b's mono-log

2014/01/03 (Fri.)

東京都台東区浅草の豆かん

「はあ...それにしても、腹が減ったな」

浅草

ドラマの方は年末年始にかけ BS ジャパンで Season1~Season2 の一挙放送をやっているところですが、私の『孤独のグルメ』聖地巡礼は 2014 年も続きます。今回は、浅草に写真撮りに来たついで...というか、どちらが主でどちらが従かはさておき(ぉ)原作コミックの第 3 話に登場した、浅草の甘味処を攻めてみることにしました。

浅草寺のすぐ裏手、メイン通りから一本入ったあたり。浅草寺の表と裏で、街の雰囲気は随分違う。落ち着いたいい感じの住宅街の中に、そのお店はありました。

梅むら

梅むら

お、ここか...。
「高級甘味」とうたっている割には小さな店だな...。いや...、かえってこういう店がいいんだろうな。

ただ、お昼過ぎの、ほぼ開店直後の時間に入ったので、完全貸し切り状態。これなら男一人でも周囲から浮かずにすむ、どころか、却って気まずいんですけど(;´Д`)ヾ。

さて...なににするか。

梅むら

ここで、メニューには...原作でゴローちゃんが頼もうとして「あ...ごめんなさい、それ来月からなんですよ」と断られた冬場限定メニュー、「煮込み雑炊」も「煮込み雑煮」も書かれていない(;´Д`)ヾ。調べてみたらだいぶ前にメニューから消えてしまっていたようです。20 年の間に代替わりしたようで、原作に登場していたおやじさんもおらず、その間にこれらのメニューも廃止となったものと思われます。

がーんだな...出鼻をくじかれた。
ともあれ、気を取り直してここは豆かんてんを頼もう。

梅むら

豆かんは至ってシンプルなものである。
20 年前にゴローが食べたものと全く同じ感じで、私の前に出されてきました。ついてくるスプーンまで 20 年前と同じ(!)。

梅むら

豆と、かんてんだけ。このシンプルさがいい。味付けは、黒蜜でほどよく甘味をつけた程度。豆そのものの味が堪能できて、そこにカンテンの喉ごしと黒蜜の甘味が、さらに豆の味を引き出してくれる感じ。

梅むら

うん!これはうまい。
豆とカンテンだけなのに...どこまで食べても飽きないぞ。

甘いものはあまり得意ではない私ですが、これは美味しくいただけました。こういう甘味と緑茶なら、たまに食べたい。

関連ランキング:甘味処 | 浅草駅(つくばEXP)浅草駅(東武・都営・メトロ)田原町駅


しかし...うまかった。できれば腹ごしらえしてから食べたかったな。

お...なんだかいい感じの洋食屋だ。ハヤシライス...ビーフシチュー...うん、こりァいいな。

グリル佐久良

というわけで、聖地巡礼のハシゴ(ぉ。作中では食べるシーンが描かれなかったお店ですが、ゴローが豆かんを食べた後に入った洋食屋(劇中の店名は「佐久間」)も攻めてみることにしました。だって描かれなかったら描かれなかったで、どんなものを食べたのか気になるじゃないですか(笑。
グリル佐久良

グリル佐久良

「梅むら」からは目と鼻の先。本当に、豆かんだけでは腹が満たされなかったゴローが、そのへんの店にふらっと入ったらこのあたりだったんだろうな、というリアリティのある立地(笑。しかし、明らかに個人でやっているちょっと高級な洋食店...というより、夜はスナックやってますと言われても違和感ない雰囲気で(笑)、こういう店に事前情報なしで突入できるのは、さすが井之頭五郎。

グリル佐久良

作中では注文するシーンさえないので何を食べたかも分からないわけですが、セリフから推測するにハヤシライスかビーフシチューか。まあラーメン食べに行って冷やし中華を頼んだ挙げ句、食後にラーメンも食べるゴローのことだから結局何を食べたかは分かりませんが(ぉ)、心惹かれたビーフシチューを注文。

ビーフシチュー、2,200 円。さらにライス(お新香付き)別で 300 円。ランチのビーフシチューにしちゃあ高いよなあ、銀座のスエヒロといい原作版のゴローは案外いいもの食べてるよなあ...と思いましたが(まあ、ドラマ版のゴローも食べ過ぎた結果昼から 4~5,000 円食べてることもざらにあるけど)、出てきたビーフシチューを見て納得。シチューの中にビーフが入っている、というよりビーフの隙間をシチューで埋めている、というくらいにビーフがたっぷり。これは高価いわけだ。

グリル佐久良

この牛肉がまたすごく煮込まれていて、いろんな味がじっくり浸みこんだ肉が、口に入れた瞬間にとろっとほどける感じ。ああ、外食でこれほどうまいビーフシチューは食べたことないかも、というくらい、うまい。しかも、肉の質がいいだけじゃなく、量も多くて大満足。シチューのほうもとても複雑な、でもどこか優しい味で、私好みでした。これは 2,200 円の価値あるわ。

ごちそうさまでした。
今度浅草に来たときも、再びこの二軒のハシゴをしてもいいくらい。ただ、今度は逆順にしたほうが良さそうかな(笑。

関連ランキング:洋食 | 浅草駅(つくばEXP)浅草駅(東武・都営・メトロ)田原町駅

久住 昌之、谷口 ジロー / 孤独のグルメ 【新装版】

459405644X

投稿者 B : 00:00 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | Sweets | コメント (0) | トラックバック

2013/10/14 (Mon.)

