b's mono-log

2014/11/05 (Wed.)

『孤独のグルメ』カプセルトイが発売 (1)

「カプセルガチャ!そういうのもあるのか」

孤独のグルメ | TIME CAPSULE | タカラトミーアーツ

TIME CAPSULE 孤独のグルメ

Season4 を迎えるまで出てこなかったのがむしろ不思議な、ドラマ『孤独のグルメ』関連グッズ。タカラトミーからカプセルトイが出たということで、さっそく回してきました。
実は、発表時点では「10 月下旬発売予定」だったので、先週くらいからあちこち探し回っていたけど全く見当たらず。

「...いかんな、タイミングがズレてる」

実際には今月に入ってからの出荷だったようで、この三連休くらいからようやく Twitter 等でも情報を見かけるようになりました。

設置されているのは、今のところヨドバシカメラやビックカメラ、ヴィレッジヴァンガード、とらのあなといったところの様子。ドラマ自体は知名度が高まったとはいえガチャとしてはマニアックなので、大人向けのガチャが充実している店舗に置かれているようです(ちなみに写真は新宿西口ヨドバシ、ゲーム・ホビー館向かいの「ガシャポン館」)。私自身、こういうプライズ物はあまり好きじゃないですが、こどグルは別(ぉ。何店か巡ってコンプリートしてきました。

TIME CAPSULE 孤独のグルメ

商品はラミネートされた大ぶりのカプセルに入っています。これ 1 回 300 円もするんですよね(;´Д`)。

というか、自分でガチャを回したのなんて何十年ぶりだろう...子どもにはたまに買ってやるんですが。

TIME CAPSULE 孤独のグルメ

「うーん...箸立ておみくじがダブってしまった」

さっそくお約束のダブりをやらかしてしまいました(;´Д`)。
でも、ダブり 3 個だけでコンプリートできたんだから、むしろ運が良いじゃないか。

TIME CAPSULE 孤独のグルメ

というわけで、まずは箸立ておみくじから。

いかにもな食堂に置いてありそうな割り箸立てを振ると、なかからおみくじが出てくるオモチャです。

TIME CAPSULE 孤独のグルメ

裏面には松重五郎の似顔絵。これがまた似すぎ(笑。

ボールチェーンがついているので、ブリーフケースにぶら下げておいて、お昼時に入る店に迷ったら振る、という使い方が王道でしょう。

TIME CAPSULE 孤独のグルメ

おみくじの一例。ゴローの名台詞に絡めて、今入るべき店、今入れるべき料理の方向性を示してくれます。

そしてよく見ると割り箸の凸凹の表現がすごい(笑

TIME CAPSULE 孤独のグルメ

今日の俺は四川の辛さを求めていたんだ。そういう日、ありますよね...。

まあ、おみくじの選択肢は和・洋・中・焼肉の 4 種類しかないので、どうやってもブラジルとかアフガニスタンとかハワイには辿り着かないわけですが(ぉ

TIME CAPSULE 孤独のグルメ

箸立てはスタンドを取り外すとゴローの顔マークを使った印鑑になっています。

「いいぞ、いいぞ。」

部下がいる方にはぜひ承認印代わりに使っていただきたいですね(ぉ

TIME CAPSULE 孤独のグルメ

次は五郎ストラップ。

これ、Season1 Blu-ray BOX のジャケットに採用されたタイトルロゴをモチーフにしたストラップじゃないですか。「孤」が独立して、「独」から下とチェーンで繋がっている芸の細かさ。そして、先端には赤ちょうちん。いいじゃないか。

TIME CAPSULE 孤独のグルメ

裏面には定番の名台詞と、「腹が、減った」瞬間の似顔絵。腹が減ってこんな顔になったら、下戸だって赤ちょうちんの重力に引かれるというものです。

TIME CAPSULE 孤独のグルメ

そして意外とこれが一番実用的かもしれない(?)、つぶやきネックストラップ。

シンプルな黒のネックストラップに、ゴローの名言が刻まれています。

TIME CAPSULE 孤独のグルメ

印刷された、言わずもがなの名言の数々。Season4 は妙に駄洒落率が高いシーズンでしたが、Season3 以前は駄洒落よりもむしろ天から降ってきたかのような名言・迷言を残してくれました。

TIME CAPSULE 孤独のグルメ

首から提げたときに、相手側から一番目に付くところに「ウマイケルジャクソン」を配置するセンスがニクい(笑

唯一難点を挙げるとすれば、書かれている名言が(首から提げたときに)左右対称になっていることでしょうか。ここはこれでもかというくらいのバリエーションを散りばめてほしかったところ。

商品点数が多いので、明日に続きます(笑

孤独のグルメ Season4 Blu-ray BOX

B00MN0SBFG

投稿者 B : 23:58 | Hobby | コメント (0) | トラックバック

2014/10/31 (Fri.)

figma 井之頭五郎 大盛り ver.

「ごはん、大盛りのほうがよかったか?」

figma 井之頭五郎 大盛り ver.

figma 井之頭五郎 大盛り ver.

