b's mono-log

 1 |  2 |  3 | all

2017/04/12 (Wed.)

Spark McLaren MP4-31 Honda J. Button "Last Run"

F1 のモデルカー蒐集をやめてしまって随分経ちますが、こればっかりは買わないわけにはいかないと思い、手に入れました。

Spark / 1/43 McLaren MP4-31 Honda J. Button 2016 Abu Dhabi GP "Last Run"

Spark McLaren MP4-31 Honda J. Button

昨シーズンをもって事実上の引退をしたマクラーレン・ホンダのジェンソン・バトン「ラストラン」仕様のモデルカーです。B・A・R ホンダ在籍時代からなんだかんだで最も長い期間応援してきたドライバーの一人だけに、これは手に入れておきたいと思いました。この前に買ったのが佐藤琢磨テスト仕様のトロロッソ STR3 だから、奇しくも B・A・R ホンダのドライバーコンビが最後に駆ったマシンが揃ったことになります。そういえば琢磨仕様の STR3 はミニチャンプスでしたが、この MP4-31 はスパーク製。久しくモデルカーから離れている間に、ライセンスの関係も随分変わったようです。

Spark McLaren MP4-31 Honda J. Button

このモデルは F1 速報の別注品で、400 台の限定生産。抽選販売ということでダメモトで応募したわけですが、運良く入手することができました。調べてみたところ外れている人も多い模様で、けっこうな倍率だったようです。
パッケージは F1 速報の三橋カメラマンによる写真があしらわれていて、通常品よりも豪華な仕様になっています。

Spark McLaren MP4-31 Honda J. Button

2015~2016 年のマクラーレンは、ほぼ黒に近いガンメタとアクセントカラーの赤、というかなり地味なカラーリング。ロン・デニス体制によるマーケティング失敗でスポンサーロゴもほとんどついておらず、まるで撤退寸前のチームのような寂しい状況です。やっぱり F1 マシンはスポンサーロゴが所狭しと並んでいたほうが F1 らしいし、仮にロゴが少なくても去年までのトロロッソや 2006~2007 年のスーパーアグリのように華のあるカラーリングなら良かったんですが。

Spark McLaren MP4-31 Honda J. Button

通常はユニオンジャックカラーのヘルメットを被っているバトンですが、昨年の最終戦ではチャンピオンを獲得した 2009 年ブラウン GP 時代の蛍光イエローのヘルメットでした。このイエローのヘルメットを被っているのが特別モデルである証。頭側部に描かれた三年前に他界した父ジョン・バトンさんへのメッセージまできっちり再現されています。肉眼ではほとんど分からないレベルながら、マクロレンズで撮ると口元の ESSO や Mobil 1 のロゴまでちゃんとついているのがすごい。

Spark McLaren MP4-31 Honda J. Button

このアングルから見ると、MP4-31 のリヤエンドが強烈に絞り込まれた、過激なエアロマシンを目指していたことがよく分かります。ホンダも納得ずくのこととはいえ、これだけエンジンルームが小さければ出力に制限が出るのもやむを得ないと思えます。コレに比べたらメルセデス W07 のほうが幾分コンサバなスタイルに見えます。

Spark McLaren MP4-31 Honda J. Button

MP4-31 は性能的にはパワーユニットもシャシーも特に目立ったところがなく、これといった成績は残せなかったマシンですが、それ故にバトンとアロンソという大ベテラン二人の奮闘が印象に残ったクルマでした。レギュレーション改定によって今年のクルマはシルエットを大きく変え、早くもそれに見慣れ始めているだけに、モデルカーを見ると改めて去年まではこういう形だったんだなあ、と思い出します。

