b's mono-log

2010/11/09 (Tue.)

docomo 0xC

LTE、Android、3D液晶、プロジェクター携帯――ドコモ、2010年度冬春モデル28機種を発表 - ITmedia +D モバイル

docomo から 2010 年冬モデルのフィーチャーフォン/スマートフォンの新製品が一斉に発表されています。

フィーチャーフォンの製品情報を追っかけなくなって久しい私から見ると、モデル間の違いがもうよく分かりません(;´Д`)ヾ。最近は同一メーカー内でも基本設計を共通化して微妙な機能とデザインでラインアップを構成している製品も少なくない上に、メーカー間でも共同開発があったりしてどんどん差異がなくなっていて、もうデザインで好きなの買えば良いんじゃない状態になっちゃってますね。そして来年の今頃にはもうラインアップの半分くらいはスマートフォンになってしまっているような気が。

私は今使っている N-04A で特に不満がない(そんなに満足もしてないけど)ので、もう LTE の通話端末が普及フェーズに入るくらいまでこの機種で引っ張ろうかと思っていたほどでしたが、いつぞやのソフトウェア更新を行ってから週に一度は不意に電源断や再起動がかかってしまうようになり、微妙に買い換えたい(´д`)。まあそこまで困っているというほどでもないんですが、何か緊急の連絡が入ったとき(子どもに何かあった、とか)にケータイの電源が切れているとシャレにならないので・・・。
でも、ラインアップを見渡してもこれといって欲しい端末がないんですよねえ。スライド端末に慣れてしまったら折りたたみは面倒で使う気が起きないので、スライドかストレート端末が欲しいんですが、スライドは F で 2 機種(ほぼデザインのみの違いなので実質的には 1 機種)と P で 1 機種のみ。どちらもなんか違う・・・。

まあ、もうそろそろ通話とメールは iPhone に一本化しても困らないようになってきたので、N-04A はおサイフ専用端末として最小コストで維持しておく、という使い方でも良いかもしれませんが。

スマートフォンのほうは BlackBerry を除けば FeliCa 搭載だけど Android 2.1 のシャープ/東芝端末か、FeliCa 非搭載だけど Android 2.2 の LG/SAMSUNG(GALAXY)端末か、という状況。あ、FeliCa 非搭載で明後日 Android 2.1 になる Xperia もあったか(ぉ。
FeliCa 搭載の Android スマフォに一本化、でも良いんですが、iPhone を捨ててまで乗り換えたいと思える端末が今のところ出ていないんですよね・・・。

ということで、次期 iPhone に FeliCa が載るかもしれないわずかな可能性に賭けながら、このままあと半年あまりだらだら現状を続ける可能性が最も高いです(´д`)。

投稿者 B : 00:13 | K-Tai | Mobile | Smartphone & Tablet | コメント (0) | トラックバック

2010/11/04 (Thu.)

SoftBank×Android 2.2

ASCII.jp:ソフトバンク、シャープ製を含むスマートフォン5端末発表

ソフトバンクから Android 2.2 搭載のスマートフォンが一斉に発表されています。先日の au は Android 2.1/2.2 の混在だったので、一歩出し抜いた形になっていますが、来週新機種を発表すると言われている docomo はどうか。

私は iPhone 以外のスマートフォンであれば SBM で使うメリットはあまりないと思っているので(同等機が出ていて、回線維持費が許すならば docomo のほうがいい)、今回の発表は正直期待していなかったのですが、全機種 Android 2.2 搭載でかつそれなりにバリエーションに富んだ機体が揃っているので、良い意味で期待を裏切られました。まあ、それでも国内メーカーの端末がシャープ製しかないというのは寂しいというか、時代というか。

