b's mono-log

2007/07/17 (Tue.)

SO903iTV ファームアップ

ドコモの「SO903iTV」にソフト更新サービス、販売も再開 (ケータイ Watch)

気がつけば更新ファーム提供開始・販売再開。やっとまともに使えるようになりました(;´Д`)ヾ。

投稿者 B : 23:26 | K-Tai | Mobile | コメント (0) | トラックバック

2007/07/11 (Wed.)

やっとバスも PASMO

今日から私が通勤に使っているバス路線で PASMO が使用可能に。たまたま昨日でバスカードが切れてしまったので使ってみましたが、さすがにバス路線のユーザー層では FeliCa ケータイで使っている人は他にいないですね(;´Д`)ヾ。

PASMO のバス利用はポイント還元があって溜まるとバスチケットとして使えるらしいですが、還元率は¥5,000 のバスカードを買ったほうが高いので、普段はやっぱりバスカードを使って非常時(カードが切れたときとか)だけ PASMO を使うことになりそうです。

投稿者 B : 22:24 | K-Tai | Mobile | コメント (0) | トラックバック

2007/07/08 (Sun.)

SO903iTV プチインプレ

NTT DoCoMo / FOMA SO903iTV (ブリリアントレッド)

ということで、今日は SO903iTV のインプレを軽く。

カラーは「BRAVIA ケータイ」らしくブリリアントレッド。私が赤いケータイを持つのも珍しいですが、W880i の Frame Black 同様、最近ハデめの端末が持ちたい周期なのかも。他のカラーの質感がイマイチ気に入らなかったというのもありますが。

仕事で使っていた(けどデカすぎてカバンに入れっぱなし、実質ほとんど使っていなかった)P901iTV を除けば折りたたみケータイを買うのなんて本当に久しぶり。ここのところずっとソニエリのストレート端末か回転スライド端末ばかりだったので、折りたたみは実に SO504i 以来(!)ということになります。
ボタン周りのデザインをみるともうソニエリ製らしさも何もなくなって(au 向けでは一部ジョグダイヤルが復活してるみたいですが)、パッと見シャープ端末かと思うくらい。ダイヤルキーは本体の薄さを犠牲にしない中でギリギリの段差やストロークをつけてますが、SO902i からの移行組としては明らかに押しにくくなりました。イマドキ電話番号を手入力なんてしませんが、やっぱりメールがね・・・。

SO902i との比較。フットプリントはほとんど変わらず、厚さも最薄部で比べると同じくらいなんですが、ヒンジに向かって厚くなっていっているのと角張っているので、明らかに「大きくなった」と感じます。私の周りは SO902i ユーザーが多いせいか、見せるとけっこう「デカっ」と言われる・・・。

本体ロゴは BRAVIA のほうが圧倒的に目立ってますが、液晶側面にひっそり Sony Ericsson ロゴも。今まで DoCoMo 端末でソニエリロゴが入っていたのってほとんどないと思うんですが、方針転換でしょうかね。緑×銀の丸いシンボルマークも入れてほしい。
ちなみにその下にある金属が見えている部分は、充電スタンド用の電源端子。

最近ワンセグケータイというと AQUOS ケータイや「ヨコモーション」の富士通端末のように本体は縦で画面だけ横にできるタイプが増えてますが、SO903iTV は置いて使うスタイルを重視して自立式になっています。まあそんなにワンセグも観ないですが(´д`)。

ワンセグアンテナは本体側面のカバーがアンテナを兼ねていて、アンテナを立てるとワンセグの操作ボタンが顔を出すようになっており、けっこう考えられたつくりになっています。ギミック的にはちょっと面白いかも。まあそんなにワンセグも観n(ry

久々にサブ液晶(あ、液晶じゃなくて有機 EL か)がついた端末を使った気が。でもこの画面の表示はカスタマイズできないっぽいです。SO504i のようにトロを表示させたかったとは言わないまでも(笑)、何かの遊び心は欲しかったところ。
ちなみに 3 色のカラバリの中ではこのブリリアントレッドが最も光沢感が強くて、指紋も目立ちます(´д`)。

専用の卓上ホルダは横置き。これもワンセグの視聴を意識したものでしょうね。まあそんなにワn(ry
卓上ホルダの下部はメッシュっぽいデザインになっていて、外付スピーカスタンドとして動きそうに見えますが、そんなことはありません(´д`)。

SO902i と比べると、確かに画面が大きくなって表示できる情報量が増えたおかげで見通しはよくなりましたが、それ以外にはワンセグもあまり観ないし、買い換えたメリットはそんなになかったかなあ(そもそも何となく機種変しただけだったし・・・)。FeliCa 関連のサービスはほぼ全部自分で切り替えの作業をしなくてはならない(ヨド・ビックのポイントカードに至っては店頭に行かないといけないらしい)のが面倒ですね(´д`)。



というか、不具合で販売止まってますが何かε=(~Д~;)。買ったのは販売停止の直前でしたよ・・・orz。

投稿者 B : 23:54 | K-Tai | Mobile | トラックバック

2007/07/07 (Sat.)

