってしまいました。

その『3 月のライオン』のコラボカフェが 10 月から丸の内の KITTE 内「マルノウチリーディングスタイル・カフェ」で営業中。近年、アニメに限らずプロモーション目的のコラボカフェ、増えてますよね。

3 月のライオン Cafe

店内は明るく柔らかい雰囲気で、中に『3 月のライオン』のキャラクターイラストや川本家のネコたちのぬいぐるみがたくさん飾られています。
そして、お客さんは 90% 女性...これは、個人的には居場所がない感じ(;´Д`)ヾ。男性もけっこう読んでる/観てる作品だから三割くらいはいるかなーと思っていたけど、甘かった。

3 月のライオン Cafe

コラボメニューはこんな感じ。『3 月のライオン』は一応将棋マンガだけど、劇中での扱い的には将棋よりも料理の方が登場頻度が高いというくらい、食べ物が劇中で重要な役割を果たしています。しかも、どれもやたらうまそう。個人的にはグルメマンガの一種と位置づけています(ぉ
そんな劇中に登場する料理を再現、あるいはイメージしたメニューが満載。登場する料理は基本的に家庭料理系なので派手なメニューはありませんが、どれも美味しそうです。

3 月のライオン Cafe

で、オーダーしたのは「あかり特製とろっとろの角煮ごはん」。私は原作を読んでいないのでアニメにはまだこのメニューは登場していませんが、写真の角煮がやたらおいしそうだったので。
これまでアニメに登場した中で印象的だったのはやっぱり「豚コマカレー(温泉卵のせ)」ですが、お店のカレーだと想像するような「家庭のカレー」の味にならないだろうな...と思って角煮にしました。豚コマカレーに例の唐揚げも載ってたら間違いなくカレーにしただろうけど!(笑

3 月のライオン Cafe

白いごはんの上にごろごろっと角煮。添えられているのはほうれん草と大根のナムル。
角煮はけっこうインパクトある大きさで、見た目以上に柔らかい。欲を言えば味がもっとじっくり浸みさせたほうが好みだったのと、もっとつゆだくでもいいのよ、とは思いましたが、おいしい。あのふんわりしたあかりさんの声で「さあ、めしあがれ~」と脳内再生しながら食べればさらに幸福感に包まれます(何

3 月のライオン Cafe

オリジナルメニューを頼むとおまけでキャラクター缶バッヂ(中身はランダム)がついてくるわけですが、私はあかりさんを一発ツモ。
あかりさん、家庭的で母性的で、いいですよね。何より「ふくよかな体格には目がない」というキャラクター設定が素晴らしいじゃないですか(ぉ

3 月のライオン Cafe

店内にはメインキャラクターのパネルや、

3 月のライオン Cafe

アニメのコマのプリントが飾られていたり、

3 月のライオン Cafe

原作の羽海野チカ先生やシャフトの新房昭之監督、

3 月のライオン Cafe

豪華キャスト陣の直筆サインなども展示されています。
しかしメインキャラの中に入っているのが二階堂ではなく三角。何故。

3 月のライオン Cafe

12 月ということで、お店の中はクリスマス色が強くて全体的に幸せな雰囲気に包まれていました。陰のある作品だけど、食事のシーンはいつも幸せなんですよね。

期間終了までの間にもう一度くらい来たいなあ。そしたら今度はカレー食べよう。

3 月のライオン 1 [Blu-ray]

B01M0LPHOD

投稿者 B : 23:33 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2016/11/06 (Sun.)

米沢牛焼肉 仔虎

こどグル宮城巡礼の帰り際に仙台で食べたランチは焼肉でした。

焼肉 仔虎

仔虎

聖地巡礼で牛タン・海鮮と堪能し、笹かま・ずんだ・萩の月はお土産で買ったので(笑)主要な宮城名物は網羅したし、でも最後まで美味しいもので締めたいし...ということで選んだお店。現地ではけっこうな有名店なようで、駅前店のほうを予約しようとしたらランチは満席でした。S-PAL(仙台の駅ビル)のほうは予約なしということで、開店と同時に突撃(笑

仔虎

店内は小ぎれいかつ落ち着いていて、焼肉屋というよりはオシャレなレストランという雰囲気。開店と同時に入りましたが、我々が入店した直後にすぐ満席になってしまったので、開店待ちして良かった。

仔虎

ランチはこんな感じで、焼肉以外にも牛丼、カレー、ローストビーフ丼...迷わせるなぁ~っ。どれもうまそうだし、これはちょっと選びきれない。

仔虎

ともあれランチビールで落ち着こう。ここはどれを食べても絶対ビールが欲しくなるメニューしかありません。
休日であっても、昼ビールってちょっと背徳的な味。

仔虎

というわけで、牛丼ランチ。セットのわかめスープを追加料金でカルビスープに変更済み。
おおお、これはなかなか豪華じゃないですか。

仔虎

牛丼は、一見糸こんにゃくの分量が多めに見えるけど、肉の存在感がすごい。いい焼肉屋の肉を牛丼に使うとこんなにジューシーになっちゃうのか!
今まで食べてたチェーン系の牛丼を牛丼だと思っていた自分を恥じたい勢いの、今まで食べた牛丼とはレベルの違ううまさ。

仔虎

カルビスープは辛さが選べましたが、とりあえず無難に中辛にしてみました。
こちらも、肉のうまみがたっぷりスープに出ていてとても美味しい。あまり辛くしない方がこの旨味を堪能できていいかもしれません。

仔虎

続いてローストビーフ丼。
っていうか、こんな霜降りのローストビーフ見たことないんですけど!
ローストビーフというよりも、特上カルビのタタキといったほうが適切な、ジューシーなローストビーフ丼。これもうまい。
店員さんが「ランチでは真っ先に品切れになる」と言っていたのが納得の味です。

仔虎

そして、定番焼肉ランチ。
このお盆に載っているポテサラやわかめスープも侮れない味なのですが、

仔虎

肉はこちらの米沢牛のカルビ・ロースと米沢豚カルビがそれぞれ二枚ずつ。

仔虎

で、ランチのライスを追加料金で米沢牛カレーに変更できるというので、迷わず変更するという暴挙に出るわけです(笑。
これがですね、このカレーだけで専門店にできるんじゃないかというほどにしっかり煮込まれたカレーに、トロットロの米沢牛のすじ肉がうまいのなんの。その辺のカレー専門店が裸足で逃げ出すレベルです。付け合わせが福神漬けでなくキムチ、というのも焼肉屋らしくていい。

このカレーはやばいわー。カレーには一家言あるつもりの私もこれにはやられました。

仔虎

このうまいカレーと米沢牛の焼肉が一緒に味わえる贅沢。
うーん、聖地巡礼で回ったお店に負けてないぞここは。

仔虎

ついつい調子に乗ってビールからハイボールに進んでしまうわけです。

仔虎

お酒が来ちゃったら仕方ない、肉の方も追加で米沢牛のカルビとロースをおかわりしてしまったりするわけです。

仔虎

焼肉・カレー・牛丼・ローストビーフ、どれをとっても隙がない。ここは紛いのない名店でした。
ついつい昼間っから飲み食いしすぎてしまった。

仙台に来たら立ち寄りたい店リストに加えておこうと思います。
今度は是非、夜にじっくり肉を焼きたいところです。

関連ランキング:焼肉 | 仙台駅あおば通駅宮城野通駅

投稿者 B : 21:29 | Curry | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2016/11/01 (Tue.)

宮城県三陸女川町の海鮮五色丼

「地のものを食べられる喜び。そのかけがえのないおいしさが、俺の心と身体にみなぎっている」

女川港

ドラマ『孤独のグルメ』東北出張編の聖地巡礼は、もう一つのサブタイトルとなっている海鮮五色丼をいただきに、牡鹿郡の女川(おながわ)町へと足を伸ばしてきました。
私は宮城というと仙台~松島までは来たことがありましたが、女川は松島からさらに東。東北地方のリアス式海岸の南端に位置する町で、かの東日本大震災において最も甚大な津波被害を受けた地域の一つでもあります。劇中でも、震災からの復興に寄せたメッセージが強く感じられる回でした。

活魚ニューこのり

ニューこのり

今回の聖地「ニューこのり」も、当時この町で営業していた「このり」という食事処が震災の被害で営業できなくなってしまい、この場所にプレハブで作られた仮設店舗「ニューこのり」として営業再開した、という経緯をもつそうです。ドラマに登場したときには「なんでプレハブ!?」と思いましたが、そういうことだったんですね。震災の被害を受けてそのまま廃業するしかなかったお店も少なくなかったでしょうが、このお店は今でも力強く営業を続けています。

よし、たのもー。

ニューこのり

っていきなりコレか!(笑

このお店の名物、丼からはみ出す勢いの穴子丼をアピールするポスターが、強烈なインパクトをもって出迎えてくれました。

店内はほぼ満席に近い大盛況。お昼より少し早い時間に到着したわけですが、我々が入店した直後に行列ができ始めて、もうちょっと遅かったら危なかったあ。萃萃でギリギリ牛たんにありつけたことといい、今回はツイてる。

ニューこのり

どれどれ。
特選海鮮丼、極上海鮮丼...メニューが豊富すぎて目移りしてしまう。
う~ん、あれも気になるよなあ...迷わせるなあ~!

やはり海鮮丼だろう、ここは。
だが、組み合わせのセレクトが難しすぎる。

ニューこのり

とにかく、昼間だけどビール喉ごしを良くする液でここまでの旅の疲れを癒やします。
青みがかったグラスに注ぐとあんまり美味しそうに見えないのがちょっと惜しい。でも、昼酒ってうまい。

ニューこのり

きた!海鮮五色丼、まさにオールスター。
素晴らしい海鮮曼荼羅。

見るからに豪華な丼に加えて、豚汁(あら汁ではなかった)と小鉢に牡蠣の煮浸しっぽいのがついてくるのが嬉しい。

ニューこのり

ん?ウニ、イクラ...なんだ、六色以上あるぞ。
なんて幸せな計算ミス。

どのネタも新鮮でプリプリ、トロトロ。
三陸の海鮮って、日本海とも江戸前とも違う、雄大な海の恵みを感じます。

いろんな海の幸がご飯の上で和やかに集う海鮮丼は、この店の景色そのものだ。
俺は今、この店の海鮮の一部になって、この店のたくましさをいただいている。

ニューこのり

海鮮五色丼からの、穴子丼。フッ。

こんなに充実感のある穴子天ぷら、かつて食べたことがあったろうか。いや、ない。
もったいぶることなく、食べたいだけ穴子を食べられる贅沢を、今俺は手に入れた。

熱くてほわほわ、揚げたての穴子のうまさといったら。
これは今までに食べた穴子天の中でベストかも。
そしてタレがいい。米と穴子をがっちり結んでる。

ニューこのり

そして五郎's セレクション外から、女将さんお勧めの今が旬・カキフライ定食もいただいてみました。
自家製っぽいソースとタルタルソースの両方が楽しめる、というのが嬉しいじゃないか。

ニューこのり

穴子天と同じく、このカキフライも揚げたてでサクサク・ほわほわ。
そういえば以前松島で生牡蠣を食べたときも思ったけど、三陸の牡蠣って西日本のと比べると小ぶりだけど、その分ギュッと旨味が詰まってるんだよなあ。

あ~、こっちも負けず劣らずおいしいや。

ニューこのり

本当はここでゴローちゃんが食べてた殻ウニに行きたかったところが、牡蠣だけに夏季しかだしていないとのことで(ぉ)普通の生ウニ。
ウニ好きとしては海鮮丼分に加えての替えウニ。これぞ大人食い。

おぉ~、きたきたきた!磯が攻めてきた。
青く透明な三陸の海が見えたぞ。

ニューこのり

「ふらっと QUSUMI」を見てどうしても食べたいと思っていた、クジラ刺。
クジラの刺身って今までにも何度か食べたことがあるけど、こういうトロッとしたタイプは初めて。それにトイ(皮の下にある脂身)も初めて。こういうのは産地近くじゃないと食べられないからなあ。

ニューこのり

赤身とトイを重ねて、生姜醤油にちょっとつけていただきます。

見た目通りにトロッとした赤身に、最初はコリッとした食感なのに口の中で溶けてくるトイの食感がたまらない。
今までに食べたどんな肉とも魚とも違う感覚だ。

この複雑に入り組んだ味、たまりませんな。
舌の上がリアス式海岸になりそうだ。

ニューこのり

店内にはこの店を訪れた有名人のサインが飾られていました。
全て「ニューこのり」になってからのもので、震災後に応援を兼ねてこの地を訪れた方が多いことが分かります。

って、松重さんのサインが見当たらないけど...。

ニューこのり

と思ったら、その下にちゃあんと松重さん・久住さん・女将さん役の余貴美子さんのサインがあるじゃないですかー。
しかもよく見るとその後ろに、サザンオールスターズの桑田佳祐さん・原由子さんのサインまで!これは豪華。

なお「ニューこのり」は近日中に女川駅近くに移転して再オープンするとのこと。既に新店舗の上棟式を終えているとのことなので、年明け~春くらいですかね。いつの日かまた、新しいお店のほうにもお邪魔できるといいなあ。

食った食った。
我が胃袋も、本日大漁だ。

ごちそうさまでした。

孤独のグルメ Season5 Blu-ray BOX

B017D5ESCK
※Blu-ray BOX には「真夏の東北・宮城出張編」は収録されていません

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 女川駅

投稿者 B : 23:35 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2016/10/12 (Wed.)

羽根付き餃子 蒲田 歓迎

先日行った你好が美味しかったので、これは蒲田の羽根つき餃子御三家をひととおり試すしかない!と思い、横浜方面に所用があった帰りに蒲田に寄り道して餃子を食べてきました。

歓迎 本店

蒲田 歓迎

你好の次は「歓迎(ホアンヨン)」です。なんだか好意的な名前のお店が続きますが(笑。
JR 蒲田駅から見ると大田区役所を過ぎて、駅前図書館・消費者生活センターと同じビルに入居しているというすごい店。しかし公営というわけではありません(ぉ

このお店も蒲田周辺に数軒支店を持っているようです。

蒲田 歓迎

餃子で有名とはいえ、お店自体はれっきとした中華料理店で、昔ながらのオーソドックスな中華の店構え。

この日は休日ということもあり、店内はすごい人。家族連れだろうとお一人様だろうと関係なく相席にさせられているアバウトさが中華料理屋っぽくていい(笑。
店内には、来店した芸能人の写真が所狭しと貼り出されています。

蒲田 歓迎

ランチタイムだったし、なんか麻婆豆腐が食べたい気分だったので、麻婆豆腐定食をいただいてみました。
この定食には餃子はついていませんが、ライスに野菜、ザーサイ、玉子スープまでついて 700 円ならコストパフォーマンスは上々。

蒲田 歓迎

麻婆豆腐は、すごい辛い!とか山椒の刺激が!とかいうタイプではなく、これまたオーソドックスなもの。
でも見た目通りの麻婆豆腐らしい味で、期待を裏切らない。粗挽き肉がたっぷり入っていて、けっこう食べ応えもあります。

蒲田 歓迎

そして餃子は単品でオーダーしてみました。
見た目からして、この照り!油をケチらずに使ったザ・中華餃子。

你好よりもパンチの効いた味で、極めつけは肉汁!ブワッなんてもんじゃなくて、ブシャーッと出てきます。肉汁じゃなくて別のものが添加されているんじゃないかと思うほど(笑
でもこれ美味しい。你好よりもこっちの餃子のほうが好きかも。

蒲田 歓迎

調子に乗って焼売まで頼んでしまいました。
これまた餃子と同様に肉汁たっぷり、食べ応えある焼売。美味しいけど、餃子のインパクトほどではないかな。

ちなみにここ、円卓が狭めな割にみんなけっこうたくさん頼むので、出てきた料理や空いた皿が円卓の回転部にどんどん載せられてしまい、相席だと餃子用の醤油や酢を取りたいのに円卓が回せないという事故が発生しがちです(汗。餃子はしっかり味がついていてそのままでも食べられますが、他のお客さんに声をかけてこの満載された円卓を回すのはちょっと勇気が要りますね(笑

ラーメンとか天津飯とか、他にもいろいろ食べてみたくなりました。
このへんでご飯を食べる機会はあまりないんだけど、チャンスがあれば大人数で円卓を囲んでみたいなあ。

関連ランキング:餃子 | 蒲田駅京急蒲田駅蓮沼駅

投稿者 B : 23:53 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2016/10/06 (Thu.)

五反田の隠れた名店「スワチカ」

ある日、五反田近辺の店でお昼ごはんを食べていたときのこと。
隣の席のサラリーマン三人組の会話が耳に入ってきました。

「メンチカツなら、俺イイ店知ってんだよ。カウンター席しかない古い店なんだけどさあ...」

メニューに迷ったときの井之頭五郎じゃないけど、こういう話にはつい反応してしまいます。有名店もいいけど、こうして付近で日々生活している人のクチコミにこそ名店あり。
私は「カウンターしかない古いメンチカツの店」でピーンと来ましたね。以前から店の前を何度も通りかかっているにもかかわらず、中の様子がよく見えなくて入ってみる勇気がなかなか出なかった店。こういう店は大当たりか大ハズレかどっちかだろうと思っていたけど、これは行ってみるしかない。

スワチカ

入口からして狭くて、店先にはメニューと値段が書かれた看板が出ているのみ。派手さが全くないので、ここが飲食店だと気づかずに通り過ぎる人も少なくないでしょう。看板がなければ古い床屋か何かだと勘違いしそうなくらいです。でも、この周辺でカウンターのみで揚げ物を出している古い店、といえばここしか思い当たらない。
今までこの敷居をまたぐ勇気が出せなかったけど、あのおじさんがあんなに熱心に語っていた店ならきっと美味いに違いない。入ってみようじゃないか。

スワチカ

スワチカ

自動ドアを開くと、本当にカウンターしかありません。しかもカウンターと壁の間も狭くて、人がすれ違うことすら難しいほど。満席の際にお客さんが入れ替わるときは、先客が出るのを待ってからか、後から入るお客さんがいったん店の奥まで行ってから先客が帰る、という客同士の連携プレーが求められます(笑
メニューは定食屋としての定番ものばかり。しょうが焼に 1,200 円というのは決して安くはありませんが、この界隈のランチの相場から言えば全般的にはまあ普通。

カウンターの中には、すごく細かく気を配ってくれるおばあさんと、やや寡黙な雰囲気のおじいさんの二人が働いています。この老夫婦が長年切り盛りしてきた店なんだなあ...と思っていたんですが、後で調べたらこのお二人は夫婦ではなく兄妹(あるいは姉弟)なんだとか!

スワチカ

ここで頼むのは、やっぱりあのおじさんのオススメ(といっても私に勧めてくれたわけじゃないけど)に従って、メンチかつ。
盛りのいいご飯に豚汁が付いてくるのが嬉しい。

スワチカ

どーんと大ぶりメンチかつ。てっきり小さめのメンチが二、三個載ってくるかと思っていたので、けっこうなインパクトがあります。
ちなみにメニューにあった「スワチカランチ」は、これよりも小ぶりのメンチ一つとライスがワンプレートに載ったリーズナブル版という感じ。

スワチカ

このメンチ、見た目以上に中身がやばい。粗挽き肉からブシャァァッ!と溢れ出る肉汁。衣の厚さや揚がり具合もちょうど良いし、これは本当にうまい。
この界隈のメンチカツだとあげ福もレベルが高かったですが、値段まで考えるとスワチカのほうが上かもしれません。

スワチカ

メンチかつにちょっと感動してしまったので、しばらく通ってみました(笑

揚げ物がうまい店なら期待せざるを得ない、アジフライ。
これも外はカラッ、中はフワッとしたアジフライのお手本のような仕上がり。私の中で歴代最上級である鳥越まめぞにはさすがに及ばないけど、日々食べるランチとしては十分すぎるレベルの高さ。

スワチカ

それから、けっこうな割合のお客さんが頼んでいるのがカレー。実は「スワチカ」という店名はインドのカレーパウダーの名前から取ったものだそうで、この店自体がもともとカレー専門店としてオープンした経緯をもつとのこと。どおりで聞き慣れない店名だと思いました(笑
そんな店ならカレーがうまくないはずがない。普通のカレーライスとかつカレーライス、メンチカレーライスのバリエーションがありますが、ここはカレーと同時にとんかつの様子もうかがいたいと思い、かつカレーライスをオーダー。

スワチカ

こういう店のカレーでは、カツカレーにするとルウ側には肉が入ってこないことも多いけど、ここのかつカレーはルウ側にも角切りポークをしっかり入れてくれるのが嬉しい。
ルウは「洋食屋のカレー」という感じの、辛味と酸味のバランスが良いやや上品めの味つけ。そうそうこういう味のカレーを期待していたんですよ私は。意外とカレーの激戦区でもある五反田だけど、この店は他の名店と渡り合えるレベルだと思います。さすがは元専門店だけある。

とんかつはサクッと軽めに上がっていてとても美味しいんですが、メンチのインパクトにはちょっと敵わない印象。ここはメンチカレーが正解じゃないでしょうか。

スワチカ

そしてポークソテー。分厚い豚の一枚肉をソテーした上に、トマト系のソースをフランベしてかけてくれる手間のかかった一品。
揚げ物系のメニューが多いけど、焼き物もいいじゃないですか。他のメニュー同様、いい豚肉を丁寧に扱っているのがよく伝わってきます。
ちなみにしょうが焼はこのポークソテーと同じ肉をソテー+ソースじゃなくてしょうが焼にしたもののようです。この肉を使っているなら、そりゃあしょうが焼にしては高いわけだわ。

この店は本当に気に入りました。外食しているというよりは、実家近くにある昔から顔なじみの店に食べに来たかのような落ち着き感。それでいて、手を抜かず丁寧に作られた料理。有名店で豪華ランチもいいけど、毎日食べたいのはこういう味なんですよ。
もしいつか『孤独のグルメ』に五反田が登場するとしたら、私は間違いなくこの店かグリルエフが選ばれるべきだと思う。古き良き五反田が味わえる、末永く続いてほしい名店です。

関連ランキング:定食・食堂 | 大崎広小路駅五反田駅大崎駅

投稿者 B : 23:00 | Curry | Gourmet | Lunch | コメント (3) | トラックバック

2016/09/29 (Thu.)

自由が丘 黒毛和牛ハンバーグ&ステーキ 腰塚

先日自由が丘方面に出かける用事があったので、こちらのお店でランチをいただいてきました。

腰塚ハンバーグ&ステーキ

腰塚ハンバーグ&ステーキ

自由が丘にある、和牛専門の精肉&焼肉店として有名な「腰塚」が駅前ロータリーすぐのところにハンバーグとステーキのお店を出していたとは。焼肉店のほうはお値段的にちょっと敷居が高いですが、ハンバーグ&ステーキならば多少ハードルが下がります(笑。入口の看板からしておいしそうなオーラを醸し出していたので、吸い込まれるように入店。

腰塚ハンバーグ&ステーキ

ハンバーグにするかステーキにするか迷った挙げ句、「迷ったら、両方」の法則発動で腰塚ステーキ&タルタルハンバーグのコンビネーションをオーダー。ランチにしてはちょっとお高いけど、自由が丘まで食べに来ることもあまりないので、ここはちょっと奮発。

腰塚ハンバーグ&ステーキ

まずはステーキ。焼き加減はレアでお願いしてみました。
見るからにこれはいい肉。脂少なめの引き締まった赤身で、重くなくいくらでも食べられそう。ハンバーグがあるとはいえこのステーキも二倍くらいの量があっても全然食べられるんじゃないかと思います。

腰塚ハンバーグ&ステーキ

続いてハンバーグ。表面だけカリッと焼かれているけど中はまだまだレアなのが、肉の谷間から見える赤さから伝わってきます。そしてナイフを入れなくても内側から溢れんばかりの肉汁感。これは見るからにうまそうだ。

腰塚ハンバーグ&ステーキ

ソースはデミグラスと和風から選べます。ここは肉そのものの味を引き出してくれる和風で。
基本はおろし醤油だけど、そこにうずらの黄身だけ載ってくるというのが嬉しい。

腰塚ハンバーグ&ステーキ

ハンバーグは肉の食感が味わえる粗挽き。肉自体にしっかりめの味つけがされていて、何もつけなくてもおいしくいただけます。おろし醤油をつけるとむしろさっぱりいただける感じ。
肉自体がいいところに食感も味つけもしっかりしていて、かなり「肉食ってる感」を味わえます。これはうまい。

ここのところ、さわやかインスパイア系のハンバーグにハマッていましたが、久しぶりにこういう王道ハンバーグもいいですね。自由が丘のお気に入り店リストに加えたいと思います。

関連ランキング:ステーキ | 自由が丘駅奥沢駅九品仏駅

投稿者 B : 00:29 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2016/09/20 (Tue.)

元祖羽根付き餃子 京急蒲田 你好

久しぶりに蒲田方面に行く用事があったので、以前から行きたいと思っていたお店でお昼ご飯をいただいてきました。

元祖羽根付き餃子 蒲田ニーハオ

ニーハオ

「餃子の街」と言えば宇都宮か、最近では浜松も有名になりましたが、東京で餃子といえば蒲田も激戦区として知られています。「羽根つき餃子」はこの蒲田ニーハオが発祥とも言われているほど。私は以前は蒲田が乗り換え駅だったにも関わらず、何故か今まで蒲田で餃子を食べる機会がありませんでした。でも今回はチャンスだと思い、ようやく訪店。

蒲田といってもほぼ京急蒲田駅前なので、JR からはちょっと距離があります。
羽根つき餃子発祥の店というからには年季の入った店構えを想像していましたが、行ってみるとなんか新しくてキレイな店舗で驚きました。どうやらこの春リニューアルしたばかりとのことです。

ニーハオ

お昼時だったのでランチメニューから担々麺セットを注文。
ほどなくして、想像したとおりの担々麺と餃子が出てきました。

ニーハオ

担々麺は、辛味の挽肉とチャーシュー、煮玉子、それに青梗菜ともやしで具だくさん。スープは濃厚ゴマ味。麺はまあ普通だけど、あまり辛すぎず全体的にはとても好きな味。会社の近くにあったら通っちゃう系の定番担々麺。

ニーハオ

そして元祖羽根つき餃子。こういう見た目の餃子も今や全国的に見られるようになったけど、その発祥の店に来たとなると、心して食べなくてはならない気がしてきます。
まあ羽根といっても餃子と一緒に小麦粉か片栗粉を水に溶いたものを焼き固めただけのものなんですが(笑)、このパリパリ感と餃子の皮のモチモチ感のコントラストを最初に見出した人は表彰モノだと思います。

ニーハオ

羽根のおかげで大きく見えているけど、餃子本体はむしろ小ぶり。でも中の具は白菜やネギの食感が良く、ジューシーな肉汁がギュッと閉じ込められていて、これはおいしい。もちろん羽根のパリと皮のモチのコンビネーションもいい。ついランチセットとは別に餃子だけ追加注文したくなるうまさ。

今まで、この店に長年足を運ばなかったのを後悔しました。
蒲田に他にも複数軒、それと大森や池上、目黒にも支店があるようだから、近くに行く機会があればそちらにも行ってみようかと。
あとこの蒲田には他にも羽根つき餃子の名店が数軒あるので、今度この辺に来るときには巡ってみようと思います。

関連ランキング:餃子 | 京急蒲田駅蒲田駅糀谷駅

投稿者 B : 00:28 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2016/09/12 (Mon.)

ひさびさの西麻布 豚組

久しぶりに、西麻布の豚組へとんかつを食べに行ってきました。

西麻布 豚組

西麻布 豚組

六本木ヒルズの地下に豚組食堂ができて以来、豚組のとんかつが食べたいと思っても駅近の利便性につられて豚組食堂にばかり行ってしまっていたので、西麻布の本店のほうに来たのは実に数年ぶり。ヒルズらしくオシャレでキレイな豚組食堂もいいですが、古民家を再利用したこの店舗のほうも落ち着けていいですね。

西麻布 豚組

この日の銘柄豚は、沖縄の琉香豚、岐阜のなっとく豚、長野の幻豚、黒毛奄美の島豚。しかしお店に行ったのがお昼少し遅めの時間帯だったので、銘柄豚はほとんどが売り切れ(;´Д`)。この店に来るお客さんはいい肉を食べにわざわざ来ている人ばかりとはいえ、高いものから順に売れていくというのもすごい話です...。

西麻布 豚組

しばらく来ていない間に、新メニューとして氷室熟成させた新名物「サブマリン」とリブロースを使った「デ・リュックス」というのが追加されていました。これらも無茶苦茶気になるんですが、ほとんどが売り切れ(;´Д`)。もっと早い時間に予約とれば良かった...。

西麻布 豚組

ともあれ、注文してとんかつが揚がってくるのを待ちます。
その間に前菜的に出されたのが、この茄子のおろし和え。9 月とはいえまだまだ暑いので、こういうさっぱりした一品は嬉しい。しかも茄子に味がよく染みていて、うまい。
とんかつが出てくるまでの間をつなぐどころか、あっという間に完食しました(ぉ

西麻布 豚組

とんかつの準備ができると、ご飯・赤だしに加えて山盛りのキャベツ(取り分け制)と、

西麻布 豚組

漬物が先に提供されます。いぶりがっこが入っているのがまた嬉しい。

西麻布 豚組

そして、とんかつ。
まずはフィレかつから。銘柄豚が売り切れだったのでレギュラー品だけど、顎に力を込めなくても噛み切れてしまう柔らかいフィレ、とてもおいしい。

西麻布 豚組

それからロースとんかつの 3cm 超厚切り。こちらもレギュラー品です。
久しぶりの超厚切りとんかつ、やっぱり見ているだけで幸せになれます。

西麻布 豚組

揚げるのに通常よりも時間を要するという、この超厚切り。薄めの衣が分厚い肉を引き立てています。
まずは塩で一切れ。その後にソースやカラシで味を変えて一切れ。ロースの割には油がしつこくないので、塩よりもソースのほうがうまみが引き出せる感じ。

西麻布 豚組

銘柄豚の中で「なっとく豚」ロースの通常の厚さのものだけまだ残っているということで、試してみました。
レギュラー豚のロースと比べると、肉自体の味の濃さや肉汁の出方が全然違う。レギュラー豚も十分おいしいと感じたけど、これを食べてしまうとレギュラーが物足りなく感じますね。
「なっとく豚」ってどのへんが納得なんだろう...?と思ったけど、本当に食べて納得(笑)。

西麻布 豚組

〆のデザートは黒蜜プリンとホットウーロン茶。
おいしかったとんかつランチをしみじみと振り返りつつ、満足のひととき。

ごちそうさまでした。
今度はサブマリンやデ・リュックスも食べてみたいなあ。

関連ランキング:とんかつ | 乃木坂駅六本木駅表参道駅

投稿者 B : 22:29 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2016/09/05 (Mon.)

五反田「路地裏」の激辛牛すじ煮込定食

五反田の東急池上線ガード下に、以前から気になっていた場所がありました。数年前にガード下が整備されて「桜小路」と呼ばれる飲み屋街になっていたんですが、そこが妙にうまそうなオーラを発していて。でもこの辺はもともと風俗店なんかもあったエリアで近寄りがたさを感じていたんですが、とりあえずランチならと思って(笑)意を決して行ってみました。

路地裏

足を踏み入れてみれば、そこはけっこう小ぎれいな空間に小さな居酒屋が乱立している、想像通りのマニアックエリアでした(笑。

この↑昼間っから赤提灯を煌々と輝かせている居酒屋は、その名も「路地裏」というお店。どうやら品川駅港南口のカオスエリアにその名の通り「路地裏」の本店があるようですが、近くは何度も通っているけど入ったことはなかったなあ。ここはその支店とのことです。

居酒屋 路地裏 五反田店

路地裏

ランチメニューはこんな感じ。正しい居酒屋の昼定食、という趣だけど、メニューのこのポップなフォントは一体(笑

カルビとかピビンパといった焼肉屋系のメニューが目立つので韓国系のお店なのかと思ったら、働いている店員さんは軒並み東南アジア方面っぽい顔立ち、という謎仕様(ぉ。
ま、そのへんは気にせず注文します。

路地裏

メニューの冒頭に書かれていた「激辛牛すじ煮込定食」にしてみました。
「来店初めてなら迷わずこれで!」と言われたら頼むしかないでしょう。

大盛り気味のご飯に味噌汁、メインの牛すじ煮込、サラダ、お新香といった組み合わせ。
安いにしてもちょっと量は少ないかなという気もするけど、まあこんなもんか。

路地裏

この真っ赤な牛すじ!見るからに辛そうです。

食べてみると、口に入れた瞬間は汁に溶け出した牛肉のうま味と脂の甘味を感じるけど、後から辛さが追いかけてきます。そして少し間を置いて全身からほとばしる汗。
うわあ、これは辛いわ。でもうまい。辛いのに箸が止まらなくなって、大盛り気味に感じた白飯があっという間に空いてしまいました。
辛い物好きを自認する私でもさすがに汁までは飲み干せなかったくらい辛い(というより自分自身の熱さに耐えられない)けど、中毒性のあるうまさ。すじ感はありつつとても柔らかい肉もまたいい。

出てきた瞬間は「これっぽっち?」と思ったけど、大盛りご飯のせいもあってお腹いっぱいになりました。
これだけ牛すじがうまければ、水曜限定の牛すじカレーも期待できそうだなあ。近くのホットスプーンは最近人気が出ちゃってお昼時は行列だし、カレーがおいしければこっちで牛すじカレーを食べるというのもアリかな。

関連ランキング:居酒屋 | 五反田駅大崎広小路駅大崎駅

投稿者 B : 23:20 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2016/08/06 (Sat.)

練馬桜台 久松湯からの唐辛子餃子

「俺にとって人生の得といったら、これしかない」

久松湯

ここのところ出張等が続いていてですね。身体的にもけっこう疲労が溜まってきてます。そうなるとゆっくり温泉にでも浸かりに行きたくなるところですが、なかなかそうもいかない。そうなると、『昼のセント酒』の聖地巡礼がてら、ゆったりできそうな銭湯に行くのがちょうど良さそうじゃないですか。全 12 話放送されたドラマの中でも、いちばん来てみたいと思っていたのがここ、第 7 話に登場した桜台の「久松湯」。年季の入った施設が多い銭湯界にあって、数年前にデザイナーズ銭湯としてリニューアルしたばかりの、明るくキレイな銭湯です。建物からして本当に美術館と見まがわんばかりの美しさ。

練馬区桜台の天然温泉 久松湯

久松湯

番台ではなくフロントと呼びたくなるような、ちょっとしたホテル然としたエントランスをくぐると、大きな窓からたっぷりと光を取り込んだ、開放感ある浴室に続きます。日替わり風呂、ジェットバス、電気風呂、水風呂、サウナ(別料金)、そして露天風呂。スーパー銭湯ほどじゃないけどゆっくりいろいろ浸かれます。一般的な銭湯の密閉空間とは違う、心を広げてリラックスできる場所。これはいい。
客層も、他の銭湯に比べて若い人や家族連れが多く、常連でなくても気兼ねなく入れる雰囲気がいい。劇中でも「夜は混む」という話がありましたが、休日の真っ昼間でもだいぶ混んでいます。この快感は、家風呂では絶対に味わえない。だからわざわざ浸かりに来るんだよなあ。もう少しウチからアクセスしやすい立地だったら、自分も毎週末でも来たいくらいだ。

さて、さっぱりしたぞ。
よし、グイッと行きますか。

桜台の餃子家

はい発見!
ここが今回の本来の目的地である、餃子専門店。久松湯からは、本当に目と鼻の先にあります。

ああ、この疲れと汗を洗い流した肉体に、ビールを注ぎ込みたい。
しかしここは逸る気持ちを抑えて、焦らず、走らず。

桜台の餃子家

桜台の餃子家

外から見ても「餃子専門店」としか書かれていないけれど、ここの正式な店名は「桜台の餃子家」とのこと。
どちらかというと地元のお客さんの持ち帰りが主体なのか、店内は狭くてカウンター数席しかありません。
このこぢんまりとした佇まいは、どことなく富山のミッちゃん餃子を彷彿とさせるなあ。

桜台の餃子家

カウンターに着席。お客さんは私一人。ま、ランチにしてもちょっと遅い時間だしな。

メニューには餃子がたくさん。他にも中華そばやチャーハン、定食もあるのか。
なんかどれも超オーソドックスな感じでソソられるけど、ここは初志貫徹で餃子ビールで決まりでしょ。

桜台の餃子家

あ~!!うまい!!風呂上がりの、それも昼酒ってあたりがまたたまらない。

シュワッと爽やか、あー気持ちいい。
日々の愚痴や不満、悩みまでもが、泡と一緒に消えていくようだ。
しかし、俺がビールを愛するこの気持ちだけは、絶対に泡と消えることはない!

桜台の餃子家

そこにビールの最高の相棒、餃子!
サブタイトルになった唐辛子餃子は当然のこと、やっぱり本来のこの店の味も試しておくべきでしょう、ということで普通の餃子も一緒にいただいてみました。

桜台の餃子家

餃子自体は小ぶりだけど、薄めの皮のもっちり&パリッとした食感のコントラストがとてもイイ。
具もギュッとした凝縮感のある味で、これはうまい。ビールと一緒なら、何個でもバクバクいけそうだ。

桜台の餃子家

そして唐辛子餃子。ニュージェネレーション餃子のお出ましだ。

皮に唐辛子を練り込んでるのか。
練馬だけに、練りがいい。

いいですね、軽くつんときた。確かに唐辛子だ。最初の一口は普通の餃子っぽいんだけど、噛めば噛むほど唐辛子が追いかけてくる感じ。
これはビールが加速する~。

桜台の餃子家

いやあ、おいしかった。

帰り際、改めてふと店先を見てみると、今は亡き地井武男さんのサインが。「ちい散歩」でこのお店を訪れていたんですね。
確かに、ここは散歩のついでに餃子を軽くつまんで行きたくなる店だ。

銭湯も餃子も気に入ったし、近くに来る機会があったらまた寄りたいと思います。
ごちそうさまでした。

昼のセント酒 Blu-ray BOX

B01HHNO2TW

関連ランキング:餃子 | 桜台駅新桜台駅練馬駅

投稿者 B : 22:26 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2016/07/17 (Sun.)

あるでん亭 新宿センタービル店

ソニービルの閉館に伴い銀座本店の閉店(今のところ移転先未定)が決まってしまった、私の大好きなスパゲティ店「あるでん亭」。
なくなったら新宿店にお世話になるしかないかー、と思っていたところで、新宿方面に行く用事があったので、新宿センタービル店に初めて行ってみました。

あるでん亭 新宿センタービル店

あるでん亭

新宿センタービルは、新宿西口から東京都庁に向かう途中にある高層ビルのひとつ。
新宿西口ってヨドバシ~マップカメラ周辺はよく行くけど、そこから先の都庁方面って仕事でもなければ滅多に行く機会がないんですよね。

行ってみて初めて気がついたんですが、このお店、リコーイメージングスクエア(ペンタックス/リコーのショールーム)の真向かいにあるんですね。普段ペンタックスのカメラはあまり触っていないので、現地に来てみてそういえばそうだったなあ、と気がつきました。

あるでん亭

入口の自動ドアからして、銀座店同様にいろんなお客さんの写真が貼られています。
この中央の写真、かつて F1 のルノーやマクラーレンチームで活躍した(現在は日本国内でスーパー GT に参戦)ヘイキ・コヴァライネンじゃないですかー!そういえば銀座店でも写真を見かけたような。あるでん亭のファンなんですね(笑。

あるでん亭

店内は、ソニービルの一角に無理矢理作った感じの銀座店に比べると、席数も多くてスペースに余裕ある感じ。とはいえお店の前にもスツールが並んでいたとおり、ランチタイムは行列ができる人気店のようです。
カウンターにもお客さんの写真がぎっしり貼られています。私が知らないだけで世界的に有名な人、っていうのも混ざってるんだろうなあ。

あるでん亭

メニューは銀座店と同一のようです。
生クリームではなく卵黄だけで作ったカルボナーラや超王道のアリオオリオ(ペペロンチーノ)が有名なお店ではありますが、私が行った時間帯の他のお客さんのオーダーは「ポパイ」(ほうれん草ベーコンのオイル系スパゲティ)を頼んでいる人多め。お、それ頼んだことないし、気になるなあ。

あるでん亭

でもやっぱり初めて来たなら銀座店との味の違いを知っておきたいと思って、まずは食べたことのあるやつにしてみます。
王道中の王道、アリオオリオのベーコン添え。店内では通称「パンチェッタ」と呼ばれているもので、ペペロンチーノに特大ベーコンが 4 枚も載った豪華版。

あるでん亭

シンプルなだけに誤魔化しのきかないペペロンチーノだけに、美味しいお店とそうでないお店の差が出るところ。
味付けは銀座店とほぼ同じだけど、スパゲティのゆで加減が「アルデンテ」の中でありながら銀座店よりは微妙に柔らかめ、かな?一度しか食べていないので断言はできませんが。個人的には銀座店くらいの固さのほうが好きかな。

食べでのあるベーコンのおかげもあってお腹いっぱい。
ここのペペロンチーノはニンニクをしっかり使ってあるので、午後の仕事に向けてブレスケアかミント系は必須です(汗

あるでん亭

西新橋店、そういうのもあるのか!
4 月に既にオープン済みとのこと。地図を見ると虎ノ門と内幸町の間くらいにあるようです。タイミング的には、銀座店とは別のスタッフがやっているようなので、移転先というわけではなさそうです。
銀座から西新橋までは歩くとちょっと大変な距離なので、銀座に行ったついでというわけにはいかないかな。銀座店は銀座店で、近隣にいい物件が見つかると良いのですが。

とはいえ、機会を見つけて西新橋店にも行ってみようと思います。

関連ランキング:パスタ | 都庁前駅西新宿駅新宿西口駅

投稿者 B : 21:28 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2016/06/21 (Tue.)

