b's mono-log

2016/11/28 (Mon.)

Transcend microSDHC 32GB

仕事用に microSD を購入しました。

Transcend / microSDHC 32GB TS32GUSDU1PE (FFP)

Transcend microSDHC 32GB

仕事でもスマホやタブレットとのデータのやりとりがちらほら発生するので。イマドキならクラウドを使うのが正解でしょうが、それじゃ埒があかないサイズのデータを扱いたいときもあるんです。
今まではプライベート用のを使い回してましたが、うっかり個人用データを入れっぱなしにしたまま誰かに貸したり、どのデータがどこに入っているか分からなくなる事故を避けるために別途購入。

私はメモリカード系は基本的に SanDisk 製をメインに使っているところ、今回はあえて Transcend を選択。メーカーが違っていれば取り違える事故も起きないはずです。最近は SanDisk も Transcend もラベル部分を赤く塗っているので紛らわしいですが(;´Д`)ヾ。
Transcend が Amazon に直接卸しているフラストレーションフリーパッケージの製品で、Amazon の同カテゴリではずっとベストセラーにランクインしています。

とりあえずベンチ。

Transcend microSDHC 32GB

おー、速い速い。製品ラベル上の記載は「400x」なので 60MB/s 相当が公称スペックですが、実際には 90MB/s 出ています。読み込み速度の実力だけなら SanDisk の Extreme PLUS SDXC にも引けを取っていません。一方で書き込み速度がついてきていませんが、これを一眼レフで使うわけでもないから十分かと。

SanDisk あたりだと偽物を掴まされることが少なくないので、安い並行輸入品で本物を買うにはなかなか見極めが難しかったりしますが、Transcend なら Amazon の正規流通品で十分安いと思えるものが手に入りますからね。Twitter の公式アカ自ら「オススメは SanDisk」と言ってしまう自虐キャラぶりが有名な Transcend ですが、品質は決して悪くないし、今後はカメラ用もちょいちょい Transcend を混ぜていってもいいかも。

Transcend / microSDHC 32GB TS32GUSDU1PE (FFP)

B015J44R0U

投稿者 B : 23:45 | Mobile | Smartphone & Tablet | コメント (0) | トラックバック

2016/10/19 (Wed.)

極薄 Dragontrail X 保護ガラス、割れる

9 月に購入したロジテックの Xperia Z5 Compact 用保護ガラス、薄いしサイズぴったりだし指の滑りはいいし、ですごく気に入っていました。が、

LSF-DX1Z5CT

割れました(泣。

気がついたら画面の左下隅にピシッとヒビが入っていたという。心当たりは、一度キッチンカウンターの上からフローリングに落下させたことくらい。うっすらした亀裂なので落下させた直後には気がつかなかったのですが、その少し後で気がついてしまいました。

そして数日後、今度は右下隅に新たな亀裂発生。

LSF-DX1Z5CT

こっちは完全に心当たりがありません。私はリングストラップを愛用していることもあって使用中にスマホを落下させることはまずないのですが、私が見ていない間にダイニングテーブルかどこかから子どもが引っかけて落としたとかかな...。
それにしても、二ヶ月もたなかったというのはさすがにショックです(´д`)。

亀裂はあまり目立たず、またほとんど画面にかかっていないのが不幸中の幸いではありますが、性格的にこういう状態で使い続けることが自分自身で許せない。やっぱりフィルムタイプに戻すことにします。それか醜くなることを覚悟で逆に分厚い保護ガラスにするか。
まあ、今やスマホのフロントガラスはそうそう傷ついたり割れたりするものでもないので、それよりも弱い保護ガラスで守る意味も薄いし、保護フィルムさえも必要ないんじゃないかとは思いますけどね...。

ミヤビックス / OverLay Brilliant for Xperia Z5 Compact OBXPERIAZ5C/12

B016PWV70I

投稿者 B : 22:25 | Mobile | Smartphone & Tablet | コメント (0) | トラックバック

2016/10/13 (Thu.)

スマホを PC 用 VR HMD 化する RiftCat/VRidge

今日はいよいよ PlayStation VR の発売日でしたね。私ももちろん買...えませんでした(号泣

本当は一日も早く遊びたいのですが、モノがないことにはしょうがない。先日買ったスマホ VR ゴーグルはあるけど、スマホ系の VR コンテンツは動画見るだけのものが多くてすぐに飽きるし、何かもっと楽しめる方法はないものかと試行錯誤していました。
そしたら、あるじゃないですか、Android スマホを HTC Vive 代わりの VR ゴーグルにして、PC 向け VR コンテンツを遊ぶための手段が!