そんな中で私が気になったのはやっぱり DELL の「Streak」。iPhone サイズのスマートフォンか iPad を意識したタブレットが全盛という中で、5inch というサイズは興味深い。iPhone じゃ小さいけどモバイルには iPad じゃ大きすぎる、という人はけっこういると思うので、そういう人にフィットするかもしれません。でも、個人的には iPad を外で使おうか考えるような人には 5inch でも小さくて、7~8inch くらいが良いんじゃないかと思っているので、この「微妙に大きい」くらいのサイズ違いがどの程度受け入れられるかはよく見ておきたいところです。
今月下旬に発売される docomo(SAMSUNG 製)の GALAXY Tab が 7inch なので、どちらが売れるか。端末の前評判とキャリアでは GALAXY Tab のような気もしますが、このあたりは画面サイズによって適したアプリケーションも異なると思われるので、どういう層にどう売れるか、観察してみようと思います。

今回の SBM の新製品はサイズにバリエーションがあり、さらに QWERTY キーボード付きあり 3D 対応あり、と選択肢に富んでいますが、でも大きな括りでみればまだまだ「iPhone 的な何か」がたくさん登場するに過ぎない、という見方もできます。その点では、私はえふしんさんが blog に書かれているのと同じような感想を持っていて、

F's Garage:iPhoneみたいなスマートフォンが欲しいんですか?

iPhone みたいな端末が欲しいのであれば、企業契約で docomo 回線しか使えない、というような事情を除けば iPhone を買えばいいじゃん、と考えています。キャリア側からすれば Apple が iPhone を扱わせてくれないから、また端末メーカー側からすれば Apple が iOS をライセンスしてくれないから、自前でそういう製品をラインアップしようと思ったら Android で iPhone ライクな端末を出さざるを得ない、というのはありますが、現時点で「iPhone 的な端末は当面 iPhone を超えられない」でしょうし、ユーザーの立場からすればよっぽど前述の事情や Apple や iOS が嫌いなどの理由がなければ iPhone を買えばいいと思う。
逆に私は Android には現在のようなタッチ式スマートフォンの形状に関してはあまり期待していなくて、オープンな開発環境を活かして「組み込み OS」として進化し、既存のフィーチャーフォン(和式ケータイ)の OS を緩やかに置き換えていったり、情報家電用 OS のデファクトスタンダードになっていくことが本来のゴールなんじゃないかと思っています。言い換えれば OS のバージョンが話題にならないような世界。別に(一時期いろいろ噂になってましたが)Android OS で自由にアプリがインストールできるウォークマンが欲しいとも思ってないし、その上で何がどのようにできるか、こそが重要。
仮にそういう将来があったとして、iPhone ライクなタッチ式スマートフォンも Android 端末の一つのカタチとしてはアリだと思いますが、それが全てみたいになっているスマートフォンの現状はちょっといびつだなあ、と。

話が微妙に逸れましたが、要は Android 端末にももう少し幅というか、タッチ式+付加価値みたいな提案じゃなくて、違う軸も見せてほしいと思います。


Android つながりでは、Xperia の OS アップデートの日付がようやく正式発表されています。

XperiaをAndroid 2.1にバージョンアップ、10日より開始 - ケータイ Watch

Android 2.2 の話をしているところで今さら 2.1 ですか・・・という気は正直なところしてしまいますが、Xperia の本領がこれでようやく発揮できそうなので、これはこれで楽しみ。一足先に海外版の Xperia X10 にアップデートを当てた人の記事を読みながら、その日を待ちたいと思います。

投稿者 B : 22:22 | Mobile | Smartphone & Tablet | コメント (0) | トラックバック

2010/11/01 (Mon.)

AQUATALK Smart phone for iPhone 3G

早いもので今日から 11 月。今年も残すところあと 2 ヶ月を切りました。

気候的にはまだまだ寒くなったり暖かくなったりを繰り返していますが、そろそろ温かいお風呂が恋しい季節、ということで、これを買いました。

石崎資材 / アクアトーク スマートフォン for iPhone 3G

アクアトーク スマートフォン for iPhone 3G

今までも PSP 用DS 用に入れてお風呂で iPhone を使っていたんですが、さすがに最近くたびれてきたので、iPhone 用を。

当初は iPad 用のアクアトークを買おうかな?と思ったんですが、よく考えたら風呂場で iPad を使うのは厳しそうだし、落としそう(´д`)。ということで iPhone 用にしました。

アクアトーク スマートフォン for iPhone 3G

ご覧の通り、ケースに入れた状態でもちゃんと入ります。タッチパネルの感度にも特に影響がないのが嬉しい。

アクアトーク スマートフォン for iPhone 3G

ダメモトで Xperia(こちらもケース入り)を入れてみたところ、ちょっとギリギリですが入りました。これなら iPhone 4 でもケースつきで入りそうです。

これで長風呂でも退屈しなさそうです。暖まろう。

投稿者 B : 23:01 | Mobile | iPhone & iPad | コメント (0) | トラックバック

2010/10/06 (Wed.)