あるでん亭 2016

PSVR の体験にソニービルに行ったついでに、行きたかった場所がありました。

あるでん亭

ソニービル 6F にあるスパゲティ専門店、あるでん亭です。

来年の 3 月末で現在のソニービルがいったん営業終了し、2022 年の営業再開に向けて建て替え期間に入るとのこと。空白期間が長いのはその間に東京オリンピックがあって建築コストが高騰するとかいろんな理由がありそうですが、その間ソニーショールームは旧日産ギャラリー跡に新築された GINZA PLACE に移転するそうです。が、その他のテナントに関しては特にアナウンスがなく、もしかするとこのままあるでん亭のパスタが食べられなくなるんじゃ...?と思って、閉館までの間にできるだけたくさん食べに行こうと考えました(笑。

あるでん亭

あるでん亭

いつもの、フェルナンド・アロンソの写真。これは髭が伸びてないからまだフェラーリ時代の写真かな(笑。アロンソは毎年のように日本 GP の前後に来店していますが、去年の日付の写真が見当たらなかったので、もしかしたら去年はソニービルに来なかったのかもしれません。
年齢的に、アロンソの現役生活も長くてあと 2~3 年というところかと思いますが、それよりも先にソニービルがなくなって(一時的にとはいえ)しまうとは。

あるでん亭

来年の春までの間にここに来れるのもせいぜい数回。何を食べたいかと言われれば、やっぱりカルボナーラを選んでしまいます。

クリームを使わずに卵黄だけで作られた濃厚なソース。こういうカルボナーラは他ではなかなか食べられない。
また、店名の由来にもなっている、いつ食べても間違いなくアルデンテなスパゲティ。噛んだときに髪の毛一本分ほどの芯が残った歯ごたえがいい。この絶妙なゆで加減を実現している店も、多くないんですよね。

あるでん亭

帰り際、店長さんに閉館後のことを尋ねてみました。
今のところまだ決定はしておらず、物件が見当たらなければ銀座からは撤退ということもあるかもしれないが、できる限りこの近辺に移転して営業継続できるように探している、とのこと。閉館の発表があって以来、多くのお客さんから同じ質問を受けていて、その声に応えるためにも続けていきたいそうです。いずれにしても方針が決まり次第、告知は行うとのこと。

というわけで、ひとまずは安心しました。うまくいい物件が見つかってくれることを祈っています。
でも決まるまでは分からないので、ファンとしては銀座周辺に来る用事があればできるだけ食べに来ようと思います。あと新宿西口にも支店があるのにまだ行ったことがなかったので、今度新宿に行くときにでも食べに寄ろうかと。

関連ランキング:パスタ | 銀座駅有楽町駅日比谷駅

投稿者 B : 22:30 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2016/06/17 (Fri.)

台湾小籠包 鼎泰豐

台北最終日のランチはこちらに行きました。

鼎泰豐(ディンタイフォン)

鼎泰豐

台湾ではあまりに有名な点心のお店。日本にも支店はありますが、物価高めの立地にあってなかなか敷居が高い。台北ならそこまでではありません...が、台北の中心にある 101 店は大人気で、平日ランチでもあっという間に 30~60 分待ちの行列が形成されます。本当は別の日に来るつもりだったのが、一度大行列で入れず、日を改めて来店。

鼎泰豐

お店に入ると、厨房では数十人の職人さんが黙々と延々と点心を作り続けています。厨房の様子が見える店自体はそれほど珍しくもありませんが、さすがにここまでとなるとちょっと異様な光景(笑。

鼎泰豐

席に着くと、キャベツの浅漬け的なお通し(?)が出てきました。さっぱりとした味わいで、これは寿司屋で言うガリみたいなものなんでしょうか。いまいち勝手が分かりませんが...。

鼎泰豐

さあさあじゃあメインから行きましょうか。王道中の王道、小籠包。
中華料理はよく食べに行くけど、点心中心の店にはあまり行かないので、こうやって蒸籠が重なって出てくるとそれだけで嬉しくなってしまいます。

鼎泰豐

これが、さっきの職人さんたちが永遠に作り続けていた小籠包ですか。このちっちゃいのを丁寧に作り続ける、ってすごい仕事だよなあ。

鼎泰豐

生姜醤油をつけて、いただきます。
柔らかくてもっちりした皮の中から、日本の中華料理店じゃなかなか味わえない量のスープがぶわっと飛び出してきます。うわー、これはうっまい。
俺、やっぱり点心の中で小籠包が一番好きかも。出張じゃなかったらすかさずビールを頼んでいるところだ(ぉ。

鼎泰豐

肉絲蛋炒飯(豚肉チャーハン)。こんなにオーソドックスな炒飯でも、本場ならこんなにうまい。
チャーシューでも細切れでも薄切りでもなく細切り肉を使った炒飯ってこんなに食べ応えがあるのかあ。

鼎泰豐

中華料理の野菜の中で一番好きな空心菜炒め。日本だと置いてない店も多いけど、あると必ず頼む空心菜。
別に空心菜そのものがうまいわけじゃないと思うんだけど、炒めるとどうしてこんなにおいしくなっちゃうんだろう。

鼎泰豐

初めて見たこれは麻醤麺(ニンニク胡麻ソース和え麺)。一見、辛みのない汁なし担々麺っぽい見た目ですが、山椒っぽい刺激がガツン。そこにニンニクと胡麻で作られた濃厚スープが麺に絡んで、今までに食べたことがないうまさ。これ、マジでおいしいです。

鼎泰豐

そして定番、酸辣湯。酸辣湯というと酸っぱ辛いけどなぜか後引く味、というイメージですが、これは「原味」という味付けで、辛くない。ほどよい酸味とほどよい旨味で、今まであまり食べたことがないタイプの酸辣湯。こういうのもいいですね。

鼎泰豐

最後は野肉蒸餃(蒸し餃子)。野菜がたっぷり入った蒸し餃子で、こちらも小籠包に負けないもっちり感でおいしい。日本でよくあるタイプと比べて小ぶりの餃子に具がみっちり詰まっていて、なんかちょっと得した気分になれます。野菜メインの餃子がこんなにおいしいとは。

台湾では夜市とかなんだかジャンクっぽいものばかり食べていた気がしますが(笑、最後にしっかりした台湾中華が満喫できて、とても幸せ。
この店は気に入ったなあ。今度。日本の店舗にも行ってみようかな。

関連ランキング:台湾料理 | 士林 シーリン

投稿者 B : 22:40 | Gourmet | Lunch

2016/05/23 (Mon.)

五反田 とん金

五反田 TOC の裏手にちょっと気になる雰囲気のとんかつ屋さんを見かけたので、ランチに利用してみました。

とん金

とん金

あまり派手さはないけど、この地域で長年やっているオーラの漂っている店。
実はかなりの人気店のようで、お昼過ぎには店外に待ちができるほどのお客さんの入りでした。そして客層は 95% が男性、サラリーマン、おじさん、という感じ。心なしか普通の飲食店よりも体格のいい人の比率が高いような(笑。

ランチは日替わりで、月曜日はロースカツ定食 or カツカレー。一応その他のメニューも頼めるようですが、ランチメニューよりも時間がかかるっぽい。
初めてのとんかつ屋に来たらロースでその店の実力を測るべし、という信念(何)を持つ私的には、ランチのロースカツ定食こそ望むところです。

とん金

待つこと 10 分ほど、ロースカツ定食が出てきました。

えっと...写真で見るとメインの皿がやたら小さく見えますが、ご飯と味噌汁の椀が異常に大きいだけです(笑。
大きな茶碗に大盛りご飯のとんかつ屋は珍しくないけど、味噌汁のお椀がちょっとした丼サイズというのは初めて。これはちょっとのけぞりました。

とん金

写真では相対的に小さく見えていたロースカツは、実際には大ぶりで分厚いです。¥950 でこのサイズのロースカツ定食が食べられるならむしろ安いと言えます。
衣は薄めで揚げたてサクサク。その中に包まれた豚ロースは、脂身は控えめながら柔らかく、かつ食べ応えあり。
ご飯や味噌汁に負けず劣らずの特盛りキャベツと自家製感あふれるポテサラと一緒にモリモリいただきます。

高くておいしいとんかつ屋は都内ならいくらでもあるけど、毎日食べに来られる値段で味とボリュームを両立したとんかつ屋、というのも尊い存在。
他の曜日のメンチカツやチキンカツも気になるし、夜には「ポリネシアン定食」なる謎メニューもあるようなので、機会があればまた来てみたいと思います。

関連ランキング:とんかつ | 大崎広小路駅五反田駅不動前駅

投稿者 B : 23:00 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2016/05/13 (Fri.)

千葉県いすみ市大原のブタ肉塩焼ライスとミックスフライ

「いやあ、大原で、お~腹いっぱい」

大原

前回の旭川出張編からちょっと間が空いて、久しぶりの『孤独のグルメ Season5』新規聖地巡礼です。今回は首都圏の聖地の中でも特に遠い、千葉県いすみ市大原まで脚を伸ばしてきました。
千葉と言えば Season2 の聖地巡礼で飯岡まで行きましたが、今回は房総半島の先のほう。房総のこれだけ奥まで来たのはさすがに初めてですね...。とはいえ、東京駅から特急わかしおでたったの 75 分ほどで、自分の生まれ故郷に負けず劣らずの田舎に来られてしまうとは、なんだかんだ言って関東も広い。

というわけで駅前にはコンビニも見当たらないくらい閑散としていますが、ここの名物はこれのようです。

大原

いすみ鉄道。私には鉄成分がないのでこのありがたみがさっぱり分からないのですが、わざわざ遠方からこれに乗りに or 撮りに来ている鉄道ファンらしき人も少なくなく。
でも確かにこの鮮やかな黄色い電車で、春先ののどかな光景を眺めながら旅したら楽しいだろうなあ。

いすみ鉄道

このいすみ鉄道、なぜか大々的にフィーチャリング・ムーミン。
「日本のムーミン谷」ということらしいですが、そういう触れ込みの場所って飯能にもあったような...。けっこうあちこちにあるんじゃないか。

ま、この乗り場に来たら、これをやらざるを得ないというもの。

冷凍みかん

売店で売っていた冷凍みかん(笑。
これをやらないと正しい聖地巡礼とは言えません。

そういえば、普通のみかんは今でも食べるけど、冷凍みかんって久しく食べてないな。なんか、旅情って感じ。

つめた! 歯にキーンときた。
子供のときは妙に嬉しかったけど、こんなもんだよな。
でも、こんなもんって味、好き。

大原漁港

せっかく遠くまで来たので駅から 20 分ほど歩いて、大原漁港まで来てみました。
漁港って、けっこう日本のどこでもあんまり風景が変わらないよなあ。

やっぱりいいなぁ、海。
漁港の匂い、空気、活気。

いさばや

劇中でゴローちゃんがイセエビとサザエに強烈な食欲をそそられていたのが、この「いさばや」。

今回初めて知ったんですが、ここ大原漁港は本場三重を差し置いてイセエビの水揚げ日本一なんだとか。
千葉でイセエビ、なんか変な感じ。

いさばや

店内には松重さんのサイン...だけじゃなくて、芸能人のサインが大量に。
けっこうテレビで取り上げられてるんだなあ。さすがイセエビ日本一。

さて、そろそろ本題にいこう。

源氏食堂

駅から徒歩 1 分、線路沿いにあるのが今回の聖地「源氏食堂」。
肉屋の隣、というか肉屋さんが運営してる食堂です。

肉屋とか魚屋がやってる食堂って今までハズレだったことがないんだよなあ。食べる前から当選確実がついたも同然だ。

源氏食堂

心なしか、肉屋のほうのカウンターに並んでいる肉もやたらうまそうに見える。
佐賀牛もうまそうだけど、この豚肉の豊富なラインアップ!
それにここで売られているフライや総菜の類もうまそうだ。お土産に買って帰りたいくらい。

源氏食堂

しかし、この「横浜餃子」ののぼりは何なんだろうか(笑
餃子といったら宇都宮か浜松だろうし、横浜なら中華街で小籠包や豚まんのはず。
まあ、わざわざこんな千葉の奥地まで来て、横浜餃子もないか。今度こそ本題にいこう。

源氏食堂

源氏食堂

渋い食堂だな~。
自分の親くらいの時代からずっとやっていそうな年季の入り方。
パイプ椅子の錆のひとつひとつにさえ、歴史を感じる。

お昼よりもちょっと早めの時間に行ったら最初は空いてましたが、あれよという間にお客さんが増えてきて、お昼前には満席に。
地元っぽい人、いすみ鉄道に乗りに来た感じの人、それから聖地巡礼者らしい雰囲気の人(笑)まで、いろんな面々。
そうか、この駅前、あまり飲食店がないから鉄道ファン御用達の店でもあるのかも。

ちなみに、ドラマに登場した「斜めキャップに金ネックレスの店員さん」は厨房担当でした。
会話してみたかったなあ(笑

源氏食堂

トンカツに、しょうが焼き。
豚肉メニューを軸に、いかにも定食屋な品々が並んでいる。

メニューが増えたり減ったり値段が変わったり、歴史を感じるお品書き。
達筆の左端に「ノンアルコールビール」だけ妙に手書き感あるのがまたいい(笑

源氏食堂

おつまみやサイドメニュー的なものはこちらに。

これを撮っているときに、狙い澄ましたかのようにテレビから松重さんのクックドゥ CM が流れてくるというミラクル発生。
これまでほとんどの聖地を巡礼し続けてきた信仰心のなせる業に違いない(ぉ

源氏食堂

店内にはもちろんロケ時の松重さん、久住さんのサインが。
共演の塚地さんのサインまでは予想ができたけど、スタッフ一同の寄せ書きまで掲示されているお店はここが初めて。

いいな、こういうの。

源氏食堂

お...きたきたきましたよ。
まずはブタ肉塩焼ライス(上)。
上と並の違いは、肉の厚みの違いとのことです。

源氏食堂

このどうだと言わんばかりの厚み。
もはやステーキと言ってもいいだろう。

豚とくりゃしょうが焼きのイメージだが、いすみの名産豚ならば、塩で肉の味を堪能すべきだ。

源氏食堂

おっ、これは...うまい!
確かに、この豚、めちゃうま。

こういう豚肉のソテーって、固くてパサパサしてることも少なくないけど、ここのはびっくりするくらい柔らかくて、しっとりと食べ応えがある。

それにしてもこの豚、見た目と違って全然重くない。軽い。
いくらでも入るような気がする。

こんな豚、初めて。

源氏食堂

豚肉の名店らしく、味噌汁は豚汁。
素朴な味の豚汁だ。

豚肉と豚汁で豚がダブってしまっている。
でも、この店なら、大歓迎。

そしてサイドメニュー登場。

源氏食堂

ゴローちゃんに合わせて、イカフライとメンチカツ。
これにもキャベツとポテサラがついてきて、普段ならこれにライスと味噌汁で十分ランチになってしまうところだ。

イカフライもメンチも、ブタ肉塩焼のインパクトに比べると普通だけど、こちらも軽い食感でおいしい。
やっぱり、隣の肉屋で揚げ物買っていったら、それだけで家メシがちょっとしたご馳走になるに違いない。

源氏食堂

はぁ~、食った、食った。
「ブタ肉塩焼とフライ」って、わざわざこんな遠くまで来なくても食べられるありふれたメニューだけど、この味はここでしか食べられまい。

漁港の大衆食堂で、豚肉ライスにフライをつけてわしわし食べてる方が、イセエビサザエをちまちまとありがたがってるより、俺っぽいのかもしれない。

はるばる小旅行をしてきた甲斐がありました。
ごちそうさまでした。

これで、Season5 の聖地巡礼も残すところ台湾編 2 回分のみ。過去最大級にハードルの高い聖地だけど、どう攻めようかな...。

孤独のグルメ Season5 Blu-ray BOX

B017D5ESCK

関連ランキング:定食・食堂 | 大原駅

投稿者 B : 22:56 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (2) | トラックバック

2016/05/08 (Sun.)

厚切りステーキ JIKABY

連休中にプチ贅沢ランチをしよう、と思い立って自由が丘へ行ってきました。

JIKABY (ジカビー)

JIKABY

自由が丘駅前ロータリーから一本路地を入ったところにある、ごちゃっとしたエリアに一年ほど前に開店したステーキバルです。

"We Love Steak"、Yes, we are (ぉ

「JIKABY」ってやっぱり直火焼きの意味ですよね。

JIKABY

通常メニューはこんな感じ。単価はなかなかにお高めですが、自由が丘駅前という立地と熟成肉であることを考えればこんなものか、という気はします。
リブロースやサーロインは 400g なので、普通の人ならばこれを二人でシェアするくらいでちょうど良いでしょうね。

今回はランチタイムでの利用だったため、もう少しリーズナブルにいただけます。

JIKABY

店内はこんな感じで、ステーキハウスというよりはイタリアンバル的な雰囲気。
席数はさほど多くなく、テーブル席も 4 人で座るとちょっと狭く感じそうなので、おひとりさまか 2~3 人での利用がちょうど良さげ。

JIKABY

ランチセットのスープ。
シンプルなコンソメスープだけど、飲んでみると意外なほどうまみが出ていて、これおいしい。

JIKABY

せっかくプチ贅沢しに来たからにはステーキだけじゃ味気ないと思い、前菜 5 品盛りもいただいてみました。
タコのマリネ、スパニッシュオムレツ、炙り〆鯖とポテトサラダ、パテ・ド・カンパーニュ、ドイツ産生ハムの 5 種類。

それぞれの前菜の国籍がめちゃくちゃだけど(笑)、どれもそんなこと気にしないくらいうまい。ステーキ屋なのに炙り〆鯖とポテサラとかやたらうまい。気に入りました。

JIKABY

そりゃあもう昼だってことを気にせずワインに呼ばれちゃうわけです。
ボトルじゃなくてカラフェで自制した自分を誉めてあげたい(ぉ

JIKABY

そうこうするうちにランチセットのリブロースステーキが出てきました。
ランチのステーキは 200g だけど、これにスープとライスがついて ¥1,480 なら納得のお値段。

JIKABY

熟成肉というだけあって、肉らしい旨みに満ちていて美味しい。脂身は控えめだけど、そのぶん肉の旨みが味わえます。
もともと肉自体に味がついていてこれだけでも十分イケますが、別添のソースをかけるとニンニクの香りが肉の味を引き立てて、さらにうまい。
ああ、これは満足度高いステーキだ。

期待していた以上の贅沢を堪能できました。この店はリピートありだな。
ごちそうさまでした。

関連ランキング:ステーキ | 自由が丘駅奥沢駅九品仏駅

投稿者 B : 22:29 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2016/04/15 (Fri.)

本格中華ダイニング 陳家私菜

五反田エリアでちょっと美味しい中華を見つけました。

本格中華ダイニング 陳家私菜

陳家私菜

目黒川から一本外側にある建物の二階のお店。飲食店の多い五反田でも、本格中華の店は案外少ないような。
狭い階段を上っていかないといけないお店なのでちょっとハードルは高いですが、いつも混雑している人気店のようです。
お昼時はもう相席が当然という感じで、お世辞にも広いとは言えないテーブル席の空いているところに詰め込まれます(笑。

陳家私菜

ランチタイムは中華サラダ、水餃子(三個)、中華スープ、ライスがサービス。基本的にセルフサービスで、注文したら自分で取りに行く必要がありますが、空いている時間帯だとサラダと水餃子だけは店員さんが持ってきてくれたりして、システムがよく分かりません(笑
水餃子は厚めの皮がもっちりしていてけっこうおいしい。ご飯はややべちゃっとしていて、もう少しパラッと炊いてあるほうが個人的には好みなんだけどなあ。

陳家私菜

こちらがこの店オリジナルの「頂天石焼麻婆豆腐」。石鍋に入った大量の麻婆豆腐、これは迫力あるなあ。
しかも唐辛子が種までたっぷり入っていて、見るからに辛そうです。

陳家私菜

この麻婆豆腐、見た目通りの辛さ。しかも、石鍋のせいでいつまでもグツグツ煮えていて、全然冷めない。辛い以上に熱くてなかなか食べ進められません(汗
夏でもないのに大汗をかきながら食べる麻婆豆腐。かなり辛いんだけど、このタレというかミソの部分に旨みが詰まっていて、これは美味しい。

気に入ってしまったので、ランチタイムにしばらく通い詰めていろいろ食べてみました(ぉ

陳家私菜

麻辣刀削麺。「麻辣」とついていますが、味付けは麻(山椒)よりも辣(唐辛子)中心でしっかり辛い。
大きめの丼にもちもちした刀削麺がたっぷり入っていて、これは美味しいけどかなりお腹いっぱいになります。

陳家私菜

汁なし担々麺。これもラー油がたっぷり使われていてしっかり辛めだけど、麻辣刀削麺に比べれば幾分マイルド。カシューナッツの旨味がたまりません。
担々麺好きとしては汁なし担々麺もいろんなタイプを食べてきましたが、これはかなり好みな味付けです。

陳家私菜

皇帝口水鶏(いわゆる「よだれ鶏」)。しっとりと柔らかい蒸し鶏に辛口のタレが絡んで、無限にご飯が進みそうなメニュー。
見た目はガッツリ赤いけど、麻婆豆腐や刀削麺の辛さに比べれば(冷たいせいもあってか)辛すぎず、うまい。

ランチは毎日 20 食限定とのことですが、お昼からこんなにうまい口水鶏が食べられる中華料理店があったなんて。これは幸せになる一品です。

陳家私菜

長安孜然牛肉。孜然(ズーラン)とはクミンのことで、これはつまり牛カルビのクミン炒め、ということになります。

ふわっと漂ってくるクミンやパクチーの香りが食欲をそそります。
たっぷり牛カルビに、中華醤とクミンが醸し出すうまみがいい...と思ったら、後から追いかけてくる強烈な山椒の刺激が、舌にビリビリきます。これは「クミン炒め」というより「山椒炒め」と呼びたくなるレベルだけど、山椒好きとしてはたまりません。

山椒のシビレル辛さにクミンの香りで、肉を思う存分バクバク食べられる。
これ、相当いいぞ。

陳家私菜

上海風炒飯。見た目通り、味もオーソドックスなシンプル炒飯だけど、お米がパラッとしていておいしい。味付けもちょうど良い。毎日食べても飽きない炒飯、ってこんなんなんだろうなあ。
この店、辛い味付けの料理が売りのようだけど、こういう普通の味付けも十分おいしいじゃないですか。

ちなみに、このときは水餃子が品切れで、代わりに唐揚げが出てきました(笑。

陳家私菜

お店の入口には、これまでに来店した有名人の写真がずらりと貼り出されています。

店員さん(中国人)の接客は雑だけど(笑)、「本格中華」の名に恥じないうまさ。本場の味ってこんな感じなんだろうな、中国行ったことないけど(ぉ
お昼にそこそこ満足できるものを食べようと思ったら千円はくだらないこの界隈において、ここのランチは軒並み 800 円前後なのもポイント高い。「うまい、早い、安い」を絵に描いたような店だと思います。

ここは今後もランチにちょくちょく通わせてもらいます。

関連ランキング:中華料理 | 五反田駅大崎広小路駅不動前駅

投稿者 B : 22:57 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2016/04/02 (Sat.)

東京都新宿区信濃町のロモサルタード

「がぜん、親ペルー派になってきた」

ティア・スサナ

珍しく中央線の真ん中のほうに出る用事があったので、約二年ぶりに信濃町の聖地に足を運んでみました。

ここはコミック『孤独のグルメ 2』の第 2 話に登場したお店。単行本の発売前に一度来たことはありましたが、そのときに食べられなかったメニューがあったんだよなあ...と思い出して、再訪することにした次第。

ティア・スサナ

ティア・スサナ

なんか、以前来たときよりも店先のこどグル濃度高まってるし!(笑
おそらく、単行本 2 巻の発売でしばらく聖地巡礼者のフィーバーが発生していたんでしょうね。ドラマの認知度も年々高まってるし。

というわけで、階段を降りていきます。

ティア・スサナ

お昼ちょっと遅めの時間帯に行ったら、お店は実質的な貸し切り状態。
当初の目的だった「ロモサルタードセット」を注文しました。

今回はインカコーラを頼まなかったところ、食前からコーヒーが登場。
おかわり自由なので、食前だろうと食後だろうと「コーヒーおかわりどうですか?」と聞かれます。

ティア・スサナ

ちょうど一杯目の珈琲を飲み終わったところで、ロモサルタードセットが出てきました。
ちなみにこれ、大盛りです。遅い時間でお腹が空いていたからつい大盛りを頼んでしまった。

前回のフレホーレスセットといい、ペルーじゃ「白いご飯に茶色いおかず」が定番なんだろうか。
なんだか、日本の家庭料理みたいだな。

ティア・スサナ

出た、このタマネギの酢漬け。
酸っぱうまい!!目が覚めるう。
単独で食べてよし、福神漬けみたいにロモサルタードライスと一緒に食べてよし。

今回は聖地巡礼者だと名乗らなかったので、前回のように最初からおかわりは出てきませんでした(ぉ

ティア・スサナ

付け合わせはヤシの芽とポテサラ。
ヤシの芽は、やわらかくてなんだか不思議な味。

っていうか、ペルーにヤシなんて生えてるのか、ということのほうがむしろ驚きだったり。

ティア・スサナ

完熟オリーブ。
これは久住作品的には、シウマイ弁当に入っている干しアンズのごとく、いつ食べるべきか悩ましい一品だ。
最初に食べてしまって「なかったことにする」というのも解だけど、ここはデザート代わりが良いかもしれない。

ティア・スサナ

チョリソーと、ロモサルタード。
豚肉とタマネギ、それにフライドポテト(!)をピリ辛のトマト炒めにしたような感じ。
タマネギの酢漬けをおかわりしてないのに、結局タマネギだらけになってしまった(ぉ。

これも親しみのある味だなあ。トマト風味の豚炒め丼って感じ。
「インカ帝国」のイメージとかけ離れたご近所味だぞこりゃ。

辛口好きとしては、フレホーレスよりもロモサルタードのほうが好きな味かもしれません。
ライスも、お米自体は日本米っぽいけど、炊き方が違うのかちょっと味と香りがついていて、ロモサルタードによく合います。

ティア・スサナ

というわけで完食。
ああ、また食いすぎてしまった。特にライスの量が半端なかった。大盛りを頼んで腹一杯になりすぎるところまで、前回と全く同じ轍を踏んでしまった(;´Д`)。

食後はホットコーヒーのおかわりをいただいて、ほっと一息。
ごちゃっとした独特の空気が漂うお店だけど、なぜか不思議に落ち着くんだよな、ここ。

ごちそうさまでした。

久住 昌之、谷口 ジロー / 孤独のグルメ 2

4594073379

関連ランキング:カフェ | 信濃町駅国立競技場駅四谷三丁目駅

投稿者 B : 22:56 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2016/03/10 (Thu.)

北海道旭川市のかにくり~むコロッケ

「冬の北海道、雪の中からうまいものがザクザク出てくる」

旭川

昨日に引き続き、こどグル「真冬の北海道・旭川出張編」聖地巡礼後半の模様をお伝えします。後半は、ランチの定食屋編。
昨日はいい店に出会えたからなあ、つい今日も欲が出てしまう。

今回の目的地は、旭川駅正面から続く「買物公園通り」沿いにあります。この買物公園通りというのはなにやら日本初の恒久歩行者天国とのことで、ゆったりした通りをのんびり歩くことができます。が、雪が積もっているからかどうか、真っ昼間なのにとにかく歩いている人が少ない(笑。もうちょっと賑わっているほうが、楽しかったんだけどな。

自由軒

おお、ここだここだ。
人のまばらな歩行者天国の片隅に、ひょこんと看板だけが顔を出しています。

自由軒

って、え...?
キレイに除雪された公園通りとは対照的に、お店へと続く路地は見事に雪だらけ。つか、その奥の居酒屋なんて、入口が雪で埋まってるんだけど、ここ入れるんだろうか(笑

でも、躊躇わず進もう。
こういう細い路地の古いめし屋に、なぜかアタリが多い。

自由軒

自由軒

うん、いい店構えだ。地元密着って感じ。

たぶんまだ混んでるだろうし、開店直後に来てみたら、まだ営業準備が完了していないようで(汗。
でも、中に入って待ってていいということなので、お邪魔します。

自由軒

これがメニュー。
看板のとおり、肉料理が充実している。

しかも、歴史を感じる筆文字のおしながきの周りに、「小さな宴会集れ!」「かにくり~むコロッケ」「エスニック餃子」「わらじ焼肉」と、ポップな文字が踊る(笑。
この何とも言えないセンスが、かえって清々しい(ぉ

自由軒

カレー持ち帰り!そういうのもあるのか(お約束

...いかん。メニューに遊ばれてる。
集中して胃袋への回答を見つけるんだ。

自由軒

なんだ、こっちにもメニュー、あるじゃないか。
しかも、ランキング。

ゴローちゃんが食べていたものは当確だけど、これだけいろんなメニューに惑わされたら、何からどう攻めていくか、組み立てが難しいぞ。
やたら推してる餃子も気になるし、オムカレーも捨てがたい。それに「ヤマベフライ」ってどんなのだろう。

自由軒

と思ったら、「五郎セット」ってちゃあんと用意されているじゃないですか!
よし、このセットを中心に戦略を組み立てよう。

耳に入ってきた、お昼を食べに入った近所のおばちゃんらしき人と女将さんの会話によると、「最近はみんな五郎セットばかり頼むのよ」とのこと。まあそうだよねえ。おばちゃん曰く「三四郎さんも大変らしいわよ」と。確かに他のお客さんも二人に一人は「五郎セット」を頼んでいる様子。でも、都内の聖地に来ている巡礼者とはちょっと客層が違う感じ。たぶん放送を見た道内の人が集まってきてるんだろうな。

自由軒

「ジリリリリリ!」と懐かしい音が耳に飛び込んできたと思ったら、この懐かしい店電話。
サーモンピンクの電話、さすが北海道の食堂だ。

自由軒

さあ出てきましたよ、味噌汁(ライス付)。
ライスより味噌汁のほうがでっかいどう! 北海道!

メニューには「味噌汁」と書いてあったけど、お店的にはこれは「とん汁」という位置づけで、通常の定食についてくる普通の味噌汁を「味噌汁」と呼んでいるようです。
いやしかし、とん汁にしてもこの大きさは、ちょっと驚いた。

自由軒

これは、うまい味噌汁だ。
汁というより、もはやおかずの域だ。
ちくわってのも渋いとこついてくる。

汁の底には半熟卵が沈んでいて、これを崩すとかきたま汁っぽく。
豚汁にしてはあっさりめのやさしい味だけど、これは身体の芯からあったまるなあ。

自由軒

続いて、かにくり~むコロッケとホッケフライ。
いいじゃないか、いいじゃないか。

各 2 個だけど、このボリュームならそれぞれ単品で頼んでもいけたかも。

自由軒

ホッケって、ほぼ居酒屋で干物を焼いたのしか食べたことがないけど、フライってのもあるのか。
しかし、考えてみれば白身の魚。フライにしてまずいわけがない。

アジフライの親戚みたいな、しっくりくる魚フライ。う~ん、いいな。
付け合わせのポテサラも、いい働きをしている。

自由軒

かにくり~むコロッケは、本当に油断したら舌を丸ごと火傷しそうな熱さ。
でも、たまらなくうまい。

カニとジャガイモ。
図らずも、北海道味のど真ん中チョイス。
そこに、ホッケと畳みかける。

さらにそれを引き立てる、タルタルソース。
個人的には、フライよりもタルタルソースが主役、と言えるくらいのタルタルソース好き(笑。
ゴローちゃんがタルタルソースを単品でおかわりしていたのも、納得です。

自由軒

「本日かきフライ有ります」と言われると、つい釣られてしまうのがカキフライ。
うん、おいしい...けど、かにくり~むコロッケやホッケフライの前では、まあ普通かな?近所の定食屋でこれが出てきたら嬉しいレベルではあるけど。

同行の某氏曰く「カキフライってひどく不味い店もあんまりないけど、感動するほどうまい店もそうないよね~」とのこと。確かに、生牡蠣やバターソテーは差が出るけど、フライは案外均されてしまうような気もします。

自由軒

出た!これがわらじ焼肉。
皿の半分以上を肉が占めている、この圧倒的なボリューム。
350g か 400g か分からないけど、見た目の印象では完全に 400g だなこれは。

他の人が頼んでいたのを見る限り、「肉ライス」と同じものの大型版っぽいけど、肉の量、倍はありそうだぞ。

自由軒

わらじ焼肉、大きさだけじゃなくて厚さもこんなに。

見た目のインパクトもすごいけど、食べてみるとこれがまた。
これだけ大きな豚肉なら、固かったりパサついていたりするのかもと思っていたけど、すごく柔らかい!味も、ソースのコクのある甘辛さが豚肉やタマネギとよく合って、とてもうまい。

本来の目的だったはずの味噌汁やコロッケを上回る、胃袋をガッチリ掴まれる味。
この肉とソースがあれば、白いご飯を永遠に食べ続けていられそうだ。

自由軒

ああ、うまかった。
昼間っからお腹がパンパンになるくらい食べました。

いやあ、またもいい店を見つけた。
昨日と今日だけで、旭川が好きになった。
はるばる遠征してきた甲斐があったと言えよう。

ごちそうさまでした。

孤独のグルメ Season5 Blu-ray BOX

B017D5ESCK
※Blu-ray BOX には「真冬の北海道・旭川出張編」は収録されていません

関連ランキング:とんかつ | 旭川駅

投稿者 B : 23:15 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2016/02/29 (Mon.)

MONSTER GRILL

ここしばらく五反田の肉の名店を開拓中ですが、今回は特にインパクトのある店を訪れてみました。

モンスターグリル

160229a.jpg

いかにも五反田っぽい居酒屋やラーメン屋が軒を連ねる駅前通りから一本入ったところに、唐突に現れる強烈な店構え。そして「MONSTER GRILL」という店名。くせ者揃いの五反田でも、これほどインパクトのあるお店はそうそうないでしょう。たぶん偶然この店の前を通りかかっても怖じ気づいて入れないレベル(ぉ。しかしお昼時には行列ができる有名店のようです。

160229b.jpg

この、壁に牛がめり込んでいる意味不明なオブジェ(笑。
五反田というよりは、原宿あたりにあったほうが違和感のない雰囲気ではあります。

160229c.jpg

ランチメニューはこんな感じで、基本的にはステーキ。あとハンバーグとコンボ(ステーキ+ハンバーグ)もあるよ、という感じ。
この周辺のステーキ・ハンバーグ屋さんでは「A5 和牛」という単語が当たり前のように飛び出してきますが、ここにはそういうのはありません。アメリカンを少し間違えて翻訳してしまったようなお店の雰囲気に、自分も知らず知らずのうちに混乱させられてくるかのようです(ぉ

160229d.jpg

メニューに出てくる肉やライスの量の表記は「オンス」。普段使わない単位なのでパッと想像がつきませんが、一覧がありました。だいたい 1oz≒30g 弱、と換算すればいいようです(正確には 1oz≒28.35g)。

で、何を何オンス食べるか、それが問題だ。でもせっかくここまで来たからには、中途半端な量では面白くない。

モンスターを、喰え。

160229e.jpg

まずはランチセットのスープと、サイドメニューのサラダ。
肉だけじゃ健康に良くないと思ってサラダもつけてみました。サイズは「チビ」にしたところ、チビどころか普通のサラダ一人前なんだけど、これ「メガモンスター」だったらどれだけの量が来たんですかね(;´Д`)ヾ。
サラダは酸味のあるドレッシングがたっぷりかかっていて、大量の肉の合間の箸休めにもちょうど良さそう。

160229f.jpg

で、どどん!と肉汁を飛び散らせながら出てきました。
やっぱりここはこの店の看板メニューをいただいとかんといかんでしょう、というわけで、「モンスターステーキ」の 16 オンス。
鉄板から沸き立っている熱量、ハンパない。

160229g.jpg

この、鉄板を覆い尽くさんばかりの肉の大きさ。
そして、ほとばしる真っ赤な肉汁。
確かにこれは「モンスター」だ。

160229h.jpg

食べてみると、赤身肉だけどそれほど筋張っておらず、柔らかい。
最近、脂っこい肉があまりたくさん食べられなくなってきた身としては、こういう赤身のステーキこそありがたい。

これだけ大量の「いかにも肉って肉」をもりもり食べる機会なんてそんなにないから、食べながらさらにテンションが上がっていくかのようだ。
今、まさに俺自身が「モンスター」になっている。うおォン!

160229i.jpg

ふ~、満足した。
これで 24 時間は肉を食べなくてもいいや、というくらいの満腹感。
でも、それほどもたれた感じもない。

今度は奮発してリブロースとか、いっちゃおうかなあ。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:ステーキ | 大崎広小路駅五反田駅大崎駅

投稿者 B : 22:29 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2016/02/24 (Wed.)

IRON HORSE

ここのところ開拓しつつある肉食の聖地・五反田。今回はランチでこんな店に行ってみました。

アイアンホース (IRON HORSE)

アイアンホース

もうね、店名や店構えからして気になるじゃないですか。ミート矢澤や銭場精肉店からも近い立地に構えるあたり、自信があるに違いない。

お店の名前から完全に馬肉料理の店だと思ってましたが(笑、馬肉メインというわけではないようです。ディナーメニューには馬肉もあるようですが、店名の由来はハーレー乗りが自分の愛車のことを指して言う言葉とのことで、確かに店内にはアメリカンなものやバイクっぽいものがいろいろ置いてあります。

アイアンホース

ランチメニューはビーフシチューかデミグラスハンバーグ、またはおろしハンバーグの三種類のみ。
オーダーすると、まずはスープから出てきます。

濃いめの味付けのミネストローネ、染みわたる。

アイアンホース

メインディッシュが出てくる前に、サラダと炭水化物のプレートが登場(笑

普通のバゲットとチーズバゲット、それにライスというちょっと炭水化物偏重すぎやしないかというバランスですが、とりあえずチーズバゲットおいしいです(ぉ

アイアンホース

ほどなくしてメインが登場。ハンバーグは周囲の店でもいくらでも食べられるので、今回はビーフシチューにしてみました。
グツグツした状態で土鍋で出てきます。油断すると火傷しそうなアツアツだけど、これはおいしそうだ。

アイアンホース

この界隈では当たり前のように出てくる A5 和牛がゴロゴロ放り込まれたビーフシチューで、肉はほんとうにトロトロの柔らかさ。
シチューもよく煮込まれた、かなり凝縮された感じのうまさ。おおお、昼からこのビーフシチューは贅沢だなあ。

炭水化物、ちょっと多すぎるかと思ったけど、このビーフシチューの前では確かに瞬殺かも。バゲットで土鍋の底のシチューを拭うように食べるといろいろ捗ります(ぉ
でもこれは、炭水化物よりもむしろ赤ワインが欲しくなるなあ...。

アイアンホース

ハンバーグ過密地帯の西五反田にあって、ここはちょっと軸をずらした面白い店だと思います。
昼のビーフシチューもいいけど、この黒板に書かれている夜メニューもやたら気になるのが多いんだよなあ。
今度は夜、攻めてみるかな。

関連ランキング:西洋各国料理(その他) | 五反田駅大崎広小路駅不動前駅

投稿者 B : 22:29 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2016/02/17 (Wed.)