FOMA SO903iTV

1 ヶ月の間に立て続けに 2 台のケータイを買い換えるダメ人間(;´Д`)ヾ。

投稿者 B : 20:55 | K-Tai | Mobile | コメント (0) | トラックバック

2007/06/24 (Sun.)

M2

W52S の発売に伴ってメモリースティックマイクロ(M2)が発売になっていたので、W880i 用にとりあえず一枚買ってきました。

ヨドバシで 1GB 版が¥4,000 弱。安くなったものです。
microSD より後出しなのに微妙にサイズが大きいのがなんだかなあとは思いますが(笑)ここまで小さくなると多少の差はたいした問題じゃない(むしろどちらも簡単に紛失しそうなのが問題かと)ですね。ソニー製 M2 はロゴの印刷が暗くてカメラ泣かせ(´д`)。このコントラストの低さはもしかしてレーザー印字してる?ちなみに W880i 付属の SanDisk 版が中国製だったのに対して、ソニー版は日本製でした。

アダプタ経由で Duo としても使えるし、今後メモリースティックは(PRO-HG を使う必要に迫られない限り)M2 を買っていこうと思います。まあ、DoCoMo 系ケータイももう完全に microSD に切り替わってしまったし、メモステを使うケースも年々減りつつあるんですがね・・・。

投稿者 B : 21:01 | Mobile | コメント (0) | トラックバック

2007/06/23 (Sat.)

SO903iTV を見てきた

今週末から発売ということで、一応店頭で見てきました。

FOMA SO903iTV

新発売といいつつ、隣で一世代新しい 904i シリーズがずらっと新発売として並んでいるので、肩身セマー(´д`)。まあ、個人的には 904i シリーズの新機能にはそんなに魅力を感じていないので、どっちでもいいんですが・・・。

SO903iTV の本体サイズはデカいのかと思いきや、実際には意外とコンパクトでしたね。今使っている SO902i と体積的にはほとんど変わらない(閉じたときのフットプリントはほぼ同じ、厚みも 1~2mm 増しているだけ)ので、ちょっと驚きました。ただ、エッジが丸めになっている SO902i に比べて SO903iTV は角張っているのとヒンジ付近が厚くなっているので、ポケットに入れてみると SO902i よりはゴツゴツとしてしまう感覚は否めませんね。
質感は W880i と比べてしまうと明らかにオモチャなのはいかんともしがたいですが、まあフツー。BRAVIA をイメージした「ブリリアントレッド」が一番良くできているかなと思いました。あと、テレビを買い換えたいとずっと思っている私としては、ケータイに BRAVIA ロゴが入っているのにちょっとくらっときそうになりますね(;´Д`)ヾ。

さすがに画面サイズがかなり大きくなって見やすくはなりましたが、ボタンが平たくてストロークが短いので SO902i より操作性は劣りそうな雰囲気です。また、相変わらずトップメニュー以外の GUI が超チープなのには閉口しますね(´д`)。

どうせワンセグもほとんど見ないだろうしなあ。

投稿者 B : 22:49 | K-Tai | Mobile | コメント (0) | トラックバック

W880i プチインプレ (3)

W880i プチインプレの残りを。半分自分向けのメモなので今日で終わりです。さらに詳しくはあこすたむさんとこで。

PC との連携は付属アプリ「PC Suite」で行います。比較的シンプルな同期アプリではあるんですが、海外向けにもかかわらず日本語対応しているのにちょっと驚き。
機能的には非常にシンプルで、PIM 系データの同期とファイルマネージャ、ネットワーク設定ウィザードと各種サブアプリ(Disc2Phone、QuickTime、Photoshop Album SE)のランチャ機能くらい。

W880i はスマートフォンではないですが、一応簡単な PIM 機能(Organizer)はついています。Outlook データの同期に対応していて、日本語表示もできるので、ちょっとした PDA 代わりにはなりそう。会社でスケジュール管理に Outlook を使っているので、PC に W880i を接続するだけでスケジュールが同期できる(USB 充電にも対応しているので、充電を兼ねて PC に接続するだけで OK)のは重宝します。
CLIE を使うのをやめて以来、PC 以外にスケジュール管理ができるツールを使っておらず不便だったので、これは助かります。国内の端末でも同様のことはできると思うんですが、なぜか今まで全く使う木にならなかったんですよね・・・。