CEATEC 2010

今年も CEATEC に行ってきました。

「CEATEC JAPAN 2010」が幕張メッセで開幕 -AV Watch

CEATEC 2010

今年の CEATEC は業界のトレンドを激しく反映していて 3D と iPhone/iPad 的な何か祭り状態になっています。3D は業界全体として盛り上げようとしている分野で、それ自体はいいと思うのですが、個人的にはモバイルとコミュニケーションのほうにイノベーションの可能性を感じるので、そっちに注目中。
ということで、そのあたりを中心に私が見てきたものをメモしておきます。

まずは先週その名前で我々の度肝を抜いた、シャープの電子書籍端末/サービス「GALAPAGOS」。シャープブースでは AQUOS クアトロンと並ぶ扱いの大きさでした。

GALAPAGOS

個人的に、このネーミングには思うところもあるけど、それはそれ。

GALAPAGOS

GALAPAGOS の 5.5inch 版端末がこれ。コンテンツ一覧画面が iBooks と同じく本棚のメタファーになっています。

GALAPAGOS

iPhone 3GS と並べてみるとこんな感じ。iPhone は 3.5inch なので、GALAPAGOS の 5.5inch モデルのほうが一回り以上大きいです。数字から考えれば当然ですが、どうしてもデザインイメージから iPhone 的なサイズ感を想起してしまうので、そういう先入観で見ると大きく感じてしまいます。

GALAPAGOS

背面はこんな感じでラバーっぽい塗装が施されていて滑りにくくなっています。こういうところの作りは好感が持てますね。
でもさすがにこのサイズだと手にずしっとくる印象。重さのスペックはまだ明かされていませんが、電車の中でつり革につかまりながら片手持ち・・・はちょっと厳しいかも。

GALAPAGOS

電子書籍を表示させてみたところ。5.5inch で WSVGA(1,024×600)の解像度を持つだけあって、iPhone 4 ほどではないにしろ高精細な表示が可能です。文字サイズは画面のピンチイン/アウトで変更することができ(さすがに無段階でというわけにはいきませんが)、自分の読みやすいサイズに調整可能。
液晶の大手メーカーらしくこのあたりの美しさはさすがですが、私はバックライト方式のディスプレイで書籍を長時間読むのはちょっと辛いんじゃないかと思っているので、どうかなあ。ユーザーの好みで Kindle や Sony Reader のような電子ペーパー方式の端末と好きな方を選択できれば問題はないのでしょうが、今のところ電子ブックのフォーマットと端末(メーカー)が半分紐付いているような状況なので、最悪の場合は音楽配信と同様の悲劇を繰り返すことになりかねません。

ちなみに電子ブックのページ送り/戻しはタッチパネルのスワイプ操作で行いますが、「ページがめくれるような」画面エフェクトが施されているものの、いまいち滑らかに見えません。無駄にアナログの要素を持ち込んでそこにリソースを使うよりは、個人的にはデジタルならではの表現と気持ちの良い画面切り替えを発明してくれたほうがよっぽどいいと思うのですが・・・。

GALAPAGOS

GALAPAGOS のインターフェースはタッチスクリーンとこのトラックボール/ボタンのハイブリッド。BlackBerry や Mac の MightyMouse についているのに似た極小トラックボールと、左側に戻るボタン/右側にホームボタンという構成です。iPhone や Android 端末を使い慣れていれば、そんなに戸惑うことはないかと。