3,000円でOculus体験! 簡易ゴーグル+RiftCatでスマホで本格VRを実現 | Game Deets

「RiftCat」というソフトウェアを使うことで、HTC Vive や Oculus Rift を持っていなくても PC 用 VR が簡易的に遊べる、とのこと。
さっそくインストールしてみました。

RiftCat

使うための手順は、

  1. PC に RiftCat をインストールする
  2. スマホ用 VR ゴーグルを用意する
  3. スマホに VRidge をインストールする
たったこれだけ。クオリティは犠牲になるとはいえ 10 万円する HTC Vive や Oculus Rift を買わなくてもいいというのはとても助かります。

RiftCat

スマホ側にもアプリをインストールして、同じネットワーク下でそれぞれ RiftCat/VRidge を起動すると、互いに認識して使えるようになります。
その際 PC のファイアウォール設定に RiftCat を例外設定してやらないと繋がらないので要注意。

RiftCat

RiftCat 上のスマホ設定画面では、表示のクオリティを変更することができます。
とはいえ 3D の演算は PC 側で行い、レンダリング結果をストリーミング動画としてスマホに送り込んでいるだけなので、スマホ側の処理性能はあまり気にする必要はありません(といってもさすがにローエンドスマホじゃ厳しいですが)。どちらかというとネットワークのスループットに依存するので、できるだけ 5GHz の .11ac などを使いたいところ。PC とスマホを USB 接続(テザリング接続)しても使えますが、少なくとも USB 2.0 のスマホでは Wi-Fi と有意なクオリティ差は見られませんでした。

VRidge

スマホ側は PC と接続完了すると、↑のような待機画面になって PC 側で VR アプリが起動するのを待ち受けます。

RiftCat

ここで PC 側の「PLAY STEAMVR GAMES」ボタンをクリックすると、SteamVR のサブウィンドウが表示され、スマホが HTC Vive として認識されます。最初にこの画面が出たときはちょっと感動。
ただしハンドコントローラもベースステーションもないので、それらは当然認識されません。

VRidge

スマホ側の画面では、VR ゲームが起動するまでの間は灰色の VR 空間が表示されます。
スマホ内蔵のジャイロセンサを使ってヘッドトラッキングもちゃんとできています。

しかし...SteamVR からいくつか Vive 対応 VR コンテンツの体験版をダウンロードしてみましたが、どのタイトルも起動すらできず。Oculus 用タイトルも同様でした。
おそらく、PC が各タイトルの要求スペックを満たしていないので起動自体ができない、ということのようですorz。まあ四年半前の Radeon HD 7850 だからなあ...。

RiftCat

残念ながら SteamVR のゲームタイトルは遊べませんでしたが、他にも RiftCat 自身が配布している VR コンテンツがあります。RiftCat が提供するライブラリから、負荷が低そうなタイトルをいくつかダウンロードしてみました。

VRidge

起動できなかったものもありましたが、↑の「Minformer」というゲームはプレイできました。見るからにシンプルな 3D ゲームで、クオリティは初代プレステ以下ではありますが(ぉ)、それでもちゃんと遊べることが確認できただけでも嬉しい。シンプルすぎてすぐに飽きてしまいますけどね...。

なお、RiftCat は無料版では 10 分の時間制限があり、時間いっぱいになると強制停止されてしまいます。アプリごと再起動すればまた遊べますが、動作確認するにしても 10 分程度じゃやってられないので、私はレジスト(日本円にして ¥1,600 程度)してしまいました。
PC のスペックさえ足りていれば(GeForce GTX 9xx 以上が求められるのが辛いところですが)、スマホ用 VR ゴーグル+RiftCat のレジスト料合わせて ¥3~4,000 程度で SteamVR の豊富な VR タイトルが簡易的に遊べる環境が得られるというのは安い買い物ではないでしょうか。かなり玉石混淆ながら、タイトル数だけでいえば PSVR よりも全然揃っています。しばらくはこれだけでも遊べそうですね。どうやら PlayStation Move を PC に繋いでハンドコントローラとして使うこともできるようなので、その気になれば Vive/Oculus がなくてもそれなりに遊べてしまう感じ。

とはいえ私はそもそも PC スペックが足りていなさすぎるので、そろそろグラフィックボードの更新を具体的に考えようと思います(´д`)。

TEPOINN / VR TEPOINN

B015E3WM4E

投稿者 B : 23:42 | Mobile | PC | Smartphone & Tablet | Software | コメント (0) | トラックバック

2016/09/25 (Sun.)

