b's mono-log

2008/05/01 (Thu.)

機動戦士ガンダム UC (4) パラオ攻略戦 特装版

最近ハマッている福井作品の新刊が出たので購入。

福井 晴敏 / 機動戦士ガンダム UC (4) パラオ攻略戦 特装版

私が福井作品にハマるきっかけになった UC の最新巻です。通常版ではなく、オマケプラモつきの「特装版」。
物語は徐々に核心に迫りつつあり、「えーこのキャラってこういう設定だったの-!」的なサプライズもありながら、どんどん読ませる福井節は健在。タイトルからしてそうですが、宇宙世紀の各シリーズとのリンクがちゃんと張り巡らされているので、宇宙世紀ファンにはたまらない内容といえると思います。かつ、他の福井作品を読んでいればニヤリとする設定も多く、そっち方面からのファンでも満足できる内容と言えるでしょう。あと、各キャラのセリフ回しは明らかにトミノ節を意識してますね。

で、これ、物語には確かに面白いんですが、なんか今回からいきなり挿絵が変わってるんですけど(;´Д`)ヾ。知らない間に安彦良和氏が降板していたらしい・・・正直言って安彦キャラをきっかけにこの作品に入った身としては、(小説自体の面白さはともかく)挿絵が違うと魅力半減なんですけど・・・。今後は挿絵は今の人で、安彦氏は表紙だけ担当になるみたいですが、むしろこれなら挿絵なしのほうが良いような。

オマケプラモも組み立ててみました。あくまでオマケはオマケなので、10 分もあれば組めてしまうものでしたが。

MG ユニコーンに装備できるビームガトリングガンのプラモです。今作にゲスト的に登場する武器ですが、重装感が出てかっこいいですね。ビーム兵器でガトリングガンタイプである必要性がイマイチ分からないんですが(ぉ、見た目のゴツさ的にはシールドよりも気に入ったかも。

投稿者 B : 23:54 | Book | GUNPLA | Hobby | Novel | コメント (0) | トラックバック

2008/02/21 (Thu.)

MG シャア専用ゲルググ Ver.2.0

MG 1/100 MS-14S シャア専用ゲルググ Ver.2.0

積みプラもだいぶ減ってきました(^^;

Ver.2.0 モノはここまでハズレがありませんが、このゲルググもその例に漏れない好キット。下半身の可動がイマイチですが、マッシブなプロポーションと上半身のダイナミックなポージングはなかなかです。また、ザク II Ver.2.0ドムを組んだ後だと、この機体が公国系の MS 開発の集大成であるという設定が非常によく理解できます。

ただなんというか、アムロのニュータイプへの覚醒のせいで劇中でシャアが乗った機体としては最も活躍できなかった(ララァに守られて命拾いさえした)印象が強いせいか、今ひとつモチベーションが上がらず・・・。むしろ、正史ではないけどシャア専用リックドムのほうが燃えたかもしれません。

投稿者 B : 00:44 | GUNPLA | Hobby | コメント (1) | トラックバック

2008/02/03 (Sun.)

MG ∀ガンダム

MG 1/100 WD-M01 ターンエーガンダム

機動戦士ガンダム UC』が面白かったので、次巻が出るまでの間に同じく福井晴敏著の『月に繭 地には果実』を読んでいます。『ターンエーガンダム』のノベライズですが、これもまた面白い。全体的に穏やかな風が流れるアニメ版に比べて、この小説版は戦争にフォーカスを当てたシリアスな展開で、この作品の違う側面を見せてくれています。これが終わったら、今さらだけど『亡国のイージス』『終戦のローレライ』あたりも読んでみるかなあ・・・。

ということで、気分が乗っている間に積んであった MG も製作してみました。私にとっては非 MG の 1/100 キットを組んだ直後に MG 化が発表されるという悲劇を呼んだキットですが(;´Д`)ヾ、このキットよくできてますね。
旧 1/100 キットはプロポーションは悪くないものの、さすがに古いキットということでパーツの合いが良くなかったり、可動範囲がかなり狭かったり、最近の MG に比べると古くささが目立っていたのも事実でした。が、このキットは MG 100 体目記念ということで気合いが入っているのか、さらに洗練されたプロポーションと可動範囲を両立した傑作に仕上がっていると思います。完全ポリキャップレス設計(これはユニコーンも同じ)で関節部分の耐久性も上がっているし、かなりダイナミックなポージングも可能。プロポーションは「シド・ミードはこういう意図でデザインしたのか」というのがよく解る、直線と曲線が美しく組み合わせられたデザインをよく再現していると思います。ターンエーはかなり好きな作品なので、この仕上がりは嬉しい限り。

ユニコーンガンダムを組んだ後だとかなりサクサク進められる組みやすさもなかなかのもの。まさに MG 100 体目に相応しいキットだと思います。

投稿者 B : 23:45 | GUNPLA | Hobby | コメント (2) | トラックバック

2008/01/23 (Wed.)

