b's mono-log

2008/03/27 (Thu.)

USB-WSIM

アイ・オー、W-SIMを装着するUSBデータ通信アダプタ (ケータイ Watch)

新製品のリリースが続いているアイ・オーから、USB 接続の W-SIM アダプタ。要は "DD" のアイ・オー版といったところですね。でもウィルコムブランドではなくウィルコムが動作確認したアイ・オー製品という位置づけでリリースされるようで、特にウィルコムで機種変更の手続きをすることなく単品で買えるようです。

最近の私はデータ通信ではアドエスを USB 接続して使っているんですが、いざというときにバッテリが残り少なかったりすることもあるし、バスパワーで使えるこの製品はちょっと魅力的。安いし。
ただ、さすがに HSPA・EV-DO での定額通信が一般的になってきた現在ではウィルコムの魅力は半減していて、使用頻度も激しく下がっているんですよね。一応 2.5GHz 帯の免許が交付されるとはいえ次世代 PHS なんてまだ影も形もないし、そろそろウィルコムに見切りをつけて 3.5G 陣営に乗り換えようかな、とも思っていたり。そういう意味では、非常にビミョーなタイミングで出てきた周辺機器だと思います。

投稿者 B : 00:03 | Mobile | Mobile Network | コメント (0) | トラックバック

2008/03/10 (Mon.)

ソニエリが国内市場から撤退へ

ソニー・エリクソン、ドコモ向け携帯の開発・製造から撤退へ (Engadget Japanese)
ソニー、ドコモ向け携帯電話から撤退・国内事業を縮小 (NIKKEI NET)

えー。

こないだの三菱に続き、ソニエリまで。
確かに FOMA 世代以降、DoCoMo 向けでは競合メーカーに遅れ気味になり、旬な端末が出せてないのは気になってましたが、まさか撤退とは・・・。まあ、国内は不調でもワールドワイドでは好調なので、合理化を考えれば妥当な決断ではあるけど。海外向け端末のローカライズ版で良い(というか、そっちのほうが良い)から継続してほしかったところですが、国内キャリアのスタンスを考えると、もうそんな余裕すらないということでしょうかね。

そうは言ってももう 10 年使い続けてきたソニー/ソニエリ製端末から他社に乗り換えるのも辛いし、今の端末が継続 10 ヶ月になるタイミングで(最後の端末になるかもしれない)SO905iCS に機種変更するか、早く他社端末に慣れておくという意味でさっさと他社に行ってしまうか。でも、以前から他社なら D が良いかなと思っていたのに、三菱ももういない現実(´д`)。

もうこの際だから MNP で SBM あたりにキャリアごと移ってしまおうかなあとも考えていたり。

投稿者 B : 10:52 | Mobile | コメント (0) | トラックバック

2008/02/13 (Wed.)

XPERIA X1

Mobile World Congress 2008:Sony Ericsson、3インチWVGAタッチパネル+フルキー+横スライド搭載スマートフォン「EXPERIA X1」発表 (ITmedia)
【The Mobile World Congress 2008 Barcelona】 初のサブブランド「XPERIA」を披露したソニー・エリクソン (ケータイ Watch)

おお・・・。

現世代のスマートフォンの中ではデザイン/スペックともに最強っぽくないですかこれ。P1i の後継機種が出たら W880i から買い換えようと思っていたんですが、これなら喉から手が出るほど欲しい。
発売は今年後半、国内投入は未定とのことですが、(総務省見解通りに進むなら SIM ロックが解除されるといわれる 2011 年ならまだしも)今年来年というスパンでは国内の 3 大キャリアにはあまり期待できそうもないかなあ。スマートフォンに積極的なイー・モバイルあたりが話を進めてくれれば別ですが。

値段次第ですが、発売されたら個人輸入してみる方向で。WM6 端末って日本語化できるんでしょうか・・・まあ、言われなくたってやる人はやるんだろうから、あまり心配はしてないけど。

投稿者 B : 23:54 | Mobile | Smartphone & Tablet | コメント (0) | トラックバック

2008/01/29 (Tue.)

インターネットマシン?