Spark McLaren MP4-31 Honda J. Button

バトンのパーソナルナンバーは「22」。2014 年から F1 に導入されたパーソナルナンバー制では、F1 や下位カテゴリ等でチャンピオンを獲得した際につけていた番号を選ぶドライバーが多かったですが、バトンは 2009 年の初戴冠時につけていた番号を選びました。当時新規参入チーム扱い(つまり一番最後の番号)だったブラウン GP でのカーナンバーですが、2005 年の SAF1 参戦時に佐藤琢磨がつけていたナンバーでもあるだけに、個人的には思い入れが深い。

Spark McLaren MP4-31 Honda J. Button

今季のレギュレーション変更でリヤウィングは広く低く、ディフューザーは大きく、タイヤもより幅広になりました。今改めて去年のマシンを見ると、特にリヤビューは迫力不足で下位カテゴリのマシンにさえ見えてしまいます。

Spark McLaren MP4-31 Honda J. Button

このヘルメットカラーを見ていると、2009 年のブラウン GP のモデルカーも欲しくなってきてしまいますね。アレもアレでスポンサーロゴがほとんどなく、モデルカーとしてはかなり寂しい見た目なんですよね。あれでもチャンピオンマシンなんですけどね...。

Spark McLaren MP4-31 Honda J. Button

個人的には引退する前にもっと競争力のあるマシンで上位を争ってほしかったけど、今年のマクラーレン・ホンダの体たらくを見るに、あと二年現役を続けていたとしてもそれは望めなかったかもしれないなあ。同じことはアロンソにも言えるわけで、少なくとも今シーズン中には一度でもいいから表彰台を狙えるポジションにつけてほしいところ。ただマクラーレン首脳陣がマシンの問題のほとんどをホンダのせいにしているうちは、それは叶わぬ願いなのかもしれません。
しかし、アロンソがモナコ GP を欠場してインディ 500 に出るということで、もしかすると今年の MCL32 を駆るバトンの姿が見られる可能性もあります。そうなったとしたら、来年の今ごろに改めて「真のラストランモデル」として MCL32 のモデルカーも買うしかないかなあ(笑。

投稿者 B : 22:31 | Hobby | Model Cars | コメント (0) | トラックバック

2010/10/07 (Thu.)

MINICHAMPS Toro Rosso STR3 T. Sato Jerez Test

そうとう久しぶりに、モデルカーを買いました。

MINICHAMPS / 1/43 Scuderia Toro Rosso STR3 T. Sato Jerez Test 2008

MINICHAMPS Toro Rosso STR3 T. Sato Jerez Test 2008

以前通っていた恵比寿のショップが 2 年前に突然倒産して以来、イマイチ行きやすい場所にモデルカー系のショップがなくなってしまい、それからこの趣味もかなり下火になってしまっていました。もう一部を除いて手放そうかな・・・とすら思っていましたが、ある日突然 F1 速報誌に掲載されたこのクルマの数量限定モデル化の話に久々に燃えました。受注開始日を待って速攻オーダーしましたよ!!
ただ、あまりにも注目度が高かったからか、オンラインストアでは受注開始後 1 時間も経たずに完売。しかも決済システムのトラブルでしばらく決済できず、という苦難を乗り越えて、ようやく届きました。一部のリアル店舗でも少量ながら取り扱うということなので、今からでも何とか手に入れられるかもしれません。

前置きが長くなりましたが、このモデルカーは 2008 年 9 月のヘレステストで佐藤琢磨がドライブしたトロロッソの STR3。事実上、佐藤琢磨が最後にドライブした F1 マシンということになります。結果的にレギュラーシート獲得はならず、本人は現在インディカーでがんばっているのですが、私はできることならば今からでも F1 に復帰してほしいと願っています。現実には、F1 では小林可夢偉が活躍しているので、琢磨はもう過去の人になってしまった感がありますが・・・。

MINICHAMPS Toro Rosso STR3 T. Sato Jerez Test 2008

このモデルカーはおそらく後にも先にも同様の企画は生まれないと思うので、ファンにとっては非常に希少価値の高いものと言えそうです。トロロッソのドライバースーツや "GIVES YOU WINGS" のロゴが入ったバイザー、複雑な曲面を描くボディに再現された紅牛のペイント・・・さすがミニチャンプス、良い仕事してます。

