b's mono-log

2008/06/10 (Tue.)

賽は投げられた

アップル、「iPhone 3G」発表 (ケータイ Watch)
「iPhone 3G」で変化した3つのポイント (ケータイ Watch)

iPhone 3G が正式発表に。国内も 7/11 発売、って思ったより早い。単なるハード販売と違ってキャリアが絡むので(しかもソフトバンクとの契約も比較的最近決まったみたいなので)、国内は早くても秋とかかなあと思っていました。

ハードウェア的な進化点は大きく 2 つ。3G と GPS のサポート。HSDPA が使えるようになったことで、ようやくまともなネットワーク端末になったという印象ですが、それ以外にはサプライズ的な機能追加はなし。至極まっとう、ソフトバンクから出る割には「予想外」なことが特にない、Apple にしては新規性のない発表だったという印象です。まあ、ジョブズ復帰以降の Apple は、突き詰めた合理性と少しのアイディアに「UX」というスパイスを振りかけることによってイノベーションを創出してきた部分があるので、iPod 以降次々と新規ビジネスに参入してきたこれまでと比べれば、UX も一巡した MacBook Air あたりからは比較的ハードウェアメーカーとしてのリリースが続いているため、やや肩透かしを食っているように見えるだけ(要は Apple という企業に対する期待値が高くなりすぎただけ)なのかもしれません。
そんなわけで、個人的には国内での(特に Web・blog 界隈での)熱狂ぶりにはちょっと違和感を覚えていたりしますが、それでも 1 年待たされた iPhone がようやく上陸することを考えると、初代→3G への進化よりは before iPhone→after iPhone にパラダイムシフトすることが大きいのかもしれません。確かに、iPhone の商品性云々というよりは、iPhone が日本の携帯電話のビジネスモデルに与えるインパクトのほうが大きな意味を持つような気もします。
8GB 版で USD199、16GB 版で USD299 という価格は国内でどうなるかは分かりませんが、かなり戦略的な値付けだと思います。ハードウェアのコストダウン(プラスチック筐体の採用や、当初よりも展開国が広がったことによる量産効果など)でここまで下げられるとは到底思えないので、一般的なものとは大きく異なるインセンティブモデルが敷かれているのだと考えられますが、もしこれに近い価格設定でソフトバンクも取り扱うのだとすれば、日本の携帯電話市場にも価格破壊を起こしかねない(と同時に、総務省が進めようとしているインセンティブモデルの縮小にも影響を与えかねない)のではないでしょうか。

個人的には、FeliCa に対応しておらず、ハードウェアキーがない(=メールの入力にもソフトウェアキーボードを目視しながら入力する必要がある)という時点で現在の携帯電話の置き換えにはできませんが、比較的高解像度のディスプレイと高速通信が可能なので、安いこともあってモバイルインターネット端末としてはけっこう魅力的かなと思っています。今のケータイに追加で買うか(ポケットに入れたままでは操作しにくいので、ウォークマンの置き換えにもできないと思っている)、docomo でいう 2in1 の逆のサービス(1 回線分の契約で 2 端末(SIM カード 2 枚)を排他的にでも良いから使える)ができれば、MNP してソフトバンクに行っても良いとも思っています。
iPhone は必ずしもスマートフォンの理想的な形ではないと思いますが、現在の日本の携帯電話市場に大きな一石を投じる存在であることは確か。もう鎖国していても始まらない、市場の「あるべき姿」の答えが求められているのだと思います。

投稿者 B : 23:59 | Mobile | iPhone & iPad | コメント (4) | トラックバック

2008/06/04 (Wed.)

iPhone はソフトバンク

ソフトバンクが2008年内に「iPhone」を国内発売 (AV Watch)

あら、docomo で決まりかと思ってたらソフトバンクですか。まだ docomo からも出てくる可能性があるとはいえ、意外や意外。
ただ昨日夏モデルを発表したときにはコメントなし、翌日に詳細なしのリリースってなんか特殊な事情とか焦って出す必要があったとか、深読みしてしまいます。来週には Apple から 3G iPhone の正式発表がありそうというタイミングで、何か先行してリリースしなくてはならない理由があったんですかね。

個人的にはどういうビジネスモデルになるのか気になるところ。

投稿者 B : 22:58 | Mobile | iPhone & iPad | コメント (0) | トラックバック

2008/05/28 (Wed.)