ついに発売されました、マックスファクトリーの「figma 井之頭五郎」。私はもちろんグッスマオンラインショップ限定の「大盛り ver.」を発売日に入手しました。聖地巡礼者としてはなにかと汎用性の高そうなフィギュアなので、手に入れざるを得ませんでした(笑。
受注開始以来、「10 月発売予定」のまま発売日が長らく確定しませんでしたが、月末ギリギリになってようやく発売。

figma 井之頭五郎 大盛り ver.

内容物はこんな感じ。顔や手足のパーツを差し替えることでさまざまなシーンが再現可能というのが figma の特長ですが、表情パーツのほかに「ポケットに突っ込んだ手」パーツとか「ポケットに手を突っ込む用のめくれ背広」パーツまで入っている、芸の細かさ(笑

figma 井之頭五郎 大盛り ver.

手のパーツも、標準の握り拳のほかに右手 4 種、左手 3 種が付属。さらに「煙草を持つ手」と「箸を持つ手」もあり、劇中の多くのシーンに対応できるバリエーションの広さを誇ります。

figma 井之頭五郎 大盛り ver.

で、これが「大盛り ver.」限定で付属する、テーブルとパイプ椅子。テーブルは、明るい茶色の MDF 板っぽい質感で、天板に少し体重をかけたら倒れてしまいそうな一本脚。パイプ椅子も「座面の合皮の質感にこだわった」という、本当に地元の大衆食堂とか古い個人病院とかに置いてありそうなリアリティ。安っぽさを忠実に再現、って普通やる人いないですよね(笑。

figma 井之頭五郎 大盛り ver.

「うーん...ぶた肉ととん汁でぶたがダブってしまった」

原作の名シーン再現キターーーーー(゚∀゚)!!
ぶた肉炒めととん汁、それにライスも付属品。ぶた肉炒めのタレの色味とテカり、ねりがらしまで付いてるこだわり、ライスの質感、そして茶碗・お椀とライス・とん汁は別パーツという仕事の細かさ。

figma 井之頭五郎 大盛り ver.

ゴロー本体はこんな感じ。表情の再現性の高さが何とも言わせません(笑

こうやって立体物として見ると、マンガ五郎と松重五郎はずいぶんキャラが違うなあ、と改めて実感します。そういえば、ドラマ化当初は「松重さんはゴローのイメージとは違うなあ。でもこれはこれでアリ、大アリ、オオアリク(ry」と思っていたことを思い出しました。

figma 井之頭五郎 大盛り ver.

ポケット突っ込み用の腕パーツと背広パーツに差し替えてみたところ。このシワのリアリティの高さったら(笑
ゴローの体型も、細すぎず太すぎず、がっしりした中年体型がよく表現されていると思います。

figma 井之頭五郎 大盛り ver.

ラストの二枚...あれが効いたな

ハードボイルド風味でおっさん台詞を吐くゴローのおもしろさが、立体化されることでより際立っています。これは、マンガの全コマを再現したくなってくる。表情パーツとか、もう少しバリエーションがあったらなあ。オプションでもいいから出れば良いのに。

figma 井之頭五郎 大盛り ver.

持ち重りのするたいやき。あんこがうまい、予想以上だ

他のフィギュアのパーツも、食べ物系なら妙にしっくりきます。
無駄に格好つけたポージングで食べさせたくなります(笑

figma 井之頭五郎 大盛り ver.

「このおしんこは正解だった。漬かりぐあいもちょうど良い。ぶたづくしの中ですっごく爽やかな存在だ」

パイプ椅子に座らせて食べさせてみると、もう完全に劇中のワンシーン。茶碗や箸を持つ手つきとか、アドレナリン分泌していそうな顔つきとか、良い仕事してます。

figma 井之頭五郎 大盛り ver.

「食べ始めているのに、さらに腹がへっていくかのようだ」

もはやこの状態を見ているだけで、脳内に『孤独のグルメ・勝利のテーマ』(正式タイトル『エレキのツンドラ』)が流れてくるようです。

figma 井之頭五郎 大盛り ver.

「モノを食べる時はね、誰にも邪魔されず自由で、なんというか救われてなきゃあダメなんだ。独りで静かで豊かで...」

『孤独のグルメ』随一の名シーンも完璧に再現(笑

で、このコマから続くシーンといえば、

figma 井之頭五郎 大盛り ver.

アームロックですよ!(真希波ファンの方ごめんなさい)

このポージングを決められることが、おそらく製作側としても最もこだわったポイントでしょう。それだけに、ほぼ完璧に仕上がっています。

figma 井之頭五郎 大盛り ver.

「モード反転!そういうのもあるのか(ぉ」

figma なので、サイズ的に完璧ではないものの、他シリーズ用のパーツを使ってこのように遊ぶこともできます(笑。

figma 井之頭五郎 大盛り ver.

というわけで、figma 井之頭五郎 大盛り ver. でした。

応用の幅が広そうなフィギュアなので、どう使ってやろうか、妄想が広がっています(笑。

久住 昌之、谷口 ジロー / 孤独のグルメ 【新装版】

459405644X

投稿者 B : 23:56 | Hobby | コメント (2) | トラックバック

2014/09/04 (Thu.)