埼玉県越谷市せんげん台のカキのムニエルとアメリカンソースのオムライス

「ほんとうにうまい...誰もいなかったら、泣くかも」

せんげん台

ドラマ『孤独のグルメ Season5』聖地巡礼もかなりあちこち回ってきましたが、今回の聖地は第 11 話・埼玉県越谷市せんげん台。劇中でゴローちゃんが「泣くかも」というレベルのモノローグを披露した回はこれまでにもほとんどなく、一体どんなものが味わえるのか、ずっと楽しみにしていました。

それにしてもせんげん台なんて初めて来ました。埼玉自体、普段来る用事がありませんからね...。それでも乗り継ぎが良ければ自宅から乗り換え 2 回、90 分強で到着できるというのは、意外な発見でした。

せんげん台

「温泉...?どこ、温泉?」となる、春日部の温泉街の看板(宣伝用)。そうと知らなければ、完全にここがスーパー銭湯か何かの入り口に見えます(笑。なぜこんなデザインの看板にしたんだろう...。

せんげん台

せんげん台の駅から目指す聖地までは徒歩で 5 分あまり。川沿いにはちょっと壮観なくらい、団地がズラリと並んでいます。都心からすごく遠いような気がしていたけど、確かに急行を使えば上野まで 40 分ほどで行けてしまうわけだし、東京の一台ベッドタウン的な位置づけなのかも。

せんげん台って、こういう街なんだ。

せんげん台

川に面した通りには、劇中でゴローちゃんが YOU 演じる怪しげなママが営んでいたカラオケスナック「テン」がありました。さすがに中には入らなかったけど、扉を開いたら YOU が出てきてもおかしくない感じ(笑

せんげん台

このカラオケスナックのはす向かいには、「腹が、減った」の通称「孤独カット」を撮影した橋が架かっています。
毎度毎度、あの印象的なカットを撮る場所の選定がうまいですよねえ。

で、ちょうどこの橋を中心に、カラオケスナックと点対称的な位置関係にあるのが、今回の聖地。

厨 Sawa

川沿い、角地の三階建ての店。確かにカラオケスナックと同じ特長(劇中ではこの特長を頼りに行ったら、仕事先と間違えてこの店を見つけた、というお話でした)。

うわ、放送から二ヶ月近く経っているのにすごい行列だ。そして、劇中と同じく自転車で来ているお客さんが多い(笑
でも、行列がなかったら素通りしそうな、大人しすぎる外観。

厨 Sawa

厨 Sawa

ここ、こどグルに登場するまでは、近所の団地の奥様たちのオアシスだったんだろうなあ。
団地の中のひっそりとした佇まいに、そんなことを感じました。

厨 Sawa

店先には、お客さんへの案内文の貼り紙が。
放送後、混みまくりで品切れて早く店じまいするような状況だったんだろうなあ。

現在は並べばなんとか入店できるようになっているようですが、放送直後は開店前に整理券を配るくらいの大盛況だったそうです。

厨 Sawa

そしてメニューはこちら。ドラマに登場したものを中心に、ある程度メニューを絞っての営業になっている模様。
「五郎さんメニュー」「久住さんメニュー」とあるのが微笑ましい。そして「ギネ酢(?)ビール」って(笑

って、よそ見してる場合じゃない。胃袋は火がついたように鳴いている。
店内に入ると、今回はドラマには写らなかった座敷席のほうに通されました。

厨 Sawa

で、まずは前菜的に、久住さんが食べていた「焼イモのブルーチーズ焼」から。

焼イモとブルーチーズ、って今まで食べたことのない組み合わせだけど、サツマイモの濃厚な甘みとブルーチーズの香りと塩気が合わさるとこんな感じになっちゃうのか!という新発見。
ああ、これは確かに酒のつまみになる味だ。予想を超えてイイ。

厨 Sawa

続いてブルスケッタ。
変に衒いのない王道ブルスケッタ、地に足についているうまさだ。

ニンニクが食欲を燃え上がらせ、トマトとパンがそれをなだめている。
これ以上ない前菜だ。

厨 Sawa

そしてカキのムニエル、来たか。

うわぁ~、この香り!
焦がしバターのソース、食べる前からやばすぎる。

厨 Sawa

カキなんて、シンプルにバター焼きにするだけでもうまいのに、焦がしバターを使うとこんなになっちゃうのか。
確かにこれは、唾液だけじゃなくて涙が溢れてきそうになるくらい、うまい。
これまでの聖地巡礼でも 1、2 を争う感動的なうまさ。

カキって、なんなんだろ。
海産物だの、食材なんて言葉、このカキには失礼だ。

厨 Sawa

焼イモブルーチーズ、ブルスケッタ、カキ、という魅惑料理の連打連打にあらがえず、昼から白ワインの暴挙に出てしまった。
いや、この店の料理にはワインこそ正義でしょう。それくらい、どれもワインに合いすぎる。

厨 Sawa

そしてカキの旨味が染み渡った焦がしバターソースに、バゲットを浸していただきます。

...これはもう、これだけをつまみに永遠にワインを飲んでいられそうだ。
食べる前から分かってたんだ。

厨 Sawa

さらに、これはどうだ!オイスターブルスケッタ。
ほうら、これはとんだ贅沢食いだ。

俺、2016 年で今が一番幸せ(ぉ

厨 Sawa

メインディッシュの前に、シンプルなグリーンサラダで軽く箸休めをして、

厨 Sawa

シチューからいただきます。
久住さんはカキのトマトシチューを食べていたけど、さっきのムニエルとカキがダブるので(あえてダブらせにいっても良かったんだけど)、鶏肉のトマトシチュー。

いったいどんな材料を使ったらこんな味が出せるのか分からない、とても手の込んだシチュー。でも、ちゃんとトマトの味がしっかり活きていて、すっごくうまい。
これ、好きです。幸せ。

厨 Sawa

トマトシチューからのメイン二連発は、本命・アメリカンソースのオムライス。
アメリカンソースの海に、いろんな魚介とオムライスが泳いでいる。

ではさっそく。

厨 Sawa

うわぁ...来た来た。まさに濃厚エビ味。
だがそんな言葉が全然おっつかないうまさ。

想像していたのよりも全然濃い、通常の三倍はありそうな濃厚なエビの味と香り。
これもまた、どうやって作ったんだろう?家では絶対に真似のできなさそうな味。

こんなうまいものを作ってくれて、ありがとうございます。

厨 Sawa

デザートタイムは、もちろん自家製ババロア。

ババロアに黒蜜きなこがかかって、ババロアというよりもまさにくず餅的なお味。
濃い味の洋食スペシャルランチの後こそ、こういう和を感じる甘味を味わって、埼玉に戻ってこれた。

厨 Sawa

カキ、エビ、イカ、ホタテ。
海のない埼玉で、よもやこんなにおいしいシーフードランチができるとは。

ちょっと遠いけれど、ここはリピートしたいなあ。
クリームシチューも気になるし、今はお休みしているビーフシチューやタンシチューも絶対うまいに違いない。

劇中でゴローちゃんが、というより素の松重豊さんがずっと幸せそうな顔をしていた理由が分かった気がしました。
全部うまかった。本当に、たまげました。

ごちそうさまでした。

孤独のグルメ Season5 Blu-ray BOX

B017D5ESCK

関連ランキング:洋食 | せんげん台駅

投稿者 B : 21:56 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2016/01/29 (Fri.)

ミート矢澤の A5 和牛ハンバーグ・ランチ

こないだ、関東にも積雪があった日のこと。

お昼は何にしようかなあ、こう寒いと何かあったかい汁物...担々麺とか、ああビーフシチューとかもいいな、と考えていたんですが、

...待てよ。こういう日こそ狙うべき店があるんじゃね?

と思って急遽方針変更し、あの店に足を運んでみました。

ステーキ・ハンバーグ ミート矢澤

ミート矢澤

いつも、ランチは大行列。ひどい日は道沿いに曲がり角のところまで並んでいる、五反田の超有名店「ミート矢澤」ですよ。前回来たのは約 4 年前のディナータイム、ランチは初めて。

外はあいにくの悪天候、しかもお昼ちょい前の時間帯。こんなにガラガラのミート矢澤見たことない!ほぼ待ち時間ゼロで入店できてしまいました。
これは自分自身の機転の良さを誉めてあげたい(ぉ

ミート矢澤

正午近くなってもまだ空席のある店内で、ランチを注文。肉の前にまずはサラダが運ばれてきます。
ちょっぴりセロリ風味のドレッシングが爽やかでおいしい。

ミート矢澤

ほどなくしてメインの登場。定番のデミグラスチーズハンバーグではなく、モッツァレラトマトハンバーグにしてみました。なんか、久しぶりだからチェダーチーズの濃い味に絡め取られるんじゃなく、モッツァレラトマトというシンプルな味付けのほうが肉そのものの味を堪能できるかと思い。
ライスとスープじゃなく、ごはんと味噌汁なあたりが、こういう寒い日にはむしろありがたい。

ミート矢澤

この内側のレア加減といったら!
久しぶりすぎて前回食べたのがどんな味だったかほぼ忘れてしまいましたが、噛みついた歯を押し返してくるような肉の弾力、それに肉自体に味がついているかのように思える肉肉しさ。そうそう、ミート矢澤のハンバーグってこうだったなあ。

この界隈、ハンバーグの名店がひしめき合っているけど、確かにここはひとつ別格感。いつも行列ができている理由が改めて分かりました。
まあ、あの行列にしょっちゅう並びたいかと言われれば、それなら銭場精肉店に並ばずに入った方が幸せだろうとも思うけど、また悪天候の日があったらもう一度狙ってみよう(笑。

積雪さまさまですね。
ごちそうさまでした。

関連ランキング:ハンバーグ | 五反田駅大崎広小路駅不動前駅

投稿者 B : 23:29 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2016/01/22 (Fri.)

銭場精肉店

先日庭つ鶏に行って以来、改めて注目しているグレイス五反田の飲食店ですが、店構えからしてとても気になるところがあったので、ランチに入ってみました。

銭場精肉店(ぜにばせいにくてん)

銭場精肉店

この赤い牛のシルエット。これだけでソソるじゃないですか。
そして「精肉店」と名のつく店に外れなしの法則。ここはうまいに違いない。

ちなみにここ、もともと大井町にある有名店の支店のようです。大井町と五反田、という立地はやっぱり芝浦の食肉センターが近いことと関係があるのでしょうか。

銭場精肉店

ランチセットのサラダとスープ。スープはシンプルなコンソメ系に黒胡椒が効いていて、空腹をさらに刺激してきます。

銭場精肉店

頼んだのは、「和牛 100% ハンバーグとカットステーキ」のセット。ちょっとランチにしては奮発しすぎましたが(笑)、ハンバーグもステーキも美味しそうだったのでどちらか選べず。
肉の前にまずはソースが出てきました。左がハンバーグ用、右がステーキ用。ステーキソースはニンニクの香りがしっかりついているので、午後の予定が心配になります(汗

銭場精肉店

どーん!ハンバーグ&ステーキのセット、+目玉焼き。
このボリューム感、満足できないはずがない。

銭場精肉店

ハンバーグはいったん丸のまま出てきて、目の前で半分に切って、断面を鉄板に押しつけて仕上げてくれます。あれ?これってアルカサールと同じくさわやかインスパイア系っぽい、けどハンバーグの見た目は全然違います。

銭場精肉店

中はかなり赤いままのレア状態。一頭買いでお店で仕込んでいるからレアでも食べられるんです!とは店員さんの弁。
半分は岩塩で、半分はソースでいただきます。

...あ、これ、おいしい。「肉の味が濃い」っていうのかな?すごくおいしい。
肉そのもののうまさでいったら、アルカサールよりこっちのほうが好みかも。

銭場精肉店

カットステーキのほうも、肉の味がしっかり味わえるので、ソースを使わずに元々かかっている塩コショウだけでも十分にうまい。ハンバーグ&ステーキセットだとランチにしては高価いけど、その価値はありますね。

銭場精肉店

やばいなあ、これはいい店見つけちゃったなあ。
ちなみに夜は焼き肉店として営業しているようです。毎月 29(肉)日はディナータイムがお得になるということなので、これはいずれ有志を募って肉の会を開催せねばなりますまい。

この店の周囲、ふらっと歩いてみただけでも、他にも肉っぽい店がいくつも。五反田はもしかして想像以上に肉の聖地なのかもしれません。
ちょっと、開拓してみようかなあ。

関連ランキング:焼肉 | 五反田駅大崎広小路駅不動前駅

投稿者 B : 22:29 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2016/01/08 (Fri.)

アルカサール牧場の炭焼ハンバーグ

静岡県には「さわやか」という有名なハンバーグのお店があるそうで。静岡に縁もゆかりもない私の Twitter や Facebook のタイムラインにもときどき単語や写真が流れてくるくらい有名なのか、単に私の観測範囲内にそういう人が多いのか分かりませんが、以前から一度行ってみたいと思っていましたが、静岡に行く用事なんてそうそうない。
と思っていたら、先日ブロンコビリーでハンバーグを食べる機会がありまして。ここ、いわゆる「さわやかインスパイア系」らしいんですが、これが確かにおいしい。でもブロンコビリーもクルマじゃないと行けない店舗ばかりからそうそう行けないよなあ、と思っていたところ、電車で行ける範囲に方向性の近いお店を見つけました。

アルカサール牧場

アルカサール牧場

五反田駅近くの飲食店が密集しているエリアにある、ステーキレストランです。この付近でステーキ&ハンバーグといえばミート矢澤があまりに有名ですが、有名すぎていつも大行列。そうそう行ける店じゃないので、それよりも空いてておいしければそっちのほうがいいんじゃね?と思います。

アルカサール牧場

「ステーキレストラン」を名乗ってはいますが、ステーキ以上にハンバーグが自慢のようです。網状の焼き目がついた炭焼鉄板ハンバーグ、これはまごうことなきさわやかインスパイア系。

ステーキもハンバーグも基本的にはグラム単位で注文するようです。とりあえずハンバーグ 250g、トッピングなしで頼んでみました。

アルカサール牧場

しばらく待つと、焼きたてのハンバーグが鉄板で出てきました。出てきた状態を撮影する間もなく、店員さんがハンバーグを二つに切り、手際よく断面を鉄板に押しつけて焼きを加えながら、その上にソースをかけていきます。一気に沸騰してあたりに飛び散るソースと肉汁。紙ナプキンを広げて、衣服にかかるのを防ぎます。この辺のプロセスも確かにブロンコビリーと同じ、さわやかインスパイア系。

アルカサール牧場

「いかにも肉って肉だ」と言いたくなる、この質量を感じる肉!
早く食べたいけど、慌てると火傷すること山のごとしなので、とりあえずソースの跳ねが落ち着くくらいまで待ちます(笑

アルカサール牧場

いただきます。

...この肉!外側はよく焼けた、食べ応えのある粗挽きハンバーグなのに、内側はまだレアで、ユッケを食べているかのような食感。肉好きにはこれはたまらない。
ソースはけっこう濃い味で、この味も含めてお腹にズシンとくるハンバーグです。

ランチにしてはちょっと高いけど、それに値する満足感が得られました。
姉妹店が川崎(チネチッタの隣)にもあり、そちらは五反田店よりもオシャレな感じの店舗でした。川崎で映画観た帰りに炭焼ハンバーグ、というのもいいかも。

元祖の「さわやか」にも一度行ってみたいんだよなあ。静岡に行く仕事でもできないかなあ(笑。

関連ランキング:ステーキ | 五反田駅大崎広小路駅不動前駅

投稿者 B : 23:29 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2015/12/28 (Mon.)

新橋「ポンヌフ」のナポリタン

新橋サラリーマンランチシリーズ(←シリーズだったんか)、これがたぶん最終回。

新橋駅前ビル

新橋駅を汐留側に出て、ゆりかもめの向こう側に、「新橋駅前ビル」という施設があります。駅前の一等地にも関わらず昭和がそのまま動態保存されているかのような、年季の入った施設。駅の反対側にも「ニュー新橋ビル」という、これまた昭和っぽい商業ビルがありますが、そういうのが新橋らしさというものなのでしょう。

この駅前ビルには小さな飲食店が雑然と軒を連ねています。ランチタイムともなれば行列ができる名店も少なくありませんが、その中でもここは特に有名なお店でしょう。

カフェテラス ポンヌフ (Pont Neuf)

ポンヌフ

Pont Neuf...「新橋」をフランス語に直訳するとこうなります。カタカナで書くとちょっと愛嬌があるというか間抜けというか、これまたちょっと昭和っぽい。
でもお昼時には新橋のサラリーマンが行列をなしており、この日も 11:30 過ぎに着いた時点ですでに行列。まあお客さんの回転はそれなりに早いので、多少の行列ならば並んでも問題ありません。

ポンヌフ

ガラスケースに食品サンプル。正しい昭和の洋食店のあり方。

このお店はハンバーグとナポリタンが売りのようですが、このサンプルを見る限りかなりボリュームがありそうです。パンよりもはるかに厚い肉が挟まったハンバーグサンドとか、すごく気になる。

ポンヌフ

店内も期待を裏切らない、どこか懐かしい雰囲気。カフェテラスを名乗っているのに、溢れるこの生活感。私が生まれる前からずっとここにあって、たくさんのサラリーマンにナポリタンを提供し続けてきたんでしょう。
厨房の中では、どんどんスパゲッティが茹でられています。その仕事ぶりを眺めているだけでも楽しい。

ポンヌフ

私が頼んだのは「ハンバーグスパゲッティ」。時代が変わったからといって「パスタ」と言い換えたりしない一貫性。
他のお客さんも含め、このハンバーグスパゲッティか店名を冠した「ポンヌフハンバーグ」のどちらかを注文しているようでした。ポンヌフハンバーグのほうはナポリタンの量が少ない代わりにサラダとバターロールがついてきます。そのバターロールに野菜とナポリタンを挟んでサンドイッチにして食べるのが、この店では標準らしい。

ポンヌフ

ハンバーグはけっこう大ぶり。緩めに焼かれたハンバーグに、ガッツリ濃いめのトマトソースの味が懐かしく、嬉しい。

ポンヌフ

ナポリタンのほうは「アルデンテ?何それ食い物?」とでも言いたげな、じっくり茹でられた太麺。喫茶店のナポリタンの味ってこんなだったよなあ。極東の国で、イタリアとは全く違う進化を遂げたスパゲッティ。

ポンヌフ

サービスセットを頼むとついてくるプリン。これもまた、手作り感満載でほっとする味。

ポンヌフ

それとアイスコーヒー。ゆっくりしたいところではあるけれど、店外にはまだまだ待っているお客さんがたくさんいるので、ほどほどで代わってあげないと。

こういう味、時々むしょうに食べたくなるんだよなあ。人間の帰巣本能を刺激する味なのかもしれません。
これからもこの店が長く続いていきますように。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:喫茶店 | 新橋駅汐留駅内幸町駅

投稿者 B : 23:00 | Gourmet | Lunch | コメント (2) | トラックバック

2015/12/22 (Tue.)

河津風わさび丼 自作の巻

長野出張のお土産に、生わさびを買ってきました。

安曇野わさび

長野はイメージに反して(?)精密機械や電子機器の工場を多く有する県ですが、食品関連での名産は蕎麦、りんご、ぶどう、わさび、馬肉などがあります。以前から生わさびをお土産に買っていってみたいけど、自宅で刺身を食べる機会もあまりないしなあ...と躊躇していました。が、今なら『孤独のグルメ』に登場した伊豆のわさび丼を自宅で再現する、という使い道があるじゃないですか(笑。これはやるしかない、と思って松本駅の土産物コーナーで購入。
一本、540 円(消費税込み)。河津のわさび園のはもうちょっと高かったような気がするので、品質はさておきお買い得かも。

安曇野わさび

ちゃんと「おろし方」の説明書もつけてくれます。まあ普通はやったことがないから分からないですよね。

そうそう、切ったら茎のほうからおろしていくんだったな。根の先端よりも茎側の方が辛くなく、香りも良いそうです。

安曇野わさび

本当は鮫皮のおろし器がいいけど、そんなの常備してないので(笑)普通のおろし器で。

心を落ち着けてゆっくり、まあるくおろしていきます。この時点で既に、わさびのつーんとした香りが立ってきて、食欲が刺激されます。

安曇野わさび

半分ほど摺りおろしました。
チューブ入りの練りわさびとは違うみずみずしい色。練りわさびってほとんどの場合、主原料は本わさびではなく西洋わさび(ホースラディッシュ)と着色料でできているので、似ているようで別物なんですよね。

わさび丼

というわけで、わさび丼セット自作完了。薬味は長野で買ってきた野沢菜のわさび漬けと、近所のスーパーで買ったみそピー(ピーナツの甘味噌和え)&岩のり。味噌汁はカップのやつなので手抜きです(笑。
なんちゃってだけど、河津の聖地巡礼を思い出してきたぞ。

わさび丼

わさび丼といっても、炊きたてのごはんに鰹節をまぶしてわさびを載せ、醤油を垂らすだけの簡単メニュー。写真では鰹節を控えめにかけてみましたが、食べてみたら鰹節も醤油もたっぷりのほうがおいしかった。結局、丼の上からごはんが見えなくなるくらいに鰹節を載せて、醤油もゴローちゃん並みにかけました。
わさびは、爽やかな香りとほんのりとした甘みがあるのが生わさびならではだけど、それでも塊に当たってしまうとむせてしまうので(笑)鰹節と一緒によくかき混ぜたほうがおいしい。

結局、ゴローちゃんよろしくわさび丼をおかわりしてしまうほどおいしかった。結局日本人にとってのご飯って、こういうシンプル極まりないごはんが一番いいんだよなあ。

生わさびはまだ半分ほど残っているので、もう一回作れます。でも年末には北陸から魚介を取り寄せるのが恒例になっているので、刺身と一緒にいただくのもいいなあ。

投稿者 B : 22:22 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2015/12/14 (Mon.)

新橋「舞浜」の煮魚定食

先日「宇和島」で鯛めしを食べたときに、はす向かいのお店に行列ができているのが気になっていて。これだけうまい店があるのに、その近くにもっと行列ができるほどうまい店があるとすれば行かざるを得ないじゃないですか。ということで、行ってきました。

地鶏・さかな 舞浜

舞浜

新橋の有名な SL 広場のちょっと先にある、昭和っぽい飲食店が密集しているエリア。お昼時ともなると行列ができる店も少なくないですが、その中でもここは特に人気店のようです。

私が行ったのはお昼のピークタイムを少し過ぎたところだったせいか、5 分ほどの待ちで入ることができました。

舞浜

ランチタイムは焼魚か煮魚、4 種類のみのメニュー。こういうところでさばのみそ煮とか食べると完全におっさんの昼メシだけど(笑)、たぶん間違いなくウマイはず。でもこの店のランチは銀だらの煮付が圧倒的人気らしいのですが...頼もうとしたら既に売り切れとのこと。確実に銀だらを食べたければもっと早い時間帯に来なきゃダメかあ。

舞浜

仕方がないので、銀だらの代わりにいわしの煮付をいただいてみることにしました(品切れになった場合は代替メニューが登場する仕組みらしい)。さばのみそ煮、めだいの焼魚にも心惹かれたけれど、いわし好きとしてはここはいわしで。

着席してオーダーすると、サクッと料理が運ばれてきました。いつも行列はできていますが、お客さんの回転はけっこう早いようです。
そして、このボリューム感。宇和島の鯛めし定食にも小鉢がたくさんついてきましたが、ここも負けず劣らず、サラリーマンの胃袋に嬉しいおかずの豊富さ。

舞浜

いわしは大ぶりなのがどどんと三尾。多くても二尾だろうと予想していたので、これだけ大きないわしが三尾出てくるとは思いませんでした。

よく脂の乗ったいわしに、濃いめの煮汁がよく染み込んでいて、これは見た目以上にうまい。当然、骨まで食べられます。たらといわしじゃ魚本来の味の傾向が全然違うけど、銀だらの代用として全く不満のない味とボリューム。むしろいわしで良かったのかもしれません。

舞浜

刺身は小鉢に。いろんな種類の刺身が一切れずつ入っていて、見た目以上の充実度が嬉しい。こういう出し方、新橋というよりも市場の魚定食っぽい。

舞浜

なかなかランチでついてくることの少ない、茶碗蒸しもついてます。中身はごくオーソドックスな感じで、ちゃんとギンナn...ってこれギンナンじゃない!コーンか!(笑
意表を突いてコーンが入っている茶碗蒸し。でも、コーンの優しい甘さが、意外にも茶碗蒸しに合ってて、これはこれでおいしい。

舞浜

お漬け物、じゃこおろし、そして海苔の味噌汁。海苔の味噌汁が出てくること自体が珍しいけど、個人的には田舎を思い出す、懐かしい味。
ちょっと塩っ気が強くて、この味噌汁でもご飯が進む感じ。

舞浜

いやあおいしかった。ついご飯をおかわりしてしまいました。
内容的にも、ボリューム的にも、大満足のお昼ごはん。

これは確かに宇和島と双璧という感じ。普段の魚料理をおいしくいただける舞浜と、鯛めしのプチ贅沢感を味わえる宇和島、最強の二択かも。
ただ宇和島は夜がとっても高そうなのに対して、舞浜は普通のサラリーマンの夜飲みにも使えそうなのが大きな違いですかね。

ここの黒板に書かれていた夜メニューもまた、うまそうなんだよなあ。「インドまぐろのほほ肉バター焼」とか、文字列だけでもうたまらん(笑
チャンスがあれば夜も挑戦してみたいと思います。

関連ランキング:居酒屋 | 新橋駅内幸町駅汐留駅

投稿者 B : 22:51 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2015/12/02 (Wed.)

新橋「宇和島」の鯛めし

宇和島

ある方に「ここの鯛めしは絶対食べに行くべし」という強いおすすめをいただいたので、行ってきました。

新橋はサラリーマンの聖地というだけあって、飲食店もよりどりみどり。単にいろいろあるってだけじゃなく、老舗の名店もとても多く、こんなにいい店が密集しているエリアは他にないんじゃないかと。この界隈で働いていたら、絶対太るに違いない(笑
この店も、一見地味ながら、そういう名店のひとつです。

四国さかな処 宇和島

宇和島

この店、どうやら夜は「お品書きに値段が書かれていない店」のようなのですが、お昼は一般的なランチの値段。行列こそできていないものの、お昼時はほぼずっと満席という人気店です。まあこの周辺は行列のできる店が多いので、独りならサッとカウンターに座れるという意味では穴場なのかも。

お店に入ろうとしたら、自動ドアでもないのに入り口の戸がガラッと開き「いらっしゃいませ~」。ま、待ち受けられていたのか(笑

宇和島

頼んだのは、もちろん A ランチ(鯛めし定食)。鯛めしと味噌汁に、小鉢(というには大きすぎる鉢)がついてくるボリューム満点のセットです。1,200 円のランチってプチ贅沢の部類に入るけど、新橋の真ん中で新鮮な魚の、このボリュームならばむしろお得感さえあります。

宇和島

「鯛めし」っていうとお米を鯛と一緒に炊き込んだもの、というイメージがありますが、愛媛県の宇和島の郷土料理である「鯛めし」はそれとは違って、鯛の刺身を出汁と一緒に白飯にぶっかけて食べるスタイルだとか。刺身好きとしては、炊き込みご飯よりもこっちのほうが断然嬉しい。出汁に卵黄とたっぷりの胡麻が入っているのがすてき。

宇和島

白飯にかける出汁の量はお好みで、とのことでしたが、まずは鯛を味わいたかったので、出汁は軽めに。
もともと、刺身と言えば日常的にブリを食べる地方に生まれ育った私としては、鯛の刺身って淡泊な印象があったのが、ここの鯛は肉厚で脂が乗っていながらも、ほどよく引き締まっていてとても美味しい。うん、これ美味しいです。

宇和島

味噌汁も一見ふつうだけど、魚の出汁がすごく効いていて、良い意味で裏切られました。

飲んだ瞬間に、うまみの津波が襲ってきた。

宇和島

小鉢も、あら大根はあらの旨味を大根が全部吸い込んでいて、このひたひたの大根が、ご馳走といえるうまさ。あらのほうも、骨にくっついている身をほじくりながら食べていると、なんだか実家に帰ってきたような感覚で、しみじみ。
じゃこ天のほうはいわゆる薩摩揚げ的なやつだけど、じゃこを使っているからか一般的な薩摩揚げよりも濃い味で、これもいい。

昼間から、こんなうまい魚で白い飯を食べる、日本人として無上の喜び。

宇和島

小鉢でごはんが空いてしまったので、おかわりをして改めて鯛めし。今度は、汁「じゃぶじゃぶ」で。

あー...これは、じゃぶじゃぶが正解だった。
鯛のうまさの上に、出汁と胡麻と卵黄のうまさが渾然一体となって、最強のねこまんまだ。幸せ。

宇和島

出汁の最後の一滴まで、うまかったあ~。
あら大根も、もう食べるところが残ってないくらいまでキレイに食べるのが、港育ちとしての誇りです。

ここは絶対にまた来よう。夜は無理な値段っぽいから、また昼で(笑

ごちそうさまでした。

関連ランキング:郷土料理(その他) | 新橋駅内幸町駅汐留駅

投稿者 B : 23:59 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2015/11/25 (Wed.)

五反田の老舗洋食店 グリルエフ

以前から気になっていた、五反田の老舗レストランに行ってきました。

グリルエフ

グリルエフ

JR 五反田駅ロータリーの真向かい、歓楽街の入口の脇のところにあるお店。このあたりは確実に昭和からあるだろう店と、最近オープンしたと思われる真新しくてお洒落なお店が共存する、不思議なエリア。
「グリルエフ」もいつの時代から営業しているのか分からないくらいに年季が入った建物で、外観には蔦が這っています。今まではちょっと入る勇気が出ませんでしたが、今回は意を決して突入。

グリルエフ

店内は、想像通りの「年季の入った洋食屋さん」。あちこち古びてはいますが、50 年前は高級レストランだったんだろうなということを思わせる風格が漂っています。
私が通されたのはカウンター。ガラス越しに、厨房の様子が見渡せて、これはこれで逆に嬉しい席かも。

グリルエフ

メニューもまた、昭和がそのまま甦ってきたかのような、達筆な手書きのコピー。どのメニューもいいお値段しますね。
そして「牡蠣はじめました」って冷やし中華かよ!(笑

グリルエフ

頼んだのはハヤシライス。実はこれ、メニューに載っていないんです。裏メニューだけど、この店の他のどの料理よりも有名という(笑。
ランチタイムには、お客さんの半分以上がハヤシライスを頼んでいるようでした。しかも、こんなに入りづらそうな店構えにも関わらず、ほぼ満席。昔から多くの人に愛されてきたお店なんでしょう。

グリルエフ

一般的にハヤシライスというと、トロッとしたデミグラスソースの中に牛肉とタマネギ...を想像すると思いますが、ここのハヤシライスはほとんどソースがなく、大半がタマネギ。だけど、このデミグラスソース自体も創業当時から継ぎ足して使われ続けている、秘伝の味なんだとか。

グリルエフ

平皿に、けっこう大盛りに盛られたライスにかけて食べると、今まで食べたことのあるどんなハヤシライスとも違う味。真っ黒なデミグラスソースは、年期を感じる少しのほろ苦さがありながらも、どこか優しい味。で、タマネギはくたくたに炒められた...のかと思ったら、予想に反してシャキシャキした食感がしっかり残され、食べ応えがあります。そこに郷愁を誘うグリンピース。
ああ、これはおいしい。初めて食べたのに、子どもの頃に食べたような記憶があるというか...なんというか、胸がいっぱいになる味だ。

こういうの、たまーに思い出したように食べたくなるんだよなあ。またいずれ来よう。

関連ランキング:洋食 | 五反田駅大崎広小路駅高輪台駅

投稿者 B : 23:15 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2015/11/19 (Thu.)

とんかつ あげ福

五反田にうまいとんかつ屋があるという情報をキャッチしたので、食べに行ってきました。

とんかつ あげ福

とんかつ あげ福

ハンバーグで有名なミート矢澤の隣にあるお店。というか、矢澤ミートの系列店なんですね。隣のミート矢澤本店があまりに有名すぎて、こちらのお店はそこまで知られていないのか、お昼時はミート矢澤にはいつも通りの行列ができていたのに、こちらはすぐに入れました。まあほぼ満席ではありましたが。

店内はほぼカウンターのみ。奥の方に四人一組分のテーブル的な席もひとつだけありましたが、カウンターの延長みたいな感じ。ゆっくり食べるというよりは、回転率重視のようです。隣の席との間隔はかなり狭く、気を遣います。カウンターでもせめて豚組食堂くらいのゆったり感があれば、もう少し落ち着けるんだけどなあ。

とんかつ あげ福

ランチメニューは定食だと最低 1,000 円から。普通にロースカツ定食を食べようとすると 2,000 円からなので、そうそう普段からランチに来れるお店ではありません。

ロースがどんなものかは気になるけど、矢澤ミートといえば牛肉のイメージ。なので、和牛メンチカツを軸に考えてみます。

とんかつ あげ福

頼んだのは、チキンカツコンボ(チキンカツ+和牛メンチ小)。シンプルに和牛メンチ定食か欲張って肉ミックスかも迷ったけど、とりあえず初回はこのへんで小手調べといきます。

とんかつ あげ福

メンチカツは「小」といっても一般的には普通サイズと言えそうな大きさ。でも組み合わせるのは見た目からしてあっさりしてそうなチキンカツだし、物足りないんじゃないか?と少し心配になりました。

とんかつ あげ福

ソースはテーブルに常備されたとんかつソース&すり胡麻もありますが、ランチにはタルタルソースとジンジャーソースもついてきます。タルタルソースはチキンカツに合いそうだけど、ジンジャーソースって初めてなんですけど!
カツにつけて食べてみると、ジンジャーソースは想像した以上に深くて濃ゆい味。これ、ちょっとクセになりそうかもしれません。

とんかつ あげ福

チキンカツはささみですかね。見た目からして軽そうだし、ささみカツってパサパサしていることが多いので、これが出てきたときには「失敗したかなあ」と思いました。でも食べてみると、これがささみとは思えないほどしっとりしていて、しかも柔らかい。こんなささみは食べたことないかも。見た目でばかにしてすみませんでした。

とんかつ あげ福

和牛メンチカツ。衣の色がチキンカツとは違っていて、揚げ分けているんでしょうね。
チキンカツがこれだけうまかったのなら、和牛メンチはどんなことになっちゃうのか。

とんかつ あげ福

箸で割った瞬間、肉汁が、ジュワッ、ではなくて、(´;ω;`)ブワッ、という感じで溢れ出てきます(ぉ
衣はざっくり。肉はそのものの食感がしっかり残っている感じの粗挽き具合で、肉食ってる感満載。口の中はうまみの洪水。あーこれやばいやつや。

そりゃそうか、ミート矢澤のハンバーグをそのまま揚げたらこんな感じになるんだろうから、うまくて当然なのか。妙に納得。
チキンカツもおいしかったけど、このメンチを食べたらチキンはなかったことになっちゃうなあ。

懐にちょっと余裕のあるときでないとなかなか来れないけど、今度はど真ん中直球でメンチカツ定食にしよう。

関連ランキング:とんかつ | 五反田駅大崎広小路駅不動前駅

投稿者 B : 23:29 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2015/11/12 (Thu.)

五反田 立喰いずし 都々井

最近、ときどきこちらの店で寿司を立ち食いしています。

立喰いずし 都々井

立喰いずし 都々井

JR 五反田駅の高架下にある、立ち食い寿司のお店。この周辺はおにやんまをはじめとして、ディープな名店が建ち並んでいます。この「都々井」も、その中では知る人ぞ知る名店。
店構えからして昭和感あふれるたたずまい、しかもネタよりもむしろ「しゃり自慢」というあたりが渋い。

立喰いずし 都々井

「立ち食い」「立ち飲み」といいつつスツールが置いてある店も少なくありませんが、この店は本当に完全立ち食い。
昼夜問わずけっこう混んでいて、周辺のサラリーマンを中心に多くのお客さんに愛されているお店です。

立喰いずし 都々井

カウンターには、一定間隔で水道が設置されています。初めて見ると、回転寿司屋によくあるアガリ用の給湯器っぽく見えますが、これは手洗い用の水道。こういうタイプの蛇口、小学校とかにあったよなあ。
江戸なら寿司は手づかみで食べるのが当然、だから食後には手洗いを、という気遣い。まあ平日のランチタイムだと手に魚の匂いがついても困るので、私は箸でいただきます(笑

立喰いずし 都々井

価格帯はなかなか良心的。激安回転寿司ほどじゃないですが、ベテランの職人さんが握ってくれる廻らない寿司屋でこの値段は嬉しい。立ち食いさまさまですね。

立喰いずし 都々井

ランチタイムはにぎり一人前 650 円、1.5 人前で 900 円。一人前だとちょっと物足りないので 1.5 人前をオーダー。
それほど高級なネタこそありませんが、にぎり 11 貫+巻物 3 貫で 900 円というのはかなりお得感があります。

立喰いずし 都々井

魚系のネタはマグロ赤身、カンパチ、アジなど。
むちゃくちゃ美味しいというほどではないけど、その辺の商業ビルに入ってるチェーン系寿司屋でにぎりランチを食べたらもっと高くて微妙だったりすることも少なくないので、納得できるおいしさ。
自慢のシャリは、よく締まっていて他にはあまりないタイプ。これ好きです。

立喰いずし 都々井

ホタテとかエンガワが入っているのが嬉しい。
個人的にはもうちょっと魚系多めのほうが良かったけど、満足度は高いです。

立喰いずし 都々井

黒板を見ていたら「おすすめにぎり」から何か欲しくなったので、マイワシを追加で。
ランチにぎりは桶で出てきたけど、単品はちゃんと下駄に乗ってきます。

青魚好きとしては外せない、このトロッとした脂身のおいしさ。

立喰いずし 都々井

ここで調子に乗ってコハダとか漬けマグロとかも頼みたくなるところですが、江戸の立ち食い寿司で昼から長居ってのも粋じゃないので、これにて終了。
お昼から寿司を食べるとちょっと贅沢した気分に浸れるけど、これで 1,100 円というのがまたありがたい。

ごちそうさまでした。また来ます。

関連ランキング:寿司 | 五反田駅大崎広小路駅大崎駅

投稿者 B : 02:21 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2015/11/07 (Sat.)

東京都目黒区大岡山の九絵定食

「しかし、人間って悲しいかな。腹が立っても、ムカついていても、腹が減るんだよなあ」

大岡山

ここ一週間で急に冷え込んできたな...えっ、駅ビルかと思いきや、病院?

というわけで、ドラマ『孤独のグルメ Season5』聖地巡礼、つい先ほど放送されたばかりの目黒区大岡山に、さっそく行ってきました。
大岡山は、個人的に学生時代よく来ていた土地。私にとっては準ホームグラウンドと言える場所だけに、真っ先に巡礼しないわけにはいきません。放送後はメチャ混みでゆっくりできないだろうと思い、今回は事前巡礼に行ってきました。

大岡山

個人商店の連なり、嬉しい。
東横線が複々線化したタイミングで駅前はずいぶんきれいになっちゃったけど、この商店街は昔からあまり変わらないなあ。

この北口商店街から一本入るとさらに雰囲気が変わって、今でも昭和の雰囲気を残す住宅街が顔を出します。そんな中にあるのが漁師料理の「九絵」。私がこの界隈に来ていた 15 年前には、確かまだなかったお店です。

漁師料理 九絵

九絵

漁師料理...?