VR TEPOINN

皆さん PSVR は予約できましたか。私は今回もダメでしたorz。先日の体験会からの抽選も結局外れちゃったし...。

というわけで PSVR の発売日ゲットはほぼ絶望的になったわけですが、代わりにスマホ VR でもちょっと体験してみようかと思い、スマホを装着する VR ゴーグルを買ってみました。

TEPOINN / VR TEPOINN

VR TEPOINN

ヨドバシ.com や Amazon を探すと無数に存在するスマホ用 VR ゴーグル。多すぎて正直どれを買えば良いか分からないくらいですが、あくまでお試しのつもりだったし念のため IPD(瞳孔間距離)とフォーカスが調整できて安いもの、という感じで探してみたところ、これが良さそうだったので。
しかしこれ調べてみたらハコスコ DX2 や STEALTH VR100、あと Hamee が扱っている VR SHINECON と同じもののロゴ違いみたいですね。ハコスコ DX2 や STEALTH VR100 あたりは ¥6,000~8,000 くらいで売られていることを考えると、同等品が千円台で買えてしまうというのはお買い得感がありすぎます。

VR TEPOINN

スマホは↑このようにセットします。バネ式のアタッチメントを使って 4~6inch のスマホに対応しますが、機種によってはツメが電源やボリュームボタン、シャッターボタン等に干渉してマトモに使えないかもしれません。Xperia Z5 Compact ではボリュームボタンが干渉しそうな配置ですが、ツメが本体の厚みに引っかかって運良く干渉せず(笑。

VR TEPOINN

フロントパネルは外すことができ、スマホの内蔵カメラを使って AR(MR)が体験できるコンテンツにも対応。まあ現時点では VR 系でそこまでできるコンテンツ自体がほとんど存在しませんが。

VR TEPOINN

側面にはヘッドホンコードを通すためのスリットも設けられています。

ここに印刷された「NEW TECHNOLOGY POWER INNOVATION」って...もしかして「TEPOINN(テポインー)」って某国のミサイルみたいな名前だと思ってたけど「TECHNOLOGY POWER INNOVATION」の略か!(;´Д`)ヾ

VR TEPOINN

側面のダイヤルを回すとスマホの取付面が前後してフォーカス調整。天面中央のダイヤルで IPD を調整可能です。

VR TEPOINN

ヘッドバンドは頭側+頭頂の三本。長さ調整も可能で、イイ感じに固定してくれます。幅広くいろんな人の頭にフィットさせられるんじゃないでしょうか。

VR TEPOINN

残念ながら眼鏡には非対応で、近視の人はフォーカス調整の範囲内でいける人でなければ厳しいかも。私はコンタクト使用なので大丈夫ですが。

レンズ周縁部は歪曲が大きいので、5inch 以上のスマホだと外周がそれなりに歪んで見えます。4.6inch の Z5 Compact クラスであればあまり歪みはありませんが、表示はその分小さくなります。VR の場合は画質よりも視野を映像に覆われることによる没入感のほうが重要なので、5inch 以上のスマホを使ったほうが良いと思います(コンテンツにもよりますが、画面の歪みは割とすぐに慣れて気にならなくなります)。

ジャイロ内蔵のスマホであれば、対応したコンテンツではヘッドトラッキングも使えて、それなりに楽しめます。ただ SAMSUNG の Gear VR のほうがゴーグル側に加速度・ジャイロセンサが内蔵されているのでヘッドトラッキングの精度が高く、また操作ボタンもついているので扱いやすいですね。ただ、スマホ向けの VR は HTC Vive などの PC 向けに比べると解像度が低く、インタラクティブなコンテンツも少ないので、現時点では VR のためにわざわざ Galaxy+Gear VR を買うほどではないかな、とは思います。他の目的のために Galaxy が欲しくて、ついでに Gear VR も試してみる、くらいならアリでしょうが。
そういう意味ではお手軽に手持ちのスマホで VR を試せるこの VR ゴーグルは悪くないんじゃないでしょうか。とりあえず YouTube 等で VR 系の動画をいろいろ見てみてはいますが、イマイチ「これ」というコンテンツが見つかっていないので、これからの充実に期待。VR 対応のスマホゲーもぼちぼち出てきているようだし、その辺を試してみるかなあ。

TEPOINN / VR TEPOINN

B015E3WM4E

投稿者 B : 00:00 | Mobile | Smartphone & Tablet | コメント (0) | トラックバック

2016/09/08 (Thu.)

iPhone 7

アップル、防水防塵やFeliCaに対応した「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」 - ケータイ Watch
Apple Payが日本で10月サービス開始、iPhone 7はSuica対応に - ケータイ Watch

iPhone 7

iPhone 7/7 Plus が正式発表されました。
スペックはほぼ事前リーク情報どおりではありますが、iPhone 6 からの進化点を並べるとこんな感じ。

  • カラーバリエーション追加
  • iOS 10 搭載
  • A10 Fusion プロセッサ搭載
  • アウトカメラのデュアル化(Plus のみ)
  • スピーカがステレオ化
  • イヤホン端子の廃止
  • 防水防塵仕様(IP67)
  • FeliCa 対応(日本仕向けのみ)