レギュレーション大幅改訂直前の 2008 年、フロントウィングは高くて小さいし、リヤウィングは低くて大きいし、サイドポンツーン周辺にはいろんな空力付加物があるし・・・今とは随分違っていて、エアロマシンの極致といった印象です(そもそもニューウェイデザインだし)。それでも、エアロ制限されているはずの今年のマシンのほうが速いというのだから、恐れ入るしかないのですが(笑。

投稿者 B : 23:14 | Hobby | Model Cars | コメント (0) | トラックバック

2008/08/23 (Sat.)

MINICHAMPS SAF1 SA06 A. Suzuki

つい、勢いで・・・(;´Д`)ヾ。

MINICHAMPS / 1/43 Super Aguri Honda SA06 A. Suzuki SAF1 & ARTA Festa 2006

Super Aguri SA06 A.Suzuki SAF1 & ARTA Festa 2006

2006 年の SAF1 & ARTA Festa で鈴木亜久里オーナー(当時)がデモランを行った SA06。カーナンバー「1」がつけられています。今や亜久里のヘルメットが載ったモデルカーを手に入れる機会なんてほぼないと思われるので、かなりレアなモデルだと思います。
SA06 の琢磨車と同時にリリースされていたものです。琢磨車は間違いなく買っとかないと、と思っていたんですが、こんなレアなのを見せつけられたら、琢磨車とは単なるメットと台紙違いだと分かっていても、買わざるを得ない(;´Д`)ヾ。

投稿者 B : 01:23 | Hobby | Model Cars | コメント (0) | トラックバック

2008/08/22 (Fri.)

MINICHAMPS SAF1 SA06 T. Sato

首を長くして待っていたモデルカーが、ようやくリリースされました。

MINICHAMPS / 1/43 Super Aguri Honda SA06 T. Sato 2006

Super Aguri SA06 T.Sato 2006

2006 年シーズン終盤を戦ったスーパーアグリの SA06。SA07 のショーカーがリリースされて、他チームに至っては 2008 年のショーカーすらリリースされている状況下で、ようやく発売。長かった・・・。
このクルマは SAF1 の 2 年半という短い活動の中で、最も「戦った」感のあるマシンだっただけに、思い入れも深いですね。鈴鹿での 2 台完走や、最終戦ブラジルでの 10 位フィニッシュは今でも鮮明に覚えています。

Super Aguri SA06 T.Sato 2006

SA05 と並べてみました。モノコックは共通ながら、ボディワークは全体にわたって大きく手が入っている実車の進化の過程が分かります。
個人的には、カラーリングは潔さを感じる SA05 のほうが好みですが、クルマのカタチについてはハリボテの SA05 よりもいくぶん現代的になった SA06 のほうが好きですね。さらにショーカーと比べると、このクルマがほんの一年足らずの間で大きな進化を遂げたのが、よく分かります。

まあ、もうこのチームのマシンがサーキットを走る姿が見られないのが残念でなりませんが、少なくとも琢磨の STR でのドライバー復帰はいくらか前向きな進展があったという噂も聞こえてきているので、そこだけでもがんばってほしいところです。

投稿者 B : 22:22 | Hobby | Model Cars | コメント (0) | トラックバック

2008/02/22 (Fri.)

MINICHAMPS McLaren Mercedes MP4-22 L. Hamilton

MINICHAMPS / 1/43 Vodafone McLaren Mercedes MP4-22 L. Hamilton 2007

2007 年のモデルカーならこれはまず買っておかんといかんでしょうというクルマ。スパイ事件やチーム内紛などのスキャンダルにまみれながらも、実質的なチャンピオンカーといって良いマシンがこの MP4-22 ではないでしょうか。
ハミルトンのデビューマシンかつマクラーレンチームパッケージというレアモノを運良くゲット。並行輸入品でちょっと割高ですが、手に入っただけラッキーかもしれません。

クルマ自体は MP4-21 の正常進化のイメージだったんですが、改めて見てみるとサイドポンツーンの空力処理を中心にけっこう違ってますね。Vodafone カラーになったせいもありますが、マクラーレンのマシンは年々派手になっていくのでモデルカーでも最も見栄えがするものの一つだと思います。

投稿者 B : 21:42 | Hobby | Model Cars | コメント (0) | トラックバック

2008/02/11 (Mon.)