続いて、同じくシャープの「IS03」。私は GALAPAGOS よりもむしろこっちに注目していました。

au IS03

ただ、デザインはまんま iPhone で、フチの部分だけカラバリにしてみましたー、という雰囲気。シャープに限らず最近この意匠のスマートフォン/タブレット端末ばかりで、個人的にはちょっと辟易(´д`)。似たようなデザインや操作性にすることでユーザーの心理的ハードルを下げる効果はありそうですが、各メーカーもうちょっとプライド持ってほしい・・・。

au IS03

IS03 に触ってみてまず気がついたのは、フォントの美しさ。これはたぶん LC フォントかな?非常に読みやすくて好感が持てました。
Android 系の端末のフォントって多くがどうも Linux くさいフォントで、漢字の書体も日本語的というか少し中国語寄りというか、見た目の印象からして取っつきにくいイメージがあったのですが、このフォントは非常に読みやすく、印象も良い。少なくともこの部分は iPhone に匹敵すると言っていいのではないでしょうか。シャープはこのフォントのライセンス外販をやっていたはずなので、ぜひ他の Android 端末メーカーも導入してほしい。あ、自分でインストールするのでシャープからフォントだけリテール販売してくれても良いです(ぉ。

au IS03

IS03 の最大のセールスポイントの一つである FeliCa 対応。「おサイフケータイ」アプリを起動すると、このようにズラッと電子マネー/クーポン系のサービスが表示されるのですが、

au IS03

現時点ではほとんどがサービスの公式サイトに繋がるだけ(´д`)。

au IS03

・・・Edy に至ってはこれだけです(;´Д`)ヾ。
アプリにアイコンが表示されているサービスに関しては、いずれ正式対応することは明らかになっているとはいえ、現時点で電子マネー系サービスを日常的に使っている人が IS03 に乗り換えるなら、これらのサービスに対応してからですかねー。

au IS03

ブラウザで Web を表示してみたところ、スピードはまずまず。au が採用している EV-DO 方式は、規格値としては docomo や SBM 等が採用する HSPA に比べて遅いですが、特に iPhone は SBM 回線ではお世辞にも速いとは言えないので、IS03 で使ってい(て iPhone の SBM 回線をベンチマークとす)る限りでは、そんなに不満はなさそうです。

au IS03

この手の端末では液晶画面下にホームボタンやバックボタンが配置されるのが常になっていますが、IS03 では液晶面にはボタンが皆無(側面には電源やボリュームボタンがあります)。その代わり、画面の一番下の列にタッチパネル方式の操作パネルが置かれています。
この部分だけモノクロだし妙に解像度が低いし、と思っていたら、

au IS03

ここだけ表示パネルとは違う液晶が搭載されているようですね。私は最近和式ケータイの新製品をほとんどチェックしなくなっていたので知らなかったのですが、シャープが昨年製品化した「メモリ液晶」というデバイスのようです。この「メモリ液晶」というのは、電子ペーパーに使われる E Ink と同じように「書き換え時のみ電力を必要とする」という省電力な表示デバイス。なので、液晶画面オフ時にもこのように時計やバッテリ残量などを表示しっぱなしにしておくことができます。これはおもしろい。

au IS03

IS03 のもうひとつの特長はワンセグ対応ですが、アンテナ・・・・・・。

au IS03

ちなみに au のブースにある IS03 の展示には人だかりができており、なかなか触ることができませんが、シャープブースなら多少空いているので、じっくり触りたければシャープブースがオススメ。キャリアブースよりもメーカーブースのほうが触りやすい、というのは最近のこの手の展示会の鉄則ですね。

GALAXY S

docomo ブースでは発表されたばかりの GALAXY S/GALAXY Tab も展示されていましたが、写真のような状況で触る余裕なし(;´Д`)ヾ。あと一回り小さくて軽い iPad があってもいいのに、と思っていたので GALAXY Tab のほうは少し気になっていたんですが・・・。

CEATEC 2010

今年の CEATEC で一番盛況だったのは間違いなくこれでしょう。グラスレス 3D REGZA。でも、60~90 分待ちと言われるととても並ぶ気にはなれません・・・。
こういう状況の東芝ブースを見るとどうしてもいつぞやの SED を思い出してしまうのですが、年末の発売前にどこかアメリカの会社に訴えられて発売延期→そのままお蔵入り、みたいにならなければいいけど(´д`)。

