b's mono-log

2010/11/21 (Sun.)

武田流 古式カレーライス 支那そば インディアン

先月たまたま観ていたモヤさまで紹介されていて、なんだか無性に行きたくなったので、久しぶりにインディアンに言ってきました。

インディアン 蒲田西口店

以前住んでいたところの近くに支店があったので、独身時代にはときどき利用していたお店です。なぜか、カレーライスとラーメンの二つが目玉の(というか、むしろそれ以外のメニューが存在しない)お店。店名の「武田流」というのは武田信玄とも甲州とも何の関係もなくて、創業者が「武田さん」だかららしいです(笑。

メニューは「最高級カレーライス」と「支那そば」「焼豚そば」の 3 種類と、それらのセットメニューのみ(半カレーセットもあり)。せっかく来たなら両方楽しみたいので、支那そばとカレーのセットを注文します。

すると、まず運ばれてくるのが支那そば。まあ、カレーを先に食べると支那そばの熱さ倍増ですからね(笑。支那そばを食べつつ、カレーを待ちます。

インディアン

支那そばは、見てのとおり透き通ったスープの極あっさり系。最近流行りのこってり系スープを見慣れてしまうと寂しく感じるかもしれませんが、あっさりした塩味の中にも魚介系の奥深いダシの風味が効いていて、これはこれで後引くスープです。麺は細麺、焼豚は 1 枚だけど柔らかく炊かれた分厚いのが載ってきます。

支那そばを半分ほど食べたところで、カレーが運ばれてきました。

インディアン

これが「最高級カレーライス」。どのあたりが最高級なのかイマイチわかりませんが、よくある「駅前の安っぽいラーメン屋のメニューに載ってるカレー」とは明らかに違います。創業者が高級ホテルのレストランで修業後独立して始めたのがインディアン・・・だったかな?確か、そういう成り立ちのお店なので、カレーも見た目からして欧風。
味のほうは、何というか表現の難しい複雑な感覚。かなり多くのスパイスを使って長時間煮込んだ手間が伝わってくる味です。ただ、やや鈍くて重みのある辛さに、少し苦みの混じった風味が含まれているので、好き嫌いが分かれるところかもしれません。
個人的には、味はけっこう好きなので、もう少し盛りつけを工夫するだけでもっと美味しく感じられそうな気がするのですが、こういう庶民的な出し方をするのがむしろこの店の持ち味なのかなあ。

でも、カレー好き&ラーメン好きなら一度は入ってみて損はしないお店だと思います。

関連ランキング:ラーメン | 蒲田駅蓮沼駅

投稿者 B : 22:23 | Curry | Gourmet | Ramen | コメント (0) | トラックバック

2010/06/07 (Mon.)

天華のコショーそば

前から気になっていた品川駅港南口のラーメン屋さんに行ってみました。

天華

天華 コショーそば

新築の高層ビルとサラリーマン御用達の居酒屋が混在するカオスエリア・品川駅港南口前(笑。そんな港南口の中でも路地裏に存在する、老舗の中華料理店です。この界隈のサラリーマンにとっては有名店のひとつで、お昼どきにはいつも店外まで行列ができているほど。
店舗は全てカウンター席で 12~13 名が座っただけでもう満員、通路はすれ違いもできないという狭さで、老夫婦だけで切り盛りしているようです。お冷やや空の丼をカウンターに上げたりするのは当然セルフサービス、店主は必ずしも愛想が良いとは言えないので、一見さんの中にはもうそれだけでダメという人もいるでしょうが、たまにはこういう店も悪くない。