ガンダムフロント東京『ネオ・ジオング、お台場に現る!』ほか

1 年ぶりに、お台場のガンダムフロント東京に行ってきました。

ガンダムフロント東京

ガンダムフロント東京

お目当ては、DOME-G の最新映像『ネオ・ジオング、お台場に現る!』。8 月上旬に上映開始されていたのを、ようやく観に来ることができました。

DOME-G新映像「ネオ・ジオング、お台場に現る!」ガンダムフロント東京にて好評上映中! | GUNDAM.INFO | 公式ガンダム情報ポータルサイト

この映像は、昨年のユニコーンガンダム 3 号機「フェネクス」が登場した映像作品と交互の上映。スピード感溢れるフェネクスの映像も味わえて二度美味しくなっています。

映像は、従来の作品に比べると短め。ストーリー性はあまりなく、お台場のレインボーブリッジ周辺にモビルアーマー・シャンブロとネオ・ジオングが亜空間から現れ、昭和の怪獣映画のごとく(題字からして思いっきり意識している)激突する、というもの。途中からは覚醒ユニコーンとバンシィ・ノルンも参戦して、四つ巴の戦闘に突入します。
ネオ・ジオングといえば、『UC episode 7』に登場して圧倒的な存在感を見せつけたものの、他 MS の制御乗っ取りや巨大火力によるビーム攻撃ばかりが目立ち、もっとグリグリ動くラストバトルを期待していた気持ちが肩透かしを食らったのは事実でした。そういう意味では、ep7 で食い足りなかったアクションがこの映像で少し満たされたような気はします。
とはいえ、迫力重視の半ネタ映像ではあるので、フェネクスと二本立てくらいでちょうどいいと思います(笑。

ミュージアムスペースでは「機動戦士ガンダム 35 周年展」をやっていました。

ガンダムフロント東京

これ自体はこの 4 月から展示されているものですが、私は今回が初めて。

ガンダムフロント東京

キャラクターやモビルスーツの初期デザインと決定稿の展示や、

ガンダムフロント東京

安彦良和氏によるアニメーション原画の展示など、当然ながらファーストガンダム関連の展示が中心。
まあ、このあたりは今までのガンダム関連の展示会でも何度か出ていますし、今ならむしろ先月末まで大阪で開催されていた「機動戦士ガンダム展』のほうが内容は充実していたんじゃないかな(東京展は来夏予定)。

ガンダム展といえば定番の立体物展示ももちろんあって、

ガンダムフロント東京

1/10 ガンダムは当然鎮座しています。

ガンダムフロント東京

まあ、これも他のイベントで何度も登場しているものですが、驚いたのは、

ガンダムフロント東京

1/10 ガンキヤノンまで展示されていたこと。
こちらは私の知る限り本邦初公開のはず。

ガンダムフロント東京

ディテールだけなら最近のガンプラのほうがよっぽど凝っていますが、これはこれでアニメの雰囲気をよく再現していると思います。

ガンダムフロント東京

もちろん、1/10 ガンタンクも。

ガンダムフロント東京

砲座のキャノピーに埃が積もっているのはご愛敬かな(笑。
まあ、ホワイトベースの 3 機のモビルスーツをこのスケールで並べて見られただけでも満足です。

ガンダムフロント東京

GFT のミュージアムスペースでは定番と言えるガンプラの展示も充実していて、それぞれの作品ごとに数体のガンプラが、MG を中心に展示されています。

ガンダムフロント東京

ただ、ガンプラの展示についてはポージング等ちょっと甘いかな...と思われる点がちらほら。このユニコーンも、デストロイモードのシールドの展開が中途半端だったりしています。

ガンダムフロント東京

『G のレコンギスタ』の放送開始を来月に控えていることもあって、富野ガンダムの歴史について触れた展示もありました。が、イベント上映以前から始まっている展示だけに、『G-レコ』の内容に関する言及は薄め。
でも『G-レコ』は先行で 3 話まで観た感じだと面白そうなので、観る価値あると思いますよ。

ガンダムフロント東京

屋外の 1/1 ガンダム立像の夜間演出は、1 年前と同じく「GUNDAM STAND at Jaburo」のまま(先月末までは 35 周年記念演出をやっていたようです)。せめて 1 年単位くらいで新作にしてほしい気はしますが、久しぶりに見たら改めて面白かった。

ガンダムフロント東京

でも去年は気がつかなかったのですが、ガンダムの正面から見ると壁面への投映に合わせてガンダムのコクピットにアムロが搭乗している映像がプロジェクションマッピングで映されているという!これはなかなか面白い仕掛け。一度見てみる価値はあると思います。

GFT 内部の通常展示も、よく見たら少しずつ新しいものが追加されているようで、久しぶりに来たこともあってじっくり見入ってしまいました。さすがに頻繁に来るほどのものでもありませんが、たまに来ると楽しいですね。

HGUC 1/144 NZ-999 ネオ・ジオング

B00KCHRSJM

投稿者 B : 23:19 | GUNPLA | Hobby | コメント (0) | トラックバック

2014/08/28 (Thu.)

RG シャア専用ズゴック

ギリギリ 8 月中に仕上がった、夏休みのしゅくだい。やっぱり夏といえば水陸両用 MS ですよね!