千葉県旭市飯岡のレアチーズケーキ

「一番の失敗って、何だと思う。それは、失敗をしないことだ」

岸壁荘

ドラマ『孤独のグルメ Season2』聖地巡礼、一年越しでようやく念願の第 7 話の聖地・千葉県旭市飯岡を訪れることができました。

せっかく遠出して来るんだから、と、単にお店を巡るだけでなく、ドラマのロケ地も巡に訪ねてみましょう、というわけで、ゴローが仕事上の失敗をして銚子で一晩泊まらざるを得ず、利用した民宿「岸壁荘」をまずは見てみました。蒼い空と碧い海に映えるオレンジ色の外装が、いい味出してる。

千葉県旭市飯岡 岸壁荘

岸壁荘

この窓の位置が、ゴロー部屋。窓からはゴローではなく、布団が顔を出していました。

岸壁荘

そしてこの岸壁荘が背にする高台の上にあるのが、この地のランドマークである飯岡灯台です。

クルマでぐるっと回って高台に登ると、そこは絶景。

飯岡灯台

けっこうこぢんまりとした、かわいらしいデザインの灯台が、航海の安全を見守っています。

同じ関東でも、東京から 2~3 時間離れただけで、全然違う場所なんだなあということを実感します。この灯台に限らず、地域全体に、とてもゆったりとした時間が流れていて、サントラ『孤独のグルメ Season2 O.S.T.』に含まれる飯岡のテーマ曲『海にうたえば』がとてもよく似合っています。

飯岡灯台

おぉ~、海だよ、海。

私の知っている日本海とは全然違う、穏やかで静かな海。真夏じゃなくて、秋の海、というのがまたいい。

この飯岡灯台に併設される形で、甘味パートの喫茶店「ライトハウス」が営業しています。

ライトハウス

ライトハウス

かわいらしい灯台の近くにある、かわいらしい喫茶店。建物の雰囲気からして、なんだか親しみが持てます。

ライトハウス...灯台ってことか。一休みするか。

ライトハウス

ふうん、抹茶ゼリーに、お汁粉。おっ、自家製ケーキ。自家ケー。

トッピングできるソフトクリームが売りらしいけど、チョコレートパフェに和スイーツ、ケーキまで、多彩だなあ。軽食もあるし、どんな観光客が来ても応えられるように、とメニューが増えていった過程が窺えるようです。

ライトハウス

というわけで、ケーキセット、620 円。
左手は同行のクマデジタ五郎が頼んだチョコレートケーキ、右手は私のレアチーズケーキ。聖地巡礼的にはレアチーズだけど、チョコレートケーキもおいしそう。

ライトハウス

こんな海のそばで、チーズケーキとコーヒーなんて、旅情だなぁ~っ。

ケーキの上にとろっとかけられたブルーベリーソースがいい。

ライトハウス

あっ、おいしい。
私は甘いものはあまり食べないながらも、チーズ好きとしてはチーズケーキの味にはちょっとうるさいけど、これはとてもおいしいレアチーズケーキ。いいなぁ~、浸るなぁ~。

港町の気安さと、観光地のよそ行き感の同居する、不思議な街、飯岡。海を眺めながら食べるこのチーズケーキには、そんなこの街の不思議さが凝縮されているような気がしました。

港町 魚も新鮮 チーズもレア(字余り

孤独のグルメ Season2 Blu-ray BOX

B00AH9VRSI

関連ランキング:喫茶店 | 旭市その他

投稿者 B : 01:30 | Gourmet | KODOGURU | Sweets | コメント (0) | トラックバック

2013/10/10 (Thu.)

台東区鶯谷のコーヒーフロート

「根岸の里のわび住まい。柳がいいなあ。涼しげで、絵になる街だ」

鶯谷

ドラマ『孤独のグルメ Season3』聖地巡礼。放送が終わってもまだまだ続きます。今回は第 8 話の舞台になった、鶯谷にやってきました。

鶯谷って、上野の隣なのに、用がないから今まで降りたことのなかった山手線の駅のひとつ。でもどこか、来たことがある感じの街並みだなあ...と思ったら、よく考えてみればここって飲み屋さんで特辛カレーを食べた谷根千エリアのすぐ近くじゃないですか。

じゃあ、甘味パート、いってみましょうか。

喫茶デン

喫茶デン

ん?なんかちょっと、そそる店。
『孤独のグルメ』の影響で、最近はチェーン系のカフェよりもすっかりこういう個人経営の古い喫茶店派。ドラマに出てきたお店じゃなくても、ちょっと古くて一風変わった雰囲気の喫茶店を見かけると、つい足が向いてしまいます。

アイスコーヒーでも飲んで、まずは涼むか。

喫茶デン

食事のセットメニューがけっこう充実しているなあ。
ビーフカレードリアセットとか、ビーフシチューライスセットとか、ナポリタンセットとか、どれもそそる。っていうか、「ビーフシチュースパゲッティーセット」「ビーフカレースパゲッティーセット」ってなんだそれ!食べてみたすぎる。