「これなんて Android スマホ」と言いたくなるほどに、主要な進化点は国内メーカー製 Android スマホが既に実現してきたことばかり。だからといって iPhone が遅れていると揶揄するわけではなく、もうそれだけスマホのハードウェア面での進化が行き着くところまで行き、他社の後追いや重箱の隅をつつくレベルの改良に終始する段階に入ったということかと思います。また Apple のスマホ事業自体が既に守りのフェーズに入った(実際 iPhone 6 あたりからそういう傾向は顕著でしたが)という側面も強いかと。
でも今まで「おサイフケータイがないから」「防水じゃないから」という理由で Android 端末を選んでいた向きには、もう iPhone を選ばない理由がなくなってきたのも事実で、ここまでやられると特に国内スマホメーカーはもう差異化する要素がないんじゃないですかね...。

先月あたりから急に信憑性のある情報が出回り始めた「iPhone が FeliCa に対応する」という噂は、iPhone 7 で現実のものとなりました。しかし当初日本向けに提供される決済方式は、Suica・iD・QUICPay の三種類のみ。しかも Suica はいわゆる「モバイル Suica」方式ではなく、磁気カード相当の機能を iPhone に入れ込んでしまうもののようです。モバイル Suica が実現している特急券予約や EX-IC 連携などの機能は実装されていませんが、それは JR 東日本が別途提供する iOS アプリである程度はカバーできる見込みとのこと。最初からモバイル Suica 相当のフル機能対応ではなく、アプリのアップデートにより段階的に機能が増えていくというやり方になる可能性もあります。
このあたりはまだサービス自体が始まっていないので具体的なことは分かりませんが、下記西田宗千佳氏の記事である程度は把握できるかと。

【西田宗千佳のRandomTracking】iPhone 7のSuica対応を分析する。「カード版Suica」を置き換え、日本独自モデルで展開 - AV Watch

FeliCa(≒NFC Type-F)はワールドワイドで一般的な NFC Type-A/B とは異なる規格で、かかるコストが高いこともあって iPhone 7 での FeliCa 対応は日本仕向けのみになるとのこと。となるとグローバル版の iPhone を買ってきて使ったり、訪日客が母国から持ち込んだ iPhone で電車に乗ったりできないんじゃ、でもまあ交通系はともかく店舗決済系は今後緩やかに Type-A/B/F のハイブリッド対応に変わっていくんだろうなあ...ということを考えていたら、Twitter でフリーライターの矢作晃氏からこんな指摘をいただきました。

そうか、どうしても交通や店舗決済が中心な日本のおサイフケータイの感覚で捉えると iPhone の FeliCa 対応は中途半端な印象がありますが、Apple Pay の本質は「クレジットカード相当の決済を Touch ID などを使ってよりセキュアに行う仕組み」なわけです。特にアメリカで一般化しているポストペイ系の決済の利便性向上(と Apple がそのお金の流れから利益を上げるため)の仕組みと考えれば、Suica 対応のやり方のほうがアクロバティックなことをしていることになります。このあたりは、実際に北米で Apple Pay を利用した経験のある矢作氏の下記記事を読めばより理解できます。

【特集】【特別企画】知っておきたいApple Payの初歩から将来、秘密まで - PC Watch

とはいえ日本では、世代や所得によっても差はあるもののまだまだクレジット払いが普及しているとは言い難い。Apple Pay が日本に定着するにはやはり扱いやすいプリペイド対応の仕組みが必要なんじゃないかと思います。首都圏にいる限りは Suica さえまともに使えれば電子マネーはけっこう事足りますが、地方ではそうでもないし。最近、VISA はクレジットよりもデビット決済を強化しようとしているようですし、電子決済関連は 2020 年くらいまでにあと何回か動きがありそうな気がします。

投稿者 B : 22:17 | Mobile | iPhone & iPad | コメント (0) | トラックバック

2016/09/04 (Sun.)