MINICHAMPS Williams FW14 A. Senna & N. Mansell

MINICHAMPS / 1/43 Williams Renault FW14 Ayrton Senna & Nigel Mansell British GP July 14th 1991

かなり久々に旧車のモデルカー。ウィリアムズ・ルノー FW14 のモデルカー、通称「ライド・オン・セナ」と呼ばれる 1991 年イギリス GP チェッカー後の様子を再現したものです。1/18 スケールはずいぶん前からよく出ていますが、1/43 スケールが発売されたのは今回が初じゃないでしょうか?1/18 が欲しいけどスペースの関係で二の足を踏んでいたので、これには迷わず飛びつきました。

圧倒的な速さで優勝したマンセルが、2 位フィニッシュ目前でストップしてしまったセナを自車のサイドポンツーンに乗せてウィニングランを走っている場面。何とか最後までウィリアムズ・ルノーの猛攻を抑えきってワールドチャンピオンを獲得したセナ&マクラーレンながら、後半戦の勢いは完全にウィリアムズに分があったこのシーズンを象徴するシーンとして、今でも印象に残っています。
この年を境に F1 はパワーから空力を含むトータルパッケージの時代に移っていきますが、この年から 1993 年までのセナ&マクラーレン vs ウィリアムズの戦いは激しかったですね。フジテレビ三宅アナの「ここはモナコ、モンテカルロ。絶対に抜けないッ!」の名実況が今も記憶に新しいモナコ GP は翌 1992 年でしたか・・・やはり、1990~1993 の 4 年間が、自分の中で最も F1 が熱かった時代だと記憶しています。この頃の映像は改めて DVD を買って観たいと思いますね。
クルマもボディラインがシンプルで美しく収まっていたこの頃がやっぱり一番好きかも。最近のマシンは空力的にいろいろやっているのはよく分かりますが、ゴテゴテ余計なものがつきすぎていて、工芸品として美しくないと思います。そういう意味では、「古き良き F1」を再現する、良いモデルカーだと思います。

投稿者 B : 15:26 | Hobby | Model Cars | コメント (0) | トラックバック

2007/12/04 (Tue.)

MINICHAMPS SAF1 SA05 T. Sato

MINICHAMPS / 1/43 Super Aguri F1 Team SA05 T. Sato 2006

去年のクルマですが、SA05 の本戦仕様がようやくリリースされました。佐藤琢磨の奮闘っぷりが今でも記憶に新しいこのマシンは、ある意味後半戦仕様の SA06 よりも思い入れの強いマシンだけに嬉しいところ。
フロントウィングのアッパーエレメントやサイドポンツーン前端のアッパーボーダーウィングなどもちゃんと再現されています。スポンサーロゴを見る限り、SA05 としての最終仕様(フランス GP あたり)という設定でしょうかね。

せっかくなのでショーカーと比較してみました。

カラーリングは似ていますが、ディテールは全然違っています。ウィングレットの類やチムニー、シャークルーバーなどの造形はもちろんのこと、フロントノーズの高さも違えば、最も違うのはエンジンカウルの絞り込み。V10 エンジン前提で造られたベースカーから、2006 年仕様のホンダ V8 エンジンを組み込むべく、ボディ後端が大胆に絞り込まれているのが分かります。こうして見ると、ショーカーはやはり SA05 の開幕前バルセロナテストあたりの設定で作られているんでしょうね(まあ、実際には昔出たアロウズ A23 の単純な色替えキットなんでしょうが)。

一部ショップでは SA06 や SA07 の本戦仕様も予約が始まっているみたいですし、こちらも楽しみです。

投稿者 B : 23:44 | Hobby | Model Cars | コメント (0) | トラックバック

2007/11/01 (Thu.)