RG 1/144 MSM-07S シャア専用ズゴック

RG シャア専用ズゴック

RG ではザク II 以来ひさびさの非ガンダム系 MS のキット化です。特に水陸両用系 MS はフレーム構造が一般的な MS と違うので、作っていて楽しいんですよね。

RG シャア専用ズゴック

プロポーションは完璧と言って良いバランス。加えて、RG らしいリアリティのある新解釈が随所に加えられていて、ディテールを見ていくと今までに見たどんなズゴックの立体物よりも、本物らしさに溢れています。

RG シャア専用ズゴック

従来のズゴックの立体物とは少し雰囲気の異なる脚部。曲線的に解釈されることの多かった脛部が、直線と曲線の絶妙な組み合わせで表現され、また RG らしい色分けも相まって、斬新なイメージになっています。側面には水抜き用のフィンがつけられていて、芸が細かい。

RG シャア専用ズゴック

腰アーマーも、従来はブリーフ型の塊状であることがほとんどでしたが、前垂れの部分が分割可動式になっていて、脚の動きを妨げないようになっています。

胸部のフィンも一本線ではなく中央に縦スリットが入っているとか、こだわりを感じます。

RG シャア専用ズゴック

一番驚いたのが、このツメの形状。MG なんかだとへの字型をしていましたが、RG ではよりストレートに近く、貫通力の高そうな形になっています。しかも三次元曲面で構成されていて、本物の蟹の爪っぽい生々しさがあります。甲殻類をモチーフに開発された MS、というルーツがよく分かるディテールです。

RG シャア専用ズゴック

肘や膝はスライド装甲によって関節を大きく曲げても内部フレームが露出しないようデザイン上の配慮がなされています。こういう構造は RG では一般的になっていますが、特に腕や脚の可動域が広いズゴックでは効果的な処理だと思います。

RG シャア専用ズゴック

劇中の象徴的なポージングの再現もお手のもの。
唯一難点を挙げるとすれば、関節がよく動く代わりに保持力がそれほど強くなく、中途半端な位置で止めようとしても徐々に下がってきてしまうところでしょうか。

このズゴックと一緒に飾っておくのに、RG ジムも早く出してくれませんかね...。

RG シャア専用ズゴック

作中において、シャアの強さが際立っていたのは、ザクからせいぜいこのズゴックまで。ビーム兵器主体になって以降は、むしろ情けない立ち回りのほうが増えちゃいましたからね...。

そういう意味では、接近戦では滅法強いシャアのカッコ良さをきっちり仕上げてくれた好キットだと思います。RG シリーズ全体を通しても特によくできている、と言って良いかも。シャア好きならば、間違いなくオススメです。

投稿者 B : 23:59 | GUNPLA | Hobby | コメント (0) | トラックバック

2014/07/26 (Sat.)

MG ターン X

「このターンエックスすごいよ!さすがターンエーのお兄さん!」

MG 1/100 Concept-X 6-1-2 ターンエックス

MG ターン X

いやはや、このモビルスーツが MG でリリースされる日が来るとは思いませんでした。「ターンエーガンダム」のラスボス MS、ターンエックスです。∀ からは主役機以外、なかなか立体化されて来ませんでしたからね...。

ターンエックスはアニメで見ていてもなかなか細かい造形やギミックが解らず、「どうなってるの?」と思っていた部分がかなり多い機体。かつて木星圏からやって来た謎の MS という設定なので、謎めいた部分が多いわけですが、このキット化によってようやく細かい部分まで確認できるようになりました(別シリーズでは何度かキット化の実績はあるもよう)。ターンエーガンダム好きとしては、嬉々として組み立てました。

MG ターン X

これまでかれこれ数十体のガンプラを組み立ててきたので大抵のキットはランナーやパーツを見ればそれがどの部分の何のパーツか判るくらいになってきた私ですが、このキットだけは説明書を見ないとそれが何の部品なのか、さっぱり判らない(;´Д`)。それくらい、通常の MS の規格を外れた異形の機体というわけです。

ちなみに胸の X 字はデザインでも何かの機能でもなく、劇中にあったとおり「かつてターンエーにつけられた傷がナノマシンの自己修復機能をもってしても直らずに残っている」という設定。傷口にはクリアパーツが奢られ、雰囲気を出しています。

MG ターン X

もっとも複雑で、もっとも意味不明な(ぉ)造形をしているのが脚部。こんな平面と曲面の組み合わせ、見たことがありません。さすがシド・ミードというか...一見「なんじゃこりゃ」と思えそうなデザインでも、実際に動き出すと妙にカッコ良く見えてしまうのだから、不思議です。

MG ターン X

そして正面以上に意味不明な造形なのが(ぉ)背面。腿裏のスラスターベーンの形状とか、ところどころにターンエーとの兄弟機らしさを醸し出してはいるものの、基本的にどういう発想をしたらこういうデザインを思いつくのか理解を超えた形をしています。

MG ターン X

背中にしょっている青いやつは、ターンエックス用のキャラパス(ウェポンプラットフォーム)で、各種武装を搭載しておくためのものです。
そういえばゼビウスにこんな感じの敵が出てきたような記憶が(ぉ

MG ターン X

左手には普通にマニピュレーターがついていますが、右手の形状はこんな感じ。そういえばアニメ版のバンシィも左手には「アームド・アーマー VN」がついていて異様な形状をしていましたが、ターンエックスのこれはある意味その元祖と言えそうです。
その正体は、マーキングにもあるとおり、

MG ターン X

シャイニング・フィンガー!!!