でも、ここはやっぱり気になっていたアレで。男はブレずに、初志貫徹だ。

喫茶デン

ゴローちゃんがドラマの中で目を奪われていた「グラパンセット」。
えぇ~、何これ。パン一斤...すごいことするな。

完全にパンを一斤分使って、真ん中をくり抜いて、その中でグラタンを作っています。しかも、くり抜いたパンもちゃんと焼いて添えてある。つまみを器にビールが飲める「いかジョッキ」なら聞いたことあるけど、グラタンが器まで食べられるなんて、聞いたことがないぞ。

喫茶デン

でも、白くていかにもクリーミーなホワイトソースに、表面にほんのり焦げ目がついていて、これはおいしそうだ。

ちなみにセットの飲み物は、後でコーヒーを飲むつもりだったので、とりあえず喉の渇きを潤すためにアイスレモンティーにしました。

喫茶デン

グラパンの具はエビとハムから選べましたが(時期によってはホタテもやっていたっぽいけどメニューから消えていた)、なんとなくハムを選択。
中に入っていたのは、けっこう普通の薄切りロースハム。もうちょっと凝っているかと思ったのでちょっと残念だけど、これはこれで親しみがあっていい。でも、これはエビの方が正解だったかもなあ。

喫茶デン

グラパンに添えられた、もとは一斤のパンの一部だったパンのかけらをグラタンに浸して食べても良し。このかけらがまた、かりふわな感じに焼かれていて、美味。

ただ、これを食べながら「これって例の『グラコロの中身』とおんなじで、基本的には全部小麦粉なんだよなあ」と考えると、なんだか複雑な気分に(ぉ。

喫茶デン

ある程度食べていったら、今度は壁を少しずつ崩しながら食べ進めていくことになります。

うん...うまい。確かにうまい。
しかし...これはどこまでいっても小麦粉だな。

ちょっと味が単調で、半分過ぎたくらいからしんどくなってきました。
これで、グラタンの部分がカレーだったら俺大勝利!だったのに(´・ω・`)。

喫茶デン

壁がなくなったら、あとはもう手で持って、トーストのようにかじります。
実はここまで「いかにしてグラタンをお皿にこぼさずに食べきるか」という自分との勝負をしていたんですが(ぉ)、もうここまで来るとこぼさずに食べるの無理(;´Д`)ヾ。

とりあえず、ごちそうさまでした。
コーヒーでも飲んで、一息つこう。

アイスコーヒー...あ、フロートという手もあるな。

喫茶デン
(「孤独のカメラ」使用)

おいおい、なんだこれは。これ、どうしろっていうんだ。

...という、ドラマにも登場した、コーヒーフロートの常識を覆すコーヒーフロートが運ばれてきました。これ、コーヒーフロートっていうより「アイスコーヒーの上にソフトクリームがひっくり返っている状態」にしか見えません(笑

喫茶デン

いただきます。

やっぱりこいつの食べ方は、

喫茶デン

こうやっていったんコーンを外して...

喫茶デン

こうだよな(笑

ソフトクリームの部分は、ミルクたっぷり、けっこうしっかり甘口の、どこか懐かしさを感じるお味。大人になってからはあまり食べなくなった類のアイスの味、かな。

喫茶デン

お、コーヒーが見えてきた。
ふっ、井の中のコーヒー。

でも、コーヒーの味を楽しむ、というよりは、コーヒー風味のミルク、というくらい、アイスの存在感強し。
風流とか、小粋とは正反対のセンス。でも、おいしいからいいか。

喫茶デン

ふうう、ごちそうさまでした。

パン一斤分食べたのなんて、学生時代以来か。こういう変な食べ方、最近しなくなったなあ(←そうか?
見た目以上のボリュームで、夜まで全くお腹が空かなかったくらい。なかなか強烈な食べ物でした。

今度はナポリタンとか、ビーフカレーとか、もっと普通の喫茶店らしいメニュー、挑んでみたいなあ。

孤独のグルメ Season3 Blu-ray BOX

B00ESXXM28

関連ランキング:喫茶店 | 鶯谷駅入谷駅日暮里駅

投稿者 B : 01:31 | Gourmet | KODOGURU | Lunch | Sweets | コメント (0) | トラックバック

2013/09/09 (Mon.)

練馬区小竹向原のトンネルロール

「...ここにもトンネル。そんなにトンネル推しならば、くぐっちゃおうっと」

小竹向原

「まちのパーラー」で昼の肉とパン祭りを開いた後は、甘味パート巡り。ドラマではエンディングテーマ『五郎の 12PM』が流れた煉瓦通りをのんびり通って、駅向こうのケーキ屋さんを目指します。

小竹向原駅の 3 番出口を出てすぐのところに、お店はありました。

フランス菓子屋 シュルプリース

シュルプリース

シュルプリース(Surprise)。英語だと、おんなじ綴りで「サプライズ」。きっと、「食べた人に驚きを与えるような洋菓子を」という想いでつけられた店名なんでしょう。そういう姿勢、好き。

品はあるけどお高くとまっていない、そんな親しみやすさを感じる店構え。

シュルプリース

店頭には、ついこないだの水曜深夜の放送情報がさっそく貼り出されていました。でも、ここの「トンネルロール」はテレビで紹介されなくても、昔からこのお店の名物スイーツだったようです。

そしてこのお店にも、焼きたてのパン。今しがた腹いっぱいパンを食べてきたところだからさすがに入らないけど、気になるなあ。周りじゅう閑静な住宅街で、音大も近くにあるから、パン好きな女子たちの需要があるということなんでしょう。