Mattel Ferrari F2007 K. Raikkonen

今年も本戦仕様が発売される季節になりました。

Mattel / 1/43 Ferrari F2007 K. Raikkonen

今年のマテルは仕事が早い。最終戦が終わって 10 日で、フェラーリの本戦仕様が登場です。フェラーリでしかも今年のチャンピオンマシンとなると競争率が高いのですが、なんとかゲット。ホイールカバーが後輪のみだったり、エンジンカウルの背ビレの直線的な形状からして、シーズン初期型ですね。
でもなんか実際のライコネン車と雰囲気が違うような・・・?そう、Marlboro を想起させる白いストロボ・バーコードがごっそり省かれているんです。どうやらフェラーリ・チームからの指示という話ですが、これがないだけでどうものっぺりとしてスピード感に欠けるんですよね。しかもライコネンのヘルメット部分までストロボ柄を省いているので、逆に詳細を省いた手抜き仕上げに見えてしまわなくもない(´д`)。クルマ自体もマテル・クオリティで PMA に比べるとアマい印象が否めないのですが、フェラーリ公認のモデルカーはここからしか出ていないので文句も言えないんですよね。せめてタバコロゴシールが発売されたら、ドレスアップでもしてみるかな。

投稿者 B : 01:11 | Hobby | Model Cars | コメント (5) | トラックバック

2007/10/07 (Sun.)

MINICHAMPS Rising Sun HRF1 Showcar 2007 J. Button

中国 GP ももう開幕していますが、先週の富士のおみやげシリーズその 2。

MINICHAMPS / 1/43 "Rising Sun" Honda Racing F1 Team Showcar J. Button Fuji Speedway, 30 September 2007

SAF1 のショーカーと同じく京商ブースで見つけてすかさず確保した、HRF1 の 2007 ショーカー、バトン車です。まあ、こちらも RA106 の色変えキットなので、SAF1 のショーカーとカラーリング以外は全く同じですが・・・。というか、うちに RA106 系のモデルカー何台あるんだろ(´д`)。
このアースカラーはモデルカーでどう再現できるのかと思っていたんですが、デカール(だと思う)でけっこう忠実に再現されていますね。これは通常のカラーリングになってますが、富士ではノーズ部分に日本が描かれた状態になっていたので、日本 GP バージョンもどこかで発売してほしいところ。

ちなみに、これを買った直後にホンダブースで同じキットのチームパッケージ版を発見(;´Д`)ヾ。もう少し見極めてから買えば良かった・・・。でも、いずれにしても本戦仕様が出ると思うので、そっちでいいか・・・。

投稿者 B : 14:55 | Hobby | Model Cars | コメント (0) | トラックバック

2007/10/03 (Wed.)

MINICHAMPS Rising Sun SAF1 Showcar 2007 T. Sato

富士のおみやげシリーズ。

MINICHAMPS / 1/43 "Rising Sun" Super Aguri F1 Showcar T. Sato Fuji Speedway, 30 September 2007

こないだデビッドソン版しか入手できなかった Rising Sun の SAF1 2007 ショーカー琢磨版。FSW の京商ブースで発見し、すかさずゲット。後半戦はデビッドソンもがんばってるけど、やっぱり SA07 は琢磨車の印象が強いのです。

日本 GP では SS UNITED の代わりにフォーリーフ、オートバックス、カロッツェリア(パイオニア)、Samantha Thavasa といった新スポンサーロゴで彩られていた SA07 ですが、このバージョンで本戦仕様も発売してほしいところ。

投稿者 B : 22:46 | Hobby | Model Cars | コメント (0) | トラックバック

 1 |  2 |  3 | all