WILLCOM CORE って何だ

免許交付されたにもかかわらず WiMAX の情報がなかなか出てこないな、という以上に進んでるのかなんだかよく分からなかったウィルコムの次世代 PHS の情報が、最近になってやっとぽつぽつ出てきました。

次世代PHSのサービス名は「WILLCOM CORE」──新幹線内でもブロードバンドを実現 (ITmedia)

と言いつつ、今週発表になったのはサービス名称のみ。同日に発表された、狙いどころは分かるけどそこにユーザーがいるかどうかさっぱり見えない WILLCOM 03 は正直どうでもよくて(ぉ、個人的に気になるのは WILLCOM CORE のほう。
でもこちらもとりあえず名前の発表だけ、でニュースになっているようで、技術概要等がどこにも取り上げられていません。仕事柄、こういうリリース文やマーケティングメッセージの裏を読む癖がついてしまった目で見ると、「ウィルコムがすでに保有しているPHS用の16万局のマイクロセルネットワークを活用」「総務省から割り当てを受けた30MHz幅をフルに使い、MIMO技術を活用することで上りと下りでそれぞれ最大100Mbps以上の通信速度を実現」「時速300キロ以上で移動中でも通信が可能」というのはとりあえず理論的に言える最大限の夢物語と「ウィルコムの既存施設を使うからサービスの立ち上げが速そう」という期待値と「16 万局のマイクロセルネットワーク」というよく分からないけどなんかすごそうな数字と名前を並べて、虚勢を張ることしかできなかったんじゃないかと思います。技術ベースの話をしなくてもとりあえず新聞にこれらの数字が載れば OK、みたいな。来年の 3~4 月にサービス開始といってもそれは総務省が免許交付の条件にしたからそこで(試験でも何でも)サービス開始せざるを得ないだけだったりするし、具体的にどんなスケジュールでサービスが始まって、その後のサービスエリアやサービスレベルがどのように拡張されていくかが分からないと、何とも言えません。

ということで結局よく分からない WILLCOM CORE ですが、今のところその実態については ITmedia のこの記事が最もよくまとまっているんですかね。

"ウィルコムのWiMAX"とモバイルWiMAXの違い (ITmedia)

技術ベースや使用するモジュールとしてはやっぱり WiMAX にかなり近いみたいですね。でも、デファクトスタンダード(になるかどうかまだ分かりませんが)の技術をベースにしながら最終的には独自仕様にまとめる、って自分たちを含む国内のケータイキャリアが犯してきた失敗から何も学んでないってことなんじゃないでしょうか。結局、この ITmedia の記事中に語られている、この言葉に尽きると思う。

次世代PHSのグローバル展開についてウィルコムの平澤氏は「実力を示すしかない。われわれとしては次世代PHSが技術的に優れていると信じている」と話すが、やはり心許ない。技術的優位は、その技術が普及する要因の一部でしかないからだ。
一方の WiMAX も(個人的に期待はしてますが)まだちゃんとサービスが立ち上がるのか不透明な部分はあるし、イー・モバイルのがんばりで HSPA が伸びてきていてその先に LTE も控えているし、でモバイル通信はちょうど過渡期にある状態だとは思いますが、よっぽどのことがない限り私が WILLCOM CORE に手を出すことはないかなあ。せめてイー・モバイルよりも早い時期に Mbps クラスのサービスが開始できていれば。まあ、それも ISDN ベースの技術である PHS を引っ張り続けてきた以上、期待できたことではなかったんですが。

投稿者 B : 22:56 | Mobile | Mobile Network | コメント (0) | トラックバック

2008/05/27 (Tue.)

docomo 906i/706i

ドコモ、906i/706iシリーズ全19機種を発表 (ケータイ Watch)
906iは全機種フルワイドVGAだっ! (ASCII.jp)

最近コーポレート/ブランドロゴが変わった docomo から、906i/706i シリーズが発表に。
ケータイには最近あまり不満はない(満足もしてないけど、今のクローズドネットワークベースのサービスが前提ではあまり新機能追加と言われても嬉しくない)ので新機種にもそれほど興味はないんですが、ソニエリの国内ビジネスがどう転ぶか分からない現状では、自社開発という意味では最後になるかもしれない 906i/706i シリーズは買っておこうかと思います。

加速度センサー搭載のBRAVIAケータイ「SO906i」 (ケータイ Watch)
着せかえパネル対応のワンセグケータイ「SO706i」 (ケータイ Watch)