そういや最近、お魚食べてないな。(←こないだ食べたところです)

151107d.jpg

「御飯と味噌汁、おかわりどうぞ!!」か。
こういうの、嬉しいじゃないですか。いかにも学生街の定食屋という感じがする。

うまい魚でご飯バクバク、味噌汁ズルル。いいじゃないかいいじゃないか。

151107e.jpg

お昼の定食メニュー、いっぱいあるんだなあ。
でも、主力メニューが軒並み千円超えって、学生さんにはちょっとお高めかも。

よし、たのもー。

九絵

通されたのはカウンター、後から放送を見て気づきましたが、ほぼジャストゴロー席。
厨房の奥では大鍋でいろんなものが煮込まれています。

魚がいい。そして大将の顔がいい。
期待値、急上昇中。

注文したのは店名を冠する「九絵定食」。お客さんの八割が頼んでいる感じでした。
ちなみに放送後しばらくは(というより放送前からかなり行列ができているようです)対応しきれなくなるためお昼は九絵定食のみにするかも、とのこと。

九絵

劇中のような魚を捌くシーンは見られませんでしたが、大将の仕事ぶりが目の前で見られます。
新鮮な魚たちが目の前に現れると、期待も高まりまくり。

そして、女将さんによる大将へのダメ出しが炸裂しまくり。一挙手一投足にツッコミを入れられているんじゃないかという勢い(笑。
完璧に、ミユキちゃんがボス。ふっ(笑

この席、最高。リングサイド S 席最前列だ。

九絵

料理が順番にできあがってくると、女将さんがお盆を持って一言。

「はい、アニキ。重いから気をつけてね」

飲食店で女将さんに「お兄さん」と呼ばれることはよくあるけど、「アニキ」は初めて(笑
カウンター越しに渡されたお盆は、本当にズッシリと重く感じられました。

九絵

おーっ、こ、こっ、こっれは...!

大きな盆いっぱいのおかず群。
これでおかわり自由という心強さ。鼻血級サービス。

いただきます。

九絵

刺身は四種盛り。この日は、マグロ・カンパチ・サーモン・ブリ、かな。

うん、うん!
これはいい刺身。とても東京の、大きな岡の山で食べているとは思えない、漁師町の味。

うまい刺身と、醤油と、白いご飯。日本人でよかりけり。

九絵

この煮付けがまずいわけがない。
ついつい、無言で骨の間にある身をほじってしまいます。

煮付けって、深いなぁ~っ。
手をかけてる、もてなしの心がいい出汁になっている。

九絵

この味噌汁、あら汁なんですね。魚の出汁がよく出ていて、このあら汁もすごくいい。

あら汁の滋味は、漁師の滋味。島国の滋味だ。

九絵

ダメ押しの付け合わせ軍団、しっかりおかずだ。
厨房の大鍋で煮込まれているのは、この厚揚げとさっきの煮付けだったか。
厚焼き玉子も、卵何個使うんだっていうほど大きなものを焼いてから、切って出してくれています。

うまい刺身と、醤油と、白いご飯。
煮付けで食べるご飯の、尊いようなおいしさは、どこから来るんだろう。
そこに刺身、あら汁。1 ミリの隙もない、完璧な魚定食。

九絵

いやあ、おいしかった。
お腹も心もいっぱいになりました。

このボリューム、この内容なら、1,200 円は全然高くない。
魚を思う存分食べたくなったら、ここに来ればいいんだな。
(ちなみにディナータイムに九絵定食を頼むと 2,000 円で、お店によるとこちらが本来の値段とのこと)

ごちそうさまでした。
さすがにお腹いっぱいになってしまったので、なめろう冷茶漬けまでたどり着けませんでした(汗。

というわけで、続きます(ぉ

孤独のグルメ Season5 Blu-ray BOX

B017D5ESCK

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 大岡山駅緑が丘駅北千束駅

投稿者 B : 01:12 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2015/09/30 (Wed.)

大崎 いわし料理の店 味楽

大崎に、ずっと前から気になっていた店がありました。

いわし料理の店 味楽

いわし料理の店 味楽

大崎駅のホームからも見える「いわし料理の店」の看板。青魚好きとしてはずっと心惹かれていたわけです。ましてや、ドラマ『孤独のグルメ』でりんかい線の隣駅・大井町の「だるまや」が取り上げられるとは、このエリアにはいわし料理の専門店が集中する理由でもあるのか?と気になっていました。
店舗は、大崎駅東口の階段を降りると真っ正面に現れます。これは、まさに駅前を超えた「駅前」だ(笑。

実は何度か夜に来ようとしてみたんですが、いつも満席で入れず。まあ、このあたりは隣の五反田や大崎広小路にはいろいろ店があるけど、大崎は居酒屋不毛地帯と言っても良い場所で、それもやむなし。先日、お昼どきに大崎方面に行く用事があったので、このチャンスを逃す手はないと思い、暖簾をくぐってみました。

いわし料理の店 味楽

さあて、どんないわし料理が俺を出迎えてくれるんだ...と思ったら、ランチのいわしは「いわしフライ定食」のみ。他は鶏唐揚げ定食とかほっけ焼定食とか、いわゆる居酒屋のランチメニュー。これはちょっと肩すかし感を味わいつつ、初志貫徹でいわしフライ定食+生卵を注文。
出てきたのは、とてもボリューム感のある「いかにも男の昼飯って感じ」の定食。でも、こういうのでいいんだよ。

いわし料理の店 味楽

いわしフライは、揚がり具合はまあ普通だけど、いわし自体は脂が乗っていて、期待通りの味。

ソースをかけていただけば、もうそれだけでご飯が進みます。
ソース以外にもカラシがついていて、さらに生卵を頼むと醤油も出てくるので、味のバリエーションが楽しめます(笑

いわし料理の店 味楽

小鉢は冷奴にお新香、サラダ、お味噌汁。いわしフライにキャベツの千切りとトマトがついているのに、さらにこのサラダ要るか?という気はします(笑。
お新香は味しっかりめで、これもご飯の消費を促してきます。

いわし料理の店 味楽

これだけおかずがあれば、生卵は要らなかったかもなあ...と思うけれど、玉子かけご飯にすると「やっぱり卵つけて正解、俺の選択は間違ってなかった」と思えます(ぉ。
これはご飯大盛りでも良かったくらいだなあ。大盛りにできるかどうか知らないけど...。

いやあ、おいしかった。感動するほどうまい、というわけではないけれど、日々の昼食に毎日来ても飽きない味、っていうのはこういうもんですよ。
そういえば隣の席のお客さんが頼んでいたとびうおフライ定食が、見た目からするといわしフライよりも美味しそうだったなあ...。

いわし料理の店 味楽

でもやっぱり、心惹かれるのは壁に貼られたこのいわしメニュー群ですよ。想像するだけで、どれもうまそうだ。

これは、今度こそ夜に来てみるしかありませんね...。

関連ランキング:居酒屋 | 大崎駅大崎広小路駅五反田駅

投稿者 B : 22:18 | Gourmet | Lunch | コメント (2) | トラックバック

2015/08/13 (Thu.)

六角堂 Grill&Bar

金沢に帰省中なわけですが、北陸は冬はともかく夏は特においしいものがない。せいぜい近江町市場で北陸近海以外から来たものまで含めて探せばいろいろあるけど、それもイマイチ帰省した感じがしない。ならば肉でしょう、ということで卯辰山の六角堂へ。

六角堂 Grill&Bar

六角堂 Grill&Bar

一年ぶりに来てみたら、本館の隣にある別館がいつのまにかグリル&バーに改装していて、ちょっとだけ雰囲気の違うお店になっていました。今回はこのグリル&バーのほうを予約しました。

六角堂 Grill&Bar

とはいえランチメニューは従来通り、本館と同じものを出しているのかな?ランチコースとステーキ定食がありますが、定食でも十分なボリュームとクオリティがあるので、ランチステーキ定食のオーストラリア産牛ロース 250g を注文。

六角堂 Grill&Bar

で、休暇中なのでランチビールと洒落込むわけです。
定食のサラダは、トマトやパプリカが甘みがあっていい上に、ドレッシングがおいしい。

六角堂 Grill&Bar

サラダとビールをいただいている間に、シェフが目の前の鉄板でガーリックチップを炒めてくれます。
この時点で部屋にニンニクのいい香りが充満し、食欲をそそります。

六角堂 Grill&Bar

ガーリックチップ完成。これがまた単体でビールのお供として最高の性能を発揮してくれるわけです。
ステーキソースには薬味としてホースラディッシュが添えられているのが嬉しい。

六角堂 Grill&Bar

ニンニクの香りが十分に移った鉄板の上で、注文した肉が焼かれていきます。
この肉の分厚さ、某エアーズロックほどではないにせよ、この肉を独り占めできるのもそれはそれで幸せ。(※注:写真の肉は一人前ではなく四人前の分量です)

六角堂 Grill&Bar

ほぼ焼き上がりの状態。表面の焦げ目のちょうど良さと、側面から滲み出てきている肉汁の具合がたまりません。
この間にも肉の焼ける様子とガーリックチップをつまみにビールが進んでいるわけですが、これはもう我慢ならん。は、早く(ry

六角堂 Grill&Bar

サーブする前にカットしてくれるわけですが、このナイフさばきがまた流麗な、プロの仕事。無駄のない動きって見とれてしまいます。

六角堂 Grill&Bar

肉はカットしたらすぐにサーブしてもらえます。その後、間髪を入れずにその鉄板の上でもやしが炒められ始めていきます。ニンニクの香りがついた鉄板で肉を焼き、さらに肉のうまみも乗った鉄板の上でもやしを炒める。全てのうまみを無駄に捨てることのない、計算された仕事ぶり。

六角堂 Grill&Bar

おおおおお。プレートの上で、肉が、もやしが、ニンニクが、輝いて見える。

ちなみに以前は肉は原則サイコロ状にカットして提供されていましたが、今は大人向けには一般的なステーキ状にカットして提供されるようになっているんですかね。私はこちらのほうが食べ応えがあって好きなので、嬉しい。

六角堂 Grill&Bar

焼き加減はミディアムでオーダーしましたが、中のほうはけっこう赤みが残っていて、肉そのものの風味がなくなっておらず、とてもおいしい。ボリュームはあるのに脂っこくなく、最後まで飽きずにいただけます。

六角堂 Grill&Bar

そりゃあ肉が出てきたら赤ワインにいかざるを得ないってものです。

ここ、高級ステーキハウスだけあって国産牛のコースを頼むとかなりいいお値段しますが、高級肉でなくても質はいいしサービスのレベルも高いので、ランチステーキ定食でも十分満足できます。3,000 円のステーキなのに味や肉質が微妙なお店は少なくないので、質に対する価格、という意味で考えると、実はけっこうリーズナブルなんじゃないだろうか、とさえ思います。

来年の帰省のときには来れるかなあ。

関連ランキング:ステーキ | 北鉄金沢駅金沢駅七ツ屋駅

投稿者 B : 23:29 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2015/07/25 (Sat.)

広尾のカジュアルフレンチ ラ・プティ・シュシュ

私にしては珍しく、広尾のフレンチレストランでランチコースをいただいてきました。

フレンチレストラン ラ・プティ・シュシュ

ラ・プティ・シュシュ

広尾って普段来ないんですが、このお店には以前一度連れてきていただいたことがあって、また来たいと思っていました。地下鉄を出てすぐ、広尾にしては生活感のある商店街沿いにある小さなカジュアルフレンチのお店です。

1F はカウンターのみ、テーブル席は 2F へ。お昼からけっこう混んでますね。

ラ・プティ・シュシュ

まずはスパークリングワインから。ああ、暑い中、昼酒の幸福。

ラ・プティ・シュシュ

ランチコースなのでメニューは日替わりのようですが、まず前菜は鎌倉野菜のサラダとマグロのカルパッチョ。

立体的に盛り付けられた鎌倉野菜が美味しい。そして野菜に埋もれるように、ごろっと切られたマグロのカルパッチョ、これもまたあっさりめで美味しい。スパークリングワインが進んじゃいますね。

ラ・プティ・シュシュ

スープはワタリガニとパプリカのスープ。カニのうまみがスープにしっかり抽出されていて、とても美味しい。カニ自体はあまり食べるところがありませんが、パプリカのとろとろ感も相まって、これは絶品。おかわりしたくなります。

ラ・プティ・シュシュ

メインはこのお店の人気メニュー「広尾ハンバーグ」。コースだと通常のランチセットよりもちょっと豪華なバージョンで出してもらえるようです。

淡いピンク色はビーツのソースで、グリル野菜につけて食べると爽やかな酸味が美味しい。

ラ・プティ・シュシュ

主役のハンバーグは、ビーツソースとは対照的に甘めのグレービーソース。球形にまとめられたハンバーグはふわっと柔らかくて、上品な食感。さらにその上にフォアグラが載っているという贅沢。

フレンチを食べに来てハンバーグ、というのは邪道な気がしていたけど、これはイイ。看板メニューになるわけだ...。

ラ・プティ・シュシュ

デザートはココナッツプリン。ちょっと甘めだけど、ココナッツの風味が夏っぽくて嬉しい。アイスコーヒー(これも美味しい)によく合います。

ああ、お昼から幸せな食事を満喫させていただきました。ごちそうさまでした。

ラ・プティ・シュシュ

ちなみにここのハンバーグ、お持ち帰りもできてしまいます。さすがにフォアグラは載っていないけれど、二つで ¥1,000 というのは安いんじゃないですかね。このまま夜用に買って帰りたくなりました(笑

それからカレーも美味しそうなんですよね。フレンチなのにカレーとかハンバーグとか、町の洋食屋さん的メニューが気になるってのもどうかと思いますが(笑、機会があれば今度はカレーを食べに来てみたいと思います。

関連ランキング:フレンチ | 広尾駅

投稿者 B : 21:25 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2015/06/09 (Tue.)

ぎたろう軍鶏 炭火焼鳥 たかはし

五反田界隈でお昼どきを迎え、どこで何を食べようかな...というところで、そういえば五反田に親子丼のうまい店がある、という話を思い出したので、その店までいそいそと。

ぎたろう軍鶏 炭火焼鳥 たかはし

ぎたろう軍鶏 炭火焼鳥 たかはし

東急五反田駅徒歩 1 分、池上線沿いの飲食店系雑居ビル。いわゆるこの辺の「おじさんたちのパラダイス」にあたる場所です。私も、このビルの他のお店にはいくつか入ったことがあるけれど、2 階には足を踏み入れたことがなかった。いろいろと個性的な居酒屋に混じって存在するのが、カウンター中心のこのお店。基本的には焼き鳥屋らしいですが、お昼は親子丼をやっているようです。

店員さん、寡黙な雰囲気のおじさん二人。メニュー、親子丼の並と大盛りのみ。この潔さや、良し。

ぎたろう軍鶏 炭火焼鳥 たかはし

着席するやいなや出てくる、麦茶・お新香・スープの三点セット。
スープは具なしのシンプルな鶏がらスープ。でも、鶏のダシがとてもよく出ていて、もうそれだけで勝負しているストレートなやつ。これだけをずっと飲んでいたいと思える、優しいけれど癖になる味。

ぎたろう軍鶏 炭火焼鳥 たかはし

そして、親子丼。何の変哲もない、この上なくシンプルな親子丼。

でも、ちょうど良い半熟具合の卵に絡められた鶏肉のひとつひとつが程良い弾力と柔らかさを併せ持っていて、こ れ は う ま い。味付けは薄めで、鶏肉の味そのものを味わうために作られた親子丼、という印象。軍鶏は炭火で焼いているようで、飲み込む瞬間に鼻に抜ける炭の香り。ああ、ここまで丁寧に作られた親子丼は今まで食べたことがなかった。
まあ、そもそも軍鶏の親子丼自体、そうそう食べられるものじゃありませんが。でもこれ、並盛りで 900 円、大盛りでも 1,000 円しかしないんだぜ...。

ぎたろう軍鶏 炭火焼鳥 たかはし

店内には BGM もなく、換気扇の動作音と、店員さんが黙々と仕込みをする物音が響くだけ。私以外のお客さんも含め、口数少なに目の前の親子丼に取り組んでいます。
私は平日のランチはどちらかというと独り静かに、淡々と料理に向き合うほうが好きなので、これくらいストイックな店のほうが合っている気がします。これは、お昼どきのいい男の隠れ家を見つけたかも。

後から調べて知ったんですが、このお店、過去にミシュラン一つ星を獲得したことがあるらしいですね。実はミシュランに載ったお店で食べたのはこれが初めてですが、確かにこれは納得の味。

店内には多数のワイングラスが並んでおり、夜はこの静かな店の中で軍鶏の焼き鳥とワインが楽しめる、ということでしょう。これはいずれ夜にも来てみるしかありません。

関連ランキング:焼き鳥 | 五反田駅大崎広小路駅大崎駅

投稿者 B : 22:51 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2015/05/13 (Wed.)

大森 とんかつ 鉄(kurogane)

ドラマ『食の軍師』を観ていたら、俺の腹が完全にとんかつ腹になってしまったので、うまそうなとんかつ屋さんを開拓しに行ってきました。

とんかつ 鉄

とんかつ 鉄

行ってみたのは大森の「鉄(kurogane)」。大井町の丸八、大森の丸一、蒲田の同じく丸一、鈴文、池上・千鳥町の燕楽...と、実はこのエリアかなりのとんかつ激戦区なんです。そこに今年オープンしたばかりの新店ということで、味への自信のほどが窺えます。

立地は駅前の繁華街から少し外れ、JR 大森駅~京急大森海岸駅の間にある、飲食店としてはちょっと意外な立地。くろがねと言えば空にそびえる...という世代でも私はありませんが(ぉ)、このお店は地下にあり、そういう意味でも一見で入ろうとはなかなか思えない店構え。

とんかつ 鉄

店内は、とんかつ屋とは思えないほどきれいでお洒落。そして BGM にはジャズ。少なくともこの界隈のとんかつ屋にある雰囲気ではありません。むしろダイニングバーとか小洒落た居酒屋の雰囲気。

でもメニューにはとんかつが書いてあるんですよね(笑。そしてとんかつの選択肢は実直にロースとヒレ、あとはグレードの違いという感じ。でもかつカレーとか、夜限定のかつ煮定食とか、そっちにも心惹かれます。

とんかつ 鉄

そしてもう一つ、おつまみメニュー。

これがまた、ネギぬた、にしんの棒煮、酒盗クリームチーズ、からすみ、それに季節限定と思われる滑川産ホタルイカ、と種類こそそれほど多くありませんが、完全に「わかってる居酒屋のおつまみ」。昼間だから飲まないけど、これは夜にちょっと飲みに来たくなる品揃えです。

とんかつ 鉄

せっかく来たからには半端にケチるのももったいないので、特上ロースかつ定食をいただいてみました。

盛り付けはとんかつ屋にしては上品な感じ。まあ、ごはんにせよキャベツにせよ「おかわり自由とか言う前にちょっとそれ盛りすぎだろ」という盛りで出てくる店も少なくないですが、足りなければおかわりすればいい話なので、これくらいでちょうどいい。ちなみにごはんとキャベツは各 1 回ずつおかわりできます。

とんかつ 鉄

主役の特上ロースかつはしっかりしたボリューム感。そして、このきつね色に揚がった衣が美しい。厚すぎず薄すぎず、油っこすぎることもなく、程良い揚がり具合。

とんかつ 鉄

テーブルには二種類の塩が並んでいます。アンデスの紅塩と、アルペンザルツ岩塩。ソースと醤油と塩とカラシの食べ比べまでは想定していたけど、塩の種類で食べ比べまでは想定していなかったので、軽い衝撃を受けました。

とんかつ 鉄

そんなわけで、まずは我が内なる食の軍師の声に従い、二番目に小さいカツ片にレモンを搾り、塩をふっていただきます(笑。いきなり衣に塩をかけちゃったけど、ここはドラマ版の力石よろしく肉に直塩のほうが圧倒的においしかった!

カラッと程良く揚げられた衣と、あくまでしっかり火を通した身からあふれるジューシーな脂。あああ、これはうまい。周辺の名店たちとがっぷり四つに渡り合える腕前と言って良いでしょう。そして、塩も良かったけど、ここのとんかつはソースが一番おいしいと思います。

これはいい店を見つけたなあ。この近くにはたまに買い物に来るし、またちょくちょく食べに来よう。

関連ランキング:とんかつ | 大森駅大森海岸駅

投稿者 B : 23:56 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2015/05/07 (Thu.)

松島の味・さんとり茶屋

松島でのおひるはやっぱり地元の海産物をいただきたいわけですよ。なので、港沿いのよさげなお店で海鮮に舌鼓を打ってきました。

味処 さんとり茶屋

さんとり茶屋

松島の湾岸沿いとしてはちょい奥の方にある食事処。「茶屋」っていう響きが周辺散策の落ち着き処としてはちょうどいい感じに思えたので、寄ってみました。お昼時は混みそうだったので、開店一番にお店に到着したといころ、我々の後にどんどんお客さんが続いてきて、あっという間に満席に。

ちなみに「さんとり茶屋」という店名ですが、某酒類メーカーとは関係がないようで、ビールはサッポロが置いてありました(笑

さんとり茶屋

席は二階の座敷。窓からは松島湾が一望できます。屋根の下だとちょっと冷たく感じるくらいの海風が吹き込んできて、初夏の海の心地よさを感じさせてくれます。

っていうか、せっかくの景観なのに目の前の電線が邪魔だなあ(´д`)。

さんとり茶屋

本命を頼む前に、まずはカキの殻焼きからいただきます。ここに来たならこれは外せない。本当は生牡蠣とちょっと迷ったんですが、せっかくの旅行中にあたったらと思うとちょっと日和ってしまったのは内緒(ぉ

松島のカキ養殖業は震災で大きな被害を受けましたが、以前ほどの漁獲量こそまだ取り戻してはいないものの、こうやって名物として出せる程度には回復してきたとのこと。近隣市の組合の協力もあってとのことですが、やはり復興に向けた関係者の方々の並々ならぬ努力を思うと、この殻焼きのありがたみが一層身に染みます。

さんとり茶屋

カキの身は思っていたよりは小ぶりでしたが、その分引き締まっていて、味は確かに「海のミルク」。できるだけ汁まで残さずいただきます。
生牡蠣も捨てがたかったけど、やっぱりこうやって焼いたほうが磯の香りが立って美味しいよね(負け惜しみ

さんとり茶屋

そしてメインは数量限定の穴子丼!これも松島近海の特産物のひとつです。個人的には穴子よりも鰻派ですが、それは今まで単に「本当に美味しい穴子」を食べていなかっただけなのではないかと。

ちなみに丼についてくる味噌汁はあら汁に変更可とのことだったので、あら汁にしてもらいました。あら汁おいしいよね。

さんとり茶屋

大ぶりの穴子に、甘めのたれが食欲をそそります。柔らかくて臭みもなく、確かにこれはおいしい穴子丼。穴子っていうと鰻よりも脂が少ないので天ぷらにでもしないと食べ応えがないと思っていたけど、こうやって良い穴子をいただいてみると、鰻とはまた違ったおいしさがあります。

さんとり茶屋

こちらは私が食べたものではありませんが、海鮮丼。ちょっとだけ分けてもらったところ、確かに新鮮でおいしい。...でも、普通においしいというレベルで、期待していたほどでもないような?まあ港の海鮮丼というと小樽とか金沢クラスを想像してしまうのでハードルを上げすぎたのかもしれません。確かにおいしいんだけど、ここは穴子丼が正解だったかな。

なお、満席でテンパっていたのか、店員のおばさんがあちこちのテーブルで注文を取り間違えまくっていたので、行くならピーク時間帯を少し外して行ったほうが良いかもしれません(汗。

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 松島海岸駅

投稿者 B : 23:07 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2015/05/04 (Mon.)

元祖冷やし中華 龍亭

仙台の食と言えば、牛たん・笹かま・ずんだ餅と相場が決まっているもので、逆にそれ以外に有名なものがほとんどない、と言っても過言ではないと思います。でも個人的には旅の醍醐味はその土地の名物を味わってこそと思っているので、ここは外せない。ちょっと調べてみたら、冷やし中華の元祖は仙台らしいと判ったので、良さげな店を探して訪れてみました。

龍亭 冷やし中華・元祖の味

中国料理 龍亭

仙台市の中心地からそう遠くない場所にある中華料理店「龍亭」。どうやらここが、冷やし中華発祥の店とのこと。

パッと見ではわりと普通の中華料理店っぽいけど、とりあえず入ってみよう。

中国料理 龍亭

早速頼んだこちらが、涼拌麺(元祖冷し中華)の胡麻だれ。私は冷やし中華は断然胡麻だれ派です。

ほほー、ここは麺と具が別々に出てくるのかー。上品で良いですね。
具はオーソドックスに、錦糸卵・叉焼・きゅうり・ハム・蒸し鶏・くらげの六種。くらげは苦手な人もいるので、そういう人は分けて出てきてくれた方が助かるのではないでしょうか。

中国料理 龍亭

具を盛って、いただきます。

ああ、麺の太さもコシも、たれの味付けもちょうどいい。でもちゃんとした中華料理店の味付けで、「冷やし中華はじめました」的な安っぽさはありません。
個人的には、冷やし中華っていうと夏場の休日に家で食べる昼ごはんというイメージで、わざわざ外でまで食べない料理の筆頭でしたが、これはわざわざ食べる価値あります。

中国料理 龍亭

そしてもう一つの仙台名物がこれ、マーボー焼きそば。新潟では焼きそばにミートソースやトマトソースをかけて食べるらしいですが、一方その頃仙台市民は麻婆豆腐をかけていた的な。もう見るからに B 級グルメ感満載で攻めてきます。

中国料理 龍亭

でも実際食べてみると、これがまたなかなかどうして、アリな味。焼きそばにミートソースと違って、どちらも中国起源の焼きそばと麻婆豆腐のカップリング、合わないはずがない。

炸醤麺っぽいけど、麺は温かいし味もついているので、こっちのほうが濃厚で食べ応えあります。ただし麻婆豆腐をおかずに焼きそばを食べているようなものなので、かなりお腹いっぱいになります(汗
B 級グルメだと高を括っていたけど、これは良い意味で裏切られたなあ。

中国料理 龍亭

おまけに点心 5 種盛合せ。叉焼肉まん、えび餃子、ニラ餃子、焼売、小籠包のセットです。
さすが中華料理店の点心セットだけあって、焼売は肉がみっちり詰まったパンチのある焼売だし、叉焼肉まんは細かく砕いた叉焼を甘辛いたれに漬け込んだ具が入っていて、これは横浜中華街でもなかなか食べられない、通な味。冷やし中華目的で入ったけど、これはちゃんと中華料理を食べに来ても良かったんじゃないか、と思いました。そういう目線で見ると、メニューに載っている多数の中華料理が、俄然魅力的に見えてきます。

これは、今度仙台に来ることがあったら、普通に中華料理を食べに来てみたいなあ。

関連ランキング:中華料理 | 勾当台公園駅広瀬通駅あおば通駅

投稿者 B : 22:22 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2015/04/19 (Sun.)

新宿高島屋 Premium Buffet THE OVEN

久々に新宿の高島屋まで買い物に行ってきました。高島屋はいつもなら二子玉か横浜に行くことが多いですが、横浜はちょっと窮屈な印象があるし、二子玉は溢れるセレブ感が肌に合わないので(笑)、ちょっと遠いけど新宿がいちばん落ち着くかも。最近休日も忙しくて、家族でショッピングに出掛けること自体久しぶりだったので、ランチはプチ贅沢。今週オープンしたばかりという高島屋内のビュッフェに行ってみました。

ジ オーブン - 新宿高島屋タイムズスクエア|レストランズパーク

Premium Buffet THE OVEN

お昼時のデパートのレストラン街というとすごく混んでいるものですが、たまたま運が良かったのか(?)ほぼ待ちなしで入店。まあ、ランチにしてはちょっといい値段がするし、新宿なら他にも選択肢はたくさんありますからね。

個人的には、ビュッフェスタイルって欲張っていろいろ食べるけど味はそんなに大したことがなくて、満腹になるだけであまり満足感がない...という印象であまり好きではありません。が、この店構えはちょっと期待させてくれるじゃないですか。

Premium Buffet THE OVEN

目玉はローストビーフと天ぷらの食べ放題。ディナータイムになるとステーキと寿司もあるようです。

Premium Buffet THE OVEN

店内は、カウンター越しにシェフがいろんなものをサーブしてくれるスタイルになっています。ホテルのビュッフェレストランなんかによくある形式ですね。

サーブしてもらえるのは、ローストビーフと天ぷらだけでなく、ローストポーク、パスタ、ラーメンなんかも出してくれます。あとたぶん夜はステーキと寿司も出してもらえるんでしょうね。

Premium Buffet THE OVEN

まあ早速いろいろ取ってくるわけです。

用意されている料理は高級ビュッフェにしてはシンプルなものが多いですが、その代わり見た目からして美味しそう。

Premium Buffet THE OVEN

ローストチキン、フライドチキン、焼き野菜。

このローストチキンが表面パリパリ、中はジューシーでとても美味しい。焼き野菜もちょうどいい焼き加減で、ローストチキンによく合います。フライドチキンも美味しかったけど、焼きもの系の絶妙な焼き加減に比べると、まあ普通かな。

Premium Buffet THE OVEN

そしてローストビーフ。目の前で切り分けてくれるだけのローストビーフなら他のビュッフェレストランでもよくありますが、肉が薄かったりパサパサしてたりすることが少なくありません。その点ここのローストビーフは肉にサシがたっぷり入っていて、柔らかい赤身から肉汁が溢れてくる感じ。これだけジューシーなローストビーフは普通のレストランでもそうは食べられないかも。看板メニューに据えるだけのことはあります。

Premium Buffet THE OVEN

パルミジャーノパスタ。チーズと黒胡椒だけのシンプルなパスタですが、ホールのパルミジャーノチーズをくり抜いて、目の前でパスタを和えてもらえるだけで、チーズ好きとしてはハートを鷲掴みにされてしまいます。熱いうちにいただくと、チーズの香りが口いっぱいに広がって...これはおかわりしてしまいました(ぉ

Premium Buffet THE OVEN

たまらずワイン飲み放題をオーダーして、スパークリングワインで昼酒に突入してしまうわけです。

Premium Buffet THE OVEN

もうひとつの看板メニュー、天ぷら。この日は海老・茄子・南瓜のトリオ。天つゆもあったけど、抹茶塩でいただいてみました。

これまた目の前で揚げたてをもらえるので、ふわっふわの衣がたまりません。専門店とはちょっと違う天ぷらだけど、この店の味に合っていて、うまい。

Premium Buffet THE OVEN

調子に乗ってメインディッシュ二枚目を行ってしまいました。竜田揚げ、肉団子、野菜の揚げ浸し、あとお漬け物類。

Premium Buffet THE OVEN

ワインも白に移行します。久しぶりの昼酒、やっぱりうまい。

Premium Buffet THE OVEN

ヒレカツ(一口サイズ)、

Premium Buffet THE OVEN

エビチリ(一尾)、いずれもうまい。いろいろ食べられるようにちょっとずつ用意されているのが嬉しいところです。

Premium Buffet THE OVEN

ラーメン(これまたミニサイズ)。ごくごくシンプルな鶏ガラソースに極細麺、私の好きなタイプのラーメンです。上に載っているのはチャーシューじゃなくて、たぶん単体でも提供されているローストポークじゃないでしょうか。ローストビーフのせいで影が薄かったけど、こんなところで活躍していたとは。

Premium Buffet THE OVEN

カレーも二種類。タイカレー(激辛)と欧風カレー(辛口)。こういうところには定番的にカレーが用意されているものですが、カレー好きとしてはあると絶対試さなくては気が済まなくなるので勘弁してください(;´Д`)ヾ。

Premium Buffet THE OVEN

いやあ、なかなか美味しかった。全体的にビュッフェレストランを超えたクオリティの料理という印象で、ビュッフェにありがちな空虚な満腹感とは違う、確かな満足感がありました。夕食が要らないレベルでお腹いっぱいになったのは久しぶりです(ぉ
子ども向けのメニューも充実しているし、デザートもチョコレートファウンテン(タワー型のチョコフォンデュマシン)まであって、家族連れでゆったり楽しめる感じ。値段はちょっと張りますが、午前中に買い物を済ませてここでゆっくり食事して、あとは帰ったら何もしない週末を過ごす、という休日もたまには良いんじゃないでしょうか(笑。

投稿者 B : 23:39 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2015/02/13 (Fri.)

横浜中央卸売市場「木村家」の穴子天重

今年も CP+ に行ってきました。さっそく各ブースのレポートを書いていきたいところですが...その前に腹ごしらえ(ぉ

ここ数年、CP+ に行ったら食事は市場メシ、と決めています。パシフィコ横浜付近の限られた、かつあまりコストパフォーマンスのよろしくない食事施設に行列するくらいなら、市場まで足を運んだ方が満足度が高い。過去三年のお店は、いずれも市場らしい魚介類の美味しさでした。

でも今年はスケジュールの関係で、お昼時に市場に行くのは難しそう。ならば朝イチで朝市に行ってしまえ!というわけで、CP+ の開場前に横浜中央卸売市場へやってきました(ぉ

木村家

木村家

本当は去年行きそびれた秋葉屋市場食堂を狙って行ったんですが...どうも営業している気配なし。まあ前日は祝日だったし、普段とは営業スケジュールが違うのかもしれません。されどここは市場、他の店だってうまいに違いない。そこで、いつもの水産物部の食堂街にある「木村家」さんに来てみました。

秋葉屋でカキフライなりアジフライを食べるつもりでいたので、朝から完全に揚げ物腹。ボリュームのある穴子天重に惹かれます。でも「とんけい定食」ってのも気になるなあ...と思って後で市場メシマスターの過去ログを漁ってみたら、「豚鶏」でとんけい、ですか。なるほど...。

木村家

店内はカウンターのみで、10 人も座れば満席になりそうな雰囲気。でもどうやら二階席もあるようです。

壁にはズラリと手書きの短冊メニューが貼り出され、いかにも「こどグル」っぽい感じ。こういうのでいいんだよ、市場メシは。

木村家

しばらく待って、どーんと出てきた穴子天重。お重からはみ出した穴子のボリューム感、これですよ。

添え物は適当な漬かり具合の漬け物と、素朴な感じのシジミ汁。気取らない、市場の普段メシって感じの日常感がいい。

木村家

大ぶりの穴子天が二尾。ジャンボ穴子といえば木更津が有名ですが、以前海上電柱を撮りに行ったときに食べ損ねてから気にかかっていたものに、横浜でこうやって出会えるとは。

ちなみに天ぷらは見た目とは裏腹に、衣のカリカリ感は皆無。柔らかくふわっと揚げられていて、穴子そのものふわふわ感と少し甘めのタレも相まって、なんともやさしく、幸せな味。穴子、確かにこういう揚げ方が正しいのかも。

木村家

朝っぱらから見事に完食。天ぷらを食べた後の胃もたれもなく、とても美味しくいただけました。
刺身の活きの良さとか市場メシらしいガッツリ感もいいけど、こういう気取らない市場メシもいいものですね。

ごちそうさまでした。
さーて来年は、どの店を攻めようかな。

関連ランキング:定食・食堂 | 神奈川駅新高島駅反町駅

投稿者 B : 23:59 | Gourmet | Lunch | コメント (2) | トラックバック

2015/01/20 (Tue.)

渋谷区松濤のブリ照り焼き定食

「ニュージーランド大使館、こんなところにあるのか」

松濤

漫画『孤独のグルメ』聖地巡礼のため、渋谷区は松濤エリアにやってきました。ここは昨年「SPA!」にて「有楽町ガード下の韓国料理」の翌週に掲載された第 28 話の聖地。渋谷ならばいつでも巡礼できる場所でありながらこの時期まで引っ張ったのは、この回のメイン食材である鰤の旬が冬だから。日本一のブリの産地・富山生まれの身としては、ここは最も旬の季節に巡礼する以外の選択肢はありません。実際、夏場は巡礼してもブリ照りはメニューになかったようです。

渋谷区松濤といえば、都内有数の高級住宅街。NHK の本社ビルや東急本店、各国の大使館など豪奢な建物も並ぶ、優雅なエリアです。

おっと、こっちはなんだ?
ヨルダン大使館。

松濤

ほう、ヨルダンときましたか。こっちは...

昼だん大使館(ぉ

というお約束のギャグをかましつつ(´д`)、お店に向かいます。

魚力

魚力

お目当ての「魚力」は、本当に鮮魚店+食事処というハイブリッドな店舗。派手なお店ではありませんが、ガラスケースに並んでいる魚はどれもうまそうで、期待が高まります。

いい店の匂い、ぷんぷん。

漫画と同様に、入口で食券に相当する札を選んで、カウンターに着席します。
選んだのは当然、ブリ照り焼き定食。

魚力

漫画に登場したのとそっくり(ここが谷口ジロー氏の画力を実感するポイント)な店主らしきおじさんに「札裏返してみて」と言われるがままにひっくり返すと、書かれていた数字は 8 番。

魚力

で、壁に貼られていた当たり番号には「8」の文字が!やった!!!

しかし面白い店だ、雨の日はアタリ番号増量か。
ふふ、遊んでるな。まるで大人の駄菓子屋だ。

魚力

で、おまけの一品をこの中から選ぶわけですが...またまた迷わせるなあ。
ポテサラかもずくか...うーん、いや、頂上作戦でいくか。

魚力

というわけで、きましたよ。ドスンとブリ照り勝負だ。

おー、これは見た目だけでわかる。まちがいなくウマイ!

魚力

ブリはよく脂が乗っていて、箸を立てるとほろっと解ける柔らかさ。
天然ものはもうちょっと締まっているはずだからこれは養殖だろうけど、それでも想像以上にウマイ。東京でこんなブリ照りに出会えるとは。

味付けは、私が想像していたよりもちょっと甘め。でも、濃いめのタレが白米を誘う。
食べ始めたばかりなのに、ごはん不足が当選確実。

魚力

この小鉢のマグロのひと切れも、キッチリうまい。
さすが鮮魚店。

魚力

ヒジキの取り放題...ではなく、この日は高菜の取り放題でした。
辛子高菜を想像したら思っていた以上に甘く、最後にちょっとピリリとくる感じ。
これまた白飯を呼び込んでくれちゃいます。

ああ、楽しいな。楽しいよこの店、ほんと!

魚力

予想通りごはんが足りなくなったので、ここでおかわり。

少ないなんて言ったけど、明太子が宝石のように見える。
うまい魚でめしがバクバク食えるしあわせ。
ブリ照りを丹念に箸でついばみながらごはんを食べる充実感。(あぐむぐ

魚力

うー、食った。
昼からちょっと食べ過ぎた。久々の感動的満腹。

こんな駅から遠くにこんな名店があるとは、思いもヨルダン大使館。
お昼時の渋谷に用事があったら、わざわざ足を運びたくなる味。

ごちそうさまでした。
今度はサバ味噌頼もう...。

↓電子版なら今からでもバックナンバーが読めます。便利な世の中になったものです。
SPA! 2014 年 6/17 号

B00KN40CQU

関連ランキング:定食・食堂 | 代々木公園駅代々木八幡駅神泉駅

投稿者 B : 23:56 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2014/12/29 (Mon.)