そんなところですかね。
金曜日にもう一度行く予定があるので、他に気になるものがあったらまた書くかもしれません。

投稿者 B : 22:38 | Mobile | Smartphone & Tablet | Soliloquy | コメント (3) | トラックバック

2010/09/24 (Fri.)

iPhone を光ポータブルで運用する

絶賛愛用中の光ポータブルですが、意外にも(?)最も使用時間が長い端末は iPhone だったりします。

光ポータブル

光ポータブルで使っているイー・モバイルの SIM は、iPhone の SBM 回線と同様に HSPA。でも SBM よりは EM 回線のほうがカバーエリアも通信速度も良いようで、iPhone を SBM 回線よりも多少快適に使えるようになりました。
特にカバーエリアは iPhone では大きな安心感と利便性を得られており、SBM 回線が圏外、もしくはアンテナ 1 本の状況でも快適に通信できる気持ち良さは、今まではなかったもの。ただ、イーモバ回線側の電波状況が iPhone から確認できない(Safari から光ポータブルの設定画面を覗きにいけば確認できるけど)のはちょっと不便ですが、それでも SBM 回線よりは常に電波状況が良いので(笑。

なぜか山手線・京浜東北線の線路上は iPhone 3GS の回線の掴みが弱い気がするのですが、これもイーモバ回線なら全然 OK。光ポータブルの恩恵は、これが最も大きいかもしれません(笑。
少し前ならイーモバのカバーエリアには穴が多い印象だったけど、穴の少なさ・通信速度ともに SBM より良いな、これは。

体感的には SBM 回線で使うより少し速くなったような気もするけど、実際のところどうなの?というのを Xtreme Labs の Speedtest アプリで計測してみました。

Xtreme Speedtest

SBM 回線だと下り 750kbps、上り 44 kbps、レイテンシは 250msec といったところ。場所によっても違うとは思いますが、回線の理論速度からすると決して速いとは言えず、特に上りの遅さはこりゃ Twitter での写真アップロードでイライラするわー、という数値です。

Xtreme Speedtest

光ポータブル+イーモバ回線では下り 1103kbps、上り 138kbps、レイテンシ 80msec なので明らかに SBM より良いです。下りで約 1.5 倍、上りでは実に約 3 倍のスピードが出ており、iPhone で Safari や Twitter を使っているときの自分の体感速度差もこれくらいの感じ。

最近ではもうすっかりイーモバ回線でしか iPhone を使わなくなってしまいました。SBM 回線を使うのは、イーモバの電波が入らなくて SBM が入る場所のみ(それもかなり少ないけど)。
iPhone は GPS 機能が便利なので、これをもって次からは iPod touch にしようとは思いませんが、来月以降の SBM の請求金額がこれで下がってくれることを密かに期待していたりします。

投稿者 B : 00:30 | Mobile | Mobile Network | iPhone & iPad | コメント (0) | トラックバック

2010/09/17 (Fri.)

光ポータブル使い始め

光ポータブル、今週から使い始めていますが、コレなかなかイイですね。

光ポータブル

初期設定に関しては、私よりも先に光ポータブルを導入した新さんがハマってたのでちょっと心配してたんですが、私は割とあっさり設定完了。私の場合、光ポータブルは完全にモバイル専用で、帰宅したときに自宅のネットワークに繋いでいないので、変なトラブルには遭遇しませんでした。

PC のワイヤレス設定に SSID とアクセスキーを入力して、ブラウザから「192.168.11.1」にアクセスすると、設定画面にたどり着きます。バッファロー製のネットワーク機器はもう何台か使ってきているので、マニュアルを読まなくても見慣れた画面で設定完了。

光ポータブル

モバイルルータなので、通常の無線ルータにはないような設定項目もありますが、無問題。この UI、慣れればなんということもないけど、右ペインに解説が表示されているとはいえ、あまり初心者には優しくないかなあ。まあ、ライトユーザーは AOSS にお任せでいいと思いますが。