MG ユニコーンガンダム Ver.Ka

MG 1/100 RX-0 ユニコーンガンダム Ver.Ka

未着手のキットが積み上がってる我が家ですが(ぉ)、いつもなら買った順に組むところ、このキットだけは早く作ってみたくて先出しで組んでしまいました。

作品自体は小説版なので比較的マイナーというか、今まさに連載中のこれ。

機動戦士ガンダムUC[ユニコーン] MOBILE SUIT GUNDAM UNICORN

小説版のガンダムって今まで手を出したことがなかったんですが、福井晴敏×安彦良和×カトキハジメで宇宙世紀物、それも「逆襲のシャア」の 3 年後という設定なら、面白くならないはずがない。書店で単行本の表紙を見かけ、絵力で買わされてしまった本でしたが、これ面白いです。ポイントはいろいろあるんですが、やっぱり宇宙世紀としては異色なガンダムの位置づけが特に。

このキットも、変形ではなく「変身」する新ガンダムの設定を忠実に再現していて非常によくできたキットです。変身の再現を重視するあまり、可動範囲が狭まっているのが難点ですが、それにしてもこの難しい変身ギミックをよくプラモデルで表現したなと感心しきり。ということで、変身後の姿がこちら。

ボディ各部の装甲がスライドして赤く発光した内部のサイコフレームが露わになり、頭部もガンダムタイプの意匠を持つ外観に変形。手足が伸び、肩幅が広がって一回り大きくなるだけでなく、ユニコーンの特徴的なツノが 2 つに割れて「ガンダム」であることを主張する V 字型のアンテナに変形する、というこの機体最大の特徴を実に忠実に再現しています。にもかかわらず、パーツ差し替えはアンテナ(ツノ)のみ(一応アンテナをたたんでツノ状にすることも可能ですが、ぴっちり合わせるのが厳しいので差し替えで対応)。

「ガンダム」というとトリコロールかそれに準ずるカラーリングが常なので、ユニコーンモードでは純白、デストロイモードでは禍禍しい赤い光が滲むという構成はかなり衝撃的(NT-D(ニュータイプ・○○○○○○ー)という設定はさらに衝撃的)ですが、ガンダム系の機体でこれだけかっこいいと思えたものはかなり久しぶり。Ver.Ka だけあってマーキングシールが 200 個(!)という苦行のようなキットですが(;´Д`)ヾ、造形、ギミック、仕上がり含めて組み甲斐のあるキットです。
個人的にはこの調子でリゼルクシャトリヤシナンジュあたりも MG 化してほしい。あとジェガンも未だに MG 化されてないけど、逆シャアから UC、F91 まで 3 作にわたって登場する息の長い MS になったことだし、MG ネモベースで良いからこの流れで出てこないかなあ。

投稿者 B : 12:34 | GUNPLA | Hobby | コメント (3) | トラックバック

2007/12/30 (Sun.)

MG シャア専用ザク II Ver.2.0

2007 年のやり残し棚卸し。

MG 1/100 MS-06S シャア専用ザク Ver.2.0

8 月くらいにフレームだけ作ってその後放置してました(;´Д`)ヾ。プラモ作りは刃物を使うので、テレビゲーム以上に子どもがいるとやりづらくて・・・。まあ、しばらく「腰を据えて何かする」時間的余裕がなかったのと、量産型を一度作ったからモチベーションがイマイチ上がらなかったのもありますが。

まだ組んでないキットが 5 つほどあるんですが、どうしましょ(´д`)。

投稿者 B : 10:51 | GUNPLA | Hobby | コメント (0) | トラックバック

2007/08/19 (Sun.)

MG ズゴック

なつやすみのしゅくだい。

MG 1/100 MSM-07 ズゴック

いやーやっぱり夏といえば水陸両用 MS じゃないですか(笑。シャアズゴも作りましたが、量産型のほうが夏っぽい。
シャアズゴは単なる色変えキットではなくて、腕脚が伸びるギミックがあったり、その腕と脚にエネルギーパイプが這わされていたりと芸が細かいんですが、量産型はそういうギミックもなくいたって普通。とはいえシャアズゴ同様にポージングできて組みやすいなかなかの好キットだと思います。水色部分の成型色が気持ち濃くても良いかな(成型色は薄く紫がかった明るい水色)という気もしますが、許容範囲。

こんなんで涼を取るって間違ってますか(;´Д`)ヾ。

投稿者 B : 20:30 | GUNPLA | Hobby | コメント (1) | トラックバック

2007/08/07 (Tue.)