...と言っても、私はその元ネタになった G ガンダムを観ていないので、よく解っていません(笑。

MG ターン X

ターンエックス最大の特徴とも言える、オールレンジ攻撃も再現可能(ディスプレイスタンドも付属)。再コミュ搭載型 MS のファンネルを使ったオールレンジ攻撃ではなく、MS 本体が分離してオールレンジ攻撃を行う、という発想からして斬新すぎる。両手はともかくとして、腰パーツとか明らかに砲門ついてないよね?(笑

ただ、こうやって展示してみると「オールレンジ攻撃の再現」というよりは「バラバラにされて晒されている」ように見えてしまい、微妙(´д`)。

MG ターン X

「月光蝶である!!」

というわけで、オールレンジ攻撃再現は微妙だったものの(笑)ギミック満載、かつ作っていて先が読めず楽しい、というのはかなり久々の体験でした。しばらくエクシア系が続いてワンパターンに陥っていたり、リリースされるキットがガンダム系ばかりでマンネリ感があったりしていましたが、久しぶりに新鮮な気持ちで組めました。

この調子でスモーも MG 化してくれないかな(ない

投稿者 B : 22:06 | GUNPLA | Hobby | コメント (0) | トラックバック

2014/07/02 (Wed.)

RG ガンダムエクシアリペア

「こんなもの、求めていない。ロックオンも、俺も...!」

RG 1/144 GN-001RE ガンダムエクシアリペア

RG ガンダムエクシアリペア

先日組み立てた RG エクシアからの流れで。プレミアムバンダイ限定でリペア用パーツを販売していたものですが、実はこれについては以前 MG もリペアで組んだことがあるし、RG エクシアの前に MG R2 も組んだところだし、さすがにそんなに何個もエクシアばっかり組んでもしょうがないからいいか。とスルーを決め込んでいたところ、ある日突然届いた

「【プレミアムバンダイ】予約商品発送開始日のお知らせ」

のメールが ΣΣ(゚д゚lll)!
メールの履歴を遡ってみたら、3 月の忙しかった時期に受注開始していて、意識朦朧としながら脊髄反射的に発注した形跡がありました(;´Д`)ヾ。もはや末期症状...。

というわけで、RG エクシアのキットをもう一つ買ってきて、組み上げました(ぉ

RG ガンダムエクシアリペア/

プレバンで販売されているリペアパーツセットは本当に差分パーツのみのセットで、素体となる RG エクシアは別途用意する必要があります。まずは特徴的な頭部周り。アイセンサーの片方が破損したために刹那が独自にティエレンのモノアイを移植したという設定ですが、リペアパーツセットには専用のリアリスティックデカールが付属しておらず、モノアイの再現ができなかったので、RG のキットのほうについているリアリスティックデカールの銀シールの余りを赤マーカーで塗って、丸く切って貼り付けてみました。し

RG ガンダムエクシアリペア

内部フレームが剥き出しになった膝も新規造形のパーツで再現。
他にも、膝関節の GN コンデンサのレンズ部が失われていたり、アンクルアーマーの片方がなくなっていたりします。

RG ガンダムエクシアリペア

エクシアのトレードマークである GN ソードも折れ、刃が欠けた状態を再現。
MG のリペア用パーツではこの折れモードの刀身は非メッキだったので、ここだけは RG のほうが豪勢です。まあダメージを受けたまま運用し続けられている機体なので、むしろダメージ加工とか汚しを入れたくなりますが、スキルがないので断念(笑

RG ガンダムエクシアリペア

左肩のマントもちゃんとついています。このあたりのパーツは MG のリペア用パーツの単純なスケールダウン品でしょうが、細かいシワの入り方まで含めてよくできています。

RG ガンダムエクシアリペア

リアリティと独特の美学があるので、00 のモビルスーツの中ではエクシアリペアが一番好きかも。マントのおかげでアクションポーズにダイナミックさが出るのもお気に入り。
完全に予定外のキットでしたが(笑、RG エクシア自体の組みやすさに加えて、一体組んだ直後だったので(笑)楽しくスムーズに組むことができました。

プレミアムバンダイでの受注はいったん終了してしまったようですが、再販があるかもしれないので、気になる人は定期的にチェックしてみてはいかがでしょうか。

投稿者 B : 01:00 | GUNPLA | Hobby | コメント (0) | トラックバック

2014/06/08 (Sun.)

RG ガンダムエクシア

「見つけたぞ、世界の歪みを!」

RG 1/144 GN-001 ガンダムエクシア

RG ガンダムエクシア

今年のガンプラは注目のキットがどんどんリリースされていくので、どんどん作っていかなくてはなりません(義務)。春に発売された、00 からは初の RG 化となるエクシア。これも私の楽しみにしていたキットのひとつです。

エクシアといえばつい先日プレバン限定の MG R2 を組んだところなので、MG と比較しながら組んでみました。

RG ガンダムエクシア

ベストプロポーションと言えた MG をほぼそのままスケールダウンしたような造形なので、抑揚のある引き締まったエクシアのイメージがよく再現されています。MG との違いは RG らしく微妙な色分けが施された成型色、モールドの入れ方、マーキングの表現といったところで、小スケールのために省略されがちなディテールを程良く補っています。
MG ではエクシアのアスリート的な関節可動を再現するためにフレームが細かいパーツに分かれていて、組み立てがけっこう大変でしたが、RG では得意の「アドヴァンスド MS ジョイント」により内部フレームの組み立てが大幅に省力化。比較的短時間で製作でき、素組みでも完成度が高い仕上がりが得られる好キットだと思います。