シュルプリース

さすがにお腹いっぱいで、店内でおやつを食べる気分ではなかったので、お持ち帰りで。その代わり、二本買ってきました。

思っていた以上に種類がたくさんあって、「チーズ」「紅茶」「ショコラ」なんかにも心惹かれましたが、買ったのはゴローと同じ「抹茶」と、スタンダードな「バニラ」。

シュルプリース

箱を開けるとこんな感じ。

直径 5cm ほどの小ぶりなロールケーキです。最近の流行りだと、太くて真ん中に生クリームやらフルーツやらをふんだんに包んだようなのがよく売られていますが、そういうのに流されず、控えめなのがいい。これは、ゴローのように一人で一本ペロリといけちゃいそうな小ぶりさだぞ。

シュルプリース

抹茶のトンネルかあ。

一切れ、口に運んでみると...ほーう。うん、これは上品な味。
抹茶のスポンジ、抹茶のクリームに、カシスの酸味を組み合わせるとは、なかなか面白い発想だなあ。抹茶の苦味とカシスの酸味が甘味をほどよく抑えてくれて、まさに大人のスイーツ。大人の嗜好品としての甘味は、ただ甘けりゃいいってもんじゃないんですよ。

シュルプリース

続いて、バニラのトンネルロール。
こちらはオーソドックスだけど甘すぎない甘さで、バニラのいい香りとクリームに仕込まれたレーズンがうれしい。大人から子どもまで、万人が喜ぶスイーツ。

スポンジ、なごむ。

シュルプリース

うん、いいトンネルだ。酒党の私には、これくらいの甘さがちょうどいい。

他のトンネルロールも、中の「具」にそれぞれ工夫があって、気になるんだよなあ。今度近くに行く機会があったら、違う味、買ってみようかな。

孤独のグルメ Season3 Blu-ray BOX

B00ESXXM28

関連ランキング:ケーキ | 小竹向原駅千川駅江古田駅

投稿者 B : 00:00 | Gourmet | KODOGURU | Sweets | コメント (0) | トラックバック

2013/09/05 (Thu.)

板橋区板橋のきなこパン

「板橋...どこか、田舎の駅みたいだ。草ぼーぼー、夏の駅ヨコ、草ぼーぼー。今や、風情さえ感じる」

板橋

順調に消化してきている『孤独のグルメ Season3』聖地巡礼(※ただし甘味パート中心)。今回は、第 6 話の舞台になった、板橋区板橋に来てみました。

板橋って、区の名前がつけられた駅で、しかも池袋の隣にもかかわらず、なんだか地味な駅。こんな機会でもなければ、東京に住んでいても来ることはなかったと思います。

板橋

駅を降りてすぐ目に入ってくるのが、新撰組局長・近藤勇の墓。こんなところにあったんですね...気分は、NHK 大河ドラマの終了後に流れる史跡ミニコーナーです。別に幕末好きというわけではないけれど、こういうのがあると、おおっ、と思います。

板橋

そう思って見ると、街を挙げて新撰組をフィーチャーしていることに気づきます。商店街ののぼりに始まり、新撰組にちなんだお店や商品...歴史好きだったらきっと楽しいでしょうね。それ以外は、むしろ生活感ある住宅街らしい住宅街です。

Season2 以降、特に Season3 になってからのドラマ『孤独のグルメ』は、単にお店を訪れるだけでなく、さりげなくその街を紹介するような作りになっていて、どことなく『ちい散歩』っぽさが漂いつつあります(笑)。それに影響されて、私も周辺をぶらぶら。

板橋

駅から 5 分ほど歩いたところにあるちょっとした商店街に、出てきました。ゲストキャラの甲把(かっぱ)さんとの打ち合わせ場所に使われた、和(なごみ)フローリスト Cafe。ドラマどおり、とても喫茶店とは思えない外観ですが(笑、そのすぐ隣にあったのが、「あのパン屋」。

パン工房 たもつ

パン工房 たもつ

「たもつのパン」という、独特な響きを持つ店名以外は、何の変哲もない、地元のパン屋さん。近所にこういう店、あるよね?わざわざ板橋まで来る必要ないんじゃね?という感じのお店だけど、その気取らなさがまたいい。Season3 の甘味パートは、こういう気安い買い食い系のお店が多いですよね。

パン工房 たもつ

いっぱい詰め放題、一袋 250...単位がついてないけど、まさか「ドル」じゃないよな(ぉ

ともあれ、本命を買いに入店しようじゃないの。

パン工房 たもつ

買ったのは、きなこパン。名前がグー。

3 個で 115 円。やすっ!
思わず 3 個買ってしまいました(ぉ

パン工房 たもつ

はじめましてとは思えない、この昔なじみ感。

きなこパンというけど、きなこ感はそんなに強くなくて、軽めのあげパンという印象。
小ぶりだけど、もちっとした食感が、大人でもイケル。

いいなぁ~。なんだっけ、この感じ。
昔、毎日買い食いしてたような味だ。

パン工房 たもつ

飲み物は、缶コーヒーとかじゃなくて、やっぱりこれだよね(笑。
これも一緒にたもつで購入、100 円。
やっぱり、子どもの買い食い気分だ。

たもつのパン。いかにも、たもつって味。安いし。

ごちそうさまでした。

関連ランキング:パン | 板橋駅西巣鴨駅北池袋駅

投稿者 B : 00:00 | Gourmet | KODOGURU | Sweets | コメント (0) | トラックバック

2013/08/22 (Thu.)