頼んだのはこの店一番の人気メニュー、「コショーそば」。見ての通りラーメン・・・というか昔ながらの「中華そば」の上にこれでもか!というくらい胡椒が振られています。いかにも辛そう・・・と思いつつ口に入れてみると、胡椒の辛さは思ったほどではないながら、とろみのつけられたスープが全然冷めず、胡椒の刺激も相まって口の中が熱い!ひょうきん族時代の片岡鶴太郎かよ、という気持ちになりながら(古)中華そばを口の中に送り込みます。
ある程度辛さ(熱さ)に慣れてきたところで改めてスープを味わってみると、あっさりした塩味の中にも鶏ガラスープの風味がしっかりと伝わってきて、悪くない。これはもしかしてコショーそばでなく「うまにそば」や「肉やさい炒め」を頼んだほうがこの店本来の味が堪能できたのでは・・・と感じました。

狭い店内、とか行列、といったハードルはいくつかあれど、ときどき無性に食べたくなりそうな味。またたまに来たいと思います。

投稿者 B : 23:59 | Gourmet | Ramen | コメント (0) | トラックバック

2010/05/21 (Fri.)

旭龍門の担々麺

先日はしごに行って久しぶりに担々麺を食べたら、なんかもう少し身近でも美味しい担々麺のお店を開拓したくなったので、職場近くでちょっと探してみました。

そこでけっこう美味しいという情報を見つけた、このお店に行ってみました。そんなに職場から近くもないんですが。

旭龍門 品川店

旭龍門 品川店

店構えは割と普通の(ややキレイめな)中華料理店。ランチメニューの担々麺は見ての通り非常にオーソドックスでした。

ラー油たっぷりでしっかり辛く、また胡麻の風味も効いていて「担々麺を食べてる」感が強い。青梗菜(切らずに入ってるほうが好きですが、こうやって刻んで入っているのも食べやすくて良いですね)や葱がふんだんに使われているので飽きも来ない。麺がけっこう普通の中細麺であまり特長がなかった気はしましたが、この味は及第点以上をあげたいです。

お店の雰囲気的にもう少し本格的な(山椒なんかも使った)担々麺が出てくるかと思っていたのでちょっと意外ではありましたが、そういうニーズには正宗担々麺というメニューもあるようです(他にも冷やし担々麺もありました)。

他にも麻婆豆腐とかエビチリ、炒め物なんかも美味しそうだったので、またちょくちょく来たいと思う・・・けどこのあたりあまり用事がないんですよね(´д`)。

投稿者 B : 00:57 | Gourmet | Ramen | コメント (0) | トラックバック

2010/05/18 (Tue.)

支那麺 はしご

こないだ NEX を見にソニービルに行ったついでに銀座でランチ。以前からいろんな人に勧められていた「はしご」に行ってきました。

支那麺 はしご 本店

支那麺 はしご ぱいこうだんだんめん

ラーメンの中では担々麺が一番好きです。いや、辛味好き的にはラーメンと担々麺は違うジャンルの食べ物だと断言してもいい(ぉ。学生時代、大学の正門正面にけっこう美味い担々麺の店があったので、学食と同じくらいの頻度で通ってました(笑。

このお店では、担々麺のことを「だんだんめん」と呼ぶらしいですね。中国語の発音だとこっちのほうが近いのかな?でも、メニューの名前が全てひらがなで書かれているので、却って分かりにくい(笑。

とりあえず排骨が載った「ぱいこうだんだんめん」をオーダー。

支那麺 はしご ぱいこうだんだんめん

ほんのりカレー風味の排骨が食欲をそそります。担々麺といえば挽肉が載っているものですが、ここのは太肉(叉焼)かオプションで排骨が載ってくるみたい。
麺はストレートの細麺で、博多系のとんこつラーメンに入っているタイプに近いです。
スープは、担々麺というと「辛くて分かりやすい味」というイメージが強いですが、ここのはいろんな香味が控えめに効いていて、ちょっと上品な印象。あまり辛くないのでラー油を足して調整しましたが、これなら大辛を頼んでも良かったかも。というか、メニューに辛味の調節とかご飯のおかわりとかについて記載されていなかった(ように記憶している)ので、システムがよく分からなかったのですが、あらかじめ分かっていたら大辛を頼んだんだけどなあ。

一般的な担々麺とはちょっと印象の違うものでしたが、これはこれで気に入った。今度銀座でご飯を食べる機会があったら、ここでだあろうだんだんめんの大辛を食べてみようっと。

投稿者 B : 00:46 | Gourmet | Ramen | コメント (1) | トラックバック

2009/08/15 (Sat.)