今さらながら Xstand

自宅で使っているタブレット用スタンド SGPDS4 ですが、さすがにゴム脚部分がくたびれてきたので、使えなくなってしまう前に代替品を物色してみました。

デバイスジャパン / Xstand

Xstand

何か良いのないか、と思ったんですが少し前と違って今やタブレット向けのスタンド自体があまり出回っていないようで。ピュアタブレットが下火と言われ大手メーカーの撤退も相次いでいる今、こういう周辺機器市場もかなり萎んでいるんですね。まあタブレットはスタンド機能付きカバーもあったりするから、純粋なスタンドの需要というとさらに少ないのかもしれませんが。
そんな中見つけたのがこの Xstand。iPad が出始めの頃からあるスタンドで、当時も欲しかったけどたかだかスタンドのために 4,000 円は払えないよなあ、と思っていたんですが、値下がりして 1,480 円なら全然アリ。なんなら予備を買っても良いくらい(ぉ。

Xstand

Xstand は折りたたみ式のタブレット/ノート PC 用のスタンドで、角度は 0~180° の間を 15° 刻みで調整ができます。

Xstand

タブレットやノート PC は前面の脚を開いて支えてやるわけですが、

Xstand

脚の先端がピコッと飛び出して、タブレットならこれで下から保持する格好になります。
ただ、この開脚は角度調整ができず全閉か全開かしかないので、開くと 8inch タブレットには幅が広すぎるところがちょっと微妙。

Xstand

サイズ感はこれくらいで、8inch タブレットにはちょっと大きすぎるかな。10inch タブレットや 11inch モバイルノートくらいがちょうどいい大きさでしょう。
ダイニングテーブルで使うにはこれくらいでもちょうど良いですが、もう一回りくらい小さいのも欲しいかも。

今となっては持ち運び用としては大きいので自宅用と割り切るのが良いでしょうが、安いのでタブレット用スタンドが欲しい向きには、今あえてオススメです。

デバイスジャパン / Xstand

B003O7F6Y6

投稿者 B : 21:00 | Mobile | Smartphone & Tablet | コメント (0) | トラックバック

2016/09/03 (Sat.)

Xperia Z5 Compact 用 Dragontrail X 保護ガラス

Xperia Z5 Compact に貼っている液晶保護フィルムがけっこうヘタッてきたので、買い換えました。

ロジテック / Xperia Z5 Compact 用液晶保護ガラスフィルム LSF-DX1Z5CT

LSF-DX1Z5CT

買ったのは久しぶりの保護ガラスタイプ。保護ガラスは出始めの頃にいくつか試しましたが、触り心地は良かったものの極薄ガラスはちょっとしたことで割れてしまって、これはちょっとコストパフォーマンス悪いな...としばらく敬遠していました。でも最近はガラスの厚みや硬度を工夫することで耐久性が上がってきているようなので、久々にトライ。
いつもの OverLay シリーズは最近ガラスタイプをあまり出していないようなので、他社製品から探してみたところ、フロントカメラや照度センサ部を切り欠きではなくちゃんとくり抜きで処理している製品が思いの外少なく、見つけたのがこのロジテックの製品です。店頭販売はしていないようで、直販で購入。

LSF-DX1Z5CT

ロジテックといえば今やエレコム傘下ですが、こういうアクセサリ類はむしろエレコムの本業。なぜロジテックから?と思ったら、これロジテック本体ではなく長野にある子会社のロジテック INA ソリューションズが作っているものなんですね。あそこはワインアイテムブランドの「AMUSER」もやっていたりして、エレコム/ロジテック本体とはちょっと違う独自の製品を手がけているユニークな会社というイメージがあります。

LSF-DX1Z5CT

単色印刷のシンプルなパッケージを開けると、保護ガラスのほかにクリーニングクロス、アルコールシート、埃除去シートが入っていて事前準備に至れり尽くせり。まあ私くらいになるとアルコールシートで汚れと埃さえ取ればあとは完璧に貼れる自信があります。

LSF-DX1Z5CT

貼ってみたところ。もうピッチピチのジャストサイズ、ミヤビックスの OverLay に勝るとも劣らないレベルの精度です。カメラ屋センサ周りが切り欠きじゃなくくり抜き、というのもいい。厚みも 0.15mm ということで、フィルムタイプと大差ない感覚で使うことができます。

LSF-DX1Z5CT

久々の保護ガラスですが、フィルムタイプと違って反射光の滲みもないし、何と言ってもヌルヌルした指の滑りが気持ちいい。ロジテックの保護ガラスって初めてなので少し心配でしたが、想像以上のクオリティでした。しかも保護ガラスなのにフィルムと大差ない価格(¥1,680)というのもいい。日本製のガラス(旭硝子の Dragontrail X を使用)した日本メーカー製の保護ガラス、これはもっと認知されるべき製品だと思います。

あと不安なのは割れないかどうかですね...。もし割れるようなことがあったらまた書きたいと思います。

ロジテック / Xperia Z5 Compact 用液晶保護ガラスフィルム LSF-DX1Z5CT

B017U6ATUM

投稿者 B : 22:25 | Mobile | Smartphone & Tablet | コメント (0) | トラックバック

2016/09/02 (Fri.)

