b's mono-log

2007/08/19 (Sun.)

MG ズゴック

なつやすみのしゅくだい。

MG 1/100 MSM-07 ズゴック

いやーやっぱり夏といえば水陸両用 MS じゃないですか(笑。シャアズゴも作りましたが、量産型のほうが夏っぽい。
シャアズゴは単なる色変えキットではなくて、腕脚が伸びるギミックがあったり、その腕と脚にエネルギーパイプが這わされていたりと芸が細かいんですが、量産型はそういうギミックもなくいたって普通。とはいえシャアズゴ同様にポージングできて組みやすいなかなかの好キットだと思います。水色部分の成型色が気持ち濃くても良いかな(成型色は薄く紫がかった明るい水色)という気もしますが、許容範囲。

こんなんで涼を取るって間違ってますか(;´Д`)ヾ。

投稿者 B : 20:30 | GUNPLA | Hobby | コメント (1) | トラックバック

2007/08/07 (Tue.)

MG ゼータプラス C1

MG 1/100 MSZ-006C1 ゼータプラス C1

ひたすら積みプラ消化中・・・今度はゼータプラス C1 です。A1 型のトップコートがイマイチうまくいかなかったのでリベンジというか、オレンジも良いけどやっぱり渋いロービジカラーの C1 かなあと。
基本的には A1 の色替えキットで、A1 のカラーリングをパーツ分割で再現していたぶん C1 タイプから見ると不自然な位置に合わせ目があったりしますが、それを差し引いても良いキット。やっぱりビームスマートガンが全てですねー。私が今まで作った中で最も迫力あるキットかもしれません。

今回は一部目立つところのゲート処理などにサンドペーパーとコンパウンドを使って少し丁寧に仕上げてみました(今までは全てニッパーとモデラーズナイフのみ)。トップコートもほぼうまくいってご満悦です。ただ、ロービジカラーでメリハリが足りないので、しっかりスミ入れしてももう少しアクセントが欲しい感じです。一応ウェザリングマーカーも買ってあるし、ちょっと手を加えてみたいけど、塗装が苦手なので躊躇中。

投稿者 B : 23:53 | GUNPLA | Hobby | コメント (0) | トラックバック

2007/07/28 (Sat.)

MG ハイザック

MG 1/100 RMS-106 ハイザック


積みプラ消化中・・・。今年に入ったくらいから、モノを買うペースにいじるペースが追いついてない(;´Д`)ヾ。

ザク II Ver.2.0 の次はシャアザク Ver.2.0 に行くべきなんでしょうが、なんかハイザックが作りたくなって。作ってみると、ザク+ジム+ドム(というかリック・ディアスか)÷3 という感じで、連邦系と公国系技術の融合期の MS であることがよく分かります。と同時に、腕部のパイプあたりからはかなり無理な設計をしたいびつさが表現されてますね。
成型色がちょっと微妙かなあ、と思ってたんですが、つや消しトップコートを吹いたら多少マシになりました。ハイザック自体がただのやられメカなので、このキットもそんなに人気はないんだろうと想像できますが、やられメカらしいダサさとそれなりのマッシブさが同居した、そんなに悪くないキットだと思います。ま、ザク II Ver.2.0 の後だと作りが簡素すぎて、2~3 日で組めちゃいましたが(´д`)。

投稿者 B : 12:54 | GUNPLA | Hobby | コメント (2) | トラックバック

2007/07/17 (Tue.)