さすがにこのサイズなので、GN ドライヴの発光ギミックはありませんが(笑)、ドライヴ自体は脱着可能になっています。

RG ガンダムエクシア

関節部の GN コンデンサはリアリスティックデカール+クリアグリーンのレンズパーツで、MG に劣らない質感を再現。MG ではレンズパーツを二重に使う凝りようでしたが、1/144 スケールなら一枚でも十分なリアリティ。

RG ガンダムエクシア

膝アーマーは RG の独自解釈で、分割式になっています。この分割によって、膝を大きく曲げたダイナミックなポーズをとらせても、膝周りが間延びして見えないようになっています。これは巧い。

RG ガンダムエクシア

各部に這わされたエネルギーケーブルは、フレーム側をシルバーのリアリスティックデカールで裏打ちする作りになっています。MG では内部フレームが透けて見えるようになっていましたが、RG ではこのリアリスティックデカールによってケーブルの透明感が際立ち、光の当たり具合によって複雑な色合いに変化して、非常にカッコイイ。やっぱりサイコフレームの表現でも実感したとおり、クリア系パーツの裏面をミラー処理するのはもう定番ですね。

RG ガンダムエクシア

装備品は GN ソード、GN ロング/ショートブレイド、GN ビームサーベル/ダガー×各 2、のセブンソード全て付属しています。実体剣はメッキパーツでできていて、MG エクシアのイグニッションモード並みの豪華さ。MG エクシアの通常版は単なる銀灰色のパーツだったので、RG のほうが奢った構成になっていると言えます。

RG ガンダムエクシア

掌パーツは通常の可動指タイプ、握り拳、武器保持用、それと写真の指を開いたタイプの 4 種類が左右ともに付属。この指開きタイプの表情が絶妙で、アクションポーズに合わせるととてもキマります。

RG ガンダムエクシア

というわけで、RG エクシアでした。

単なる MG のダウンサイズ版にとどまらず、これまでの様々な技術やギミックを凝縮した、RG シリーズの集大成的なキットになっています。ガンプラの新シリーズとして企画された RG もかれこれ 4 年が経ち、メインどころだけながらずいぶん揃ってきた印象。7 月にはシャア専用ズゴックが発売されるとのことで、これも期待したいところです。

投稿者 B : 21:00 | GUNPLA | Hobby | コメント (0) | トラックバック

2014/05/05 (Mon.)

MG フェネクス

episode 7 の公開までに仕上げようとがんばってきたキットが、何とか完成しました。

MG 1/100 RX-0 ユニコーンガンダム 3 号機 フェネクス

MG フェネクス

MG のユニコーンガンダムを組むのもこれが 3 キット目になります(笑。

フェネクスは去年買った HGUC の成型色があまりにもカレー色で残念な感じだったので、MG が金メッキバージョンでリリースされると聞いて絶対買おうと思っていました。小学生時代に黄金聖衣のプラモをなかなか買ってもらえなかったトラウマなのか、こういう全身金メッキのプラモを見ると買わなくてはならない強迫観念みたいなものに駆られます(ぉ

素体はアンテナ以外全くユニコーンガンダムそのまま。でも金メッキするだけでものすごく豪華な印象になりますね。映り込んでしまうので、撮影は難儀しましたが。

MG フェネクス

背中に背負っているのが「アームド・アーマー DE」。UC ep6 でバンシィ・ノルンが装備していたものですが、これひとつでシールドの強化装甲とブースターユニット、メガ粒子砲を兼ねた強化装備という、めちゃくちゃな設定です(笑。ラプラス戦争の前年には完成していた設定なら、ユニコーンにも最初から装備させておけば良かったのに...と突っ込みたくもなります。

プラモ的には、ただでさえ立ちポーズが安定しないキットなのに、こんな大きなものを背負わせるとさらに立たせるのが大変になっています...。

MG フェネクス

ユニコーンは一角獣のツノ、バンシィは獅子のたてがみをイメージしたアンテナを装備していましたが、フェネクスのこれは不死鳥の鶏冠でしょうか。前向きにではなく後ろに角度のついたアンテナで、デストロイモードになるときにはこのまま開くと V 字になりません。なので、フェネクスのアンテナには開く際に角度が変わるギミックがついています。キットではユニコーン/バンシィ同様に可動・開き固定・閉じ固定の 3 パターンのアンテナが付属しています(写真は閉じ固定バージョン)。

MG フェネクス

金メッキだけど元キットが金メッキを想定していないものなので、アンダーゲートではありません。素材色は白なので、ゲート後は派手に白くなってしまいます。これを完璧に処理しようと思ったら、一度メッキを剥がした上で全塗装しかないのですが、そんな気力はないので(笑)白い部分をガンダムマーカーのゴールドでちょちょっと補修。完璧とはいきませんが、それなりに見られる仕上がりにはなりました。