私は W880i でメールも使っていなければ、スケジュールもほぼ閲覧専用なので日本語入力をする必要はないんですが、アドレス帳の追加くらいはするだろうと思って日本語入力環境を用意しました。まあ、最近このテの端末の日本語入力環境のデファクトスタンダードになりつつある(?)「PiClip」です。若干操作性は違うものの、長年使い慣れている POBox に近いので使いやすいですね。

W880i は会社の端末の SIM を差し替えて使っているため、勝手に mopera U を契約するわけにもいかず、こんな感じで通話+音楽再生+PIM 端末として使っています。インターネットが使えればもう少し面白いんだと思いますが、とりあえずこんなところで。PIM ツールとしてそれなりに使えることが分かってきたら、逆に今度はスマートフォンが欲しくなってきてしまいました(´д`)。P1 が出たら、またちょっと考えてみようかと考え中・・・。

投稿者 B : 22:39 | K-Tai | Mobile | コメント (0) | トラックバック

2007/06/19 (Tue.)

W880i プチインプレ (2)

W880i のプチインプレ、引き続き音楽再生機能について。

本体の再生画面は比較的シンプル。プリインストールのサンプル曲をみるとどうもジャケット画像が設定できそうな雰囲気なのですが、やり方がよく分かりません。MP3 の ID3 タグ情報は日本語にも対応していますが、そもそも私は国内の楽曲をほとんど聴かないのであまり意味がないですね(´д`)。
操作は本体側は中央の十字キーで行います。本体側面の W. キーで音楽再生機能の起動、ズームレバーで音量の調整が行えます。アルバムやプレイリストの切り替えはいったんメニューを表示させてから選択する形式なので、スティックタイプのウォークマンでのシャトル操作一発でできる使い勝手に慣れていると、ちょっと煩わしい感じ。まあ、ウォークマンブランドを冠していてもあくまでケータイなので、そのへんは多少の割り切りは必要かと。

音楽ファイルの転送は M2 の「\Music」ディレクトリに適当に MP3 ファイルを D&D で放りこんでやるだけでもいいみたいですが、私は SonicStage で ATRAC のライブラリを構築している(一時期 iPod 用に二重管理していた iTunes の MP3 ライブラリはもう消してしまった)ので、MP3 ファイルなんてほとんど持ってません(;´Д`)ヾ。ウォークマンなのに ATRAC 非対応かよと思いつつ変換し直さなくてはならないのですが、PC にライブラリを構築しない人向け(?)に「Disc2Phone」というアプリが添付されています。単純に光学ドライブ内の CD-DA を MP3 に変換しながら W880i 内の M2 に自動転送してくれるシンプルなアプリですが、処理はそんなに速くはないですね。まあ、構築済みのライブラリを転送できるにこしたことはないですが、W880i は SonicStage からは見えないようなので、ATRAC ライブラリを MP3 に変換しながら転送することもできません(´д`)。まあ、普段は本家ウォークマンをメインで使うつもりだから、いいんですが。

ウォークマンを名乗るだけあって、ヘッドホンはカナル型のものが付属しています。おそらく(もう旧型ですが)MDR-EX51SL 相当品のソニエリエンブレム入り版といったところでしょうか。カナル型にしてはローエンドなので音はまあそこそこといったところですが、ソニエリエンブレムで雰囲気も出ているし、ヘタな安物をつけるよりはよっぽどマシかも。
ヘッドホンと本体の接続は「Fast port」にケーブル(国内のケータイ用にもあるような、マイクと通話/終話ボタンがついたケーブル)を挟みます。ただ、この Fast port コネクタがけっこう大きいので、あまり普段からつけっぱなしにしておきたくはないですね。

ということで活きてくるのが Bluetooth。W880i には Bluetooth 機能が内蔵されているので、VGP-BRM1 のような Bluetooth アダプタが活躍してくれます。ちなみに、本体付属のヘッドホンはケーブルが短すぎる(付属ケーブルでイヤホンマイク状に使うにはいいけど)ので、私は VGP-BRM1 と MDR-EX90SL(こちらのほうが若干ケーブルが長い)の組み合わせで使ってます。ヘッドホン自体の音質もこちらのほうが良いし、良い組み合わせではあるんですが、NW-S706F でノイズキャンセリングヘッドホンの快適さを覚えてしまった体には、既に物足りない(;´Д`)ヾ。ノイキャン+Bluetooth なのをどこか出してくれないでしょうか。