MG ザク II Ver.2.0

MG 1/100 MS-06J 量産型ザク Ver.2.0

久々に組みました。本当は発売日直後くらいに買ってたんですが、全然組むヒマがなく、2 ヶ月半ほどかかりましたが(´д`)。
例によって素組み+つや消しトップコート程度ですが、このキットはホントに良くできてますね。設計が旧すぎて途中で投げ出したくなってしまった初代 MG シャアザクと比べると隔世の感があります。可動範囲は比較にならないし、プロポーションは良いし、動力パイプも断然組みやすくなっているし、ほぼ非の打ち所がないザクのプラモ化だと思いますねー。唯一と言っていい欠点は、スカートアーマーにボリューム感が足りず、少し脚にポーズを撮らせるとスキマだらけに見えるところでしょうか。それでも少しスキルのあるモデラーさんなら簡単に改修できる範囲でしょうね。

モノアイやバズーカ/マシンガンのスコープには H アイズを使用。ドムのときにはキッチンにあったアルミホイルで裏打ちしたんですが、どうにも反射率が低かったので、文具店を物色して見つけたニチバンのマイラップなるメタリックテープを利用したところ、かなり質感がアップしました。今まで作ったジオン系 MS にも一通り応用したいくらい。

ここのところ忙しくて(でもストレスが溜まって散財はしたくなって)、決してやるまいと思っていた積みプラが進行中。組んでないキットがかなり溜まってます。消化しなきゃ・・・。

投稿者 B : 23:17 | GUNPLA | Hobby | コメント (0) | トラックバック

2007/07/06 (Fri.)

MINICHAMPS Renault F1 R26 F. Alonso British GP 2006

MINICHAMPS / 1/43 Renault F1 Team R26 F. Alonso Winner British GP 2006

先週の R25 フランス GP バージョンに引き続き、昨年のイギリス GP でのルノー R26。R25 の不死鳥と同じデザインスタジオによる、こちらは虎のデザイン。青地に白い線画だけでよくデザインされています。クルマ自体は R26 なのでエンジンカウルが小型化されていたり、サイドポンツーンのシャークルーバーがなくなっていたり、よく見ると似ているようでだいぶ変わってますね。

今週末のシルバーストンは先週のマニクールからの連戦で、流れ的にはフェラーリ若干優勢は動かないのかなとも思いますが、そこはマクラーレンとハミルトンのお膝元。意地を見せてくるものと思われ、どちらが勝ってもおかしくない状況です。フェラーリが勝って差を縮めてほしい気もするし、ハミルトンの母国 GP 初優勝も見てみたい気もするし。

投稿者 B : 15:40 | Hobby | Model Cars | コメント (0) | トラックバック

2007/06/30 (Sat.)

MINICHAMPS Renault F1 R25 F. Alonso French GP 2005

MINICHAMPS / 1/43 Renault F1 Team R25 F. Alonso Winner French GP 2005

マニクールではもうフランス GP が開幕していますが、こちらは一昨年のマニクールでのアロンソのマシン。2005~2006 年のルノーはタバコロゴ禁止の GP ではデザイナーとのコラボによるボディデザインを積極的に採用しており、ファンの目を楽しませてくれていましたが、このときは不死鳥のデザインでした。
今年のルノーはホワイト×オレンジの ING カラーになってしまいましたが、やっぱりマイルドセブンブルーのほうがフレンチチームらしかったですよね(マイルドセブン自体は日本のブランドだけど)。

今週のフランス GP はどうやらフリー走行でフェラーリが復調の兆しを見せているようですが、予選~決勝はどうなることやら。

投稿者 B : 13:04 | Hobby | Model Cars | コメント (0) | トラックバック

2007/05/21 (Mon.)

MINICHAMPS McLaren Mercedes MP4-20 K. Raikkonen

MINICHAMPS / 1/43 McLaren Mercedes MP4-20 K. Raikkonen 2005

いろんな人から「買いすぎ!」とツッコまれているモデルカーですが(ぉ)、とりあえずホンダ系でめぼしいところは揃ってきたので、それ以外にお気に入りのマシン収集に走っています。ということで、2005 年最速の名を欲しいままにしつつ、決定的に欠けていた信頼性のせいでタイトルを失ったライコネンの MP4-20。個人的には、鈴鹿での劇的なファイナルラップ・オーバーテイクを魅せてくれた思い出のマシンですね。
なんか今年のマクラーレンの安定性をみるにつけ、去年~一昨年のあの体たらくはいったい何だったの???と言いたくなりますが、完璧な強さを持ったマシンではなく、ルノーのように「最速ではないけどパッケージングで確実にポイントを獲得してチャンピオンを獲る」のでもなく、速さと脆さの両面をもったその危うい感じが(今となっては)何とも言えず魅力的に感じてしまう、不思議なマシンだと思います。ライコネンのヘルメットは毎年ころころデザインが変わるので、古い F1 ファンとしてはそこんとこがあまり気に入らなかったりはしますが・・・。