ちなみにこのキット、「Ver.Ka」の名を冠してはいませんが、付属のデカールは Ver.Ka 仕様。しかもホイルシール以外は全て水転写式デカールという、ド S 仕様です(;´Д`)ヾ。正直言って、組み立てよりもデカール貼りに時間を取られました...。
トップコートは非メッキパーツにのみ、つや消しで処理しました。金メッキパーツは水転写デカールの定着のためにも光沢トップコートを...と思ったけど、光沢って缶スプレーで綺麗に仕上げるのが難しいんですよね。面倒だったので仕上がりの美しさ優先で、メッキパーツはトップコートなし。水転写式デカールの部分と微妙に光り方が違いますが、気にしない。

MG フェネクス

でもって、デストロイモード。やっぱりカレー色の HGUC よりも断然カッコイイ!サイコフレームが青なのも効いています。黒背景で撮ると、まさにガンダムフロント東京の「DOME-G」で上映されている映像中のフェネクスのイメージ。

MG フェネクス

アームド・アーマー DE を展開させると、まさに翼を広げた不死鳥。ほぼガンダムの身長と同じ全長にまで伸びるので、かなり威圧感があります。

まあ、ユニコーンモードよりもさらに重心が上がるので、直立させるのがさらに大変になりますが(´д`)。このキット、飾るならアクションベース必須じゃないですかね...。

MG フェネクス

アームド・アーマー DE はバックパックからフレキシブルアームで繋がっているだけなので、角度はかなり自由につけられます。まあ、角度をつけたところでバランスが悪くなるだけなので素立ちでは難しいですが(笑、メガ粒子砲の狙撃ポーズとかもつけやすくて重宝します。

なお、サイコフレームの裏側には、MG バンシィのときと同様にラピーテープを貼り込んで、発光状態を再現してみました。ユニコーンやバンシィと違って装甲自体がピカピカしているので、これをやらなかったらサイコフレームが装甲の金に負けていただろうなあ。ラピーテープ、貼って正解。

MG フェネクス

金メッキ系のキットは見栄えがするので、作り甲斐がありますね。実は、HGUC も全塗装してやろうと思って塗料まで買っておいたのですが、これを見るともうやる気なくなりました(笑。

今年は私の作りたいキットが目白押しなので、今後もどんどん作っていかないと...。

投稿者 B : 23:00 | GUNPLA | Hobby | コメント (0) | トラックバック

2014/03/29 (Sat.)

MG ガンダムエクシアリペア II

「ガンダムエクシア、刹那・F・セイエイ...未来を斬り拓く!」

MG 1/100 GN-001RE2 ガンダムエクシアリペア II

MG ガンダムエクシアリペア II

プレミアムバンダイにて購入。ガンダムダブルオー セカンドシーズンの最終話に登場した、エクシア R2 です。無印 1/100MG イグニッションモードリペア I と来て 4 体目のエクシア。大艦巨砲主義、万能選手なダブルオーガンダムやクアンタよりも、やっぱりこういう特化型 MS のほうが潔くて好き。

MG ガンダムエクシアリペア II

驚いたことに、キットにはノーマルエクシアの全てのランナーがそのまま入っていました。それに加えて、R2 用の追加ランナーという構成。RG Z ガンダム 3 号機もものすごい力業で作られたキットでしたが、このキットもなかなかの力業ぶりを発揮しています。以前は既存キットの色替え程度の商品が多かったのに、最近ではかなりオリジナリティのある商品展開を進めてきているあたり、バンダイ的にもプレバンの仕組みがうまく回っている証拠なんだろうな、と仕事目線で見てしまいます(笑。それに、こういうコストのかかる力押しでオリジナル商品を作れるのも、利益率の高い直販ならではですね。

MG ガンダムエクシアリペア II

ノーマルエクシアと比べると、上半身は、装甲の外に露出していたフラットケーブル類がなくなった程度の違いしかありませんが(でもそのフラットケーブルの処理の違いのためだけに肩アーマーはまるっきり新規パーツだし、腰や腕のパーツもわざわざ変えてあったりする)、

MG ガンダムエクシアリペア II

下半身はけっこう違う。太腿がさらに太くなり、ケーブルの露出もなくなって、ダブルオーガンダム的なマッシブな印象になりました。

MG ガンダムエクシアリペア II

前よりも後ろから見たほうがノーマルエクシアとの違いが明確です。
肩アーマーの後ろ、ノーマルエクシアではビームサーベルを懸架していた部分にはサブスラスターが追加され、

MG ガンダムエクシアリペア II

後部腰アーマー、脹脛の部分にもスラスター追加。ノーマルエクシアよりも機動力がずいぶん向上している設定。
で、GN ソード II がセットされていた両腰には、他の箇所から移ってきたビームサーベルを装備。「ガンダムセブンソード」だったのが、3 本の剣しか装備しなくなりましたが、あくまでダブルオーの予備機だし、運動性の向上や全体的なスペックアップでカバー、といったところでしょうか。まあ、キット的にはエクシア本来の武器もひととおり入っているので、好きな設定で遊ぶこともできます。

MG ガンダムエクシアリペア II

GN ドライヴ周辺。支持アームの展開ギミックは元からありましたが、結果的に最終話に登場したブースト状態の再現が可能になりました。
最近の MG では、ガンプラ LED ユニット対応がほぼ当たり前になりましたが、やっぱり GN ドライヴに仕込むのが最もカッコイイと思います。