Xperia XZ

ソニー、フラッグシップモデルの「Xperia XZ」を発表 - ケータイ Watch

Xperia XZ

ベルリンで開催中の IFA で、Xperia の新機種「Xperia XZ」と「Xperia X Compact」が発表されています。

おいおい今年から Xperia は年に 1 機種ペースじゃなかったんかいとか X Performance がフラッグシップっていう話じゃなかったんかいとかいうツッコミが脳裏をよぎりますが、このタイミングで「XZ」。改めてこれがフラッグシップ、ということのようです。
とはいえ X Performance と比べてみると、基本スペックは共通(Snapdragon 820 ベース)で画面サイズが若干大きくなり、カメラの AF とホワイトバランス制御周りが進化した程度のようで、X Performance ユーザーの方はそれほど悔しくないんじゃないでしょうか。というか、この程度の差分で何故わざわざ新機種を出そうと思ったのか...。

USB 端子には Type-C が採用されました。物理的に microB よりも分厚くなるコネクタに対応するように、本体も上下端のコーナーが丸みを帯びずに切り落とされているかのようなデザインに変更。あんまりソソる感じの見た目ではなくなってきましたね。スペックも見た目も、Xperia はもう完全にフォロワーの位置づけになってしまったように思います。

小型モデルの X Compact は、4.6inch ディスプレイを搭載したミドルレンジモデル。今までの Compact シリーズは「フラッグシップのスペックを小型筐体に詰め込む」というコンセプトでハイエンドの SoC を搭載していたのが、今回は XZ や X Performance ではなくあくまで「X の小型版」という位置づけで、ミドルレンジ SoC である Snapdragon 650 を採用。性能的にはよほどのことをしない限り不満のない SoC ではあると思いますが、防水対応が見送られたこともあり、日本のユーザー的にはソソらない印象。海外は「小さくて高いのは売れない」という傾向でもあるんでしょうか。

私は延命して使っているサブ機の Z2 をこの秋冬は買い換えたいと思っていましたが、XZ も X Compact もそこまで欲しいとは思えないなあ。本当は X か X Performance のグローバル版を買うつもりでいたら技適非対応だったので買うわけにもいかず、宙に浮いているのが現状。XZ のグローバル版が技適対応だったら消去法で買ってもいいけど、最近は他社製品のほうがアグレッシブで面白いものが多いのも事実。ZenFone 3 Deluxe でも買うかなあ...。

投稿者 B : 23:00 | Mobile | Smartphone & Tablet | コメント (0) | トラックバック

2016/07/26 (Tue.)

Xperia Z2 の内蔵バッテリ交換

iPhone 5s のバッテリが膨張して新品交換してもらった方もいるようですが、私はサブ機として使っている Xperia Z2 のバッテリが膨らんできてしまいました。

Xperia Z2

まあ二年あまりも使えばバッテリも寿命を迎えますよね。
膨張したバッテリに押されて、背面のガラスパネルが剥がれてきてしまいました。

Xperia Z2

よく見ると、側面のプラスチックフレームも、SIM カードスロットのあたりから亀裂が入っています。Xperia に限らず、今のスマホはフレームと前後のガラスの貼り合わせ構造で強度を作っているものが多いので、そこが破綻すると一気に脆くなってしまう宿命にあります。私の場合 Z2 はいつもズボンの後ろポケットに入れていたので、座ったときなんかに面方向に圧力がかかりやすい状況もありました。

私は Z2 には mineo の SIM を入れて今でも使っているので、これが壊れてしまうと困ります。
本当は、そろそろグローバルモデルの Xperia X か X Performance あたりを買うつもりでいたんですが、グローバルモデルはどちらも技適マークがついていない模様。かといってキャリア版を買うのも馬鹿らしいので、とりあえず修理することにしました。これが台湾に行っていたタイミングならば光華商場あたりで安く直してもらうところですが、今回は技術的興味もあったので自分で修理。

※Xperia Z2 はとうに保証期間を過ぎていますが、それでもリチウムイオン電池の取り扱いは危険を伴います。分解や修理を行う場合は自己責任でお願いします。

こういうのも、イマドキは Amazon マーケットプレイスで探せば補修用パーツがいくらでも手に入るんですよね。

Yushi Japan / Xperia Z2 用電池パック YS007-Z2

Xperia Z2

Amazon では純正品の電池パックも販売されていましたが、いずれにしても近いうちに SIM フリースマホの新機種に買い換えるつもりではあるので、今回はとりあえず当面しのげればいいつもりで互換品で。容量は 3,200mAh あるので、純正品と同等です。