東京都台東区山谷の(幻の)ぶた肉いためライスと焼き鯖

「腹が減って死にそうなんだ。"めし屋"は...どこでもいい、"めし屋"はないのか」

山谷

今年 2014 年は、今はなき雑誌「月刊 PANJA」にて『孤独のグルメ』の連載が始まってから 20 周年にあたるアニバーサリーイヤーです。ここはやはり、一年の聖地巡礼の締めとして記念すべき第一話の聖地を訪問するしかないでしょう!というわけで、台東区日本堤(通称:山谷地区)まではるばるやってきました。
アクセスは、JR・地下鉄南千住駅から徒歩 7~8 分といったところ。

山谷

作中にも登場したアーケード街「いろは会ショップメイト」には大々的に『あしたのジョー』がフィーチャーされています。私は世代ではないのであまりピンと来ないのですが、『あしたのジョー』の舞台はこの台東区山谷ということのようですね。

そういうこともあって、この界隈はまるで昭和がそのまま動態保存されているかのような、レトロな街並み。ビニールシートで生活している人や路上に座り込んでいる老人も見受けられ、独特の空気が漂っています。当時の新連載の舞台がいきなりここ、というのはなかなかすごいものがあります。

まいったな...いったいどこに迷いこんでしまったんだ。
焦るんじゃない、俺は腹が減っているだけなんだ。

山谷

この山谷の古い街並みの合間から顔を覗かせる、東京スカイツリーの圧倒的な存在感。20 年前にここにこんなものが建つなんて、誰が予想したでしょうか。

そんなことを思いながら、お店に辿り着きました。

きぬ川

きぬ川

この掲載当時からほぼそのままなんじゃないかと思われる店構え。今まで巡ってきた聖地の多くもそうでしたが、ここは特にその歴史の長さを感じます。

実はこの店の前までは過去に二度来たことがあるんですが、二回とも休業だったというね。食べログにも「不定休」とあったけど、そこまで遭遇できないものか...と思って調べてみたら、特に最近は夜営業をやっていないことのほうが多いとのこと。というわけで、今回は朝の 9 時半にやって来ました(ぉ

ええい!ここだ、入っちまえ。

きぬ川

店員のおばさんは、そのまま 20 年が経った感じのお婆さんになっていました。あとは厨房におじさん(?)が一人。

店内に貼り出されたメニューには「豚肉炒め」「豚汁(小)」「御新香」「御飯(中)」の文字が。おお、狙ってかどうか知らないけどこれ五郎さんセットじゃないですか!

俺はできるだけ物おじせずハッキリという。注文を聞きかえされるのはやっかいだ。

「ぶた肉いためとライスください」
「ごめんなさい、今できないんですよ、すいません」

なんと(;´Д`)ヾ。
他のメニューを見ると「夜のみ」と書いてあるものもあるし、朝食メニューも売り切れたものから順次終了というルールらしいので、これは仕方ない。ぶた肉いためライスに巡り会うために再訪したくても、これじゃ望みは薄そうだな...。

きぬ川

「焼き魚は、何がありますか」

と聞いてみたところ、そこのガラスケースにあるものの中から選んで...とのこと。鯖やほっけの焼き魚に、カレイの煮付け。他には目玉焼きとオムレツといったところ。既にだいぶ売り切れている感じでしたが、朝 6 時から営業しているようなので、無理もない。

この中ならやっぱり鯖かな。

きぬ川

注文をしてしまうと少し気が楽になり、店内を見回すゆとりができた。

店内は、想像通り...だけど、確かに当時から 20 年経ったんだなあ、というのを感じる古めかしさ。テーブルレイアウトは変わっており、パイプ椅子はスツールタイプから折りたたみ型に入れ替えられていました。
お客さんもお客さんで、作中に登場したおじさんたちがそのまま歳を取ったんだろうなあ、という感じのお爺さんばかり。もしかしたら、当時久住さんが来店したときにいたお客さんもこの中にいるのかもしれない。当然、帽子を被っているお爺さんも多く、ある種の美意識が感じられる。こんな時間なのにほぼ満席で、朝からビールを飲むお爺さんが話に花を咲かせています。結局この店の中で食う客ってのは、ほとんど飯より酒の客なんだな。

なんだか、ここだけ時が止まっているかのようだ。

...そうこうするうちに、朝食が来ましたよと。

きぬ川

うわあ、朝からなんだかすごいことになっちゃったぞ。

頼んだのは焼き鯖、納豆、ごはんに味噌汁。当初の目的とは違うしぶた肉ととん汁でぶたがダブることもなかったけど、これぞ正しい日本の朝ごはん。これだけのつもりだったのに、さらにお店からのサービスでほうれん草のおひたしとしらすおろしまでついてきました。

ぶた肉いためにありつけなかったのは残念だけど、figma 井之頭五郎についてきたぶた肉いためのミニチュアを飾って気分だけ盛り上げてみました(ぉ。このミニチュアにとってはある種の里帰りなわけで、これはこれで感慨深い。

きぬ川

可もなく不可もない感じの焼き鯖。若干ウェルダン気味な感じ。
でも普段朝食に鯖を食べることなんてないから、ちょっとだけ嬉しい。

きぬ川

ライス、量多し。これで「中」ということなので、大盛りだったらどんなことになっちゃうんだろう?

少し水分多めに炊いた感じの、柔らかめのごはんでした。

きぬ川

味噌汁は、王道中の王道・しじみ汁。
迂闊に飲むと火傷しそうなほどに熱々。でも、寒い外を歩いてきたばかりだから、これがありがたい。

きぬ川

納豆は市販のものだろうけど、ねぎがたっぷり加えられているのが嬉しい。

そして、ぶた肉いための代わりに「不思議なねりからし」がここに(笑

きぬ川

それからほうれん草のおひたしと、しらすおろし。朝食からこういうつけあわせがいろいろ出てくると、なんだかちょっとした贅沢をしているかのようだ。

きぬ川

「ふう、うまかった...」

腹ははちきれそうだ...さすがに朝から食いすぎた。

サービスが二皿あったとはいえ、これだけ食べて 550 円。ライスの量は多いかと思ったけど、おかずの品数が多かったせいで、むしろちょっと足りないくらいでした。

おれはゆったりと店を出る。
おそらく...俺はあの店には不釣り合いな客だったんだろうな...。

孤独のグルメ

ようやく明治通りに出た。
タクシーが来れば乗ろう。
来なければ歩いて地下鉄日比谷線の三ノ輪駅に出ればいい。
そう思った。

俺は得体の知れない奇妙な満足感を味わっていた。

...というわけで、漫画『孤独のグルメ』コミック 1 巻の聖地はこれにてコンプリートしました。始めた頃は全店巡るつもりはなかったのに、どうしてこうなった(;´Д`)ヾ。既になくなっているお店もあったし、ステーキの「スエヒロ」も私が巡礼した直後に倒産するなど、20 年の長さを感じます。
本当は、コミック【新装版】に特別編として収録された病院食回もありますが、今のところ入院する予定がないので、できるだけ巡礼せずに済む健康を維持していきたいと思います。ちなみに先日入院した某氏は、初日の食事にいきなりカレイの煮付けが登場して、軽く戦慄したそうです(笑

原作のほうは来春に 2 巻の発売が予定されているとのこと。これまで「SPA!」に掲載されてきた回数では足りなさそうなので、描き下ろし回も複数含まれているのではないかと思います。そちらも楽しみですが、ドラマ Season4 の聖地巡礼もあと少しだけ残っています。来年は、そのあたりから巡っていきたいと思います。

久住 昌之、谷口 ジロー / 孤独のグルメ 【新装版】

459405644X

関連ランキング:定食・食堂 | 南千住駅三ノ輪駅三ノ輪橋駅

■漫画『孤独のグルメ』聖地巡礼エントリーまとめ
第 1 話 東京都台東区山谷の(幻の)ぶた肉いためライスと焼き鯖
第 2 話 東京都武蔵野市吉祥寺の廻転寿司
第 3 話 東京都台東区浅草の豆かん
第 4 話 東京都北区赤羽の鰻重
第 5 話 群馬県高崎市の焼きまんじゅう
第 6 話 東京発新幹線のぞみ 55 号のシュウマイ
第 7 話 大阪府大阪市北区中津のたこ焼き
第 8 話 京浜工業地帯を経て川崎セメント通りの焼肉
第 9 話 神奈川県藤沢市江ノ島の江ノ島丼 / 甘味パート
第 10 話 東京都杉並区西荻窪のおまかせ定食(の消滅)とオーガニックランチ
第 11 話 東京都練馬区石神井公園のカレー丼とおでん
第 12 話 東京都板橋区大山町のハンバーグ・ランチ
第 13 話 東京都新宿区神宮球場のウィンナー・カレー
第 14 話 東京都中央区銀座のハヤシライス(の消滅)とビーフステーキ
第 15 話 東京都内某所の深夜のコンビニ・フーズ
第 16 話 東京都豊島区池袋のデパート屋上のさぬきうどん
第 17 話 東京都千代田区秋葉原のカツサンド
第 18 話 東京都渋谷区渋谷百軒店の大盛り焼きそば(の消滅)とチャーシューメン
→ドラマ Season1 の聖地巡礼エントリーはこちら
→ドラマ Season2 の聖地巡礼エントリーはこちら
→ドラマ Season3 の聖地巡礼エントリーはこちら

投稿者 B : 23:58 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2014/11/03 (Mon.)

あるでん亭 2014

銀座で買い物の用事があったので、ついでにお昼はソニービルのあるでん亭でパスタ。

あるでん亭|ソニービル

あるでん亭

今回は久しぶりにトマトソース系いってみよう、と思って「バレーゼ」を。
具はベーコンにブロッコリー、ニンニク、鷹の爪。トマトソースだとアマトリチャーナとかアラビアータが定番ですが、これはトマトソースにニンニク入りでパンチのある味。ベーコンの存在感と相まって、なかなかいい。トマトソースはお店で仕込んでいるんでしょうか?一般的な市販のトマトソースよりも酸味があって、トマトの味が感じられて美味しい。

あるでん亭

麺のゆで加減は当然アルデンテ。スパゲティそのものの純粋な美味しさ、という点で、このお店は今のところ私にとっての揺るぎないナンバーワンに君臨しています。お昼に食べると夜にもう一回食べたくなるし、翌日会社の食堂でパスタを食べる気をなくすレベル。

あるでん亭

こちらはロレンツァ。一見カルボナーラ系だけど、サワークリームを使った酸味の爽やかなスパゲティで、これも私のお気に入り。
定番系から変わり種まで、メニューが豊富でハズレがないので、毎回どれにするか迷います。

あるでん亭

食後はエスプレッソでひと息。味付けがしっかりめなので、食後はコーヒーでリセットしたくなります。エスプレッソ好きなので、ドッピオサイズでもいいくらいなんですが、メニューにはソロしかないんですよね...。

で、今年も店内を探してみたら、ありました。

あるでん亭

毎年、日本グランプリの前後に必ずソニービルとあるでん亭を訪れるという、F1 ドライバーのフェルナンド・アロンソの写真が。一緒に写っているのは店長さんでしょうが、よく見ると毎年ツーショット写真を撮っているんですよね(笑。

今年は何月何日に来たのかな、と思ったら、別の写真に日付が書いてありました。

あるでん亭

10/2(木)に来ていたようです。
っていうか、ドライバーは通常レースウィークの木曜日には現地入りしているはずなので、ここでパスタを食べてその足で鈴鹿に向かった、ということではないでしょうか(!)。
今年のアロンソは、例年よりも少し早めに入国して、東京でホンダ&マクラーレンと来季の契約にサインしたらしい、正式発表されないのはフェラーリとの契約解除条件がまとまっていないからだ、という噂もあるので、この前日か前々日にホンダの青山本社を訪れていた可能性もありますね。

ちなみにこの写真に一緒に写っているのは、左手前がパーソナルマネージャーのルイス・ガルシア・アバド、その奥がフェラーリのスポーティングディレクターであるマッシモ・リボラ。右側の日本人とおぼしき美女はどなたなんでしょうね...?
アロンソがマクラーレン・ホンダとの契約のために行動していたとするとチーム関係者は連れてこないのでは?というのが少し疑問ではありますが、リボラとはにも一緒にあるでん亭を訪れている写真がありますし、単にあるでん亭のファン仲間として一緒に来たということかもしれません(笑。

いずれにしても、2014 年シーズンが終了する今月末までには正式発表があるはずなので、楽しみに待ちたいと思います。

関連ランキング:パスタ | 銀座駅有楽町駅日比谷駅

投稿者 B : 23:15 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2014/09/25 (Thu.)

東京都清瀬市のもやしと肉のピリ辛イタメ

「清瀬...ここって、まだ東京都だよな?」

清瀬

ドラマ『孤独のグルメ Season4』も先ほどの放送をもって大団円(っていうのか?)を迎えましたが、私の聖地巡礼はまだ道半ば。改めてスタート地点からの巡礼を...というわけで、今回は第 1 話に登場した清瀬にやってきました。

人生の半分を東京で過ごしている私ですが、市部の地理はさっぱり。清瀬という市の存在自体、今回初めて知ったに近い状態です(笑。埼玉の手前というとかなり遠そうだな...と思ったら、東急東横線~地下鉄副都心線~西武池袋線が直通運転となった今、自宅からもほぼ直通に近い形で来ることができることに気づきました。恐るべし、相互乗り入れ。

清瀬

清瀬駅前の商店街をちょっとブラブラしてみましたが、ちょうどいい地味さ加減で、これぞ正しい東京近郊の駅前商店街という感じ。でも、ちゃんと地元の人たちで賑わっていて、その中の一員として潜り込んでいる感覚が、なんかいい。

みゆき食堂

お目当ての「みゆき食堂」はそんな商店街に入ってすぐのところにありました。が、まだオープンしていない模様。食べログには 11 時開店と書いてあったはずなんだけどな、とは思いつつ、まあ個人でやってる飲食店ならオープン時間が少しずれるくらいのことはあるだろう、と思い直して商店街を再びブラブラしてみることに。

ちなみに、劇中でもゴローが行きはシャッターが閉まってたから焼鳥屋だと思ってたけど食堂だったのか!というくだりがありましたが、開店前は本当に半分だけシャッターが閉まってるんですね。

麻雀処 たんぽぽ

商店街で探すのは、まずはゲストの志賀廣太郎さんが麻雀に興じていた雀荘「たんぽぽ」。一般的な雀荘に比べると、外観はむしろお年寄りの社交場、とでもいった雰囲気。
そういえば、先日巡礼した枝川のアトムといい、Season4 は微妙に麻雀づいていますね...。

麻雀処 たんぽぽ

「頭脳スポーツ」「健康マージャン」...。いずれにしても、麻雀といえば初代ファミコンの麻雀(緑色のカセットのやつ)くらいしかやったことのない私にとっては、敷居の高い場所です。とりあえず雰囲気だけ味わって、次の場所へ(ぉ

メガネサロン ヨゴ

で、その志賀さんが店主を務めているという設定だった「メガネサロン ヨゴ」も雀荘のほぼはす向かいに。
まさか「松重豊がサングラスをかけると怖い」という定番ネタがこどグルで観られるとは思っていませんでした(笑。

そうこうするうちにいい時間になったので、改めてお店へ。

みゆき食堂

みゆき食堂

おお、ようやくシャッターが上がって、暖簾がかかっていました。

それにしてもこの店構え、クルな...。
たのもー。

みゆき食堂

店外に貼り出されていたメニューはこんな感じ。いかにも、ニッポンの正しい大衆食堂、という王道メニューの宝庫です。そして「味噌汁付」じゃなくて「汁付」と書かれてるのがまたいい。

よし、正しい大衆食堂、挑もうじゃないか。

みゆき食堂

広い!この店、やはり只者ではないぞ。

ただでさえごちゃっとした店内でも特に異彩を放つ中央のポール。これは何に使うんだろう...大衆食堂でポールダンス、ってんじゃないしな(笑
しかも、ほんのしばらく商店街をブラついていただけで、それも開店直後なのに、ほぼ満席。この店、こんなに人気だったのか。よく見ると聖地巡礼っぽいお客さんも二組ほど見受けられるけど(巡礼のしすぎで最近は雰囲気で判るようになってきた(ぉ))、ほとんどが近隣に住んでいるか働いていると思われる常連さん。それでこの繁盛っぷりはすごい。

みゆき食堂

この押し寄せるような品数はどうだ。
表のメニューなんて、氷山の一角だ。

店内を見回すと、カレーだったり焼きものの定食だったりスパゲティだったり、みんな思い思いのものを食べているじゃないか。メニューも多彩だけど、お客さんのニーズも負けずに多彩。なんて懐の深い店なんだ。

みゆき食堂

いかん、店の雰囲気に呑まれるな。
落ち着いて、打つべきボールを見極めるのだ。

肉に魚に、中華も。たこのカルパッチョに、ぬか漬け...高野豆腐とナス煮とは、渋いな。

早く決めないとジリジリ体力を奪われて、思考停止になりそうだ。
集中しろ。動物的カンを研ぎ澄ませ...!

みゆき食堂

ここでふと隣のカベを見やると、そこには松重さん・久住さんのサイン色紙に並んで「五郎さんセット」の文字が。

いやいや、先日「五郎's セレクション」を頼んでみたらそれはメニューじゃなかった事件(ぉ)があったところじゃないか。でもこれにはちゃんと値段がついているから、これは確実にメニュー化されているはず。というわけで、注文は決まった。五郎さんセットと焼き鳥、これでいこう。

みゆき食堂

...来たか。ドラマそのまんま、うん、いい風景だ。

写真で見ると普通の食事のように見えるけど、それぞれの皿が一般的にいうところの 1.5 人前くらいあります。想像以上、かなりのボリュームだなこれは。

みゆき食堂

まずは当然、もやしと肉のピリ辛イタメから。

これこれ、そそるなあ。ニラに人参も入ってる。
こういう裏切り、ウェルカム。

それにしても、これだけ大量のもやしを食べるのなんていつ以来だろう。でも、うまいもやしって、いくら食べても飽きないから不思議なもんなんだよなあ。

みゆき食堂

しっかりめの味付けに、シャキシャキしたもやしの歯応えが楽しい。
うーん、間違いない。ピリ辛指数、俺にジャスト。

これだけの量で、お値段たったの 300 円。
定食屋の鑑だな。

みゆき食堂

続いてジャンボ餃子(ハーフ)。
ジャンボのハーフで...プラスマイナスゼロ、じゃないのか。

でも、見た目は確かに、ジャンボ。
一見してわかるもっちりとした皮に、具がたっぷり詰まっているようじゃないか。

みゆき食堂

うん、なるほど食堂の餃子だ。

中華の餃子と通ってきた道が違う味だ。それもまたよし。

みゆき食堂

お次は焼鳥。ゴローは「焼き鳥を一本ください」と頼んでいましたが、一口に焼き鳥といってもいろんな部位が選べるようで、今回は雛鳥を頼んでみました。たぶん、これがゴローが食べてた焼き鳥。

みゆき食堂

割と普通なたれの焼き鳥だけど、この普通っぽさがまたいい。ちょっと、麦入り炭酸飲料が欲しくなるな(ぉ

うーん、焼き鳥まで食ってる俺。
焼き鳥飯、おかずの焼き鳥。

そしてこれが、

みゆき食堂

問題の味噌にんにく(青唐辛子入り)。
揚げニンニクとか、ステーキ屋の鉄板の上でカラッと焼いたニンニクとか、後のことさえ考えなければこれほどうまいものもほかにあまりないじゃないですか。そのニンニクに、味噌と青唐辛子を和えてあるわけですよ。これはうまくないはずがない。

これはいい、すごくいい。
白いごはんに最強。
これだけでもメシ、百杯くらいいけるんじゃないか?

これ、五人前くらい瓶に詰めてもらって持ち帰りたいくらいだ。

みゆき食堂

ああ、いい飯だった。この後、夜になってもあまりお腹が空かないくらい、お腹いっぱいになりました。
モリモリ食える幸福、他に何が要る。

いやあ、俺の直感を上回る、想像を超えた店だった。
何より安くて、ちゃんとうまい。
清瀬、恐るべし。

遠くまで来た甲斐がありました。
ごちそうさまでした。

孤独のグルメ Season4 Blu-ray BOX

B00MN0SBFG

関連ランキング:定食・食堂 | 清瀬駅

投稿者 B : 00:45 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2014/09/15 (Mon.)

神奈川県足柄下郡箱根町のステーキ丼

「陸の王様と海の王様がお出ましとは、こいつはすごいことになっちゃったぞ」

箱根登山鉄道

ドラマ『孤独のグルメ Seaon4』聖地巡礼。今回は第 3 話、箱根編まで遠征にやって来ました。箱根は 3 年前に Manfrotto の機材レビュー小旅行に訪れて以来。あの日はあいにくの天候で消化不良気味だったので、箱根に来ること自体を楽しみにしていました。Season4 は従来にも増して遠征回が多くて巡礼も大変ですが、行程を考えるのもそれはそれで楽しいものです。

というわけで、小田原から箱根登山鉄道に乗って宮ノ下駅まで。三連休ということもあって、登山鉄道は乗車率 100% 越えの混雑ぶりでした。

宮ノ下

途中、車両の 3 回のスイッチバックを経て、宮ノ下へ。ここからお店まで、井之頭五郎の足跡を辿ります。
歩くのは「宮ノ下ノスタルジック散策路」。ほほう、ノスタルジックねえ。

宮ノ下

(モデル:クマデジタ五郎

ふ~ん、線路沿いに細い道があるんだ。
道草こそ、旅の醍醐味だ。
ノスタルジックって感じでもないが、ちょっといいぶらり道だ。

宮ノ下

......。

...ノスタルジックというより、獣道ックな道になってきたぞ。

宮ノ下

......最終的に登山道のような険しめの山道になってきました(汗。
これ、確かに真夏にスーツは厳しいよなあ。

いろり家

登り切ったところで、再び住宅街に出ます。
そこで目に飛び込んできたのが、ゴローも見つけた「いろり家」の看板。

場所が分かりにくいことで有名な「いろり家」ですが、この看板にさえ出会えれば、あとは難しくありません。
ただ、看板に書いてあるとおりに行けば良いとはいっても、「え、ここ?」という路地を入っていく感じなので、確かに難易度は高い(;´Д`)ヾ。

こっち、なんだよな...?

いろり家

いろり家

普通だったらお店があるとは思えない路地で、「いろり家」を発見しました。
しかしこの外観といい、それに路地から階段を半階分くらい下る入口といい、予備知識なしに入ろうとは思えない敷居の高さだよなあ。物理的な敷居は低いけど(ぉ

ここは箱根の秘密基地か。

いろり家

入口には、芳名帳的なノートが置いてあって、来店順にここに名前と人数と注文を書いていってください、とのこと。

実はここ、予約は開店直後の一巡目のお客さんの分しか取っておらず、それ以降は来店順になるのです。事前に予約しようとしたらこの日は既にいっぱいだったので、早く行って並ぶ作戦に出ました。
が、開店 1 時間前にお店に着いたところで、芳名帳には予約以外に既に 1 組のお客さんの名前が。これは、確実に巡礼組だな(笑

ともかく、予約組+2 組目に入れるならば目当てのものは食べられるだろう、とひと安心して、開店までの時間は周囲を散策してみることにします。

温泉幼稚園

というわけで、開店までの間にロケ地を回ってみます。

やって来たのはお店から徒歩数分の「温泉幼稚園」。もともとは小学校だった施設が、今は幼稚園として使われているようです。
正門を入ってすぐの頭上を箱根登山鉄道が走っているという、鉄ちゃんならたまらないであろう場所。

温泉幼稚園

我々が温泉幼稚園に着いたところ、先客が 2 組。
まさにドラマの中から出てきたような女の子とおばあちゃんの二人組と、さっきの芳名帳で我々の前に名前が書いてあったと思われる二人組(笑。
やっぱりここは押さえとかないとね!

温泉幼稚園

で、これが問題の(?)ブランコなわけです。

ゴローさん、いい歳して全力でブランコに乗ったと思ったら、ブランコから見事な大ジャンプを決めて着地!
このシーンを再現しようと思ったんですが...、

温泉幼稚園

(モデル:四本木五郎

このブランコの幅が狭い!
大人が座ろうとすると骨盤というか尻肉に金具が食い込んで、痛い!仮に強引にねじ込めたとしても、ジャンプしようとしたときに抜けない(ぉ
松重さん、どんだけ細いんですか...。

というコントのようなやりとりを重ねているうちに...腹が、減った。
ちょうどお店がオープンする時間が近づいてきたので、店に戻ろう。

いろり家

...ってお店の前すごい行列になってるんですけど!!!
テレビ+三連休のパワー、恐るべし。まあ、我々はもう名前書いてあるから大丈夫なんですけどね。

ちなみに、放送時には「ステーキ丼は毎日限定 15 食」となっていたのが、放送後はしばらく数を倍にして対応していたそうなのですが、我々が行ったときには限定 50 食まで拡大されていました((((;゜Д゜)))。それでも限定数が終わってからお店を訪れる人が後を絶たず、断られていたようです。

我々はちょうど正午頃、最初のお客さんが一巡したところで入店。

いろり家

店内は劇中のイメージよりもかなり狭く(広角レンズで撮っていたのでしょう)、けっこうぎゅうぎゅう詰めになって着席。
「狭くてすみませんね」としきりに謝られるので、逆にこちらが恐縮してしまいます。

ん?
これは...知恵の輪。懐かしいなあ。

まあ、ここはお約束でやるでしょ。

いろり家

知恵の輪なんて何年ぶりだろう。

一見抜けそうだけど引っかかるところじゃなくて、ちょっと想定外のところにすんなり抜けるポイントがある、というコツは分かっていても、そう抜けるものではありません。

いろり家

(モデル:クマデジタ五郎

いい大人になってもやっぱりダメか。クッソ!
というところまで再現しての聖地巡礼です(ぉ

...というコントをやっている間に、注文したものが運ばれてきました。

いろり家

あれれれれれー?これは何だろう。ゴールデンコーラかな(ぉ

休日とはいえ、昼間から飲む黄金の液体は格別。
本来ならここでゴローが食べた一品料理をツマミにしたいところだけれど、店内に黒板が掲示されていませんでした。
まあこれだけ混んでいたらそんな余裕もないのだろうし、後に並んでいる数十人のお客さんのことを考えると長居するのも悪いし、ここはひとつガマン。

さっそくメインの丼をいただくわけですが、ここのランチは足柄牛のステーキ丼か、肝和えアワビ丼の二択。
これはものすごい決断を突きつけられてしまった。

うーん、極上肉でガツンといくか、肝和えアワビの大ご馳走を取るか。
いっそのこと両方...。
いやいや、両方くださいなんて言えるわけ...ある!(ぉ

いろり家

まずはステーキ丼から。

もうね、店の前で並んでいるときから、周囲の空気がほんのりステーキの香りになっていて、もうここまで食欲を抑えるのに必死でした(笑

いろり家

肉厚な足柄牛を、内側に赤みを残した状態でちょうどいい具合に焼き上げた、丁寧な仕事ぶり。盛りつけもどこか品がある。
うん、期待を裏切らない貫禄、品格、風貌だ。いただきます。

いろり家

お~っ。
俺の決断は間違っていなかった。
この噛み応え、この充実感。

脂っこすぎない、程良いジューシー感。肉そのものの味が堪能できる焼き加減。それをステーキソースがうまく引き立てている。
味付けはステーキソース以外にも塩、ポン酢、山葵と多彩。それぞれで肉の違った表情を楽しめる。これはいい。

いろり家

丼についている温泉卵は、ステーキ丼を途中まで食べたら上からかけちゃったっていい。
TKG を超えた、TKSD(卵・かけ・ステーキ・丼)だ。半熟卵とステーキソースの共演も素晴らしい。

ステーキという狩猟民族の王様を、丼メシに載っけて迎える農耕民族、日本人。やはりご飯は、この島国の食の御神体だ。
側仕えしている味噌汁の働きも素晴らしい。

よ~し、往路は終了。これから復路、第 6 区のスタートです。よーい、丼(ぉ

いろり家

これが海の王様、いろり家のアワビ丼。ぷりっぷりのアワビに肝を和えた大人の味。

もちろん一人で 2 杯食べたわけではなくて、こちらはさすがにみんなでシェアしました(笑

いろり家

しかしこのアワビ丼もまた、絶品。
アワビに肝だけじゃなくてたっぷりのバターも和えてあって、とても濃厚なお味。
正直、男はステーキとアワビだったらステーキだよなあ...と思っていたけど、これは甲乙つけがたい。

またペースが上がってきちゃったぞ。これは、うまさの箱根越えだ。

いろり家

あ~、越えた...目の前にフジヤマが見えるようだ。

ドラマを観たときからずっと楽しみにしていたステーキ丼だったけど、確かに期待を裏切らなかった。
食べ終えた後に、もう一杯ステーキ丼をおかわりしたくなったレベル。

いろり家

我々がお店の中にいる間もずっと電話が鳴り止まない状況で、放送以来の人気ぶりがまだ続いているようでした。ほとんどの電話が「道に迷った」ではなく予約の電話だったようなので、間違いないでしょう(笑

それにしても、店員さん(大女将・若女将に加えて、この忙しさで臨時にもうお一方入っているようです)がこれだけ忙しいにも関わらず本当に腰が低くて恐縮しました。人気が出ても奢らないこういうお店こそ、長く続いていってほしいものです。

いろり家

ごちそうさまでした。
Season4 は私にとって遠征が多くてちょっと大変だけど、はるばる来た甲斐がありました。

さて...腹ごなしに、もう少し歩いてみるか。

孤独のグルメ Season4 Blu-ray BOX

B00MN0SBFG

関連ランキング:居酒屋 | 宮ノ下駅小涌谷駅彫刻の森駅

投稿者 B : 21:58 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2014/09/11 (Thu.)

江東区枝川のハムエッグ定食とカツ皿

「何なんだ、この佇まい...。江東区のバグダッドカフェ」

レストラン アトム

ドラマ『孤独のグルメ Season4』聖地巡礼、ここのところちょっと集中的に攻めています。今回は、昨夜放送されたばかりの第 10 話、江東区枝川にさっそくやって来ました。銀座のなじみ亭に続いて、放送後世界最速の聖地巡礼エントリーといきたいと思います!

この回の舞台「レストラン アトム」は、京葉線潮見駅から徒歩 10 分くらいのところにありました。越中島や新木場ならともかく、潮見なんて今まで降りる用事もなかった場所です。
東京湾岸の例に漏れず、このあたりも倉庫をはじめ首都圏の物流を支えているエリア。「アトム」は、付近のタクシー近代化センター指定レストランということで、劇中同様タクシーの運ちゃんに愛されている食堂です。

レストラン アトム

レストラン アトム

アトムって名前が面白い...一癖ありそうじゃないか。
ドラマを観たときの第一印象は「一人飯レベル 99 くらいじゃないと入りづらそうだな」というものでしたが、実際に行ってみると、店舗の佇まいは確かに独特ではありながらも、けっこう次々とお客さんが出入りしていて、それほど敷居は高く感じませんでした。

「一人なんですけど」と言いつつ店内に入ります。
こういうお店は基本的に空いていればどこに座ったっていいもので、俺はゴロー席が空いていることを確認すると、迷わずそこに腰を下ろす。

レストラン アトム

表のレストラン感を裏切る、この雰囲気。どっからどう見ても食堂だ。
なんて迫力がある厨房なんだ...今にもヒンズースクワットが始まりそうだ。

でも、ぶっきらぼうさの中に、得体の知れない美学を感じる。
どう向き合えばいい店なんだ...?

レストラン アトム

この店、ドライバーたちの水場。
タクシー運転手のオアシス。

厨房とホールの間にドアがない店舗なので、店主がこの入口と裏口を使って店の外を通って行き来するのが面白い(やってるほうは大変だと思いますが)。それも、かなりの頻度で出入りしているので、これ、もし万歩計つけてたらすごいことになっちゃうんじゃないのか。

レストラン アトム

問題のゲーム卓(笑。これ、脱衣麻雀らしいです。

ちなみに、私が店にいる間にプレイしているお客さんは一人としていませんでした(笑

レストラン アトム

メニューはこんな感じ。意外なほどのバリエーションの広さ。
壁に視力測定表が貼られているのは、やっぱり目が命の運ちゃん憩いの場だからだろうか。

見渡してみると、お客さん、ほとんど常連っぽい。
放送翌日なのに、巡礼者、私だけ(汗

私の斜め後ろの席のお客さんが、

「ナポリタン、コスモポリタン、ハンバーグ」

流れるようなリズム感で注文を入れていく。こやつ、できる。
俺も負けずに注文だ。

「えっと、ハムエッグにカツ皿、それに...」

まで言った瞬間に流れた(テレビ観て来た人だ...)という空気を、俺は見逃さなかった(ぉ
でも俺はできるだけ物おじせずハッキリという。注文を聞きかえされるのはやっかいだ。

「冷奴と、ほうれん草ください」

レストラン アトム

テーブルの上は、やっぱり食堂。
紙ナプキンだけレストランっぽいけど、三角ナプキン用のストッカーに四角い紙ナプキンを入れているのがかわいい(笑

ん~、意味不明な魅力があるぞ、レストラン アトム。

レストラン アトム

お~、きたきた、きましたよ。

いい。この景色、いい。しゃれっ気なし、質実剛健。
だが、どこかやさしい色み。

いただきます。

レストラン アトム

ハムエッグ。家じゃないところで食べると、なんだか新鮮。

黄身がプルプル。火の入れ方、絶妙。塩加減もちょうどいい。
うん、半熟たまごごはん、最高。

レストラン アトム

これがカツ皿。
いわば、カツ丼の台抜き。

うん、よしよし。教科書のようなカツ煮だ。カツ煮って、とんかつがダシでヒタヒタなのがいいんだ。

レストラン アトム

食べてみると、どこか、おふくろとかおばあちゃんのような、やさしい味。
肉も柔らかくていいけど、このダシのふくよかな風味が効いてるんだろうな。

カツって男の食べ物だと思うけど、これは男のコに戻っちゃうような、懐かしささえ感じるよ。

レストラン アトム

そして冷奴。
そう、冷奴はカドが立っていなきゃ。

ちゃんと作られた木綿豆腐のみっちりした食感と、大豆の味。

レストラン アトム

そこにほうれん草のおひたしだ。
何の衒いもないほうれん草だけど、このマジメな味がいい。
これこれ、こうでなくちゃ。

よし!今日の俺は、これだ。
島国の男の飯のど真ん中を、突き抜けよう。

レストラン アトム

カツ皿を半分ほど食べたら、残りは丼ごはんの上にドカッと乗せて、かっ込んじゃう。
テレビを観ながら「なら最初からカツ丼頼めばいいのに!」と突っ込んだのは私だけじゃないはず(ぉ

小洒落たレストランで気取った料理をチマチマ食ったって、力なんて出るもんか。
こういう店で、こういうメシをモリモリ食ってこそ、働く男の力が湧いてくるんだ。

レストラン アトム

最後に残った黄味ひとつに、丁寧に醤油を垂らして、まるごとばくっ。
ちゃんと黄味を破いてから醤油を垂らすゴロー、さすが分かってるねえ。

レストラン アトム

う~ん、食った!
アトム堪能、10 万馬力充填。

なんだか、ばあちゃんちに遊びに行ったときに「今どきのもの作れんでごめんね...」と言いながら、できる範囲で私の好きなものをたくさん出してくれたのを思い出す、そんなメシだった。

さて...、

「レモンスカッシュください」
「はい。レスカ、ワン!」

おお、かっこい~...!

レストラン アトム

今日のオレメシ、ここだけがレストラン。
ストレートに酸っぱいレスカ、こういうの久しぶりだなあ。

劇中で藤原組長が演じていた一見コワモテの店主は、実際にはとても気さくな方でした。
予告編が流れてから既に巡礼のお客さんが来始めていたようで、「みなさん同じものを頼まれるから大変で...」とか、笑顔で話してくださったのが印象的でした。
人生で、これだけタクシーの運ちゃんに囲まれて食事する機会も、そうそうないでしょう(笑。貴重な経験をさせていただきました。

ごちそうさまでした。

孤独のグルメ Season4 Blu-ray BOX

B00MN0SBFG

関連ランキング:定食・食堂 | 潮見駅

投稿者 B : 22:58 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2014/08/17 (Sun.)

愛知県知多郡日間賀島のしらすの天ぷらとたこめし

「日間賀島、か。にしても、島とはね...」

師崎港

ドラマ『孤独のグルメ Season4』聖地巡礼、今回はつい 10 日ほど前に放送されたばかりの第 5 話に登場した出張聖地・愛知県の離島、日間賀島(ひまかじま)まではるばるやって来ました。いつもなら、遠征系の聖地巡礼は最後のほうに行っていますが、島に行くならこの夏休みを利用するしかない!と思い、放送前に日間賀島でロケをやっているという情報が流れたときから計画を練っていました(笑。
Season2 の頃から、そのうち離島編はあるんだろうな、と思っていたけど、日間賀島という島自体、このドラマで取り上げられるまで存在を知りませんでした。いずれにしても、八丈島とかそういうハードルの高いロケ地じゃなくて良かった(ぉ

島に渡るルートはいくつかありますが、私は当然ゴローちゃんの足跡を忠実に辿るべく、知多半島の先端・師崎港経由での上陸。名古屋から名鉄で河和駅まで行き、河和からさらにバスで師崎港へという長い旅路を経て、観光船で日間賀島へ。

師崎港

それが...、師崎港の船着き場には長蛇の列。これ、全部聖地巡礼のお客さんです(嘘

日間賀島は、劇中ではのどかだけど閑散とした離島として描かれていましたが、実態は完全なる観光地のようで、お盆期間中ということもあって観光客でごった返していました。ほとんどのお客さんがクルマで師崎港まで来ていたのか、道中、電車やバスはガラガラだったので、着いてみて驚きました。

師崎港

観光船は時期的に臨時便をたくさん出しているようで、時刻表にない時間帯でも並んでさえいれば来た船には乗れる感じでした。オフシーズンは 1 時間に 1~2 本しかなく、電車やバスも頻繁に走っている地域ではないので、これから巡礼される方は綿密に行程を練った方が良いかと。

日間賀島

日間賀島、上陸。ほんの 10 分ほどの乗船で到着しました。

船はけっこうなスピードで移動するせいか、けっこう揺れます。なかなかスリルがあって面白いんだけど、船が苦手な人は揺れにくい後部に乗った方がよさげ。

日間賀島

島は、生活感というよりも観光色が強く、ちょっとした昔ながらのアミューズメントパークといった趣。

そういえば、私は離島って子どもの頃に石川県の能登島に行ったことがあるくらいで、大人になってからは初めてかも。なんだか楽しい。

乙姫

井之頭五郎がたこめしに舌鼓を打ったお店は、日間賀島西港の船着き場のすぐ目の前。ピンク色の旅館の一階にある食堂でした。

この島、大きな旅館になるとお店専用の送迎線を持っているようで、この港にも「乙姫」の名を冠した船が停泊していました。

知多半島 日間賀島 御やど乙姫

乙姫

ん?乙姫様の店。竜宮城か。
こうなったら浦島になって、タイやヒラメの踊り食いだ。

日間賀島には開店 1 時間前に着いていましたが、ちょっと時間もあるし...と思って周辺を見て回っていたら、開店 20 分前には既に行列ができはじめていたので、慌てて並びました。こどグル効果というわけではなく、食事できるお店自体が少ないために観光客による開店待ちが発生していたようです。まあ、私以外にも巡礼っぽい人はちらほら見受けられましたが(笑

運良く一巡目で入店できたので、着席してさっそく注文。

乙姫

メニュー。こちらは主に定食系。
観光地にしてはそれなりに良心的な値段ですかね。ま、伊勢海老とか鮑はさすがに高いけど。

乙姫

こちらは単品&飲み物系。
はて、お目当てのたこめしが見当たらないぞ...?