足立区北千住のチョコレートケーキ

「北千住って、すごいことになっちゃったんだなあ...便利になるのはいいが、駅がどんどん大きくややこしくなってる」

北千住

ドラマ『孤独のグルメ Season2』聖地巡礼で、千葉の飯岡以外でまだ行っていなかったお店があったのを思い出しました。第 11 話「足立区北千住のタイカレーと鶏の汁なし麺」...この回、タイ料理店のライカノにしか行っていなかったのですが、Season3 の構成を見ていると、そういえばこの回の回想シーンは、今にして思えばあれがこの回の甘味パートだったんじゃないか?と思い返して、改めて北千住に足を運んでみることにしました。

北千住の駅って、確かに井之頭五郎が言うとおり、どんどん大きくややこしくなっています。常磐線に日比谷線、千代田線、東武線、そしてつくばエクスプレスまで通ってきて、いつの間にか巨大なターミナル駅になっていました。つい最近、用事があって北千住に来たときに、東口から駅に入ったら西口側の千代田線になかなか辿り着けなかったほど。
でも、駅から通りを一本入ると、いかにもゴローちゃんが好きそうな赤ちょうちん街。いかにも昭和、いかにも孤独のグルメっぽい街。

カフェ・わかば堂 ~cafe wakabadou~

カフェ・わかば堂

その赤ちょうちん街の路地に入ったところに、回想シーンの舞台となったカフェ「わかば堂」がありました。

いかにも隠れ家的な女子向けカフェ、という雰囲気の店構えですが、隣の「円楽」(居酒屋)との対比がまたいい(笑

カフェ・わかば堂

なんというか、女子力高まりそうなお店です。店内の男子、店員さん一名、カップルの彼氏一名、アンド、俺。あと全部女子(;´Д`)ヾ。

しかも、スイーツメニュー、ゴローが食べた「フォンダンショコラ バニラアイス添え」も、吉田美由紀(とよた真帆)が食べていた「黒糖バナナチーズケーキ」も、なし(汗。スイーツメニューは日替わりのようだし、お店で手作りしているようなので、時期によってもメニュー変わりますよね...。

カフェ・わかば堂

でもせっかく北千住まで来たので、「フォンダンショコラ バニラアイス添え」「黒糖バナナチーズケーキ」に最も近かった「ショコラ・バナーヌ」(チョコバナナケーキ)とジンジャーエールをオーダー。甘い物ならコーヒーを飲むところだけど、暑さにやられてスカッとしたくなったので。

ショコラ・バナーヌ、もっと甘ったるいかと思っていたけど、甘すぎず、なかなかおいしい。丁寧に手作りされた感じがまたいい。
ジンジャーエールも手作りとのことで、生姜の生姜らしい香りと刺激が渇いた身体に染み入ります。カナダドライともウィルキンソンとも違う、これが手作りのジンジャーエールの味ですよ。

ごちそうさまでした。でも、やっぱりここは男独りで来るにはハードルが高かった。このシリーズの甘味パートの中で、今のところ最も女子力が高いお店ではないでしょうか(;´Д`)ヾ。

関連ランキング:カフェ | 北千住駅牛田駅京成関屋駅

投稿者 B : 00:00 | Gourmet | KODOGURU | Sweets | コメント (0) | トラックバック

2013/08/18 (Sun.)

群馬県高崎市の焼きまんじゅう

「しかしパリと群馬高崎はエライ違いだな。俺にお似合いなのはこういうもんですよ」

高崎

『孤独のグルメ』聖地巡礼【原作版】。今回は、夏の帰省から東京に戻ってくる道中、高崎でわざわざ途中下車(笑。第 5 話「群馬県高崎市の焼きまんじゅう」の聖地を訪れてみました。

高崎って、いつも新幹線で通過するだけの場所。降りたことがあるのは一度だけ...17 年前、大学 1 年の夏休みに無謀にも田舎まで自転車で帰ろうと計画したものの、受験勉強で半年ほどまともに運動していなかったために体力が衰えていることを考慮していなかったことと、35℃ を超える真夏日のために高崎で挫折して、疲労困憊のなか空いていた古い旅館に泊まった、という思い出があるだけです。思い出、とはいっても、もう頭が朦朧としていてほとんど覚えていないんですが(´д`)。

ともあれ、17 年ぶりの高崎。ちょっと歩いてみますか。

高崎

第 5 話冒頭の 1 コマにある「中央銀座アーケード街」は今も健在。ただ、当時はどうだったか知りませんが、今は半ばシャッター街の様相を呈していて、ちょっと寂しい。

原作が執筆された 19 年前から流れた時間で、街並みもだいぶ変わってしまったのか、それ以外で当時の面影を残す場所は残念ながら見つけられませんでした。

でも、この焼きまんじゅう屋さんは健在。

オリタ焼まんじゅう店

オリタ焼まんじゅう店

原作での店名は「クリタ」ですが、実際の店名は「オリタ」。原作では「焼きそばクリタ」の看板が掛かっているのに焼きそばはやっていない、というエピソードがありましたが、現在ではもうかかっていないようです。この 19 年の間に店舗を三軒隣に引っ越したそうで、場所も建物も原作に登場したものとは別物とのこと。