SO905i シリーズで復活したはずのジョグダイヤルがまたなくなっているとか、何がやりたいのか正直分からない端末ではありますが(´д`)、一応。
premini-II→SO902i→SO903iTV と使ってきて、やっぱり小型機に戻りたい気がしているので、SO706i でもいい気はするんですが、SO906i は WVGA・HSDPA・フルブラウザ対応、と今の SO903iTV で物足りないと思っている部分はひととおりカバーしている(HSDPA とフルブラウザは SO706i でも対応しているけど)ので、SO906i のほうがいいかなあ。

しかし SO903iTV を買って一年経ってないのに、3 世代進んでるってどういうこと(´д`)・・・。

投稿者 B : 23:59 | K-Tai | Mobile | コメント (0) | トラックバック

2008/05/14 (Wed.)

ソニエリは結局どうするのさ

ソニー、決算会見で「ソニー・エリクソン向け国内生産終了」 (ケータイ Watch)

ソニーが14日に開催した決算会見の席上で、同社執行役の大根田伸行氏が「ソニー・エリクソン向け携帯電話の日本での生産が無くなる」と発言した。日本での携帯電話生産の終了を意味する発言に思えるが、ソニー広報は「今後も日本での生産は継続していく」とコメントしている。
で、やめるの、やめないの、どっちなのε=(~Д~;)。

投稿者 B : 23:40 | Mobile | コメント (2) | トラックバック

2008/04/15 (Tue.)

WILLCOM D4

ウィルコム、世界初のVista/Centrino Atom搭載通信端末「WILLCOM D4」 (PC Watch)

年明けの CES で開発発表されてたやつですね。Atom プロセッサ自体は発表済みとはいえ、思ったより早く出てきた印象です。

開発元は予想通りシャープ。W-ZERO3 の後継っぽく見えますが、位置づけはガラッと変わってます。W-ZERO3 シリーズはスマートフォン路線で来てましたが、これはもう完全に UMPC じゃないですかね。通話着信は Windows 起動中でないとできないのはどうなの、という気もしますが、まあ私が使っているアドエスもほぼ通信専用で通話なんて 1~2 度しか使ったことがないので、無問題でしょう。
むしろこのスペック(Atom・1GB RAM・40GB HDD)で Windows Vista がどの程度まともに使えるか分からないのと、通信回線がウィルコムなのが微妙といえば微妙でしょうか。もはや最大 512kbps(D4 は最大 204kbps まで対応)の PHS 回線にプレゼンスはないからなあ・・・。この D4 にイーモバの USB 端末を挿して通信、という本末転倒なことをやりたくなる気がしますが、これだけ作りこんだハードを使うならそれくらいしないともったいないでしょう。ウィルコムが Vista の RAS 機能にキャリアチェックを仕込んでなければの話ですが、Windows Mobile ならまだしも汎用の Windows Vista でそれはなさそう。

¥128,600 という価格は正直ちょっと高いような気はしますが、国内メーカーがこのスペックでこのくらいのハードを作りこんだらこのくらいの価格になるといことなのでしょうね。同じ UMPC にカテゴライズされる LOOX U あたりと比べたらこれでも安いくらい(中国や台湾で作っている Eee PC とかは別。あれは UMPC じゃないし)。
もういい加減ウィルコムは解約するかなと思っていたくらいでしたが、むーこれは手を出してみるかなあ。ハードだけ買って即解約→イーモバで使う、が最も幸せになれそうな気がしますが(ぉ。

投稿者 B : 00:17 | Mobile | Smartphone & Tablet | コメント (5) | トラックバック

2008/03/27 (Thu.)

USB-WSIM

アイ・オー、W-SIMを装着するUSBデータ通信アダプタ (ケータイ Watch)

新製品のリリースが続いているアイ・オーから、USB 接続の W-SIM アダプタ。要は "DD" のアイ・オー版といったところですね。でもウィルコムブランドではなくウィルコムが動作確認したアイ・オー製品という位置づけでリリースされるようで、特にウィルコムで機種変更の手続きをすることなく単品で買えるようです。

最近の私はデータ通信ではアドエスを USB 接続して使っているんですが、いざというときにバッテリが残り少なかったりすることもあるし、バスパワーで使えるこの製品はちょっと魅力的。安いし。
ただ、さすがに HSPA・EV-DO での定額通信が一般的になってきた現在ではウィルコムの魅力は半減していて、使用頻度も激しく下がっているんですよね。一応 2.5GHz 帯の免許が交付されるとはいえ次世代 PHS なんてまだ影も形もないし、そろそろウィルコムに見切りをつけて 3.5G 陣営に乗り換えようかな、とも思っていたり。そういう意味では、非常にビミョーなタイミングで出てきた周辺機器だと思います。

投稿者 B : 00:03 | Mobile | Mobile Network | コメント (0) | トラックバック

2008/03/10 (Mon.)