乙姫

と思ったら、ホワイトボードにありました。
でも、たこめしはあったけど、しらすの天ぷらはここにも記載なし。

念のため店員さんに聞いてみたら「できますよ」とのことだったので、しらすの天ぷらも注文。

乙姫

一段落したら、料理が出てくるまで店内を見学します。
でっかい生け簀に、海の幸どっさり。さすがに島の食堂。

乙姫

注文が入ると、おじさんが生け簀から魚や海老をおもむろに網ですくって持っていきます。
これ自体が、ちょっとしたショーみたいなもんか。

店内にも、島の時間が流れている。

乙姫

おっ、きたきた。おお~。
まずは、赤くるま...じゃなくて、赤車(アカシャ)海老の塩ゆでから。

赤車海老、ってのも初めて聞いたけど、調べてみたら正式名称はクルマエビ科の「シロエビ」で、「赤車海老」は三河湾一帯における俗称だとか。名古屋名物・天むすに入っている海老も、この赤車海老。
ちなみに、富山湾で獲れる「白えび」はオキエビ科なので、全くの別物。勉強になるなあ...。

乙姫

殻を剥いて、いただきます。

ほおぉ、この海老、味が濃い。ああ~、これ、塩加減がちょうどいいんだ。

殻剥き系の魚介類って食べると無言になっちゃうけど、これもひたすら無心に食べちゃう系。
いくらでも食べられる、日間賀の赤車海老。

乙姫

続いて、大あさり焼。
おお、でかいなあ。

一つ食べてみると、これがまた、ぷりっぷり。一噛みするだけで、口の中に海の香りが広がります。
子どもの頃、家の近くの海で泳ぎがてら獲ってきた大きなあさりを、自宅でバター醤油焼きにして食べたのを思い出しました。海のうまさがギュッと詰まったあさり、うまし。

乙姫

このつゆ、一滴もこぼすべからず。
つゆの中に、あさり本体以上にあさりのうまみが凝縮されています。これだけで、日本酒一合いけちゃう感じ。

うん、大あさり、大当たり。

乙姫

それから、しらすの天ぷら。

一見、かきあげとか薩摩揚げ系に見える天ぷらだけど、よく見ると、確かに、おしらす。
大量のしらすをそのまんままとめて、揚げてあります。これに、塩をちょちょっと振って、いただく。

乙姫

おっ、ふわっときた。なるほどね...。
見た目以上のさくふわで、やさしい食感。しらすって、こんなふわふわになるものなんだ。

そこに、しらすの魚味が追いかけてきて、俺は今、小魚の群れを丸呑みする大型魚類になっている。
天つゆや醤油じゃダメだな、これじゃ。絶対に塩がいい。

乙姫

さて、本日の主役。〆のたこめしのご登場。
イカがなくても、いかにも島メシ。さて、島の本命メシ、いざ。

乙姫

うんうん、嬉しくなる味。
シンプルなんだけど、その分たこのぷりっとした食感と風味がダイレクトに感じられてうまい。

もち米ってのも、妙に楽しい。

乙姫

たこめしをもり立てる脇役たち。

この佃煮、隅に置けない味。
味噌汁は、愛知県だけあって、当然の赤出汁。
たこめしの味付けがあっさりめなので、こういう個性ある味の脇役たちが、いい仕事をするんだな。

乙姫

あぁ~、食った。
海老、あさり、しらす、たこ。それぞれの漁師に感謝。

正直な話、この回は料理の絵面的に派手さがなかったので、来てみるまで不安半分でしたが、なんのなんの。海辺で生まれ育った私としては、こういうのこそ自分のルーツに近い味。帰省した直後ではあるけれど、懐かしい気持ちで、堪能させていただきました。

いい島メシだった。
ごちそうさまでした。

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 南知多町その他

投稿者 B : 18:23 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2014/08/16 (Sat.)

金沢近江町 海鮮丼専門店 こてつ

近江町市場観光のついでに、市場内でごはんを食べてきました。市場でごはん、といったら間違いなく海鮮丼一択!というわけで、市場の中の人のおすすめに従って、こちらに。

近江町の海鮮丼専門店「こてつ」

こてつ

近江町市場の端の方にある海鮮丼の専門店。市場内の海鮮系飲食店はどこもほぼ例外なく混んでいますが、ここも開店直後から行列が出来上がっていました。

聞くところによると、昔は片町のあたりで営んでいたのが、近江町市場のオープンに合わせてこちらに移ってきたとのこと。夫婦お二人でやっている、カウンターのみで 10 席ほどしかない、小さなお店です。

こてつ

メニューはこんな感じ。一口に海鮮丼といっても、いろいろあるんだなあ。

中でも異彩を放っている「近江町彩り丼」は、具材の豪華さに加えて加賀の名産である金箔まで散りばめられてすごいことになっちゃってるけど、値段もすごいことになっていて、ちょっと手が出ません(笑。よし、ここは初志貫徹でいこう。

こてつ

店内は外から見るより断然狭くて、他のお客さんが座っていると出入りするのに席の後ろを横歩きしないといけないレベル。でも、市場の賑わいから地続きな、この距離の近さが今は逆にうれしい。

こてつ

カウンターの前には、この店流・海鮮丼のおいしい食べ方指南が。
なかなか細かいこだわりだけど、郷に入っては郷に従えだ。それに、スプーンを推奨する海鮮丼店もなかなかありません。これはおもしろい。

こてつ

しばらく待って、海鮮丼のご登場と相成りました。おやじさんが一人で調理しているので、狭い店内といえど満席になるとそれなりに待ちます。

今回は初訪店ということで、海鮮丼。ど真ん中に直球を投げ込んでみましたが、見た目からしてこれは当たりっぽいぞ。

こてつ

海鮮、どーーーん!
色とりどり、いろんな魚介が載っかった、目にも楽しい丼。

魚介は石川県近海を中心に、基本的に全てこの市場のお店から仕入れた、質には折り紙付きの素材。それに、石川県産のコシヒカリ。ほぼ同じ海で獲れた魚介と、近い水質で作られた米を食べて育った身としては、これが口に合わないわけがありません。

こてつ

お店のおすすめに従ってわさび醤油を万遍なくかけ、スプーンですくっていただきます。

富山湾の至宝、甘エビ(といっても富山湾にはホタルイカや白エビほか、至宝はいっぱいある)。これがこの甘さと新鮮さで味わえるのは、やっぱり地元ならではでしょう。

こてつ

こちらは私が食べたものではありませんが、いくら丼。

この隙間なく敷き詰められたばかりか、厚焼き卵の上にまで侵食しつつあるいくらの層の厚さといったら!もう、見ているだけで幸せを感じてしまいます。

こてつ

いくら、どーーーん!(しつこい

ここのいくら(さすがにこれは地元産ではないと思いますが)、皮が薄くて中身がとろっと溶け出してくるような感覚で、実にうまい。安いいくらだと皮が厚いばかりで美味しくないものですが、これは本当にうまい。

こてつ

ああ、完食、満足。
素材の良さと丁寧な仕事、それを市場の雰囲気を感じながら味わう幸せといったらありません。

近江町市場、楽しいだけじゃなく、美味しいなあ。来年の夏もぜひまた来たいと思います。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 北鉄金沢駅金沢駅

投稿者 B : 17:00 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2014/08/13 (Wed.)

樹林厨房 金沢六角堂

6 年ぶりに、金沢の卯辰山でステーキをいただいてきました。

樹林厨房 金沢六角堂

六角堂

金沢の中心街からちょっと離れた山の中、車でないとまず行けない場所にある老舗のステーキハウス。金沢界隈ではけっこう有名なお店らしいですね。以前、妹の新居を見に来たときに来て以来でしたが、今回久しぶりに金沢に来るということで、再訪してみました。

六角堂

まあ、まずは生ビールでしょう。昼間からのビールというのは後ろめたさが逆にうまさを増してくれるものですが(笑)、まあ、今回はお盆休みだからね。

六角堂

肉を焼き始める前にサラダ。シンプルなサラダですが、いずれも新鮮な野菜を使っていて、うまい。
そして、ビールのつまみはこれですよ。

六角堂

目の前でシェフがガーリックチップを炒めてくれます。こんがり狐色になったら、そのままヘラでステーキ皿にサーブしてもらえるというわけ。

これを肴にビールを飲み進めながら、メインを待ちます。

六角堂

じゃーん!ガーリックチップを炒めた鉄板の上でそのまま、ステーキ肉をガツッと焼いてくれるわけです。
(さすがにこの量で一人分というわけではありません)

シェフの鮮やかな手さばきも、酒の肴になりますねえ。

六角堂

いい感じに焼けてきました。もう見るからにうまそうだ...。

ステーキの肉はニュージーランド産/国産でそれぞれロース/ヒレからの選択式。国産はけっこう覚悟のいる値段がするので、私はニュージーランド産のロースをオーダー。国産のほうは、日によって仕入れ先が異なるそうです。

六角堂

焼きあがったら、一口大に切って鉄板から直接ステーキ皿に盛り付けてもらえます。
焼き目と赤い部分の割合がちょうどいい。ちなみにミディアムで焼いてもらいました。

六角堂

ホースラディッシュ(西洋わさび)とステーキソースにつけていただきます。

脂が乗っているけどしつこくなく、質のいい肉そのものの味を堪能するタイプのステーキ。「いかにも肉って肉」というのは、こういう肉のことを言うのかもしれません。ああ、うまい。

六角堂

ステーキをいただいている間にもシェフは仕事を続けていて、肉を焼いた直後の鉄板でもやしを炒めてくれます。
このもやしがまた、シャキシャキした歯ごたえに、さっきまで焼いていたニンニクとステーキのうまみが絡まって、このもやしだけでご飯三杯くらいいけてしまいそう。そして、このもやしが間に挟まることで、また新鮮な気持ちで肉をいただける。俺はこのまま肉ともやしの永久機関になってしまうのかもしれない。(大げさ

六角堂

ステーキをだいたい食べたところで、ご飯セット登場(ご飯のタイミングは最初か最後か選べます)。
おそらく石川県産のコシヒカリだろうと思われるおいしいお米に、みそ汁と漬物がまたいい仕事をするんだな、これが。

六角堂

こうなったらもうご飯の上にステーキを載せて食べること不可避ですよ(笑。

金沢って、「加賀百万石」と言われるだけあって派手なイメージが強いですが、豪華さの中にも丁寧な仕事ぶりやもてなしの心がこもっているのが、同じ北陸人としては心を許せるところだと思います。そんな金沢のもてなしを凝縮したようなお店。安くはないから何かのきっかけがないとなかなか来ることが難しいですが、機会を見つけてまた来たいと思えるお店です。

関連ランキング:ステーキ | 北鉄金沢駅金沢駅七ツ屋駅

投稿者 B : 22:47 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2014/08/01 (Fri.)

港区港南のカルビ焼肉ランチ

一昨日の『孤独のグルメ Season4』の焼肉回を観てからというもの、俺の腹はすっかり焼肉腹になってしまいまして(;´Д`)。これは可及的速やかに焼肉を入れに行かないと気持ちが収まるまいと思って、焼肉ランチという暴挙に出てみました。

品川の港南口エリアというのは、食肉市場がすぐ近くにあるせいか、コリアタウンでもないのに川崎に匹敵する焼肉屋のメッカだったりします。けっこうな食通の人でも「芝浦にうまい焼肉屋がある」と言うくらいなので、店舗数だけじゃなくレベルも高いらしい。ま、いい肉が手に入りやすい環境だとそうなりますよね。
焼肉はは本当に何軒もありますが、今回は特大ベーコンステーキ定食の「つがる」の裏手にある、私が「カオスエリア」と呼んでいる路地のところに、こどグルっぽい焼肉屋がいくつかあったよなあ、と思って歩いてみました。

とんとん

オフィスビルと飲食店が建ち並ぶ港南口正面に、なぜかここだけ昭和の面影を残した民家のある、ごちゃっと狭いエリア。以前から、品川でこどグルのロケをやるなら絶対ここは外せないよなあ、と思っているのがこのカオスエリア。狭くてお世辞にも小ぎれいと言えないお店の密集地にある焼肉屋のひとつに入ってみました。

とんとん

とんとん

これまた狭い店内の、二人用のテーブルにお一人様ごあんなーい。

本当に狭いので、身長 180cm の私は椅子に深く腰掛けても、コンロを兼ねたテーブルの土台に膝が当たってしまいます。ここで長時間焼肉を食っていたら、エコノミー症候群になってしまう(そんなに長時間食いません

とんとん

注文すると、肉の前にまずはグリーンサラダとキムチ、もやしのナムルが出てきました。
これをつつきながら、メインが出てくるのを待ちます。

正午を回るとお店にはもう行列ができていました。昼から焼肉、そんなサラリーマンがこんなにいるのか。

ちなみに、注文したのは「ビッグカルビ定食」。
おおお、これはどれだけビッグなんだ...!

とんとん

と思ったら、出てきたのはこれ。
「ビッグカルビ」というのは、カルビの大きな一枚肉じゃなくて、通常の 1.5 倍盛りのカルビ定食、という意味だったらしい。

まあ、確かに大きな一枚肉だと焼きにくいし、それじゃステーキになっちゃうか。

とんとん

気を取り直して、焼いていこうじゃないか。
ガス式の無煙ロースターだから、煙も出にくい。服に匂いも、全くつかないわけじゃないけどつきにくいような気がする。おお、焼肉好きのサラリーマンランチに優しいじゃないの。
この、誰にも気を遣わず、誰とも駆け引きをしなくていい、一人焼肉。どんどん焼いて、どんどん食べないといけないから忙しいけど、気兼ねなく肉との対峙に集中できるのがいい。

とんとん

いただきまーす!

飾りっ気のない、オーソドックスな肉とタレ。肉は脂身が多すぎず少なすぎず、ちょうどいいバランスで肉そのものの味が堪能できます。やっぱり素材が良いとこういう勝負ができるんだなあ。肉の味を感じながら、タレと白い米でシンプルにいただく。焼肉の王道は、これですよ。

ビッグカルビ定食、1,200 円。ランチとしてはプチ贅沢だけど、ボリュームのある焼肉ランチとしてなら決して高くない。
年に一回来るか来ないかの、ランチ焼肉。午後の予定が気になるとなかなか勇気が出ないけど、この満足感を味わうと半日がんばれる気がします。またちょくちょく、来ようかなあ。周りにある他のお店も、攻めてみたいんだよなあ。

関連ランキング:焼肉 | 品川駅北品川駅天王洲アイル駅

投稿者 B : 23:58 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2014/07/29 (Tue.)

moomin Bakery & Cafe

GW に飯能のムーミン谷に行きましたが、我が家のムーミンブームはまだ続いていまして、今回は夏休みということでここに行ってみました。

ムーミンベーカリー&カフェ 東京ドームシティ ラクーア店

moomin Bakery & Cafe

旧・後楽園遊園地、現・東京ドームシティ ラクーア。都心にあってわりといつでも行けるレジャースポットにも関わらず、何故か今までほとんど来ようと思ったことがない場所。その東京ドームシティ内に、ムーミンの世界観を活かしたベーカリーカフェがあります。調べてみたところ、同様のカフェは東京スカイツリーにもある模様。

どれくらい混んでいるかも判らなかったので、お昼よりも少し早く着いたんですが、休日にもかかわらず比較的ガラガラな東京ドームシティにあって、11:30 の時点で既にかなりの行列。炎天下、1 時間ほど並ぶ羽目になりました(一応、屋根の陰にはなっていたけど)。途中、スタッフの方が気を利かせて麦茶のサービスをしてくれたのが、とても助かった。

moomin Bakery & Cafe

お店の前には、ムーミンのぬいぐるみが店番をしています。
営業は毎日 8:00~22:00 とのこと。ベーカリーカフェなので、朝食がてらとか、昼食のパンを買って出勤とか良さそうです。まあ、東京ドームホテルに泊まってる人か、付近に勤めてる人でもないとなかなか利用できない立地ですが。

moomin Bakery & Cafe

店内のあちこちにムーミン一家のぬいぐるみが飾ってあって、とてもかわいらしい。周辺がアトラクションのチケットカウンターだったり銀だこだったりする中、ここだけちょっとファンタジーな雰囲気を醸し出しています。

来ているお客さんは家族連れのほか、カップル、女性同士、それに女性のおひとりさまもちらほら。幅広い客層です。

moomin Bakery & Cafe

1 時間並んで、ようやく入店。中に入ると、外から見る以上にムーミンワールドが広がっていました。

フィンランドで生まれた物語なので、インテリアも北欧系。シンプルで清潔感ある店内に、ムーミン愛の深そうな店員さんたちが活き活きと働いている様子が印象的です。

moomin Bakery & Cafe

そして...噂の「ムーミンぬいぐるみご相席サービス」は本当にやっていました!(笑

いくつかのテーブルで、空いている座席にムーミンファミリーのぬいぐるみがご相席。店内のインテリア以上に、カフェの座席にムーミンたちが座っているシチュエーションが、このお店の雰囲気を決定づけていると言っても過言ではありません。ディズニーランドのようにキャラクターが動いたりはしませんが、これでも十分に「ムーミンの家に遊びにきた感」を味わえます。

moomin Bakery & Cafe

おひとりさまの席には向かい側にミイが(笑。「ぼっち客に神対応」も本当にやっていました。
これ、女性客だからそれでも様になるけど、おっさんの一人飯だったら痛々しいことこの上ないんじゃないだろうか(;´Д`)。

moomin Bakery & Cafe

あそこのテーブルから顔だけ出しているのはスティンキー。スニフとスティンキーは、数店あるチェーンの中でも今のところラクーア店だけにいるそうです。スニフとスティンキーは、ムーミンワールドの中でも最も欲が深いキャラ。それゆえに人間的で、ほかのキャラクターものの作品とは違う深みをムーミン世界に与えているキャラクターだと思います。

ちなみに、ムーミンファミリーのほかにはニョロニョロが相席しているテーブルもありました(笑。

moomin Bakery & Cafe

このベーカリーカフェのシステムは、ランチにはすべて焼きたてパンの食べ放題がついています。

妙に人相の悪いムーミン一家の肖像画の下に並んでいるのがパンのビュッフェ(セルフサービス)。

moomin Bakery & Cafe

パンの種類はかなり豊富で、スタンダードなバゲットやリュスティックから、北欧らしい黒パンまで、いろいろ選べます。
ウチの子どもたちはクレッセント(ハーブ塩でカリッと焼き上げた細長いパン)がかなり気に入ったようす。

moomin Bakery & Cafe

これは子どもたちが食べたキッズプレート。お子様ランチですが、ライスやオムレツがいちいちムーミンになっていて、娘たちは大喜び。

スプーンやフォークにもキャラクターがあしらわれていますが、ここに載っているもののほとんどが、店内の物販で買えるようになっています。

moomin Bakery & Cafe

こちらが大人用のランチメニュー、キッシュ&パスタプレートと、

moomin Bakery & Cafe

フィンランドプレート。

他にも「北欧プレート」にはIKEA のレストランにあったような北欧スタイルのミートボールなんかもあったりしますが、味のほうも全体的に IKEA っぽい。北欧系だから似たような味になるのも当然ですが、冷凍やレトルトを温めただけ、的な味気なさまでよく似ています。決しておいしくないわけじゃないけど、焼きたてパンのおいしさに比べると、ちょっと残念な感じ。

moomin Bakery & Cafe

でも、スープに入っていたパスタまでキャラクターを象っていて、こういうこだわりは嬉しいところ。

ちなみに、このパスタも店内で売っています(笑

moomin Bakery & Cafe

食べていたら、おもむろに店員さんが「こちらにムーミンパパが遊びに来てもよろしいでしょうか?」と言って私の隣にムーミンパパを置いていきました。

これ、嬉しいんだけど、ムーミンパパでかいよ!狭いよ!(笑

moomin Bakery & Cafe

食後のドリンクに、シルエットラテをいただきました。上のラテアートにキャラクターを描いてもらえます(キャラクターは選べます)。バリスタによる職人芸的なラテアートではなく、上にテンプレートを置いて粉を振っただけの簡易的なラテアートですが、これでもけっこう嬉しい。混ぜてしまうのがもったいないんですが、混ぜないと味が最初苦くて、最後甘いというジレンマに陥ります(ぉ

moomin Bakery & Cafe

食後はカフェに隣接しているベーカリー&物販コーナーを物色。

ベーカリーは本当にここで焼いていて、焼きたてをそのまま持ってきてくれるんだから、美味しくないわけがない。カウンターの奥にすぐオーブンが見えるのが、余計にそそります。

moomin Bakery & Cafe

販売されているパンは食べ放題コーナーにあったひととおりの種類のパンに加えて、

moomin Bakery & Cafe

こういうキャラクター系のパンまでバリエーション豊か。ちなみにキャラクターパンは食べ放題コーナーにはないので、食べたければ買って帰るしかありません。

カフェはけっこういい値段がするので、食事だけ見るとちょっと割高に感じますが、お店の雰囲気や心配りのあるサービス、そして美味しい焼きたてのパンまで含めると、それに値する楽しさを味わえるお店だと思います。炎天下に行列するのはちょっと厳しいですが、もうちょっと涼しい季節にまた来てみたいところです。
意外と、ランチよりも朝食っぽい時間に来て、食べたらラクーア内のアトラクションで遊んで帰る、みたいなプランのほうが満喫できるかもしれません。

関連ランキング:カフェ | 後楽園駅春日駅水道橋駅

投稿者 B : 23:59 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2014/06/05 (Thu.)

有楽町ガード下の韓国料理

「んー。腹も減ってきたし、高架下、探してみるか」

インターナショナルアーケード

はい、漫画『孤独のグルメ』聖地巡礼、一昨日発売の SPA! に掲載されたばかりの第 27 話の舞台にさっそくやってきましたよ。山手線の南側が出てくること自体それほど多くないシリーズなのに、私の生活圏からそう遠くないとあれば、誰よりも早く攻めてみたくなるというものです。...と思ったら、発売日当日に巡礼してる人がいた(;´Д`)。私もそれは考えたけど(←)、当日は忙しくて、悔しいことにお昼休み取れなかったんですよね...。

さておき...この有楽町~新橋間の高架下「インターナショナルアーケード」。東京のど真ん中に突如として現れた地下迷宮(ルビは「ダンジョン」と振る)、最低でも Lv35 くらいある勇者じゃないと足を踏み入れられなさそうなハードルの高さを感じます。

インターナショナルアーケード

昼でも夜でも変わらない、この異様な雰囲気。大半の区画のシャッターが降りていることが、より物々しさを助長しています。
でも地方のシャッター通り商店街とは...サビシサの温度が全然ちがう。

この半地下道を延々と歩き、ちょうど有楽町と新橋の中間くらいの地点に存在するのが、このお店。

まだん

まだん

韓国料理...やってるようだぞ。
鉄板がない...焼かない韓国料理か。それもいいか...。

お昼時だというのに、周囲を歩いている人はまばら。そりゃあ、こんな場所に飲食店があると思っている人のほうが少ないだろうな。
本当は、SPA! 掲載直後だから他の巡礼者で行列ができているかと思いきや、聖地巡礼らしき人は私以外には見受けられませんでした。これが、テレビと雑誌の媒体力の差か...。

まだん

「すいませーん、一人なんですけど...」

と言って通された席の壁には、久住さん来店時の写真...と、何故か松重さんの写真まで!
これはもしかして、「原作に登場したお店はドラマでは扱わない」というルールを破ってダブル登場か?と思ったけど、久住さんが完全にプライベートモードと思われる出で立ちなので、ちょっと違いそう。Season3 の打ち上げかなんかで使ったお店なのか、とも思ったけど、一緒に写ってるおかみさんの服装が違うので、久住さんとは別日みたいだし。謎ですね...。

まだん

そして、松重さんのサイン色紙まで。
日付が Season3 の放送終了のちょっと後ということなので、やっぱり打ち上げか何かでしょうか。

まだん

その隣には、元小結舞の海関と出川哲朗さんの写真、サヘル・ローズさんのサインが。顔ぶれからいってテレビの情報バラエティ番組系で取り上げられた感じでしょうか。まあ、立地が最高にマニアックですからね...。

まだん

ランチメニューはこんな感じ。ビビンバとかユッケジャンとか、目にするだけで食欲をそそる単語が並んでます。迷わすなぁ...。
よし!ここは手堅く冷麺、ちょっと冒険チャーシュー丼。

ほどなくして、順に料理が運ばれてきました。

まだん

前菜、多し。
冷奴(の豆板醤?乗せ)、セロリをゴマ油に漬け込んだもの、シンプルなグリーンサラダ、そしてキムチ。
前菜は日替わりなのか作中の品揃えとは違ったけど、ランチからこんなに豪華だと、なんだかビールが欲しくなってきます(笑

ウマイ。この店、案外アタリではないか。
庶民的韓国、こういう店は貴重です。

まだん

そして、本命がやって来ました。おー、これまた家庭的なルックス。

まだん

冷麺と言えば、盛岡冷麺は好きだけど、そのルーツである韓国の冷麺って、あまり食べた記憶がないなあ。
そもそも韓国料理自体、お昼よりも飲みで行くことのほうが多いし、大抵は焼肉とかチヂミとかクッパ・ビビンバとか、そういうガッツリ系にいっちゃうもんなあ。

まだん

ズ...ズズ。うんうん、麺も硬すぎず、細くて確かにウマイ。キムチのピリ辛はあれど、酸味のきいた爽やかなスープのおかげで、いくらでも食べられそう。

劇中のゴローちゃんは冬に冷麺を食べるという失態をやらかしましたが、今はこれから真夏に向かおうという時季。この冷麺がうまくないわけがない。

さて、チャーシュー丼は...生卵かける式。

まだん

黄身、この時点でつぶしていいものか...
いや、韓国の人なら迷わずつぶすな。

というわけで、スプーンでつぶして混ぜていきます。

まだん

わおお。これ、予想以上にウマイ!

冷麺とは対照的に、まったりと優しく、濃いめの味。生卵も相まって、口当たりも味もしっかりした存在感。
ミニチャーシュー丼という割にけっこう量のある丼だけど、それ以上にボリュームを感じます。

まだん

どれも濃すぎず辛すぎず、いや実にちょうどいい韓国スムニダ。
酒を飲まなくても、肉を焼かなくても、ゴキゲン。

ああ、ごちそうさまでした。

まだん

会計時にいただいた割引券。お昼のピークタイムを外せば 100 円引き。それも、見せるだけで何度でも使える割引券(笑。
マニアックな新橋のダンジョンにある割に、何から何まで家庭的なんだなあ。

お昼休みにオフィスの外でランチ、の延長で来れなくはない立地だし、有楽町近辺で仕事があるときに寄ってもいい。何より、混んでないから落ち着けるのが嬉しい(笑
また機会を作って、今度はカルビうどん+ミニビビンバとか、試してみたいかな。割引券に書かれているとおり、夜に来てみたい気もします。

SPA! 2014 年 6/10 号

B00KCUXZZ0

関連ランキング:韓国料理 | 内幸町駅日比谷駅銀座駅

投稿者 B : 23:58 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2014/04/30 (Wed.)

新潟県十日町市 ドライブインの牛肉の煮込みと五目釜めし

「急激に、かつ猛烈に、腹が減ってきた。米を、食いに行こう」

峠の茶屋 蔵

ドラマ『孤独のグルメ Season3』聖地巡礼の、最後の目的地。第 11 話に登場した、新潟県十日町市の「峠の茶屋 蔵」さんにやってきました。遠征系の聖地巡礼は群馬房総河津とこなしてきましたが、ここが最も遠出した感のある聖地ですね(移動時間で言えばいずれも負けず劣らずかかりますが)。

市街地から離れた、周囲にはお店どころか民家さえもほとんどないような立地に、そのドライブインはありました。

峠の茶屋 蔵

峠の茶屋 蔵

いかにもなドライブイン。
こういうところは、大当たりか、大外れだ...賭けだな。

お昼時に来たら、先客がけっこうたくさんいるんですけど!ナンバーを見ると関東から来ているお客さんも多くて、GW の帰省なのか、それとも聖地巡礼なのか...見るからに聖地巡礼っぽい人もいましたね。

峠の茶屋 蔵

お店の脇には、けっこうな量の残雪と咲き誇る桜の共演が。
東京じゃ、こういうの滅多に見られないからなあ。新潟に来たんだなあ...。

峠の茶屋 蔵

そこそこ混んでいるように見えましたが、何とか空席あり。
行列することもなく、ゴロー席の隣のテーブルに通してもらえました。

さあて、何を食べよう。

峠の茶屋 蔵

超おすすめ...超ですか。
お父さん、お母さん...なんかいいな。かわいい人たちだな。

天丼、かつ丼、カツカレー...そういうのもいいな。山菜玉子ぞうすいも気になるなあ。

峠の茶屋 蔵

このラインアップ、いかにもドライブイン然としている。
峠の茶屋的には、やっぱりアユとか山菜だろう。

酒盗とか漬け物は、完全に酒のつまみだ。こんなドライブインにまで、のんちゃんべえちゃんが来るというわけか。

峠の茶屋 蔵

こっちは、伝説の牛肉煮込みに、魅惑の豚角チリソース。
五目釜飯は、オンリーワンか。ふっ。

だが、峠の茶屋だもんな...ここはやっぱり。

峠の茶屋 蔵

おっ、きたきた。
伝説の牛肉煮込み、いただきます。

本当にできたて、鍋がぐつぐつ言ってるよ。
見るからにうまそうじゃないか。よし、受けて立とう。

峠の茶屋 蔵

レンゲで卵を潰して、鍋によく混ぜる。おぉ、いよいよすき焼きっぽくなったぞ。でも、すき焼きにしては、肉が厚切りでボリューム感あるなあ~。

期待が最高潮に高まったところで、口に運びますか。

峠の茶屋 蔵

あぁ~!トロトロ、ロロロ。煮込んでらっしゃる。そして、ちゃんと牛肉の味がする。
肉がでかいのに、口の中ですぐになくなる。もともと洋食の肉が、日本の豆腐と溶け合って、これは世界平和だ。

濃い味なのに、食っても食っても食い飽きない。
うん、これはまた、うまくていける。うまいける。ウマイケル・ジャクソンだ。

峠の茶屋 蔵

こちらはクマデジタ五郎が頼んでいた、魅惑の豚角チリソース煮。
チリソースの赤に、チーズの白。ブロッコリーの緑。イタリアの国旗だ。

一口もらってみたら、煮込みはいかにも牛肉って感じだったけど、こっちは豚角煮の味。
チリソースが相まって、これはお酒が欲しくなるなあ...。

峠の茶屋 蔵

この...ビール、っていうんですか?
結局飲んじゃった(ぉ

運転手じゃないので、一人だけ飲んでてすいません(笑

峠の茶屋 蔵

そして、五目釜めし。生米から炊いてるから時間かかったけど、煮込みをつつきながらビールを飲んでいたら、それほど待った感じもなく。

釜めしの、蓋を開ける瞬間の幸せ。
この香り、この法悦。おぉ~。

峠の茶屋 蔵

海老、帆立、鮭、鰻、しめじ、舞茸、蕨、などなど。この豪華なキャスティング。
地元産のコシヒカリという舞台の上で、さまざまな具が思い思いに踊っている。

小さな釜の中に、日本の四季が、米とともに炊き込まれている。
釜の中に、日本がある。歴史がある。自然がある。宇宙がある。

峠の茶屋 蔵

付け合わせは、野沢菜の胡麻和えに、香の物。残念ながら、ゴローが食べたきゃらぶきではありませんでした。

「俺の心が、しんしんときゃらぶいている」
ってモノローグ、やりたかったなあ(ぉ

峠の茶屋 蔵

できたてアツアツなので、茶碗によそって、少しずついただく。
冷めるともったいないから、よそったらすぐに釜の蓋は閉じる。それが釜めしのルール。

五目釜めし、その王道がここにある。ただ、いただく。受け止める。

峠の茶屋 蔵

名も知れぬ田舎のドライブインで、のんびり昼飯を食べる。
こういうのこそ、クルマ旅の醍醐味だ。名所、旧跡、何するものぞ。

あぁ!おいしかった。

峠の茶屋 蔵

お店はお父さんが厨房、お母さんがホール、という二人体制。満席に近い状況では、食器洗いが追いついていないようにも見えました。Blu-ray BOX の特典映像では「みなさんゴローさんの真似をして順番に注文されますけど、まとめて注文してほしい。ちゃんと順番に出しますから(笑」と仰っていましたが、確かに大変そうでした。

でも、ここのお母さんと仲良しらしい脱皮する家のお母さん曰く、「いいんですよぉ、どうせ平日ひまなんだから、休みの日くらい(笑」とのこと(笑。


ところで、飯岡の聖地巡礼では Bly-ray BOX のジャケット写真を再現してきましたが、今回も最後の聖地巡礼の記念に、ドラマのワンシーンを再現してきました。

棚田

劇中では青々とした棚田でしたが、今は田植えの直前。稲があるとないとではずいぶん景色が違って見えますね。
お店でおにぎりを作ってもらおうとしたら、無理っぽかったので(炊飯用の釜が家庭用の電子ジャー 2 機しかなかったようで、お客さんも多かったので、まぁ仕方ない)、クルマで 5 分ほど戻ったところにあるセブンイレブンに駆け込んで、おにぎり調達。ちゃあんと新潟県産のコシヒカリ使用のおにぎりでした。

稲穂を見ながら食べるおにぎり、こたえられない。(稲穂どころか苗さえ植えられていません
いただきます。

孤独のグルメ Season3

(撮影:クマデジタ五郎

米って、どこまでうまいんだ。
コシヒカリ...その光に、一寸の曇りなし。あぁ、ごちそうさまでした。


これで、ドラマ『孤独のグルメ Season3』聖地巡礼は全て完了。Season1 から数えて、食べるも食べたり合計 36 ヶ所。どのお店も美味しかったし、リピートしたくなった(実際に何店かはした)お店もいくつもありました。
お邪魔したお店のみなさん、聖地巡礼にお付き合いくださった方々、どうもありがとうございました。

ドラマの Season4 については今のところ具体的な話は聞こえてきていませんが、あるんですかね。テレビ東京的にはやりたいんだろうなあ...と思いますが、いずれにしても、これからしばらくは自分なりの「こどグル的」名店を探して回りたいと思います。

孤独のグルメ Season3 Blu-ray BOX

B00ESXXM28

関連ランキング:釜飯 | 十日町市その他

■ドラマ『孤独のグルメ Season3』聖地巡礼エントリーまとめ
第一話 北区赤羽のほろほろ鳥とうな丼 / 再訪 / 甘味パート
第二話 神奈川県横浜市日ノ出町のチートのしょうが炒めとパタン / 再訪 / 甘味パート
第三話 静岡県賀茂郡河津町の生ワサビ付わさび丼 / 甘味パート
第四話 文京区江戸川橋の魚屋さんの銀だら西京焼き / 甘味パート
第五話 中野区東中野の羊の鉄鍋とラグマン / 甘味パート
第六話 板橋区板橋の焼肉ホルモン / 甘味パート
第七話 目黒区駒場東大前のマッシュルームガーリックとカキグラタン / 甘味パート
第八話 台東区鶯谷のアボカド鶏メンチと鳥鍋めし / 甘味パート
第九話 練馬区小竹向原のローストポークサンドイッチとサルシッチャ / 再訪 / 甘味パート
第十話 荒川区西尾久の炎の酒鍋と麦とろ飯 / 甘味パート
第十一話 新潟県十日町市 ドライブインの牛肉の煮込みと五目釜めし / 甘味パート / 脱皮する家
第十二話 品川区大井町のいわしのユッケと(幻の)にぎり寿司 / 再訪 / 立ち食い中華
→Season1 の聖地巡礼エントリーはこちら
→Season2 の聖地巡礼エントリーはこちら

投稿者 B : 00:00 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (2) | トラックバック

2014/04/05 (Sat.)

東京都杉並区西荻窪のおまかせ定食(の消滅)とオーガニックランチ

「なんだか懐かしい店だな...学生の頃にこういう店に入ったことがあるような気がする」

西荻窪 ほびっと村

『孤独のグルメ』聖地巡礼【原作版】、今回は第 10 話の舞台になった、西荻窪に来てみました。西荻といえば、Season1 のサントラに収録されているラジオドラマ版「ふらっと QUSUMI」にも登場(?)した場所で、久住さんお気に入りの場所の一つだと思われます。

「西荻窪っていうのはちっちゃな駅のようなんだけど、個人の小さなお店がいっぱい集まってて、僕大好きなんですよね。こういう感じ、楽しくて」
私は西荻はこれまで 2~3 度しか降りたことがなく、あまりゆっくり歩き回ってみたこともありません。なので、ちょっと久住さんっぽくそぞろ歩き。

BALTHAZAR

BALTHAZAR

原作に登場した「我蘭堂」のモデルになったお店はもうない様子。でも、このビルの経営者自体が同じようで、その後も似たようなコンセプトのお店が入っていました。
「BARTHAZAR」といえば、『新世紀エヴァンゲリオン』に登場するスーパーコンピュータ・MAGI に含まれる三つのシステムの一つであり(ry(どうでもいい

ちょっとこういう店は苦手だけど...たまにはこんなのもいいか。

BALTHAZAR

店内は、当時のレイアウトを受け継ぎつつも、内装は今風のオシャレなカフェ、といった雰囲気。二昔前は自然食と言えばヒッピーというイメージでしたが、今やすっかり市民権を得ましたからね。

写真のテーブルが「ゴロー席」に相当する場所です。

BALTHAZAR

カフェらしく、メニューは黒板。お店が違うので「おまかせ定食」は当然ありませんが、似たような品が含まれていそうな B の「サーモンの塩焼きランチ」にしてみようかと。そういえば、「おまかせ定食」も B だったか。

BALTHAZAR

劇中に登場したお店は「テーブルがペトペトしてる」という話でしたが、このお店のテーブルはサラサラしてました(笑。

ちなみに、劇中の店と違って、箸もワリバシ。ワリバシが環境破壊と言われていた時代と違って、今ではワリバシは主に間伐材から作られる、ということも知られてきましたからね。
花粉症持ちとしては、もっとスギを間伐してワリバシを大量生産していただきたい(心の叫び

BALTHAZAR

サーモンの塩焼きランチ。サーモン塩焼きに春雨とセロリのサラダ、小松菜おひたし、れんこん金平、ごはん、味噌汁、お新香。ごはんは白米と玄米が選べましたが、ここはやはり原作に倣って玄米に。

うーん、まさに思ってた通りのものだなあ。時代が変わって、お店の形態が変わっても、基本的なコンセプトは変わらず。20 年ブレない、ってのもすごいなあ。

じゃあ、まずは味噌汁から。

BALTHAZAR
(「孤独のカメラ」使用)

うまい!
なんだ、これは!味噌が違うのかな。

薄味で、私の好みからすると普通はちょっと物足りなく感じそうな薄さなのに、なんだかじんわり浸み入る味。

BALTHAZAR

小鉢類も、ひとつひとつ丁寧に作られた味。マズくない!けっしてマズくないぞ!!(←失礼だろ

私は別に有機野菜とかマクロビオティックとかにこだわりはないけど、素材そのものがおいしいんだろうなあ、というのがよく判ります。控えめな味付けは、素材に自信があるからできる芸当なんだろうなあ。

BALTHAZAR

この小松菜、マジメな味。
亡くなった祖父が兼業農家で、小松菜もよく作っていたので、小松菜がうまいかどうかは分かるつもり。

ああ、うまい!なんだかなつかしい味だ。
あせるなあせるな、丁寧に丁寧に大切に、よく噛んで味わおう。

BALTHAZAR

メインのサーモン。下品にならない程度に脂乗りがよく、おいしい。

個人的には、もうちょっとボリュームがあってもいいところだけど、大味にならない微妙なバランス。

BALTHAZAR

玄米は固めに炊いてあるのかと思ったら、けっこう軟らかめ。自宅で玄米を食べるときはもっと固いことが多いので、こういう炊き方もあるのか、という感じ。

うーん...どれもくやしいけどうまい。

BALTHAZAR

完食。いわしと大根のカレーを追加で頼みたくなるくらいのボリュームかと思ったけど、けっこうお腹いっぱいになりました。

入口が分かりにくいビルの 2F にありますが、お昼時にはけっこうお客さんも入っているようで。意外と、地元では有名店なんでしょうか。内装にしろ料理にしろ、女性受けしそうなお店ですしね。

ちょっとだけ、いつものランチよりも健康になれたような気がしました(笑。ごちそうさまでした。

久住 昌之、谷口 ジロー / 孤独のグルメ 【新装版】

459405644X

関連ランキング:バー・お酒(その他) | 西荻窪駅

投稿者 B : 00:00 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2014/03/30 (Sun.)