でもって音質についてですが、まあそこそこという感じ。いつもは 256kbps の ATRAC3plus で聴いているのに W880i では 192kbps の MP3 で聴いているからというのもあるんですが、やっぱりノイキャンに慣れてしまうと通常の騒音内で冷静に音質を見極めるのは無理かも(´д`)。あと、(これは BRM1 側の問題かもしれませんが)Bluetooth 経由だと時々音が途切れるのもちょっと気になりますね。
それ以前に今のウォークマン(ATRAC)ではできているギャップレス再生ができないのと、再生スタート時に軽く「プチッ」というノイズが入るのが、もう思い出したくもない某なんちゃらポケットを思い出すようで悲しいです・゚・(´Д`)・゚・。
ということで、ウォークマン+ATRAC を常用している身からすると、W880i の音楽再生機能はまだまだ未完成な印象はぬぐえません。が、何よりこの質感の高いケータイで音楽が聴けることや、日本国内ではほとんど使っている人がいないという優越感(自己満足とも言う)も加味すると、(あくまでサブ機としてというエクスキューズはつくものの)携帯電話の音楽再生機能としてはとりあえずの及第点をあげてもいいような気はします。皮肉なものですが、MP3 と AAC には対応しているので、iTunes+iPod ユーザーのサブ機としてならより活用できるような気もしますね。

投稿者 B : 23:33 | K-Tai | Mobile | コメント (0) | トラックバック

SO903iTV 発売日決定

ドコモ、BRAVIAケータイ「SO903iTV」を22日発売 (ケータイ Watch)

タイミングを逃したケータイに用は無いな(´д`)。

投稿者 B : 22:50 | K-Tai | Mobile | コメント (0) | トラックバック

2007/06/17 (Sun.)

W880i プチインプレ (1)

W880i ですが、ケータイ買って感動したのなんてそうとう久しぶり。初めて i-mode 端末(SO502i)を買ったとき以来じゃないでしょうか。やっぱり私はコンパクトなストレート端末が好きみたいです。premini-II と SO902i はそれなりに気に入ってるんですが、機能的にはどちらも 1 年遅れで出てきた端末だし。

ということで、こういうのもホントに久々なんですが、かるーくインプレを。

私が知る限り金属製筐体の国内向け端末ってほとんどなかったと思うんですが、やっぱり金属製だとそれだけで質感高くなりますね。背面のラバーコーティングもしっとりした手触りで高級感があります。これなら国内の端末より多少高価でも決して高くないと思いますね(まあ、i-mode 系のサービスが使えないのはともあれ)。むしろ国内の端末があのつくりで発売当時¥30,000 近く取っていると思うと、悲しくなってきます。

液晶は SO902i よりも一回り小さいです。解像度は QVGA なのであまり狭苦しい感はないですが、額縁がそれなりにあるのでもう一回り画面が大きくてもいいような気はしますが。
画面表示は全然リッチでも何でもない SO902i に比べて今っぽい感じ。スマートフォンではないですが、多少 PDA っぽい雰囲気になっています。

驚愕モノの薄さ。FOMA 端末の中でも特に小さいほうである SO902i とは、正面からみた面積はほぼ同じで厚みは約半分という感じ。FeliCa や赤外線がないとはいえ、音楽再生機能や Bluetooth が入っていることを考えると本当に薄いと感じます。
これだけ薄いながら、側面には諸々の操作ボタン(W. ボタン、カメラ起動/レリーズボタン、ズームレバー)が実装されてます。ズームレバーは音楽再生中にはボリューム操作レバーになるなど、ちゃんと考えられています。

外部接続端子は側面の「Fast port」から。充電や PC(USB)接続、あとはワイヤードヘッドセットなどの接続にも使います。端子がむき出しなのでカバーが欲しかったところ。
業務用ケータイとして使うので AC アダプタは会社に置いてますが、自宅/出張用に トラベルチャージャか予備の USB ケーブル(USB 充電にも対応)を買おうかなあ。

本体にはメモリースティックマイクロ(M2)の 1GB 版が付属。なぜか SanDisk 製・・・。今のところアダプタを持っていない(W880i にも付属しない)のでデータのやりとりには W880i を PC に接続するしかありません。それでも特に問題はないんですが、W52S が発売されたら国内でも発売される(あれ、もう発売されてる?)M2(Duo アダプタつき)を一つ買ってこようかな。

投稿者 B : 23:22 | K-Tai | Mobile | コメント (4) | トラックバック