ソニエリが国内市場から撤退へ

ソニー・エリクソン、ドコモ向け携帯の開発・製造から撤退へ (Engadget Japanese)
ソニー、ドコモ向け携帯電話から撤退・国内事業を縮小 (NIKKEI NET)

えー。

こないだの三菱に続き、ソニエリまで。
確かに FOMA 世代以降、DoCoMo 向けでは競合メーカーに遅れ気味になり、旬な端末が出せてないのは気になってましたが、まさか撤退とは・・・。まあ、国内は不調でもワールドワイドでは好調なので、合理化を考えれば妥当な決断ではあるけど。海外向け端末のローカライズ版で良い(というか、そっちのほうが良い)から継続してほしかったところですが、国内キャリアのスタンスを考えると、もうそんな余裕すらないということでしょうかね。

そうは言ってももう 10 年使い続けてきたソニー/ソニエリ製端末から他社に乗り換えるのも辛いし、今の端末が継続 10 ヶ月になるタイミングで(最後の端末になるかもしれない)SO905iCS に機種変更するか、早く他社端末に慣れておくという意味でさっさと他社に行ってしまうか。でも、以前から他社なら D が良いかなと思っていたのに、三菱ももういない現実(´д`)。

もうこの際だから MNP で SBM あたりにキャリアごと移ってしまおうかなあとも考えていたり。

投稿者 B : 10:52 | Mobile | コメント (0) | トラックバック

2008/02/13 (Wed.)

XPERIA X1

Mobile World Congress 2008:Sony Ericsson、3インチWVGAタッチパネル+フルキー+横スライド搭載スマートフォン「EXPERIA X1」発表 (ITmedia)
【The Mobile World Congress 2008 Barcelona】 初のサブブランド「XPERIA」を披露したソニー・エリクソン (ケータイ Watch)

おお・・・。

現世代のスマートフォンの中ではデザイン/スペックともに最強っぽくないですかこれ。P1i の後継機種が出たら W880i から買い換えようと思っていたんですが、これなら喉から手が出るほど欲しい。
発売は今年後半、国内投入は未定とのことですが、(総務省見解通りに進むなら SIM ロックが解除されるといわれる 2011 年ならまだしも)今年来年というスパンでは国内の 3 大キャリアにはあまり期待できそうもないかなあ。スマートフォンに積極的なイー・モバイルあたりが話を進めてくれれば別ですが。

値段次第ですが、発売されたら個人輸入してみる方向で。WM6 端末って日本語化できるんでしょうか・・・まあ、言われなくたってやる人はやるんだろうから、あまり心配はしてないけど。

投稿者 B : 23:54 | Mobile | Smartphone & Tablet | コメント (0) | トラックバック

2008/01/29 (Tue.)

インターネットマシン?

3.5型液晶やフルキーボード搭載の横開き端末「922SH」 (ケータイ Watch)

「インターネットマシン」って何それ、って名前ですが、今までの携帯電話の常識にとらわれない形にチャレンジしてきたという意味では評価すべき端末かと(まあ、逆に PC 的な常識にとらわれちゃってますが)。
もはやテンキーなんてダイヤルのためではなくメール入力のためにある I/F なので、通常操作がメニュー+十字キーでできれば QWERTY キーボード派にはテンキーを廃して QWERTY キーボードをつければ良いという考えは理に適っていると思います。ただ、WVGA の横長画面でどれだけ快適な(携帯電話よりも PC 寄りな、あるいは全く斬新な)GUI を実現できるかは疑問なので、そのあたりどんな感じにまとめてきたのか興味があるところ。

孫モバイルなので正直買うつもりはないですが、国内スマートフォン端末では高い実績を持つシャープが作っているので、ちょっと触ってはみたいと思います。

投稿者 B : 00:06 | K-Tai | Mobile | コメント (0) | トラックバック