東京都練馬区石神井公園のカレー丼とおでん

「公園を南に見下ろすように...ホントいい場所にちゃんといい家が建っているんだな」

石神井

『孤独のグルメ』聖地巡礼【原作版】もかなりのお店を網羅してきました。あと残っているのは個人的に行きにくい場所やシチュエーションばかりになってきましたが、今回はそんな中から第 11 話に登場した、石神井公園を訪れました。
石神井公園って、確か大学 1 年のときに来たことがあるんですが、雰囲気くらいしか憶えていません...もう 18 年も前のことだからなあ。

石神井公園

こりゃあ井之頭公園や代々木公園とはまるで違う雰囲気だ。
やっぱりどこの駅からも遠いし、近くに大きな繁華街がないせいかな。

えーと...たしかこの辺に古い休憩所みたいなのがあった筈なんだが。

豊島屋

豊島屋

あったあった、ここだあ。

いつからこの場所に存在するのか判らない、まさに昭和レトロな公園の休憩所。ドラマの Season1 に登場した、永福町の「武蔵野園」にもどこか似た雰囲気を感じます。まあ、ドラマのほうが原作のこの回のオマージュ、ということなんだろうけど。

ただ、残念なことにお店には店内撮影禁止の貼り紙が。他にも、飲食物持ち込み禁止だったり、ペットをテーブルに上げないでくださいだったり、座敷は禁煙だったり、禁止事項の貼り紙が至るところに貼られています。昼間からお酒が飲める店でもあるし、それだけ迷惑なお客さんも少なくないということなんでしょうが、あまり多すぎるのも気持ちが良くないもので。この点だけは、ちょっと残念に感じました。

豊島屋

「このワザとらしいメロン味!」

というわけで(笑)劇中に登場したチェリオもちゃんとまだ売られていました。ガラス瓶はペットボトルになり、販売方法も自動販売機落ちして店売りになっていましたが、健在。この回は料理よりもむしろチェリオのインパクトのほうが強いくらいの回なので(笑)、あって良かった。

続いて、料理。撮影 NG だったので、店内写真はナシで...。

豊島屋

まずはおでん。おでん屋のおでんとも、コンビニのおでんとも、当然静岡おでんとも違う、シンプルであっさりとしたおでん。具はおまかせで 500 円。私は大根、厚揚げ、ちくわ、ちくわぶ、こんにゃくの五品。感動的というわけでもなく、ごく普通に美味しいおでんだけど、頼んですぐ出てくるのがうれしい。こりゃあ昼間っからここで飲みたくもなるわけだ。

豊島屋

そしてカレー丼、750 円。そうそう、これこれ!確かにばあちゃんちみたいな味だ。ばあちゃんにカレー丼作ってもらったことないけど(ぉ
蕎麦屋のカレーに近い、出汁が効いたカレーで、あんまり辛くなく、ほっとする味。

この店、石神井公園の真ん中にあって、しかも花見シーズンだからか、なかなかの人出。休日だけかもしれないけど、そこらの有名レストランよりも繁盛しているように見えました。

石神井公園

ああ...こんな土曜のこんな場所に俺がいるなんてなにか不思議な感じだ。
でもなんでだろう...このとろんとした雰囲気、ずっとここにいたいような居心地の良さ。

外は春にしては軽く汗ばむくらいの暑さでしたが、この季節に外の空気に触れながら食べるものって、なんだか妙に美味しいですよね。

ごちそうさまでした。

久住 昌之、谷口 ジロー / 孤独のグルメ 【新装版】

459405644X

関連ランキング:カレーライス | 石神井公園駅

投稿者 B : 00:14 | Curry | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2014/03/20 (Thu.)

Restaurant La table au japon

関東人にとって、京都は京料理、おばんざい、湯豆腐、湯葉と生麩、にしん蕎麦、棒鱈などとにかく和食の街というイメージ。これまで京都では和食以外食べたことありませんでした。でも、地元の人は普通にいろいろな料理を食べているわけで、これだけ大きな街ですから、確かにおいしい西洋料理店があってもおかしくないわけで。(以上コピペ(ぉ。

そんなわけで、京都に来たからには押さえておかなければ、と思っていたお店にやって来ました。ここは私のタイムラインで一、二を争う美食家のおが口を揃えて勧めるフレンチレストラン。それは美味しくないはずがない、と来る前から楽しみにしていました。

Restaurant La table au japon

La table

エリア的には京都の繁華街近く、だけどメインストリートから一本入ったような場所にあるお店。しかも、古民家を改造したような建物の二階...というか、ほぼ屋根裏に近い階層を利用したレストラン。知らなければまず入ろうとは思わないだろう、マニアックな店構えです。

勇気を出して、階段を上ってお店に入ります。

La table

店内は、本当に屋根裏部屋。天井も低く、身長 180cm ある私は気をつけないと梁に頭をぶつけてしまいそうな低さです。でも、広々としすぎていないのが、逆に小ぢんまりとしたこの店の空気感に合っていて、なんだかいい。

La table

和装の女性が当たり前のようにフレンチレストランにいるのが、いかにも京都らしい。たまたまかもしれませんが(笑。

La table

私はおひとりさまだったので(いい年した男が独りで昼にフレンチ、というのも痛い話だけど)、カウンター席に。"La Table" なのにカウンター席かよ、と心の中でツッコミを入れましたが(笑、ここはここで、カウンター越しにシェフが独り寡黙に料理を作り続けている様子が眺められて、なかなか愉しい。

La table

飲み物は...とりあえず、スパークリングワインから。

昼から飲むビールというのも格別だけど、昼から飲むワイン、というのも違った種の背徳感があって、よけいに美味しく感じます(笑。

La table

ランチは 2 種類のコース。2,100 円のコースと 3,780 円のコースがあって、高い方がメニューの選べる幅が広く、より美味しそう。せっかく京都まで来たんだからここでケチったってしょうがないというわけで、3,780 円のコースをオーダー。

まずは前菜、フォアグラとプーレ・バスケーズのテリーヌ。フレンチといったらシンプルに焼いたり炒めたりしたものよりも、こういう手の込んだ料理ですよね。パテとかテリーヌとか好き。

La table

フォアグラの濃厚な味でスパークリングワインがクイクイ進みます。ピクルスやマスタードの酸味が、まったりしそうなフォアグラを適度に引き締めてくれて、付け合わせの生ハムサラダとのローテーションで何度も新鮮な感動に浸れます。

La table

一皿ですっかり気分が良くなってしまったので、グラスワインの赤(コード・デュ・ヴァントゥーとのこと)に進みます。昼から赤ワイン、この贅沢。旅先だからこそ、なおのこと高揚します。

La table

続いてはスープ(コース外なので別料金)、春キャベツのクリームスープ。これまた手が込んでいます。

中央に浮かんでいるベーコンがアクセント...かと思いきや、スープの中にチーズが溶かしてあって、この濃厚なとろけ感がたまらない。これは幸福なスープだ...。

La table

そしてメイン。牛ホホ肉の赤ワイン煮込み(コース料金+840 円)。ブッフブルギニヨン大好きなんですよ。ほかのメインも美味しそうだったけど、もう私にはこれ以外に選択肢はありません。皿の上で、牛肉がキラキラと光り輝いて見えます←。

La table

ナイフに力を入れるまでもなく解けていく牛肉には、芯までワインが浸みていて、どこをとっても濃厚に美味。下に敷かれたじゃがいものピューレで、余ったソースも残さず堪能します。素材も良いけど、かけている手間が違うんだろうなあ。そんな深い味わいです。

La table

デザートには八角風味のクレームブリュレ、キャラメルアイスクリーム添えをチョイス。

La table

これがまた濃厚で...クレームブリュレだけでさえ濃いのに、キャラメルアイスクリームの味まで濃厚。濃いもの同士で喧嘩するんじゃないかと思ったけど、カリッと焼き目をつけられたクレームブリュレの表面がキャラメル化して、両者の調停を図ってくれます。この濃厚なコースを締めるのに相応しい、濃密なデザート。

La table

食後はエスプレッソで、本当に締め。

フレンチって、手が込んでいるぶん味が複雑に、一つ間違えば中途半端な味にもなりかねないものですが、この店は「こういう味にしたい」というシェフの強い意志と、細部まで手を抜かない繊細な仕事ぶりが料理そのものから伝わってくる、とてもインパクトの強いフレンチでした。
これはリピートしたくなる気持ちも解ります。いやあ、おいしかった。

La table

店を出るときには、シェフ自ら階段の下までお見送りをしてくださって、「京都にいらっしゃる機会があればまたぜひお越しください」という丁寧なご挨拶までいただきました。料理と、お客さんに対して真摯な姿勢。だからこそ美味しいし、愉しい。

ワイン代まで含めるとランチに 6,000 円以上払ったのもそうとう久しぶりですが、その価値はあるお店だと思いました。今度京都に来るときは、きっとまた訪れたいです。

関連ランキング:フレンチ | 河原町駅清水五条駅四条駅(京都市営)

投稿者 B : 00:00 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2014/03/13 (Thu.)

東京都新宿区信濃町のペルー料理

「ん?ペルー料理...」

ティア・スサナ

原作版『孤独のグルメ』聖地巡礼も、だんだん単行本未収録の店が増えてきましたが、今回もそのひとつ。第 20 話に登場した、信濃町のペルー料理店に来てみました。両隣の千駄ヶ谷と四谷には降りたことがあるのに、信濃町だけこれまで未踏の地でした。それくらい、自分にとって縁がなかった街。

お店は、駅前通りを一本曲がってすぐにあるビルの地下一階にありました。

ティア・スサナ

ティア・スサナ

「『孤独のグルメ』に載った店」。こういうキャッチコピーも、原作が知る人ぞ知る存在だった漫画から、ドラマを通じてメジャーになったからこその表現ですかね。ドラマ版はともかく、原作のモデル店でこういうノリの店は珍しい。

ティア・スサナ

ちょ、入口のドアからして谷口ジロー先生の絵じゃないですか!

『孤独のグルメ』の掲載店というより、こどグル版ガンダムカフェに来たような気分(笑。

ティア・スサナ

「なんだこりゃあ、サッカーファンの店なのか?」

店内は、こどグルカフェというより完全にスポーツカフェ。壁一面にサッカー関連の写真や色紙が貼り出されています。

ティア・スサナ

30 年前のキリンカップのポスター!しかもブラジル代表メンバーのサイン入り。私はサッカーはあまり詳しくないけど、それでもドゥンガは分かる。その頃からスポーツカフェとして続いているんですね...。
この店、代表戦の日にサッカー好きの人を連れてきたら楽しいだろうな。

ティア・スサナ

メニュー...といっても、ペルー料理なんてさっぱりわからない。
ゴローちゃんが頼んでいたのは「フレホーレスセット」だったな。
でも、辛味好きとしては「タクタクセット」「ロモサルタードセット」も気になるなあ。

ティア・スサナ

ドリンクメニュー。ペルー愛に溢れるラインアップです。でも、そのわりにアルコール系は隣国キューバとメキシコなんだな(笑。

注文しようとしたところで、マスターが「以前いらっしゃったことあります?」。
私は聖地巡礼の店では、どうも以前来た人と誤認されるらしいですが(笑)、それはさておき、

「いえ、初めてです」
「何か見て来ました?」
「あ、はい」
「...アレですね?(ニヤリ)」
「(ニヤリ)」

というやりとりの末(笑)、改めて隣のテーブルを勧められました。

ティア・スサナ

「ここ、久住シートね」

というわけで、巡礼者の指定席、久住シートに移動(笑。
そして着席するや否やマスターが持ってきてくれたのが、

ティア・スサナ

久住さん来店時の写真!

ティア・スサナ

それに「SPA!」掲載号のコピーまで!
ここまで巡礼者へのもてなしが厚い店は初めてです(笑。

ティア・スサナ

で、まずはゴローちゃんも飲んだ「インカコーラ」から。
「これ、黄色じゃなくて、ゴールドだから」という、こどグル読者おなじみの注意事項をちゃんと言い添えていくマスター(笑。
しかしやっぱりうこんのごとくまっ黄色だぞ、どう見ても(お約束

このおもちゃっぽい味。どこもコーラじゃない...炭酸も弱いし。でも嫌いじゃないぞこういうの。

ティア・スサナ

メインはフレホーレスセット(大盛り)。

付け合わせはあまり辛くないチョリソ(ハラペーニョソースをかけて食べる)、ポテトサラダ、ヤシの芽(生まれて初めて食べた!)、イタリアとはだいぶ違う酸っぱく漬けこまれたオリーブの実、それにタマネギの酢漬け。日本人には馴染みの薄い料理ばかりなので、マスターが丁寧に説明してくれました(これも原作どおり。ここまで来ると素なのかファンサービスなのかもはや分からない(笑))。

「タマネギの酢漬けはおかわり自由です。っていうか最初から置いておきますから」ってちょっと!タマネギだらけになっちゃったぞ...。

ティア・スサナ

「タマネギはフレホーレスに混ぜて食べても美味しいですよ」ということで、タマネギを単独で食べたり、フレホーレスに混ぜて食べてみたり。かなり酸っぱいけど、酸っぱうまい。食べていくそばから血液がサラサラになっていくかのようだ(ぉ。

このタマネギ、箸休めを超えた箸休めだ。

ティア・スサナ

フレホーレスは、豆と豚肉、タマネギを煮込んだものがガーリックライスにかけてある料理。見た目はカレーっぽいけどマイルドで、辛くないチリビーンズみたいな感じ。何を言ってるのかわからねーと思うが(ry
でも、初めて食べるわりに、懐かしいような、親しみのある味だ。ペルー版おふくろの味とでもいうのか...地球の裏側の味という距離感が全くない。

ティア・スサナ

ボリュームあったけど、けっこういい勢いで完食。
これはなかなか美味しかった。がぜん親ペルー派になってきた。

でも、ゴローちゃんのようにこの後ロモサルタードセットまで追加で頼む腹の空きはありませんでした(笑。

ティア・スサナ

ランチタイムは、コーヒーおかわり自由。サッカーの時期以外はあまり混まないのか、このままコーヒーを飲みながら長居するお客さんも少なくないとか。マスター曰く「このコーヒーで二時間粘れたら、ウチのお客様として一人前」とのこと(笑。ゴローがこの店に入った時間帯はお昼時だったのに、店を出たのがすっかり夜だった理由がようやく分かりました(笑。

久住 昌之、谷口 ジロー / 孤独のグルメ 【新装版】

459405644X

関連ランキング:カフェ | 信濃町駅国立競技場駅四谷三丁目駅

投稿者 B : 00:00 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2014/03/03 (Mon.)

静岡県賀茂郡河津町の生ワサビ付わさび丼

「ひさしぶりに、目のレンズ、超ワイド。焦点距離、無限大。なんだか楽しい」

スーパービュー踊り子

ドラマ『孤独のグルメ Season3』聖地巡礼、今回は旅情回。第 3 話の舞台となった、静岡県賀茂郡河津町を訪れてみました。ドラマで放送されたときから来る機会をずっと狙っていたのですが、河津といえば、河津桜。2~3 月の河津桜の見ごろに合わせて旅程を組みました。

熱海までは来たことがあったけど、伊豆は初めてなので、交通手段はけっこう悩みました。成田エクスプレスの車両をそのまま使った「マリンエクスプレス踊り子」という列車があるらしいので、N'EX で行って「アルファ・リゾート 21」で帰ってきたらカメラネタ的に面白いかなとも考えましたが(笑)、ちょうどいい時間帯の列車がなかったので、行きも帰りもスーパービュー踊り子を利用。井之頭五郎が乗っていた海岸向きのシートがある列車は「リゾート 21」シリーズのようですね。これ、夏場とかに来る機会があれば一度乗ってみたい。

河津

そんなわけで、河津の駅に到着。そしたら、いきなり駅のホームにわさび丼ののぼりが!しかも、「テレビ東京『孤独のグルメ』で紹介された地元グルメ」とか書いてあるし(笑。ゴロー、今やもうこんなに影響力あるのか...。

河津

駅前のカフェでも「孤独のグルメ わさび丼」。ちょ、これはもろに便乗じゃないの(;´Д`)ヾ。

まあ、この店は登場店ではないけど、この界隈はもうそのへんの食堂や喫茶店に当然のようにわさび丼が置かれていたので、昔から地元の名物料理だったんでしょう。

河津

お店には、駅前からバスで。このバスも、案内所で事前にチケットを買うという、今時珍しいシステム。河津七滝(ななだる)方面へは、往復で 1,040 円。

河津

修善寺行きの路線バスに乗って向かいます。

七滝の先には、天城峠を経て修善寺に行くのか...あなたと~ぉ、越えた~いぃ~(ry

わさび園 かどや

河津七滝のバス停を降りてすぐのところに、目的の「わさび園 かどや」を発見しました。
天城名物、わさび。うん、伊豆に来たからには、わさびものも一発入れておきたい。

わさび園 かどや

わさび園 かどや

って、ええ~っ。

まさか、放送後半年以上経ってこの行列、とは予想外でした。
でも、せっかく遠出して来るなら河津桜も楽しみたい、と考えることはみんな一緒か...。
この行列だけでなく、店内にも十数名のお客さんが並んでいます。

と、10 分くらい並んだところで、

「寒いでしょ。中で並んでくださいよ」

と、劇中では渡辺哲さんが演じていたこの店のご主人の温かいお言葉。

わさび園 かどや

お言葉に甘えて、中で待たせていただきます。
行列が、雨のぱらつく店外から、暖かい店内に移動。

いいかんじ...この店、当たりなんじゃないか?

わさび園 かどや

店先で売られている、生ワサビ。サイズの違いが値段の違い。
1 本 1,500 円って、いい値段するなあ。でも、この後にわさび丼を食べた後だと、わさび丼 1 杯分には 350 円の生ワサビでも量的に十分、ということが理解できます。

わさび園 かどや

店内は、大盛況。踊り子号の中ではけっこう年配のお客さんが多かったので、こんなに聖地巡礼のお客さんが多いとは思いませんでした。でも『孤独のグルメ』の話をしている人が多く、わさび丼をおかわりしている人も多かったので(笑)みんなファンなんだろうなあ。

わさび園 かどや

お店の奥には、久住さん(2 枚)、松重さん、渡辺哲さんのサイン色紙が。おお、「ふらっと QUSUMI」のロケ日も雨だったのか。

わさび園 かどや

さておき、何を食べよう。まあ、自らわさびをダブらせた丼、「生ワサビ付わさび丼」はもう決まっているんだけどな。
なにげにわさび丼の値段が 400 円から 500 円に値上がりしているのは、あまりに頼む人が増えすぎて苦しくなったのでしょうか...。

わさび園 かどや

こういうひととき、なかったなあ、しばらく。
いかにもなお食事処。こういう「いかにも」、好き。

わさび園 かどや

さあて、やってきましたよ、生ワサビ。それと、鮫肌のおろし器。

スマホいじってないで、丼が来るまでに、わさびを摺って事前の段取り。

わさび園 かどや

(モデル:井之頭コジ郎

茎を折ったら、折った方から摺っていきます。

まあるく、まあるく。
どこまで摺ればいいんだろう...。

わさび園 かどや

おお、なんだかすごいことになっちゃったぞ。

頼んだのは、生ワサビ付わさび丼とわさびそばのセット。生ワサビとわさび丼に、さらにそばでもわさびをかぶせる(笑。
それに、あゆの塩焼き。やっぱり、炭水化物だけじゃなくて、タンパク質も欲しいじゃないですか。この店、タンパク質はあゆの塩焼きかイノシシ鍋しか置いていないようで(汗。

わさび園 かどや

かつおぶしの上にわさびをちょこんと載せたら、醤油を 2~3 周まわして、あとはガーッとかき混ぜて、いただきます。

おおお、これ、いい!うまい。
ごはんと、かつおぶしと、わさびだけなのに。

わさびとかつおぶしと醤油が、ごはんの甘みを引き立てて、日本人が本質的に求めている味をダイレクトに味わわせてくれる。
これですよ。シンプル・伊豆・ベスト。

わさび園 かどや

わさびそばにも、わさびを載せて。
このわさびそば、普通のそばと比べると、わさびの刺激が爽やかで、普通のそばにわさび入りのそばつゆで食べるのともまたちょっと違った味わい。確かに、これもうまい。

わさび園 かどや

あゆの塩焼きは、しっかり塩に、しっかり焼き。わさびの葉に載せて出してくるあたりに、こだわりを感じます。

この苦味がいい。わさびづくしの中で、すっごく落ち着ける存在だ。

わさび園 かどや

飲み物は、自家製わさび焼酎。「ふらっと QUSUMI」で久住さんが飲んでいた、この店のご主人手作りの焼酎です。裏メニューとなっていたけど、普通にメニューに書いてありました(笑。
わさびのつーんとくるいい香りが、焼酎の味を引き立てます。これはつまみなしでも飲めそうな感じ。ただ、一口めはいいけど、このわさびづくしの中にあっては、二口め以降はわさびの香りが相殺されて、けっこう普通の焼酎に感じます(笑。これ、わさびづくしで飲むんじゃなくて、刺身とか焼き魚とかと飲んだらいいんじゃないかなあ。

わさび園 かどや

こちらは、わさび丼盛り上げ要員。
左上から時計回りに、わさび味噌、わさびのり、わさび漬、わさびのくきの三杯酢漬。

みんな、すこーしわさび入れてる。なるほど、なるほど。
うんうん、白い飯好きにはたまらんぞぉ。でも、これ単品で酒のつまみにしてもいいくらいだ。

わさび園 かどや

いやー、おいしかった。

すいませーん、わさび丼もう一杯ください(ぉ

わさび園 かどや

と、いうわけで、また摺ってる、俺。
さっきのよりも小さい生ワサビ。どうやら、さっきのはわさび丼とそば用にちょっと大きめだったらしい。

摺っていたら、店員のおばちゃんがさっきの生ワサビの残りを指さして「これ、まだ摺れるから、もったいないから最後まで摺ってくださいね!」とのこと。けっこうがんばったつもりだったけど、まだまだ甘かったか。さっきの残りも摺って、おかわりのわさび丼に投入。

わさび園 かどや

よしよし、よしよし。

丼がさっきのと形も大きさも違う。ごはんの量もさっきより多い。ああ、そばセットの丼はちょっと少なめ、こっちがゴローが食べたわさび丼だったか。でも、どちらにしても、これはゴローじゃなくてもおかわりできてしまう量だよ。

またしても、わさびを入れて、醤油をかけて、ガガッとかき混ぜる。そして、好きな薬味をちょっと載せる。

わさび園 かどや

やっぱりうまいなぁ~っ。醤油がいい働きをしている。
俺は、最終的には、こういうシンプル極まりないごはんが、いちばん好きな気がする。

わさび園 かどや

ああ、おいしかった。
遠出してきた甲斐がありました。

ごちそうさまでした。

孤独のグルメ Season3 Blu-ray BOX

B00ESXXM28

関連ランキング:和食(その他) | 河津町その他

投稿者 B : 00:44 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2014/03/02 (Sun.)

下北沢路地裏のピザ

「下北ってのは道が蜘蛛の巣みたいで、すぐわからなくなる」

下北沢

まだ道路脇に大雪の跡が残る 2 月某日。コミック『孤独のグルメ』単行本未収録の第 23 話「下北沢路地裏のピザ」編の聖地巡礼に、下北沢までやってきました。下北沢なんて普段用事がないので、2 年前に聖地巡礼でお好み焼きを食べに来て以来じゃないでしょうか。

目指すお店は、下北沢のごちゃっとした商店街から一本脇に入った路地裏にある、このお店。

ロクサン

ロクサン

なんだか古そうな店だけど...こんなコバラベリーには案外、ちょうどいいかもしれぬ。
今時のワカモノの店とは全然違う、案外いいんじゃないか逆に。

休日のちょうどお昼に来たにも関わらず、お店は貸し切り状態でした。食べてる間に他のお客さんも入ってきたけど。

ロクサン

すごく歴史を感じさせるメニュー。

プレーンなピザに自分で具を選んでのせる方式です。
トッピングの種類は、最近の宅配ピザに比べるとオーソドックスだけど、なかなか多彩。「ピザにミートボールは出っぱりすぎじゃないか?」「シーフードもいいな、アサリか。そこにナスをぶつける」何を食べるか、想像するだけでオモシロイ。

ピザのサイズは、原作によると L が直径 28cm、M が 23cm。宅配ピザだと L は一人で食べるには多すぎるけど、こういうところのはちょうどいいくらいでしょう。

ロクサン

ランチのサラダ。シンプルな野菜サラダですが、白ワインビネガーとオリーブオイルかな?酸味の強いドレッシング加えられたセロリの風味が、懐かしさを醸し出します。

そして、ピザのご登場。

ロクサン

ほう、これは外連味のないピザだ。ゴローちゃんはサラミ、トマト、ピーマン、アンチョビというトッピングを選んだけど、私はもう少しシンプルにまとめたかったので、ピーマン抜きで。

味付けはトマトソースと胡椒のみ、というシンプルさ。これこれ、これですよ。
変に衒わずに、チーズとトッピングそのものの味のハーモニーを楽しむ。これがこの店の流儀だろう。

ロクサン

最近じゃイタリアンのお店でピザ用の窯を持っているところも多く、もっと本場っぽいピザをいただけるお店がずいぶん増えましたが、逆にこういう昔懐かしいピザを出すお店がすっかりなくなっちゃいました。この店は、クラストの種類こそ違えど大井町の「オリガノ」にならぶ「日本のピザ屋」という形容が相応しい。

うん、アンチョビの塩味も効いているじゃないか。うまい、古くさい味じゃない、若々しいピザだ。

ロクサン

ここのクラストは、縁の部分がふっくら、表面だけカリッと焼いたパンピザ系。でも中央部は薄くて、チーズの重みを支えるのにさえ頼りない感じ。原作で店員さんが「トマトとしめじじゃ水っぽくなっちゃう」とアドバイスしていたのも、これなら頷けます。

ロクサン

テーブルにはかなり大きなサイズのタバスコが。辛味好きとしては、半分ほど食べたら残りはこのタバスコをビシビシかけていただきます。

独りピザ、ってちょっと寂しい気もするけど、お洒落なイタリア料理店じゃなくてこういう昔ながらの喫茶店風なお店なら、アリだな。

ロクサン

食後にはコーヒーで一息。

ううっぷ、ピザ M 追加しなくて正解。L、腹の中で膨れてきた。これでちょうどいい。
ふう、ごちそうさまでした。

久住 昌之、谷口 ジロー / 孤独のグルメ 【新装版】

459405644X

関連ランキング:ピザ | 下北沢駅世田谷代田駅池ノ上駅

投稿者 B : 00:00 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2014/02/18 (Tue.)

横浜中央卸売市場「もみじや」のおまかせ定食

CP+ に行くと、最近はお昼に横浜中央卸売市場の食堂で市場メシを食べるのが恒例になりつつあります。 というわけで、今年も某市場メシマスターにおすすめを聞いてみたところ...。

がっつりミックスフライ!いいねそれ。
というわけで、市場までいそいそと。

秋葉屋市場食堂

雪の降りきしる中、市場まで歩くのはなかなか大変でした。
お昼前だから、という以上に、この雪のせいか市場は閑散としていて、なんだか寂しい。

秋葉屋市場食堂

って閉まってるんですけど!!!(つДT)。

まあ...確かにその可能性は考えたけど、見事に当たっちゃいました。

仕方がないので、場内で営業しているお店に切り替えることにします。そういえば、市場メシマスターが以前行っていた店が気になっていたんだよなあ...。

もみじや

もみじや

この店、いつも行列ができるほどの人気店らしいですが、この日は雪のせいか、お昼前に私が着いた時点では席には余裕あり。お店のおばちゃんと常連さんとおぼしき人が「今日は雪でみんな出足が悪いねえ」みたいなやりとりをしていたので、逆に私は運が良かったと言えるでしょう。ただ、私が入った後にもお客さんがどんどん入ってきて、あれよという間に満席になってしまったので、人気店の力ってすごいものです。

いろいろあって迷うメニューの中から「おまかせ定食」をオーダー。私以外もほとんどの人がおまかせ定食だったので、この店の定番中の定番なのでしょう。

もみじや

ドン!と出てきたおまかせ定食。大皿に大雑把に盛りつけられた様々な刺身と、正体がよく判らないあら煮っぽい煮物と、見た目からして濃い味噌汁、それから漬け物に大盛りごはん。いかにも海の男の食事、という感じ。こういうのでいいんですよ。見た目はまあ気にしない方向で(^^;;

もみじや

刺身のほうは、マグロ、中トロ、カンパチ、アジ、〆サバ、甘エビ、タコ、ホタテ...など多種多様な魚介類が 1~2 切れずつ盛られています。1 種類の刺身をたくさん、よりもこうやっていろんな種類をちょっとずつ食べられるほうが満足度が高くて好き。市場だけあって、どれも新鮮です。「おまかせ」なので、おそらくその日の仕入れによって刺身の品揃えは変わるのでしょう。

もみじや

それからこのエンガワ。寿司ではたまに食べますが、刺身で、しかもこれだけ長いのを独り占めしたのは初めて。とろける脂の甘みと、その後に続くコリコリした食感のコンビネーションがたまらない。これだけ満足度の高いエンガワは食べたことがないかもしれません。うまーい。

もみじや

そしてウニ。うまいウニって、海の旨みが凝縮されて感じでうまいですよね。俺は今、海そのものを食べている。
1,000 円の定食でこれだけ食べられる、というのは非常にコストパフォーマンスが高い。毎日行列ができるのも頷けます。

「刺身で腹一杯にする」というのは、港町でも一般家庭ではそうそうない贅沢。それが味わえるのは、やっぱり市場の食堂ならではでしょうね。

ごちそうさまでした。
秋葉屋のほうは、来年の CP+ でリベンジしたいと思います。

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 神奈川駅新高島駅反町駅

投稿者 B : 00:00 | Gourmet | Lunch | コメント (3) | トラックバック

2014/01/14 (Tue.)

横浜中華街 熊猫飯店

家族でみなとみらい方面に行く用事があったので、それじゃあお昼はついでに中華街しかないでしょう!というわけで、中華街でごはんを食べてきました。でも、家族で中華街、というのは初めて。独りとか友人とであればこぢんまりした渋めの店を攻めるのが好きですが、子連れだとなかなかそうはいかない。かといって「●●楼」みたいなのもなんか違うよなあ...と思いあれこれ探してみたら、ちょうど良さそうなお店を見つけたので、予約して訪店。

熊猫飯店

熊猫飯店

元町・中華街駅から徒歩 3 分、横浜大世界のすぐ近く。比較的新しくて親しみが持てる感じの店構え。パンダをイメージキャラクターにしているくらいなんだから子連れでも気兼ねなく楽しめるに違いない、という安易な考えでしたが、まさにそのとおりのお店。他にも家族連れ客多し。かといってファミレスほど所帯じみた感じもなく、程よくリラックスした雰囲気の中で中華料理を満喫できるお店でした。

熊猫飯店

店頭には大きなパンダのぬいぐるみが。そういえば君たち、人形町に生き別れの兄弟がいるから迎えに行ってあげないと!(ぉ

熊猫飯店

二階建てのこぎれいな店内。通されたのは一階のテーブル席でしたが、厨房がガラス張りになっていて、一階席なら調理している様子がよく見えます。

定期的に、ガラス越しに立ち上る焔。燃え上がれ~って感じでかっこいい、このライヴ感がいい。子どもたちも最初はちょっと怖がりましたが、慣れてくると面白がっていました。これは一階席で正解だったなあ。

熊猫飯店

厨房の様子に見入っていたら、けっこうあっという間に料理が出てきました。
まずはメニューの中でも心惹かれた、細切揚げ豚肉と辛子炒め。青椒肉絲に似ていますが、細切り肉が揚げてあるので青椒肉絲よりパンチがあるのと、入っている唐辛子と花椒の量が半端ない。インパクトのある辛さですが、それ以上に花椒の刺激がすごい。のっけからいきなり口の中が麻痺しそうな刺激に、食欲がさらにそそられます。

熊猫飯店

そしたらもうビール頼むしかないじゃないですか!(ぉ
なんともビールが進む味。でも、花椒の刺激のせいで味覚がおかしくなってしまい、ビールが妙に甘く、かつ口の中がスーッとする感じに。

これこれ、これですよ。今日の俺は四川の辛さを求めていたんだ...!

熊猫飯店

これに続くのが豆苗の炒め。本当は、好物の空心菜の炒めが食べたかったんですが、時季じゃないということで取り扱いなし。でも豆苗もうまい。少し青臭さを感じるほどに新鮮な豆苗を、たっぷりのニンニクとゴマ油で炒めただけの料理だけど、そのシンプルさが逆にいい。これまたビールが進みます。

熊猫飯店

そして本命、陳麻婆豆腐。見るからに辛そうな赤さに、これもまた花椒がたっぷり入っていて、たまらない刺激。でも、分析しきれないくらい多様な香辛料や醤のうまみが凝縮されたたれに挽肉が絡んで、何とも言えない深い味。これは白い飯が欲しくなるなぁ~、というわけで、後で白飯にかけて食べました(笑

熊猫飯店

焼き餃子。表面をカリッと焼かれた皮の中に、ギュッと凝縮された餡のうまみ。この焼き餃子も間違いなくうまい。子どもたちもぱくぱく食べていました。

熊猫飯店

事ここに至っては、そりゃあ紹興酒を頼まざるを得ないってもんです(笑。熱燗でチビチビ。花椒の刺激には、ビールよりも紹興酒の口当たりのほうが相性は良いですよね。

久しぶりの昼酒、この背徳感がたまらない。この後用事があることとか、もうどうでも良くなってきます(ぉ。

熊猫飯店

〆その 1、天津丼。唐辛子と花椒のコンボに攻められた後に、このほわっと優しい味が落ち着くんだ。

なんだか、100m 全力で泳いできた後に、やっと掴まれる場所を見つけた、そんな安心感(笑

熊猫飯店

そして最後の〆は酸辣麺。担々麺と迷ったけど、ストレートに辛い系はいろいろ食べたので、ちょっと方向性を変えて。この酸っぱ辛い味ってなんだか定期的に食べたくなるんですよね。でも、これだけ唐辛子と花椒を食べた後だと辛味はあまり感じなくて、ちょうど良い具合に酸っぱくて、むしろマイルドささえ感じるとは(笑。激辛四川料理の締めに酸辣麺、これは中華料理の〆に新しいバリエーションが加わったな...。

いやあ、美味しかった。昼間からちょっと食べ過ぎてしまいました。
ただ今回学んだのは、ここのシェフはやたらと仕事が早く、頼んだらどんどん出てきてしまうので、注文はまとめてよりも順々に出した方がいいということ。やっぱり中華は熱いうちに食べてナンボだと思うので、次回来る機会があればもう少しペース配分を考えて順序よく頼んでいきたいところ。

気軽に入れる、本格四川料理。「子連れで入れる」というのが最優先のお店選びでしたが、これは望外の「当たり」を引いたかも。今後も中華街に来るときには選択肢に入れておこうと思います。

関連ランキング:中華料理 | 元町・中華街駅石川町駅日本大通り駅>

投稿者 B : 00:00 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2014/01/03 (Fri.)

東京都台東区浅草の豆かん

「はあ...それにしても、腹が減ったな」

浅草

ドラマの方は年末年始にかけ BS ジャパンで Season1~Season2 の一挙放送をやっているところですが、私の『孤独のグルメ』聖地巡礼は 2014 年も続きます。今回は、浅草に写真撮りに来たついで...というか、どちらが主でどちらが従かはさておき(ぉ)原作コミックの第 3 話に登場した、浅草の甘味処を攻めてみることにしました。

浅草寺のすぐ裏手、メイン通りから一本入ったあたり。浅草寺の表と裏で、街の雰囲気は随分違う。落ち着いたいい感じの住宅街の中に、そのお店はありました。

梅むら

梅むら

お、ここか...。
「高級甘味」とうたっている割には小さな店だな...。いや...、かえってこういう店がいいんだろうな。

ただ、お昼過ぎの、ほぼ開店直後の時間に入ったので、完全貸し切り状態。これなら男一人でも周囲から浮かずにすむ、どころか、却って気まずいんですけど(;´Д`)ヾ。

さて...なににするか。

梅むら

ここで、メニューには...原作でゴローちゃんが頼もうとして「あ...ごめんなさい、それ来月からなんですよ」と断られた冬場限定メニュー、「煮込み雑炊」も「煮込み雑煮」も書かれていない(;´Д`)ヾ。調べてみたらだいぶ前にメニューから消えてしまっていたようです。20 年の間に代替わりしたようで、原作に登場していたおやじさんもおらず、その間にこれらのメニューも廃止となったものと思われます。

がーんだな...出鼻をくじかれた。
ともあれ、気を取り直してここは豆かんてんを頼もう。

梅むら

豆かんは至ってシンプルなものである。
20 年前にゴローが食べたものと全く同じ感じで、私の前に出されてきました。ついてくるスプーンまで 20 年前と同じ(!)。

梅むら

豆と、かんてんだけ。このシンプルさがいい。味付けは、黒蜜でほどよく甘味をつけた程度。豆そのものの味が堪能できて、そこにカンテンの喉ごしと黒蜜の甘味が、さらに豆の味を引き出してくれる感じ。

梅むら

うん!これはうまい。
豆とカンテンだけなのに...どこまで食べても飽きないぞ。

甘いものはあまり得意ではない私ですが、これは美味しくいただけました。こういう甘味と緑茶なら、たまに食べたい。

関連ランキング:甘味処 | 浅草駅(つくばEXP)浅草駅(東武・都営・メトロ)田原町駅


しかし...うまかった。できれば腹ごしらえしてから食べたかったな。

お...なんだかいい感じの洋食屋だ。ハヤシライス...ビーフシチュー...うん、こりァいいな。

グリル佐久良

というわけで、聖地巡礼のハシゴ(ぉ。作中では食べるシーンが描かれなかったお店ですが、ゴローが豆かんを食べた後に入った洋食屋(劇中の店名は「佐久間」)も攻めてみることにしました。だって描かれなかったら描かれなかったで、どんなものを食べたのか気になるじゃないですか(笑。
グリル佐久良

グリル佐久良

「梅むら」からは目と鼻の先。本当に、豆かんだけでは腹が満たされなかったゴローが、そのへんの店にふらっと入ったらこのあたりだったんだろうな、というリアリティのある立地(笑。しかし、明らかに個人でやっているちょっと高級な洋食店...というより、夜はスナックやってますと言われても違和感ない雰囲気で(笑)、こういう店に事前情報なしで突入できるのは、さすが井之頭五郎。

グリル佐久良

作中では注文するシーンさえないので何を食べたかも分からないわけですが、セリフから推測するにハヤシライスかビーフシチューか。まあラーメン食べに行って冷やし中華を頼んだ挙げ句、食後にラーメンも食べるゴローのことだから結局何を食べたかは分かりませんが(ぉ)、心惹かれたビーフシチューを注文。

ビーフシチュー、2,200 円。さらにライス(お新香付き)別で 300 円。ランチのビーフシチューにしちゃあ高いよなあ、銀座のスエヒロといい原作版のゴローは案外いいもの食べてるよなあ...と思いましたが(まあ、ドラマ版のゴローも食べ過ぎた結果昼から 4~5,000 円食べてることもざらにあるけど)、出てきたビーフシチューを見て納得。シチューの中にビーフが入っている、というよりビーフの隙間をシチューで埋めている、というくらいにビーフがたっぷり。これは高価いわけだ。

グリル佐久良

この牛肉がまたすごく煮込まれていて、いろんな味がじっくり浸みこんだ肉が、口に入れた瞬間にとろっとほどける感じ。ああ、外食でこれほどうまいビーフシチューは食べたことないかも、というくらい、うまい。しかも、肉の質がいいだけじゃなく、量も多くて大満足。シチューのほうもとても複雑な、でもどこか優しい味で、私好みでした。これは 2,200 円の価値あるわ。

ごちそうさまでした。
今度浅草に来たときも、再びこの二軒のハシゴをしてもいいくらい。ただ、今度は逆順にしたほうが良さそうかな(笑。

関連ランキング:洋食 | 浅草駅(つくばEXP)浅草駅(東武・都営・メトロ)田原町駅

久住 昌之、谷口 ジロー / 孤独のグルメ 【新装版】

459405644X

投稿者 B : 00:00 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | Sweets | コメント (0) | トラックバック

2013/12/30 (Mon.)