銀座 五行

銀座での少し遅めのランチはラーメン屋にて。

銀座 五行

銀座 五行

最近、外出時のごはんは重度に iPhone の食べログアプリに依存してますが(´д`)、今回も松屋周辺で家族でも入れそうなラーメン屋で検索。ベルビア館ってあまり入ったことがないファッションビルのレストランフロアにありました。
こぎれいなラーメン屋で、席の配置がゆったりめなので、子連れでも安心して入れます。見回したところ、けっこう家族連れ率高し。

私はこの暑い中昼間から熱いラーメンを食べる気がしなかったので、つけ麺を発注。いだてんの魚プラスつけめんに似た傾向ですが、こっちのほうが上品にまとまった味で重くなく、スルスル食べられました。麺のコシはかなり強めですが、つけ麺はこのくらいのほうが好み。奥さんが頼んだ「焦がし味噌ラーメン」もスープを一口だけ飲んでみましたが、こちらは濃厚で「胡麻味噌~」という感じ。胡麻味噌系の味は好きなので、また機会があったら食べてみよう。

ということで、食べログで近くの店を適当に探した割にはヒット。このベルビア館のレストランフロア、近くにあった薬膳火鍋のお店はやたら美味しそうなにおいを漂わせているし、けっこう気になるお店が周囲にちらほら。これはちょっと開拓してみる価値あるかもしれません。

投稿者 B : 23:18 | Gourmet | Ramen | コメント (0) | トラックバック

2009/08/06 (Thu.)

松本なう

出張で長野に来ています。久々の出張は半年ぶりくらい?松本もたぶん最後に来たのは去年の秋だった記憶が。
一泊二日の出張で、今晩は松本で宿泊。松本は城下町で、私の慣れ親しんだ富山城や兼六園周辺の雰囲気と似たところがあるので、けっこう好きな場所です。ただ出張に来ても毎回泊まるだけになりがちなので、いずれ仕事を離れて松本~安曇野周辺に写真旅行に来てみたいと思っていたりします。

長野に来ると蕎麦が食べたくなるものですが、今日(もう昨日ですが)は松本駅着が 22 時近く。さすがにこんな時間にやっている蕎麦屋はまずなく、なんとなくラーメンが食べたい気分でもあったので、中華蕎麦屋へ(笑。
iPhone を買って以来、ぐるなびやグルメぴあよりも俄然食べログユーザーになってしまったのですが、今回も食べログでホテルから行ける範囲のお店を探してみました。

麺肴 ひづき

麺肴 ひづき

といっても、ホテルから 1km くらい歩きましたが(´д`)。

せっかくこういうところに来たんだから、クチコミとかよりもその辺にあるローカルな雰囲気のお店に飛び込んでみるのも良いかなと思いつつ、何だかんだいって iPhone が便利なので、頼ってしまう自分(笑。

いただいたのは「醤油麺コクにごり」というもので、魚介ベースのスープに焦がしネギが浮いた濃厚なタイプのものでした。魚介系というと臭みがあってパンチの強いイメージがありましたが、ここのは魚介にしては品よくまとまっていて、しなやかな細麺と絡んでなかなかの美味。魚介スープでもこういう味もあるのね、という新しい発見でした。あ、焼き餃子も見た目普通ながら肉汁たっぷりでビールによく合うお味でした。

明日一日働いて、また夜のあずさに飛び乗って帰るので、美味しいものといったらこれくらいかなあ。今回は蕎麦も食べられそうにありません。残念。

投稿者 B : 01:03 | Gourmet | Ramen | コメント (4) | トラックバック

2008/12/04 (Thu.)