3.5型液晶やフルキーボード搭載の横開き端末「922SH」 (ケータイ Watch)

「インターネットマシン」って何それ、って名前ですが、今までの携帯電話の常識にとらわれない形にチャレンジしてきたという意味では評価すべき端末かと(まあ、逆に PC 的な常識にとらわれちゃってますが)。
もはやテンキーなんてダイヤルのためではなくメール入力のためにある I/F なので、通常操作がメニュー+十字キーでできれば QWERTY キーボード派にはテンキーを廃して QWERTY キーボードをつければ良いという考えは理に適っていると思います。ただ、WVGA の横長画面でどれだけ快適な(携帯電話よりも PC 寄りな、あるいは全く斬新な)GUI を実現できるかは疑問なので、そのあたりどんな感じにまとめてきたのか興味があるところ。

孫モバイルなので正直買うつもりはないですが、国内スマートフォン端末では高い実績を持つシャープが作っているので、ちょっと触ってはみたいと思います。

投稿者 B : 00:06 | K-Tai | Mobile | コメント (0) | トラックバック

2007/12/22 (Sat.)

2.5GHz 帯は KDDI とウィルコムに

総務省、KDDI系とウィルコムに2.5GHz帯免許割当 (ケータイ Watch)

予想通りというか。

ウィルコムはこの周波数帯をもらって次世代 PHS をやらないと会社の存亡に関わるし、KDDI は合弁している企業の社会的影響力や WiMAX を推進する Intel が加わっていることを考えると、最も適当だろうし。
これから免許交付となると WiMAX のサービス開始は早くて 2009 年くらいになるでしょうが、今の HSDPA 系サービスと競争して安くて良いサービスになってくれると良いですね。イー・モバイルの¥5,000~6,000/月はやっぱりまだ高い・・・。

投稿者 B : 23:00 | Mobile | Mobile Network | コメント (0) | トラックバック

2007/11/30 (Fri.)

WIN シングル定額

au、下り最大3.1Mbpsのデータプラン「WINシングル定額」 (ケータイ Watch)

au からも定額データプランが発表に。シンプルコースなら¥5,985/月とイー・モバイルに見劣りしない価格になっています。DoCoMo のようなサービス制限がないのも魅力。
イー・モバイルが倍速 7.2Mbps のサービスを始めるので速度的(実効値はともかく)には見劣りしますが、出張や帰省の際にも対応できるカバーエリアの広さは au にメリットがあります。残念なのは CF タイプの端末しかなく、VAIO type T では使えない(一応、USB タイプの PC カードアダプタを使うという手はあるけど)ので手を出せませんが、ExpressCard か USB タイプの端末が出てきたら考えるかも。

ウィルコムそろそろ解約かなあ。

投稿者 B : 12:20 | Mobile | Mobile Network | コメント (0) | トラックバック

2007/11/26 (Mon.)

イー・モバイルが下り 7.2Mbps サービス開始へ

イー・モバイル、下り最大7.2MbpsのHSDPAサービス12月12日開始 (ケータイ Watch)

理論値ながら従来の HSDPA の倍速。で、価格は据え置き。都市圏限定ながら、ワイヤレス WAN サービスでは他キャリアに水をあけた格好に。

そろそろいっとく?>自分

投稿者 B : 22:12 | Mobile | Mobile Network | コメント (0) | トラックバック

2007/11/16 (Fri.)

ZEROProxy

W-ZERO3をモデム代わりに"iPod touch"でどこでもWebブラウズ「ZEROProxy」 (窓の杜)
モバイルつれづれ日記: Ad[es][LOOX]ZEROProxyでアドエスをLOOXの無線モデム化♪

最近モバイル時のネット接続はアドエスと PC を USB 接続してやってたんですが、面白そうなアプリを発見したので試してみました。アドエス-PC 間の接続をワイヤレス化するだけならアドエス用の Bluetooth アダプタを使えば良いんですが、最近そんなに外出先(のワイヤレス LAN がないところ)で接続する機会が多くないので、ZEROProxy ならタダで使えるし。

Windows CE 系のネットワーク設定がわかりにくいのに加えて、Windows Vista の設定手順も XP から大幅に変わって分かりづらくなったので、ちょっとハマッたんですがなんとか設定完了。上のキャプチャ画面ではインターネットにつながってないことになってますが、これでちゃんとつながってます。

アドエスそのものでブラウジングする場合、パフォーマンス不足でページのレンダリングが遅く、AIR-EDGE の回線スピードよりもさらに遅くなるので、ZEROProxy 経由で PC のブラウザを使ったほうが体感的にはいくらか速くは感じるようになりました。まあ、そうはいっても PHS なので、遅いですが・・・。
でも、なぜか Movable Type から画像がアップロードできない(;´Д`)ヾ。上のキャプチャ画像がアップロードできず(反応が返ってこない)、困りました。とりあえず通常のブラウジングには支障ないので、通常は USB ケーブルを持ち歩くようにして、ZEROProxy は忘れたときの非常用にすることになると思います。

これ使うならアドエスじゃなくて EM-ONE が欲しくなりますね(´д`)。iPod touch と ZEROProxy で使ってる人が多いみたいですが、iPod touch もファームアップでカレンダーが入力可能になったようだし、音楽プレイヤーじゃなくて PDA としての実用性が上がったので、この際 iPod touch+EM-ONE というのも良いかも。

投稿者 B : 22:37 | Mobile | Mobile Network | Smartphone & Tablet | コメント (1) | トラックバック

2007/11/02 (Fri.)