でもやっぱりニューウェイ作のマシンは美しいですね。レーシングカーではなく作品と呼びたくなるほど。今年の RB3 はまだしばらくモデルカー化されないだろうし、しばらくはニューウェイの過去作品収集に走ってみても良いかも、と思っています。

投稿者 B : 23:56 | Hobby | Model Cars | コメント (2) | トラックバック

2007/05/13 (Sun.)

1/100 ∀ガンダム

1/100 ターンエーガンダム

主役機のデザインがイマイチ(これでもシド・ミードデザインなんですがね・・・)なせいで、あんまり人気がない∀ガンダム。実は、作品自体は個人的にファーストの次に好きなのがこの∀ガンダムだったりします。ゼータ以降の作品ってストーリーに深みが足りないというか何というかそんな感じなのですが、この作品はいろいろ深い(月に行ってからクライマックスまでの流れは好きじゃないけど)し、歴代の中で「最も平和」なあたりも良い。で、このホワイトドールのデザインも、そこまで好きなわけでもないんですが、この MS には妙に愛着があるのです。
このプラモは 1/100 ながら MG ではなく、パーツ点数も少なくてかなり組みやすいキット。このキット、実はかつて劇場版が封切られた際に、今は無き高岡ピカデリーで劇場公開記念版(クリアー)を買って組んだことがあったりします。当時は十数年ぶりに組んだ(しかも電気工作用ニッパーとカッターで作った)のでそれなりに時間がかかりましたが、MG をある程度組み慣れてみるとかなり物足りないキットですねえ。ポリキャップはところどころ露出気味だし、ほぼ素立ちしかできないし・・・でもまあ、好きな機体なのでそれなりに満足です。残念なのは、この作品から 1/100 でキット化されているのがスモー(それも金色のハリー機)だけというところでしょうか。せめてターン X と並べたかった・・・。

投稿者 B : 20:46 | GUNPLA | Hobby | コメント (0) | トラックバック

2007/04/30 (Mon.)

MINICHAMPS Mercedes-Benz McLaren MP4-21 K. Raikkonen

MINICHAMPS / 1/43 "Mercedes-Benz" Team McLaren Mercedes MP4-21 K. Raikkonen 2006

そうとう久々に、ホンダ系以外のマシン。去年ライコネンが駆った MP4-21 の、メルセデスディーラー別注パッケージです。毎年マクラーレンのエースドライバーのモデルはすぐにプレミアがついてしまうので、これもちょっとしたら値が上がっちゃうんだろうなあ、というかショップによってはすでに高騰しつつありますが・・・。
このモデルカーは再現が難しそうなクロームメッキ風の光沢処理をうまく再現してあります。リヤサスペンションのゴールドの部分(排気がかかる部分だから熱対策でこうなっている?)まで再現してあるし、個人的にはミニチャンプスの 2006 年モデルの中でも特に出来がいいと感じています。残念ながら MP4-21 は去年ほとんど活躍できなかったマシンなので、シャシー自体は一昨年のニューウェイデザインによる MP4-20 のほうが好きだったりしますが。

でもやっぱりこうしてみるとマクラーレンはライコネンのほうが似合っているなあ・・・と。

投稿者 B : 21:51 | Hobby | Model Cars | コメント (0) | トラックバック

2007/04/28 (Sat.)

トランスフォーマー×ヘッドホン

タカラトミーからトランスフォーマーヘッドホン (Engadget Japanese)

クツだけじゃなく、ヘッドホンまでも(;´Д`)ヾ。

投稿者 B : 22:37 | Hobby | コメント (0) | トラックバック