MG ゼータプラス C1

MG 1/100 MSZ-006C1 ゼータプラス C1

ひたすら積みプラ消化中・・・今度はゼータプラス C1 です。A1 型のトップコートがイマイチうまくいかなかったのでリベンジというか、オレンジも良いけどやっぱり渋いロービジカラーの C1 かなあと。
基本的には A1 の色替えキットで、A1 のカラーリングをパーツ分割で再現していたぶん C1 タイプから見ると不自然な位置に合わせ目があったりしますが、それを差し引いても良いキット。やっぱりビームスマートガンが全てですねー。私が今まで作った中で最も迫力あるキットかもしれません。

今回は一部目立つところのゲート処理などにサンドペーパーとコンパウンドを使って少し丁寧に仕上げてみました(今までは全てニッパーとモデラーズナイフのみ)。トップコートもほぼうまくいってご満悦です。ただ、ロービジカラーでメリハリが足りないので、しっかりスミ入れしてももう少しアクセントが欲しい感じです。一応ウェザリングマーカーも買ってあるし、ちょっと手を加えてみたいけど、塗装が苦手なので躊躇中。

投稿者 B : 23:53 | GUNPLA | Hobby | コメント (0) | トラックバック

2007/07/28 (Sat.)

MG ハイザック

MG 1/100 RMS-106 ハイザック


積みプラ消化中・・・。今年に入ったくらいから、モノを買うペースにいじるペースが追いついてない(;´Д`)ヾ。

ザク II Ver.2.0 の次はシャアザク Ver.2.0 に行くべきなんでしょうが、なんかハイザックが作りたくなって。作ってみると、ザク+ジム+ドム(というかリック・ディアスか)÷3 という感じで、連邦系と公国系技術の融合期の MS であることがよく分かります。と同時に、腕部のパイプあたりからはかなり無理な設計をしたいびつさが表現されてますね。
成型色がちょっと微妙かなあ、と思ってたんですが、つや消しトップコートを吹いたら多少マシになりました。ハイザック自体がただのやられメカなので、このキットもそんなに人気はないんだろうと想像できますが、やられメカらしいダサさとそれなりのマッシブさが同居した、そんなに悪くないキットだと思います。ま、ザク II Ver.2.0 の後だと作りが簡素すぎて、2~3 日で組めちゃいましたが(´д`)。

投稿者 B : 12:54 | GUNPLA | Hobby | コメント (2) | トラックバック

2007/07/17 (Tue.)

MG ザク II Ver.2.0

MG 1/100 MS-06J 量産型ザク Ver.2.0

久々に組みました。本当は発売日直後くらいに買ってたんですが、全然組むヒマがなく、2 ヶ月半ほどかかりましたが(´д`)。
例によって素組み+つや消しトップコート程度ですが、このキットはホントに良くできてますね。設計が旧すぎて途中で投げ出したくなってしまった初代 MG シャアザクと比べると隔世の感があります。可動範囲は比較にならないし、プロポーションは良いし、動力パイプも断然組みやすくなっているし、ほぼ非の打ち所がないザクのプラモ化だと思いますねー。唯一と言っていい欠点は、スカートアーマーにボリューム感が足りず、少し脚にポーズを撮らせるとスキマだらけに見えるところでしょうか。それでも少しスキルのあるモデラーさんなら簡単に改修できる範囲でしょうね。

モノアイやバズーカ/マシンガンのスコープには H アイズを使用。ドムのときにはキッチンにあったアルミホイルで裏打ちしたんですが、どうにも反射率が低かったので、文具店を物色して見つけたニチバンのマイラップなるメタリックテープを利用したところ、かなり質感がアップしました。今まで作ったジオン系 MS にも一通り応用したいくらい。

ここのところ忙しくて(でもストレスが溜まって散財はしたくなって)、決してやるまいと思っていた積みプラが進行中。組んでないキットがかなり溜まってます。消化しなきゃ・・・。

投稿者 B : 23:17 | GUNPLA | Hobby | コメント (0) | トラックバック

2007/05/13 (Sun.)

1/100 ∀ガンダム

1/100 ターンエーガンダム

主役機のデザインがイマイチ(これでもシド・ミードデザインなんですがね・・・)なせいで、あんまり人気がない∀ガンダム。実は、作品自体は個人的にファーストの次に好きなのがこの∀ガンダムだったりします。ゼータ以降の作品ってストーリーに深みが足りないというか何というかそんな感じなのですが、この作品はいろいろ深い(月に行ってからクライマックスまでの流れは好きじゃないけど)し、歴代の中で「最も平和」なあたりも良い。で、このホワイトドールのデザインも、そこまで好きなわけでもないんですが、この MS には妙に愛着があるのです。
このプラモは 1/100 ながら MG ではなく、パーツ点数も少なくてかなり組みやすいキット。このキット、実はかつて劇場版が封切られた際に、今は無き高岡ピカデリーで劇場公開記念版(クリアー)を買って組んだことがあったりします。当時は十数年ぶりに組んだ(しかも電気工作用ニッパーとカッターで作った)のでそれなりに時間がかかりましたが、MG をある程度組み慣れてみるとかなり物足りないキットですねえ。ポリキャップはところどころ露出気味だし、ほぼ素立ちしかできないし・・・でもまあ、好きな機体なのでそれなりに満足です。残念なのは、この作品から 1/100 でキット化されているのがスモー(それも金色のハリー機)だけというところでしょうか。せめてターン X と並べたかった・・・。

投稿者 B : 20:46 | GUNPLA | Hobby | コメント (0) | トラックバック