Xperia Z2

この電池パックには作業用の工具が付属してきました。精密ドライバーやヘラっぽいもののセット。特に説明書はありませんが、雰囲気で何とかなるでしょ(ぉ

Xperia Z2

ドライバーは超小型の+ドライバーと、2 サイズの超小型*ドライバーが付属しています。Xperia 以外の精密機器の分解や調整にも使えそう。

あと、背面のガラスパネルはフレームに対して単に強力な粘着テープで貼り付けられているだけなのですが、これも剥がれてきた際に粘着力が弱まってしまったので、補修用の粘着テープを購入。

SKILIWAH / Xperia Z2 バックパネル専用粘着テープ

Xperia Z2

こんなものまで Amazon で売ってるとは(笑
ただしこれは中国のベンダーからの直販(と思われる)で、国際郵便で送られてきました。品代よりも送料のほうが高くつきましたが、それでもまあ安い。

とりあえず、バックパネルを本体から外していきます。

Xperia Z2

バッテリパック付属のツールを使って試行錯誤。吸盤でガラスを引っ張りながら、ヘラを隙間にねじ込んで粘着テープを剥がしていきます。ガラスとフレームをくっつけている粘着テープよりも、バッテリとガラスをくっつけている粘着テープのほうが強力。このへんもヘラをうまく駆使して剥がしてやります。

Xperia Z2

剥がし終わりました。
本当に粘着テープだけでついているんですね...。

次は電池パックを外します。ビスを 2 本とコネクタを抜くだけであっさり外れます。

Xperia Z2

純正品の電池パックは、それほどひどくはありませんがやっぱり少し膨張していました。
互換パックは、純正品に比べると作りがやや簡素なのでちょっと不安ですが、一応 PSE マークもついているし大丈夫でしょう(と思いたい)。

外した純正品の代わりに、互換品の電池パックを本体に装着していきます。

Xperia Z2

電池パックの周りについているプラスチックフレームの精度がやや甘いのか、少し装着はキツめでしたが何とか装着できました。

Xperia Z2

余談ですが、Z2 の FeliCa/NFC ポートは背面パネル上に実装されていて、本体とはこんな金属接点で繋がっているんですね。

Xperia Z2

次は、先ほどの粘着テープを使ってフレームとガラスパネルを接着していくわけですが、もともとついていた粘着テープの糊が残っているとそこから剥がれてくる原因になりそうなので、ヘラやセロハンテープを使って残存している糊を剥がします。このとき慎重に作業しないと、ガラスパネルの透けを防止している裏打ちの黒塗装(紫モデルの場合)が剥げてしまって、紫色が透けてしまいます。私も部分的に黒塗装が剥げてしまったのですが、あくまで透け防止の裏打ちなので、あまり広い面積でなければ油性ペンでチョチョッと誤魔化せます(ぉ。

ちなみに Amazon マーケットプレイスでは Z2 の交換用背面パネルも販売されているので、何ならパネルも新品交換するという選択肢もあります。しかし本当に何でも売ってるな Amazon(笑

Xperia Z2

糊が剥がせたら、新しい粘着テープを貼っていきます。
が、これが非常に難しい。貼り直しができないので、治具がなければ液晶保護シートとは比べものにならないくらい、真っ直ぐキレイに貼るのが困難です。私も少し歪んでしまいました。これ、自分で修理する場合は、補修パーツが手に入っても防水性能は損なわれてしまうと考えたほうが良いでしょうね。

Xperia Z2

何とか貼り合わせ完了。とりあえずキレイに付いているように見えますが、当初の状態と同じくバッテリにも強力両面テープを使って貼れば良かったかな...。まあ、また剥がれてきたら今度こそ買い換えるつもりです。

あと背面ガラスが剥がれてきたタイミングで、microSD カードスロットの蓋もいつの間にか失くなっていたので、これも Amazon で購入(笑

Xperia Z2 キャップカバー パーツ 2 点 セット (パープル)

Xperia Z2

これたぶん純正品の補修パーツがバルクでマーケットに流れたものなんじゃないでしょうか。
さっきの粘着テープと同様に中国から China Post 経由で届きましたが、注文から中 10 日ほどかかりました。China Post 便は配送状況のトラッキングもほぼできないので、日本の流通システムに慣れているとやきもきしますね。それでもこういうものまで個人で買えてしまうのはすごい。

Xperia Z2

これは穴に差し込むだけでサクッと補修完了。とはいえこれはもともと脱落しやすいので(今までも何度か失くしかけたことあり)、そのうちまた紛失してしまうかもしれません。

Xperia Z2

かなり満身創痍状態だったのが、自己補修である程度また使える形に復活できました。Z2 はもうかなりの旧型だとはいえ、日常的な用途にはまだまだ十分使い物になるのも事実なんですよね。mineo SIM にしてから docomo 系のアプリやサービスも邪魔なだけだし、カスタム ROM を当てて Marshmallow 化した上でまだしばらく使おうかなあ。本当はそろそろ買い換えたいんですけどね...。

投稿者 B : 23:52 | Mobile | Smartphone & Tablet | コメント (0) | トラックバック

2016/06/05 (Sun.)