MG ガンダムエクシアリペア II

メイン武装は「GN ソード改」。エクシアの GN ソードの刀身部分のみを、ダブルオーライザーの GN ソード III 相当に換装したもの。このクリアパーツがカッコイイ。

MG ガンダムエクシアリペア II

エクシアはやっぱり好きですねー。このキットも、ベースはかれこれ 4 年半前のキットだけど、実によくできている。

ところで、ラストバトルで戦ったオーガンダムのほうはキット化されないんでしょうか...。もうダブルオー関連で新しい話題が出ることもないし、難しいかなあ。むしろ、さらなるパーツ追加でエクシア R3 のキット化のほうが早そうな気はします(笑。

投稿者 B : 00:12 | GUNPLA | Hobby | コメント (0) | トラックバック

2014/02/12 (Wed.)

MG サザビー Ver.Ka

「私、シャア・アズナブルが粛清しようというのだ、アムロ!」

MG 1/100 MSN-04 サザビー Ver.Ka

MG サザビー Ver.Ka

クワトロの次のエントリーだから逆シャア、というわけではありませんが(ぉ、年末に発売されていた MG サザビー Ver.Ka をようやく完成させました。素組みだけなら冬休み中にだいたい仕上げていたけど、その後のデカール貼りに時間がかかった(;´Д`)。

MG サザビーは旧キットもありますが、ν ガンダム同様に今見るとデザインがもっさりしすぎていて、今まで作る気が起きませんでした。が、この Ver.Ka はフォルムからしてカッコイイ。劇中に登場したサザビーよりもカッコイイんじゃないか、というくらいに完成されたデザインです。

MG サザビー Ver.Ka

もともとの出淵裕よりはカトキハジメらしい、最近のガンプラらしいボディラインとディテールでまとめられていますが、この密度感がいい。劇中のサザビーはややのっぺりした印象を受けますが、これくらい要素が詰まってくるとリアリティが出ますね。

MG サザビー Ver.Ka

背面もみっちり。大量の水転写式デカールに助けられている部分もありますが(^^;;。以前ガンダムフロント東京に展示されていた 1/10 サザビーよりもこっちのほうがはるかにクオリティ高い(笑

ただ、脹脛の外装が後述するギミックのために少し浮いてしまっているのが惜しい。

MG サザビー Ver.Ka

ファンネルコンテナは凝った二重構造になっています。ヒートシンクのような形状をしていますが、宇宙空間でヒートシンクって効果あるんでしょうか...。

MG サザビー Ver.Ka

ファンネルはもちろん展開可能。といってこのファンネルを単体で展示するためのスタンドがないので、ファンネル展開状態で展示することはできません。

そしてこのキットの最大のギミックが、

MG サザビー Ver.Ka

この装甲展開。ν ガンダム Ver.Ka にもサイコフレームを露出させる「発動モード」というギミックがありましたが、それと似たギミックです。「発動モード」は原作を超えた設定(ν ガンダムのサイコフレームはコクピット周りだけだったはず)にちょっと疑問符がつきましたが、サザビーの装甲展開は、解釈としてはまあアリ。外装の変化がおとなしめだった ν ガンダム Ver.Ka に比べると、見た目の印象が大胆に変わるのも面白いです。

MG サザビー Ver.Ka

サザビーのデザインはエビやカニのような甲殻類をモチーフとしているのだと思いますが、こうやって装甲を展開すると甲虫が翅を広げたような佇まいにも見えるから不思議です。人型から生まれたモビルスーツが人ならざるものに変貌する禍々しさとでも言うか。

露出する内部フレームもシルバーとダークグレーのツートンカラーになっているので、さらに密度感が増してカッコ良さ増量。このシルバーフレーム、HGUC フェネクスと同じ素材ということですが、フェネクスの金色が残念な感じのカレー色だったのに対して(笑)、このシルバーは重金属っぽい重厚感が出てて良いですね。

MG サザビー Ver.Ka

背面も、リアスカートと脛アーマーが大胆に展開し、多くのスラスターが露出することで、印象が変わります。特に脛アーマーの開き方はすごいことになっています。

通常、これだけの大型 MS の MG となると、外装のパーツは表面積が大きく、ヒケが多かったりスミ入れが面倒だったりします。しかも、組み立てはフレームを組んだら外装をバコッとはめ込むだけ、という感じで意外と単調なものです。が、これは装甲展開のギミックがあることで、内部フレームも外装パーツも複雑に分割されており、組み立て甲斐がありました。それだけ大変だったということですし、展開しないときにピシッと収まりにくいのが難点ではありますが(笑。

MG サザビー Ver.Ka

MG サザビー Ver.Ka、これまで組んできたガンプラの中で最大級に組み甲斐のあるキットでした。箱からして PG クラス(MG ν ガンダム Ver.Ka の箱の二倍)だし(;´Д`)ヾ。ここまでの大規模キットはしばらくないでしょうが、今年は私のツボを押さえたラインアップが当面続くので、ヒマになることはなさそうです。

投稿者 B : 00:04 | GUNPLA | Hobby | コメント (0) | トラックバック