オリタ焼まんじゅう店

店内はほんとうに狭くて、二人掛けのテーブルがひとつある程度。店内で食べる人はほとんどいないのか、「持ち帰りが標準」という雰囲気が漂っていたので、「中で食べられますか?」と言って店内に通してもらいました。
原作では、井之頭五郎が「あの焼きまんじゅう屋、というか、あのじいさん、どうなるのかなァこの先」というモノローグが差し込まれていましたが...さすがにあれから 19 年。お店は娘さんと思われる人に代替わりしていました。

オリタ焼まんじゅう店

数分待って、焼きまんじゅうのできあがり。当然、アンなし 1 本とアン入り 1 本の組み合わせです。

待っている間や食べている間にも、何人かのお客さんが持ち帰りで来店していました。数年前に『ちい散歩』でも取り上げられたことがあるようで、地元ではかなり有名なお店のようです。確かに原作でも「ミソが違う」というくだりがありましたね。

オリタ焼まんじゅう店

ほう...こりゃあうまそうだ。
ちなみに、ちょっと角張った四個組みのが「アンなし」、丸っこい二個組みのが「アンあり」。

ミソ...とはタレのことだろうか...。しかし、まんじゅうが「焼き鳥みたいでおいしい」とはどういうことなのだろう?

オリタ焼まんじゅう店

このたっぷりかかったタレ。濃厚でとろっとしていて、確かに「タレ」というより「ミソ」といったほうがしっくりくる感じ。

表面につけられたちょうど良い具合の焦げ目に、ミソが絡んで、期待も高まります。
まずはアンの入ってないほうから...。

オリタ焼まんじゅう店

思ったより軽くて淡泊なんだな。焼き鳥とは全然違うけど...甘い。
なんだか...素朴な味だなァ。

普通のまんじゅうとも、肉まんともちょっと違う、微妙にパンのようなふかっとした柔らかさともちっとした感触がミックスされたような、複雑な食感。それに、濃くて甘いミソが合わさって、普通のまんじゅうとは全然違うし、みたらし団子ともあやめ団子とも違う、不思議な甘さに包まれます。

さて...アン入りは...む。

オリタ焼まんじゅう店

これは思った通り...複雑な甘さだ。
いや...スゴい甘さと言ってもいい。

アンの日本的ストレートな甘さに、ミソの複雑な甘さが重なって、これは甘味が苦手な私にはけっこうきつい(笑)。井之頭五郎的に言えば「甘さが波状攻撃を仕掛けてくる」とでも言うのか。これは、アンなし一本で十分だったかも...。

オリタ焼まんじゅう店

ともかく、完食。これはちょっと、緑茶が欲しくなる味でしたね。
でも、二本で ¥330 というのは、異様に安いのではないでしょうか。

昭和 22 年の創業というから、今年で 66 年。味もスタイルもほとんど変えずにやってきているんだろうなあ。
19 年前の井之頭五郎が(というか、久住さんが)これとほとんど同じ味を口にしたのだと思うと、感慨深いものがあります。

上州のからっ風も、革ジャンも無縁の猛暑のなか、再び大汗をかきながら新幹線で東京に帰ります。
ごちそうさまでした。

久住 昌之、谷口 ジロー / 孤独のグルメ 【新装版】

459405644X

関連ランキング:和菓子 | 高崎駅(JR)

投稿者 B : 00:00 | Gourmet | KODOGURU | Sweets | コメント (0) | トラックバック

2013/08/17 (Sat.)

中野区東中野の桜塩ジェラート

「ん?昭和の街...大きく出たな~。でも、好き。」

東中野

『孤独のグルメ』聖地巡礼を続けています...が、Season3 はどうも勝手が違う。放送後の反響がすごすぎて、どのお店にも長蛇の列。違うジャンルの聖地巡礼だと、ファンがいざこざを起こしたという話もちらほら耳にする中、こどグルの聖地巡礼に関しては、お店のほうも「ファンのみなさんは本当に礼儀正しくて...」とコメントされるような状況は、ファンの一人としてはひと安心ですが、あまりにも混みすぎて通常営業に支障を来すような状況は、ファンとしては本意ではなく。というわけで、当面はメインどころのお店に放送直後に訪れるのは自粛して、当面はあまり混まない甘味パートのお店と、原作版の聖地巡礼を中心に回っていきたいと思います。

今回やって来たのは、第 5 話に登場した東中野。私も井之頭五郎と同じく、降りるのは初めてです。中野にはカメラ屋やモデルカーショップ巡りでちょくちょく行っているんですけどね。本当に、新宿のそばなのに、妙に地味な街。

東中野、昭和の街。新春、シャンションショー(ぉ

東中野

じゃあ、食事シーンには登場しませんが、いろいろと面白そうだった東中野ギンザ商店街から回ってみましょうか。最近の孤独のグルメは、ドラマの作りがだんだん『ちい散歩』や『モヤさま』的になってきたような(笑。

この商店街、道幅がいい。
道幅、バツグン。ちょうどいい。

...って、どんな褒め方だよ(笑

東中野

この商店街、なかなか楽しい。古いだけじゃなく、地元の若い人まで含めた一体感がある気がする。そのへんのローカルな中華屋さんから食事を終えたギャルっぽい女の子が出てきたりするミスマッチがごく自然な感じで発生してて、なんかいい。