FOMA SO905i/SO905iCS

ドコモ、905i/705iシリーズ計23機種を発表 (ケータイ Watch)
ジョグダイヤル搭載で静電パッドも用意した「SO905i」 (ケータイ Watch)
511万画素カメラ搭載のサイバーショットケータイ「SO905iCS」 (ケータイ Watch)

DoCoMo から 905i/705i シリーズが一斉に発表。どれも個性を追求して差異化を狙っているのは分かるものの、そうすればするほど逆にどれも同じに見えてしまう負のスパイラルに入っている気がしますが(´д`)、ソニエリからも珍しく 900 番台で他社と同時期に製品を発表してきました。

SO905iSO905iCS も例によってあこすたむさんのところが圧倒的に詳しいので詳細は省きますが、SO905i は地味な外見とは裏腹に「実直に作り込んできた」感じで中身は悪くなさそう。復活したジョグの耐久性とか、バージョンアップした POBox とか、しっかり欠点をつぶしてきて SO90Xi シリーズの集大成といえる内容に仕上がっている様子。Cyber-shot ケータイ(SO905iCS)のほうはこういうコンセプト自体は好きなんですが、デザインが洗練されていないのと重すぎ&発売遅すぎ(年明け)なのでもう対象外(´д`)。

高すぎる基本料金を払わないためのバリューコースに切り換えるためには今回の新機種を買わなくてはならないのですが、SO903iTV を買ってまだ 4 ヶ月しか経っていないし、今回はさすがにスルー。

投稿者 B : 00:36 | K-Tai | Mobile | コメント (0) | トラックバック

2007/10/08 (Mon.)

au 買い方セレクト

au、端末の購入方法が選べる「au買い方セレクト」 (ケータイ Watch)
ソフトバンク、au対抗の料金プラン「シンプルオレンジ」 (ケータイ Watch)

数年内に実施されると言われる携帯電話の「販売奨励金撤廃」をにらみ、au がいわゆる販売奨励金なしの料金プランを発表。ソフトバンクも対抗して類似プランを発表し、NTT DoCoMo も遠くない未来に同様のプランを導入する可能性が高くなりました。

国内の携帯電話のビジネスモデルは海外のそれとは大きく違い、端末代金も通話料金も国内外では大きな差があります。販売奨励金が「公平に」ユーザーに分担されることにより、短期に端末を買い換えるユーザーと一度買ったら長期間使い続けるユーザーとの間で不公平感が生まれていることは確かですし、新規契約と機種変更で端末の販売価格に大きな差がある(本来的には、むしろ同一キャリアで長く使い続けているユーザーにこそ優遇措置があってもおかしくない)ことも確か。総務省が掲げる MNP や販売奨励金撤廃は、不透明な料金プランにより不当な通話料金を支払わされているユーザーの観点からすれば望ましい是正であるとは思います。

ただ、全く同じ機械を買うのに、契約する料金プラン次第で¥20,000 になるのか¥40,000 になるのか、の違いは一般的な消費者にとってみれば大きい(かつ、毎月の支払いの差額は¥1,000~2,000 程度)わけで、このままでは「販売奨励金なし」のプランで契約するユーザーはそう増えないでしょうね。通常のプランは 2 年以内に解約や機種変更を行うと違約金が発生するとはいっても、携帯電話の買い換えサイクルもそろそろ一時期に比べれば延びてきているでしょうし。
キャリアにしてみれば販売奨励金撤廃に向けた試金石でもあるのでしょうが、結果的にはただでさえ複雑な携帯電話の料金プランをさらにややこしくし、いろいろな縛りも含めてユーザーを今までどおりのインセンティブモデルに縛り付け、総務省に対して「消費者はインセンティブモデルを求めている」と言わしめる結論を呼びそうな気もします。まあ、海外のビジネスモデルも全くインセンティブがないわけではないようなので、ある程度のインセンティブはやむを得ないとも思うのですが、端末開発の自由度とかも考えると、もう少し「あるべき姿」になってくれないものか、と思います。

投稿者 B : 22:48 | K-Tai | Mobile | コメント (0) | トラックバック