どうとんぼり神座

飲んだ後は、良くないとは思いつつラーメンで〆。

どうとんぼり神座

どうとんぼり神座

神座(かむくら)は東京にも進出しているチェーン店ですが、本場は大阪。新宿店にはオープン当初に 2 度ほど行ったことがあったんですが、一度本場のを食べてみたいと思っていました。
外観からして普通のラーメンとは雰囲気が違いますが、かなり不思議なラーメンです。コンソメ風のスープに白菜が浮かんでいて、甘みとコクがある独特の風味。「ラーメン」の常識で考えるとショックを受けそうなくらい変わった味ですが、でもそれが妙にクセになりそう。

神座自体、数年ぶりに行きましたが、たまに食べるとやっぱり美味しいですねこの店。たこ焼きから調子に乗って食べ過ぎましたが、後悔はしていない・・・つもり(´д`)。

投稿者 B : 23:57 | Gourmet | Ramen | コメント (4) | トラックバック

2008/09/22 (Mon.)

支那そば屋 こうや

飛び石連休の中日、といっても休暇を取ってる余裕なんてない状況ですが、今日は仕事で四谷へ。で、お昼ごはんはこちら。

支那そば屋 こうや

こうや 炒麺

同行した S さんのおすすめは雲呑麺かこの炒麺(ちゃーめん)ということでしたが、今日はラーメンというより焼きそばの気分だったので、炒麺を発注。いわゆる焼きそばをイメージしていたら、出てきたのはこんなすごい麺でした。混ざっているもやしと区別がつかないくらい太い麺がお皿にもりもり。思わず「大盛り頼んでないんですけど」と言いそうに(笑。

味もはっきり、野菜もたっぷり、麺はコシがしっかり、ボリューム満点でお腹いっぱいに。なかなか美味しかったです。
白湯ぽいスープに巨大なワンタンが載った雲呑麺も美味しそうでした。なかなか四谷でお昼というチャンスもないんですが、次の機会があったら今度は雲呑麺を食べてみたい。

ごちそうさまでした。

投稿者 B : 23:59 | Gourmet | Ramen | コメント (0) | トラックバック

2008/09/20 (Sat.)

いだてん

あまり期待せずにたまたま入ってみたら美味しかったお店。

いだてん

いだてん 魚プラスつけめん

紅龍の向かいのお店です。紅龍はけっこう気に入ってたんですが、ちょっと行き過ぎて飽きた感もあり(ぉ、目先を変えて向かいのこの店に入ってみたら、意外とヒット。新橋にある「麺屋錦」ののれん分けみたいですね。
最近涼しくなってきたとはいってもまだまだ気温は高いので、ラーメンでなくつけめんを。個人的に去年からきてるつけめんブームがまだ収まってません。

とんこつベースのスープに魚介出汁の「魚プラスつけめん」をいただきましたが、甘めで出汁のきいた濃厚なスープがちょっとツボ。テーブルに並んでいるゆず七味を加えると、風味がアップしてさらに好み。麺は太めでコシがあり、パワフルなスープとの相性は良いですが、麺自体の味はあまり印象にないかも。ただ、ボリューム感があるので、当面お腹は空かない感じ。

けっこう気に入ったかも。ちょくちょく来てみたいと思います。

投稿者 B : 12:00 | Gourmet | Ramen | コメント (0) | トラックバック

2008/08/07 (Thu.)

ラーメン無邪気

数年ぶりに入りました。

無邪気 自由が丘北口店

大学時代にけっこう行ってたラーメン店。とんこつ醤油系なので、好き嫌いは分かれますが私はけっこう好きです。角煮ラーメンがおすすめ。

ホントに 7~8 年ぶりくらいに来たんじゃないかなあ。私にとっては懐かしい味です。

投稿者 B : 00:52 | Gourmet | Ramen | コメント (0) | トラックバック