ゴローが無料のコーン茶を飲んでいた純豆腐屋さんは、残念なことに夏休み。コーン茶、飲んでみたかったなあ。ペットボトルがポッカから発売されているのか...。

東中野

ゴローが覗き込んでいた喫茶店...だと思っていたら、メインは和菓子屋さんだったんですね。

だんご&コーヒー...新しいような、頓珍漢なような...とやってみても良かったんですが、あまりの暑さにだんご気分ではなかったので、申し訳ないけどスルー。

東中野

ポレポレって、確かどこかの国の言葉だったよなあ...。

という「ポレポレ東中野」は、知る人ぞ知るミニシアター。最近、映画館といえば大型のシネコンばかりになっちゃって、こういうミニシアターって、あんまり見かけなくなったよなあ。

東中野

階段を下っていくと、そこはきっと普段の日常とも、よく知っているシネコンとも、違う世界が待っているんだろうなあ。
でも、ここを下っていくのはけっこう勇気が要るよね(笑)。小劇場をよく観に行っていた学生時代なら、抵抗なかったんだろうけど。

ともあれ...は ら が 、 へ っ た 。

というわけで(ぉ、ゴローがこの劇場の中で「時田先輩」(石丸謙二郎さん)に勧められて食べていたミルクジェラートをいただきに、店を、探そう。

ドーカン

ドーカン

Season3 の甘味パートは「甘味だけ出て、お店が登場しない」というパターンが増えているようで、このお店も劇中では登場しませんでした。

店舗は中央線の線路沿い、駅からそう遠くない場所にありました。ジェラートだけでなく、ケーキも売っています。

ドーカン

ジェラートは、店内で食べる用と持ち帰り用があり、店内用だと二段重ねもできるようでしたが、見た感じ店内のベンチに座って食べる様子だったので、さすがに勇気が出ず(笑)。持ち帰り用は本当にたくさんの種類(20 種類以上くらい?)がありましたが、ここは初志貫徹で桜塩ミルクジェラートを選択。桜の塩漬けが入ったミルクジェラートです。

ドーカン

あ、本当に桜風味。
うん、しょっぱうまい。

「アイスクリーム」ではなく「ミルクジェラート」なので、ちょっぴりサクッとした感触のある軽い食感。暑いときには、クリームの重たさよりもこういうのがありがたい。
味付けは甘すぎず。軽く効かされた塩が、ジェラートの自然な甘みを引き立てて、その中に桜餅みたいな風味がほんのり効いていて、これはいい。甘いものがあまり好きではない私でも、くせになりそう。

ドーカン

ここ数年、夏になると「塩分摂って熱中症予防」というメッセージで「塩●●」という飲み物やスイーツが流行っているけど、個人的には、今まで飲み食いした「塩●●」の中で、これがベスト。甘さと塩っ気のバランスが、絶妙にいい。

イタリアーノで、ジャパネスク。
これは、ボォーノ。ほのボォーノ。

桜、おいしゅうございました。

関連ランキング:ケーキ | 東中野駅落合駅

投稿者 B : 23:00 | Gourmet | KODOGURU | Sweets | コメント (0) | トラックバック

2013/08/08 (Thu.)

文京区江戸川橋のわざとこわし煎餅

「江戸川橋、おはつです。どれどれ、ちょいと歩いてみますか」

地蔵通り商店街

ドラマ『孤独のグルメ Season3』聖地巡礼、順調に消化していますが、メインどころのお店は混みすぎの状況が続いているようなので、ちょっと時間を置いてから攻めていくことにしようかと。でも甘味パートまで攻略している人はさすがに多くないようなので(笑)、今回は第 4 話の甘味パートに登場した、江戸川橋・地蔵通り商店街の煎餅屋さんを訪れてみました。

地蔵通り商店街

ほう、けっこう長い。地蔵通り商店街。
こんなところに、こんなかわいい商店街が隠れていたんだ。

東京の、山手線の内部にある街で、こんなに(いい意味で)ローカルで、一体感のある昔ながらの商店街に出会えるとは思っていませんでした。家族連れで、あてどなく歩いても、なんだか楽しそうな感じ。旧暦の七夕に合わせてやっている七夕まつりも、この商店街のやさしい雰囲気を形作っています。

そんな商店街に溶け込むように、件の煎餅屋さんはありました。

株式会社喜作|東京都文京区関口の手焼せんべい

喜作

おお、なかなか立派な店構え。調べてみたら創業 65 年を超える老舗、戦後からずっと続いてきた伝統のお店なんですね。ドラマで紹介されたから、というわけではないのでしょうが、けっこう賑わっていました。私以外にも、聖地巡礼と思われるお客さんも 1~2 組ほど(^^;;。

喜作

軒先には、ドラマに登場した「わざとこわし煎餅」と、ゴローも食べた試食品のタッパー。こういう試食品って、勧められたならともかく、勝手に開けて食べるのって勇気要るよね(笑。
それにしても通販サイトのドメインも「warisen.co.jp」だし、この割り煎餅がこのお店の代名詞なんですね。

喜作

どら焼き...も、そそるなあ。手作りなのかぁ。
味のバリエーションがいろいろあるのも、今風で、あれこれ試したくなるな~。

喜作

というわけで、これだけお買い上げ。

  • わざとこわし:割煎二度づけ
  • 堅焼き:千年欅二度づけ おこげ
  • アイスどら焼き:マンゴー
普段、煎餅ってあまり食べないんですが、なんか見てたらいろいろ食べたくなって(笑