モバイルルータで通常のルータと最も異なるのは、なんと言っても WAN 側の設定でしょう。キャリアによっては接続先の APN によって課金体系が異なり、「光ポータブルでパケ死 22 万」みたいな怖い話もあったりするので((((;゜Д゜;)))、ここはちょっと心配していました。
でも、イーモバの場合は SIM を挿すだけで APN まで自動設定してくれたので、ユーザーは特に手を入れる必要なし。SIM フリー版の光ポータブルはイーモバ SIM での対応確認済みという触れ込みは伊達じゃない。でもこれで来月の請求が法外な金額だったらどうしよう(笑。

光ポータブル

ちなみに、今のところフレッツ・スポット(NTT の公衆無線 LAN サービス)は契約していません。仕事で外出することもあまり多くないし、iPhone には BB モバイルポイントもついているので、イーモバ回線のスピードでガマンしようということで。

あと、何はともあれスピードテスト。

光ポータブル

まずは speed.rbbtoday.com から。下り 1Mbps オーバー、上りも 400kbps 以上出ています。イーモバ回線ならこんなものかといったスピードで、体感的にも WMWifiRouter で使っていたときと大差ない印象です。

光ポータブル

もうひとつ、BNR スピードテスト。こちらは以前 b-mobile のスピードテストをやったときと同じで、やっぱり RBB の半分くらいの数値になっちゃうようですね。

下り 1Mbps 程度出ていれば、快適とは言わないまでもメールベースの仕事程度であれば問題なくこなせますね。WiMAX と比べるとさすがに見劣りしますが、ルータの初期投資や回線契約の縛りなどを考慮すれば許容範囲です。
そして何よりルータの電源オンオフを意識しなくてもいいのが良い。デフォルト設定では 1 分間通信がなければ自動的にルータがスタンバイに移行して、端末からつなぎに行けばまた自動的に復帰してくれるので、すこぶる使い勝手が良いです。外出先で 3~4 時間作業する程度の使い方であればバッテリも余裕ですし、いちいち USB の通信端末を抜き差ししたり、コネクションマネージャを操作したりする煩雑さから解放された使い勝手はまさに「自分だけのルータを常に持ち歩いている」感覚。WiMAX 内蔵 PC も使い勝手的には似ていますが、複数端末から同時接続できるのは、ルータならではのメリット。これは当分手放せそうにありません。

まあ、時期を見て SIM をイーモバから b-mobile あたりに差し替えるか、WiMAX ルータに乗り換えたい気はしていますが(笑。

投稿者 B : 00:00 | Mobile | Mobile Network | コメント (3) | トラックバック

2010/09/11 (Sat.)

光ポータブル ファーストインプレ

光ポータブルが届いたので、ファーストインプレを・・・と思った矢先にこんな事件が。

バッファロー製ポータブルWi-Fiルーターにウイルス混入 - ケータイ Watch
お知らせ | 通信機器サポート | NTT東日本 Web116.jp

えー(´д`)。

対象は NTT 東日本や docomo から提供されている OEM 版も含まれるようで、しかも出荷時期は私のところに届いたものと完全に一致(;´Д`)ヾ。
まあ、駆除すれば済む話ではあるので、冷静に対処。幸いなことに、光ポータブルの場合は NTT 東日本がチェック用の Web フォームと確認対象シリアルナンバー一覧を公開しているので、そこから確認してみたところ、

光ポータブル

私の個体は対象外とのことで、ひと安心。
でも、一瞬だけ「感染してたほうが blog ネタとしては面白かったのに」とか考えたのは内緒(ぉ。

ということで、改めて安心して使い始められます。

光ポータブル

光ポータブルはバッファローの「Portable Wi-Fi」のロゴ違い・SIM フリー版(SIM ロック版もあり)の OEM という位置づけなので、最近バッファロー製のネットワーク機器を使い慣れている私には扱いやすそうです。