台北のプリペイド SIM を使ってみた

台北松山空港に着陸してスマホの機内モードをオフにすると、docomo から自動的に以下のような SMS が送られてきました。

NTT docomo

よく読んでいくとローミング先の国によって文面をちゃんと分けているみたいですね。
ステータスバーのアンテナピクトに「R」の文字がついているとおり、音声通話については自動的にローミングモードに入っています。機器側の設定を特にいじらなくてもそのまま電話が通じてしまうのはものすごく便利ですね...。
とはいえ通信通話料は国内のレートとは違って高くなるので、このまま使い続けるわけにもいきません。音声だけは念のため着信専用に残しておきつつ、現地 SIM を調達します。

中華電信

松山空港のロビーに、台湾最大の通信キャリアである中華電信のカウンターがありました。比較検討すればもっと安いところもあるんでしょうが、こういう利便性はさすが大手キャリア。とりあえず価格表を見てみましょう。

中華電信

外国人訪問者が普通に買えるのは基本的にプリペイド SIM。どのプランもデータ通信容量無制限で、あとは使用日数と付帯させる音声通話の量に応じて価格が変わってきます。
私は三泊四日の滞在だったので 5 Day Pass、それに音声通話をどれくらいするか分からなかったので NT$300 分の通話がついた NT$500 の SIM を購入しました。日本円にすると ¥1,700 くらい、MNO の容量無制限プランと考えればそれほど高くないと言えます。

中華電信

そんなわけでサクッと SIM カード購入完了。パスポートを見せる必要はありましたが、ものの 5 分で発行してくれて、しかも日本語も通じて、とてもスムーズなのがありがたい。

中華電信

SIM のサイズはスタンダード/micro/nano のコンパチで、台紙から自分の好きなサイズに切り取って使えるタイプ。

そういえば Xperia Z5 Compact の SIM ロックを解除してくるのを忘れてしまったので、最初から SIM フリーな VAIO Phone Biz に挿して使うことにします。

中華電信

VAIO Phone Biz には中華電信の APN がプリセットされていたようで、SIM を挿入しただけでプロファイルが自動ロードされてきました。
滞在中は VAIO Phone Biz をメインの通信手段としつつ、テザリングで他のスマホや PC をぶら下げて使います。

中華電信

一応、スピードテストもしてみました。Windows Mobile 向けのスピードテストアプリは種類が少なく、あっても Android よりバージョンが古かったりして微妙だったので、テザリング先の Xperia で計測。なのであくまで参考値ということで。
転送速度自体は 15~20Mbps なのでまあまあ、というところですが、ping が早いことからも分かるとおり、通信の体感速度は日本のモバイルインターネットよりも速いように思います。大きなファイルのダウンロードはそれなりだけど、Web の表示開始やシンプルなテキストメールの受信がすごく速い印象。データ無制限でこのスピードならそうとう快適じゃないですか。

中華電信

音声通話のほうは、自分から発呼すると通話終了後に SMS で通話データ(通話時間と料金/残額)が自動送信されてきます。中国語なので読めない...かと思いきや、漢字をなぞっていくだけでだいたい理解できました(笑。とりあえず、台北市内の同じく中華電信の携帯電話宛にかけると、NT$0.05/秒 がかかるようです。通話先によっても当然変わってくるでしょうが、中華電信同士であれば NT$300 つきのプランで 100 分通話ができるので、最大 5 日間の滞在中困ることはほぼありません。というか私の場合は結局数回しか通話をしなかったので、これなら NT$50 の音声つきの 5 日間 NT$300 のプランで十分だったなあ。

まあとにかく快適でした。これなら万一ホテルにネット回線がついてなくてもぜんぜん過ごせちゃいますね。同時に、パケホが当たり前じゃなくなった日本で、自分がいかに普段から通信料を気にしながら使っていたか、ということを改めて自覚しました。今は mineo を使っているけど容量無制限の MVNO も増えてきたし、もう一度見直してみるかなあ。

投稿者 B : 22:00 | Mobile | Mobile Network | コメント (0) | トラックバック