喜作

アイスどら焼きには保冷剤を入れてもらえたけど、もう暑くて。そのまま道々、いただきます(行儀悪い

喜作

ひんやりしたマンゴークリームの食感が喉に心地良い。それに、この暑さにはほんのり甘酸っぱいマンゴーの味がたまらない。他にもそそられる味はあったけど、ここはマンゴーで正解だった。アイスどら焼き、いい。もう一個買っておけば良かった(笑

喜作

帰宅後、お茶請けに煎餅、いただきます。

おやつに煎餅、というと、なんだか急に自分が年寄りくさくなった気がしてきます(笑。
でもこの煎餅、色といい、艶といい、食欲をそそるなあ~っ。

喜作

まずは「わざとこわし」。製造工程で割れてしまったものを規格外品としてまとめ売りしているわけじゃなく、文字通り「わざとこわし」。割れ目を見ると、断面から二度づけの醤油がしっかり浸みこんでいるのが確認できます。なるほど、それで「わざとこわし」なのか。

うん、これはいいせんべいだ。実直な醤油味。
うん、漬かってる漬かってる。二度づけ、いい。

喜作

続いて「千年欅二度づけ おこげ」。これは...見た目どおりの固さだ。歯周病だったら、間違いなく歯ぐきから出血しているところだ。
ぎ、ぐぎ、か...固い。いい。そして「おこげ」だけあって、味が濃い。お茶じゃなくて、白い飯か、ビールが欲しくなるしょっぱさだ(笑

バリッ、バリッ、ボリッ、ボリッ...。

煎餅は、音だ。
音がそそる。音が、煽る。

しかし、これ、お腹の中で膨れるのか、1~2 枚も食べるとけっこうお腹いっぱいになってきちゃったぞ。
これを食べながら腹が減る、というゴローの胃はどういう構造をしているのか...(;´Д`)ヾ。

関連ランキング:和菓子 | 江戸川橋駅神楽坂駅牛込神楽坂駅

投稿者 B : 00:00 | Gourmet | KODOGURU | Sweets | コメント (0) | トラックバック

2013/08/03 (Sat.)

北区赤羽のフルーツサンド

「ここか...喫茶、アンド、果物。これも、バネスタイルか」

プチモンド

プチモンド

はい、ドラマ『孤独のグルメ Season3』聖地巡礼、甘味パートもちゃんと攻めていますよ(笑。今回は第 1 話の甘味パートに登場した、赤羽のフルーツパーラー「プチモンド」に来てみました。

というか...フルーツパーラーって初めて来たかも。私の人生においてフルーツパーラーを訪れることがあろうとは、しかも、独りで(;´Д`)ヾ。
まあ、お店の雰囲気はフルーツパーラーというより「地元の老舗喫茶店」風なので、そこまで抵抗はありませんが。

プチモンド

店内に通され、私はゴロー席の隣の席につきました。写真の正面に写っているのがゴロー席。

午前中ということもあって、客足はまばら。というより、私以外には、私のほんの 1 分前に入店したお一方しかいません。しかも、頼んだのは私と同じくフルーツサンド+ブレンドコーヒー。ああ、同志の方でしたか(笑

プチモンド

カウンターのほうを見ると、コーヒーがサイフォンで抽出されていました。孤独のグルメの影響か、最近、喫茶店で過ごすこういうゆったりした時間が貴重に感じます。

プチモンド

必要以上に飾りっ気のない、だけど美味しいコーヒー。こういうの好きだなシンプルで。イマドキ、ラテだとかマキアートだとかフラペチーノだとか、ちょっと盛りすぎな気がします。

そして主役のフルーツサンド、おいでなすった。

プチモンド

フルーツサンド、もしかして、初めてかも。
でかい。でも、うまそうだ。

純白のパンとホイップクリームに、色鮮やかなフルーツが際立って、見た目にも美しい。

プチモンド

この、パンよりもボリュームのアルホイップクリーム。
必要以上に甘くないクリームのおかげで、スイーツのような、食事のような、中間的な味わい。もっとスイーツスイーツしてるかと思ったけど、これはいい。見た目以外は、男一人でもけっこうイケル(笑。これ、女子ならスイーツじゃなくて完全に食事扱いになりそうだな。

フルーツサンド、胃袋の満たされ方が、今までになく、フレッシュだ。

プチモンド

フルーツサンドを口にした後にコーヒーを飲むと...コーヒーが、ウインナーコーヒーっぽくなる!なるほど、いいじゃないか。
...いや、フルーツの酸味とホイップクリームの甘味、コーヒーの苦味が渾然一体となって、実際けっこう微妙な味ですよ?(ぉ

ともあれ、フルーツサンド初体験、おいしゅうございました。
ちなみに、ドラマに出ていた「フルーツサンドセット」はメニューには書かれていませんでしたが、別々に頼むと合計 1,200 円かかるところが、会計時にはちゃんとセット価格でちょうど 1,000 円になっていました。

フルーツサンドのおかげで気分が新鮮。
よし、もうひと仕事いこう。

関連ランキング:フルーツパーラー | 赤羽岩淵駅赤羽駅

投稿者 B : 00:00 | Gourmet | KODOGURU | Sweets | コメント (0) | トラックバック