SIM カードは EMONSTER で使っていたイー・モバイルのものを流用します。EMONSTER は WMWifiRouter との組み合わせでポータブルルータとして活躍してくれていましたが、接続や切断の操作が面倒だったり、コネクションの確立が遅かったり、なんだかんだで面倒になり、iPhone 導入以降はよっぽど仕事で必要があるときくらいしか使わなくなり、半ば塩漬け状態になっていました。今ポータブルルータで使うなら docomo SIM(もしくは b-mobile SIM)か WiMAX なんでしょうが、契約期間やもろもろの縛りもあるので、当面はこのイーモバ SIM を使います。

光ポータブル

光ポータブルの本体は徹底して簡略化されており、操作ボタンは電源と AOSS しかありません。その他の設定等はすべてネットワーク経由で行います。

光ポータブル

コネクタもクレイドル端子とDC IN(USB miniB タイプ)のみ。

光ポータブル

SIM カードスロットや各種の設定値はリヤカバーの中に隠されています。SIM カードスロットは横入れタイプ。

光ポータブル

バッテリパックもバッファローロゴじゃなくて NTT ロゴになっているあたり、周到な NTT らしい。
本体質量の 40% 程度はこのバッテリが占めていて、バッテリパックを外すとルータ本体はかなり軽いです。

光ポータブル

付属のクレイドルも非常にシンプルで、背面には DC IN、Ethernet 端子、LAN/INTERNET切り替えスイッチ(アクセスポイント/ルータのどちらのモードで動作するかを指定する)のみ。

光ポータブル

AC アダプタのほかに付属している USB ケーブル。モバイル時の給電にはこれを使うようですが、USB 1 ポートでは電流量が足りないようで、この分岐ケーブルを使って 2 ポートから給電することになります。
eneloop stick booster で充電できるか、試してみないと。

光ポータブル

本体を iPhone(3GS)と比較。フットプリントは iPhone よりも小さいです。製品写真等の印象だともう少し大きいイメージだったので、これはうれしい誤算。重量も iPhone より微妙に軽いくらいなので、モバイル時にはカバンに入れっぱなしで運用することを考えれば、全然許容範囲。

光ポータブル

厚みは iPhone(カバーをつけた状態)よりもさすがにあります。

ということでこれから使い始め。タイミングのいいことに(?)来週は珍しく 1 週間外出の仕事なので、いきなり活躍してくれそうです。

投稿者 B : 17:00 | Mobile | Mobile Network | コメント (0) | トラックバック

2010/09/10 (Fri.)

光ポータブルが届いた

NTT 東日本に申し込んでいた光ポータブルが、ようやく届きました。

NTT 東日本 / 光ポータブル

光ポータブル

利用を検討していたときに調べてみたところ、フレッツ光を既に利用しているユーザー(私は B フレッツマンションタイプを利用)は、申し込みにフレッツ光のお客さま ID が必要とのこと。そんなの覚えてないし『開通のご案内』も今さら残ってないよ、と思いつつ、思い当たる ID を片っ端から入力してみても、案の定全部ハズレ(´д`)。
『開通のご案内』の再発行を依頼するところからやらないといけない、ということで、仕方がないので時間を見つけて問い合わせ窓口に電話して、再発行の手続きをしてもらいました。で、電話口でダメモトで「この電話で光ポータブルの申し込みはできますか?」と聞いてみたところ、「できますよ」とあっさりした返事。

・・・っていうか電話で申し込めるのかよ!なら Web にも最初から書いとけよ!

と内心激しく思いましたが、そこはグッとガマンして(笑)申し込みました。

お盆休みに申し込んだので、到着まではちょうど 4 週間かかったことになります。お届け予定時期は製品情報ページで常にアップデートされているので、そういう点では非常に親切。

今日のところはひとまず到着報告まで、使用感などは後日ぼちぼちと。

投稿者 B : 00:31 | Mobile | Mobile Network | コメント (0) | トラックバック

2010/08/23 (Mon.)

iPad のスタンドはこれで決まりかも

長らく探し求めていた、iPad のスタンドで私的「決定版」と言えるものをついに発見しました。

思えばいろいろ探しました。MacGizmo の Beetle はデザインと機能性が魅力的だけどシンプルな用途に対してちょっと高価いと感じたり、ニトリのワイヤーイーゼルは安くて良さそうだけど東京の自宅の近くにニトリがない/帰省時に近くのニトリに入ってみたけど置いていなかったり、でなかなか納得できるものに出会えず。