小竹向原 まちのパーラー 再訪

「焦るんじゃない、俺は腹が減っているだけなんだ」

まちのパーラー

まちのパーラー

冬休みを利用して『孤独のグルメ Season3』の聖地をどこか攻めよう...というわけで、小竹向原のまちのパーラーに再び来てみました。再訪したいお店が多い Season3 の名店の中でも、ここは特にポイントが高い。前回食べられなかったものもあるし、リベンジも兼ねて。

放送直後に来たときには 100 分待ちという状況でしたが、さすがにもうドラマの影響も落ち着いているようで。とはいえお昼前に来たときには満席で、10~15 分ほどは待ちました。普段から混んでいる人気店なんですね。まあ、どうも聖地巡礼っぽい男性一人客も、一組だけ見かけましたが(笑。

まちのパーラー

店内に入ったところに吊されているサルシッチャ。これこれ、これですよ。これがうまいんだよ。

前回来たときの味を思い出して、自然と唾液腺が活動し始めるこの感じ。

まちのパーラー

まずはキッシュから。前回来たときには売り切れで食べれなかった「ほうれん草とリコッタチーズのキッシュ」があることを期待して来たんですが、なんと今回も売り切れ(;´Д`)。その代わり、季節のキッシュ(この日は里芋と鶏のひき肉)があったので、こちらをオーダー。

おぉ~っ。かなり、パリ。...なのか?(ぉ
鶏肉とじゃがいも、なら何となく想像つくけど、鶏ひき肉と里芋、ってなんだか日本の煮物みたいだな。どこか懐かしい味わいを、卵に閉じ込めた、ほんわか満たされる味。おいしいです...これ。しかも、これだけでけっこうなボリューム感。

まちのパーラー

そして今回も楽しみにして来たサルシッチャ。もう、出てきただけでテンション高まります(笑。

おぁ~~~っ。噛んでも噛んでも、肉汁が湧いてくる。どうやって閉じ込めたんだ。
ニンニクの香りがきつめだけど、そういうのを気にしてしまうのがもったいないくらいにうまい。これはガツガツいってしまう味。

まちのパーラー

続いて、前回来たときに気になっていながらも頼んでいなかった「トリッパ」。牛のトリッパ(ハチノス)とギャラをトマトソースでじっくり煮込んだ料理で、みるからにうまそう。サルシッチャに続いて、ついワイ...ぶどうジュースを頼みたくなる味です。

まちのパーラー

牛もつの臭み消しのためか、いろいろな香草や豆と一緒に煮込まれていて、とても複雑な味わい。手間をかけて作られているのがよく分かります。スプーンやフォークですくって食べて良し、この店自慢のパンを浸して食べればなお良し。ドラマには登場していませんが、これは隠れたヒット商品かも。

まちのパーラー

さあ、ではメインディッシュのローストポークサンド、いただきましょうか。前回はパンの選択肢もほとんどありませんでしたが、今回は全種揃っています。ゴローちゃんが食べていたものとは違いますが、最もオーソドックスな「リュスティック」で作ってもらいました。

まちのパーラー

飲み物は自家製黒糖ジンジャエール。
このジンジャエールというより「生姜を絞った飲み物」と表現したほうがしっくりくるような生姜っぽさが、実にいい。個性の強い肉料理やパンたちにも負けない存在感。この味を覚えると、ウィルキンソンですら物足りなく感じてしまいそう。

まちのパーラー

リュスティック、前回食べた「チャバタ」と似たような外見と食感ではあるけど、パンの味がシンプルで、ローストポークの肉感がより味わえます。ローストポークのほうは、脂も乗っているけど肉らしい肉感が味わえて、食べているだけでパワーをもらえる感じ。ああ、肉を引き立てるパンに主役のローストポーク、この組み合わせは鉄板かも。

まちのパーラー

レーズン酵母の食パンでも作ってもらいました。こちらはリュスティック以上にシンプル(だけど市販の食パンよりはずっと食べ応えがある)で、子どもからお年寄りまで親しめそうな味と食感。ローストポークの存在感がより前面に出てくる感じです。

まちのパーラー

二度目だけど、この店やっぱりいいなあ。店員さんもフレンドリーで活き活きとしていて、寛げます。小竹向原まで来るのはなかなか大変だけど、これはやっぱり夜メニューも攻めに来るべきか。
ちなみに、食べきれなかったパンは包んでもらったほか、お土産にレーズン酵母の食パンと全粒粉のプチパンを買ってきてしまいました(笑。朝食にして良し、チーズやオリーブオイルと合わせてワインのつまみにして良し。しばらくは余韻に浸りたいと思います。

さて、今年はかなり精力的に攻めた聖地巡礼ですが、Season3 の聖地はあと半分残っていますし、原作系でもまだ行っていないお店はいくつか。ドラマのほうは今までのペースを守れば来年 4 月から Season4 があるのでは?と予想していますが、その前に Season3 のお店はコンプリートしたいところ。来年も、飽きずにお付き合いください(笑。

孤独のグルメ Season3 Blu-ray BOX

B00ESXXM28

関連ランキング:パン | 小竹向原駅新桜台駅江古田駅

投稿者 B : 20:58 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2013/12/26 (Thu.)

築地場内の朝食パスタ:築地魚河岸トミーナ

築地市場までぶらりと行ってきました。

築地

京都・錦市場小樽・三角市場と今年は市場づいていますが、この活気が楽しい。そういえば、東京に 18 年ほど住んでいるにも関わらず、築地市場にはまだ足を踏み入れたことがなかったことを思い出し、あと 2 年ほどで豊洲に移転してしまう前にちょっと行ってみるかな、と。

しかし、築地は平日とはいえ新年の支度をする人でごった返しており。立ち止まっていなくても後ろから誰かに押されて進まざるを得ないような混み具合で、写真を撮るのはちょっと諦めました(´д`)。これは、もうちょっと落ち着いた時季に改めて来てみることにしよう...。

築地

ともあれ、市場の雰囲気、楽しい。
写真はやめておくにしても、せっかく市場に来たからには、市場メシを食べようじゃないか。去年の CP+ 以来すっかりハマってしまった市場メシ、いってみよう。外にもたくさんお店はあるけど、場内のこのへんの店たち、どこもソソるよなぁ~っ。

でも、お店はここにしようと決めてました。

築地市場・唯一のイタリアン 築地魚河岸トミーナ

トミーナ

ちょうど、このあたりに来ようと思っていたところ、某氏がこのお店のことをつぶやいていたので、調べてみたらやたらうまそうじゃないか!あまり築地市場っぽい店じゃないけど、そんなことは置いておいても来てみたい、と思いました。

市場のお店らしく朝 8 時からやっているとのことで、朝食がてら来てみました。

トミーナ

かなり年季の入った店内は、カウンターのみ。装飾らしい装飾もほとんどありません。男独りで入るのにこんなに抵抗感のなかったイタリア料理店は、生まれて初めてですよ(笑

トミーナ

メニューはこんな感じ。辺に凝ってない、シンプルなパスタだけで勝負しているところに市場メシらしさを感じると同時に、それだけ自信持ってるってことなんだろうな、というのを感じます。基本 1,000 円以上という値段はちょっと強気だなあ、とは思うけど。

トミーナ

今月のおすすめメニュー。カキやカニなど、冬が旬の海の幸。これこれ、これでこそ築地ですよ。通常メニューよりもさらに高いけど、ここは一年がんばった自分へのご褒美も兼ねて、奮発しますか。

トミーナ

まずはサラダから。シンプルな野菜サラダですが、一人用のサラダにしては大きめのボウルにどどんと盛られてきました。いかにも男のメシのサラダという感じ。イタリアンといっても、やっぱりここは基本的に男の仕事場のめし屋、なんだろうなあ。

トミーナ

そして出てきました。ズワイ蟹のカルボナーラ!これが食べたかった。

特に大盛りで頼んだわけでもないんですが、かなり高い山盛りで出てきました。その辺のパスタ屋なら、大盛りで頼んでもなかなかここまで高くは盛ってくれないと思います。

トミーナ

「カルボナーラ」というけど、実際にはトマトクリームソース系。確かにカニにはこっちのほうが合うかも。カニ身はトッピング的に乗っかっているだけじゃなく、ソースの中にもたっぷり混ぜ込まれています。

トミーナ

これがとてもうまい。細めのスパゲティのツルツルした食感に、カニの風味とマイルドなトマトクリームソースが絡んで、たまらないうまさ。ソースには刻んだ白ネギも混ぜ込まれていて、香りとシャキシャキした食感の両方でアクセントになってくれています。確かにこれ、カニとトマトクリームソースだけだったらちょっと緩かったかもしれないので、ちょうど良いかも。

トミーナ

食後は飲み物つき。

食べる前は「1,500 円はちょっと高いかなあ」と思っていたけど、実際食べてみると味といい、ボリュームといい、遠慮のないカニの使いっぷりといい、これならむしろ 1,500 円でも安いような気さえします。ちょっとした有名店のパスタよりもここのほうが満足度は高いんじゃないでしょうか。

ここは誰かを誘ってまた来たいなあ。

関連ランキング:イタリアン | 築地市場駅築地駅東銀座駅

投稿者 B : 23:48 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2013/11/20 (Wed.)

東京都板橋区大山町のハンバーグ・ランチ

「モノを食べる時はね、誰にも邪魔されず自由で、なんというか救われてなきゃあダメなんだ。独りで静かで豊かで...」

大山

孤独のグルメ史(何)に残る、作品を象徴するとも言える名言を残したのが第 12 話「東京都板橋区大山町のハンバーグ・ランチ」。今回の『孤独のグルメ』聖地巡礼【原作版】は、その記念すべき回に登場した洋食店のモデルとなった店のある、板橋区大山町にやって来ました。
この回は、ドラマでも Season1 の「文京区根津 飲み屋さんの特辛カレー」で原作オマージュが行われた、伝説の「アームロック回」。『孤独のグルメ』原作の中でも、特にインパクトが強い回と言えます。

大山

普段、東武線に乗ることなんてまずない生活をしている私にとって、大山というのは全く縁のなかった街。巡礼するにあたり、大山が何線のどのあたりにある駅なのか、ということを調べることから始めた、といえばどれくらい縁がなかったか分かるでしょうか(笑。
そんな見知らぬ駅を降りてほんの数分歩いたところに、そのお店はありました。

洋庖丁 大山店

洋庖丁

派手すぎず、気取らないけどこぎれいな感じで、なかなかいい佇まいじゃないか。

調べてみたところ、原作で取り上げられた当時は、留学生のバイトにきつく当たっていた店長のモデルになった人物は実在したらしいですが、現在はスタッフも入れ替わって普通のお店になっているようです。特に頑固親父がやっているという雰囲気でもなく、まさに「地元の洋食屋さん」という感じ。

洋庖丁

壁には、まな板で作られたメニュー。そのどれもが、学生さんや独身サラリーマンにはうれしい、どれも腹を満足させてくれそうな内容。値段のところ、何度か貼り替えられた跡が残っているのが、このお店の歴史の長さを物語っています。
原作で台詞の中にだけ登場した「ジャンボ焼ランチ」がどういうものかもちょっと気になるけど、聖地巡礼ならばやはり、ここはハンバーグステーキランチで決めよう。

洋庖丁

ほー、いいじゃないか。
こういうのでいいんだよこういうので。

大ぶりのハンバーグに目玉焼き、つけあわせのスパゲティとポテトフライ。古き良き洋食店といった風情。だからこそ、落ち着きます。

洋庖丁

ハンバーグは緩めに固められていて食べやすい。ソースはケチャップベースなので酸っぱい感じか、と思ったら、胡椒とかスパイスがいろいろ混ぜてあるようで、なかなか複雑なお味。改めて、看板にあった「創作料理」の四文字は伊達じゃなかったんだ、と実感します。
スパゲティはカレー味。ナポリタンじゃなくてカレー味、というのがまた古めかしくて、「男のメシ」って感じがして、いい。

洋庖丁

ついてくるの汁が味噌汁じゃなくて豚汁っていうのも、なんか得した感じでいい。
この豚汁、ちょっと味が濃いめだけど、メインのハンバーグやスパゲティに負けない存在感があって、それでいて、ほっとする。

洋庖丁

完食。満足。ごちそうさまでした。
ボリュームもいいけど、満足感ある味付けのわりに、毎日食べても飽きの来なさそうな気張らなさが、気に入った。我が家の近所、飲食店不毛地帯なんだけど、こういう店が一軒でもあれば、家族がいない日や食べて帰らなきゃならない日の夕食として重宝するんだろうけどなあ。

大山

このお店、実は密かにチェーン展開しているらしく、他には池袋や高田馬場、新板橋などに支店があるもよう。どこも普段あまり利用しない場所だけど、池袋に用があるときにお腹が空いたら、気取らずに満足できる店として覚えておいて損はないかも。今度食べるとしたら、やっぱりジャンボ焼かなあ。でも、こういう店のかにクリームコロッケなんかもうまいんだよなあ。

久住 昌之、谷口 ジロー / 孤独のグルメ 【新装版】

459405644X

関連ランキング:洋食 | 大山駅板橋区役所前駅

投稿者 B : 23:58 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2013/11/13 (Wed.)

東京都中央区銀座のハヤシライス(の消滅)とビーフステーキ

「こういう時は思い切ってステーキだ。銀座でステーキを食おうじゃないか」

銀座

漫画『孤独のグルメ』聖地巡礼、今回は第 14 話「東京都中央区銀座のハヤシライス(の消滅)とビーフステーキ」の舞台、銀座にやって来ました。銀座は仕事・プライベートともによく来る場所なので、個人的には親しみ深い。劇中の場所がどこか、もだいたい分かるわけですが、今回は当初の目的であったハヤシライスの店が消滅していることが劇中で既に分かっている、というのがいつもと違います。が、ここは井之頭五郎の足跡を辿るべきであろう、というわけで、消滅したハヤシライスの店から探訪します。

ちなみに、序盤のシーンで登場した銀座中央通りの伊東屋(文房具店)、本館は現在立て替えのため取り壊し済み。ある意味聖地巡礼の目印となったランドマーク自体がなくなっているという時代の流れに軽くショックを受けつつ、周辺を探索します。

銀座

「へーえ、こんなチェーン店もできているのか」

ゴローが劇中で時代の流れを感じたてんやは健在。それどころか、今や銀座には中央通りや有楽町駅前に吉野家だってあるし、周辺にはユニクロやビックカメラが旗艦店を構えているくらいだし、ずいぶん大衆化が進みましたよね...。

銀座

そして、劇中ではできたばかりだったと思われる、銀座の WINS(場外馬券場)。今やもう銀座に当たり前にあるものになってしまいましたし、それどころか汐留にもっとすごいのができてしまったので、古き良き銀座が失われていく的な感慨ももうないもんです。

銀座

ゴローをして「絶対大盛りで食おう」と言わしめた、銀座のハヤシライスの名店「ブラジリア」(実際の店名は不明)。劇中では既に「新鮮組」と思われるコンビニに変わってしまっていましたが、今ではさらに変わってローソンになっていました。そういえば新鮮組って最近見ないな、と改めて調べてみたら、2008 年にグループそのものがローソンのフランチャイジーになってしまっていたんですね。こういう形で時代の流れを感じるとは。

そうとなったら、銀座といえば「エビスヤ」だろうなやっぱり...ということで、「エビスヤ」のモデルになった「銀座 4 丁目スエヒロ」に向かいます。
...が、この「銀座 4 丁目スエヒロ」も、今はもう銀座 4 丁目の店舗がなくなっているもよう。調べてみたら、ギリギリ銀座エリアと言えないような場所(ぉ)に、支店が現存していました。

微妙に銀座から外れていようと、自分の「心」で信じたならッ!その瞬間からもうそこは「銀座」なのだッ!(誰

銀座 4 丁目スエヒロ

銀座というか、新橋というか...内幸町の航空会館というビルに、その店舗はありました。雰囲気からして私には明らかに縁のなさそうな雰囲気のビルですが、勇気を振り絞ってエレベーターを上ります。

銀座 4 丁目スエヒロ

銀座 4 丁目スエヒロ

古めかしい、けど当時はかなり予算をかけて建てられたであろうビルをエレベーターで上っていくと、古めかしいながらもゆったりとした作りの店舗が現れました。なんだろう、ここだけ 20 年前から時が止まっているかのような、外界の新橋とは全然違う空気感。

開店直後の時間帯に来たので、お店は完全に貸し切り状態(後で、私が食べているところで他のお客さんが入ってきました)。

銀座 4 丁目スエヒロ

ステーキハウスというともっぱら B&M とかアウトバックのようなカジュアルなお店ばかりで、こういう脚つきのグラスで水を出してくれるような高級店にはあまり来ないので、ちょっと緊張。

メニューのほうも、ディナータイムでステーキが 5,000 円から、ランチタイムでも 2,500 円から...みたいな価格設定に若干腰が引けつつも、「25%OFF 感謝価格」と書かれていた 1,890 円のランチセット、炭火焼リブステーキを頼もうとしたら、「11 時半まで早得ランチもありますよ」と言われたので、そちらに。1,500 円くらいでサーロインステーキが食べられるそうなので、そっちのほうがお得感高し。

銀座 4 丁目スエヒロ

じゃーん。シンプルにステーキ(と付け合わせ)とライスだけ、というメニューですが、高級店でお得に食べられるならばこれでも良し。

そういえば、ステーキってしばらく食べてなかったなあ。久しぶりのステーキ、なんだか嬉しいぞ。

銀座 4 丁目スエヒロ
(「孤独のカメラ」使用)

うん、こいつはなかなかいい肉だ。

見るからに、そのへんの安いステーキ屋とは、肉のふっくら感も脂の乗りも違う。

銀座 4 丁目スエヒロ

うん、うまい肉だ。いかにも肉って肉だ。

ナイフを入れた瞬間に分かる、肉の柔らかさ。それに、シンプルに肉そのものの味で十分味わえる、素材の良さ。これは確かに上等な肉だ。脂が乗っているけど、それほどしつこくない感じ...さすがは老舗、高いだけのことはある。

銀座 4 丁目スエヒロ

ただ...俺の食欲に対して、このステーキはちょっと小さすぎた。この店で満足感を得ようと思ったら、思い切って 5,800 円払って 450g のプレミアムサーロインステーキあたりを頼まなきゃダメってことか。

うまい、確かにうまいんだが、今日の俺にはこの肉のうまささえどこか上滑りしていく。

銀座 4 丁目スエヒロ

さておき、ごちそうさまでした。
会計時に、サービス料 10% が加算されることに気づいてちょっとびっくり。普段、サービス料を課される店に行くことって滅多にないからなあ...。でも、確かにサービスは細かく行き届いていました。

ともあれ、「銀座(内幸町だけど)でステーキを食べた」という実績(何。俺は得体の知れない奇妙な達成感を味わっていた。

久住 昌之、谷口 ジロー / 孤独のグルメ 【新装版】

459405644X

関連ランキング:ステーキ | 内幸町駅新橋駅虎ノ門駅

投稿者 B : 23:58 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (2) | トラックバック

2013/11/06 (Wed.)

鱗友朝市 味さき

三角市場で海鮮丼を食べたものの、せっかく来たのに一杯だけじゃもったいない!というわけで、小樽で海鮮丼をハシゴすることにしました(ぉ

次に来たのは、駅からちょっと離れた「鱗友朝市」。この朝市は残念ながら日曜日が休みなのですが、市場に併設されている食堂だけは営業していました。

味さき 鱗友店

味さき

小樽って、本当にあちこちに市場があるんですね。
隣の「のんのん」という店も名前からして気になるけど(笑)、やっていないのでしょうがない。

味さき

店先の食品サンプルにも、ウニやイクラが踊っています。寿司まで握ってもらえるらしい。サバ味噌煮やほっけ焼定食もうまそうだし、たぶん市場の人は日常的には海鮮丼よりもこっちなんだろうな。あと、北海道の店でやたら見かける「カスベ」って何かと思ったら、エイのことなんですね。酒のつまみとしてのえいひれは大好物だけど、煮付けは食べたことないかも。

ともあれ、暖簾をくぐります。

味さき

うにいくら、どーん!!

やっぱり海鮮丼の次はごくごくシンプルにうにいくら丼でしょう。白いごはんの上に新鮮なウニとイクラがみっちりと敷き詰められています。北海道に来たからには、こういうのが食べたかったんだよ!

味さき

ウニはまだ潮の香りがするような新鮮さで、口に入れるととろっと融ける。イクラも、東京で買えるようなのはさすがにしっかり漬け込んであるものがほとんどですが、こっちのはまだちょっと漬けが浅めで、素材の新鮮さが感じられます。イクラの皮が分厚すぎないのに張りがあるのもいい。市場休業の日曜日なのでさすがに朝獲れってことはないんでしょうが、それでも新鮮さがなせる業なんでしょうね。
ただ、イクラの漬け汁がちょっとつゆだく気味でごはんにかかっていて、ごはんにまでしっかり味がついてしまっていたのが個人的には残念。こういうのは、ウニやイクラの素材の味と、白いごはんのでんぷんの甘味のコントラストが最高なんじゃないですか。途中から少し味が単調に感じて、別途白飯をもらおうかと思ったくらい(ぉ。

味さき

丼についてきたあら汁。丼に負けないくらい大きなお椀に入ってきましたが、これが私には大ヒット。ちょっと濃いめの味噌味に、魚のアラがたっぷり。肝も遠慮なく入っていて、私にはなんだか懐かしい味。実家であら汁なんてあまり食べませんでしたが、田舎を思い出しました。これは、メインのうにいくら丼に負けないくらい美味しかった。

味さき

朝食、昼食と小樽の海鮮に囲まれて、大満足。ごちそうさまでした。

この後、さらに空港でイクラをお土産に買って帰ったけど、やっぱり現地で食べる新鮮なイクラは別物でしたね。今度は仕事のついでではなく、ガチでグルメ&写真旅行に来たいところ。

関連ランキング:海鮮丼 | 小樽駅

投稿者 B : 23:59 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

小樽 三角市場で海鮮丼

三角市場

小樽に行ったのは、港町の写真を撮りたかったのももちろんですが、もう一つの目的は「何かうまいものを食べること」。そういえば北海道に来たのにまだ海鮮丼食べてないし、これは市場で海鮮丼を入れていこう、ということにしました。調べてみたら札幌の場外市場はあまり評判がよろしくなく、それなら小樽あたりまで出たほうが安くてうまいんじゃないか、という目算もあり。
ただ、ほとんど下調べせずにいきなり小樽まで来たら、日曜日は小樽に複数ある市場のほとんどが休みだったという(;´Д`)。でも、小樽駅を出てすぐのところにある「三角市場」は営業していたので、まずはそこを覗いてから、どの店で入れていくか決めよう、と考えました。

三角市場

中に入ると、それほど大きいとは言えない建物の中に小さなお店が所狭しと軒を連ねていました。坂道に沿って作られた市場で、上からだと奥の方まで見通せます。ほとんどが海産物のお店と、海鮮丼などが主力の飲食店。駅徒歩 1 分で日曜も営業、とあっては、観光客向けの商売なんでしょうが、それもまた良し。一見さんに対しても遠慮なく話しかけ、いろいろ教えてくれるおじさん・おばさんが揃っています。

三角市場

飲食店の店先には、どこもこんな感じのメニュー表が出ていて、ウニ、イクラ、蟹、鮭、ホタテのオンパレード。かに丼なんて本ズワイガニ使用で 1,000 円ですよ。ベニズワイガニじゃないんですよ(笑

似たような店ばかりで、どこがうまいのか、なにがうまいのかさっぱりわからない。俺は、海鮮丼の森に迷い込んでしまったのかもしれない(ぉ

三角市場

なんか珍しい魚発見。「八角」って、中華料理の香辛料じゃないんだから。

お店のおじさん曰く「本州じゃ見ないっしょ。北海道だけで獲れる魚で、見た目が八角形だから『八角』。刺身にするとなんまらうまいよ」とのこと。見た感じだけだと、あんまりうまそうには見えないんですけど(笑

ともあれ、そろそろ店を決めよう。とりあえず、店先でいろいろ試食させてくれた店のウニとイクラが美味しかったから、誘われるままにおじさんの店に(ぉ。鮮魚店の中に飲食店が併設されているという、面白いお店でした。

小樽・三角市場 (有)マルキ川嶋鮮魚店

川嶋鮮魚店

うわあ、なんだかすごいことになっちゃったぞ。

海鮮丼は、シンプルにウニイクラ丼にしようか、でもサーモンも捨てがたいしなあ...と迷っていたら、「日替わりでいろんな具をちょっとずつ載っけた『あの丼』がうちはおすすめだよ」とのことで、流されるままにオーダー。あと、初体験の八角の刺身。

川嶋鮮魚店

この、「あの丼」がまたすごいことになっていて、イクラ、ウニ、ホタテから始まって、甘エビ、サーモン、タラの昆布締め、とどめにタラバガニの右親爪まで入っている大ボリューム。その日の仕入れや売れ行きによって載ってくるものは全然違うらしく、「次回来ても同じ丼は食べられない」とのこと。特にこの蟹爪は滅多に載せないとか。タラバガニは左右で親爪の発達度合いが違うので、これは一匹につきひとつしか採れない貴重品なんですよね。私は運がいい...。

川嶋鮮魚店

どの具材も新鮮で文句なしにうまいんですが、やっぱりこの蟹爪が圧巻。利き腕の爪だけあって、とても張りのいい肉感の、食べ応えのある爪でした。こんなにすごい蟹は今まで食べたことがありません。これは感動した。

川嶋鮮魚店

八角の刺身は、活き作りで出てきてちょっとびっくり(笑。

初めて食べた八角は、想像とはちょっと違って、筋肉質でエンガワに似たコリッとした食感がある、あっさりめの魚でした。でも、イクラ・ウニ・ホタテ・サーモンという濃厚な丼の脇で、すっごく爽やかな存在だ。これを挟むことで、ボリュームたっぷりの丼に、飽きることなく取り組んでいける。

川嶋鮮魚店

朝から大ボリュームのごはんだったけど、難なく完食。これは満足度高いです。これだけ食べて 3,000 円、というのは観光客向けの値段かもしれませんが、内容的にはむしろ得したような気さえします。とりあえず食べたかった海鮮はひととおり食べられたし、この店で大正解。これが食べられただけでも、小樽に来た甲斐はあったと思います。

そんなわけで、続きます(ぉ

投稿者 B : 23:13 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2013/10/31 (Thu.)

そうだ 京都、行こう (3)

祇園

[ Sony RX1 ]

錦市場からは、祇園~鴨川~先斗町エリアへ。祇園は去年もちょっとだけ行きましたが、あまりにも仕事の合間すぎて食い足りなかったので、改めてこの界隈の町家をスナップショット的に撮ってみたいと思っていました。

ただ、実際に行ってみると観光客がとても多く(自分もその一人だったので文句を言う筋合いはないのですが)、どうもいい雰囲気に撮るのが難しい。去年来たときは早朝の、あまり人がいない時間帯だったからなあ...。そんなわけで、ついついメインの通りよりも一本入った小路や路地に足が向いてしまいます。

祇園

[ Sony RX1 ]

辿り着いたのはちょうどお昼時。せっかく来たからには、ここで何か入れていこう...と思ったんですが、さすが祇園、どの店も高価い。雰囲気が良くて入りたくなる感じの暖簾を見つけては、掲げられている値段を見て引く、という繰り返しで、なかなか店が決まりません。安い店でもランチ 1,500 円は下らず、昼から 5,000 円以上する店もざら。さすがは京都の観光地の中心。とりあえず目で楽しむだけにして、店は鴨川を渡って探すことにしました。

先斗町

[ Sony NEX-7 / Carl Zeiss Planar T* 35mm F2 G ]

そんなわけで、鴨川を渡って先斗町(ぽんとちょう)へ。去年来たときにも、このあたりで軽く飲みつつ食べられるお店を探してここをうろついてみましたが、雰囲気のいいお店が多くて、歩いているだけで楽しかったのを憶えています。鴨川に沿うように走っている小路なので、鴨川の景色を眺めながら食事が楽しめる店が多いのもポイント。
でも、この町自体の雰囲気がとてもいい。地元の人だろうと、観光客だろうと、あまねく受け入れる懐の深さのようなものを感じます。

先斗町

[ Sony NEX-7 / Carl Zeiss Planar T* 35mm F2 G ]

先斗町は、祇園に比べると年齢層が若く、それほど気取らずに歩ける印象。歴史は感じるけど気安く楽しめる場所だと思います。昼間の雰囲気もいいけど、たくさんの提灯が灯った夜の雰囲気がまたいいんだ。

今の時期はさすがに夜は肌寒いですが、初秋に京都を訪れて先斗町で一杯引っかけて鴨川で夕涼み、とかやってみたい。

先斗町

[ Sony NEX-7 / Carl Zeiss Planar T* 35mm F2 G ]

こういう、ちっちゃな路地がたくさんあって、その路地の向こう側にも気になる店が軒を連ねている光景、私の大好物。いいじゃないか。

ほうら、ちゃあんと腹が、減ってきた。
というわけで(ぉ)ランチに選んだ店は、こちら。

鮨くいじーぬ しゃり

鮨くいじーぬ しゃり

[ Sony RX1 ]

町家を利用した店舗の二階で、寿司と京料理を中心に楽しめる、雰囲気のいいお店。安いわけではないけれど、このへんの相場からすると高くない。ランチはサーロインステーキと握り五貫が楽しめるコースでいただきました。

京都駅からここまで 3 時間ほどたっぷり歩いたところなので、このボリューム感が嬉しい。しかも、ちゃんと美味しい。

鮨くいじーぬ しゃり

[ Sony RX1 ]

ほんの短時間ではあったけど、孤独の京都小旅行、堪能しました。
本当はシーズンオフに泊まりがけで来たいところではあるけれど、これはこれで楽しい。

関連ランキング:寿司 | 祇園四条駅河原町駅三条駅

投稿者 B : 00:12 | Gourmet | Lunch | NEX-7 | Photograph | Planar 35/F2 G | Sony RX | コメント (0) | トラックバック

2013/10/27 (Sun.)

東京都武蔵野市吉祥寺の廻転寿司

「腹は減りすぎている...どうしよう。何でもいいと思いながら、入る店の無さとこみあげる空腹感にいらだちを覚える」

吉祥寺

というわけで、順調に消化してきている『孤独のグルメ』聖地巡礼【原作版】、今回は第 2 話に登場した吉祥寺の回転寿司店にやってきてみました。

海沿いの町で生まれ育った身としては、東京で魚食べたってまず美味しくないに決まっている、という先入観があって、寿司はおろか魚料理さえ普段あまり食べなかったりします。ましてや、東京で回転寿司、なんて初めてかも。北陸だと、回転寿司で十分すぎるくらい美味しいですが...。

さあて、そんな東京の回転寿司。どんなもんでしょうか。

天下寿司

天下寿司

回転寿司屋って、かっぱ寿司、くら寿司、元気寿司、いろいろあるけど、どこも入ったことがないなあ。この「天下寿司」(劇中では「天国寿司」)も、ここの他に下北沢、池袋、高田馬場、渋谷...と、山手線の西側を中心に展開するチェーン店らしい。
「1 皿 120 えんより」というのは、劇中(130 円)よりも逆に値下がりしている珍しい例ですね。これがデフレか...。

さあて、なにからいくかな。
とりあえず順当に定番マグロからいくか。

天下寿司
(「孤独のカメラ」使用)

うぉ...いきなりこれは強烈。スーパーに並んでる安いマグロでさえ、こんな色はしてないような。むしろ食品サンプルかと思ったほどの「いかにもって色」に驚きました。

でも、味はまあ普通(笑

天下寿司

サーモンって、昔は寿司で食べるネタじゃなかったのが、回転寿司の隆盛とともに市民権を得た、って話を聞いたことがあります。昔は衛生面での問題があったのかもしれないし、偏見もあったんだろうけど、今はサーモンの握りってうまいよね。
ここのサーモンもなかなか。まあ、冷凍が当たり前、物流も発達した現代にあっては、「その日朝水揚げされたばかりのネタ」でもなければ、日本のどこで食べても味はそう変わらない、か。

天下寿司

続いて、密かに好物の鰯。鰯の刺身や握りって、小ぶりだけど脂が乗っててうまいんですよね。大井町のいわし料理屋にも行きたいけど、この鰯もなかなか。

ん...なんだなんだ、みんな流れてないもん注文するぞ。
なんだか俺だけが損しているような気になってきた。

よし!

天下寿司

というわけで、流れていないものを個別注文。うにうに。

原作と違って混んでると注文が板さんに聞こえにくいということはなかったですが(笑)、周りがどんどん注文していくので、こういうときについ遠慮してしまう私の注文はなかなか通らず(´д`)。...いかんな、タイミングがズレてる。

天下寿司

この日は休日の真っ昼間だったのでサービスタイムはなく、原作のように大トロ狙いのおばさんでいっぱい、ということはありませんでした。が、ランチタイムは常に満席で、軽く行列ができるほど。かつ年齢層も比較的高くて、自分がいつも行くような店とは雰囲気がちょっと違います。板前さんが握りながら駄洒落や冗談をよく言う感じで、それもまた楽し(笑。

天下寿司

〆はやっぱり大トロ...と思ったら、この日は大トロがないらしく、中トロで。でもこの中トロもまた、とろける感じで間違いなくうまい。

ゴローと同じ 11 皿でお勘定。タイムサービスがないので、ゴローよりもちょっと高くついちゃいましたが、それでも満足。「ラストの 2 枚...あれが効いたな」とハードボイルドに決めようかと思ったけど、もうちょっと食べられたような気も(笑。

東京の回転寿司、食べる前から馬鹿にしていたけど、これなら全然いける。これは嬉しい誤算でした。東京での色の選択肢を広げてくれた井之頭五郎に感謝。天下寿司は私が利用する駅の近くに支店がないけれど、別のチェーンのお店でも、今度開拓してみようかな。

久住 昌之、谷口 ジロー / 孤独のグルメ 【新装版】

459405644X

関連ランキング:回転寿司 | 吉祥寺駅井の頭公園駅

投稿者 B : 00:42 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2013/10/19 (Sat.)

あるでん亭 2013

毎年この時期になるとなぜか銀座の「あるでん亭」でお昼ごはんを食べるのが恒例になっているんですが、今年も行ってきました。

あるでん亭 ゆで上げスパゲッティ店専門店|ソニービル

あるでん亭

パスタは好きでよく食べるし、パスタが美味しいお店というのにもあちこち行ったけど、純粋なスパゲティのおいしさという点では今のところこのお店を超えるところには出会えていません。
毎度、あやまたず髪の毛一本ほどの芯を残して茹で上げた、絶妙な食感のスパゲティ。「アルデンテ」を冠した店名は伊達ではない、というところでしょう。スパゲティのバリエーションや味付けも、変に奇を衒ったものではなく、シンプルでストレートな、たぶんイタリアで日常的に食べられているスパゲティってこういうのなんだろうなあ、という味付けが素敵。スパゲティそのものに自信があるからできる勝負、マジメな料理人のマジメな仕事、という印象です。

あるでん亭

いつもはアリオオリオ(ペペロンチーノ)かカルボナーラを頼むところですが、今回はちょっと毛色を変えて「ロレンツァ」というのにしてみました。ベーコンと卵黄、サワークリームを使ったシンプルなスパゲティで、アリオオリオともクリーム系のパスタともちょっと違う、クリーミーでありながら軽く爽やかな酸味のある、目新しいお味。ベーコンと卵黄が入っているのでボリュームもあります。カロリーは計算したくないですが(笑)、これはうまい。そして、スパゲティが今日も間違いなくアルデンテ。しあわせ。

あるでん亭

カウンター席に座っていたんですが、席の目の前にフェラーリの F1 ドライバー、フェルナンド・アロンソの写真とサインが。2 年前に来たときにも見つけたんですが、その後調べてみたところ、毎年日本 GP の前後に東京滞在し、秋葉原や銀座を観光、必ずソニービルとあるでん亭には立ち寄っている模様。
F1 界ではマクラーレンの J. バトンに次ぐ日本通と言われるアロンソですが(最近では日本のフィギュアを持ち歩いていることでちょっと有名だけど、武士道に傾倒していて『葉隠』も愛読しているとのこと)、ソニービルの常連と聞くとちょっと嬉しくなりますね。

あるでん亭

コルクボードには別の写真もありました。このブルーのフェラーリエンブレム T シャツ(ちょっといくらなんでも分かりやすすぎるだろ(笑))を着ているのが、どうやら今年の写真のようです。って、ほんの 10 日ほど前、10/8 に来ていたってことじゃないですか!ちょっと興奮。しかも、一緒に写っている女性は現恋人のロシア人モデル、ダーシャ・カプスティナ。彼女も日本に来ていたのか...。
他にも、以前にも見たサッカー日本代表のザック監督、それに現ケータハム F1 のリザーブドライバー、ヘイキ・コヴァライネンの写真も。これは豪華だ...。

ううむ、これは F1 ドライバーに会えるチャンスを期待して、ソニービルのアテンダントに転職するというのもアリかも(ナシです

関連ランキング:パスタ | 銀座駅有楽町駅日比谷駅

投稿者 B : 00:04 | Gourmet | Lunch | コメント (0) | トラックバック

2013/10/15 (Tue.)

千葉県旭市飯岡のサンマのなめろうと蛤の酒蒸し

「店を探そう。もちろん魚だ...身体中が、海の幸を求めている。海の幸、海の幸、海の幸...」

飯岡

ドラマ『孤独のグルメ Season2』聖地巡礼の大トリは、第 7 話「千葉県旭市飯岡のサンマのなめろうと蛤の酒蒸し」に登場した、つちや食堂。放送からかれこれ 1 年引っ張ってしまいましたが、その理由は「なめろうはサンマの旬の時期しかやっていないから」。10 月末までの提供で、放送後すぐに 11 月になってしまったので、今まで来れなかったという。だってせっかくの聖地巡礼なのにサンマのなめろうがないなんて、この場合、やはり酷だ、残酷です。

というわけで、1 年越しの念願叶ってサンマのなめろうをいただきに来ました。今年はサンマが不漁ということもあって、時期の見極めにはなかなか苦労しました。

つちや食堂

つちや食堂

劇中の印象から、海の家的な、お店の前がすぐに砂浜くらいのイメージを勝手に抱いていましたが、店先から砂浜が見えるという感じではありませんでした。まあ、海のすぐ近くであることには違いありませんが。
「温水シャワー」と書かれていることから、やはり地元サーファーの休憩所的な存在になっている、ということでしょう。

つちや食堂

問題の「やきはま」。これだけ明確に「やきはま」というのぼりが出ているにもかかわらず、このお店でやっているのは焼き蛤ではなく、蛤の酒蒸し。「ふらっと QUSUMI」で、「焼き蛤ありますよ」と言いながら、出てきたのが酒蒸しだったときの衝撃は今も忘れません(笑

つちや食堂

店先には、メニューの立て看板が。「さんま 刺身、ナメロ 出きます」の文字に、ほっと胸をなで下ろします。

看板を眺めていたら、おばあちゃん(店長の土屋愛子さんその人だと思われる)が「カキだけは今、時期じゃないからできないんですよ」と声をかけてくれました。

つちや食堂

この店舗はさらに貝類の直売所も兼ねていて、蛤がどっさり水に浸かっていました。1kg で 1,800 円というのが高いのか安いのか判らないけど、「1kg」ではなく「1K」と書かれると、仕事柄 1,000 個で 1,800 円なのかと思ってしまう(ぉ

よし、それでは突入だ。

つちや食堂

店内にはテレビやラジオの収録に訪れたと思わしき、芸能人のサインや写真がちらほら。もちろん松重ゴローさんのもあります。
夏場なんかはけっこう取材も入るんだろうなあ。

つちや食堂

壁面にずらりと掛けられたメニュー。こういうの、いかにもこどグルって感じだ。

カレーにカツ丼、うどん...そういうのもあるのか。サーファー定食...なんじゃそりゃ?
あさり丼にも惹かれるなぁ~。

つちや食堂

でも、まずはやっぱり蛤の酒蒸しから。

けっこういっぱいあるなあ。
色白で、プリプリつるん。べっぴんだなあ。

つちや食堂

しょっぱい。でも、まさしく海のしょっぱさだ。
俺は今、海そのものを食べている。

ひとつひとつが大ぶりで、しかもストレートに海の味。このボリュームで 1,000 円なら、むしろ安いとさえ思えます。