そんなときに、何気なくチェックしていた無印良品で、こんなものを見つけました。

無印良品 / ステンレスバス用ブックスタンド

無印良品 ステンレスバス用ブックスタンド

商品名のとおり、元々はお風呂場で読書をするためのもの(まあ普通の本だとびしょ濡れになってしまうので、何らかの工夫は必要でしょうが)のようですが、これがまるで誂えたかのように iPad にぴったり。

無印良品 ステンレスバス用ブックスタンド

・・・ほら。

フレームの大きさが iPad の大きさ(横置きにした場合)とほぼ同じなんです。

無印良品 ステンレスバス用ブックスタンド

角度はこんな感じで、これ以上は寝かせられませんが、ゴム足がついているので立てる方向へならば多少調整できます。
もともとは紙の本を開いて立てておくためのブックスタンドなので、iPad に対してマチが広すぎるのがご愛敬ですが、逆に言えばたいていのジャケットやカバーならばつけたまま立てられるということです。

無印良品 ステンレスバス用ブックスタンド

縦置きにすると、左右がちょっとあまりますが、まあ許容範囲。
私は iPad は基本的に横使いがメイン(縦で使う時間は全体の 5% くらいか)なので、この状態で使うことはあまりないと思いますが。

無印良品 ステンレスバス用ブックスタンド

難点があるとすれば、縦置きにしたときに Dock コネクタの位置が低すぎてケーブルが挿せない(挿せなくはないけどケーブルに変なテンションがかかって危険)ことでしょうか。横置きならば問題ないので、多少の見栄えの問題には目を瞑って、横置きにして横からケーブルを伸ばすことになると思います。

私のこのスタンドの主な用途はダイニングテーブルにこれで立てておいて、朝の忙しいときに朝食を摂りながらその日のニュースや天気予報、予定等をチェックすること。基本的に朝のテレビは娘の NHK 教育に占拠されているので(´д`)。あとは、常に立てておけるならばフォトフレーム代わりに使うことも考えたいと思います。

ちなみにこのブックスタンド、まさに今処分中なのか、定価の約半額の¥588(税込)で買えてしまいます。もし iPad のスタンドをお探しなら、安いし騙されたと思ってとりあえず確保してみてはいかがでしょう。

投稿者 B : 23:59 | Mobile | iPhone & iPad | コメント (0) | トラックバック

2010/07/31 (Sat.)

ABITAX 4616 SnaphookStrap

業務用ケータイがあまりにみんな同じ端末すぎてとてもとても紛らわしく、こりゃ早く自分のものと分かるような目印が必要だ、ということでストラップ買ってきました。

ABITAX / 4616 SnaphookStrap (ネイビー)

ABITAX 4616 SnaphookStrap

もうバカの一つ覚えみたいに ABITAX ですが、珍しくハードプラスチックタイプの Snaphook Strap にしてみました。最近の私にしてはネイビーは珍しい色ですが、夏なので白い本体と合わせて涼しげに。

ABITAX 4616 SnaphookStrap

プラスチックが固くて曲がらないため、これじゃケータイにつけられないよ、と思ったら、

ABITAX 4616 SnaphookStrap

こんな感じで紐の部分だけ外れるようなギミックになっています。根元を押し込んで 90°回転させると外れる仕組み。

ただもう少し自己主張が強くないと相変わらず間違えられそうなので、もう少し目立つストラップを引き続き探し中。例えば R2-D2 のストラップみたいなキャラクターもののほうが、間違えられにくいかなあ。

ついでに N-04A のストラップもだいぶくたびれてきたので、買い換え。

ABITAX 3612 PhoneStrap (キプロス)

ABITAX 3612 PhoneStrap

3612 はやっぱり手堅いですね。キプロスは初めて買ったけど、茶色い本体に合わせても悪くないです。

最近発想が貧困で ABITAX 以外の選択肢になかなか食指が伸びないのですが、ちょっと開拓はしたいんですよね・・・。

投稿者 B : 09:00 | K-Tai | Mobile | コメント (2) | トラックバック